プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

2月29日の記事

【イスラム歴での閏年】
(閏年にちなんだ話題)イスラム教歴は30年周期です。1年は354日で毎月同じ日数、29.5日 の12ヶ月から成ります。30年の周期で11年に閏年があり、19年は普通の年です。閏年の時は、12月に閏日があります。 今年はイスラム歴で 1429年です。

(Intraasia注:太陽暦に比べて短かく且つ閏月を挟まないので、イスラム歴はその中を逆行するかのように見えますね)

【北京オリンピックのテーマ曲のマレーシア語版】
北京オリンピックの華語テーマ曲をすでにお聞きになった方はあるかもしれません。今後マレーシア語版のテーマ曲を聴く機会も出てくることでしょう。 それはマレーシア語曲 Olimpic di Beijin がつい最近クアラルンプールで公表されたからです。Moosic Records, China All Stars Support, Promotion Group が共同制作した音楽ビデオには、マレーシア人アーティストの出演だけでなくシンガポール人とインドネシア人も多少混じっています: Jaclyn Victor, Ning Baizura, Michael 光良、Penny戴, Maya karin, Pop Shuvit, Ahli Fiqir, Dayang nurfaizah, David Arumugamなど。

製作のMoosic Recordsによれば、最初この案が出たのは2006年のことだそうです、「マレーシア語版は言語だけでなく、アジアを含んだ多民族文化を表現しています。」 作詞した Amran Omar は、「最初もっとマレーシアスタイルに作詞しようとしたが、相談後妥協してその原語の意味に忠実に作詞しました。」 彼は曲のメロディーに引かれてこのプロジェクトに参加したと語る。 原曲を作ったグループの1人 Jolland Chan は結果に満足していると語る、「マレーシア語版のチームは良い仕事をしました。本来の曲の90%の意味をつかんでいます。」

このマレーシア語版を製作するプロジェクトは、マレーシアオリンピック会議の後援を受け、マレーシアでオリンピックを奨励するための非利益活動として行われました。今後テレビ、ラジオで放送される予定です。

【ウエッブ掲載ビジネス】
Skali として知られているマレーシアIT会社 Alam Teknokrat は最近余計なサービスのない実用本意のウエッブ掲載サービスを始めました。このビジネスの対象は中小企業とオフィス兼家庭です。この余計なサービスのない実用本意のウエッブホストサービスの料金は、3年間たったRM35 で、ホームページ容量 100MBとなっています。それ以上の容量が必要であれば追加料金を払います。

同社は余計なサービスのないウエッブホストビジネスはマレーシア市場でより足場を築く一貫であるとしています。同社の「余計なサービスのないTechnology 」は技術を容易にアクセスできるようにします、と主張しています。同社はこれまでのデータホスティングやメンテナンスなどの IT関連ビジネスは引き続き行っていきますとのこと。

(Intraasia注:ウエッブ掲載とはサーバーのスペースを借りてそこに自作またはウエッブデザイン会社に製作依頼したサイトを掲載することです。安ければいいというものではないはずです。安定したデータスピードだけが問題ではなく、現在は益々危険になっているインターネット界ですから、サーバーを24時間監視する十分なるセキュリティー措置を取らなければなりません。そういい条件の下で、顧客当り1年の費用がわずかRM 10ちょっとでできるのだろうかという、素朴な疑問がわきますけど)

【最大手旅行会社による日本観光旅行の広告から】
桜の美に魅了されます。 桜の花見を保証。
早期予約割引の最後の機会
”7日間 本州と2つのテーマパーク” パッケージ ---売れ行き好調
次の: 上野公園、平和公園、清水寺、大阪城公園 どれかで花見します。
丸1日の東京ディズニーランド
ユニバーサルスタジオの映画マジックを楽しむ
温泉ホテルで1泊
有名な新幹線に乗車
出発日: 3月27日から31日まで毎日(いずれも桜の花見を保証)、 4月1日から6日まで毎日(いずれも桜の花見を保証)、7日から16日まで毎日及び21日と23日
ツイン部屋で宿泊 1人当たりの旅行料金 RM4699 を早期割引で RM4099

(Intraasia注:桜の花見をした記憶自体がおぼろげな私ですのでなんとも言えません、上記の4箇所はきっと皆さんもお勧め場所なんでしょう?最後に新幹線に乗っのが80年代末だったので、 こういう広告を見ると最近の新幹線に乗ってみたいなと思いますね)

スポンサーサイト

2月28日の記事

【昨年の経済成長率 6.3% 】
国内総生産高が昨年第四Ⅳ半期は 7.3%の伸びを記録しました。民間消費支出の伸び 11%と活発な投資活動が大きく貢献したと、中央銀行は分析しています。これで2007年のⅣ半期毎の経済成長率は、5.5%, 5.7%, 6.7%, 7.3% となり、1年間の経済成長率は 6.3%となります。
今年の成長を中央銀行は好感しており、エコノミストたちは 6%以上だろうと推測しています。

(Intraasia注:数字の上からはマレーシア経済は相変わらず好調ですね)

【AirAsia の業績も好調でした】
格安航空AirAsia の2007年末に終わるⅣ半期の業績は好調な対前期比 伸び 73%を記録して、利益RM2億4500万を記録しました。乗客数の伸びは21%でした。AirAsia は2007年1年間の収入は RM19億でした。同グループの経営最高責任者は語る、「世界経済の後退と、航空機のコスト高と石油の高騰であっても、今後5年間は前途楽観的で強気です。この景気停滞はAirAsia にとって好機です。」

【行き場のない高齢者ホームの一つの例】
高齢者全国会議の基本概念は、年老いた人が年老いた人を助ける、ということです。現在91歳の人物(華人)が1990年に創立したこの会議は、高齢者団体から構成される非政府組織です、参加している高齢者は12000人で、34の高齢者クラブや協会が加盟しています。 創立者は語る、「高齢者全国会議を国内における高齢者の声にしたい。高齢者は助けを必要とするから我我は組織したのです。我々の意見を政府に政府に持ち込んで解決策を見つける手助けにできます。」

一般市民の高齢者について、彼は主張する 「手助けをしようとする人は多い、しかしそれが結集されていません。高齢者全国会議は高齢者を結集して自分たちで助け合うようにできます。」 「公務員の定年56歳は早すぎます。 現在の平均寿命は伸びた、一般市民は定年あとの20年以上を収入なしにどうやって生きていけますか?」 「家でテレビを見ている替わりに、高齢者が高齢者に出会い、仲間作りすることができるような施設を提供しなければなりません。」

高齢者全国会議は、頼る家族のない、どこへも行き場のない高齢者のためのホームを運営しています。 4年前に設置されたクアラルンプールのSetapak 地区にある Rumah Warga Emas Naskom (華語名 黄金老人乃家)には60歳以上 22名の人が居住しています。このホームはPPR Seri Semarak 低コストアパートの10のユニットを使っています、内3ユニットは台所、事務所、憩い場になっています。必要最低限が揃った 1ユニットに最高5人までが居住し、テレビもあります。食事は日に2回無料で提供されます。居住者は去りたければいつでも去れる、居住者は我が家のようにきれいに保つ必要がありますと、自身が高齢者の管理人は語る。2人のボランティアが食事の世話をします。

きちんとした運営資金がないので、一般からの慈善に頼らなければなりません。「幸運なことにたくさんの非政府組織、政府、一般市民からの助けがあります」と管理人。同会議は近い将来、スランゴール州のKotaDamansara にもう1つホームを開設する予定です。 「高齢者全国会議の委員会には社会福祉庁の代表も参加しています。従って役所は我々の活動と必要な点を知っています」 と創立者。

(Intraasia注:高齢者比率が日本に比べれば、はるかにはるかに低いマレーシアでも、当然高齢者の抱える問題は深刻です。伝統的家族観がまだまだ強いというか、そういう社会であるマレーシアでは、家族の支えのない高齢者は余計に大変です。悲哀を伝える記事をたまに読みます。民間の運営する質素な施設が多くとはいえないまでもいくつかあることはマスコミニュースからもわかります。しかし高料金の豪華な施設が栄えるほどマレーシアの高齢化はすすんでいませんし、文化的下地を考えると多分そういう施設はマレーシア国民向けとしてはできないかもしれません)

【選挙区毎に各民族の偏在率は極めて高い】
(多民族国家のマレーシアは州によって、さらに同一州内でも地方によって各民族が偏在している率が極めて高いので、選挙区にその特徴が現れます)例えばペナン州の場合、アブドゥラ首相の地元である、本土側 kepalaBatas国家選挙区: マレー人 74.7%、華人 20.5%、 インド人 4.6% 、 島側のジョージタウン中心部である bukit bendera国会選挙区:マレー人 13.9%、華人 7.8%、インド人 11.3%、  トレンガヌ州の場合、クアラトレンガヌ国会選挙区:マレー人 88.1%、華人 10.9%、インド人 0.7%、ルダン島もその一部であるSetiu国会選挙区:マレー人 99.4%、華人 0.4%、インド人 0.1%、 

2月27日の記事

【立候補取り下げの期限は過ぎた】
総選挙の立候補受付はすでに24日締め切られています、その候補者が投票用紙に名前が載らないように取り下げられる最終期限は、27日正午です。立候補取り下げても候補者は立候補保証金である、州選挙区 RM5千、国会選挙区絵RM1万を没収されます。これは選挙法に72時間以内に辞退できると定めてあると、選挙管理委員会は説明しています。前回の総選挙では12人が辞退し、今回はすでに数人が辞退しています。

対立候補がいなかったり、立候補取り下げたりしてすでに当選が決まった国会選挙区は10 あり、いずれも与党連合の候補者が当選です。内5人はサラワク州からです。

【バンダールウタマ地区に5星ホテルがオープン】
クアラルンプールに隣接したペタリンジャヤ市のBandarUtama地区に、最近5星ホテルの One World Hotel がオープンしました。ペタリンジャヤには昔から安ホテルから4星ホテルまでいろいろとホテルはありますが、この地に長い間待ち焦がれた豪華ホテルができたのです。この地の目印ともなるRM3億をかけた 438室のOne World Hotel は中国レストラン、日本レストランからスパ、さらに3100平米の大宴会場まで揃っています。コーヒーハウスレストランは家族連れに大変人気です。

ホテルはそれ自体が印象的であることに加えて、別の大きな利点、その場所が大ショッピングセンター ONe Utama に至近である、があります。One World Hotel はペタリンジャヤの人たちにとって友達と連れ立って訪れる、外国からの客をもてなすのに非常に便利で、まさに先例となることでしょう。

(Intraasia注:という中流層向けの紹介記事の一部です。写真を見ると広いロビーラウンジですね。複数の大ショッピングセンターが並ぶBandarUtama は高級な住宅が延々と並ぶいわば確立した高級住宅商業地区であり、ついに5星ホテルもオープンしたということですね。)

【アンワルと人民公正党の選んだ政治的位置】

(元UMNO副総裁で元副首相である)アンワルはかつて自分のイメージを、過激なイスラム主義学生活動家である青年ムスリム運動の指導者から、1982年にUMNOに参加することでマレーナショナリストに変換させた。その後(マハティール前首相との確執から)1999年に追放され入獄した後、自身の政治家として生き延びるために戦ってきた。今では彼は再度自己発見して、多民族政治を取り入れた大衆中心主義の指導者として彼自身のイメージを作りあげています。

アンワルは多民族基盤の政治基盤を選んで、それは彼自身を自由の身にさせることにつながり、政治の主流に返りざくことに成功しました。多民族政党を掲げる人民公正党PKR の指導者として、彼はマレー民族主義とイスラム教のことだけを語っていることはできません、全ての民族のためのマレーシア人指導者として自身を示さなければなりません。今回の選挙の結果が、アンワルのそういうあり方が成功したのか失敗したのかを示すことでしょう。

マレーシアという国では今でも、”マレーシア人”というありかたは少なく、社会は ”マレー人” ”華人””インド人” ”その他”というあり方で居住されている。とにかく政治は権力と勝利であり、それを維持していくためにはアンワルの政党PKR は勝たねばならない。 複数民族がかなり混在した中間地帯にある選挙区ではその有権者は与党連合に投票するという傾向が強くそれが与党連合の3分の2多数につながっています。

人民公正党PKR は今回華人主体の野党第1党である民主行動 DAPとの選挙協力で両党間に非常に確執があった、それは伝統的に華人多数地区に候補者を立ててきたDAP の領域に進出しようとしたからです。PKR の華人候補者が華人多数地区で当選するのは、DAPの候補者ほどたやすくはないが、それでも可能性はあるといえる。 DAP党がいくつかの伝統的立候補地をPKRに提供したことで、DAP党内の対立は以前よりもさらに激しかった。

アンワルにとってPAS党はもっと友好的になります。PAS党はいくつかのマレー多数派選挙区をPKRに譲歩したが、PKR が勝つのはかなり難しそうです。それはアンワルとPKR がもはやマレー人ナショナリズムのチャンピオンというイメージを持たないからです。 2004年の選挙ではわずか1議席というPKRは今回、野党中の最多候補者を擁立しました。66国会選挙区、126の州議会選挙区です。候補者の中には、マレーシア社会主義党の幹部や、元々は無所属の有名個人も多少含まれています。

(Intraasia注:優れた分析なので抜粋して紹介しました。マレーシアの政治は極めて民族別利益を基盤にして、その妥協と融合の中で政治が行われています。選挙時は民族別主張・利益をオブラードに包みながら戦われます。複数民族混在地区では、与党連合内の選挙協力が功を奏して、与党連合が圧倒的に強いのです。それが与党連合の3分の2以上の議席につながる主因の一つでしょう。解散前に議席は、州も国会も 与党連合 9 対 野党陣営 1という圧倒的な差でした)

2月26日の記事

【与党連合の公約の柱】
マレー政党UMNO を要とした与党連合 Barisan Nasional は「安全と平和と繁栄」 をテーマとした 21ページに上る選挙声明を発表しました。その中で8つの公約の 柱があります:
上昇する物価の影響を和らげる
違法外国人の問題に力を注いで対処する
200万人分のきちんとした職を5年間で創出する
新村発展基本計画を引き続き実施していく
国民型小学校の立場を守っていく
法執行官庁・機関における不正行為に対する特別苦情処理委員会を設置する
マレーシアの多民族コミュニティーにおける多様な文化への認識を強める
各地の宗教施設建設、統合、移転を州行政機構を通じて行い、国段階では調整する、それが全てのコミュニティーの利益を守ることになる

(Intraasia注:かなりマレーシア事情に通じてないとこの短い内容の意味するところがおわかりにならないでしょう。新村とは、その昔華人を一箇所に集めて集落にした経緯があるので、その発展ということです。国民型小学校は、華人界とインド人界が最もこだわる教育の根幹です。多様な文化への認識を強めることと、ぞれぞれの民族のナショナリズムを調和させていくのは、非常に困難な課題であり且つその必要性があることなのです)

【マレーシア人若者が開設している人気ブロッグ・サイトと 監視機構】
立ち上がって1年ほどの YouthMalaysia.com は他の青年主体のウエッブサイトと違って 1日のヒット数は7万あります。先月このサイト主催でクアラルンプールで展示会と企業家会議 第1回全国生年企業家会議 を行いました。「最初は青年の発言の場を目指したのですが、その後はいろんな要素を加えたので dotcom ベンチャーとなりました。」と主催者で企業家の若者は語る。「商業的に載せるためにスポンサーを入れて資金を得たい。」 YouthMalaysia.com は8人のスタッフが運営し6000人のメンバーがいるとのこと。

ReCom.org は各国に住んでいるマレーシア人学生のネットワークフォーラムです。 5年ほど前に当時米国のマレーシア大使館に集まったマレーシア人学生によって始められました。 このサイトは社会の話題、奨学金、教育相談までに渡っています。「人気ある話題は奨学金と大学入学に関してです。」ReCom.org のメンバーは昨年クアラルンプールで開催された 米国教育展などに助力しました。現在7000人ほどのメンバーがいるとのこと。

マレーシアコミュニケーションとマルチメディア内容フォーラムの理事(もちろんマレーシア人)は注意を呼びかける、「ウエッサイトに載せる内容、反応する意見に責任を持つようにしなさい。産業側の視点から言えば、我々はもっと多くの人々がウエッブで発言して欲しい、それは学ぶに適したツールだからです。しかし全てのことは誤って利用され得る。だから誰がそれを監視するかという問題がある。自己規制を私は信じます。その自己規制は家庭に始まります。」 

マレーシアコミュニケーションとマルチメディア内容フォーラムはその権力を コミュニケーションとマルチメディア法1998年によって与えられており、自己規制内容規範を有しており、それに主要なメディアと産業界は従う必要があります。 この内容規範とコミュニケーションとマルチメディア法1998年に加えて、他の法律もウエッブサイトに適用されます。「他の法律も影響を持っていると多くの人は知らないでしょう、人々はある一定の媒介手段を使うだけでありまたは特定の産業に関与するだけだからです。」 と理事は語る。

(Intraasia注:という事実が物語るのは、マレーシア人はウエッブであろうとなかろうとマレーシアの組織・グループ・フォーラムである限り、自己規制内容規範を求められるということです、マレーシア人がマレーシアに全然関係ないところでマレーシアに関係ない限り何を発言しても問題にされないけど、マレーシアに関することを発言すれば、この種の見張り役の対象になるということですね)

【国立芸術劇場で公演する華語ミュージカル】
(マレーシアミュージカル史上で最大クラスであるそうな)純マレーシアミュージカル Jewel of Tibet が3月前半の2週間に渡って、 国立芸術劇場 Istana Budaya で上演されます。マレーシア製作の150分間ミュージカルは、オリジナルの音楽と振り付けだけでなく、新しくデザインした中国唐時代の衣装とチベット衣装 計約300種を用います。唐時代の王女がチベットへ嫁ぎに行く話しを題材にしたミュージカルを40人の演者が17の場面で演じます。 

これを製作するのは、これまでも3つのミュージカルを製作し、海外でも公演した musical On Stage プロダクションです。出演者はプロのダンサーらからオーディションで選び、前準備として2ヶ月訓練を与えましたと、華人女性の製作者兼監督は語る。

制作費RM150万をかけたこの華語ミュージカルは月曜休みの火曜日から土曜日は夜1回、日曜日は午後1回公演で、入場料 RM 253からRM 53まで各種あります。

(Intraasia注:華語ミュージカルということで裏方は別にして舞台に立つ人はほとんど華人ばかりのようですね。それにしても、こういうミュージカルを見に行く層が推定するにごく限られていると思われるマレーシアで、採算的に合うのだろうかというのが特に興味のない者としての素朴な疑問です。内容が優れている、いないということではありませんよ)

2月25日の記事

【有名政治家の息子や娘の立候補】
ヌグリスンビラン州の国会選挙区に新人として立候補した、アブドゥラ首相の娘婿は、支持者5000人あまりといっしょに選挙管理委員会まで1kmの行進をして立候補届出をしました。この行進にはヌグリスンビラン州首相と妻も同行しました。地元出身のkairy はUMNO青年部副議長の要職にあります。

ケダー州の国会選挙区に、マハティール前首相の息子の1人が新人として立候補しました。マハティール前首相が激励に駆けつけました。息子の彼は、UMNO青年部の幹部の1人です。

一方今は野党人民公正党の指導者である、アンワル元副首相の長女が、クアラルンプールの国会選挙区に立候補しました。(娘を激励する写真が載っています)

【選挙こぼれ話】
トレンガヌ州のクアラトレンガンヌ国会選挙区に、songket 布売りの商売をしているという 89歳の老女が無所属候補として立候補しました。これは恐らく選挙史上で最年長の候補者と思われます。多くの人は彼女の意図を疑ってたとのことですが、立候補の届けを選挙管理委員会が受理すると、楽しみの満ちた雰囲気がビル内を占めました。 彼女は語る、「私は民衆に話すことができるので、選挙に使う金はその価値がある。世の不正を正し、必需品の価格を値下げしたい」

国会選挙区の候補者は候補者供託金 RM1万が必要であり、さらにRM5千が選挙運動保証金として必要です。彼女は過去4回立候補しようとしたのですが、書類不備などで受け付けられなかったとのことです。

【訪問者の激減したバードパーク】
ペナン州本土側のSeberang Prai 地区にある バードパークを観光客の集まる場所と危機に面した鳥の保護地にしようという計画は、資金不足のために立ち往生しています。 フクロウ保護プログラムはRM20万必要ですが、これも削減されました。 公園の幹部は説明する、「バードパークの入園者は1989年には12万人を数えたのですが、依頼減少して2006年には2万人も達しませんでした。いくつかの要因が減少に働きました、2006年の鳥インフルエンザさわぎもその一つです。バス運行がない、バードパークへの道路標識が適切ではない、旅行代理業者の宣伝が足らない、などです。」 

ペナン州政府は、バードパークの経済状況を見て娯楽税を入園切符に加えて徴収するのを止めました、それによって一般人の入園料はRM15からRM10に下がりました。

【多様な階層を抱えた選挙区】
クアラルンプールは11の国会選挙区に分かれており、その1つである Segambut選挙区は高層コンドミニアムの立ち並ぶ地区から中流層住宅地、そしてカンポン(田舎)までを含む非常に多様な人口層を抱えた選挙区です。この選挙区は1994年に創設され,以来与党連合の牙城の1つです。有権者 6万人弱の民族別内訳: マレー人 35%、華人 50%、インド人 14.5%、 その他 1%です。 前回も与党連合の馬華公会の議員が野党 民主行動党の議員を大きく引き離しました。

この選挙区は最高級コンドミニアム郡の立ち並ぶ Mont Kiara/ Sri Hartamas地区、 高級住宅地 TTDI Selatan, TTDI Utara 、Bukit Damansara 、 中流住宅地 Sri Segambut , Bandar manjalara 、そして(都会の中の田舎である) kampung Sg. Penchala, Kampung Segambut Dalam, などから構成されています。Taman Bukit Maluri のような圧倒的な華人地区もあれば、狭義のSegambut地区やTaman Bunga のような圧倒的マレー地区もあります。

中上流層には自治体のサービスに関する問題に関心が高い一方、狭義のSegambut地区では一時豪雨時の浸水の問題などに関心があります。 Kampung Segambut Dalamのある住人は語る、 「周囲のMont Kiara/ Sri Hartamas地区は大きく発展している一方、我我の住むこの地区は浸水に悩む。そして断水が頻繁に起きています。」 村の道路は付近からの交通で混雑し、道路は傷んでいます。「インドネシア人とバングラデシュ人がこの地区にはたいへん多い、中にはビジネスを行っている者もいる。かつてはマレー人ばかりだったのに。」

(Intraasia注:選挙区名はその中の代表的地名にちなんでいるだけであり、周囲のいろんな地区を含んでいます。Segambut選挙区はここに書かれているように極めて多様な層を抱えていますね。有名なMont Kiara/ Sri Hartamas地区のすぐ隣接地が トタン屋根の家々が並び狭い埃っぽく狭い道路が通りそしてインドネシア語がしきりに聞こえてくる Kampung Segambut Dalamですね。その違いたるやものすごいものです。以前この対照的な様子を書こうとしたのですが、手をつけたままで進んでいません。ハイウエーから見えるkampung Sg. Penchala も有名な高級地 Bandar Utama地区に近接しており、その違いは歴然としています。民族的に固まって住んでいるだけでなく、このように極めて階層の違う地区が混在しているのがクアラルンプール圏の特徴です)

2月24日の記事

【中央銀行総裁の東京で開かれたセミナーでの発言】
中央銀行 Bank Negara総裁(女性)は東京で開かれた金融シンポジウムの席で演説しました、「我々が喜びを持ってお伝えすることは、イスラム教金融システムは10年前に起きた金融危機の時の圧力にも弾性力があることを示したいうことです。 イスラム金融の健全性と安定だけを確実に保証するだけでなく、金融危機の環境下においても弾性力が確かにあるように、あらゆる努力をこれから払います。」

一方同セミナーで日銀総裁は、「危機に耐えることは金融市場でのいくつもの危機を乗り越えることで獲得していくものです。」 として、急激に伸びているイスラム金融産業はまだ国際市場で重大な試練に試されていない、との考えを表明しました。「オイルマネーから発生しているイスラム金融の流入は世界経済の安定という面から、重要に成っている。」

日本ではイスラム金融に興味が高まっているが、日本の金融機関のイスラム教金融ビジネスへの参入はまだ初期段階にあります、その理由の一つとして規制が障害になっています。日本国際協力銀行は初のイスラム債権 "sukuk" をもうすぐマレーシアで発行する予定です。

(Intraasia注:外電報道の記事であり、マレーシアのマスコミが書いてる記事ではありません。私を含めてイスラム金融の知識を持つ人はごく少ない中、イスラム金融を論じるのはかなり難しいことでしょう。ただ素人考えで、イスラム金融はまだ幾多の試練を経てないとは思えますね、こういう懐疑的意見表明はイスラム金融の記事が増えている現在でもマレーシアのマスコミではまずお目にかかれませんね。 こういう地味なニュースは日本では多分経済紙面で報道されていることでしょうが、多くの人の目には入らないらでしょうね)

【サラワク州政界の選挙は独自の勢力論理の下で】
サラワク州の与党連合に属するイバン族主体の政党 Parti Rakyat Sarawak (サラワク民衆党)は党内抗争で2派に分裂していましたが、サラワク州州首相の発表した総選挙国会選挙区リストには反主流派の人物名はまったくありませんでした。よってベテランイバン族政治家の率いる派が完勝したことになります。今は解党した イバン族の政党の内紛の後、現在のParti Rakyat Sarawak が数年前に結党されました。

サラワク州郡部は与党連合barisan Nasional の砦と広く見なされており、州国家議席のほとんど全部を獲得すると見られています。サラワク州のもう一つのDayak 民族政党はその割り当て議席を確実にものにするでしょう。(サラワク州のみ州議会選挙は今回行われません)

(マレーシアの州政界で最も長期である)サラワク州州首相を20数年も務めるAbdul Taib はこの選挙で40年間保持していた国会議席を39歳の息子に譲り、州首相職に専念します。 この息子はサラワク州州副首相の娘婿にもなります。

(Intraasia注:有権者100万人にも満たないサラワク州では先住民族主体の複数政党とムスリム主体政党と華人主体政党がいくつもあり、先住民族党と華人界は入り乱れて政党に参加している面もあるようです。一体主張のどこに違いがあるのという小さな民族政党の内紛がよく報道される中、プナン族の森林伐採反抗活動のようなことには、非政府組織しか支援がない状態ですね。半島部から半ば独立したサラワク州政界の選挙は半島部とはいささか趣が違うようです)

【マレーシア航空の機内預け荷物の重量制限】
マレーシア航空は来月初めから、機内預け荷物の制限重量を 1個当り 32Kg  に引き上げます。そのため1個が32Kgを超える荷物は小分けする必要があると、マレーシア航空は注意を呼びかけています。この理由は荷扱いの職員と作業員が非常に重い荷物を手作業で扱う際の危険性を減らし、職場の健康レベルを維持することであるとのことです。 この機内預け荷物の新制限は、全クラスの乗客に適用されます。

【選挙が公布された】
第12回総選挙が公布され候補者受付が(朝から)行われました。国会 222議席、州議会 505議席を目指して各党と無所属候補が立候補届けをしました。
与党連合は国会に222人、州議会に504人、野党陣営は国会に212人、州議会に468人をそれぞれ立候補させました。

2月23日の記事

【総選挙前のニュース】
続々と各州と各政党の候補者が各党本部または各州州首相から発表されています。

アブドゥラ首相の娘婿で、UMNO青年部の副議長、32歳、が新人としてヌグリスンビラン州の国家選挙区の候補者となります。野党の民主行動党は、実質的指導者であるアンワル元副首相の娘をスランゴール州の国会選挙区に新人候補として擁立します、アンワルの妻で党総裁は現職としてペナン州の国会選挙区に立候補します。 筆頭野党である民主行動党の有名な女性国会議員が党内紛から立候補を辞退するというハプニングが1週間ほど前にありましたが、支持者や党指導部からの説得で意を翻して、現職としてペラ州の国会選挙区に立候補することになりました。

(Intraasia注:政権が変わるわけでも首相が変わるわけでもない、結果の見えた選挙となるマレーシアですから、ある意味では退屈なところです。その代わり党内紛や党内の個人の話題がしきりに大きく報道されます。ユニークな点に、国会議員選挙候補者が直前まで発表されない、または立候補する選挙区が急転他の選挙区さらには他州に移る場合があります、その理由の一つに、居住地とは関係なく全国どの国会選挙区でも立候補できる仕組みにありそうです。)

【二重投票防止のために選挙で使う黒インク】
今回の総選挙では、有権者が投票した印として左手の指に消えないインクを塗る方式が初めて用いられます。そのために購入されたインクがインドから到着しました。47000ビンのインクは来週から全国の選管に送られます。このインクで付けた小さな印は少なくとも2週間は指に残るとのことです。女性はマニキュア液をよく落としてから、投票所に行ってくださいとのことです。

【小中学生対象の統一試験の今年の日程】
(国が全国の小中学生全員を対象に行う)統一テストトの今年の日程をマレーシア試験会議が発表しました。教育大臣はこれを説明して、「試験会議は各界からの意見を参考にして日程を決めた。これは試験が終わった後、生徒が無断休みする率を減らす努力の一貫でもあります。」 教育省長官は、「全ての試験を一斉に行うことは、人的制限と容量的制限から無理です」 と述べました。

(例年よりも少しづつ遅らせた今年の日程) 小学6年生対象の UPSR 試験 9月9日から11日、 中学校3年生を対象にした PMR試験 10月13日から15日と11月4日5日、 イスラム教中学校の5年生?を対象にした STAM試験 10月20日から29日までの5日間、 中学校5年生を対象にした SPM 試験 11月12日から12月6日

(Intraasia注:時々この場で書いてるように、マレーシア学制は統一試験偏重であり、この3種の試験は社会関心事の一つです。STAM はイスラム教中学校たけ対象なので、詳しいことは知りません、確か5年生が対象のはずです)

【Proton 社はこの四半期決算でも好調だった】
国産車メーカーProton はその財務成績を好調に変転させています、昨年12月末の第3四半期の結果は、RM 1000万をの純利益でした、その1年前は純損失 RM2億8000万を記録していました。自動車販売が好調に推移したことと生産コストの削減が効果を発揮しました。この結果今年3月末の今年度決算では良い成績を残せる見込みです。

【Mac 用の MSオフィス最新ソフトをマレーシアでも販売】
Microsoft 社の Mac コンピュータ用のパッケージソフト Office 2008 がついにマレーシア市場にも登場しました。3つの種類があり価格は、スタンダート版は RM1660、 ホーム・学制版はRM 619、 特別メディア版 RM 2074です。

(Intraasia注:日本と違ってMacユーザーが極めて少ない小さな小さな市場なので、Mac最新製品がマレーシアにやってくるのはいつもかなり遅いようです)

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 295.6 を入手します。
一方リンギットは対米ドル為替で、最高値に近い US$ = RM 3.21 に近づいています。

2月22日の記事

【馬華公會党の国会議員立候補は40人】
華人与党政党 馬華公會が総選挙の立候補者を発表しました。国会議員選挙に立候補する40人の内55%が新顔で、その内12人は全くの新人、10人は州議会議員から国会に転出する立候補者です。16人が現職で2人が元職です。 運輸大臣を務める党の副総裁が今回は出馬しないと公式に明らかにしたことが、驚きをもって迎えられました。副総裁は健康問題を理由に上げています。馬華公會の候補者が国会議員選挙に立候補するのは、半島部だけです、その内ペルリス州、クランタン州、トレンガヌ州では立候補しません。

華人主体の政党 民政党も立候補者を発表しました。国会議員候補は15人で、内現職は3人だけです。ペナン州州首相を務める党総裁代行は、予想されたとおり、国会に転出します。これにともなって華人唯一の州首相職は現職で州議会に立候補する2人の民政党候補者のどちらかになる模様です。

(Intraasia注:選挙間近で、マスコミは選挙話題が中心となります。マレーシア第二の民族である華人界の与党は上記の2党からなり、伝統的に野党が力を持つペナン州は今回の激戦地になるといわれています。両党とも現職の引退が目立ちます。尚州首相の要件は、州議会議員であることです)

【ガードマン・守衛の基本給を上げる提案】
全国最低賃金協議会は、民間のガードマン・守衛の賃金を上げる提案を表明しました。議長は語る、「我々は半島部全体に渡ってガードマンの会社を調査したところ、現在の賃金は1日8時間勤務を基準にして、月給RM 250です。この賃金では低すぎて、彼らは1日18時間1週7日働かざるを得ません。それでようやく月にRM1300プラス手当を得られる。賃上げすれば、ガードマン・守衛は最低1日4時間の残業するだけで、それと(RM1300)と同じくらいの賃金になるでしょう。長時間労働で低賃金は低品質の労働を招く、それが社会問題を生むことになります。」 

「低賃金のために、ガードマン・守衛の中にはちょっとした金稼ぎに内部情報を漏らすのもでてきます、低賃金はお粗末なサービスを招くだけです。」 そこで会議は、ガードマン・守衛の新しい賃金体系として、基本給としてRM 500から700(違いは州の差に基づく)を提案しています。クアラルンプール、ジョーホール州、ペナン州、スランゴール州はRM700地方になり、マラッカ州、ペラ州、パハン州などがRM600 地方で、クランタン州、ケダー州などがRM500地方に分類されています。

全国最低賃金協議会は、昨年独立した協議会として設立され、ガードマンや農場労働者などの賃金を見直しています。この協議会には、雇用者側、独立した個人、労働組合が参加しています。全国最低賃金協議会の最低賃金の提案は人的資源省に出されましたので、今後は省からの返答を待つとのことです。 協議会に参加している労働組合側代表は、「ガードマン守衛の賃金を上げる点では、協議会は全員一致した。RM250では生きるのに不充分です」 と語る。

(Intraasia注:ガードマン・守衛の需要は多方面から極めて多いので、常時人手不足なのは知られた事実です。そこで違法ながら外国人労働者を雇っている現場も珍しくないですね、尚ネパール人グルカだけは公認されています。需要の多い反面、その低賃金さでも知られています、それにしても基本給RM250 とは!賃金格差の極めてあるマレーシアでも低層の低部類ですね。 現地採用ではなく日本から派遣された在留エクスパトリエイトクラスなら給料の1日分程度でしょう。当然賃上げすべきですが、業界はそれを長年拒んできたわけです、それがここにも書いてある、低品質サービスの大きな要因でしょう)

【Imgresen の違法外国人摘発の新手段】
Imigresen は違法滞在・労働の外国人摘発のために、ラップトップ型の モバイル出入国取締りシステム機を初めて導入します。このラップトップ型機を使えば、その場で身分証名書、指紋、偽書類を調べて見分けることができます。このラップトップ機は1台 RM9000 で、政府はこれを100台導入する予定です。内務大臣は、こういうモバイル機を導入するのは、マレーシアが世界で初だと自慢しています。「外国人がパスポートを携帯してなければ、指紋が追跡の最後の手段です。Imigresen はこれまでに外国人 100万人分の指紋を採取した。国内の全部の外国人滞在者の指紋を取るには、あともう1年はかかるでしょう」

2月21日の記事

【MIC 党だけが候補者を発表】
総選挙の公布を間近に控えて、与党連合のマレーシアインド人会議MIC が最初に党公認候補を発表しました。国会議員候補には、新人2人と現職7人、州議会議員候補者には、現職6人と新人12人です。このため MIC 党の州議会候補者は顔ぶれががらっとかわることになります。

(Intraasia注:非MIC 党系のインド人が中心になってこの数ヶ月一連の社会行動を行った結果、いつも以上にインド人界の票の行方が話題になっています)

【パーム原油価格はそれでも値上がりしている】
パームオイル先物市場では今週また新高値となるトン当たり RM3625 をつけました。マレーシアパームオイル協議会は先週、1月の国内のパーム原油の備蓄がさらに増えてこれまで最高の188万トンに達したと発表しました。理論的にいって、備蓄の増加は供給過剰の兆候として市場の価格の下落に結びつくのですが、しかしパームオイル原油の高騰はこの備蓄増加も気にしてないようです。

市場筋はペームオイル備蓄増加を払いのけています、それはいくつかの要因から食用油一般の高値維持となっているとしています。植物油の需要が供給を上回ると予想されているとき、市場は2008年に期待しているとのことです。 要因の一つに、中国の雪害があります、中国は世界最大の植物油消費国の1つであり、雪で全菜種植え付け面積の半分が被害を受けました、このため大豆油、パームオイルといった食用油の輸入をぐっと増やさなければならないだろうと見られています。アナリストはこれが食用油市場の不足をもたらすだろうと考えます。

大豆油価格も同じように先物市場で新高値を記録しています。一方、米国経済の先行き不透明から、食用油を含めた穀物類の需要が減るのではないかとの懸念が高まっています。国内のAseambankers は最近、穀物市場のピーク値はもう間近に迫ったとの見方を示しました。「世界の投資資金の一部が穀物市場に流れ込んでいる、価格のバブルを引き起こしていると言われている。 今年下半期の季節的高収獲量を見込んでいるパームオイルは、大きな価格修正を余儀なくされかねません。」

(Intraasia注:パーム原油の先物市場の価格は今年1月初めに比べて、現在すでにトン当たり RM 540以上、18%も上昇していますね。マレーシアの大規模パームオイル農園企業はどこもこの恩恵を昨年から受けていますね、さらにマレーシア企業はインドネシアでもオイルパーム農園開発に精を出しています。 備蓄の188万トンに価格上昇分をかけただけでも、その巨万の市場価格評価増加がわかりますよね))

【スターバックスカフェはすでに100店舗オープン】
Starbucks カフェはマレーシアではBerjaya グループがそのフランチャイズ権を持って、Berjaya Stabucks会社がチェーン店を展開しています。 つい最近100店舗目をオープンた、同社はクアラルンプール圏外の主要市にも展開していくとしています。同社幹部によれば、1店舗の開店には RM70万から80万は必要である、とのことです。Starbucksチェーン店の展開において、50店舗目までに6年かかり、その後100店舗目までに3年半かかった、長期計画では200店舗を目指すとしています。「わが社はこれまでのマレーシアにおける投資に満足しています。 Starbucks は国内のカフェ市場の約50%近くを占めています。」 Berjaya Stabucks会社は年間営業収入で、年率25%から30%の伸びを示しています。

(Intraasia注:クアラルンプール圏なら至る所で目に付く Stabucks です、無線HiFi接続でパソコンしている客も少なくないことがわかりますね。 都会の中流非高年層と旅行者層に人気があるようで、あんな高い飲料価格にも関わらず、だからこんなに増えたのでしょう。

【スマトラ北西部沖の地震でペナン島でもゆれを感じた】
スマトラ島の北西部の近海で20日午後発生した、マグニチュード 7.6の大きな地震のために、マレー半島のペナン島でも揺れが感じられました。揺れを感じたのは Komtar, ペナン華人タウンホールなどの高いビル、さらに bayan Baru地区のコンドミニアムや工場でも感じられました。揺れのため数千人の人がビル外に避難しました。 Prangin Mall のシネプレックスでは上映中の観客がロビーに走り出た人もいたとのことです。

(Intraasia:スマトラで大きな地震が起きると、マレー半島部で一番感じるのはペナン島みたいですね。これまでにも揺れのためにビルから避難する人たちのことがニュースに何回もなってきました。でも被害は一度も出ていません。それにしてもスマトラ中部以北の西側はもう地震の巣ともいえるほど毎年毎年大きな地震が発生しています、アチェ沖地震だけが唯一の地震ではないのです。)

2月20日の記事

【昨年外国からの投資額で最大国は日本でした】
通産省大臣がマレーシア工業開発庁(通称MIDA)の会議の席で明らかにした数字によれば、マレーシア製造業に対する日本の投資は2003年以来ぐっと増えました。そして2007年は最高額であるRM 65億を記録しました、その前年2006年はRM 44億でした。投資対象は主に電子電気工業、非金属製造、石油化学・石油製品、の分野です。在マレーシアの日系企業が投資申請額 RM 54億を示したのは引き続きマレーシアへの信頼感を現しています。

外国からの直接投資で昨年日本に次いで2番目に多いのはドイツで、RM37億でした。主として電子電気工業、石油化学石油製品、の分野です。3番目が米国でRM 30億でした。  2007年の特徴として、インドが大投資国の一つに入りました、それは合計RM29億に達する企業買収の結果です、投資分野は繊維製品と紙製品分野です。他に外国からの直接投資の多い国は、イラン、シンガポール、中国、オランダ、オーストラリア、韓国でした。

「政府は2008年も資本と技術集中分野への投資があることを期待しています、しかし2007年は例外的に好成績の年でしたので、現実的に捉えています。今年は昨年のレベルであるRM 599億には達しないでしょう。でも高レベルの投資を呼べるでしょう」

(Intraasia注:MIDA の発表ですから、工業分野への投資申請額だと捉えていいでしょう。つまり農業や医療やサービス業分野への投資申請額は含まれていないはずです、さらにこの種の統計で発表される数字は投資の申請額であり、実際の投資済み額ではありません。それはとして、貿易面と旅行面で中国が過大ともいえるぐらい報道される中、日本の製造業主体の投資が好調であったのは非常にいいことですね)

【クアラトレンガヌのイスラム教テーマパーク】
今年2月初めクアラトレンガヌの Wan Man 島にオープンした、イスラム教文明テーマパークには世界の有名イスラム教建築物のレプリカが20棟 建設されています。その中で最も注目を集めているのが、川に面し、水晶ガラスと鉄骨で作られたクリスタルモスクです。このテーマパークを建設した技術者は国内だけでなくオーストラリアとヨーロッパからも来ました。今年はトレンガヌ州訪問年であり、このテーマパークは呼び物ですと、州幹部は説明する。

建設費 RM2億5千万をかけて造られたイスラム教文明テーマパークは、国が発案した長期開発経済計画の一つである、”東海岸州経済回廊”プロジェクトの一つでもあります。開園して以来すでに50万人の訪問者がありました。

レプリカのイスラム教建築物の例: クアラルンプールにある国立モスク、タイ深南部にあるPattaniモスク、 インドのTaj Mahal 、イランのLutfallah モスク、中国 Xianモスク のミナレット、イラクのSamara大モスク、スペインのAl-Hambra Citadelなど

【全国腎臓基金の活動】
全国腎臓基金が設立されたのは1969年でした、それ以来腎臓に問題を抱えた人の生活を向上させることを使命としてきました、とりわけ医療費を払えない人のためにです。基金創立者の一人である腎臓専門医は説明する、「設立後、多くの腎臓病患者が透析を受けられづに亡くなっていくことに気がついた。そこで政府の支持の下、そこで我々は国内初の、非営利腎臓透析施設を1993年にクアラルンプールに設置しました」 

現在全国腎臓基金は全国に20箇所の腎臓透析センターを擁しています、そして他の非政府組織も同じようにセンターを設けています。腎臓透析の必要な患者の3分の1を非営利組織がサービスを提供しているとのことです。マレーシア人で腎臓病を患っており、可処分所得が月 RM1300以下の人は全国腎臓基金の腎臓透析プログラムに申請できます。基金はその申請を審査して、申請者を面接し、福祉係官がその家を訪問し、そうして受け入れるかを委員会が決定します。

このプログラムに受け入れられて透析を始めた患者は、1回の透析にRM110 を支払う必要があります。そして保健省が補助金を認めた段階で、その1回の透析の費用がRM 60に減額されます。全国腎臓基金はこの腎臓透析プログラム以外に、一般大衆と組織が困った人たちを助ける方策を設けています。「 基金に寄付金をする、または資金集め活動にボランティアとして働いてください。」 全国腎臓基金が設けている援助基金の例: B型肝炎予防基金、 20歳未満子供透析基金、など

ボランティアを養成するために、全国腎臓基金は独自に訓練部を設置して非治療活動のボランティアを養成しています: 腎臓透析アシスタントコースを年2回開催など
全国腎臓基金 の住所:スランゴール州のペタリンジャヤ、 www.nkf.org.my

2月19日の記事

【無所属候補者が非常に少ない半島部】
(圧倒的に政党公認候補者が多いマレーシアの選挙において)選挙管理委員会は”なんとなく疑わしい”候補者を立候補させないようにする壁を設けています。それにも関わらず無所属候補者は選挙に彩を加える、大衆の選挙への興味を誘うと考える人もいます。無所属候補者の数は、半島部全体よりもサバ州サラワク州の方が多い。前回04年総選挙時、国会議席に立候補した無所属は31人で、その内サバ州が18人でサラワク州が10人でした。半島部ではたった3人。 州議会選挙を見ると、半島部全体で無所属は13人、ところがサバ州だけで 203人中の73人が無所属でした。 サラワク州州議会選挙だけは2006年に独立して行われており、その時無所属は20人でした。

政治学を専門とする大学教授はこの点を解説します、「サバ州とサラワク州では政党の政治基盤が弱く、個性の占める割合が高い。両州とも与党連合の構成政党ばかりであるが、中には妨害候補者として立つ無所属候補者の影のスポンサーになっているのもいるようだ。」 サバ州では前回、国会議席と州議会議席のそれぞれ1つで、与党連合の公認を得られなかった与党連合系無所属が与党連合の候補者を破って当選するという(たいへん珍しい)ことがありました。 この教授によれば、両州とも与党連合の組織化がもっと効率的になりつつあるので、無所属候補者が当選するのはより困難になってきている、と分析します。

(Intraasia注:半島部ではほぼ完全に無所属候補者が当選する可能性はないほど、政党候補者が圧倒しています。いわゆる市民派であれ、独立無所属であれ、立候補はできても当選の可能性はゼロというのがマレーシアの選挙事情です。サラワク州は構成する先住民族基盤の政党がいくつもあり、その中で内紛または政党変更がよく起きていますね。でも無所属では当選できない。

【選挙に立候補できる条件】
選挙に立候補できる要件は: 21歳以上のマレーシア国民で且つ国外居住者でない者(国会議員立候補は国内に居住していること、州議会議員に立候補者はその州に居住していること)、債務未返済の破産者でないこと、裁判で1年以上または罰金RM2000以上の判決を受けていないこと(ただし5年以上前に確定した古い場合は除く)、
尚公務員、軍人、警察官、裁判所関係者、鉄道職員、教育関係者は辞職しない限り立候補できません。

【国内外の投資者を惹きつけるクアラルンプールシティーセンター地区の不動産】
(Petronas ツインタワーのある一帯)クアラルンプールシティーセンターKLCC にはそれが完成した当時、ツインタワーと同時期に建てられた商業高層ビルは限られていました: Menara ExxonMobil, Suria Shoppinng mall, Menara Maxis, Mandarin oriental Hotel,  Menara Public Bankだけは数年早く完成。 その後1997年の東南アジア経済危機が襲って、クアラルンプール内外にはたくさんの建築放棄されたビル建設が出現しました。そこでクアラルンプール市庁は一般的に商業高層ビルの建設に抑制を表明しました。それ以後高層商業ビルの建築はあまりありません。そこでKLCC地区での高級オフィス供給が不足気味になっています。それがこの2年の相次ぐビル建設構想の発表で、この状況が是正されつつあります。 有名不動産会社に寄れば、KLCC 地区の最高級オフィス賃貸料は、床1平米当り RM 55-88ぐらいです。

一方KLCC地区の住居状況を見ると、(コンドミニアムやサービスコンド)のユニット数は1990年代後半約 1000ユニットに満たないほどでした、それが現在2000ユニットを超えており、2010年には7000ユニットを超す見込みです。昨年末に完成したものを含めて現在建設中及び建築計画許可済みのコンドミニアムなどの住居ユニット数は6,000 以上あります。 KLCC地区のコンドミニアムとサービスコンドの 建物数:建築済み 15、 建設中 17  

2000年当時KLCC地区の土地価格は 1平米当り RM 2200-3300 でした。2003年ごろにはそれは倍に上昇しました。現在は土地代が急上昇して 1平米当り RM16500-22000 にまでなっています。

2月18日の記事

【新聞の投書から ペナン空港にはバス運行がない】
マレーシアの国際空港の内の1つであるペナン空港には唯一大衆向けのバスサービスがありません、そしてその理由は告げられていません。ペナンは観光客の主要な目的地でありマレーシア第2の都市であるのに、マレーシア人と外国人を運ぶ必須のバス運行区間を無視しているのであれば、それは奇妙なことです。バスのない替わりに、利用者はマレーシアで Km当り最も高価であるタクシーを使わざるを得ません。または家族の自動車に乗って交通渋滞の中を空港に向かうのです。 

私はその昔イエローバスが空港とジョージタウンを結んでいたことを覚えています。空港バスサービスを復活させる時です。もし可能であれば、観光客の集まる海岸地区との便や本土側とを結ぶ便もあるべきです。
ペナン住民

(Intraasia注:まずこの投書者は1つ勘違いしており、ランカウイ国際空港にもバスサービスがありません。さてこの投書者の主張はまことにその通りであり、しつこく華々しくマレーシア観光年を推し進めた観光省及びその大臣はこの種の大衆の足に全く無言でしたね、そして今もです。そしてペナン州政府は長年なんら解決策を示さない。空港の足はタクシーだけであると考えているのか、業界の圧力に口を閉ざしているのか知りませんが、当局も政治家もペナン空港にバスサービスのないことをこの先いつまで続けるのだろうか? 90年代初期私はこのイエローバスに乗った記憶があります。Rapid ペナンバスを空港まで運行させない理由を知りたいものです)

【KLIA 格安ターミナルと KLSentral 間を運行する SkyBus】

クアラルンプール国際空港の格安航空ターミナル(LCCターミナル)とクアラルンプールのKLSentral 駅間を運行している Sky Bus は会社勤めを辞めてビジネスを始めたベンチャー企業家が始めたバス会社のバス便です。オーナー企業家は話す、「2006年に政府がLCCターミナルを建設すると聞いたとき好機が来たと思った、そこで手を出してみることにした。そして2006年3月にSkyBus を公式に運行開始した。これは RHB銀行とPublic銀行の経済支援のおかげです。」 

当初資本金RM75万でリース車両で開始しました。今日Sky Bus 社は20輌の40座席新型バスを擁しています。「44座席にすることもできたが、ゆったり座席にするために40座席にしました。」 SkayBus の平均座席充足率は2年前は 55%だったのですが、今では70%-75% とのことです。ピークシーズンは90%を超えます。しかし「ガソリン類の高騰の中で片道運賃 RM 9で運行するのはたいへんです。ビジネスはばら色ではありません。なんとか利益は出しているが、その利益率は低いです。」 2年前に開始したにも関わらず Sky Bus は伸びてきました。

「わが社はSkyVan 社も設立して、旅行者をクアラルンプール圏の各ホテルへ送るサービスも始めました。バンのチャーター便もあります。」 Sky Bus は車体外部を広告用にしており、AirAsia、DiGi がすでに利用しています。「我社は顧客の口コミで現在の顧客層を作りました。」 とオーナー企業家。

(Intraasia注:AirAsia が格安ターミナルに移った時から同時に運行が始まったSkyBus ですね、最初はおんぼろバスで台数が足りなかったけど、その後は新車両になり、乗り心地がぐっとよくなりました。AirAsia を同じように伸びた空港バス専用会社ですね。 ペナン空港も少しはこういう点を見習ってほしいものです)

【広告支出額の上位を占める携帯電話会社】
広告支出費の多い企業の番付で、2007年も引き続きテレコミュニケーション企業が上位を占めました。

順位企業 DiGi 支出額RM1億5170万, Unilever 1億2860億、malaysiaMaxis1億2840万、Procter&Gamble1億2380万、Celcom1億1290万、Nestle8090万、Telekom malaysia8090万
(Intraasia注:DiGi, Maxis、 Celcom は携帯電話運営会社です。携帯会社の広告を目にしない日がないほどいつでもどこでも宣伝しまくっているという、実感と同じですね)

2月17日の記事

【インド人非政党組織の不満表明行動でまた逮捕者】
インド人の非政党組織である、ヒンズー教徒権利行動グループHindaraf の支持者がクアラルンプールの独立広場の近くで無許可の集会を土曜日朝行おうとしました。広場につながる道路をあらかじめ封鎖した警察は支持者 160人を逮捕しました、内150人ほどは後に釈放されました。またこの集会に参加しようとして他州からバスで駆けつけた支持者を、警察は料金所で阻止したとのことです。「警察はあらかじめこの集会に許可を出さないと伝えてある。」 とクアラルンプール市警察。

ヒンズー教徒権利行動グループHindaraf は本来は国会ビルを訪れて要望書を手渡そうとしましたが、警察は道路を封鎖しましたので、独立広場に近い人権委員会のある場所に行き先を変えたとのとこです。警察は放水銃などを使用して規制しました。

(Intraasia 注:このHindaraf の活動とそれに反対する与党インド人政党の問題もあって、この総選挙ではインド人票の流れに興味の一つが起こっているとのことです。相変わらず警察はこの種の集会に極めて強硬で一切許可しませんね)

【ペナンでRapidペナンバスのストを煽った疑いで運転手13人が逮捕された】
ペナンの Rapid Penang バスの運転手 100人ほどが2月6日に賃上げなどを求めてストライキを行いました。tanjung Tokong警察署に事情聴取されるために訪れた運転手13人が扇動と脅しの疑いで逮捕されました。ジョージタウンの警察長官によれば、Rapid Penang バスの経営最高責任者が警察に訴え報告を出したとのことで、「彼らは仲間の運転手をあおってストを行った。逮捕されたものは裁判所に刑法の下で起訴されます」

ストの翌日、運転手らは会社と覚書を結んでストをしないことになりました。 尚逮捕された運転手はその後釈放されました。

【複数国で行った男らしさ調査の結果】
Bayer HealthCare がスポンサーになってアジアの男性の男らしさを調べた、”アジア男性の男らしさ”調査が、中国、日本、韓国、台湾、マレーシアの5カ国で対象者総数 10934人に対して2006年に行われました。 マレーシア男性は3000人が対象になったとのことですが、詳細は発表されていません。

この調査によれば、都市部のマレーシア人男性はセックスとロマンスを低評価しています:男らしさの重要な指標として、活発な性生活と答えたのはわずか0.9%、女性との関係で成功と答えたのはわずか0.7%でした。 一方マレーシア人男性は家族を第一とする良き稼ぎ手です。マレーシア人男性にとって男らしさは良い仕事、家族の面倒を見る、十分な金を稼ぐということです。つまり良い仕事と家族と金がトップに並ぶ関心事の3つでであり、これが男らしさを定義つける主要な要素となっています: マレーシア人男性の25%が最も男として重要なことに 良い仕事を持つこと を上げました。 その他マレーシア男性が男らしいと考える各項目の比率: 家庭的である 20%、 信義を重んじる 13%、 自分の人生を管理する 9%、 友人の尊敬を得る 4%、 

その他の調査国では、男らしさの重要な指標として、活発な性生活と答えたのは 89%、女性との関係で成功と答えたのは 88%、身体的に魅力的だと答えたのが 85%、恥となる状況にならないようにすると答えたのが 89%でした.

調査チームにマレーシアから参加した3人の内の1人である、マラヤ大学医学部の女性心理学・教授は説明する、「男らしさは極めて社会人口パラメーターに影響を受ける。多くの男性にとって、自己意識、性欲、行動は自分たちの権力意識と尊敬と成功に関係している。」 「アジア男性に共通なのは、自分を表現することが上手くないこと、とりわけ性的健康に関してです。」

この調査では調査対象各国における、男らしさ概念のステレオタイプをあらためて裏付けました。
台湾と日本:信義を重んじる、  韓国:活発な性活動する、 中国:自分の人生を管理支配する、 マレーシア:家庭的である

(Intraasia注:一つの調査でどの程度実態が正しく示されるのか、難しいところです。とはいえ、調査者が言うように示された傾向がそれなりに信頼に足るのかもしれませんね。男性であれ女性であれ、その意識を規定するのはその社会の文化観、経済発展度、宗教度、男女関係・家族観ですから、男性らしさ意識は女性らしさ意識と表裏一体の関係にあるはずですね。)

2月16日の記事

【華人生徒の中途退学に対応する華人政党】
華人の中学生には毎年中途退学する割合が高く、昨年は35000人もいた、華人中学生が中学校最終学年である5年を終えずに退学するのは、約4人に1人の割合である、とのことです。こういった点を先に華人与党政党の 馬華公会 がアブドゥラ首相に伝えました。馬華公会はその党外郭団体としてKojadi 技術発展基金を擁しており、中途退学者らに技術訓練育の機会を提供しています。これまで600人の中途退学生が技術訓練また職業訓練を受けたとのことです。

青年スポーツ省の副大臣でもある、馬華公会の青年部長は、「アブドゥラ首相にこのことを話したら、首相は驚きました。そこでKojadi 技術発展基金も資金が不充分であるとことも話しました。そこで首相は これに補助すべくRM1000万の資金供与を承認しました。」  「このKojadi 技術発展基金のプログラムは華人以外にも開かれています」

(Intraasia注:華人生徒だけでなくマレー人などの生徒の中途退学率もかなり高いようです。当サイトで時々書いてますように、これは無理もないでしょう、マレーシアの学制は極めてペーパー試験重視で小学校1回中学校2回の全国統一試験があります。これによって小学校6年時点から生徒はペーパー試験結果が過大に評価されていく仕組みですね、試験の優良生徒名が何千名も新聞で伝えられ、顔写真までも載せる新聞もあります。この学制を支持する国民意識を変えない限り高退学率が減ることはないでしょう)

【ペナン州を見るUMNO幹部の観点】
マレー与党UMNO の情報部長(組織を統括するなどの重要な職)は総選挙に関する記者のインタビューに答えました。その中で(野党の民主行動党を軸に野党がかなり力を示すのではと噂されている)ペナン州について、「ペナンの問題は何ですか? 政府与党は巨大な第2海峡橋や高架鉄道やその他いろんな物を建設する予定だ。新道路も建設中です。州首相もペナン華人です。ペナン州は安定し観光客をひきつけている。皆がハッピーで、そうでないのはごく少数です。ペナン州民は、家にもどって粗探しを行い、妻にぶつぶつ文句を言う夫みたいに振舞わないで欲しい。」

(Intraasia注:華人が多数派であることからマレーシアで唯一華人州首相であるペナンは伝統的に野党の力が強い州です、そこでUMNO幹部の発言はこのことを典型的に現す観点ですね)

【大企業グループオーナーがトップを占める株資産番付】
マレーシアのビジネス雑誌は株資産番付を発表しました。 トップは長年その座にあると見られている、香港基盤の華人大企業家 Robert Kok でその資産 RM 581億としています。2位は(Astro などを保有する)インド人実業家 Ananda Krishnan で資産はRM 196億とのことです。3位は IOIグループのオーナー Lee ShinChengです。 4位以下には Hong leong グループオーナー、Albukhary 基金などを持つマレー人実業家、 Public Bankグループオーナー、ゲンティングループオーナーなど超有名企業のオーナーが並びます。 この番付は、各対象者の保有する企業の株資産を基準にしたものだと雑誌は書いています。

(Intraasia注:マレーシアには高額納税者番付を公表するという仕組みそのものがないので、長者番付はあくまでも推測にしかできないはずです。ですからこの雑誌は株資産を基にしているのでしょう)

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 295.7 入手します。

2月15日の記事

【総選挙公布と投票日確定】
選挙管理委員会が総選挙の公布日を2月24日、投票日を3月8日と発表しました。今回の選挙期間は13日となり、1982年以来短い選挙期間が続いていたので20数年ぶりの長さとなります。前回はわずか9日間でした。 国会議員と州議会議員の同時選挙に向けてすでに各政「党は選挙準備に入っています。 13という数字が好きなアブドゥラ首相が13日に国会解散して、公式選挙期間も13日になったという(非公式な)説明もあるとのことです。

人民公正党の実質的な指導者であるアンワル元副首相は(冤罪か事実かで論議のある)汚職裁判の有罪判決のために課された、選挙立候補禁止期間が4月半ばで切れます。この点に関してアブドゥラ首相は語る、「アンワルのことは忘れていた。選挙日は選挙管理委員会が決めたのです。」

国会下院の現有状況
与党陣営: Barisan Nasiona (UMNO を核として10数党から成る与党連合) 199議席、 野党陣営:民主行動党 12議席、PAS 6議席、人民公正党 1議席、無所属 1議席

(Intraasia注:候補者はまだ発表されてませんが、もちろん活動は始まっています。圧倒的に与党陣営の強い国柄ですから、政権が移るというようなことはありえません、野党が何議席とれるかという点だけですね。アンワル元副首相は、現職である妻がまた当選すれば、その後に自発的にすぐ辞職して補選を行い当選すればいいわけですから、政治活動を封じられたことにはなりませんね)

【昨年の貿易収支は10年連続で黒字でした】
マレーシアの2007年貿易収支は RM 1005億の黒字でした。これで10年連続黒字です。総貿易高は 対前年比 3.7%伸びてRM 1兆1097億でした。RM 1兆を超えたのは2年連続2回目です。マレーシアの輸出高増加に貢献したのは、中国、日本、オーストラリア、インドネシア、オランダ、ドイツ、アラブ首長国連邦、韓国、ベトナムなどでした。ただ対米国輸出は 15%の減少を見ました。輸出高の 63%はアジアが貢献しています。以上通産省の発表からです。

2007年輸出構成 総額 RM 6051億
電気・電子製品化学薬品・
化学製品パーム
オイル原油液化
天然ガス機械
器具精製
石油製品木製品金属
製品光学
機器その他
割合は上から順に 44.2%6.9%6.9%5.4%4.3%3.8%3.7%2.7%2.7%2.3%18%

【英国に寿司チェーンがクアラルンプールに開店】
1996年に設立して国際的に展開しているという、英国の寿司チェーンがマレーシアに最近進出してきて、新しいレベルの寿司ダイニングを紹介しています。 この寿司店 Yo! Sushi は英国水準と食品概念を厳しく守っています。この Yo! Sushi のマレーシアでの唯一のフランチャイズ権を持つ地元会社Melium が、クアラルンプールの高級ショッピングセンター Pavillion と数週間前にMidvalley に店を出しました。「オープンキッチンのスタイルで古典的と現代的な日本料理で100種ほどそろえています。内60種ほどはコンベヤベルトで供されます。」 皿には値段を示すカードを付け、RM3から RM 16まであります。「マレーシア人にファッショナブルで豪華な寿司文化を紹介したい」

(Intraasia注:西欧や東南アジアには非日本資本・非日本人経営の日本料理店やチェーンがあるのは周知のことです。その中で英国系の店がマレーシアにやってきたということなんですね。 嫌いということではなく私は昔から日本料理には全く縁がないので評する能力がありませんが、英国風にアレンジした寿司ってどんな感じなんでしょうね?)

【チベットの DZI 広告から】
マレーシアで最大級のアンティークDZI の収集を誇ります。 その弊社がMid Valley Megamall ショッピングセンターに店舗を出しました
Dzi は非常に神聖で崇拝されるチベットの宝石だと知られています、それには神秘なエネルギーと恩恵があります。その例を挙げると、
9つ目のDzi: ビジネスの幸運、企業、経営リーダーシップ、 2つ目のDzi: 愛、記念、キャリア、 21個の目Dzi: 癒し、黙想、精神
他にもチベットアンチーク、工芸品、祈祷品、仏舎利塔なども扱っています。

Dzi Kingdom はマレーシアにおける Dzi宝石とヒマラヤアンチークの定評ある収集店です。 全てのDzi は手作業で収集したものばかりです。弊社の製品は本物で品質ある物であることを保証します。
Dzi Kingdam Arts & Crafts    場所: Mid Valley Megamall 2階、ホームページ: www.dzikingdam.com

(Intraasia注:クアラルンプールのチャイナタウンのはずれあたりには、ずっと昔からネパールやチベットやミャンマーなどの貴金属、身体装飾品を販売する店が複数ありますね。目立たない古い店構えなので気がつかない観光客も多いことでしょう、知識と興味のない私には全然判定できませんが愛好者には良く知られているそうです。 そういう品を売る店が、クアラルンプール有数の大ショッピングセンターにも専門店として出店したという広告なので目が行きました)

2月14日の記事

【国会が解散された】
アブドゥラ首相が国会の解散を宣言し、(憲法に従って)国王がその宣言書に署名して解散が発効しました。これによってこの数ヶ月いつ総選挙が行われるかの憶測に終止符が打たれました。各州の州首相はその州の候補者を首相に進言し、与党連合の構成政党は候補者リストを首相に出します。第12回総選挙の公布と投票日は14日にも明らかとなります。今回の解散は2004年に選出された国会議員の任期5年を1年以上残しての解散です。

総選挙と同時にサラワク州を除く全州で州議会選挙も同時に実施されます。 改選数は全13州プラス クアラルンプールとプトゥラジャヤとラブアン島 で国会議員総議席 222議席、州議会議員総議席 505議席です。(尚クアラルンプールとプトゥラジャヤとラブアン島は州ではないので州議会はありません)

ホームページではここに国会と州議会と有権者数の一覧表を載せています

(Intraasia注:ずっと前から話題になっていた総選挙です、選挙の極めて少ない国マレーシアですから、最大の政治ごとですね。 マレーシアでは1票の平等性という議論は全く話題になりません。州の間で議席あたり有権者数にかなり不均等があることは一目瞭然ですね)

【AirAsia X にオリックスグループが投資する】
格安航空 AirAsia の長距離便会社 AieAsia X は資本を増やすために、これまでにも外国の投資家からの投資を増やしており、昨年その株式の10%を英国Virgin Atlantic 航空のオーナーに売りました。次いでさらに今月外国の投資会社にさらに株を売り渡します: 日本の Orix グループと バーレーンのPerigon Capital

これは外国人投資家のAieAsia X への信頼を表すと見るべきでしょう。AieAsia X は昨年のオーストラリアゴールコーストへのフライトと最近の中国 hangzhou への2区間を運行しています。AieAsia X  はさらに路線を増やす計画があります、ただその相手空港は2流の空港です。 一体AieAsia X  は世界の主要路へ飛ぶことを許されるのだろうか? 例えば ロンドン、アムステルダム、シドニー、ニューデリー、東京、北京など。でもそれは政府間の決めることです。現在主要国際路線はマレーシア航空が飛んでいます。

世界では、その国の旗艦航空会社の主要路線に格安航空が参入しているは珍しいことではありません、英国では英国航空と供にVirgin Atlantic 航空が主要路線を飛んでいる、香港では香港-ロンドン路線をCathey航空にならんで Oasis が飛行しています。 主要路線を格安航空に認めることを、その路線を飛行している航空会社に脅威となると捉えるべきではありません、格安航空は新市場を堀こ起こしているのです

【ハラル食品試験場を設置する計画】
ムスリムが飲食しても差し支えない意味である”halal" 飲食品を試験し認定するための機関として、研究所をヌグリスンビラン州 Nilaiにある Halal運営総合ビルに設ける計画が発表されました。イスラム教発展庁と国立Putra大学の共同で作るこの研究所はRM2100万の予算で2011年までに設置されます。イスラム教発展庁の長官は、「ハラル申請食品の試験を効果的に行いその後認定します。多くの会社がHalal 食品の申請をするので、申請が2005年の716件から2007年には1743件に増えました。」
「現在イスラム教発展庁はHalal 試験を国の化学部に頼っており、その後認定しています。ひとたび我々自前の研究所ができれば、効果的に検査できます。」

(Intraasia注:マレーシアはムスリムと非ムスリムの人口比 6:4ぐらいの国ですから、Halal ではない飲食品が至る所で混在して売られ、存在しています。そこで当局としてはHalal 認定を厳しく且つ広範囲に行わなければならないということでしょう。 Halal認定を受ければ、国内でムスリム向けに売りやすくなるだけでなく他のムスリム諸国への輸出もしやすくなりますね。 一般にムスリムがどのこの国であれどこの場所であれ、気軽に旅行できない一つの要因がこのハラル飲食品にあるのは事実でしょう)

2月13日の記事

【弁護士の裁判官人事介入ビデオの審問公聴会】
著名な弁護士が高級裁判官人事に介入していると思われている様子を写したビデオ事件に関して、(調査権を授与された)ロイヤル特別委員会が審問公聴会を引き続き行っています。第15日目の19人目の証人として、 その弁護士の元秘書女性が出廷して証言しました。その中で証言された要点:
 Berjaya グループのオーナーである企業家が名誉毀損で新聞記者などを訴えた件で、当時に裁判官が下した判決文はこの弁護士が書いた文章をほとんどすべて組み込んでいた- 1994年終わり
 反汚職庁にこの弁護士を訴えた件で、後日反汚職庁から政府の高位の者たちがたくさん関わっているのでその件は終わりとすると言われた。そこで手を引く褒章としてRM3000 を庁からもらった -1998年
 秘書として、その弁護士が当時の連邦裁判所長官といっしょにニュージーランドへの休暇家族旅行する手配をしました -1994年12月
 弁護士の持っている Berjayaグループの100万株を盗んだと言いがかりをつけられたので、その秘書職を辞めたー1995年5月

(Intraasia注:驚愕の証言と新聞は書いてます、当然です。ただこういう証言がどこまで立証されるかは知りません。司法をゆるが事件でも選挙を控えた大衆感情にあまり影響を与えないと先日解説がありましたね)

【国民奉仕サービスでの射撃訓練に抵抗感が減った】
(18歳になった国民男女から約10万人を無作為に選び、選ばれた者は参加することが義務となる)国民奉仕サービスの2008年第1期生3万数千人は国内各地のキャンプ場で現在奉仕中です。 奉仕サービス参加者が訓練課程の中で射撃訓練を受けることに関して、それが開始された2年前は父母からかなり躊躇感があったが、今ではその気持ちがなくなっている、と国民奉仕サービスを運営する役所の長官が明らかにしました。 「昨年射撃訓練に参加するため父母の同意を得られなかった参加者は2%に過ぎなかった。 訓練カリキュラムに今年は変更はありません」 射撃訓練は2日間行われ、その中でM16 小銃の扱いを教えられます、しかし銃の分解と組み立ては行いません。「射撃訓練は自信と忍耐とチームワークを植えつけるのに役立ちます。」

父母が射撃訓練の際見学できるようにすべきだとの提案に関しては、今後軍隊、警察など関係者と協議すると語りました。「直ちに行いません。射撃訓練場は立ち入り禁止場です。」 「国民奉仕サービスの訓練係りとして、全国の83箇所のキャンプ場でマレーシア軍人が 5000名が関わっています。」

【サラワク州長期巨大開発計画は幸先よいスタートが見込まれる】
発表されたばかりのサラワク州長期大型開発計画”サラワク州再生可能エネルギー回廊”では、民間からの開発提案がすでにRM5000億にもなっているという、幸先のよいスタートです。発表式でアブドゥラ首相は、提案投資では24の覚書が結ばれたと語りました。 サラワク州を2030年までに十分発展させるのに必要なRM3000億を、この提案投資額はすでに超えていると、州政府は述べています。

アブドゥラ首相は、「サラワク州における石油とガス、水力資源、インフラ、交通、通信分野の開発には巨大な投資が必要である、さらに重工業を発展させる計画もある。民間からの投資が我我が計画の中で示唆した額を上回るようです、州にとっていい前兆です。」

エネルギー集中産業がこの”サラワク州再生可能エネルギー回廊”で設立されていきます。 Sarawak Energy, Cahaya Mata Sarawak, io Tinto Aluminium の3社が、電力1100MW供給の覚書を結びました、総額RM52億です。 他にもたくさん結ばれた合意の例:、Sarawak Energy と Sime Darby の間でBakun水力発電の電力 2400MWを半島部に転送するプロジェクトRM220億、 carbon Capital Corpと Japan Carbon Mercantile Co Ltd の間でのバイオディーゼル工場、RM 10億のプロジェクト、 Bintul 発展公社と Zinc OX Resources England の間で亜鉛電子精錬工場プロジェクト US$3億5千万、Sarawak Energy と銀行連合との間で RM30億から200億に上る金融交渉など、

(マレーシアがこの1年半あまりの間に華々しく打ち上げた)長期大型開発計画は、対象の半島部北部州、ジョーホール州南部、東海岸州、サバ州 そしてこのサラワク州、と5つある中、適用面積と投資金額の面では ”サラワク州再生可能エネルギー回廊”が断然にトップで、 対象面積 7万平方キロ、人数60万人以上となります。青写真の核は、電力開発で最低2万MW を計画しています。力を投入する産業は 石油、アルミ、金属製造、ガラス製造、観光、パームオイル農園、畜産、漁業などです。 当初の資金供給として、連邦政府はRM50億の供出を決めました。

(Intraasia注:経済記事というのはこのように、いつもながら公式発表を引用した調子で手放し調に伝えていますね、全てが大開発で且つこれから細目を詰めていく先の話です。まあ、これほど巨大で20年以上にわたる投資が青写真通りに実現すれば結構なことですね。 ただこういったマクロの経済開発が地域の民衆と環境にどのように貢献し影響を及ぼすかは、また別の話ですね)

2月12日の記事

【サラワク州の積極的な水力発電所開発計画
サラワク州を訪れたアブドゥラ首相がサラワク州の長期大型開発計画である、 サラワク州再生可能エネルギー回廊 を公式発表しました。この計画の対象に入っている地方は、Sarukei地方の Tajung manis から Bintul 地方に渡る広大な面積、7万平方キロ、であり、今後22年間にわたって開発していきます。 この計画では大型の水力発電所を数箇所に建設し、それぞれが 1000 MW近い発電能力を持つ予定です。

サラワク州は水力発電能力の可能性が 合計して 28,000MW あると結論づけています。「この サラワク州再生可能エネルギー回廊 発展計画によって、サラワク州のエネルギー集中産業をひきつけるという目標が達成される基礎ができたようである。」  最初のエネルギー多量消費産業であるアルミ精錬工場が、来年操業開始する計画です。2番目の大型アルミ精錬業は 2010年に開始の計画があります。

(Intraasia注:何箇所も大きなダムを建設するようですから、バクン水力発電プロジェクトと同じで、当然先住民族の人たちや環境に影響は避けられないでしょう。経済開発は当然必要でしょうが、半島部全部並みという巨大な面積を誇るサラワク州でのこの開発と保護のせめぎあいは、非常に大きなスケールとなります)

【ジョーホールバルの新出入国管理兼税関検疫総合ビルのオープンはいつになる】
ジョーホールバルの新出入国管理兼税関検疫総合ビルは今年5月にオープンさせる、しかし利用できるのは当面軽車両だけである、と公共土木大臣が述べました。総合ビルとシンガポール間海峡橋 causeway を結ぶ新道路が完成できないため、重車両は引き続き Tanjung Putri の出入国管理兼税関検疫総合ビルを利用します。 この道路建設は5ヵ年計画で予定されたプロジェクトのひとつです。 重車両が新出入国管理兼税関検疫総合ビルを利用できるのは2009年末とのことです。

(Intraasia注:この新出入国管理兼税関検疫総合ビルはまだ利用できないのですね、予定が遅れに遅れてこれまで数回もオープン予定発表がご破算になっています。マラヤ鉄道のジョーホールバル駅からも見えるこの新総合ビル自体はとっくに完成しているはずですけどね)

【セントラルマーケットは運営会社の交代以降成功している】
クアラルンプールの有名なセントラルマーケットはテナントレンタル用の床面積 5400平米あります。それを 30から50の屋台タイプのキオスク店を含めて250店舗用のテナントが入居できるようになっています。 2004年 、(国家の不良債権処理会社である)Pengurusan Danaharta Nasional がセントラルマーケットに対して実施した公開入札の結果、Kha Seng 会社が RM3800万を支払って60年リース契約を得ました。それ以来同社はセントラルマーケットの運営権を得て、セントラルマーケットを成功裏に変転させて運営してきました。 同社はセントラルマーケットに適したテナントを維持するために、テナント賃貸料を 平米当り RM170からRM440に維持してきました。

この成功に勇気付けれて同社は、今後も小売市場で拡大展開していく、ただしクアラルンプール圏での特定の小売・卸売り分野に絞ります、と説明しています。同社はセントラルマーケットに沿って流れる川岸を歩道兼飲食店街にする計画と、セントラルマーケット横の店舗歩道を屋根付きのアーケード街にし路上パフォーマンスもできるような小売街に転化させる計画を提出したとのことです。

(Intraasia注:そう言われれば確かに、セントラルマーケットは2000年代初めごろ調子が悪くなり、その後運営会社の交代で内部も大きく改装してかなり営業スタイルを変えたことが功を奏したようですね。一時マーケット内で売る土産工芸品はマレーシア産に限ると主張していましたが、国内産だけでは無理なようで今では東南アジアなど各国産がまたたくさん売られていますね。旅行者の持つマレーシア産手工芸品土産だけイメージではありません。セントラルマーケットは絶好の場所とユニークな歴史を持つ建物ですから、今後もツーリストの目的地の一つとして繁栄してほしいものです。今でも横の歩道には口上香具師が出現していますよ)

【青年向け活動に物を無料配布するのを止めなさい】
青年とスポーツ省大臣は訴える、「青年向け活動の組織者・団体は、参加者に帽子とTシャツを無料配布するようなことはもうやめるべきです。費用が増えるだけです。そういう慣行は青年活動発展につながりません。 これは問題を呼びかねない件ですが、その出費がアクセサリーなどに費やされるプログラムに省は補助を出せません」」

2月11日の記事

【ブキットビンタン街で行われた全国レベルの旧正月イベント】
旧正月時期に全国レベルとして例年開催される、旧正月祝祭イベントであるオープンハウスが、クアラルンプールのブキットビンタン街で10日夜行われました。何千人ものマレーシア人と外国人観光客が、この有名な界隈に夕方6時頃から集まってきました。特設主舞台が綺羅やかに設置され、VIP席が設けられました。獅子舞、京劇、チンゲイ披露、などがこの夜人気を集めました。一方マレーシアの多民族文化を反映して、マレー民族のSilat, boria やインド人のダンスも披露されました。貴賓ゲストはアブドゥラ首相夫妻で、さらに内閣の大臣や外交使節団も招かれました。

【日本人は農業ツーリズムの主対象】
農業ツーリズムはとりわけ米国で盛んです。農園やその他農業施設を訪問していろんな農業を体験する、そして田舎生活を間近で眺める。農家はしばしば宿泊も提供します。これがまず基本です。 しかし農業ツーリズムの定義は、娯楽、ショッピング、教育、食品の要素を入れて広げることができます。 農業ツーリズムは環境ツーリズムが現在強調される中で、それと手を結ぶことができます。農業ツーリズムが正しい方向で行われれば自然を評価することが奨励されますし、田舎のコミュニティーの発展に寄与します。

経済にとって農業ツーリズムは重要であることから、それが発展していくのは当然であり、オーストラリアやニュージーランドでは農園滞在休暇で知られています。台湾ではそれはレジャー農業として知られています。これらと比較して、マレーシアの農業ツーリズムは規模が小さく、組織だっていません。マレーシアツアーと観光代理業協会の議長は語る、「農業ツーリズムはマレーシアでは隙間市場です、現在のところ高い注目度はありません。しかし今後の可能性は間違いなくあります。」

「日本とヨーロッパからの旅行者、とりわけ若い世代は農業ツーリズム施設を訪れる可能性がかなり高い。」 幸運なことに農業ツーリズムが伸びる余地はたくさんあり、政府は農業ツーリズムの奨励に目を向けています。第9次国家5ヵ年経済計画では、マレーシア観光産業の強化として、国の伝統的な特徴、つまり文化と遺産を売り込んでいくことが重要だとしています。これはとりわけ農業ツーリズムに関係があります。マレーシアの気候は1年中受け入れ可能です。 さらにマレーシア観光業全体として活況です。2003年以後外国人旅行者のマレーシア訪問数は一定して増えています。そして2007年は最高を記録しました。

マレーシアの農業ツーリズムの主たるものは、ホームステイです。このプログラムに参加する田舎の家庭はその世帯収入に寄与することになります。2001年から2005年までの第8次5ヵ年計画中には 463世帯が新たにホームステイプログラムに参加し、全国合計が 79の村から 1000世帯を超える世帯のプログラム参加となりました。

農業省のホームページ agrolink.moa.my には農業ツーリズムの場所がいくつか掲げてあります、例えばケダー州の蜜処理場、シャーラムの農業公園など。マレーシアツアーと観光代理業協会の議長は語る、「観光業はサービス業です。施設を提供するだけでは不十分であり、ソフトウエアも重要です。」

(Intraasia注:確かに農業ツーリズムはヨーロッパ人や日本人旅行者のある程度の人たちの興味をひきつけるでしょう。アラブ人や中国人旅行者には全く期待できないことはわかります。 主対象とされた日本人を実際に農業ツーリズムに参加させるには観光省パンフレットのような概論と自賛ばかり詳細なしの紹介ではだめですね。そういう時に当サイトのようなホームページでの体験紹介が役立つのです。でも役所はそういうホームページの存在を知らない、代理業者の観点が影響を与えやすい・・・)

【ペナン島の有名地区では高級住宅開発が盛んです】
ペナンの最も高級な土地付き住宅は、Tanjug Bunga, Tanjung Tokong 及び 南西部のSungai Ara 地区にあります。こういう住宅は、独立した庭付き3階建て、セミ独立の庭付き3階建て、リンク型庭付き3階建て であり、価格はRM 80万から300万まであります。デベロッパーはクアラルンプールかペナンの有名デベロッパーです。 この地区の高級住宅は毎年1割ぐらい値上がりしていると、業界の重鎮は語る。 コストの高さから2階建ては十分な利益が見込めないそうです。独立した庭付き3階建てだと、価格はRM1800万からです。リンク型庭付き3階建てなら、最低RM80万から売り出されます。

「こういう高級住宅の売れ行きはよい」 とデベロッパーは語る。、その建坪面積は広く、200ユニット建設されている Hii View garden 住宅開発の場合、3階建て住宅の建坪は 300平米から450平米もあります。寝室は4部屋から5部屋であり、敷地内に3台の車は駐車できます.

(Intraasia注:建坪が最低300平米もありますから広いですね。日本円で4千万円ほど出せば、セミ独立した3階建てのこの広き住宅が、ペナンの有名地で買えるということのようですな)

2月10日の記事

【クアラルンプールは溶融していない民族のるつぼである】
クアラルンプールの人口構成は、労働者階級から億万長者や有名芸能人、都市内村落や低所得者向け共同住宅の住人から最高級コンドミニアムや豪華一戸建てのオーナーまで幅広い。このように、 クアラルンプールの各選挙区は国内で最も複雑で多様性のある選挙区です。選挙民の中にはある選挙区に住みながら選挙登録は別の選挙区という人たちがたくさんいます。クアラルンプールは複雑な都市であり、定義の難しい寄せ集めの人々から成っています。長年のクアラルンプール住人であるある華人政党幹部はいみじくも表現する、「クアラルンプールは溶融していない民族のるつぼである」 

近づく総選挙で、現職の大衆獲得票数に大きな変化は起こるかもしれないが、クアラルンプールの国会議員総議席に占める与党陣営と野党の議席獲得数が維持される可能性は大きい。与党連合Barisan は7議席を再度獲得し、野党の民主行動党 DAP が4議席を再度得ることでしょう。 クアラルンプール住民は野党びいきであるという、一般的な見方に反して、この何回もの総選挙では 与党連合Barisan が多数議席を獲得してきました、それは選挙管理委員会の選挙区の線引きの結果ともいえます。

(Intraasia注:そうです、クアラルンプールはマレーシアで最も多様化した都市です。クアラルンプールは単に人口が最大だけでなくジョージタウンやジョーホールバルにはないこの特徴を持っています。マレーシアの田舎というのはかなり単一的な社会です。 「クアラルンプールは溶融していない民族のるつぼである」という表現は非常に当を得ていると思います。都会とは、膨大な数の外国人労働者を含めて各民族の大多数は表面的に混ざり合っても内部では混ざりあわない、そういう社会ですね)

【日本のモバイル市場も狙っているマレーシアIT会社】
マレーシア株式市場のMesdaq 上場している、地元資本のMtouche 会社は、ピアツーピアによる検索とファイル配布のネットワーク製品を発売します。 M-Bit ネットワークと名づけたこの製品は、実は第4世代通信市場用の製品です。M-Bitはこの分野で世界初とのことで、携帯電話間で無線ネットワークによるファイル共有ができるとのことです。M-Bitサービスを使えば 他の携帯に保存されているビデオや音楽ファイルを自分の携帯にダウンロードできます。

同社の社長は主張する、「世の流れはモバイルです。パソコンは小型になり、携帯電話は大型になっている。人々はSMS(ショートメッセージサービス) より電子メールを送るようになっている。人はパソコンを使って検索やアップロードしなくなる。」  

同社はM-Bit の市場登場を、マレーシアでは2月末、インドネシアで3月、日本で6月を予定しています。マレーシアでのユーザー数の目標は100万人です。インドネシアでは200万人を目指します。基本利用料金は月RM 3で、利益は電話網運営会社と折半します。 同社はM-Bitを日本で開始するために、現在日本の会社と交渉中とのことです。日本は世界で最も進んだモービル市場の国ですから、すでい第4世代網ができている、「すでにM-Bit用の土台があるので、日本と韓国のモービルネットワーク会社はM-Bitに興味を持っている。」

(Intraasia注:こういう需要がどれくらいあるのか私にはわかりませんので、コメントは難しいところです。ただマレーシアではまだ第3世代通信インフラが整っていないのに、100万人もユーザーが確保できるのだろうかという素朴な疑問が沸きますけど)

【国際電話通話料割引カードの広告から】
Telekom Malaysiaの発売する、国際電話通話料割引カード i Talk  は中国向けならRM 6で60分間話せます
固定電話から固定電話にかける場合の1分間あたりの料金
中国:10セント、香港:15セント、 シンガポール:9セント、 米国:15セント、オーストラリア:20セント、英国:15セント
i Talk は全国1万の店舗で販売しています。 カード種類: RM 10, RM 20, RM 30, RM 50

2月9日の記事

【ランカウイフェリーターミナルでの大混雑】
旧正月の休日でランカウイ島とを結ぶフェリー波止場のある、ケダー州 kuala kedah ターミナルとペルリス州 Kuala Perlis のターミナルとランカウイのフェリーターミナルは大混雑しました。何千人もの乗客が列をなして乗船を待ちました、フェリーは全運行されてはいましたが、運行スケジュールとサービス具合に問題があるようで、ターミナルは混乱しました。このためケダー州では州首相が現場に訪れる事態となり、多くの苦情が州首相に寄せられました。 あるマレー人乗客は9時にターミナルに着いたが、切符は正午の切符しかなかった、しかし1時前になってもフェリーは出航していません、と11人家族グループである彼は不満を語る。

(Intraasia注:この種の問題はまるで目に見えるかのように想像できますね、ハードウエアといえる設備はいいのですが、時に嫌になるほどソフト面つまりサービス面での欠如がある公共交通です。加えて大家族主義のマレーシア人ですから、車内や船内座席や待合場での子供のうるささには閉口します、もちろんそれは、子供たくさんスタイルには縁のない私のような者にとってはということであり、気にしないマレーシア人も多いのは事実です。まあこんなこともあって休日時期には出かけたいと思えませんな)

【ランカウイ自転車ロードレース】
自転車ロードレース Le Tour de Langkawi 2008年が 2月9日の第1区間 Alor Star - Kepala batas から始まります。その後少しづつ半島部西海岸を南下しながら都市間行程 を行い、第5区間 Johor Baru- Bandar Penawar 、 そして半島部東海岸を クアンタンまで北上します、第7区間 Kuala Rompin- Kuantan,  そこから半島部を横断します、第8区間 Temerloh - Bukiti Fraser.   最終である第9区間 は2月17日 クアラルンプール市内 距離80Km です。

Le Tour de Langkawi は13年の歴史を持ち、今ではアジアで最大のロードレースとのことです。これまでずっと外国人選手団が圧倒してきましたが、今年は区間の1つで22歳のマレーシア人選手が初の区間優勝できる可能性もあるとのことです。

(Intraasia注: 始まった当時はランカウイが舞台であった自転車ロードレースはいまではランカウイで1つの区間レースさえないロードレースになりましたね。それでも名前はランカウイとついてますけど。 尚Kepala batas はアブドゥラ首相の地元です)

【ある地元州議会議員の旧正月に8000人の人が集まった】
スランゴール州のある地方で地元を選挙区とする華人与党州議会議員が公共の場を借りて旧正月オープンハウスを開きました。訪れた人は多民族からなる 8000人近くにも達しました。人々は無料で供される飲食品を味わい、子供たちは 紅包を手にしました。飲食品はロティチャナイ、ママックミー、ムルタバ、チェンドルなどからなり、参加者は腹いっぱい食べました。さらに地元議員の活動を紹介するビデオも上映されました。

(Intraasia注:マレーシアではこの種の行為は事前選挙運動とは夢にも考えられていません、国会議員や州議会議員はこの種のオープンハウスを開くのがいわば当たり前であり、そこでは飲食が無料提供され子供がお年玉をもらうことが当然視されるという、社会通念ですね。かなりかかるであろうこういう費用がどこから出てくるのかは全く話題になりません。国と民族と歴史が違えば、飲食提供といったことを捉える概念はかなり違うという例です)

【ホテル客のために獅子舞団を呼ぶ】
クアラルンプールの Concorde Hotel, Bpulvard Hotel,Dyanasty Hotel, シャーラムのQuality Hotel などでは、泊り客らにマレーシアの旧正月を楽しんでもらおうと、(華人同郷団体などの有志メンバーからなる)獅子舞団を呼んで、ホテル玄関口でアクロバット獅子舞いを演じてもらいました。いくつかのホテルでは毎年旧正月には獅子舞団を呼んでいます。

(Intraasia注:いわゆるアクロバット獅子舞いです。ショッピングセンター内でも開かれます、旧正月15日間中は各地で獅子舞とアクロバット獅子舞いは付き物イベントです)

2月8日の記事

【旧正月時期の初八夜はペナンで最もにぎわう夜である】 
旧正月時期ペナンではいつも人出があってにぎわいます、とりわけ「天公誕生日」の前夜はペナンで最も熱気あるにぎわう夜です。その夜各地では耳を劈く爆竹がなり花火が上がります。 (ペナン華人の多数派である)福建人の 天公 参拝習俗を最も残し示しているのは、ジョージタウンのフェリー便波止場に近い場所に、 姓が”周”の人たちが固まって住む水上家屋村の祝祭です。

これは本来は姓が”周”である水上家屋集団の参拝儀式でありました、人力と財を集めて新年を祝い、テーブルに並ぶごちそうは焼き豚始めとして種種豊富です。こうした習俗は最近になって変化しました、他地区の華人だけでなく旅行者もこの地区の水上家屋村にやって来て 姓が”周”集団の参拝模様を鑑賞するようになりました。たくさんの人が手に線香を持ちます。今ではペナンの旧正月新年の特色は変わりました。その昔の情緒は欠けそしてその後やって来た仏教思想の影響によって、かつて多くの数の焼き豚がならんでいた光景はもうありません。しかし深夜前後まで絶え間なく花火が上がり獅子舞いが披露され、ものすごい数の人々をひきつけるのです。

(Intraasia注:初八 とは華人界のカレンダーの日にちを数える方法です。旧正月元旦が初一となります。「天公」 とはたしかこの場合、華人漁民の人たちが敬う海の神を指すはずです。今では漁師で暮らす人は一握りになったそうですが、水上家屋村の人たちは元々は漁民でした。)

【マラヤ鉄道が新車両を購入予定】
マラヤ鉄道 KTMBはサービス向上のために、さらに車両を予算RM 2億で購入すると発表しました。「これによって現在の客車不足問題に暫定的に対応できることになるでしょう。最近内閣委員会で、都市間輸送用の車両として20輌分 RM 4000万、近郊都市間運送であるKomuter 電車用に8組列車 RM 1億6千万を割り当てました。マラヤ鉄道は入札の準備します。新車両は2年半以内に到着して使われるでしょう。」

都市間列車の20輌は客車と発電車両から構成されます。 新型Komuter 電車は1組列車が4輌編成からなりますので、座席数が増えるとのことです、現在は1組列車が3輌編成です。

複線電化がほぼ完成したクアラルンプール-イポー間では、「2009年から運行開始の予定です。そうすれば6輌編成の5組の列車が2時間20分かけて運行します。 1組の列車はRM2億6千万もします」  マラヤ鉄道南部路線においては、Seremban -Sungai Gadut 区間の複線化は2011年に完成する予定です。

(Intraasia注:車両が増えるのは結構なことですが、2年半もかかるとはね。 古いKomuter 編成車両の何割かの車両は収容乗客数がその車両の大きさに比べて多くありません、ドア間の距離が長く座席椅子主体だからです、よって真ん中あたりが空いてても入り口は混雑といったことがおきます。通勤時の混雑時のようなときにはベンチ型椅子車両だけにするような工夫が必要ですね、新しく購入する車両はどんなタイプになるのでしょうか)

【ゴルフ雑誌読者の選ぶベストゴルフ場】

ゴルフ雑誌 Golf Malaysia が 2007年/08年シーズン 全国ゴルフコース に関して読者投票を行った結果、トップゴルフコースに選ばれたのは、前回に引き続いて Koa Permai Golf & Country Club でした。同ゴルフ場は総投票の約4割、2300人ほどの支持を得ました。 2位は37%を集めた Cleanwater Sanctuary Golf resort, 3位は 31%を集めた Staffield Country Resort でした。

サバ州サラワク州での トップゴルフコースに選ばれたのは、 Nexus Golf Resort Karambunai でした。
最も難しいゴルフコース: Kelab Golf Perkhimatan Awam
ベストリゾートコース: Nexus Golf Resort Karambunai
最も景観のよいコース:Cleanwater Sanctuary Golf resort,
ベストクラブハウス・施設: Kuala Lumpur golf & Country Club

(Intraasia注:ゴルフには全く縁はありませんが、この雑誌は確か国内唯一のゴルフ定期発行雑誌ではないでしょうか)



2月7日の記事

旧正月祝い広告から 
Happy Chinese New year
生意興隆、  年年如意、 富貴吉祥、  蔓事亨通、  百福臨門、  財源廣進

雪害の中国に義捐金を送る活動
華語新聞 星洲日報 が率先して今月初めから行っていた、雪害の中国に温情を送る 義捐活動がマレーシア政府の賛同を得ました。そこで政府の発起した義捐活動を星洲日報 と公営放送RTM局 は協力して進めていきます。大衆からの義捐金を受けます。そして旧正月の最終日である 元宵日 (2月21日)までに 1000万リンギットを集めて中国に送りたいと思います。

情報省の副大臣がRTM局で雪害の中国に義捐金を送る活動を伝えたら、すぐに RM11万 が集まりました。 一般人が義捐金を小切手で送る場合は、 Tabung Bencana kemetrrian Luar Negeri (外務省の災害基金)宛てと書いて、星洲日報 または公営放送RTM局に送ってください。携帯電話のSMS 方式で義捐金を送る場合は、番号 32776宛てに、RM 1., RM 3, RM 5 のどれかの金額です。 

一方駐マレーシア中国大使は、マレーシア政府が中国に雪害援助として US$100万 を送ることを決定したことに感謝を表明しました。「中国政府と人民を代表して、マレーシア政府とマレーシア国民の善意ある行動に感謝します。」 

(Intraasia注:華語紙で圧倒的に部数の多い 星洲日報 が第一面で写真付きで且つその他の紙面も使って大きく報道している自活動自賛報道です。いかにもこの新聞らしい報道スタイルですな。雪害で苦しんでいる大衆は可哀想な状況にある中、中国政府は毎年世界最大級の軍事予算を費やしていますよね)

国外持ち出し禁止品目
政府は国外に持ち出し禁止品目 10品を発表して直ちに施行にはいりました。
価格統制品または補助金付き品目である10品目: 小麦粉、食用油、ガソリン&重油、LPガス、砂糖、鶏肉、セメント、硬質レンガ、軟鉄丸棒、肥料

華人政党幹部の開く旧正月オープンハウスが盛ん
野党の人民公正党は、今月17日朝に 党の実質的党首であるアンワル元副首相のペタリンジャヤの事務所で、党主催の 旧正月祝祭兼オープンハウスを行うと発表しました。 Jalan 16/2, seksyen 16, petaling jaya.   事務所を開放して華人社会といっしょに旧正月を祝いたい、華人団体の領袖や外交使節の訪問を歓迎すると、人民公正党は発表しています。

(Intraasia注:別の新聞には 旧正月のオープンハウスのお知らせがたくさん載っています。華人与党の 馬華公会や 民政党の国会議員または州議会議員主催が圧倒的に多いです。8日以降だけを下記にごくごく一部抜き出します)
サバ州:2月8日 馬華公会総裁兼地方自治体大臣主催のオープンハウス、  ペラ州:2月8日Sitiawan で地元国会議員兼副大臣(華人) 主催のオープンハウス、 ジョーホール州: 2月8日AirHitam で地元国会議員主催のオープンハウス、 

(Intraasia注:もちろん7日にはクアラルンプールで、馬華公会と 民政党の党本部主催の恒例のオープンハウスが開かれました)

円とリンギットとの両替率
1万円を銀行で両替すると RM 299.6 入手します

(Intraasia注:旧正月で7日8日休日、次いで週末ですから、来週末までこのレートですね。もちろん銀行によってごくわずかの違いはあるし、公認両替商なら多少レートは良くなります)

| ホーム |


 BLOG TOP