プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月31日の記事

【ナショナルデー前夜祭】
ナショナルデー(独立記念日)前夜、クアラルンプールの独立広場では前夜祭が行われました。各民族芸能などの後、深夜直前にアブドゥラ首相が到着しました。舞台には大臣、オリンピック選手、宇宙飛行士なども並び、皆で”Merdeka”を7回叫びました。その後12時のカウンタダウンが始まりました。

クアラルンプールのKLCC公園にはナジブ副首相が筆頭になって12時のカウントダウンを開始しました。そして12時になると副首相は”Merdeka "を7回叫び、観衆も従いました。 ブキットビンタン街の特別舞台には、住宅と地方自治体省大臣、青年とスポーツ大臣らが現れて、12時のカウントダウンを行いました。

(Intraasia注:というように、公式行事では例年政府指導者がこの種のイベントの華を務めます。ブキットビンタン街は朝から通行止めになり、夜間になって歌などのパーフォーマンスがあったようです。深夜を期して花火がしばらくあがり、私は目を覚ましました)

【ソマリア沖でまたマレーシアのタンカーがハイジャックされた】
(マレーシア第一の海運企業である)MISC 所有のタンカーがアフリカ東部にあるソマリア沖で海賊に拉致されました。拉致された海域はのアデン湾の公海であり、乗組員はマレーシア人36人とフィリピン人5人が乗り組んでいると、MISCが明らかにしました。3万トンの石油化学品を積載した同タンカーはシンガポールを出て、サウジアラビアへ向かっていました。「乗務員の安全第一なので海賊のハイジャックを防ぐことができなかった。詳細はまだわかりません。」 

今月19日にものアデン湾でMISC社のタンカーが海賊に拉致される事件が起こっています。パームオイルを積載してオランダに向かっていた同タンカーにはマレーシア人29人とフィリピン人10人が乗り込んでいましたが、未だに船ともども解放されていません。

【今年上半期は輸出が好調】
マレーシアの総輸出高は今年上半期は対前年比15%の伸びでした。その内製造品が全体の76%を占めます。石油ガスを含む鉱物品の輸出は世界の原油高を反映して、30%近い伸びです。農業必目は伸び率66%でした。パームオイルは740万トンを輸出しました。
2007年の輸出高の数字を見るとRM 6051億、構成比は製造品目が79.7%、農業品目が7.7%、鉱物品目が9.9%、その他2.7%でした。

【マレーラジオ局の人気女性DJ のフードビジネスは好調】
マレーラジオ局の人気DJ で あるLinda Onnは機転のきくビジネスウーマンでもあります。彼女の経営すえるモダンで大衆度の値段であるチェーン店 My Mom's Chicken Rice は彼女のファンと客を満足させています。チキンライスメニューは彼女の母親のレシピを使ったものだそうです。「ジョーホール州にある両親の店はいつも大人気でした。そこでそのチキンライスを使ってファーストフードビジネスを始めることを思いつきました。」 とLinda。「私の店舗は適正な場所にあり、値段がそれなりであれば、ビジネスは好調だと思います。」

「私のファンがインドネシア、ブルネイ、サバ州サラワク州からもわざわざクアラルンプールにある店にやって来るのです。そこでそういう場所にもMy Mom's Chicken Rice のフランチャイズを出そうかと考えています。」   Linda の別の店 My Asam Pedas レストランはクアラルンプールのアンパンににあり、その店では彼女の実家のレシピである Assam pedas とIkan bakar をメニューにしています。

(Intraasia注:Linda OnnはマレーラジオDJ としてトップクラスの人気を持っているはずです。マレーシア語紙の芸能面などをいつも読んでるわけではないので、初めて知りました。彼女は近頃ラジオ番組登場が減ったなと思ったら、そういうビジネスを始めていたのですね。)

スポンサーサイト

8月30日の記事

【2009年度予算案】
政府は2009年度予算案を国会に上程し、アブドゥラ首相が発表しました。歳出予算案はその総額 RM 2079億で、昨年度より5%ほど増えています。
2009年度予算案は赤字予算であり、その割合は国内総生産高の 4.8%に当たります。これは2007年のそれである 3.2%より増えます。

公共交通面
高架電車LRTを向上させる:Kota Damansara - Cheras 間に新路線建設、Kelana Jaya 線に追加で35両を導入する。 KTM コミューター線を向上させる。バスの納める道路税を1台年間 RM 20 に減らす。タクシー車輛の道路税も軽減する。
社会保障面
福祉補助を与える世帯の月間収入額をRM 400からRM 720に引き上げる、尚サラワク州の場合はRM 830、サバ州の場合はRM 960とする。 公務員の年金では退職時に最低25年勤続者は、最低月額 RM 720を給付する。働けない身体障害者への月額福祉金をRM 150とする。月間電気使用料が RM 20以下の低所得世帯は、その料金支払いを10月から2009年末まで免除する。この電気料金措置によって恩恵を受ける世帯は全国で110万と推定されます
所得税面
所得申告者に対する戻し税を現行のRM 350から400に引き上げる。よってこの対象になる申告者の課税所得限度額がRM 35,000に引きあがる(つまりRM 35,000以下の人は所得税を納めなくてよい)。この恩恵を受ける人は推定10万人です。 個人の預金から受け取る利息は非課税とする。 個人の課税所得に対する最高税率を 28%から27%に下げる。
教育面
小学校11校と中学校 181校を建設する
農業面
野菜果物生産農家35万戸と水産養殖業者と畜産業者に対して、その生産増加のために予算をRM 56億配分する
警察面
全国の警察本庁舎と警察署の建設に予算RM 2億2千万を配分。2008年から2010年までに平警官 22800人と警部補クラスを3000人新規雇用する
観光面
Unesco の世界遺産地に指定された、ペナンとマラッカの対象地に予算RM 5000万を配分する
住宅面
価格 RM 25万以下の住居を購入するために銀行ローンを組む際の印紙税を50%減額するという処置を取り入れる。現在は低価格住宅の購買に関わる印紙税は全て免除されています。
たばこ面
タバコ1本当たりの税金を15セントから18セントに上げる、従って20本いりのタバコ1箱は60セントの値上げとなります。

【インターネットリクルートNO.1会社は日本にも進出している】
インターネットリクルート会社である Jobstreet Corp は昨年の純利益はRM 2900万でした。同社は2004年にクアラルンプール株式市場に上場以来、予想以上の成長を遂げています。2007年の営業売り上げはRM 8200万でした。その内の65%はマレーシア市場からです。「我我のビジネスは資本投資が要りません。」と同社のCEO. 同社は現在9カ国において合計 約6万社の求人と500万人の求職者を記録しています。インターネットリクルート市場でJobstreet は、マレーシア市場で73%のシェア、フィリピンでも1位を確保し、シンガポールでは1位を争っています。

Jobstreet ブランドは上記3カ国以外に、インド、バングラデシュ、インドネシア、タイ、そして日本に及んでいます。最近同社はタイに進出しました。同社の日本でのビジネスは他国と違っています、それは外国人を日本市場に紹介する形です。「最近フリピン人のエンジニア130人を日本での雇用に成功しました。これは新しい概念であり、わが社がパイオニアです」

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 305.7 を入手します。

8月29日の記事

【携帯電話の番号を変えずに電話会社を変更できるサービス】
携帯電話の利用者がその電話番号を変えずに、携帯電話運営会社を変更できる仕組みが29日から実施となりました。エネルギー・水・コミュニケーション省の発表では、「携帯電話会社は利用者がその電話運営会社を変える毎に、RM 25まで手数料を利用者に課すことができます。利用者には電話番号を変えるという不便さなく携帯電話会社選択の自由を与えることになります。この制度が全国的に施行されるのは10月です。」

この制度が29日から適用できるのは、首都圏のプリペイド番号利用者で、2週間後には通常の後払い利用者に広がります。全国的に適用が開始されるまでは、各携帯電話会社は1日当たり100件の変更に上限を設けます。

(Intraasia注:この記事はあまりにも焦点がぼけていて、一体全体29日からこのサービスを開始できるのはどういう利用者で、2週間後はどういう利用者がこれに加わるのかが、よくわかりません。記事中に大臣の発言を加える典型的マレーシア新聞記事の書き方で、そんなことはどうでもいいのであり、要するにどの利用者がいつからサービス開始できるのか、それが一番大事な内容のはずです。書いてる奴が下手だ、というのはまさにこの記事を言いますな)

【到着時ビザ発給対象国のリストから外された国】

政府は、入国者に到着時ビザ発給を認める国のリストから、インドとパキスタンとスリランカを8月1日から外しました。他にも、到着時ビザ発給を認めない国は、アフガニスタン、イスラエル、セルビア、アフリカの21カ国など、との通知を内務省が出しました。  到着時ビザ発給システムは、2006年に取り入れられ、国内6箇所の入国地点:KLIA、ペナン空港、コタキナバル空港、クチン空港、スナイ空港、ジョーホール州Tanjung Kepang の出入国ビル、 で提供されています。発給対象国の旅行者はビザ代金RM 100を支払い、30日間マレーシアに滞在できます。

今年6月内務省が明らかにした数字では、到着時ビザ発給を受けた20万8千人中、68000人が滞在期限超過して滞在している、その国籍はインドが36000人、パキスタンが13000人、バングラデシュが6800人、中国が5400人、スリランカが5000人などでした。   
Imigresen長官は、政府の通知があったことを確認する発言をし、またいくつかの国の大使館から見直しを求める要求があったことを明らかにしました。

(Intraasia注:マレーシアが外国人労働者に多大に依存していることから、到着時ビザ発給はいつも両刃の剣となります。ですからできるだけ制限したい入管当局、できるだけ広げたい旅行業界や雇用業界などの間に意見の違いがでます。そしてこういう場合常に、国内のインド人界から旅行産業の発展のために到着時ビザ発給をインド系諸国に対して認めるべきだという声があがりますね。)

【国立技術大学の建築学教授の建築コラムから】
私は学者として15年間過ごしてきた、よって我々は品質ある環境にむけてなんらかの改革を率先していく学者を求めていく点で半世紀遅れていることをよく知っています。国内の大学は伝統的に、その主人つまり産業界と政府に従う、実業学校に過ぎません。

私がたくさん書いてきたものを通して、(行政首都である)Putrajaya が指導者は至上であるという思想を反映している、ということを示そうとしました。例を上げると、ジョーホール州の町 Sukudai では市自治体がその自治体建物とそれに続く道をこぎれいにするために多くの金を費やしました、贅沢な彫刻的美化をしています。国内の自治体にはこうした”ミニプトゥラジャヤ”になろうとする競争があることはもう秘密ではありません。Sukudai 自治体庁舎の至近距離にある住宅地区では、子供たちが道路を安全に歩いたり横断することができないのです。歩道もなければ、きちんとした美化もされてない、ちょっと足を休めるために休むような場所がありません。

私の予測は次のようなものです:もし国の指導者層がその統治における強い封建的民主主義スタイルを引き続きとれば、そして大学とマレーシア建築協会がこびへつらう召使という支援的役割を果たすことで、混雑し汚染された都市の建築的景観が広がっていくことでしょう。国中にミニプトゥラジャヤ王国ができるでしょう・・・・。   家族の車の駐車する場所しかないという廃れた住居地区から圧倒する王宮のプトゥラジャヤまで、建築学は我々の社会政治状況についてうそをつきません。王子と小作民という思想は、マレーシアの建築景観にはっきり見て取れます。マレーシア自己認識の象徴と言われる建物の多くは、決して真剣に論じられたことのない少数エリートの幻想以上の何物でもありません。

(Intraasia注:こういう鋭い本音を書く学者はほんとごく少ないですね。読んでいてわが意を得たりと思います。マレーシア社会に深く且つかなり広く残存する封建制の存在とその意識を、建築学の面から見事に描写している、文章の一部抜粋です)

【車検場 Puspakomの汚職行為】
商業車輛に検査を義務付けて、それを全国で占有的に一手に行っている、自動車コンピューター検査所(Puspakom) の汚職に絡んで、反汚職庁はさらに10人の職員を逮捕しました。逮捕者はペナン、ジョーホール州などのPuspakomで働く職員です。反汚職庁は火と水曜日に全国で55人を逮捕し、その内28人はPuspakomの職員です。現在までのところ高位の職員は含まれていません。「問題ある車でも RM 80を払えば検査OK をもらえることになっていた。」
Puspakom : www.puspakom.com.my

(Intraasia注:検査独占会社の弊害と、金を払えば検査手抜きできるという意識が生み出す、構造に起因する汚職ですね)

8月28日の記事

【有名インタ-ネット新聞を閲覧できなくさせる?】
マレーシア製作発信として知られたインターネット新聞 Malaysia Today (老舗であり最も知られたMalaysia Kini とは違う) に関して、マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会は国内の前プロバイダー業者 21社に対して、そのウエッブサイトを遮断するようにという通知を、法律に基づいて送ったとのことです。これはマレーシアの法に違反するウエッブサイトを妨害することをマレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会は許されていると、業界筋は解説します。

一方Malaysia Todayの編集者は、検閲をしないと宣言してマルチメディアスーパー回廊地位を得た会社の成功への責務を表明した、マルチメディアスーパー回廊の憲章に違反することだと反発しています、「政府はその約束を明らかに破っている。私はこれを大きな問題にしたい。」 現時点では最大プロバイダーTMnet などの発言は得られていません。 Malaysia Today はそっそくミラーサーバーを開始しました。

【サービス税を徴収してもよいレストラン業者は435社 】
レストラン業者が 5%のサービス税を客に課す基準を7月から年間売上高 RM 300万に引き上げました。しかしそれでもまだサービス税を課しているレストランがあるとのことで、税関庁長官は明らかにする、「消費者からのこの苦情は知っています。どのレストランがそういうことをしているのか知らずには対処策を取れません。消費者が我々に情報を提供してくれるように訴えます。」 

7月からの基準改正でサービス税を徴収してよいとの免許を得ているレストラン業者は全国で 435社にすぎないとのことです。基準が年間売上高RM 50万だった時の免許を 4800の業者が庁に返還しました。の

【公務員応募者と公務員の民族構成比】
国会で内閣府の副大臣が答弁で明らかにした数字です。
「公務員への応募者総数は今年(08年)上半期が80万人弱でした、その中から雇用した割合を民族別にみると、マレー人応募者の3.1%、華人応募者の6.4%。インド人応募者の5.3% になります。」 「(100万人を超える)公務員全体数の内、警察官と軍人を除いた2008年6月時点の総数は 865,257人です。その内ブミプトラが 88.1%、 華人が 7.2%、 インド人が 4.2% を占めます。」

「公務員における上級経営陣層での民族別構成は、マレー人 83%、華人 9.7%、 インド人 6.4%、 その他 0.9% になります。経営陣層と専門職層をみると、マレー人 83.8%、華人 10.87%、 インド人 5.0%、 その他 0.4% になります。一般層はマレー人 89.7%、華人 6%、 インド人 3.9%、 その他 0.4% になります。

【サラワク州の先住民ロングハウス火災避難民に塩袋を送った森林伐採企業】
サラワク州中部にある山間地Ulu Tatau地方で先住民族 Punan 族のロングハウスで先週末夜間火事が発生した後、被災者に塩2袋を送った、森林伐採会社は州内にいくつかの森林伐採権取得地とオイルパーム農園地を合わせて、10万ヘクタールの面積を持っており、これはシンガポール面積の1.5倍にもなります。

Punan 族全国会議はこの塩を持ってきた行為を侮辱的だ、被災者に屈辱を与えていると強く批判しています。サラワク州Belaga地方の現地教会のメンバーは新聞社に語る、「数年前に当地で起こったロングハウス火事でこの同じ会社は、被災者300人に1セントも手助けしなかった。その会社の伐採事務所がロングハウスから程近い所にあったにもかかわらずです。経営陣は全く何もくれなかった。」

サラワク州の国会議員もこの森林伐採企業の塩を送った行為を批判しています。「この会社の態度は普通ではない。」
その後この伐採会社は、被災者とPunan 族全国会議に陳謝を伝えたとのことです。

(Intraasia注:大きなニュースではまったくありませんが、全国紙が報道したことが契機になって明るみにでた興味深い内容なので2回に渡って載せました。サラワク州の強大な森林伐採産業の存在をここでも感じます)

8月27日の記事

【アンワルが大差で国会議員補選に当選】
全国の大きな注目を集めていた、ペナン州本土側のPermatang Pauh 国会選挙区で26日行われた補欠選挙は即日開票され、公正党指導者のアンワル元副首相が予想通り当選しました。
アンワル:31195票、 与党連合の推すUMNO党の候補者(ペナン州の現職州議会議員):15524票、泡沫候補:92票、 無効:447票
投票率 80%(47258人が投票した)

多数得票差 15671票は、今年3月の総選挙時にアンワルの妻が当選して得た得票差 1388票より増えました。Permatang Pauh 国会選挙区はアンワルの1982年の政治家デビュー以来の地元であり、1998年にアンワルが政府を追放され逮捕された以後は、公正党総裁を務める妻が立候補して当選していました。3月の総選挙時には、アンワルの公職立候補禁止期間がまだ終わっていませんでした。 7月にその妻が国会議員を辞任したため、補欠選挙となりました。

(Intraasia注:Pakatan Rakyatが総力を挙げて応援し、BarisanNasional 側は前評判圧倒的に不利の中、ナジブ副首相がはりついて戦った選挙戦でした。多数得票差が焦点になっており、この数が増えたということで、アンワルの人気の高さの証明だけでなく、Pakatan Rakyat陣営の指導者である彼の権威のより確立に貢献したといえます。 各紙一面で写真を掲げて大きく報道しています、ただマレーシア語紙Utusan を見てちょっと驚きました。1面には候補者3人の顔写真が同サイズで小さく掲げられ、目立たなくくアンワルの勝利を伝える報道振りでした。 いくらUMNOの資本が大きく入った新聞とはいえ、マスコミを謳う新聞とは思えない報道振りですね)

【ペナン空港で拳銃発射の現金強盗未遂事件発生】
ペナンのペナン国際空港で朝9時半ごろ銃を使った現金強奪事件が発生しました。狙われたのは空港内で両替商を営む人物で、複数銃弾を浴びて重体です。覆面姿の賊3人は車で空港玄関に乗り付けて銃を発射し、両替商に渡すために運ばれてきた現金輸送車の金を奪おうとしましたが、その警備員の機転で、現金RM 190万の入ったカバンは無事でした、賊は両替商の個人カバンを奪って逃げ去りました。その1つは身の回り品の入ったカバンでした。10発の銃が発射され、玄関口のドアも銃弾を受け、現場にいた多くの人が驚きました。

(Intraasia注:今年だったかKLIA で銃撃現金強奪強盗がありましたね。今度はそのペナン空港版ということでしょう。ただ現金入りカバンを間違えるという致命的ミスをしたのが大きな違いです)

【税務署の人員内容】
内国税務庁(いわゆる税務署)の職員の90%はブミプトラであり、7%が華人で3%がインド人ですと、国会で経済大臣を兼務する首相が答弁しました。質問した行動の議員は尋ねる、「税務署の民族比は国の多民族政策に合致していますか?」 経済大臣の答弁は、税務署職員はその専門職性と能力から雇用されていますと答えました。

内国税務庁(いわゆる税務署)の税徴収額は昨年、RM 492億で、法人税が76.4%、所得税が23.6%とのことです。

【白人女性歌手のコンサートを巡る論議】
PAS党などからコンサート実施反対論議が突きつけられている、カナダ人歌手 Avril Lavigne のクアラルンプール ムルデカスタジアムコンサートは、予定通り開催されることになりました。コンサートは一度は文化芸術省がその許可を取り下げたのですが、その後内閣は開催OKを出したとのことで、コンサートは開催と決定しました。

(Intraasia注: どんな歌手か私は全然知りませんが、この種のコンサートを独立記念日直前にもって来る開催者側の配慮のなさも感じます、一方西欧丸出しスタイルに強烈に反対するPAS党的反対論に賛成できない人も少なくないことでしょう)

8月26日の記事

【中央銀行は利率維持を決定した】
中央銀行Bank Negara は 3.5%の利率維持を決定しました。これは市場筋も広く予想していたことです。「現在の利率レベルは見通しに合致している。」とBankNegaraは説明します。中央銀行の定める基準となる利率は2006年4月以来変わっていません。エコノミストの中にはインフレの進む中、それに対処してないと批判する声もあります。総裁(女性)は答える、「(総裁に就いて)これまで4人の経済大臣と仕事をしてきたが、一度たりとも利率について指示されたことはありません。」

【ペラ州州評議会員を巡る起訴と名誉毀損の逆訴訟
反汚職庁はペラ州で2つの下級裁判所に州評議会員2人を含む5人を合計16にもなる汚職の罪状で起訴しました。これはSeri Iskandar での土地開発に関わるものです。13人の弁護士からなる弁護団を組織した被告は全員無罪を主張して裁判を要求しました。裁判所は9月15日裁判開始を決めました。

一方この起訴された2人の州評議会員は反汚職庁、反汚職庁長官、英語紙新聞社らを相手に名誉毀損で、賠償額RM 1億を求める訴訟を、イポーの高裁に起こしました。「収賄したという偽りの主張と性的待遇を求めたというでっちあげ」 との理由です

【サラワク州の山間地で起きたロングハウス火災にまつわるできごと】

サラワク州の中部にある山間地Ulu Tatau地方でごく少数派である先住民族 Punan 族のロングハウスで先週末夜間火事が発生し、600人が被災を受けました。ロングハウスには、消防ポンプ、消防ホース、消火器といった消防設備が全くなく、バケツと家庭用ホースで対応する以外ないという状態で燃えるにまかせていました。さらにロングハウスコミュニティーは自衛防火団組織も、その種の訓練を受けたこともありませんでした。

先住民族 Punan 族は3ヶ月前にも別の地方である、Kapit Division 地方でそのロングハウス 3棟が火災に遭いました。同じような結果となりました。 サラワク州の福祉庁と赤十字とライオンズクラブなどがUlu Tatau地方のロングハウスに駆けつけて救済援助をしています。この場所はBintlから山林道を5時間かかります

2001年に政府は声明しました:どのロングハウス、または村にも各世帯に1個の消火器を備え付けるようにする、各集団居住地には消防ポンプと消防ホースの1セットを備え付ける。 その際、「各集団居住地には自衛消防団組織の設立と訓練をほどこすことになっていました。でも我々のロングハウスではそんなことには全くなっていません」 とUlu Tatau地方のPunan族のロングハウス住民はいう。

被災民らは政府と、この地方で伐採活動をしている森林伐採企業に援助を求めました。これらの会社の代表が月曜日に現場を訪れて、被災者に塩の入った袋2つを手渡しました。これにショックを受けながらも現地のPunan 代表が被災者の面前でこれを受け取りました。しかしPunan 族全国会議はこの贈り物に反発して言う、「その行為はひどく心無い。こういう伐採企業はなぜ被災者をいじめるのだ?もし彼らが援助をしたくなければ、何もくれないほうが良い。被災者らは家なし、食なし。それなのに伐採企業は屈辱を与えている。」   運送問題から救援物質の到着は遅々としています。

(Intraasia注:サラワク州の先住民族は数十にも分類され、ロングハウスが伝統的居住形態だと言われています、私はPunan 族については知りません。なお狩猟採集のPenan族 とは違います。こういうニュースは半島部ではごく目立たないニュースとなってしまい、Ulu Tatau地方、Punan族の名を知っている人はまずいないでしょう。私も地図で探して見当をつけました。発展し続ける都市部や金をつぎ込むリゾート開発とはかけ離れた、別世界である、こういうサラワク州奥地、山間地の姿は、一般にロングハウスに住む民という珍しい観光対象程度にしか外部には紹介されませんよね、しかしその生活現実はいろんな面で取り残された小世界だということです)

【投資セミナー広告から】
8000人以上の栽培家がこのオイルパームプランテーションを保有しています。 3万区画がこれまで売れました。
高リターン、 資本増加、 安全な投資、 低手数料
セミナーの内容
マレーシアで初となる、オイルパーム栽培地への投資から、いかにして長期利益を得るか? 利益年率 8% - 17%
セミナー会場
クアラルンプール、ペナン、ジョーホールバル

特約代理業者: MINES Marketing 会社

(Intraasia注:よく知られたMINES グループの会社ですね。詳しい説明がありませんので推測すれば、オイルパームの栽培区画に投資してそのパームオイル収獲を投資対象にするということなんでしょう。マレーシアは世界第2位のパームオイル産出国という背景と基にした面白い投資法ですね、ただし私の理解に間違いがなければです)

8月25日の記事

【北京オリンピックでのマレーシア人選手団の成績】
バドミントン
男子シングル:銀メダル、女子シングル:準準決勝で負け、男子シングル:準純決勝に進めず、男子ダブル:準準決勝で負け、1回戦で負け、女子ダブル:1回戦で負け
サイクリング
男子団体:7位、 ケイリン:9位、10位、200mスプリント:8位
陸上
男子走り高飛び:順位なし、女子棒高跳び:順位なし、女子20Km競歩:完走ならず
アーチェリー
男子個人:順位なし、1回戦敗退、1回戦敗退、団体:順位なし
飛び込み
男子10m: 26位、女子10m:27位、 女子3m:21位、同じく21位
ヨット
レーザー級:38位
射撃
男子25mラピッドピストル:15位
水泳
男子100mバタフライ:54位、男子200m自由形:44位、男子200バタフライ:37位、女子50m自由形:48位、女子400mメドレー:34位、女子400m自由形:38位、女子800m自由形:34位、女子200メドレー:29位、女子200平泳ぎ:19位、テコンドー:女子57kg以下:銅メダル選で負け、女子72kg以上:銅メダル選で負け、
重量挙げ
男子56kg:8位

マレーシアはオリンピックに関して小国だと見なされる以上、何ができてできないかでもっと現実的になるべきです。
選手団長は語る、「わが国のスポーツ方針は全てのスポーツの国内トップ選手に機会を与えオリンピックへに参加できるように奨励しています。マレーシアがバドミントン選手団に過剰に依存したくなければ、スポーツ種目を選択すべきです。バドミントン選手へのプレッシャーはいつのオリンピックでもすごいものです。」

(Intraasia注:人口を考慮せずに単にメダルの数だけであれこれを語るのは公平とは思えないし好きではないですが、誰でも認めるようにマレーシアはスポーツ強国でないのはいうまでもなく、スポーツ普及国家ではありません。こういう面も反映して、メダル数ではインドネシアとタイより劣りました。銀メダル1個だけに終わったシンガポール、ベトナムと同じでした)

【国会議員補選の投票日は州の休日にする】
全国の注目を集める、ペナン州本土側の国会補選は26日が投票日です。ペナン州首相は、有権者が十分い投票できるようにするとして26日を州の休日にすると発表しました、「市民の意見では平日は投票率を落とすということにもかかわらず、選挙管理委員会が平日を投票日と決めて以来この件を検討していました。」 一方ナジブ副首相は、この決定を批判しています。

(Intraasia注;最初から日曜日投票にすればこんなことで批判しあう必要はないのに、と思うのが普通でしょう)

【日本アニメの人形を収集するファンとポルノ的人形だと見なして取り締まる当局】
アニメの小型立像を収集する趣味がマレーシアでこのところ急激に人気を呼ぶようになりました。言うまでもなく日本のアニメとマンガに対する興味が多いに入ってきたからです。この種のアニメの小型立像にはいろんな種類と大きさがあり、平均的な趣味人から熱狂ファンまで広範囲の買い手の希望に合わせています。小さくて細部のはっきりしないアニメの小型立像はRM 8からあり、もっと大きくてきめ細かい立像はRM 200ぐらい、さらにそれを上回る物もあります。大きさときめ細かさが値段の決め手です。

なぜ収集家はこういうアニメの小型立像をそれほど好むのでしょうか?どんな動機から1つのアニメの小型立像に数百リンギットも払うのでしょうか?
最近こういったアニメの小型立像に対して、その品位に疑問がつけられました。あるマレーシア語紙が、立体像の中にはセクシーさを強調し挑発的なポーズをしているものがあると書きました。 ある31歳の熱心な収集家は語る、「そういった大人向けのアニメの小型立像があることは否定しません。しかしその種の物はアニメの小型立像市場全体からみれば、ごく小さなマーケットです。普通の大人しいアニメの小型立像を見つけるほうがぐっと普通です。 アダルト向けのアニメの小型立像はちゃんと”18歳以上”と印が付いており、簡単に見分けられます。それにういうアダルト用立像でもヌードのままでは売られていません。」

インタネット上でアニメの小型立像販売をしている華人、24歳、のサイトは昨年立ち上げて以来ぐっと延びてきたとのことです(www.thefiguremall.com) は収集家でもあります。彼はよく他の収集家といっしょにアニメの小型立像展示ブースを、アニメファンの大会などで出しています。「 日本のアニメの小型立像のカタログを見ても、アダルト向けの像はごくわずかの割合です。」   アニメの小型立像の幅広い製品種と値段域から、日本アニメファンには必ずや受けることでしょう。

マレーシア語紙の一面記事がきっかけとなって、内務省の取締りを招き、販売店はRM 1万相当のアニメの小型立像を押収されました。「社会の倫理を悪化させるので、そういったポルノ的な人形の取締りをしなくてはならない。」省の取り締まり部門の長は説明する。

これに対して、マレーシアでのアニメの小型立像ファンのブログなどではこの取締りを批判する声が目立つ。「我々は彫像のきめ細かさと性格がすきなのです」 「収集家を一つの範疇に見なさないで欲しい。全てのアニメの小型立像収集家が裸の像を集めてるわけではない。」

(Intraasia注:この種の店がBerjaya Times Square など人気ショッピングセンターにあることは以前から知ってますが、興味ないのでしげしげと見たことはありません。ただ以前からある日本アニメとマンガファン層がこの何年かさらに広がっていることは確かなので、これに付随した流れとして人気を呼んでいるのでしょうね。マレーシアという国情から、とりわけムスリム層の一部から西欧的であれ日本的であれ、彼らの理想とするマレーシア風土に合わない文化、趣味、音楽に対する反対は常に叫ばれていますから、目に見える形でアダルト的な品への批判と取り締まり要求論は必ずや出てくるでしょう)

皆で選ぶ格安航空 AirAsia x の日本での発着空港選び

格安航空 AirAsia 翼下の長距離国際航空会社 AirAsia X は昨年発足し、早ければ来年中には日本就航を予定しているそうです。しかし発着空港はまだ選択兼交渉過程にあり、決定していません。
そこで読者の皆さんからの声として、最もお勧めである日本での発着空港を投票の形で選んでみようと思いつきました。 
FC2の無料投票レンタルを利用して、「AirAsia-X の日本での発着空港はどこが最適でしょうか?」 を8月24日から再開しました(この部分をクリックしてください)。是非皆さんも投票にご参加ください、そして旅行仲間にもお知らせください。

テーマ : 飛行機(航空機) - ジャンル : 旅行

8月24日の記事

【ペラ州の2人の州議会議員の汚職逮捕と起訴に関して】
今月半ばにPakatan Rkayat 下にあるペラ州で公正党所属の州議会議員で且つ(州政府理事に当たる)州評議会員の2人が、汚職の疑いで反汚職庁に逮捕された件で、この両名は25日にイポーの下級裁判所で他の3名ともども起訴されることになっています。しかし両州議会議員は、そんな容疑はないので逮捕は違法であり、反汚職庁からの陳謝を要求していました。 ペラ州の州首相は主張する、「汚職の原因になったという住宅プロジェクトなど存在しない。政府与党連合がこの件を画作している。」 一方アブドゥラ首相は、この逮捕がペナン州の国会補選と重なったことは関係ないことだと、批判を一蹴しています。

反汚職庁の長官は、「両議員は起訴される5人に含まれます。我々は十分な証拠を握っている。」 「反汚職庁は陳謝しません。我が庁は間違ったことは何もしていません、責任と義務を果たしているだけです。我々はえこひいきなく誰に対しても行動します。」

【民主行動党の党大会】
(伝統的野党の民主行動党(英語略称名 DAP)は華人基盤の多民族政党で、現在では野党連合Pakatan Rakyat を構成する3党の1つです) 行動党の定期党大会でクアラルンプールで開催され、立候補者58人が立候補した党中央執行委員会 20名の選挙が行われました。700人強の代議員の投じた票中で、トップを占めたのは相談役で国会議員の 林吉祥、そして2位は息子で党書記長で且つペナン州首相兼国会議員である林冠英でした。有名な弁護士でもある党議長のKarpal Singh、と今回の選挙で新たに国会議員に当選した彼の息子も中央執行委員に当選しました(2人はインド人親子)。 その他中央執行委員の中には、クアラルンプール選出のよく知られた行動党議員4人が再選されています。

民主行動党は3月の選挙で大躍進し、国会議員28人を含め州と国会で議員総数は100名になります。今回の党大会会場は長年使用してきたホテルからもっと大きなホテルに会場を移しました。議長は演説する、「我が党の次の目標は連邦政府の獲得です。(行動党と本来は相容れない立場のPAS党がPakatan Rakyat を構成していることについて)この両党を結びつけられるのは、公正党指導者のアンワルしかいません。彼が仲介者になるのです。」 書記長は演説する、「行動党は時期首相候補としてアンワルを押します。我が党は非宗教国家の立場を維持し、マレーシアをイスラム国家にすべきというどのような提案にも反対します。」

(Intraasia注:行動党はインド人の党指導者と支持者も目立つ党ですが、華人基盤なので昔から華語紙はそれなりに詳しく報じてきました。しかし英語紙はかなり小さく扱う態度でずっと報道してきましたが、3月の総選挙で行動党が大躍進したので、記事になる量が写真を含めて増えました。)

【スランゴール州の集中養豚場プロジェクトにマレー界からの反対の声】
スランゴール州政府が計画している、集中養豚場をSepang 地方に建設するプロジェクトに対して、マレー界の中から反対の声が続いており、覚書が州首相に送られました。マレーシアムスリム連帯運動、全国マレー人統一会議はこの件で一部の国会議員に説明する予定です。連帯運動の議長は主張する、「これは養豚場の場所と健康と環境に影響あるという問題なのです。決して民族問題ではない。」 「例えいわれるようにハイテク養豚場であっても、健康に影響ないという保障はありません。 我々の覚書は国会の全てのムスリム議員にも発送します。」 「ムスリム系のNGO が組織する8人の弁護士団がこのプロジェクトの他地区への移動を求める法廷決定を求める、手段を計画しています。願わくば、どこかの島へです」 

このプロジェクトは、いくつかの養豚業者を一箇所、400ヘクタール、に集めて新規にハイテクの養豚場を建設するという、予算RM 1億のプロジェクトです。

(Intraasia注:イスラム教が豚肉を忌み嫌う以上、養豚業の問題はマレーシアでは避けて通れない問題です。豚肉を食べる華人界でも身近な場所に養豚場があることを好む人はいないでしょう。よって豚肉需要はあってもそれを養豚する業者の場所の問題とそこで働く地元人がいなという人出不足に悩む事情を、華語紙はしばしば報道してきましたね)

8月23日の記事

[タイ深南部] ブログ村キーワード
【国境の町スンガイゴロクでまたまた爆弾テロ】
タイ深南部でマレーシア国境に接した町 スンガイゴロックの警察署のすぐ近くでまた爆弾テロが起こり、30人ほどが怪我をし、タイ語新聞の記者が1人死亡しました。爆発があったのは夜で、最初に(いつものように)バイクに仕掛けた小さな爆弾が携帯電話のシグナルで炸裂し、そこへ見物人や記者も集まりました。その際は誰もけが人は出なかったのですが、2回目の車に仕掛けた爆弾の炸裂で警官や他の記者を含めて多くの被害者を出しました。 これまでのタイ深南部での爆弾テロと襲撃事件で、車爆弾が用いられたのは極めて珍しいことです。

(Intraasia注:このように、深南部中でスンガイゴロクはよく爆弾テロの対象地になる1つですね。そして深南部のこのところよく起こっているみたいに感じるのが、1回目の爆弾人が集まったところを狙って2回目の爆弾を破裂させるというものです。

タイ深南部の説明: タイ深南部というのは、タイ全県 76県ある中の3県だけを指します: パッタニー県、ヤラー県、ナラティワット県。いずれも住民の圧倒的多数がムスリムの県であり、県人口が100万人以下の小県です。3県の内パッタニー県だけはマレーシアと国境を接していませんが、いずれもバンコクから1000Km 強も離れたタイの最南部です。
マレーシア、日本、西欧のマスコミが、深南部問題を報じる時に 「タイ南部」という非常に誤解を招く呼称を頻繁に使用していることを、強く批判しておきます。タイ南部とは、この3県からずっと北にあるチュンポーン県、ラノーン県あたりまでのかなり広い範囲を指します(ミャンマーと隣り合っており、地図で見るとぐっとくびれた地形の所までです)。南部の中の一部が深南部3県であり、他の南部10数県には事件はまったく波及していません。これはムスリム人口の多いサトゥーン県、プーケット県でも同様です。唯一の例外はパッタニー県、ヤラー県に接する、南部最大都市ハジャイのあるソンクラーン県です。ソンクラーン県の4つの郡は深南部3県と同じような住民構成とつながりをもっていることから、深南部3県ほどではないが多少似たような状況にあるようです。


【ガソリン類の小幅値下げを予定より早く実施】
政府は先に、ガソリン類の価格を国際市場の価格を反映して、9月から毎月1日に見直すと発表していました。普通ガソリン (RON 97)の価格は今年は リットル当たりRM 2.70以上には上げないとも注記していました。

政府はガソリン類の統制価格の値下げを発表しました。普通ガソリン (RON 97):1リットル当たり RM 2.55 (15セント値下げ)、ガソリン RON92: RM 2.40(22セント値下げ)ディーゼル油:1リットル当たりRM 2.50 (8セントの値下げ)です。新価格は即時である23日から実施となりました。内閣は、ガソリン価格の変動性を予定より早く実行したと説明しています。

ペナン消費者協会は主張する、「ガソリン値下げは車を持たない層にはなんら貢献しません。こういった層の関心は食品と他の品です。」 消費者協会連合は主張する、「先のガソリン値上げは貴重なレッスンにすべきです。ガソリン類は少しづつ上げるべきです。」

(Intraasia注:選挙目当ての方策としかいうしかないところです。この程度下げても一旦上がった各種の運輸関連費用が値下げされないのは目に見えており、恩恵を受けるのは車を持つ層です。一番貧しい車を持てない層向けに公共交通の料金維持と整備にこの値下げ分を回すのが、本来の政策であるべきです、消費者協会も同じような趣旨を述べていますね)

【7月の物価指数の上昇率は最高】
統計庁の発表により、7月の月間消費者物価指数は対前年比 8.5%の上昇となりました。これは27年間でもっとも高い上昇率でした。ガソリン類と電気料金の値上げの影響の大きさと引き続く食品類の値上がりを反映していると、エコノミストは解説します。6月の消費者物価指数は 7.7%の上昇でしたので、7月の率も同程度を予想されていましたが、それを上回る数字でした。 今年7ヶ月間の消費者物価指数は 4.4%上昇しました。

(Intraasia注:我々のような低所得者層に何が一番痛いかというのは、食品類の値上げですね。食品類の値上げをいかに抑えるかが、緊要のはずです)

【銀メダル獲得選手を利用した政府与党連合の国会補選運動】
オリンピックのバドミントン男子シングルで銀メダルを獲得した Lee選手を祝祭する歓迎会が、出身地であるペナン州本土側のBukit Mertajam で行われました。その地方は国会補選が行われているPermatang pauh 地区に含まれます。彼はスポーツ省大臣に伴われてプライベートジェット機でペナン州空軍基地に着き、運転手付きの車で、地元の村に戻りました。国会補選のBarisan Nasional 側の候補者は、政府はLee選手の功績を利用しているという批判を退けました。

PakatanRakyat の握るペナン州の州首相は批判する、「Lee選手の功績を政府与党連合は操作している、政府がメダル獲得に対してLee選手に上げることになっていたRM 30万の小切手を(わざわざ)Permatang pauh 地区で彼に手渡した。なぜクアラルンプールで彼に小切手を渡さなかったのか? 防衛省の施設を補選のために使うのは正しくない」

【円とリンギットとの両替率】
銀行で1万円を両替すると RM 302.9 を入手します。

8月22日の記事

【中国からパンダがやって来る?】
華語紙の報道によれば、マレーシア外務大臣の発言として、中国がパンダを贈ってくれるように10月に中国訪問するとのことです。このパンダはクアラルンプール郊外の 国立動物園で飼育する予定です。アブドゥラ首相がしばらく前に中国を訪れた際、パンダの希望を中国側に伝えていました。マレーシアは替わりにオランウータンを送る計画です。

(Intraasia注:まだ確定したわけではないのですね)

【AirAsia Xの日本路線計画は消えていない】
長距離格安航空 AirAsia Xの社長は11月からメルボルン行きの路線を発表した後語る、「新航空機を入手次第路線を拡大したい。AirAsia Xの所有機はまだ1機です。韓国、日本、北インドへの路線を開くための計画を進めています。」 AirAsia XはAirbus の飛行機を25機購入する契約をすでに終えており、その内の2機が今年中にAirAsia Xに引き渡されることになっています。

(Intraasia注:他国路線は別にして、日本路線を進めてほしいものです。ということで日本路線の希望はつながっているようです)

【クアラルンプール発展計画下でのカンポンバルの開発は果たして進むか】
5月半ばにクアラルンプール市庁が発表した、クアラルンプールの長期発展計画である「クアラルンプールシティー計画2020年青写真」 に関する市民からの意見申し立ては、8月31日で締め切られます。そこで各地の住民団体などから500 ぐらいの意見書が市庁に提出されています。市庁幹部は言う、マレーカンポン や華人新村からの意見書は極めて少ないと。 この青写真に関して36の住民団体が組織した、”クアラルンプールを救おう” の代表は言う、多くの市民は知ったことではないという態度であり残念です、さらにKampung Baruの住民から反応がなく失望する、と。 

その青写真の中で、特別に別枠だてとしているのが、伝統的マレー居留地 Kampung Baru です。Kampung Baruの再開発に対して、青写真でクアラルンプール市庁はそのインフラ開発などにRM 2億3600万という巨額を支出する計画です。その内、政府が国家の5ヵ年計画である 第9次マレーシアプランの下で、RM 1億を拠出する計画です。再開発プロジェクトは段階的に実施されていきます。

この青写真の下、このいくつかあるプロジェクトの中には、市内他地区との連絡を良くする専用歩道建設もあります。独立広場とチョーキット及びKampung Baruを結ぶ歩道建設に市庁はRM 3100万を支出予定です。市庁幹部は説明する、この面での11月開始の第1段階は Jalan Tun razak の交差場所の Jalan Raja Alang - Kampung Baru のモスクまで 800メートルで部分的に屋根も付け、休憩場所も設ける、とのことです。
また別のプロジェクトでは、Kampung Baruの古い週末市場を費用RM 1億で再建築し、費用RM 2200万で jalan Raja bot, Jalan Raja Hussein 地区を美化します。 

「クアラルンプールシティー計画2020年青写真」 はこれから承認され法定化するという手続になります。政府はKampung Baruの再開発のために、予算RM 1億でKampung Baru発展公社の設立を発表していますが、Kampung Baruの住民からの反応はよくありません。クアラルンプール市庁の計画に心配を抱いたり、市庁を信用してない住民も少なくありません。そこで公正党のクアラルンプール選出の議員、スランゴール州州首相でもある、の助力やKampung Baru地区選出のPAS党国会議員の助力を求める住民もいます。Kampung Baruの土地所有者はこの青写真で土地が収容されてしまうのではないかと心配しています。 一方Kampung Baru地区選出のUMNO党前国会議員は主張する、「Kampung Baruは時代と共に進歩していかねばなりません。モダンな発展が住民の生活スタイル変えていきます。伝統と慣習を強調するのは結構ですが、住民はKampung Baruが発展する必要あることを理解すべきです。」

青写真で描かれているクアラルンプールの数字: 面積約242平方キロ、2005年人口 162万人

(Intraasia注: クアラルンプールのKLCCに隣接した広い一帯ですが、その違いは文字通り都市とカンポンというぐらいの違いです。LRT電車の Kampung Baru駅がこの地区の中にあります。極めてマレー意識の強い地区として知られ、非マレー人は一切土地を所有できません、政治活動の盛んな地区として与野党マレー政党の勢力が2分された地区です。開発論は昔からあってもそれが成功してこなかった地区です。よって今後どう再開発されていくかみものです。ところで専用歩道は結構ですが、クアラルンプール中心部でこの10年ほど広範囲に歩道が美化拡張された結果、バイクがより歩道を走るようになり歩行者に危険を及ぼしているという事実が再現されては意味がありませんね。建設するだけでなく、取締りと市民意識の変革が必要な例です)

【アブドゥラ首相が予告なく通勤電車体験】
アブドゥラ首相が予告なく、クアラルンプール圏の電車に朝の通勤時に乗車して乗車体験しました。首相はまずKomuter 電車のSerdang駅に現れて、最初にやって来た電車は混雑していて乗れず、次の電車に乗り、Kl Sentral駅に向かいました。首相は乗客からの席を替わるという申し出を断ってそのまま立っていました。KLSentral で降りて高架電車LRTのKalanaJaya線に乗りました。その駅でも最初来た電車は混んでいて乗れませんでした。その後Masjid Jamek 駅で下車しました。こうして1時間強の通勤電車体験をした首相は乗客らと話してその意見を聞きました。

首相は記者団に語る、「電車は非常に混んでいた。中には3つめの電車でようやく乗れる乗客もいた。(プラットオームで)乗客は列を作らず、押し合いへしあいで、子供や老人は脇にやられている。 乗客は競って乗ろうとする、まるでシステムがないようだ。」 「現行の運行システムは系統だっていません。」   首相のこの乗車体験には、Komuter側からも高架電車側からも社員の付き添いはありませんでした。

(Intraasia注:交通問題を長年詳しく論じてきた当サイトですので、首相のこういう行動は支持します。ただ首相がわざわざ体験しなくても、幹部政治家や高級官僚が音頭をとって、この問題をもっと以前から真剣に取り組むべきですね。首相が初体験したような問題は通勤客ならもうお馴染みのことであり、マスコミも数多く取り上げてきました。しかし幹部政治家や高級官僚は自分でこの種の通勤をしないので、実際の苦労を知らない、真剣に対応しないという悪循環です。その上、ミニバス時代からの順番一切守らずが慣習になっているマレーシア人乗客の電車乗りのマナーの悪さと効率の悪さが、通勤苦を倍加させています。車輛の小さいことはありますが、東京の通勤ラッシュに比べたら満員度は可愛いものです。隙間のないほど詰め込まれながらも、そのあり方に慣れて整然と乗車する東京圏の乗客スタイルを多少でもとりいれば、現在の通勤非効率さは数割は減るでしょう。もちろんそれであっても、Komuterと高架電車の問題は運営両社の大きな責任です。)

8月21日の記事

[深南部] ブログ村キーワード
【ペラ州で州評議会員2人が汚職で逮捕された】
Pakatan Rkayat 下にあるペラ州で公正党所属の州議会議員で且つ(州政府理事に当たる)州評議会員の2人が、汚職の疑いで反汚職庁に逮捕されました。これは州内の予算RM 1億8千万の住宅開発プロジェトに関係しての収賄とのことで、この議員2人以外に4人が逮捕されました。反汚職庁ペラ州長官は、「この6人はプロジェクトの建設会社から合わせてRM 12万ぐらいを手にしたであろう。」 「一般市民からの通報で捜査しました。」 下級裁判所は逮捕された6人の拘置を3日間認めました。

【タイ深南部でマレーシア-タイ親善スポーツ試合イベント】
マレーシア-タイ親善スポーツ試合が、タイ深南部ナラティワット県ナラティワット市で開催されました。これは両国の友好を高める目的でこれまで6回開催されており、昨年はスランゴール州のbangi で開かれ、今年はタイ側で開催の番です。タイ側はタイ深南部とバンコクから集まった関係者400人ほどがマレーシア参加者を歓迎しました。
マレーシア側の参加者はパハン州、クランタン州、トレンガヌ州の旅行業者230人が参加しました。テニス、バドミントン、セパタクローなどのスポーツに加えて、それぞれの民族パーフォーマンスも披露されました。

(Intraasia注:暗いニュースばかりマスコミに載る深南部ですから、こういうごく目立たないニュースも当サイトでは紹介しておきます。ナラティワット県とはクランタン州に隣接したタイ最南部の県です「

【刑務所受刑者の4割は外国人】
内務省副大臣が国会で刑務所について答弁しました。そこで明らかにされた数字によれば、国内に刑務所は29箇所あり、受刑者総数は8月初めの時点で 37700人ほどです。その内15000人が外国人です。刑務所の本来の収容能力は29000人分なので、混雑状態緩和に向けて、内務省は案を練っているとのことです。例えば軽い受刑者向けに社会奉仕に従事させる、新しい刑務所の建設、外国人受刑者を自国に送ってその国で残りの刑期を施行するなどです。

【P1 W1MAX  の広告から】
(注: P1は無線広域ブロードバンド新技術 WiMax を提供する会社)
特徴: 電話線が不要、 登録後使用開始まで12時間以内、プラグ&プレイ、
開始プロモーション - 9月30日までの限定期間 (下記は個人利用者用料金)
P1 W1MAX 1200 : スピード1.2 Mbps、月額料金  12ヶ月契約 RM 99、24ヶ月契約 RM 89 ---期間中だけはモデムが無料
P1 W1MAX 2400 : スピード2.4 Mbps、月額料金  12ヶ月契約 RM 229、24ヶ月契約 RM 199 -------期間中だけはモデムが無料
その他料金:モデム RM 999、 登録料 RM 100、 スタート時1回限り費用 RM 50、 印紙税 RM 10、
スピード 400kbps, 700 kbps の場合の契約料金、その他情報は www.p1w1max.com をご覧ください

(Intraasia注:この料金を見ると低所得者層にはちょっと高いですね。プロモーション期間後のモデムがRM 999もするというのは、それだけで加入する層が限られてしまいます。まだ限られた地区だけですが、どの程度普及していくのでしょうか)

【AirAsia の新路線売り出し広告から】
AirAsia X がオーストラリアのメルボルンへの路線を11月12日から開始します。
クアラルンプール -メルボルンの片道運賃 RM 99から
インターネット利用購買期間:8月21日から4日まで、 飛行期間:11月12日から09年4月30日まで、 運賃には燃料費追加代など他の費用は含まれていません

8月20日の記事

【銀メダル獲得者への報奨】
北京オリンピックのバドミントン男子シングルで、(マレーシア選手団唯一の)銀メダルを獲得した、Lee 選手が国会ビルを(招かれて)訪れました。アブドゥラ首相、ナジブ副首相らと面会しました。20日夜には彼の地元であるペナン州で歓迎会がもたれて、政府からの報奨金RM 30万が手渡されます。また彼は月額RM 3000の年金を今後一生支給されることになります。

【Rapid KL の現状と計画】
6月のガソリン類値上げ以後、首都圏公共バスと高架電車の運営体である Rapid KLによれば、バス網の乗客増は7.5%、 高架電車(LRT)の乗客増は3.9%です。これによってRapid KLバスは1日の利用乗客数 39万人となり、高架電車は32万人です。 Rapid KLの親会社であるSPNBは、2009年から2011年末までに4両編成の新車輛 22組 を購入します。この計画では、まず2009年末には Kelana jaya 路線で現行の2両編成電車に加えて4両編成電車が登場します。最終的にKelana jaya 路線の輸送能力は現行の 1日16万の倍弱になります。

高架電車のもう一つの路線 Ampang 路線では乗客向けの駅前駐車収容台数に余裕があります。収容台数が200台を超える駅は、Cempaka, Pandan Indah、Pandan jaya,の各駅です。150台ほどの駅はSentul Timur, Pudu各 駅、Maluri駅が200台です。 「ですから駅前に駐車して高架電車利用を奨励しています」 またRapid KL側は、乗客扱いにおいて大きな問題には面していないと主張しています。

Rapid KLバスの路線数は2005年の140路線から現在は161路線に増えました。ピーク時に使用される車両数は650台とのことで、これは2005年当時の470台よりぐっと増えています。Rapid KLバス側の説明では、「首都圏のバス会社は他に18社ありますので、Rapid KLバスの輸送割合は全体の55% だと推定しています。」 「乗客数の極めて少ない社会的責任路線も23区間運営しています。他社もこうした路線を運営して欲しいと期待しています。」
Rapid KLバスは現在運転手雇用を積極的に行っているそうです。運転手の給料は少なくともRM 1500ぐらいになります。

(Intraasia注:SPNBは国が100%保有する会社ですから、つまり Rapid KLは公共企業体です。高架電車は全てRapid KLの運営であり、首都圏バス網も全体の半分くらいはRapid KLバスが占めるわけですから、Rapid KLの責任と利用者の期待は一番高いということになります。これまでにも当サイトでは数多く Rapid KLについて報道し、論じてきましたので、コラムなどを参照してください。LRTのKelana jaya 路線はとにかく車輛が小さく、編成数が少ないという車輛問題ですね、その解決にはまだあと2年はかかるということです。駅前駐車は所詮限られていますから、駅と住宅地を結ぶ周回バス網のサービス向上にかかっています。現在のあてにならない運行ではまだまだだめですね。所詮いくらRapid KLバス側が努力しても、一般市民のバス輸送への理解力の向上がない限り全体的改善にはなりません。つまりバスレーンを作っても車とバイクがそれをほとんど守らない、バス停前に勝手に停車しまくる、などといった社会意識の改良が必要です)

【Rapid Penang】
ペナン州のRapid Penang はRapid KLの子会社であり、現在33路線を運営しています。 Rapid Penang は今後RM 1億の予算で2009年末までにバス車輛200台を購入する計画です。

(Intraasia注:Rapid PenangはRapid KLの経験の上に2006年?だったかな設立されたわけです。つまり公共企業体です。)

【複数官庁が管轄するバス業界】
Konsortium Transnasional 会社は中長距離バス路線と市内近郊バス路線の両方を持つ国内最大の民間バス会社です。同社の翼下には、Transnasional Express バス、Pluslinerバス、Nice Executiveバス、Citylinerバス の4種があり、保有総バス台数は1500台です。 同社の専務は語る、「バス業界を全て統括する官庁はなく、複数官庁の下にあります。そのため規則に一貫性がなく、特別な青写真もないことで、バス業界に困惑を招いています。現在の認可運賃ではこの3年の運営コストの急増加をカバーできません。バス会社は質とサービスと安全面を向上させられません。」 「統括官庁は1つにすべきです。市内近郊の乗り合いバスにはすべて政府補助を与えるべきで、それはキロメートル基準です。乗り合いバスの運営コストは長距離バスよりも高いのです。」 

(Intraasia注:そうです、なぜ運輸省が輸送事業を一手に管轄できないのか、という素朴な疑問が沸きます。一番の原因は人口2600万人の国なのに大臣が30数人もいる、つまりその数だけ省庁があるからです。陸運事業がタクシーは企業家省、一般自動車は道路交通庁、バスは商業車輛免許授与庁と道路交通庁と運輸省と・・・・、などといった複数官庁の管轄下にあることが、上記でも批判されています)

【無線広域ブロードバンド新技術 WiMax がようやくビジネス開始】
マレーシア国内で初めて適用する無線広域ブロードバンド新技術 WiMax の商業的利用開始を宣言する発表式を、Green Packet 社が行いました。この技術を普及させるためのインフラ開発に今後4,5年間でRM 10億を費やすと同社は説明しています。同社はこれまでにすでにRM 3億を投資したとのことです。同社の子会社 packet one Network が展開するWiMax が現在利用できるのは、クアラルンプールのKLCCを含んだ黄金の三角地帯、Pekeliling, Setapak, Sentul, Gombak, Pudu ,などとスバンジャヤの一部に限られています。9月30日までは加入割引キャンペーン期間です。,

8月19日の記事

【コタキナバル空港の新ターミナルがオープン】
コタキナバル空港の新主ターミナルが19日に利用開始となります。これは予算RM 14億の空港拡張工事の一環であり、ターミナル工費はその内のRM 7億かかりました。ターミナル1の扱い能力は国内用と国際用をあわせた64のチェックインカウンターで最高 1時間に3200人とのことです。新ターミナルにはサバ州先住民族である カダザドゥスン族とムルット族の民芸品をモチーフにした柱頭が作られています。さらに床のタイルにはバジャウ族とルングス族の民族模様が埋め込まれています。

マレーシア空港によれば、80年代から使われてきた旧ターミナルの使用は新ターミナルオープンと同時に停止して、その後取り壊され、2009年中頃までに新たに建設される計画です。そして新ターミナルと統合されて、主として国内路線用に使用される計画です。コタキナバル空港の2007年の利用者数は430万人でした。国内で2番目に忙しい空港です。マレーシア空港当局は、コタキナバル空港の今年の利用者数を460万人と予定しています。これでも空港扱い能力の半分だとのことです。

コタキナバル空港の再開発プロジェクトには、昨年終わった格安航空用ターミナルの建設、滑走路の延長などがあります。

(Intraasia注:もう10年以上もコタキナバルに足を踏み入れてないので、空港情報集めも兼ねて是非行かねばならない気分になりますね、実現するのはいつかな)

【イスラム教庁のホテル内パブ取締りに反発の声】
スランゴール州州都シャーラムにある高級ホテルのラウンジパブを、金曜日に州イスラム教庁の取締官部隊が訪れて取り締まり活動を行いました。この際店内にいたムスリム客とムスリム従業員のほとんどに対して、出頭命令書が発行されました。尚非ムスリム客はその場から立ち退くように命令されたとのことです。取り締まり活動には警察官は同行せず、イスラム教庁の取締官部隊だけでした。

この行動に対して、マレーシアアーティスト協会(Karyawan) の議長は抗議の発表を出しました。「イスラム教庁は現在の政治状況を利用している。ばかげたことだ。イスラム教庁の係官はパブに足を踏み入れて、その店ではアルコール飲料が売られているからというだけでムスリムを逮捕したり出頭命令を発行できません。イスラム教庁は警察官の存在なしに逮捕する権力はありません。」 

イスラム教庁の幹部によれば、その取締りではムスリムの客と従業員63人が取り締まり対象になったとのことです。「その内、女性2人を含む7人がイスラム教庁事務所につれて行かれて供述書を取った。この7人はアルコール接種のかどで後日シャリア法廷に起訴されます。」 「残り56人には捜査を助けるようにと言い渡した。56人は起訴されませんが、供述書は必要です。」 「この種の取締りにはシャリア刑事法によって、警察官の立会いは必要ありません。」  「アルコールを飲酒していたのではないかと疑われる者には出頭命令書を出した。その者たちは26日に州のイスラム庁事務所に来なければなりません。」

パブで演奏していたバンドは訴える、「彼らは間違いなく我々を侮辱しています。呼気検査を行わずに、我々が酒を飲んでいると決め付けられた、我我は飲んでいないのに。」 
スランゴール州州首相はこの取り締まり活動を知らなかったと語る、「ムスリムは酒を飲まないようにしなさい。」 一方非ムスリムに対しては、「州政府はその活動をじゃましないことを保証します。」

(Intraasia注;この種の取締りの対象はムスリムだけです。全国的に昔から行われているようで、何かいつもと変わった程度だと時々ニュースになります。本質、非本質的問題であるかどうかは論じないとして、ムスリム国家につきもののできごとでしょうから、ムスリム内でどう解決していくかですね。でもこの種の取り締まりと取り締まられるほうの間で本格的論議がなされてこなかったし、今後もなされそうにないようです)

【ペナンの国会議員補選選挙区には多数の警官が配備されている】
国会議員補選が行われているペナン州本土側のPermatang Pauh 選挙区には両陣営から多数の選挙活動者が参集しています。現在既に3000人もの警察官が選挙区内に派遣されています。選挙報道中のカメラマンが数人、公正党の運動員に乱暴されたと訴えています。警察庁副長官は、警察官をさらに増員すると明らかにしました。

(Intraasia注:すごい数の警察官ですね。有権者10数人に1人というぐらいの割合です)

【ジョーホール州州警察本部から麻薬が盗まれたその後】
ジョーホール州州警察本部の麻薬保管庫から紛失した、RM 100万相当のシャブ麻薬盗難事件はだいたい解決しました。警察官7人を含む18人が逮捕され、盗まれたシャブの一部を取り戻しました。州警察長官は取り戻した麻薬の量に関しては口を閉ざして、まず化学検査が先だとしています。最後にマラッカで逮捕した2人の車からシャブが見つかったとのことです。その後ジョーホール州のアパートを捜査してさらに見つかりました。

(Intraasia注:逮捕した18人中7人が警官、盗まれた場所が州警察本部内、という事実にあきれるしかありませんな)

8月18日の記事

【バドミントン男子シングルで銀メダル】
北京オリンピックで、マレーシア国民の期待を背負ったバドミントン男子シングル決勝でしたが、世界ランキング2位のLee 選手は世界ランキング1位の中国選手に残念ながら 2対0で負け、銀メダル獲得となりました。マレーシアのメダル獲得は1996年以来のことです。Lee選手は政府から銀メダル報奨金としてRM 30万を支給されます。

(Intraasia注;文字通りマレーシア唯一で最後のメダル期待でしたから、銀メダルでもまこと価値あるのではないでしょうか)

【サイバージャヤのMSC企業】
(情報技術面での国内産業発展と外国からの投資を推進する公社である)マルチメディア発展公社の社長は説明する、「”マレーシアマルチメディアスーパー回廊”の地位を承認された企業は全国で約2000社あります。その2000社中 スランゴール州のCyberjaya 市で運営している中小企業は 569社です。さらにその中で、マルチメディア発展公社が建設した テクノプリナーセンタービルに入居している中小企業は181社になります。」 ”マレーシアマルチメディアスーパー回廊”(MSCと呼ぶ)の地位を得た中小企業の総企業収益は昨年RM 61億になり、マレーシアの輸出額の中でRM 10億を占めたとのことです。

(政府翼下の)Cyberview がCyberjaya 市の発展を率先して行うように政府から委託されています。IT関連の中小企業からのCyberjaya への入居需要が高いとのことです

(Intraasia注:用事でCyberjaya へしばしば行きますので、Cyberjaya の様子がわかりました。世界の大企業である Dell, Ericsson, IBM , NTT などの地域本部があります。場所柄ほとんどIT 関連企業または企業のIT部門ばかりのようであり、実に外国人非雇用者が多いですよ。”マレーシアマルチメディアスーパー回廊”地位を承認された内外の企業はほとんど無制限に外国人技術者・専門職を雇えるという特典があるからなのでしょう。)

【マレーシアのパイナップル産業】
マレーシアにパイナップルが到来したのは、16世紀でポルトガルがもたらしました。今では、国内消費だけでなく、缶詰物として米国、日本、中東などに輸出されています。パイナップルに関する全てを扱う、マレーシアパイナップル産業会議はパイナップル栽培地の拡大にも取り組んでいます。計画では2010年には栽培地の面積 13500へクタール、年産26万トンの収獲です。 マレーシアにおけるパイナップル栽培は他の農業品目には不向きである、泥炭地層で栽培されているという珍しい特徴を持っています。
パイナップル栽培は全国的に行われていますが、缶詰用はほぼジョーホール州での栽培に限られています。他州での栽培は国内消費用です。

(Intraasia注:なるほど、スーパーでパイナップル缶詰を見かけたら、ジョーホール州産物だと思ってくださいね)

【水道と下水道事業の再公有化と統合化】
先に公共水道施設と運営の再公有化を政府が決め、多くの州はそれを支持しています。これはより効率化と料金の低減化を目指すためです。水事業に関する政府の指針では、半島部の全ての水事業体は2009年末までに公有化します、下水道事業体は2010年1月1日となっています。こうして2010年以後は上水道と下水道事業が新編成された公営事業体の下で、運営されることになります。

【PAS党大会の閉幕】
PAS党は党大会を閉幕しました、閉会演説で党総裁は語る、「イスラム教を基盤とした政党として、我が党がイスラム法の施行を求めていくのは当然です。PAS党が州首相に就いているクランタン州とケダー州とペラ州で、党はイスラム法を施行すべきです。しかし我が党の定義であるイスラム教国家を完全に実施していくということではありません。我々ができることを実施していくということです。」

(Intraasia注:たとえそうでも、クランタン州とケダー州とかなり違って、華人人口比の割合高く、行動党が第一党であるペラ州でその種の法律の実施は非常なる問題となることでしょう。)

8月17日の記事

【全国が注目している国会補選が公示された】
(全国が注目している)ペナン州本土側の Permatang Pauh 国会選挙区での補選が公示されました。予定していた候補者:Pakatn Rakyat 野党陣営の指導者で公正党相談役のアンワル、と地元出身でBarisan Nasional 与党連合公認のUMNO党ペナン州州議会議員、に加えてもう1人が立候補届出を済ませました。 Permatang Pauh 国会選挙区は伝統的マレー人地区であり、69%がマレー人、華人が27%、インド人が7%を占めます。アンワルが4回、その後妻が3回当選している、アンワルの牙城です。

Bukit Mertajamにある立候補受付所一帯には両陣営から数千人の支持者が集まりました。Barisan Nasional 与党連合はナジブ副首相を筆頭に連合の各党幹部が駆けつけました、「公正党の牙城で戦うのは容易いことではない。私はこの10日間の選挙期間中の多くをここに滞在して、与党連合の選挙を指揮していきます。」とナジブ副首相。

【コーラン片手の宣言を批判するイスラム教学者政治家】
アンワルを糾弾している若者が、コーランを片手に男色職行為は事実であると宣言したことについて、PAS党指導者のNik Aziz は批判する、「この方法は非イスラム教的です。クリスチャンが聖書に手を載せて宣誓するのは普通です。その若者はキリスト教的方法を真似ているかのようです。」 PAS党総裁は述べる、「彼はコーランに宣誓するのではなくシャリア法定に訴えるべきです。」

(Intraasia注:政治的立場によってこの種のことにも解釈が違うようですね。PAS党指導層はイスラム教学者が決定権を左右する重要な立場を占めています)

【外国からの直接投資額の変化】
有名な国際会計企業のPriceWaaterhouseCooper の幹部はマレーシアへの外国からの直接投資に関して分析する。
1998年のアジア経済危機以後は、それまでと違って、外国からの直接投資を引き付けることが容易ではなくなりました、それは中国とインドが大きな投資先となったこと、世界経済の成長鈍化、石油価格の急上昇、米国のサブプライム融資危機、他の東南アジア諸国の台頭などです。

そんな中でマレーシアは2007年非常に良い投資先でした、2006年に比べて30%増のRM 334億を引き付けました。今年は好調に始まり、第1四半期はRM 159億でした。また外国からの投資者は、マレーシアにおける既存の投資の拡大または多角化のためにRM 288億を2007年支出しました。これも2006年より増加しています。 こうした外国からの直接投資の大きな割合は、電子電機業界、石油ガス業界です、次いでサービス業です。 

マレーシアへの外国からの直接投資に寄与していることに、マレーシアの税優遇があります。 一方マレーシアから出て行く外国への直接投資面ではかなりの誘引があります。

【母乳授乳率の低いマレーシア】
マレーシアでの母乳授乳率は東南アジアにおいても低い方で、出産後最初の6ヶ月間での母乳授乳率はわずか14.5%です(2006年 全国疾病率と保健研究に寄る)。 世界保健機構とUNICEF は赤ん坊の出世以後6ヶ月間は母乳だけで授乳すること、その後も2歳ぐらいまでは母乳主体であること、を奨励しています。

労働組合連合と人的資源省との間で、法定出産休暇の延長に関する話し合いが続いています。マレーシアでは法定で60日の有給出産休暇となっています。マレーシア雇用者連合は90日の出産休暇には反対を示しています、「我々は母乳授乳を支持します。シンガポールが法定の出産休暇を84日に延長したことは注目しています。しかしシンガポールの場合はマレーシアと違って、政府が延長した24日間のコストを負担しています。」 「マレーシアが社会機構を変化させない限り、出産休暇を延長することは実現不能です。」

(Intraasia注:そう、前から言われていることですが、マレーシア人は母乳授乳を好まない。経済的理由でないことは明らかです。人工ほ乳製品は常時宣伝されているのに、母乳キャンペーンはとんと見かけません。国は音頭をとってマスコミなどで母乳キャンペーンをすべきですね)

時事コメント:マレーシア人バドミントン選手の金メダル獲得を応援し北京オリンピックの現状に思う

昨日夕方(金曜日)帰宅する時、街の大衆食堂・店にテレビが置いてある所を数箇所歩きすぎたのですが、どこもテレビ前には路にはみ出す形で多くの人が集まっていました。バドミントン競技の中継が行われていたからです。今日の「新聞の記事から」に載せましたように、男子シングルで Lee選手が決勝進出をかけて試合をしていました。夕方の試合だと私は知っていましたので、人だかりを見てぴんと来ました。

マレーシア選手団で決勝進出は多分この試合しかチャンスはもうないでしょうし、マレーシアスポーツ史上初の金メダル獲得のための大事な試合ですから、人々が期待するのも無理もありません。もちろん私も是非、彼に勝って欲しいと思っています。 華人店は別にして、マレー大衆食堂のテレビに集まった集団の顔ぶれをみて、多くのマレー人が混じっていることにある意味でのうれしさを感じました。最近のバドミントンは華人選手がぐっと多く、このオリンピック派遣でも同様です。しかしテレビ前の観衆は華人選手、マレー人選手としてみるのではなく、そのバドミントン選手をマレーシア人選手として応援している気分を感じたからです。日曜日が決勝です。

それにしてもマレーシア選手団の内、マレー人選手は人口比より少なく、とりわけマレー女性は極めて少数です。世界のムスリム国家の傾向を反映して、マレー女性の取り組むスポーツは限られています。且つマレー界にあるスポーツへの捉え方が、世界の一流は無理でも東南アジアでの一流半程度の女性選手層を生み出す可能性に至ってないことが大きな理由でしょう。よって今後もマレー女性スポーツ選手の世界舞台での活躍はまず期待できませんね。マレーシア自体スポーツ国家でないのは誰でも自覚していることです。プロスポーツは世界ランキング百数十位のサッカーだけです、しかもマレーシアサッカーリーグの観客はマレー人主体であり、国民スポーツになっていません。 バドミントンの方が国民スポーツといえるかもしれませんね。

ところでオリンピックに戻りますと、これまでと同様に、私はオリンピックに熱中していることはまったくありませんので、各種競技のニュースを翌朝の地元紙で読む程度です。新聞自体はかなり丁寧に読むので、スポーツニュースもそれなりに読みます。それにしても中国のメダル獲得数はすごく多いですね。開催国であり且つ人口の多さからある程度は当然ですけど、序盤からこうも大量獲得では最終的にはどうなることやら・・・。  たった1個、それも初めての金メダルを夢見ているマレーシアなど足元にも及びませんね。

オリンピックはどの時代を通じても国威発揚の最高の場ですから、国家が力をいれることはわかります。そうはいうものの、中国の異常な国威発揚とがんばり精神にはあきれます、まあ正直って辟易します。私は以前から述べているように、反中国でも親中国でもありません、正確に言えば大国好きでない者です(米国もロシアも中国もインドもこの意味で好きではありません)。

基本的に国家の権威と国家のためという思想を嫌うコスモポリタン主義なので、オリンピックにおける国旗掲揚と国歌斉唱など止めるべきだというのが、私の昔からの主張です。スポーツの祭典はたいへん結構なことですが、国威発揚の場から離れて個人やグループで世界的レベルの競技を争う場にすべきだと思いますね。言うまでもなく、核廃絶の可能性のなさと同じで、そんな時代が21世紀中に来るとは思えませんが、主張とそれを反映した運動は絶やすべきではないのです。

8月16日の記事

【PAS党の党大会の様子から】
ペラー州イポーで PAS党の第54回定期党大会が開催中です。 党の機構であるUlama(イスラム教学者)会議は主張する、Pkatan Rkayat(野党連合)が州政権を握る、ペラ州、ケダー州、スランゴール州、ペナン州はクランタン州の前例に習って、ギャンブル行為の場を禁止し、酒類の販売を規制すべきである、と。 「酒類を販売する店舗は非ムスリム地区に限定すべきです。マレー地区で酒類を販売する店があるのはどういう意味なのか? クランタン州は酒類販売の店は限定されています。」 「非ムスリムが酒を飲むことに、党は問題を感じない、それはその民族にとって許容されることだからです。」

Ulama(イスラム教学者)会議は党指導部がUMNO総裁らと話し合いをもった件を擁護しています。その話し合いに出席した党準総裁はその行為を自己弁護する演説を青年部の大会場で行いました。「党は相手が誰であれ話し合います。」

党の青年部の大会で代議員は、PAS党とイスラム教を軽んじているという理由によってスランゴール州州政府とペナン州政府を批判しました。さらにPkatan Rkayatの1つである行動党幹部に対しても反イスラム教的発言があるとして批判しています。

党総裁のhadiAwang が、イスラム教がその主柱にならなければPAS党はPkatan Rkayat(野党連合)から出て行くことも考慮すると発言したとのことです。Ulama(イスラム教学者)会議の長は語る、「この点を我が党は常に強調しています。ムスリムであれ非ムスリムであれ人はイスラム教を軽く捉えてはいけないとHadi は念を押しているのです。アンワル自身もこのことを知っています。」

党総裁は演説で語る、「誰、どの組織からの話し合いやセミナーでも党は受け入れます。党は常にイスラム教の教えの道を目指しているからです。 PAS党はイスラム教を全てに優先しています。これを覚えて置いてください。」

(Intraasia注:Pkatan Rkayat 3党の1つであるPASですが、内部はアンワルや行動党にかなり批判的な立場の勢力が指導部を含めてかなり占めているそうです。党の保守派はイスラム教至上主義であり、そういう人たちの発言が上記の酒類禁止発言となって現れます)

【バドミントン男子シングルで決勝に進出】
北京オリンピックのバドミントン競技で、マレーシア最後の期待である男子シングル部門の準決勝でLee選手が韓国選手を破り、日曜日の決勝進出を決めました。バドミントン競技でマレーシア選手のこれまでの最高成績は1996年の銀メダル獲得です。金メダル獲得すれば、バドミントンでのみならずマレーシア選手として史上初の快挙となります。金メダル獲得者は政府からRM 100万の報奨金がもらえることになっています。

【アンワルを訴えた青年のコーラン片手の宣言式】
アンワル元副首相に同性愛行為を強要されたとして警察訴え報告を出した(それに基づいてアンワルは起訴されました)、マレー人若者、23歳が、クアラルンプールにある連邦領モスクに現れ、コーランを手にしながら自分の供述は事実であることを宗教的宣言しました。「私は2008年6月26日にアンワルに男色行為を強要されました。もし私がこの告白でうそを語れば、神に対して虚偽を行っていることになります。」 。

この宗教宣言には、彼の父親が隣に同席し、家族も見守りました。儀式は多くのマスコミ関係者にも公開されました。 その後近くのホテルでこの若者は記者会見して、アンワルも同様にコーランに宣言するべきだと、彼に挑戦しました。

【出入国カードの再導入】
外国人が出入国時に国境検問所で記入して提出する、出入国カードが15日から再導入されました。

(Intraasia注:今年1月、当然廃止された出入国カードです、多くの国が導入している以上これは仕方のないことですね。ただ導入、廃止をもっと大きく公知したほうがいいと思いますけど)

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 300.7 入手します。

8月15日の記事

【ジョージタウンの戦前建物をいかに保存していくかの課題】
ペナンのジョージタウンは先日UNESCOの世界遺産地に指定されることが決まりました。そこでいずれその指定地内では改築や取り壊しに関する指針が施行されることになりますが、当分の間はその猶予期間です。戦前建築の古い家屋や商店などのなかには、「この猶予期間を捉えて、建物を好き勝手にしている建物主があります。」とペナン州遺産監視まとめ役が記者会見で明らかにしました。

「そういう古い建物が取り壊される前に、ペナン自治体はこれを重要視すべきです。1月からだけで30の建物が取り壊されました。7月はKng通り、beach 通り、Vicotoria 通り、Kin]mberley 通りなどで12の建物が取り壊された。 連邦政府は建物主にソフトローンを提供して、その素晴らしさのために建物を修復すべきです。」 「独立した技術デザイン委員会を設置して、遺産ビルデザインの指針を検討すべきです。 多くの建物主は遺産ビルのデザインに従おうとしません。」

州の環境委員会の議長は言う、「多くの建物オーナはその古い建物を穴ツバメ養殖用に変換してしまった。」 12月以降はこういう古い家屋などを穴ツバメ用に変換は許されなくなります。そこで「そういう 300棟ほどの古い家屋の持ち主に手紙を送りました。10月にも再度手紙を出します。」

(Intraasia注:世界遺産指定の真価はこれからが正念場ですね。住民、企業家、自治体、州政府がいかにこの指定にふさわしい町並み保存をしていくかにかかっています。マレーシアのあちこちで横行している住宅商業地などで、古い建物を穴ツバメ養殖用に改造する行為をどれくらい抑えられるのでしょうか?)

【今年はミニ国旗を無料配布しません】
独立記念月間として、ミニ国旗が過去無料で配布されたことがありましたが、今年はそうはしないので、国民はどうか自分たちでミニ国旗を買ってナショナルデーを祝ってください、民間セクターもそれに加わりましょう、と情報省の副大臣が呼びかけています。国民に国旗、Jalur Gemilang という愛称、を飾りましょうという、呼びかけ公告をテレビとラジオで放送することになります。
今年の独立記念の主題は、「団結は成功の礎石」というものになるそうです。

【プドゥラヤ界隈で違法切符販売屋が横行】
ハリラヤ休日を控えて、バス切符の需要が非常に高まる時期が近づいています。クアラルンプールのPuduRayaバスターミナル内やその対面にある路上一帯では、無許可バス切符売り屋が出現しており、正規のバス切符り業者は、「こういった違法切符売り人は我々とは無関係です。我々は当局の定めた規定運賃で切符を売っています。切符売りカウンターで販売しています。消費者は違法切符と正規切符をちゃんと識別してください。違法切符はバス会社名やバス登録番号がありません。」 と訴える。 違法の切符売り家は、外国人労働者などを雇って販売しています。 

またプドゥラヤ対面道路上に並ぶバス切符売り業者のカウンターを閉じるようにと、今週市当局が命令しました。しかしその道路で長年営業する14業者は、我我は免許を得て営業しており、違法切符売り屋とは関係ないと抗議しています。

(Intraasia注:ハリラヤ直前時期はもっともバス切符の需要が増えます、よってプドゥラヤ界隈はさらに混雑し、合法切符を仕入れて上乗せして売るダフ屋、切符そのものが違法の違法切符売り人が入り乱れて、切符売りが高潮することになります)

【スレンバンとポートディクソンの間の観光列車運行は無期延期】
スレンバンとポートディクソンの間で観光列車サービスを16日に開始する予定でしたが、急遽無期延期となりました。それは最近マレー鉄道側が区間の線路を検査したところ、いくつかの部分で安全とはいえず、向上が必要だと判断されたとのことで、運輸省から延期の指示がでました。ヌグリスンビラン州政府とマレー鉄道の両者はこのサービス開始の準備は整っているが、安全優先のために延期に同意したとのことです。 この列車運転は1日の2往復の予定だったそうです。

スレンバンとポートディクソン間の鉄路は現在石油と石油関連物資の輸送のみに使われてきました。州幹部によれば、ポーとディクソンの観光振興のために、1年以上前からこの区間への客輸送列車の導入を目指してきたとのことです。マレー鉄道関係者によれば、問題解決には最低3ヶ月はかかります。

(Intraasia注:やれやれです、その発想自体がおかしいことに気がつきませんか。始めに線路の安全確認と保証が先であるべきなのに、独立記念月間の16日にオープンを決めてから、慌てて計画を延期するという本末転倒なありかたですね)

8月14日の記事

【UiTM 大学に非ブミプトラの学生も入学させてはという発言の起こした波紋】
Universiti Teknologi Mara の入学者の10%を非ブミプトラに解放すべきだと提案した、スランゴール州州首相(自身マレー人)は釈明する、「マレー人学生の権利に疑問を投げかけるようなことはまったくしていません。しかし報道が発言内容を変えてしまい、今や民族問題視されている。報道によって文脈が離れてしまったので、私は陳謝しません。」 「スランゴール州は引き続き、憲法で規定したマレー人は特別権利を保持するという精神を支持していきます。」

マレーシアムスリム消費者協会は声明で、Universiti Teknologi Maraはマレー人とブミプトラ学生が高等教育を受けていく最後の砦です、それを多民族に開く必要はありません。」

華人政党のMCA の前準総裁は語る、「スランゴール州の発言に対する強烈な反応は憂慮すべきです。最近の民族を軸にした緊張感にまた1つ加わったことです。」 公正党の指導者アンワルは語る、「スランゴール州州首相の発言はUniversiti Teknologi Maraの学生に(自民族以外の)より広い露出を与えようという意図からです。わが国の高等教育の質が隣国のそれに比べて落ちていることを、我々は認める必要がある。」

(Intraasia注:そう、このところムスリムとブミプトラの権利及び既得権に関する発言や提言に対して、マレー人界の中からかなり強烈な反応が示されています、それはマレー政党間の枠を超えた形です、つまりマレー界の深層にある意識を写しだしたものといえるかもしれません。)

【汚職とはならない罪で起訴されたツーリズムマレーシアの長官】
(国の機関である)ツーリズムマレーシアの現職長官 50歳が、下級裁判所で刑法違反の容疑で起訴されました。容疑は、マレーシア観光振興会の副長官当時の2005年、観光省の外国広告を請け負っている会社から、歯のインプラント治療用の金、RM13860, を小切手の形で受け取ったとというものです。 公務員としての被告は、ツーリズムマレーシアと直接ビジネスを行っている会社から資金援助を受けてはいけないという刑法の条項に違反します。

反汚職庁がこの件を5月に公式に案件にしていました。被告は起訴に対して、無罪を主張しました。下級裁判所は保釈金RM 5千と保証人1人の条件を決定し、来年2月の裁判開始を決定しました。なおこの会社の共同オーナーは長官の兄です。

(Intraasia注:汚職ではなくても、その職業倫理に劣るということですね。自分の兄弟がオーナーの会社にツーリズムマレーシアの仕事を授与するといった、コネのありかたをおおらかに捉えるマレーシア社会の一面も見えてきます)

【クアラルンプール証券取引所の立会時間を短縮しようという声】
クアラルンプール証券取引所(Bursa Malaysia という正式名)の立会時間は9時から12時半、14時半から17時までです。後場の取引の内16時まではあまり活発ではないので、市場関係者から取引時間の短縮をまた呼びかけています。「市場がもっと取引量を増やそうとしてもできなければ、立会時間を短縮すべきです。」 これまでこういった要求は数回株式仲買人業界から出ていました。提案の一つは、昼食休憩時間を半分にして終わりを16時にするものでした。ある証券会社社長は主張する、「長い取引時間が取引を増やすというのは神話です。世界の主要取引所はマレーシアのそれよりかなり短い。」

市場株価総額 米ドル表示:Bursa Malaysia $3340億、 東京証券取引所 $4兆2890億、 シンガポール証券取引所 $5400億
日平均取引額 米ドル表示:Bursa Malaysia $6.3億、 東京証券取引所 $260億、 シンガポール証券取引所  $15億

(Intraasia注:Bursa Malaysia とシンガポール証券取引所の立会い時間はほぼ同一なんですね、ということはこういうことも時間を変えたくない理由のひとつかも?)

【オリンピックでのマレーシアバドミントン選手団】
北京オリンピックに参加しているマレーシア選手団中、(ほぼ唯一の)メダル獲得が期待されているバドミントン選手陣は、女性シングルが準準決勝で、男子ダブルスが準準決勝で敗退しました。この結果14日に準準決勝で戦う男子シングルの Lee に最後の期待が残るのみとなりました。

(Intraasia注:女子シングル選手はかなり期待されていましたが、中国選手に負けました。)

8月13日の記事

【サラワク州が計画している12の水力ダム建設に関する話し合いの場を設ける】
サラワク州州政府は州内に12の水力発電用ダム建設を計画しています。これに関して、「いろんなグループと人たちが憂慮感を示しています。中にはこのダムプロジェクトを支持する人もいれば、環境への影響を心配する人もいます。」 とマレーシア人権委員会の議長は語る、「そこでいろんな当事者を一同に集めて、このプロジェクトに関する話し合いを来月行います。この話し合いでは政府官庁と関係者は開かれた形で討論します。 州政府機関、連邦政府省庁、コンサルタント、NGO代表、影響を受けることになるコミュニティーに招待を送ります。」

「政府が何を計画しているか、環境団体や先住民族が取り上げている心配な点を、市民が知る機会を提供します。」 「人権委員会の最大の心配はダム建設によって立ち退きを余儀なくされる先住民族のことです。12ものダムなので、奥地では多くの人たちが移転させられることになります。これは先住民族の伝統的土地、生活の糧、コミュニティーの維持できる発展に影響を与えます。」 「人権委員会は話しあいでわかることを出版します。」 「人権委員会は政府と影響を受けるコミュニティーつNGO、そしてプロジェクトを推進する会社の間での橋がけという重要な役割を果たします。」

(Intraasia注:こういう巨大プロジェクトは、サラワク州はほぼ独自に進めるようであり、連邦政府はほとんど表に立たないかのようです。これまでと同じように、始めに開発ありき、という典型スタイルですね。政治力の小さな少数先住民族はどうしても後手後手に立たされてしまいがちというように写ります。距離的遠さと関心の薄さもあって半島部側からの支援はまことに限られています。人権委員会は独立した機関です)

【サラワク州奥地に建設予定のMurum水力発電ダムを請け負うのは中国の会社】
サラワク州奥地に水力発電ダムを建設するプロジェクトを請け負っている中国の三峡プロジェクト会社はその Murum ダム建設プロジェクト改定を終えたと、(州政府翼下の会社)Srawak Energyが公表しました。先週サラワク州州副首相はこのプロジェクトを、最も低い入札価格であるRM 30億を提示した、三峡プロジェクト会社に授与したと明らかにしていました。

このプロジェクトはSrawak Energy 会社が資金を出すことになります。Srawak Energy 会社の別声明では、プロジェクト資金に関して同社と銀行連合の間で結ばれた覚え書きは調査のために停止するとしていますが、詳細を明らかにしていません。 RM 70億にのぼるアルミニウム精錬を計画している Cahaya Mata Sarawak会社と Rio Tinto Aluminium Ltd との電力売買交渉はまだ続いていると発表されました。

(Intraasia注:そしてここにもある中国の存在です。環境破壊の批判もあるそうな、超巨大開発の三峡ダムを建設している中国の会社がこのダム建設を請け負うということのようです。サラワク州は上記のようにダム建設プロジェクトをたくさん予定している中の、1つがMurum ダム建設プロジェクトです)

【ペームオイル生産者から超過利潤税の見直し要求】
(パームオイル価格が今年急騰したことから、パームオイル農園業界に対して政府は超過利潤税の適用を決めていました)7月1日から適用になった超過利潤税の下で、パーム原油の基準価格トン当たりRM 2000とその時点でのパーム原油販売価格との差額に対して税金を納めることになります。 しかしこの数ヶ月パーム原油の国際市場価格がかなり下落したために、マレーシア農園業オーナー協会から超過利潤税の見直しを求める声が出ています。

協会の議長は主張する「基準価格をトン当たりRM 2500か2700に改定すべきです。農園業者に不公平です、生産原価がぐっと上がっている時にとりわけまだオイルパーム樹が成熟してないのが多い小規模農園が超過利潤税を払わなければならないのは不公平です。基準価格RM 2000は1998年の時点で農園業者の生産原価を基にしています、当時はRM 1000から1200ぐらいでした。しかし現在では国内のオイルパーム農園での生産原価はRM 1200から1500増えました。」 「さらに樹齢6年未満のオイルパームは超過利潤税の対象から外すべきです。」

一方業界通によれば、大規模農園業者である IOI Corp, United Plantation, Sime Darby などは非常に生産効率がよくヘクタール当たりの年間収獲は25トンで、その生産原価はトン当たりRM 1000から1200とのことです。パーム原油の国産市場価格は4月始めにRM 3675をつけ、8月始めにはRM 2670でした。パーム原油の今年のこれまでの平均価格はRM 2700から2800になります。 有名な国際会計監査会社 KPMG Tax Services の理事は言う、「この超過利潤税にはある程度の正当性があります」

超過利潤税の下では、農園面積40ヘクタール以上のオイルパーム生産者は、オイルパームの新鮮果実の月間総生産トン数にパーム原油月間全国平均価格をかけた値の3% を超過利潤税として納めます。

(Intraasia注:大もうけしている業界でもこのようにあれこれ理屈をつけて、税金を払わなくてもいいようにする要求をする典型例ですね)

【Universiti Teknologi Maraを非ブミプトラへ割り当てる意見に強い反対】
スランゴール州州都シャーラムにはずっと以前から Universiti Teknologi Mara の一大キャンパスがあります。pakatan Rakyat 政権下にあるスランゴール州州首相が、Universiti Teknologi Mara はその学生入学者の10%を非ブミプトラに解放すべきだと述べました。これに対して、同大学の副学長は、「Universiti Teknologi Maraはブミプトラ学生が高等教育を受けることで自ら発展する機会を与えるためにブミプトラ向けに設立されてこれまでやってきた。」 これとは別に同大学の学生5千人ほどが、スランゴール州州事務局ビルの前で平和な抗議のデモを行い、抗議書を手渡しました。

(Intraasia注:マレーシア語紙はこのニュースを第1面で且つ大きな写真と共に載せています。他言語紙とはかなり違う扱いです)

8月12日の記事

【ジョーホール州警察本部での麻薬紛失事件の捜査 】
数ヶ月前ジョーホール州で麻薬団摘発によって国内でも最大級の麻薬量が警察に押収されました。その後しばらくしてその麻薬が保管されていた州警察本部の保管倉庫から麻薬シャブの一部が紛失していることが先月発覚しました。内部犯行と見て、警察は捜査をしており、容疑者の警官(複数)は担当部署を外されました。ジョーホール州警察長官によれば、新たに1人の警官と市民9人が逮捕されました。それより少し前容疑者の警官1人は州内の森で頭部に銃弾を受けた形で死亡している姿が発見されました。「先週逮捕した平警官3人は特別防止法で拘留しています。できるだけこの事件を早く解決したい。」

(Intraasia注:州警察本部の保管庫から押収した麻薬の中からかなりの量が紛失したという、誰が見ても100%内部犯行の事件です。やれやれというしか表現のしようがないですな)

【弁護士協会主催のフォーラムを擁護する側】
9日に弁護士協会が主催した、イスラム教への改宗とそれに関係する連邦憲法の条項に関するフォーラムが、開催反対を叫ぶ人たちの抗議の中でごく短時間で終わりました。これに関して、与党華人政党 MCAは、力で開催を拒もうとしたとして抗議グループを批判しています。党総裁のことばで、「抗議の行動は非常に残念である。このフォーラムは、マレー人とイスラム教の特別な地位になんら疑問を挟んでいない。組織者も話者もゲストもまったくイスラム教を批判していない。フォーラムを合理的に見るべきであり感情的にみるべきではない。」

「非ムスリムがイスラム教に改宗した後起きる問題において、イスラム教に改宗していない家族の権利を守るために政府は友誼的な解決策を見つけるようにすべきです。この改宗に関しては十分な話し合いの場が設けれるべきです。」 「非ムスリムがイスラム教に改宗することの憂慮感が非ムスリムの権利に影響を及ぼしています。」
MCAの青年部長は言う、「フォーラムは弁護士会館で行われた。大衆が抗議のデモなどする必要はありません。主催者に脅しが向けられたのは残念なことです。」

性平等ための共同会議を構成する5つの女性組織:Woman's ai Organaizasion, Woman's Center for Change penang, Sisters in Islam、AllWomen's action Societyなど、 は政府に要望しています、「開かれた話し合いと討論を穏やかで情報に満ちて誠意ある態度で行うことは、市民の間に深い理解をもたらすことに役立ちます」 として開かれた討論のための民主的な場を持てるように訴えています。

【国内自動車販売高で眺めた自動車会社の勢力地図】
自動車販売台数統計では、政府所有の自動車会社 1位 Perodua社、2位 Proton 社が今年上半期も(いつものように)上位2社を占めました。 販売台数による番付は依然として業界の基準です。 しかし販売高で番付けすることも適切でしょう、この番付ではかなり内容が変化します。

UMW Toyota 社が最も販売高が大きく且つ利益の高い自動車会社になります。同社はUMW Holding が株の51%を所有しており、そのToyota部門は今年第1四半期の売り上げでRM 24億を記録しました。Toyota車の今年第1四半期の販売台数は24000台、つまり1台当たりRM 10万になります。これを見れば販売収入が最大になる理由がわかります。これと対照的にPerodua車と Proton 車の場合、1台の販売単価はずっと下がります。 Proton 社はToyota社より販売台数は多いのですが、売上高はRM 17億でした、つまり1台の販売単価はRM 49000です。 

UMW社は第1四半期で高利益であるRM 2億を上げていますが、Proton 社は同時期にRM 1億8900万の利益でした、しかしながらこの額には国から交付される研究開発費RM 1億9400万が含まれています。つまりProton 社は赤字額RM 4800万なのです。Proton 社は第2四半期には黒字になる見込みです。 Perdua社は収益は好調です。Toyota は今後もマレーシアで販売高と収益で最大の自動車グループであり続ける見込みです。

(Intraasia注:なるほど、いつも台数統計ばかりで販売高の統計はめったに現れませんから、こういう見方は必要でしょう。Proton社は一時の最悪期より回復したとはいえ、依然として四半期決算ベースでは赤字を記録しているんですね)

8月11日の記事

【全国の選挙区全てに、ホームステイ振興助成金を交付する】
観光省大臣が、全国にもっとホームステイ施設を作るための助成金交付を発表しました。この政策下では、全国の国会選挙区と州議会選挙区の全てに助成金を交付します。この助成金は各国会議員にRM 20万、各州議会議員にRM 5万を交付する形になるとのことです。「これは外国人へのホームステイプログラム提供に加えて田舎経済の底上げにもなる」 と観光大臣は語る。 「現在国内でホームステイプログラムに参加している家庭は約3000世帯にすぎません。日本人と韓国人観光客はこのホームステイプログラムへの評価が高い。これをもっと全国的に広げるべきだと思う。」

ペラ州Taiping に近いBukit Gatang で2008年助成ドリアンフェスティバルが行われました。その席で観光大臣は、「ドリアンフェスティバルには、マンゴスチンやジャックフルーツなど他の熱帯植物も加えるべきだ。Bukit Gatang を売り込むために政府はRM 50万を助成しました、それに加えて選挙区交付のホームステイ振興助成のRM 20万があります。」 「野党連合州政権下にあるペラ州に対しても、政府はその必要性を無視することはないということです。」

(Intraasia注: ホームステイプログラムの振興は確かに良い政策であり、ホームステイはこの種のことに興味を持ちやすい日本人観光客に受ける面があるでしょう。ただ全国の国会と州の選挙区全てに公平に助成するというのが ”賢い”政策かは今ひとつ疑問ですね。選挙区によってホームステイ家庭の設置に向いている地区を抱えた選挙区もあれば、そういう地区が全然ない選挙区もありますよね。 国会議員と州議会議員がこの助成金をどのように使用するかみのもですし、それが公明に使われたかの情報開示がない限り、成果を知るのは難しいです。)

【不動産売買に関する質問と答え】

マレーシア不動産代理業者協会 (www.miea.com.my) が読者の質問に答えます

質問者:ペナンに所有しているコンドミニアムを売ろうと思います。そこで新聞に広告を出しました。私の不動産に興味を示す買い手の代理として行動する不動産代理業者がいます。しかし私はいささかそういった業者と交渉することに危惧の念を抱いています。
質問その1.仮に私がそういう業者と取引を成功させたすると、売り手としての私は代理業者にコミッションを払わなければなりませんか? ある代理業者は、取引完了時に売り手と買い手の双方から手数料をもらうことになると言っています。まずもって、私は代理業者のサービスを契約していません、なのになぜ手数料を払わなければならないでしょうか? 
質問その2. ある業者が合法的な代理業者であるかどうかを、どのように知ることができるのでしょうか?身分証とか証明はありますか?

答弁者: 質問1に関して。価格査定鑑定士と不動産代理業者法には、業者は売買者の内のどちらか一方だけから手数料を得ることができると定めてあります。もし売り手としてのあなたが自分の不動産を販売するために業者を指定していれば、手数料を払うのはあなたになります。もし購入者側が不動産購入のために代理業者を指定しておれば、手数料を払うのは買い手です。
質問2に関して。 登録された不動産代理業者は、マレーシア不動産代理業者協会の理事会が毎年発行する身分証を所持しています。ある人が不動産代理業者に雇われた交渉者または営業員であれば、その者は会社の身分証を携帯していることになります。あなたは交渉者をチェックすることができます。

【乳がん早期発見と検診をよびかける集会と行進】
乳がんへの注意と早期発見を訴えるイベントがクアラルンプールのTiTiwangsa公園で開催され、5000人ほどが参加しました。女性と家族とコミュニティー省大臣がイベントを開始する演説をして、乳がんへの関心を高めるように訴えました。「女性は自ら定期的に自己検診し、40歳以上は省のクリニックを訪れて補助金つきの乳房撮影をするようにしましょう。」 「2007年5月から1ヵ年で省の行う乳房撮影を受けた女性 5200人中、368人は大変疑わしいと診断されました。」その後参加者はピンクのTシャツを着て3Kmの道を行進して、乳がんへの関心を高めるように呼びかけました。

【オリンピックにちなんだ蛇使いのパーフォーマンス】
蛇使いの夫妻が北京オリンピックにちなんだパーフォーマンスとして、毒蛇8匹を放し飼いした部屋で88時間過ごしました。ランカウイの蛇の聖域において、8月1日から8日まで行いました。8匹のなかには体長4.5mのキングコブラもいました

8月10日の記事

【マレーシア映画祭】
第21回マレーシア映画祭がPutraJayaで開催されました。ノミネーションされていた映画の中で最多の賞を得たのは、 Kala Malam Bulan Mengambang で、最優秀映画賞、最優秀監督賞(監督 mamat Khalid) 、最優秀男優賞(Rosyam Nor) など5つの賞を獲得しました。 複数の賞を得た映画には、テーマソング賞を得た 1957: Hari Mara最優秀脚本賞を得た Cuti などがあります。最優秀女優賞は、映画 Anak Halal の  Maya karinでした

(Intraasia注:名前はマレーシア映画祭ですけど、実質はマレー映画祭となってしまうのが残念な現実です)

【弁護士協会のフォーラムは混乱の中で終わった】
弁護士協会が主催した、イスラム教改宗に関する公開フォーラムは、開会後1時間余りで閉会する事態となりました。クアラルンプール中心部にある会場の弁護士会館前には、いろんなマレー系グループ、団体、政党の人たちが朝から詰め掛けてフォーラムの開催に反対を訴えており、中止しなければ会場内に突入すると叫んでいました。その後マレー政党:UMNO,公正党、PAS党、及びマレー人非政府団体からの代表が会場に入って中止を訴えました。それ以前に警察からの忠告を受け入れて、主催者側は10時に閉会することを決めていました。

内務大臣は語る、「このフォーラムがマレー人界に怒りを呼んだことをよく知っています、といって無鉄砲に治安法や扇動罪をフォーラム主催者に適用することはできません。」「弁護士協会はムスリム界の声を聴くべきです。」

(Intraasia注:イスラム教そのものとマレー人の保持する地位に関する公開論議は、法律面であれ歴史的考察であれどのようなものでも受け入れられない、というのがムスリム界、とりわけマレー人界の総意であり、それを疑う者には力で抑えると言うことを改めて示したできごとです。)

【偽りのタイトル”ミス何々マレーシア”がまた一つ選出された】
ミスワールドマレーシア2008年の最終選考会が、クアラルンプールの高級ホテルの大宴会場で開催されました。たくさんの有名人などが集まった中、23歳のスランゴール州出身の華人女性が、他の19人を破って今年のミスワールドマレーシアに選ばれました。彼女は英国の大学法学部卒業生とのことです。「信じられません。全力を尽くしますと同時に最悪も予想して落胆しないようにします。」と語る彼女は賞金RM 1万を手にしました。2位は24歳の華人女性、3位は20才のインド人モデルでした。

(Intraasia注:しょちゅう催されているミス何々コンテストです。ミスワールドマレーシアはその中でも有数のイベントなのでしょう。3人の写真を載せたごくありきたりのミスコン報道です。しかしこの種のミスコンの偽善性をなぜマスコミは伝えず逆に能天気な報道スタイルを取り続けているのかです、長年Intraasia はこの偽善さを批判しています。誤解なきように言いますと、ミスコンに反対しているのでもコンテスト参加者を批判しているのでもありませんよ、開催も参加も個人と企業の自由であり、お好きなように。最大の偽善さは”ミス何々マレーシア”というそのタイトルにあります。なぜならミスコンにムスリム女性は参加できないからです。人口の6割を占めるムスリムを最初から除外しながら”ミス何々マレーシア”というタイトルをつける”大嘘”を、偽善だとIntraasia は批判しているのです。 ”ミス何々非ムスリムマレーシア” であるべきであり、それなら何の文句もありませんな)

【マレー鉄道の電車を修理する指定会社を見直しして欲しい】
マレー鉄道はその近郊電車路線 komuter に使用している電車輛の修理を一手に引き受けている会社の指名を見直してくれるように、政府に要望しています。マレー鉄道社長は主張する、「現在運行上電車輛が不足している折、その修理会社は仕事を効果的に行えないのです、よってkomuterの編成に影響を及ぼしています。以前マレー鉄道は60車輛を擁していました、私がこの職に就いて以後、39車輛だけが機能しています、21車輛はその会社下に修理状態としてあります。修理完了して引き渡されるのが遅れていることから、Komuter運行に影響が出ています。しかし利用者はマレー鉄道を批判している。」 そこでように求めています。

(Intraasia注:電車修理の依頼先をマレー鉄道自身が決定できない仕組みだと初めて知りました。だから政府に修理会社の指名を見直すように要求しているわけですね。悪しき官僚主義はここにもあるのか。komuter 電車の悪評は随分と前から現れており、その不正確運行と車輛状況の悪さがよく問題になってきました 。そういった原因の一つに、修理会社の無能さもあるということなんですね)

8月9日の記事

【北京オリンピック参加のマレーシア選手団】
参加種目: 飛び込み 男女4人、 競泳 男女5人、アーチェリー 男子のみ3人、 バドミントン 男女9人、 自転車 男子のみ4人、テコンドー 女子のみ2人、ヨット 男子のみ1人、射撃 男子のみ1人、陸上 男女3人、 重量挙げ 男子のみ1人

(Intraasia注:スポーツ強国ではないマレーシアですから、こんな少数でもしかたないでしょう。唯一バドミントンにメダルの期待が集まっています。選手団の内、名前から判断してムスリム女性選手はたった1人だけです。現在の世界スポーツ界は趣味やアマチュアの領域ではもう参加することすら難しい、よって人口の6割がムスリムであるマレーシアでその女性スポーツ選手をオリンピッククラスに訓練する国家方針も予算もない現状ですから、ある意味では当然の結果ともいえるでしょうね)

【弁護士協会主催のあるフォーラムへの風当たりは非常に強い】
弁護士協会は、その主催するイスラム教への改宗を題目にしたフォーラムを9日に開催することをあらためて確認しました。協会の副議長は、誰でも参加できるがフォーラムが建設的な態度で行われることに十分な措置を取ります、参加者は登録する必要があります、と説明しています。このフォーラムの開催そのものに対して、各方面から反対が出ており、ナジブ副首相も反対を語っています。(ムスリム系の)非政府組織は、この種のフォーラムはムスリムの意識を損ねると、弁護士協会に抗議していました。

警察はこのフォーラムに関して、弁護士協会ビル付近での集会に対しては断固とした対処策を取ると警告しました。内務大臣は弁護士協会はこのフォーラムの結果に責任を問われるであろうと警告しました。UMNO青年部の長は、弁護士協会はムスリムとマレー人の忍耐力を試すようなことはするなと、述べています。

(Intraasia注:大きなニュースにはなっていませんが、これはマレーシアはイスラム教国家であることを如実に示すことですね。人がイスラム教に改宗する、から離脱するといった事柄はどんな形であれそもそも討論すべきことではない、というのが政府与党警察とムスリム界の頑とした根底思想であるからです。これに逆らうことは治安を乱すことだというのが体制側の一貫して変わらぬ基本対処作です。ということで、当サイトもこの件はできごとを報じるのみで論じません)

【外国の投資家からの不動産購入熱】
有名な外国系不動産会社である Henry Butcher Marketing 会社は、マレーシアの不動産は、とりわけクアラルンプールシティセンター(KLCC)地域の不動産は、外国の投資家などから強い興味を依然として引いている、と主張しています。例えば、マレーシアの最高級コンドミニアムの値段はシンガポールの20%にしか過ぎない、と。外国の投資家の興味レベルは2007年に比べれば下がっていはいるが、依然として高いとのことです。

クアラルンプール土地登記事務所が承認した、外国人購入者の数 -Henry Butcher 調べ
2005年:1954人、 2006年:1660人、2007年:4035人、 2008年4月まで:935人

【8が3つ並んだ幸運の日は婚姻登録の日ともなる】
08年08月08日の昨日は、華人界にとって非常に縁起の良い日でしたので、多くのカップルが婚姻登録しました。”八”は広東語で pat と発音し、これは幸運を呼ぶ”發”の音 fat と似ていることも縁起良さの理由の一つです。ペナン州ジョージタウンの華人大会堂では62組のカップルが合同結婚式を挙げ婚姻登録しました。 イポーでは精武体育会(という郷組織)で68組のカップルが集団結婚式を挙げました。 クランタン州のTumpatでは6組のムスリムカップルが、海岸で結婚儀式を挙げました。

スランゴール州Kelang の福建会館では238組のカップルが合同結婚式をあげ、婚姻登録しました。「今回福建会館は初めて、3日間の結婚展示会と手を組んで、合同婚姻登録会を行いました。これはカップルにとっても便利のよいことです。」 「来年の09年09月09日は福建人にとってもっと重要となります、長寿、永続婚姻、幸福を意味します。よって来年は今年よりももっと盛大になるでしょう。」

(Intraasia注:前々からこの日の婚姻登録はかなり人気を呼んでいることが言われてました、華語紙を見てませんから断定しませんが、恐らくもっと一杯この種の記事が出てることでしょう。広東語の日常話者である私もこの日が pat の続くリズム音の良さはよくわかります、しかしそれが”發”を招くかはまあその人次第だと思いますけどね。所詮どんな日に結婚しようと離婚するカップルは所詮離婚するのです。嫌味なコメントですなあ)

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 297.3 入手します。

8月8日の記事

【アンワル起訴そして保釈】
検察庁は、6月26日クアラルンプールのコンドミニアム内で当時助手の若者に同性愛を強要したとの刑法上の罪でアンワル元副首相をクアラルンプール下級裁判所に起訴しました。被告アンワルは無罪を主張し、裁判所は保証人なしの保釈金RM 2万でアンワルを保釈しました。法廷でアンワルは主張する、「(起訴は)悪意ある誹謗であり、裏切りである。私は無罪です。」 検察側は検察庁のNO2 が訴訟を率いており、アンワルの弁護側はベテラン弁護士9人のチームからなります。

下級裁判所が入居する司法総合ビル付近には朝から多くのアンワル支持者が集まり、公正党の友党である行動党とPAS党の最高幹部らもアンワル支援を表明するために駆けつけました。アンワルの保釈が認められたことで、多くの支持者から、裁判所の公正な判断を褒める声が上がりました。警察は機動隊を含めた多数の警官を裁判所界隈に配置しました。

クアラルンプールの米国大使館はアンワル裁判を細かく監視していくと声明を出しました、「マレーシアを民主国家として信頼していくには、この裁判では隠し事なく公正な法の適用が必須です。」 一方外務大臣は記者会見で語る、「外国はマレーシアの法システムを理解し、我々は法のルールを守るということを理解すべきです。」 外務省は今後外国でこの裁判に関する説明会を行うとのことです。

同性愛を強要されたとして訴えた若者を当時診て「同性愛行為による跡はない」診断した、私立病院医師、国籍はミャンマー、はその自分の診断に自信を持っていることを明らかにしました。「誰がこの診断書を漏洩させたかは、私にはまったくわからない。」 アンワル弁護団は、アンワルにアリバイがあることを明らかにし、このことをすでに以前に警察にも伝えたとしています。「それなのに警察はなぜ起訴に持ちこんだのか理解できない。」

(Intraasia注:今月は補選が終わる月末近くまで、アンワル中心の政治ニュースが圧倒するのは確実です。好むと好まずに関わらず、マレーシア政治と政界はアンワル抜き語ることは意味を成さない状況です。西欧マスコミに受けの良いアンワルに対して、マレーシア政府は情報面では防御せざるをえないところです))

【ジョーホール州の2つの港を持つ企業がさらに空港も支配することになりそう】
建設業界の大手で上場企業であるMMC はジョーホール州のスナイ空港ターミナル会社の買収を発表しました。これに対するクアラルンプール株式市場の反応は冷淡でMMCの株価を大きく下げました。提案買収金額RM 19億は多額するぎるというものです。 またMMCの大株主としてオーナーである有名なマレー人企業家は、すでにスナイ空港ターミナル会社の株をかなり所有していると面もあります。 尚投資家の間からは、MMCの巨額の銀行借入額を心配する声もあります。現在RM 190億に達しています。

現在赤字のスナイ空港ターミナル会社は独立した空港としてのスナイ空港を50年間運営する契約を2003年に得ています、同社はまた空港近くの土地 1100ヘクタールを所有しています。株式市場の反応は冷ややかでしたが、MMCのスナイ空港ターミナル会社買収は長期的に見れば、MMCグループに良い効果をもたらすと見るむきもあります。MMCグループはジョーホール州に強固な運輸物流の足場をすでに持っています: 巨大なコンテナー物流の基地である州南西部の Tanjung Pelepas 港、複合物流港である PasirGudangにあるジョーホール港。  このためスナイ空港ターミナル会社を取得すれば、MMCグループはジョーホール州の空と港と陸の運輸物流ビジネスを一手に扱うことになります。

(Intraasia注:MMCグループがジョーホール州の物流基地をほぼ独占してしまうという経済ニュースです。マレーシア国内の空港はスナイ空港を除いてどこもマレーシア空港会社が所有運営しています)

【高等教育機関に在学する学生数】
国家高等教育戦略計画によれば、公立と私立の両方の高等教育機関に在学している学生数は、2006年の74万8千人から2007年は84万7千人に増えました。「これはこの戦略の推進に沿ったものであり、高等教育の機会を増やし質を高めています。我々の目的はマレーシアの高等教育を変換させることです。」と高等教育省大臣は演説する。「7つの国立大学に登録した生涯教育プログラムに参加する人の数も3万8千人になりました。」 

オープン大学のコースを持つ私立大学 Open University Malaysia, Universiti Tun Abdul Razak,Wawasan Open University への登録学生数は6万人を超えました。全国でコミュニティーカレッジに登録している人の数は7万人です。

(Intraasia注:84万人の内5万人弱ぐらいは外国人ではないかな。人口2500万人の国でこの84万人という数はどう判断すべきでしょうか)

【マレー鉄道は使ってない古車両を改造して使いなさい】
マラヤ鉄道の車輛に関して、古い電車輛とすでに放棄してある電車輛を改造して再使用しなさいと、運輸大臣は述べました。「増加する乗客需要に答えるには、改造が比較手早く安価な方法です。新車両を発注しても、配達までに2年以上もかかります。改造はそれぞれ切断したり接続したりすることではなく、新技術を伴うことです、だから修理という言葉は使いません。」 「今年末までに分析を終えて、その後できるだけ早く改造を始めたい。 Scomi エンジニアリング会社はマレー鉄道のこの改造プロジェクトに興味を表明しました。

(Intraasia注:車輛の足らないマレー鉄道はそういう改善を率先してやるべきですが、いつも後手後手となっていますね)

8月7日の記事

【国会補選の投票日が発表され、アンワル起訴の通知状が手渡された】
野党連合Pakatan Rakyat指導者のアンワル元副首相は、ペナン州本土側の地元選挙区での国会補選に出馬をすでに宣言しています。選挙委員会は立候補日を8月16日、投票日を26日だと決定し、選挙委員会の委員長はメディアへの声明の形でこれを発表しました。

(アンワルは元助手から同性愛行為を強要されたとして訴えられ、警察に逮捕され保釈中です)警察庁副長官は、アンワルに対してクアラルンプールの下級裁判所に7日午前出頭するようにという書面通知を、アンワルに送ったと発表しました。通知書はSegambut にあるアンワルの自宅に届きました。副長官は述べる、「検察庁は警察の捜査を鑑みてアンワルを起訴すると決めた。」 そして、裁判所付近へ集まるであろうアンワルの支持者に対して、公共の乱さないようにと、訴えました。

一方アンワルは公正党本部で声明として語る、「選挙期間中に支持者らに会うことを期待している。」 さらに彼は、選挙過程での整合性に憂慮感を持っていることを訴え、「替え玉投票や投票箱交換の問題が選挙委員会によって未だに解決されていない。」 もしこの起訴によって拘留され保釈を拒まれたらとの質問に、彼は、「選挙運動は続行します。」 「投票日が火曜日になったのは奇妙なことだ。勤労日なので労働者や公務員に不都合です。」 「検察庁指揮部門は、警察捜査報告に関してそれを基に起訴することに何回も反対したとの情報を、私は得ている。こういったことにも関わらず警察庁幹部の中には起訴するべきだと主張している。これは政治的陰謀だということを我我は知っており、我々は十分な証拠として提示した。」

選挙委員会の発表と警察の起訴通知書がほぼ同時に行われたことに関してアンワルは、自分の政治復帰を妨害しようとする陰謀だと政府を糾弾し、アブドゥラ首相は個人的に責任があると批判しました。アブドゥラ首相はこの陰謀説を一蹴して、「私はアンワルを起訴するべきだといった印象を全く警察に伝えていません。警察が十分な証拠があると判断すれば、起訴を決める法的責任があるのです。なぜならアンワルを訴えている若者を守る義務があります。」

(Intraasia注:政治的陰謀なのかアンワルの男色行為が事実なのか、もちろんわかりません。それにしても、同時発表とか平日投票など政治的意向が感じられる点があちこちにみえる発表ですね。それにしてもマレーシアの警察は強大です、政治が十分にコントロールしてないことはこれまでの流れの中からも推測されます)

【KLIA に中長期間用駐車場がオープン】
クアラルンプール国際空港(KLIA) に新しい駐車施設がオープンしました。この駐車場は3日以上の間駐車する利用者向けで、最低3日間の駐車料金は RM 129です。これは通常の駐車場の利用料金1日当たりRM 43に見合ったものです。しかし3日を超えてからの料金は1日当たりRM 15とぐっとやすくなります。この中長期間用駐車場の収容能力は530台分で、場所は空港ビルの Blok A の4階と5階となります。以上はマレーシア空港持ち株会社の発表からです。

【カリマンタンでは森林火災地点が増加中】
ボルネオ島のインドネシア側であるカリマンタンでは、森林伐採のために燃やすことから発生する森林火災地区が倍増しています。このため東南アジア一帯にヘイズの空をまたもtらすのではないかとの心配が高まっています。監視を行っているインドネシア森林当局の係官は衛星写真からこれを確認しました。西カリマンタンで270箇所の森林伐採の起こした火災が起こっているとのことです、一方スマトラ島では森林火災場所数が557箇所から400数十箇所に減りました。 こういった森林火災の煙はマレーシアとシンガポールの大気に大きな影響を与えてきました。

(Intraasia注:ボルネオ島がどれくらい広大かはあまり実感されていないようなので、書いておきます。サバ州とサラワク州からなるマレーシア領だけでマレー半島部面積をぐっと上回る広さです。インドネシア側の面積はそのマレーシア側ボルネオ島の数倍以上の面積です、つまりカリマンタンはマレーシア全国土面積33万平方キロメートルよりもずっと広大なのです。ですからその燃える面積の広さを想像してください。またスマトラ島自体もマレーシア国土より広い、そこでまた数百箇所の森林火災です。こういった想像を絶する多量の煙がマレーシアに気流で運ばれてくるわけです)

【Telekomの発売する割引電話カードの広告から】
Telekom はマレーシアオリンピック委員会の公式ウエッブサイトプロバイダーです
割引電話カード i Talk を使っていろんな国への割引料金を楽しみましょう(8月1日から9月15日まで)
料金表:1分間当りの料金  全てセント表示です
【国名、固定電話宛て、携帯電話宛】 中国 8、 8、 香港 10、10、  米国 12、12、 英国 15、70、 オーストラリア 20、60、 日本 20、70、 エジプト 90、90、 以下省略

(Intraasia注:独立記念月間は例年この種の更なる割引キャンペーンをやっています。割引電話カードはたくさんの会社が発売してますが、Telekom のは手軽に買えるカードの一つです。普段でも国内長距離と国外通話料金が安いので、私も以前から使っています。家の電話を使って日本の固定電話宛で3分話してRM 1ですからお得ですね。マレーシアで携帯使う人ももちろん使えます。ただし携帯から携帯へかけると音質はかなり下がります)

8月6日の記事

【原水禁世界会議に送ったアブドゥラ首相のメッセージ】
広島で行われる2008年原水爆弾に反対する世界会議に、アブドゥラ首相がメッセージを送りました。その中で首相は述べています:大量破壊兵器の根絶が核によるホーローコーストを防ぐ最良の保証である、核兵器廃絶に向けての道と長く困難な道であることと、その目的を達するための前身は遅々としていることは疑いのないことである、その理由は異なった考えと自己利益と政治的意欲の欠如のためです。しかしながら我々はこの努力を守っていくことを続けていかなければならない。我我は大量破壊兵器の根絶をしていく立場を変えることのないようにあらねばならない。核軍縮と核兵器の廃絶を押し進めるために国際社会の行うあらゆる努力を、マレーシアは支持します。核平兵器拡散条約の条項を完全に実施していくことに対して、全ての国はその立場をはっきりさせていくべきです。

首相メッセージは世界会議の総会の場で5日、駐日マレーシア大使によって代読されました。この原水爆弾に反対する世界会議は2日から9日まで広島と長崎で開催され、1万人の参加者があります。アブドゥラ首相はまた、こういった毎年の会議集会は世界の指導者に統一したメッセージを送るための重要な会議であると、認めています。

(Intraasia注:ごく一部の市民団体を除いて、政党、宗教界の間から核兵器廃絶の主張を前面にだすようなことはまずなかったし、今後も考えられない風土のマレーシアです。一方マレーシアの軍備はタイやシンガポールに比べれば穏健な程度であり、世界的に見てマレーシアを軍事強国と見なす国はないでしょう、という良い点を持っています。そういう下地の中で、アブドゥラ首相の発言で軍縮や核廃絶の言葉はめったにないはずです、または多少あってもそれはマスコミに載らない。 メッセージを実際は誰が書いたかはこの種の政治的メッセージには関係ないことですから、こういうメッセージを寄せるところに意味があるはずです。日本のマスコミで報道したところがありますか?)

【新規住居開発の傾向は一般市民世帯所得を反映していない】
建設資材の高騰で購買者の所得水準と不動産の販売価格の間に差が開きつつあることに憂慮感が生まれています。ある登録価格査定人は言う、「月間世帯所得がRM 1万の世帯の人が普通の銀行から得られる住宅ローンは約RM 35万です。しかしこの範疇に入る人は一体どれほどいるのでしょうか?」 「統計から得られる数字では、平均的な非雇用者の月給はRM 2千から4千です。合算してこの層の世帯の不動産購買者が得られる住宅ローンの値は大体RM 20万です。 しかし建設資材の高騰で、RM 20万の住宅価格は30%高になりそうです。」 建設に使われるほとんどの資材がすでに15%から30%ほど値上がりしました。

マレーシア人家庭の月間世帯収入額とその割合
RM 1千以下: 8.6%、 RM 1001 - 2000 :29.4%、 RM 2001 - 3000 : 19.8%、 RM 3001 - 4000 : 12.9%、 RM 4001 - 5000 : 8.6%、 RM 5001 - 10,000 : 15.8%、 RM 1万以上 : 4.9%

不動産住宅とデベロッパー協会のペナン支部に議長はペナン州政府に訴える:デベロッパーがジョージタウンの密集地区と建坪が広い地区に住宅を建てられるようにすべきだ。 建設資材とガソリン類高騰の状況下、低所得者向け住宅 RM 42000 と中の低所得者向け住宅 RM 75000を新たに建設すべきではない。 我々はこの設定価格の見直しを州政府に訴えます。 デベロッパーは一つの住宅開発プロジェクトで 150ユニット以下に抑えた高級な住宅ばかり建てがちになります、こうすれば(非高額所得者層に)購入できる範囲の住宅を建てる義務が発生しないからです。 こういったことはすでに、最近開かれたマレーシア不動産展示会で示された新規開発物件の少なさから明らかです。昨年の展示会では7つのプロジェクトで総額RM 3億でしたが、今年のそれはたった3つのプロジェクトで総額RM 4400万です。

有名な不動産会社のHenry Butcher Malaysia の取締役は説明する、「現状況下では新規住宅開発プロジェクトの少なさは予想されたものです。現在の土地価格と州政府の指針の下では一般市民が購入できるような価格帯の住宅を近い将来供給できるようにするのは難しいでしょう。」 「ただし高級住宅市場はその利益率の良さから引き続き企業家の注目を得るでしょう。」

(Intraasia注:新聞には頻繁に高級な住宅開発の不動産ニュースと広告が載ります。しかしそれは一般庶民世帯の手の届かない物件が多いなあと感じます。この記事はペナンを対象にしてますが、全国の都市圏の状況を描いているといえます。ペナンの高級住居開発は外国人の注目をよく引きますが、一般庶民レベルから離れたものであることがこの記事でも見て取れますね。 上記の世帯収入は極めて興味ある表です、RM 3千以下の世帯が全体の半数を上回りますよ)

【単独型のカラオケに関する公告】
 [ マレーシア法律上カラオケソングを免許なく複製することは重大で逮捕される違反です ]

レコード音楽産業の全国的免許授与機構である Public Performance Malaysia Sdn Bhd は以下のことをお伝えいたします。
Public Performance Malaysia Sdn Bhd が 次の数社を認定サービス提供社として認可しましたので、これらの会社は、Public Performance Malaysiaの会員に属するカラオケ音楽の合法的なコンピュータ上の複製を提供できます、なおその複製は2008年7月1日以降マレーシア国内のおいて単独型カラオケ機を通して行う場合です。
会社名: Ocean Pictures Sdn Bhd. VOD System Sdn Bhd, Teo Heng technology (M) Sdn Bhd

この3社がカラオケ録音を商業施設に販売または配備するために、3社のコンピュータ式単独型カラオケ機に複製することができます。さらに3社はカラオケレコーディングのレンタルとして年間複製更新料金を徴収することが許可されています。

Public Performance Malaysia Sdn Bhd、 ホームページ: www.ppm.org.my 住所: クアラルンプール

(Intraasia注:公告のもって回った堅い文章ですが、要するに単独カラオケ機への曲コピー作業はこの3社が独占してやるという意味なんでしょう)

8月5日の記事

【上半期の外国人のマレーシア訪問者数は1090万人】
今年上半期の外国からのマレーシア訪問者数は1090万でした。これは昨年同期の1070万人をやや上回っています。ツーリズムマレーシアの長官は語る、「この4年間我我は中東からの旅行者にクアラルンプール以外の場所を訪れるよう勧めてきました、さらにこの夏時期だけだけでなく他の時期にもマレーシア訪問してはと勧めてきました。」 中東からの旅行者数の伸びは3%です。

【KLIA空港近くでの泥炭火災】
(気象衛星に写る)森林などが燃え盛る地点の数が、スマトラ島でも半島部でも半減しました。マレーシアの大気汚染指数を見ると、51観測地点中31地点がまあまあというレベルでした。気象庁の予報では今後数日も暑く雨のふりそうにない予報です。「スマトラから南西風が引き続いて吹いており、半島部北部州で多少の雨が期待されています。」 と気象庁。

スランゴール州の消防庁は、KLIA空港近くの農業地、49へクタール、での泥炭火災の半分は消したと明らかにしました。その一帯はkuala langat郡保護森林地です。「消防は1,2日間以内にその泥炭火災の全部を消火します。」 Spang・Kuala langa地方の消防署の長は説明する、「火災発生以来我たちは消火にあたってきて、2箇所を除いてなんとか鎮火させました。火は地表の1メートル下で燃えています。気温が高くなると問題になります。」 「火災地点に近いハイウエーの視界はぐと向上しました。」

(Intraasia注:泥炭の火災というのは非常に厄介だそうですね、地表と地下の両方で燃えるそうです、もちろんこれもヘイズの発生源となります。5日の午前午後とクアラルンプールの空はかなりもやっています。軽いヘイズ状態ですね)

【反汚職庁も華人係官が不足してコミュニケ-ション問題がある】

反汚職庁へ市民が訴えを持ち込む際、使用言語が限られることからコミュニケーション問題に面する場合がよくあります。庁の副長官によれば、華人は職員の1割に過ぎませんので、歌人職員不足に悩んでいます、「証言者には多くの華人がいます、英語またはマレーシア語がよくできない華人からよく苦情を受けます。しかし反汚職庁は非常に人手不足なので、そういうケースをさばく事ができません。華人職員は華語などの訴えを英語またはマレーシア語に翻訳する必要があります。 庁はさらに反汚職キャンペーンを華人界に広めるためにもっと華人係官が必要です。」

反汚職庁はコミュニケーションなどを解決するために、最近リクルート活動を始めました、そして華語や広東語、福建語などの話せる者、タミール語を話せる者の数を増やします。

(Intraasia注:公務員界はどこもマレー人が圧倒的に多数派を占めていますから、反汚職庁もそうなんでしょう。この種の訴えの詳細はやはり母語で訴えて、それをきちんと翻訳してもらうのが最適でしょう)

【サバ州の違法滞在居住者への大規模取締りが近づいている】
(政府が宣言して始まる予定の)サバ州の違法滞在・居住外国人に対する大規模な取締り行動を数日後に控えています。 サバ州のImigresen はアムネスティーまたは執行延期を正式には表明していませんが、インドネシアとフィリピン人の違法滞在者を雇用している雇用者が彼らを登録するために3ヶ月間の猶予を設けてあげるということが一種のアムネスティーとして捉えられています。

Imigresen 長官は、違法外国人労働者は必ずパスポートを入手してから労働許可を得なければならない、そして全てのデータをPutrajaya の本庁に保存します、と言っています。「雇用者がそういう外国人を雇ってよい分野は、プランテーション産業、建設業、製造業、サービス業、家庭内メイドです、インドネシア大使館とフィリピン大使館はそれぞれ自国民がパスポート入手できるように準備しています。」

長官の説明によれば、 違法滞在・居住外国人の合法登録化過程では、彼らは一旦自国へ帰る必要はなく、労働許可証がマレーシアで発行されます。その際指紋を使った生体測定法を使用して登録します。 サバ州で登録された合法外国人労働者数は22万人です。そこで今回の違法者合法化過程で、実際の違法者の数とその家族の数をつかみたいと、長官は語る。労働許可証を得れば、最長5年まで滞在できます。「その後一時帰国して、半年後にまた再申請できます。」

例えば、サバ州の140万ヘクタールのオイルプランテーション分野では7万人の合法外国人労働者が登録されているが、1人当たりの面積から考察して、15万人は働いていると推測されると、長官。

(Intraasia注:サバ州で大規模な取締りを行うと政府は確かに公約しています。それが近づいているわけです。サバ州の外国人労働者比率は半島部をはるかに上回り、近い将来外国人がサバ州民数を追い抜くといわれているぐらいです。それほど違法滞在居住者の多い、サバ州ですから、取締りの影響は多大であることは間違いありません。ですから本当にそんな取締りはできない、猶予期間を設けるという案もでているということです)





8月4日の記事

【国際麻薬密輸組織の運び屋になる女性が跡を絶たない】
国際麻薬密輸組織は新たな方策を考え出して、マレーシアの手工芸品である batik, songket, 木工品を麻薬密輸の隠れ蓑に使う方法です。とりわけアフリカ諸国の密輸組織は、いろんな国からの手工芸品の正規輸入業者だという口実を使います。国際麻薬密輸組織の者たちは、本物のマレーシア製製品を輸出するという名の下で麻薬を密輸するために、マレーシア人女性を誘惑します。

 こういう秘密組織は、マレーシアに合弁企業を設立したと説得して、マレーシア女性を信じ込ませ、各ヨーロッパ諸国からの製品注文伝票とされた書類を受け取るようにさせます。消息筋によれば、マレーシア人女性はその仕事をしっかりやれば常用雇用として雇うという約束でさらに誘いこまれます。女性は運ぶ麻薬の量によって違いがあるが、一時金として最高RM 3万まで受け取ります。

これまでマレーシア人女性は、わざと寄って来る秘密組織の男に惚れてしまったり、または多額の即金に引かれて、、麻薬運び人の罠に落ちていました。中には秘密組織の男たちに閉じ込められて強姦された者もいます。 ヘロイン、コカイン、ガンジャ、シャブといった麻薬類の一般的な到着地は、英国、ドイツ、フランス、スペインです。

秘密組織の最新の罠方式は、今年5月警察が20歳女性を飛行機から救出した際わかったと、クアラルンプール市警察麻薬取締り部の長は説明する。続いて3人のアフリカ人がペタリンジャヤのコンドミニアムで逮捕されました。秘密組織はこの女性のパスポート代、航空券、お小遣いなど全て支払ったとのことです。

去年1年間だけで外国で麻薬密輸で逮捕されたマレーシア人は80人になります、内53人は起訴されました。その国名は、中国、シンガポール、マルタ、ブラジル、ペルー、台湾、ベネズエラ、インド、スペインなどです。この件で今年は7月までにすでに、170人のマレーシア人が外国で逮捕され、その多数は21歳から30歳までの女性です。

(Intraasia注:世間知らずというか、金に惑わされたいうか、そんな種類の女性のようです。世の中そんな上手い話はないということがわからないということですね)

【スランゴール州の交通事故死者数は毎月550人】
スランゴール州では今年交通事故死者数が増えており、上半期の死者数は前年同期比10%増の3305人でした、これは平均して月550人にもなります。全体数の内、1939人がバイクによる死者数で、前年同期比12%増です。  道路交通庁の長官は自動車の後部座席ベルト着用に関して再度明らかにしています、「(現在は)まだ忠告の時期であり、着用義務となるのは来年1月からです。」

(Intraasia注:この数は全州の内で最多の死者数ですね。それにしても多い数です)

【ケダー州の広告女性モデルの服装に関して条例化を示唆した】
ケダー州の地方自治体は、屋外広告などに登場する非ムスリム女性の服装に関して、なんら条例・規則を決めていません、と州幹部が明らかにしました。「非ムスリム女性のモデルがトゥドゥンを頭に着けなければならないという規則は決めていません、しかしムスリム女性に関してはそうすべきだと奨励します。女性モデルは適正な服装であるべきだと思います。セクシーな衣装は非文明的文化を反映しています。」

【外国人労働者に依存する現状】
国内では現在、合法の外国人労働者だけで200万人を超えます。その出身国は、インドネシア、バングラデシュ、ミャンマー、ネパール、インド、ベトナムなどです。
会社が外国人労働者を雇う2つの理由:労働力不足と安い労働力。 いわゆる3Dの仕事:汚い仕事、屈辱的仕事、危険な仕事、に外国人が必要です。マレーシア雇用者連合が103社(内製造業が71%、サービス業が14%、建設業が12%)に関して調査したところ、96%の企業が外国人労働力に依存していました。「この調査が示しているのは、外国人労働力のプラス面は社会的なマイナス面を凌駕しているということです。」 とマレーシア各付け機関のアナリストは説明する。マレーシア経済調査研究所の推定では、昨年新規に創出された職20万から30万人分の内、外国人労働力が20%を占めました。

マレーシア雇用者連合の幹部は説明する; 3D仕事を嫌うマレーシア人労働者の離職率は高い、この結果雇用者はたとえ費用がかかっても外国人労働者を移入します。彼らは少なくとも2年は働くのでその間の計画はできます。マレーシア人労働力の問題は、転職率の高さであり、休む率も高いのです。外国人労働者はより安定しています。

政府の掲げる、外国人労働者軽減方針の影響を受ける産業の一つがレストラン業です。マレーシアインドレストランオーナー雇用者協会の議長は言う、「現在外国人労働者 6対マレーシア人4 の比率です。」 「コックの場合月RM 3500を稼ぎます、コック助手でRM 2000.」 「長い目で見れば、マレーシア人コックを雇えば、ビジネスが落ちます。地元人を訓練すると、数年後にはその多くがシンガポールへ行って働くことを望む。しかし我我は彼らを縛り付けて置けません」  インド人ムスリムレストランの場合、労働者の9割が外国人です。

農業分野でも外国人労働者に多分に依存しています。野菜栽培者連合の書記長は言う、「労働力の90%は外国人です。マレーシア人はこの種の仕事に全く興味を持ちません。たとえ働いても数ヶ月で辞めてしまいます。仕事の機械化は無理です、70%の仕事は手作業だからです。」

ホテル産業はそれほど外国人労働者に依存していません。マレーシアホテル協会の理事は語る、「2007年末の191のホテル調査では、4万人弱の労働者中外国人労働者は3.3%でした。その多くはルームメークやキッチン部門です。」 ただランカウイのホテルは外国人労働者に依存しているとのことです。Tanjung Ruリゾートの場合、労働力の60%が外国人労働者です。ホテル幹部は言う 「96年の開業以来、マレーシア人従業員を雇用するのが非常に難しい。地元の若者は島で働きたがらない。地元人は仕事種にこだわります」 「そこでインドネシア人を2年契約で雇っています。良い労働者はインドネシアに一杯います。」

(Intraasia注:このことは、これまで数多くの回数当新聞の記事からでも載せてきましたね。)

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE