プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

お知らせ

26日より5,6日間だけ留守にします。
スポンサーサイト

9月25日の記事

【ガソリン類の値下げ】
(世界市場での石油価格の下落を反映してという形で)公定価格である石油価格をリットル当たり10セント値下げすることを政府は発表しました。この結果RON97 ガソリン RM 2.45/リットル、RON92ガソリン RM 2.30/リットル、 ディーゼル油 RM 2.40/ リットル となりました。本来の値下げ実施は来月初めからですが、ハリラヤ休暇を控えた帰省シーズンなので、即実施である25日から実施となります。

消費者物価は今年8ヶ月間で前年同期間比 4.8%の上昇でした。全国マレーシアバス運営者協会の議長は語る、「10セントの値下げは結構なことですが、我々にはほとんど恩恵はありません。」  全国消費者協会連合の議長は言う、「政府は引き続きより良い公共交通のための計画をすすめるべきです。商品やサービスの値段が今後下がると思えません、生産コストと原材料が値上がりしているからです。」

(Intraasia注:一度上がった物はまず値下がらないのは誰もが知っていることです。膨大な政府補助金のため近隣国家よりも低い価格を維持しているガソリン類を値下げするのではなく、その金を公共交通整備に回すべきだという声は小さい、ここにも見られる自家用車族の声の強さですね)

【中国製食品を輸入時点で検査する】
中国製食品でメラミンを含有しているであろう食品は輸入時点で差し押さえると保健省が発表しました。「この方法はメラミン混入ミルクの問題が片付くまで続けます。」 「我々は常に検査してます。メラミンだけではありません。昨年は55品が輸入禁止になりました。」今週保健省が、中国製乳製品の検査を始めてから、53品目が輸入停止状態になっており、化学検査部門の調査待ちです。

いくつかの乳製品会社が安全性を確認する声明を出しました、例えば yakult malaysiaは その発酵乳製品 Yakult Ace はオーストラリアから輸入したスキムミルクを使っていると発表しています。

【クアラルンプールの豪華ホテルは増えている】
有名な不動産会社に寄れば、今年上半期にクアラルンプール圏のいくつかの5星ホテルが新たな計画を発表しました。例えば: 450室のGrand Hyatt Hotel の建設認可、 St.Regis Hotel がクアラルンプールに進出する計画、 クアラルンプール中心部にある元マレーシア航空本社ビルを (政府翼下会社の)PNBが2年前にRM 1億3千万で購入しました、PNBはそのビルを再開発してホテルに改造する計画、Impian KLCC は180室を増加させる、BerjayaTimes Square HOtel は改装中、Renaissance Kuala Lumpur の改装は来年完成、などです。

Knight Frank Research の報告書によれば、 クアラルンプールにある4星と5星ホテルの部屋数は 15700室ほどになります。その多くが中心部に固まっています。今年上半期のクアラルンプールにある4星と5星ホテルの客室充足率は2007年同期比2%上昇の 70%でした。5星ホテルの平均部屋代はRM 370、これは前年同期よりRM 50上昇しました。4星ホテルのそれはRM 200前後です。同じく今年上半期で、主要な5星ホテルの平均部屋代は、Hilton RM 460, JW marriott RM390, Mandarin Orinetal RM 650 、The Westin RM450 です。 少し下のクラスのホテルをみると: HOtel maya RM 320, Traders HOtel RM 320, Concorde RM 250, Boulevard Hotel RM 220 となっています。

今年の外国人旅行者マレーシア訪問総数は 2250万人の見込みです、昨年実績は2100万人でした。よって旅行者がマレーシアにもたらす金額はRM 500億と推定されています。

(Intraasia注:クアラルンプールの中心部の様子を見ているといつもたくさんの観光客がやってきてにぎわっており、この記事のようにさらに豪華ホテルが建設または増築されるそうで、そういう面に限れば経済好調を感じさせます。5星と4星のホテルの部屋代はこの5年でぐっと上昇しており、5星で平均部屋代が RM 300以下というのはもうなくなったようですね。富裕層向けのコンドミニアム、住宅建設はあまり景気の波を受けないように、こういう上層訪問客は行き先が変わろうとも一定数あり減ることはない、よってクアラルンプールがその目的地になればこれからも増えていくということなんでしょうね。)

【マレーシア語紙 Utusan Malaysiaが強く批判する行動党女性国会議員】
先日国内治安法で逮捕され1週間拘留された野党行動党の国会議員兼州議会議員は、マレーシア語紙 Utusan Malaysia とそのコラムニストを名誉毀損で訴える意向です。さらに彼女が州筆頭理事を務めるスランゴール州は、まず同新聞社に陳謝を求める手紙を送る、それが実行されなければ、裁判に訴えるとしています。同紙はモスクのアザーン拡声器使用に彼女が関わったと報じる記事を載せました。

(Intraasia注:今日のUtusan Malaysia を見ると、一面で及び内部でもこの女性議員と行動党を批判する記事やマレー人界の声をいくつも取り上げていますね)

【コーラン学習ソフトも組み込んだマレーシア製ノートパソコン
FTEC  Resources会社は自社製のミニノートブックパソコンにマレーシアの会社が製作したコーランソフトウエアを組み込みました。このソフトはコーラン全巻のを3言語:マレーシア語、英語、アラビア語 で音読できる機能、コーランの文句の検索、サウジアラビアの有名なアザーン(呼びかけ)の収録、が入っています。このミニノートを使って楽しく且つ相互作用的にコーランを覚えることができると同社は説明しています。ミニノートパソコンはWindows XP 版で価格はRM 1399です。

9月24日の記事

【スランゴール州イスラム教庁がアザーンに拡声器を使うようにと指示を出した】
モスクがイスラム教の祈祷を行う呼びかけ(azanと言います)の際に、拡声器を用いているところがあります。これに関してスランゴール州イスラム教庁 JAISは、拡声器の使用に反対する者・グループ全てに対して強い警告を発しました。JAISの理事は強調する、「azan はイスラム教では必須のことです、そして何の障害もなく行われる必要があります。azan に関して我々は妥協はできません。」 理事はスランゴール州内のモスクの係官とモスク内委員会に対して、拡声器を用いるようにと指示を出しました。「モスク係官が引き続き拡声器を使った行動を続けるようにと期待します。」

先日スランゴール州のPuchong で、モスク近郊の非ムスリム住民190人ほどが早朝のazan に拡声器を用いないようにという抗議を行い、モスクは1週間後に使用を止めました。JAISの理事は主張する、「国内のムスリムは他の非ムスリムの慣習と生活スタイルを決して妨害していません。多宗教社会は互いに尊敬が必要です。」

(Intraasia注:モスクの近くに住んでいたり、近くにあるホテルに泊まるとアザーンがどういうものかわかりますよ)

【Serendah欄公園は見捨てられ荒廃している】
スランゴール州のSerendah地方の海抜300メートルの地に48ヘクタールの面積で広がる Serendah 国際蘭公園は、一度は観光客をひきつけていました。しかしこの3年公園は荒れ果て困窮し人気がなくなりました。蘭公園は2001年に開発が始まり、国内初のこの種の公園だとデベロッパーは自慢し州政府は賞賛していました。当初スランゴール州農業開発公社と民間デベロッパー間での民営化プロジェクトの一環としてこの公園は開発され、デベロッパーが開発し維持することとなっていました。

人が訪問しにぎわっていたころには蘭は咲き誇っていました。当時デベロッパーは、第1期には50万本の蘭になると歌っていました。インターネットサイト、雑誌、メディアも当時この公園を紹介していました。欄公園に対する人々の期待は高く、研究施設も設置するという提案さえもありましたし、シャレーとアパートを建設して宿泊施設を作る計画もありました。4年ほど経った頃には、そういった野心的な計画と開発努力は幻想となり、その後は荒れるに任せた状態となっています。

このプロジェクトは公共の資金のまったくの浪費でした、従って今年3月の総選挙後州政権を握ったPakatan Rakyat(野党連合)州政府はこの状態をなんとかしようと決めました。2ヶ月前、州政府は労働者を派遣して公園を救済しようとしました。 最近(新聞社の)記者が現場を訪れた時、公園につながる丘陵道路は封鎖されていましたので、徒歩で急斜面を歩くしかありませんでした。そこで目にしたのはゴーストタウン状態になった光景にショックを受けました。訪問者は誰1人となく、植木鉢がいたるところに散らばっています。ほんのわずかに花が咲いていました。その地はかつての華やかな蘭公園の面影はまったくありませんでした。そこで働いている7人の労働者は言う:「毎日花に水をやっている、いつかまた成長するようにと願っている」 「2ヶ月前に派遣されてやってきた時は、公園は完全に草と潅木に覆われていた。そういう潅木を切り除くのに丸1ヶ月要しました。」 「3年間公園はまったく見放されていたので、多くの蘭は枯れてしまった。その間に蘭を持ち去った訪問者もいたでしょう。」 労働者によれば、夜間野イノシシや熊を見かけるとのことです。

その広大な地に多額の投資をして造られた公園がこんなひどい状態になっているのは恥です。州政府の農業部門開発の責任者は語る、「欄公園の将来を決めるために州理事会に2つの提案があります:公園を再活性化して維持していく、または売却してしまう。現在は最低限度の維持活動をしている。このプロジェクトは適切に行われなかった、我々現州政府は弁護士に(その当時なされた)民営化合意の契約内容を調べさせています。前州政府当時の共同事業だったからです。 」
州理事の実力者は言う、「欄公園がSerendah にあること自体が意味がない。クアラルンプールからの遠さから訪問者をひきつけないし、Serendah が蘭の地ということでこれまでも知られていない。そんな訪問者が金を払って見に行くためにそんな広大な地に蘭を栽培する必要はない。Serendah公園は売却すべきだと思う。」

(Intraasia注:自家用車がないといけない相当不便な場所ですから私は行ったことがありませんが、この蘭公園が建設されている頃数回ニュースにとりあげました、掲示板で訪問された方の書き込みもありましたね。その後とんと名を聞かなくなったのですが、やはり荒廃していたのですね。マレーシアの悪癖ともいえる、膨大な予算をかけて開発しながら数年後すると手入れが続かず、やがて荒廃してしまう。スランゴール州のpaya Indah 自然保護公園はこうして休止してしまい、また再オープンする予定だと。シャーラムの農業公園も手入れが非常に不充分だといわれてます。Serendah のような公共交通のまったくない地へ一体どのくらいの訪問者が生まれるであろうか? 公共事業としてはかなりなりたちにくいでしょうね。)

【治安法で逮捕されたウエッブニュース発信者は拘留所送りとなった】
国内治安法によって先日他の2名と別々に逮捕され、2名の釈放後も拘留されていた、インターネットウエブニュースの編集者は、ペラ州のKamunting の拘留所へ送還されました。治安法に沿って内務大臣が2年間の拘束を認める書類に署名をしたからです。検察庁の高官は、このことで警察は彼の釈放を求める法的措置にもはや対応スr権限はない、責任は内務大臣に移ったと説明しました。 彼の弁護士は主張する、「被疑者が国家の安全に脅威だということを示す証拠はありません。」

(Intraasia注:Kamunting の拘留所はこの種の治安関係で逮捕された者を拘留するいわば専門施設として知られています)

9月23日の記事

【中国乳製品の禁止措置】
中国で広範囲な乳製品にメラミンが混入している問題に関して、マレーシア保健省は中国製の乳製品、チョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートを輸入禁止措置にしました。主要スーパーマーケットチェーンは中国製乳成分を含有した製品を販売しない措置を取り始め、その仕分けをしています、ただ保健省からまだ指示を受け取っていないとのことです。

国内の主要牛乳及び乳製品メーカーであるUnilever Malaysiaと (オランダ系)Dutch Lady と (スイス系の)Nestle の三社は、製品類に使用しているミルクはオーストラリア、ニュージーランド、米国、オランダからの輸入であり、中国からの輸入ではないと、それぞれ声明を出しました。 

保健省は中国製の牛乳と粉ミルクに関してはすでに禁止品にしています、加えて乳製品、ケーキ類にも禁止範囲を拡大させました。消費者にこの種の中国製乳製品に気をつけるように、保持していたら廃棄するように忠告しています,「小売店はそういう品を販売している場合は各地の州の保健局に報告するように。」 省の担当電話 03-8883 3503

【留置所の1人当たり1日の食事割り当ては低すぎる】
留置所に留置されている人たちの食費予算は1人1日当たり RM 4.50であることに驚いたと、内閣府の副大臣が語っています。割り合いは朝食RM 0.60、昼食RM 2、夕食RM 1.90 です。「食品が値上がりした現在これはひどい。留置者がそれなりの食事を得られるように予算を上げるべきだ。」「都市部に住む一般市民は少なくとも1日RM 10を食事に使いますよ。拘留者は適切な食事を与えられるべきです」さらに副大臣は言う、「内務大臣などに拘留者食事の予算を増やすようにと話してみます。

この副大臣は先日国内治安法で逮捕拘留された野党行動党の国会議員の拘留中の食事に対する不満発言が多少話題を呼んでいるから、この副大臣は釈放された議員の事務所を訪れて面談しました。彼女(国会議員)は食事発言に関してあるマレーシア語紙は間違った引用で掲載しているとして、「犬の食事ようなものを提供されたというのは間違い記事であり、犬の食事より多少ましな食事を提供されたというのが正しい発言です。」 「この件を副大臣が気にしてくれたことはうれしい。留置所食事が向上することを願います。」

(Intraasia注:店や屋台で買って来ては3食RM 4.50の予算では絶対に無理ですね、ある程度多量に料理すれば可能かも、でも質素で代わり映えのないメニューになるでしょう。一般市民は1日に”少なくとも”RM 10を費やしているというのはあくまでも中流階級のことでしょう。朝以外は全て外食の私は”最大限でも”RM 10 に抑えていますから、毎日RM 10使えたらうれしいですな)

【日本のハイブリッド自動車を呼び込みたい】
先月発表された2009年度予算案では、ハイブリッドカーの新車輸入車に対して、輸入税を100%免除し物品税を50%免除する項目があります。そこでムヒディン通産大臣は日本マレーシアビジネスフォーラムで語る、「日本の自動車メーカーがマレーシアにおけるハイブリッドカー市場の可能性を探求してくれることを希望しています。将来マレーシアがハイブリッドエンジンの生産基地となることを考慮して欲しい。」 「マレーシアは日本メーカーからハイブリッド技術を是非習いたい。」 大臣は今年7月の貿易代表団として日本を訪れた際、Toyota とHondaの首脳陣に会ったとのことです。

【高齢者のための休養とレクリエーション施設】
クアラルンプール郊外のAmpnag地区に、高齢者のための休養とレクリエーションセンターを民間団体が建設中です。この民間団体 AUTORR は「どの民族にも偏らない非宗教且つ非利益団体です、高齢者のために精神的な健康サービスを提供する総体的なヘルスセンターであり大人のための教育センターです。」とこの団体の創始者で議長は説明する。「資金集め活動の努力の成果で建設は1年ほど早く完成するでしょう。」 

4ヘクタールの土地に工費RM 700万で建設中の施設は95%まで建設が終わりました、「あとRM 100万の資金が必要です。この施設を完成させるために一般からの寄付を呼びかけます」 議長は今年末の完成を期待しています。 
この施設は高齢者だけでなく、孤児も対象にしています、「高齢者がその経験を生かして、孤児をきちんと導いていけます。」 autorr@streamyx.com

(Intraasia注:マレーシアでこの種の施設が宗教と民族から中立であるというのは極めて珍しいはずです、どんなようすか一度訪れて見てみたいところです)

9月22日の記事

【バドミントン日本オープンでのマレーシア選手陣】
東京で開催されたバドミントン日本オープンで、マレーシア選手陣男女とも2位に終わりました。男子シングルでは、オリンピックで銀メダルを獲得したエース Chong Wei は決勝でインドネシア選手に負け2位に終わりました。女子ダブルで予想外の健闘で決勝進出したマレーシア選手2人は中国組に敗れて2位でした。

【リンギットを再度米ドルに固定させるべきとの発言】
(米国に端を発した国際金融市場の混乱とそのおかげによる各通貨の乱高下が予想される中)マハティール前首相が通貨リンギットを再度米ドルに対して為替固定させるべきだと発言しました。これに関して、ムヒディン通産相は政府はこの提案を健闘すべきだと提案しました、「1997年当時の対米ドル固定為替は現在とは違った状況下で行われたものであるが、その当時のいくつかの方策は再度使用することもできます。」

(Intraasia注:閣内になってアブドゥラ首相に多少批判的な立場をこのところ目立たせている通産大臣兼UMNO準総裁の発言です)

【富裕層向けの豪華リゾート路線をまい進するYTLホテルグループ】
西海岸の島 Pangkor Laut にある超豪華リゾートは1993年に YTL Corpがそのホテル事業の最初としてオープンして以来、世界の観光業界の賞をいくつも受賞してきました。さらに2002年にはスパービレッジもリゾートに加わり、世界の有名スパーリストに名前が載りました。Pangkor Laut に超豪華リゾートをオープンした時、同社は大胆な戦略を取って部屋代US$400 というマレーシアのリゾートとしては破格の料金を付けました。そして今日でも一番安い部屋でもUS$350を公表料金としています。

YTLホテルグループは現在各地に15軒の豪華ホテル・リゾートを有しています。クアラルンプールで最初のブティックホテルとしてRtiz-Carton を1997年にオープンし、次いでJW Mariot Hotelを買収しました。 トレンガヌ州のTanjung Jara Resort を2003年に買収してマレースタイルの超豪華リゾートに変転させました。 タイのプーケットには同社は2軒のブティックリゾートを所有しています。今年バリのイルカが観察できるという場所にスパーリゾートをオープンさせました。国内では今年1月に、同グループはマラッカに豪華ホテルMajestic Hotelをオープンしました。このホテルは元々1929年に建設された当時の富裕中国人実業家のマンションでした。その後変遷を経て朽ち果てた状態のところを2004年に同グループが買収して、大改造して歴史的価値をそなえたブティックホテルに仕上げました。

YTLホテルグループはさらにクアラルンプールで、歴史的価値を持った朽ち果てた元ホテルを大改造している最中で2009年にオープンさせる計画です。2011年にはドバイにPangkor Lautの超豪華リゾート兼スパをオープンする予定です。国内を見ると、サバ州沖の島Plau gaya とPlau Tiga にジャングルの中に建った豪華リゾートを2010年にオープンする計画です。

(Intraasia注:庶民階級にはほとんど縁のない豪華ホテル・リゾートさらには一部の富裕層向けの超豪華施設に特化したホテル事業をまい進しているYTLホテルグループですね。グループの核である複合大企業のYTL Corp は東京証券取引所にアジア企業として初の上場をした企業だそうです。)

【道路交通庁のハリラヤシーズンの取り締まり作戦】
ハリラヤ休暇時期の帰省シーズンを直前に控えて、道路交通庁は全国のバスターミナルで取り締まりに力を入れています。今月は通常より新たに700人の取締官を加えたとのことです、新人はさらに乱暴な運転のバスとタクシー運転手に対するおとり取締りにも参加する予定です。取り締まり部の長は語る、「いくつかの取り締まり成功を納めています、プドゥラヤでは違法切符売り家を12人逮捕しました。 近い将来さらに取締官が増えます、人事を扱う公共サービス庁が2000人の増員を認めたからです。」

道路交通庁は、発車前のバスに乗り込んで乗客に切符代を異常に高く買わされなかったかと尋ねることもします。さらに今週半ばから10月8日までは、バス車輛の整備面などに検査主力を移します。「タクシー運転手を取り締まるために乗客になりすまして調査するための資金は十分あります。この取締りは、クアラルンプール、ジョーホール、スランゴール州、ペナンで行います。」

(Intraasa注:この種の取り締まりは1年を通じてやってくださいな。別の新聞は書いています、プドゥラヤでは取締りがきつくなったが、ターミナル外などでは依然として切符ダフ売り家の暗躍が続いている、などと記事にしています。20年ぐらいはこの種の悪行がはびこっているプドゥラヤがそう簡単に”きれいに”なるとは思えませんね)

9月21日の記事

【ジョーホール州沖の海上でディーゼル油の密輸出活動】
インドネシアのバタム島からマレーシアにやって来て物々交換取引をしている船が、ジョーホール州沖の領海内でマレーシア海洋取り締まり庁(沿岸警備隊)にそのディーゼル油密輸を摘発されました。情報かつどうに基づいて庁が捜査していてこの船の活動を見つけたとのことで、パナマ船籍のタンカーへこの船から転送されていたディーゼル油 7万リットルは価格RM 17万に相当します。「我々が午前3時半頃到着した現場はTanjung Setapah 沖5kmです、」と庁の指揮官が説明する。

この物々交換船の乗組員8人は逮捕されましたが、身分証明書類を携帯していません。 タンカーには乗組員が2人しか当時いなかったとのことです。「しかし乗組員名簿には11人が載っている。」 ので、マレーシア人の関与の可能性も否定し切れません。 取り締まり庁は序ジョーホール沖南方海域を今後もパトロールします。

(Intraasia注:マレーシアのディーゼル、ガソリン類の公定価格の安さからこの密輸活動は以前からそして今後もなくならないでしょうね。単に10人ぐらいのささやかな活動ではなく、ある程度の組織が常態的に行っているかのように思えますね、そしてごくたまに見つかってニュースになる)

【弁護士協会が治安法廃止決議】
弁護士協会は臨時大会をクアラルンプールで開催し、国内治安1960年 の廃止を決議しました。その他決議された事項は:
最近治安法で逮捕されたウエッブ主催者を含めて、すべての拘留者を即時無条件で釈放すること
一般紙2紙と政党機関紙1紙に対して、内務省の出した理由開示命令書の発行を批判し、同時に撤回を要求する
治安法の他に、起訴することなく被疑者を勾留できる、緊急法令、危険麻薬法などの廃止を求める
などです。 月曜日にアブドゥラ首相に手渡されると、弁護士協会議長は語りました。

【先住民族の生得権利】
マレーシアのメディアではマレーシアの先住民族の立場に関してかなりの数の記事が載せられてきました。 先日クアラルンプールのセントラルマーケット別館で先住民族の奮闘に関する集会が開催されました。先住民族代表が集まってそれぞれのコミュニティーの問題を話しあい、覚書の草案を起草しました。そこで政府の相変わらずの態度に失望した全国の先住民族の代表約150人が、より上の権威筋に助けを求めました、つまり国王です。 それぞれの民族着を身に付けた人たちが、セントラルマーケットを出て、覚書を手渡すために王宮へ歩いて向かおうとしました。しかし警察がその行進は無許可であるとして、中止させました。

その後覚書は、マレーシア先住民族ネットワークのによって王宮に渡されました。このネットワークは全国の21の先住民族組織の連合体です。ネットワークの議長は語る、「全国各地からやってきたのに、行進が停止させられて残念でした。」

マレーシアの先住民族は80ほどあると言われています。半島部の先住民族は一般にオランアスリと呼ばれています。その集会で先住民族の人たちが訴えるものは、まるで別の国のことを語っているかのようでした。 国家の独立した機構である、人権委員会の議長は開会で語る、「先住民族からその先祖代々の地に関する権利についての多くの苦情を受け付けている、例えばサラワク州のpenan族です、彼らの土地がある会社に渡されてしまった、そこで人権委員会は州政府に反対を伝えたが耳を貸さなかった。先住民族の貧困を撲滅するために福祉の施しに強調が置かれているがそうではなくて彼らの土地の権利を認めてあげることです。」

サラワク州の主張グループBrimasの理事は語る、「サラワク州には先住民族の生得権を認める法律が幸運にもあります。でもその法律解釈は一般大企業寄りです。」 サラワク州DayakIban協会の書記長は主張する、「我々の先祖は何百年もの間この地で生活し漁をしてジャングルで採取してきた。しかしなぜこういった会社がやって来てそういうのを持ち去るのか?」 州政府は主張する:先住民族の生得権利は栽培されている土地だけに限定される、と。 しかし先住民族は主張する:権利とはもっと広範囲です。

オランアスリ運動でよく知られた人物 Nicholas は言う、「(独立前の)白人王Brookeの時代はサラワク州の土地生得権を認めていた、しかし現在の州政権は生得権を認めようとしない。」

(Intraasia注:先住民族はブミプトラと定義されています、しかしその状況は同じブミプトラであるマレー人に比べればぐっと少数であり且つ何十もの民族・部族に分かれていますから、総数の面からインド人を上回るとはいえ、一つのまとまった勢力とはなりにくい。半島部ではマレー政治が支配勢力であるのに対して、サラワク州では形は先住民族が主体で州政府を構成していますが、生得権利、慣習土地の権利擁護の声は小さいままのようですね)

9月20日の記事

【国内治安法で逮捕された女性議員が釈放された
1週間前に国内治安法で逮捕され拘留されていた、行動党のクアラルンプール選出国会議員兼スランゴール州州議会議員(女性)が釈放されました。警察庁副長官は、彼女は公共の安寧に脅威をもたらしていない、これ以上拘留している必要がないと説明しました。内務大臣はこの議員の釈放に関して説明する、「警察は彼女の容疑を立証することができなかったからでなく、国の治安に脅威ではないと満足したからです。これが彼女を逮捕した原則であり、それによって警察は釈放した理由であると私は思う。」 「被疑者を釈放する前に警察は内務大臣に相談する必要はないので、今回警察は私に相談しなかった。 彼女が釈放されてから知らせを受けた。」

野党議員を治安法で拘留するのは人権侵犯と見なされるという米国政府筋の判断にして関して、内務大臣は語る、「政府は国民の利益を守っています。わが国は米国との二国間関係を良好に保っているが、米国の同意を得なければならないということにはなりません。」

ナジブ副首相はこの議員の釈放を歓迎して、彼女の釈放は逮捕に関する大騒ぎを沈静させることに役立つであろうと、述べました。Barisan Nasional(与党連合)の構成政党である、民主党の総裁代行は、国内治安法は廃止できなくても改正はすべきである、そして乱用だと広範囲に見られているできごとを防ぐべきです、と語る。

行動党は同党議員の釈放を歓迎し、これまで主張している国内治安法の廃止をさらに訴えています。さらにまだ拘留されているインターネットサイトの主催者の釈放を当局に訴えています。

(Intraasia注:これだけ社会の関心をあつめた逮捕拘留の件でも、警察は内務省つまり政府に事前に相談しないということが、私の関心を引きますね。)

【釈放された女性議員のことば】
釈放された議員は語る、「私の逮捕と拘留は違法であることから、政府を訴えるように弁護士に指示しました。」 さらに彼女は、マレーシア語紙Utusan Malaysia とそのコラミスト、さらに前スランゴール州州首相を犯罪的名誉毀損で訴えるために9月14日に警察訴え報告を出したことを明らかにし、さらに「3者を裁判所に訴えます 。」

拘束中の警察の尋問に関して彼女は説明する、「地域のモスクの祈り呼びかけ知らせ azan の声に対して地域住民グループを集めて反対の申し入れたというのは事実ではない、スランゴール州イスラム教発展庁の予算の30%は非イスラム教団体に回すべきだと声明したというのは事実ではない、とこの2件に関しては私は否定しました。もう1つの件である、クアラルンプールのごく一部で表示されている jawi 文字による道路名表示に関する件では、その地域住民の声に基づいて1月か2月に反対したことです。住民は予算のムダだと反対していました。」

(Intraasia注:主たる逮捕理由が興味深い点です。治安法逮捕というとテロとか暴動やそういうことを扇動したというように捉えがちですが、今回の場合はそんなこととは程遠いことだとわかります)

【ペナン州で全州無線ブロードバンド化プロジェクトが発足】
ペナン州は州内における”ペナン州無料WiFi” を立ち上げました。これはペナン州内で無料の無線ブロードバンド接続を提供するサービスという州プロジェクトの発端になります。開始式で州首相は述べる、「ペナン州は州内全てをブロードバンド接続するという大胆な手段を取ります、このプロジェクトを18ヶ月から24ヶ月で完成させたい。」 「これは民間主導100%のプロジェクトであり、州政府はほとんど支出しません。このプロジェクトにおける健全な競争を奨励するために資格ある産業界の方は誰でも歓迎します。」 「連邦政府が計画している全土のブロードバンドプロジェクト、予算RM 113億、とは別個のものです。」

”ペナン州無料WiFi”は現在 REDtone 会社、Hotgate Technology 会社が率先しています。これらの会社が無線アクセスポイント 750箇所を建設するとのことです。「4週間後ぐらいすれば Queenbay Mall で使用できるようになり、その後Macalister,Buma 道路など、GurneyDrive, Bukit Jumbu ショッピングセンターなどに拡張していきます。」 とRedtone の社長は語る。 接続スピードは平均 10Mbps の予定です。 両社の投資額はRM 1000万の計画で、今後の広告収入を見込んでいるとのことです。

(Intraasia注:無料とは結構なプロジェクトですね。名目であれ、10Mbps とは速いですなあ、ちなみに私の契約速度は 560Kbps です)

【AirAsiaの日本発のニュース】
(準国営ともいえる)Bernama通信社の配信記事の形で、AirAsiaは来年日本との路線を開始することを、同社の経営最高責任者が東京で記者会見発表しました。発着空港はまず羽田を考えており、次いで茨城空港も考慮している、その後札幌、名古屋、大阪、福岡とも路線を設けたいと希望を語りました。運賃は、現行他社航空会社の半分ほどを計画しているとのことです。

(Intraasia注:当サイトが何年も願っているAirAsia の運行が計画通り実現しますように、羽田だけでなく各地との間にも週に1便くらいは欲しいですよね)

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 321.3 入手します。

9月19日の記事

【鶏肉と鶏卵の価格】
マレーシア畜産農家協会連合の議長によれば、連合と当局の間で会合が持たれ、連合はこの休暇シーズンにおける消費者への供給は十分であると保証しました。その席で、連合側は鶏肉の価格をキログラム当たりRM 7.50、鶏卵Aクラスを1個当たり34セントに設定するように申しいれました。現在の市場価格は鶏肉がRM 7-7.5、鶏卵が30-35セントです。今後需要は数パーセント増えると生産者側は見ています。

(Intraasia注:鶏肉は高いのでめったに食べませんけど、基準価格食品ですからこの種の品は値上がりしないで欲しいですね。とにかく食品の値上がりが目立つこの1,2年です)

【KL株価指数が重要な基準点を下回った】
クアラルンプール証券取引所(Bersa Malaysia)の株価指数が、その節目の数字である1000を2年ぶりに割りました。これは米国を中心とした世界の金融界の混乱に加えて、国内の政治状況の不透明感を反映したものです。

【クアラルンプール圏の公共交通網計画に物申す利用者グループ
政府はクアラルンプール圏の高架電車LRTの路線延長または新規路線建設計画(まだ最終決定ではない)を今年発表しました。新規:Kota Damanara- Cheras 、延長:Kelana Jaya路線とAmpang路線。 しかしながら公共交通に関して意見を出しているグループからは批判の声が出ています、それはクアラルンプール圏交通に関して全体的アプローチに欠けているというものです。 最近組織された公共交通網活動家グループや消費者団体は主張する、高架電車路線の建設費用は高価すぎてその反面利点は少なすぎて、それを正当化できないというものです。「 電車駅との接続性が確保されてないのに新たに路線を建設するのは意味ない。人は路線近くに住みたい。さらに駅の周囲に駐車場が必要な点を考慮してない。」とグループは批判する。

皮肉なことに解決策として政府は高架電車網の拡張だけを言及しています。KTMコミューターの向上を多少歌っているだけで、RapidKLバス網に関してまったく触れていません。公共交通網活動家グループは主張する:大量公共交通システムの補完として(バスを使った)ハイウエー・自動車道路の利用が含まれるべきである、さらに郊外の人口密集した地とバスターミナルを結ぶ周回バスと主要な乗り換え地点にバスターミナルの建設など、ラッシュ時間にはバス専用レーンの設置が唯一渋滞から逃れる方法である、これは各国で採用されており、最も効果的で費用が節約できる、など。

政府は10年ほど前に、クアラルンプール圏の公共交通網を一体的に管理運営する機構の設立を示唆しましたが、現実にはなにもなされてきませんでした。「もしこの統一的な機構があれば、首都圏のバス全体を監視し、路線を見直し、適切なハブと周回網を作れます。」 クアラルンプール圏の公共交通網を包括的に捉える基本計画の必要性がひしひとし感じられます。

(Intraasia注:まことにクアラルンプール圏の公共交通網は付けたしまたは一時しのぎ的に作製され実施されてきました。とりわバス網はRapidKL と民営バス各社が協力していないし、不必要に路線が重なったり、逆に路線がなかったり便が少なすぎたりしています。市民の意識が公共交通重視でないため、バス専用レーンの実施が不可能であり、バス停に対する利用者のため意識欠如です、ですからバス停前を勝手に占拠したり、屋根がなかたりするわけです。高架電車の駅すぐ周囲にどこも十分な駐車場を作れという理不尽な要求が目に付きます、地価が高く且つ空き地のない地区にそんなことは不可能です、こういう人たちの車主体意識が変わらない限り、バスと電車利用は、”貧乏人のため”という概念の変化は遅々としていますね。徒歩、自転車、周回バスの利用が解決策であるという都市住民の意識変化がない限り、単に多少電車路線を拡張しても恩恵はその路線直近の人にしかでてこないのです)

【サバ州地元小政党がBarisan Nasional(与党連合)から離脱】
サバ州だけの地元政党である サバ州進歩党がBarisan Nasional(与党連合)から離脱すると宣言しました。同党はサバ州に2人の国会議員と4人の州議会議員を擁する華人主体の政党です、同党の一部はこの決定に反して離党すると見られています。サバ州とサラワク州の地元小政党を加えて14党からなるBarisan Nasional(与党連合)から政党が離脱するのは、近年では始めてのことです。

【理数科目を教える教師側の事情と考え】
小学校での理数科目の英語媒介教育に関して華語紙は伝える:マレーシア華語教育センターの無作為調査では、小学校で実際に理数科目に英語を使用している教師は10%に過ぎない、90%の教師はマレーシア語または華語を使っている、そういう教師は理数科目を英語で教えるのは実際的でないと思っている、さらに調査では20%の教師は英語教えることに自信がないと答えています。 マレーシア華語教育センターは、理数科目は小学校ではそれぞれ華語またはマレーシア語またはタミール語といった民族語で教えるべきだという立場を堅持しており、ただ中学校では英語媒介も認めるという立場です。

(Intraasia注:この件に関しては、マレー界と華人界が双方の思惑は違うにも関わらず理数科目の民族語教育に戻せという主張は同じです。そして双方の中には英語媒介教育続行さらに強化論も根強くあります。しかし現実は英語環境にない家庭の子供や教師の事を軽視していることをこの調査でも示していますね。高等教育では理数は英語主体であるのは事実です、しかし高等教育を受ける生徒はまだ少数派です、そういう生徒がなぜ理数科目を英語で習わなければならないかの、根本的発想自体が歪曲された現状ですね。英語紙の論調だけを見ていてはこの問題の実態はわかりませんね)

9月18日の記事

【兼務大臣職を交換した首相と副首相】
アブドゥラ首相はその兼務している財務大臣(大蔵大臣)職をナジブ副首相に譲りました、そしてナジブ副首相が兼務していた国防大臣職をアブドゥラ首相が兼務すると発表しました。 この兼務職の交換は、両者間で合意している政権移譲への一部であるとアブドゥラ首相は説明し、「我々は2人ともこの委譲計画に責任を持ち、委譲計画はすでに党の指導者陣に話しています。(2010年中頃の約束期限までに)、少しづつ私の職務を彼に譲っていきます。」 首相は委譲期が2010年より早まることはあるかもしれないが、2010年を過ぎてしまうことはないとして、「政権委譲は柔軟であり、私が決定します。」

記者会見に同席したナジブ副首相は、首相が自分(ナジブ副首相)を信頼していることとその委譲計画に感謝を語りました。「財務大臣職を首相が兼務するのは政府の慣行です。重要な件では首相の意見を求めます。」 ナジブ副首相は通算すると 14年ほども国防大臣職にありました。

アブドゥラ首相はPakatan Rakyat(野党連合)の指導者アンワルに関して、「彼はマレーシアの経済安定に関する偽の情報を世界に撒き散らしている。投資家にマレーシアは投資するに良い国ではないなどと言っている。マレーシアは依然として外国からの直接投資を引き付けており、世界におけるマレーシアの競争度ランクは23位から19位に上がりました。 アンワルはマレーシアの肯定的な発展面を無視しています。」  首相はアンワルは国家の治安と経済に脅威となっていると、語りました。

【教員不足解消に向けて35000人を雇う計画】
教育省は小学校と中学校で教員が非常に不足している現状を向上させるために、35,000人を新たに雇用すると教育副大臣が記者会見で述べました。現在の教師対学級数は 15対10なので、これを17対10に向上させます。「これは教師の負担を軽減する方策の一つです。と彼は 教員組合の代表74人と会合の後語りました。英数科目の英語媒介教育に関して、「田舎地方の生徒だけがこの英語媒介に苦しんでいます、さらに十分な英語を駆使して教える教員も不足しています。この弱点を省は気にしています。」 「このことで教師が全ての責任を責められるべきではありません。」

(Intraasia注:教員の不足はずっと言われ続けていますね、でも国民小学校よりも華語小学校とタミール語小学校の教員の方がより不足しているといわれています)

【PosLaju と DHLの共同国際宅配便 】
PosLaju と 国際クーリエ会社DHL は共同で行う新しい国際宅配サービスを開始しました。この新サービスは小売業界、中小企業界を主たる客層に考えており、PosLajuの社長は、良い反応があるだろう、とりわけマレーシア、シンガポール、日本からの良い反応を期待していると語る。 「PosLajuが他の国際クーリエ会社と共同でこの種のサービスを初めてです。」

両社の合意書に寄れば、DHL が顧客サービスを提供し且つ24時間の追跡情報サービスも提供します。 この新サービス POSPRIORITY Ekspress サービスを当初扱う PosLaju センターです: Kompleks Dayabumi, Brickfields, Klang, Penang, Johor Bahru。 来年これを全国のPosLajuセンターに拡大予定です。 POSPRIORITY Ekspress サービスは3種の専用箱があります: 5Kg, 10Kg, 25Kg

(Intraasia注:マレーシアでは、いわゆる郵便局の急行郵便物 EMS を扱うのはPosLaju です。宅配時間に関して、これまで国際クーリエ会社の便ほど特級ではなかったようですが、今回のサービスでどうなるのでしょうね、料金は記事に載っていません)

【武装誘拐グループ】
警察は、4年ほど追跡していた誘拐グループをほぼつぶしました。悪名高いこのグループは人質の家族から身代金RM 100万から5000万を要求していたとのことです。警察庁の重犯罪部門の長は説明する、「最も高額な身代金が払われたケースはRM 800万でした。」

今回のペナンやスレンバンなど各地での特別捜査で、21歳から41歳までの容疑者16人を逮捕し、内3人は女性です。その際何丁もの銃と多くの銃弾、いくつもの手榴弾、手錠などを押収しました。当初の捜査でこの誘拐グループはスランゴール州、ジョーホール州、クアラルンプールなどで活動していました。誘拐された者は身代金払いの後無事釈放されましたが、中には危害を加えられて被害者もいました。

(Intraasia注:被害者の家族が警察に通報しなければ表ざたにならない、誘拐事件ですからね。少なくとも4年はこのグループは暗躍していたことに成りますね。それにしてもいくつも銃と手榴弾まで所持していたということは、資金的に豊かなグループであったのは間違いないでしょうね)

9月17日の記事

【Pakatan Rakyat(野党連合)の政権乗っ取りを幻想と批判するアブドゥラ首相】
Pakatan Rakyat(野党連合)のアンワル元副首相が公言してきた政権乗っ取り日の9月16日に、アンワルは記者会見して、乗っ取り期限を後倒しすることを明らかにしました、「政権の円滑な移管のために期限を延ばします。我我に鞍替えする与党連合議員の数は十分あり、アブドゥラ首相と会見することができればそのリストを首相に見せます。これはムダ話ではありません。私は自分の話を完全に責任を持ちます。」

一方アブドゥラ首相は記者会見で、「アンワルの主張は幻覚であり夢です。彼が乗り換える議員の名簿を持っているとは思わない。もし本当に名簿を持っておれば、彼は国民にそれを公開出来ます。」 と述べて、アンワルとの会見を拒否しました。さらに与党連合の議員が鞍替えしたら国内治安法で拘束されるかもしれないというアンワルの発言を、「そんなことをするのは気が狂っている。」 「彼の言う乗っ取り期限日は変わり続け、最後には何もおきないことがはっきりしています。」

(Intraasia注:はっきり言って面白い現象です、少数派のPakatan Rakyat(野党連合)が議員の鞍替えで政権を取ると公言し、ほとんどの人がそんなこと起き得ないと思いながら、ずっと大きなニュースになってきた、それでもまだ続きそうという現象が面白いわけです。)

【MCAは党として治安法適用逮捕に反対する】
華人与党 馬華公会は、その中央委員会の決定で党として、国内治安法で逮捕され拘留されている2人の釈放の声明を出しました。「2人はもし証拠があるのであれば、他の法律で捜査し法廷に起訴されるべきです。今後また治安法の乱用を防ぐために、我が党は治安法の根本的に見直しを求めます。テロリズムと破壊分子だけに適用するようにします。」  「新聞記者を逮捕したのは全く不必要なことでした、その逮捕理由は全く受け入れられません。」

【第2ペナン海峡橋建設プロジェクト開始の遅れ事情】
ペナン州島側 Batu Maungと本土側 batu Kawang を結ぶ、第2ペナン海峡橋建設に関して、建設条件などに基づいてこのプロジェクトを引き受けるか引き受けないか2週間の猶予期間中に決めなさいとの通知が政府の特別設置機構から、UEM グループに送られました。 この条件ではRM 13億の契約がUEMの付与されます。もしUEMが引き受けなければ、条件付の建設入札を行うことになります。

Batu maung ではごく初期の建設作業がすでに開始されています。中国の中国港湾エンジニアリング会社が細部を詰める2ヵ月後には、本格的工事に入る予定です。同社は橋の副構造部門の建設 RM 23億、の契約をすでに交わしています。「橋の下部に関する工事は全て中国港湾エンジニアリング会社が請け負う」とのことです。総額RM 43億の第2ペナン海峡橋建設プロジェクトはすでに遅れており、新たな竣工時期は2011年末となっています。

【司法大臣に該当する職を辞職】
実質的な司法大臣が提出した辞任届けを認めると、アブドゥラ首相が明らかにしました。一方辞任した本人(UMNO党員で上院議員)は記者会見を開き、彼の進めようとした司法制度改革に対して、内閣とUMNO党からの反対が非常に強かったことを明らかにしました。

(Intraasia注:病気とか検察に起訴されたというような場合を除いて、マレーシアで大臣が意見の違いで辞任する例は極めて極めてまれなことです)

【マレーシア製作のタミール語映画】
マレーシア際製作のタミール語映画 Vikrant の公開が始まりました。殺人事件のまつわるスリラー映画とのことでコンピュータグラフィックも使っています。Lotus Five Star 製作、Doraisngam 監督の作で、主演はSri Kumar です。「マレーシア人映画ファンはコピー版を作らないようにして地元製作映画界を支持してください。」 と監督は語る。

(Intraasia注:近年ごく少数ですが、タミール語映画も製作されていますね、私はまだマレーシア製作を見たことがありません)

9月16日の記事

【話題になってきた政権乗っ取り構想の期限日]
Pakatan Rakyat(野党連合)は15日夜、スランゴール州KealanaJaya スタジアムで、マレーシア成立45周年を祝う大きな集会を開きました。Pakatan Rakyat(野党連合)の指導者であるアンワル元副首相は、総選挙が終わってから、9月16日には政権を取るとずっと言い続けてきており、「政権の円滑な移行を話し合うために、アブドゥラ首相との会見を申し込んである。」と述べました。 集会には行動党のペナン州首相や公正党のスランゴール州州首相ら 野党連合の幹部がたくさん出席しました。

一方アブドゥラ首相は公正党指導者のアンワルの言を冷笑して、「迷惑で非常識」だと揶揄しました。「人々は、政府が覆させられるというその思惑に非常に心配した。 我が政権は堅固なままです。」 アンワルは与党連合Barisan nasional の議員が30名はPakatan Rakyat(野党連合)陣営に鞍替えすると言っていました。

(Intraasia注:こんな非現実的な政治発言を、半信半疑ながら心配した与党陣営ですが、その内部からも非難が出ていました。反面この政権乗っ取りをマスコミを通じて大々的に広めたアンワルの誇大な影響力があったのは事実でしょう。しかし9月16日の乗っ取りは大言壮語に終わることになり、今後はどう展開していくかですね)

[アブドゥラ首相の政権維持力]
アブドゥラ内閣の法務担当大臣は、国内治安法適用による3名の逮捕に批判の声明を出していました。その後15日にこの大臣はアブドゥラ首相に辞職の手紙を提出したましたが、首相は辞職を受け入れず、休暇を取りなさいと言われたとのことです。

アブドゥラ首相はナジブ副首相と2人だけで数時間に及ぶ話し合いを行いました。これはアブドゥラ首相が提案して党執行部内では既定となっている2010年6月の政権移譲方針に関して、ナジブ副首相が数日前多少ニュアンスの違う発言をしたことから、憶測が飛んでいました。

(Intraasia注:アブドゥラ首相の政権維持力が緩んでいる様相はあっても、依然として党首脳の言行は支持一色であり、さらにマスコミのアブドゥラ首相支持基調は変わりませんね)

【小学校理数科目での英語媒介を見直す声の増大】
(全国で2003年から順次1年生を始めに、小学校の理数科目での英語媒介教育が行われてきました。この英語を用いての理数教育には各民族の中から常に反対論があります)38の非政府マレー系団体・組織が理数科目はマレーシア語媒介教育に戻すべきであると政府に訴えて、覚書を政府に送りました。小学校6年次の全国試験で、理数の2科目で不合格に値する、DとE の段階を取った生徒が14万6千人でたとのことで、これは理数科目の基本が理解されてないことになります。全国作家協会連合の幹部である教授は主張する、「試験の結果とこれまで行ったいくつかの調査から英語で教えられている理数科目を30%の生徒が理解できていない。」 

(Intraasia注:英語崇拝者を喜ばせてきた、英語生活に程遠い層には圧倒的に不利なこの愚かな教育政策は、マレー界と華人界の双方の中から反対が根強くあります。しかしこれまで反対は軽視されてきたのですが、6年目の最近少し風向きが変わり、教育大臣が見直しを示唆するような発言をしています。この記事の内容もそれを示すできごとでしょう)

【クアラルンプール圏の最高級住居は尚増え続ける】
クアラルンプール圏において、購入単価 平米当たりRM 3900以上の最高級住居(コンドミニアムタイプ)の現在の供給状況を地区別割合で示すと:
KLCC地区 33%、Mont Kiara/Sri hartamas 地区 34%、 Bangsar 地区 18%、 Ampang Hiller/U-Thant 地区 8%、 Damansara Heights地区 5%、その他2% 
近い将来この割合において、KLCC地区がぐっと増えて43%になるとの予想です。 不動産コンサルタント会社の推計では、この最高級住居は現在 約2万ユニット、 建設中が14000ユニットあります。

(Intraasia注:100平米でRM 50万ぐらいはする、こういう不動産はデベロッパやアナリストの書く記事を見ると、世の経済状況に余り関係なく一定してあるようですね、だからたくさん今後も建つようです。地区名のブランドはどこの国でも強いでしょうから、マレーシアでも同じですな、KLCC Mont' Kiara なんていう地名はそれだけで高級感を呼びますからね)

[熱帯シマカがウイルスを伝染することで発病するデング熱]
デング熱の症状
熱が3日以上、7日ぐらいも続く
皮膚に赤みが発生、その中には白い部分がある
腹部、頭、関節の痛み
血を吐く、または歯磨き時に血が混じる
身体に寒気を感じる
尿の量が減る
出血を伴うデング出血熱はデング熱患者の少数に発生するだけで、大多数は出血まで至りません。しかし医者も親も出血にまたは起こしそうなショックに用心深く気をつけなければなりません。

(Intraasia注:マレーシアで全国を通じて、さらに都市部でも、ごく発生数が多いのがデング熱です)

9月15日の記事

【国内治安法適用に賛成する団体や組織の声】
国内治安法で逮捕された行動党の女性幹部であるクアラルンプール選出国会議員兼スランゴール州州議会議員に対して、いくつかのムスリムまたはマレー人団体・組織が警察訴え届けを、クアラルンプールのSentul警察署に日曜日に出しました。訴え内容は、Kota Damansara, Sri Serdang, Puchong jaya のモスクが行う祈り前の呼びかけ Azan に対して彼女がそれを禁止させようとしたというものです。訴えた組織は4つ: マレーシアムスリム消費者協会、イスラム教のNOである 遺産協会とマレー文化団体とPewaris です。

その代表は語る、「我々は届けを出したので、警察は調査ができます、彼女の声明は民族的敵意を生むことになると心配するからです。」 マレーシアムスリム消費者協会の事務局長は言う、「我が組織は治安法適用の逮捕を支持します。この拘留が示すのは、政府は民族的敏感なことと憲法に関して黙っていないという証明です。こういった事柄は重視されるべきです、なぜならもし無視されれば、民衆の間に憎悪を巻き起こします、とりわけマレー人の間にです。マレー人の特別地位に関してある人たちはしばしば問題にするからです。」

一方行動党書記長兼ペナン州首相は、記者団に語る、「逮捕された女性議員への非難は根拠のないことだと判明しています。2箇所のモスクから、azam の音量を下げるようにという訴えに彼女は全く関わっていないという申し出があった。」 として改めてこの女性議員の即釈放を主張しました。

(Intraasia注:今日のマレーシア語紙Utusan をさっと見たら、こういったマレー人組織またはムスリム団体の治安法適用当然といった論がかなり目立つように載せられていました。そして警察への訴え届けのこともです。華語紙とはかなり違う紙面構成ですね、どちらかだけを見ていては、状況把握を誤るのではと思えるぐらいです。この新聞の記事からで少し前から注を入れてますように、マレー界にもともとあるマレー権益堅持意識とマレー民族主義がこのところとりわけ高揚されて、マレー界の中から強烈にそれを訴える声が示されています。よって多少でもそういった権益を侵害するような言論とか誤解を招きやすい言論は強烈な反応を受ける面が出ています。)

【国内治安法適用に反対するアブドゥラ内閣の大臣もいる】
治安法を適用した3人の逮捕拘留に関して、アブドゥラ内閣の6人の大臣が疑問または批判意見を公にしています。UMNO党員で実質法務職大臣は(マレー人)、「治安法の適用はすべきではない。この法律は本来の目的である、武装テロリストや武闘反政府組織に対してだけ使うべきです。」と主張する。内閣府のサバ州出身大臣は、「3人の逮捕は政府を悪い立場に置いてしまいます。きちんとした説明を国民にすべきです。」 国内取引と消費者省大臣(UMNO党員)は、「治安法は必要だが、もっと注深く使うべきです。」 

アブドゥラ内閣で大臣職に就いている、馬華公会の2人の大臣はいずれも治安法適用に反対を表明しています。さらに内閣で唯一のMIC党大臣(インド人)も反対を表明しました。

【KLIAで手荷物カバンを盗まれた乗客の投書から】

8月の終わりにクアラルンプールからバンコクへ向かうためKLIA空港を利用しました。チェックインカウンターのG列でチェックイン手続を待っていました。機内預け荷物とノートパソコン、カメラ、クレジットカード、現金など全てを入れた手荷物用のトロリー付きカバンを持っていました。混んでいたので30分は並んでいました、次の番になり、機内預け荷物をカウンター横に置き、次いで手荷物カバンをと思ったら、それが見当たりません。驚いたことに誰も私のカバンを取った奴を見ていませんでした。

私はチェックインカウンターの係りに助けを求め、案内デスクへ私は連れて行かれました。そこで話をしたら保安係りへ行くように言われました。盗んだ奴は間違いなくまだターミナル内にいるという私の主張にもかかわらず、保安係りは私を助けてくれません。警察へ行って届けを出すように言うだけです。そこですぐに空港内警察へ行きました。警官の質問の最初は、私が盗難保険に入っているかどうかでした。そこで入っていると答えたら、損害を取り戻すために保険申請できると警官は言いました。私は盗んだ奴を見つけるために手助けして欲しいと頼んだのですが、警官は席を立とうとしませんでした。警官は私に訴え届けに記入するようにと言い、その後コピーを手渡し、何かわかったら私に連絡すると約束しました。

私の連絡で友人が空港に駆けつけて、保安係りに監視カメラの録画を見せてくれるように頼みました。しかし驚いたことに、カメラは機能してないとわかりました。世界の優良空港の1つといわれているのに、まったくばかげたことです。 私は全てを失いました、何年もかかって仕上げた仕事の資料もそのなかにあります。空港内にはそんな盗難を手引きする奴がいると思わざるを得ません。私は15年以上に渡って旅行してきており、年間25回くらいは国外へ出ます、しかし盗まれたのはこれが初めてです。
私を失ったこと以上に落胆させたのは、当局者の全くの非協力でした。
インドからのマレーシア訪問者(投書主)

(Intraasia注:この場でも数回載せましたように、KLIAの監視カメラの中には録画機能が付いてないのがあります、この投書ではカメラ自体が稼動してなかったようですが。KLIAの担当者の義務的な対応に腹が立ち落胆した様子がこの投書から伝わってきますね、皆さんも覚えて置いてください。ただKLIAに限らず、自分の脇に置いた手荷物カバンが盗まれるようは話は世界に一杯あるはずです、入国前の空港内は決して気を許すべきではない場所ですね。ノートパソコンをカバンに入れるのは当然としても、現金やカードを手荷物カバンに入れること自体は不注意というべきでしょう。この種の物は常に身体に身につける、そうすれば置き引き、置き忘れ、引ったくりによって失うことはないのです)

9月14日の記事

[タイ深南部] ブログ村キーワード
【治安法で逮捕された女性記者は釈放され、内務大臣が釈明記者会見】
国内治安法で逮捕された3人の内、華語紙 星洲日報の女性記者は約24時間後に釈放され、ペナン州の自宅に戻りました。

内務大臣は警察庁本部内での記者会見で説明する、「警察はこの女性記者の身が危険だとの情報を得たので、治安法によって彼女を逮捕した。」 大臣は3人に対する治安法適用逮捕に関して、自己の関与を強く否定しました、「この逮捕は警察自体が現状を考察した結果、行ったものです、警察は、争いが起きかねない、公共の秩序が乱れかねないと信じるにたる、強い且つ十分な理由があったからです。警察は私(内務大臣)に指示をあおぐ必要はありません。警察の判断力とできごとの評価からです。」 

「私は政治家で大臣です。もし私が警察の動きに干渉を始めれば、人々は私に政治的動機があるからだと言うでしょう。間違ったメッセージを送ることになる。私には干渉できません。」 「警察の行動に同意する市民もいるでしょうし、反対する市民もいましょう。しかし警察が一番適当な判断を下す立場にあります。」 「女性記者はUMNO地元支部長の発言を最初に書いた者なので、まず直接彼女から情報を取りたかったのです。警察は必要なことがわかったので、翌日彼女を釈放しました。」 なぜ警察はその記者を治安法で逮捕する替わりにその記者を呼んで事情聴取しなかったのかとの質問に、「警察が記者に関するときはいつもこれが問題になります。」

情報省大臣は治安法による逮捕に関して、「警察は国民にその逮捕理由を説明すべきだと思う。政治家が発言するのは不適だと思う。警察が答えるべきでしょう。」

行動党のクアラルンプール選出国会議員の逮捕に関して、大臣は言う、「彼女はムスリムのお祈りといった敏感な問題に関して問いを発したからです。それが悪意を生み調和を乱します。」 民族差別発言したUMNO地元支部長はなぜ逮捕されないのかの問いに、「UMNOはすでに彼を党員資格の3年間停止にしました。」と大臣は答えました。

行動党の(有名な)林相談役は言う、「女性記者の身を守るためという内務大臣の説明はばかげている。仮に記者の安全を守るためにという新条項を加えるのであれば、国内治安法を改正するために国会を召集する必要がある。とにかくこういう解釈は治安法の目的ではない。 残る2人の被逮捕者も無条件に即釈放すべきです。」 行動党書記長でペナン州州首相 冠英は言う、「マレーシア人を拘留することでマレーシア人を守るなんてことはできません。我が党国会議員兼州議会議員が逮捕されたことで我々は非常に怒っています」   

PAS党の書記長も3人の国内治安法による逮捕を強く批判しました。 逮捕された女性議員の弁護士は言う、「彼女との接見は警察に否定されています。警察の外から姿を見ることができました。」 Pakatan Rakyat(野党連合)下にあるスランゴール州の首相はいう、「議員を治安法で逮捕するのは何の解決にもならない。国に悪名をきせるだけです。」 「彼女は州レベルでの論議においてどの民族にも偏見を見せていません。」

(Intraasia注:先月かな、この場でマレーシアでの警察の権力の強さは想像以上だというようなコメントを書きました。長年見聞してきただけでなく最近のニュースを見ていて益々そう思うようになり、今回のこの逮捕劇では、図らずも内務大臣の言がそれを証明しているかのようです。もちろんその根には政府与党である支配勢力の意向と支持があるのですが、現場の記者を治安法で逮捕するというのは、はるか昔は別にしてこれまでにも例のないことです。野党陣営だけでなく、与党陣営の華人政党からも逮捕非難が公に表明されています)

【非政党組織からの治安法適用への批判】
国際的NGOである”国際透明度 マレーシア”は声明する、「政府は2人を直ちに釈放すべきです、政府は治安法で逮捕するのではなく、法を破ったと判断すればその者を法廷へ起訴すべきです。」 「今回の行動は公正な精神を持ったマレーシア人と外国人なら多いに批判することでしょう。そして国のより自由な政策に大きな障害になります。」
全国ジャーナリスト組合の委員長は語る、「その女性記者はなんら国の治安に脅威を与えていません。この逮捕劇はジャーナリストへの脅迫であり、メディア産業への威嚇です。」

この逮捕劇の直後、米国の国務省はワシントンにあるマレーシア大使館の代理行使を呼び出しました。「平穏な政治的意見の表明は基本的権利であり、民主主義に必須です」と国務省係官は述べました、「我我は民主的国家がそういう政治的意見の表明の自由を抑えないことを期待します。」

華人界の団体と組織の連合体である、華総はその会長の声明で、「国内治安法で逮捕された残り2名はもし十分な証拠があるのであれば現行法律によって法廷に起訴すべきであり、治安法で拘留すべきではない。治安法で新聞記者を逮捕したのは業界の仕事者に多いに影響を与え、情報の自由を阻害し、言論空間が一歩縮小させてしまう。」として、反対を表明しました。

(Intraasia注:マレーシア語紙を見てないのでなんともいえませんが、同意する勢力も当然あることでしょう)

【クアラルンプールのごく特定の食堂・屋台センターに集まる中国女性】
クアラルンプールの市内にある食堂・屋台センターを出入国管理当局Imigresen と警察が取り締まり、中国人女性16名を逮捕しました。この食堂・屋台センターには中国人女性が集まってくることで知られており、取り締まりは今年だけですでに6回目です。取り締まり部門の長によれば、この6回の取締りで約100名の中国女性を、買春活動などで逮捕しました。女性の年齢は20歳から30歳です。 今回逮捕した女性中に、数名が中東経由で入国しているとのことです。

取り締まり部門の長は語る、「この食堂・屋台センターの光景を見ると、そこへやって来る客は男性ばかりで、女性と子供の姿が見られない。客の目的が明らかだ。ここに集まる中国女性は客に近づいて値段を交渉しまとまれば、近辺にある安ホテルへと向かう。 逮捕された女性はImigresen の拘留所へ送られます。」

(Intraasia注:半年ほど前まで近所にこの種の”センター”が何年もあって大繁盛していたのでごくお馴染みの光景です。特定の華人地区への中国女性の進出はもう定着しており、送る側と受け入れる側の組織が確立していることがよくわかります。中国女性の観光ビザ入国が容易であること、受け入れルートがあること、華人男性の好み、から中国女性の違法または違法もどき滞在は減ることはないでしょう、その一つがこういう買春活動にもつながるわけですね)

【タイ深南部でいつもの襲撃・爆弾事件】
タイ深南部で先週後半また襲撃事件があり、合計4名が殺されました。ナラティワット県では道路に仕掛けた爆弾が炸裂し、警察官12名と村民2名が怪我をしました。その際武闘派ムスリムと見られる1名が殺されました。また同県の別の場所では、村の村長がバイクに乗っているところを襲われ殺されました。 パッタニー県では、タイ仏教徒の男性がバイクに乗っているところを襲われ殺されました、また別の場所ではムスリム男性が大衆食堂前で殺されました。

9月13日の記事

【国内治安法によって、野党政治家、華語紙記者、ウエッブ主催者が逮捕された】
警察庁は国内治安法を適用して、(それぞれ関係のない)3名を別々の場所で逮捕しました。(逮捕された時間順にあげますと)論議を巻き起こしてアクセス遮断されてそれが解除されたばかりのウエッブニュースサイト Malaysia Today の主催者で編集者である、Raja Petra、58歳、がスランゴール州で午後逮捕されました。 華語紙 星洲日報の記者であり、ペナン州UMNO党地方支部長の華人差別発言を記事にした女性記者、華人32歳、がペナン州本土側の自宅で夜間逮捕されました。 行動党のクアラルンプール選出国会議員兼スランゴール州州議会議員兼スランゴール州政府筆頭理事である Teresa 郭、華人女性 43歳、が深夜自宅に車で戻る途中に路上で警察に阻止されて逮捕されました。

Malaysia Today の編集者である、Raja Petraに対しては、イスラム教発展庁やムスリム組織から、マレー人、イスラム教を侮辱しているとの警察訴え届けが出されていました。華語紙 星洲日報の女性記者は、そのUMNO党支部長の発言を記事にした件で逮捕されたと推定されます。行動党国会議員郭(Kok) はスランゴール州Puchongのモスクに関する住民の訴えに関することから逮捕されたと推定されます。前スランゴール州州首相がこの件で彼女を批判しており、一方彼女は前州首相の陳謝を要求していました。

3人とも安寧と平和と公共の秩序に脅威を与えるという容疑で治安法によって逮捕されました。治安法で逮捕されると、警察は(裁判所に係属することなく無条件で)60日間拘束できます、その後内務大臣が拘束延長を判断します。内務大臣は言う、「我々は多数派の望むところを守るために対処しなければなりません。警察はあらゆる角度から検討した、現状況下で、逮捕行動は必要です」 警察庁長官代理は治安法適用下の逮捕を認めました。 

一方、この星洲日報記者の記事に関して、当時現場にいてその記事内容は正しいと証言していた、華語新聞記者(光明日報と南洋商報)の2人は身を隠したとのことです。星洲日報は文面内でこの女性記者を支援すると書き、「彼女は下界との連絡を絶たれたので、本紙は連絡する術がない」

(Intraasia注:国内治安法はマレーシアで最も強力な法律であり、逮捕された側は法律的に対抗する手段がありません。この数日、警察と軍隊のトップから現状に警告する発言が新聞に目立つように現れました、または意識的に載せられていました。それがこの前哨であったと考えてもいいでしょう。マレーシアという国の現状をどう捉えるかという面で重大な意味合いを持つできごとです。)

【ジャーナリスト組合は反発し、華人与党政党幹部も逮捕に反対】
全国ジャーナリスト組合は、星洲日報の女性記者を逮捕するのはメディアを脅迫する行為だと強く批判しています。書記長は言う、「政府はマレーシアでの自由メディアを主張するのであれば、こういった行動はやめなさい。」 UMNO最高執行会議が差別発言をした支部長を党員停止したことを踏まえて、組合の他の幹部は主張する、「この逮捕拘束は(メディアの)使徒を撃ち落すものかのように感じる」

組合議長は語る、「報道の自由をさらに制限することに等しいことなので憂慮する傾向です。ジャーナリストが事実を報道することを妨げる。組合は思うに、現在の政治的状況は熱している、それは無責任な政治家がその発言が公衆にどんなどんな意味をもたらすかも考えずに微妙な問題に発言しているからです。」

政府与党連合の一角である、華人政党 馬華公會の幹部はショックを語りました。準総裁の1人は、「(差別発言をした)本人は何ら後悔の言を見せず全国行脚するとうぞぶいているというのに、報道した記者が逮捕拘束された。健全な精神を持つ者であれば、発言をした者でなく記者を狙ったこの逮捕には必ずや驚くでしょう。」 別の準総裁もこの記者逮捕に同意できないと語りました。「彼女は記者としての仕事をしただけです。彼女の記事は編集過程を経ています。

与党の1つである民政党の総裁代行は主張する、「政府は編集者である、Raja Petraを現行法を適用して裁判にかけるべきです。これは我が党の主張である、国内治安法の廃止に合致しています。」

【一般紙2紙と政党機関紙1紙に対して、内務省が理由開示命令書を送信】
一般紙: 華語紙 星洲日報、英語紙 The Sun 及び公正党の機関紙 Suara keadilan (注:公正の声という意味)の3新聞に対して、出版指針に違反したとのことで理由開示を求める命令書が内務省から送られました。内務省幹部によれば、 Sun は多くの微妙な問題を操りそして強調したという容疑からであり、星洲日報はUMNO党支部長の発言に関する民族的敏感な問題を報道したことによる容疑であり、Suara Keadilan は警察長官が手術後身体麻痺したという内容の記事を載せた容疑からです。 「内務省は11日に命令書を送ったので、3新聞は1週間以内に返事をしなさい」 3紙の責任者は命令書を受けたことを確認しました。

その返書において満足いく内容でないと内務省が判断すれば、内務省は法律上、新聞の発行を停止するまたは免許を取り上げる、権限を与えられています。1987年にはいくつも新聞が発行免許を停止されたことがあります。

(Intraasia注:報道した現場の新聞記者を逮捕し、また出版した新聞社にもいわばけん責書を送ったということです。新聞の発行許可は内務省の手にありますから、この文書は単なる名目的なものではありません。このできごとはマスコミに大きな心理的影響をもたらしますね)

【Pudurayaバスターミナルの切符売りダフ屋を取り締まるべきだ】
(ハリラヤ休日の帰省シーズンが近づいて中長距離バス切符の需要は益々増えています)、クアラルンプールのPudurayaバスターミナルの現状に関して、マレーシア消費者連合は記者会見で訴えます。「バスターミナルにたくさん居つく切符売りダフ屋の存在に対して、Pudurayaバスターミナル運営会社のUDA持ち株会社 と商業車輛免許授与庁とその他関係官庁はもっと腰を入れてこの問題に対処すべきである。」 

「この時期のバス切符に関する多くの苦情も受けており、多くの被害者はダフ屋と本当の切符売り業者との違いがわからない。通常価格の2倍かそれ以上の値段で売られているだけでなく、よくう乗客はターミナルの発着場所でなくターミナルの外の路上に止めたバスまで歩かさせられます。」 「時にはいくつかのバスは会社から個々の運転手にリースされているのです。バス車輛は合法的に運行免許を得ていますが、そのバスに関してバス会社は運行スケジュールに関与しません。 これがバスの不規則発車と到着を招き、また運行時の寄り道も発生します。 取り締まり当局は何をしているのですか?」

消費者連合はUDA持ち株会社に提案する、「企業家発展と協同組合省はPudurayaを検査して、無免許のバス切符販売ブースを直ちに閉鎖させるように、UDA持ち株会に命令するようにします。全ての切符販売ブースには、合法バス会社、認可運行路線、運行スケジュール、運賃を見やすく掲げるようにする、そしてバス切符は切符ブースだけで販売させる。」 「売り込みダフ屋の活動を監視するためにも監視カメラを設置する。 Pudurayaバスターミナルでは常に取締りと監視があるべきです。」

(Intraasia注:当サイトで長年且つ数多く批判しているバスターミナルでの悪行であり、それが最も激しいのがPudurayaバスターミナルです。90年代よりはるかに快適で明るくなったPudurayaバスターミナルですが、切符押し売りダフ屋の横行は悪化しているといえるほどです。切符売りフロアに居ついたり及びバスターミナル外で呼び込んでいるダフ屋とそれもどきは数十人くらいはいるのではと思えます。 おまけにそいつらとつるんでいるバス切符ブースもあるので、ほんと手に負えないあくどさと傲慢な態度ですね。管理会社のUDA が何もできない、何もしないのは20年くらい同じことが続いているので、期待しても無理です。ターミナル内にある警察詰め所の警官はこの種のことに一切関わりません。 商業車輛免許庁の係官がどれくらいの頻度で取り締まりにきているか? あまり来てないという証拠ですね。何か打つ手はあるのだろうか? 混雑期にはなさそうです。外国人旅行者は混雑期を避けて、少数の信頼おけるバス会社の窓口だけで切符を買ってくださいね。そうでないと クアラルンプール-ペナンが10時間の旅(ある読者の体験)になってしまうかもしれません。 この記事の中で「バスが個々の運転手にリースされている」 との部分には、長年この問題を論している私も知りませんでした。まさに運転手の恣意的運行と金儲け中心となってしまうわけであり、こういった思考とあり方はマレーシアバス業界のガンですな)

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 317.8 を入手します

9月12日の記事

【国軍の長が改めてその意図を明確にした】
2日ほど前に「民族問題を取り上げた者たちに厳しい処置を取るように」と公言した、マレーシア軍隊3軍の長でもある陸軍将軍は記者会見で語る、「国軍は民族関係の問題を扱うのは政府にまかせます。国軍はプロフェショナルで非政治的です。私はその問題への私の心配を語っただけです。」 「国軍は、当局か警察の法的に基づく要請がない限り、内部の言い争いに関与しません。 国軍の2次的役割はどのような活動においても警察と政府省庁を支援することです、例えば治安活動、人道支援、災害救援などです。」

国軍の長である彼の先の発言に対して、国軍の長による政治への干渉だと捉える声もあがりました。これに関して将軍は言う、「それた単なる認識です。現状況によって我々が非常に心配することになっているとは思わない。政治指導者らは最善を尽くしています。」

(Intraasia注:軍隊のトップのこの種の発言がこれまであったのかないのかはわかりませんが、マスコミでそれなりに大きく取り上げられたのはこれまであまりないことでした)

【国内発のブログ・ウエブのアクセス遮断は停止する】
ごく一部の国内発のウェッブ・ブロッグに対してマレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会が国内でのアクセス遮断措置を先日から行っています。この兼に関して、政府はマレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会に、即アクセスできるようにしなさいという旨の指示を出しました。マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会はアクセス遮断するのではなく、民族差別、扇動的、微妙な宗教問題を掲載するウエッブ・ブログには現行法を駆使しなさいという意図です。

マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会は、警察と検察庁と内務省の係官から成るインターネット監視委員会を組織します。  アクセス遮断を停止するという発表には各グループから賛成がおきました。アクセス遮断措置を解除されるのは、(話題の)Malaysia Today も含まれます。 担当大臣は説明する、「けしからんウエッブのアクセス遮断をするよりも、そういうサイトの主催者ーを当局が捜査しただちに対処するように、政府は望みます。」 「Malaysia Today をもはや遮断していません」 「主催者は今後、扇動罪、刑法、国内治安法といった法律で対処します。」

(Intraasia注:ということで実質はより厳しい対応策ということですね。尚宗教的な面のような分野でマレーシアの法律に明らかに違反する一部の内外サイトへのアクセス遮断は以前から行われていますね)

【内務省が全てのメディアに宛てて注意喚起】
内務省は全てのメディアに対して、政府の指針を守るようにという改めて注意を出しました。内務大臣は語る、「最も重要ななのは、我我は自由と開放性を望むが、同時にマレーシア人として平穏と公共の安寧を確実にするようにという責任を負担しなければなりません。中略  これが注意の喚起をもたらすと期待します、なぜならブログであれ、印刷物であれ、電子的であれ、社会に影響を与えるメディアの力は大変深く大きいからです。

【断食開始(Imsak)時間と断食を終える(buka puasa)時間】
ランカウイ  5:46, 19:25、 ペナン 5.:44, 19:21、 イポー 5:41, 19:18, クアラルンプール 5:40, 19:16,  マラッカ 5:37, 19:13,  ジョーホールバル 5:32, 19:06,  クアンタン 5:35, 19:10,  クアラトレンガヌ 5:33, 19:10,  コタバル 5:40, 19:14,  クチン 5:08、18:42、  ミリ 4:52, 18:27,  コタキナバル 4:41, 18:16,  サンダカン 4:34, 18:11

(Intraasia 注:Imsakの時間までに早朝の食事を終え、夕方のbuka puasa の時間を機にして食事開始できるということです。尚Imsak の解釈にはすぐ後のSubuh お祈りまでに食事を終えればいいという多少違った解釈もあるそうだと、知り合いのムスリムが話してくれました。もちろん私には解釈の正誤は知りません、尚こういう時間はラジオ、テレビでも時間は告げられます)

9月11日の記事

【警察からの警告】
民族的敏感な発言をする者達に厳しく対処すると、警察が警告を発しました。警察庁副長官は記者会見で語る、「もしその者が民族的敏感な問題を煽っていると判断したら、その背景と政党関係に関わらず、誰に対しても躊躇せずに行動をとります。最近の(民族差別)発言は多くの無責任な集団に利用されてきた、そういう者たちはブログ、携帯通信、などのメディアを利用して国の治安に脅威をもたらしている。 印刷であれ電子メディアであれ、そういう発言をすることを止めるように、私は警告します。」

「(民族差別発言をした)UMNOペナンの地元支部長への捜査はできるだけはやく終えます。 現在の状況は管理下にあるが、社会秩序を保つために警察は引き続き監視していきます。各州の警察トップによく監視していくように指示しました。」

【軍隊トップが、民族問題を引き起こした者に厳しく対処すべきだと政府に進言

マレーシア三軍隊の長も務める、陸軍将軍はUMNO党の主催した軍隊と警察に寄与するイベントで語る、「民族問題は治安部隊が最も心配することです、なぜなら混乱を生み出すからです。治安への脅威です。私は、民族問題を取り上げた者たちに厳しい処置を取るように、政府に提案したい。これはわが国の現実です。民族問題が熱を帯びると、我が国の主たる脅威なります。」

【UMNOがペナン州地方支部長を処分】
華人への民族差別内容の演説をしたペナン州のUMNO 地方支部長の件で、UMNOは最高執行会議を開いて処分を発表しました。3年間の党員身分停止と現在の党職剥奪です。この結果、このBukit Bendera 支部長は党の選挙類に一切参加できません。 この決定を発表したアブドゥラ首相は語る、「与党連合Barisan Nasional の構成政党はその党員が同じような行動をしたら、厳しく規律処分をとってください。」
これを受けて、与党連合Barisan Nasional の構成政党各党は歓迎する声明を出しました。

【アブドゥラ首相の政権引渡し期間について通産大臣の不満の声】
UMNOに準総裁の1人であるムヒディン通産大臣はシンガポールでの記者会見で語る、「アブドゥラ首相が公約した2010年6月に首相職をナジブ副首相に引き渡すというのは先が長すぎる。」 として、アブドゥラ首相はその政権引渡し時期を再考するように主張しました。

数日前にムヒディン通産大臣はマハティール前首相の私邸で他のUMNOベテランと会合しました。その席で、マハティール前首相はUMNOに再度入党することを検討すると語ったとのことで、ムヒディン通産大臣はそれを歓迎する旨の発言をしていました。

【プレーステーション発売】

Sony Malaysia は9月20日に 新世代Play Station 3 をマレーシアで公式に発売開始します。 開始イベントをペタリンジャヤの1 utama ショッピングセンターで行い、特別セット 150セットを販売予定です。マレーシアで販売されるPS3 ユニットは新80GBシリーズになります。 現時点ではまだ公式価格が発表されていません。

(Intaasia注:こういう方面の知識は全然ないのですが、すでに並行輸入されているようですね)

9月10日の記事

【自動車コンピュータ車検場が汚職従業員を多数解雇】
(商業自動車を中心に車検義務のある車輛の検査を全国で独占的に行っている)自動車コンピュータ車検場 Puspakom は先にその従業員50人が、車をよく検査もせずに合格にしたといった理由で反汚職庁に逮捕されました。9日にPuspakomの社長が反汚職庁と合同で記者会見して、その内23人を解雇すると発表しました。走行にふさわしくない車輛を合格とし、賄賂を受けたというのがその理由です。

社長の説明によれば、「Psupakom で昨年7月から1ヵ年検査した車両の中で、8628台が不合格になった、その内1000台は切断して溶接した車です、Puspakom で検査する中で前部と後部の車種が違うのに1台の車に溶接されている車輛を毎月80台ほど見つけます、この切断して溶接紗は走行に不適だと、道路交通庁に通知します。その他不合格車はブレーキシステムのお粗末さ、シャーシ改造、エンジン改造などのためです。」

「Puspakom は反汚職庁と1年前から協力しています。汚職を根絶するために我我の事務所を電話してください。 専用電話 1-800-88-6297,   www.puspakom.com.my で苦情も受け付けています。」

(Intraasia注:車体の前部だけ、後部だけ、エンジンだけなどをずらっと並べた、切断して溶接の改造件中古部品販売自動車屋が首都圏のあちこちで昔から商売をしています。隠れてとか目立たない場所では全然ありませんよ。例えば日本などからこういう自動車部分品を輸入もしています。なぜこういう商売がこれまで堂々と永続してきたか、検査に通るはずないのに、というのが自然な思いですね。こういう危険な自動車の需要が少なからずあるという、安全思想の欠如も原因ですし、この記事の汚職も原因だということです)

【パーム原油価格は下落したが、それでもまだ高水準にある】
石油は7月に最高値である、バーレルUS$147をつけ、パーム原油は3月に最高値 トン当たりRM 4486をつけました。6月でもトン当たりRM 3300でした。石油価格の下降はパーム原油の価格も引き下げます。今年パーム原油は非常に変動しており、最近の価格は3月の最高値から45%も下げました。しかしそれでもパーム原油は去年の平均価格よりも高い値です。 アナリストは言う、「もし石油価格がUS$100になれば、パーム原油も下がることが期待されます、そして穀物価格の高騰がインフレが多いに影響を与えていることからマレーシア国内のインフレ圧力は減るでしょう。」

パーム原油の先物価格は11月分が トン当たりRM 2469をつけました。OSK投資銀行はその報告書内で、「中国の食用油需要によってパーム原油の長期的上昇傾向はゆるんでいません。中国だけの需要をみても、年間でオイルパームの農園面積がさらに190万ヘクタール必要です。つまり毎年新規拡大として38万ヘクタール必要となる。」 「しかし12ヶ月という期間で見れば、業績の短期見通しはあまり明るくない。 」

9日パーム原油が RM 2400を切ったので、クアラルンプール証券取引所でパーム農園業株の下げをもたらしました。市場アナリストの中には、年末にはトン当たりRM 2100ぐらいをつけるだろうと、予測するむきもあります。

(Intraasia注:マレーシアは世界第2位のパーム原油生産国です、インドネシアにパーム農園企業がかなり進出しているのでその生産高を含めれば、実質的にはインドネシアを抜いて世界トップになるでしょう。よってパーム原油の価格は重要な経済ニュースです。マレーシアの大農園企業は現在では国内で大きなデベロッパー業も兼ねていますので、株式市場でもパームオイル価格は注目指標となるわけです)

【UMNO地方支部長の処分はUMNOが決める】
華人への民族差別内容の演説をしたペナン州のMNO 地方支部長の件で、与党連合Barisan Nasional はその構成政党のトップ指導者が集まって議論する、最高評議会を急遽開きました。各政党の意見を聞いた後、評議会の議長でもあるアブドゥラ首相は語る、「各党はUMNOが厳しい措置を直ちに取ることを望んでいる。これはUMNO党内に関わることなので、彼らはUMNOに処分を一任しました。」
そこでUMNOは10日に最高執行会議を開いて、その支部長の処分を決めます。

(Intraasia注;これほど明確な差別発言ながら、発した人物は背後にある程度の支持があることを知っているので、極めて居丈高に行動してきましたね)

【広告費総額の比較】
VISAが年間商業消費支出指数として、各国の年間広告費総額を調べた数字を発表しました。マレーシアにおける推定値は2007年で RM 8930億です。アジア太平洋州におけるこの分野でのトップ5は: 日本 RM 17兆7000億、 中国 RM 16億7000億、 インド RM 7兆8000億、韓国 RM 6億8000万、オーストラリア RM 4兆です。

(Intraasia注: 日本の広告費はマレーシアの20倍もあるんですね、あらためてその巨額なことを実感します。逆にマレーシアの広告はまだまだ成長の期待が高いということなんでしょうね)

9月9日の記事

【年度末セールの新名は”マレーシア倹約家セール”】
例年観光省などの肝いりで行われる年度末の大売り出し期間を、今年から”マレーシア倹約家セール”と呼ぶことになります。「この期間中に買い物するのは大幅にまたは例え1%であっても、お金を節約することになると、人々に知ってほしい。」 と観光省大臣は説明しました。 この”マレーシア倹約家セール”のために、事務局が設置されるとのことです。「強調は国際市場に置きますが、この新ブランド名は国内市場にも良いことをもたらすでしょう。」 ”マレーシア倹約家セール”は11月29日から1月4日まで開催されます。

(Intraasia注:今年新しく観光大臣になったこの人物(女性)はマレーシア観光産業の目玉イベント名をまた変更しましたね、国内旅行のブランド名が Zoom になり、そしてこの年度末売り出しブランド名です)

【このところリンギットもかなり変動している】
外国為替市場は米ドルの復調でこの1ヶ月大きく変動しています。他の多くの通貨と同じくリンギット は米ドルに対して弱化しており、$1=RM 3.43 をつけました。これは今年対米ドルで上昇した分をまったく消した形です。 しかし対英ポンドに置いてリンギット はこの3ヶ月で5.7%の強くなり、ポンド=RM 6近くになっています。対オーストラリアドルにおいてもリンギット は上昇して、この3ヶ月で10%強くなりました。 しかし対日本円ではリンギット下がっており、\100 = RM 3.43 ほどに弱化しました。

【ペナン州でUMNO と民政党間で不和】
華人への民族差別発言をしたペナン州地元UMNO支部長は記者会見を行い、(与党連合の構成政党でペナンをいわば本拠地とする)民政党は与党連合を離脱すべきだと主張しました。彼はさらに、ペナン州の与党連合議長を務める、ペナン前州州首相でもある Dr.Koh 民政党総裁代行を強く批判しました。「民政党指導者はその弱点を隠すために、現状を民族問題化させている。」 「Dr.Koh 民政党総裁代行はマレー人だけでなく華人に対しても陳謝すべきだ。」

この記者会見には、ペナン州UMNO の13ある支部の代表がよびかけて行われました。当のUMNO支部長は、国会補選中に発した発言に関して陳謝はしないと、再度明確にしました。「アブドゥラ首相が私の説明に満足したことを嬉しく思う。」

この件を受けて、ペナン州の民政党は緊急会議を開いて、ペナン州のUMNOとの関係を断絶すると声明しました。民政党総裁代行は言う、「ペナン州UMNOとこれ以上関係をもつつもりはありません。我々は州のUMNOの多くの幹部がその記者会見場にいたこと。無責任な発言を見守っていたことに非常に失望します。」 「その支部長は個人的な間違いを与党連合の構成党の争いと危機に仕立て上げてしまった。」

一方ペナン州の馬華公會党は、その問題のUMNO党支部との関係を切ると明らかにしました。「他の支部も同様に引き続きその支部長を支持するのであれば、ペナン州馬華公會党はそういう支部との関係を切ります。」

(Intraasia注: ペナン州はアブドゥラ首相の地元です、しかし現時点でもこの問題は表面上であれ解決されるどころか、根がより深い問題化しています。ペナン州は華人人口比がマレーシアで最も高い州です。)

【ムスリム女性に対する重婚容疑のシャリア法廷裁判】
子供が7人、孫が4人いる47歳のマレー女性がクアラトレンガヌのシャリア高裁に重婚の罪で訴えられました。この女性は最初の夫とは死別し、その後 2005年にタイ南部でマレーシア人男性と婚姻しました。しかしその婚姻儀式は許可を受けたwali が実施したわけではないので、マレーシアでは有効化されないと彼女は思ったとのことです。そこで今年の3月その女性が別のマレーシア人男性と結婚したことで、3年前に婚姻した男性が不満に思って警察に届け報告を出しました。理由は離婚がまだ成立してないからです。

高裁判事は、その女性が2回目の婚姻を正式かするために許可を受けてない wali を利用したことに驚きを表明しました。女性は自分の婚姻の状況を知るために裁判にでました。裁判長は10日後の審判を決めました。

(Intraasia注:ムスリム女性がこの種の重婚で訴えられるのは珍しいケースではないでしょうか。それにしてもいつも問題の根になるのは、マレーシアムスリムカップルが南タイへ行って婚姻をあげることですね。ムスリムの婚姻は市民法の適用を受けませんので、こういったことが可能になるようです)

【サバ州の国会議員選挙区で無効判決】
サバ州の国会議員選挙区1箇所で起こされた、3月の選挙に関する裁判で、選挙裁判所はその選挙区は空席にして、3月の選挙は無効であると判決しました。これによって与党連合Barisan nasional に属するサバ州の地元小政党 Parti Bersatu Rakyat Sabah の党首は国会議員議席を失うことになります。彼は直ちに弁護士を通じて、連邦裁判所に控訴することを表明しました。控訴が受け付けられなければ、補選が行われます。
この裁判は、対立候補であった、Pakatan Rakyat(野党連合)の候補者が選挙手続などの不備があったとして、起こしたものです。

9月8日の記事

【マレーシア不動産研究所が市民からの質問に答える】
住居売買におけるブミプトラ割り当てに関して
質問者:私は1997年にブミプトラの資格でコンドミニアムのユニットを購入しました。それを今売ろうと思います。非ブミプトラの買い手が現れたのですがその人が言うに、私はまず土地登記事務所に関する問題を片付けなければならないとのことです。どんな問題でしょうか?  私の売買契約書には、そのユニットのブミプトラ購買者地位を記載していません。

回答:あなたの売買契約書にはあなたのユニットがブミプトラ用物件であることを表記しない。もし登記タイトルにおいてあなたが関係官庁からその物件の移転に関する同意が必要であるという条件が付いていれば、あなたはそれに従う必要があります。当局の承認を得ることを条件にその物件を売ることができるということに注意しなさい、そしてそれには大体4ヶ月から6ヶ月かかります。

質問者:私はこのところ非ブミプトラ価格でコンドミニアムを買いたくなりました、そうすればそれを誰に対しても売れますね。しかしデベロッパーが言うには、例え私が非ブミプトラ価格で買ったとしても、私の物件はブミプトラ用物件として記載されるということです。

回答: 当局が開発指令を出した時、ブミプトラ用割り当て義務があります、そしてあなたが物件をブミプトラ価格または非ブミプトラ価格で買うに関わらず、デベロッパーはあなたの名前をブミプトラ購買者として記載して、その割り当てを満たします。従ってあなたはどうもがいても解決策が見つからないジレンマに陥ります。あなたがブミプトラ購入者であれば、あなたは当局から承認を事前に得る必要があります。

(Intraasia注:一般にマレーシアでは新規住居開発・建設にはブミプトラ用割り当てが義務つけられています。ごく少ない割合ですが、その分はブミプトラ購入者用として区別します。それを購入した人は、誰であれブミプトラ購入者に分類されるので、売るときは承認が必要だということなんでしょう。 マレーシアで住居を購入されたい方はこういった大事な知識を持ってから買った方がいいのではないでしょうか。)

【女性の占める割合をまとめた統計から】

政府の5ヵ年計画である 第9次マレーシア計画では、決定権を持つ各レベルにおける女性の占める割合を30%に高めるという目標があります。
女性・家族・コミュニティー省の発表した数字から。 企業社会のトップ層に占める女性の割合は引き続き低い。ただ中級経営層に占める女性の割合は増えた、2005年は14%であったが2007年は24%になった。しかし取締役の部門での女性は、2005年の10%から2007年は5%に減りました。 政府系の企業体においてもこれは同様であり、取締役部門での女性は2007年で14%に過ぎません。

非政府組織のEmpower がまとめた数字から。総選挙において女性候補の数は、2004年は94人でしたが2008年は131人に増えました。しかし国会議員に占める女性の割合は2004年で10.5%で 2008年で10.8% です。 世界の議会における女性議員の割合を調べた国会議会間ユニオンの調べでは、マレーシアは142か国中100位だそうです。女性国会議員の割合をアセアン諸国と比較すると、シンガポールが24%、タイが12%、インドネシアが11.6%です。

別の統計数字から女性の割合を見ます。国立大学における教授の比率:22%、 上院議員:29%、 州議会議員:7%、 地方自治体の評議員:12.5% 
(注:どういう組織が調べたかわかりませんが)世界性ギャップ指数において、128か国中92位。 フィリピンは6位、ベトナム 42位、タイ 52位、 シンガポール 77位だそうです。
一方マレーシアの高等教育における女性の割合は男性を凌駕して、現在では約7割も占めています。

【自由映画祭】
いろんなNGO間の必要性に答えようという、自由なコミュニケーションを掲げたグループKomas が主催する 自由映画祭が今年も開催中です。第5回の今年のテーマは民ス主義の空間です。3つのインディ映画が今年の賞に選ばれました。 自由映画祭はこの3作以外にも、ドイツ、シンガポール、インドネシアなどからテーマに沿ったインディ映画を上映します。

上映場所と時期    詳細 //freedomfilmfest.komas.org
3日間開かれたクアラルンプール日程は終了、 ジョーホールバル:9月12日 Trpical Inn Johor Bahru,   クチン:9月19日 旧裁判所、 Jalan Tun abang haji Openg 、 ペナン: 9月26日 Wawasan Open University, Jalan Sultan ahmad shah

(Intraasia注: 私は昨年に続いて今年も1回見に行きました。若い製作者がその主張を短編映画にした作品です。興味ある方はどうぞ足を運んでください)

9月7日の記事

【アブドゥラ首相の発言に見るUMNOの底流】
「華人は外来者であるから、同等の権利を得るのは不可能だ」という民族差別内容の演説をしたペナン州のMNO 地方支部長に会ったアブドゥラ首相は語る、「支部長はその立場を説明した。彼の発言は歴史的事実に基づいたものであるとのことだ。彼は民族差別者ではないと、すでに言ってます。彼はその発言が誤解されて報道されたあり方に不満です。」  

首相は記者団に語る、「我我は民関係の問題を効果的に扱ってきた、そしてこれが達成したことです。私はばかげた物語を書いているブログ、携帯文字通信、メディア及び民族間に怒りを起こさせている新聞に対して次のことを指摘したい:こういった行動は誰にとってもなんら良いことを生み出していない。 国内が混乱することを誰も望んでいない。勝つ者いなくて失う者だけがでる。国民に悪意を生ませるような敏感な問題を報道しないという意識がなければならない。」  「我々は民族衝突から国を守るというのがみんなの統一した責任だということが理解されていると思う。この問題に関しては注意深くあらねばならない。」

(Intraasia注:首相の発言の調子が変わって、みんなの責任であるから、責任を問うたり批判したりしてはいけないという論になりました。UMNOの深部に流れる潮流を反映したものでしょう。)

【レダン島の空港拡張に州政府が許可を出した】
増える訪問者需要に答えるために、レダン島の飛行場の滑走路を拡張することに、トレンガヌ州政府は許可を与えました。州観光文化遺産委員会の議長は言う、「空港ターミナルを向上させることも計画しています。このプロジェクトは重要です。空港はレダン島へのゲートウエーです、とりわけシンガポール人にとってはです。現在Berjaya Airがシンガポールとの間及びスランゴール州のSubang 空港との間に日に2便飛ばしています。」 島への訪問者の率は外国人 6対マレーシア人 4の比率とのことです。

「レダン島のホテルとリゾートは非ピークシーズンでも客室充足率は85%です。さらに島で贅沢に使う上層訪問者対象のすきま市場も出てきています。 州政府は香港とヨーロッパからの旅行者が、クアラトレンガヌにまず訪れてから島へ来ることも奨励しています。」

(Intraasia注:レダン島の海を憂う環境保護論者の声は前からありますが、開発は金を呼び込みますから、しょせん敵わない例がここでも証明されます)

【ラマダンバザール】
ラマダン期間中、全国至る所で開かれているラマダンバザールの中からお勧めをあげますと:
クアラルンプール圏
Shaa Alam スタジアムでのバザール、 Jalan Raja Alang のカンポンバルバザール、バンサ Green Giant フードコート前のバザール、Kelana Jaya のバザール(首都圏で最大らしい)、Kampung Kerinchi バザール、 Kampung Penchala バザール、
ジョーホールバル: Kampung Melayu Majidee バザール、 イポー: ペラ州スタジアム外のバザール、クアンタン: Darul Makmur スタジアムバザール、

【ペナンでも大雨で冠水と浸水が発生】
土曜日ペナンでは一時大雨のために、島側と本土側の両方で各地で道路が冠水したり、浸水する地区も出ました。ジョージタウンの中心部でも冠水と浸水が発生しました。さらにBalikPulauでは土砂崩れも起きました。

(Intraasia注:クアラルンプール圏では雨の降らない日がないくらいよく降っています。ペナンの雨降り頻度はわからないのですが、ひとたび大雨になると冠水、浸水が発生するのはいずこも同じですね)

9月6日の記事

【ペナン州のUMNO党支部長の反撃記者会見 】
ペナン州のUMNOのBukitBendera 支部長が国会議員補選中に、「華人は外来者であるから、同等の権利を得るのは不可能だ」という民族差別内容の演説をした件で、華人界から本人の陳謝要求が続いています。しかしこの支部長はその要求をつっぱねたばかりでなく、与党の華人基盤政党 民政党の総裁代行及び華人界指導者層に対して、自分(彼のこと)に誤るようにと記者会見の席で声明を読み上げ反駁しました。「総裁代行は、私の発言が補選で与党連合が負けたことであると決め付けて自分の弱点をそらせようとしている。彼は華人はもう民政党も彼も支持してないことを受け入れるべきだ。」

記者会見の場ではペナン州UMNO連絡会議副議長は言う、「ペナン州のUMNO党の13支部はこのBukitBendera支部長が陳謝しないという態度を支持しています。」 またBukitBendera 支部長は、自分の発言を伝えた華語新聞の記者に対して、自分(つまりこの支部長)と家族とマレーコミュニティーにに陳謝するようにと要求しました。「私はそういった発言をしたことを否定しない。私は華人は当時国内で無権利居住者であったといっただけです、なぜならそれは事実だからであり、私はマラヤの独立以前のことを述べていたからです。 この発言を意識的に捻じ曲げて民族と敏感問題化させたのはその記者です。」 「私は誰にも義務を負ってなので、謝りません。間違ったことはしてません。」

(Intraasia注:当然ながら華語新聞は第1面でこれを大きく報道しています。しかしNo1英語紙は内部であまり目立たせず報道しています。マレー民族主義をそのまま現した発言と行動ですから、華人界が反発するのは当然でしょう。これほど顕著な行動をしてもUMNOはこの人物を処分できないという事実が、より興味を引きます。アブドゥラ首相とナジブ副首相が彼の発言に関してUMNOとして陳謝すると発表しているにも関わらず、当の本人は反撃する記者会見を持ったいうことです)

【携帯文字通信のデマを信じないように】
携帯電話文字通信(SMS)で2つの噂が飛び交っているとのことです。1つは警察庁長官が意識不明であるという内容、もう1つは与党連合Barisan Nasonal の国会議員から野党連合に鞍替えする者が出るので記者会見を行うという内容です。 内務省大臣は、マレーシア人は携帯電話文字通信の内容を簡単に信じ込まないようと呼びかけました。 「扇動的で騒ぎを起こすような内容の噂を作り出したり、撒き散らすものには対処します。」 「警察庁長官は元気です。誰が言い出したのか探す必要がある。公正党の機関紙が長官の健康状態を記事にして公表していることが、法律に違反するのかどうか調べたい。」 「うわさは与党連合の国会議員の統一を間接攻撃するものであり、国家のなんらかの安定をゆるがせるものです。」

5日の噂の流布はかなりの強さでした。新聞社はそのインターネットサイトに、与党各党の指導者の鞍替えのための記者会見を否定する発言を急遽載せました。公営通信社 Bernama は携帯文字通信を発したことはないと否定を発表しました。「Benama のSMSニュースはMaxis とCelcomに登録した利用者あてだけに、定型フォームで発信します。  一方公正党の幹部は、「我が党がSMS のことで非難されるいわれはない。我々が発信元ではありません」

先日心臓手術を受けて自宅療養中の警察庁長官は、新聞記者を自宅に呼んで元気な姿を示し且つそれを写真に撮らせました。

(Intraasia注:マレーシアがこれまで数十年はぐくんできた情報抑制と言論制限のつけが、こういったデマの横行につながっているわけです。公式発言や法の支配を受けたマスコミの報道は信じられないという、深層意識がこのデマ信じ症候を起こしているのです)

【バス会社と切符ダフ屋の関係】
企業家と協同組合省大臣はバス会社にアドバイスする、「客引きや切符売りダフ屋を駆逐するために、バス会社は政府と協力すべきです。ダフ屋がバス会社毎に割り振る乗客の数を指示するようになり、その割り当て費用を要求するようになれば、バス会社は損失をこうむるだけです。」 「バスターミナルの各バス会社切符販売ブースの従業員はダフ屋に協力しているとではと、我々は疑っています。ダフ屋は一度に数十枚もの切符を買い、それを倍価格で乗客に売るのですから。ダフ屋は切符を買ったものに暫定領収書を手渡し、本物の切符は乗客が乗ったバス内でその領収書と交換します。こういうことを経験した乗客は省に内容を報告してください、処置を取りますから。」

企業家と協同組合省はバス会社との会合で、こういった違反行為をしたら免許を取り上げると警告したとのことです。「バス会社は休暇シーズンに運行バス本数を増すように。座席数が増えれば、ダフ屋の力も減ります。」 「企業家と協同組合省はエコノミークラスのバスの運賃に関して、Km当たり 6.5セントの上限を決めており、座席数の最大は40までです。 エグゼキュティブクラスバスとプレミアクラスバスの運賃に関しては、最低基準値だけを設定してエコノミークラスバスと競合しないようにしています。プレミアクラスバスの場合はKm 当たり 25セントで、テレビ、ラジオ、CDプレーヤー常備の条件です、 エグゼキュティブクラスバスの場合はKm当たり 15セントです。」

道路交通庁の取り締まり部の長は言う、「違法に切符代を値上げしたバス会社はただちに免許を取り下げます。政府はすでのハリラヤシーズンの30%値上げを認めたので、バス会社はこれ以上へ理屈は言えません。」 「利用者はバス会社のブースだけで切符を買うようにすべきであり、ダフ屋から買わないように。」

(Intraasia注:当サイトで数え切れないほど伝えてきたバス会社と切符価格と切符売りダフ屋の問題です。バスに関する構造的な問題に加えてマレーシア国民の意識の面もあり、これだけ問題視されながらも全然向上していません。切符ブースの販売員がダフ屋を知らないなんてことはありえない話であり、当然つるんでいます。バス会社の中には客引きダフ屋に切符を売らせるようにしている面もあり、まことこの問題は根が深い、そして大きなバスターミナルでは客引きとダフ屋がはびこっています。タイではこんなことはまずないのに、どうしてマレーシアは?と両国のバスについてこれまでも延々と論じてきた私は、当局とバス会社の優柔不断さにあきれます)

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 319.9 入手します。

9月5日の記事

【マレーシア軍艦をソマリア沖へ急派】
ソマリア沖のアデン湾へ急行しているマレーシア海軍の艦艇2艘はモルディブあたりに到着しました。マレーシア政府はさらに艦艇1艘を派遣する予定です。3艘の艦艇にはマレーシア陸海空軍の兵士が乗りこみ及びヘリコプターも艦載しています。艦艇と兵士は、マレーシア海運会社MISC の5隻の船を護衛する目的だと、ナジブ副首相は説明しました。 またマレーシア軍隊の幕僚長は、マレーシア軍は人質解放作戦には加わらないとしています。「(国際的に)マレーシア軍への要請はありません。マレーシア船を護衛してこれ以上のハイジャックを防ぎます。」 マレーシア人人質の釈放交渉に関しては、ナジブ副首相は多くを語りませんでした。

【インターネット新聞の閲覧遮断の件】
マレーシアコミュニケーションとマルチメデア委員会の長は説明する、インターネット新聞 Malaysia Today に対する捜査は進行しており、その編集者を起訴するかはまだ決定に至っていないとのことで、Malaysia Todayへのアクセスは依然として遮断したままです。コミュニケーションとマルチメデア法の違反は、最高RM 5万までの罰金、または1年以下の懲役、またはその両方に処されます。 Malaysia Today の掲載内容がイスラム教を冒涜することから法に違反すると、マルチメデア委員会が判断したために、Malaysia Todayのサイトはアクセスできないように遮断されています。

【2009年度予算案に関して会計事務所の専門家が答える、その2】
質問:私は電車、バスなどの公共交通を利用しています。会社からもらう交通手当RM 2400をどのように税金上申請すればいいのですか?切符とガソリン領収書を利用できますか?

答え: 雇用者が非雇用者に交通手当を払う場合、年間RM 2400までの交通手当を控除申請できます。交通手当がRM 2400より少なければその額です。この控除申請が認められるのは、2008年から2010年までの確定申告です。

【被雇用者福祉基金 の基金としての規模】
(公的な積み立て金制度を支える母体の)被雇用者福祉基金 EPF が今年の第2四半期の投資収入でRM 52億を記録したとのことです。これは第1四半期より26%増でした。この収入に大きく貢献したのは株式投資です。 被雇用者福祉基金 EPFの経営最高責任者は語る、「EPFは四半期毎に好調な収入を達成できています。今後も重要な収入源である株式市場を注意深く見て行きます。」 今四半期では、マレーシア政府保証債からの収入は減りました、RM 12億でした。

被雇用者福祉基金 EPFの基金規模はRM 3282億です。08年第2四半期では貸し出しと公社債にRM 1300億を用いました。

(Intraasia注:民間会社の被雇用者のための唯一の公的基金です。自由業、自営業者、主婦、無職といった人は対象ではなくあくまでも被雇用者だけです)

9月4日の記事

【ハリラヤ時期の臨時便バスの許可証交付に関して】
(ハリラヤ休日前には一斉帰省が始まります、そしてハリラヤ後には都会への一斉戻りがあります)この大量の輸送用に追加のバスが2000台必要と見られています。そこで政府はできるだけ多くの暫定バス運行許可証を発行して、さらに追加のバス車輛1台に付き補助金付きディーゼル9000リットルの購入を認めることにしました。これは9月15日から10月15日までの期間です。補助金額は総額 RM 1億5千万ほどにもなる見込みです。

しかしバス運営者は、スクールバスや工場の送迎バスを賃貸するのはコスト面からいって経済的にではないと、乗り気ではありません。そこで2000枚の暫定許可証が全て交付されるかはまだ現時点ではわかりません。これまでのところ、暫定許可証の交付は昨年より少ない状況です。

この政府発表以前に、政府はハリラヤ時期のバス運賃の30%暫定値上げを認めています。しかしバス業者はこの30%値上げでは、さらに追加バスを借りるのには不充分であると、不満を伝えていました。

(Intraasia注:ハリラヤ時期は公共交通手段が不足するのは確実、よって政府は飴をバス業者に与えて、十分な数のバス運行を確保しようとしている、でもバス会社は余りのりきではないみたい、という図式なんでしょう。工場バスやスクールバスでもかまわないから帰省したいという人が多い現実を映していますね)

【リンギットが対米トルで下がっている】
米ドルの回復とタイでの政治的不安定さを反映して、東南アジア通貨は対米ドルで切り下がっています。2009年度予算が予想よりも赤字予算であったこともあって、リンギット は連日下げて、$1=RM 3.44となりました。 この1ヶ月間でみると、 リンギットは -5.17%、 シンガポールドルは -4.63%,  タイバーツは -2.78%, インドネシアルピアは -1.24% となっています

【AirAsia の利益は大幅に下がった】
格安航空AirAsia の今会計年度の第2四半期(6月締め)の利益は RM 942万でした。これは前年同期のRM 1億8500万に比べると大減少です。主たる原因にリンギット安の為替損RM 7700万があるとのことです。 石油高のおり燃料費は65%も増加しました。 このことに多くの市場アナリストはとくに驚いてはおらず、AirAsiaの格を下げる人もいます。またAirAsia 株の買いを勧めるアナリストもいます。

ところがAirAsia の乗客数はその第2四半期に20%増えており、280万人でした。AirAsia の経営最高責任者は言う、「他社がサービスを減らす中、わが社はサービスを増し、他社が路線を減らす中わが社は新路線を開拓しています。そして引き続き格安運賃を提供しています。」  AirAsia が2001年に発足した時、多くの人は2ヶ月しか持たないだろうと予想したけど、AirAsiaはそれを覆して発展しました。

(Intraasia注:AirAsia の株価は額面をちょっと上回る程度の1リンギット強という安さです。以前から株式筋にはあまり評価が高くない会社ですね)

【ペナン不動産を巡ってデベロッパー、州公社、専門家などによる討論会での発言から】
新聞社の問題提示: ”マレーシアは第2の我が家プログラム”の参加者をペナンにより引きつけ、不動産投資の対象地にするための戦略はどのようなものでしょうか?

A: ペナンのデベロッパーは建坪 80平米から120平米のコンドミニアムを建てることを考慮すべきです、価格はRM 40万から60万。ペナンで物件を購入する日本人は一般に退職した老カップルであり、広大な広さのユニットを求めているわけではありません。外国人購入者に対して、デベロッパーはプロフェッショナルなコンドミニアム運営サービスを提供できるようにすることを考えるべきです。 ペナンに住む日本人の85%は住居を借りています。ペナンには約300組の日本人(この種の定年層を見れば)が滞在しています。ペナンは、素敵な海岸を備えたリゾートアイランドという広告と売り込みスタイルをもうやめるべきです。ペナンの海岸は汚く、この広告は韓国や日本からの旅行者に負の影響を与えています。シンガポールと香港は素敵な海岸を持った島などという売り方はしていません、よって旅行者は最初からそういう期待を持って訪問しません。

B: ”マレーシアは第2の我が家プログラム”への参加者を引き付けるために、ペナンの交通システムと衛生度と環境を向上させる必要があります。 以前ペナン地図は至るところにあったが、今ではほとんど見かけない。空港にさえない。外国人投資者を引き付けるためにはもっとインターナショナルスクールを作るべきです。

C: ペナンの不動産価格はシンガポールの同程度の物件の15%にすぎません、ペナンの不動産価格はクアラルンプールのそれの40%から50%になります。

D: ペナン発展公社として、我々は”マレーシアは第2の我が家プログラム”に十分な経験を持っていません。私が日本人コミュニティーのことで知りたい一つは、日本人は自分たちのコミュニティー内に住みたいのか、それとも地元コミュニティーの一部となることも気にしないのか、ということです。この要素は我々の設計デザインに影響を与えることになります。価格帯に関していえば、もっと幅広い価格帯があるようにすべきであり、最高級価格物件だけに焦点を絞るべきではない。

E: 我我の第2の我が家プログラムでは、現在スマトラ北部からの投資者の興味をひきつけています。彼らは医療と教育のハブとしてのペナンの場所に魅力を感じています。私は昨年メダンでペナン不動産の宣伝し、その後投資者がやって来て、RM 4000万ほどを購入しました。彼らは常にシンガポールと比べています。

新聞社の問題提示: 住居不動産分野で供給過剰という面はありませんか?

F: この3年から5年、低利率と活気のない資本市場の理由から多くの人が不動産に投資してきた。基準貸し出し金利が約 6%のところで、それより 0から2%低いのが住宅ローンですから、住宅ローンは非常に魅力的です。インフレ抑制のために中央銀行が基準貸し出し金利を上げる可能性がありますので、不動産市場には負の影響がでるかもしれません。

G: 私はデベロッパーではなく、元銀行家としてより良い姿を見ます。外国からの投資者または中央銀行が政策を緩め過ぎている事から、システムに余りにも多くの金が流れ込んでいる。これは2つのバブルにつながります。1つは不動産バブルであり、もう1つは株式バブルです。 現在の貸付利益幅 70% は良いでしょう。人は金がなければ、不動産を買うべきではありません。我々は外国人のあらゆる気まぐれや好みに応じるようにすべきではありません。 25年間海外で暮らして1年前にペナンに戻りました。ペナンは過剰開発されていると思った。何百万リンギットもする不動産をどうやって市民は買えるのだろうと不思議に思った。情報によれば、マレーシアの全世帯で月RM 1万以上の世帯はわずか5%にすぎません。

(Intraasia注:ここで言われている住居不動産とは中高級のそれであり、マレーシア人下層大衆とは縁のない世界ですね。しょせんデベロッパーが対象とするのはこの種の中高級住居を購買できる層であり、その観点になってしまいます。発言者G 氏が述べているのは正に正論でしょう。外国人の全ての要望を満たすような住居に住み、マレーシア大衆社会と隔絶した中で暮らす、そんな”マレーシアの第2の我が家プログラム”の参加者を生み出すのが、マレーシアに投資をひきつけるありかただと捉えるデベロッパーや外国人の存在は、富裕層による富裕層のための富裕層優遇策としか言えませんな)

9月3日のマレーシア記事

華人に対して差別発言したUMNO党の地方支部長

ペナン州の国会議員補選中に、Barisan Nasional 側のUMNO党地元支部議長(マレー人)が、演説の中で「華人は外来者(pendatang) であるから、同等の権利を得るのは不可能です」 と表現しました。この発言は華人界を中心に大きな反発を呼び、華人政党または華人基盤の政党は与野党を問わず、強い批判発言をしており、警察訴え届けもいくつか出されました。これに対して、本人は沈黙を守り、陳謝を拒否しているとのことです。

ナジブ副首相は、「我々、UMNOが陳謝します。彼の発言は許しがたいことで、遺憾です。」 と語りました。「我々は華人、インド人、その他民族を決して外来者などと見なしたことはありません。華人らは市民なのです」

しかし華人政党などは、発言した本人の陳謝を要求しています。馬華公会の準総裁は、「民族差別的発言をした本人が陳謝すべきです、しかし彼はそうしていない。」 ペナン民政党の幹部はいう、「なぜナジブ副首相が陳謝を表明したのか理解できない。皆が望んでいるのは、本人の陳謝です。」

(Intraasia注:華語新聞は当然ながら前からそれなりに大きく扱っていますね。この種のあからさまな民族差別発言をした党員をUMNOは即座に処分できない、または後日になんらかの処分があるかもしれないが、というところにUMNOの底流に流れるある種の潮流を感じます)

”マレーシアの日”を巡る異なる主張

9月16日の”マレーシアの日”に関して、サバ州地元政党UPKOの党首でアブドゥラ内閣の大臣でもある Dompok は主張する、「 ”マレーシアの日”は国家の祝日にすべきです。1963年にマレーシアが成立した日なので歴史の重要な一部なのです。連邦政府がこの件を再考慮する時が来ました。以前持ち出されたことがあるけど、なんら決定はされなかった。」 
サバ州地元政党はどこも”マレーシアの日”の認識を求めててきました。サバ州は州の元首の誕生日として9月16日を州の休日にしています。

一方ナジブ副首相は主張する、「9月16日は祝日にすべきではない。8月31日で十分です。どの国も独立記念日がある。別の日を設けるのは不要です。」

Pakatan Rakyat(野党連合)の一部であるPAS党政権下のクランタン州首相は、”マレーシアの日”祝日化に賛成すると語りました、「クランタン州はアンワルの提案を支持します。」

(Intraasia注:ナジブ副首相の発想は半島部マレー民族主義者の思考をよく捉えたものといえます。これまではその思考が連邦政府・与党を中心に支配してきた。しかしそれが少しづつ崩れつつある、一方これを守り抜こうとする側の強烈な反駁もある。”マレーシアの日”は単なる与野党間の政治主張という面だけでなく、マレーシアという国の構成をどう捉えるかという認識のあり方にも結びついています)

大観覧車はマラッカに移転される

クアラルンプールのティティワンサ公園で2007年初めから営業していた、60メートルの高さを持つ大観覧車 "Eye on Malaysia" が8月末にその営業を終了しました。マレーシア訪問年2007年が、今年の8月31日まで延長されたことから、大観覧車の営業も延長されたわけです。運営会社は言う、「マレーシア訪問年が終わったことで、当社との契約も終わりました。」 期間中大観覧車の利用者は180万人ほどにもなりました。

大観覧車は製作会社であるスイス-ドイツからの技術者によって1週間ほどで解体され、マラッカへ運ばれます。マラッカではマラッカ川河口近くにある Kota Laksamana の地で再組み立てされます。その場所は1.6ヘクタールのレジャーパークになる計画です。「10月開園を目指しており、最初の年で70万人の訪問者を期待します。」と運営会社の責任者。

(Intraasia注:近くから眺めただけの観覧車でした。20ヶ月間で利用者数 180万人もあったということは、1ヶ月9万人、1日3000人もあったのですか?ちょっと信じがたい利用者数ですね。)

指名手配中などギャング団の6人を警察が射殺

警察は2つのギャンググループをそれぞれ別の捜査で摘発しました。
スランゴール州シャーラムでは、ガソリンスタンドの強盗を狙っていた悪名高い Mamak Gang(インド人ギャング)の6人組がパトカー2台に乗った特別捜査部隊に摘発されました、この際4人が射殺され、別の車に乗っていた2人は徒歩で逃走しました。追跡が行われています。殺された4人中2人は前科のあるメンバーで、2人は新しく加入したメンバーと見られています。

ケダー州北部の南北ハイウエーでブキットカユヒタム近くにあるガソリンスタンド付近で、警官2人の尋問を受けた2人組と撃ちあいになり、賊2人は射殺されました。2人は強盗、殺人、誘拐など数々の犯罪で手配中でした。ケダー州警察はこの2人を追っていました。

9月2日の記事

【ラマダン時期のムスリム食品販売の規則-コタバルの場合】
コタバル市では、市の評議会と非ムスリム飲食店内で営業するムスリム用食品販売者の間でこれまでラマダン時期の食品販売に関して合意に至っていませんでした。この問題に肩をつけるために、PAS党が州政権を握るクランタン州はラマダン時期の規則を厳しく適用しています。州の自治体員会の議長は規則を定めたことを明らかにしました。

ラマダン時期に食品販売者は営業できます、ムスリム客に対して売っていいのは、持ち帰り食の形式でおかずだけであり、ご飯は売ってはいけないことになっています。「もし業者がごはんといっしょにおかずを売ればそれは規則違反です。」 「ムスリムは指針に従う必要があります。」 と議長は説明する。 ラマダン時期はムスリムレストラン・飲食店と屋台は日中は閉じている必要があり、断食時間が終わってから営業を開始してよいことになっています。ファーストフード店に限っては、午後3時から営業してもいいとなっています。

コタバル市の評議会は監視委員会を組織して、市内の飲食施設を見回って、断食時間に食品を売らないようにさせています。

(Intraasia注:西海岸州ではムスリム飲食品販売はどこでも夕方、場所によっては午後早い時間から営業して、持ち帰り食やお菓子や飲み物を販売します。もちろんその場では食べてはいけないし、そんな人はいません。コタバル市がそういう夕方からの営業も認めないというのであれば、かなり厳しい処置でしょうね)

【Pakatan Rakyat(野党連合)は9月16日の国家祝日化を提案】
バタワースで開催された、公正党主催の国会補選当選謝恩会の席上で、Pakatan Rakyat(野党連合)の指導者アンワルは主張する、「Pakatan Rakyat(野党連合)が政権を握れば、(1963年に)マレーシアが成立した9月16日を国家の祝日にします。これによってサバ州サラワク州の民と一緒に8月31日と9月16日の両祝日が祝えるようになります。」 彼はさらに、Pakatan Rakyat(野党連合)が州政権を握る5州で今年から9月16日を祝日にするように提案すると、語りました。「9月16日はサバ州とサラワク州が(マラヤ連邦に)加わってマレーシアが成立した日ですから、マレーシア国民全てが9月16日を国の歴史的価値ある重要な日となることを願っていると、思います。」 
行動党の林相談役はアンワルとは別に政府に対して、9月16日の国家祝日化を提案しています。

Pakatan Rakyat(野党連合)の握るペナン州の州首相は語る、「9月16日の祝日化を今年は実施できないが、来年は必ずペナン州の州休日にします。ペナン州は国会補選の行われた8月26日の投票日を(急遽且つ暫定的に)州祝日にしたので、9月16日をさらに祝日にするのは経済に影響を与えます。州政府は祝日が多すぎることを考慮する必要があります。とりわけ企業と投資者の利益のことも考なければなりません。」 それにも関わらず州首相は言う、「9月16日は全国的な祝日にすべきです。」

(Intraasia注:サバ州とサラワク州ではどうかは知りませんが、半島部では昔からごく小さな声で主張されていた、9月16日の意義の再認識が、Pakatan Rakyat(野党連合)の主張のせいかようやく陽の目を得てきたようです。当サイトでは以前から9月16日に少し触れてきました。それは現在のマレーシアという国ができた日だからです。8月31日はマレーシアの前身であり且つ核となるマラヤ連邦が独立した日です。”マレーシアが独立した”という言葉は歴史的事実に反します)

【ソマリア沖で海賊に拉致されたマレーシア人船員の解放交渉】
アフリカ大陸のソマリア沖 アデン湾で、マレーシアタンカーが2隻が悪名高きソマリア海賊に拉致されたため、囚われの身のマレーシア人船員は65人にも上ります。これらの人たちを解放する交渉が、海賊側とマレーシアの代理人の間で始まっているとのことです。海運会社 MISCが雇った代理人は以前海賊に囚われたことのある、フランス人船長だそうです。

報道によれば、海賊側は拉致した船1隻につき、RM 300万以上を要求しているとのことです。マレーシア船籍以外にも6隻の各国船が拉致されているので、交渉はきわめて難航しそうです。 一方マレーシアはマレーシア海軍の軍艦を2隻ソマリア沖へ派遣しました。海軍コマンドらを乗せたこの2隻が現場海域に到着するには1週間ほどかかりそうです。

国際海洋事務局の理事は語る、「ソマリア沖では今年だけで260名の船員が拉致された、海賊は積荷には興味がなく金が目当てです。」 消息筋によれば、このところの海賊行為の主犯は、もっとも力を持ち洗練された海賊グループであるマリア海兵隊だとことです。他にも3つの海賊グループがソマリアを基地に暗躍しているとのことです。

(Intraasia注:海賊は小規模な軍隊並みの人力と武器を擁しているなどと書かれています。崩壊した国家ならではの現象なんでしょう。囚われの65人にとって身の危険をどうやりすごすか、窮状に同情しますね)

【2009年度予算案に関して会計事務所の専門家が答える】
質問:私は会社から携帯電話をもらってビジネスと私用の両方に使っています。会社はさらに電話請求書と家のインターネット通信費も払ってくれています。この特典は課税対象になるのでしょうか?

答え: 2008年以前は会社が提供する携帯電話の特典は課税対象になっていました。そして電話代とインターネット通信代の立替支払い分はあなたにとって課税となります。しかし2009年からは、会社の支払う携帯電話と電話請求書代とインターネット接続代は、課税対象から省かれます。

9月1日の記事

【ナショナルデーの式典とパレード】
31日のナショナルデーの日、全国レベルでの独立記念式典はクアラルンプールの独立広場で開催されました。アブドゥラ首相はProton のPersona電気自動車を運転して会場に現れました。今年のテーマは Perpaduan Teras Kejayaan でした。学生、警察軍隊、官庁などからなる16000人が2時間余りのパレードを披露しました。

Pakatan Rakyat(野党連合)が州政権を握る5州でも州レベルでそれぞれナショナルデーの記念式典が行われました。ペナン州ではBayan Lepas 地区で開催され、1万人ほどの参加者と観衆が集まりました。州首相、州の議員らが出席し、2時間あまりの式典では歌、パーフォーマンス、各種組織の行進などが披露されました。 ケダー州ではアロースターで州式典が行われました。ペラ州ではイポーでスルタンの宣言で式典が始まり、オールドタウン地区には多くの観衆が集まって道路でのパレードを見物しました。政府官庁や警察や軍隊などから構成される90のグループが行進に参加しました。クランタン州ではコタバルで州式典が行われました。 ただスランゴール州だけは、経費節減の理由で前夜祭だけに規模を縮小しました。

【バクンプロジェクトに関する会計監査報告】
政府官庁の会計監査をおこなう会計監査長報告書の最新報告が、その中でサラワク州のBakun水力発電プロジェクトに触れています。このプロジェクトの当初の予算はRM 45億でしたが、プロジェクトの施主である Sarawak Hidoro会社は2002年から2007年までにすでにRM 52億の借り入れをしました。ダム部分は2007年9月に竣工の計画でしたが、遅れており2010年6月までと延長されました。昨年末までにダム建設に費やされた費用はRM 39億です。 Sarawak Hidoro会社は経済省翼下の会社が保有する会社で、民間企業Ekran から1997年にバクンプロジェクトを引き継ぎました。

Bakunプロジェクトに絡んで経済省は、マレーシア中国水力発電共同企業体に対して追加の予算RM 7億を承認しました。この共同事業体は7つの会社からなり、ダムとその他施設を建設しています。マレーシア中国水力発電共同企業体が計画の期限通りに完成できないことで機械電気仕事に影響を与えており、下請けの1社がRM 1億6千万の賠償を要求しています。他の1社も賠償を要求しています。

さらに監査報告書は、2007年にSarawak Hidoro会社が 別の共同事業会社 BEM1-C にRM 3億を保証金として払ったが、両社間に契約がなされていないと指摘しています、「契約がないということは何かがうまくいかなくても、その共同事業体会社に責任がないということになってしまう。」 契約はその内容でもめているとのことです。政府はまたバクンプロジェクトの遅れから、このBEM1-C にRM 1億4千万の遅延金を払うことに同意しています。

バクンプロジェクトの開始によって、影響を受ける地に住んでいた先住民族のグループはその先祖以来の地から転居させられました。以来10年過ぎても未だに賠償金を全部受けてない人たちがいると、監査報告書は指摘する。住民への賠償としてまだRM 4600万が支払われていないとのことです。サラワク州政府が決定した賠償額を拒否している家族がいることがこの支払い遅延だそうです。

(Intraasia注:シンガポール国土の数倍くらいに匹敵する面積に影響を与える超巨大開発 バクンプロジェクトは、その発足以来実に多くの問題を表面化させてきました。そして今もそれを引きずっていますね。開発する側であるサラワク州の政府企業がしゃにむに決めて始めたプロジェクトはいつ完成するのでしょうか?) 

【マレーシアの原油産出量】
今年上半期のマレーシアの石油産出量は 1日当たり70万バーレルです、前年同期よ 5%増加しています。これはサバ州沖の海底油田と半島部東海岸の海底油田での増産のおかげです。今年1年を通じて原油生産高は多少増えて1日当たり71万バーレルと予想されています。
天然ガスの産出も今年は対前年比増加し、21%増を見込んでいます。

(Intraasia注:70万バーレルという量が世界的に見てどれほどのものかちょっとわかりませんが、産油国であることはマレーシア経済に多いに貢献しています)





| ホーム |


 BLOG TOP