プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

10月31日の記事

【ムスリムのヨガ実践に関してイスラム教としての決定が下る見込み】
国家Fatwa会議がムスリムがヨガを実践することに関して決定を行う意向であることを、イスラム教発展庁が今週明らかにしました。(賛否の起こる中)マレーシアムスリム連帯運動は、ムスリムがヨガを実践しても何ら問題はないとの見解を述べています。「ヨガは健康のための運動であり心の安寧をもたらす。イスラム教の信仰に反するものではない。」 「このFatwa決定は健全ではない、ヨガは非常に主観的なものであり論議を呼ぶことです。」

ムスリムだけでなくクリスチャンの間にも、ヨガに対して相反する捉え方があります。ヨガは他宗教のものであるのでそれを実践するのはよくないという見かたがある一方、その人が信仰から外れない限り何ら問題はないという見方もあります。マレーシア教会会議の書記局長は、「教会によってヨガに対して異なった意見があります。」

マレーシアヒンズー教サンガムの議長は語る、「ヨガは多くの国で運動の一つとして受け入れられてきました。ヨガの実践者はその宗教を離れて運動を行います。個人次第です。ヨガの実践者がヒンヅー教徒でなければならないという定めはありません。」

【スランゴール州の非イスラム教の宗教寺院の新規承認数】
スランゴール州の州議会で質疑応答の際、州の非ムスリム委員会の議長が明らかにしたところでは、イスラム教以外の宗教場所に関して今年州が許可した件数は、54件です:25箇所がヒンズー教寺院、19箇所が華人用寺院、10箇所がキリスト教教会です。現在では州理事会に出された申請書に基づいて、州の非ムスリム委員会が許可を発行します。」

与党連合の前州政府時代の2004年から2007年までに撤去されたイスラム教以外の宗教場所は、ヒンズー寺院が96、華人寺院が37でした。その中で一番多かった自治体はSubang Jaya市で、61箇所、次いでSelayang 自治体が35箇所などです。

(Intraasia注:相当なる宗教国家で且つ相当なる宗教国民のマレーシアですから、宗教施設の建設と違法建設の問題はずっと昔からの問題です。イスラム教は国教として別格の扱いです。その他宗教施設はこのように当局の許可が必要ですが、いろんな経緯でそういう許可なくして存続してきた寺院もたくさんあります、とりわけインド人口に比してヒンズー教寺院の多さがこういう数字にも現れていますね)

【今後もJalan Alor のままでいくとクアラルンプール市庁】
クアラルンプール中心街にある通りJalan Alor は食堂と屋台が集中して旅行者にもよく知られています。クアラルンプール市庁はこの通り名を最近Jalan Kejora と変えたところ、商売人らから強い反対が出ていました。そこでクアラルンプール道路名委員会が再考して元の名に戻すことに同意し、クアラルンプール市長はこれまで通りJalan Alor のままでいくと発表しました。

【有給病気休暇】
マレーシアの雇用法では、被雇用者は年間14日の有給病気休暇が与えられる、と規定しています。この日数はその被雇用者が2年以上働くとは18日間に増やされ、さらに5年間以上働くと22日間に増やされます。入院が必要となった場合は、雇用期間に関わらず、被雇用者は60日間の有給病休を与えられます。雇用法は低収入の被雇用者に適用され、つまり全員に対する最低基準の法律だと見なされています。

(Intraasia注:一般にある程度の会社は、指定医院を決めてその医院へ行って医師の疾病証明書を得れば、病休に認める方式が多いはずです。もっとも他の医院での証明書では病休に認めないという規則は法律に反するでしょう。マレーシアでは企業、工場の従業員はごく普通にこの有給病気休暇を取っていますね)

スポンサーサイト

10月30日の記事

【タバコの包装に健康に害ある写真を載せることになる】
タバコの包装に、健康に危険あることを示す写真を今年末までに載せなければならなくなります。この写真には口腔ガン、喉頭ガン、など6種類あり、このどれかを使ってタバコ箱の表面積の40%を占めること、裏側の面積の60%を占める、条件となります。他にも来年初めから施行される規則は、20本入りの1箱の価格にRM 6の最低価格を設定、「低タール、軽い、ウルトラライト、マイルド」 といった単語を禁止します。 

規則を発表した保健大臣によれば、国内のタバコ生産会社と輸入会社の合計21社がこれに合意しました。各タバコブランド来年初めまでにその製品の最低2種をこの危険写真入にする必要があり、来年6月までには全種類のタバコにこの規則が適用されます。さらにタバコ箱の横には、18歳以下には販売できない旨の記入を付けます。新しく禁煙場所に指定されたのは、ショッピングモールの階段です。

「マレーシアはこの10年で喫煙者を2%減少させることができた、しかしこの数字には満足していません。」 保健省の調査では、大人人口の21%が喫煙人口になっています。 10代の若者の15%がタバコを吸ったことがあるとわかりました。

【国内タバコ生産が大きく減った理由】
国内のタバコ生産は4、5年ほど前は年産200億本でしたが、現在では年産150億本に減ったと、マレーシアタバコ製造者連合の専務理事は語る。「マレーシア産のタバコの生産も減りました。これは安い密輸タバコが入手できるからです。密輸タバコは3箱RM 10で売られています。」 「連合は4月に反密輸タバコのキャンペーンを始めました。これは連邦開発公社の開発地に集中しています。その理由は開発地の人たちが密輸タバコの最大の市場の一つになっているからです。」

税関庁長官は、「没収した密輸タバコは裁断して埋立地に埋めてしまいます、密輸タバコは税収入損失を起こしています。違反者は捕まれば罰金を課されますが、密輸組織の親玉を捕まえることができません。」

(Intraasia注:インドネシアから密輸タバコは昔からいわれてますね、中国からもあるようで、違法滞在の中国女が売り歩いているのを見かけたこともあります。このようにタバコの密輸は重罪ではないし、その他の密輸と同じで徹底した取り締まりは不可能なので、しょせんなくならないでしょうね。タバコを値上げすれば素直に消費が減るという社会ではありません)

【Imigresen の新規採用で非ブミプトラが増えた】
Imigresen の最近の人員採用で、「新規採用人数中の割合で非ブミプトラが初めて30%を超えた。これほどの比率を達成したのは全ての政府官庁において初のできごとです。」とImigresen 長官は自慢げに語る。「これほど多くの非マレー人を採用できた。新規採用940人中、非ブミプトラは華人、インド人、サバ州とサラワク州の少数民族です。これらの新規採用組は、東海岸、ケダー州、サバ州とサラワク州に配属します。」

新規採用者を加えて、Imigresen の陣容は11000人になりました。庁は出入国を管理し、240万人の合法外国人労働者を監視します。「我々は公務員の人事を扱う公共サービス庁にさらに3000人の取締官の採用を要請しています。」

(Intraasia注:たいへん結構なことで、公務員のマレー人偏重は正されるべきですが、ことは簡単ではありません。この記事でサバ州とサラワク州の少数民族を非ブミプトラにいれてますが、間違いですね。彼等はブミプトラ範疇です)

【Penan族のために特別別森林保護地をという珍しい主張】
(サラワク州の少数民族Penan族はその居留地の森林が侵略されてきたため、長年サラワク州政府とサラワク州森林関連企業に抵抗しています)国会でサラワク州選出の国会議員は主張する、「Penan族がその生活スタイルを維持して生存していけるように、特別の森林保護地を政府は設けるべきです。それによって同時に彼らに現代生活を紹介できます。Penan族を現代生活に引き込むために、森林から追い出すべきではない。Penan族は約1万人ほどです、5千人近くはまだ伝統的生活スタイルをしています」 「彼らの主要な問題は、出生証明書と身分証明書がないことです。彼らの多くは森林で生まれ森林で死んでいくのです。その彼らには身分証明書は要らないのです。」

(Intraasia注:最も果敢に抵抗する極小民族のことは海外の方でよく知られているはずです。それほど半島部では反応が薄い、そしてサラワク州ではママッコ扱い?よってこういう主張する国会議員の声がマスコミで紹介されるのはあまりないことのはずです)

10月29日の記事

【円高、リンギット安の二重の影響】
外国為替でアジア通貨は円を除いて引き続き対米ドル為替で軒並みに下落しています。3ヶ月間の変動を見ると、マレーシアリンギットは9.6%% 下落、タイバーツは4.4%下落、シンガポールドルは10.6%の下落、インドネシアルピアは20.6%の下落です。アジア通貨の過度の変動は実際の経済に大きな影響を与えかねないとの見方もでています。

一方日本円は米ドルに12%ほども切り上がっています。従って、28日の外為市場でリンギットの対円為替は、RM 1の価値が 26.4円に下がりました。 この結果現金相場で 1万円を銀行で両替するとRM 378.0入手できることになります。

(Intraasia注:リンギット がドルに対して下がり、円がドルに対して上がっている状況なので、リンギットは円に二重に弱化しています。よって毎日レートは変わるとはいえ、銀行両替レートでRM 378もついたのです。街の両替商ならRM 380に限りなく近づいたことでしょう。画期的好レートといえますね)

【政府系企業主要18社の業績】
(政府が主要株主である)政府系企業の主要18社における、各社の2007年度主要業績評価指標達成度を調べてみます;
全ての主要業績評価指標を達成した企業は9社:Bumiputra-Commerce Holding, Boustead, Chemical Company of malaysia, Maybank, Malaysia Airport Holding, Malaysia Building Society, Malaysian Resources Corp, Sime Darby, UMW Holding 
主要業績評価指標の一部は達成したが一部はできなかった企業9社: Affin Holding, BIMB Holding, Malaysia Airlines, Pos malaysia & Services, Proton Holding, Telekom Malaysia, Tenaga nasional, TH Plantation, UEM World,

(Intraasia注:上記にはクアラルンプールの中心部に立派な本社を持つ有名企業が並んでいます、”マレーシア株式会社”として政府肝いり企業がマレーシア経済の中枢をかなり占めている面があることを写していますね)

【国の投資機関によるサウジアラビアへの投資】
国の投資機関であるKhazanah Nasional はサウジアラビアの投資会社Jadwaの株式10%をUS$7590万で購入しました。この投資はマレーシアとサウジアラビア間のビジネスに架け橋を提供し、両国間の経済協力を強める土台を築くものだとしています。Khazanah Nasional はこれまでにも多くの海外投資をおこなっており、その対象社数 50社ほどで総額US$250億に達します。

今回の投資では先週末リヤドで調印式が行われました。サウジアラビアのJadwaは投資銀行に関わる共同資本会社とのことで、サウジの主要企業家グループが株主に名を連ねています。Khazanah Nasionalの社長は語る、「両社は長期の投資戦略を持っており、現在の世界的経済混迷を乗り切ることができるでしょう。我々はこの投資が両国間の重要な架け橋になり、両方向の資本の流れを提供することになることを信じています。」 Khazanah Nasionalは最近中国の企業と合弁企業を設立し、中国での廃棄物からエネルギーのプロジェクトに乗り出す予定です。

(Intraasia注:マレーシアはアラブ資本を取り込もうとこの何年か努力しており、それがジョーホール州南部回廊の新規大プロジェクトへのアラブ資本の投資決定を招いたりしています。反対にアラブ国への投資もこのように国の投資機関や銀行が行っていますね。いつも思うのは、アラブ資本は製造業に全く結びつかないので、雇用の創出という面でどの程度効果をもたらすのかなということです)

【マレーシア軍隊用のヘリコプター調達計画を遅延させる】
(ナジブ副首相が国防大臣を兼務していた当時の今年商談がまとまった)Eurocopter社から軍事用ヘリコプターを総額RM 17億で購入する件を保留にすると、政府は発表しました。アブドゥラ首相はこの決定理由を、現経済状況下を鑑みてこの資金を他の公共計画に回しますと説明しました。「国は資金が必要ですが、借り入れはできない。経済状況が上向いてから、このヘリコプター購入契約を再開します。我々は2011年までに決めなければなりません。それより早期に購入するかもしれませんし、数を減らすこともありえます。」

(Intraasia注:政治的に問題視されている、当サイトでも数回載せたヨーロッパからヘリコプターを買う契約ですね)

10月28日の記事

【ペナン州州首相がUtusan Malaysia 紙のボイコットを語る】
ペナン州政府は先に、がジョージタウンの遺産保護地区にあるいくつかの道路標示にマレーシア語以外の表示(華語またはタミール語またはアラビア語)を加えると決定しました。これに対してマレーシア語紙Utusan Malaysia はペナン州政府は道路標示の件に焦点を当てて、国語を弱体化させようとしていると非難したとのことです。

ペナン州首相は反論する、「我々はマレーシア語を国語として使うことに誇りをもっています。いくつかの道路に他言語を追加するだけです。例えば Lebuh Aceh にはアラビア語を加えるというようにです。 ジョーホール州にはJawi 文字の道路標識もあります。それなのにUtusan Malaysia はなぜ私を非難するのか? 私は州民に対して、Utusan Malaysia をボイコットして他のマレーシア語紙に替えるように訴えます。」」

(Intraasia注:今日のUtusan Malaysia を見たら、この件を取り上げて道路標識の多言語化を批判していますね。でも実際は遺産保護地のごく限られた道路だけに当てはまる話のようです。このところ保守的な層に向けてマレー民族主義を鼓舞する論を主張しているそうなUtusan Malaysia らしいところですが、こういう新聞しか読まないマレー人もいますから、決して良い動きではないはずです。この種の小さなことを民族問題化させる手法は感心しませんね。ところで外国人旅行者の便宜のために道路標識にある言語を追記するというのは、私には解せない話です。道路名は普通のままにしておき、案内標識を立てたり、旅行者パンフレットに添記すればいいはずです。1つや2つの言語を加えたって外国人旅行者全てには所詮いきわたりません。道路名ぐらいあるがままの姿を旅行者に示すべきであり、旅行者にこびるありかたは止めるべきですな。)

【中国産野菜と果物は安全だと、保健省】
中国産の野菜と果物は、マレーシアの輸入野菜果物の4分の3を占めるといわれています。マレーシアの野菜卸業者協会が、中国野菜の輸入において港で遅れがでている、と訴えています。そこで保健大臣は説明する、「中国産の野菜と果物と卵は法律に基づいて監視検査段階に指定されており、検査用にサンプルが抜き取られた後に港からの出荷が許可されます。出荷に遅れは出ていません」 しかしこの段階はサンプル検査の結果が出るまで出荷を保留するという段階ではありません。

保健省の発表では、57のサンプル検査ではいずれもメラミンを含有していなかった、とのことです。保健大臣は語る、「中国産の野菜と果物と卵は安全です。

(Intraasia注:私は中国産の野菜と果物を毎日食べてるはずです。ということもあって、マレーシア当局のしっかり検査に期待するしかないところです)

【Nielsen の最新メディア指標調査】
調査専門会社Nielsen が行った最新のメディア指標調査によれば、マレーシアにおけるインターネットメディアの利用率はこの5年間で倍になり、その結果10人に2人が利用しています。数字からいえば、約100万人になります。

通常の紙の新聞に関しての新聞閲覧率は、2008年6月に終わる1年間で15歳以上の半島部人口の 54% となります。この5年間の新聞閲覧率の伸びに貢献したのはもっぱらマレーシア語紙で、(半島部15歳以上である)全体の28%を占めます。インターネット上での新聞閲覧率は上昇しても一般新聞の閲覧率はあまり変わっておらず、閲覧者の10人中9人は紙の新聞を閲覧します。(両方閲覧する人も当然いますから、数字は重なるはずです)

インターネット利用者は10人中4人が1日の利用時間は1時間から2時間です。オンラインのTV,音楽、ゲーム:47%、 書き込み、チャット、ブログ:45%、新聞・雑誌閲覧:35%
通常のテレビ鑑賞率は 94%、内最も人気局は民放TV3、   ラジオ聴取率 92%、内最も人気局は マレーシア語局 ERA 

(Intraasia注:回し読みするために率が高くなる、新聞閲覧率は54%であっても、購買する人の率ははるかに下回ります、一番多い新聞である星洲日報でも日発行数は30数万部だからです)

10月27日の記事

【販売禁止処置にされた化粧品がインタネットで売られている】
危険な化学物質を含有していることから、保健省はこの2年ほどで化粧品・美用品類 26種を販売禁止処置にしました。しかし最近この内の2種類の品がチェーンビジネス業者のホームページ上で堂々と売られていることがわかりました。そのサイトには代理店販売業者の電話番号も出ているとのことです。心配なことは、いくらかの禁止化粧品は装いと名前を変えてしまっているが、成分はほぼ同じであることです。

【数が多すぎるマレーシアの保険会社】
マレーシアで営業してる保険会社は41社もあります。このため中央銀行は合併を促進する意向を以前から示唆しています。そこで規則として、2009年1月初時点で資本充足率を満たしている必要があります。
41社の内訳は、生命保険専門社が8社、損害保険専門社が25社、 生命保険とその他保険を営む総合保険会社が8社です。マレーシアの3大保険会社は、Great eastern, ING, AIA

【マレーシアインド人コミュニティーは出身地を反映して多様である】
マレーシアのインド人コミュニティーの多様性は、その先祖は南アジアの各地方にルーツがあることをみれば明らかです。そこで様々なコミュニティーを列挙します。
タミール人:マレーシアインド人の多数派です。タミールナド州がその本拠、南インドの主要4民族の1つで独自の言語
テルグ人(Telegus) : 南インドの主要4民族の1つで独自の言語、Andhra Pradesh 州の多数派
マヤラリーズ人(Malaylese):南インドの主要4民族の1つで独自の言語、Kerala 州が本拠、
カンナダ人(Kannadas):南インドの主要4民族の1つで独自の言語、Karnataka 州が本拠、
ママック: タミール人のムスリムコミュニティーを指す
Chitty :マラッカ王国時代に半島部に移住してきた、大体がタミール人の商売人から成るグループを指す
セイロン人(Ceylonese): 何百年も前にスリランカに移住したタミール人コミュニティーのこと。
シンハリ人(Sinhalese) :スリランカの多数派民族で、仏教徒であり、シンハリ語を話す。
パンジャビ人:インド北西部、パキスタンと接する地方であるパンジャビ州の出身。パンジャビ語を話す。パンジャビ人の大多数はシーク教徒ですが、ヒンズー教徒もキリスト教徒もいます。
ベンガリ人:バングラデシュ人とインドの西ベンガル州の人たち。
Gujarati :インド西部のGujarat州が本拠地。 独自の言語。
(Intraasia注:今日は新聞休刊日です。そこでデーパーバリにちなんでインド人に関する記事を探しました)

【このデーパーバリ週間に公開されるタミール語映画】
(ヒンズー語の映画のことをBollywood と呼ぶことにちなんで、タミール語映画の呼称である)kollywood の人気スター Ajith Kumar が主演するロマンチックコメディー Aegan が上映されています。この映画は2004年のヒンズー映画の再映画化です。Ajith Kumar、37歳、はこれまでに45本の映画に出演しています。有名な作品は、Citizen, Varalaru, Billa などです。
その他公開または公開予定のインド映画: Seval (タミール語)、Fashion (ヒンズー語)、EMI (ヒンズー語)、Vaaranam Aayiram (タミール語)

(Intraasia注:Aegan は多くのシネプレックスで公開中です、ということは期待作品なのでしょう。上記の映画の中にはもっぱらインド映画専門館だけで上映される映画もありますね。私はインド映画はほとんど見ないので全然詳しくありません、Citizenは以前見た記憶があるので、Ajith Kumar もシネマで見たことでしょう)

10月26日の記事

【デーパーバリオープンハウス】
デーパーバリの27日、Barisan Nasional(与党連合)の政党マレーシアインド人会議(MIC) はクアラルンプールのPWTCでオープンハウスを催します、10時から13時まで。同日、マレーシアインド人商工会議所の会長はペタリンジャヤのPlantation House でオープンハウスを開きます。MIC出身の人的資源省大臣は30日にプトゥラジャヤでオープンハウスを開きます。

(Intraasia注:この新聞のいつものあり方で与党偏重ですが、野党陣営のデーパーバリオープンハウス開催の情報も載せるべきでしょう)

【インド人のデーパーバリ衣装にも時代の変化】
デーパーバリの派手な見せびらかし主義は間違いなくファッションにあります。
インド服飾卸業を長年営む63歳のインド人業者は語る、「70年代は縞と四角がずっと流行でした、80年代は絞り染めが流行り、90年代は単純な明るい色に金の縁でした。最近は手の込んだ刺繍とビーズ飾りです。今年のデーパーバリファッションにはBollywood の華やかさの要素が支配しています。」

「過去には男女の客の多くはこういった光る要素を避けていました、多分そういうのを身につけるのがここと悪いと感じたからでしょう。」 しかし現在ではことは大きく変わりました。Bollywood の影響で、女性は彼女たちの好きなスターの身につけているようなものを身につけたと思うようになったのです。

(Intraasia注:ファッションモデルの着るような衣装を除いて、マレー女性のBajukurung 、Bajukebayaは彩りは極めて鮮やかなものがよくありますが、形そのものに大きな違いはないし、装飾はまずみかけません。それに比べてインド人女性のサリーやパンジャビスーツ姿は彩の鮮やかさに加えて装飾やカッティングの変化が目立ちますね。といったところが、ファッション素人の両民族衣装に対する印象です。この記事で話題になっているようにBollywoodの影響が衣装に現れれていることが、我々の眼にも感じられるかもしれませんね)

【マレー鉄道近郊電車運行の遅れの解決は車輛のオーバーホールが終わること】
KTM Komuter電車はしばらく前から運行スケジュールに遅れなどが頻繁に発生しています。これは予算不足のためにメンテナンスができないため、全62車輛の内半分ぐらいに運行車輛数が減らされているからです。KTM社長は語る、「オーバーホールした車輛28輌が復帰すれば、年末には1日の通勤時に10分間隔運行をできるでしょう。またこれとは別に、6輌を全区間を走行せずに特定区間だけ6時-9時、17時-21時に運行させたい。」

「2007年7月にさらにオーバーホール済み 37輌が配達されれば、20分間隔運行を15分間隔に短縮できます。Komuterの新区間である Sentul - BatuCaves は2009年末に運航開始したい。このRM 5億建設プロジェクトは60%ほど進捗しています。」  KTM列車内で出生した子供が2人いるそうで、2006年に1人今年1人です。この子供2人には一生KTM 列車に無料乗車できる特典を与えられました。

【シャーラムに最新鋭劇場が完成】
スランゴール州都シャーラムに最新鋭の劇場が完成しました。 第14区に建つ Shah Alam Royal Theatre は最新の目印になり、Grand Bluewave ホテルのすぐ裏になります。2004年末に建設が始まり、工費RM 4300万をかけて完成した劇場は、6階からなる本劇場は800座席を持ち、デザインはマレー-ブギスのコンセプトです。当面はシャーアラム市庁が管理しますが、以後州の理事会が最終的に管理者を決めることになります、と市長は説明する。
 Shah Alam Royal Theatre は十分な駐車場面積を持ち、州内の地元プロダクションにまた別の興行場所を与えることになります。

(Intraasia注: 前州政府が建設した劇場ですね、随分と金をかけた劇場のようで、いかにもマレーシアらしいことです。小規模な劇団やグループが果たして興行できるか、どうやって公共の足を確保するのか、このあたりが最大の課題になります。夜多少遅くなればバス便はなくなる場所です。クアラルンプールのKLPac のように、様々な演劇や芸能音楽愛好家グループを引き付けられなければ、大きな催しだけが数少なく行われる劇場になってしまうことでしょう)

10月25日の記事

【ムスリムとして女性の男性的振る舞いや男装を禁止する】
国家Fatwa 会議は若い女性が男性のように振舞う、男装する主義はイスラム教で禁止されていると宣言しました。議長の説明によれば、「若い女性が男性のように行動したり同性愛に浸るケースが増えていることから、この決定が行われた。父母は子供がこうした行為に浸らないようにしなければならない、こうした行為はイスラム教の教えに反します。」

(Intraasia注:マレーシア語紙によれば、こういう行為?をする者?をマレーシア語で pengkid というそうです。マレーシアのイスラム教解釈を最高決定する機関の宣言ですから、pengkid は禁止ということですね。)

【クアラルンプール証券取引所も大きく下落している】

世界的にどこの株式市場も大きく下落する中、クアラルンプール証券取引所(BursaMalaysia)の株価指数は2004年10月以来の最低値である 859.1をつけて週を終えました。株式取引高はRM 8億9900万 で、これは好調時であった2007年10月のRM 21億に比べると激減振りがわかります。クアラルンプール証券取引所の株価総額は今年これまでに、実に40% 金額にすればRM 4550億も減ったことになります。「こういった弱気傾向はこれからも続くと予想されます。」 とBursaMalaysia は発表しています。

中央銀行Bank Negaraは基準金利を3.5%のまま据え置くことと決定しました。これは経済界一般の期待通りです。

(Intraasia注:BursaMalaysiaはアジアのいくつかの株式取引所に比べれば多少その下落程度が少ないようですが、マレーシアだけ世界金融混乱から逃れられることはありえないので、今後も変動の多さを予測されていますね。)

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 361.3 入手します。

(Intraasia注:円が対米ドルで95円を割っているとのニュースを昨日Blumberg で知りましたから、361 というむちゃくちゃな高レートに驚きはしませんが、円高がここまで進むと、いくら関係ないとはいえ心配です。世の通貨・株・ボンド投機筋などが巨額の他人資金を動かしまたは先物売り買いすることで現代金融世界を牛耳っている支配構造が変わらない限り、結果として為替変動の最終影響は弱小国家や一般大衆におきるわけですから、この先どんな負の影響が出てくるのでしょうかね)

【銀行のATM 機を手製爆弾で爆破】
スランゴール州シャーラムにある Anggerik ビルに入居しているCIMB銀行支店で、現金自動支払機(ATM)が深夜3時ごろ手製爆弾で爆破されてRM 3万が盗られました。賊は監視カメラにスプレーをかけており、目撃者によれば2台のバイクで逃走しました。爆破の影響で天井、壁、ドアなどにひどい被害がでました。これまでに最悪のATM 盗難事件です。

先週Puchong地区のCIMB銀行の現金支払機が小さな手製爆弾で壊されて、現金が盗まれた事件がおきました。この事件の容疑で20代の若者5人が逮捕されました。警察はこれとシャーラムでのATM爆破に関連があるかを調べています。

【出身地方によって違うヒンズー教徒の祝祭デーパーバリ】
デーパーバリを27日控えています。世界中でヒンズー教徒はこの光の祭を祝います。(マレーシアの多数派インド人は南インドのタミール州出身者ですが)マレーシアに住むその他の地方・国出身のヒンズー教徒のデーパーバリの祝い方には南インドの形式と違いが見られます。

インド西端のGujarat 州のGujerat コミュニティーはDewali (北方インドにおけるデーパーバリ名とのこと)を1日遅れで祝います。デーパーバリの日の夜にGujerat コミュニティーは特別の祈りを行います。その翌日が新年となりDewali の日です。クアラルンプールではJalan Ksipillay のヒンズー寺院へ参拝します、「互いに新年の挨拶をします。」

ネパール人ヒンズー教徒にとってDewali (Tihar)は家族親族間での祝祭です。祝いは5日間続き、ローソクかオイルランプを家の周りでともします。

(Intraasia注:インド圏の広大さを考えれば、同じヒンズー教徒であっても、その祝祭や様式に違いが生まれても不思議ではありません。今では外国人労働者として一大ネパール人コミュニティーがマレーシアに存在します。上記の祝祭はネパールでの慣習のようですから、マレーシアの地で彼らはどのように祝祭するのでしょうか?マレーシアインド人の通うヒンズー寺院へ参拝しているようにも見えないのですけど・・・・。こういったことは部外者ではほとんどわかりませんね)

10月24日の記事

【AirAsia は定時運行の基準時間を2時間以内に設定する】
格安航空 AirAsiaは定時運行保証の基準時間を11月初めから 3時間から2時間に減らすと発表しました。これによって、AirAsia 乗客はそのフライトが2時間を越えて遅れた場合、電子バウチャーの形式でRM 200受領することになります。AirAsiaの経営最高責任者は言う「このサービスを提供している航空会社はわが社しかないのでは、とあえて言います、割り増しサービス提供航空会社がやってないことを格安航空がやる明確な例です。」

「今経済状況下での目標は、乗客に奨励策を与えて割り増し航空から転換させることで需要を増やすことです。国際石油価格がバーレル当たりUS$100を超えない限り、燃料費追加代を値上げしません。実際には燃料追加代を取り除くことを考慮します。」 マーケット市場調査会社TNSの調査では、アジア太平洋地域で最も認められ賞賛される5つの航空会社の1つにairAsia が選ばれました。

(Intraasia注:結構なサービスですね。逆の言い方をすれば、2時間ちょいの遅れでRM 200のバウチャーがもらえるなら、この程度なら遅れた方がいいですな)

【シンガポールの有名映画製作者の次期作品もマレーシアで撮影しマレーシアでも公開】
9月初めにマレーシアでも公開されたシンガポール映画 ”銭不旬多用2”のマレーシア興行成績はたいへん好調でRM 1100万を稼いだと、有名なシンガポール人製作・監督である梁智強が明らかにしました。この作品は、同監督の今年中国正月直後時期にマレーシアでも公開された”老師嫁老大”の興行高 RM 1050万を抜きました。時期作品の製作開始と発表のためにマレーシアを訪れた梁智強は語る、「マレーシア映画製作者は映画製作時にシンガポールを市場として考慮することを期待します。マレーシアとシンガポールをあわせれば、1000万人の華人市場になります。」 「香港と中国の市場は巨大市場ですがそこへ進出していくのは難しい。」

梁智強製作の次期作はマレーシアのMedia Primaと共同制作であり、若いシンガポール人が監督し、常連のシンガポール人俳優に加えて、マレーシア人も出演します(梁智強の作品にこれまでも出演した黎明、ラジオDJのJack林, さらにDJで初出演の Chery 李など)。ラブコメディーである映画はマレーシアで11月初めまで撮影し、多少のシーンをシンガポールで撮影します。公開は来年の中国正月時期に公開予定です。

梁智強は言う、「シンガポールとマレーシアの観客は映画における我々の冗談を好むと思う。観客はコメディーが好きです。”老師嫁老大”と”銭不旬多用2”の2作品を製作してわかったのは、マレーシアとシンガポールでは文化は違うが、共通点が多い。同じ言葉を話し、多民族環境です、我々はいろんなことを共有している。」

(Intraasia注:”銭不旬多用2”は2ヶ月近くにもなるつい10月中頃まで上映されていたので、興行成績は間違いなく好調だったとわかりました。私が見たときは満員に近いぐらいでした。ということで、今週のマレーシアのコラム第531回でこの映画のことを扱いました。マレー映画で興行成績 RM 500万を超える作品はまれであり、RM 1000万に近づいた作品すらさえない、という事実を考えると、この両作品のマレーシアでの人気度がわかります。もっともその観客の圧倒的多数派華人のはずであり、梁智強の発言でも1000万人の華人ということばで明らかです。マレーシア華人界でも商業的に成功する作品を製作することができるようになって欲しいものです)

【クアラルンプールの道路改名について】
(クアラルンプールの有名な通りJalan Alor がJalan Kejora (金星の意味とのこと)に改名されていたことを、英語紙が取り上げて大きく扱ってます、しかしあるマレーシア語紙は全然あつかっていません)クアラルンプール市庁には20名から構成される道路名委員会があります。その議長の話では、クアラルンプールの道路名の改名は30年前から行われており、これまでに500ほどの道路が改名されたとのことです。

クアラルンプール市庁の道路改名委員会の規定と指針
英語名はマレーシア語名に変更すること
道路名はマレーシアの独自性を反映すること
道路名は一定のテーマに従うこと。 例:その一体の道路のテーマが果物であれば、道路名にマレーシア果物名を付けること
偉人(有名人)の名にちなむこと
住宅地の名前に調和させること、例えばSri Hartamas という住宅地であれば、道路名はJalan Sri Hartamas 1, Jalan Sri Hartamas 2 などとなる。
道路名は情報または教育的な源であること。例:マレーシア植物名、マレーシア果物名
アルファベットだけを並べた名前は使わないようにする
困惑を避けるために、Lorong はもう使用しない、ただし現在使用されている Lorong 道路名はそのまま使います
Medan, Changkat, Persiaran という単語はできるだけ使わないようにする
禁止単語: Lintasan, Tepian, Simpang, Tinggian, Lingkungan, Selekohなど

10月23日の記事

【9ヶ月間の外国人のマレーシア入国者数】
今年9ヶ月間でマレーシアが受け入れた外国からの旅行者入国者数は、1633万人でした。昨年同期より4.4%の増加です。入国者数の多い国の上位10カ国(四捨五入的な概数):シンガポール 812万人、インドネシア 170万人、タイ 110万人、ブルネイ 73万人、中国 73万人、インド 41万人、 日本 32万人、オーストラリア 31万人、フィリピン 29万人、英国 27万人
入国者数ではなく対前年比で増加率が多い国は: カナダ、オランダが100%を超え、カンボジア、ロシア、が高い。

(Intraasia注:シンガポールを入れて数えると実態が少し違って見えてしまいますね。旅行者とはいわゆる社会訪問パスで入国する人たちをいいますから、観光だけでなく短期ビジネスなどで入国する人たちも含まれていますね。隣国でない中国がその入国者増加ペースを復活させたようですね。観光客集中地区だけでなく、華人地区では至るところで中国人を見かけますから、とくに不思議ではありません。慣れた目と耳から中国人と華人の区別は難しくありません。日本は平均すると毎月3万人ぐらいがこれまでの傾向ですから、今年は多少増えるのかな?でもマレーシア入国者数で大きく増減しないのは日本人の特徴です)

【半島部北部州で天気が大荒れ】
半島部北部州で、嵐のような天候によって各地で浸水冠水、土砂崩れが発生しました。ケダー州では一時浸水で1600人が避難、バタワース側の海岸では2メートルの高波が襲った、フェリー運行に遅れ、など。気象庁はまだ数日荒い天候が続く可能性があると、警告しています。

【パームオイルの生産コストが上がり、一方先物価格は急落している】
パームオイル価格が急速に下落している折、材料の費用増加と税金によって生産コストが上がっています。生産者側は言う、一般的な生産コストはトン当たりRM 1200-1700。 プランテーション業界の最大企業 Sme Darby の場合はRM 1100とのことです。中程度の規模の会社でRM 1300-1500であり、専門家は、サラワク州では生産コストは一番高いと推測しています。
今年政府はパームオイル売り渡しトン当たりRM 2000を超える販売に対して15%の超過利潤税を課すと発表しました、尚サバ州とサラワク州は7.5%です。

パームオイル先物1月渡し価格が2年来の最低価格であるRM 1565をつけました。重要な基準点であるRM 1500に近づいています。アナリストの多くは今年の今後の価格をRM 1500に下方修正しました。 マレーシアとインドネシアのバイオディーゼル政策が成功裏に発足したとしても需要が上向くのは2009年後期だという味方もあります

【ビスケット製造に使われている中国の3社製のアンモニア重炭酸塩を禁止】
政府は中国の3つの企業製のアンモニア重炭酸塩の輸入を禁止処置にしました。これはメラミンが含有されていることが検査の結果わかったからです。アンモニア重炭酸塩はビスケット製造に用いられており、マレーシアのビスケットメーカーは材料の95%を中国から輸入しています。ビスケット製造にメラミンを使用する利点はありません。中国製の他のメーカーのアンモニア重炭酸塩は輸入して検査に合格してから市場に出してもよい措置に置かれました。他国製のアンモニア重炭酸塩は監視措置下にあります。

保健大臣はビスケットメーカーとアンモニア重炭酸塩の合計50社ほどの代表と協議を行いました。先週この汚染されたアンモニア重炭酸塩を使って製造されたマレーシアビスケットメーカー:Khong Guan社, Khian Guan 社の18種の製品の回収を命じました。 ビスケットメーカー各社は自主的に製造毎の製品サンプルを国民大学と理科大学の研究所に送って、メラミン検査を受けることに合意しました。「工場で各社はその検査を行い、その証明を生産毎に保健省に送ります。」 と大臣。

(Intraasia注:まったくもって中国製の起こす問題はやっかいですなあ。私がたまに食べていたビスケットも禁止品になってしまったのです。中国の自主検査が当てにならない以上、今後もマレーシア食品当局の検査に期待するしかありませんな)

【ハイウエーが改名したが案内表示は無変更】
KLIA空港とプトゥラジャヤとクアラルンプール中心部を直接結ぶ道路である、全長26km のクアラルンプール-プトゥラジャヤハイウエーは昨年12月に開通しました(全面は少しその後)。次第に利用者が増え、タクシーや空港リムジンの利用も多くなりました。半年後ぐらいたってからこのハイウエー名がMaju Expressway と改名されました。しかしこれが利用者に困惑を起こしています。改名後もこのハイウエーにつながる道路とハイウエー(Besraya, KL-Seremban, New Pantai expressway, Kesas ) では依然として、クアラルンプール-プトゥラジャヤハイウエーの名が使われて案内表示されています。

「名前変更がドライバーに戸惑いを起こしており、解決のためにハイウエー会社は何もしていません。ラジオの交通案内ではもはや旧名を言わなくなってしまった。」このハイウエーはPutrajaya, Bukit Jalil, Kuchai Lama, salak South 、Kampung Pandan でインターチェンジになっています。運営はkonsortium LapanganTerjaya 会社が行っています

(Intraasia注:空港とクアラルンプール中心部を結ぶバスもこのハイウエーを使うようになりましたね。便利なハイウエーです。しかしどういう理由でこの種の改名を突然するのでしょうか、他の例でもあるように説明のなさは相変わらずのことです)

10月22日の記事

【Malaysiakini の誤報にナジブ副首相が強く反発】
ナジブ副首相が発表したというマニフェストを(マレーシアでよく知られ且つ先駆である)インターネット新聞のMalaysiakini が掲載しました。しかしナジブ副首相はそれを100%偽物であり、マレーシア政界を割ってしまうものだと、強く批判しました。「ショックを受け、そのできごとに全く失望した。非常に悲しいことです。私を支持するそのようなグループは存在しません。」 ナジブ副首相の事務所は今週月曜日に否定の声明を出しました。

Malaysiakini のその記事を書いた女性記の間違いであり、彼女は即辞職したと、同紙の編集長は釈明しました、「我我はこのことにショックを受けています。そんな記事をそもそも載せるべきではなかった。この件では大変遺憾であり、ナジブ副首相に陳謝します。」

ナジブ副首相はマレーシア人に対して、この全くうそによって影響を受けないようにと呼びかけました。内務大臣は語る、「誰かこの件で警察報告を出すべきです、そうすれば警察は捜査に入れます。Malaysiakini は偽報告を載せた、そして陳謝した。良くないことだ。」

(Intraasia注:マレーシアのインターネット新聞で老舗であろうMalaysiakini はこれまで数々の政府与党批判をしてきた立場を堅持していると、一般に思われているはずです、それが合っているか否かは別ですが。そのMalaysiakini が起こした最大の失敗になるかもしれませんね)

【スランゴール州の森林保護地が違法入植者によって大きく侵食されている】
スランゴール州のKuala selangor 地方Batang Berjuntai にある森林保護地が、この何年かに間に多くの違法小規模入植者によって住宅と農園に転換されてしまいました。この違法入植地は州の森林保護地の中で最大と言われています。さらに同州の Kapar森林保護地と Raja Muda 森林保護地も違法入植者によって侵略されてしまっています。 これに対して、自然保護団体などは怒りを表明しています。

マレーシアネイチャーソサイエティーは言う、「kapar 森林保護地はマングローブの森林であり魚と蝦の生息に重要な役割を果たしており、自然の侵食に防波堤ともなっている。我々は森林保護地を減少させないことが大切です。Kala Selangor だけでも水産養殖農園によって多くのマングローブ地がなくなってしまった。 森林保護地は森林庁の管轄下にあるが、他省庁と政治家から多くの干渉を受けていると思う。」 「こういう侵略が起こってしまっている。森林庁は監視し保護するための十分な人員がいるのでしょうか? 森林庁に対してより高位の官庁が干渉したのでしょうか? これが疑問点です。」

スランゴール州州首相は言う、「違法小規模入植者にその地は農業地だと誤って信じ込ませて入植させた仲介者らに対して、州政府は行動をとります。その地では秘密グループが暗躍しているという話を調査しています。彼らは入植者から金を集めているとのことです。こういう金を集めているブローカーを捕まえたい。」

世界環境センターの理事は言う、「Raja Muda 保護地は国内で最も重要なピート炭湿地の1つです。ピート炭が火災が起きるという事態がこれまでにも数多く発生しているが、火災は自然には起こりません。火災は人々の意識的な行為である、湿地から水を排出し森を燃やすという行為で発生するのです。」 「以前の森林庁の幹部は私に次のように話している、違法入植に対して対処策を取ったが、そういう対処策を取れないような政治家からの干渉に面した。」

(Intraasia注:このニュースはマレーシアの典型的な行政上の弱点を示しています。保護地帯なのにもう何年にも渡って多くの入植者が入植してしまった。森林庁は黙認し土地事務所は勝手にその地の登記を認めてしまった。たとえこのことが取り上げられても大きな扱いにならない。なにやら権力と金の結びつきを感じさせるできごとです)

【中高齢者を雇う有名地元飲食チェーン店】
マレーシア独自の喫茶軽食ケーキ店として全国でチェーン展開している Secret Recipe は企業の社会責任の一環として中高齢者の雇用を始めました。「現在の状況下で引退後も仕事の必要な中高齢者がいると思います、しかしそういう人たちは職を見つけるのが難しいでしょう。」と同社の社長は語る。「わが社で働く中高齢者はより仕事に打ち込んでいます。」 同社の中高齢者雇用方針は、健康なマレーシア人であること、きちんとした態度で仕事に打ち込めること、サービス業に従事できることというものです。パートタイムとフルタイムがあります。同社は全国で50人ほどに中高齢者雇用を増やします。 www.secretrecipe.com.my

(Intraasia注;この記事内容はマレーシアでは珍しいできごとです、ですからここでも取り上げました。スーパー、ガソリンスタンド、ファミリーレストラン、コンビニ、大衆食堂といったサービス産業で中高齢者を雇用している場合は極めて少数です、その店の家族親戚の中高齢者が働いているという場合はもちろんあります。なぜマレーシアでサービス産業に中高齢者雇用が導入されないかの最大理由は、合法違法の外国人労働者が簡単で安価に雇え且つ人々はそれを好むからです。この種の業種で外国人労働者なしに営業を続けることはとっくに不可能です。さらにマレーシア自体がまだ中高齢者問題に日本ほど面していないことですね。よってこの会社の雇用がニュースになるわけです)

【マレーシア航空の安売りセールスの戦略】

マレーシア航空が5月に始めた”毎日低価格です”キャンペーンに続いて、最近また行っている低価格セールスに関して同社社長は説明する、「このセールス用の低価格座席は全座席数の中で最初から売れる見込みのない30%の座席が対象です。そこでインターネット購買が250%増加し、低価格収入が150%増えました。これによって燃料コストをいくらかでも回収できます。」 マレーシア航空の今回の”全部込みの低価格”キャンペーンは11月9日まで続きます。

(Intraasia注:通常サービスを行うマレーシア航空の低価格座席の論理は、全てを格安に行うAirAsia と違うということです、何もしなければ空席のままになるはずの30%の座席を低価格で事前に販売するという論理です。もちろん30%というのは平均の数字であり、便と時期によって変化するのは当然でしょう。確かにこの値段で買えれば安いです、行けなければ捨てるつもりで半年先の切符を買うのもいいかもしれません))

10月21日の記事

【株式市場に資金を投入するなどの経済活性化策を発表】
(世界的金融危機を迎えている中で)経済活性化のために、マレーシアも対処策をとることになりました。ナジブ副首相兼財務大臣が経済影響を和らげるためにこういった政策を発表しました。さらに11月4日の国会演説の中で追加の政策を明らかにします。
5年前に政府が設立した Valuecap 会社の資金を増やすために、政府はRM 50億をつぎ込みます(資金がRM 100億になるとのこと)。これによって、過少評価されている株式を支援しようと市場に資金を投入することになります。Valuecap 会社の株投資で市場の雰囲気を高めます。
政府は公共プロジェクトに引き続き資金をつぎ込みます。物とサービスに資金を支出することが、経済の第一の構成分野であるサービス産業に貢献します。
外国投資委員会の指針のいくつかを見直して、さらに外国からの投資を惹きつけるようにします。とりわけ不動産と商業分野。
投資を呼び込むためにサービス分野の自由化を高める、そして雇用を増やす。
金融機関が率先することと、中央銀行の特別ファンドを通して中小企業の強化に取り組む。
「マレーシアは金融危機には面していません、そしてマレーシアをその中に巻き込むべきでないのは当然です。ただ来年はマレーシアは低い経済成長率に備えるべきです。」とナジブ副首相。

【サバ州選出議員の主張する片親家庭の数の多さ】
国会の論議でサバ州選出の華人女性議員は主張する。「2001年以来、サバ州には片親家庭は90万弱にもなる、それは自国に帰ってしまった無責任な違法移入者のせいです。シングル母親は健康不安と食不足と収入不足に落としいれられた。 さらにもう一つの問題は、マレーシア男性と違法入国の女性の間に生まれた子供たちです、この子供たちは無国籍者になっており、教育の機会を奪われています。」 「調査によれば、片親家庭の数は1980年の44万世帯から2001年は90万に増えた。サバ州は国内で最大の片親家庭を持つ州です。」

(Intraasia注:サバ州人口は250万人前後、プラスそうなる数の違法滞在者ですから、この90万人という数字が仮に正確ならすごい比率ということです・・・)

【元マラヤ共産党女性指導者がクアラルンプールで死亡】
8年間のジャングル闘争の後中国へ行きそこで亡命生活として40年ほどをすごした、かつてのマラヤ共産党のマレー女性指導者がクアラルンプールの自宅で死亡しました、84歳。その後マレーシア政府とマラヤ共産党の和平協定、1989年署名、の後、彼女は1994年にマレーシアに帰国して隠遁していました。

(Intraasia注:マラヤ共産党幹部はタイに残った組とマレーシアに帰国した組に分かれました。マレー女性指導者としてかなり知られた人物だったそうです。マレーシア語紙もこの死亡を報じていました)

【マレーシアのロリータファッションファン】
(日本発で世界にファンを呼んでいる)ロリータファッションはマレーシアでもファンがいます。19歳の華人女性がロリータファッションファンを集めようと、2006年にマレーシアロリータクラブを組織しました。そして現在では70人のメンバーがいます。その会長は言う、「私は5年間ぐらいロリータファッションのファンです、そこでクラブを始めようと思いました。」 彼女彼らは学校休暇時期に集まりを持ちます。「私たちの主な活動は集まりを開き新しい友達を作ることです、それにそういうファッションを決めるのは楽しいことです。」

ロリータファッションの入手は、彼女はインターネットで注文するか、日本へ行った時に買うと話す。「自分で作ればRM 50ぐらいから、日本のブランド品を買えばRM 1500ぐらいはします。値段はブランドと品質によってすごく違います。 日本のブランド品は高いけど、それに値します。」 「マレーシアのロリータファッションはまだ比較的新しいので発展中です。多くのロリータファッションファンは新人です、流行を追う人は多いけど、ロリータファッションに打ち込んでいる人は少ないです。」

17歳の華人女性はこのクラブの副会長です。ファンタジーを感じるファッションへの情熱を語る、「無垢でエレガントで可愛い姿に惹きつけられます。それに王女みたいな姿に魅力を感じます。」 彼女はインターネットサービスを利用して世界の専門仕立て屋に衣装を購入します。値段はRM 300以上かかるとのことです。自分でも作ります。
マレーシアロリータクラブはロリータファンなら誰でも歓迎しています: //community.livejournal.com/msianloliclub

全然別のロリータファッションは主張する、「ゴシックロリータスタイル衣装は甘くエレガントでビクトリア時代を連想させます。しかし不幸にもマレーシアでは、ゴシックロリータ流行はパンク文化といっしょになってしまっています。ゴシックロリータファッションとパンク文化は何の共通性もないのにです。」

(Intraasia注:私には全然わかりませんが、ということだそうです。)

10月20日の記事

【有名メーカーMuncyビスケットにもメラミンが含まれているとの海外報道 】
(国内菓子メーカーのトップクラスである)Muncy 食品社は、同社製品は全く中国製ミルクを含有していないと再度説明しています。使用しているのはすべてオーストラリアとフランスからのものだと同社社長は語る。香港の当局がMuncy 食品社の製品から過剰範囲のメラミンを検出したと発表したことに対応するものです。「弊社はマレーシア保健省に協力しており、省がわが社の製品を検査をしています。」

(Intraasia注:先週もそれなりに知られた国内菓子メーカーの製品に過剰メラミン含有があると明らかになりました。私の食べたことある品も含まれており、多いとは言えなくても少なからずの製品にこの汚染が広がっていますね)

【自動車で逃走し銃撃し殺された2つの事件】

疑わしい車を追跡していたスランゴール州警察の覆面パトカーに賊が気づいて逃走しようとしました。スランゴール州BukitTingi 付近の道路で賊の1人が拳銃を車に向けたので、警察は発砲し、賊の車は暴走して止まりました。車内の2人のインドネシア人はすでに死んでいました。車内からジョーホール州で盗まれたと思われるRM 2万ほどの調査器具が見つかりました。

クランタン州のPasirPutih 付近で、車で追跡されていた貴金属商が強盗団に射殺されました。夫婦の貴金属商がトレンガヌ州の別の店を訪れるために朝クランタン州の店を出発した後、車に追跡されていることに気がつき、高速で逃げましたが、途中3発の銃弾が夫婦に発射され、1発が命中しました。夫は銃撃を受けた妻を病院に担ぎ込みましたが、彼女はその直後に死亡してしまいました。賊はその間に逃走してしまいました。

【インドネシア人ばかりの複数の殺人事件の被害者】

クアラルンプールとスランゴール州で1日に5つの死体が発見され、内4人は殺人の犠牲者と見られています。インドネシア人労働者と思われる死体がクアラルンプールの建設現場で見つかり、身体には多くの傷がありました。仲間に攻撃されて殺されたとみられます。またクアラルンプールのイポー通りの川岸で腐敗した死体が見つかりましたが、死体は人物がまだ確定されていません。Segamat地区ではインドネシア人と見られる兄弟の死体が発見されました。1人は首が切断されていました。
ペタリンジャヤでは、22歳のミャンマー人がベッドで見つかりました。自殺と見られます。

【ペナン州の犯罪率】
犯罪発生率がペナン州で上昇しているとのことです。ペナン州州警察長官は語る、「今年10月半ばまででは、昨年同期比で1.4%増加の14139件でした。車両盗難、空き巣といった財産犯がその一番の理由です。非武器使用の強盗が昨年の198件から一挙に880件に増えました。ただしこれは統計の取り方を変更した点も寄与しています。」 ペナン州で犯罪率が高いのは、本土側 Sebrang Perai 中部地区と島部のジョージタウンです。「従って、Bukit Tengah, Bukit Mertajam, Sebrang Jaya, Prai, George Town、Bayan Lepas の各地区警察署は行動をさらに強化しなければならない。」 「警察は依然として人員不足にあるので、効果的な運営と向上に焦点を絞る必要があります。」

(Intraasia注:ひったくり、空き巣、窃盗が多いのは何もペナンに限りません、都市部につきもの犯罪です。バイクで行動する引ったくり犯によってけがを被ることも珍しくないので、旅行者もひったくりには気をつけましょう)

【マレーシア航空の比較広告から】
全ての費用を含んだ低料金です
クアラルンプールからの片道料金 RM 54: 行き先はアロースター、ジョーホールバル、コタバル、クアンタン、クアラトレンガヌの1箇所
マレーシア航空の航空券と燃料費追加代と保険料と手続費を含んだ料金はRM 54 でこれ以外の費用は要らない。
ある格安航空は、燃料費追加代と保険料と手続費を含んだ料金はRM 54、プラス 航空券+ 荷物代+食事代+飲み物代+優先席代 支払い合計 RM 100になります。

(Intraasia注:つまりAirAsia より安いと言いたいわけです。どちらの航空会社を取ろうと、乗る時期と便によってもすごく料金が違うのであり、RM 54で買える座席数は限られていますから、広告はこういうことを知って役立てることが必要ですね。旅の掲示板に他の方面への料金を載せました)

10月19日の記事

【華人与党の馬華公會(MCA)が党大会で指導部を一新】
Barisan Nasional(与党連合)で2番目に大きな政党である、華人の馬華公會(MCA)はクアラルンプールで第55回定期党大会を開催しました。今年は役員選挙の年であり、それまでの党指導部が総退陣したので、総裁を含めてほとんど全ての指導部職が新たに2400人弱の代議員による投票で選出されました。2人が立候補した党総裁には、準総裁であった翁詩傑が、元準総裁を破って当選しました。 副総裁は元準総裁で元保健大臣のベテラン蔡 が他候補2人を破って当選しました。4人から構成される準総裁は全て新顔が選出され、内1人は党史上初となる女性(前婦人部議長)が当選しました。

この大会で退任する総裁は開会演説で語る、「Barisan Nasional(与党連合)内での権力分かち合いは実際には効果的でないか公平ではないという大衆の捉えかたが起これば、状況はさらに悪くなります。UMNO党が圧倒的に圧倒している党だと見られています。」  「権力分かち合いというスローガンはしばしば語られますが、単なる口だけのお世辞だと見られています。」 というように、任期中最も強い調子の言葉でした。

演説で彼は未だ解決されていない7つの不満な現象をあげました:政治家と官僚の中にある権益乱用と汚職、傲慢で民族差別的な政治家の存在、犯罪の増加、物価の上昇と生活費の高騰、非ムスリムに対する当局の対処法、華語小学校に対する国の政策への不満、その他

党書記長の演説では馬華公會が中心となって設立した高等教育機関である TARカレッジはこれまでに14万5千人の卒業生を送り出し、近年に設立したUTAR大学はすでに9千人の学生を卒業させた、また華語小学校に関して、政府は75校の移転を認め、15の新規建設を認可した、と述べました。

(Intraasia注:マレーシアの政党はどこも副総裁・副党首の下にさらに準総裁という紛らわしい役職を設けています。英語ではそれぞれ deputy, vice と訳していますが、日本語にすればどちらも副です。よって当サイトは準という訳語です。華語でもマレーシア語でも両職種を区別する単語を使っています。国会議員8人と州議会議員27人を有する MCAは与党側の華人政党として華人界の声と不満を代弁する立場にもあるわけです。華語小学校は常に華人界の中心関心になります) 

【原油とパームオイルの価格下降はマレーシアにとって憂慮すべきこと】
(表は省略)
政府は経済成長率を2008年が5.7%、2009年が5.4%と設定しています。しかし問題は(世界金融危機の発生前である)原油とパームムオイル価格が高レベルにあることを前提にしていることです。経済報告書 2008/9年では、原油 US125 、 パームオイル RM3000 を設定値にしています。今年前半はこれら商品価格は高価格を維持していたので、今年の成長率はこの数字から大して乖離しないでしょう。しかし来年の場合は別の事情となります。

マレーシア経済研究所は最近の発表で、「原油とパームオイルの値下がりで政府収入は影響を受けます。原油関連の収入は政府収入の40%以上を占めています。マレーシア政府の予測である、国内総生産高に対する赤字予算の率は2009年 3.7%という予測だが4%以上になるかもしれません。」

民間のエコノミストは指摘する、「マレーシアパームオイル評議会の統計では、国内のオイルパーム植え付け面積の4分の1は小規模生産者の保有です。時間はかかるが、小規模生産者の収入に影響が出ます。」 悪いことに小規模生産者は収穫率が大規模生産会社より低いのです。プランテーションコンサルタントは語る、「プランテーション労働者と小規模生産者にはひどい影響となるでしょう。」

原油価格は連邦予算に密接に関係しています。税金、関税などの収入は石油関連収入に多大に依存しています。国際原油価格が下がれば、国内の石油ガス産業の収入は減ります。もっともガソリン類への政府補助金額は減ります。パームオイル価格の値下がりで、政府は超過利潤税を課するあてが外れました。マレーシアは国際原油価格の上下からの影響を逃れることはほとんどできません。一つ希望といえば、パームオイルをバイオ燃料に使う可能性が増えていることです。

(Intraasia注:マレーシアが石油収入に過大に依存している状況を今年のコラムで書きました。パームオイル価格上げ下げは極めて大きく、今年4月に過去最高値 RM 4500ほどになったあと、現在ではRM 1700ほどです。現時点よりも来年経済への影響が心配されるという論が目立ちますね)

【女流監督Yasminが撮った日本が題材の映画】
それまでにないマレー映画を製作監督したことで知られる、女流監督Yasmin Amad はこれまでに Rabun,Sepet, Gubra, Mukshinなどを監督しています。彼女が今年?監督した日本映画” わすれなぐさ” が最近の2008年プサン国際映画祭で2万米ドルの賞を得ました。この映画の製作は 日本のWa プロダクションです。この映画はマレー少女が日本人親戚を日本に訪れる物語です。

Yasmin Amad監督の次の作品 Talentime は今年終わりごろに上映公開される予定です。この作品は音楽とダンスがたくさん使われ、新しい人材を起用しました。「今回はインド人とユーラシアン家庭に焦点を当てました。」と監督は語り、イポーでの撮影を最近終えました。「私はクアラルンプールより他所を好みます。」

(Intraasia注:ほー、yasmin 監督が日本題材の映画を撮ったとは知りませんでした。日本のプロダクション製作ということは日本で公開されるわけですね、既に公開済み?それともこれからなのでしょうか?)

10月18日の記事

【ナジブ副首相批判者が裏でうごめいているとマハティール前首相】
「(次期首相となる)ナジブ副首相を悪者扱いするような共同した動きをする者が、UMNO党内などにある、と私は思う、」とマハティール前首相は語る。「彼が現在受けていることは驚くことではない。私はこの種の扱いを引退後受けた。いろんなレッテルを貼られ、全てを批判された。王立調査委員会さえ組織された、何も証明できなかった。」 

「ある筋が指示をしてメディアが何を書けと言われていることを私は知っている。」 今や多くのUMNOや政府の指導者らが彼(マハティール前首相)と会うことを心配しなくても良い状況になっていることに関して、「(私が)汚名をそそぐと言うことではない。最初からそんなことは起こるべきではないのだ。」 「引退後の私に対する態度は以前の引退後指導者には決して起こらなかった。 人々は私を訪問しないように言われた。私は発言する土台を奪った。」

(Intraasia注:アブドゥラ首相ほどマハティール前首相を嫌っていないと言われるナジブ副首相の首相就任が具体化したことで、マハティール前首相の存在が表に出ることになるなどという論を表明する政治家も現れています。UMNO政界天気が変化している最中のできごとです)

【国防省の多額なヘリコプター購入を巡って】
ナジブ副首相はつい最近まで国防大臣を兼務していました。国防省はマレーシア空軍の新ヘリコプターとして Eurocpter 社の型を選び,総額RM 23億の契約となりました。国防省の長官は説明する、「 Eurocpter 社は条件にあった完全な売り込みオファーをしてきました。同社のヘリコプターは国防省の仕様にも合致しています。入札は国際公開入札によって行われました。購入決定は適切な手順に沿ったものであり、第3者の影響は受けていません。」 

「ヘリコプター購入の件は、2007年10月に政府翼下の経済計画部が承認し、国際入札が11月に行われました。入札は今年2月に締め切られ、7つの入札がありました。」最終的に、「入札検討の結果は8月に財務省に伝えました。そして9月に国防省に対して契約の承認が出ました。」 Eurocpter 社はドイツ-フランス企業だとのことです。

国会で野党議員は主張する、「購入RM 1億を超す契約は今後国会に図るべきです。国防購入はあらかじめ国会の論議を行うようにすべき時がきています。」

【クアラルンプールの有名な大衆食街アロー通りが改名された】
Bukit Bintang 街に平行して走る Jalan Alor (通り)を、ごく最近クアラルンプール市庁が Jalan Kejora と改名してしまったと、地元国会議員が批判しています。「新道路名はこの通りに関係ないのであり、特に意味がない。」 として市庁に対して元の名前に戻すように訴えています。 Jalan Alor (通り)には100軒ほどの飲食店と屋台が毎晩並び、地元食を求めて外国人旅行者が多いことで知られています。

通りで数十年商売する人は批判する、「Jalan Alor (通り)は地元人と旅行者の双方に良く知られているのに、どうして改名しなければならないのか?」「計画なく通り名を変えてはいけません。 Jalan Alor (通り)の改名は、全国経済行動会議の要求で行われたとのことです。

(Intraasia注:アジア系の団体旅行者も足を運ぶことで知られている、アロー通りは非常によく知られた食の場所となっています、日本人旅行者にもかなり知られているようです。それほど旅行者が多くなると、チャイナタウンと同じで通りの性格が変わってきたように思います。よって、旅行者向けにメニューを作るようなスタイルを嫌う私は好きではありませんが、ビジネスとして外国人用に便宜を図るあり方は一般に成功するのも事実ですし、それが悪いということではありませんよ。本題である、なぜ改名するかの理由はほとんどの市民にはわからないし、知らせずにやるのが市庁のいつものあり方のようで、これまでにこの種の例は枚挙に尽きません。これだけ知られた通りの名前を変える理由を正当化するのは難しいと思いますけど)

【全国歌唱コンテスト -Dama ボーカルフェスティバル】
西洋音楽と中国音楽の分野、クラシック音楽、ミュージカルの曲を歌唱する曲として、有望な歌手を発掘する、初めてのコンテストです。
入場料 RM 32-72  RM  52-92、 期日: 10月25日と26日 場所:クアラルンプールの KLPac  www.damaorchestra.com

(Intraasia注;優雅な中国スタイルの楽団であるDama オーケストラは有名な地元楽団です。そこが主催してテレビのオーディション番組ではない実力派歌手を発掘しようという試みみたいですね。入場料が高すぎるのが残念ですな)

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 340.2 を入手します。

(Intraasia注:通常は街の公認両替屋で両替したほうがこれよりも多少ですが率が良くなります)

10月17日の記事

【スルタン会議が国民に向けた声明を発表】
(各州スルタンと州元首が集まって定例的に開いている)統治者会議 第215回が、クアラトレンガヌの宮殿で開かれました。会議後に強い調子の声明が発表されました。(その立場をこれほどはっきり示したのは初めてのことだそうです)。この声明は統治者の印章の守護者による声明の形で公表されました
社会契約に関して論議したり疑問を投げつけるのは適切ではない、さらに変更または見直すことを前提にそうするのはなおさらそうである、なぜならこれはマレーシアの成立の重要な基礎だからです。
マレー人の結束という課題は、政治的または党派的興味よりもとっと重要で且つ一番ごとであるということを強調しなければなりません。
非マレー人はその真の権利に関して決して不安感を抱くべきではない、なぜなら非マレー人の権利は連邦憲法と州憲法で保証されているからです。
統治者の印章の守護者は説明する、「マレー人統治者はその特別特典と地位と高貴さと重要さを守護するという憲法的役割を持っています。さらにマレー人統治者はイスラム教と国語としてのマレー語と他民族コミュニティーの真摯な利益を守るという役割もあります。」 「社会契約に関することに挑戦するようなことは決してしようとしてはいけないと警告しています。」

(Intraasia注:この声明の真に意味していることは、かなりマレーシア事情に通じてないとわからないかもしれません。この半年ぐらい表面化した社会の動きに対して、スルタン側がぴしゃっと釘を刺したというところです。マレー人スルタンは単にイスラム教の守護者であるばかりではなく、決して権力なき象徴ではありません)

【次期連邦裁判所長官の任命をスルタン会議が承認した模様】
統治者会議は今回の会議で、次期連邦裁判所長官の任命を承認したとのことです。現長官は今月18日に退任しますので、その後任が注目されていました。次期長官は(裁判官の地位の高さでは2番目にあたる)現控訴裁判所長官になるとのことです。 63歳の現控訴裁判所長官は以前UMNO党の規律委員会の議長などを務めていました。

【国内ビスケットメーカーの製品から高濃度のメラミンが検出された】
マレーシアのビスケットメーカーである Khong Guan 会社とKhian Guan 会社の製品合わせて18種から、相当な剰なメラミンの含有が検出されました。この件を保健大臣は発表し、メーカーにはすぐ製品回収するように指示を出しました。両ビスケットメーカーは共同声明で、省の指示に完全に従って製品を早急に回収すると表明しました。

【銀行預金の全保証を約束するとマレーシアとシンガポール当局が声明を出した】
マレーシアとシンガポールは、それぞれ自国における銀行預金者の預金額を全て保証することに合意し、共同声明を出しました。マレーシアでは中央銀行に登録認可された全ての銀行に預金された、リンギット 及び外貨の預金を全て保証するとしています。

【Imigresenの違法外国人労働者対処法を変えるべきだ】
公会計委員会はImgresen が現在行っている違法外国人労働者に対する対処法を完全に見直して、バイオメトリック方式を全ての出入国地点に導入することを示唆しています。議長は主張する、「現在たくさん起こっている例に、自国送還された者が違った名前でマレーシアに再び戻ってくることです。」 さらに、違法外国人労働者に関する件を裁くために設置された特別裁判所の有効性に疑問を投げかけました、「違外国人労働者の件で雇用者を訴えて裁判所に持ち込んだケース 800強の内、起訴できたのはたった1件だけです。裁判所はこれ以上裁判を遅らせすべきではない。委員会はもっと多くの雇用者が起訴されることを望んでいます。これは外国人労働者を減らす一助にもなります。」

(Intraasia注:違法外国人労働者は取締りで見つかれば収容所送りとなります。しかし雇用者が逮捕されて刑務所に送られたという話はまったくない。せいぜい軽い罰金程度で終わってしまう。この不公平さをなくすことが必須ですね。とにかく外国人労働者はもう至る所で働いていますよ)

10月16日の記事

【インド人大衆組織 Hindraf を禁止団体に指定した】
Hindraf (ヒンズー教徒権利行動の力 という名でインド人大衆層に広がった非政党組織)を15日をもって禁止すると内務省が発表しました。内務大臣の声明の中で、「Hindrafを社会団体登録庁が調査した結果に基づいて、Hindrafを違法であると決定したとしています。内務省は、Hindrafの活動が社会団体法に違反している、そしてもしこのままにしておけば、この組織は社会の安寧と平和と治安とマレーシア人の倫理に危険を及ぼすことになる。」 大臣はこの決定判断は社会団体法に条項に従っていると、説明しました。

大臣は説明する、「Hindrafは許可されていないのに違法集会を開催し、マレー人とインド人の間に憎しみを鼓舞している。Hindrafはさらに、政府にその要求を飲ませるために圧力をかけようと外国の支持を得ようとしていた。こういったことは全てマレーシアのイメージを損ねるものだ。」

野党のインド人国会議員はこの決定に反発して取り消しを要求し、国会で緊急動議を出して論議すると述べました「これはインド人コミュニティーの利益と願望に反するものです、インド人コミュニティーは寛容で公正な政府を望んでいます。」 Hindraf Hindraf の幹部は主張する、「組織禁止は不公平です、我々はなんら犯罪も犯していないし、法に反していません。英国に退避している Hindraf の議長は幹部にこれ以上の声明を出すには1日待つようにと指示しています。」 インド人NGOの共同会議の書記長はいう、「Hindraf を禁止すればインド人コミュニティーは声を出せなくなる、しかし支持者の意識をくじけさせることにはならない。」

(Intraasia注:インド人与党とインド人主体政党に幻滅を感じるということで組織された、インド人大衆の組織といわれており、その行動力でたちまち社会にニュースになってきました。幹部5人が治安法で逮捕されて拘留所に収容されていますが、活動は止まないようで、政府はいらだちを表明していましたね)

【ヌグリスンビラン州スルタンに銀行への賠償を命じた特別法廷】

(輪番制5年の地位である)国王を務めた、ヌグリスンビラン州のスルタンに対して、銀行に100万ドルを支払うようにという判決を特別法廷が下しました。裁判官は連邦裁判所長官、サバ州サラワク州裁判長官、連邦裁判所判事ら5人の統一判決で、原告のStandard Chartered Bank Malaysia の訴えを認めました。この特別法廷はスルタンなどに関する裁判を行うために設置されたもので、これが始めての裁判です。

この裁判はヌグリスンビラン州スルタンが1999年に価格US$100万の信用状を保証したことに関することです。裁判官は、Standard Chartered Bank Malaysia がスルタンの口座から所定金額を引き出せる権利を認めました。特別法廷はさらに、スルタンが反対訴訟を起こした費用を弁済すべきだと要求している件を退けました。「スタンバイ L/C w一目見ただけで取り消し不能であることへの疑いは微塵もない。」 

【中学生が関わると見られる性ビデオが出回っている件を徹底的に調査する】
中学生が制服姿で性行為をしている姿を映したビデオが携帯電話のマルチメディアサービスとVCDを通じて生徒の間に広く出回っているとのことで、教育省の副大臣は徹底した調査をすると言明しました。映像は3種類あり、郡部で人気を呼んでいるとのことです。「我々はこういう映像がどうして校舎内で携帯電話を使ってどのように撮影されたかも調査します。生徒は授業に携帯電話を持ってきていけないことになっています。2種の映像はサラワク州Bintul で撮影されたようであり、もう1つはパハン州のPekanで撮影されたようです」

副大臣は全国学生規律委員会の議長として個人的にこの調査を迅速に行っていくとしています。「PTAと規律委員会を動員して調査を助けます」 しかし副大臣は、生徒の関わるこの種の物は人気があるので、外部者が生徒を装って性ビデオを作製した可能性もあることを認めています。1つのビデオでは男子生徒がクランタン州方言で話しており、女生徒はトドゥン姿だそうです。

【タクシー運行免許を個人に与える初の機会】
タクシー運転手個人にタクシー運行免許を与える機会が初めて行われいます。7月半ばから申請を受付て10月半ばに終わった期間中に、約1万人の運転手がこの免許を申請したと、企業家と協同組合省大臣が明らかにしました。「これまで運行免許はタクシー会社だけに授与していました。多くのタクシー運転手は自身でタクシー車輛を保持しています。」

(Intraasia注:個人タクシー免許授与はいいことですが、条件も厳しくすべきでしょう。また貸し行為は堅く禁じて取り締まらないと起こりそうですね。タクシー運転手は一般に、タクシー会社から車輛を日借りして毎日その借り賃を払います。そうして5年から7年賃借りを続けて最終的に自分の車輛にするわけです。しかしそれでもタクシー会社名で運行していますね)

【輸入野菜と果物を検査したがメラミンは検出されなかった】
輸入野菜と果物に関して、保健省は国内5箇所の輸入地点から57点のサンプルを取り出して検査しました。サンプル品は、りんご、ぶどう、にんじん、レタス、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、中国キャベツ、しょうが、たまねぎ等です。いずれもメラミンは検出されませんでした。「今後も引き続き中国及び他国からの品物をサンプル検査していきます。」 

10月15日の記事

【またガソリンを小幅値下げ】
世界的石油市場での値下がりを受けて、ガソリン類の国内消費者向け価格を再度値下げすることを政府は発表し、15日から即実施になりました。前回の値下げは9月24日に行われました。種類別級価格と新価格: ガソリンRON 97 RM 2.45 RM 2.30、 ガソリンRON92 RM 2.30 RM 2.20、 ディーゼル RM 2.40 RM 2.20

マレーシアバス運営者協会は言う、「我々にとって燃料の値下げは影響ないです。なぜならバス業者は補助金付きディーゼル料金であるRM 1.43のままだからです。その他のコストが高いままです。今年初め燃料が値上がりしたとき、いろなん製品の値段も一挙に上がった。しかし燃料費が下がってもこうした品々の価格は下がっていません。」

トラックオーナー協会は言う、「ディーゼル価格が下がったのは嬉しいですが、トラックオーナーは運送コストの上昇を吸収できません。トラックはその燃料の4分の1だけを補助金付きディーゼルでまかなっています。」

(Intraasia注:一度値上がりした品々、サービスが値下がりする場合の極端な少なさは誰でも知っていますし、それが現実ですね。ガソリン値下げは自家用車族が一番恩恵を受けるでしょう、自家用車も持てない下層階級はなんら恩恵ありません。超多額の補助金をつぎ込んでいるため、マレーシアは近隣国よりもガソリン類はかなり安いのです、ですから前にも書いたように、小幅なガソリン類値下げなどせずに、過剰に支出している補助金を減らす、その金を公共交通につぎ込むというのが、あるべき方式のはずです)

【ボリウッドスターがDatuk称号受賞したことに対して芸能人団体に意見の違い】
マラッカ州は今年の称号授与式でインドのボリウッド映画界の大スターShah Rukuh Khanに Datuk称号を送りました。これに対して、国内の芸能界から批判的な意見が表明されていました。しかしマレーシアアーティスト協会(Karyawan) だけはこの称号授与を支持する立場を表明しました。議長は言う、「国内のアーティストに同等またはそれ以上の授賞があれば、アーティスト協会(Karyawan) はボリウッドスターが受賞したことに問題を感じません。授与を決めるのはその州の元首の特権です。ただ協会に対して候補者の名前を推薦するように依頼があればより良いです。」 「Datuk受賞にふさわしくない人が受賞する場合がもっと多いのです。こちらのほうをもっと注目すべきです。」

芸能界の別の団体 アーティスト協会マレーシア Seniman はShah Rukuh Khanが受賞したことに反対の意を表明していました。

【マレーシアの預金者保護システムは健全だという判断】
マレーシアの銀行預金者に対する預金者保険制度は健全ですと、国内のエコノミストは見ています。他国と比べた預金者保護金額は:
マレーシア RM 6万(US$17261)、シンガポール S$2万(US$13808)、インドネシア RP 1億(うUS$10616)、 ベトナム VND 5千万(US$3020)

【携帯会社DiGi の新プリペード利用者向けパック】
携帯電話4社の1つ DiGiは最近またまた革新的なサービスパックをプリペード利用者用に発売しました。このパック DiGi Prepaid I like Plan の特徴は、マレーシアの携帯と固定電話宛てなら自社他社を問わずどこでもいつでも通話料金 1分間36セントの固定料金です。文字通信SMSの料金も固定で1回10セント、 マルチメディアサービスも固定料金で35セントです。 このパックプランには利用者の好み利用スタイルの基づいて選べる追加の4つのオプションがあります:Super SMS, Super FnF, Super Talk, Super Long Life  このオプションは顧客は1回だけ変更できます。このサービスパックの開始料金はRM 13.9からです。

Super SMS  たくさんSMSする人向け、 
Super FnF 家族友人など通話相手を15人を特定し、その通話料金は1分間 15セントとなる、尚15人中4人は他社登録の通話相手でも良い
Super Talk  通話とSMSと大量に使う人向け、 その人のその月の使用料がRM 100に達すると、それ以後は割引料金の1分間25セントになる、RM 200に達するとさらに特典がある
Super Long Life 有効期間を1年まで延長できる(つまりその電話番号を1年間まで保持できるということなんでしょう)、トップアップは1回RM 30だけ行えばよい

(Intraasia注:携帯電話各社は毎年めまぐるしく新しいサービスパックを発売して料金体系を変えていますよね、とりわけプリペード利用者向けです。尚マレーシアでは利用者の大多数はプリペードです。中でもDiGi はユニークなサービスを打ち出すことで知られています。ロングライフ はたまにマレーシアを訪れる外国人旅行者にも向いてそうですね)

10月14日の記事

【マレーシア最大銀行のインドネシア銀行買収に関して】
再開した国会で、野党リーダーに就任した元副首相アンワルが、先に発表された2009年予算案に関して批判し質問しました。つい先日マレーシア最大銀行MayBnak がPT Bank International Indonesia をRM 80億で買収した件を政府が承認しましたが、アンワルはその買収金額は簿面価格の4倍にもなる、と批判しました。「この買収は悪化する経済状況の中で行われた。経済アナリストで肯定的な評価をした者はいません。」 ナジブ副首相はMaybank の銀行買収は国際金融危機の前に決定されたものであり、合意を外せないと語ったとのことです。「買収は銀行のビジネス判断で行われ政府は関与していない。」 ナジブ副首相は最近財務大臣も兼務することになりました。

さらにアンワルはTelekom malaysia が総額RM 113億の全国ブロードバンドプロジェクトを行うことを政府が迅速に承認したことに関して質問する、「この資金はもっと適切に使えます。」 ナジブ副首相はこの間まで防衛大臣であったため、マレーシア空軍がRM 23億でユーロヘリコプター12機を購入した件を、アンワルは批判しました。

ペナン州首相でもある行動党書記長の国会議員は質問する、「インドネシアの銀行であれシンガポールの企業であれ、マレーシアは救済するべきではない。mayBnak が買収契約を結んだ後 、PT Bank International Indonesiaの主要株主であったシンガポール政府の投資機関は進んで値引きしようとして必死だったに違いない。」

(Intraasia注:Maybank は政府が主要株主です。つい最近大型買収を決定して、エコノミストなどは買収自体に多少批判的なコメントをしていましたね)

【バイオディーゼルの使用を公共交通部門で義務付けしたい】
バイオディーゼルB5は95%がディーゼルで5%がパームオイルの混入油です。プランテーション産業と商品作物省は、公共交通機関でのバイオディーゼル使用を義務化させる案を進めようと、次の内閣特別委員会に提案しいます。先に同じような提案をインドネシアがしたとのことです。大臣は説明する、「B5バイオディーざるをまず公共交通機関で使い、他方面に普及させたい。わが国のパーム原油の備蓄は現在月間 190万トンですので、これは150万トンに減らしたい。 パーム原油の備蓄の減少策として、輸出割り当ても増やします。」 「世界最大のパームオイル産出国であるインドネシアにもその備蓄水準を見直すように要請します。インドネシアの在庫レベルはマレーシアよりも多いのです。」 

世界金融危機の中、「パーム原油の需要は依然として強い。中国がパーム原油輸入を止めるとは考えられない。中国は食物油が必要なのです。今年第四四半期のパーム原油輸出は減るでしょうが、通年的には昨年と同じくらいになるはずです。」」

【デーパーバリ用バザール】
デーパーバリが今月27日に近づいており、各地のインド人街ではデーパーバリバザール商戦が盛んです。クアラルンプールのBrickfields ではクアラルンプール市庁がこの商戦用に許可した554枚の臨時店舗・屋台免許が発行されました。香料、衣類、アクセサリー、食品類を売る店がSambanthan通り両側に並んでいます。「このバザール用出店免許はマレーシアインド人に発行しました。」 と連邦直轄領省の副大臣は言う。

(Intraasia注:500枚を超える臨時免許とはかなり多いですね。)

【絶滅の危機に面した動植物の数】
IUCN 2008年危機に面した品種のリストによれば、マレーシアは動植物合わせて 1141品種がこのリストに載っています。世界では、エクアドル、米国に次ぐ3番目に多い国となります。問題はこの両国は2007年よりその品種が減っているのに、マレーシアは230種増えたことです。その内、非常に危険に満ちている という絶滅に向かって最悪段階の種は動物37種、植物186種あります。
動植物1141種の内訳: 哺乳類 70種、魚 49種、両生類 47種、鳥類 42種、爬虫類 21種、軟体動物 19種、その他無脊椎動物 207種、植物 686種

10月13日の記事

【トレンガヌ州Kertih に高級ショッピングセンターがオープン】
トレンガヌ州の海岸に面した町 Kertih に非常にモダンなショッピングセンター Mesra Mall がオープンしました。12ヘクタールの土地にRM 1億で建設されたMesra Mallはトレンガヌ州への旅行者をひきつけることを期待されています。このショッピングセンターを運営するのは、クアラルンプールKLCCで高級ショッピングセンターを運営するSuria KLCCです。石油の町 Kertihとその近辺の人たちはもはやクアンタンやクアラトレンガンヌに行く必要はないであろうと言われています。Mesra Mallは地元人500人を雇うことで、職も提供しています。

(Intraasia注:人口の少ないトレンガヌ州ですが、石油の利権はあります。そんな中心町にRM 1億のショッピングセンターというニュースは目を引きました)

【Paya Indah 湿原保護公園がまもなく再オープン】
スランゴール州のDengkil地方にある、自然保護公園Paya Indah 湿原保護公園が約3年ぶりにこの10月20日に再オープンします。 この公園は2001年10月に開園してマレーシア湿原基金が運営していましたが、資金問題などで2005年2月に一般入場者の訪問ができない形で閉鎖されました。その後野生動物と国立公園庁が管理していました。この元錫鉱山跡と泥炭湿原地は広さ3100ヘクタールでエコツーリズム地として大きく期待されて、種種のアウトドア活動が提供されており、自然再生と環境リハビリのための屋内のモデル公園と言われていました。公園内には数多くの鳥類、魚、さらに哺乳動物が生息していました。ボツワナから贈られた4匹のカバもいました。

自然活動愛好家は再オープンを心待ちしています。場所はKLIA空港から比較的近く、クアラルンプール、ペタリンジャヤから50kmほどはなれているだけです。シャレー、遊歩道などは修復され、一般施設は改良されつつあるとのことです。最初運営していたマレーシア湿原基金は入園者からの収入では運営費をカバーできないと説明していました。昨年スランゴール州政府と州の野生動物庁は契約を結んで、庁が30年間保護と管理を行うことになりました

【デーパーバリを前にして仕立て屋は人手不足】
ヒンズー教徒の祝祭Deepavali を前にして、インド人向け民族衣装の仕立て屋は大忙しの時期です。ジョーホールバルで仕立て屋稼業をする、30年の経験を持つインド人女性仕立て屋は嘆く、「今年は受ける注文を半減せざるを得ません。 今年は雇える外国人労働者が2人だけなので注文をこなしきれません。昨年は5人の外国人労働者を雇えました。労働力が足りません」 彼女は観察する、「マレーシア人はこの商売に興味を持たない、または稼げるシンガポールで働きたがる。マレーシア人に技術を教えたいのですが、マレーシア人は一般に細かな仕事での長時間労働は嫌います。」 

「外国人労働者の労働許可証を制限するという政府の決定は仕立て屋を直撃しています。」 「昨年のこの時期には1000着のパンジャビスーツを仕立てました。今年はこの2ヶ月で500着の受注に制限しました。デーパーバリまでに600着のサリーブラウスを縫わなければなりません。」として彼女は技術を持った外国人労働者を雇えるようにして欲しいと願っています。

(Intraasia注:マレーシアインド人はインド人界の伝統商売であるレストラン、理髪店、洗濯屋、そしてこの仕立て屋など、といろんな部門で労働力が足らないから、インドなどから労働者をもっと雇えるようにして欲しいと訴えています。ヒンズー寺院の聖職者も足らないのでインドから移入しています。一方マレーシアインド人若者の失業率はそれほど低くはありません。つまりインド人労働力が決定的に不足しているわけではないので、なんかおかしな理屈だなとよく感じます。政府が外国人労働者の許可を制限するのは国としての必要性からです)

【UMNO全国支部で党役員推薦選出の時期】

政権党UMNOでは全国191の支部で、党役員に選出する各部門の推薦者を決めて発表しています。アブドゥラ総裁の3月退陣表明を受けて、ナジブ副総裁を総裁に推薦する支部がほとんどです。副総裁としてはムヒディン通産大臣を推す支部が他候補を圧倒しています。青年部長には、マハティール前首相の息子が推薦支部数でトップを占めており、2位はアブドゥラ首相の娘婿です。

(Intraaisa注:マレーシアも二世3世政治家が重職を占める比率がかなり目立ちます。例えばナジブ副首相は第2代首相の長男です)

10月12日の記事

【墓場も盗人の暗躍場】
ジョーホール州Kluang地方にあるムスリム墓地で、墓石につけてあった銅製の名前板と花崗岩の墓石が多量に盗まれました。墓番の人は語る、銅製銘板ようになったのは今年初めから、 花崗岩は数ヶ月前からなくなり始めた、と。 銅は盗品市場で高値をつける金属品として最近の人気になっているそうで、花崗岩は1組でRM 4000ぐらいは値がつくそうです。墓場から盗まれた両品の数は3000点にも上る見込みです。

(Intraasia注:銅や真鍮など古金属商へ持ち込めば金になる品はどんなところにあろうと盗まれています。電線や電話線も電柱の銅金具も家の門の飾りもマンホールの蓋も盗み対象です。別の記事でクアラルンプールの中心部につながる道路で、まだ新しい歩道橋の階段や通路の壁として取り付けられていた板を止める金具が全部盗まれ壁がなくなってしまった写真と記事が載っています。私もよく知っている場所であり、歩道橋に壁がないというのは危ない、と言うしかない状態です。この盗人天国状況はどうにも止まりませんね)

【罠に墜ちて結果として感染がもとで象が死んでしまう】
サバ州に生息する象が殺されたり怪我する事例が増えており、サバ州野生動物庁は憂慮しています。「9月に小象が死にました。死因はよくわかりませんが、罠に落ちる象があり、それが原因で怪我して死ぬ象の例を見ています。こういった罠は、オイルパームプランテーション労働者が収入増加のために野いのししや鹿を捕らえてレストランに売るために設置しています。非情で非人道的ということだけでなく、野生動物を殺すのは違法です。 罠は象だけでなくオランウータンも殺してしまいます」

象が片足を踏み込むと針金網が足に巻きついてしまい、それが感染症になって敗血症で死亡につながります。「キナバタンガン森林地帯を頻繁に訪問している日本人野生動物ガイドからそういう写真を得ました。」 野生動物庁は、サバ州の象に関する管理計画を実施する準備をしています。

【ボリウッド映画スターにDatuk称号を授与したマラッカ州】
マラッカ州は今年の称号授与式で、インドのボリウッド映画界の大スターShah Rukuh Khanに Datuk称号を送ることを決めました。ところがこの決定を巡って、論議が沸いています。政治家、専門家、一般大衆の中から、称号贈与を問う声がでています、いわく、 Shah Rukuh Khan自身マラッカがどこにあるかさえも良く知らない、これまでに彼がマラッカを宣伝したことがあるのだろうか、などというものです。

マラッカ州首相は説明する、このインド映画スターに称号を送るという推薦をした元財務大臣がマラッカ州元首に対してそれを提言したのです、と。2001年に彼はA Famosa resort で映画を撮影したとのことです。12日にマラッカで行われた授賞式にShah Rukuh Khanは出席しませんでした。

【マレーシアの預金者保護保険はRM 6万まで】
国際金融危機に関する論議の中で、マレーシアの預金と銀行制度について。
どのような場合でも預金者には、マレーシア預金保険公社によって保険がかけられており、その保険限度額はRM 6万です。そこでこの限度額を引き上げるべきだとの声があります。「年がたつにつれて、個人の預金額は増えたので、この限度額では不十分かもしれない。」という声があります。しかし預金保険公社の社長は主張する、「限度額の引き上げは不要です。現在の限度額は全銀行口座の90%をカバーするからです。(なお総預金額の面から言えば保険額は3分の1しかカバーしません)。」 「預金保険公社は大多数の預金者が引き続き守られるように限度額までを監視しています。」

東南アジアでマレーシアはこの銀行毎での預金者毎の預金保護において、シンガポールさえ抜く包括的なものです。

(Intraasia注:銀行毎の預金者毎の付保額がRM 6万もあれば、確かにこれは大衆にとっては十分な額ですね。複数の銀行に口座を持っておれば、その口座毎に付保されるということだそうです。)

10月11日の記事

【AirAsia が上場廃止を考慮している】
クアラルンプール証券取引所に上場しているAirAsia は上場をやめて、非公開株式会社になる案がでています。しかし同社の主要株式保有者がどのように非公開化と航空機購入に必要な資金を手当するのか疑問がでています。上場を止めるにはAirAsia の持ち株会社であるTun Air会社にRM 22億の資金が必要となります。中東や英国からの投資者があれば結構ですが、その取引内容が明らかになるまで、資金手当は憂慮のまとです。現在AirAsia の株価は RM 1.25ほどです。


航空業界の専門家がこれからの12ヶ月から18ヶ月はアジア太平洋知己の航空会社にとって非常に苦しい次期であると警告しているその時期に、AirAsia はさらに新しい航空機の配達を受けることになっています。AirAsia はこれまでに175機の飛行機を発注しており、オプションで50機を追加しています。これが実現すれば、AirAsia はアジア太平洋で最大の会社の1つになります。これまでにAirバス320型を 45機の配達をつけました。今年はあと6機、来年は14機・・・・と続きます。

この結果専門家はAirAsia は来年7月から2010年12月までにRM 40億が必要であると計算しています。世界的信用危機の発生によってこれはAirAsia にとって厳しいことになるでしょう。 近い将来高い利率の借り入れを覚悟しなければならないでしょう、という声があります。AirAsia は客数が上昇しているが、その借金を返す十分なキャッシュフローを保持できないであろうと、とある専門家は見る。 

【タクシー運転手の規則違反はタクシー会社の違反と見なすようにしたい】
タクシー免許を発行する、企業家と協同組合省大臣は語る、「そのタクシー会社の所属の運転手が規則違反を犯しても免許が停止されるのは運転手だけだttが、今後はタクシー会社全体にも停止措置を取るようにする。」 大臣はアブドゥラ首相及ぶ各州の州首相と会合を持ったおり、「首相を含めて多数からタクシー運転手のサービスの悪さを聞かされた。タクシー会社と運転手に対して厳しい処置を取るように頼まれた。」 「多くの運転手はメーターを使用しないか、過剰要求する。とりわけ旅行者に対してです。いくつかの州では、運転手が外国人(労働者)である例もみられる。そもそも彼らは運転自体ができないのです。」

ハリラヤ休日前から公認されて始まった、中長距離バスの運賃30%追加措置は、今後も無期限に続行しますと大臣は明らかにしました。「この措置は、政府がタクシーと中長距離バス運賃を見直すかどうかを決定するまで続行します。」 運賃追加措置は9日から元の状態に戻ることになっていました。

【現控訴裁長官は元UMNO法律顧問】
「(連邦裁判所に次ぐ)控訴裁判所の現長官は、政権党UMNOの選挙委員会法律顧問とUMNO 規律委員会の副議長を務めていた。(もし彼が連邦裁判所長官に任命されたら)国を新たに司法スキャンダルに巻き込む種になる可能性を持っている。」 と野党行動党のLim相談役兼国会議員は指摘しました。「弁護士協会がいうように、新しい連邦裁判所長官は必要な資質を持ち司法の範にならなければならない。独立した司法界はさらに必須です」 として彼はアブドゥラ首相に対して、現控訴裁判所長官を次期連邦裁判所長官に任命する動きを支持しないようにと訴えました。

(Intrasia注:裁判所裁判官が裁判官から以外からも任命される仕組みになっているので、こういうことが起きえるわけです。サラワク州だったかな、以前選挙に立候補した人物が高等裁判所裁判官を務めていました、仕組み上こういう例は他にもありえるということです)

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 350.6 入手します。

(Intraasia注:びっくりする対リンギット円高ですね。350 という数字はここ何年も記憶にない高率です。つい数ヶ月前は300 ぐらいのときがありましたから、現時点で円から両替する人にはうれしいことでしょう)

【クアラルンプール株式取引の下落は小幅】
10日はアジアとヨーロッパの株式市場が軒並み暴落しましたが、クアラルンプール証券取引所の株価指数(100銘柄)は他所に比べて少ない 3.6%の下落で済みました。株価総額でみるとこの2週間でクアラルンプール証券取引所は6.4%減少です、東京証券取引所は18.3%の減少です。

(Intraasia注:世界の投資筋はすでにマレーシアからかなり引き上げたので影響が少なく済んでいるという見方もあります)

10月10日の記事

【ナジブ副総裁の昇格立候補表明】
アブドゥラ首相が来年3月の退陣を公式表明したことを受けて、ナジブ副首相がUMNO党総裁に立候補することを公式に発表しました。「私のこの決定は党の伝統に沿って、円滑な権力の移行を確かなものにします。
一方ナジブ副総裁の総裁への昇格立候補のために、党の副総裁職が空く事から、すでに数人の党実力者が立候補を表明しています。

(Intraasia注:UMNO党は全国に191支部あり、その3割ほどの支持決議がないと総裁に立候補できません、副総裁は何割の支持決議が必要と決まっています。そこで実際に党大会で選挙になる以前に大体の決着がついてしまいます。内輪の支持表明や党内談合はあっても政策論議などはまず行われませんね)

【Penan族 -無視された人々 】
森林伐採に反抗するサラワク州の先住少数民族であるPenan 族のありようと国際的な注目を集めたことは、サラワク州政府をいらだたせたに違いない。産業的伐採と河川の汚染がもたらした森林資源の減少を憂うPenan 族の言い分を州政府はずっと退けてきました。熱帯雨林伐採に反対する国際的なキャンペーンの高揚期であった1980年代後半、サラワク州政府はPenan 族問題委員会を設置して、この遊牧民族が定住生活をおくれるようにと、社会経済的発展を約束しました。州政府は予算数百万の配分を発表しました。

その20年後、多くのPenan 族にとってその益は得がたいままです。アカシアの樹とオイルパームプランテーション農園の急速な拡大がPenan 族の先祖代々の土地を侵食していきます。その締めくくりとして、Penan 族は多くが公的な書類を所持していないという違法民になってしまいます。 人権委員会は哀れな身分証明書MyKad の登録問題を取り上げました。しかし委員会は、州政府はサラワク州のあらゆる先住民族に影響を与えている慣習土地権に関する問題を解決するようにと説得することはできませんでした。この何年間Penan 族は森林の侵略を止めるために裁判所に訴えています。

しかしPenan 族は先住生得権を主張する点では厳しい戦いに面しています、それはサラワク州土地法1958年には、1958年以前に先住民族がその地で栽培をしていなかった場合は先住生得権を主張できないと定めているからです。2007年5月には法律面でさらなる規制が加わりました。「環境グループが、野生動物のために森林を取り置くと提案するとき、州政府は同意はする、しかし我々が我らが森林は保護されるべきだと要求すると、無視されてしまう。森林に棲む野生動物の方が人間より価値あるものかのようです。」とある若いPenan族は言う。

Penan族は幻滅を味わってきたが希望を失っていない。Penan族のある村落の長は語る、「我々の暮らしだけでなく部族としての文化と生存が長い間影響を受けて来ました。これ以上無視され続ければ、我々は絶えてしまう。」

最近サラワク州の地元新聞が、Penan族女性が森林伐採企業の労働者によって性的虐待を受けているという報道が半島部で注目を浴びました。その報道中で、スイスのNGOグループが、2つの森林伐採企業に属する労働者たちがPenan族のいくつかの居住地においてPenan族女性を襲っている、通学のために森林伐採企業の運輸提供サービスを利用せざるを得ないPenan族女生徒を狙っていると主張しています。この非難に対して、サラワク州州副首相は全く根拠ないいいがかりであると完全否定しました、「調査は時間の無駄です。」 Penan族はその権利に無知であり犯罪法に通じていないことから、Penan族女性が受けている違反行為に対して長い間苦しんできました。

サラワク州警察の長官は語る、警察は調査に入るためには警察訴え報告が出されることが必要です、と。 その警察の態度に失望したNGOの”変化のための女性センター”は指摘する、「児童法によれば、児童が性的虐待を受けていると判断したら、当局は行動を取らなければならなのです。その法律では18歳未満を児童と規定しています。」 女性と家族とコミュニティー省と人権委員会はこの新聞の報道に関して調査に入ると声明しました。

(Intraasia注:その極小民族さにも関わらず、生存をかけて果敢に伐採企業と州政府に反抗しているPenan族です。半島部のどの政党もこの問題にはほとんど重要視しないまたは支援に至らないので、もっぱら国内外のNGOからの支援というのが現状のようですね)

【NGOと弁護士協会はサラワク州警察の捜査を望まない】
Penan族女性が森林伐採労働者らによって性的被害を受けたという訴え問題で、「たいへん重大な申し立てにも関わらず、サラワク州警察はこれまで何ら行動をとっていない、常に否定的態度であり、捜査の前にまず訴え報告を出すことなどと主張している。」 と35のNGO グループと弁護士協会がサラワク州警察の態度に疑問を投げかけています。「サラワク州警察はものごとに対処するのに非常に長期間を要するなどの点から、Penan族コミュニティーはサラワク州警察に信頼を置けないでいる。」 

このため、NGOと弁護士協会はこの問題の捜査をサラワク州警察ではなく、警察庁本部が直接行うように要求しました。「マレーシアは国連の先住少数民族の権利宣言の署名国です。政府が多数派をいかによく面倒を見るかではなく、少数派と弱気者をいかに面倒みるかが、良い統治の長所の1つです。」

【大学番付に一喜一憂するお国柄】
Times 高等教育-世界大学番付で、マレーシアの国立大学は二百位までに入れませんでした。マレーシアの大学で最高は230位のマラヤ大学で、次いでマレーシア国民大学 250位、マレーシア理科大 313位、マレーシアPutra愛額が320位でした。

(Intraasia注:この種の大学番付はマレーシアの政界や英語崇拝層に非常に話題になります。英語を指針にしたこの種の番付のあほらしさを笑う世論が起こらないところが、英語植民地国家としての歴史を良く示すものですね)

10月9日の記事

【アブドゥラ首相が来年3月で総裁・首相職を退くと公式表明】
2009年3月に開催が延期された(延期した)UMNO党大会で、総裁の職を防衛しないとアブドゥラ総裁兼首相が公式発表しました。これは必然的に首相の地位もあきらめるということです。この発表に先立って、Barisan Nasional(与党連合)の構成政党の最高会議がクアラルンプールで開かれ、自身の進退を伝えました。「3月の党大会後に首相職をナジブ副首相に譲りたい。これは私の希望です。他のBarisan Nasional(与党連合)構成政党がナジブ副首相を支持すると思います。」
また構成政党各党の党首は、その決定に同意し後継者のナジブ副首相の支持を表明しました。

記者会見で首相は5つの発議を明らかにして、首相の座を去るまでに成し遂げる意向を語りました:
司法任命委員会を設立して、国の司法制度を強化する
マレーシア反汚職委員会を設置して、調査と取り締まりに大きな権力を付与する
特別苦情委員会を設置して、取り締まり機関の誠実さと効率を高める
社会安全ネットを強化し拡大して、民族と宗教に関わらず全てに援助がいきわたるようにする
Barisan Nasional(与党連合)会議を開いて、民族間と宗教間の関係を向上させる

【公共バス電車で新ツーリズムキャンペーン広告をする】
観光省は新しいツーリズムキャンペーン Zoom!Malaysiaの推進広告を最近始めました。この推進キャンペーンは10月からよく3月までの半年間、空港のリムジンタクシー、RapidKLバス・電車、Transnasionalバス、KLモノレールで広告されます。「マレーシアへの旅行者を増やすために積極的に展開します。ツーリズムキャンペーンでビジネス界も益を得ることになります」と大臣。 今年8月のマレーシア訪問者は昨年同月より増加して183万人でした。 今回のZoom!キャンペーンはまずクアラルンプールで始め、次いでサバ州サラワク州へ広げます。

(Intraasia注:cuti-cuti Malaysia というキャンペーン文句は今年廃止されました。)

【米国経済の影響を予測する声】
(2番目に大きな銀行であるCIMBグループの)CIMB投資銀行は、世界金融の混迷に関して予測する、「米国の経済成長率の低下1%毎に東南アジア経済に与える影響は0.2-0.9%の輸出成長率に結びつき、国内総生産高の伸び率が 0.8%低下する。来年マレーシアの輸出は鈍化します、米国からの電気電子製品の需要はとりわけ減ります」 マレーシア通産省は表明する、「8月の輸出高はRM 595億でした。そのうち40%を電子電気製品が占めます。パームオイルの占める率は7.6%でした。米国への輸出はRM 69億で、昨年に比べて減っています。」

(Intraasia注:輸出国でもあるマレーシアにとって米国西欧の成長鈍化は経済成長に響くという事実が来年はやってきそうですね)

【インフルエンザ予防注射】
インフルエンザ予防ワクチン製造販売会社 Sanofi Pasteur のマレーシア責任者は語る、「(世界では)インフルエンザによる死亡者の90%は高齢者です。」 現在のところマレーシアではインフルエンザに関する包括的なデータはありません。この責任者は言う、「ワクチンを受けたからといってその年ずっとインフルエンザにかからないという保証はありません、それはインフルエンザにはたくさんの種類があるからです。しかし研究が示しているのは、ワクチンを受けた人はインフルエンザに罹る率が低いということです。」

「2010年にはマレーシアで新しいインフルエンザワクチンが接種できます、それには高齢者用に特別に配分したワクチンも含みます。」 同社は世界で40年のインフルエンザワクチン製造の歴史を持ち、マレーシアでは1997年に開始しました。「10人の予防注射を受けた人の内、7人から9人は予防されます。免疫の低い人でも身体になんらかの抗体を作れます。」 「ワクチン接種を受ければ、受けてない人ほど頻繁にインフルエンザにかかりません。高齢者がインフルエンザのような病気にかかる危険性を45%減らします。」 「2007年にマレーシア人でインフルエンザ予防注射を受けた人の数は8万人でした。人口の0.4%弱に過ぎません。」

マレーシアのような熱帯国でのインフルエンザ発生時期は4月から6月と10月から1月です。「マレーシア人が予防注射を受けるのは4月前が望ましい。そして第2のピーク時期の前が望ましい。」国内の一般的な医院と病院で予防注射は受けられます。料金はRM 80-90です。 一般に、卵たんぱく質にアレルギーある人以外は誰でも予防接種を受けられます。

マレーシアでは医学研究所が、その年のどんなタイプのインフルエンザ予防ワクチンかを判断する任務を持っています。そこから情報を世界保健機構に伝達します。マレーシアでは5つのワクチン会社が予防ワクチンを提供しています。

(Intraasia注:最近インフルエンザ予防注射をすべきだなあと思うようになりました。ただマレーシアではそういう必要性の周知はごく低いですね)

【プナン族女性に対する性的虐待問題を調査する】
サラワク州の先住少数民族Penan 族の女性が受けている問題で、女性と家族とコミュニティティ発展省は対策委員会を設けることにしました。大臣(華人女性)は語る、「警察と複数の女性NGOと協力して、いわゆる性的虐待問題の調査などを行います。」 
一方サラワク州の副首相は、メディアと一般大衆はこの問題で推測を行わないように、警察に調査をまかせなさい、と述べました。

10月8日の記事

【中国産野菜の検査結果を知らせて欲しい】
中国産野菜に関して、その検査結果を定期的に知らせてくれるようにと、マレーシア野菜卸業者協会連合が保健省に要求しています。連合の議長は語る、「この問題で農民と卸し業者は関心を抱いています。野菜には2種類あって、1つはマレーシアで栽培できないもの、例えば香港カイランなど。もう1つは地元産を補助する意味あいで輸入するものです、例えばキャベツです。野菜全体の40%を中国から輸入しています。」

輸入野菜には、香港カイラン、中国キャベツ、北京キャベツ、カリフラワー、ベイビーカイラン、にんじんなどがあります。「今のところ地元産野菜への需要は増えていません。中国産野菜の輸入禁止は行われていないからです。」  マレーシア野菜栽培者協会連合の書記長は言う、「メラミン検査の結果を是非知りたい。もし汚染されていれば、どういう過程で汚染されたかを知って、我々農家がもっと注意深くできます。」

【ペナンヒルのケーブルカーの運行はまだ不完全】
ペナン州のペナン丘のケーブルカーは6月終わりから修理のために運休停止していましたが、9月末から運行再開しました。しかし運行区間はまだ麓駅と中間地点駅の間においてだけです。ペナン州公共土木部の責任者によれば、路線全体の修理完了時期はまだわからない、ケーブルの供給業者と建設業者がまだその時期を決定できていないとのことです。「まだ時間はかかります。」 ケーブルはスイスから輸入されます。

【Proton車のPersonaモデルはタイ市場での売れ行きを期待されている】
国産自動車メーカーProton社はその自動車Persona 型車をタイで毎月 500台販売する目標です。タイはProtonにとって東南アジアで最大の輸出市場です。この500台という数字は、同社のタイ総代理店が販売する予定の年間 4000台に上乗せする台数です。なおProton社は世界へ輸出する完成車の台数を今年は25,000台と予想しています。

Proton社社長はタイでの発売式で言う、「タイ市場での反応は良い。」タイで販売するPersona型車は20%エタノール、80%ガソリン使用するエンジンに改良してあります。この比率はガソリンは通常ガソリンよりも安価です。Persona型車のタイ販売価格は 549,000バーツから62,9000バーツの種類があります。タイ総代理店は31のディーラを擁しているとのことです。

(Intraasia注;これまでProton車をタイで見かけたことはないですが、注意して見てないので気がつかないだけかな? )

【マレーシア大企業とインドネシア大企業の比較の一つとして】
インドネシア企業で年間収入が US$10億以上の企業は10数社もあります:Salim 73億、  Sinar Mas 47億、 Djarum 37億、Bakrie 31億、 Lippo 27億、など
さらにこれにインドネシア国営企業を加えるとさらに数は増えます: Pertamina 430億、 PLN 127億、PT Telekom 66億、Bank Mandiri 27億、など

そこで比較のためにマレーシア企業で年間収入 US$10億以上の企業をあげれば: Tenaga Nasional 68億、 Sime Darby 60億、 Petronas 57億、 TelekomMalaysia 52億、Maybank 44億、 マレーシア航空 43億、MISC 33億、 UMW 29億、 Public Bank 28億、など

両国のこういった大企業を比べたときの大きな違いは、マレーシアでは政府系企業が多数派を占めるということであり、インドネシアではその多くが民間企業であることです。

(Intraasia注:いうこの味方が適当であるかどうかはわかりませんが、こういう比較法もあるという例です。)

10月7日の記事

【ムスリムには来年から結婚前にHIV検査を義務つける】
イスラム教発展庁は、来年から国内のムスリムに結婚前のHIV検査を義務つけることを決定しました。長官によれば、全州のイスラム当局はこの規則を施行し取り締まることに同意しました。「HIV検査で陽性となっても、そのカップルが婚姻を望めば結婚はできます。各州のイスラム教当局はそういう陽性者のカップルにカウンセリングや防御法などを与えることでその役割を果たします。このHIV検査はムスリムに対して無料で行います。」

【女性モデルの部屋に覗きカメラ設置した男に6ヶ月懲役判決】
6年前にマレー人モデル女性の賃貸アパートにこっそり入って覗きカメラを設置したことで裁判にかけられていた被告、マレー男性に対して、控訴裁判所は、2004年の下級裁判所の有罪懲役判決を支持し、6ヶ月の懲役を言い渡しました。会社でメンテナンス部のマネージャーとして働いている被告は即刑務所に送られました。下級裁判判決の段階では、控訴裁判中は懲役の停止とRM 1万の保釈金で保釈されていました。そのアパートは被告の父親の所有であり、覗きカメラは2002年4月から7月まで設置されていて電線が被告のメンテナンス事務所まで配線されていました。

【注目されているアブドゥラ首相の去就 】
政権の中枢であるUMNOは先日(アブドゥラ首相兼総裁の意向で)その定期党大会の1月開催を来年3月に延期しました。党内だけでなく各界から去就が注目されているアブドゥラ総裁は、党大会でその総裁職を防衛するのかナジブ副総裁に譲るのかを8日にも発表すると語りました。8日には与党連合の指導者会議が開催予定です。これまでアブドゥラ首相は2010年半ばに総裁職をナジブ副首相・副総裁に禅譲すると公言していました。

(Intraasia注:日本の首相は1,2年でしかも辞めろといわれなくても辞めますよね、マレーシアはその反対であり、ひとたび首相になると非常に堅固であり、先の総選挙で4州を新たに失っても国会で3分の2多数を割っても選挙は負けてないとして一貫として辞職せず、しかも党内ではそれを支持する声が強かった。日本とマレーシアの首相職スタイルは極めて対照的です。そのアブドゥラ首相も最近は党内の批判派増大によって態度表明を迫られていました)

【Malaysia Today編集者に対する扇動罪裁判が始まった】

インターネットニュースサイトMalaysia Today (www.malaysia-today.net ) の編集者である被告に対する扇動的な内容の記事を掲載したとの容疑での裁判がペタリンジャヤの下級裁判所で始まりました。被告の名前で4月に先導的な記事が掲載されたとの起訴内容です。 扇動罪によって有罪となれば、RM 5千までの罰金または3年以下の懲役またはその両方に処せられます。
当被告は別件で、9月12日に国内治安法によって逮捕され特別収容所に拘留されています。

【チャイナタウン界隈のHangLekiuではこの2年間に14人の死亡者】
クアラルンプールのチャイナタウンの一角にある道路Jalan Hang Lekiu界隈ではこの2年ほど暴力グループが 商売店オーナーから金をゆすったり襲ったりしています。この2年間で14人が死亡したのですが、なんら対策は取られていません。一番最近のできごとは、この界隈に店を持つバングラデシュ人商店主が9月末 Jalan Silang で暴力行為を受け依然として入院中です。「グループは地元人と外国人から構成され相手を特に選ばない。未だに誰も逮捕されていません」 と被害者の妻は言う。界隈の店主によれば、ゆすり、路上強盗、攻撃は日中発生し、休暇シーズンはより悪化したとのことでs。

連邦領省副大臣は地域を訪れて店主らからの覚書を受け取りました。「これまでにどのようにして14人も死んだのか理解できない。地元警察と警察本部に話をします。クアラルンプールが安全であるようにするのは連邦領省の責任です」 地区の商店主らはこの界隈に警官詰め所を設置するように要望しています

10月6日の記事

【医師の健康コラムから 体重超過率の上昇】
マレーシア人において体重超過と肥満の率が上昇しているという科学的データがあります。全国的に2006年に実施した第3回健康と疾病率調査が示していることは:調査した33000人の成人の内29%は体重超過でした(肥満度指数 25.0-29.9)  肥満者(肥満度指数が30を超える)の有病率は14%でした。 1996年に実施された第2回健康と疾病率調査では、体重超過の率は16.6%で、肥満の率は4.4% でしたので、第3回ではこれが増えたわけです、つまり10年間で体重超過の割合が1.8倍になりました。さらに肥満の割合は10年前に比べて3倍になりました。

第3回健康と疾病率調査ではさらに18歳以下の子供も調査しています。22000人の子供の内、体重超過は5.4%でした、男子で6%、女子で4.7%です。 体重超過の子供の割合は都市部で6.3%、田舎で4.0%です。

マレーシアにおける体重超過と肥満の率の高さを認識することで、しっかりした公共保健対策によってこの増加を止めるべきです。肥満は個人を徐々に病ませる慢性病です。体重超過と肥満は、心臓病と脳梗塞と糖尿病と高血圧の危険度を高めていることを知るべきです。
健康な体重を維持するためにマレーシア人食事指針が、マレーシア栄養協会のホームページで得られます: www.nutriweb.org.my

(Intraasia注:東南アジアの近隣国、インドネシア、カンボジア、ラオス、ベトナムの人たちと比べると、マレーシア人の肥満さは歴然としていると感じますね)

【ホーンビル鳥が減っている】
和名サイチョウと呼ばれる ホーンビルは一般的なバードウオッチャーがマレーシア国内の特定の地で群れをなして飛んでいるのを見るのは励みになることでした。しかしホーンビルのお馴染みの行動光景は、森林エコシステムの不調和の兆候かもしれないのです。「ホーンビルは食べ物を求めて長い距離を飛びます、しかしいまや多くの森林が破壊されて、特定地にホーンビルの群れが集中していることを発見します。」 「これは予兆ではありません」 と熱心なバードウオッチャーは説明する。「バードウオッチ場所を求めてKenyir 湖、タマンヌガラ、パンコール島、ランカウイ島、ゲンティンハイランドなどを巡ってきましたが、どこもホーンビルの数が減っていることに気がつきました。

マレーシアには、世界で54種ある中の10種のホーンビルが生息しています。世界保護団体の IUCN-World 保護連盟の危険リストに、その10種中の 6種が危機に面しかけているクラスに分けられています。ペラ州北部のBelum- Temenggor地帯は 今尚残っているたくさんの鳥類が生息している森地帯の一つだといわれています。Malaysian nature society のホーンビル保護プロジェクトチームは語る、Belum- Temenggor地帯にしかいない種のホーンビルを数えた結果、1993年には2400匹でしたが、現在では1500匹に減っています、と。「数が減少しているようだ。しかしそれを確定するためにはあと数年観察してから結果をまとめます。」

【Bandar Utama 地区に”マルチメディアスーパー回廊”資格が授与された】
スランゴール州ペタリンジャヤの高級地区である Bandar Utama 地区に”マルチメディアスーパー回廊マレーシアサイバーセンター”の資格が授与されました。この資格の下で2つのゾーンがあります:Bandar Utama シティセンターとBandar Utama 技術パーク。 「この資格でBandar Utama は国際クラスのインフラを備えた世界的競争力の環境を提供することを約束し、情報技術産業の成長を支援します」 とBandarUtama シティーコーポレーションの会長は公式発表会で語る。

Bandar Utama 技術パークを構成する広さ1.2ヘクタールの専用ビルはクラス上げされて、マルチメディアスーパー回廊の資格を得た企業をテナントとして受け入れる用意があります。(国策会社である)マルチメディア発展公社の社長によれば、全国にマルチメディアスーパー回廊サイバーシティーとサイバーセンターは15箇所あり、様々な情報技術産業界の場所の必要性と幅広いビジネス界の需要に答えています、とのことです。

(Intraasia注:という文面とこういった企業の社長陣の儀式写真を載せた、典型的なマレーシアの新聞記事ですね。いったいそれがどうした?という内容の希薄さ。VIPの発言と写真を最優先しただけの記事というしかありませんね)

10月5日の記事

【長距離バスが料金所に激突】
南北ハイウエーのジョーホール州Skudai料金所で長距離バスが正午過ぎに構台に衝突して運転手1人が死亡、乗客8人が怪我をしました。けが人は全て男女のインドネシア人だと見られています。クアラルンプール発のこのバスには乗客が13人乗っていました、バスはブレーキに問題があったのではと推測されています。

(Intraasia注:ハリラヤ時期でたくさんの外国人労働者も長距離バスを利用しているので、こういう被害者にもなりえます)

【中国産の野菜と果物も輸入検査する】
韓国で中国産の果物と野菜からメラミンが検出されたことを受けて、保健省は中国産の野菜と果物の全品を検査することにします。保健大臣は、「韓国の例かがあるので、厳しい対処策を取ります。食しても安全だと確認してから市場に出させるようにします。韓国政府に連絡してその検査に関する詳細を得るようにします。」

中国製の粉ミルクと乳製品に関しては、「これまでのところ省が検査した物からはメラミンは検出されていません。他の省庁や大学の研究所の応援を経て、メラミン検査のスピードを上げます。」 「マレーシアには食品物のメラミン含有に関して固定した基準があります。含有許可量は成人用食品で25ppmで、小児用は 1ppmです。もし検査過程で許可量を超えていれば、市場から引き上げます。この基準は全ての食品類に直ちに適用されます。」

(Intraasia注:例の中国製粉ミルクのメラミン含有問題は私にはほとんど関係ないなと思ってました。ところが今朝のニュースを見て、えーと驚きました。それは私が毎日1回は食べている経済飯のおかずは煮野菜類がほとんどであり、その野菜の少なからずは中国産であることは常識です。さらに毎朝欠かさず食べるりんご1個は中国産フジです。とくに好きだからではなく大きさの割りに安いのでもう何年にも渡って毎朝食べてます。年間少なくとも三百数十個は食べてる・・・ だからブロッグのイメージ画像では、読者が作製してくれた りんごを食べているロゴです。 
まさかこれまで食べてきた野菜とりんごにメラミンが含有されてはいないだろうな、1個1個は微量でも要は総量の問題ですからね。今頃厳格に検査しても遅いのだ!中国の食品にはほんと安心感が置けませんな)

【公共苦情受付機関】
公共苦情受付庁が今年8月までに受領した苦情数は 5509件でした。方法は電話、手紙、メールの3通りです。苦情対象となった数が多いのは、警察 172件、次いで公共土木省 106件、3番目が電力会社のTenaga nasional 84件です。州別ではジョーホール州、スランゴール州、ペナン州の順序です。
電話 03-8888 3540,  ホームページ: www.bpa.jpm.my

【沈没したバーター取引ボートに乗っていた違法外国人労働者群】
インドネシアのスマトラ島から半島部中部へやって来てバーター取引をしているボートが先日マラッカ海峡で沈没しました。このボートは違法滞在していたインドネシア人労働者を140人ほどを秘密裏に乗せていた模様です。助かったインドネシア人の内103人はすでに送還され、21人は大使館で書類待ちです。昨日さらに4名が水死体で発見され、死亡者は合計18名に達しています。

(Intraasia注:あらゆることを違法にやり、その結果危険な航行のため沈没となって犠牲者となってしまった外国人労働者たちです。何のためにマレーシアに働きに来たのか・・)

10月4日の記事

【パーム原油先物価格はさらに下がった】
パーム原油の基準価格となる3ヶ月先物価格がトン当たりRM 2000を一時割りました。これは2007年3月以来のことで、市場はさらに価格降下を予測しています。この3ヶ月先物価格の終値はちょうどRM 2,000で引けました。パーム原油の価格はRM 1500であった2006年9月から上がり始めました。今年最高値のRM 3500を付け、その後8月から下がり始めていました。世界景気を反映して、原油に続き食用油も弱気配となっています。

(Intraasia注:今年前半頃はこの世の春を謳歌していたパーム原油価格です、商品先物市場の常で短期間の上げ下げで巨額の富を得る勢力が生まれる一方、消費者は得るところがないというところですね)

【クアラルンプール市庁の行う違法駐車レッカー移動】
クアラルンプール市庁の取り締まり局が保有する違法駐車レッカー移動車は現在11台あります。そこで11組の班に分けて交代性勤務にしており、11台のレッカー車が同時に全車現場に出ることはありません。「11台では不十分なので毎年購入追加していきます」と市幹部は語る。「好き勝手に移動しているわけではなく、その場所の交通を阻害している場合に移動します。」 市庁は以前は民間業者に移動を委託していましたが、2000年以降はそれを止めて市庁だけで取り締まり移動を行っています。

2008年は8月までにレッカー移動した違法駐車の台数は、1884台でバイクが270輌でした。これは昨年同期は自動車が662台で、バイクが1025輌でした。 違法駐車レッカー移動の罰金額はRM 300です。 
市庁が市内に設置している有料路上・空き地駐車枠は42000台分あるとのことです。「市庁の駐車枠は少なすぎるというのは正しくありません。その場所は早い者勝ちであり、一杯になれば民間の駐車場を利用してください。」 と市幹部。

(Intraasia注:こういうことこそどんどんやってほしいものです。市財政にも寄与しますしね)

【ケダー州政府の進める 50%ブミプトラ割り当て比率】
PAS党主導であるケダー州政府は州内の住宅建設プロジェクトに関して、ブミプトラ割り当て比率をこれまでの30%から50%に引き上げると先に発表して、9月1日から実施に移されています。州首相は、この方針はデベロッパーが全てのケダー州民に購買可能な住宅を建設するようにさせるためだと説明しています。州理事は、「目的の一つに、単民族が固まって住むのではなく複数民族が交じり合って住むようにするためでもある。住宅建設プロジェクトは複数宗教徒と民族が交じり合って住ンで民族間の交流を高めることである。」と説明しています。

一方(この方針に不満を表明している)マレーシア住宅開発デベロッパー協会のケダー州とペルリス州議長は主張する、「州政府は国家政策であるブミプトラ割り当て比率30%を維持すべきである。マレー人の中にさえブミプトラ割り当て分を買おうとしない人たちがいます、それはその後転売しても利益が出そうにないからです。ブミプトラ割り当てユニットの価値はあまり向上しません。そういうユニットの購買者は再販する時ブミプトラだけに売らなければならないので問題に面します。」 「もし州政府が50%割り当てを変えなければ、州内のデベロッパーは廃業しなければならなくなってしまう。」

(Intraasia注:市場の現状と住宅地のあるべき姿を考える時の好参考になるできごとですね)

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 326.7 を入手します。

(Intraasia注:随分と円が有利になっていますね)

10月3日の記事

【海賊に拿捕されたマレーシア船と乗組員が解放された】
マレーシア船籍のタンカー2隻がアフリカのソマリア沖アデン湾で海賊に8月に拿捕されました。そしてマレーシア船員らが囚われの身になっていました。その後海賊との代理交渉の結果身代金が払われて、ごく最近2隻と41人が解放され、現在東アフリカの港に航行中です。解放された船員は衛星携帯電話でマレーシアの家族とごく短い会話を行いました。彼らは船の所有会社である MISC の手はずで早期にマレーシア帰国できる見込みです。

【Imigresen は身内雇用を推進する】
(出入国を管理する官庁)Imigresen はその職員採用に際して、職員の家族と親戚を優先的に採用することになりそうです。最高幹部は記者団に説明する、「職員がその家族親戚といっしょに働けば、より従順になると考えます。家族親戚として働くことは職員によりその仕事に打ち込めるようになります。日本では家族の成員は一般に同じ組織で働きます、このことが良い行動に役立ちます。なぜなら両親はその経験を新たに職に就いた子供たちと共有できるからです。」

「Imigresen はその職員1万の内非マレー人は2割にも満たないので、もっと非マレー人を雇用するように希望している。10月に採用される2000人中2割は非マレー人です。 今年はさらに4000人を雇用します。」 「SPM, Diploma, Degree 取得者は公共サービス庁のオンライン応募ページを利用してください。」

(Intraasia注:Imigresenの長官と推測される人物の発言です、50年ぐらい前の日本社会ならいざ知らず現在の日本でこの種の雇用慣習はとっくに一般的でないはずですよね。それにマレーシアと違って日本は家族の数がずっと少なく親戚の範囲が狭い。こういった事実を無視した我田引水の発言に笑います。なによりも縁故主義に良い点が果たしてあるのか、非常に疑問ですね。それにしてもImigresen職員は1万人もいるのですね、取り締まり活動にかなりの人手を要するからなのだろうか)

【サラワク州でまた起きている土地立ち退き命令に抗する住民の声】
サラワク州北部のBekenu地方にあって、ミリから40Kmほど離れた Kedayan-Malay人の13の村の住民約 1万人は9月29日までにその地から移転しなければならないことになっていました。その理由は、その地がミリの不動産デベロッパーにリースされておりオイルパームプランテーション農園化される計画だからです。住民らは地元国会議員の助力を求めていました。議員は語る、「住民は社会の底辺で生きています、彼らの家がブルドーザーで壊されたらとどうなると心配しています、幸運にもハリラヤで執行猶予となりました。立ち退き命令は一時保留になったようです、しかしハリラヤ後にどうなるか心配です。」 

「論議はこの広い地域にわたるものです。住民はその地に何世代もの期間住んできました。それにもかかわらず、デベロッパーはその土地の正規のオーナーだと権利を主張しているのです。デベロッパー側の弁護士は住民は違法居住者であるとの手紙を発行したことで、この問題が大きな窮地となっています。」 9月27日に村民は一般の関心をあつめようと、ミリービントゥルを結ぶハイウエー沿いでデモを行いました。 「住民は政府に訴えを行います、それから法的手段に訴えます。住民は1910年以来その地に住んでいるという強い主張があり、そもそも土地には生得権を持っています。」 

Kedayan-Malay人とはブルネイマレー人を先祖とし、英国殖民下で現在のサラワク州に移民してきた人たちです。

(Intraasia注:いつもながら半島部では大きなニュースになりませんし、ほとんどの人には関心を呼ばないことでしょう。それにしてもサラワク州ではこの種のできごとはよく起きていますね)

【携帯電話会社の広告から】
(Telekomグループの携帯電話網会社である)Celcom は国際電話料金で最安値を提供します
通話先別の固定電話宛て1分間料金と携帯電話宛て 30秒間料金の順序
シンガポール: 9セントと14セント、 米国:9セントと9セント、日本:9セントと29セント、 インドネシア: 19セントと29セント、タイ: 9セントと14セントなど
この料金が適用されるのは12月31日までです。




10月2日の記事

【ハリラヤ初日恒例の首相主催のオープンハウス】
ラマダン月が明けたハリラヤ アイディルフィトゥリの初日、クアラルンプールのPWTCでアブドゥラ首相主催のオープンハウスが開催されました。ナジブ副首相とムスリムの閣僚もホストとして出席し、各国の大使や国内政財界の要人らが参加しました。一般参加者の熱は今年も高く入場を待つ列が長く続き、午後2時には参加者はすで1万人を数えました。

また各州ではぞれぞれ州首相や州スルタン主催のオープンハウスが開かれました。ケダ州で今年改造が終わったばかりのスルタン宮でのオープンハウスには市民が多数詰めかけました。

(Intraasia注:ハリラヤオープンハウスは例年の行事です。ほとんどの新聞が休刊した本日ですが、休刊しない華語紙1紙はオープンハウスの写真を何枚も掲載してその様子を伝えています。オープンハウス開催は2日以降当分続きます)

【中国製粉ミルクを原料に使っているビスケットを輸出した可能性】
マレーシアの食品会社製造で台湾に輸出されたビスケットが、台湾当局の検査で許容含有量の20倍のメラミンを含有していることがわかりました。台湾当局はただちに版場禁止処置にして回収させ、今後は検査してから決めるということになりました。このビスケットはシンガポールの会社がマレーシアの現地法人工場で製造しており、マレーシア市場ではほとんどのそのブランド名は知られていません。台湾の輸入会社は、マレーシア工場が中国で問題になっている粉ミルクを原料に使っているのがこの原因ではないかと推測しています。

【英国ビザの悪用国籍者としてマレーシアは上位グループになっている】
英国に入国する際入国検査所で入国を拒否される国籍のトップ5の1つにマレーシアが入っています。それだけでなく英国に超過滞在する国籍者のトップ10の1つ、及び出入国規則違反をする国籍のトップ20にマレーシアが入っています。こういった現状を駐英国マレーシア大使が、英国のマレーシア人コミュニティーとの懇話で明らかにしました。マレーシア人は英国のビザを悪用することで名が乗っており、昨年英国入国を拒否されたマレーシア人は1500人ほどでした。英国に超過滞在するマレーシア人の出身地で多いのは、ジョーホール州、ペラ州、ペナン州、スランゴール州です。

大使はさらに語る、「中国人、スリランカ人、インド人が英国に違法に入国しようとしてマレーシアパスポートがしばしば悪用されている。さらに他国籍の者が英国に入国しようと賭する時それを斡旋する世話人としてマレーシア人の存在が報道されています。」 大使によれば、英国の内務部では、マレーシア人をビザ免除している現状をテストする最終段階に至っていることで、このテスト期間は来年2月頃まで続きます。「3月ごろには英国が、マレーシア人のビザ免除を続行するかどうかを決定するかもしれない。」

英国にいるマレーシア人に対して大使は訴える、その滞在条件やビザに関して自信がないときは大使館に連絡するように、と。

【インディ映画製作者たちの声】
この数年ようやくインディ映画(独立系映画)製作の勃興をみるようになりました。
最近のマレーシア映画界の重要事項をあげると、2004年製作の Puteri Gunung Ledang は現在でも引き続きマレーシア映画史上最高の制作費RM 1500万をつぎ込みました。この映画はベニス映画祭で初めて上映されたマレーシア映画となりました。 そのころからマレーシアのインディ映画が国際映画祭に登場するようになりました。

インディ映画監督 Woo Ming Jin は語る、「我々のマレーシア映画は映画祭で認められえるようになってきた。私の最新作 The Elephant and the Sea はこれまでスペインとイタリアと韓国で合計4つの賞を得ました。」

その作品 Lelaki komunis Terakhir が2006年にマレーシアで上映禁止となった、インディ映画監督Amir Muhammad は語る、「私の複数作品は検閲委員会の検閲を受けず、上映禁止となった。私のモットーは、他人は私より上手にできるが私は他人より安くできる、というものです。」 「現在映画製作がちょっと退屈になった。」 「映画祭の面で言えば、マレーシア映画はインドネシア映画とフィリピン映画に追い抜かれるでしょう。なぜならかれらはもっとリスクを犯すからです。マレーシア人はまだ思考においてブルジョワ的です。」

インディ映画監督 Liew Seng Tat はそのデビュー作品 "Flower in the pocket" によって、昨年いくつかの国際映画祭りで紹介されました。これまでにその作品は45の映画祭で上映され、7つの国際映画賞を得ています。彼は今年のカンヌ映画居住者になって、パリで5ヶ月過ごすことになります。彼はこう主張する、「 マレーシア映画はまだまだ世界には馴染みがありません。マレーシア映画という概念は10年前にはほとんどなかった。でも今では我我の映画が世界のいろんな所を巡っています。 一般に、マレーシア人は映画を単に娯楽だと捉えています。私はこのマレーシア人の映画鑑賞態度を変える必要があると思う。」 

【おことわり】
9月26日から10月1日まで家を留守にしましたので、その期間の記事は掲載できませんでした。

| ホーム |


 BLOG TOP