プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

1月28日の記事

【警察署内で急死したインド人被疑者の死因を巡る問題】
高級車窃盗グループの一員の疑いで逮捕されたインド人被疑者が警察署内で急死した件は、遺族がマラヤ大学医学センターに第2回目の遺体鑑定を依頼し、すでに終わっています。警察副長官はまだ鑑定報告書はできあがっていないとしています。「警察は正式な報告書が出てから、内部の行動をとります。」

一方遺族と友人グループが遺体安置所を急襲して遺体を確認した時混乱がおきました。その現場に、内閣の副大臣を勤める2人のインド人がいたことから、内務大臣はその2人に対しても対処作を取るであろうと警告しました。 これに関して、インド人与党政党MIC の総裁は、党はこの2人の弁護に協力すると述べました。副大臣も反発する、「内務大臣は被疑者の死亡を引き起こした者たちを追うべきである。」

(Intraasia注:歴史的理由もあって、強大な権力を持つ警察機構です。一方犯罪率の高さから警察官増員の必要性はいつも重要課題です)

【WiMax無線ブロードバンドの普及】
WiMax無線ブロードバンド免許を得た会社 4社中の3社はすでにサービスを開始しました。しかし、政府の期待する普及レベルである、2010年までに人口の半分にこのサービスが行き渡ることにはならないと、専門家は考えています。消費者をWiMax無線ブロードバンド会社はそれほど積極的にマーケティングしてないし、多くのことをしなければならないので、消費者をWiMaxに引き付ける要因が欠けているという捉え方です。
現在のマレーシアでブロードバンド普及率は、世帯の17%、 人口の7%に過ぎません。マレーシアの業界指導機構は、WiMax無線ブロードバンドの普及目標を、2008年末までに人口の25%が利用できるようにすると明らかにしていました。

4社中の1社である Red Tone はサバ州サラワク州でのサービスを去年の8月に開始しましたが、まだコタキナバルで利用できるだけです。近い将来クチンが加わります。半島部において、YTL-e solution がいつサービスを開始するかはまだ明確ではありません。首都圏では Asiaspace 社はブランド名 amax でサービスをクアラルンプールで開始しましたが、まだ限定された場所 Taman Tun Dr. Ismail においてです。

(Intraasia注:WiMax無線ブロードバンドの売込みがなんとなく遅々としているという感じを持つ方は多いはずです、ただWiMax無線ブロードバンドがどれくらい優れているかもよくわかりませんね。)

【マレーシアサッカー協会は多額のスポンサー協賛費を受けていた】
マレーシアサッカー協会はスポンサーのタバコメーカーDunhill から協賛費として、1997年から2005年までにRM 3億を受け取りました。しかしながらこの巨額な経済支援にも関わらずマレーシアサッカーゲームの水準は劣るからより劣るに落ちました。そして回復の兆しを見せていません。これだけの巨額をつぎ込んでもマレーシアサッカー協会がマレーシアサッカーの水準を引き上げられなければ、どのような希望がありえましょうか? 

元国家チーム監督や国際試合選手らが批判をしています、「同じことを言い続けています、マレーシアのサッカーシステムにある根本の問題に対処するために劇的な変化が必要です。そうでなければ次の20年間も同じことを言っているだけでしょう。」 「人口2700万の多民族国家なのに、有能な選手を集めて強い国家チームを作れないのです。」

マレーシアサッカー協会の会長を25年間務める、州スルタンは、変化をもたらすことを約束する。スルタンには25年という年月があったのですが、何も変化は起きなかった。マレーシアサッカーファンはいろんなことばをこれまで聞いてきたが、もうそれを宛てにしていない。 新聞社が実施した読者からの意見投票では、マレーシアサッカーのお粗末な状況の責任をスルタンは持つべきだというのが多数派でした。 つまり68%が、会長は責任を負っているというものです。27%が選手の責任を問うています。

(Intraasia注:マレーシアスポーツでRM 3億と言うのは実に巨額で、驚きます。バドミントンだってこんなに予算を持っていないはずです。機構上の最高トップにスルタンが就き、各州のサッカー連盟幹部職に州首相ら有力政治家が名を連ねるあり方が、マレーシアサッカーの機構のようです。政治家を政治以外の場所でもてはやし、その影響力にすがろうとするマレーシア風土はサッカーも例外ではないということですな) 

【 お知らせ 】
29日から1週間家を留守にします。帰宅は2月5日です。
スポンサーサイト

1月27日の記事

【華人界の指導者たちの年頭挨拶】
華総議長の年頭挨拶
我々華総はこの機会を活用して、華人社会が長年要求していることを達成したいと思います: まず小学校における数理科目での母語教育(つまり華語を媒介として)を復活させること、 国民型華語小学校の改築増築と国からの資金給与をて制度化させることなどです。
政府がまず中小企業に援助を与えることを願います、そうして金融危機に打撃を受けている分野での影響軽減し、従業員解雇を避けられるように。 人々は競争力高めと効率を改善し、生活スタイルを改善し心にゆとりをもつ、浪費をさけるべきです。

董教総議長の年頭挨拶
我我組織の独立中華中学小委員会の調べでは、今年全国に(60数校ある)独立中華中学校に在籍する生徒数は60532名となっている、初めて6万人の壁を破りました。独立中華中学小委員会は今年も独立中華中学教育改革を継続していきます。政府が独立中華中学が統一して行う卒業前の試験を(国の公認する)統一試験制度と認め、それによって国内の国立大学と教員養成カレッジに入学できる資格と見なしてくれること、を期待します。独立中華中学の卒業生はその後台湾か中国の大学で学士資格をとる者がたくさんいます。

(Intraasia注:こういう記事は華語新聞だけに載っています。他の言語紙は伝えません。このように旧正月の華語新聞は華人組織のトップからの挨拶をたくさん載せています。そしてその挨拶では、華社つまり華人界の発展のために力を合わせていこうと語るのです。華社ですよ、間違っても中華社会、中国人社会などという単語は使われません、中国とは中華人民共和国または中国大陸を指します。マレーシア華人を中国人と呼ぶのは”9割がた間違い”です。
華総とは全国に何千とある種種の華人団体の連合上部組織です。政治的勢力ではなく、商業文化慣習教育などの面で華人社会の利益の向上を目指す連合組織という位置づけです。 董教総は、華語教育の総元締めであり、且つ華語教育団体として学校運営などに直接間接関与しています。独立中華中学はその翼下にある文字通り独立した中学校で、国の公教育から異端視されており、上記の訴えにあるように卒業しても国内の国立大学には進学できません。董教総は長年このことを教育省に訴えていますが、省は頑として受け入れません。政治的な問題を多分に含んでいます。華人生徒の1割強ぐらいこの独中に進学します。)

【マレーシア人の中国訪問と中国人のマレーシア訪問数が増えている】
中国人のマレーシア訪問者数: 2007年 76万人、 2008年9月末まで 80万人
マレーシア人の中国訪問者数: 2007年 49万7千人、 2008年9月末まで 48万人

駐マレーシアの中国大使館の責任者は語る、「中国が自由ビザ制度を取り入れて以来、マレーシア人にとって中国は容易にビザの得られ国の一つとなった。複数入国可能ビザなので、申請は1回で済みます。 マレーシア人の中国訪問者数は年々増えている。 ただ去年9月末までの48万人中では華人が98%も占めている。2%が華人以外の民族です。マレー人は大変少ない。」 「マレーシア国内で少なからずのマレー人家庭が華語小学校に子供を通学させているので、大きくなってコミュニケーション能力に貢献するでしょう。こういう華語小学校で学ぶマレー人が将来中国に留学することを期待します。」

また「中国人のマレーシア訪問者総数は去年は最終的に100万人に達したであろうと推測しています」

(Intraasia注:中国が話題になるとき、必ず関連数字が紹介され、その数の多さが強調されるのがマレーシアマスコミの最近の傾向ですね。12億も人口があればいろんな面でも他の国を圧倒するでしょう。数の多さを重要性の一番に上げたら、どんな国であれ中国に敵うわけはないですな。)

【クアラルンプールを一望できるパノラマ景色が得られるという西欧レストラン】
スランゴール州のAmpnag地区にある 西欧料理レストラン Look Out Point が人気を呼んでいます、とりわけ若者の間でです。このレストランは hulu Langat ハイウエーから入ったPekan Batu 14 から約5kmほど離れた地にあり、 周りを緑に囲まれています。 このレストランの場所からほとんど360度に近くにおよぶ素晴らしい眺めで知られており、熱帯雨林とクアラルンプールが一望できます。そこで夜間が最適といえるでしょう。レストランはカジュアルな雰囲気であり、料金は若い人たちにも適当な料金です。シェフは34歳のパキスタン人です。

Look Out Pointのある場所には他にも Bread & Olive, Look out Station , Gasolin といった食事のできる所もあります。
住所: kompleks Pelancongan, Menara Tinjau, Jalan Ampang- Hulu Langat,  Ampang スランゴール州          

(Intraasia注:実は以前ちらっとこのレストランの話を聞いたことがあります。ものすごく眺めがいいと言ってました。そこでこの記事を読んでより行きたくなりましたね、車がないので行けませんけど。 行ったことのある方、感想を書いてくださいね)

1月26日の記事

【旧正月時期の政党主催のオープンハウス】
Barisan Nasional(与党連合)側
 馬華公會(華人政党): 26日午前 クアラルンプールにある本部 MCA会館にて
 民政党(華人基盤政党):26日午前 クアラルンプールにある本部 PGRMビルにて

Pakatan Rakyat(野党連合)側
 公正党(華人も支持基盤である): 26日午後 クランにある福建会館にて
 民主行動党(華人基盤政党):31日正午 クアラルンプールにあるスランゴール中華大会堂にて

(Intraasia注:マレーシアでいかに政党が多方面に関与しているかを示す一つの現象として、全国的民族的祝祭時には毎年政党が主催してこの種の全国オープンハウスを行います。各党はまたそれぞれの州や地区でもまた別のオープンハウスを開くのが普通です)

【AirAsia X は積極的に中国路線開拓を図っている 】
AirAsia グループの格安長距離航空会社 AirAsia X の社長は、ごく最近行われた華人与党政党馬華公会総裁の率いる訪中団に参加して、6日間北京などを訪れました。その際中国側の民間関係者と政府党の責任者らに会って、マレーシアと中国間におけるより広範囲な航空協力を提案しました。 AirAsia X はこの3月から天津に飛行を開始する予定です。さらに今年中に新たな他の2都市に飛行を開始する意向です。「そうすれば乗客の急激な増加を生むことでしょう。」と社長。現在同社の中国へのフライトは、マカオ行きと抗州行きです

「AirAsia X が中国に飛ぶことで、中国側が格安航空は大きな市場を開くということに気がついてほしい。中国はあれほど巨大なのでまだ表面をなでているだけです。中国市場は長期に渡る投資です。」 「マレーシアの運輸大臣(訪中団を率いた総裁が兼務)がいっしょでなかったら、天津への飛行開始はこれほど早く認可されなかったでしょう。」

(Intraasia注:格安長距離航空会社 AirAsia X は日本へも今年中にフライトを開始したいと前々から公言しています。しかしまだ複数の候補空港が明らかにされた段階であり、具体的な交渉にはいってないようです。後から候補空港になった天津がもう両国側で認可された点をみても、日本への進出はいかにも緩慢です、その理由が日本の運輸当局にあるのか、AirAsia Xがそれほど積極的ではないのか、その両方なのか? 乗客総数でいけば中国路線に日本路線が敵うはずはないですが、旅行者層と質が違うからこそ、AirAsia Xが日本に飛ぶ価値があるはずです。 よってAirAsia Xはできるだけ早く開始したいではないだろうか。 日本の空港当局と運輸省は早く具体交渉に入って欲しい、また積極的に交渉開始をして欲しいですな。 世界は今中国を向いているのです、日本はもう受身の態度では遅れを取るだけですね。 AirAsiaグループはタイとインドネシアにそれぞれ直系会社を持つゆえに、マレーシアだけでなくこの両国の旅行者にも日本への格安便の道を開くことにつながります、もちろん日本人節約旅行者に一番朗報ですけど)

【ペナンの貨物輸送業は大幅な減少を記録】
ペナン州の貨物輸送産業界は12月にこれまでにない大幅な下降を記録しました。ペナン州貨物輸送産業協会に寄れば、12月の航空貨物は7年間で最悪の月であり、輸入部門では対前年同月比で52%も減少し、輸出部門では32%減少しました。 この結果2008年第4四半期では対前年減少分が 輸入 35%、輸出 23% となりました。

協会幹部に寄れば、ペナン州から輸出される航空貨物は60% 以上も減ったとのことです。「だから海外の電子電気産業が不況になれば、我々ペナンの電子産業もひどく影響を受けるのです。」 「通常ならばクリスマスと新年期間は1週間の休みです、今回はその休みが2,3週間に延びました、加えて我が産業の労働者は月4日の休日に加えて2日の休日をとることになっている。」 

ペナン州の貨物輸送産業界ではすでに残業カットなどの経費削減を取り入れています。「我が産業はまだ解雇に至っていませんが、1月と2月の仕事はまたぐっと減るでしょう。解雇せざるを得ないところまで落ち込まないことを期待しています。」 「政府系会社である電力会社は電気代を下げるべきです。」

一方海上貨物輸送業界では航空貨物輸送ほど世界不況の影響を受けていません、「バタワース港で受けるコンテナ量は2007年に比べて2008年は約10%減りました。この理由として海上貨物の多くを占める材木とゴム基盤の製品です、こういった産業は世界不況の影響をそれほど受けてないからです。」 と協会の海上貨物部門の長は語る。「我が協会の加盟企業は海上貨物では今年15%ぐらいの減少を予想している。」

1月25日の記事

【インド人コミュニティーの抱える問題と警察への不信感】
高級車窃盗グループの一員の疑い及び車窃盗の罪で逮捕されたインド人被疑者が警察署内で急死した件は、一般警察官とインド人労働者階層の間に存在する深い相互不信を深刻に示す一連の事件の最新の1つに過ぎません。まったく別の件で先週発生したのは、インド人被疑者に熱湯を浴びせたという容疑で6人の警官が起訴されました。

マレーシアのインド人は人口の8%弱にすぎない少数派ですが、インド人貧困層は、適切にまたは不適切といえようか、暴力犯罪の多くに関わっていると批判されています。いろんな研究が示しているのは、犯罪と貧困、疎遠化、疎外化の間には直接の関連があります。インド人コミュニティーが他の民族コミュニティーに比べて犯罪に関わる率が高いとなっても驚くことにはなりません。各民族の人口に占める割合を考慮したうえで言えるのは、結果的に刑務所と警察の留置所いる者及び警察統計におけるインド人の比率は、他の民族の比率よりも高いのです。

ケダー州のPadang Serai 、スランゴール州のKlangとKapar 、ジョーホール州のMuar といった地方の窮乏地域、そこではインド人が多数派である、を取り上げると、その地は暴力と違法傾向の高さでまるで争いの場かのようです。強姦と殺人と請け負い殺人が普通に起こり、住民はそれと共存していくしかない。

高級車窃盗の容疑者が急死してその家族とグループが遺体安置所を急襲して遺体を検査した事実は、インド人貧困層と警官の間における信頼感のなさを示しただけでなく、インド人貧困層と政府官庁との間におけるそれも示しています。インド人貧困層は、近所で起きる窃盗や強盗に関して、社会一般だけでなく警察からも分けなく疑いをもたれると思っています。 それゆえに去年政府がグループ自体を禁止指定したHidraf 運動の弁護士や指導者及びKapar選出国会議員をインド人貧困階層は好んでおり、貧しい者の見方だと見なしているのです。彼らはまたインド人貧困層から強い支持を得ています。

(Intraasia注:これはインド人のコラミストが解説するニュースコラムからです。確かにインド人貧困層の犯罪率が高いと以前から言われています、しかし当然ながら具体的な数字はまず公表されません。歴史に依存する部分もある根深い原因からであり、単純にその率の高さだけを強調すれば差別主義になってことを悪化させるだけでしょう。多くの外国人が誤った印象を持つのはインド人の占める数に対してです、インド人は8%にも満たない少数派であり、いまや外国人労働者の方が数は多いのです。インド人はマラヤの英国植民地時代からの存在であることゆえに、マレーシアの3大民族という、ある意味では誤解を招きやすい呼称を得ています。少数派を多数派がどの程度尊重するか、一方少数派は多数派に対するその平等互恵要求においてどこまで譲歩するかといった基本は、世界どの国でも言うは易し行うは難しといえるのではないでしょうか)

【依然として増えているデング熱罹患】
デング熱罹患が依然として増えて続けています。今月12日間で全国で罹患した数は4221人で、内死亡者が12人です。スランゴール州が最多を記録し、2223人で死亡が5人です。クアラルンプールは409人で死亡が2人です。ペナン州は罹患が409人。

デング熱罹患に関して、医師は疑わしい場合と確定した場合の全てを保健省に届け出る義務があります、と民間医師協会連合の議長は説明しています。「インターネットで掲載されていたり巷に広がっている、デング熱は自然に治るとか伝統的治療法を信じてしまう患者と大衆に対しても、医師は対応しなければならないのです。」

(Intraasia注:我が家はアパートの上階なのに窓を開けて寝ているといつも蚊が入ってきます。つまり隣家のベランダなどに溜まった植木や缶の水溜りなどでボウフラがわいているせいなのでしょう。このようにいくら自家で気をつけても完全には防げないのが、デング熱ですね)

【美味しいフィッシュボール麺】
フィッシュボール(魚丸と華語では書きます)はアジアの多くの麺類では主要材料となっています。そしてマレーシアでは、中華料理であれマレー料理であれインド料理であれ、広く用いられています。中国人が作り出したと思われているその原材料のおかげです。フィッシュボールをいれることで麺類が本当においしくなり、時にそれだけでもいけるのです。
今日市場には様々なフィッシュボールが並んでいます。イカのボールはいうまでもなく、蝦のボール、鶏肉のボール、さらには肉ボールまであります。

フィッシュボール麺の美味しい店をちょっとあげてみましょう。ペラ州のKampar では自然な白色のフィッシュボールと揚げたフィッシュボールの両方が人気です。Chat Kee Kampar の麺はフィッシュボールとミートボールで有名です。またKamparHouseの屋台センターでは 人気あるフィッシュボール麺の店 Lee Chat Kian がいいです。

(Intraasia注:グルメではない私でも、こういう美味しい物案内の記事は時々読みます。そして食べにいきたいなあとよく思いますよ。もっとも経済的にできませんが。フィッシュボール、通称 魚丸はまこと一般的な麺類の加え品ですね。私も好きです)

1月24日の記事

【長距離距離バスの発着所の変更】
(旧正月直前なので帰省など長距離バスの利用者が増えています)クアラルンプールから半島部を北上するバス便に関しては、期間中だけPuduraya バスターミナルではなくJalan Dutaバスターミナルを発着場所とするという指示を、今月12日に商業車輛免許授与庁が出しました。しかしバス会社は直前の指示だとして、これを批判していました。

Puduraya バスターミナルにやって来た乗客はDutaバスターミナルへ行かなければならないことを聞かされて、多くの乗客は怒りを表明しました、「北部路線バスがDutaバスターミナルから発着するなんて全く聞いていない。」 Puduraya から Jalan Dutaまでシャトルサービスバスが臨時に運行されているのに、その情報が利用者に伝わっていませんと文句を語る。 
商業車輛免許授与庁は、「7年間行っている毎年のことなので、バス会社は知っておくべきです。なぜ文句を言うのか?」

(Intraassia注:新聞などではこのことがすでに報道されていたはずです。しかし1ヶ月以上前に切符が発売開始された当時はそんなお知らせはなかったのも事実のようで、公知させるというサービス精神の欠如は役所とバス会社の両方に感じますね。そして毎年の発着場所変更があるゆえに、乗客は自分から気をつけておくべきでしょう。かゆい所に手の届くサービスはマレーシアでは期待するべきではないのです)

【拘留中の警察署で急死した被疑者の死因に関して調査する】
高級車窃盗グループの一員の疑い及び車窃盗の罪で逮捕された被疑者(インド人)が、拘留中のスバンジャヤの警察署で急死しました。死体を引き取った家族や友人が遺体安置所を急襲し死体に傷があることに概して憤慨して、問題視しています。警察庁副長官が死体の写真と調査報告を司法長官(検察庁)に見せた結果、長官は言う、「この事件を殺人と判断するようにと、警察副長官に示唆しました。警察署で暴行を受けたことが原因で死亡したと明らかになれば、関係者は殺人で起訴されるでしょう。しかしなんら間違いがなかったと明らかになれば、この件は済みです。」

警察庁副長官は、死亡した被疑者の家族に対して、「警察はなんら隠し立てをしません、独立したチームを任命したので調査にあたります。」 と語りました。

【国内自動車新車販売数】
マレーシア自動車産業協会が発表した2008年の統計です。
新車販売総台数 548115台: 乗用車 497459台、商用車 50656台   対前年伸び率 12.5%
2009年は12%減の 48万台の予測です。

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 399.5 を入手します。

(Intraasia注:週末から27日までは休日ですから、このレートが適用されますね)

1月23日の記事

【ロンドンオリンピックに向けて特別強化種目3種を決定】
2012年のロンドンオリンピックでメダル獲得の可能性ある3州のスポーツを特定させる”オリンピックゲームプログラム”が発表されました。 バドミントンに加えて自転車競技がこの中に入りました。もう1つはアーチェリーです。この3つのスポーツは、今後3年間政府からより大きな関心を払われることになります。青年とスポーツ省大臣は言う、「このために我々は3つの小委員会を構成した、金融、計画と準備、 スポーツ科学のそれぞれ委員会です。いバドミントンに関しては混合ダブルにも関心を払います。」

バドミントン:男子シングル1人、男子ダブルス 2組、混合ダブルス 1組、、女子シングルは後日、 アーチェリー:男子選手4人、サイクリング:男子5人

アーチェリーハこれまで外国遠征試合をあまり経験していません、そこで今後それが増えることになります。「アーチェリーには可能性がある。 アーチェリー選手は年間少なくとも10の国際試合をして欲しい。」 

(Intraasia注:国勢的にみて経済力に比してスポーツ力ではかなり下のマレーシアです、女子選手がバドミントンを除けば誰も入ってないところに、国としての男女間でのスポーツ普及に差があることを感じさせます)

【マレーシアサッカーリーグはサッカーになっていないという発言】
サッカーのアジアカップでの予選通過をかけた試合が今週行われました、マレーシアチームはアラブ首長国連邦チームに5対0で完敗しました。その試合後マレーシアチームの監督が、「マレーシアサッカーリーグはサッカーになっていない」と発言したそうで、それも含めて問題視されることになりました。マレーシアサッカー協会は月末に理事会を開いて、このことを話し合います。

監督はインタビューで答える:国家スポーツ研究所がチームの選手を試合前に適合性テストに2回かけました。たった3人の選手しかこのテストに合格しませんでした。残念ながら事実がことを傷つけるのです。私の発言は、正直な意見であり、それを維持します。マレーシアのサッカーリーグは国際サッカーの高い水準を満たしていないということです。

(Intraasia注:エイコクプレミアリーグは多くの都市部のファン層をひきつけていますが、そういうファンはマレーシアサッカーリーグを初めから相手にしてない。マレーシアサッカーリーグはマレー人の熱狂的ファンだけによって支えられているという図式ですね。世界ランキング100位以下のマレーシアのサッカーが国際水準にたっしてるなんて、誰も思ってないはずです)

【マレーシアと隣国を運行するFirefly の今年の拡張計画】
(マレーシア航空の子会社である)Firefly はスバン空港第3ターミナルに切符販売所を設けました。同社は今後クアラトレンガヌ、コタバルなどにも切符販売所を設置する計画です。同社は半島部の複数個所からシンガポールへの飛行便開設を運輸省に申請しました。同社の現在の飛行地は17箇所あり、2009年末までに36箇所に増やす計画です。

Firefly は現在5機のターボプロップ機で運行しており、今年これを10機に増やします。運んだ乗客数は2008年が40万人で、今年は140万人を予定しています。同社の飛行機座席充足率は平均して60%であると、社長は説明しています。

(Intraasia注:インターネット購買が便利です、この会社はスバン空港を利用できるという利点があります)

【天然ゴム生産大国】
世界の天然ゴムの70%を生産する主要3大生産国において、2008年はタイが 約400万トン、インドネシアが約300万トン、マレーシアが約100万トンでした。この3カ国が集まって天然ゴム価格の安定化を2月に話しあいます。今年は3カ国で輸出を70万トン減らすことにすでに合意があります。

(Intraasia注:1960年代頃はマレーシアは世界のトップの生ゴム生産国だったはずですが、今ではオイルパームに主流を移してしまいました)

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 400.8 を入手します。

(Intraasia注:ついに銀行レートで4.0を超えてしまいましたね)

1月22日の記事

【中央銀行の景気対策用第2回目の金利下げ】
中央銀行Bank Negara は基準金利である翌日物証券金利を3.25%からこれまでにない幅で下げて、2.5%にする、 銀行の法定預金準備率を3.5%から2.0%に下げると発表しました。この決定は2月1日から実施されます。「成長率の減少の危険性をみて、この両者を下げるのは先手を取った方策として、さらに支援的な金融環境を国内経済に与える目的です。」

【その他の中央銀行の声明】
成長に欠かせない対策を緊急に実施する
インフレ率は12月には4.4%に下落した、下落はさらに続くと予想される
全ての分野で貸付手段が確実に得られるようにさせる
マレーシア銀行システムは基本的に健全である

一方マレーシア華人商工会議所連合は、政府が提案している景気刺激政策第2弾は製造業と建設業に焦点を絞るべきだと発表しました。両分野が最も影響を受けているのでこの第2弾は早急に実施されるべきである、さらに連合はガスと電気の料金値下げを要望し、被雇用者福祉基金の雇用者分負担を12%から9%に減額するように要望しました。

【外国人労働者の新規受け入れを停止する2業種】
製造業とサービス業分野での外国人労働者の新規受け入れを停止することを政府は決めました。人的資源省大臣の説明では、現行の外国人労働者はそれぞれの労働許可期限が来るまで、または解雇されるまでマレーシアで労働してもよいとのことです。合法外国人労働者210万人中の100万人ぐらいがこの両分野で従事しているとみられます。「ただしどうしても必要だという場合は例外として新規受け入れも認めます。」 「建設産業とプレンテーション産業では引き続き外国人労働者が必要とされています。」

マレーシア労働組合連合は主張する、「例外はなくすべきです。全ての関係者がこの決定に従うことが必要です。我々は外国人労働者に反対ではないが、無節操な雇用代理業者にはがまんできません。」

(Intraasia注:周りを見れば外国人労働者が一杯です、食堂や屋台の手伝い人、ショッピングセンターやアパートの掃除、特定の店の売り子、市場やトラックの助手、レストランの裏方などなど、所詮マレーシアは外国人労働者なくしてはやっていけません、なぜならいくら仕事がなくてもマレーシア人はそういう仕事に就かないからです)

【ペナン州の州内無料 WiFi プロジェクトを試験開始】
ペナン州は州内の無料WiFIプロジェクトを開始しました。まず試験としてジョージタウンのKomtarビルとQueensbay ショッピングセンターとBkit Jambulショッピングセンターで導入しました。州首相は言う、「WiFi は健康に害があると主張する一部の人の反対があるが、複数の権威ある外部機関の専門家がそれは根拠のないことであると言明している。ですから州は多いにこのプロジェクトを進めていきます。」

ペナン州の無料WiFIプロジェクトを請け負っていくのは、Redtone 会社です、25箇所のホットスポットを2月中に設置するとのことです。そして1年後には300箇所に増えます。

【高架電車の駅プラットフォームから線路に降りてしまう行為が減らない】
クアラルンプール圏を走行する2種の高架鉄道(LRT) では駅のプラットフォームから線路に下りてしまう人たちが後を絶ちません。これはその人自身に危険だけでなく、電車の乗客にも危険を及ぼしまた電車の運行を乱します。線路に降りる言い訳の主なもの:切符や携帯電話などを線路に落としたので拾うため、 (プラットフォームを間違えたため目的の方向の電車に乗るために)線路を横切って向こう側のプラットフォームへ行くため。

高架電車を運営するRapid KLの責任者は語る、「線路に降りる人たちの36%が 写真を撮りたいという旅行者を含めた外国人です。64%がマレーシア人です。」 Kelana Jaya 路線では線路に7Kg以上のものが落ちると電車を自動的に止めるプラットフォーム緊急停止システムが設置されています。「この装置が働くと電車の急停止で乗客に影響が出ます。」 プラットフォームには線路に降りるな、線路を渡らないというイラスト入りの目立つ注意看板が掲げてあり、さらに「渡れないように線路と線路の間にフェンスを設置しました。」と責任者は語る。

Rapid KLの責任者によれば、 Kelana Jaya 路線で人が電車線路に降りた行為の報告は昨年195件ありました。2007年は191件です。Ampnag路線では昨年は11件、2007年は12件でした。「線路降り行為がよく起こる駅は、Pasar seni駅、 WangsMaju駅、Bangsar駅です。」 「保安要員が違反者を捕まえると、その違反者を警察署に送るように指示してあります。電車法違反で起訴されることも可能です。」 「Rapid KL はプラットフォームに遮断扉を設置する方式も考慮中です。」 「線路に物を落とした場合は、駅の職員にまず連絡してください。そうすれば訓練を受けた者が対処します。」

(Intraasia注:電車のプラットフォームから線路に降りる、まして線路を渡って向こうのプラットフォームへ行くなんて事はしてはいけない、というのは社会マナーと常識のはずですが、守らない人間がいるということは容易に考え付きます。なぜなら、マレー鉄道においては各地で人が線路横断しているのは日常茶飯事であり、またクアラルンプール圏を走行するKomuter電車でさえも線路横断している住民と乗客の存在はごく普通に目にします。よってより進んだ電車網であるLRTでも駅のプラットフォームから線路に降りてしまうという行動意識が消え去らないからですね)

1月21日の記事

【雇用者連合側は労働者20万人の解雇もありえると表明】
マレーシア雇用者連合の専務理事はマレーシア語紙のインタビューに答えて言う、「約20万人の工場労働者が解雇されることになりそうだ。この数は1998年の東南アジア経済危機のときの85000人より多い、それは今回は世界的な経済危機だからです。」 「最も影響を受けている分野は電子電気産業です、今年初めから注文を受けていない。残業なしや一時解雇処置によって経費削減措置はとってはいるが。その後操業を停止するか支社を閉じることになるでしょう。来年にまでこの状況は続きそうだ。」

(Intraasia注:政府や担当官庁大臣の発表する内容または発言より、直接の雇用者側からの発言の方が実態に合っているかのように感じられます。電子電気と自動車は日系企業とその関連企業の比率が高い分野であり、事態は非常に憂慮する方向にありそうですね)

【ツアー1人分料金をが払えばもう1人はただで参加できるという旅行広告】
”9日間イタリアパッケージ旅行 1人参加すればもう1人はただ”という広告に釣られて、代理店に旅行代金RM 7000を払い込んだ人たちが、ツアーがキャンセルされたのに返金がないと訴えて、華人政党馬華公會のジョーホール州支部に助けを求めました。訴えた人によれば、昨年2月クアラルンプールの代理店の提供するツアーを知った、8ヶ月も前に料金を払う条件のために金を払った、10月に行うツアーはキャンセルされたが、約束の6週間後に返金されなかった、とのことです。少なくとも14人の被害者で総額RM 10万の被害額になります。 その後代理店は店を閉めてどこかへ行ってしまいました。

(Intraaasia注:騙されるほうがあほだという見本でせすね。1人参加して1人がただになるということは、1人の料金が既に高いのであり、10ヶ月も前に全額払うこと自体おかしいということに気がつかないことに、あきれます。いろんな騙し商売の事件は日々新聞に載っています。それでも人は騙されるのです。旨い話に乗るなという鉄則を忘れるからです)

【アブドゥラ首相の湾岸諸国ビジネス発展訪問】
アラブ湾岸諸国を訪問しているアブドゥラ首相はバーレンを訪れました。バーレンはマレーシアに大使館設置することに同意し、マレーシアはバーレン人の社会訪問滞在に3ヶ月の許可を与えると表明しました。マレーシア航空は以前バーレンへのフライトを飛ばしていましたが、すでに中止しています。アブドゥラ首相は語る、「両国関係を活発にさせるためにマレーシア航空はバーレンに飛行する必要がある。マレーシア航空ができなければ、AirAsiaができるであろう。」

カタールを訪れたアブドゥラ首相は、マレーシアとカタールは共同でUS$10億のファンドを設置することを近い将来計画している件を話し合います。新ドーハ国際空港の滑走路、トンネル、貯水池を建設している、総額RM 26億、マレーシアの建設会社Gamuda をアブドゥラ首相が訪問しました。

【R & B 音楽界のスター女性歌手のKLコンサート開催に反対】
R & B 音楽界のスターでグラミー賞も受賞した Rihanna のコンサートがクアラルンプールで2月13日に予定されています。イスラム政党PAS のクアラルンプール青年部の長は主張する、「彼女のコンサートは東方文化を陵辱するといってもいいくらいだ、マレーシアのアーティストを軽視し、国際的にはマレーシアの経済に損失を起こし、イスラエルの戦争政策を支持することになる。」 「彼女はしばしば示唆的な振る舞いを行い、セクシーでみだらな服装をしているので、不適切です。スポンサーの携帯電話会社Celcom はもっと東方文化と地元アーティストにもっと優先性を与えるべきだ。」 「彼女のコンサートはマレーシアの金が米国に渡ることになる。」

このPAS党クアラルンプール青年部は警察とクアラルンプール市庁に対して、主催者からのコンサート申請を拒否するようにと訴えました。同青年部は抗議書を提出するとのことです。一方Celcom の最高経営責任者は言う、「Celcom は単にコンサートのスポンサーです。Rihanna はマレーシアの規則に従うことを約束している。」 主催者のPineapple Concerts はこの歌手とすでに打ち合わせを行っており、文化芸術遺産省にはコンサートの件を通知したとのことです。

(Intraasia注:PASのクアラルンプール青年部はこれまでにも何回も外国人歌手のコンサート開催に反対行動を行っています、インドネシアのダンドゥット歌手に対しても含めて。 ところでRihanna って一体どういう歌手なのか私は全然知りませんな)

1月20日の記事

【デング熱の罹患が増えている】
1月4日から17日までの2週間を2008年と2009年で比較 - 保健省発表の全国での罹患報告数
デング熱: 2008年 1514人(死者4人) 2009年 3211人(8人死亡)
チクングニャ病: 2008年 4271人 2009年 364人

保健大臣は述べる、「デング熱の発生件数が2倍にも増えているので、重大に捉えています。これは保健省一人だけの責任ではありません。他からの協力が十分ではない。迅速な行動が必要です」 熱帯シマカはデング熱とチクングニャ病の両方を媒介します。 保健省はその対策活動をさらに強めます:住民の総出協力作業、デング熱の危険性を啓蒙するプログラムの強化など。

保健省長官は語る、「重い症状になった場合典型的な症状ではない場合の報告が増加している。この場合患者は一般に出血と血小板数の減少となるが、最近ではデング脳炎にもなりかねない、さらにてんかん性や黄疸を起こす可能性もある。」 

スランゴール州保健部の長官、「スランゴール州でデング熱がとりわけ多いのは、熱帯シマカを培養してしまう場所が多いからです。その犯人の1として放棄された建設プロジェクトがあります、さらに一般家庭もそうです」 クアラルンプールの場合、Setapak地区が最多で、78件の発生報告、市の中心地でさえ発生があり60件です。」

(Intraasia注:デング熱はみんなの協力がないと撲滅できません、ある特定地方だけの稀有な病気ではないゆえにやっかいな病気ですね)

【45000人が一時解雇状態になる】
(人的資源省がつかんでいる情報では)45000人ほどの労働者がこの24日から2、3週間の一時的解雇な状態になります。これは首都圏とペナン州とジョーホール州にある合計122の会社のマレーシア人と外国人労働者が対象です。「一時的解雇が発生すれば、我が省は雇用者側と従業員代表の両者に接触して、法律に沿って行われるようにします。」 「解雇する場合はまず外国人労働者を先にするように。マレーシア人従業員の福祉を考慮したことを示す必要があります」 122の企業は、一時的解雇の後は再度雇用するとしているとのことです。

(Intraasia注:いくつかの業界では操短と新規募集中止だけではなくこの解雇や契約更新しない動きが広がりかけているようですね。)

【中国の主要大学の1つにマレーシア分校を設置する呼びかけ】
華人与党政党 馬華公会の党首を代表とする政府政治家と民間企業主からなる中国訪問団が、中国を訪問中です。運輸大臣でもある党首はマレーシア人記者団に語ったなかで、中国のトップクラスの大学の1つにマレーシア分校を設置するように働きかけている、さらに香港のトップクラスの大学に対しても同様だ、と明らかにしました。これは代表団に加わっている有名マレー人実業家 Syed Moktar などによる民間の発起で行うとのことで、ジョーホール州南部に展開を始めた長期開発プロジェクトの一環として考えているとのことです。
訪問団は中国企業に対して、ジョーホール州のTanjung Pelepas 港湾とSenai空港の開発に加わるように誘いを出しました。この2つはマレー人実業家 Syed Moktarの翼下にあります。

現在マレーシアに分校を持つ海外の大学は、オーストラリアのMonash University, Curtin University of technology, 及び英国の Nottingham University です。

【ジョーホールバルの新出入国検閲税関総合ビル問題】
ジョーホールバルのBukit Chagar に昨年12月にオープンした新出入国検閲税関総合ビルが現在面している問題は、内閣で論議するようにさせたいと、ジョーホールバルを選挙区とする国内取引と消費者省大臣が述べています。大臣は、歩行越境者用に旧総合ビルを再オープンすることも選択肢である、バスが新総合ビルの玄関口で乗客を下車させるのも選択肢だ、としています。関係各省庁のトップを集めて、新出入国検閲税関総合ビル問題に関する検討が行われました。
一方ジョーホール州州首相は、新総合ビルからCausway に至る中期的な連絡道路を予算RM 2億で建設する案を政府に提案するとしています。

(Intraasia注:いろいろと急場しのぎの案が出ているようで、これまで長い間巨額の金をつぎ込んで建設していた当時になぜそういうことを想定してないのか、と思わざるをえません。 もともと新総合ビルはマハティール前首相が起案した別の海峡橋建設に絡んで計画されたので、Causeway から離れた場所に建てられた、それが一連の問題を生んでいるという解説がでています。 そうであってもその後何年もかかって建設している間になぜ手を打たなかったのでしょうかね)

1月19日の記事

【野生動物密輸ハブの1つとしてのマレーシア】
野生動物取引監視ネットワークの東南アジア地区代表は語るところによれば、野生動物の密輸ハブにおける世界のトップ10箇所の1つにマレーシアが入っています。「マレーシアは転送と捕獲のハブの地です。世界のトップ10箇所には、マニラ、メダン、シンガポール、米国などがあります。」 とりわけパンゴリン、鳥類、オオトカゲ類の密輸においてです。クアラルンプール国際空港、ペナン国際空港、そしてジョーホール州の海岸などから密輸出されるとのことです。

「密輸出された動物が最終的に行き着くのは:中国のレストラン、ヨーロッパや米国のペットショップなどです。爬虫類は小さいので密輸しやすい。」 「密輸者はまた危機に面した種の動物を合法的な書類で輸出する場合も良く知られています。」 「マレーシアはその戦略的な場所のせいとリスクの少なさから好まれるハブです。麻薬の密輸なら捕まれば死刑だが、虎の密輸は捕まっても罰金で済みます。」 非政府組織は野生動物の密輸に対して厳しい罰則を政府に以前から求めています。

【第23回 Anugerah Juarh Lagu の授賞式】
第23回歌謡チャンピオン賞の発表授賞式がクアラルンプールのBukitJalilのスタジアムで行われました。1万人ほどの観衆が集まりました。
歌謡チャンピオン曲: 男性ボーカルグループ Meet Uncle Hussain の歌う Lagu untukmu、 最優秀表現曲: 男性歌手Faizal Tahir の歌う Sampai Syrga
最優秀ボーカル曲:  同じく男性歌手Faizal Tahir の歌う Sampai Syrga、 エスニック創造分野曲: 女性歌手Farawahida の歌うPersoalan Cinta
バラード曲:同じく男性歌手Faizal Tahir の歌う Sampai Syrga、 ポップロック曲:同じくMeet Uncle Hussain の歌う Lagu untukmu

Meet Uncle Hussainは言う、「我我の音楽が受け入れられて嬉しい。」

(Intraasia注:Meet Uncle Hussain というグループはインディ音楽バンドだそうで、だからこういう発言になているのでしょう)

【世銀の報告書でマレーシアの実質賃金の伸び率低下を指摘している】
世界銀行が発行する「2009年世界開発報告書」の中にある、”東アジアにおける経済地理再形成報告”の部の中で、世銀の専門家である著者のYukon博士がマレーシアの賃金傾向を分析しています。その概略です:

インフレーション率で修正した実質賃金の年間平均伸び率の比較 ( 1998年に東南アジア経済危機が起こりました)
輸出指向の産業(電子電気、石油化学、繊維皮、木材家具など)の場合 1994年-97年期は 5.6%、 1998年-2007年期は 1.9%
国内中心の産業(運輸設備、その他製造、食品、タバコ、非金属など)の場合 1994年-97年期は 6.8%、 1998年-2007年期は 1.45%

著者は、実質賃金の伸びはこの10年間の国内総産高の下落に歩調を合わせていると、分析しています。マレーシアのこの20年間において、サービス産業が国内総生産高に寄与する比率は、1987年 46%、2007年 46%というようにほとんど変化していません、そこで著者は言う、「この10年マレーシアは経済価値連鎖を成功裏に押し上げていないことを示している、」 政府翼下にある経済計画部の長官は言う、「この世銀の報告書は世界経済を新鮮な捉え方で見ている。」

(Intraasia注:たいへん興味ある分析ですね。90年代に比べて2000年代は実質賃金の伸びが落ちているというのはまさに 目からうろこが落ちる ということではないでしょうか。マレーシア国内のエコノミストによるこういう分析または捉え方は、あるのかないのかわかりませんが、まずマスコミに載らない、載せようとしないのかな? マレーシアの高度成長期はもう終わったであろうと、私は捉えています、よって急激な賃金上昇期も終焉したということであり、2000前後からインフレの上昇がかなり賃金上昇を食っているというが、私の実感です。もちろんマレーシア経済全体のかさ上げは顕著ですから、停滞ということではありませんが)

【スランゴール州福祉事務所が行った乞食保護活動】
2008年の下半期の取り締まり回数と保護された乞食の数
6月:19回 36人、7月:12回 17人、 8月:18回 22人、 9月:22回 39人、 10月:19回 15人 11月:15回 28人

福祉事務所によれば、保護活動のほとんどは乞食活動の多い市(夜市や昼市)及び街で行います。法律によって、乞食の保護活動は福祉事務所だけが行えることになっています。「犯罪者ではないので我我は逮捕などという言葉を使いません、法律によって保護活動を行います。」 「保護した乞食を留め置きはマレーシア国民だけを対象にし、外国人はImgresen へ送ります。」 家族のない乞食の場合は、乞食用の施設などに送ります。裁判所の命令を受けて当初30日間だけ留め置かれます、それ以後もし家族が見つからなければ、さらに3年間留め置くことができます。

(Intraasia注:一般に言われているのは乞食活動者には2種あって、いわゆる秘密組織が裏で操って”乞食”行為者を各”仕事場所”に送り込んで稼がせている場合と、本当に個人で乞食行為している人たちです)

1月18日の記事

【国会議員補欠選挙でPAS党候補者が当選】
UMNO党の前議員が死亡したため、クアラトレンガヌ市を選挙区として国会議員補欠選挙の投票が17日行われ、即日開票されました。Pakatan Rakyat(野党連合)に属するPAS党の候補者が、Barisan Nasional(与党連合)のUMNO党の候補者を2000票の差で破って当選しました。有権者数8万人で投票率は80%でした。この結果、国会下院(Dewan Rakyat)での議席数は、Barisan Nasional(与党連合)が137人、Pakatan Rakyat(野党連合)が82人、無所属3人となりました。

選挙を陣頭指揮したナジブ副首相は語る、「選挙結果は小さな後退にすぎず、国の政治風景にほとんど影響をもたらさない。」

【ジョーホールバルの新出入国検閲税関総合ビルへの苦情は止まない】
ジョーホールバルのBukit Chagar に昨年12月にオープンした新出入国検閲税関総合ビルは絶えることのない苦情を生んでいます。工費RM 13億のモダンな建物にも関わらず、日に20万人近い利用者の間に大きな失望を起こしています。国境検問通過に今まで以上に時間がかかっています。新ビルを通るバスの本数が不充分で、順番待ちの時間は確実に増えたとのことです。さらに、「自動車の指定停車場所が不充分だ。ビル内の案内標識をもっと明確にすべきだ、」と、スクールバス業者は語る。総合ビルにつながる道路の幅が狭すぎるという苦情もよくあります。

新出入国検閲税関総合ビル
敷地の広さ 113ヘクタール、 自動車用レーン数 76、バイク用 100、 長距離用バス用レーン 32、 検問所カウンター数 18 加えて自動式カウンター 14箇所、 年間利用者扱い能力 9000万人、  

(Intraasia注;オープンした当初の不慣れさと微調整の必要さから苦情不満が出るのは当然ですが、1ヶ月以上経ってもまだ向上しない、改善されないというのは、計画時点でのなんらかの欠陥があったということにつながりますよね)

【旧検問所ビルの再開を願う人たちもいる】
ジョーホールバルの中心部ではつい最近まで非常ににぎやかであったJalan wong Ah Fook, Jalan Nee Heng, Jlan Sew Chin, Jalan Segeet はにぎやかさが減り、両替業者、大衆レストランや屋台、物売り業者がテナント契約を中止して出て行きつつあります。この理由を12月にオープンした新出入国検閲税関総合ビルのせいだとしています。業者らは新総合ビルのおかげで、出入国者の5割はジョーホールバル中心部によらなくなった、新総合ビルはビジネス殺しだと描写しています。

近い将来ジョーホール州の行政各部が、30kmほど離れた新行政地であるNusajaya に移転すれば、状況はさらに厳しくなると見られています。 ある新聞タバコ売りショップは言う、「12月は売り上げが60%落ちたので、数日以内にここから出て行きます。家賃RM 3500は負担できません。」 洗濯屋は言う、「2ヵ月後には店を閉めます。以前は週に50人の顧客はあったが、今では半減以下です。」 マレーシアインド人ビジネス会議の議長は、「新総合ビルは悪夢をもたらしている」 

ジョーホールバル市庁は、市中心部をPasar malam (夜市)スタイルで人出を回復させようと計画していることに、解決策にはならないだろうと、この議長は疑問を投げかける。「古い出入国ビルを再開して、バイクと歩行者用に使うべきです。」 ジョーホールツアーガイド協会は主張する、「新総合ビルでピーク時に出入国カウンターで長く待たされれば、観光客はやって来ないだろう。新ビルは身障者に優しくない。シンガポールのツアーグループは第二海峡橋を利用するようになっている。」

(Intraasia注:このように何かを移転したり、それまでとは違う場所に開設すると、決まってそのことを批判する論が沸き起こります。ジョーホールバルのあの当たりの70年代、80年代をそのまま残した朽ち果てて古く且つ汚くごみごみとした界隈と旧態依然とした商売業者をいつまでも残せという主張のようです。そういう後ろ向きな思考で発展思考がないから彼等はシンガポール依存症に陥いるのです。そのシンガポールはといえば、ずっと前に旧態を打ち崩して町並みも商売スタイルも変えてしまったわけです。新総合ビルの開設によってあのあたりは再開発されるべきでしょう。いつまでも昔スタイルにしがみつく、変化を嫌う業者は去る時期ですな。 第二海峡橋はオープン以来長い間利用者が少ないといわれ続けてきた、それゆえに増えたのであれば結構なことではないですか。観光客に便宜を図れといつも訴えているジョーホール州の観光業者団体の主張には全然同感しませんね)

【パハン州は新規の穴ツバメ養殖許可を停止している】
パハン州政府は州内の都市での穴ツバメ養殖許可証の発行を昨年6月から停止しています。許可されるのは郊外にある養殖の場合だけです。さらに停止以前に養殖許可証を得た者に関しては、養殖を引き続きしても良いとしています。ただし自治体の規則に従うことが条件です。パハン州では約1000人の人たちが1484箇所の建物が穴ツバメ養殖用に改造しています。

「穴ツバメがもたらす病気、糞害の憂慮、衛生度、騒音、さらに養殖による不動産価値の低下といった市民からの苦情に対処する必要がある、そのあとに養殖の企業が行われるべきです。」 と州の農業委員会の議長は語る。 穴ツバメの養殖は、華人の間で巣の需要が高いことから儲かるビジネスです。 パハン州だけで穴ツバメ養殖産業の商取引額はRM 3600万だと議長は語る。 ツバメの巣はキログラム当たりRM 1000-2000で取引されるとのことです。

(Intraasia注:典型的なマレーシア人意識を前提にしたビジネスですね。タイの町でも見かけましたけど。町の真ん中にある建物をツバメ養殖に改造してしまい、臭い、騒音、糞、などといった付近の住民への迷惑行為を考慮しない、この種のビジネスがまかり通るのです)

【ペナン州政府主催の旧正月祝祭日程と場所】
州政府が主催する旧正月オープンハウスは、ジョージタウンのCampbell 通りで1月29日夜に行われます。州予算からRM 5万、民間からRM 10万の予算で、Campbell 通りは初めて開催場所となります。1万人ほどの参加を期待しています。獅子舞い、龍舞い、アクロバットなどのパフォーマンスも披露されます。

(Intraasia注:ペナンを訪問される方、行きやすい場所なので訪れてみるのがいいのではないでしょうか。 クアラルンプールとはまた違った雰囲気のペナンの旧正月だと思われます。)

1月17日の記事

【Yasmin監督の新作はマレーシアで公開されない可能性大】
(独自の作風で知られる)Yasmin Ahmad 監督が昨年製作した新作 Muallaf(イスラム教に入信した人)はシンガポールでの上映を終えたばかりです。2月にはまたシンガポールで上映を再開する予定です。この作品は昨年10月開催された東京国際映画祭で アジア中東優秀映画部門で特別に言及された作品でもあります。 しかしMuallaf はマレーシアでまだ公開されていません。それはYasmin監督がどのような形であれ検閲によって修正された形にはしたくないからです。彼女は言う、「この映画がマレーシアで上映されるとは思いません。」

イスラエルのガザ地区侵攻に対して怒りを感じる監督は、マレーシア独自の援助団体Mercy Malaysia への資金協力するために、Muallf の特別上映を計画しています。1月23日Damansaraのシネマで開催するチャリティー上映には、5つの会社も参加します。もし検閲委員会による Mullaf の検閲が条件となれば、彼女は別の新作である Talentime に作品を変更します。

(Intraasia注:映画を見なくても概略内容からかなりマレーシアのイスラム教当局が気にするような作品のようです。どうやらマレーシアでの上映は期待できなさそうですね)

【Serendah 国際蘭(ラン)公園は赤字だけを残した】
スランゴール州の北部に建設された、Serendah 国際蘭(ラン)公園に関する州公会計委員会の報告からです。広さ172ヘクタールのこの公園は州農業発展公社と 民間のBaytown との合弁民営化プロジェクトとして開設されましたが、2002年のオープン以後大した収入がなく州政府に大きな赤字をもたらしてきました。開設以来の累積赤字はRM 1500万になっています。公園の維持でさえ州政府に負担を生んでいるとのことです。委員会の議長は言う、「多額の公資金をつぎ込んで浪費した。」

合弁事業の当初、州政府は40%の株を所有していましたが、資金的には州政府が大きな負担を追いました。その後州政府が多数派株主となって、資金をさらにつぎ込みました。現在州政府が70%、Baytownが30%の株を所有しています。 公園プロジェクトに関しては、実現可能性調査、環境影響調査などが行われなかったという、疑問が以前から出ています、「前経営幹部陣における欠陥を見つけた、そういった責任を負うものたちに対して法的行動を取ります。」

公園はオープン当時49ヘクタールが蘭農園になりました、残り123ヘクタール部分はホームステイ用になっていましたが、最後まで手付かずでした。開園当時はマスコミなども報道しました。研究センターも設置するというように公園に対する期待は大きかったのですが、それはただの夢として消えてしまい、2007年以降はビジネスとしては閉鎖されています。

(Intraasia注:各地に立派な施設を作りながらその後その維持を怠っている、宣伝などが不充分のためビジネスとして成り立っていない、そもそも最初からそんな場所に建設したこと自体が疑問であるなどといった、官営事業と施設はいくつもありますね。新聞でも時々話題にされます。でもその決定と運営責任をまず問われないことが単なる批判で終わらせています。Serendah 国際蘭(ラン)公園プロジェクトが進行中の頃、当サイトでも紹介しました、ただあんな不便な場所へ多くの人が果たしていくのだろうかという最も基本的な問題がついに解決されず、その後赤字で半ば閉鎖状態になってしまったと報道されていました。ホームステイなどという狙い自体が間違いであり、蘭公園の中にそんな宿泊施設を作ってもビジネスになるはずありませんね。不便な場所でもキャメロンハイランドのように商業化させるなら別ですけど、Serendah 地方にそんな下地はないです)

【国会補選で公約されたモスク・スラウへの補助金の分配】
ペナン州Permatan Pauh 選挙区では昨年国会議員補欠選挙が行われ、当時ナジブ副首相がモスクとスラウ(お祈り室)への援助を約束したのとことです。州イスラム教会議の議長は、「地区にあるたくさんのモスクとスラウからの要求を処理するのに5ヶ月かかった、通常こうした補助金は1年かかって分配します。今回はナジブ副首相が特別分配を決め、資金RM 400万は会議の手元にありました。それをすぐに分配することは技術的にできませんでした。」 

ごく最近公正党の機関新聞が、「ナジブ副首相は選挙時の公約を実行できない」という特集ページを載せたことに対して、議長は反発を示しました。この補助金はPermatan Pauh 選挙区にある、合計74のモスクとスラウに来週から実際に分配される予定です。モスク24箇所にはRM 10万、スラウ 46箇所にはRM 3万が分配されます、この金で修理や施設向上などに役立てられます。議長は語る、「それぞれのモスクまたはスラウ委員会の議長と会った際、4箇所のモスクは補助金を断った。」

(Intraasia注:イスラム教が国教のマレーシアですから、イスラム教の施設に国庫と州財政からごく普通に支出されています。それがどの程度の額になるかの具体的な数字は、少なくともマスコミを通じてはまず公表されていないようです)

【ホテルの広告から】
Ancasa Hotel
10周年記念  土曜日ハイティー 1人当たりRM 10++
特別価格の部屋料金 RM 99 (込み価格) 期間は1月12日から2月5日まで

(Intraasia注:いろいろある評判はとにかく、クアラルンプールのチャイナタウンからPudurayaに向かう絶好地にあるホテルです)

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 393.0 入手します。

(Intraasia注:円とリンギット為替レート変遷史の中で、円から見た最高の好レートとなった1週間でした。こんなむちゃくちゃなレートは長続きして欲しくないですな)

1月16日の記事

【政府は国民型華語小学校へ直接資金補助を出す】
国民型華語小学校へ総額 RM 5000万の直接資金援助をナジブ副首相が発表しました。これは政府の経済刺激策の一環として行われ、華語小学校の理事会は直接援助金を受け取ることになります。「まず全国の237校の華語小学校へRM 2700万を与えます、残りは適時行います。」 「この援助金は種種の発展または向上用に、設備の購入用に使えます。 全国のイスラム教学校はすでに受け取っているので、この次はミッション学校とタミール語小学校が対象になります。」とナジブ副首相は語る。

「受け取った金額は今年末までに使うようにしなさい。」 経済大臣を兼務する副首相は昨年11月各種学校へ総額RM 2億の資金供給を発表しています。「資金を学校理事会へ直接渡すのは政府が華語小学校の理事会を信用していることを試すものです。」 「この件では教育大臣、華人与党政党から大きな支持を受けている。」

(Intraasia注:こういうことは華語新聞では大きなニュース扱いになりますので、一面で大きく報道していますよ。華語小学校は、教師の給与といった人件費を除いて政府からの資金援助は少ないので、かなり自前資金で運営しなければなりません。そのため名前自体に国民型 というように”型”がついています。詳しい解説は以前の今週のマレーシアで書きました。)

【マレーシア製品を買おうキャンペーンを正式に開始します】
アブドゥラ首相が出席してスランゴール州USJ にある MYDIN モールで1月16日午後3時に行います
同時にサバ州 コタキナバルの1 Borneo ショッピングセンター、サラワク州クチンの Boulevard でも開催します

MIDIN における マレーシア製品を買おうキャンペーンは1月16日から18日まで、 マレーシア中小企業とハイテク企業からサービス企業までさまざまな製品を揃えています。さらにマレーシア人アーティストの登場もお楽しみください。

(Intraasia注:1998年の東南アジア経済危機のときは、このマレーシア製品買おうキャンペーンが広く行われました。今回はいまのところそういう状態にはなっていません)

【旧正月時期にも赤いポインセチアが好まれる】
クリスマス時期に好まれる赤いポインセチア花がこの旧正月前にも人気を呼んでいると、ペナン州の生花業者が驚いています。この店では最初に仕入れたのが売り切れてさらに注文しました。「お客はポインセチアが真っ赤な葉であることからその花を好みます。赤は華人にとって 旺 をもたらすと信じられているからです。 うちの店の花は主としてキャメロンハイランドから仕入れていますが、輸入花もあります。」 「ライム植物はいつも好まれ、一鉢がRM 50から488 の幅があります。地元産ライムの木、ゴールドライムの木などの種があります。」

(Intraasia注:華人街へ行きますと、臨時花屋を含めて旧正月用の植物を各種山のように並べて販売しています。その中に赤い植物も確かに見ましたが、植物音痴なので名前を知りません。 紅(色)は hong と発音、旺 は wong と発音しますから、 この似た発音に由来する点もあるのではないかな。華人社会ではこの種の似た発音ゆえの縁起担ぎは盛んですからね)

【Juscoは今年も店舗開設する】
Juscoを所有運営するAeon 会社は今後2年間にRM 2億5千万を投資し、さらに3店舗開設する計画を公表しました。今年中にマラッカにもう1店舗、来年その他州に2店舗だとのことです。 MaxValue 店舗を東海岸に展開する計画もあります。Aeon 会社はマレーシアに Jusco 21店舗、 MaxValueを5店舗所有しています。同社は今年の売り上げを2008年と同程度と予想しています。

(Intraasia注: Jusco で買い物はほとんどしませんが、ごくたまに訪れると地元スーパーなどに比べて品揃えのよさと整ったあり方に感心しますね。21店舗にも増えた秘密なんでしょう)

1月15日の記事

【家庭で犬を飼うときの条件】
ヌグリスンビラン州の Nilai市は家庭で犬を飼う場合の規則を改めました。最近改正された犬免許条例によって、犬を飼う家庭は隣家から書面による承諾書を得なければなりません。これは州で初めて施行される条例です。Nilai市に属するのは Manin, Labu,Rantau などを含みます。

犬を飼う免許代は 1匹あたりRM 20です。 市評議会議長の説明では、年齢3ヶ月以上の犬が対象であり、2匹を超える数の犬を飼いたい家庭はその敷地面積が最低1000平米必要です。その場合でも飼える数は4匹までです。違反者に対する罰金はRM 1000または懲役6ヶ月以下です。」 「ペットをその敷地外で自由に徘徊させてはいけません。」
同州の州都スレンバンでは犬飼い免許はRM 10で、隣人の承諾は必要ありません。

(Intraasia注:全てはどの程度取締りがなされるかですね。自治体はいろんな規則条例を定めています、ゴミ捨て禁止などの例をみればよくわかるように、えこひいきのない且つ常時取締りがない限り、どんな条例規則もほとんど効果がないという現実ですね。騒音、ゴミ散らかしなどに対する公共意識が薄いコミュニティーですから、飼い犬の横暴をにがにがしく思っている人も少なくないようであり、一方この種の規制に強く反対する愛犬家もたくさんいるようです。)

【陽を浴びる MMC-Gamuda 建設企業連合】
建設産業発展委員会が主催する、2008年マレーシア建設産業授賞式で、2008年優秀企業に、クアラルンプールのSmart トンネルを建設した MMC-Gamuda 企業連合が選ばれました。授賞式では公共土木省大臣が授与しました。 また別の3分野ではそれぞれ3人の社長または大学教授が受賞しました。

(Intraasia注:Smartトンネルはユニークな仕組みを持ったトンネルで、普段は自動車通行用ですが、大雨などクアラルンプールを流れる川が氾濫しそうになると、その水を一時的に貯水池に迂回させる目的でこのトンネルの車線を使います。もちろん自動車通行禁止の後です。MMC-Gamuda 企業連合はマレー鉄道のイポー以北の北部路線複線電化プロジェクトを請け負っています)

【州都アロースターの綴りが以前の Alor Setar に戻った】
ケダ州政府は州都アロースターの綴りを、以前のAlor Setar に戻すことを決定し、即実施に移しました。州首相は、「州理事会で決めた、今後公用便箋などの文字をあらためていきます。元のつづりの方がもっと適していると判断しました。」 「Alor Setar という名前は州の行政中心地として開かれた300年前に付けられました。」 ケダー州は4年前に Alor Star と州都を改めていました。

州の歴史に寄れば、Alor とは小さな川を意味し、Setar とは樹木の名前です、この木は小さな酸っぱい実をつけます。18世紀当時のスルタンがこの地 Kota Setar にスルタン宮を移転させて町を開き、その後 Alor Setar に改名されたとのことです。

【Siti Nuhhaliza は歌活動を止めない】
(最も有名なマレー女性歌手)Siti Nuhhaliza、30歳、 は先週記者会見を開いて、婚姻関係に関するいろんな噂を否定しました、その際歌を止めることを示唆しました。しかしその後気持ちが変わり、「歌を止めるべきではないと思う。」 と彼女は決心を語りました。 Siti は12月末に新アルバム Lentera Timur を発売し発表式を行った席で語る、「10万枚を売りたい。でも現状を考えたら5万枚でも嬉しい。」

また今月末には彼女自身と夫が設営したチャリティー基金の主催で、パレスチナ民衆への募金を行うコンサートを行うことを明らかにしました。 

1月14日の記事

【2008年の外国人観光訪問者数は2200万人】
観光省が発表した、2008年外国人旅行者のマレーシア訪問者数統計です。2007年の2090万人より増加して、2008年は2200万人でした。その内最多訪問者数の国籍はシンガポール 1100万人、インドネシア人 243万人、 タイ 149万人、 ブルネイ 117万人 です。 内閣の観光委員会の今年の目標は外国人旅行者数 2000万人に決めました。
近場の国ではなく遠方の国でマレーシア訪問者数が2008年に大きく増えた国: カナダ 65%、 オランダ 63%、 ロシア 56%、 フランス 44%などです

【bomoh に乱暴される女性客の実数は多い】
ジョーホール州においてbomoh(祈祷師、まじない師)によって強姦されるまたはみだらな行為を受ける女性の数は、恥ずかしさから届けない人のことを考えれば、実数は報告された数より恐らく多いだろうとみられています。州の女性・家族・コミュニティー発展委員会の議長は語る、「被害者は警察への訴え届けを出して欲しい、それが他の被害者へ広がることを防ぐことになる。女性がその病を”治してもらい”にBomoh のところへいくのは珍しいことではない。政治家の中にもBomoh の所へ行く人がいます。」

被害者の女性、10代から20代前半、が明らかにしたところでは、Bomoh は女性のアシスタントさえ用意して、被害者となった女性に間違ったことはしてないと説得するとのことです。

(Intraasia注:マレー人にも華人にもインド人にもbomoh, タンキーといった祈祷師類にすがる人がいるのは知られた事実です。まあ、それ自体は個人の自由ですけど、その”呪術”の虜にされて被害を受けるということのようです、確かに新聞でこの種の被害は時々報道されていますね)

【マレーシア航空は国内路線で燃料費追加代を停止した】
マレーシア航空は、14日から国内路線では燃料費追加代の課金を停止します。世界的石油価格の下落を反映し、競争力をつけるためだと社長は説明しています。国際路線においては、燃料費追加代を値下げしました、対象路線は:韓国路線、日本路線、フランス路線、香港路線、シンガポール路線です。 「他の国際路線では、その路線において主要な航空会社が燃料費追加代を停止すれば、マレーシア航空も追随します。」

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 395.6 入手します。

(Intraasia注:毎日為替欄を見ているわけではないので、えーと驚きました。なんと円からの為替レートが限りなく 4.0 に近づいているではありませんか!!リンギット売り円買いはすでに4.0の壁を超えた。一体全体どうなっているの? という驚愕のレートです)

【タイ軍と警察は深南部で容疑者を拷問にかけているとの主張】
不穏化状態に陥って5周年を過ぎたタイ深南部では、タイ軍隊と警察がムスリム容疑者をごく普通に拷問にかけていると、アムネスティーインターナショナルが発表しました。拷問はいろんな手段にわたるとのことで、その結果死亡した容疑者は少なくとも4名はいるとのことです。深南部不穏化以来、治安部隊、武装反抗グループ、一般市民の合計死亡者はすでに3500人を数えています。

「蜂起行動は残虐な行為を生んでいるが、それだからといって治安部隊の行為を正当化するものではない。拷問は違法であり、深南部の状況が示すように、住民を離反させている。バンコクの政府と軍隊トップはしばしば拷問反対の指示をだしているが、その行動は変わっていないし広範囲に及んでいる。」 とアムネスティーは主張する。「新首相は、違法行為が報告されている20箇所の非公式拘留所を閉鎖すべきです」

一方ナラティワット県では道路際の仕掛け爆弾で軍隊車輛に乗っていた兵士数人が怪我し1人が死亡しました。パッタニー県では男性2人が襲われて射殺されました。

(Intraasia注:深南部の武装反抗は極めて深南部に限定されており、他地域に広がっていることはまだないし、その可能性もなさそうです。タイムスリムは深南部が圧倒的に多いとはいえ、南部各県にも少なからず住んでいます、もちろんバンコクにもコミュニティーがある。深南部はタイムスリムのいわば本拠地であり且つ地理的な特徴もあります。住民の多数派は武装反抗を支援はしてないでしょうが、といって万を超えて駐留しているタイ軍隊と警察に協力的でないのは明らかですね。なぜか?それが深南部問題の根源なのです)

1月13日の記事

【与野党一致のイスラエル糾弾決議】
イスラエルのガザ地区爆撃と侵攻を糾弾する、特別国会が開催されました。アブドゥラ首相が、国連安保理事会にイスラエルの侵攻を止めさせ、国連監視軍を派遣することを要求する動議を提出しました。与野党全員の一致で、動議は採択されました。この決議では、イスラエルはそのパレスチナ人民への迫害のために国際戦犯法廷に付されるべきだ、などといった10項目からなります。

【マレーシア工業開発庁 MIDA承認の投資申請額】
(外国からの主要な投資窓口機関である)マレーシア工業開発庁 MIDAが2008年10ヶ月間で承認した投資申請は703件、総額RM 563億でした、前年同期間は781件、総額RM 509億でした。MIDAと対外貿易発展公社は、貿易と投資呼び込み使節団を今年派遣する国として10カ国予定しています:オーストラリア、英国、中国、ロシア、韓国、日本、米国、ウクライナなど。 「民間との共同の海外使節団派遣を引き続き行います。」と通産大臣

大臣はまた、MIDAを外国からの投資を唯一扱う官庁に再編成する意向を明らかにしました、そこで名前も改称して マレーシア投資開発庁とする案です。「現在は投資に関して複数の官庁が承認に関与しているが、これを1本化する必要がある。」

(Intraasia注:あくまでも投資時点の申請額であり、何年にも渡るのが普通ですね、2008年1年間に一挙に投資されることにはなりませんし、変更、取りやめも当然出てくるでしょう)

【KL Sentral 駅前の空き地開発プロジェクトがもたらす影響】
KL Sentral 駅前の広い空き地、Jalan Tun Sambatahn に面している、を開発する工事が2月初めから開始されます。このため空き地と駅ビルの間にある2本の道路にも大きな影響がでます。1本は主として格安航空ターミナル行きのバスの発着、加えてRapid KL ばすとゲンティンハイランド行きバスが発着しており、非常に混雑しています。もう1本は主としてタクシー乗り場及びRapidKLバスが発着するために使われており、こちらも常時混雑しています。

開発プロジェクトを進めるMRCB会社によれば、2本の道路の内タクシー乗り場の方の道路が閉鎖されてしまいます。閉鎖の影響を受けて、Rapid KLバス乗降場の一部をJalan Tun Sambatahnに移し、タクシーにはもう1本の道路の使用を認めるとのことです。現在でもいつも渋滞しているJalan Tun Sambatahn がさらに悪化することになることを関係者も認めています。

モノレールのKLSentral 駅と KL Sentral 総合駅ビルの間を歩いて移動する利用者は、これまでのように空き地内の通路を通行できなくなります。従って工事現場となる空き地の周囲をぐるっと回って、この2箇所間の歩行移動をしなければなりません。このために屋根付きの歩行者通路が作られました。Brickfiekds 地区に多い目の不自由者用の特別敷石も埋め込まれました。

この空き地は何年もの間駐車場と通路、時々物売り街に使用されてきました、空き地でのビル建設工事が完了するのは2015年の予定です。完成すれば小売店舗、オフィスタワー、ホテルなどが入居し、モノレール駅との階上通路が作られる計画です。通路は空調付きになり、新建設ビルを経由してKL Sentral 総合駅ビルにつながることになります。

(Intraasia注:歩行者通路を含めた建設現場イラストを見てあきれました。Jalan Tun Sambatahnのバス停を含めて2つの駅間を移動する現通路利用者の多さを考えれば、新しい周回歩行者通路はいかにも狭すぎ且つ今までより多分5分ぐらい余計に歩行時間がかかるでしょう。それが今後 4,5年も続く!! この利用者軽視のプロジェクト施行者らの意識に憤慨を覚えますな。あの空き地はKL Sentral駅オープン当時は別の会社がビルを建てる計画だった、それが放棄されて長い間空き地のままであり、おかげで毎日何万人もの利用者が駅の狭い階段を上がり下りしてモノレール駅側とを歩かざるをない状況が続いていました。誰でもあの不便さと施行したデベロッパー側のお粗末なプロジェクト計画に腹が立ちますよね。それがさらに悪くなり、今後少なくとも4,5年間は、バス利用者と歩行利用者はもっと不便でさらに混雑した状況を我慢せざるを得なくなります。AirAsia は格安航空ターミナル行きのバスの発着場を当分どこか他に移転することを真剣に考慮すべきだと思います。)

【名目上のマッサージ料金の割引】
クアラルンプールでは最近客が減っていることからマッサージ店やスパーでの(名目上の)マッサージ料金の割引が行われているとのことです。ある売春組織はそのパンフレットで大割引を知らせており、それによれば45分サービスをRM 158-188に下げています、これまではRM 200-250でした。売春女性の多くは中国人、インドネシア人、ベトナム人だとのことです。

(Intraasia注:立派なスパーが2,3箇所増えたことに気がつきました。昔ながらの古びた小型マッサージ店はますます減っているような気がします、一方スパー設備は豪華になっている傾向のようです。中国女は華人地区なら至るところで目にしますからね、需要と供給、世の経済論理にあっていますな)

1月12日の記事

【バドミントン男子シングルで優勝】
クアラルンプールで開催されたバドミントンのマレーシアオープンで、マレーシア男子女子選手団の中で唯一人最後まで勝ち残った男子シングルの 李選手は、韓国選手を破り優勝しました。圧倒的に観客が李選手を応援する中、彼はマレーシアオープン5回目の優勝を遂げ、優勝賞金US$15000を手にしました。

【Damansara地区がスランゴール州で最も高い犯罪率】
スランゴール州内で Damansara地区が最も犯罪率の高い地区だと、スランゴール州警察の長官が明らかにしました。「Damansara地区が人気良いことから、種種の犯罪者を引き寄せており、結果として最も高い犯罪率となっている。2008年にDamansara地区はペタリンジャヤ(市)警察の記録した犯罪の30%を占めています。別の言い方では、スランゴール州全体の犯罪発生数57000件の16%になります。「 Damansara地区は金振る舞いの良い街区や裕福な商業地を持ち、人口密度が高いからです。そこで物品・車窃盗、ひったくり、空き巣、といった犯罪対象になりやすい。」

Damansara地区は bandar Sri Damansara, Bandar utama, Damansara Damai, Damansara Impian, Damansara Jaya, Damansara perdana, Damansara utama, MUtiara Damansara, SunwayDamansara, Kota Damansara,Pelangi Damansara, Ara Damansara 、Tropikana Golf Resort などから構成されています。ごく最近 bandar Sri Damansaraに警察署がオープンしました。 長官は語る、「今年は警察官とパトロールを増やしもっと犯罪防止に力を入れます。住民などからの協力が不可欠です。」

(Intraasia注:Damansara という名は価値が高い、人気が良いのでデベロッパーは競ってその名を付けた地域名にしていますね、上記を見れば明らかです。多くはこの10年から20年の間にできた住宅商業地ですね。Kampung 何々という住所はもちろん私の住む古い地区名でも都会の華やかな中流層イメージにはなりません、Damansara に住んでいるということが、裕福な中流階層人のイメージを上げるわけです)

【華語教育組織の内紛】
(マレーシア華語教育界の総本山組織ともいえる) 董教総が経営する、Kajang にある 新紀元学院(カレッジ)では年末で退任させられた前院長派と経営陣が対立する内紛が、昨年からずっと続いています。(華語新聞はこの問題をもう何ヶ月もかなり大きく報道しています)

その新紀元学院の卒業式において、演壇で演説していた理事会の議長が、元卒業生と見られる男性に顔を殴られるできごとが起きました。彼は董総の議長でもあり、華人界では有名人物であり、彼は前院長の解任を支持したグループに属します。議長はまもなく救急車で病院に運ばれて治療を受けました。董教総はこの暴力事件について、警察に訴え届けを出しました。殴った男性は逃走してしまいました。

(Intraasia注:華語新聞だけは当然ながら、この事件を第一面で大きく報道しています。新紀元学院内紛は華語新聞がもっぱら報道しているだけで、他の言語新聞ではほとんど報道されていないでしょう。董教総は公教育と民間教育の両分野で華語教育をまい進する組織であり、その少なからずは華語崇拝の”大中華主義者”ですね。マレー語至上主義のマレー民族主義者と英語崇拝の英語万能主義者、この3つの勢力がマレーシアの言語教育界の3大勢力です)

【サラワク州南部は大雨で水の被害が出ている】
サラワク州南部のクチン、Samarahan地方、Sri Aman地方では最近にない大雨のために各地で浸水冠水が起こっています。状況は悪化する可能性もあり、気象台は警告を出しています。日曜日の時点で3700人の避難者が出ています

【Airasia Xは日本の3箇所にフライトを飛ばしたい】
長距離格安航空Airasia X は今年末までに日本へのフライトを開始したいとして、「新型A330-300 機が配達されてから、日本の少なくとも3空港へ飛ばしたい。」と同社の最高経営責任者は語りました。 昨年10月から日本側がマレーシア人の入国に関して、出国切符と宿泊の確定を示す書類の必須提示を緩和したとのことです、「我々は日本側にAirAsiaの切符方式を説明したところ、了承を受けました。」

昨年半ばAirasia X は日本の入国規定の厳しさから日本飛行を遅らせざるをえないと明らかにしていました。最高経営責任者によれば、3箇所の空港とは、北海道、大阪、福岡です。

(Intraasia注:もっと早く開始してくれないかなあと、強く願っております。インターネット購買時代の現代、どの国であれ復路または出国切符提示というようなアナクロな規定は止めるべきです、さらに宿泊予定場所の証明などというばかげた規定は即廃止すべきです。予約なし飛込み宿泊は当然できるし、ラブホテルやカプセルホテルにだって泊まれるのです。今でも多くの国はこうした規定で節約旅行者に嫌がらせをしています。Intraasiaは何回もこの種の嫌がらせを受けたことがあります)

1月11日の記事

【電力料金】
全国電力会社のTenaga Nasional は電力料金計算を多少変更しました、そこで消費者から苦情が増えています。ある消費者は月使用料が400キロワット時間を超すと、単価計算が30セントになることに文句を語る。 

Tenaga Nasional のスポークスマンは説明する、「電力料金計算と石油価格に関する大衆の誤解に大変憂慮しています。石油価格が下落したのに電力料金があがったのはおかしいと思っている人がたくさんいます。それは違うのです。計算を変えたのは、政府がガス価格を見直したからです。 」 エネルギー・水・コミュニケーション大臣は電力発電に石油はほとんど使っていないと、説明する。 Tenaga Nasional の説明では 「半島部での電力発電の源は、60% ガス、30% 石炭、7% 水力です、残りその他です。」

Tenaga Nasionalの定める 一般家庭の生活基本電力量は月 200キロワット時であり、その基本計算量は今後も維持していきます、とTenaga Nasionalは語る。「消費者には賢く電力を使うように奨励します。」 Tenaga Nasionalの方針では、電力検針員が訪れても留守なのでその家庭のメーターを検針できない場合、推定で使用料を決めることになっている、しかしその推定使用料計算は連続3ヶ月間までです、とのこと。

(Intraasia注:エネルギーやリサイクルの節約意識がまだ根付いていないマレーシアでは、この種の批判がよくありますね。1月に400キロワット時間も使える家庭なら、その程度の負担は決して多額ではないずであり、当然の料金といえるでしょう。それがいやなら節約すべきです。基本生活に必要な使用量が 200キロワット時までというのは適当なところでしょう。もちろ我が家はそれ以下です)

【昨年11月の工業指数は予想を上回る下落幅】
マレーシアの工業生産指数の昨年11月分は、それまでの多くのエコノミストが推測していた値を下回る 対前年同月比 マイナス7.7%でした。2008年10月と比べても3.1%の下落でした。11月分が下落したのには、製造業で9.4%、鉱業で2.8%、 電子業で2.8%、それぞれ減少したからです。 ただ2008年の11ヶ月間の工業指数は前年比 1.6%の伸びでした。以上は統計庁発表からです。

政府は昨年後半に景気刺激緊急予算としてRM 70億を割り当てましたが、アブドゥラ首相はその配分実施を早めるようにと、関係当局に指示を出しました。

【地下経済に被害を受ける側の言い分】
マレーシアはアルコール飲料とタバコとギャンブルに高い税率をかけ、国民をこの種の嗜好から遠ざけるように仕向けています。一方このことは、ある者・組織が裏口からこういったビジネスを行う大きな誘因ともなっています。 密輸品、偽造品、ノミヤが横行するのはまさにお決まりのことです。

British American Tobacco 会社の2007年の報告書では、2007年のマレーシアでの密輸タバコの比率は25%に上がった、2004年は14%であったのだが、としてタバコ税の値上げを批判しています。 Carlsberg 醸造会社の2007年報告書は述べる、「ビールにかかる税金はノルウエーに次いで高い。高い税金は密輸を奨励するだけだ。」 マレーシアタバコ製造業連合の長は訴える、「地下経済は我々合法的な経済を犠牲にして伸びている。」

マレーシアレコード産業協会は嘆く、「10年前にはCDの業界売り上げはRM 3億1千万でした、しかし2008年ではインターネットと携帯電話を通じての売り上げRM 2000万を加えてもRM 6000万に過ぎない。これほどまでも減少して生き延びられる業界が世の中にあるでしょうか?」

第2経済大臣は昨年語った、「国内の勤労者人口は約1200万人です、その内税務署(IRB)に登録されているのは200万人にすぎません、つまり1000万人の勤労者が納税者として登録されていないわけです。」

1月10日の記事

【バドミントンのマレーシアオープン】
バドミントンのマレーシアオープンがクアラルンプールで開催されています。マレーシア男子女子選手団はシングル、ダブルを通じて、準々決勝でまたはその前段階の試合で負けてしまい、唯一勝ち残っているのは男子シングルのLee選手だけです。彼は世界ランキング1位であり、北京オリンピックで銀メダルを獲得しました。

(Intraasia注:マレーシアが一番強いスポーツ、バドミントンですから、期待は大きいわけです)

【ジョーージタウンの歴史的地区にいわれを記した銘版を取り付けた】
ペナン州のジョージタウンでは歴史的遺産地区にある通りに関する銘版を、その通りにある建物の壁に113枚取り付けました。この銘版は大きさ 40cm X 71cmで、通り名とそのいわれや歴史を、マレーシア語と英語と華語とタミール語の4言語で記しています。これを実施した主体はペナン遺産信託で、調査費を含めRM 13万かかったとのことです。資金の出所は観光省であり、ペナン観光行動委員会とペナン自治体評議会の支援です。

(Intraasia注:結構な取り組みですね。)

【昨年もトヨタ車の売れ行きは好調であった】
トヨタ社のマレーシアにおける組み立て及び販売会社のUMW Toyota は昨年の総販売台数で同社新記録の101000台を記録しました。これ国内での自動車総販売台数の18%になります。2007年は82000台で市場シェアは17%でした。
今年の国内新車販売台数は落ち込むと、調査専門会社は予測しています。

【Duke ハイウエーがオープン】
クアラルンプール圏の新ハイウエー Duta -Ulu Klangハイウエーがごく最近オープンしました。クアラルンプール圏でこれまで欠けていた道路ネットワークを補う道路だと 言われています。この Dukeハイウエーは現在ある 中環状道路、NKVEハイウエー、Sprintハイウエーなどともつながります。全面オープンは4月の予定です。新ハイウエーは半分近くの区間が無料ハイウエーになるとのことで、全区間の40%が高架です。1ヶ月間は無料通行できます

7つのインターチェンジ:Jalan Duta,Jalan Kuching, Ayer Jerneh, Jalan Pahang, Semarak, Setiawangsa, Hillview
全長18km、制限速度 90km/h

【空港で小火】
クアラルンプール国際空港(KLIA)の格安ターミナルで倉庫からの出火でごく小規模な火災が正午前におこりました。溶接工事の火が飛んだと推測されていますが、すぐに消火されました。この影響でターミナルは2時間ほど閉鎖され、その後正常に戻りました。

【国立病院の専門医に出す手当を増額】
国立病院勤務の専門医を増やす試みの一つとして、専門医の得る手当の額をRM 300-ら700の範囲で増やすことをこの1月から実施に入りました。保健大臣は言う、「さらにこの19年間この種の手当は見直されていなかった。 国立病院に勤務する専門医4000人がこの恩恵を受けます。例えば給与級 41等級に属する専門医の月額手当は、RM 1600に増えます。53等級の医師なら月額手当はRM 2800になります。」 他にも僻地などでの地域手当、勤務時間後の待機手当なども今後増額され計画です。

(Intraasia注:私立病院に比較して専門医の足らない国立病院ですから、公務員として給料等級はおいそれと変更できないでしょうから、手当を十分与えて数を、とりわけ経験ある専門医の数を増やして欲しいものです。とにかく私立病院の料金は高すぎます、マレーシアは公的保険制度のない国ですよ。)

【円とリンギットとの両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 381.4 入手します。

1月9日の記事

【ジョーホールバルの路上でトラック100台の抗議行動】
ジョーホールバルのTanjung Putri 税関ビル付近でトラック100台ほどが内環状道路に停車して、道路交通庁の取り締まりに抗議行動を行いました。このためひどい渋滞となりました。警察と道路交通庁との話し合いの結果、トラック運転手は停車を止めて去りました。
道路交通庁の1月初めからの取締りでは、531台のトラック検査で319台が過剰積載でした。

抗議の基は、この1月初めから道路交通庁がトラックの超過積載を取り締まり始めたことです。あるトラック業者は言う、「私の持つ40台のトラックの内、運転手は10人くらいしか出勤してこない。運転手たちは少なくとも1人8枚は罰金通告書を受けている、罰金額は1枚RM 1千から1万にもなる。 運転手は積み主である工場側から過剰積載を強要されています。取り締まりは不公平です。マレーシアからシンガポールへ出て行くトラックだけを対象にしており、マレーシアに入ってくるのを対象にしていないからです。」

運転手はいう、「毎日何回運んだかで金をもらっている。取り締まりは私の収入に影響を与えている。」 道路交通庁は主張する、「仕事の一貫です。過剰積載で道路が傷んでいるとの一般からの情報もあります。トラック業者とは話し合います。道路でのトラック停車はすぐ止めるべきです」 ジョーホール州のトラック運営者協会は、協会の関与はないと否定して、「運転手個々の行動です。」 「政府はトラックの積載を30%超過しても良いようにあらためて欲しい。マレーシアの積載認可は国際水準よりやや少ない。」 

(Intraasia注:いつもながら感じるのは、シンガポールとビジネスをしている企業・業者の心の中にある、「我我は金を稼いでやっているのだぞ」という思考が見え隠れしますな。)

【マレーシアが提案していた国連の特別会議】
マレーシアが提案していた、イスラエルのガザ地区爆撃と侵攻に関する国連の特別会議が9日開かれることになりました。マレーシアとブラジルからの要請を受けて、国連総会の現任期の議長が特別会議を開くことを決めたからです。イスラエルに対して制裁措置をするように語っていた、アブドゥラ首相はこの発展に元気付けられています。「どのような制裁措置を取るかは国連が決めます。」 「一般にイスラエルは米国からの合図を待ちます、米国が重要な役割を果たすのです、米国が障害をもたらさないように願っている。」

【トレンガヌ州の州首相の本音】
国会議員の補選中にあるクアラトレンガヌ市で、Barisan Nasional(与党連合)政権下のトレンガヌ州首相は主張する、「我が州は貧困率を独立時の90%から現在は13%に減らしました。州政府は金持ちだけど州民は貧乏だというのはうそです。 」 ただ州首相は、シングルマザーを含んだ6000人が絶対貧困であることは認めて語る、「州政府がこのことで十分にことを行っていないと責められるべきではない。なぜならそういった絶対貧困者の多くは、自ら非常に否定的な態度を持っているからです。様々な援助を提供しても、我々の努力に関わらず、その貧困者の数は毎年変わりません。彼等はその自らの態度ゆえにそして発展を遠ざけることから貧困のままにあると我々は思っている。」

(Intraasia注:あまりこういう本音を言う政治家はいませんが、確かに一面の真理はあるでしょう。都市部であれ田舎であれ貧困地を訪れると、住民の態度にがっかりします。高級地でないことは十分承知していても、ゴミが散らかり汚さと非衛生さをより倍加する態度を感じ、公共物は破壊されたままになっているのは珍しくないからです。金をつぎ込むだけで地域開発は成就しない例は幾多の報告例がありますね)

【米国製品ボイコット宣言の実質的意味合い】
米国製品をボイコットすべきだとマハティール前首相が今週述べました。次いで国内取引と消費者省大臣は、マレーシア製品を買うように奨励されるべきだといいました。まず米国製品ボイコットを考えて見ましょう。 我々の使っているコンピューター全てはCPUがIntel またはAMDという米国製です。このことはコンピュータを使うなということです。さらにDell コンピュータも買うなです、Dell はマレーシアの工場で製造しています。

(いろんな現実を挙げて)前首相の言うボイコットは、象徴的な意味合いを除いて、効果ありません。ボイコットの犠牲者は簡単に代替のみつかる Coke, Pepesiでしょう。もしそういう品だけをボイコットしてもどんな意味があるのか? 単に我々を慨さない物だけをボイコットしては偽善的でしょう。

(Intraasia注: ムスリム消費者協会も同様にボイコットを宣言しています。重要な分野で多くのアメリカ製品が使われている以上、所詮実質的な影響など与えられないのは目に見えています、それをこの記事が突いていますね。ペナン州には多くの米国電子電気企業が集まっています、そういう企業の従業員は、下請けはどうなる?  ボイコットなど所詮象徴意味しかないことがわかりますね)

1月8日の記事

【ムスリム消費者協会の宣言】
(イスラエルのガザ地区侵攻に反対しない米国に反発して)マレーシアムスリム消費者協会は、米国ブランドの商品をボイコットすることを決めました。書記長に寄れば、対象は飲料品、珈琲店、化粧品を含みます。 ムスリムオーナーのレストランはコーラを売らないとのことです。「マレーシア人はこの運動を支持すべきです。さらにこういった製品の会社も対象にします。消費者は他のブランドにする選択があるのです。」 ボイコットは9日から開始の予定です。
マレーシアムスリム連帯運動は訴える、「イスラム諸国会議のイスラエルに対して強い反対の対場を取るべきです。」

(Intraasia注:マレーシアムスリム消費者協会が口だけでなくどれほどの影響を持っているか、まあしばらく見てみましょう)

【マレーシア女性旅行ガイド協会の要求】
マレーシア女性旅行ガイド協会が独立した組織になることを求めていることに対して、観光省が認める決定を伝えました。これまでマレーシア女性旅行ガイド協会の加盟者、110人ほど、がそのガイド免許を更新する際、マレーシア旅行ガイド協議会の加入メンバーであることが省によって義務付けられていましたが、今後はそうしなくてもよくなります。

マレーシア女性旅行ガイド協会はマレーシア旅行ガイド協議会への加盟を断られたとのことで、記者会見を共同で行った、華人与党政党MCA の女性部長は、「加盟を認めないのは理由のないことであり、憲法違反だ。」 加盟を拒否された理由は、加盟する条件は地理的構成組織からを基にしており、性別分離を奨励しないからだとのことです。「評議会の言う、「加盟拒否の理由は性的差別であり、憲法違反です。」

マレーシア女性旅行ガイド協会の議長は主張する、「我我は女性ガイドにとって健全で安全な労働環境を望みます。我々にとって男性との部屋共用は以前からの変わらない問題です。我々が別部屋を要求すると仕事面で脇に追いやられてしまいます。協議会に加入拒否に関する陳謝を要求します」
マレーシア旅行ガイド協議会の議長は反論する、「専門職団体として、性別に組織を持つことはできません。」

【南北縦断ハイウエーの通行料金】
南北縦断ハイウエーなどを運営する会社PLUS は、今年初めから高速道路通行料金の改定を行うことになっていましたが、政府はまだそれを認可していません。PLUS側と政府の営業権合意に寄れば、10%の通行料値上げを3年ごとに行えることになっています。合意上はそうなっていても、PLUS側は値上げの認可を毎回政府から得なければなりません。PLUSが前回値上げしたのでは2005年でした、そして2008年に値上げする予定でしたが、国全体のインフレ傾向が高まっていたことから、当局はそれを後延ばしにしました。

年度とその法定通行料金(セント/Km) 
2001年から: 11.24、 2003年から: 12.36、 2005年から: 13.60、  2008年からの予定; 14.96(まだ実施されていません)

消息筋に寄れば、料金値上げを遅らせたことによる賠償として、政府はPLUSにRM 8800万を支払ったとのことです。さらに賠償の残りは2008年度の自動車通行量に基づいて計算します。値上げがさらに遅れれば、PLUSはまた賠償を得ることになるようです。 PLUSは南北ハイウエー以外に、Kesas ハイウエー、Seremban-Portdicksonハイウエーなどを運営しています

【クアラルンプール道路の自動車とバイクによる利用状況】
クアラルンプール市庁が2007年半ばに公表した報告書によれば、クアラルンプールの全道路利用者の23%がバイクでした、またクアラルンプールに入ってくる自動車の65%-70% が乗員は1人だけでした(運転者だけ)。バイクは土地を占めるのは車よりずっと小さい。4台の小型バイクは1500cc車の占拠スペースに収まります。

(Intraasia注:バイク利用を勧める記事ですが、私は全く同意しません。バイクはこれ以上増えて欲しくないですな、そのひどい走り方と歩道を歩く歩行者に危険を及ぼすあり方が変わるはずない。与野党とも自動車の規制を言わない、駐車料金を下げろなどとふざけたことを言っている。いくら道路と駐車場所を整備しても車の増加に追いつくわけないのは自明の理なのに。クアラルンプールに必要なのは、自動車規制と公共バス網の徹底的向上です)

【去年は日本向け輸出が好調でした】
統計庁の発表データでは、2008年の11ヶ月間における総輸出額は対前年同期間比 12%の伸びでRM 6174億、総輸入額は6%増えてRM 4871億でした。輸出の伸び率が対前年比でとりわけ大きい国家:日本向け 27%、インド 25%、中国 25% でした。

1月7日の記事

【トレンガヌ州での国会補選】
クアラトレンガヌの国会選挙区でUMNO党の議員が11月末に死亡したことで空席になった議席を巡る補欠選挙が公示されました。Barisan Nasional(与党連合)はUMNO党の前副大臣を、Pakatan Rakyat(野党連合)はPAS党の州議会議員を候補者にして選挙戦を開始しました。他に無所属1人が立候補し、有権者8万人が投票する投票日は17日です。ナジブ副首相をはじめとして、与野党陣営の最高幹部クラスがクアラトレンガヌに集まりました。

UMNO党候補者: 46歳、 娘6人  去年までアブドゥラ首相の秘書、 PAS党候補者: 52歳 息子2人娘7人 1990年から州議会議員

(Intraasia注:選挙のごく少ない国ですので、補欠選挙はいつも全国型選挙になります。クアラトレンガヌ選挙区は9割ぐらいがマレー人なので、両陣営ともマレー人候補者です。 いつもながらこういう際に載る家族構成をみると、つくづく人生・家族観の大きな違いを感じますな)

【空港タクシー運転手を非難するある投書】
家族旅行が終わってKLIAに戻りました。空港タクシーに乗って帰宅しましたが、その際タクシー運転手は無線を使って仲間のタクシー運転手とずっと大きな声で話していました。しかも速度は時速170kmでした。クアラルンプール圏のタクシーは車内にその車輛番号を掲示しなければならない規則を覚えています、しかしこの車輛には見当たりませんでした。45分間の乗車中このうるさい会話に耐えました、しかもその乱暴運転に安全感を失いました。

(Intraasia注:マレーシア社会の底流にある仕事と自分事、他人世界と自分の世界を十分に区別するという意識の欠如、違いから、この種のできごとは枚挙に尽きません。ついこの間もモノレールの運転手がそのすぐ後ろに座った知り合いらしき女性と大きな声でずっと会話しながら運転しているのに遭遇しました。バス運転手が知り合いと会話しながら、時に横向きながら運転するのは日常茶飯事です。ある現象を捉えただけではこの行動はなくなりませんね)

【ハイパーマーケットの駐車場で日本刀を販売】
ジョーホールバルのハイパーマーケットの駐車場で、刀などの凶器が販売されているとの情報を受けて、警察は警察官を現場に送って4人の外国人と1人のマレーシア人容疑者を逮捕しました。警察が現場を調査していた時50歳前の男が現れて、品物は自分の者だと認めたとのことです。 警察の押収品には、87本の日本刀、石弓3丁、63本の矢、5本のマレー刀、5つのヌンチャクなどがあり、警察は外国から持ち込まれたものだと推定しています。爆発物と危険な武器法の条項に違反する容疑で警察は取り調べています。

(Intraasia注:押収した多量の日本刀の写真が載っています。白昼堂々としかもなんら秘密の場所でない所でこの種の凶器が販売されているというあきれた事実ですね。凶器を使った犯罪の多い国ですから、単なる趣味品では済みませんね。)

【国立心臓研究所の買収をあきらめたSime darby 】
大企業Sime Darbyは先月国立心臓研究所(病院)の過半数株を買収する意向を示しました。しかし世論や当該医師団やグループなどから反対の強い声が表明されていました。そこで政府は多数株を売却するというその決定を延ばすと表明しました。

Sime Darbyは6日公式発表の形で、「国立心臓研究所の株を購入する計画を今後遂行しません。」と計画をあきらめました。マレーシア医学協会の議長は語る、「大企業のその決定は、民衆の願いに敏感に対応したことを示します。民間企業が、政府が提供する不可欠のサービス機関の多数株式を購入するというようなことをもう提案しないように期待します。」

(Intraasia注:この種の病院買収提案する大企業の経営陣には、国立の医院や病院で長時間、時には長期間待たされながら、少しでも安い診療を求める下層大衆の気持ちが決してわからないでしょうね。1年半前我が肩激痛の中、国民大学病院を訪ねたとき、最低でも4ヶ月ぐらい先しか外科医に診てもらえないと言われたいきさつは、今週のマレーシアで当時描きました。私立病院へ行けば数時間待てば診療してもらえますが、1回で数百リンギットは覚悟しなければなりません。月収RM 1000程度の人たちにこの額の持つ重みは多大です。マレーシアにおける医療制度の現状を理解すれば、政府医療機関を民間が買収するとどうなるかは、下層大衆なら身をもって予測できることでしょう)

1月6日の記事

【イスラエルのガザ地区侵攻を強く批判するマレーシア】
イスラエルがパレスチナのガザ地区を爆撃し、その後侵攻したことに対して批判を強めているマレーシア政府は、この問題を論議する国連の特別総会を開催する方策を推し進めていきます。アブドゥラ首相は、米国は侵攻を止めるために十分に行動していない、イスラエル批判の安保理事会の決議に拒否権を使ったと、米国批判しました。「米国は超大国としての責任を示すことができるはずだ、しかし状況を無視しイスラエルをやりたい放題にさせています。」 首相はさらに、マレーシアはパレスチナ当該地区へUS$100万に相当する援助を行うことを表明しました。

いくつかのグループがガザ地区侵攻を批判しています。青年組織のGerakan belia 4B は米国大使館に覚書を手渡しました。Pakatan Rakyat(野党連合)の議員は国会でこのできごとを議論すべく特別会を開くべきだと主張しています。

マハティール前首相は記者団に語る、「世界の国々は米国に圧力を与えるために、米国通貨と米国製品をボイコットすべきです。市民は行動する能力がある。例えばコカコーラを飲む必要はないし、政府はそれを飲ませるようにすることはない。我々が武器が必要であれば、いつもロシアから買えばよい。ボイコットは国際的な努力です。マレーシアだけがやっても影響はないが、マレーシアはその一員であるべきです。」 「この危機はイスラム教徒とユダヤ教徒間の宗教問題なんかではなく、領土問題に関する争いです。」

(Intraasia注:日ごろそれほど米国よりではないマレーシアらしいところです。 宗教だけに起因する紛争だなどと捉えると、パレスチナ紛争は実情がわからなくなってしまいますね)

【子供を華語小学校に入学させたペルリス州首相】
ペルリス州の州首相、もちろんUMNO党から選出、は息子の小学校入学先として地元の国民型華語小学校を選びました。彼はその他の子供3人も華語小学校に入学させています。 この国民型華語小学校は今年度の新入学生徒134人中の 12人がマレー人です。州首相は言う、「子供たちを華語小学校に入学させたのは、華語が上手くなるからだろうと思ってのことだ、そうすれば他民族の文化も理解しやすい。偏見のない心になるでしょう。」
ペルリス州では117の小学校で4500人の小学生が入学しました

(Intraasia注:全国で国民型華語小学校に通う生徒の中で、非華人の割合は 5%-10%未満ですから、マレー人生徒やインド人生徒が入学するのは珍しいとはいえません。華語小学校を中国語小学校なんて訳すのは誤りです、マレーシアの華語界で中国人というときは中国大陸の国民を指すので訳語に注意が必要です)

【各地の高速道路通行料徴収に関する合意書の機密を解くとの決定】
高速道路の建設に伴う高速道路料金に関して、政府と民間運営会社間で結ばれることになる合意書を、今後は公開すると運輸大臣が述べました。いくつもの高速道路運営会社との間でこれまで結ばれた合意書 23契約中 22契約を政府は機密扱いを解くことをごく最近決めました。今週から一般に公開されることになっていますが、まだ17の合意書内容しか公表されていません。

(Intraasia注:いくつもの高速道路運営会社がそれぞれ首都圏の高速道路を運営しています。それとは別に南北高速道路を運営するPLUS会社 が国内最大ですね。なぜか知りませんが、1本か2本だけの高速道路を運営する会社がいくつもあります。政府との合意書はこれまで公開されていない、どういう通行料取り決めになっているかはっきりしない、公開してほしいという声が強まったわけです)

【輸出額の減少】
マレーシアの輸出額は11月は対前年比で7.3%減少する見込みです、この要因は先進国の不況と電子電気製品の需要減少であり、さらにマレーシアが輸出国である原油とパーム原油の値下がりです。2008年の11月までの時点で電気電子製品はマレーシアの輸出頭であり、総輸出の38%を占めます。パームオイルと関連品は総輸出の10%を占め、原油は6.8%を占めます。

【マレーシア航空の広告から】
(国内路線で新しく取り入れた4種の運賃方式) 2月5日から7月31日までに飛行すること
クアラルンプールからの片道料金 ( 運賃、追加燃料費、空港税など全て込み)
コタキナバル  MH Low :最低の場合 RM 99,  MH Basic : RM 469,  MH Smart: RM 628,  MH Flex RM 733
クチン   MH Low : 最低の場合 RM 99,  MH Basic : RM 360,  MH Smart: RM 474,  MH Flex RM 549

1月5日の記事

【新学年度開始日に水害で休校となる】
小中学校の新学年度が、4日からクランタン州、トレンガヌ州、ケダー州で始まり、5日からその他全ての州で始まります。
クランタン州では降り続く雨で各地で浸水冠水の被害が出ています、そのため州内の小中学生3万人が初日に登校できない事態となりました。州教育部の長官に寄れば、6つの郡で水害が発生していることから、「安全のために、影響の出ている郡の全ての学校を休校する決定を下しました。郡の教育関係者を集めて会議を持ったが、たくさんの学校が浸水しています。」
Psir mas地方とRantauPanjang地方が一番影響の出ている郡です。州の灌漑部によれば、州内の4つの川では危険水位を上回っています。

雨の被害が出ているパハン州では、クアンタンで最も多くの避難者が出しており、1400人弱です、序でPukan地方の900人です。他の地方でも避難者が少数出ています。
トレンガヌ州でも水害が発生しており、Kemaman地方などで470人の避難者が出ています。

(Intraasia注:12月1月は東海岸側ではしばしばこの種の冠水浸水に見舞われ、年中行事化してます。道路は切断されるし、家には浸水するしで大変ですよね。この時期東海岸への旅行は予定が狂う可能性が大でしょう)

【マレー鉄道の踏み切りは100箇所以上が危険である】
運輸大臣(華人)は、マラヤ鉄道が昨年実施した調査の結果を明らかにしました。その調査では、平面踏み切りの100箇所以上が安全ではないとされています、例えば踏み切りに設置されている道路を塞ぐための柵がなくなっていたり、壊れているとのことです。「政府は市民の安全が心配であり、問題解決の行動を取ります。現在踏み切りの柵を向上させています。」

(Intraasia注:まあ、特に驚くことのない言説ですな。マレー鉄道の危険性は前から変わらないからです。私が2000年に「今週のマレーシア」で書いたコラム第210回『度重なる脱線事故を起こしているマレー鉄道の紹介されかたを考える』をどうぞお読みください。このコラムはマレー鉄道の本当の姿を知らずに能天気な紹介記事を垂れ流している、日本のあほ旅行マスコミを批判する意味合いも込めて書いたものです。なおIntraasiaは鉄道好きですからマレー鉄道は昔も今も乗っていますよ、そういう実態を承知した上でね)

【ライバルバス会社に襲撃された?】
小さなバス会社 Permata Kiara はクアラルンプールのJalan Ampang にあるバス発着場と Setapak ,Gombak 方面へのバスを運行しています。同社はSetapak Jayaにあるバス停兼空き地にバスを駐車させていたところ、深夜なに者かによってバス3台とバス停が壊されました。1台のバスはタイヤが溝に落ちてしまっていました。同バス会社のマネージャーによれば、「ライバル会社から脅しを受けていた。これは2回目のできごとで、去年3月には公衆の面前でバスの窓が割られました。」 「警察訴え届けを出したが、何の行動も取られなかった。目撃者が少なすぎるということでした。」

「運転手はバスの運転を怖がっています。我々はライバル会社がならず者を雇って送り込んでくるのではないかと心配しています。実際別の会社は同じような被害でSentl警察署に届けを出しました。」

(Intraasia注:1方面にしか路線を持ってないバスですね、何回か乗ったことはあります。陰湿なありかたがまだ残っている様子が伺える記事です)

【タイ深南部の爆弾テロ】
タイ深南部が不穏化状態に陥ってちょうど5周年を迎えました。これまでに武装反抗ムスリム組織、警察軍隊、一般市民の中から合わせて 3500人ほどの犠牲者が出ています。その内昨年2008年は600人ぐらいが殺されました。

今月初めのテロ事件では、ナラティワット県にあるタイ鉄道の駅敷地で、駐車した車に仕掛けられた40kg爆弾が炸裂しました。警察を狙ったものですが、そのテロでは被害者は出ませんでした。

(Intraasia注:鉄道駅と市場はタイ深南部でいつも私が利用するまたは訪れる場所なので、そういう場での爆弾テロニュースにはまこと嫌になります。タイ新政府は南部が基盤である民主党の首相ですけど、深南部問題はそんなことでおいそれと片付くことはないという論に私も同感です。深南部はいまや軍隊の存在が強い地域であり、政府の多少の政策変更程度で解決するとはとても思えませんね)

1月4日の記事

【バスターミナル移転のもたらす影響 】
スランゴール州クランでは、その中心部である Jalan Batu Tiga にあって長年利用されてきた市内郊外バスターミナルが今月から移転しました。移転先が 8Kmほども離れたJalan Meru に新規建設されたバスターミナル Klang Sentral のために、バス利用者者、バス会社、旧ターミナルの商売人、さらにクラン消費者協会など非政府グループなど、多方面から移転反対の大きな声が以前から続いていました。長距離バス発着所も同時にKlang Sentral に移転しました。

自治体のクラン市庁が移転を言い出したのは2004年末でした。その後消費者協会は正式な反対を提出しました。Titijayaグループの会社が新バスターミナルの建設、工費RM 3900万、と運営を行う30年契約をクラン市庁と2008年1月に結びました。この1件はBarisan Nasional(与党連合)州政権下の州政府の下で行われ、一般大衆に対する意見聴取は行われず、さらに詳細は公表されませんでした。その後Pakatan Rakyat(野党連合)州政権下になってバスターミナルが完成したものです。

地元に関係するPakatan Rakyat(野党連合)の行動党の国会議員2人が移転に反対を表明していました。しかし同じ党に属する州議会議長は移転に賛成するという状況になり、同党内にも波紋を起こしています。

(Intraasia注:クランのど真ん中にあったため極めて便利だけど、汚く猥雑でいつも混雑しているバス発着所でした。それが郊外の遠く離れた場所に移ってしまったわけです。利用者の不便さは容易に想像できます。バスターミナルを郊外へ持っていくことは交通緩和に多いに役立ちますが、バスしか手段のない者にとって余計な出費と時間のために多いに不便となってしまいます。)

【Causeway を歩いて渡ることはもう許されません】
ジョーホールバルの新出入国管理(Imigresen)ビルが全面オープンしたことことで、マレーシア当局は長さ1kmほどのCauseway 橋を歩いて渡ることを禁止しました。その後シンガポール当局もこの方針を取り入れました。このことでCauseway 利用者の中に不便さを感じる人たちも出ています、とりわけマレーシア人の勤労者と学生です。Causeway が非常に混雑している時、歩いて渡れたのですが、今ではバスを待たねばなりません。
ジョーホールImigresenの長官は言明する、「Causewayを歩いて渡ることは禁止です、(往来上)危険だからです。」

【RTM局での華語番組放送】
公営放送局RTM はテレビチャンネルRTM1 で華語ニュース番組が8時から30分番組として放送開始しました。この華語ニュースはそれまでRTM2 チャンネルで放送されていました。情報省大臣は言う、「華語ニュース放送時間を減らしたわけではない。放送するチャンネルを変えただけです。公衆はこのことで神経質になっているのでしょう。」  最近RTM1 チャンネルは情報チャンネルとして、RTM2 チャンネルは娯楽チャンネルとして再編成されました。

情報大臣はさらに言う、「RTMチャンネルは華語の地元製作番組を使うようにする必要がある。輸入した番組ばかりを放送していてはチャンネルの意味がない。マレーシアの番組業界にとって、(輸入番組を放送する傾向は)これは良くない。」

(Intraasia注:RTM の1チャンネルと2チャンネルでは番組のどれぐらいの比率が華語番組に当てられるか、ニュースが何時になるかは華人界が多いに気にすることです)

【古本、各種中古品売買ビジネス】
マレーシアのギネスブックである”マレーシア記録の本”に、国内最大の古本屋として紹介されているのが、クアラルンプールの Jalan Tun H.S.Lee にある Junk Book Storeです、セントラルから徒歩約5分の距離。 店主は語る、客のほとんどは常連であり、客の7割は感傷的な本愛好家です、と。同書店の在庫は約20万冊だそうです。

オーストラリア発祥のCash Converters 店は中古の家具、電化製品、時計、家財品などを売買しており、クアラルンプール圏に4店舗、ジョーホール州に1店舗あります。カメラや時計に30日間保証がありますとのこと。

(Intraasia注:マレーシアの中古品売買ビジネスは昔からある家族経営の形がほとんですね。このオーストラリア発祥店のような形は新しい形態だと思われます。日本のようにあちこちにある状態にはまだ全然なっていません。 古本屋はまことに少ない、まして古本街などということは成り立ちません。本屋自体がごく少ない国柄ですからまあ当然といえるでしょうけど)

1月3日の記事

【ジョーホールバルの新出入国管理所ビルに関しての要望】
シンガポールを訪れた観光省大臣は語る、「シンガポール人がジョーホール州へもっと簡単に入れる方策についてもシンガポール首相との間で会話にした。しかし両国は治安面に関して心配しています。ジョーホールバルの新IMIGRESEN複合ビルにおける柔軟な扱いに関しては内務省によって検討されなければならない。」昨年11ヶ月間でシンガポール人の観光パスでの入国は1000万人になります。

新IMIGRESEN複合ビルに関して市民から苦情が止まないことについて、ジョーホール州州首相は問題理解にビルを訪れてみるとしています。「これまではジョーホールバルに入ってくる観光バスはTanjung Puteri にある別の検問カウンターを使用していた。しかし現在では皆同様に新Imigresenの検問カウンターを使うことになりました。このことが観光バスの運行を遅らせています。」 と彼はマレー鉄道のシャトルサービス開始の式典で語る。

(Intraasia注:観光業者の高慢な思考を反映したものですね、ジョーホール州に金を落としに観光客を連れてくるから、検問所の検査を優先的にやれということですな。新Imigresenで検問に時間がかかるのは誰も好まない、当然です。しかし一部の入国者だけが優先されるのは不満以上に不公平ですね。タイとマレーシアの国境では長距離バスと観光バスの優先レーンなどありません。歩行者や通常自動車と同じレーンに並びます。シンガポールとの国境も当然そうすべきであり、自己勝手な理屈を押し付ける高慢な観光業者の圧力に屈しないことを願いたいです)

【ジョーホールバルとシンガポール間のマレー鉄道シャトル便】
マレー鉄道はジョーホールバルとシンガポールの間でシャトルサービスを5日から開始します。この列車は新しく開設した Danga City Mall 駅とシンガポールにある Tanjung Pagar駅間を運行し、片道 RM 3または S$ 3 の運賃です。運行スケジュール: Danga City Mall 駅 5時半から20時まで 5便、 Tanjung Pagar駅発 5時半から22時まで5便
ジョーホール州首相は演説する、「この運行は新Imigresenの混雑を緩和に役立つことでしょう。」

(Intraasia注:ジョーホールバル駅とTanjung Pagar 駅間のシャトル列車は数年前にもありました、主としてマレーシア人通勤客対象でしたけど、あまり成功しなかったようで、とっくに廃止されました。今度はシンガポール人買い物客対象のようです。1日往復5便で果たして十分か?さらにTanjung Pagar駅という不便な位置がどれほどシンガポール人の買い物客を呼び込むか疑問ですね。このシャトルサービスが成功するかの鍵の1つは Woodlands駅で乗車できるようになるかの点ではないでしょうか?現在でも下車だけはできます。シンガポール内の路線と駅舎のある土地はマレー鉄道が99年間だったかな?使用できるという両国政府間合意に基づいています、つまり線路と駅舎はマレー鉄道の所有であり、土地を借りているという形です)

【スランゴール州イスラム教当局の大晦日の取り締まり活動で3桁数の逮捕者】
スランゴール州イスラム庁は大晦日の夜のホテル取締りで、59人をカルワット(密室空間に婚姻関係にない男女がいること)容疑で逮捕しました。取り締まり活動はシャーラム、ペタリンジャヤ、クランなどで23時から翌6時まで行われ、対象をホテルだけでなく公園、湖畔、空き地にも広げました。ホテル以外の場所ではイスラム教における不道徳行為の容疑で110人を逮捕しました。イスラム教庁の幹部は語る、「ホテルは大晦日にこうしたカップルが不道徳行為を好む場所です。こうした傾向はこの何年も変わっていません。」 「大晦日に10代を含むムスリムがこういう不道徳行為に浸る傾向が衰えないのはけしからんことです。」

【3台の衝突事故で軽乗用車2台の乗員10人が死亡】
クランタン州のKuala Krai - Gua Musang 道路で3台の車が衝突し10人が死亡する事故が起きました。Peroduaの軽乗用車が追い越しを誤って Nissan4輪駆動車に正面衝突し、さらに別の軽乗用車と衝突しました。1台の軽乗用車の6人中5人が死亡、1人の赤子が重体です。もう1台の軽乗用車の5人が全員死亡です。4輪駆動車の方は、ごく軽い怪我人だけで済みました。軽乗用車2台の乗客は死亡した運転手2名だけが座席ベルトをしていただけでした。

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 376.1 入手します。

1月2日の記事

【大晦日夜の大騒ぎやパーティーの結果逮捕された若者たち】
都市部のいくつかの場所で行われた大晦日から元旦未明にかけての集まりやパーティーが警察の取締りを受けて、何人もの逮捕者が出ました。
クアラルンプール中心部にある4星ホテルの部屋での(マスコミの使う言葉によれば)セックスパーティーに集まった18歳から31歳までの男女26人が逮捕されました。警察が部屋に入った時、多くはすでに麻薬でハイな状態にあったとのことです。クタミン、コケイン、シャブなどが部屋から見つかり、酒やビールも散らかっていました。インターネットのソーシャルネットワークでもこのパーティーの開催が言われていたとのことで、一般通報で警察の取締りとなりました。逮捕者には女優やテレビのニュース番組読み女性も混じっています。

クアンタンでは、1日早朝イスラム教庁が数軒の安ホテルを取り締まって、15歳から20歳までの合計56人を拘留しました。彼ら彼女らはイスラム法及びマレー慣習の条項に違反する行為を行った、と州のイスラム教庁副長官は説明します。有罪となれば、RM 1000を超えない罰金または6ヶ月を超えない懲役またはその両方に処せられます。「早朝に取締るのが良い。違反者の言い分はどれも同じである。深夜遅くなったので帰宅できなくてホテルに泊まったというものです。未成年者をきちんと帰宅させるのは親の責任です。」 

クアラルンプールでは大晦日の夜、特定地や路上で行われたカウントダウンパーティ・集会などで、合計52人が様々の容疑で逮捕されました。暴力行為、ひったくり、痴漢行為、公務執行妨害などの容疑です。 ペナンでは同様に8人が警察に逮捕されました。 

カウントダウンが終わって人々が引き始めるとすぐに、クアラルンプール市庁の労働者とゴミ処理会社Alam Floraの労働者が、独立広場とブキットビンタン街とKLCC地区の掃除にかかりました。 広場や道路に散らかった多大なゴミの掃除に朝7時までかかったとのことです。

【KLIA 東ターミナル建設賛成論】
(プランテーション農園を基盤に大きく展開している)大企業Sime Darby とAirAsia が提案し、第1段階として政府が承認を出した、民間プロジェクトとしてのKLIA空港新ターミナル建設プロジェクトには賛否両論があります。この新ターミナルはKLIA 東ターミナルと仮称され、現在のKLIAメインターミナルから 8.6km離れているとのことです。クアラルンプールの中心部からKLIA 東ターミナル間での道路距離は逆に短く約 50kmであり、KLIAまでは道路距離78kmです。

現在の格安航空専用ターミナルLCCT はいつも混んでおり、当初から永久施設として建設されたわけではありません。今年拡張工事が完成しても年間扱い乗客数は1500万人であり、AirAsia の成長計画を十分にまかなえるわけではありません。予測では2010年にAirAsiaの運ぶ乗客数は1500万人を超えます。そして2011年には2000万人近くになります。

このRM 16億のターミナル建設プロジェクトは、SimeDarby の土地を利用してあくまでも民間プロジェクトで行われます、SimeDarby はヌグリスンビラン州のLabu地方にこのターミナル建設予定地を含め多広大な所有地を15年に渡って複合開発するVisionValley計画を明らかにしています。よってこの新ターミナルは同社の計画の触媒にもなります。また KLIA 東ターミナルプロジェクトを支持するこえは、ヌグリスンビラン州とマラッカ州州政府からもあります。両州はその位置から益を得ることを期待しているからです。

KLIA空港近くの別の場所に永久格安ターミナルを建設する案はありますが、諸所の不適切な理由から実現性はありません。 Labuの地に建設される計画のKLIA 東ターミナルを示す、まだ提案中の案:
KLIA 東ターミナルとKLIAを結ぶ 7kmの専用道路を建設する、さらにKLIA 東ターミナルからハイウエーをつなぐ道路も建設
KLIA 東ターミナルとKLIAを結ぶ電車線路の建設、現在の空港電車の延長という形
バスターミナルをKLIA 東ターミナルに作る
Komuter 電車のLabu駅からKLIA 東ターミナルを結ぶ線路を建設
(Intaasia注:手元にある縮尺の粗い地図で見るからでしょうし、はっきりした場所をマスコミは描かないので正確な位置がよくわかりません。しかしクアラルンプールからの実距離が短くなればそれは結構なことですね。 現在の格安ターミナルはいくら格安でももう少しましな待合所などにして欲しいと思いますから、利用者としては確かに新ターミナルに賛意を示したくなります。果たして計画通り建設にかかれるか、今年のみものの一つですね)

【国内のファーストフードチェーン店の店舗数番付 2008年】
1位 ケンタッキフライドチキン 430店舗、 2位 マクドナルド 185店、 3位 ピザハット 181店、 4位 Marry broun 74店、 5位 Kenny Roger's Roater 54店、 6位 Domino Pizza 37店、 7位 A & W 31店、 8位 Subway 27店、 9位 Big Apple Donuts & Coffee 24店、 10位 BugerKing 21店

(Intraasia注:2,3の店を除いて、名前は知っていても利用したことのないファーストフード店ばかりです。10位まで全てのファーストフード店の利用者だという読者もいらっしゃることでしょう)

1月1日の記事

新年明けましておめでとうございます。 
本年もこの マレーシアの新聞の記事から をどうぞよろしくご愛読ください。


【KL株価指数は39%下落して年を終えた】
クアラルンプール証券取引所指数(KLCI) を見ると2008年は 39%の下落でした。昨年1月の開始時の 1435からまもなく 1516の過去最高値に達しました、そして12月31日の終値は876でした。この指数下落は1997年8年の東南アジア経済危機以来のことです、97年は指数が 51%下落したのです。2008年の全上場株式総額において 当初のRM 1兆570億から最後はRM 6638億に減少しました。

【大晦日恒例のカウントダウンパーティ・集会に多くの人が集まった】
31日の大晦日夜、各地の都市では新年を迎える人たちが特定の広場や街頭に大勢集まりました。クアラルンプールでは独立広場では有名アーティストの歌声の後、アブドゥラ首相らが出席してカウントダウンを迎え、24時を期して花火があがりました。クアラルンプールではブキットビンタン街、KLCC でも多くの人々が集まり、そして花火が上がりました。

ペナンではEsplanade で恒例のカウントダウン集会が行われ、アーティストの歌声も披露されました。スランゴール州ではBandar utam の1 Utama でカウントダウンパーティにたくさんの人が集まりました。その他Sunway、Mines などでも大勢の人が集まって新年を迎えました。

(Intraasia注:ブキットビンタンとKLCC の両方で打ち上げられる午前0時の花火をアパートのベランダから眺めました。)

【シャーラムの立派なスポーツ施設は維持費で苦労している】
スランゴール州の州都シャーラムでは市の目印ともいえる シャーラムスタジアムとMelawati スタジアムの2つの市立スポーツ施設を擁しています。しかしその維持費と運営費の多さが市庁を悩ませています。このスポーツ施設の維持費に市庁は年間RM 500万かかるのですが、施設から利用代として収入を得るのは年間 RM 300万に過ぎません、つまり年間RM 200万の赤字です。シャーラム市長は市評議会の場で語る、「金の面から言えば確かの赤字である負担となっています、しかし他の面も考慮しなければならない。シャーラムが州都である以上、そういった施設を持つのはふさわしい。「州政府が援助してくれるように期待します。」

ある市評議会員は、その赤字の多さからスポーツ施設をスランゴール州に差し出すようにと意見を述べました。シャーラムはスポーツ施設以外に、水上センターと最近完成したロイヤル劇場が市庁の翼下にあります。

(Intraasia注:建物や施設類を建設するのが好きな自治体は珍しくありませんが、メンテナンスの不十分さにいつも批判が起こります。シャーラムは州都であってもクアラルンプールにごく近いので、立派なスタジアムと体育館であっても商業、娯楽、スポーツの催しはクアラルンプールで行われるほうがぐっと多い、よって十分な利用率を確保できないことが推測されます。実際シャーラムのこの種の施設への足は公共交通が非常にお粗末ですね)

【Carlsberg ビールの広告から】
祝祭時期のカートン価格
(緑色の)Carlsberg 缶ビール 16缶入りカートン RM 71.9
(黒色の)Carlsberg Gold 缶ビール 8缶入りカートン RM 38.9
特定のスーパーまたはハイパーマーケットでお求めください

【円とリンギットの両替率(31日のレート)】
1万円を銀行で両替するとRM 379.0 入手します。

| ホーム |


 BLOG TOP