プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

2月28日の記事

【第4四半期の経済成長は 0.1%】
中央銀行の発表です。
経済成長率(国内総生産高の伸び率)において、2008年第4四半期はわずか 0.1%でした。これは第3 の 4.7% とは対照的です。この結果2008年一年間の経済成長率は 4.6%となりました。 「ほとんど全ての経済分野で減速が見られる中、製造業分野が最大の減速を示しています。その第4期はマイナス 8.8%でした。とりわけ輸出主体の業種はマイナス12.3% 、国内主体の業種はマイナス2.5%。」 一方、第4四半期はサービス業分野が伸びを示して5.6%でした。

第4四半期の他の指数: インフレ率は5.9%、 貿易はRM 328億の黒字、外国からの直接投資高はRM 34億で主として石油とガス部門です。銀行の不良債権高は向上してRM 158億。

【”Allah" ということばの使用を制限することに関して】
キリスト教会が発行している週間雑誌 Herald に ”Allah " の文字を使う場合は、"Untuk Agama Kristian(クリスチャン用)” という文句を付記することを条件に許可すると、内務省が国内治安法の下で命令を発しました。カトリック教会は命令に関して司法庁と相談するとしています。この命令は このキリスト教会の週間雑誌だけに適用されるのではないと、カトリック教会の弁護士は語る。 同雑誌の編集長は、「次の発行版にはこの文句を印刷するので心配はなくなった。だから我々の発行許可が更新されるであろうとの確信がある。」」

この雑誌は昨年、雑誌内で”Allah "の文字を使ってはいけないとの命令を内務省から受けました。そこで発行者は”Allah "の文字の使用を求めるべく見直しを求めて、12月にクアラルンプールの高裁に訴えを起こしました。裁判所は5月末にその申し立てを聴くことに決めました。

マレーシア教会の会議は訴える、「”Allah"ということばの使用は遺産であると、政府は認めるべきである。この言葉は一つの宗教だけにあるのではない。政府は事前条件をつきつけてその言葉の使用を制限したり束縛しようとすべきではないと、政府に訴えます。」

【ハイウエー通行料値上げは無期延期】
主要な5つのハイウエーの通行料を3月初め値上げするとの認可を取り消すと、内閣が決定しました。ナジブ副首相は値上げは無期限延期です、と語る、「値上げしないことで、ハイウエー会社への賠償は年間にRM 5億かかります、これは税金からまかなうのです。」前日の値上げ発表は、消費者団体、貨物業界、与野党などから強い反対がでていました。「値上げしないことは、賠償用に金を政府が使うということです。」と副首相。

(Intraasia注:賠償額の発表に違いがあるけど、いずれにしろ契約上巨額がハイウエー会社に支払われるわけです。そのような巨額の金を公共交通の向上に回したほうがはるかに庶民に貢献するのに。マレーシア人は直接税の減税を常に求めている、しかし国家にとって財源は必ず必要、そこで間接的な税が高まるだけです。間接税は富裕者よりも貧者にずっと大きくひびくのに、さらにマレーシア国民で直接税を納める人の数は100万人を超える程度という少なさですよ。 ハイウエー料金の件は、直接税間接税の件と根は一緒です)

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 371.9 入手します。

【Bursa Malaysia の株式情報】
クアラルンプール証券取引所の株価指数は 890 で週を終えました。一部市場の株価総額 RM 5億7700万、 二部市場株価総額 RM 599万、 Mesdaq 市場の株価総額 RM 171万

(Intraasia注: 二部市場とMesdaq 市場の小規模さをご覧ください。こんな極小規模で公開している意味が薄いのではと思います)

スポンサーサイト

2月27日の記事

【主要ハイウエー料金値上げを巡って】
主要な5つのハイウエーの通行料を3月初め値上げすることを公共土木省が発表しましたが、反対が多いことから、首相が見直しを語りました、実施は遅れる見込みです。
通行料値上げ前と値上げ後の例
南北縦断ハイウエー: Km当たりの計算を 13.60セントから 14.28セントに上げる。これによれば、ハイウエー北端のBkit kayuhitam - 南端 Kempas 間はRM 108からRM 113.4に上がる。
Sprint/Kerinchi/Damansara リンクハイウエー Pantai料金所 RM 1.50 がRM 2.0に
Ampang -Kuala Lumpur ハイウエー Keramat料金所 RM 1.50 がRM 2.0に
New pantai ハイウエー PantaiDaram料金所 RM 1.650 がRM 2.0に
Sungai Besi ハイウエー Mines料金所 RM 1.3 がRM 1.4に

土木省は語る、「値上げはハイウエー建設会社と政府の間での契約内容に基づくものであり、市民は理解をして欲しい。本来の値上げは去年の1月実施のはずでしたが、これまで遅らせていました。政府はハイウエー会社に14ヶ月間補償をしてきたのです。総額でRM 2億7700万です」

国会では与野党揃って、通行料の値上げに反対を表明しました。

(Intraasia注:マレーシアの交通基本政策の根本的欠点は、与野党と官僚を通じて、自動車利用を奨励するかのような料金体系を取り続けていることであり、本腰を入れて公共交通の整備と改善をしないことですね。誰だって値上げは好まない、当たりまえです。ただ自動車を持てない層が一番影響を受けるからこそ、公共交通に多大な力をそそぐべきです)

【インドネシアでの農園開発に深く関わるマレーシアプランテーション企業】
現在のところパーム原油の国際市場価格は比較的低迷していますが、マレーシアのプランテーション農園会社がインドネシアで新たに農園を開発または購入することに障害となっていません。インドネシアでは各地で当局が種種の規制などをいつも変更していますが、マレーシアの農園会社にとってオイルパーム開拓の選択から落ちることはありません。マレーシア農園業主協会の議長は語る、「インドネシアでのオイルパーム農園開発の成功は、いかに良いインドネシアパートナーを見つけるかにかかっている。長期に渡るパートナー関係が必須です。」

推定では、現在インドネシアのオイルパーム農園の半分はマレーシアの50ほどの農園企業翼下にあるようです。農園の場所はスラウエシ、カリマンタン、スマトラに集中しています。 例えばマレーシア農園企業の大手の1つである Kuala LumpurKepong グループは 2008年の会計において保有する全未成熟オイルパーム樹の76%はインドネシアにあります。

マレーシアの業界アナリストによれあ、インドネシアにおけるマレーシア側のオイルパームプランテーション農園の利権は2010年には700万ヘクタール、原油収獲高 1950万トンに達するであろうと予測しています。インドネシアはパームオイル生産において世界一の座をマレーシアから2006年い奪いました。これはマレーシア企業のインドネシアでの栽培開発投資が多大の貢献をしています。両国で世界のパームオイルの90%以上を産出しています。

マレーシアの主要企業がインドネシアに所有するオイルパーム農園面積 単位ヘクタール
Sime Darby : 272244、  Kuala Lumpur Kepong:106341、    IOI Corp :82000、  Asiatic:45000
United Plantations:40000、   Glenealy Plantations:3460、   TH Plantations:82000

(Intraasia:1ヘクタールは1万平米ですから、その広大さが想像できますね。マレーシアの大プランテーション企業がいかにインドネシア投資に関わっているかがわかります)

【労働省の職紹介】
労働省は仕事紹介のプログラムを全国15箇所で始めます。2週間に1回行うとのことです。解雇された労働者と新卒して1年以上職がない人に優先権を与えると、は語る。この職紹介プログラムは28日に第1回目を シャーラム、ジョーホールバル、ペナン、コタキナバルで行います、66の企業から8000人分の求人があるとのことです。労働省はその独自のプログラムで(10月からこれまでに)1200人に職を斡旋したとのことです。

(Intraasia注:労働省などの職紹介に現れる職はインターネット求人休職紹介業者や新聞求人広告より広範囲度ではずっと劣るように思えます。斡旋数もそんなに多くないということが、たった1200人という数字でわかりますね)

【トップ与党政治家が盗撮されたビデオの内容は刑法違反の疑い】
Barisan Nasional(与党連合)側の馬華公會所属の保健大臣兼党準総裁が、不倫の現場が撮られたビデオが(意識的に)流出したことで公職と党職を昨年初めに全て辞任しました。しかし昨年終わりの馬華公會の党大会で彼は副総裁に当選してカムバックしました。ごく最近のその盗撮DVDが再度流出されて、一部で話題になっており、警察訴え報告がだされました。

警察長官はこのDVDの件で公言する、「馬華公會の副総裁の盗撮ビデオで彼にオーラルセックスしている女性に事情聴取したい。刑法の337条、自然に反するわいせつ性行為違反で捜査しています。ビデオでオーラルセックス行為が映っているとの理由で警察訴え届けが出されたからです。彼女に進んで事情聴取を受けて欲しい」 現在この女性は国外にいる模様です。「警察はさらに刑法の292条、わいせつなビデオを所有し配布、違反で捜査しています。」 警察は誰がこの配布などの背景にいるかをさぐっています。

(Intraasia注:この種のことに国民と政党は多大の関心を払い且つすぐ警察沙汰にすることを好みますね。当時ものすごく話題になったがすでに終わった問題をまた持ち出してきた形です。今回はオーラルセックスは刑法違反だということが焦点のようですな。両者同意の性行為でも刑法はその内容に踏み込めるということなんでしょう)

2月26日の記事

【社会保障ネットプログラム】
貧困者を助けるためとして、政府はマレーシア社会保証ネットプログラムを打ち上げました。「政府は、経済不況の結果による困難から人々をとりわけ貧者を手助けしたいと思います。国内の貧困レベルはこの何年かで下がりましたが、貧困者の数が最近増えています。そこで政府はその急増を抑えるために何かをする必要があります。」 と式典でアブドゥラ首相は演説しました。

女性と家族とコミュニティー発展省大臣は語る、「このプログラムは省の現行の保障ネットプログラムの延長です。 そこで我が省は首相に申請したのです。追加のRM 5億が割り当てられました。半島部では月収がRM 720以下の世帯、サラワク州では月収がRM 830以下の世帯、サバ州では月収がRM 960以下の世帯はこのプログラムに申し込めます。 11万世帯ほどがこのプログラムの恩恵を得るはずです。」

(Inraasia注:記事では所得に触れた箇所で世帯という文字が抜けているはずですので、加えてあります。半島部より物価が高いサバ州サラワク州の数字に注目してください。)

【スバン空港ターミナルビルが大きく改造されつつある】
Suabang空港第3ターミナルはBerjaya Air Firefly の2社だけが発着しています、くわえてプライベートジェットとプライベートヘリコプターの会社が利用しています)第3ターミナルビルは昨年から工費RM 4000万で大幅な改造工事が行われています。そして空港名が Skypark Subang ターミナルと改名されました。Skypark Subang 会社の幹部は語る、新ターミナルに対して利用者は心地よさと感じのよさを期待できます、と。銀行はすでに2銀行が営業しており、レストランなどの飲食施設もオープン予定です。

「内部の改装工事は大体終わりました。外部の工事は6月には終わります。」 「新ターミナルはプライベートジェット機運営会社 Vistajet の専用施設も備えています。」 同社はターミナルに隣接する30エーカーの土地に航空機用格納庫兼メンテナンス施設を設ける計画です。

(Intraasia注:つい最近訪れて見て来ました。確かに以前の安っぽいターミナルの内装とは多いに変わりました、外部は工事真っ最中です。当サイトの「国内の空港とその発着航空会社」のページに写真を含めた最新情報を載せましたでご覧ください。)

【マレーシア家具の輸出は好調】
マレーシアの家具輸出高は業界団体によれば、2008年は推定でRM 88億とのことです。家具輸出は経済不況の影響をあまり受けずに、2010年にはRM 100億に達するであろうと予想しています。マレーシア家具業界は例年、国際家具展示会 MIFF を開催して世界中からバイヤーをひきつけています。今年は3月3日から7日に開催され、業界展示会の主催会社は伸びを確信しています。
10年前との違いは、小売バイヤーが直接製造会社から仕入れることが増えたとのことです。

2006年の家具総輸出高 RM 81億、 輸出向け国トップ3カ国: 米国 46.1%、 中国と香港 7.3%、日本 6.6%
2007年の家具総輸出高 RM 85億、 輸出向け国トップ3カ国: 米国 42.3%、 英国 6.5%、 日本 6.3%
2008年8月までの家具総輸出高 RM 81億  輸出向け国トップ3カ国: 米国 26.4%、 日本 8.0%、 オーストラリア 6.9%

(Intraasia注:日本は一定したマレーシア家具の買い手である事がわかりますね。マレーシア産と明示されてなくても読者がお使いの家具がマレーシア製造かもしれませんよ)

【銀行は基本貸し出し金利を下げる】
(中央銀行が翌日物レートを下げたことを映して)Maybank は基本貸し出し金利を3月2日から 5.55% に下げると発表しました。 前回の下げは2月3日で貸し出し金利を5.95%に下げたばかりでした。

【前年比基準の主要経済指標】
工業生産: 08年10月 -2.9%、  11月 -8.2%、   12月 -15.6%
輸出:     08年10月 -2.6%%、  11月 -4.9%、   12月 -14.9% 
製造業売り上げ: 08年10月 + 2.1%、  11月 -2.1%、   12月 -20.8%

(Intraasia注:昨年第4四半期の指標は第3より下がることは確実視されています。日本ほどではないですが、上記のように主要指標は下がっています)

2月25日の記事

【反汚職庁が正式に反汚職委員会に生まれ変わった】
反汚職庁は、今年1月初めその機構改革を目的とした法案が承認されて反汚職委員会と庁名が変わりました。24日公式にその機構改革を開始する式がアブドゥラ首相出席の下で行われました。反汚職委員会は将来的に5000人の職員を抱えることになり、理事会などを設置して行き過ぎを抑えるメカニズムを備えます。首相は演説する、「これによって反汚職委員会がその網を広げて新しい形の汚職を調査し証拠をより効率的に収集できるようになります、従ってその有罪にする率を高めます。」 「我々は、反汚職委員会は反汚職庁の名前を変えただけでその構造と有効性になんら基本的な変更がないと見て欲しくない。それゆえに政府は反汚職庁の構成と調査方法と管轄権を見直しました、そして反汚職委員会を非常に尊敬をあびる機関にします。」

反汚職庁法1997年は反汚職委員会法2008年に置き換えられました。
反汚職委員会内に新しく設けられた機構: 諮問委員会、汚職に関する特別理事会、苦情理事会、運営見直し委員会、
こうした新機構には識者を配するとして、元連邦裁判所長官、学者、弁護士、企業人、メディア、元司法長官などが任命されています。
汚職に関する特別理事会にはBarisan Nasional(与党連合)側の国会議員3人、Pakatan Rakyat(野党連合)側の国会議員3人から構成されます。

【住み込みメイドを手っ取り早く得たい】
マレーシア人世帯で住み込みメイドを雇っている家庭の 70%は違法メイドまたは”急行”メイドを雇っている、とある新聞が報じました。外国人メイド代理店の係官によれば、「この問題はいまや蔓延している、該当政府機関は真剣に対処すべきです。」 「雇用者である家庭がなぜ”急行メイド”を選ぶかの主たる理由は、正規の手続を経て雇うよりその費用が安いことです。秘密グループがこの種の”急行メイド”を提供しており、その費用は1人当たりRM 200です、一方正式の手続を得て雇えば RM 6,000です。しかしながらメイドの給与は最低RM 500で何ら変わりはない。」 「”急行メイド”は犯罪歴のある女性だったり病気持ちだったりのリスクもありえます。」

別の報道です。 住み込みメイドの需要が増えているので、フィリピンのミンダナオ島から 5万から6万人のメイドを連れて来ることが期待されています。外国人メイド代理業者協会の議長は語る、「メイドへの需要が多いので、代理業者はメイドの供給源をインドネシア以外から探しています。マレーシアでは以前から1万人ほどのフィリピン人メイドがいますが、その大多数はケソン島のクリスチャンです。そこで今度はミンダナオ島のムスリム女性をメイドとして雇うことに焦点を絞っています。彼女たちはムスリム家庭で働くことに何の問題もありません。」

(Intraasia注:RM 500程度で何でもやらせることのできるメイドは、一度雇えばその楽珍さに依存することになり、メイド無しでは困ると感じるようになります。要するにある程度豊かなマレーシア人家庭ではメイド依存症候群に陥っているといえるでしょう。シンガポールでも同じですけど。よって需要が減ることはないですね。しかし供給はそうは簡単にはいかない、そこで違法であれなんであれ供給する代理店があればそこを利用するということですな)

【コタバル山の登頂者が増加した】
マレーシア随一の高峰である、サバ州のコタバル山、4095メートル、への登山者が増えています。サバ州公園局の係官の発表によれば、登頂者の数は2008年は48604人であり、内26161人が外国人です。登頂者の数をみると、2007年は40390人、2006年は39298人でした。増加した理由として、航空運賃の値下げ、サバ州が積極的に宣伝していることなどをあげています。

コタバル山登頂の許可証を得るのに数ヶ月もかかるという苦情に関して、この係官は説明する、「許可する人数は山小屋の宿泊状況に寄ります。サバ州公園局は1日に 146人分だけ許可証を発行します。このため許可証発行される日を待つ場合が出てきます。

(Intraasia注:2008年分を365日で割ると133人となって、1日当たりの許可人数を上回っていますね。単純に考えても即日登ることはできなさそうですね。よく知らないのでコメントは難しいのですが、登山許可証の得安さには季節要因と休日要因も当然あることでしょう。ずっと以前90年代中頃、私が麓の公園事務所を訪れた頃は特に許可証の取得を待つことはなかったと記憶しています。全体的にコタバル山登山者が増えたことは間違いないでしょう)

【マレーシア人は Milo 好き】
人気飲料Milo を販売元のNestle Malaysia が7% 前後この16日から値下げしました。国内取引と消費者省大臣は言う、大衆食堂は Milo の価格を下げるべきです、と。Nestle Malaysia によれば、「Milo はマレーシアで60年前から売られています。マレーシアはMilo の世界最大の消費国です。」

(Intaasia注:タイでもMilo は人気ですけど、感覚的にマレーシアの方が人気あるなと思っていました、なるほどですね。 といってもIntraasia はMiloを飲みません)

2月24日の記事

【憲法に定められている信教の自由はムスリムには適用されない】
内閣府の法律担当大臣が国会で答弁しました: 連邦憲法の11条に記載されている信教の自由はムスリムには適用されません。イスラム教から離脱したいと思うムスリムはシャリア法廷からの指示または宣言を得る必要があります。シャリア法廷は各州のイスラム教法の下で管轄権を有しています。よく知られたLina Joy の起こした裁判における判決が明瞭に記していることは、ムスリムはその希望としてイスラム教から離脱することはできません。仮にそのような自由がムスリムに与えられたら、国家宗教としてのイスラム教の地位に影響を及ぼします。憲法にはイスラム教は国教と記されています。 

憲法11条の中では、非ムスリムがムスリムに他宗教を勧めることを禁止しています。半島部の全州である10州では州の法律でも、ムスリムに他宗教を勧めることを禁じています。 ムスリムが離脱できるのはシャリア法廷が命令を発した時だけであり、それによって国民登録庁がその人の身分証明証から イスラム教の文字を取り除きます。政府は憲法11条を改正する意向はありません。

(Intraasia注:マレーシアのムスリムはムスリムになるのではなく、ムスリムに生まれるのです。そしてそれは国籍を離脱しない限り一生且つ死後も変わりません。非ムスリムが改宗してムスリムになり再度改宗するというごく例外的な場合を除いて、シャリア法廷が離脱を認めることはありませんし、ありえません。Intraasiaが時々主張しているように、自由という概念は決して世界各国に共通した普遍的特性ではありません)

【AirAsia の航空機購入計画の進捗】
AirAsia は総額US$7億になる エアバス航空機(A32- 200) 15機の購入資金を手当てするための商談をロンドンで終えました。この多くは2009年中にAirAsia に配達されます。AirAsia は2010年から14年の配達として104機の注文を出しているので、今回の資金以外に同社が必要となるのは RM 130億にもなります。同社は2010年の配達予定の航空機 14機の資金手当をBNP Paribasと行っているとのことです。「資金手当をするのはたいへんです。我我が行えるという事実は、この最悪期においてさえ金融界がAirAsiaのビジネス方式に信頼を置いていることを示している。」 「この2つの資金手当でわが社の2009年と2010年の一部までを確保した。」と同社の最高経営責任者は語る。

AirAsiaは2007年にエアバス航空機(A32- 200) 175機の注文を出していました、くわえてオプションとして50機です。これまでに配達されたのは56機あります。2010年の配達は24機の予定です。「わが社は引き続き発展し、新空路もオープンします。」

【ガードマン・警備員にマレーシア人は就こうとしない】
マレーシア保安サービス協会の議長は説明する:ガードマン・警備員の平均賃金は 時間給RM 3.5 であり、従ってマレーシア人はこの職に就こうとしません、これがネパール人にガードマン・警備員に職を提供していることにつながっています。現在ガードマン・警備員のネパール人は5400人います。なお元軍人である、ネパール人グルカについては時間給RM 8となります。こうしたことになるのは、この種の職のマレーシア人は軍隊経験がないからです。

一方内務大臣は語る、国内には30万人ほどのネパール人が働いている、その多くは保安業界で働いています、と。

(Intraasia注:外国人労働者に関する数字は発表する業界や役所やマスコミでいつも違いがでてきます。なぜそうなるかといえば、違法外国人労働者があまりにも膨大におり、且つ合法外国人労働者が滞在資格外で働いていることも珍しくないことから、正確な数字は誰もつかめないことが大きいでしょう。外国人労働者を雇う業界自体が正確な報告をしているのか、正規の外国人労働者だけをやとっているのか、役所はどの程度取締りを頻繁にやっているのか、といった疑問があります。)

【イスラム銀行部門 が総収入に占める割合】
(国内の一般銀行はどこもイスラム銀行部門を運営しています)アナリストは、イスラム銀行ビジネスは上昇傾向にあるが、それが国内銀行の総収入に貢献する面ではたいして大きくないと、説明しています。ある証券会社は分析する、「2008年第3四半期をみると、イスラム銀行ビジネスが国内の9校ある上場銀行の総収益に貢献する割合は10%から11%です、第3期に銀行全体で収益が15%減少したにも関わらず、イスラム銀行部門の伸び率は3.7%でした。」

主な銀行における、イスラム銀行ビジネスが2008年8ヶ月間で総収入に占める割合
Public Bank 15.1%,  Maybank 31.6%,  EON Bank 4.9%,  AMMB 15.7%,  RHB 7.7%, Bank Commerce 11.9%,  Hong Leong Bank 4.8%

2月23日の記事

【Labuに格安航空ターミナル建設の案は消えた】
AirAsia と巨大企業グループ Sime Darbyがヌグリスンビラン州Labu に民間資金だけで建設すると提案していた、格安航空専用ターミナルプロジェクトに関して、政府はプロジェクト承認を取り消しました。ナジブ副首相は説明する、「SimeDarby はインフラ建設の資金を有していない。このプロジェクトの替わりに、新しい格安航空専用ターミナルはKLIA空港敷地内に建設します。マレーシア空港持ち株会社が建設にあたります。」 

マレーシア空港持ち株会社はAirAsia と連絡を密にして建設することになると期待されています。「格安航空専用ターミナルに関してその契約条件などをAirAsia とまだ交渉中です。」 「(政府の)この決定は最終的なものです。Labuに格安航空専用ターミナルを建設するというのは取り消しです。」と副首相。

(Intraasia注;政府は一度はLabu に格安航空専用ターミナル建設プロジェクトにOKを出しましたが、どうやらその後極めて政治的な働きかけと判断があったようで、最終的にKLIA空港敷地内に空港会社が建設するということになったみたいですね。AirAsia は以前から空港持ち株会社のあり方に不満を持っていたからこそ、独自で建設したいという提案にでたはずです。まあ、KLIA敷地内なら2つのターミナル間の移動も便利ですから、早急に建設にかかってくれるように願いましょう)

【アセアン+3カ国協力基金の供出額】
タイのプーケットで、Asean(10カ国から構成される)+ 3カ国(日本と中国と韓国)の特別蔵相会議が開かれました。月末にタイで行われるアセアンサミットに先立って、種種の議題が話しあわれました。昨年5月に同意された、Asean + 3カ国協力基金の規模をUS$840億からUS$1200億に増大することが同意されました。3カ国が80%の資金供出をし、アセアンが20%を供出します。出席したナジブ副首相兼経済大臣によれば、「マレーシア、インドネシア、シンガポール、フィリピン、タイはそれぞれUS$34億を供出することに合意しました。 マレーシアの資金はスタンバイクレジットの形になり、必要とする国へのローンの方式となります。」 「カンボジア、ラオス、ベトナム、ブルネイ、ミャンマーはそれぞれの準備金の5%を供出することになります。」

この基金の目的は世界的経済不況の中で、メンバー国の短期資金流動性を向上させるためです。この蔵相会議では、2月末にタイで開催されるアセアンサミットに先立って、様々な議題が論議されました。

(Intraasia注:アセアンの供出はUS$240億、その内マレーシアなど5カ国がUS$170億供出するわけですね。残りの70億がベトナムなど5カ国が供出か。アセアン内の各国の経済力の差はたいへん大きい、例えばシンガポールとラオスなどを比べたら、雲泥の差といえます。人口差はもっと大きく最大は2億のインドネシアと最小は数十万人のブルネイです。各国の庶民の間に本当にアセアン共同体一体感があるのだろうか? コラムで実証的に書いてきたように、私は多いに疑いますな)

【マレーシアへの医療ツーリズム】
マレーシアを、手の届く料金でそれでいて進んだ医療ケア面でのアジアのハブとして地位づけていくことが始まりました。努力は実を結びつつあるようです。以下はマレーシア私立病院協会調べの数字です。

医療ツーリズムのために来マレーシアした外国人患者の数は2003年から2007年にかけて3倍となりました:2003年 10万3千人、2006年 30万人、2007年 34万人、 2008年は9月までに28万人を記録しました。 医療ツーリズムによる受領額は2003年から2007年にかけて4倍になりました: 2003年 RM 5800万、 2007年 RM 2億5千万
2007年に来マレーシアした外国人患者の数を国別にみると:インドネシア人 72%、 シンガポール人 10%、日本人 5%、 ヨーロッパ人 3%、 インド人 4%、その他 

医療ツーリズムの目的地として好まれるのは、ペナン、マラッカ、ジョーホールバルです。現在国内で 35の私立病院が医療ツーリズム奨励に参加しています。ペナンはスマトラ島に近いことから、医療ツーリズム患者の大多数はインドネシア人です。
マレーシアへの医療ツーリズムの多数派は、治療を求めてくるのであり、美的整形目的ではないことです。ですからこういう種の患者は不景気である、ないに関わらずやって来ると見られています。

(Intraasia注:豊かなインドネシア人、とりわけスマトラから、が医療目的でマレーシアにやって来ることはよくわかります。それにしても総数で28万人とは随分多い数ですが、どういう統計方法なのでしょうか? 統計基準が書いてないのでわかりません。日本人が5%ということは、17,000人ですよね、医療目的でこんなに多数が来マレーシアとは考えづらいです。マレーシア在住者の通院、治療を含めれば納得いく数ですけど、それでは医療ツーリズムとはいえない。こういうニュース記事にはもう少し詳しい定義を加えるべきですね)

【マレーシアブランドの飲料製品】
調査会社 AC Nielsenの小売業調査によれば、 飲料品会社 F & N は国内の炭酸飲料とアイソトニック飲料分野ではトップ企業です。製品別では100Plus が26.3%、 F&N製品が 21.6%、 Coca Cola が20.7%、PepsiCola が5.4%の市場シェアを占めています。現在同社はCoca Cola製品の缶と瓶詰め占有契約を得て国内販売していますが、Coca Cola側がこの契約を2010年1月で打切ることになりました。

マレーシア内のアジアブランドのソフトドリンク分野では、F & N社の Seasons ブランドは27%を占めて、市場1位であるYeos社ブランド 35%に次いでいます。 

(Intraasia注:スーパーなどでいつも目にする飲料品は、マレーシア独自ブランドのYeos製品と F&N製品ですね。ところで100Plus って他国にもあるのかな?)

2月22日の記事

【マレーシアは第2の我が家プログラムを改良する】
観光省大臣はそのインタビューの中で、マレーシアは第2の我が家プログラムに関して次のように述べました。「このプログラムにはまだ短所があることを我々は知っています。そこで内閣委員会にまでこの件を持ち上げました。我我はこのプログラムには大きな可能性があることに同意しています。そこで申請者にとて申請過程をもっと容易にし、受け入れやすくし、迅速にしたいと考えています。第2の我が家プログラムにあまりにも多くの条件を付けてはいけません。

もし第2の我が家プログラムをもっと柔軟にすれば、もっと多くの外国人が参加しようとするでしょう。内閣はこのプログラムにいくらかの変更を行うことに同意しました。近いうちに改良した第2の我が家プログラムを打ち出すことができると思います。」

(Intraasia 注:どうやら何年かぶりにプログラムの認可条件に変更があるようですね。これから申請を考えていらっしゃる方には朗報となるかもしれませんね。もっともこのプログラムの目的が、豊かな外国人がマレーシア滞在することでお金を使うようにさせることですから、私のような下流層の者には変更の恩恵が及ぶとは思えませんな)

【州議会女性議員の辞任表明問題が提示したマレーシア社会の深層】
マレーシアは国連の加盟国です。国連は国際人権宣言 1948年を通して、プライバシーの権利を承認しています。しかしこの国際人権宣言をマレーシアは批准していません。

マレーシア弁護士協会の人権委員会に属する女性弁護士は主張する、「プライバシーに対する個人の権利を守るまたは認証するような法律がマレーシアにはありません。憲法にもないのです。 刑法と微罪法には何箇所かプライバシに対処する部分がありますが、プライバシーに特定して対処する包括的な法律はありません。」 クアンタンの国会議員は語る、「プライバシーに関する犯罪に対する刑罰の軽さに見られるのは、社会がこれをどう捉えているかの反映です。」

NGOの一つである全女性の行動会議はの議長は主張する、「スランゴール州議会女性議員のヌード写真流出問題は、女性性に対するマレーシア人の態度を映し出している。女性性に関しては男性に比べて高い倫理の要求がある、これはとりわけ若い女性、独身女性、にとっては非常に顕著です。」「プライバシーの権利は全ての者に基本的な人権です。社会は、不道徳な人間は公職に就くべきではないと見ている、しかしマレーシアでは二重基準がある、そして何が不道徳かについての思考を捻じ曲げている。」

(Intraasia注:なんら法律を犯しているわけでもなく被害者の立場である女性議員はマレーシアを出国してしまい当分帰国はしない模様です。流出させたと見られる元ボーイフレンドは国外に逃れた模様でまだマレーシアに戻っておらず警察は調書を取れない状態です。今回の一連の出来事は、まことマレーシア社会の深層と真相をよく映し出していました。ここで抜粋したような意見はごく少数派でしょう。女性議員の所属する公正党指導陣は本音は女性議員の辞任を望んでいるかのようであり、政党は社会がこの議員を不貞な女性と捉えてしまうことの方を恐れていることがよくわかります。マレーシアの政党は全て民族と宗教基盤で構成されている以上、政党は市民運動的発想に立てないという例ですね。)

【インフレ率】
1月のインフレーション率は対前年同月比で3.9%でした。ただ12月と比べると 0.1%の下落です。
1月の自動車販売数は、対前年同月比で17.5%の下落でした、販売台数は37800台です。

(Intraasia注:経済成長が低くなっていることばかり話題になるのですが、物価上昇率はこのように決して低くありません。低所得層には物価上昇率は極めて影響が大きいのに)

【公共サービス委員会(庁とみなしてもよい)募集広告から】
通翻訳者(華語)17L 等級 
マレーシア人で華語及びその他の中国語に流暢であり、裁判所での通訳仕事に興味ありましたら、通翻訳者(華語)17L 等級 職にどうぞ応募してください。
必要資格は次のようになります:
(中学5年次の全国統一試験である)SPM または(国立大学入学資格用の統一試験ともいえる)STPM を修了(基準点以上の成績を修めたという意味)、及び
SPMにおいてマレーシア語科目と口答試験に合格
SPMにおいて英語で基準点以上を取得
支給される給与総額: RM 1418 -RM 1817
基本給 SPM修了レベル RM 823 または STPM修了レベル RM 1222
生活手当  RM 300 (都市部で勤務する場合に限る)
住宅定額手当  RM 180
公共サービス定額手当 RM 115
その他の特典
住宅ローン、自動車ローン、コンピューターローン
公立病院・医院における診療
有給休暇及びその他休暇
応募者は公共サービス庁のホームページ www.spa.com からもできます。 問い合わせ電話: 03-88856250 Puan ###########

(Intraasia注: 公共サービス委員会とは公務員の人事関係を一手に扱う役所で、そこが新聞に載せた求人広告です。マレーシアの法廷ではマレーシア語が公用語なので、マレーシア語力が十分でない華語やその他中国語諸語、タミール語などの話者には法廷通訳が付くことになります。法廷通訳は公務員です。去年公務員一般の給与総額があがりましたので、下級職位の公務員でRM 1000ぐらいになるそうです。それから見ると通訳の給与は全然高給とはいえません。通翻訳仕事への評価が高いとは決して言えないマレーシアらしい面ですね。なお全ての公務員、約120万人、にいえるのは、ローンの利率が市中金利より低い、年金がもらえる、公立病院での診療・治療は相当程度無料といった特典があります)

2月21日の記事

【日本も多いに関わっている、アセアン + 3カ国の蔵相会議】
Asean(10カ国から構成される)+ 3カ国(日本と中国と韓国)は明日からタイで蔵相会議を開きます。マレーシアはナジブ副首相兼経済大臣が出席します。その場で、東南アジア全体の経済刺激政策用のAsean + 3カ国協力基金のことが話しあわれます。昨年5月に同意された、この協力基金を規模US$840億で設立し、3カ国が80%の資金供出をし、アセアンが20%を供出する計画です。

【行動党議長に銃弾入りの死の脅迫状が届く】
(有名な刑事裁判弁護士でもある、行動党議長Karpal は先日のペラ州政変に関して、法律上ペラ州スルタンを特別法廷に訴えることができると主張しています。これに対して、マレー界の保守層から強い反発が出ており、UMNO党青年部はペナンとクアラルンプールにある彼の法律事務所へのデモ、警察も違法と認めた、を行いました)
ペナン州にあるKarpalの自宅に銃弾2発を同封した、死の脅迫状が届きました。 国会議員である行動党議長はクアラルンプールに滞在しており、事務所の職員が自宅へ郵便物を取っりに行ったことでこれがわかりました。ペナン州警察は議長から警察訴え届けを受けたことを確認しました。

記者団に公開された封筒は、郵便発送地がペラ州イポーの消印となっています。「スルタンとマレー人一般の件で馬鹿な真似はするな、家族ともども焼いてしまうぞ。」などと書かれています。議長に寄れば、昨年5月にも銃弾入りの脅迫状を受け取ったとのことです。

行動党書記長でもあるペナン州州首相は彼を訪れて語る、「警察は議長とその家族とその法律事務所の保護・警備を提供すべきです。」 さらに州首相はUMNO党青年部がペラ州問題でデモを行った件を批判しました。

【反汚職庁がスランゴール州州首相を捜査した】
Pakatan Rakyat(野党連合)側が州政権を握るスランゴール州の州首相(公正党所属で国会議員も兼務)、に対して、反汚職庁が権力乱用の疑いで捜査をしたことを明らかにしました。容疑は州首相が州の金を使って自家用車をメンテナンスしたとの件、及び州首相の地元国会選挙区でイスラム教祝祭の際提供した牛46頭の代金を州金庫から払ったとの件、に関して捜査し、結果を司法長官室に問い合わせていると、反汚職庁のトップが語りました。「庁はこの2つの件では強い証拠をつかんでいるので、スランゴール州州首相に対して法的措置を取るべきだと提言します。」

スランゴール州首相は、この2つの件を公言している、Barisan Nasional(与党連合)側の前州首相に対して、名誉毀損の訴訟を起こしています。

一方スランゴール州首相の弁護団は、反汚職庁長官の記者会見の発言は通常のあり方から外れている、反汚職庁は常にプロフェッショナルに行動すべきです。」と批判しました、「アンワル元副首相が訴えている、警察長官と司法長官に対する嫌疑に関して、反汚職庁は未だになんら態度を明らかにしていない。反汚職庁は二重基準を実行している。」

【禁煙違反】
保健省の明らかにした数字です。2008年にタバコ管理法に違反して罰金を受けた者の数は4239人で罰金総額RM 91万が発行されました。その内納められた額は87%でした。裁判所に付された件数は3098件で、その内665件が罰金を言い渡されました。

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 383.3 入手します。
1米ドルを入手するにはRM 3.697 、 100バーツを入手するにはRM 11.15必要です。

(Intraasia注:街の公認両替屋で両替したほうが徳ですね。もちろん両替屋の間にも、とりわけ売りレート、には見逃せない程度のレート差がありますから、全ての両替屋ということにはなりません)

「クアラルンプール株式市場での取引から】
クアラルンプール株式市場(BursaMalaysia)は、株価指数 889.7で今週市場を終えました。株式売買高は3億7千万株、株価総額 RM 6億1000万でした。

(Intraasia注:20日の株式売買数字を見てください、単純に計算しても1株の平均株価がRM 2にも至りません。株式市場の規模から考えて1000銘柄もあるというのは、いわば水増し市場みたいに思えます。だから額面RM 1の株式が額面割れまたは額面前後で取引されている銘柄が非常に多いことになっているといえます)

2月20日の記事

【一時解雇者も増えている】
人的資源省大臣が明らかにした数字です。一時解雇された労働者数は1月終わりごろの45000人から8万人に増えました。解雇された労働者は15000人から19000人に増えました。「電気電子業から繊維製品製造業が最も大きな影響を受けている業界です。 政府は新分野での訓練を提供するなどを通じて、解雇などを受けた労働者への援助をしようとしています。 国は全国的な職を見つけるキャンペーンを行います。」

【ブミプトラ株式保有率の割り当てに関する主張】
世界で進行中の国際化で競争力をつけるために、国内の産業界で現在実施されている、一般企業においては株式の30%はブミプトラ所有でなければならないという、いわゆるブミプトラ割り当て政策は原則は緩和すべきだと運輸大臣(華人)が語りました。これに対して直ちに、UMNO青年部が反論を発表しました。「それは運輸大臣の個人的意見であり、運輸省の見方を反映していません。競争力をますためとして株式所有割り当てに常に批判があるのは不正確で事実と違う。問題の根源はものごとの捉え方にあります。株式問題を誇張されるべきではない。」

運輸大臣はその意見の中で述べています、「新経済政策と30%の株式割り当てのことを強調する人たちがいまだにあります。我々は自身で、わが国の企業はどれほど回復力に富んでいるのかと自問する必要があります。」

あるブミプトラ系団体の議長は主張する、「この政策の廃止には十分なる研究と全体的な合意の下で行われなければならない。そうでないと、多くの負の面が発生して、国の中に緊張を呼びます。」

(Intraasia注:いわゆるブミプトラ政策の根幹の1つがこの30%株式比率です。過去この種の発言のたびに、強い反対論が沸き起こっています。今回も同様ですね)

【ペラ州の政争】
政権移転以来与野党の抗争が続いているペラ州では、州議会の議長、Pakatan Rakyat(野党連合)側の選出、が新州首相と新州理事会理事6人を州議会へ参加することを1年または1年半禁じると命じました。

ペラ州のBarisan Nasional(与党連合)側は強い反発を示しています。またBarisan Nasional(与党連合)側の長であるアブドゥラ首相は主張する、州議会議長の行動は正しくない、ペラ州州首相に対して警察訴え報告を出すように指示した、と。

【マレーシアのデジタル音楽市場のほとんどは携帯電話の呼び出し音楽】
昨年世界のデジタル音楽市場は25%伸びて US$37億になりました。その内米国が半分を占めます。
一方 マレーシアのデジタル音楽市場は西欧ほど高度化していません。以前テレコムマレーシアの Blue Hype が音楽ダウンロードサービスを行っていましたが、現在ではBlue Hype自体が機能していません。Media Prima グループのGuamuzik があります、消息筋煮に寄れば毎月少量のダウンロード音楽を販売しているとのことです。

マレーシアレコード産業協会に寄れば、マレーシア音楽市場の30%ほどをデジタル音楽が占めています。しかしそのデジタル音楽収入の9割ほどが リングバックトーンです。リングバックトーンは、携帯電話を誰かが呼び出すとその携帯が音楽を鳴らす仕組みに使われています。リングバックトーンは今年もデジタル音楽の雄であり、その理由はリングバックトーンだけは違法コピーできないので無料利用はできないとのことです。業界は、リングバックトーン以外のデジタル音楽をマレーシア市場に普及させるのは難しいとみており、今年は伸びがないと予測しています。

2月19日の記事

【日本繁殖の競走馬が優勝したらボーナス提供】
(伝統的にマレーシアのスランゴール州とイポーとペナン及びシンガポールで競馬が周回で開催されています。)日本サラブレッド馬繁殖者協会はマレーシア・シンガポールにおける競馬で日本繁殖の競走馬を奨励し広めることにしており、そこで日本繁殖馬が優勝したら奨励ボーナスとしてRM 20万を提供することを決めました。その条件はレース賞金がマレーシア競馬の場合はRM 20万以下、シンガポール競馬の場合はS$20万以下で、その競走馬が日本でのオークションで落とされた記録が必要です。奨励金の支払いは日本サラブレッド馬繁殖者協会の代理で、ペナン競馬クラブが行い、シンガポールではシンガポール競馬クラブが行います。

日本繁殖の競馬が優勝して奨励ボーナスを獲得できるのは、その馬の出走歴で2回までとなっています。日本繁殖のマレーシア基盤競走馬がこの奨励ボーナスが獲得できる機会は15回まで、シンガポールの場合は10回あることになります。シンガポール競馬では日本繁殖馬が昨年好成績を収めましたが、マレーシア競馬ではまだそこまで行っていません。

(Intraasia注:協会名は仮訳です。日本とマレーシアの両方の競馬にはまったく疎いので、コメントは無理ですな。ただ日本の馬が当地にまで進出しているんですね)

【問題の州議会議員は当分休暇扱い】
意図に反してヌード写真などを流出された件で、辞任表明したスランゴール州の女性州議会議員は、所属の公正党幹部や州首相の計らいで、ひとまず長期休暇ということになりました。この写真などを携帯電話で撮ってインタネットなどで流出させたみられる、彼女の前男友達、33歳のムスリム、に対して、早急にマレーシアに帰国して警察の事情聴取を受けるようにと、州警察長官が語りました。

内閣府の大臣は説明する、「仮に女性議員がその男友達との関係を告白すれば、ムスリムである彼はシャリア法廷で起訴されることになるでしょう。ただし女性議員は非ムスリムなので起訴はされません。」 スランゴール州イスラム教庁の係官は、その男性を起訴するには十分な証拠が要ります、と。

【マレー鉄道の乗客列車が運行されない路線】
マレー鉄道(マラヤ鉄道)のSeremban -Port Dcikson 路線、39km、は国内でも最も古い路線の1つです。(乗客列車は全く運行されていない)この路線は使用頻度が極めて低く、そのため維持費が高くついています。さらに昨年の貨物列車の脱線事故で運行は7月以来休止されており、再開にはまた費用がかかります。この事故では液化天然ガス積載の貨物車輛14輌が脱線しました。

消息筋に寄れば、この30年間この路線はポートディクソンにある2つの石油精製工場用への運送だけに使われてきたとのことです。運行量はごく少なく、マレー鉄道側に利益をもたらしていないとのことです。この路線を向上させるには、費用がRM 8000もかかります。 Seremban -Port Dcikson間に1997年にハイウエーがオープンして道路輸送の方が便利になりました

Seremban -Port Dcikson 路線が一番最初に建設されたのは 1891年のことで、1885年の Taiping- Port Weld Kuala 路線、 1886年の Kuala Lumpur -Port Klang 路線に次ぐ古さです。19世紀後半 PortKlang は栄えた港でした。その後 国際企業シェルが石油精製工場を1901年に開始し、Esso は1964年に石油精製を開始しました。 乗客を乗せた列車運行はすでに1970年代に終了していました。

ヌグリスンビラン州州首相は語る、「州はSeremban -Port Dcikson間に旅行者列車を走らすことを1年以上前に計画していた。試行運転時に専門家が路線自体が危険であると指摘しました。」

(Intraasia注:以前気がついたことに、マレー鉄道紹介のパンフレット、本などにこの路線をそのまま載せているのがありました。実情を知らずに、調べずに、書いてるからこういうおかしな情報に結びつきます。Seremban -Port Dcikson 路線に観光列車を走らせれば赤字になるだけ、こんなことにマレー鉄道は投資すべきではありません。一体どれだけの旅行者がわざわざスレンバンで列車に乗り換えるか、まともに考えればすぐわかることです。スレンバンへ行く旅行者など極小数ですよ。もう少し現実的でマレー鉄道の資源を浪費しない計画を考え出して欲しいものです)

【ガーニードライブに多数のトビハゼが出現した 】
ペナン島の有名な海岸 Garny Drive にこの数ヶ月ほど前からたくさんのトビハゼが姿を見せるようになりました。マレーシア理科大の生物学の講師は説明する、「Garny Drive でこんなにたくさんのトビハゼが出現するのは、異例のことです。かつてGarny Drive からTanjung Tokong までは砂浜でした。しかしその後人間の活動、建設、土地埋め立てなどのために。自然海岸が泥の干潟になってしまいました。トビハゼは干潟の環境に引き寄せられます。私の推測では以前数少なく生息していたトビハゼが干潟の拡大したことで急速に数を増やしたというものです。トビハゼは人間には害を与えません。」

「大きなトビハゼがいることは、海岸のきれいさが向上したことを示唆しているでしょう。多数のはトビハゼの生息は清浄度の向上を示すのです。」

マレーシア訪問する日本人旅行者に関して

先日サイトの「ゲストブック」に次の小文を書きました。

ツーリズムマレーシアの公式サイトに載っている、マレーシアを訪問した外国人旅行者数統計を見て、少し驚きました。2008年の日本人訪問者数は40万人の大台を超えて、43万3千人です。これは2007年の 36万7千人に比べて18%も増えたわけです。40万人台に載ったのは(記憶がちょっと確かではないですが)初めてではないとはいえ、前年比で大幅に訪問者が増えたわけで、マレーシアを伝える者として嬉しいことです。

日本人の訪問者数は、マレーシアの近隣諸国を除いて、中国の94万9千人、インドの55万人に次ぐ3番目に多い訪問者数であり、オーストラリアの42万7 千人をわずかに上回っています。つまり世界各国の中で日本はマレーシアにとって引き続きかなりのお得意さんと言ってもいいのではないでしょうか。 中国とインドという超巨大人口国に数で敵うわけありませんから、43万人という数はそれなりに健闘した数と言えるでしょう。ただオーストラリアの43万人弱は、その国の人口割合から言ったら相当高い訪問者比率であり、対人口比率面では中国とインドはオーストラリアの足元にも及びませんね。

先日の「新聞の記事から」に掲載した記事で、観光省は今年の日本人訪問者数を43万人と目標設定しています。世界的な経済不況状況の下では、昨年以上に増えることはまず期待できないことは明らかですから、昨年と同程度の目標訪問者数というのは納得のいく数かもしれません。従って、年間43万人の訪問者数が達成されればまことに結構なことですから、当サイトも多いに応援しますよ。

ということで今週はずっと【マレーシア 皆で投票しまそう】を実施しています。このブログの16日の下ところを開いて投票していてくださいね。

2月18日の記事

【別々の2つの強盗団が警察との撃ち合いで8人が射殺された】
指名手配中の強盗団の6人が、ケダー州Kulim に近い Karangan で警察に射殺されました。賊をペラ州から追っていた警察庁の特捜チームが、強盗団の車を停車させたが撃ちあいとなり、6人を全員を射殺しました。ケダー州警察長官によれば、このグループは北部州での一連の強盗に関わっていたとのことで、車からは多額な貴重品や麻薬が見つかりました。ギャング団は20代から40代で警察の指名手配リストの上部にありました。 

スランゴール州のスバンジャヤでは、あくどいことで知られた強盗団の2人が警察との撃ちあいで射殺されました。1人はこのグループのボスです。このグループは車をハイジャックしようとしてしたとのことで、スランゴール州の特捜チームの車にぶつけて銃を撃ち逃げようとしました。彼らの車から拳銃と銃弾が見つかりました。このグループは少なくとも40件の車ジャックに関与していたと見られ、暴力的なことで知られていたとのことです。

(Intraasia注:マレーシアでは強盗・ギャング団も警察も銃撃に容赦は全くしないという、これまでにもたくさんある事件の例ですね。凶暴なグループが珍しくないので、警察のいわゆる重犯罪特捜チームは特別訓練を専門に受けているのでしょう。こういうチームに追い詰められたら最後は射殺されたというニュースになるかのようです。)

【出国禁止処分になっているマレーシア人50万人】
マレーシアパスポートの所持者は出国禁止処分にされているかどうかを、携帯電話の文字通信でチェックすることができるようになります。Imigresn 長官によれば、3週間前に禁止された者のリストをインターネット www.imi.gov.my で公表したところ、破産の状態から免責された人500人がその掲載名から除くようにとの申請があるとのことです。長官は、「この文字通信でチェックできるサービスは世界で初のことであり、3月から開始します。」

マレーシアパスポートの所有者中 50万人が出国禁止処分になっています。その理由は:破産、裁判所で起訴されてその命令で、所得税の不払い、犯罪などです。

【女性州議会議員の辞任表明を巡って】
(スランゴール州議会の公正党所属女性議員、39歳、は彼女を撮ったと見られる人物が流出させたであろうヌード写真などの件で、大きな話題として報道されていました)圧力にさらされていた彼女は、州議会議員と州理事会理事としての職を辞職するという意思を、公正党指導部に提出しました。公正党の幹部でもある、州首相は辞職願いを受けずに、彼女に休むように指示しました。

警察はこの女性議員とジャーナリストからの事情聴取を行いました。スランゴール州州首相はこの件で州スルタンの意見を聞くとしています。また公正党の指導者であるアンワル元副首相は、休暇後に彼女に会うとしています。またPakatan Rakyat(野党連合)の友党である行動党は、流出させた者を逮捕し罰するべきだと声明しています。Pakatan Rakyat(野党連合)側のもう1つの友党であるPAS党は、調査によってこの女性議員が倫理的に良くない行為をしたのであれば彼女に対する処置を取るべきだと声明しています。

行動党の書記長でペナン州首相は語る、「彼女は犠牲者であり、この件は彼女のプライバシー侵害です。このことで彼女の性格に倫理的判断することを我々はすべきではない。彼女はなんら罪を犯してないので罰せられるべきではない」 一方PAS党のスランゴール州は言う、「指導者として良い倫理と個性を持つべきだ。」 アンワルはスランゴール州首相の判断を支持すると語りました。

Suara Rakyat , Global Environment centre といったいくつかの非政府団や住民団体はこの女性議員の辞任表明に驚きを隠せません。「彼女は辞任すべきではない、大きな損失です。彼女にふりかかっていることは非道徳的で不正で到底正当化できないことです。」

(Intraasia注:Pakatan Rakyat(野党連合)側の中にはこの女性議員を支援する雰囲気がちょっと欠けるかのような報道調子です。UMNO党青年部の幹部でウルトラ民族主義的な前スランゴール州州首相は強硬に辞任を要求していました。そして女性の貞淑さが焦点となってしまっている、おかしな雰囲気が形成されつつある。マスコミの報道スタイルは被害者が辞任せざるを得ないような世論を生み出している。クアラルンプールの外観は、モダンでセクシーな服装の女性姿は芸能界だけではなくごく一般的に見られます。しかしそれはまさに単なる水面のさざ波にすぎず、水面下はいまだそして今後も女性の貞淑さという、強大堅固な観念が支配しているのです。今回の事件は辞任するしないというのは末梢の問題であり、見事にマレーシア社会の真の姿を映し出したできごとです。)

【新KLIA 空港の格安航空専用ターミナル建設プロジェクト認可はまだ先】
AirAsia とSimedarby が提案しているKLIA 空港の格安航空専用ターミナル建設に関して、政府の最終けっていはまだしていないと、運輸大臣が国会で明らかにしました。詳細で十分な調査をしているところだとの説明で、各方面からの反応を歓迎するとしています。
この格安航空専用ターミナルはヌグリスンビラン州Labu地方に、AirAsia とSimedarby が民間資金で建設すると提案しています。

2月17日の記事

「2回目の景気刺激策は大型で早急にして欲しい】
マレーシア政府は2回目の景気刺激策・予算支出を行うことをすでに明らかにしており、3月中には明らかになると見られています。
マレーシア経済協会の議長はセミナーで主張する、「どんな形の経済刺激策も歓迎です。しかし現在の政策を見直す時期でもあります、いくつかの規制を緩和し経済の複数部門を自由化するときです。」

これまでの経済刺激策を国別にみると: マレーシア RM 70億(US$ 19億)、インドネシア US$628億、 シンガポール US$73億、ベトナム US$60億

マレーシアの建設業界は政府に対して、大型の2回目の景気刺激策を早急に実施するようにと要望しています。「政府は早急に実施すべきであり、2回目の景気刺激策だけでなく、建設産業とマレーシア一般が競争力があり回復力を持てるような主要な戦略に焦点を当てるべきです。」 元請け建設業協会は声明する。「 より大型の刺激策であり、それは多方面に影響を与えるものを、我々は期待しています。」

【最悪期は終わってないという観測】
クアラルンプール証券取引所の株化指数(KLCI) は、先週末わずかに上昇して909に達しましたが、多くのアナリストは、マレーシア経済の最悪期はまだ終わってないので当分はこの水準を維持することになるとは思っていません。 16日はKLC は907で終えました。 国内と国外におけるマクロ経済指標の悪化が引き続きマレーシア株式市場の障害になっている、呼び水政策の資金手当と実施をどのように行うかに憂慮感があるとアナリストは語る。「厳しい資金ぐり環境を前提すれば、いかに政府は経済刺激策に使う資金の手当をするのだろうかという疑問があります。」

【バレンタインデーの日クアンタンではイスラム教当局の取り締まり活動】
パハン州ではバレンタインデーの14日、州イスラム教庁の取り締まり官がクアンタンの15軒の安ホテルとエコノミーホテルを訪れて取り締まり行動を行いました。この際26組の(ムスリム)カップルが逮捕されました。その中には、子供のある夫妻も含まれています。この夫婦は取締官の質問に緊張したとのことで、「この夫婦は夫婦であるという証明を示せなかったので逮捕した。」 と取り締まり部の長は説明する。

【州議会女性議員の流出したヌード写真スキャンダルを大々的に取り上げるマスコミ】
スランゴール州州政府を握るPakatan Rakyat(野党連合)側の公正党の州議会議員兼州理事会理事(華人)が、そのヌード写真が携帯電話やインターネットで流布されていることでスキャンダルに面しています。彼女は反論する、「私は私を貶めようとする破廉恥な人間らによる犠牲者です。」 「そういった写真類を流布するのは悪意を持った攻撃です。」そして、メディアに彼女とその家族に息抜きの場を与えてくれるようにと声明で訴える。 この議員は先週、メディア関係者と友人からヌード写真と暗示した写真、ビデオなどが流出しており、新聞がそのことを報じると知らされたとのことです。

彼女はこの件で日曜日に警察訴え報告を出し、警察の調査に全面的に協力するとしています。「私のプライバシー大侵害に関して責任ある者たちについて、推測はしません。」 写真類は彼女の元ボーイフレンドが撮り流出させたといううわさが出ています。

警察訴え報告に基づいて、警察は十分な調査をするとしています。内務大臣は、現時点では誰がこの件を起こしているかまだわからないと語りました。「警察にまず調査させましょう。」 警察は、その種の写真を手にしたものは捜査に協力するようにと訴えています。「ポルノ品を配布または保持する者は刑法違反となります。」このヌード写真類は携帯電話で撮られたようです。ペタリンジャヤの警察が当初の捜査をし、その後本庁の商業犯罪部門が引き継ぐことになるでしょう。」とペタリンジャヤ警察の幹部。

Barisan Nasional(与党連合)側及びPakatan Rakyat(野党連合)側の指導者はこの女性議員に同情を示しています。

(Intraasia注:盗撮でないことは明らかのようで、本人承知で撮られたもののようです。それが本人の意向に反して流出したまたは誰かが政治的背景から流出させたもののようです。各紙第一面で大きく報道しています。これを見る限り、マレーシアの経済状態はまだまだ安心ですな、こんなくだらないことを各紙が揃って全面報道しているようですから。女性州議会議員のヌード写真が流れたぐらいでなぜそんなに熱くなるのか不思議です。建前と保守的な道徳意識を強調する社会であればあるほど、本質を離れたところで事件が話題になる例ですね。盗撮ならもちろん犯罪ですし、本人のプライバシーを犯したことでそれは犯罪になりますから、警察が捜査するのは当然でしょう。こういう汚い手段の暴露スタイルと女性の性をスキャンダルに仕立て上げるあり方に、与党陣営の女性議員らから反発があるのはいいことですね。ただヌード写真、あると言われるビデオ、そのものに関して個人の趣味・プライバシーだと毅然と反論する、政治家やマスコミ論調がないことにあらためてがっかりします。この女性議員はムスリムではないのですから)

2月16日の記事

【多数の解雇者が出ると予測する人的資源省】
人的資源省の見通しでは、4月までに10万人の解雇者が出ると予想されています。この数字を前提に政府は状況えの対処策を取らなければならないと、省の長官は語る。「例えばシンガポールはその外国人労働者 30万人を解雇することに備えている、30万人中20万人はマレーシア人なのです。」「従業員の給料削減に関しては、雇用者は被雇用者と話し合いを持って事前にその計画を知らせるようにしなさい」 とアドバイスする。

【丘陵地の斜面開発】
公共土木省大臣は昨年の給料斜面土砂崩れ事故以来発している、給料斜面開発の一律禁止を見直す旨の発言を行いました。これに対して、スランゴール州政府は、大臣の発言をはねつけて、「政府の大臣がそう発言したからといって、スランゴール州政府が禁止をすぐ取り下げることはできません。禁止を取り下げても安全であるという証拠を示してください。」

ペナン州の州政府幹部は語る、「開発中の斜面開発を全部禁止にしたら破滅します。開発プロジェクトを止めたら地方自治体はRM 1億から2億の賠償金をデベロッパーに払わなければならない。州政府ができるのは、開発プロジェクトが安全に遂行されるようにすることです。」

【ゴルフと自転車ロードレースの大会が終わった】
クアラルンプール郊外のSajana ゴルフ場で開催されたマレーシアオープンは、米国選手が優勝しました。最終日朝まで好位置に付けていた唯一のマレーシア人選手Chiaは惜しくも11位に終わりました。この順位はマレーシアオープンで1999年以来の最良の順位です。

試合をゲスト観戦して優勝者にトロフィーを渡したナジブ副首相が、その現場で政府はマレーシアゴルフ協会にRM 100万の補助金を交付することを発表しました。協会の議長は、政府の支持に感謝を表明しました、「ナジブ副首相と話したら、彼はマレーシアのゴルフ向上に同意してくれました。」

自転車のロードレース le toure do Langkwai は最終日のクアラルンプール区間で全日程を終えました。総合優勝したのは、ベネズエラ基盤のチームで、2年連続優勝です。 アジアチームだけの順位を見ると、1位はイランチームです、マレーシアチームは8位でした。

(Intraasia注: マレーシアスポーツ界は政治家と離れてスポーツ大会を開催できないのかなあ、とよく思います。あらゆることに政治家が出てきて、それを時には大きく扱う報道スタイルにも辟易しますな)

【除草剤パラコートが許可されているのはなぜか】

(毒性の強い)除草剤パラコートは、欧州連合では禁止されており、米国とニュージーランドでは免許を得た使用者に限定されています。しかし中国、インド、フィリピン、そしてマレーシアでは広く使われています。安価な除草剤を使用を許すべきだとの要求があった後、マレーシア政府は2006年に禁止決定を覆しました。

「パラコートは人の健康に重大な影響を与えます、解毒剤がありません。人間が扱うのはふさわしくない。」 と人権グループTenaganita は主張しています。「パラコートはマレーシアのプランテーション産業で除草に使われる薬剤の70%ほどを占めます。」 「もっと毒性の低い除草剤があります、ですからパラコートのようなものは止めるべきです。」

スイスのパラコート生産会社はSyngenta はこの除草剤は安全であり、除草剤を混ぜてスプレーする時だけ防眼用具を使うべきだと主張しています。使用に安全であるとの完全なデータがあるとしています。人権グループは主張する、「マレーシアのプランテーション農園では労働者がパラコートの缶を背負い、日に4ガロンまでスプレーします。風によって化学物質が労働者の顔や身体に当たり、缶から漏れたパラコートが身体を濡らします。」

マレーシアで除草剤による被毒ケースを見ると、1997年が256件、1998年が183件、1999年が266件、2000年が339件でした。その当時の保健省の調査では、除草剤による毒物中毒の最も一般的場合はパラコートによるものです。

(Intaasia注: 辞書にはパラコートの説明として、わずかでも致死量となり、誤って摂取すると特に深刻な肺線維症を引き起こす、と書いてあります。いうまでもなく、発展途上国側の意思決定者の責任は重大です。しかしここにも見られるのが、西欧製の危険な化学物質を自分たちの世界では禁止しながら、その製造会社の生産を許している構造ですね。グリーンピースに代表される先鋭的西欧環境グループは捕鯨船攻撃も結構だが、それよりももっと重要なのは、自分たちの周りにいる、発展途上国の人権意識の弱さを利用した企業ビジネスを行っているこの種の化学会社をまず攻撃すべきではないだろうか)

【長距離格安航空 AirAsia X の広告から】
クアラルンプール発ロンドン 片道 RM 549 (空港税と扱い料は含まず。燃料追加費は廃止) 
購買期間:2月16日から22日まで
飛行期間: 10月12日から2009年1月31日まで

ロンドン行きフライトの開始は3月11日の予定です。週5便あります。この料金の座席は限定数であり、全便で得られるということではありません。

(Intraasia注:AirAsia グループは英国志向のマレーシア国民向けに好都合な英国フライトをいよいよ始めます。パリでもフランクフルトでもローマでもなく目的地はロンドンなのです。

【マレーシア 皆で投票しましょう】 第2回

続きを読む »

2月15日の記事

【10種の建物を国の遺産に指定】
国内の 10箇所の建築物が国の遺産に指定され、それを統一文化芸術遺産省大臣が発表しました。
クアラルンプール及びその近郊: Victoria 学校、 マラヤ大学、Masujid Jamek (Jamekモスク)
ペラ州: ペラ州博物館、Sultan Idris 教育大学、
マラッカ州: Kampung Kelingモスク、 Sri Poyyta Vinagar Moorthi 寺院、Stadthuys, キリスト教会
ヌグリスンビラン州: Sri Menanti スルタン宮

この10個の建物は 172種の建物を載せているリストから選ばれたものです。国家遺産法2005年において、場所、物体、人物を国の遺産に指定できると定めています。2007年に最初の遺産指定が行われ、50種の建物が国の遺産に指定されました。

【マラヤ鉄道のニュース】
マラヤ鉄道(KTMB) はクアラルンプール -スレンバン間のシャトル列車運行を2月17日から始めると発表しました。このシャトル列車は週の平日だけの運行で、1日に5往復便あります。

運輸省はマラヤ鉄道に予算RM 2000万を割り当てました。この予算は、新型車輛の導入などに用いられますが、現車輛の改造や駅の改装には使われないとのことです。クランタン州を運行する列車にも2010年には新車両が導入される予定です。

(Intraasia注:マラヤ鉄道はイポーとのシャトル列車、シンガポール-ジョーホール州南部間のシャトル列車、そして今回のシャトル列車とこの数ヶ月間に3つの新しい運行を始めましたね)

【世界のムスリム女性運動家の発言から】
クアラルンプールで開催されている、ムスリム家族の平等と正義のための国際運動(Musawah) の国際会議における活動家・学者の発言から。
ロンドン大学の中東研究とイスラム法センターの学者、イラン出身のムスリム女性、は主張する、「イスラム家族法と実践は長い間凍結されてきた、そして今日の世界では女性に対して差別的で不公平です。」 「女性は自由に結婚できるがしかし自由に離婚できない。」
「正義がシャリア法の中心であるならば、そして私たちがそれを信じるとき、私は問うのです:なぜ女性はイスラム法で第2級の市民扱いなのか?権利が与えられえいません。権利のために戦うのです。」 

エジプトの女性医師運動家は主張する、「ムスリムグループは西欧を悪魔扱いし続けている、皮肉なことに最も戦闘的なムスリムグループでさえ現代技術の恩恵を受けて、飛行機や携帯電話やインターネットを使ってその主張を世界に流しています。インターネットと携帯電話は西欧の発明であり、西欧起源を誰も疑わない。それ自体はすばらしいことです、なぜなら我々は異なる文化の発明と成功と成果を使えるからです。」 「しかし国の発展のためにこういう技術を使うのがOKなのか?女性の権利に関しては、OKではなく西欧を問うのであろうか?」

主催者でもあるマレーシアのSisters in Inslamの1人は言う、「我々は解決はイスラム教の枠内にありまた憲法の枠内にあると信じます。問題はあります、それは男性は問い残されつつあり、男は公的領域で権力の地位を保つことで女性に脅かされていると感じていることです。」

2月14日の記事

【個人に発行するタクシー免許を増やす方向】
商業車輛免許授与庁はタクシーとハイヤー免許を個人に発行することを増やしていく、と明らかにしました。これまで個人に対して発行されたタクシーとハイヤー免許の数は1、500 だとのことで、その多くはクアラルンプール圏です。このことで、タクシー会社からタクシー免許を賃借りして運行している人の負担が減る見込みです。

(Intraasia注:マレーシアでは純粋に個人タクシーはまだまだきわめて少ないです。首都圏に限らず、マレーシアのタクシーのサービスは良い評価を受けない場合が多々あります。地方では昔ながらの旧態依然のタクシー業者がその地域の営業権を握っており、都市部では横柄で時にはあくどいタクシーが目に付きます。こういうサービス傾向を改善するには免許車輛とも個人が所有するタクシー運行を取り入れるのも一つの改善策でしょうね)

【マレーシア国のサッカーは世界 161位】
国際サッカー連盟が発表した最新の国別サッカー番付で、マレーシアは161位になりました。これは前回より3つ順位が落ち、歴史的に2番目に悪い順位です。最悪順位は170位でした。この2年間でマレーシアの最良順位は 151位です。1993年に 75位に上がったのが、マレーシアサッカー史の最上順位です。
今回の番付でマレーシアより下の東南アジア国は フィリピン、ラオス、カンボジア、ブルネイ です。

(Intraasia注:これら4カ国は160位代から180位代にあります、つまりマレーシアと同程度ということなんでしょう。人口600万人に満たず、国民総生産ではマレーシアの数分の1以下のラオスとマレーシアはサッカー力では大して違わないというのは、マレーシアのサッカーがいかに弱体かということを示しているかのようです)

【クアラルンプール証券所の株価指数の意味するところ】

クアラルンプール証券取引所(Bursa Malaysia) の株価指数 KLCI の構成が今年の7月から大きく変わり、FBM KLCI となります。この最終的な構成内容は6月に決定し、その後年2回 6がつと12月に見直すとのことです。ただFBM KLCIの構成は大体次の5分野が80%以上の比重を占めます:金融、プランテーション、電力、テレコミュニケーション、ギャンブル。 その反面 建設資材、建設、ホテル、保険、不動産、木材などの産業はこの新株価指数の比重を占めないことになります。さらに製造製品業の比重が現行の6%から2%に下がります、運輸も10%から6%に下がります。

業界リサーチ会社の幹部に寄れば、新株価指数で比重が増えるのは、金融業で24%から32%に、 ギャンブル業 5%から9%、 電力が5%から9% です。一方この比重構成に漏れそうな会社は、機関投資機関に好まれる会社である、例えばAirAsia, EON, Gamuda, lafarga Cement, IJM , Mah Sing などです。

ある証券取引会社の社長は言う、「そもそも多くのファンドマネージャーは株価指数の動きを追っていません。」 として株価指数構成の変化は大して影響はないとしています。

(Intraasia注: マスコミはしばしばBursa Malaysia の株価指数 KLCI の上げ下げを話題にしていますし、大きく扱う場合もあります。しかし構成内容を知って、驚いたのは製造業がほんのわずかの構成比重しか占めてないことですね。電子電機業界はマレーシアの輸出の最大構成比を占めるにも関わらず、且つ大きな雇用人員も多いのですけど、奇妙なことです。新指数になってさらに下がるということは、マレーシア株式市場の動きはマレーシア経済をあまり正確に写してないとも言えるのではないでしょうか?)

【ペラ州前首相が現ペラ州首相を訴えた】
州政権の政変が起きたペラ州では、Pakatan Rakyat(野党連合)側の前州首相がBarisan Nasional(与党連合)側の現州首相に対して、その州首相職と新ペラ州政府の合法性を問う訴訟を、クアラルンプールの高等裁判所に起こしました。新州首相の職宣誓は憲法違反で違法だという内容です。原告はその訴訟内で、裁判所が彼を合法的な州首相であると宣言し、現政府の州政府がその職務を行えないようにすることを求めています。 なお訴訟ではペラ州スルタンには全く触れていません。

前州首相は言う、「公邸や公用車を州政府に戻すなどといった我々が行うことは、どんな意味においても、我々が主張をあきらめたなどということを意味するものではない。 我々は依然として州首相及び州理事会としての仕事を行っています。」

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替すると RM 392.9 を入手します。

2月13日の記事

【クアラルンプールにある一般苦情受付庁】
一般苦情受付庁の趣旨は、政府官庁に対する一般市民からの苦情を聞いて解決策を探ることです。本部は現在Putrajaya にあり、火曜日に副大臣が苦情を直接聞いているとのことです。「プトゥラジャヤよりクアラルンプールにあった方が市民の都合がよいので移転させるつもりだ。担当者にはそれぞれの言語を解する者を配置します」

連邦直轄領(クアラルンプールのこと)一般苦情受付庁事務所は昨年1年間で市民から 526件の苦情を受けました。この庁を担当する、内閣府の副大臣に寄れば、解決したのはその内451件です。苦情内容として多いのは、国民登録庁、保健省、公共土木省、クアラルンプール市庁といった官庁への苦情です。その内クアラルンプール市庁に対するものは172件あったとのことです。「しかし市庁はすぐに問題解決に行動した。」と副大臣。

「多くの市民はこの一般苦情受付庁のことを知らない。場所はクアラルンプールのJalan Sultan Ismail, Menara TH Perdana ビルにあり、電話 03-26911346 です。この事務所は1971年に設立されたのですが、それでも知られていません。市民は事務所に来て苦情を提出してください。」

(Intraasia注:各種の情報を毎日見ている私もその場所を知りませんでした。一般苦情受付庁の広報が少ないからですね。ということで、今後の参考に、上記の場所と電話をここに書いておきます)

【世界のムスリム活動家が集まって女性と家族の権利に関する会議】

ムスリム家族の平等と正義のための国際運動(Musawah) の国際会議が Sisters In Islam とムスリム世界の12人の学者・運動家の主催でクアラルンプールで13日から5日間の日程で開催されます。この会議には49カ国から、200人のムスリム学者と運動家が集まって、体験を語り意見を交換します。「ムスリム家族の平等と正義のための運動(Musawah)は、ムスリム世界で行われている不公正法と差別を終わらせようと長い間行動している女性グループ、人権活動家、進歩的学者を力づけることを目的としています。」

「今日女性の権利は人権の欠かせない部分として世界では見られています。しかしムスリム家族法と女性の日常現実の間には接続が切られてしまっている。」 とSisters In Islamは主張する。

【AirAsia が全運行便に座席割り当て制を取り入れた】
(AirAsia はその運行全便においてこれまで座席割り当ては行っていませんでした。そこで好きな座席を取りたい人のために Xpress という通常の列並びよりも優先的に搭乗できる有料サービスを設けていました)しかし来週火曜日からAirAsa は座席選択サービスを取り入れ、全乗客に座席購買時に座席番号を自動的に割り当てます。座席を選びたい人のために、特定座席用(ホット座席)として RM 25でまたは通常座席選択用としてRM 5 の料金を課します。特定座席用(ホット座席)の人は、他の人より先に搭乗できます。

このことで乗客は通路席または窓際席などを選択できますと、AirAsia 側は説明する、「好きな座席を求めて我先に走ることはもうありません。」 「乗客はいつも座席選択性を選択を好んでいます。」 なお長距離便のAirAsia Xは当初から座席指定です。「この選択サービスを事前購入時に開始した2月5日からの反応は上々です。」

KLIA格安航空用ターミナルの拡張工事に関して、出発ターミナル部分は3月15日までには完成すると、AirAsiaのCEOは述べました。

(Intraasia注:ああ、残念なことです。好きな席に座りたければ余分に金を払えというサービスには多いに同感、支持してきました。どんな席であれ残ってる席で十分なのでAirAsiaの搭乗時は列に並ばず最後に搭乗してきた私にとって、この種の座席割り当ては迷惑です。うるさいグループ乗客や子供連れの横には座りたくないですな。以前からAirAsia は席を割り当てるべきだという声がかなりあったようです。そんなことにこだわるより、1リンギットでも安いスタイルを好む利用者にはこの種の席割り当てはほんと迷惑です。Airsia が伸びれば伸びるほど、安さのために他のことは我慢するという乗客が少数派になっていき、十分なサービスを要求して値段を吊り上げたい利用者が増えてきましたね。筋金入りの節約旅行者として残念な傾向です)

【クレジットカードの遅滞返済の利率を下げる】
クレジットカード会社は遅滞返済者に対する、利息利率と罰則金の額を下げることを発表しました。いずれも負債(クレジット額)が残っている)場合です。
支払い総額に中で毎月の最低支払額を12ヶ月間返済した人を対象: 15%から13.5%に下げる
支払い総額に中で毎月の最低支払額を10ヶ月から11ヶ月間返済した人を対象: 17%から16%に下げる
上記のどちららにも当てはまらない人対象: 18%から17.5%に下げる
最低支払額にかかる罰則額は最低RM 10または総負債額の1%ですが、これも減らしてRM 5、最大額をRM 75にします。

国内のクレジットカード保有者数は2008年末で1030万人です。

2月12日の記事

【昨12月の工業生産指数は15%下落した】
工業生産指数が去年12月は対前年同月比で 15.6%下がりました。指数低下は今後数ヶ月は続くものと予想されています。指数低下の主要因は、製造業 18.4%減、鉱業 8.4%減、電子 6.2%減です。去年12月の工業指数を前月比でみれば、5.2%減、第4四半期は第3四半期に比べて、9%減でした。 ただ2008年全体では2007年よりわずか 0.2% の上昇です。以上統計庁の発表です。

マレーシア経済研究所の所長は、マレーシアの輸出市場が大きな影響を受けているので、工業生産指数の下落は予期されたことです、と語る、「指数はまだ底をついていません。工業生産指数は4ヶ月連続で落ちている。」 「近い将来実施される経済刺激臨時予算政策は外部の需要にはたいした効果は期待できません、なぜなら刺激策は主としてサービス分野と建設分野に益があるからです。」

【スルタンを訴えるべきだという行動党議長の持論】
記者団に対して、Pakatan Rakyat(野党連合)側の行動党議長、国会議員でもある、は持論を引き続き説明する、「ペラ州スルタンはその公的職務に関して(他人から)訴えられるのです。これが弁護士としての私の観点です。別に目新しいことではない。かつて弁護士協会の議長を務めたことのあるスルタンですから、彼自身でさえそのことを知っています。人々は、私がスルタンを尊敬してないと言っているが、私は法律に基づいているだけです。法律を学ぶ初心者でさえ、スルタンを裁判所に訴えることはできるとわかります。 しかしながらPakatan Rakyat(野党連合)側の指導者はスルタンを訴えるべきではないと思っている。それには同意しません。その訴えないことがアンワルの望む方向です。」 

UMNO青年部は火曜日に彼の法律事務所前で抗議行動を行いました。「私の言動は全て法律の範囲内です。私に抗議活動するUMNO青年部の違法活動に対して、警察は私を保護すべきだった。UMNO青年部はデモをやめなさい。」 クアラルンプール市警察は、その抗議行動は許可なく行われたので違法だと見なしました。

(Intraasia注:ある華語紙は議長のこの発言と態度に関して、節操を守って行動する人間だといわば褒める論調を載せたとのことです。確かに、ころころと主張を変えたり党を2回も移ったりと、節操のない政治家が目に付きますね)

【裁判官任命委員会の人員が発表された】
、裁判官任命委員会の人員内容がアブドゥラ首相によって発表されました。この委員会は裁判官人事などの公正化と改革を目指してアブドゥラ首相が設置を提案していたもので、昨年12月にこの委員会設置法案はすでに可決されていました。この委員会の長は現連邦裁判所長官であり、構成者は元連邦裁判所長官ら元トップ層裁判官3人と元司法長1人(女性)、さらに現職のトップ層裁判官4人からなります。

弁護士協会議長はこの任命を批評して、「この委員会のメンバーに弁護士と専門外の人を混ぜて欲しかった。専門家以外の人が入れられるべきだ、それは一般人の利益を代表するからです。」

【恒例の国際ゴルフ試合と自転車ロードレース大会】
ゴルフのマレーシアオープン2009年が12日からクアラルンプール郊外のSaujana Golf & country Club で開催されます。賞金額はUS$200万です。これまでこの大会で2回優勝しているタイ人選手は3回目を狙っています。この5年で4回はアジア選手が優勝しているマレーシアオープンです。

自転車のロードレースである Le Tour de Langkawi 2009年は、第3区間を終えました。イタリア人選手が今回3連続で区間勝利を得ました。

(Intraasia注:どちらもマレーシアで行われる国際試合としては最大のものです、しかしマレーシア人選手が優勝戦線に加わるという予測は全く出ていませんね)

【米国に渡ったトップ女性モデル】
マレーシア人女性トップモデルでこれまでに映画にも何回か出演している Amber 謝 はニューヨークデビューできることになりました。彼女は先月演劇の勉強のために渡米して2ヵ月半の演劇コースに入りました、その機会を利用して応募したNew York fashion Week に応募して選ばれたとのことです。

(Intraasia注:マレーシアマスコミに受けがいいのか、しょっちゅう紙面でも見る顔です)

2月11日の記事

【去年の工業投資申請額は過去最高】
製造業への投資としてマレーシア当局である工業開発庁(MIDA)が認可した、2008年投資申請額は過去最高の RM 623億です。2007年はRM 599億でした。通産大臣はしかし、今年の投資申請額に関しては見通しは良くないと警告を述べました。

2008年の投資申請額中で、製造業分野への外国からの直接投資額はRM 461億で、5年連続で増えています。製造業分野への外国からの直接投資額で最高はオーストラリア、次いで米国、日本、ドイツの順です。 投資申請額を業種別に見ると、卑金属がRM 270億ほど、次いで電子電気がRM 190億ほどとなっており、この2分野が群を抜いて多い。 受け入れ州別に見ると、サラワク州がRM 160億ほどでトップ、次いでスランゴール州とジョーホール州が同じくらいで並び、4番目がペナン州です。

(Intraasia注;いつも書きますように、これはあくまでも投資の申請額であり、実際に投資された額ではありません。それにしてもいつもながら州によって極端な差があり、クランタン州へは投資がほとんどありませんね)

【汚職裁判に出席しなかった州議会議員】
反汚職庁によって贈賄の疑いで起訴されたペラ州の州議会議員が、公判日にイポーの下級裁判所に姿を現しませんでした。被告の姉妹が、彼は月曜日に心臓の不調でクアラルンプールに入院した、しかし診断書はまだ発行されていないと裁判長に話しました。裁判所は被告の逮捕命令を発行しました。
この被告の州議会議員に関しては他の4人と共に起訴されて、昨年8月に別の裁判長の下で贈賄容疑で裁判が始まりました。

【眼科医の数】
国内の眼科医の数を増やす計画を保健省が明らかにしています。大臣に寄れば、「現在350人の眼科医を2020年までに525人に増やすことです。そうなれば人口10万人当たり1.5人の眼科医となります。現在は10万人当たり1.3人です。」
公的部門では医療スタッフが依然として不足しており、47%の職が埋まっていません。「省は医師のもらう手当を上げるなどの手段で医師数を増やそうとしています。」

(Intraasia注:全国で350人しかいないというのはなんか少ないですね)

【ペナン島バトゥフェリンギ海岸にはびこる違法なウオータースポーツ運営業者】
ペナン島の有名な海岸バトゥフェリンギ、タンジュンブンガ、でのウオータースポーツ・娯楽活動に旅行者からの苦情があることについて、あるリゾートの取締役(マレーシア人)は語る、「関係当局は違法ビジネスを行っている業者に対して取り締まり活動をするべきだ。この何年もの間我々はこの種の違法ウオータースポーツビジネス業者に関する苦情をたくさん聞いてきました。態度が横柄である、自分勝手である、さらに全然職業的でないビーチボーイなどです。残念ながら今日に至るまで問題は解決されていない。海岸に並ぶホテルや観光客や外国人訪問者からのたくさんの苦情があったにもかかわらずです。 安全がまず問題です。状況はたいへん重大です。」

ペナン自治体評議会の議長は語る、「評議会はバトゥフェリンギでビーチ馬車や乗馬を決して認めたことはありません。なぜなら自治体の条例にそんな規定はないからです。最近警察などとの会合で違法なウオータースポーツ運営業者のことを論議した。旧正月が終わったら取締官と一緒に馬車などを差し押さえ、また違法建築施設を取り壊します。」

(Intraasia注:海岸で乗馬させて金を稼いだり、ウオータージェットスキーを貸し出して水浴場で人々に危険感を起こしたり、未熟なパラセーリングを運行したりという、例の海岸ビジネスのことですね。権益を持っている者たちが勝手に商売しているという感じであり、それを長年野放しにしてきた当局という図式です。こういった現象はなにもバトゥフェリンギ特有ではないのです。町部の夜市、繁華街、朝市などの場で勝手に商売している人たちの存在はマレーシアあちこちにあります。所詮根は同じですね)

【マクドナルドの広告から】
価値あるランチ McValue Lunch  フレンチフライとソフトドリンクを添えて 各 RM 5.95
平日の正午から午後3時まで、 マックチキン、ダブルチーズバーガー、チキンマックナゲット、フィレオフィッシュ がそれぞれ RM 5.95 です

(Intraasia注:90年代頃に比べて、街の大衆食堂・大衆レストランでのメニューが随分と値上がりして高くなりました。今ではクアラルンプールや近郊の都市では、贅沢しない控えめな昼食でも飲み物入れたら RM 5近くはかかるでしょう。こういうことを考えれば、普段は高めのマクドナルドでもこのサービスランチ価格は競争力あるということになるのでしょう。私はマクドナルドのようなファーストフード店はまず利用することはありませんが、冷房ときれいな環境を考えればごくたまにはいいかもしれませんね)

2月10日の記事

【また補選が行われることになった】
Pakatan Rakyat(野党連合)が州政権を握るケダー州で、そのPakatan Rakyat(野党連合)側の公正党所属の州議会議員が辞職届を議会議長に提出しました。このインド人議員、54歳、は昨年の統一選挙の際ほとんど無名の無所属で当選してから公正党に加わりました。しばらく前から、彼が慣習的に別の女性と結婚して重婚状態になっていると批判されていたとのことで、PAS党の州首相は語る、「彼と家族はずっと嫌がらせ言葉を受けていたと、彼は訴えていた。」 この議員はケダー州の唯一のインド人州議会議員です(でした)。
州議会議員の辞任に伴って、補欠選挙が実施されることになります。

州政権がBarisan Nasional(与党連合)側に移行したばかりのペラ州で、Pakatan Rakyat(野党連合)側の州内選挙区のPAS党国会議員、50歳、が心臓発作で急死しました。このためその選挙区では国会議員補欠選挙が実施されます

選挙管理委員会は、州議会議員の辞職と国会議員の死亡が同日に起こったのは史上初のできごとだと描写しています。

(Intraasia注:地方自治体でさらに州首相を含めた地方自治体の首長にも選挙が制度上存在しないマレーシアでは、補欠選挙は常に国政選挙並の注目を呼ぶことになります)

【稲作事業として大企業が進出する計画】
マレーシアの米消費量は年間約220万トンで、自給率は現在約70%です。これを2010年には90%にめるのが、第9次経済5カ年計画(2005年-10年)に歌われています。輸入米をタイとベトナムに頼っている中、政府は食料供給を保証する手段として、食料安全政策を真剣に見直すことになります。では、この米自給率向上の目標は達成できるでしょうか?

計画として、米作農民に補助を与え、民間会社に稲作への進出を奨励することです。半島部北部州にまたがる経済開発地域では、小規模農家が17万ヘクタール弱を栽培し、その収獲は年間ヘクタール当たり3から4トンです。稲作はサバ州とサラワク州でも行われていますが、その収獲量は州の必要量の30%または50%に過ぎません。

先週巨大企業のSime Darby が北部州の経済開発地域で、機械的な稲作事業に投資することを明らかにしました。同社が Gedong に保有する稲作農場ではヘクタール当たり8トンから10トンの収獲を期待しています。 多くの人はSime darby のこの稲作市場への進出が、マレーシアの米自給率向上に役立つ早い道だと捉えています。

(Intraasia 注:稲作の土地には困らないはずなのに、米自給が不充分でこの点は昔から言われています。さらに米の密輸もよく話題になります。農業に関してはかなり不充分な知識しか持ち合わせていませんけど、稲の収獲高でヘクタール当たり3トンから4トンというのはちょっと低すぎませんか? 日本の農家って同面積でどれくらいの稲収獲なのでしょうかね)

【マレーシア国民の英国入国ビザ免除維持を決めた英国】
マレーシアを含めて非欧州国家11カ国の国民の英国入国ビザ免除待遇に関して、英国は2008年半ばからその入国条件を見直すために監視期間としていました。その結果発表が非常に注目されていましたが、マレーシア国民の英国入国ビザ免除は今後も継続すると、英国内務大臣が発表しました。そして英国大使がこのことをマレーシア外務大臣に説明しました。 従って、マレーシア国民は引き続きビザなしで英国に入国して最長6ヶ月間滞在できます。

マレーシア外務省はこの決定を歓迎し、マレーシア国民の英国違法滞在を抑えることをさらに図っていくとしています。英国は昨年マレーシアに対して、2008年12月までにマレーシア国民の違法滞在を防ぎ、パスポート機密を確実にするように、滞在超過のマレーシア人の帰国に協力するようになどと要望していました。

(Intraasia注:いろんな面で未だにというか今後もでしょうが、マレーシアは元宗主国の英国が好きであり且つ高等教育の場として多いに依存しています。英語崇拝の思考と指向が変わることはないでしょうから、いつまでたっても英国はマレーシアにとってかけがえのない国ですね。いわば日本にとって米国はかけがえのない国と考える人たちと共通ですな。よって今回の英国の決定にほっとしているわけです。)

【ペラ州の政変に関してマレー人コラミストの批評】
ペラ州のできごとはマレーシアの民主主義における君主制とその役割についての重要な疑問を提示しました。ペラ州スルタン一族に対する怒りが明らかにあります、そしてその含蓄するところは厄介なことです。 仮にスルタンが州議会を解散して選挙を宣言していたら、彼は州政権を組織することを民衆にゆだねたことになったでしょう。成功か失敗の責任はペラ州の民衆に残ったままだったことでしょう。 最終的にUMNO党が何ら改革することなく権力を握りました。

(Intraasia注:部外者として関係ないことですが、観察者としてひとこと書いておけば、ペラ州の政変は単なる州政権の移動だけではなく、極めてマレー民族主義を煽るできごとにもなっています。それをこのマレー人コラムニストが的確に描写しています。しかしこういう見方は決してマレー界の主流にはならないということもわかります)

2月9日の記事

【タイプサンの祝祭が西海岸の主要寺院で行われて多くの信者が集まった】
ヒンズー教の祭典タイプサムが半島部西海岸側の主要都市にあるヒンズー寺院で祝われました。
ジョーホルバルでは市中心部のJalan Ungku Puan にある寺院からJalan kuil にある寺院までの 2kmの行程を信者がカヴァディを運びながら歩きました。イポーではGunung Cherohにある寺院に10万人ほどの信者が集まりました。ペラ州の現州首相と辞任を拒否している前州首相は別々の時間に寺院を訪れて、支持者の声援を得ました。

クアラルンプール郊外のバツ洞窟にあるヒンズー寺院には、例年以上の参拝者や観光客が詰め掛けました。関係者は今年のタイプサムが週末に重なったことを理由に挙げています。

【マレーシア航空のバーゲンセールス】
マレーシア航空は2月10日から マレーシア航空トラベルフェアーを開始します。10日間の期間中に 55箇所の飛行地への大幅な割引航空券10万枚を販売する予定です。マレーシア航空のホームページ www.malaysiaairlines.com や旅行代理店を通じて販売され、発売地はマレーシア、シンガポール、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナムです。 安売り切符の例 全て込みの片道料金: シドニーRM 780、 ロンドン RM 1400

【電気料金値下げに関して消費者協会の主張】
電気料金引き下げが予定されていることに関して、マレーシア消費者協会連合は主張する、「料金引き下げは消費者にとて大きな節約にはなりません。提案されている料金引き下げによって、多くの電気製品を使用せず月額電気代 RM 100以下である平均的な家庭にとっては、わずか数リンギット の節約にしかならない。電気代が安すぎれば、浪費を招くことになるでしょう。」

【Carrefour の進めるフランチャイズコンビニ店】
ハイパーマーケットのCarrefour はそのコンビニ店舗である Carrefour Express の開店を推進しています。同社幹部によれば、コンビニ店舗は100%フランチャイズ方式で運営され、面積は800から1000平米で、扱い品目数4000ぐらいとのことです。Carrefour Express の第1号店は2008年3月にクアラルンプール郊外にオープンしています。同社は今年末までに、クアラルンプール圏に100店舗を開設したいと計画を語る。「国内のコンビニ部門は年率19%の成長率です。」

「 フランチャイズ店のオーナーになるには予算RM 15万から50万が必要です。店舗は36ヶ月以内に収支が合う状態になります。オーナーは総売り上げの3%から6%の利益を期待できます。」

(Intraasia注:都市部でもコンビニのごく少ないまたはほとんどない地区も珍しくないので、これからに期待できそうなコンビニビジネスなんでしょう)

2月8日の記事

【省庁が主催する恒例の全国レベル旧正月オープンハウス】
旧正月を祝う、統一文化芸術遺産省が主催する全国レベルでの旧正月オープンハウスが、クアラルンプールのブキットビンタン街にあるPavilion 前で7日夜開催されました。集まった数万人の人たちが獅子舞いやその他のいろんな演目を楽しみました。またFauziah Latif などのアーティストも出演しました。アブドゥラ首相夫妻、華人与党幹部が出席し、魚生を一緒に食しました。

(Intraasia注:昨晩遅くブキットビンタン街方面で花火が上がっていました。起きて眺める気はわきませんでしたけど。この種の官製オープンハウスはいまや恒例になっており、決まって政府与党トップが談笑しながら一緒に祝う写真が掲載されます。そして外国人旅行者の賞賛する言葉が載りますね)

【ペラ州政変が警察訴え届けを起こしている】
ペラ州の州政権政変に関して、Pakatan Rakyat(野党連合)の指導者たちはペラ州スルタンの権利を疑う言動を行ったと、UMNOの一部や支持者らから反発が出ています。そのことに関して、いくつかの警察訴え届けが出されました。スランゴール州のAmpangでは地元のUMNOがペラ州前州首相らを扇動罪の疑いで訴え届けを出しました。ペナン州でも州のUMNOが行動党の議長らを対象にいくつかの警察訴え届けを出しました。
またUMNOの準総裁の1人は、行動党議長の発言は扇動罪に等しいと語りました。

(Intraasia注:政争が警察事になりそうな雰囲気ですね)

【現在の住居用の月間電気料金 (単価表示)】
使用量 400 kWh以下の世帯  最初の 200 kWhまで RM 0.218/kWh、 その次の 200 kWhは RM 0.345/kWh
使用量 400 kWhを超える世帯  最初の 500 kWhまで RM 0.30/kWh、 その後の 100 kWhは RM 0.39 /kWh、 以後省略
注意: kWh とはキロワット時、 RM 1.0 = 100セント 

住居用と工業用の電気代料金が3月から値下げされる予定です、その幅は5%から10%の見込みです。エネルギー・水・コミュニケーション大臣はこのことを内閣に報告すると語りました。

(Intraasia注:工業用に関して言えば、電気代値下げは企業経費に多いに貢献することでしょう。しかし家庭用、とりわけ我々低所得世帯には関してはほとんど影響ありませんな。もともと節約して必要最小限使っているからであり、10%値下げなど意味ありません、反対に余裕ある中上流世帯が無駄使いすることに貢献するだけでしょう。水道と電気代を必要以上に値下げするのは、単なる人気取り政策であり、国民のエネルギー節約意識を低下させるだけの逆効果ですな。それよりも飲食品類の 10%値下げの方がはるかに低所得層に貢献するのです)

【マレーシアにもたくさんのロヒンガ人が滞在している】
(先日タイ領海に侵入したロヒンガ人の難民ボートが、タイ軍隊によって領海外に連れ出されて置き去りにされた事件が国際ニュースになりました)
ミャンマーの北西部アラカン州に住む ロヒンガ族は、ムスリムであり民族的にはインドグループです。ミャンマー軍事政府はロヒンガ族を国内の民族として認めていません、従ってロヒンガ族はミャンマー政府に疎まれた最下層グループと見なされており、抑圧された状況を脱しようと多くの者が隣国などへ出国を図ってきました。1992年には25万人ものロヒンガ族がバングラデシュへ逃れたとのことです。100万人を超えるロヒンガ族がいくつかの国に国籍無しの状態で住んでおり、その一つがマレーシアです。

2004年にマレーシア政府はロヒンガ人難民に対して、暫定的に滞在を認める許可を出しました。しかしロヒンガ人をまず登録する過程の中途で決定が変更されて、滞在許可は取り消されました。マレーシアに滞在しているロヒンガ人は約10万人と推定されますが、国連の難民のための弁務官事務所に難民登録しているのはわずか1万人ほどに過ぎません。 マレーシアの違法入国収容所にいるロヒンガ人は不安にかられている一方、そうでないロヒンガ人も労働許可証が得られないので生活が大変です。

(Intraasia注:この数字がどこまで正確かはわかりませんし、その存在自体が違法なのでなかなか正確にはつかめないでしょう。バングラデシュもタイもマレーシアも現実として大量のロヒンガ難民を受け入れたくないことが見て取れます。たとえムスリムであってもです。言語、慣習の違う民族を受け入れることは、受け入れ側国の市民にとっても決して歓迎することにはなりません、彼らが単なる安い労働力、汚い仕事をさせる労働力と見なされてしまう可能性は大きい。ロヒンガ族問題の元凶はミャンマーにあるのであり、彼らを他国が受け入れるのは、多くの難民の歴史が示すように、所詮恒久的な解決策にはならないでしょう)

2月7日の記事

【ペラ州州政府をBarisan Nasional(与党連合)側が奪回】
州議会の議席数で与野党逆転となったペラ州で、Barisan Nasional(与党連合)の構成政党であるUMNOの州議会議員が新しいペラ州州首相に就任する儀式がスルタン宮で行われ、スルタンがその議員を州首相職に任命しました。

一方Pakatan Rakyat(野党連合)側の前州首相はスルタンからの首相職辞任指示に従いませんでした。彼は、新州首相になった議員を州首相職に就く宣誓は憲法と法律違反であるとの訴訟を起こす意向を表明しました、「複数のマレーシア語紙が伝えていることはうそばかりです。私はスルタンを訴えるのではありません。 ペラ州は今法的な危機にあります。私は州首相職から辞職をしていないので、州首相が2人あることになる」 

Pakatan Rakyat(野党連合)の指導者であるアンワル元副首相は、「我が陣営の弁護士は法的手段に訴える準備をしています」 と語り、一連の件に関してペラ州スルタンとの謁見を早急に要望しています。

スルタン宮のあるKuala kangsar では、Pakatan Rakyat(野党連合)の支持者らが数百人が新州首相の認証式出席を阻もうとして、街頭で抗議活動を行いました。機動隊が出動して、催涙弾を発射する事態となりました。警官隊との衝突で数人が逮捕されました。

UMNOのベテラン議員で元指導者のrazaeigh は語る、「ペラ州の前州首相は依然として職にある、彼は辞職していないし、不信任決議をつきつけられたわけでもないからだ。憲法はその他の方法で州首相をその職から取り除くことを規定していない。」

(Intraasia注:奇妙な州政権移行劇ですね。州議会が開かれることすらなく、単に議員が離党したことで州首相が他陣営に交代させられたという現象です)

【タミール小学校の状況を憂う本を出版】
タミール語小学校が面している問題と状況を調査した本を、タミール語作家が出版しました。著者は、5年に渡ってヌグリスンビラン州とジョーホール州とペラ州のタミール語小学校の状況を調べたとのことです。出版発表の場でスランゴール州の地元国会議員(マレー女性)は語る、「母語を習うのは市民の基本的権利です」 「誰かこの本のスポンサーになる人物が現れて、この本がマレーシア語と華語と英語に訳されることを期待します。」 

著者は指摘する、「1957年の時点でタミール小学校は全国に999校ありました。現在では523校に減り、その内生徒数が50名以下の学校が150校あります。生徒総数は昨年末で10万5千人でした。」

(Intraasia注:インド人人口の少数さから全国広くタミール語小学校を維持するのは不可能であり、学校の所在地はインド人人口集中地区に偏ります。一方インド人界でタミール語を母語にしているのは多数派ですが、そうでないインド人も決して珍しくありません。こうした状況から華人家庭の9割方は華語小学校に子供を通学させるのに比べて、タミール語小学校に通学させる率は3分の2ぐらいといわれています)

【マレーシア観光大臣が東京で記者会見して語った内容】
観光省は不況にも関わらず今年の日本人の観光入国者数の目標を43万人に設定しており、(対象地としての)マレーシアの売込みを積極的に行うとのことです。東京を訪問中の観光大臣(女性)は記者会見で語る、「省は経済不況に対抗するマーケティング戦略を起案しました。日本人市場を引き付ける面での2009年の我が省の戦略は、レジャー旅行、とりわけ20代から40代の女性の間でのレジャー旅行を奨励することに焦点を絞ります。この年代の女性は現在外国旅行面での筆頭グループです。」

「観光省は、安全でお金の価値に十分見合った、様々なアトラクションを備えた目的地としてマレーシアを売り込んでいきます。もう一つの焦点を置く分野として、学生市場があります。日本の学校の修学旅行地として、マレーシアは5番目に人気ある地です、上位から順にオーストラリア、韓国、中国、シンガポールです。さらに我省は特定目的の旅行者も引き付けたいと思っています。例えば、ゴルフ、バードウオッチング、ダイビング、登山、洞窟探検、蝶採集などといった特定した目的のツアー面において、マレーシアは魅力を持っています。」

「我が省は今年の目標を達成する自信があります。それは日本人はすでにわが国とその製品に親しんでいるからです。マレーシアは日本人にとってまったくのよそ者ではないのです。」 「観光省は積極的なマーケティング方針に従って、世界の地域毎に地域責任者を置いています。こういった責任者はそれぞれの地域の観光市場を見守るべく赴任しています。日本には東京と大阪にマレーシア観光事務所があります。」

(Intraasia注:日本のマスコミがこれをニュースにしたとはまず思えませんが、どうなんでしょうね? それはとして、年間40万人を超える訪問者数が達成されれば結構なことですから、当サイトも応援します。この続きは「ゲストブック」を開いてお読みください)

【円とリンギット との両替率】
1万円を銀行で両替するとRM 391.0 入手します。

2月6日の記事

【ペラ州議会の州政権移行騒動】
Pakatan Rakyat(野党連合)に所属していた4人の州議会議員が離党したことからペラ州州議会では与野党の議席数が実質的に逆転して混迷していました。Barisan Nasional(与党連合)側はUMNO党の州議会議員を新しい州首相に指名しましたので、6日にもスルタンの認証を得て州首相職に就任する予定です。ペラ州スルタンは州議会の解散を認めず、Pakatan Rakyat(野党連合)側の現州首相に即辞職を求めました。しかし現州首相と州理事らは辞職を拒み州議会解散を望むとしています。

Pakatan Rakyat(野党連合)側は離党した3議員の議席は無効であるとの宣言を求める訴訟を裁判所に提出しました

【サラワク州中部の郡部では雨の被害が続いている】
サラワク州の郡部では降り続く雨のために被害が続発しています。ミリ -ビントゥル間を結ぶ主要道路に近接した道路では30メートルの深さ土砂崩れが発生し完全に不能となりました。州中部の道路でも何箇所かが土砂崩れで通行不能になっています。ミリの奥地では川の増水でロングハウスが孤立しています。雨はこの1週間降り続いており、止む気配が見えません。

【Sime Darbyの発案する地下水移送プロジェクト】
巨大企業Sime Darby は新生面を開拓する方法として、ペラ州で井戸を掘ってその地下水を浄水してクアラルンプール圏に移送するプロジェクトの利権を当局から得る見込みです。同社はまず手始めのプロジェクトとして、1日当たり 5000万リットルの水供給を今年末までに始めることを計画しています、そして2010年末にはこの量を5億リットルに増やします。同社の最高経営責任者によれば、利権契約は30年間を希望し、さらに更新としてさらに30年間の契約を期待しています。

 このプロジェクトでは、ペラ州のBatang Padang で井戸を掘って地下水をくみ上げ、それを管でクアラルンプールに送ります。それには州当局と国からいくつもの免許を得る必要があります。Batang Padangが選ばれたのは、降水量の多さと人口密度の低さと森林地の多いことからです。このプロジェクトが成立すれば、マレーシアで初の商業地下水プロジェクトになります。同社の掘る井戸は深さ 200メートルから300メートルになるそうです。

【500人の解雇を発表したマレーシアPanasonicはそれ以上の計画はない】
マレーシアのPanasonic グループは1月終わりに従業員500人弱の解雇を発表しました。同社は、現時点ではそれ以上の解雇計画はないと明らかにしました。同社の解雇発表は日本のPanasonicグループの従業員全体の5%削減計画の一環として行われます。 マレーシアPanasonicはマラッカ州にある工場を閉鎖することで解雇者が発生します。またスランゴール州にある一部の工場をシャーラムに統括する計画です。

1967年からマレーシアで操業するマレーシアPanasonicは21社、従業員総数2万人を数えます。

【チャップゴーメイとバレンタインデーの婚姻登録カップル数】
(クアラルンプール圏の華人カップルの中には天后宮で婚姻登録するカップルも珍しくありません)今年の旧正月最後の日(チャップゴーメイと呼ぶ)である9日に天后宮で婚姻登録する予定のカップルは85組です、一方バレンタインデーの14日に婚姻登録するカップル数はそれより多い 134組の予定です。天后宮の関係者は14日が土曜日にあたることも理由だと語りました。

(Intraasia注:縁起数字にこだわるカップルはいつもながら多いですね)

2月5日の記事

【ペラ州では州政権が移行する見込み】
Pakatan Rakyat(野党連合)は2008年の総選挙と州議会選挙時に、ペラ州では僅差で州政権を獲得しました。そのペラ州で、Pakatan Rakyatに属してしていた州議会議員4人がそれぞれの所属政党を離党しました。1人のマレー議員は元所属していたUMNOに入党し、残り3名はニュース時点では無所属となりました。ナジブ副首相が同席して4名は記者会見を行い、3名はBarisan Nasional(与党連合)側を支持するとしています。

別の場でアブドゥラ首相は語る、「彼らがBarisan Nasional(与党連合)を支持してくれるのであれば、我われはそれを受け入れます。」 

4名の陣営乗り換えによって、州議会ではBarisan Nasional(与党連合)側が僅差で多数派になります。(多数派から州首相を任命するのは最終的にスルタンの認証が必要です)ニュース発表時点ではまだ州政権の移行は完了していません。

(Intraasia注:選挙でなく議員の所属陣営引っ張り合いで政権を移行させようとする動きが以前からあったことを新聞は伝えていました)

【製薬メーカーの行う田舎での診療活動】
製薬メーカーPfizerが運行するバンによる移動診療所は1999年に発足以来10年近く続いています、同社は年間RM100万を支出しているとのことです。保健省が公認しているこの移動診療バンはこれまで186の地区を訪れ44000人にサービスを提供しました。 目的は国内の田舎と準町部において恵まれないそうに無料診療を提供し一般的な病気に対する自覚の必要性を植えつけることです。

最近バンがトレンガヌ州のPadang Mini 地区とクランタン州のKampung Ciku2村を訪れた時に、記者らが同行しました。無料ということでコミュニティーの多くの人がバンを訪れ、バンに乗り込んだ内科医と3人の看護婦がコミュニティーのその人たちを診ます。数人のボランティアが手伝っています。適当な医療施設のない田舎を対象にしていると看護婦は説明します。最も僻地にも訪れたことがあります。「サバ州のある田舎は電気も水道もなく、我々は川で水浴し、床に寝なければならなかった。」

医師は言う、「移動診療所バンは限界がある、その村にいるのは1日だけでありコミュニティーの人たちを診療してアドバイスを与えることだけです。しかし我々はその中で力を尽くします。だからNGOなどの要請でその地を訪れることは重要なのです。」 バンには基本的な薬品が用意してあります、ただいずれもPfizer製品ではありません。「診療を受ける人に我々はPfizer製品名さえ言及しません。」

看護婦長は説明する、「最近は乳がんはたいへん広まっているので、我々は乳房模型を持ってきて女性に発見法を説明します。男性の間に乳がんへの認識を高めるプログラムも2006年に開始しました。」 内科医は語る、「(こうした田舎の)多くの女性は乳がんの手術や治療に行こうとしません。そういう女性は夫たちがそれを許さないまたは大したことではないと考えているのです。だから男性をもっと乳がんに対する意識を支持させるようにしなければなりません。このプログラムで結果はよくなるでしょう。」

(Intraasia注:マレーシアは田舎と都会の格差の大きな社会です、それは単に所得とインフラの格差だけでなくこういった社会福祉基盤の格差が極端なのです。そして昔ながらの保守的な慣習と意識の根強さが、上記の乳がん治療に関する医師の発言に見て取れます。公衆衛生の基盤と意識の向上が必要ですが、外部からの掛け声だけでそれが一朝一夕に達成できないことが読み取れますね)

【スランゴール州の暴力団グループ】
スランゴール州警察の長官は語る、「去年州警察は約29000人の容疑者について暴力団との関連を調査した、結果は約1000人の暴力団グループ加入者を特定した。35人を逮捕しました。 暴力団構成員を起訴するのは難しい。 目撃者と証拠に欠けるからです。人々は暴力団に対して証言するのを怖がっている。」

州内の8つの暴力団グループを長官は上げました、その内 7つがKalng に本拠地を持ちます: 6つは華人主体でそのグループ名は、Ang Soon Thong, 36, 21, 18 などです。インド人主体は Geng Satu Hatiなど, マレー人主体は Tiga Line とのことです。州警察の推測では、州内の暴力団グループの構成員は1000人から2000人となります。

「Klang 及びその近辺では140万人の人口です、暴力団グループは Meru, Padang jawa, Suri Muda などでそれぞれのグループが縄張りを張っている。主たる犯罪は恐喝、強盗、麻薬取引などです。市民の協力をお願いしたいと私から訴えたい。」 と州長官。

【おことわり】
1月29日から2月4日まで家を留守にしましたので、記事の掲載はできませんでした。

| ホーム |


 BLOG TOP