プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

11月30日のマレーシア記事

【 UMNO党大会が始まる】
(政権の要であるマレー政党の)UMNO の定期党大会が5日間の日程で29日から、クアラルンプールのPWTC で始まりました。
党総裁であるナジブ首相は5千人あまりの全国からの代議員に向かって、「長く過ぎるほど議員職にあるUMNO議員が自主的に後進に道を譲ると言い出すことを、私はずっと待っています。自分を犠牲にすることが党への愛なのです。」 と呼びかけました。首相はまた、選挙候補に選ばれなかったことで妨害したりするのは、UMNOと与党連合に対して大きなダメージを及ぼすと警告しました。

(Intraasia注:来年の総選挙が早い時期に行われるかもしれないとの憶測と観測で、今回の党大会はとりわけ熱を帯びそうです。30日会場のPWTCを訪れると、代議員や支援者でごった返していました。そうではありながら、近くのショッピングセンターやPWTC内の特設会場に設けた販売ブースは例年と同じく代議員や支援者で混んでいます。いつも感じる政党大会とショッピングの同居する奇妙な光景です)

【低コストターミナル KLIA 2 の竣工予定時期 】
(低コスト空港ターミナルという概念の下で)クアラルンプール国際空港(KLIA)の隣に現在建設中のKLIA2 は、その工費が当初計画の倍ほどである、RM 36億から39億になりそうです。(当初計画では3千万人だったが) 年間4500万人の利用者扱い能力を持つことになるKLIA2 はマレーシア空港持ち株会社が建築施主です。空港持ち株会社の社長によれば、(当初計画より遅れて)2013年4月に一般オープンする予定です。

「KLIA 2の進捗は40%です、滑走路は当初計画の2.5kmではなく4Kmになるかもしれない。荷物扱いシステムは完全自動化する、航空管制塔も新規に建てる、搭乗ゲートは68個になる。」 当初計画ではターミナルビルの広さは15万平米でしたが、当局の定める諸規則に合致させるため 9 階建て広さ 25万7千平米になるとのことで、非常にモダンな設備を備えます。 「KLIAは航空会社と政府と利用者と空港のそれぞれのニーズに答えるために、国のインフラとして建設されました。このことからKLIA 2は当初の建築計画に比べて優れた施設を備え大いに機能向上させました。」 と社長。

「荷扱いシステムの完全自動化の要求は今年6月にあったばかりです。このこともKLIA 2の竣工時期が遅れる要因になります。」 工費が増えることでKLIA 2の空港税が上がるのではとの質問に答えて、社長は、「現在の低コストターミナルで払う空港税と同じになります。」 最近値上げされた低コストターミナルの国際線空港税はRM 32です。 KLIA2にはさらに7階建て 6千台収容の駐車場ビルも建設され、ターミナル内トランジットホテルも作られます。

社長はさらに説明しました、「(一般から、とりわけ身障者や妊婦などからの要望に答える形で)KLIA 2にはエアロブリッジを備え付けます。それを使うかどうかは航空会社次第です。我々は航空会社がこの決定を支持してくれることを期待する。」 
これは多くの旅行者が望む決定ですが、エアアジアグループCEOは昨日 「エアロブリッジを使うつもりはない。」と述べました。

CEOはさらにマレーシア空港持ち株会社を批判する、「シンガポールの低コストターミナル空港にはエアロブリッジがない、シンガポール当局はエアロブリッジを設置しようとしない。 KLIA 2が4500万人扱い能力に増えたことに驚き失望しています、それまでは3千万人だったのに。床面積に余裕がないのにこの差1500万人をどうやって扱うのだ。」

(Intraasia注: KLIA2の竣工時期が遅れることは、すでにニュースになっていたし、そもそもマレーシアでこの種の建設で遅れ自体は全然珍しくないので、イントラアジアは取り立てて問題視しませんね。 現在のLCCターミナルは文字通り低コストですが、KLIA2 は低コストとはとてもいえない立派なターミナルになることは間違いないでしょう。利用者としてそれは結構ですが、空港利用税やその他払うべき費用、交通費などが値上げされないことを願うだけです。)

【国立大学の新入学生数】
全部の国立大学が2011年/12年度に入学させた新入生総数は 41267人でした。一方応募者数は64700人でした。これは教育省副大臣が国会で明らかにした数字です。国立大学は年1回だけの入学制です。

スポンサーサイト

11月29日のマレーシア記事

【ペナンのベチャ屋に補助金を配る案】
ペナン島ジョージタウンで主に観光客向けに3輪自転車(ベチャ、シクローのこと)稼業をしている人たちに、ペナン州政府が生活援助として2ヶ月毎にRM 100を配ることを表明していました。しかしベチャ屋の人たちから毎月RM 60を要求する声があがったことで、州政府は当初の方針を一時停止しました。州観光発展委員会の長は、「同意が得られた時点で援助金は配ります。ベチャ屋の人たちはいくつものグループに分かれているので話し合いに2ヶ月ほどかかるでしょう。」 「ベチャ屋自身だけでなく、3輪自転車をベチャ屋に貸している持ち主にも配ることを考慮している。」

州に申し入れした組合の代表はいう、「会員で自転車を借りて稼業している人は70人おり、自転車の持ち主が50人います」

(Intraasia注:州政府が補助金を配らなければならないほど、ベチャ屋稼業は苦しいようです。年齢の高い人が多いし、転職はままにならないから大変でしょう。根源にあるのは3輪自転車すら自分で保有できない人たちの存在ですね)

【ペナン島のバトゥフェリンギを通るバイパス道路建設】
11月15日付け記事 「ペナン島の道路とトンネル建設の大プロジェクトのあらまし」で伝えた記事の続報です。
Tanjung Bunga - Batu Ferringhi - Teluk Bahan 間 全長12km の道路建設プロジェクトに関して、州公共土木委員会の議長が明らかにしました。 「プロジェクトは段階に分けて建設する、Tanjung Bunga - Batu Ferringhi 区間が優先します。これはこの区間の混雑を大いに軽減するからです。 第1段階だけで予算RM 2億3千万を予定している。」

新しく建設する道路は現在の道路から少し離れて並行するようなバイパス道路になり、長さ6kmほどです。 計画道路の一部はすでに民間デベロッパーが建設した道路も含まれるとのことです。

(Intraasia注:計画道路線図を見ると、現在の道路に隣接したバイパスといえます。この道路が2015年以降に完成すれば旅行産業にも大いに影響を与えることでしょう)

【病気休暇の権利】
マレーシアでは雇用法1955年 に基づいて、被雇用者で5年以上雇用下にある者は病気休暇を各歴年に22日間取得できる。さらに入院が伴う場合は60日間取得できる。 この場合明確なことは被雇用者は有給で病気休暇を得られるということです。

【有名銀行の定期預金利率】
個人または個人が共同で口座開設する場合
1ヶ月定期 年率3.10%、  3ヶ月定期 最初と2ヶ月目は年率 3.10%、3ヶ月目が 3.55%
条件: 最低預け額 RM 2万、 中央銀行が1晩もの政策金利を変更した場合は利率に変更あり

11月28日のマレーシア記事

【イスラム歴の新年】
27日はイスラム歴の新年 Awal Muharram でした。ヒジュラ歴 1433年  Maal Hijrah 1433 になりました。 連邦祝日でもあるこの日を、全国のムスリムはモスクや公共ホールに集まってイスラム教講話を聴き、祈りを捧げて祝いました。(従って28日は振り替え休日です)

ムスリムは宗教的重要性のあるこの日は絆を深めると捉えることから、縁起の良いこの日に結婚するムスリムカップルは少なくありません。 各州ではその州のイスラム教の長でもあるスルタンまたはその代理から、州のイスラム教に貢献したイスラム教界の指導者や長老らに称号(Tokoh Maal Hijrah ) などを贈る儀式が行われました

【半島部北部州に昔から住むタイ系マレーシア人でまだ国籍を取得できない人が多数いる】
(半島部北部には万人単位のタイ民族系マレーシア人が住んでいます)まだマレーシア国籍を取得できずに永住者の身分であるタイ系マレーシア人が、ケダー州、ペルリス州、クランタン州に 7800人ほどいるとのことで、内務省はこの人たちの要望を検討するとしています。長官は言う、「この件は友好的に解決します。必要な対策を取る前に、その人たちの状態をよく知りたい。」

タイ系マレーシア人の代表として上院議員を務める者は、「彼らはマレーシアが成立する前からマレーシアの地に住んでいます、70歳を超えている者もおり、婚姻証明書が必要なことから国籍が取得できないでいる。でも昔はそんな届けをせずに結婚したのです」 と語る。

マレーシア国民の身分証明書 MyKad では2009年に 民族名を Thai から Siam にすることになりましたが、まだ変更していない、知らない タイ系マレーシア人がたくさんいるとのことです。 そこで国の関係省庁とタイ系マレーシア人の人たちの間で話し合いがケダー州で行われました。

(Intraasia注:この3州の地はかつて当時のシャムの属領・非直轄領であった歴史を持ちます。なおイントラアジアは90年代にタイ系マレーシア人の村を探して訪れてコラムを書いたこともあります)

【KLIA2 の建設費用が増大している】
クアラルンプール国際空港(KLIA)の隣に現在建設中の KLIA2 は、当初は低コストの空港ターミナルという概念の下で広さ15万平米ということでした。しかしその後当局の規制基準に合わせるために、もっと広大な25万平米の広さを持つ空港ターミナルになります。つまり建設費用がよりかかるということです。

国際便の到着客と出発客を十分に分けること、国際線乗客と国内線乗客もしっかりと分けること、という政府の安全規則に適うようにするということも含めて、新しい建築デザインにする必要があった、と消息筋は説明する。 当初必要な建設費用はRM 20億となっていましたが、建築プランの変更で費用が脹れてRM 30前後になりそうです。このことに関して、施主のマレーシア空港持ち株会社は今週メディア用の記者会見を行うと発表しました。

【クアラルンプール市庁の予算】
クアラルンプール市庁の2011年歳入はRM 13億8千万になります、 歳入の約6割であるRM 8億1千万が市内の不動産に課す評価税からです、17% RM 2億4千万が開発に課する料金などから、 4.5%が連邦政府からの交付金、2.7%が公営住宅の賃貸し料などからです。
2012年のクアラルンプール市庁予算はRM 21億7千万になるとのことです、通例は12月に市長が発表します。 その内ざっと開発費用に回すのがRM 8億5千万ほどあります。

(Intraasia注:マレーシアには住民税という仕組みはありません。)

11月27日のマレーシア記事

マレーシアの無料と有料とインタネット上のテレビ放送マーケットの現状と計画】
(マレーシアの有料テレビ放送は衛星放送のAstro が300万世帯数の契約を誇りずっと独占状態です。最近 Asian Broadcasting Netwaork という会社が設立されて、2012年中頃には放送開始するということで話題を呼んでいます)ABN はハイスピード光ファーバーを使った有料テレビ放送になります。

一方携帯電話網会社のMaxis はインターネットプロトコルテレビ放送とビデオオンデマンドを来年後半に始める計画です。 さらにYTLグループは米国会社と提携して独自のテレビ放送を提供する計画を明らかにしています。 YTLグループはすでに 無線の4Gインターネット接続サービスを提供しています。テレコム TM はすでに 2010年から光ファイバー接続サービス UniFi を利用した Hypp.TV を開始しています。有料と無料の両方を放送しています。TMの光ファイバー接続 UniFi の契約世帯は20万に達しました。

マレーシアの無料放送テレビ局は2015年までにデジタル放送を増やす計画です。無料テレビの民間放送チャンネルの全て、つまり TV3, ntv7, 8TV, TV9 はMedia Prima 社の翼下にあります。よってMedia Prima 社はマレーシアの全テレビ放送視聴率の49%を占めており、その内 TV3 が筆頭の 28% を占めています。同社はネット放送 tonton.com.my  で同社放送局の番組の一部を放送しているとのことです。また同社はマレーシア最大の番組と映画の製作プロダクション会社も有しています。

マレーシアの全テレビ放送視聴率の面で Astro が第2位の 38%を占め、残りを公共放送のRTM が13%となります。

(Intraasia注:民放局が2つ程度であった90年代はそうでもなかったが、その後民放局すべてを1社が買い占めてしまった。)

【マラッカの中国製モノレールが運行再開】
昨年10月から運行を開始したマラッカのモノレールはこれまで度々技術的不具合、故障を起こしていました、21回もありました。一番最近は9月末に起きたトラブルでしばらく運休停止していました。 

陸上公共交通庁は、モノレール運営社は安全措置と対策を十分満たしたとして、満足を表明しました、「この中国製モノレールは今回から途中で停止していまった際の乗客救助用の装置を装備しました。乗客が非常はしごを降りる必要はなくなった。」 「これまでモノレール運行とメンテナンスのマニュアルは中国語でかかれていたが、マレーシア語と英語に翻訳しました。」

モノレールの車輪と走行面にある静止摩擦力が雨のとき弱い点は、熱塗装が必要だとのことで、運営社は1月に塗装を行うと語りました、「それまでは雨が降らない時だけモノレール運行をします。」 

工費RM 1590万をかけたモノレール路線はTaman Rempah から kampung Bunga Raya Pantai までマラッカ川に沿って 距離1.6km を運行しています。

(Intraasia注:雨の日は運行しないんだ! マラッカ州政府の肝いりで開通したのでしょうが、どうみても慎重に導入したモノレール路線とは言い難い印象です。それにしてもマレーシアのマスコミは中国に遠慮する姿勢が顕著なので、この中国製モノレールへの批判を極めて抑えがちですな。中国の高速鉄道の事故は日本とは比べものにならないほど話題にならない国柄ですので、マラッカモノレールへの捉え方にも同じような反応が見えますね。)

【パナソニックの太陽光発電パネル工場はケダー州に建設する】
Panasonic がRM 18億を投資してマレーシアに建設する太陽電池セルとモジュール製造工場はケダー州にある Kulim Hi-Tech 工業団地になります。契約条件などが確定した後、広さ60エーカーの土地にできるだけ早く工場建設にかかって、2012年12月には生産開始したいとのことです。年間生産量は300メガワットの予定。

【円とリンギットとの為替レート(為替相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 406.9 入手します。

テーマ : マレーシア - ジャンル : 海外情報

11月26日のマレーシア記事

【メイド送り出し停止を解禁したインドネシアから5万人のメイドが来年初めやって来る】
(家庭内住み込みメイドの大多数を占める)インドネシア人メイドをマレーシアに新たに送り出すことをインドネシア政府しばらく禁止していました。その後両国政府間の話し合いがついて、インドネシア政府は禁止を12月初めに解除することになっています。

これによって新たに5万人のインドネシア人メイドがマレーシアに2012年1月半ばに到着する予定です。このことを説明するマレーシア労働庁の長官は、「新たに雇用するインドネシアjンメイドにはマレーシアに到着する前に約1ヶ月 200時間の事前訓練が必須となっているため、彼女たちの到着が遅れます。インドネシア側によれば、5万人が人がやって来るとのことです。」

インドネシア人メイドを雇用するために、雇用費用として 1回払いのRM 4511 を斡旋代理業社に支払う必要があります、この内 RM 2711を雇用家庭が払い、残りのRM 1800 をメイド自体が負担します。これまでは雇用費用が規定されてなく、時にはRM 8000になることもありました。

「IMIGRESEN と労働庁に登録し且つ指針に従うことを了承した民間の斡旋代理業社のみが、インドネシア人メイドを代理雇用することができます。現在までに登録を済ませた業者は、400以上ある中で121社です。 この社の名前を労働庁のホームページに掲載します。」 「規則を破る者に対しては、当局は対策を打ちます。規則違反の社は1回目は免許を停止にし、2回目は免許を取り上げます。 メイドを家庭内メイド以外に働かせる家庭に対しては、最高罰金 RM 100万、最高刑罰 20年に処せられます。」

(Intraasia注:双方にあれこれ問題があろうと、マレーシア家庭の一番の好みはやはりインドネシア人メイドでしょうね)

【エアアジアの第3四半期の決算結果】
AirAsia の2011年第3四半期の決算クアラルンプール株式取引所(Bursa Malaysia)宛てに発表されました。
第3四半期は燃料高騰と外貨為替損のため、純益は対前年同期比で53%の減少となる RM 1億5千万でした。しかし売上高は10%近く増えてRM 10億でした。乗客一人当たりの運賃はRM 180 とこちらも対前年同期比で増えました。一方付随サービス収入は対前年同期比で減り、1人あたりRM 39でした。座席充足率は77%です。

AirAsia の2011年9ヶ月間の収支結果では、純利益がRM4億2千万となります。売り上げ収入はRM32億です。 エアアジアは今年第4四半期の見通しは楽観しているとしています、「現在の前売り予約状況が好調なことです。 例年第4四半期はマレーシアでは乗客が増え一番良い四半期であることもあります。タイの洪水はクアラルンプール -バンコク路線だけに影響があるだけです」

AirAsia はさらに4機のA320機の配達を今期中に受けます。AirAsia フィリピンは2012年1月に始める計画です。

(Intraasia 注:イントラアジアが25日に隣国から空路LCCターミナルに戻った際、平日でも非常に混んでいました。つまりエアアジア便は盛況です。やはり学校休暇時期という理由が大きそうです)

【人民公正党の党大会】
野党連合Pakatan Rakyat の主要3政党の1つ人民公正党がジョーホールバルで党大会を開催しています。3日間の会期で、初日は青年部と女性部がそれぞれ大会を開きました。党副総裁は、党の指導者でPakatan Rakyat のシンボルでもある、アンワル元副首相をどこまでも擁護していくと演説の中で語りました。「Pakatan Rakyat が勝利すれば、彼が我々の首相となることはPakatan Rakyat 構成政党の合意なのです。」 アンワル元副首相は2回目のイスラム教上の性犯罪嫌疑で裁判中の身です。

(Intraasia注:アンワル元副首相を巡っては権力側の陰謀だという反発と、自ら起こした罪だという見方に分かれています。来年は総選挙なので、来週はUMNOの党大会も開催されます)

11月25日のマレーシア記事

【自然エネルギーを買い取るフィードインタリフ制が間もなく始まる】
(政府が今後推進していく再生可能エネルギーの国内普及のために)電力会社Tanaga Nasional は、半島部において12月からいわゆるフィートインタリフ制を取り入れます。エネルギー・グリーン技術・水省大臣はこのことを説明する、「電力消費者(つまり一般家庭)において、月の電力消費量が 300kw時を超える世帯は、その月電気代の1%を電気代に加えて、再生可能エネルギー基金に支払うことになります。これは一般世帯で月額RM 77以上の電気代を払う家庭ということです。」

「ただ電力契約を結んでいる一般家庭の75%は月 300KW時以下ですから、この影響を受けません。」 大臣出席で持続可能なエネルギー発展公社の事務所の開所式典を行いました。持続可能なエネルギー発展公社は持続可能なエネルギー発展法に基づいて設立された公機関で、この下でフィードインタリフ制を今後実施していくことになります。フィードインタリフ制の下では、電力業者は一定条件下で再生可能エネルギーを買い取る義務が生じます。

【華人男性の斡旋結婚相手外国人はベトナム女性が好み】
国民登録庁の最近の統計が示していることです。2009年から2011年10月までの期間に、非ムスリムのマレーシア人男性が結婚相手に選んだ外国人女性の国籍別に見ると、最多人数国はベトナムで30%、次いで中国で26%、3番目がインドネシアで 15%です。それ以外の外国女性の国籍はタイ、フィリピン、ミャンマー、インドです。

統計によると、2009年に非ムスリムマレーシア男性と結婚したベトナム女性は2679人、2010年が2482人でした、今年は10月までに1879人が婚姻登録しました。華人政党馬華公會(MCA)の公共サービスと苦情部門の長は語る、「華人男性とベトナム女性の結婚を斡旋する代理業者がたくさんクアラルンプールにあることから、ベトナム花嫁の数は今後も増えていくであろう。」 「こういう結婚の数も多いが、その後ベトナム人妻が逃げ出す例も多い」 

「ベトナム花嫁に対する需要が非常にあることで、結婚斡旋業者が非常に増えている。」 「(華人)男性でマレーシア人の相手が見つからない人たちが、こういう代理業者に向かっている。ベトナム女性は多くが華語を話せるようになることから、ベトナム女性は速習者だと、そういう男性たちは主張しています。」 「多くの外国女性はマレーシア男性と結婚することは、マレーシアに入国するためまたは自国における貧困脱出のためでもある。しかし実際にマレーシアに着いてみると、適応することができず逃げ出してしまう。」

(Intraasia注:ベトナム女性が外国人男性との斡旋結婚で外国へ出国する現象は多分20年ぐらいは続いているのではないでしょうか。イントラアジアがしばしばベトナムを訪れていた90年代中頃、ホーチミンシティーのベトナム華人集中地区で耳にしたり目にしたのは、台湾から”花嫁を買い求めに”来た男たちと代理業者のことです。シンガポールではベトナム人女性が斡旋相手の最大グループだと以前から言われてますね。この面でマレーシアは台湾やシンガポールの後発国だと言えるでしょう。華人男性が探すのはもちろん非ムスリム女性ですから、そうなるとベトナム女性か中国女性というのが、相場になるわけです、華語新聞には毎日この種の斡旋業者の広告が載っている。これは全て、東南アジア内及びそれぞれの国内にある経済格差が可能にしていることです。もちろんマレーシアは格差の上部にあります、またベトナム国内での格差が拡大していることも指摘されていることですね)

【第26回東南アジアスポーツ大会の成績】
開催国インドネシア:金 182 銀 151 銅 142 計 475
タイ:金 108 銀 100 銅 120 計 328
ベトナム:金 96 銀 91 銅 100 計 287
マレーシア:金 59 銀 50 銅 82 計 191
シンガポール:金 42 銀 45 銅 73  計 160

(Intraasia注:大会前のマレーシアの目標は45個だったとのことで、国家スポーツ会議の幹部は満足を表明していたと新聞は伝えています)

11月22日のマレーシア記事

【東南アジアスポーツ大会 サッカーでマレーシアが優勝した】
インドネシアで開催されている第26回東南アジアスポーツ大会のサッカー種目で、マレーシアチームが優勝しました。決勝でインドネシアと対戦したマレーシアは1対1のまま規定時間を終えましたが、ペナルティーキック戦に進み 4対3でインドネシアを破りました。

この試合は、試合前からインドネシアファンが荒れており、切符売り切れとなった販売ブースが放火されて燃えました、さらに2人のインドネシア人がスタジアム内で死亡しました。

ナジブ首相は自分のツイッターで、”saya dan rakyat Malaysia sunggoh gembira. Mereka bermain penuh semangat. 私とマレーシア国民は大変喜んでいる。マレーシアチームは気概に満ちて試合をした” と書き込んだとのことです。
新聞は書く、「これは非常に胸のすく勝利だ。インドネシアは第26回東南アジアスポーツ大会でメダル獲得数での総合優勝となる国かもしれないが、マレーシアは最も価する金メダルを獲得した国です。」 

(Intraasia 注:昨晩はあちこちにある街の大衆食堂のテレビ前には大勢のサッカーファンがつめかけて声援していましたね)

【2011年マレーシア映画フェスティバルの受賞が決まった】
今年11月時点で公開されたマレーシア製映画は35本を数えます。シネマ興行収入はRM 8600万になります。
(いわばマレーシアのアカデミー賞である) 第24回マレーシア映画フェスティバルが20日プトゥラジャヤの会議場で開催されました、その授賞式の夜を Malam Gemilang Perdana と呼んでいます。今回の話題は KRU Studio 製作 Hikayat MerongMahawangsa で、9つの部門にノミネートされていました。
KL gangster は年間興行成績最高を記録し、RM 1100万を稼ぎました。

最優秀映画: Hikayat Merong Mahawangsa
最優秀監督: Syamsul Yusof、 作品  KL gangster
最優秀男優: Shaheizy Sam,  作品 Kongsi
最優秀女優: Eja, 作品 Janin
最優秀助演男優: Shofi Jikan, 作品 KL Gangster
最優秀助演女優; Faezah Elai, 作品 Cun!
最優秀映画撮影と最優秀映画美術と最優秀視聴覚効果: Hikayat Merong Mahawangsa
最優秀脚本: KL Gangster
最優秀映画音楽: Hikayat Merong Mahawangsa
その他は省略

(Intraasia注:賞の対象になった公開映画は41本のマレー映画です。非マレー映画賞部門以外は全てマレー映画が対象となります。90年代に比べてマレー映画の興隆はまこと顕著です))

【Rapid KL電車で高齢者割引を始める】
クアラルンプール圏の公共交通企業体Rapid KL 翼下にあるLRT とモノレールでは、現行のバス運賃割引に続いて、高齢者向けの割引を来年から行います。Rapid KL の持ち株会社Prasaranaは、60歳以上の市民は2012年1月からPasar Seni 駅にあるサービスカウンタで割引パスを申請できるようになる、と発表しました。 「その際には身分証明書と写真1枚が必要です。」 高齢者向け割引パスには2種類あり、毎日乗る人用の月パス RM 50と 不定期に乗る人用パスです。不定期用パスは運賃を半額にするとのこと。

現在ある割引パスは、小中学校の生徒用及び身体障害者用です。

テーマ : マレーシア - ジャンル : 海外情報

11月21日のマレーシア記事

【Rapid KL翼下の高架電車2路線を共通乗車券システムにする】
(クアラルンプールの公共交通企業体である)Rapid KLは翼下にある各種交通機関で運賃払い・計算を能率的にする新しい乗車券システムを取り入れていきます。そこでまず、高架電車LRT 2路線である、Ampang 路線とKelanaJaya路線から始めました。その後来年になって、第1四半期にモノレール路線、年半ばにバス路線に、ぞれぞれ取り入れる計画です。

この両路線に共通した新しい乗車券システム、運賃自動徴収システム、を直ちに導入します。乗客は1枚の切符で乗換駅において別の路線に乗り換えることができます。この運賃自動徴収システムは49あるLRT 駅に導入しているところで、今月末までには導入が終わる予定です。

(Intraasia注:要するに、日本の私鉄、JRの各路線で昔から取り入れている、1枚の切符で乗換えできるシステムということです。Ampang 路線とKelanaJaya路線は現在では同じ運営体に属しながらも、乗り換え時には別々に切符を買う必要があります、それを統合化した運賃システムにするということです。 1路線だけで駅数も少ないモノレールをこの統合運賃システムに含めることは容易にできるでしょうが、果たして数多いバス路線ではスムーズにいくのかな?)

【気象庁が季節風の起こす荒天に警告を出した
気象庁はクランタン州、ペナン州、トレンガヌ州、ケダー州に向けて、豪雨と雷雨に冠する黄色警告を発しました。黄色警告は、今後24時間から48時間以内に季節風起因の現象が起こる可能性を3段階にわけて警告する第一段階にあたります。

気象庁はさらに、クランタン州沖、トレンガヌ州沖、パハン州沖、ジョーホール州東部沖、サバ州沖、サラワク州沖の海上における強風と荒波に関する警告の第一段階を発しました。
21日から24日まで断続的に降る雨のために国内の低地では浸水が起こる可能性、さらに強風と突然の浸水に関しても、気象庁は警告を出しています。

ペルリス州では、これから1,2ヶ月の間に起こるであろう浸水、洪水に対して、州政府は最低限の被害に食い止める処置を取っていると、州首相が住民に確約しました。 カンガー市の2010年11月と2011年3月に大きな被害を受けた地区を訪問した、州首相は住民に呼びかけました、「住民は用心する手段を取りなさい。」

【業績が芳しくない Proton社は多方面で可能性を探っている】
(マハティール元首相時代に国策自動車会社として発足した)Proton社の現在の株主構成は、国のつまり政府の投資機関であるKazanah Naional が42.7%を所有し、被雇用者福祉基金が10.8%、 Petronas会社が7.8%の大株主です。
Proton社の今年度のこれまでの業績はあまり芳しくなく、次期決算期も上昇は望めない状況と予測されています。

Proton社は一方、Hawtai Motor 社は共同出資企業を設立して中国で新車開発する可能性を含んだ覚え書きを結びました 。 さらにProton社はマレーシアでエンジンを共同生産及び三菱自動車の委託生産ということで三菱自動車と戦略的協力関係を結ぶかどうかで話し合いを進めています。Tanjung Malim 工場には委託産できる余力が十分あると、リサーチ会社は見ています。

11月20日のマレーシア記事

【インドネシアで開催の第19回ASEAN サミットにあわせて、ナジブ首相がインドネシアの有力紙に寄せた寄稿文の一部から】
マレーシアはある側に属するという、時代遅れの発想を持つことはありません、その代わりにマレーシアとパートナーの国々の双方に上手く機能する新しい多国間主義を選びます。

50年前マレーシアは世界の車輪における一つのスポークにすぎなかったが、今日ではハブになりました。マレーシアは米国とつながっています、しかし中国ともつながりがあり、ヨーロッパともつながっている、さらに中東ともアフリカともつながりをもっている。

(ほぼ半世紀前に結成され現在10カ国からなる)ASEANコミュニティーは欧州連合の熱帯の複製のようなものを作ろうとしているわけではありません。 ASEANは一つの共通通貨、国境をなくす、一つの中央銀行といったことを考えてはいません。その代わりに、もっと堅固なASEAN にしていく、3つの柱に基づいたさらに強い連合になっていきます、その3つとは相互安全、統合した経済、社会文化的なつながりです。

私はむしろ次にように主張したい、19世紀が大英帝国の時代であったなら、20世紀が米国の時代であったら、21世紀はアジアの時代になるであろう、と。
現在の傾向が続けば中国はまもなく世界最大の経済国になるでしょう。さらに日本の引き続く(経済)力と急速に台頭するインドがある、これらの国国がアジアを計算に入れなければならない勢力にしています、・・・・・・・・

(Intraasia注:アセアンは6カ国で創設され、90年代に10カ国になった。その後日中韓が加盟国としてでなく加わったアセアン+3 ができ、さらにインドとオーストラリアとニュージーランドが加盟国でなく加わったアセアン +6 ができた。さらに米国が加わり、次いでロシアも参加だ。アジアではない国がいくつも増えた。アセアン+何々と言う呼称が奇妙に思える。 アセアン全体における巨大中国の影響をいかに和らげ米国の影響を残すかで、このところ米国が矢継ぎ早に策を打ち出していますね。南シナ海の権益を巡る中国の高圧姿勢もアセアンの面する問題の一つですが、アセアンサミットでアセアンとして足踏みを揃えることは無理なことがすでにニュースからわかります)

【全国の低所得世帯に現金を支給するための準備に入る】
世帯所得がRM 3千に満たない世帯に1回限りの現金給付を行います、そのために各種の問い合わせに対応するために、財務省は特別雲影センターを本庁内に設けることになりました。対象となる世帯が登録を開始できるのは12月1日からです。第二経済大臣は、「詳細は来週にも公表します。申請書式は登録開始になってから配布します。」 「不届きな人たちがすでに偽の申請書式を配ったり販売したりしているとのことだ。国民はこういった騙しにひっかからないようにしてください。さらに自称仲介者にも関わらないでください」

「内国収入庁(税務署)がこの実施を管轄します、対象となる人たちの手助けをする2000人のボランティアを確保した。」 1回限りの支給金はRM 500です。

(Intraasia注;今度は全国の低所得世帯が対象の現金配布なんですね。かなり大きな実施規模になることは間違いない。来年は総選挙が待っています。)

【マレーシアも太陽光発電パネルの製造拠点】
米国基盤の太陽電池メーカーであるFirst Solar Inc はケダー州Kulim工業団地にあるマレーシアの子会社で現在 1.2ギガワットの生産をしています。子会社では増産のためにRM 29億の投資をしたことで、生産高能力を今年末には1.6ギガワットに高めます。2007年に製造開始したマレーシアFirst Solar会社は24時間週日のフル生産で薄幕太陽電池のモジュールを製造しています。 同社は現在3400人の労働力を有しているとのことです。

同社幹部は言う、「マレーシアでは太陽電池産業は多いに発展の可能性がある。再生可能エネルギー法の成立やフィードインタリフシステムの導入が提案されていることなどから、太陽電池産業では投資への十分な見返りが適当な期間内に期待できます。」

業界筋が明らかにしたところによれば、Panasonic はマレーシアに500億円を投資して太陽電池パネル工場を設立することになります。同社は最初西日本にあるテレビ液晶パネル工場を太陽電池工場に変換する計画だったのですが、円高と太陽電池産業における競争激化でこの計画を取り下げました。

この消息筋によれば、マレーシア工場では2012年4月に始まる会計年度に生産開始の予定です、このことでPanasonic の太陽電池の生産量は50%増えて900メガワットになります。マレーシア工場では太陽電池セルの製造と太陽電池パネル組み立ての両方を行うことになる、と消息筋は語る。
しかしPanasonic はこの計画を肯定することを拒み、いずれ正式に発表するとしています。

(Intraasia注:マレーシアは世界市場で占める割合は小さいがすでに太陽電池の製造拠点の一つになっています)

11月19日のマレーシア記事

【第3四半期の経済成長率は 5.8% 】
中央銀行Bnak Negaraが発表した、今年第3四半期の経済成長率は 5.8%でした。これは一般的な予測を上回る数字です。今年の第1は5.2%で、第2は4.3%でした。
Bank Negara 総裁は同時に、マレーシア国民が市中銀行からローンを得るための過程を来年からもっと厳しくする指針を設けたことを明らかにしました。新指針では、自動車ローンの期間は9年が最長になり、これは直ちに実施します。

新指針は住宅ローン、自動車ローン、クレジットカード類、当座借越しを含んだ個人への金融、株式購入への金融などに関係します。公務員の債務返済比率を60ほどに制限することにもなります。民間人に対しては、銀行がそれぞれ借り手の顧客にあった比率を適用することにします。

(Intraasia注:高い成長率ですね)

【今年の空港利用者数と空港税が値上った】
マレーシア国内の空港全体において、今年9ヶ月間の航空機利用者総数は1年前に比べて12%増えて 4838万人でした。クアラルンプール国際空港のメインターミナルとLCCターミナルの扱い人数が全体の57.8% を占めました。 これは運輸大臣の明らかにした数字です。

マレーシア空港持ち株会社が国内空港における国際線利用者サービス料(空港税のこと)を値上げしたことを擁護して、内閣は2009年に値上げを承認したがその実施を遅らせていた、そのために空港が負った赤字額を政府が補填していた、この額が年間にRM 1億8千万になるので、もはやこれを政府は補助し続けていくことはできない、と大臣は説明しました。

LCCターミナルとコタキナバルのターミナル2だけがRM 32になり、その他の空港は全てRM 65になりました。国内線乗客の払う利用者サービス料は据え置きです。

【東南アジアスポーツ大会のハイライト】
インドネシアのパレンバンで開催中の東南アジアスポーツ大会において、女子ボクシング競技でマレーシア人選手は惜しくもミャンマー選手に準決勝で敗れました。48Kg 以下クラスに出場したこの26歳の華人女性は、マレーシアで初のボクシング選手です。 このスポーツ大会での女子ボクシングではこれまでもほとんどタイ女子選手とフィリピン選手が他を圧倒してきたとのことです。 

彼女の活躍でマレーシア女子ボクシングが立ち上がることになるでしょう。女性の相手がいなくて男子選手相手に練習してきた彼女は、次の東南アジアスポーツ大会も目指すと語っています。

(Intraasia注:東南アジアスポーツ大会に女子ボクシングがあるとは知りませんでした。さらにたった1人のマレーシア人の選手がいたとはなおさら知りませんでした)

【円とリンギットとの為替レート(為替相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 405.3 入手します。

11月18日のマレーシア記事

【パームオイル産業は堅調】
プランテーション産業と商品省大臣は語る、「プランテーション商品(パームオイルのこと)のトン当たりRM 3000あたりを維持しているので、プランテーション産業の見通しは良い。マレーシア産パームオイルの輸出高は今年RM 700億を超えそうです。これは電子電気産業部門の輸出高に次ぐ大輸出額です。天然ガスを石油輸出高から除外すれば、パームオイル輸出高の方が原油輸出高よりも多いのです。」

「パームオイル産出高は今年は予想の1700万トンを超える1800万トンになるでしょう。」 「パームオイル産業界は直接雇用で61万人を雇用している、これには小規模オイルパーム農園業者も含まれます。」 「政府の基本方針では、この産業は国の核になる産業の一つであると規定されています。」

【青年組織・団体における青年の年齢定義】
国の新しい青年政策の下で、青年の定義を18歳から25歳にすることになりそうです。青年とスポーツ省大臣はこの提案を説明して、「青年に関する国連の定義は15歳から24歳です、英連邦の定義は15歳から29歳までです。我々は1997年の政策を新しく起案した政策に替えることになるでしょう。 これによって2020年には、青年組織は全て、18歳から25歳までの者が組織員であり且つ幹部であるということになります。現在の上限を40歳にするまでに、かつては50歳以上の幹部もいました。」 

現在の青年組織における青年の定義は18歳から40歳になっています。 「そこで我々は国内の青年組織には、変更のために9年の猶予期間を与えます。」 起案した政策は内閣の承認が必要です。

(Intraasia注:かねがねおかしな年齢定義だと思っていました。多くの政党などの青年部では40歳近い幹部がいることが珍しくないからです。少し前までは50歳近い幹部もいましたからね。)

【ペナン州本土側の乗り合いバスの路線も中止される可能性】
(地方の多くの乗り合いバス路線が赤字に苦しんで廃止の可能性に面している中)ペナン州の本土側で運行するCityliner はすでに当局に書簡を送って、10日間の猶予後11月20日をもって路線廃止すると伝えました。Cityliner はマレーシア最大のバス会社 konsortium Transnasional Berhad の翼下にあります。

州政府の幹部はCityliner は本土側でのバス運行でRM 400万の赤字を計上するようだと、語りました。konsortium Transnasional Berhad は州政府が路線を買い上げて、それをCityLinerにキロ幾らの金で契約運行させる提案もしているとのことです。

(Intraasia注:島側では今やRapid Penang が全ルートを運行していますが、本土側でも多くのルートを運行しています。今週初め訪れたバタワースターミナルでかつて本土側でよく見かけた乗り合いバスをほとんど目にしませんでした。いわば公共企業体企業であるRapid Penangのような形でないと、不採算路線の運行は無理なんでしょうね)

【東南アジアスポーツ大会のハイライト】
インドネシアのパレンバンで開催中の東南アジアスポーツ大会において、水上スキー女子トリック種目で マレーシア人小学生が優勝しました。彼女はまだ8歳であり、これは東南アジアスポーツ大会史上で最低年齢選手の金メダル獲得者となります。

サッカーではインドネシア観客の熱狂応援の中、マレーシアチームがインドネシアチームを1対0 で破りました。

11月17日のマレーシア記事

【SPM試験では10科目+2科目受験できる】
中学5年生が年度末に受験する、全国統一試験 SPMが今週始まりました。今年の受験者数は46万8千人です。
2010年のSPM試験での全体合格率は91.2%、合格者数36万8千人でした。その内受験科目で全てAクラス(A+, A, A- ) クラスを獲得した生徒は9239人でした。主要科目は:マレーシア語、英語、歴史、数学、ムスリム生徒はイスラム教科目、非ムスリム生徒は倫理科目。これとは別にたくさんの科目が受験できます。また( 中等教育である)技能学校と職業学校の生徒はそれぞれ関連するたくさんの科目が受験できます。

SPM試験はいくつかの変化が起きてきました。それまで受験科目数に制限がなかったのですが、2010年の試験から最多で10科目に制限がもうけられました。さらに政府奨学金の考慮対象外の科目として2科目だけ追加して受験することもできます、この科目には:アラビア語、華語、タミール語、イバン語、カダザンドゥスン語、聖書知識の各科目です。

(Intraasia注:多くのマレーシア人生徒にとって一生付いて回るSPM試験の結果ですので、大変重要視されています。華語、タミール語、イバン語、カダザンドゥスン語科目は、国家は基準としては重要視しないが、少なからずの生徒や親にとっては重要な母語です、サバ州とサラワク州の国民用にイバン語、カダザンドゥスン語科目があるのはいいことですね)

【イスラム銀行の顧客の伸びを分析】
通常の銀行の顧客がイスラム銀行の顧客に転換していく伸びの方が、銀行を使わない人がイスラム銀行の顧客になるよりも高い、とのことです。Standard Chartered銀行のイスラム銀行部門のトップが、イスラム金融に関する会議でこのことを明らかにしました。 「どの銀行も、銀行を使わない人たちの間に深く浸透していくことで利益を確保できるまたは実現可能になるとは考えていません。」

通常の銀行業とイスラム銀行業の両方を運営する銀行が、この両方の銀行業をきちんと分けて運営していくことができるかという心配があります。このトップ人物の主張では、「規制は大変厳しいものであり、銀行とシャリア取締役会は、通常銀行の資産とイスラム銀行の資産の間に確実に共通のつながりがないようにしています。イスラム銀行の資産と負債は通常銀行のそれから分離するように、我々はいわば柵で覆っています。」

(Intraasia注:マレーシアは世界のイスラム金融の中心地の1つを目指しています。主要銀行は全て系列のイスラム銀行を擁しています)

【赤字に苦しむ地方の乗り合いバス路線】
ヌグリスンビラン州内を運行する乗り合いバス便会社連合が12近い赤字路線で運行を突然取り止めたため、多くの乗客が交通の足を失いました。乗客がすぐに足を確保できる可能性は低そうです。バス会社連合は3日前にそのことを州政府に通知しました。しかしバス会社連合はポートディクソン-スレンバンのような黒字路線の運行は続けるとしています。中止された路線は スレンバン-Nilai-KLIA, スレンバン-Tampin, などの路線です。

全マレーシアバス運営者協会は、政府が赤字で苦しむバス会社を救済しない限り、全国でもっとたくさんの乗り合いバス路線が止まってしまうと、訴えています。 これまでのところ返答はありません。全マレーシアバス運営者協会は次の6州の行政トップに宛てて、政府がバス路線を買い上げてくれない限り、17のバス会社が80の路線を止めてしまうという書簡を送りました:ヌグリスンビラン州、ケダー州、ペラ州、ペナン州、パハン州、クランタン州

陸上公共交通庁は近いうちにバス会社を集めて会議を開くとしています。パハン州政府は州内各地を結ぶバス赤字路線のバス会社の問題を議論する予定です。

(Intraasia注:イントラアジアは全国の数え切れない地方バス路線に、とりわけ90年代に、乗りました。つくづく感じたのはクアラルンプールと地方の乗り合いバスの間にある格差です。クアラルンプール圏とペナン州はもはやエアコンバスが主体ですが、地方ではまだおんぼろバス車輛も多いはずです。乗客の半数ぐらいは割引運賃の生徒が占めたり、ごく本数が少なくて頼りにならないから乗客が増えないなど、抱える問題は深刻なことがわかります。 マレーシアのバス運賃は低く抑えられている、それは良い面です。このためにとても黒字にならないだろうなと思える路線も多くあることを感じます、補助が必要でしょう。自動車がないからバスに乗るのであり、バイクに乗れない人たちにとってバス路線停止は死活問題です)

11月16日のマレーシア記事

【AirAsia グループ最高経営責任者のマレーシア空港持ち株会社に対する強い批判】
マレーシア空港持ち株会社は、国内の空港で徴収する空港利用者サービス料(空港税のこと)を11月15日を期して値上げしました。値上げ後の空港利用者サービス料は、国際線利用者はRM 65(旧料金RM 51)になりました、例外はLCCターミナルとコタキナバル空港のターミナル2の2箇所で RM 32(旧料金RM 25)です。

この値上げを批判していたAirAsia グループの最高経営責任者は、最初記者会見することになっていましたが、キャンセルして、インターネットのソーシャルメディア上で意見表明しました。 ”エアコン完備の馬小屋”と彼が揶揄している低コスト空港LCCターミナルの利用者が余計にRM 7も払うことになるのはあんまりであると批判し、「LCCターミナルのサービスにRM 25とは、略奪だ」 「値上げは旅行者に影響を与え、同時にエアアジアにも影響を与える。」 「徴収した空港利用者サービス料つまり空港税はAirAsia に入るのではなくマレーシア空港持ち株会社に入るのです。」 「マレーシア空港持ち株会社は表示、ゲート付近の搭乗場所、拡声装置のような乗客扱い施設を向上させようとしていない。それなのになぜ空港税をもっと払わなければならないのか。」

マレーシアでは空港利用者サービス料(空港税のこと)を航空会社が徴収することになっています、これは1980年代に政府が決めたことです。利用者が航空券を買う時に空港税も支払います。仮にエアアジアがこの空港税を空港持ち株会社のために代理徴収することをしたくないのであれば、政府のどんな決定も他の航空会社の見方を考慮に入れなければなりません。

AirAsia グループの最高経営責任者はさらに言う、「マレーシア空港持ち株式会社はたくさんの空約束ごとをしてきた、そして航空会社がそのお粗末な実行を批判される。」 「クアラルンプール空港はなぜ第3滑走路を作ろうとしているのか? 英国のヒースロー空港は6千万人の利用者なのに滑走路は2本です。航空交通システムを調整するほうが、もう1本滑走路を造るより安くつくだろう。」

(Intraasia注:民間航空会社のトップが空港会社及びその背後にある運輸省を相当強く批判していますね)

【クアラルンプール圏電車駅は通勤者向けに自家用車駐車枠をさらに増やす】
クアラルンプール圏の電車網であるLRT高架電車の 5駅とKomuter近郊電車の13駅、あわせて18の駅に、通勤者用の自動車駐車区画をさらに6000台分増やす計画です。運輸大臣が明らかにしたところでは、ほとんどの駅ですでに工事に入っています。「入札はそれぞれ駅によって異なる建設業者に与えた。全体の費用の詳細はわからないが、1駅で平均してRM 400万から800万ぐらいかかる。」

駐車区画増加の駅の中で最大はLRTのGombak 駅でRM 3千万の予算で1060台分の駐車区画を増やします。その他は両電車の駅である Bandar Tasik Selatan 駅が1024台分追加、LRTの Sungai Busi駅が214台分、 LRTのAmpang駅が990台分追加、LRTのPudu駅が500台分追加、などです。Komuter 電車の13駅では合計 2160台分を追加します。

(Intraasia 注:徒歩10分程度でも自家用車で駅まで行くことに固執するマレーシア人ですから、電車各路線では駐車区画の提供に費用をかけるわけです。こういうところで余計な費用がかさむ。通勤時に自転車やバイクで駅まで行く人はまずいません、自家用車にこだわる理由には他に、駅を起点とする周回バスが本数が少なく時間に不正確で夜は早く終わってしまうこと、夜間の安全上のため、などがあります。いずれにしろ自家用車族を電車に引き込むためにまず駐車枠を増やすというのがマレーシアのあり方です)

【Istana Negara 王宮がクアラルンプールの別の地に移転した】

国王の公邸である Istasna Negra がクアラルンプールのJalan Dutaに建設した新王宮に正式移転しました。旧王宮からの移転準備は10月中旬から順次進めていました、、15日朝儀式を行って旧王宮は54年に渡った正式にその役目を終えました。 来月現国王の下で新Istana Negaraの開城式を行います。

旧isana Negaraは1928年に地元華人長者が2階建て1一軒家を建てたことが始まりです。その後スランゴール州政府が買って改築して時のスルタンの居住宅に転化しました。さらにその後その建物を連邦政府が買って、1957年に初代国王の公邸としました。

テーマ : マレーシア - ジャンル : 海外情報

11月15日のマレーシア記事

【ペナン島の道路とトンネル建設の大プロジェクトのあらまし】
ペナン州政府は近い将来の州プロジェクトである4つの道路建設またはトンネル工事プロジェクトのために、建設業者向けの事前審査を行います。
4つのプロジェクトの内容は:
・Gurney Drive - Tun Dr. Lim Chong Eu 道路のバイパス 4.2Km
・Tun Dr. Lim Chong Eu 高速道路 - Bandar Baru Air Itam バイパス 4.6Km
・ペナン島ガーニードライブ辺り -バタワース北部地区間の海底トンネル 6.5km
・タンジュンブンガ - トゥルックバハン を結ぶ道路 12km

州公共土木部門の長は語る、この事前審査過程で経験あり信頼できるそして財務状況の良い会社を選ぶためです。「総工費RM 80億になるこれらのプロジェクトが始まるのは2015年になります。」  建設会社がこの事前審査に応募する期限は2012年14日です。

(Intraasia 注:クアラルンプール圏とはとても比較になりませんが、それでも新しい道路建設が進んでいるペナンです。フェリーが運航するペナン島 -バタワース間にトンネルを掘ることを実行に移すわけですな。まだかなり先だけど注目すべきニュースです。ペナン大橋を渡るバスの車窓から、現在建設中の第二海峡橋の橋桁がJerejak 島背後の海上にずっと並んでいるのが目に見えます。将来橋が2本になり、トンネルもできたらペナン島は交通交雑が飛躍的に増えることでしょう。タンジュンブンガ - トゥルックバハン間は海沿いを走る区間が多いため景色の良いしかし曲がりくねった道路です。バトゥフェリンギが途中にあるため観光客が利用する良く知られた道路ですね。この道路を片側車線を2車線にして広くするということのようです)

ペナン州州首相の発言、「州政府にとって最大のインフラ建設となるこれらのプロジェクトに要する費用はデベロッパーの入札にもよるが、RM 50億から80億になる。州政府が金を払うことなく、デベロッパーは一等地を手に入れることができる。これは双方両得の方策です。 州政府はプロジェクトの完成を2020年と予定しているが、早まることもありえる。プロジェクトは手の込んだ実現可能性調査を行うので、開始は2015年になるでしょう。」」

ペナン州政府はこれらの建設プロジェクトを進めるために、ガーニーードライブ周辺の州所有一等地をデベロッパーに提供する計画です。

(Intraasia注:島側の起点がペナン空港の南にある Batu Maung である第二海峡橋は中国企業が元請になって建設を進めています。)

【違法非法外国人労働者登録キャンペーンの終わった後に】
(国内に滞在する数百万人に上るだろうと推定されていた)違法非法及び合法の外国人労働者と(難民希望などの)外国人入国者を Imigresen に登録させて合法化する全国一斉の外国人労働者合法化キャンペーン は最終的に今年10月末で終わりました。このキャンペーンは生体測定のデータも登録するという方式で6Pプログラムと呼ばれました。

このキャンペーン期間中に登録した内訳は、合法外国人労働者が101万7千人、違法非法の外国人が130万3千人でした。国籍別で最多人数を占める国はインドネシア、次いでバングラデシュです。バングラデシュ人の場合、内訳は合法労働者が13万2千人、違法非法労労働者が26万7千人でした。
在マレーシアのバングラデシュ大使館は、これとは別に自国民が自主的に大使館に届けてるキャンペーンを現在行っており、来年1月初めまで続きます。

(Intraasia注:合法外国人労働者より非法違法外国人労働者の方が多かったということですね。登録せずにマレーシアから脱出したり、それでも登録しなかった人数もかなりわるのではと推測されています、いずれにしろマレーシアは外国人労働者なしになりたたない経済と社会構造です)

【コタキナバル沖の海上でカヤック乗りの日本人が事故死】
コタキナバル沖の海上で正午過ぎカヤックを楽しんでいた日本人夫妻に18人乗りのボートが追突しました。この事故で60歳の妻が死亡し、夫が怪我を負いました。この船は沖の島にあるに Gayana Resortへ従業員を送る途中でした。

11月14日のマレーシア記事

【2011年マレーシア音楽産業賞AIM】
クアラルンプールで恒例の第18回音楽産業賞の授賞式が行われました。
今年の注目は若い歌手の Yuna が最優秀ボーカル女性、年間最優秀ソング賞、などを受賞したことと、Najwa が最優秀新人アーチスト、最優秀英語歌謡賞、などを受賞したことです。
Anuara Zain は最優秀ポップソング賞、最優秀ボーカル男性を受賞、25年間活躍しているベテランの Shella Majid は年間アルバム賞を受賞しました。最優秀ロック賞はAPI が受賞し、最優秀ナシッド曲賞は Nora Feat V.O.U が受賞しました。

【国民登録庁の取る、ムスリム子供が非嫡出になった場合の命名規則 】
国家ファトワ会議が次のように規定しました: ムスリム父母が結婚登録した日から6ヶ月を経たずに生まれた子供は非嫡出であり、父親の名前を子供の名前に付けることはできない。
(Intraasia注:マレーシアのイスラム教では、男女が結婚する場合はその時点で両方とも必ずムスリムでなければならない、つまり片方だけがムスリムということは100% 認められない。仮にムスリムと非ムスリムの間に子供ができたとしても、婚姻は100%成立しません。ムスリムから生まれた子供は100%ムスリムであり、既定の命名法として子供は父親名を継ぐことになり、それが出生証明書に記載される。
ファトワとは、イスラム法学者が口頭あるいは書面において発したイスラム法学上の勧告というのが、簡単な定義だそうです)

(国民の出生、婚姻、死亡などを登録し、身分証明書を発行する役所である)国民登録庁 はこのファトワ会議の決定、1981年1月、を受けて、ムスリム父母の結婚から6ヶ月未満に出生した子供が父親名を付けることを受け付けていません。この結婚後6ヶ月未満に出生した子供が12歳になって身分証明書MyKad を国民登録庁から受け取るとき、父親名の部分は一律に bin/ binti Abdullah になるそうです。

国民登録庁長官(女性)は説明する:
2000年以来出生証明書には子供の国籍が記入されています。そこで国民登録庁は子供の生物学的父母の婚姻登録証を必要としています。ムスリムの場合、非嫡出子とは、結婚に基づかないで生まれた子供、または母親が配偶者と結婚した日から6ヶ月以内に生まれた子供をいいます。

これは、半島部での出生と死亡に関する登録法1957年に定められているように、国民登録庁の書かれた法律です、そしてその後マレーシア全国に施行されました。子供自身の名 + (息子なら)bin / (娘なら)binti + 父親自身の名 という命名法は、イスラム法と国家ファトゥワ会議の決定に基ずいており、内閣府からの1988年10月付け公文書で公知されました。

早産で生まれた赤ん坊の場合は、医院病院からその子供が医学上の理由から早産になった旨を証明する書状を、国民登録庁は必要とします。

子供が非嫡出子となった場合、その子の父親は実際にその母親と結婚しているにもかかわらず、その子供が受ける将来に渡る長い影響を国民登録庁はどう捉えるのかという質問に答えて:
この質問はイスラム教庁に尋ねて下さい。このことにおいては国民登録庁の権限外にあります。

国民登録庁は、イスラム教の機関、医師、裁判所の発行する書類での証拠に基づいた(父母からの)不服申し立てを考慮します。

一方マレーシアのイスラム教法学者の少なからずの学者が、このファトゥワ会議の定めた規定に異議を表明しているとのことです。この分野で知られたあるマレー人学者は語る、「生物学的父親である限り、子供のことを考えてその子供が父親の名前を付けることを認めるべきである、シャーフィイー学派においてこれはあまり多数派解釈ではないが。子供に罪はない。」

国民登録庁の統計では、非嫡出子の子供の率は毎年10%強になります。2010年の場合、ムスリムと非ムスリムの区別しない統計であり 52983人が非嫡出子でした。

(Intraasia注:非ムスリムはこの種のことに無関心なのが普通ですから、知る人は多くないでしょう。またムスリムの間でもあまり知られていないことが、この記事の調子からわかります。マレーシアのイスラム教はスンニ派に属しており、そしてイスラム教法の解釈におけるスンニ派の4大学派の中で、シャーフィイー学派に従っています。スンニ派の中でも、さらに学派によって、さらには同じ学派内の学者間にも違った解釈があるようです)

11月12日のマレーシア記事

【深夜の南北ハイウエーでまだバスの事故】
夜中の南北縦断高速道路でまた長距離バスの事故が起きました。事故が起きたのは04時過ぎで、ケダー州Kulim からクアラルンプールに向かっていたバスがハイウエーのTanjung Malim区間でコントロールを失って道路端で横転しました。バスには地元の中学生36人と教師3人が乗っていました。横転後何人かの乗客が車内に取り残された仲間を助けようとしていたところへ、土砂を満載したトレーラーが突っ込み、トレーラーも横転しました。この事故で助けようとしていた中学生2人と教師1人、同じグループだが別のバスの乗客であった地元UMNOの女性役員1人が死亡しました。

警察によれば、バスには運転手が2人乗っており、前輪のタイヤがパンクしたあと、コントロールを失ったとのことです。バス運転手もトレーラーの運転手もごく軽いけがで済みました。重傷を負った乗客は7人は入院し、また近隣の病院で手当てを受けた乗客は22人でした。中学生の団体は複数のバスで 前夜11時半にクリムを出発し、3日間のクアラルンプールとゲンティンハイランドのツアーの予定でした。

(Intraasia注:各紙第一面に写真を掲げている、ひどい事故です。昔からのバス事故例を考えれば、深夜の高速道路はやはり事故の危険が日中よりも高くなるといえるでしょう)

【ペナンに芸能用の劇場がオープン】
演劇などを専門に上演する芸能劇場がペナンにできて、11日に州首相を招いてオープン式を行いました。この劇場ペナン芸能センター(Penangpac) はクアラルンプールのSentul にある KLPacに範をとった劇場です。 Actors Studio と Eastern & Oriental Bhd が共同でこの劇場を作りました、場所は Eastern & Oriental Bhdが小売業を主として開発している Straits Quay(Tanjung Tokong地区) の一角にあります。

工費RM 750万をかけたペナン芸能センターは利益第一ではなく、広さ2000平米、300座席の劇場と160座席の劇場を備えています。自由なパフォーマンスショー、伝統芸能、オペラなどを上演することになります、さらに子供用の芸能学校も併設します。 
KLPacの理事でプロヂューザーは語る、「クアラルンプールで公演した内外のプロダクションが、その後も半島部北部で公演したいと思う場合が多い。そういったプロダクションの上演をもっと多くの人に見てもらうのはいいことです。

クアラルンプールの独立広場の地下にあったActors Studio は2003年に地下全体が浸水のために破壊されました。その後2005年にYTLグループの協力の下で クアラルンプール芸能センター (KLPac)が建設されました。

ペナン芸能センター(Penangpac) では年末までいくつかの自由なパフォーマンスショーを上演していきます、その一つに、日本のコスチューム展示もあります。2012年になると、ミュージカルも上演します。 www.theactorsstudio.com.my

【11.11.11 が揃った昨日は結婚登録が増えた】
11年11月11日と1が並ぶ昨日は、結婚登録が非常に好まれる日となり、国民登録庁では全国で計 723件の登録がありました。その内サバ州が最多で117件、プトラジャヤとクアラルンプールでは100件でした。庁の幹部によれば、昨年の人気日 10,10,10よりも今回はずっと多かったとのことです。

スランゴール州クランにある福建会館では、311組が集団で結婚登録儀式に参加しました。

(Intraasia注:数字にこだわることの多いマレーシア人、とりわけ華人、ですので、この種のぞろ目日にはいつも結婚登録が増えますね。11.11.11 はなぜ縁起良いかといういろいろな理屈がメディアに現われていました。まあそれを信じる者には縁起が良いということなんでしょうな。ところで福建会館の登録組数は上の別記事に含まれていないようであり、おかしな記事です。福建会館のような華人向けの限られた施設には国民登録庁の代理として結婚登録を司る人がいます)

【円とリンギットとの為替レート(為替相場)】

1万円を銀行で両替すると RM 400.0 入手します。

(Intraasia注:4.0を超えるというのは、まさに現行円高のおかげでしょう。旅行者にとっては相当なる好レートですね)

11月11日のマレーシア記事

【東南アジアスポーツ大会がインドネシアで始まる】
第26回東南アジアスポーツ大会がインドネシアで2週間の会期で開催されます。参加する国はアセアンの10カ国とチモールレステの計11カ国です。11月11日に開会式が行われるスマトラ島南部の都市パレンバンのスタジアムはまだ作業が終わっていません。各国からの参加者のための宿が不足しているため、急遽インドネシア海軍の船が2艘用意されて、宿泊に使われます。 インドネシアがこれまでこの大会を開催したのは1979年、1987年、1997年です、いずれもジャカルタが会場でしたので、今回はジャカルタとの共同開催という形で初めてスマトラ島の都市にしました。

パレンバンはこの数ヶ月、会場の建設工事遅れ、運営のまずさと汚職、資金難によって困難に面してきました。国際基準のスポーツ施設を複数個所1年以内に完成させるのはたいへんなことです、開催日が近づく中、仕上げをまだしているところです。さらに各国からの参加者8千人を十分に収容する宿泊施設がありません、選手村はわずかに2千人の収容で市のホテルで4500人です。そこでインドネシア海軍の戦艦が呼ばれた次第です。

東南アジアスポーツ大会は東南アジア以外ではおおむね無視されていますが、東南アジアでは大きなニュースなのです。

パレンバンでの運営陣は11日の開会式に間に合うようにとむちゃくちゃ急いでいました。陸上と水上競技の主会場ではまだ照明設備がまだ完全には完成していません。ゲーム村では9日の各国国旗掲揚が行われるはずでしたが、運営者側が遅らせました。 パレンバンでの輸送はタクシーが不足で問題になっています。メディアセンターは新しいビルに入居しているにも関わらず、基本設備に欠けています。ボランティアがいません、そこで外国メディアが情報を求めるのが難しい。食べ物と水がない、店まで徒歩15分もかかる。インターネット接続は非常に限られている。

(Intraasia 注:マレーシアメディアが伝える今東南アジア大会主催地の様子です。 何回もスマトラを訪れたことのあるイントラアジアはスマトラの他の都市の様子を思い浮かべると、かなり想像はできます。まあ、不充分なインフラ状況下でも大会はやるしかないでしょう。参加者に平等に不充分ですからね。)

【クアラルンプール空港で今月初め麻薬持ち込みの押収が続いた】

クアラルンプール国際空港KLIA では今月の最初の6日間だけで、RM 700万に価する麻薬が押収されました。KLIA税関の長によれば、1週間でこれほど多額の押収額はこれまでの最高だととのことです。「4件の麻薬持込を発見して逮捕したのは、マレーシア人1人、ヨーロッパ人2人、ナイジェリア人1人です。全て男性です。麻薬持込でヨーロッパ人を逮捕したのは初めてだ。」

「税関員が検査したヨーロッパ人が持っていたカバンには秘密の空間があり、そこに4.2kgのシャブが隠されていた。このため危険麻薬取引法違反で逮捕した、これは有罪になれば即死刑となる。」 また別の香港からの便でマレーシアに戻ったマレーシア人の荷物からは15袋のクタミンが発見された。「麻薬組織はカバンに設けた秘密空間に麻薬を隠しており、これは空港の荷物透視機ではほとんど発見できない。また彼らは異なる外国の空港を経由してやって来ることがわかった。税関は空港当局と協力して、空港の出口の警備を高めます、これには税関検査を受けないいわゆるグリーン通路を制限する措置も含まれる、とのことです。

【AirAsia X は株式市場の不確実性が晴れてから新規株式公開をする】
AirAsia X は新規株式公開を計画しているが、その前に世の景気と株式市場が回復することを待ちます、新規公募計画を止めたわけではない、と同社の最高経営責任者(マレーシア人)は述べました。「世界の株式市場の状態に多くのことが依存している、現在はあまりにも不確実性が充満している。」 「AirAsia X のことは当分忘れてください。航空産業のことは忘れてください」 
AirAsia X はこの10月に、新規株式公開を2012年に行うことを明らかにしました、しかし株式数は明らかにしませんでした。 

AirAsia X は所有航空機が11機あり、クアラルンプールを基盤にロンドン、メルボルン、東京などに空路を持っています。その株主構成として、AirAsia が16%、 英国のVirginグループが10%、日本のOrix Corpが11%保有しています。

テーマ : マレーシア - ジャンル : 海外情報

11月10日のマレーシア記事

【雨季の雨量増加が見込まれるが、洪水軽減プロジェクトはどれも完成していない】
全国で20の洪水軽減プロジェクトが進行中です、しかしそのどれもまだ完成していません。灌漑と排水庁の担当部門の責任者によれば、どのプロジェクトも資金面での問題があり、それぞれ進捗状況は違います。その進捗状況によって、ある程度は洪水・浸水軽減に貢献しているプロジェクトもあるとのこと。「降雨量が増えることが予想されるので、国内の各地にある低地では早ければ今月末にも洪水浸水に見舞われる恐れがある」

気象庁は先に今年の雨季は昨年より20%から40%雨量が増すと予報しました。国内の洪水浸水に見舞われやすい地方は、Rantau Panjang, Kota Baru, Dungun, Pekan, Segamat, Kota Tinggi, Alor Setar, Perlis州、ペナン州などです。 Pekan, Alor Setar, Segamat, KUching, Sibu は洪水軽減プロジェクトの進行地方に入っています。

庁の別の消息筋は語る、「2007年と2010年にひどい浸水に見舞われたジョーホール州のKota Tinggi ではこれといった洪水軽減プログラムが行われていない。排水設備が多少向上はしたが、新プロジェクトはありません。」 「専門家の調査によれば、Kota Tinggi で洪水を防止するためには15年、予算RM 22億かかる。」

灌漑と排水庁の担当部門の責任者は洪水浸水に見舞われやすい地方の住民に対して、当局の出す警報に気をつけておいてください、とアドバイスしています。

(Intraasia注:要するに自分の身は自分で守れということなんでしょう。ジョーホール州では国が特別に設定した Iskandar 開発地域では国と州が巨大な投資をしてインフラを築き向上させて新たに外資を呼び込もうとしています。KotaTinggi 地方はあいにくIskandar開発地域 からかなり離れた州の南東部にあります。 )

【国内の携帯電話とブロードバンドの普及程度】
(マレーシアの政府機構の1つである)マレーシア コミュニケーションとマルチメディア委員会(MCMC) が公表している数字です。
2011年第2四半期における国内の携帯電話の契約数は3500万人、つまり100人あたり123% の浸透率になります。世帯におけるブロードバンド浸透率は現在 61%です。政府の目標は2015年末には75%に高めたいというものです。

業界筋は主張する、「半島部における世帯の電話サービス普及率は問題ないが、ボルネオ島部におけるそれは不充分だ。」 別の大きな課題として携帯通話中の電話切れがあります。 最近就任したMCMCの新議長は業界のトップ経営陣に対して、ブロードバンドのスピードと許容量を見直すように求めています。 MCMCに昨年届いた1800件近い苦情中、ブロードバンドに関しては900件近い苦情がありました。

国内のコミュニケーションとマルチメディア業界は周波数帯の 2.6G 及び 700Mhz の割り当てに関しての当局の決定をすでに長い間待ち望んでいます。

(Intraasia注: 携帯電話は圧倒的にプリペード利用が多数派であり、且つ誰でも簡単に登録できるので、もはや使われない番号もかなりあるだろう登録数が実利用者数よりずっと多くなります、さらに数百万人の外国人労働者はほとんど全てがプリペード使用者ですから、携帯電話登録数は人口よりはるかに多いということになります。
ブロードバンドですが、携帯の3Gサービスでごく一般的な接続スピードである 数百mbps 程度でもブロードバンドの範疇です、これは快適なウエブ閲覧には程遠いスピードです。3G サービスを数ヶ月間使ったイントラアジアもその遅さと接続切れの多さに悩まされました。家庭への固定電話線によるブロードバンド接続では1Mbps 以上の契約がいくつか用意されていますので、この利用者は多い。光ファイバー接続はまだまだ利用できる地域が限られています)

【取締りで押収された違法コピー版と偽造品】
国内取引と消費者省翼下にある取締り執行部門が全国で実施してまとめた数字です。(この取締り執行部門が、違法コピー版のVCD,DVDとか偽ブランド品の販売現場や製造場所や倉庫を捜索し押収します)

2010年
違法コピー版(いわゆる海賊版)の押収件数 1728件、 その総額 RM 3000万
模造・偽造品 の押収件数 1353件、その総額 RM 1400万
2011年9月まで
違法コピー版(いわゆる海賊版)の押収件数 1658件、 その総額 RM 2000万
模造・偽造品 の押収件数 1015件、その総額 RM 1000万

11月9日のマレーシア記事

【ジョーホール州で2件のバス事故】
南北高速道路のジョーホール州の AirHitam - Johor Baru 部分で、7日午前5時ごろ長距離バスが道路を外れて排水溝に突っ込んだ事故を起こし、25人が怪我をしました、内3人は重傷です。多くの乗客は運転手が居眠りしていた、スピードを出しすぎていたと語っていました。

ジョーホール州でまたバスの事故が7日深夜起きました。今度は病院従業員を運ぶ従業員用バスが、ジョーホールバルの道路でスピードの出しすぎからカーブでコントールを失って道路外に突っ込みました、ショックで車体上部が完全に吹き飛びました。25人の乗客中6人が怪我をしました。警察は45歳の運転手を尋問しています。

この2つの事故を受けて、監督官庁の陸上公共運輸庁は(SPAD)は警察と協力して、不届きな運転手に厳しく対処するとしています。SPAD は乗客に対して、運転手がスピードを出したりしたら、直接SPADに通報するようにと要望しています。

(Intraasia注:毎年繰り返されるバス事故です。車体が2つに分かれた写真はいつみても恐ろしいものです)

【ブルジャヤエアー がランカイ島とパンコール島へフライトを始める】
(Berjaya Air は昔からクアラルンプール郊外にある Subang 空港で発着しています。 )
Berjaya Air が新たに2つの飛行先を設けました。
ランカウイ島: 2011年11月18日から運行開始、  週に4便
パンコール島: 2011年11月25日から運行開始、  週に3便 

ランカウイ島に対して、ランカウイ5ヵ年旅行発展マスター計画の下に最近自治体に予算RM 4億がつきました。この計画においてランカウイ発展公社が再編成され、森林レンジャーチームを編成することになっています。 そこでBerjayaAir はランカウイ旅行市場へ進出するのは好適だと判断したとのことです。
パンコール島に関しては、同社は2010年半ばに運行を停止したので実質的には再開といえます。
Berjaya Air はATR72-500機、Dash 7機を使用しています。 www.berjaya-air.com/

(Intraasia注:ほぼリゾート島だけが飛行地であるBerjaya Air はマレーシアの大企業グループ Berjaya Cororation に属する会社です)

【有名ピザ会社の求人広告から】
ピザ配達員 (フルタイムとパートタイム)
・バイク免許所持、シフト勤務、週末勤務、休日勤務ができること、
・フルタイム勤務で月額RM 1,600まで得られる、支給日は毎月13日
・自分のバイクで配達するのであれば、配達1回に付きRM 2.3を支給。

ピザ製造員
・シフト勤務、週末勤務、休日勤務ができること、
・基本給は月RM 1200までとなる、奨励給も付きます
・Dmonimo's Pizza の各店舗で毎日面接をしています。

(Intraasia注:これはマレーシア語紙に載っていました。華語紙ではまず見かけません。このように各言語紙の求人広告で職種の違いが多少あります)

テーマ : マレーシア - ジャンル : 海外情報

11月8日のマレーシア記事

【日本はマレーシア製家具のお得意さん】
マレーシア製の家具の輸出額は今年はRM 70億から75億になりそうです。2010年の輸出額はRM 79億でした。1月から8月までに輸出した額はRM 49億でした。マレーシア家具業協会の会長は、今年下半期は日本、インド、ロシア、サウジアラビアなどからの需要が増えて好転したと語る。「日本への輸出は1月から8月までにRM 5億5千万でした、昨年同期よりも増えました。マレーシア家具業協会にとって日本は2番目に大きな市場です、2010年は全体の8.9%を占めました。」

マレーシア家具業協会には3000社が加盟しており、その内30%ぐらいが輸出をしています。

(Intraasia注:これまでにも度々書いてますように、日本はマレーシア製家具の大きなお得意さんです。読者の皆さんの家にある家具にマレーシア製もあることでしょう)

【クアラルンプールの最高級クラスのコンドミニアム】
業界紙不動産タイムズのリポートによれば、クアラルンプールでは今年第3四半期にかなりの数のコンドミニアムが完成した、その結果新たに2278ユニットが増えた。2012年にはさらに5千ユニットを超える数が完成する予定で、その内9割は市の中心部に位置する。クアラルンプールにおける最高級クラスのコンドミニアムの平均可変資本価値は1平方フィートあたりRM 626になります、、これがクアラルンプール中心部になるとRM 900に増えます。

クアラルンプールにおける最高級クラスのコンドミニアムの平均賃貸月額は1平方フィートあたりRM 3.50 で安定しています。ただ新しく増えるユニットの数が多いことから競争がまします。

(Intraasia 注:マレーシアでは住居の広さはほとんど平方フィートが用いられます。価格も平方フィートあたりという表現は一般的です。1平米は約11平方フィートですので、換算してください。高級なコンドミニアムですから少なくとも広さ 1000平方フィートはあるでしょう、つまり賃貸額はRM 3500以上となります)

【野菜の値上がりが続く】
野菜が値上がりを続けています。 タイでの洪水被害の拡大とマレーシアでは現在雨季であることが理由だと言われていますが、(野菜の大産地でもある)キャメロンハイランドの野菜生産者組合の事務局長は語る、「数ヶ月前に実施された違法外国人労働者に対する恩赦プログラムの影響で、野菜農園では労働者不足を引き起こした。キャメロンハイランドでは外国人労働者の半分が逃げてしまった、その結果2500軒の農家に影響が出た。そして現行のタイの洪水被害とマレーシアでの雨季です。生産性が落ちた500トンからさらに350トンに減っています。」  

「現在の生産量は通常高の 30%に過ぎません。そのため野菜が値上がりしてます。キャメロンハイランドは国内野菜供給量の3分の1を生産しています」

クアラルンプールのミニ市場で新聞社が調べると、通常RM 8のチリパディがRM 13、通常RM 3のトマトがRM 5、通常RM 4のグリーンピースがRM 8でした(いずれも1kgあたりの値段)。

(Intraasia注:マレーシアは野菜と果物において国内消費のかなりの割合をタイから輸入しているので、タイの洪水被害は供給不足による値上がりを招くことはわかります。毎日大衆食堂で買う、野菜ばかりを載せた経済飯に影響がでそうなので、イントラアジアも心配です)

11月7日のマレーシア記事

【住み込みメイドとしてマレーシアにやって来たカンボジア人女性】
2008年以降これまでに家庭内住み込みメイドとしてマレーシアにやって来たカンボジア女性は4万人から5万人になります。メイド虐待がおきているとの非難に答えて、今年10月半ばカンボジア政府は、カンボジア女性を住み込みメイドとしてマレーシアへ送り出すことを禁止しました。

カンボジアにある人権監視グループがプノンペンで報告書を先週発表しました。その中で、マレーシアに送られた少女を含むカンボジア女性は訓練センターに監禁されること、マレーシアに渡るためにした大きな借金、搾取的な労働条件、こういったことに対してほとんど保護がなされていないと述べています。報告書はさらに、カンボジアとマレーシアはメイドに関する国際労働機関会議を批准するように訴えています。

また報告書は、メイドとして働くカンボジア女性が雇用過程、労働現場、帰国過程、において経験したことを、メイド自身、その家族、カンボジア政府役人、非政府組織、メイド斡旋業者、に対して今年4月5月に80のインタービューを行った結果をまとめました。報告書によれば、中には13歳のカンボジア少女を身分を偽って雇用した、仕事内容を偽って雇用した、斡旋料金を法外に課した、などの例があります。斡旋業者がメイドとして送られる女性を十分な飲食を与えずにカンボジア内にある訓練センターに強制的に監禁してしまうこと、センターから逃げれば借金地獄が待っていること、も描いています。

報告書はまた、メイド女性がマレーシアに到着すると、しばしば斡旋会社や雇用主にパスポートを取り上げられてしまうことも明らかにしています。 ひどい扱いを受けたカンボジア女性が他に連絡する所がなくてマレーシアのその斡旋会社に訴えても、また同じ雇用主に戻らされてしまう、と。

一方、良い待遇を受けた経験やそのために労働の更新を望むことを語るカンボジア女性メイドのことも、報告書は伝えています。

(Intraasia注:恐らくマレーシア側がそのまま報告書内容を受け入れるとは思えませんが、東南アジア諸国間にあるきわめて大きな経済格差、且つ自国より低経済の国を見下す差別意識の2つから、この種の外国人労働者問題は東南アジアで広く起きていると考えるのが適当でしょう。マレーシアは数の面から圧倒的に他国から外国人労働者を受け入れている国です。住み込みメイドは100%が外国人女性です。根本にある要因がなくならない限り、この種の問題はなくならない。そもそもカンボジア女性のように一般的にマレーシア人とコミュニケーションが取れない女性を住み込みメイドにするには無理がある)

【またトラブルが起きたマラッカのモノレール】
マラッカで2010年10月にモノレールが開通しました。 しかしこれまでに3回技術的なトラブルが起きていますので、停止は珍しいことではありません。3回目は先週外国人旅行者2人が車内に閉じ込められたできごとです。このため(監督官庁の)陸上公共交通委員会が、2日間の停止処置を取りましたが、その後同委員会が再検査をするまで停止の延長を命じました。

これに対して各方面から批判が出ているとのことで、マラッカ州州知事もその1人です、「これはちょっとしたトラブルに過ぎない。陸上公共交通委員会はこのモノレールは旅行者向けであり、公共交通手段ではないことを理解すべきです。」
中国語で書かれている技術サービスマニュアルがはすでに英語とマレーシア語に翻訳されたとのことです。

(Intraasia注: ということはこれは中国製のモノレールなのかな?クアラルンプールを走行しているのはマレーシアの会社が製作したマレーシア製ですが、マラッカに新たに運行を始めたことはないので、マラッカのモノレールは外国製ですね)

【続・理数科目の英語媒介教育政策の今後】

(11月5日の記事で伝えた)小中学校で数学と理科の科目だけを英語で教える PPSM I 政策の継続期間と終了時期に関して、教育省がその内容を説明するために全国の関係機関や学校に配布する通達書の内容が明らかになりました。 対象となる学校は、小学校は国民小学校と国民型華語小学校と国民型タミール語小学校、中学校は(国民)中学校です(注:国民型華語中学校という名前が一部で使われているが実質は国民中学校と変わらない) 
理数科目を全ての学年でマレーシア語だけで教える開始年は小学校は2016年、中学校は2021年ですが、その通達書によると;

それ以前に各学校の裁量で両科目をマレーシア語で教えることもできます。例えば2012年の場合、これまで両科目を英語媒介で教えられてきた小学校3学年から6学年で英語媒介を続ける、マレーシア語媒介にする、英語とマレーシア語媒介の両言語にする、という3つの選択が取れます。これまで両科目を英語媒介で教えられてきた中学校1学年から6学年で英語媒介を続ける、マレーシア語媒介にする、英語とマレーシア語媒介の両言語にする、という3つの選択が取れます。なお小学校1学年と2学年はマレーシア語媒介だけになる。

教育省の長官は、各学校はその学校の生徒の事情に応じて対応することができると説明しています、「たとえばある中学校は両科目を教える際、マレーシア語のクラスと英語のクラスを設けることもできる。」

小中学校の全生徒対象に国が実施する統一試験における使用言語に関しても、通達書で明確になっています;
小学校6年生が受けるUPSR 試験で選択できる使用言語: 国民小学校と中学校では2015年まではマレーシア語、英語、この両言語、国民型華語小学校では2015年までは華語、英語、この両言語、国民型タミール語小学校では2015年まではタミール語、英語、この両言語、 2016年からはすべての小学校でマレーシア語だけとなる

中学校3年生が受けるPMR 試験で選択できる使用言語: 2018年までは英語、マレーシア語、この両言語、 2019年以降はマレーシア語だけとなる

中学校5年生が受けるSPM 試験で選択できる使用言語: 2020年までは英語、マレーシア語、この両言語、 2021年以降はマレーシア語だけとなる

(Intraasia注:学校にはこの他にイスラム教を主に教える宗教小中学校、技能中学校、独立中華中学校などがあり、複数の教育媒介言語が入りくんでおり、さらに統一試験がいくつもあるといったように、マレーシアの教育制度は複雑です。この場で詳しい説明はとてもできませんので、興味を持たれた方はイントラアジアの「今週のマレーシア」をお読みください。今後何年間は学校が生徒事情に応じて媒介言語を選択できるようになるそうですが、現実として理数科目において媒介言語別にクラスを作ることができる学校がどれほどあるだろうか?教師と教室に限りがありますからね。また英語で理数科目を教えることのできる教師が足らないことが、このPPSM I 政策実施以来指摘されてきました。確かにそうでしょう、例えば中学校高学年で習う微分積分のような難しいことを、マレーシア語でも英語でも同様に教えることができる数学教師は少ないだろうことが想像できます)

テーマ : マレーシア - ジャンル : 海外情報

11月6日のマレーシア記事

【2011年上半期の主要経済分野での目標達成率】
(2009年4月に就任した)ナジブ首相は最も基本にとする政策として経済転換プログラム (ETP)を2010年に発表しました、ETPの下でマレーシアを2020年には高所得国家にするというものです。経済転換プログラムには様々な改革と成長促進策が織り込まれます、そして2020年にマレーシアの国民総所得をUS$5230億、つまり国民1人当たりの所得額をUS$15000 に引き上げます。この額は世界銀行が定義する高所得国と認める最低限の額となります。

経済転換プログラムに基づいて、2020年までに海外からの投資としてUS$4440億を呼び込む、新たに330万人分の職を創出するという目標があります。経済転換プログラムを円滑に実行していくために、政府の期待する国内総生産高GDPの10年間の平均年間成長率が 6%となっています。経済転換プログラムではまた、重点的に取り組む 12の主要経済分野(NKEA) を設定しています。

(以上のことを大前提として)2011年の経済をみます。
2011年の年間達成目標に対する上半期の実績を、内閣の大臣が長を務める政府直属の専門部門、Pemandu と呼ばれる、が発表しています。
国民総生産高 RM 4940億 においては58%
民間からの投資 RM 830億 においては62%
新規雇用創出 68万人分 においては44%

(Intraasia注:経済転換プログラム (ETP)はナジブ首相の根本方針です、彼はそのためにいくつかの部門を作ったり付随政策を発表しています。かつてマハティール元首相が宣言した2020年までにマレーシアを先進国入りさせるという基本方針を踏襲しているともいえますが、志向スタイルや手段は違います。マレーシアの首相は長期政権であることはまず揺るがないでしょうから、この種の国家目標を首相の基本方針として進めていくことがし易いといえます)

【ブロードバンド広告 P1 4G 】
新しく手ごろな価格のブロードバンド WIGGY 39 が出ました。限られた期間だけの提供です、最初の2ヶ月はわずかRM 19です。
WIGGY プラン 39
戸外使用に最適なブロードバンドです
USBモデム タイプ: 
ダウンロードスピード 1Mbps, 許容使用量 2GB,
料金 1ヶ月目 RM 19、2ヶ月目 RM 19、3ヶ月目 RM 29、4ヶ月目 RM 29、 5ヶ月目以降 RM 39
最初にかかる開始手数料 RM 100

(Intraasia注: P1 はよく知られた唯一WiMax 方式のブロードバンドサービス会社です。 4Gサービスを少し前から開始しており、その値下げしたパッケージ広告です。マレーシアはどの会社もダウンロード量に制限を設けています)

11月5日のマレーシア記事

【理数科目の英語媒介教育政策の今後】
(Intraasia 注:小中学校で数学と理科の科目だけを英語で教える(もちろん英語書記の教科書で)という政策は、2003年にマハティール元首相政権が導入して、小学校と中学校でそれぞれ適用する学年を毎年下から1つずつ増やしていきました。以来このことはマレー人、華人、インド人、といった民族枠を超えてずっと論議が続く大きな論点であり、且つ社会的関心事でもあります。当「新聞の記事から」でも数多く扱ってきました。ナジブ首相政権になってこの政策、PPSMI 政策と呼ばれる、を多少見直すということが表明されてすでに1年以上立ちました。ようやく枠組みがはっきりしたようです)

2009年にナジブ政府は、国民小学校中学校、国民型華語小学校、国民型タミール語小学校における理数科目英語媒介の教育である、このPPSMI 政策を見直すかもしれないことを示唆しました。 2011年に小学校入学した1年生には理数科目をマレーシア語で教えています。

このPPSMI 政策に関してナジブ内閣が最近決定したことを踏まえて、ムヒディン副首相兼教育大臣は語る、「PPSMI 政策についての論議にもう関心はない。父母は政府がことに対して反応していることを理解してくれると期待します。 この件に関する(現内閣の)方針文書をまもなく全国の学校に送ります。 各学校には選択がある、つまり理数科目を英語だけで教える、マレーシア語で教える、両言語で教えるの3選択です。」 「PPSMI 政策を終わりにするからといって、政府は英語の重要さを無視しているわけではない。」

ナジブ内閣が決めた、PPSMI 政策の継続期間と終了時期
現在小学校2学年生が進級して中学校5学年を終える年 2020年
現在小学校3学年生が進級して中学校5学年を終える年 2019年
現在小学校4学年生が進級して中学校5学年を終える年 2018年
現在小学校5学年生が進級して中学校5学年を終える年 2017年
現在小学校6学年生が進級して中学校5学年を終える年 2016年
現在中学校1学年生が進級して中学校5学年を終える年 2015年
現在中学校2学年生が進級して中学校5学年を終える年 2014年
現在中学校3学年生が進級して中学校5学年を終える年 2013年
現在中学校4学年生が進級して中学校5学年を終える年 2012年
現在中学校5学年生が進級して中学校5学年を終える年 2011年

理数科目を全ての学年でマレーシア語だけで教える開始年
小学校は2016年、  中学校は2021年
(Intraasia注:現在小学校2年生は英語媒介で教えられているので、その生徒が中学校を終える2020年が最終的なPPSMI政策の終わりということです。小学校の場合は、英語媒介で授業を受けている現在の2年生が卒業するのが2015年なので翌年の2016年からは全ての学年でマレーシア語媒介になるということです)

ムヒディン副首相はさらに語る「調査によれば、すでに多くの学校が理数科目をマレーシア語で教えているようだ。全国の7495校の小学校の5% だけが英語媒介で教えている。中学校の場合は全国 2192校中の9% に過ぎない。」 「マレーシア語で教え始めた学校のために、教育省はマレーシア語書記の教科書をすでに発行しています。」

マハティール元首相はこの件で国民投票を実施するように示唆しました。

(Intraasia注:この問題はマレーシアという国情をよく知らないと本筋が伝わりません。マレーシア国も国民も元英国植民地という歴史を十分に反映して英語志向であり、いろんな面で英語依存と英語重視があります。ですからPPSMI 政策を止めてもこの志向が変わることはありえない。しかし教育という面からいえば、小学校低学年から英語で理数科目を教えられれば、英語を日常的に使わない多くの家庭の子供たちにとっていかに負担になるかはこれまでにも強調されてきたことです。英語を話さない子供たちが理数科目を英語だけで教えられたら、一部の生徒を除き、学習の困難さがより増すことは容易に推測できますよね。
またとりわけ華人界から、華語小学校では華語で教えるあり方を維持させたいという強い要望が絶えない。現に華語小学校ではむしろ華語を主にして両科目を教えている所が多いそうです。マレー人の多い田舎部ではマレーシア語を交えて教えざるをえないようです。マレー人界からはマレー民族主義的観点からマレーシア語媒介への復帰を望む声が絶えない。このように同床異夢的にPPSMI 政策に反対する声がずっとあった。一方都会の中上流層主体の英語崇拝者のPPSMI 政策支持は非常に根強く、無視できない数である。
なぜ理数科目だけをあえて英語媒介にするか、それはマハティール元首相及び英語媒介支持層の主張によれば、国を発展させるために必須だという理由です。現状として確かにマレーシアの高等教育では理数科目はほぼ英語だけになっているが、高等教育を受けない生徒たちにとって、理数科目を英語で習う必然性がありませんね。全員が必要とすることのない理科と数学の分野での上級英語力をつけるために、全ての子供が小さな時から母語と国語以外の言語で理数科を学ばなければならないという、不条理さをつく論理がマレーシアではごく少ない。反対側も賛成側も英語の必要さを強調しつつも、民族主義的論理にすりかえたり、田舎の生徒は不利だという理屈になってしまう。不利とか有利といった実利からではなく、初中等教育の根源として、母語と国語で教育すべきです、エリート向け教育は中等教育の後期以降にやればよい。)

【クランバスターミナルが閉鎖された、数年後に電車の地下駅となる】
(クアラルンプール圏の新しい公共電車プロジェクトMy Rapid Tranit、 省略形 MRT、では、クアラルンプール市内の地下鉄区間 9.5km の建設のためにいくつかの地点で地上の建設物などに影響が出ます。MRT Sungai Buloh - Kajang 路線は51km となる)
その一つ、Pasarama Kota (通称クランバスターミナル)ビルは11月1日を持って閉鎖されました、それに伴ってこれまでのバス運行サービスはプドゥラヤ(新名称はPudu Sentral )に移転しました。 閉鎖はこの場所に新しく地下駅 Pasar Seni MRT駅を建設するためです。

Pasarama Kota の閉鎖に伴って、クアラルンプール市庁は長年その建物内外で商売をしてきた小商売人 13人を、すぐ近くにある高架電車pasar seni 駅の敷地内で商売を続けられるように手配しました。

(Intraasia注:2000年ごろ以降のクランバスターミナルはかつての賑わいがすっかり消えていたが、それでもバス運行はあった。ついに大衆交通史上欠かせないこの場所も閉鎖されたわけですね。そして数年後に新地下駅として蘇るわけか)

【円とリンギットとの為替レート(為替相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 394.7 入手します。
それぞれ銀行での外貨からの両替レートです: US$1 = RM 3.08,   Sin$1 = RM 2.43

(Intraasia注:大都市の公認両替屋ならこれよりわずかに良い所が多い。 クアラルンプールのKLIA もLCCターミナルも空港内の両替窓口は24時間が多いので、その日分くらい両替しておけばいいでしょう。なおレートが極めて悪い日本の銀行でわざわざ両替する必要はありませんよ)

11月4日のマレーシア記事

【従順な妻のクラブという、小さなムスリム女性グループが発行した小冊子】
(マレーシアのイスラム教のあり方にそむく異端のムスリム組織であるとして、90年代にイスラム教当局と政府から組織解散命令と団体禁止の措置を受けた、al-Arqam というかなりよく知られた組織がありました)
そのal-Arqam の元メンバーが設立した団体(会社形態をとる)が組織したグループ ”従順な妻のクラブ”が、少し前に性のガイドを綴った小冊子を発行しました。書いたのはこのクラブの女性創立者です。

その内容が(一部の人たちから)論議を呼び)、内務省が直ちに発禁とすることを発表しました。 内務省によれば、この小冊子を所有していると最高RM 5000までの罰金、販売用として再製すると、最高3年の懲役に処せられるとのことです。

”従順な妻のクラブ”の会長は、内務省の発禁を受けて語る、「内務省がだめだと言うのであれば、それに従います。ただ会員がどうしたいかは会員次第です。会員には小冊子が渡っており、彼女たちはすでに読んでいます。発行は止めますので、内務省に禁止再考の訴えはしません。」 「 反応は肯定的でした。性生活に問題ある夫婦の多くが言うには、小冊子の知識は役立った。」 40冊以上が発行されたとのことです。

(Intraasia注: al-Arqamはその最盛期にはニュースになり、街でもよく見かけたことを覚えています。当時ビジネス活動を伴った仲間拡大活動で勢力を伸ばしていた。しかしマハティール元首相政権がal-Arqamを禁止し解散させた。その後10年ぐらいたって元メンバーが名称を変えて活動しているようなニュースが数回あった。イスラム教当局は常に全国でこういったムスリムグループの活動を監視しているようであり、マレーシアイスラム教の許容範囲を逸脱すれば、直ちに禁止などを措置をとることが、ニュースからわかります。この女性クラブは名前からして何やら独自グループの匂いを感じさせますが、当局は例えこんな小さなグループでも見逃さないということなんでしょう

| ホーム |


 BLOG TOP