プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

6月29日のマレーシア記事

【 Felada の親企業の新規株式公開】
多くの期待が集まっていた、政府系企業である Felda Global Ventures Holding Bhd のBursa Malaysia ( いわゆるクアラルンプール証券取引所)上場が実現しました。
新規株式公開での同社株価は提示価格のRM 4.55を上回る RM 5.30でした。Felda持ち株会社のこの新規株式公開の総額 RM 104億は、今年世界での株式公開において Facebook のそれに次ぐ第2番目の規模になるとのことです。 このため株式公開に外国と国内の投資家から大きな関心を集めていました

 Felda Global ventures Holding Bhdの上場に対しては、各界から反対の声が出ていましたし、今後も続くことでしょう。
Bursa Malaysia ( いわゆるクアラルンプール証券取引所)の理事長は語る、「マレーシアはアジアの新規株式公開で今年はトップ上場地だと言われている。」 

Felda Global ventures Holding Bhdのこの新規上場によって、「Felda の開発農園への入植者11万人ほどは最大で直ちに利益を得た人たちです」 とFeldaは声明の中で述べる。 Felda Global ventures Holding Bhdはオイルパーム樹農園の植樹面積で国内第2位の大所有会社であり、砂糖精製では国内トップです。またFelda Global ventures Holding Bhdが49%の株を持つ、Felda 持ち株会社は 世界最大のパームオイル生産者であり、マレーシアで2番目のパームオイル精製者です。

(Intraasia 注: Felda とは1956年に設立された連邦土地開発公社の意味であり、郡部のマレー人の貧困を解消する狙いで農園開発や入植者に便宜を図るべく国が後押ししてきました。 現在では Felda Global ventures Holding Bhd は農業分野を主に幅広くビジネスをしているそうで、インドネシアやカンボジアなどへの進出を考慮しているそうです)

【国立大学向けの準備教育ではブミプトラ割り当てを止めるべきだ】
国立大学に入学するための大学前準備教育である、マトリキュレーションプログラムと基礎コースで現在実施している民族別比率設定を廃止すべきだと、与党華人政党の馬華公會(MCA)の幹部が主張しています。

「2003年以来マトリキュレーションプログラム参加には非ブミプトラは10%だけの比率割り当てです。基礎コースはブミプトラだけになっているものがほとんどだ。そうでないコースも非ブミプトラ割り当てがある。 国立大学向けの大学前準備教育で民族割り当てがないのは中学校第6年課程だけです。だからマトリキュレーションプログラムには入れない非ブミプトラ生徒の多くは私立大学へ進む。私立大学は費用がかさむ。」

「Mara工科大学はブミプトラのためであることは理解している。そこで他の国立大学は非ブミプトラの比率割り当てを設けるべきではない。2011年の国立大学生総数の36%つまり 18万5千人はMara 工科大学の学生でした。」 「我々が華語を保持していくのは重要である一方、華人学生が英語とマレーシア語に堪能であることも不可欠です。」

(Intraasia注:全国に約20校ある国立大学は、依然としてブミプトラ割り当てを維持しています。いわゆるブミプトラ優遇政策の1つです)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 396.0 入手します。
100米ドルを両替すれば、RM 312 入手します。



スポンサーサイト

6月28日のマレーシア記事

【クアラトレンガヌの市場で普通に売られているウミガメ卵】
クアラトレンガヌの人気ある市場の1つ Pasar Payang市場を覗くと、ウミガメの卵が売られています。1袋のウミガメ卵はRM 30もします。旅行者の中には味見に買ったり、お土産に買う人もいます。 これらのウミガメ卵は、数種のウミガメから獲れたもので、危機に面しているレザーバックウミガメも含まれます。 トレンガヌ州にはウミガメ卵の販売と消費を一般的に禁止する法律はありません。

世界保護基金WWF Malaysiaや ウミガメ保護ソサイエティーなどの非政府組織はウミガメを守る活動を強化しており、一般大衆とりわけトレンガヌ州人ら地元人にウミガメ卵を食べない、売らないようにと呼びかけています。 ウミガメ保護ソサイエティーはこの何年もの間に、トレンガヌ州人とりわけ海浜の村人対象にウミガメ卵を消費するのがウミガメに負の影響を与えることを教える活動をたくさん行いました。「村人は長年ウミガメ卵を食べてきた。 彼らに卵を食べるとウミガメの数が減ることを伝えて、食べないように頼んだ。 危機に面しているウミガメ種がいることさえ知らない村人がいる。」

世界保護基金WWF Malaysiaは政府に対して、ウミガメ卵の販売を禁止する法を立法するようにと主張しています。

(Intraasia注: 以前ウミガメ卵が売られているのを見かけました、サバ州でも見かけた。 危機に瀕しているウミガメ種のことはしばしばマスコミでも取り上げれますが、興味ない人やウミガメ卵好きな人に届かないことは、事実が証明しています。ウミガメが危機に面しても直接個々人が損失をこうむるわけではないので、この種の問題は非常に対策が難しい。まあ、法律で禁止したからといって、ウミガメ販売と消費が激減するとは思いませんけどね。タバコやビールの例を考えてみればわかります)

【新紙幣の発行に備えて販売機などを早めに調整しなさい】
今年4月中旬に、中央銀行が新しい紙幣を発行するという報道が今年4月中旬にありました。種類はRM 1、RM 5、RM 10、RM 20、RM 100.
そこで紙幣を使う販売機などを設置している関係者は、新紙幣が発行されるまでに機械を新紙幣に合わせて調整するようにと、中央銀行が呼びかけの声明を出しました。新紙幣の発行は 7月13日の予定です。

中央銀行は過去数ヶ月に渡って紙幣を使う販売機などの関係者と連絡を持って、円滑な新新紙幣導入を図るようにしてきました。
詳しいことは電話 1300-88-5465, 03-2698 8044 で尋ねられます。

(Intraasia 注:RM 1紙幣をまた変更するのか、 RM 1が発行されてこれまでに既に複数回変更されていますね。 RM 20 が再登場するんですね、果たして今回は好まれるかな)

【TAR カレッジ 拉曼学院の資格を国は認める】
(華人界が設立し運営している)Tunku Abdul Rahman カレッジ(拉曼学院) のDiploma と 高等Diploma を国の機関である公共サービス庁が直ちに認定することになります。 Tunku Abdul Rahman カレッジのクアラルンプール主キャンパスを訪問してこれを発表したナジブ首相は語る、「これによって拉曼学院 の卒業生は公共サービス庁の認定を得るということです。

2008年より前にTunku Abdul Rahman カレッジを卒業した推定10万人の卒業生はDiploma と 高等Diploma を取得しているとのことです。 これによってこれらの卒業生もその資格によって国立大学に入学する、公務員に応募できることになります。 
高等Diploma の資格は英国、米国、日本、オーストラリアでは修士課程に直接加わることができる資格と認められているとのことです。

(Intraasia注:華語紙は当然大きなニュースに扱っています。拉曼学院は華人界設立の中でも最も古い高等教育機関の1つでしょう。 ナジブ首相はインド人界向け、華人界向け、ブミプトラ向けなどにいろんな報奨策を矢継ぎ早に発表しています。選挙が近いこともありますしね)

6月27日のマレーシア記事

【とりわけサバ州サラワク州では密輸ビールが氾濫している】
密輸ビールが氾濫していることに関して、業界筋は主張する:ビール密輸によって政府は徴収できるべき輸入関税と酒税を年間にRM 5億 失っている。

密輸ビールの需要は高くさらに伸びそうなので、政府の取りそこなう税額はさらに増しそうです。 密輸ビールは 500ml缶が一般に RM 6から6.5で売られている。 そしてさらに安くRM 5.50で売られている所も多い。 本来の缶ビール価格はRM 10はします。 半島部では正規の 320ml缶ビールは RM 6から7 が販売価格です。

サバ州サラワク州では密輸ビールの氾濫はさらに盛んです。 都市部の店や郡部の店では密輸ビールが堂々と売られており、320ml缶ビールが RM 10で3個買えます、中には4個買える場合もある。 半島部でも、とりわけクアラルンプール圏でもこういう格安で買える所も中にはあります。

税関と海洋取締り庁の情報では、一般に外国産ビールとマレーシア産ビールは免税港から密輸入されるとのこと。差し押さえた密輸ビールのほとんどは近隣国からのものです。  サバ州とサラワク州では正規ビールは、密輸ビール市場の大きさに負けて売れないようです。密輸ビールを売る店の人たちは言う、「密輸ビールを売らざるを得ない。」 当局の取締りの緩さを訴える声も新聞社に届いています。

現在マレーシアで課されている酒税は、ビール1リットル当たりRM 7.40 です、これはノルウエーに次ぐ世界で2番目に高い。 さらに輸入関税はビール1リットル当たりRM 5です。ちなみにタイでは 320ml缶ビールは 換算してRM 2.5前後とのことです。

別の記事で、税関に新任した税関長官は語る、「 主として過少申告によって取り損ねている関税と物品税は 年間総額RM 80億になるでしょう。」 今年の税関の徴収する税金の総額目標は RM 320億です。

(Intraasia 注:この間タバコの密輸記事を載せました、ビールの密輸も昔から公然たる秘密です。サバ州サラワク州ではもっと盛んなんですね、RM 10で3缶ビールは格安でしょう。もっともアルコール類は飲まない、とりわけビールはただでも飲みたいと思わないイントラアジアには関係ないですけど(笑)。マレーシアの合法ビールは高いので、サバ州サラワク州を訪問する方は街の店で買って飲んだ方がよさそうですな。)

【マレーシアテレビ市場ではLEDテレビが益々よく売れている】
マーケット調査会社 GfK Malaysia の発表した数字です。
マレーシアのテレビ市場で LEDテレビの占める割合が、過去12ヶ月間では37%に増えました、その1年前は17%でした。 マレーシアのテレビ市場は総額でRM 20億になります。過去12ヶ月間で国内で売れたテレビは量で50%増加し、総額で17%増えました。「LED テレビの価格が下がっていることで、より買いやすくなった。」 「 42インチのLEDテレビの平均価格は1年前が RM 3112でした、現在ではRM 2153に下がった。」 と同社。

40インチ以上の画面のテレビが全体の44%を占めるようになりました。

【マレー鉄道ジョーホール州内区間を複線電化する工事の元請会社は中国企業】
マレー鉄道の南部区間 Gemas -Johor Baru 間で複線電化工事を元請する候補会社 3社の1つが、中国の 中国鉄道建設会社の系列会社です。 ジョーホール州スルタンが中国を訪れて、この系列会社を訪問しました。そして同社にジョーホール州への投資を誘い、またIskandar開発特区に事務所を開くように勧めました。

(Intraasia注:州スルタンは単に象徴的存在ではないことのほんの一例です。)

6月26日のマレーシア記事

【全国のビジネス組織を対象にした全国経済調査】
統計庁が2010年1月から12月の期間の対象に調査した、経済活動に関する統計です。ビジネス活動を行っている組織体の総数は 66万3千ほどあり、その内サービス産業が 全体の89.2%という 最多割合を占めます。 次いで製造業が 6%。 収入面では平均月給が最高であるのは鉱業と砕石産業分野で RM 7772でした。
この統計は国内の全てのビジネス組織を対象に5年毎に行っており、近々統計庁の報告書に載ることになるとのことです。

農業: 組織体の数 8829、 被雇用者数 390708人、 付加価値額 RM 311億、 平均月収 RM 1059、
製造業:組織体の数 39669、 被雇用者数 1812360人、 付加価値額 RM 1707億、 平均月収 RM 2040、
建設産業:組織体の数 22140、 被雇用者数 974488人、 付加価値額 RM 319億、 平均月収 RM 1748、
鉱業と砕石産業:組織体の数 418、 被雇用者数 32216人、 付加価値額 RM 887億、 平均月収 RM 7772、
サービス産業:組織体の数 591137、 被雇用者数 3687787人、 付加価値額 RM 3716億、 平均月収 RM 2126、
水供給事業:組織体の数 601、 被雇用者数 25313人、 付加価値額 RM 35億、 平均月収 RM 未発表、
電気ガスなどの公益事業:組織体の数 145、 被雇用者数 41101人、 付加価値額 RM 100億、 平均月収 RM 未発表、

これらの産業の計: 組織体の総数 662939、 被雇用者総数 6963973人、 付加価値合計 RM 7075億、 

ビジネス活動をしている組織体の中で、女性が所有しているそれは 127422あります。その内サービス産業が91.5%を占めます。

(Intraasia注:会社組織だけがビジネスを行っているわけではないので、こういう用語が使われているのでしょう。農業分野の月収が際立って低いですね。 被雇用者数が700万人弱、勤労者数は1千数百万人になるので、自営業者や個人事業者、実業家、 屋台商売人のような零細商売人、公務員、などがその他の5百万人ぐらいを占めるのでしょう。それでも被雇用者総数がどうも少なすぎる感を持つ)

【交通違反者への罰金引き上げを目指す改正法案】
交通違反の罰金額などを上げることを旨として道路交通法改正法案が国会に提出されました。
無免許運転または無免許者に運転させた違反行為に対して、現行は最低額は言及せず 罰金最高額 RM 1000、懲役最高 3年、 これを最低罰金額RM 300、最高罰金額RM  2000に引き上げる、
スピード違反に対して、現行はRM 1000、これを最低罰金額 RM 300、最高RM 2000にする

(Intraasia注:法案が通ってからの話しですね。さらに現場で金を渡しても逃してもらう行為が撲滅しないと罰金引き上げ効果も半減でしょう)

【ようやくクアラルンプール新市長が決まった】
現在のクアラルンプール市長の後任選びが長引いた後、ようやく新市長が決まりました。連邦直轄領と都会福祉庁の長官、58歳、が 第10代クアラルンプール市長に就くことになりました。新市長は高級公務員として35年の経歴があり、クアラルンプール市長の任期は2年間です。

大臣によれば、国王は既に新市長任命に同意を伝えたとの事です。現市長は2008年に任命され、延長任期が7月に切れます。

(Intraasia注:マレーシアは自治体の長を選挙で選ぶ制度がありません。クアラルンプール市長も歴代、種種の職を経験した高級官僚が任命されているはずです。誰が実質的にクアラルンプール市長を任命するのだろう、報道では最終的には首相がその意向を示すかのようなありかたです)



6月25日のマレーシア記事

【今年もケニア勢が圧倒したKLマラソン】
(クアラルンプールの独立広場をスタート及びゴール地点として)日曜日早朝開催されたKL マラソンでは(今年も)ケニア人勢がトップを独占しました。
昨年の優勝者であるナイロビからやって来たケニア人、25歳、は2時間14分45秒で連覇し賞金US$17500を手にしました、昨年の優勝タイムは2時間20分でした。 2位も3位もケニア人です。女性の部でもケニヤ人が優勝、タイムは2時間40分です、2位はエチオピア人。

マレーシア人の部では、37歳の警官が 2時間42分で優勝しました。彼は賞金US$2500を得ました、これで7回目のマレーシア人の部での優勝です。マレーシア人女性部では 44歳の女性が3時間36分で優勝。

(Intraasia注:アフリカ勢はアジアへしばしば出稼ぎに来ているようで、マレーシアで開催されるオープンの大会では圧倒的強さを誇っているようです。時間的にマレーシア人選手はとてもかなわないようです。 ハーフマラソンなどに非常に多くの一般参加者があったようで、レースを終えた人たちが電車に乗っているのに昼前に遭遇しました)

【サラワク州ミリで唯一ワニ肉料理を提供しているレストラン】

サラワク州のミリ のTaman Budaya Miri 地区にあるレストランではワニの肉料理をメニューに入れています。このエキゾチックな料理はワニを見たいだけでなくワニ肉を味わいたい旅行者・訪問者を引きつけています。

喘息のような病気を持った人にとってワニ肉は解毒作用があると認めることで、訪問者らはワニ肉を食べるようです。そのレストランオ従業員は語る、「この店では3種のワニメニューがある:ワニ肉スープ RM 10、 ワニ肉のサテ 6串でRM 3、醤油あえのワニ肉。 多くのワニ肉の愛好家は華人層とイバン人です。」 「そういう愛好家は、ワニ肉は鶏肉よりも美味しいとのこと。」

店の者によれば、注文に基づいて1日に約2kgのワニ肉が料理されている、とのこと。「このレストランはワニ肉を販売する免許を得ており、何か新しいものを求める訪問者にとって選択になっている。」 
ワニ肉の供給者が語るところでは、「 ワニ肉は4箇所の養育池から持ってくる、各池には約100匹のワニが養育されている。 ミリではこの地区だけがワニ肉料理を提供しています。」 供給者はまた、「ワニ肉の市場価格は尾の部分が 1kgあたりRM 60、胴体部がRM 50です。骨の部分でさえ1kgあたりRM 20で売れる。」 「尾の部分は柔らかいのでより高いのです。」

(Intraasia注: 店名は書いてない。 1回は味見してみたいものですが、場所がミリ、しかも中心部ではないようであり、おいそれと出かけるわけにはいきません。サテ6串でRM 3とは安いですね)

【KLモノレールの4輌化はまだ先】
KL モノレールを運行する(国の資本の入った会社である)Prasarana はKLモノレールの連結車輌を 今年11月には4輌にすると発表しました。 現在の2輌編成はしばしば混雑過多を起こしています。
11月に導入予定の4輌編成は 2編成のみであり、後は2013年になってからです。

(Intraasia注:ブキットビンタンからKLSentral 区間はとりわけ混雑しており、早急に4輌化が望まれますね。プラットフォーム自体は最初からそれに対応できるように長く建設されている)

【読者の皆さんへ】
ニュースやニュースにまつわることばをお探しの場合は、当ブログ付属の機能である 「ブログ内検索」をお使いください。検索窓は左欄の中段にあります。

6月24日のマレーシア記事

【ジャカルタでのマレーシア施設への攻撃に反発する声】
ジャカルタでインドネシア人青年グループによってマレーシアの施設が壊されたり侮辱的な抗議活動を行ったことに対して、マレーシア国内の与野党から非難の声があがっています。

マレーシアが、Tor-tor踊りとGordang Sambilan (9つのドラム)はマレーシア遺産の1つであると主張していることに、インドネシア人グループが反発したものです。彼らの主張では: この2つは北スマトラのMandailing人コミュニティーで人気あり、インドネシアだけに属する伝統の1つだというものです。 
なおマレーシアの一部でもこの2つは人気あるそうです。

政府与党連合Barisan Nasinal 側のUMNO党青年部の長は言う、「マレーシアに対する攻撃は定期的に起こっているかのようだ、一部のインドネシア人がマレーシアに対して何か問題を感じる度にこういうことが起こる。」 マレーシア民族主義者の集まりであるPerkasa の会長は、「抗議者の活動は理解できない。マレーシアとインドネシアはそもそも文化遺産に共通点をたくさん持っているのです。」 野党連合の1つ人民公正党の幹部は、「この出来事は受け入れられません。大使館への攻撃は支持できない。」

マレーシアMandailing人協会の会長は失望を表明して言う、「私は先週インドネシアのテレビの生放送でこの問題を話した。マレーシアがこの踊りを自分のものだと主張しているっわけではない、でも彼らは聞こうとしない。Tor-tor踊りはマレーシアに属するのでもインドネシアに属するものでもなく、Mandailing 人に属するのです。」

今週インドネシアの有名雑誌Tempo がインドネシア副大臣の言葉を引用して載せました:マレーシア政府は Mandailing文化をマレーシアに属すると主張してはいけません。

(Intraasia注:現在のマレー人社会そのものが、先祖がジャワ系、ミナンカバウ系、ブギス系、アチェ系などとインドネシア各地から渡ってきた人たちを無視できない割合で構成されています。 よって昔の起源がインドネシアのどこどこにあっても、現在はマレー人となっている人たちに受け継がれている文化慣習は当然あります。 いずれにしろ文化慣習を愛国主義的な発想から主張すること自体に問題の根があるといえます)

【不動産デベロッパー側の言い分】
不動産と住宅デベロッパー協会は、財務省に覚え書きを提出しました。
その中で同協会は主張する: 世帯収入の増加に伴った購入可能な住宅の開発を進めていきたい、しかし低コスト及び中の下コストの住宅を建設せざるを得ないのはもう止めにしたい。こういう低コスト住宅は消費者も求めていない。 住み手がなく、過剰な低コスト住宅は資源の無駄遣いだ。そういった住宅はデベロッパー側にとって低利益という面で補助を受けているのであり、かつ政府にとってはわずかの税しか徴収できないということでこれも補助金を受けているのと同じことだ。

低コスト住宅は空き家か、そうでなければ外国人に貸し出されている。数が減少している極貧困者層は政府が建設する公共住宅(PPRという呼称)に住むことができるはずです。高級住宅の上限価格制限を撤廃すべきです、なぜならコストは増加しているからです。

(一般的な住宅開発に必須である)ブミプトラ用割り当てユニットが売れ残った場合、これを自動的に自由販売できる仕組みを、同協会は提言しています。「売れ残った割り当てユニットに罰を科すできではない、割り当ての売れ残りは需要が低いということから起こっているからです。」

6月23日のマレーシア記事

【ジャカルタのマレーシア施設をインドネシアの青年グループが襲った】
インドネシアのジャカルタで、インドネシア非政府組織の Pancasila青年グループ が、金曜日午後の礼拝後 Kunngan地区にあるマレーシア大使館の前で国旗を燃やし大使館式内に卵を投げ込みました、同グループはその後 Menteng地区にあるマレーシアホールに向かい、暴力的な行動を起こしました。

5人ほどから成る彼らはマレーシアホールの守衛らを攻撃して軽傷を負わせ、大きな石や木片を建物に投げつけました。このため窓ガラスが割れたり門が損傷しました。攻撃を受けた守衛の1人は警察に訴え報告を出しました。

Pancasila青年グループには他の学生も加わって、マレーシアがTor-tor などをマレーシア遺産の一つとして認める動きを糾弾しました。金曜日の行動はこれまでにない乱暴な行動だったとのことです。Mandailing文化論争が悪化しています。

(Intraasia注:Mandailing文化論争がどういうことかはよく知りませんので、コメントは控えます)

【学生パスを保持した外国人女性の違法活動】
クアラルンプールの中心部ブキットビンタン街にある風俗店を深夜過ぎ、警察本庁の反売春・ギャンブル・秘密結社部門が捜査して、違法労働の外国人ホステス 35人を逮捕しました。 内訳はウズベキスチャン人 15人、タジキスタン人 15人、キルギスタン人 1人、タイ人 2人の計 33人です。これらの女性、 23歳から36歳、はいずれも学生パス を所持していました。パス上ではいくつものカレッジの学生となっています。

反売春・ギャンブル・秘密結社部門の幹部の説明では、これら女性はカレッジに確かに登録しているが、出席した記録がないとのことです。「捜査したところ、女性は売春サービスにRM 500を要求していた。」 「大部分の客は外国人」

またペナン島のPintal tali 通りにあるホテルをImigresen の取締官9人が捜査して、 違法労働の2人のナイジェリア人女性を逮捕しました。2人とも26歳で スランゴール州プチョンにあるカレッジ登録の学生パスを保持していました。Imigresen幹部は説明する、「2人は1ヶ月ほど活動していたようだ。 女性の持ち物にはコンドームなどがあった。」 女性が男性をホテルに連れ込んだ時点で取締り部隊が踏み込んだとのことです。

(Intraasia 注:ウズベキスチャン人、タジキスタン人、キルギスタン人は通常この種の取締り活動で国名が頻繁にあがる国ではありません、ナイジェリア人は種種の活動でよく国名があがります。もちろんその国民の一部ということでしょうが)

【Komuter電車の現状】
KTM Komuter 近郊電車はすでに中国製車輌編成の電車を今年開始し、現在17編成を運行しています。 新たに5編成が今月末マレーシアに到着し、残り16編分は、今後数ヶ月間に徐々にマレーシアに配達されます。  マレーシアは計38編成の中国車輌を総額RM 19億で購入しました。

現在Komuter電車は、従来型電車は3両編成の22編成を運行に用いています。 Komuter近郊電車の利用者数は日に10万人とのことです。

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 391.0 入手します。

6月22日のマレーシア記事

【通産省発表の2011年貿易統計】
マレーシア通産省が 2011年報告書を公表しました。
通産大臣は語る、「欧州との貿易は適度な率で依然として伸びている。ヨーロッパからの投資も同様です。 中国の成長が落ちているが、マレーシアは順調にやっている。中国との貿易は(高い割合を)維持していくことでしょう」

2011年総輸出高、RM 6945億、における製品区分別の輸出高と比率 トップ10
1. 電子電気製品:RM 2365億、34.1%、 2.パームオイル:RM 648億、9.3%、 3.液化天然ガス:RM 500億、7.2%、 
4.化学品と化学製品:RM 472億、6.8%、 5.精製石油製品:RM 365億、5.3%、 6.原油:RM 32億、4.7%
7.機械と装置と部品:RM 236億、3.4%、 8.金属製品:RM 215億、3.1%、 9.光学と科学装置:RM 187億、2.7%、 
10.ゴム製品:RM 181億、2.6%

2011年のマレーシアの貿易取引高はRM 1兆2690億で、前年より8.7%の増加です。内輸出高はRM 6945億で8.7%の増加、輸入高はRM 5742億で8.6%の増加です。

(Intraasia注:パームオイル、天然ガス、原油とマレーシアは資源及びプランテーション農産物に恵まれていることがわかりますね)

【元マラヤ共産党書記長は老衰】
(1950年代、60年代勢力を誇ったマラヤ共産党はその後両国国境に近いタイ領土内に撤退して本拠地を置いた。共産党主流派をずっと指導していたのが中国に亡命していた書記長の陳平(チンペン)だった。マラヤ共産党は結局勢力衰退し、1989年にマレーシア政府と和平協定を結び解党した。マレーシアに帰国した共産党員もいたが、少なからずの指導者層はその後もタイ深南部の国境の町べトンに近い村で余生を送ることにした)
マレー語紙編集長によれば、88歳の元書記長陳平は年齢からくる体調悪化からバンコクの病院に収容されたが、一向に回復せずすでに意識がほとんどない状態とのこと。
陳平は2008年にマレーシアに帰国したいとマレーシア側の裁判所に訴えたが、政府や社会は強くそれを拒否し、裁判所は認めませんでした。

(Intraasia注:マラヤ独立前後頃から、マレーシアが成立し国としての黎明期が終わる頃まで、マラヤそしてマレーシア国家体制と武力対決したのがマラヤ共産党です。和平協定後にマレーシア帰国した指導者も何人かいました、しかし陳平だけはマレーシア社会は決して受け入れなかった。マラヤ共産党が国内でゲリラ戦を続けていた時代を知る国民なら誰でも知っている名前です。)

【学外で行われた学校関連のイベントでミニスカートを履いたとの理由で登校停止処分】
マラッカ州にある中学校の5年生女子生徒が、3月に校外で開催されたチャリティーイベントでミニスカートを履いたとの理由で、6月18日からの1週間登校停止処分を受けました。理由はみだらな服装をしたことで学校の評判を傷つけたというものです。 
この学校のPTAの会長は学校による処分を支持して言う、「この処分は初めてではない。同じような処分を2008年に行った。」 「2008年の出来事のあと、学校側はイベントの際は適正な服装をしなければならないというガイドラインを設定した。校外であっても学校に関連したイベントも含まれる。」

この女性との親であるビジネスマンの父親、華人、は反発して言う、「この処分は不当であり、その非難は家族を辱めるものだ。娘は泣いている。娘は成績も優秀だ。」 その女生徒は言う、「イベントの際、その場にいた教師は誰一人として服装に文句をつけませんでした。それどころか先生たちはそのイベントを組織した私の努力を誉めてくれました。」




6月21日のマレーシア記事

【マレーシア反汚職委員会(庁)の公表データ】
マレーシア反汚職委員会(庁)MACC が、2011年に起訴した案件 388件中有罪となったのは75%でした。2010年は309件中 72%でした。 有罪判決を受けた汚職被疑者の数は2011年は 463人、2010年は 272人でした。今年 5月までに有罪となったのは211人です。

マレーシア反汚職委員会(庁)は人々に訴える、贈収賄は見合わないことです。委員会の幹部は語る、「人々の間に、とりわけ外国人に、わいろは一般に認められた慣習であるという、誤まった認識がある。」

マレーシア反汚職委員会(庁)はその公式サイトで、汚職と判定された人たち 900人あまりのリスとを公表しています、それには顔写真、氏名、身分証明書番号、汚職の内容、裁判の結果などが載っている。裁判中の場合も、被疑者が控訴中などと記載が表示される。 委員会はこのリストを頻繁に更新しており、掲載された人の名前は3年後に削除される。リストに載るのは、政治家、ビジネスマンから一般市民まで様々です。

【偽造ブランドタバコの氾濫】
インドネシアから違法に持ち込まれる偽造ブランドタバコがマレーシアのタバコ市場に氾濫しており、非常に安価に販売されています。喫煙禁止を警告する識別コードまでマレーシアブランドにそっくりな偽造ブランドタバコは、市場で簡単に買えます。よく見れば偽造品だとわかります、例えば必ず記載しなければならない製造社名と住所は本物とは多少違う。

現在合法なタバコ1箱はRM 7を下回って販売は許されません、ところが首都圏の食品雑貨屋などで販売されている 偽造ブランドは20本入りでRM 4です。マレーシアブランド U2, OldTown, John の偽造ブランドは1箱RM 4で売られています。 そういう偽造ブランドタバコを売る店の者は言う、「卸し屋は週2回品物を持ってくる、また彼らは偽造ブランド品を店で売る価格を指定する」とのことです。

税関の幹部は語る、「多くの喫煙者は違法品、合法品を気にせず安いタバコを買う。」

インドネシアの端の諸島の1つバタム島、シンガポールにごく近い、でマレーシアに密輸される偽造タバコが日々製造されています。 新聞社が調べたところでは、偽造マレーシアブランドタバコ John はシンガポール経由で持ち込まれます。   この偽造タバコ工場は看板を出していません。この工場主はシンガポール在住のマレーシア人だと推定される。この工場は日々3交替制で稼動しており、少なくとも3年は操業しているようです。

近くにインドネシアブランド製造の地元タバコ工場が2つあります。1つの工場は主たる市場はインドネシア市場にもかかわらずマレーシアからも注文を受けると明らかにしました。「 わが社は有名ブランドタバコの味の80%から90%を複製することができる。」 「マレーシアへは直接送り出しません、すべてはシンガポールへ出荷します。シンガポールでは国内で移動させない限り、税金はかからない。」

マレーシア税関は、マレーシア向けに外国で偽造ブランドタバコを製造している工場に対して管轄権はありません。しかし輸入地点での監視は強められます。「我々にできるのは、輸入地点で食い留めることだけです。」 と税関の幹部。「偽造ブランドの多くは中小ブランドを偽ったタバコが多い。中小ブランドメーカーは影響を受けているはずだ。だからそういうメーカーは税関と話しあうべきです。なぜ彼らは声を上げないのか、不思議だ。」

マレーシアタバコ市場の30%を 7つの地元中小メーカーが占めています。海外資本の大タバコメーカーは、British American Tabacco, JT International, Philip Morris, です。 税関当局の取締りで、2011年押収した違法タバコは 価格高でRM 6200万でした。今年は5月までに RM 2千万相当の違法タバコを押収しました

(Intraasia注:タバコの密輸と偽造タバコの密輸は昔から知られたことです、近年マレーシアは統制価格としてタバコ価格を急上昇させたので、違法タバコの販売が増えているそうです。しばらく前は安価な違法中国タバコも話題になりました。違法滞在の中国女が売り歩いていたり、店にもおいてあった。インドネシアから入ってくる違法タバコが昔から一番多いようです。日本の JT International はマレーシアでも一定のショアを持っているそうですが、偽造タバコの影響は受けてないのでしょうね)

【公定価格たるレギュラーガソリンは RM 2.80/ リットル】
政府が価格を統制している、普通ガソリン(RON97 ) 価格が6月上旬から 10セント値下がり、1リットルあたりRM 2.80 になりました。これは世界石油価格が多少下がったことを反映したものだという、財務省の説明です。

(Intraasia注: タイよりも安い価格ですよ)

6月20日のマレーシア記事

【 Lynas 工場に暫定操業免許を与えるべきだと、国会の委員会が提言報告書】
(パハン州クアンタン近郊の町Gebeng に、オーストラリア企業 Lynas が希少金属精製工場を建設している問題は以前から地域と環境団体だけでなく政治勢力を巻き込んだ反対運動を巻き起こしてきました)
国会下院の特別委員会は、工場操業を原則的に認める、暫定操業免許を与えることを決めました。委員会は国会に提出したその報告書の中で、このLynas先端材料工場は必要条件を満たしているとし、安全などに関する31の勧告を加えています。

報告書では、工場側は規制機関の監視の下で材料の精製をしてもよいと勧告しています。「この工場プロジェクトはマレーシアの法と基準を満たしていることに、委員会は満足を表します。事実国際基準よりも厳しい規則を課しています。」 「工場による放射線被ばくは低く安全である。労働者が受ける被ばく量は平均して年間 2ミリシーベルです。一般大衆の被ばく量は年間 0.002シーベルです、」

「工場から出る残留物のリサイクルにおいて、これはグラム当たり1ベクレル以下にすべきです、」 と報告書。 「環境庁と原子力機関は早急に Gebeng 工業地区に出先機関を設置すべきです 。」
報告書の中で、「企業がオーストラリアで操業するのはそのインフラと費用の高さから経済的ではない。」 「Lynas がマレーシアのGebengを選んだのはその戦略的な場所とクアンタン港に近い、技術力のある労働力が得られる、必要な化学物質が十分に供給される、水力電力の十分なインフラが整っているということです。」

(Intraasia 注:政府側はLynasマレーシア法人の工場を稼動させたいということでしょう。ただこれで一件落着にはまだまだ早すぎます。 マレーシアは国として、官庁も企業も放射性物質を監視した、扱った経験がまだまだたいへん少ない国です)

【違法古金属取引業者の暗躍】
(半島部の電力会社である) Tenaga Nasional は電線盗難についての報告がある、「電線盗難は時期によって多寡の違いがある、古金属が高騰すれば電線盗難のために電力会社は何百万リンギット も失う。 盗難の激しい物は、電線、銅、低電圧ボード、変圧器、継ぎ板など。Tenaga Nasional の2010年度における 1万4千件の盗難があった。2011年は1万件ほどでした。2012年度は現時点で5千件です。」

マレーシアインド人金属取引とリサイクル業者協会の幹部は語る、「協会の加盟業者は約 900だが、違法業者がたくさんいる。クアラルンプール内外にはたくさんの違法業者が存在している、我々加盟業者は持ち込まれてくるマンホールの蓋や電力会社の電線などを買わないようにしている。」

消息筋は説明する、「この業界の最大の課題は 違法古金属取引業者の増加です。」 「警察や当局がこういうことにあまり関わらないことが違法業者の増加を招いている。」

古金属で買値の良い物
銅:1kgあたり RM 21、 鉄:1kgあたり RM 5、 アルミニウム/ 真ちゅう:1kg当たり RM 4、 

とりわけクアラルンプール市内外で最近またマンホール蓋と排水溝カバーの盗難が激増しています。クアラルンプール市庁は手が廻らず、暫定的に木の蓋で代替しています。蓋のないマンホールは人間だけでなく自動車さえも落ちる危険があります。
クアラルンプールのBrickfields では街灯の下部にある電気設備カバーが何十と盗まれました。電線が露出した街灯は危険です。

(Intraasia 注:イントラアジアの地元は昔既にマンホール蓋と排水溝カバーが盗難しつくされており、ほとんどはそのままつまり穴があいたままか、代替のセメント蓋になっています。この問題は当局もお手上げというところでしょう)

おことわり
6月19日は家を留守にしたので、記事を掲載できませんでした。

6月18日のマレーシア記事

【Maybank グループは投資銀行部門で東南アジアでの存在を示そうとしている】
(マレーシアの2大銀行グループの1つである) Maybank は2011年初めに、もっぱら株式仲買と投資銀行業務を主としたシンガポールの銀行 Kim Eng をRM 43億で買収しました。 Kim Eng は東南アジアと香港で株式仲買業で強い存在を持っているので、Maybank グループの投資銀行面に好結果をもたらしています。

東南アジアにおける Maybank (商業銀行、投資/仲買業、小口金融) と Maybank Kim Eng (株式仲買業、投資銀行)の各営業網
マレーシア: Maybank  392支店、 Maybank Kim Eng 2支店、  シンガポール: Maybank  22支店、 Maybank Kim Eng 4支店、
インドネシア:Maybank  351支店、 Maybank Kim Eng 6支店、 フィリピン: Maybank  52支店、 Maybank Kim Eng 3支店、
ベトナム: Maybank  2支店、 Maybank Kim Eng 11支店、 タイ: Maybank  支店なし、 Maybank Kim Eng 45支店、

【カンボジアでも系列銀行を展開しているCIMBグループ】

(マレーシアの3大銀行グループの1つ)CIMB グループはカンボジアにも系列銀行 CIMB Bank Plc、マレーシアCIMB持ち株会社が100%所有、 を擁しています。 比較的新規参加のカンボジアCIMB は2010年11月に営業を始めました、今年末の総ローン額でUS$9千万、総預金額でUS$1億を目指しています。同行幹部によれば、預金の伸びは非常に好調であり、ローンも順調に増えているとのことです。 「カンボジアではタイ企業とマレーシア企業がたくさんビジネスを展開してる、CIMB がマレーシア,タイで大きな存在を持っているため、こうした企業は東南アジアネットワークを活用することが出来る。」 

「今後5年間でカンボジアCIMB が国内のトップ10銀行に入ることを目指す。」 「カンボジアでは200万人が銀行口座を持っている、国内銀行数 30行、市場はまだ成熟していないのでCIMBが伸びる余地はたくさんある。」 「(貿易)取引は米ドルで行われるので、為替リスクは最低限だ。CIMBカンボジアは現在7支店ある、今年あと4店舗増やして11店舗にしたい。」

(Intraasia注:マレーシアの3大銀行は東南アジアの複数国家に系列銀行を擁している。CIMB はタイ、インドネシアにそれぞれたくさんの支店網を持っている。イントラアジアは昨年、タイCIMBの支店ATMで銀行カードを使って自分のマレーシアCIMB口座から手数料無しにバーツを引きだしました。換算レートは悪くない。これは非常に便利だなと実感しました。カンボジアCIMBではまだ無理なサービスのようですが、このような東南アジアネットワークは消費者にも利点が多い)

【暑く乾いた天候が続き、水不足が心配されている】
(暑く乾いた気候のこの時期半島部ではヘイズに見舞われており、各地で大気汚染指数がかなり高くなっている。雨量が少ないことから貯水池の貯水量が減っています)
スランゴール州では、州の上水道公社であるSyabas によれば、いくつかの貯水ダムの水位が大きく下がっています。 中でもSemeny 調整池とLangat 調整池です。水需要が増していることから、ペタリンジャヤ、クアラルンプール、Hulu Langat郡、Seoang郡の一部で水供給に支障が出始めています。

断水または低水圧に見舞われる可能性が高い数々の地区が明らかにされています。Syabas は既に42台の給水車をスタンバイさせています。 苦情電話は 1-800-88-5252

マレーシア人の1日1人あたりの水消費量は 226リットルです。これはシンガポールの 147リットル、タイの 90リットルよりもずっと多い。マレーシアエネルギー・グリーン技術水省の大臣は言う、「マレーシア人に推奨すべき量は 165リットルです。37%を削減すべきです」
気象庁はこの暑く乾いた天候をもたらしている 南西モンスーンシーズンは9月まで続く、としている。



6月17日のマレーシア記事

 【ナジブ内閣の基本政策 経済転換プログラム】
ナジブ首相の最も基本的で長期的な国家政策である、経済転換プログラムは内閣直属の部門 Pemandu が立案し管轄しています。
経済転換プログラムの目標は:2020年にはマレーシアの国民総所得を RM 1兆7千億に引き上げる、 そのために投資総額をRM 1兆4千億に増やし、 新たに30万人分の職を創出することです。その時点で国民1人あたりの所得額がUS$15000 になることを目標とします、この額は世界銀行が定義する高所得国家の仲間入りすることになる。

経済データ
実質国民総所得:2011年 RM 5409億、 2010年 RM 5168億
実質国民総生産(GDP) の2011年の内訳: 民間消費 54%、 公共消費 15%、 民間投資 12%、 公共投資 10%、 純貿易 8%。
公債の対国内総生産比がこの15年間高いままである: 2012年3月時点で 51%
国の単年度赤字: 2011年度は国民総生産の 5.0%に減らした、2010年度は5.4%。 2012年の目標 4.7%

【今年これまでにデング出血熱で死亡した人 21人】
ペラ州で60歳代の女性がデング出血熱で死亡しました。このため、保健省長官によれば、今年現時点まででデング熱による死者は 21人になりました。2011年の同時期に比して 7人増えています。

2012年は6月上旬までの報告では、10706人がデング熱に罹患しました。 これは昨年同期間よりも18%の増加です。長官は、「国内の72箇所がこれまでにデング熱異常発生地となったが、大流行地が生まれたとの報告はない。 住民共同の清掃活動で蚊の培養地をなくすことが急務です、とりわけスランゴール州はデング熱異常発生地が最多なのです。」

【2011年度の税収入は 最高額を記録した】
(税務署にあたりしかし税関とは別の)内国収入庁IRB が、2011年に徴収した税収は総額でRM 1096億に上りました。内国収入庁長官はこれを評して、「同様な額を2012年に徴収するのは無理でしょう。この額はこれまでにない最高額であり、2010年のRM 860億に比べてRM 230億も多かった。」

「これまでの税徴収においては対前年で RM 60億ぐらい増えるのが普通であった。」 「2012年は税徴収 RM 1100億を目指している。」
2012年度の所得確定申告兼税額決定時期に、内国収入庁が受理した 電子申告数は 210万でした、なお2011年は180万でした。」

(Intraasia 注:ここでいう税収はほとんどが所得税、法人税です。マレーシアに相続税はありません)

【独立中華中学校の数を巡る話題】
(華語で教育する独立中華中学校の総校数を巡る話題が華語新聞で続いています。華語教育界がクアンタンに新たに独立中華中学校を設立する準備を進めていることに関して、内閣は原則的には認めるようです)
政府与党連合の一角である馬華公會(MCA)で昔副総裁を務めた人物が語る、「 1960年代70年代、教育法1961年の規定では教育省大臣に国民型華語小学校とタミール語小学校を閉鎖できる権限を付与していた、これがマレーシア華人界に不安を呼んだ、 当時馬華公會(MCA)は政府との話し合いで、”現状維持”で話をつけた、つまり華語小学校や中華中学校を閉鎖せず減らさないということです、当時華人界も喜んでいた。」 「このことは決定ある種の契約ではない。紙に記録した明文規定はありません。」  「当時華語小学校を増校できないといったようなことは話し合っていない、なぜなら当時の関心は当時の現状をいかに維持するかであったからです」

「ムヒディン副首相が示したという、その当時独立中華中学校の数は現状を維持できるが増やすことはできないといった認識は、これは誤解ではないだろうか」

(Intraasia注:独立中華中学校は全国に60校あり長年この数を維持しています。華語小学校場合、校数の微増が近年認められている)

6月16日のマレーシア記事

【 AIDS / HIV(感染者)における女性の割合は10%】
マレーシアエイズ基金の会長、医師でもある、が記者会見で説明する: 保健省の統計では 1986年から2011年12月までに確定されたAIDS / HIV(感染者)の人数は94841人であり、その内 9494人が女性です。 女性の数がぐっと増えた理由は、そのパートナーとの無防備なセックスのためでしょう。男が麻薬を摂取したり性感染病の人と交渉を持っていると、そのパートナーである女性は感染する大きな危険性を持っています。

「AIDS / HIV(感染者)の状態で生きている人の数が一番多いのはクランタン州です。この数字は10年前からほとんど変化していない。これはタイに近いという地理も1つの要因です。」  「2011年に新規にAIDS / HIV(感染者)と確定された人は 3479人でした。」 「今や AIDS / HIV(感染者)は同性愛者や麻薬常習者に限定されているわけではない、一般大衆に広がっているのです。適切な対策をしないと危険な状態に向かってしまいます。」

(Intraasia : クランタン州がタイに隣接していることが理由の1つと断定されては、タイ側は不満でしょうな。以前多少言われたように、クランタン州の抱える州の特徴にかなりの理由があると思われますが、そういうことをはっきりいうと問題になりそうですね)

【若手マレー女優2人の間のいさかいがゴシップをにぎわす】
マレー芸能界若手女優2人の間で起きている言い争いがマレーゴシップ界で話題になっています。
ことの発端は、Noor Neelofa、23歳、 がインターネット上で Anzalna、24歳、 の家族をけなしたことだそうです。Anzalna はNeelofa を非難しており、弁護士に依頼してことへの対処を始めました。一方Neelofa も弁護士事務所を連絡を取りました。Anzalna はもうすぐ封切られるマレー映画 Sepah で主要な役を演じています。

(Intraasia注: マレー芸能界で売れているといっても他民族にまで知られているほど有名女優ではないはずです。写真を見る限り互いに似たような顔立ち容姿であり、若いマレー女優に一般的なタイプに見えます。30歳ぐらい近くになると消えていく若いマレー女性芸能人は少なくないとの印象があります)

【マレーシアが認定する中国の高等教育機関が800校を超えた】
中国の高等教育機関の内で、マレーシア政府がその学歴・学業を認定している教育機関数は今年3月に増えた時点で 146校でした。 マレーシア高等教育省副大臣はさらに認定高等教育機関を 674校増やしたことを明らかにしました、これによって合計 820校になります。

「これで中国の大学のほとんどを認定したことになる。 中国政府がマレーシアの高等教育機関を認定するために、我われは64校のリスとを手渡した。」 と副大臣。これは昨年合意された、マレーシア-中国相互認定協定に基づくものです。

(Intraasia 注:ナジブ首相は就任以来、積極的に中国との様々な交渉を推進しているので、これもその一環といえます)

6月15日のマレーシア記事

【公式サイトで非公表の参加者数を新聞の取材には明らかにしたマレーシアマイセカンドホームプログラム当局】
マレーシアマイセカンドホームセンターが明らかにしたところでは、2011年にマレーシアマイセカンドホームプログラムに参加を申請して承認された人数において、日本人は 423人でした、これは2010年の195人から大きく増えました。国別では2011年は日本が最多国でした、なお2010年はイランが最多国。 2011年の新規参加者数で2番目に多い国は中国で 405人。

マレーシアマイセカンドホームプログラムに参加を承認された世界各国参加者数は これまでの累計で 2012年3月時点で1万8千人を超えました。

(Intraasia注:先日イントラアジアの マレーシアマイセカンドホームプログラムブログ で、センター当局がプログラム新規参加者数と累計の国別統計を公表しなくなった点に関して論じたところです。これまで10数年公表してきて機密ではありえないのに、なぜ急に国別統計を非公表にしたのか、という疑問です。 イントラアジアが断じた通りですな、だからこうして新聞の取材には数字を明らかにしたわけです。センター当局はそのマレーシアマイセカンドホーム公式サイトでなぜ誰にも見える形で統計を発表しないのだろう? 詳しくは上のブログ名部分をクリックしてご覧ください)

【中国からパンダが貸しだされる】
マレーシアと中国の国交開始40周年を記念して、中国がジャイアントパンダの子供2匹をマレーシアに10年間供与することが決まったので、受け入れ地のプトゥラジャヤの Wetland park ではその準備にかかっています。パンダ用の囲い敷地 1.13ヘクタールはエアコン完備にします、さらに竹を植えるための土地 6ヘクタールを用意します。 パンダの到着日はまだ決まっていません。

【大手タクシー会社が導入したスマートフォンでタクシーを呼ぶサービス】
クアラルンプール圏の大手タクシー会社の1つであるComfort Taxi はスマートフォンなどを使ったタクシー予約・呼ぶサービス ”MyTeksi" を開始しました。
この”MyTeksi" サービスは携帯電話網会社の Maxis とプログラム開発の MyTeksi の3社の協力によるものです 。

タクシー利用者はこのアプリケーションプログラムまたはSMS 送信することで、タクシーを呼ぶリクエストが3分間で確認されるとのことです。折り返し、タクシー車のナンバープレート番号、運転手名、大体の到着時間、料金などが通知されます。
Comfort Taxi は8000台のタクシーを運行しており、加えて他のタクシー会社 20社もこの”MyTeksi" サービスに参加します。 試験段階において100輌のタクシーがこのサービスに参加しました。 Comfort Taxi の会長は語る、「わが社は半年以内に 500台の車に”MyTeksi" サービス用の設備を導入します。」

タクシー利用者がこのサービスを利用するにはまず、Apple アプリケーションストア、Google Play,  myteksi.com からプログラムを無料でダウンロードします。または 携帯電話から  36881番に SMS を使ってリクエストを送ることもできます。 このサービスの利用料はRM 2かかります。

(Intraasia 注:タクシーを呼ぶのは電話を使っていますから、その替わりにスマートフォンかSMS というのも便利な選択といえるでしょう。ただタクシー車輌にもこれが可能なプログラムを設置しなければならないようで、一挙に多数のタクシーがこのサービスに参加するのは無理なようですね。あるタクシー運転手が個人的に SMS を送受して客を受けていることは以前からあります)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 392.0 入手します。

【読者の皆さんへ】
ニュースやニュースにまつわることばをお探しの場合は、当ブログ付属の機能である 「ブログ内検索」をお使いください。検索窓は左欄の中段にあります。

6月14日のマレーシア記事

【世界のTakaful 市場に占めるマレーシア市場の比重が増えている】
イスラム保険であるTakaful の国際Takaful 市場において、マレーシア発行のそれが占める割合が増えており、2012年は 総額US$24億(RM 76億)になる予想です。2011年は 総額US$14億でした。

世界Takaful 会議の場で Ernest Yong 社の専門家は述べる、「マレーシアのTakaful 市場は昨年が前年比24%増えた、 保険会社あたり US$1億4千万になります。」 「東南アジア市場全体では今年は US$34億になるでしょう、2011年はUS$22億でした。」 「世界のTakaful市場の規模は今年US$120億になるでしょう。」 「湾岸諸国のTakaful 市場規模は世界のわずか5%に過ぎません。」

Takaful Ikhlas 会社の幹部は説明する、「保険購入者比率の低さと人口構成及びシャリア法に合致していることを気にする意識の向上から、アジアはTakaful 市場に参入するために魅力的な地となっている。」

【AirAsia グループのアジア戦略】
AirAsia グループの最高経営責任者は記者会見で語る: (マレーシア法人である)AirAsia Bhd は今後2年間でアジアの航空会社とさらに 5つの合弁航空会社を設立したい。そうすることで AirAsia を世界ブランドの地位につけたい。AirAsia の重点をアジア戦略に移すことは、単にビジネス面で良いだけでなく避けられない競争の先をいけるような行動にもなる。  AirAsia は需要を満たすためにさらに50機 を発注することを考慮している。注文済みの 75機は2016年までに配達されるはずです。

AirAsia Malaysia の本社をジャカルタへ移すことはありません。AirAsia Malaysia はマレーシア登録の会社であり、航空機はすべてマレーシアで登録されている。マレーシア人に約束した Now Everybody can fly という標語を保持していきます。

AirAsia 東南アジア本部がジャカルタになることに関して、最高経営責任者は説明する:AirAsia Malaysia の経営陣はAirAsia Malaysia により集中することになる。私は東南アジア運行を監督することにより時間を使います。 AirAsia Malaysia の最高経営責任者をもうすぐ任命します。  AirAsia はインドネシア航空市場で大きな会社の一つになりたい。東南アジア本部をジャカルタに置くことは、AirAsia Indonesiaのブランド力を上げる事にも貢献する。 今年末までにはジャカルタ証券取引所に上場する計画です。

(創業者の1人である) Fernandes氏が AirAsia グループの最高経営責任者であり、彼の長年のパートナーがグループ副最高経営責任者であることは変わりはありません。 変化が生まれるのは、AirAsia Malaysia の最高経営責任者が任命されることで 、Fernandes氏が AirAsia Malaysiaの日常運営に関わらなくなるということです。

【1 マレーシアメガセールスカーニバル】
マレーシアの全国的ショッピングキャンペーンである、 1 Malaysia Mega sales carnival が6月15日から始まって9月2日まで続きます。

(ある広告記事は有名ショッピングセンターを取り上げて書く) クアラルンプールのブキットビンタン街の中心にそびえる高級ショッピングセンター fahrenheit 88 は、多くの人は今でも長年使われていた名前の KL Plaza と呼びます。しかしfahrenheit 88 はビル内外の大改装工事を経たことで、多くの買い物客に嬉しい驚きを感じさせます。

ユニクロはマレーシア進出最初の店舗をfahrenheit 88 にオープンしました、この店舗はユニクロの東南アジアで最大の店舗です。他にも多くのコンセプトストアが店舗を開いています。fahrenheit 88 には200を超える店がテナント入居しています。 www.fahrenheit88.com

(Intraasia注;外観はすっかり変わってしまって昔のKLPlaza のイメージはないですね。 ブキットビンタン街のまさに一等地にある fahrenheit 88 は華氏88度という奇妙な意味のかなり高級なショッピングセンターです。ユニクロは通りに面した地上階に大きな店舗を持っています)



6月13日のマレーシア記事

【8匹の猫を死なせたペットホテルオーナーは職務怠慢を認めた】
昨年9月引き受けたペットの猫を死なせた、アニマルセンター(ペットホテル)オーナー2人は下級裁判所で猫を放置したとして有罪を認めました。

事件は昨年のハリラヤ祝日時期に、ペタリンジャヤのDamansara Dzamai  にある(いわゆる)ペットホテルで起きました。2人のオーナーは引き受けた30匹の猫に餌と水をやることを怠りまた檻を掃除しなかったという職務責任の怠慢 30点に関して、起訴されていました。職務を怠ったことで8匹の猫が飢え、衰弱などで死にました。何人かの猫のオーナーは警察に訴え報告を出しました。

2人のマレー人オーナー、共に29歳、は2011年12月に起訴された時点では裁判を申したてました。罪状は動物法1953年の44条違反であり、有罪と成ればRM 200の罰金、または懲役最高2年またはその両方に処せられます。弁護士は、2人は動物好きであり、意図して怠ったわけではないと弁護しました、「2人ともペットオーナーに陳謝しています。」

被告の1人は説明する、「世話する猫が多すぎて対応できなかった。」 検察側のスランゴール州家畜獣医庁の係官は、「この2人は100匹以上もの猫を引き受けた、引き受ける匹数を制限すべきでした。重い形を科してください。」 と裁判で訴えました。
裁判長は判決は6月末の後半で行うと、決定しました

(Intraasia注: オーナーはマレー人で、引き受けたのが猫ばかり、ハリラヤ時期ということから飼い主もムスリムがほとんどだったことでしょう。それにしても100匹も引き受けるとはね)

【国の基準金利は3%のまままに据え置く意向】
中央銀行Bank Negara は、国内需要が好調であることから、国の基準金利である 1晩もの政策金利を年利 3%のまま据え置くとしています。ただし世界景気の変化で輸出が急激に影響を受けた場合はこの限りではありません。

中央銀行総裁は語る、「ヨーロッパでのことの成り行きを観察しています。」 「国内消費需要は強く 6%から7% の伸び、投資は好調で 10%を超えている、さらに貸し出しの伸びも強い。 今年の経済成長率は依然として 4%から5%の範囲です」

【冷凍ドリアンの中国輸出を増やす 】
マレーシアは冷凍したドリアンを中国に輸出しています。農業大臣の説明によれば、「中国ではタイ産ドリアンよりもマレーシア産ドリアンが、その風味から好まれている。2011年5月から12月までの中国への冷凍ドリアン輸出額は RM 1100万、150トンでした。今後3年間はこれが年間 350トンから500トンに増える見込みです。」 
「2011年のマレーシア産ドリアンの生産額は RM 14億、 31万トンなので、わずか0.002%に過ぎない。」 

ドリアンはとげとげの殻を取り除いて輸出します。「農業省はまた中国政府に対して、そのままのドリアンを輸出販売できる許可を求めています。 マレーシアは生のドリアンを輸出するノウハウと設備を持っている。」 「輸出したからといって国内でのドリアンの価格に変化は起きません。」 「マレーシア産ドリアンは中国市場でまだ初期段階です。」 
2011年のマレーシア産ドリアンの対シンガポール輸出額は推定 RM 1800万でした。

(Intraasia 注:伝統的に送り出しているシンガポールへはもちろんドリアンそのままで輸出しています、額では大した額ではないし、中国への輸出額と大きな差はないのが意外です。中身を冷凍すると味がどの程度変わるのかな? ドリアン通ではないので味のことはわかりませんが、多分マレーシア人であれば冷凍ドリアンを味わうことなど考えられないでしょう。日本が仮に冷凍ドリアンを輸入したら売れ行きはどうなんでしょうね)

6月12日のマレーシア記事

【 2010年に離婚したカップル数 33000組】
マレーシア人における離婚率をこの10年間でみると増加傾向にあります。
マレーシア人 18歳から50歳までにおいて婚姻関係にある中で、2010年に離婚した率は 0.22% でした。 これは2000年における 0.13%、から増えています。

内閣翼下にある経済計画部の幹部によれば、離婚の8割はムスリムカップルです。この指摘の源泉は、マレーシアイスラム発展庁と国民登録庁の統計に基づきます。「離婚の原因の一つは若年結婚があります。他の理由にはライフスタイルの変化です。」
経済計画部の統計が示す所では、 2008年の結婚数は 194240件、 離婚数は 26432件。 2010年の結婚数は 207553件、 離婚数は 33788件でした。2000年はデータが欠けているとのこと。

(Intraasia注:下手な記事の代表のみたいな記事です。経済部の幹部の発言を軸にして、数字が前後して書かれており、内容が一読ではわからない。もう少し視覚的にわかりやすく書くべきです。なぜ2000年のデータが欠けているのか、その理由もないし、どういう計算法で離婚率の計算をしたかも書いてない。)

【スランゴール州インド人用火葬場 】
スランゴール州の周縁部である Kerling, Ladang ascooot, Ulu Bernam, Kuala Kubu Baru, Serendah, batu Arang などにある伝統的な火葬場は施設を運営していく資金不足に見舞われいます、そこで火葬場運営組織が否応にも料金を値上げせざるをえません。そのことが貧者をまた苦しめることになる。

貧しい人たちはそこで、クアラルンプールのチェラス地区にある公営の火葬場へ行くことも多くなる、そこでは火葬費用がわずか RM 100で済むからです。クアラルンプール市庁が運営するチェラス火葬場の管理者の言によれば、他州の100km以上離れたところからやって来た家族もありました。その家族はパハン州のMentakab やKuantanの民間火葬場では火葬費用がRM 600から700要求されるからとのことでした。

Kuala Lubu Baru の火葬場を運営する(インド人用)寺院委員会の議長は語る、「火葬場の中には1日に1遺体しか処理できないところもある。伝統的火葬法は非常に時間がかかる。1日に1死者しか処理できないことになる。」 「政治家と市民の間には、小さな火葬場を維持していくために政府が補助金を出すように訴える声があります。」

スランゴール州Hulu Selangor選挙区の国会議員(インド人)は、国会でこれを主張しているが反応は良くない,と語る。」 「 火葬場運営のヒンディー寺院委員会は火葬場維持費用にたくさんの金を必要とするわけではない、月に RM300から500だ。これに加えて、火葬場に基本的な施設を国は提供すべきだ。」 文化団体や宗教団体はこの国会議員に賛意を示す、「国かスランゴール州政府は誰にも使用料を払えるような火葬場施設ときちんとした埋葬を提供する責務がある。」

Hulu Selangor 郡のいくつかの火葬場を新聞社が調べたところ、基本的な設備さえ欠けていました。多くは数十年経っており、あばら家みたいな火葬場です。雑草が生い茂り、腐りかけた木が散らばっていました。

一方スランゴール州州政府評議会の1人であるインド人評議員は説明する、「州内のヒンディー寺院と宗教団体が運営する墓地と火葬場は州政府にそれを差し出す必要がある。これは新しい州政策として火葬場などの透明できちんとした運営を確実にしていくためです。」 「スランゴール州における現行のヒンディー寺院と州境団体が運営するシステムは消えつつあるシステムであり、止めなければならない。」 

これに対して、Hulu Selangor選挙区の国会議員(インド人)は反対の意見を表明する、「オープンさが足らないというのが問題ではなく、資金が足らないということが問題です。州政府は資金を出すべきです」

【マレーシア航空と日本航空がコードシェアリングを始める】
マレーシア航空と日本航空がコードシェアリング協定を 今年の7月1日から開始します。これによってマレーシアと日本間の路線を含めた 週 347便が対象になります。航空券は6月12日販売からこの協定の対象になります。
これはマレーシア航空が今年末までに  one word alliance の完全メンバーになる上で協力関係を発展させる戦略の一つとのことです。

おことわり
6月7日から11日まで家を留守にしたので、記事を掲載できませんでした。

6月6日のマレーシア記事

【華語教育を巡って馬華公會(MCA)と董總のあつれき】
(マレーシア華語教育界の総本山ともいえるのが全国の華語小学校の理事会と全国の華人教員らの合同組織である董教總です、その内理事会だけの組織を董總と呼ぶ。教育省の援助を受けずに華人界で独自に設立運営するのが独立中華中学校で全国に60校ある。この主要な役割を董總が果たしている)

その昔華人与党政党馬華公會(MCA) は政府との間で、独立中華中学校の数を60校に限定するとの合意をした、この改正で華語小学校の抱える問題がずっと未解決になっている、と董總が批判をしています。

これに対して馬華公會(MCA)側は、1996年に教育法を改正した際そのような合意はしていない、と反論しています、「限定するというようなことが仮にあれば、MCAは決して合意することはない。」 「董總は虚偽に基づいて馬華公會(MCA)を攻撃して問題を作り出している。」 と馬華公會(MCA)の幹部の1人で法改正当時教育省の副大臣であった人物は語る。 「当時この改正を進めたのが、当時のナジブ教育大臣、現首相、でした。」 「この改正は華語教育にとってたいへん重要な意味がありました。国が華語教育を行う小中学校を教育機構の一部として認めて、その後は国の補助金をより多く交付することにつながった。」

(Intraasia注:華語新聞はもちろんこの種のニュースをトップに持ってきます。英語紙 Star を最大株主として所有するのは馬華公會(MCA)であり、その主張は上記のようなことです。董教總はいつもながら非常なる華語主義者たちの集まりだと感じます)

【マレーシアの情報とコミュニケーション技術(ICT) 雇用市場は好調である】

マレーシアコンピューターとマルチメディア産業協会(略称 Pikom) が ”ICT 雇用市場の概観”報告書を公表しました:
マレーシアの情報とコミュニケーション技術(ICT) 雇用市場は引き続き成長が見込め、今年の賃金上昇率は対前年比 9%を予測している。
この業界での被雇用者の平均月賃金は RM 6240でsた、これは前年よりRM 614 増加しました。今年はRM 7000を超えるでしょう。

Pikom の議長によれば、「業界の雇用は(政府の政策である) マレーシア経済転換プログラムとデジタルマレーシアプランの下で伸びていくでしょう。 情報とコミュニケーション技術職への需要は非常に高い。」  「ただ心配なことは、十分な技術力を持った技術者を得られないかもしれないということです。この10年はコンピュータ科学課程を取る学生が減っているからです。」

「マレーシアの情報とコミュニケーション技術(ICT) 雇用市場の賃金は魅力ある額だが、より高額を提供している国ほどではない。 例えば2011年に香港ではマレーシアの3倍ほど、シンガポールでは2.5倍を提供している。」 「賃金差を是正しないと、我々の頭脳流出問題はより悪化してしまう。」

(Intraasia注: 正規雇用のICT技術者だけの平均でしょうが、RM 7千近いとはマレーシア雇用市場ではかなりの高水準ですね。売り手市場であることがわかります)

【たちまち売れた有名デベロッパーが売り出したある建設前コンドミニアム】
(マレーシアの巨大企業グループ IOI に属する)IOI Properties はスランゴール州のBandar Puchong Jaya にある 2.1ヘクタールの土地で住宅複合開発プロジェクトを発表しました。このプロジェクト SkyPod Residences の完成は2015年です。 フリーホールド地に建つ2つのブロックからなり 640ユニットあります。ユニットの床面積は約57平米から約115平米で、ユニット価格は RM 38万3千からRM 80万です。

(特徴として)各ユニットは外向きまたはプール側のどちらかとなります。4種類あるレイアウトは、 1バスルーム1寝室から3バスルーム3寝室まで種類があります。保安設備として24時間警備と監視カメラ設置、入館カード、エレベーター利用カードなどを導入するとのことです。 水泳プールはオリンピックサイズであり、他にもジム、ジャクージ、ヨガデッキなどが設置されます。 

SkyPod Residencesの場所は、現行の高架電車 Ampang路線で数年以内に完成する延長路線の駅に近い場所になります。開発地の近くには商業地区があり、銀行、ハイパーマーケット、病院、などが利用できる。Damansara -Puchong ハイウエー、Bukit Jalil ハイウエーなどが近辺を走っている。 www.skypod.com.my

SkyPod Residences はその多くのユニットが売り出し開始でたちまちうれてしまいました。

(Intraasia注;取材記事か広告かわからないような記事です。ただ有名デベロッパーであり、地区も発展著しい地区、そして大きなプールもある、高級なコンドミニアムという印象を十分に与えます、だから前人気が良いのでしょう。自分で住むよりも投資目的で買うマレーシア富裕層は少なくありません。こんな素敵なコンドに住めたら快適でしょうなあ)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 397.0 入手します。

(Intraasia注: 対リンギット円高が月曜日は4.0を越えるところまで行ったので、やや下がりました、それでも4.0近辺という好レートですね)



6月5日のマレーシア記事

【自殺者の割合】
保健大臣が記者会見で語る数字です。2007年から2010年のマレーシア人の自殺率は 10万人当たり 1.3人でした。 実数では3年間に1千人を超えている。 「ただこれよりも高い可能性もある。我々は検死の結果から数字を集めているからです。自殺の報告は実際よりも少ないと見ています。 

「3年間の自殺者数 1156人中で、年齢層で多いのは24歳から44歳です。 男女の割合は 男性3人に対して女性1人です。民族別では華人が最多で 48%、インド人が 21%、マレー人が18%、その他が13%です。」 「マレーシア人の自殺率は世界的に見て低い。世界の平均は10万人当たり 16人です。」 
それでもマレーシアでの自殺率は増加傾向です。そこで政府は自殺防止行動計画5年プランを 今年打ち出すとのことです。

(Intraasia 注:日本は飛びぬけて高いようですから、それから比べればかなり低い数字かもしれません。ところでマレー人の比率がかなり少ないのは、ムスリムにとって自殺は宗教的罪悪の行為だからでしょう)

【警備員の需要は益々増えている】
Imigresen 長官は説明する、「現在国内で警備員として合法に雇用されている人数は、マレーシア人が15万人で外国人労働者としてのネパール人Gurkha が5千人います。」 「約300社の警備会社がネパール人Gurkha の雇用を申請している。ネパール人Gurkha は(Imigresen の推進している生体機能を記録する)6Pプログラム下で登録している。 どんな警備会社であれ、ネパール人Gurkha を除く非マレーシア人を雇うのは違法です。ネパール人であってもGurkha人以外は警備員として雇えません。」

マレーシア警備サービス協会の議長は語る、「警備員の需要は益々増えている。新しい共同住宅や店舗や工業地区がどんどんできているらからです。麻薬中毒者を雇うような不届きな警備会社も中にはある。違法に警備員を雇っている会社があるのは残念だ。協会加盟は600社ほど、その翼下に15万人を雇っている。」 「大手の警備会社は良い警備員に時給 RM 12から15を支払える。しかし時給RM 5、ひどいときはRM 3 しか払わなければ、規律のない能力のない警備員となってしまう。」 「協会は外国人の許可比率を現行の5%から20%に引き上げてもらいたい。顧客は外国人を好むのです。」

(Intraasia 注;都会ではどこへいっても警備員がいます、ショッピングセンター、コンドミニアム、オフィスビル、住宅地などなど。警備員に外国人の顔を見るのはごく普通です、いうまでもなく、全員が合法に雇われているわけではないことはマレーシア人なら誰でも気づいています。これだけ需要が高いのに、マレーシア人に職業人気が低いから外国人労働者なくしてやっていけません。イントラアジアのアパート(コンドではない)にも警備員がいますが、グルカでないネパール人もミャンマー人もインドネシア人も雇われており、顔ぶれは頻繁に変わります。これが多くの場合の実態でしょう)

【新型Camry をマレーシアで販売】
(マレーシアでトヨタ自動車の唯一正規ディーラー会社である) UMW Toyota Motor は新モデルの Camry と86スポーツクーペを販売すると発表しました。
Camry 2.0E  RM 144900、 Camry 2.0G  RM 157900、  Camry 2.5V  RM 180900、
86 スポーツクーペ   オートマ RM 249000

UMW Toyota Motor の社長は語る、「1994年にCamry をマレーシア市場で販売してからこれまでに、9万6千台販売しました」

(Intraasia注: 正規デーラーだけでなく、並行輸入つまり例えばトヨタ車の別モデルなどを独自に輸入している販売会社はたくさんあります。もちろん官庁から輸入免許を取っての合法輸入です。ただそういう車は、きっと正規ディーラーでは整備などを受け付けてくれないでしょうが)

6月4日のマレーシア記事

【公務員は退職しても機密を漏らしてはならない】
公務員は退職した後でも、機密を扱う国家情報を漏らしてはならないと各自が宣誓したことに縛られます、とムヒディン副首相が注意を促す声明を発表しました。
「国家の安全と利益または公的機密法の範疇にあることがらに対して不利益をもたらすぅような情報を、元公務員はもらしてはいけません」 「各自が職に就いた時行った宣誓は退職しても効力を失いません。」 「公務員が退職後好みの政党に加入するのは彼らの権利であるが、しかし政府情報や機密を暴露するのはしてはならない。」

最近、高位の職にあった元公務員2人が野党陣営のPAS党に加入したとの報道がありましたので、副首相はこれに触れたものです。1人は土地と協同組合発展省の長官で、もう1人は警察本庁の重犯罪捜査部のトップを務めた警察官です。

公務員は、所属する部の長または州の事務局長の面前で、国の安全を損ないかねない情報を権限なく漏らす、使う、保持することはしないという、宣言に署名することが義務付けられています。

【ジョーホールバルのJB Sentral ビル内で売られている偽ブランド品】

ジョーホール州の出入国検査総合ビルから30kmほど離れた、ジョーホールバルの Kualaijaya のジョーホールプレミアアウトレットではブランド品がたくさん売られています:Michael Kor, Coach, Burberry, Polo Ralph Lauren, Louis Vuitton, Chanel, Prada, Georgio Armani, Hermes, Gucci など。 ブランド物ハンドバッグならRM 999から RM 2999の価格です。

一方シンガポールから入国する地点に近い場所, JB Sentral 、では 同じようなハンドバッグが1個RM 69で売られている。出入国検査総合ビルの隣にある JB Sentral には少なくとも4つの簡易組み立て式の店があり、偽ブランド品を売っている。 こういう偽ブランド品は独自のIDカードさえついており、普通の客には本物に見える。
偽ブランド品は韓国と中国から輸入されたもので、RM 69からRM 169で売られています。 店の者によれば、1人で1日に10個は売れるとのこと。「 偽ブランド品は年に4回輸入する。本物がシーズン毎に違うのと同じようにです。」

別の店員は、「顧客の多くはシンガポールで働いているマレーシア人です。韓国製の方が中国製より、より本物らしい。簡易式店はいずれも1つの会社に属している。」  「客が値引きを要求すれば、1割から3割引きます。」

国内取引と消費者省のジョーホール州長官は語る、「州で今年3ヶ月間で 偽ブランド品販売で捜査を受けた者は13人だけです、2011年は1年間で400人を超えたのです。 2011年は偽ブランド品の スポーツ衣料、ハンドバッグ、インクカートリッジ、などを幾多の取締りで押収しました、総額RM 83万になった。今年はこれまでRM 27万弱です。」 

この減少に関して長官は、該当法の改正を理由にあげます。違反者は 最高罰金RM 10万、最高懲役 3年、またはその両方です。違反が2回目になると、罰金額はRM 25万に増えます。 違反企業には罰金RM 25万が科せられ、2回目はRM 50万に増えます 。 「今年取締りで対象となった13人に対してはまだ捜査中であり、間もなく起訴します。」 情報電話は 1800-886-800 。

(Intraasia注:JB Sentral はマレー鉄道の駅が階下にある駅ビルです。ビル外側は市内近郊バスが発着し、大変にぎやかな場所ですね)

【自ら行方をくらませたというサラワク州のラジオDJ 】
(サラワク州から放送されているという)Free Sarawak Radio の DJ は突然行方がわからなくなったことに関して、サラワク州のサイトでそのサイトオーナーが DJの近況を掲載しました。 そのDJ は自身で行方をくらませたとのことで、警察に尋問されると懲らしめれると心配していたからとのことです。

6月3日のマレーシア記事

【ペラ州スルタンに対する侮辱行為で最高刑が言い渡された】
ペラ州のスルタンに関する侮辱的な書き込みをして流布させた罪で起訴されていた29歳の華人に対して、下級裁判所は有罪判決を下し、該当法が定める最高刑を言い渡しました: 罰金RM 5万及び懲役1年。

被告は2009年にペナン州の自宅でこの行為をしたとのことで、コミュニケーションとマルチメディア法の233節に違反します。もし違反が続く場合は1日につきRM 1千がさらに科されます。裁判所は被告に保釈金RM 1万とすることで、刑の執行を猶予しました。

(Intraasia 注:タイの不敬罪の重さはよく知られたところでしょう。マレーシアもタイほどではないが、スルタンに対する不敬や侮辱言動は起訴されることになります)

【青年とスポーツ省主催の大集会に 韓国から呼んだ K-Popグループが登場した】
青年とスポーツ省は5月下旬に5日間に渡って、Putrajaya で2012年青年大集会を催しました。
その際会場でコンサートが開かれた際に、韓国から 3つのK-Pop グループ, U kiss, Teen Top, Dal Shabet , が登場して歌踊りを披露しました。このため国の金をたくさん使ってK-Pop タレントを呼んだという批判が出ていました。

青年とスポーツ省幹部がこの件で釈明しました:招聘にかかった RM 9万は政府が払ったのではなく、プロモーターの Stadium First が支払った。省に対してプログラム提供者である Stadium First が責任を負うべきものです、この費用は最終的にはいくつかの協賛者が負担することになる。

(Intraasia注: かなりの金と人員を動員したそうな省主催の大きな催し兼集会に、数百万人の集会というような名称です、 K-Pop グループがそれも3つも登場したというところに、マレーシア青年層における K-Pop 人気がわかります。これは公的な主催ですから、ある特定民族の青年が集まったということではないとのことです)

【数年ぶりにインドネシア人メイドがマレーシアに送り込まれてきた】
(インドネシア政府は家庭内住み込みメイドとして自国民をマレーシアへ送り出すことを一時凍結する決定を2009年6月にしました、これはインドネシア人メイドの受ける虐待がしばしば発覚したことを受けたものです。)
その後マレーシア側とインドネシア側の間で覚え書きが2011年5月と11月に取り交わされました。その後さらにインドネシア側の要求や送り出し延期があって、ようやく6月初めになって、停止後初のインドネシア人メイドの第1陣がマレーシアに到着しました。

外国人メイド代理業者協会の議長は説明する:雇用する家庭はメイドのための銀行口座を開設して給料を振り込む、通帳はメイドが保持することになる。 覚え書きではメイドの仕事は家事一般となっているので、幼児や高齢者の介護をするかはメイドが決めることになる。雇用者はこのことをメイドに強制してはいけない。メイドは1週間に1度の休みを与えられる、ただし日曜日である必要はない。メイドの月給はRM 700、 休みの日に働かせたらRM 27を払うこと。

覚え書きに基づいて新しいメイド雇用全体の費用は、RM 4511 です。この内雇用者側が負担するのはRM 2711、メイド側が負担はRM 1800. しかしながらこの費用は、政府の承認を得てからまもなく引きあげられることになっています。

(Intraasia注:これまでいかに、非現代的な雇用をしていたかがわかりますね。メイドには週休もなく、給与の定期払いもしばしば行われず、店番から子守まであらゆることをやれと命令される、などなど。住み込み家事労働者とかお手伝いさんという訳語はふさわしくないのでメイドという単語を使っています。)

6月2日のマレーシア記事

【外国人労働者ビジネスが益々盛んになっているクラン】
スランゴール州クランのいくつかの地区では外国人労働者の存在が益々強まっています。これを証明するのは外国人所有のビジネスが顕著になっているからです、そのビジネスは 飲食店、ミニマーケット、食品雑貨屋、理髪店など。こういう外国人商売人はそれぞれの国語で書かれた看板を掲げて公然と商売しています。この種の商売がたくさんあるのは、クラン北では Persiaran Sultan Ibrahim, そしてポートクランの Persiaran Raja muda Muswa などです。

地元人は不満を語る、「外国人が Jalan Cunggah では空き地に建物を建てて飲食商売を始めている。」 また別の地元人は、「ポートクランのJalan kem は外国人の営業する赤線地区になっている。 ナイトクラブさえ営業してマレーシア人を呼び込もうとしているところさえある」 

外国人労働者であるネパール人、バングラデシュ人、ミャンマー人、インドネシア人がクランでたくさんのビジネスを展開している通りや地区は、Jalan Pos baru, Jalan Pos, Lorong Kepayang, Jalan Batu Tiga lama, Jalan Raja Hassan .
例えば Jalan Raja Hassan にあるミャンマーレストランは 別の地区で繁盛するビジネスを展開しているバングラデシュ人が営業しています。Jalan Pos baru, Jalan Posでは、たくさんのショップハウスの1階がネパール人向け、ミャンマー人向けのレストランが目立ちます。

クラン消費者協会の議長は言う、「元クラン北バスターミナルのあったあたりは今では外国人労働者に占領されている。まるで当局は何も手を打っていないかのようだ。外国人労働者はマレーシアに労働しに来たのに、どうしてビジネスを始めることができるのだろうか?」

(Intraasia 注:クアラルンプールではJalan Silang 一帯が外国人労働者ビジネスが最も栄えている場所であり、イントラアジアは何年も前からこれを伝えています。スランゴール州は工業州ですから、恐らく合法違法の100万人近い外国人労働者、国連難民が散らばっていることでしょう。そういう労働者が休みや仕事のない日に集まるための場所と通りがいくつもできており、それ自体はごく自然な現象といえます、彼らは仲間と集まる、自国の食品などを求めるからです。 地元のマレーシア人がいくら不満を語ろうと、この流れは決して止まりません。なぜならマレーシアが国としても社会としても外国人労働者を必要としているからです。 もはや外国人労働者抜きのマレーシアは考えられません。 今年日本へ行った時、ある 日本人の”専門家”が、ミャンマーなどは国がこれから発展していくので近隣国へ出稼ぎに出ている外国人労働者は今後どんどん減っていくだろうといった趣旨のことを書いていたのを読みました。 マレーシア社会深く住んだことがなく、実態と意識をよく知らない”専門家”のお粗末さを笑いました。ある1つの国から来て何十万人もの集団になった彼らはもはやその地に居ついており、去る者もあり来る者も絶えないのです。)

【東京でマレーシアガールを斡旋している - 東京からマレーシアメディアの記者が送稿した記事】
ナイジェリア人が組織するある売春ネットワークはクアラルンプールにもコネクションを持っており、マレーシアから日本へ飛んでいく女性をエスコート女性として日本人と外国人らに斡旋しています。

このナイジェリア人組織は六本木と歌舞伎町でビジネスを展開しており、(この記事を書いたマレーシア人記者が会った)ナイジェリア人斡旋人は記者に答えて言う、「マレーシア女性は25歳以下であり、24時間エスコートサービスで5万円を要求します。」 「ペナンかクアラルンプールから来たマレーシア人女性を斡旋できる。彼女たちはsでに東京のホテルに滞在している。 」 
「私は以前Nilai で2年間勉強していた。だからマレーシアを良く知っているし、マレーシアにネットワークがある。」 「マレーシア女性の6時間エスコートは2万円だ。 日本ではマレーシア女性は極上だとみなされている。日本ではブラジル人、中国人、日本人に比べて高いので容易には得られません。」  「コミッションとして私は5千円を得ます。」

マレーシア女性を日本へ運んで行く方法に関して、彼は語る、「マレーシアにいる相手側に連絡すれば、客が確定した2日後にはマレーシア女性はクアラルンプールを立つのです。 心配ないから、まず保証金を払ってくれ。」

「マレーシア語が流暢な16歳のマレーシアガールもすでに日本にいる。マレーシア女性は我々が強制的に連れてきたわけではない、彼女らが金を求めて自ら望んで来るのです。」  「以前マレーシア警察が Gagak Hitam というコード名で取り締まり活動を行ったことで、我々はマレーシアから退却した。でも我が組織のリーダーはまだクアラルンプールにいます。」

(Intraasia 注:売春であれホステス斡旋であれ、この種のビジネス網は国境を超えてまこと上手く組織されていると、いつも感心します、賞賛ではないよ。東南アジア広く歩きまわっていると、この種の話はいくらでも聞くしまた出遭った、誰でもその気になって金さえ払えば得ることは難しくない。 だから稼ぎに出かけるマレーシア女性がいること自体に不思議さを感じることはない、日本が彼女たちを引き付ける理由もわかる。一方他国からマレーシアに稼ぎに来る女性も昔から少なくない。イントラアジアの本拠地には長年そういう女性たちが徘徊していたことは何回も書きましたね。昨日のこと、ブキットビンタン街のショッピングセンター出口で初老の男が、香港、中国、マレーシアの女がいる、と声をかけてきた。地元のさえないポン引きです。ブキットビンタン界隈は90年代の昔ポン引きが非常に盛んでした、その後下火になったが、依然としてポン引き活動していることがわかります。この種の男たちは多分それしか仕事がないのであろう。どこの国でも送り出す側、受けて斡旋する側、 仕事する女性、買う男たち、この4者は決してなくならない)

【国王 Yang di-Pertuan Agongの誕生日】

(今日6月2日は国王の誕生日なので祝日です)
14代国王の座に昨年12月に就任したケダー州スルタンは現在84歳です。彼はマレーシアで初めて国王の座に2回就いたことになり、1回目は第5代国王として1970年から75年でした。当時の首相は第2代首相の Tun Abdul Razak であり、現首相ナジブ の父親です。

【読者の皆さんへ】
ニュースやニュースにまつわることばをお探しの場合は、当ブログ付属の機能である 「ブログ内検索」をお使いください。検索窓は左欄の中段にあります。

6月1日のマレーシア記事

【サバ州の州祭 収穫祭が幕を閉じた】
1ヶ月間続いたサバ州の(州最大の祝祭である) Kaamatan 祝祭が6月末で終わりました。Kaamatan 祝祭はサバ州先住民族である カダザンドゥスン人、ムルット人、ルングス人にとって最も重要な祝祭です。

Penampang にあるカダザンドゥスン文化協会のホールで、サバ州元首の出席の下でKaamatan 祝祭の閉会儀式を行いました。元首は収穫祭のシンボル的な稲田収獲の儀式を行い7回鐘を叩きました。 この儀式にはサバ州首相、州副首相で且つカダザンドゥスン人の統領らも出席しました。例年閉会儀式はこのホールで行われています。 カダザンドゥスン文化協会の敷地には、サバ州の11の民族の伝統家屋が建っており、注目を集めています。それぞれの民族がダンスなどの民族芸能を披露し、手工芸品を展示しました。

政府関係者として、ブルネイ、シンガポール、インドネシアの西カリマンタンの役人もこの儀式に出席しました。

(Intraasia 注:シンガポールは別として、サバ州のいろんな先住民族となんらかの関連性を考えた時、そのつながりの強さは、西カリマンタンとブルネイの方がむしろ半島部より強いかもしれませんね。)

【サラワク州で独自放送しているラジオ発信者が行方不明】

(サラワク州から放送されているという)Free Sarawak Radio の発信者の行方がはっきりしません。サラワク人の彼、48歳は 元英国首相 Brown の義妹と手を組んでこのラジオ放送を発信しています。

この人はコタキナバルから乗った飛行機でミリ空港に着き、出迎えた人民公正党の地元支部幹部、医師でもある、の車で医師のクリニックに向かいました。この医師によれば、途中で何者かの車に強制的に停止させられた後、その車に乗っていた3人組みにこのラジオ発信者は連れ去られたとのことです。 「何が起きたのかよくわからない」

ミリ警察署のトップは記者に答えて、「もしそのラジオ発信者が行方不明になったのであれば、身内の者が警察に届けを出しなさい。」 それ以前にこのラジオ発信者は見ろ空港で逮捕されるという噂が流れていました。

Free Sarawak Radio の発信者は Papa Orang Utan として知られているとのことで、かつてサラワク州独自のラジオ局 Cats Radio のDJ として働いていました。このラジオ局はサラワク州州首相の一族が所有しています。

(Intraasia注: 民族構成、歴史、風土、慣習、政治状況などがかなり違うため、半島部からはなかなかわからないサラワク州です。Free Sarawak Radioとは始めて聞きました、半島部でこのラジオのことを知っている人はまずいないでしょう。名前からしてサラワク州体制側から反発を買うような名称ですが、詳細がわからないのでコメントできませんね)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】

1万円を銀行で両替すると RM 398.0 入手します。
US$100 を両替するとRM 311.1 入手します。

(Intraasia 注;国際外為相場を反映して、円が対リンギットでも上昇して 4.0に非常に近づいています。公認両替屋の中でレートの良い店ではすでに 4.0 をつけていますね)



| ホーム |


 BLOG TOP