プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

9月30日のマレーシア記事

【2012年/2013年経済報告書から】
労働年齢人口: 2011年 1970万人、2012年 2000万人、その内 40歳以下が65%を占める
労働人口 2011年 1264万人、2012年予測 1292万人
就労率: 2011年 63.5%、 2012年予測 64.1%、その内 2012年の男性就労率 80%、女性就労率 48.4%
失業率: 2011年 3.1%、 2012年予測 3.2%

当局に登録した合法外国人労働者: 2012年7月時点 160万人強、 その内37.7%が製造業、19.4%がプランテーション産業、14.6%が建設業、 9.1%が農業
合法外国人労働者の国籍: インドネシア 48.5%、 ネパール 17.7%、 ミャンマー 8.7%、 バングラデシュ 8.5%
エクスパトリエイト: 2011年7月時点 41000人弱、 2012年7月時点 47157人、その内サービス産業が60%を占め、製造業が22%
エクスパトリエイトの国籍: インド 19.8%、 中国 11.4%、 日本 7.2% 

(Intraasia注; パート雇用があまり一般的ではないこともあって女性の就労率はそれほど高くはない、フルタイムで働く女性は少なくないが、全く就労してない女性も多い。言うまでもなく外国人労働者には、依然として違法非法者の数は軽視できないほどいますから、実数はもっと多くなる。 エクスパトリエイトでインド人がこれほど多いのは、IT分野での雇用が主体でしょう、日本人のエクスパトリエイト数は 3400人弱ということですね)

2012年国内総生産高(GDP)予測 RM 9,360億
産業別の比率:農業 7.3%、 鉱業 8.5%、 製造業 25.0%、 建築業 3.3%、 サービス業 54.2%、 その他 1.3%
政府債務残高予測 RM 5,024億、 その内対外債務は 2.8%

2013年の名目国民総所得予測(2005年価格基準) RM 7361億、 1人当たりの国民所得予測 RM 32、947 (2012年予測 RM 30,956)
購買力平価 2013年予測 US$16,368、 (2012年予測 US$15、676)
2013年国庫歳入見込み額 RM 2496億、その内所得関連税収 46.4%、 非税金とその他税収 19.8%、借り入れ金 18.9%、 その他間接税収入 13%
2013年国庫歳出見込み額 RM 2496億、その内 給与関連 23.5%、 補助金 15.1%、 供給とサービス 13.5%、 その他支出 12%、 開発用支出 12%、返済金 8.9%

(Intraasia注:政府債務残高が GDPの 53.7 %という比較的高い数字です、2011年は 51.8%、 ただ対外債務はごく少ない。補助金で最多を占めるのが石油関連です。)

【サラワク州人は半島部のマレーシア人の持つサラワク州知識のお粗末さを嘆く】
例えば Orang Ulu と聞くと、先住民族の1つだと捉えるが、そうではなくて、サラワク州の奥地である上流地方に住む様々な先住民族をさす言葉です。Orang Ulu に含まれるのは、Kayan人、Kenyah人、Kelabit人, Saban人, Penan人, Punan人, Kajang人、などです。

半島部では名前に付ける (男性の)bin と(女性の)binti は即マレー人、ムスリムを意味するが、サラワク州では必ずしも全員がそうではない。先住民族のMelanau人も (男性の)bin と(女性の)binti を使うが、それによってマレー人、ムスリムということ意味するのではないとの事です。

【マレーシア男性のセックス天国】
かつてマレーシア人がハジャイとスンガイゴロクで娯楽の快楽と売春女性買いを求めていたのであれば、現在はますます多くの者がより安全な地を求めてタイ深南部のBetong町を訪れている。 

この町はペラ州の Pengkalan Hulu にある(マレーシア側)国境検問所の場所からたった2km離れているだけで、より平穏で安くそしてたいへん求められていると言われる、それは実際にマレーシアからの訪問者を待っているたくさんの売春女性が存在するからです。この地のタイ売春女性は1回セックスコースならRM 55要求します、24時間サービスコースならRM 300を求めます。

彼女たちは北部州マレー方言またはクランタンマレー方言を話せるだけでなく、その商売代金をマレーシアリンギットでも受け入れます。 この記事を書いたマレーシア語紙の記者はごく最近その地を観察しに行ったとき、毎週末マレーシア人が1000人以上 Betong町を訪れているとの情報を得ました、彼らの車にはケダー州、ペナン州、クアラルンプール、さらにはジョーホール州までも、のナンバープレートが付いています。

(Intraasia注:この種の報道記事が得意な?マレー大衆紙が第一面で写真と共に上記のような見出しと導入記事を載せています、詳しい記事は2面です。昔からハジャイとスンガイゴロクはマレーシア人、とりわけ男、の娯楽地として知られている。Betong町も90年代の頃から歓楽店はあったが、イントラアジアが当時初めて訪れた頃はそれほど人気があるようには見えなかった。どうやら最近は歓楽ビジネスが盛況なようです。タイ華人の目立つBetong町は深南部の国境町ですが、他と違ってテロ事件が全く起こらないのでこういうビジネスがより盛況になったのだろう。セックス買いが好きな連中の間ではすぐ情報は広がるのでしょう。 Pengkalan Hulu はペラ州北部の田舎町Grik からさらに奥へ行った地です)
スポンサーサイト

9月29日のマレーシア記事

【2013年度予算案が発表された】
(恒例として9月末、10月初に来年度予算案が発表される。マハティール政権の後半以来、財務大臣を首相が兼務するあり方が続いている)
財務大臣を兼務するナジブ首相が国会で2013年度予算案を発表しました。

予算案の主な特徴
・2012年の経済成長率見込み: 4.5% - 5.0%
・2013年の経済成長率見込み:4.5% - 5.5%
・2012年国庫歳入額 (国債などの借り入れを除く)RM 2072億
・2013年国庫歳入額見込み(国債などの借り入れを除く) RM 2086億
・財政赤字比率(2012年) 4.5%
・2013年は 国民終了人口1200万人中 わずか170万人が納税者になる見込み

予算案の主な内容
1つのマレーシア市民援助金(BRIM 2)の下で、月収RM 3千以下の世帯に現金 RM 500を給付する。 21歳以上の独身で月収RM 2千以下の者に現金RM 200を給付する
全ての公務員対象に、ボーナスとして1。5ヵ月分を支給する

所得税減税: 課税所得 RM 2,500からRM 50,000の人対象に所得税の減税1% を行う。 所得税率の最高税率 26%は変わらず維持する。
所得税確定申告時の控除額において、高等教育を受けている子供1人付き控除額を現在のRM 4000からRM 6000に引き上げる。
予算案確定後の課税所得とその税率: RM 2500以下税なし変わらず、 RM 2501-5000 0%、 RM 5001-20,000 2%、 RM 20,001-35,000  6%、 RM 35,001-50,000 11%、

最低25年以上勤続した元公務員が受領する年金の最低月額を、現行のRM 720から 2013年1月以降 RM 820に引き上げる。
勤続年数が21年に満たずに退役し且つ年金を受けていない、元軍人に1回限りで RM 1千を現金給付する

予算RM 190億で全国に購入しやすい価格の住宅 123000戸分を建築する
初めての自宅プログラム(PR1MA)下において、個人住宅ローンを申請できる月収額をRM 5,000に引き上げる、夫婦2人の共同住宅ローンの場合は月収額RM 1万まで。
PR1MAプログラムの下で予算RM 5億で 価格RM 10万から40万の住居 8千戸分を建設する。(しかし全国住宅購入者協会は警告する、ローン期間30年でRM 40万を購入するれば,月返済額が高くなりすぎてしまう、PR1MA翼下の住居はRM 15万-30万にすべきだ)

学校改築費用基金としてRM 10億を割り当て: 国民小中学校にRM 4億、 国民型華語小、タミール語小に各RM 1億、 イスラム教学校とMara初級学院と完全寄宿生学校などに各RM 1億
大学生に給付する図書券の額をRM 200からRM 250に引き上げる。

不動産利得税の引き上げ: 取得から2年未満の売却は 15%、2年以上5年の場合は 10%にする

志願予備警察官として1万人を増員する (現在の人員数は約 4000人)
全国の25の自治体に路上犯罪防止のためとして、496個の監視カメラを設置する
住宅地域の防犯のために 1000台のバイクを警察に提供してバイクパトロールチームを構成する
自衛警団(Rela) のために予算RM 9000万、団員30万人用の制服代も含む。

反汚職委員会の人員数を毎年 150名増やす、現在2500名の人員を目標の5千名に近づけていく

月収RM 3千以下である21歳から30歳まで対象に、3Gスマートフォン購入に1回限りのRM 200割戻しを与える
青年層を訓練するために、予算RM 5千万の新企業家基金を設置

政府透析センターに追加の腎臓透析装置 150台を設置する
1Malaysia クリニックをさらに70箇所設ける。 

月収RM 3千以下の国民に KTMのKomuter 近郊電車の乗車運賃を50%割引する
Rapid Kuantan バス運行を2012年12月から開始する

1年間に外国人旅行者の最低750人をマレーシアに呼び込むまたは最低1500人のマレーシア人旅行者を取り扱う旅行代理店は 最高3年間の法人税免除を得られる。 政府は旅行産業への予算配分を42%増額する、これらは2013年14年のマレーシア訪問年に関連したもの。

プランテーション農園産業のオイルパーム樹の植え替えのためにRM 4億3千万を配分する

(Intraasia注:直接税の代表である所得税を納めるものがわずか170万人という数字が示唆するところに、マレーシアという国の特徴がある。直接に払う所得税を納めることが軽視される捉え方の中で、税負担が当然視されない風潮を強めている。 所得税は格差を是正する一番の方策であるはずなのだが。相当なる分野で補助金やばらまきが行われている現状を考えれば、国家の歳入をまかなうためにそれ以外の方法で国は歳入を確保することになる。 ある華語新聞はこの予算案を選挙予算と評している、まさにその感を抱きます) 

【大臣は担当分野以外のことには慎重に発言しなさい】
マレーシアでの華語教育界を担う組織である、董總は、その議長らが中心となって9月26日に抗議行動を国会前で開催し、8項目の覚え書きを内閣の法務担当大臣に手渡しました。その際大臣がいろいろ語ったことが、華人政党や華語マスコミで話題になりました。

ナジブ首相は閣議の際 に、各大臣は担当以外のことでは発言を慎むようにとの発言を行ったとのことです。教育省は副首相が大臣を兼務しています。

(Intraasia注:華語新聞は28日の夜版で大きく1面で報じていました)

9月28日のマレーシア記事

【パハン州で多いシャリア法違反の内容】
パハン州のイスラム教とマレー慣習協議会の副議長が明らかにしました: 今年9ヶ月間で カルワット容疑で州イスラム教取締り当局が捕まったムスリムの数は948人になります。 これが州内でのシャリア(イスラム教法)違反におけるの最多違反事項になる。 2番目に多い違反事項は 677件のギャンブル行為です。3番目が ラマダン時期に飲食した行為で、62件でした。

(Intraasia注:マレーシアのイスラム教界も宗教罪には罰を持って対処します。州内のイスラム教に関しては州とスルタンの権限下ですから、各州にそれぞれ取締り部門があります。ですからこの記事ではパハン州のイスラム教取締り部門が取り締まった数ということです。 ムスリムのことですから非ムスリムの口出すことではありませんが、男女関係とギャンブルが宗教罪の2大事項だということのようです)

【Tune 保険は上場する予定】
AirAsiaグループの最高経営責任者の2人が創業者である Tune Ins Holding Bhd はTune グループとして初の株式上場を果たすことになりそうです。「Tune Ins Holding は成長いう面では Tune Hotel やTune Talk よりも確実に強い。上場の可能性は非常に高い。」 と創業者は語る。

Tune Ins Holding Bhd の翼下にTune Insurance Malaysa bhd があります、この会社はこれまで Oriental Capital Assurance という呼称でしたが、今年5月その会社の株式の77%を Tune Ins Holding Bhd が取得していました。その他の取得手続などの結果、Tune Ins Holding Bhd は Tune Insurance Malaysa bhd の83%を保有しています。 Tune Insurance Malaysa bhdは現在 18万人の保険契約者を有しています。

Tune Insurance Malaysa はTuneグループ及びAirAsiaグループに入ったことで、今後月に20万人の保険契約を期待しています、「旅行保険の面で非常に大きな可能性が生まれます。」 とTune Insurance Malaysa の最高経営責任者は述べる。

(Intraasia注: AirAsia もTune グループもこの両グループ創業者2人が大株主であり且つ最高経営を司っています。現時点でこの2人がAirAsia 株の24%を支配しているそうです。上場企業なので株式規則上、極端には増やせない。AirAsia の膨大な利用者を考えれば、保険ビジネスも拡大できそうだということにようです)

【ホームレス対策の一つとして】
クアラルンプール市庁は、市内のホームレスの人たちを収容する施設の建設用地として広さ2ヘクタールの土地を特定しました。 市長は語る、「市内のホームレスの問位決するべく、女性と家族トコミュニティ発展省及び福祉庁に協力していきます。省と庁は建設用地を持たないので、市庁が提供します」 「さらなる協議を続けていきます」

「仕事をしているホームレスが多いことに気がついている。彼らは節約のために部屋を借りたくないようだ。 一方13の非政府組織が食事提供プログラムを実行している。この施設を作れば、一つの場所でプログラムを実施できます。」

福祉庁に登録されているホームレスの人数は 1387人とのことです。

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 388.0 を入手します。



9月27日のマレーシア記事

【低コストターミナルの利用にかかる料金を低く抑えるべきだ】
AirAsia グループ最高経営責任者は主張する:
「クアラルンプールLCCターミナルが課している国際線の空港税はRM 32である、タイのドンムアン空港とフィリピンのクラーク空港はもうすぐRM 32より低い空港税に改める。マレーシアは低コスト航空ビジネスで競争力を失うことになる。我我のコストは毎日上がっているのです。」 「アジアの最も忙しい低コスト空港ハブの地位を失いかねない。」 

「当局は良いと思えることをなくさないようにして欲しい。 競争相手はこの世界景気の退潮下で奪い合いをしている、さらに膨大な中流層を擁する中国目当てのビジネスを狙っています。」  AirAsiaは10月1日からバンコクでの発着空港をドンムアン空港に移します。

「乗客に掛かる料金が高ければ航空券にそれが跳ね返る。これはマレーシアを訪れることのマイナスになる。同時にマレーシアの観光産業に響きます。現実として、東南アジアの空港はどこも空港利用にかかる料金を下げています。 我我はマレーシアを主たる低コストハブであり続けたい。」

(Intraasia注:低コスト航空用なのに空港設備に金をかけて、それを乗客に転化するというあり方はまこと迷惑です。国際線といえども運賃がRM 100ぐらいの時がある。それなのに空港利用税がRM 32も取られる。 日本の羽田も関西も早急に安普請の低コストターミナルを作って空港利用税は半減すべきべきだと思いますね。それが嫌な人は低コスト航空を選らばない選択があるからです)

【金宝飾店の強盗と検問した警官が2人撃たれた事件】
クアラルンプールの通りで夜7時ごろ疑わしい車を調べようとして近づいた警官2人が、車内の男たちから銃撃を受けて重体になる事件が起きました。
警察幹部に寄れば、パトカーの2人は車を降りて停止させた車に徒歩で近づいたときに撃たれたとのことです。犯人ら使ったと思われる車は現場から1kmほどの場所に乗り捨ててありました。重体の警官2人は病院に送られました。
警察は、犯人らはペタリンジャヤで起きた金宝飾店強盗に関わっているのではと、疑っています。

犯行のあった同日の午後4時ごろ、ペタリンジャヤの金宝飾店が強盗に遭いました。顔を隠すヘルメット姿の男3人組が店を襲い、その際1人が非武装の警備員を2発撃ち、2人は斧で店のケースを壊して宝石類を奪ってバイクで逃げました。20年ほどその店で警備していたという男性は病院で治療中死亡しました。バイクはその後乗り捨ててありました。

【Matradeが力を注ぐ中国市場進出】

中国の広西チュアン自治区で開催された第9回中国アセアンエキスポ で出展したマレーシア企業はRM 1億4千万の商談を成立させたとのことです。マレーシア対外交易発展公社 Matrade は今回 マレーシア企業 136社を出展させました。

Matradeの最高経営責任者は語る、「このエキスポではかつて単に加工食品を売るだけであったが、今やマレーシアのいろんな製品とサービスを紹介する展示会になった。中国は10年前の中国ではない。」 「3年前マレーシアは情報コミュニケーション企業を売り込み始めた、それが今では進出のさきがけになった。」 「今年マレーシアは 128の民間企業と6つの政府官庁と2つの州政府官庁が参加し、合計3千平米のマレーシアパビリオンを利用した。」 「Matradeは252の中国だけでなく台湾や香港の会社に出展企業との800件のビジネスマッチングを行った」

(Intraasia注:マレーシア対外交易発展公社Matrade というと、約2年前のことが頭に浮かぶ。日本へ行った時、たまたま東京のビッグサイトで開催されていた大きな展示会を訪れた。アセアン各国も出展しているとの広告を見たからだ。 Matrade 自身とわずか数社のマレーシア企業、それも最小のブースにごく控えめに展示しているだけであった。 例外的を除いて、最初からマレーシア企業は日本でのビジネス進出または展開に興味すら持っていないことがわかる。もうこういう一方通行のビジネス関係は変わる方向に向かって欲しいと思う。 中国はすごいスピード且つ量でマレーシアなど東南アジアに投資・進出している。一方逆方向もそれなりに増えつつあることがわかる。 日本は日本企業の仕掛品や半製品、天然ガスや材木類、従来からの品をもっぱら輸入するだけではなく、捉え方を変えることでこれまでとは違ったマレーシア製品と産物などを評価すべき時が来たのではないだろうか。 )

9月26日のマレーシア記事

【トレンガヌ州の伝統マレー家屋を集めて修復して遺産を守る豪華リゾート】
トレンガヌ州の Penarik にあるリゾート Terrapuri は州内のマレー家屋を集めて修復して、建築文化の遺産を残しているユニークなリゾートです。
Penarik はクアラトレンガヌの北1時間ほどの地で、海と川に挟まれた場所に建つこのリゾートは、トレンガヌ州華人が建て経営しています。 彼の家系は州に5世代に渡って住んでいる地元華人であり、彼は州最大の旅行会社も経営しています。

リゾートオーナーが20年かけて収集した古いトレンガヌ州マレー家屋 29棟が豪華なビラに変身しています。他にスパー、マレーレストラン、図書室、ギャラリーも設けてある。 伝統的なマレー家屋の水を扱う部屋が、リゾートでは大きく豪華なバスルームに変化している。バスタブは木製。ビラの部屋にはアンティークな衣装棚なども揃っている。

オーナー経営者は誇りを持って語る、「これらマレー家屋は1本の釘も使っていない。」  Rumah Bujang と呼ばれる伝統マレー家屋は非常に耐用年数の長いcengal の樹でできており、元あった場所で解体され、それをリゾートの場所に移して組み立てました。 中には150年前に立てられた家屋もあります。彼はこのTerrapuri リゾートプロジェクトにこれまでRM 1000万も投資してきたとのことです。「遺産というのが重要な点です」 マレー遺産を保存するということで当局に補助を申請しているが、まったく受け取っていません。

リゾート Terrapuri Heritage Village
住所: Kampung Mangkuk, Penarik, Seiu 郡、 トレンガヌ州。  サイト: www.terrapuri.com

(Intraasia注:伝統遺産を上手に生かすという思想とあり方に興味を引かれる紹介記事です。高級すぎて泊まってみるなんて不可能ですが、見学ぐらいはしてみたいものです) 

【KL中心部を周回する無料バス】
クアラルンプール中心部を周回する無料バス GO-KL の運行が9月初から始まりました。これは、政府の推進する政府転換プログラム第2段階の1つとして、都市交通を向上させるために都市公交通国家主要結果分野という名称下で設けられたものです。

全区間無料バス GO-KLには2路線ある:
・緑色のバスが周回する KLCC - ブキットビンタンルート、 7.4km 14ケ所のバス停
・紫色のバスが周回する セントラルマーケットバスハブ -ブキットビンタンルート、 6.5km 15箇所のバス停
無料バス GO-KL全体で 15輌を使用、 6時から23時まで運行。 

電車交通の向上
高架電車LRTの Kelana Jaya 路線は2011年に1編成4車輌化を大いに進めたことで、35編成が4輌編成になりました。2011年のLRT 総乗客数が2010年より18%増えて 1,040万人になりました。

(Intraasia注: この両ルートはこれまで通常運行であるRapid KL バスの一部番号バスが運行してきました。Rapid KL バスを当局が借り上げて、車輌外側を塗りなおしたのが GO-KL無料バスです。5分から15分間隔ぐらいの運行を歌っていますが、少なからずの場所と道路は朝から晩まで非常なる渋滞をしているので、こういった間隔を守るのは不可能です。 無料バスは KLCC ,、 ブキットビンタン界隈、セントラルマーケット界隈、といった商業と観光、及びビジネス中心街を運行するので、確かに便利で賞賛することです。旅行者も大いに利用価値がある。
しかしRapid KL バスの少なからずの車輌が電光行き先表示が壊れている、バス停に番号行き先表示が皆無、といった本当にバスが必要な人たちの身になったメンテナンスとサービスが欠如している体質は変わっていない。 無料バス GO-KLの周回ルートなど徒歩だって回れるぐらいだ、バスでしか到達できないKL周辺と郊外地との間を運行するRapid KL バスの現状を改善するほうが、本当の公共交通という面ではより重要なはずです)

9月25日のマレーシア記事

【マラッカ州内で大きなトラック交通事故2件、その際密輸品が見付かる】
半島南北縦断高速道路に続くマラッカ州 Ayer Keroh 地方の一般道路で10台が巻き込まれる交通事故が起きました。午後3時半ごろ起きたこの事故では3台の大型トラック、3台の乗用車、4台のバイクが関わり、2人が死亡、3人が重体です。最初にぶつかったトラックはブレーキ不良のところ運転を誤ったと推測されています。 目撃者は言う、「そのトラックは道路交通庁の車に追跡されていたようで、高速で赤信号を突っ切った」

その現場から5kmほど離れた半島南北縦断高速道路のマラッカ州内区間で早朝に、乗用車が大型トラックの後部に衝突して炎上しました。乗用車の運転手が死亡。 ところがこのトラックが密輸品のタバコと酒類を満載していたことが発見されました。運転手は逃亡して見付かっていません。

警察の調べではこのトラックは隣国へ向かっていたとのことで、税関当局の見積もりで密輸品は RM 200万相当で、税額はRM 35万になります。

(Intraasia注:各紙一面で大きく載せている事故です。密輸タバコの存在は別に珍しいことではありません)

【事故を起こしたトラックの積荷が通行者に持ち逃げされた】
半島南北縦断高速道路でスランゴール州のKuala kubu Baru 区間で先週末深夜2時ごろ、大型トラックが緊急レーンに停車していた別のトラックに追突しました。トラックの運転手は怪我をしました。 追突したトラックに積んであった荷物が通行者によって持ち去られました。被害額はRM 80万の見られます。
警察は持ち逃げした者の内、2人だけを逮捕し、RM 2万相当を取り返しました、「良識ある市民として品物を警察に届けなさい。」

【高給与範疇に属するマレーシア人の給与】
多国籍リクルート会社のKelly Servces が同社顧客を通して集めた情報: アジア太平洋専門職と技術職の給与ガイドから
マレーシアの場合 (年俸換算)
銀行部門
マネージャー代理 経験5年から8年 最低で RM 8万4千、最高でRM 12万
工学部門
電子エンジニア 経験3年から5年、 最低で RM 4万8千、最高でRM7万2千
建築士 経験7年から10年、 最低で RM 9万6千、最高でRM 15万6千
情報技術分野
経理担当マネージャー 経験3年から4年、最低で RM 4万2千、最高でRM 6万2千

一般大学の新卒者の初任給はRM 1800から2000が普通とのこと。

9月24日のマレーシア記事

【デーパーバリバザール区画の割り当て抽選は反汚職庁が見守る】
11月中旬に行われるデーパーバリ祝祭のために(インド人人口が比較的多い都市部によっては)デーパーバリバザールが設けられる。 クアラルンプールでは、Brickfields 地区でデーパーバリバザールの会場が設置されるので、その区画を出展希望者に割り振るための登録が、クアラルンプール市庁の支所で25日から27日まで行われます。割り当ての抽選会は10月2日にTitiwangsa スタジアムで行われます。

クアラルンプール市庁は、今年の区画割り当てでは、特定のNGOや組織に直接割り振るということはもうしない、全て決めたとおりに行うと、言明しています。これによって割り当て過程の透明化を保証し、仲介者が第3者に又貸しすることで何千リンギットも儲けているという批判を封じます。

クアラルンプール市庁と同様にこの割り当てに関与する、連邦直轄領・都市福祉省の大臣は語る、「反汚職庁が抽選行為を監視します、又貸しした者は罰せられます。」
昨年のデーパーバリバザールでは、クアラルンプール市庁は brickfieldsの商売人に561区画を割り当てました。

(Intraasia注:ハリラヤバザールであれデーパーバリバザールであれ、この種のことに付きものなのが、得た区画を又貸しする行為です。これが毎回不満と話題を生んでいる)

【不動産利得税】
会計監査法人の税コンサルタントは主張する:
中央銀行は不動市場の過熱を防ぐ対策を既に施行しています。例えば住宅ローン申請者の所得の定義を総所得ではなく実所得に変更した。これらの対策はいくらかの効果を産んだろうが、まだ十分ではないようだ。

不動産取得に課す印紙税を対策に含めることも可能です。シンガポールは最近それを導入した。不動産利得税は不動産価格管理に良い手段です。
2007年4月以来施行していた不動産利税率を、政府は2010年から軽減した。現行の税率は2011年から続く。
・取得から2年以内に売却は 10%、
・3年目またはそれ以降は5%のみ。6年目からは税率ゼロになる

そこでこの不動産利得税率を本来の税率に戻すという観測も出ている。現施行の取得から2年以内の売却に課する利得税10%というのは穏やか過ぎる。 これが本来の30%に戻れば、大きな効果を与えるであろう。

(Intraasia注:不動産を取得してから2年以内に売却した際に掛かる税金はわずか10%というのは、いかにも低い設定ですね)

【 "Tokyo Street" を設けた最高級ショッピングセンター】
クアラルンプールのブキットビンタン街にある最高級ショッピングセンター Pavillion Kuala Lumpur の6階(最上階)に "Tokyo Street" が設けられたのは2012年7月です。  "Tokyo Street" は Pavillion の7つのテーマコンセプトの1つです。
マレーシア固有の東京という歌い文句の下、"Tokyo Street" は東南アジアで最初の小売コンセプトです。 銀座と渋谷のエッセンスを着想させたところがあるとのことです。

国際ショッピングセンター協議会が最近上海で開催した授賞式、アジア太平洋ショッピングセンター賞2012年において、Pavillion Kuala Lumpur は金賞を受賞しました。これは 新規オープン・拡張・改修部門で  "Tokyo Street" を優れたマーケッティングと評価したものです。
Pavillion Kuala Lumpur はこれまで毎年国際ショッピングセンター協議会が提供する賞においていくつか受賞しています。アジア太平洋ショッピングセンター賞2012年には該当地区から 155のショッピングセンターが参加したとのことです。

(Intraasia注:Pavillion Kuala Lumpur はものすごく高級なショッピングセンターです、有名ブランド店がたくさん入居しており、他の高級ショッピングセンターに見られないほどゆったりとした作りです。地階は飲食店街、それ以外の階にも日本ブランドを含めレストラン、カフェが数ある。その巨大なショッピングセンターの最上階の1画に日本食品とお土産の店舗が並ぶのが "Tokyo Street" です。 Pavillion はシネプレックスで映画を見る以外は縁はないのですが、その際に"Tokyo Street" を見学に訪れたら、100円ショップもあった。RM 5均一なので取りたてて高くはないなと思って買いました)




9月23日のマレーシア記事

【プドゥラヤにまた1つ名称が加わった】
クアラルンプール一のバスターミナルであるPuduraya は2年前にオーナー会社のUDAが大改造工事を施し、 20数年使用されてきたこの名称が 2011年のナジブ首相公式訪問時に Pudu Sentral と変更されました。 
昨日22日またナジブ首相が公式訪問し、その際 Urban Transformation Centre という名称が付け加えられました。その後さらに改修が加えられ、ナジブ首相は満足を示しました。「ビルの駐車場を改修したので、政府官庁サービスセンターをレクリエーション施設を設置する」 「それ以外はこれまでと同じように、バスターミナルです。」と首相。

Urban Transformation Centreには 31の官庁のオフィス及び民間会社が入居します、さらに Kedai Rakyat 1Malaysia, Kedai Buku 1 Malaysia も入居する。この変容にかかった費用はRM 2400万とのことです。
第1号のUrban Transformation Centre は今年6月マラッカに設置されました。首相は言う、「主要な都市にUrban Transformation Centre を設置したい。」

(国家資本の入った)UDA持ち株会社の会長は言う、「バスターミナルではもっとバスを増やします」

(Intraasia注:昨日プドゥラヤが閉まっていると聞いた、その理由は今日の新聞でわかった。イントラアジアは昔からバスターミナルに関しては非常に克明に変化を追い書いてきた。Pudu Sentral になってから、以前の悪党ども、つまり切符ダフ屋やらがターミナル内を公然と徘徊するようになった、大改造して1年も経たないうちに悪党の活動域に戻り、UDA側の抑制活動も少なくなった。首相が訪れると必ずちょうちん記事を書いている、記者と編集者はどの程度実態を知っているのか、といつも思う。もちろんバスターミナルで切符を買って乗ったことなどない首相が知るよしもない。首相や大臣の訪問時に本当の姿などわかるわけはない。必要はことは普段の姿がどうかということだ)

【華語教育界のトップ間での確執】
(マレーシアにおける華語教育界の総本山的組織である董總は、その議長らが中心となって9月26日に行う抗議行動に参加するようにと、全国の華語教育関係者に呼びかけている。抗議の対象は、与党の華人政党馬華公会の幹部である副大臣です。董總議長と副大臣間の個人的確執だと見方が華人界に広まっているそうです)

董總の姉妹組織である、華語教員から成る組織 ”教總” は、その議長声明で9月26日に行う抗議行動に参加しないことを明らかにしました。これは董總にとって大きな痛手となります。董總は種種ある華人組織と団体の多くから 9月26日に行う抗議行動への参加・支持を取りきれていません。例えば代表的な組織である、中華工商総会も支持を表明していません。

【中国で行われた歌謡コンテテストでトップ賞を取ったマレー歌手】

上海で開催されたアジアの歌謡コンテストと名打った Asia Wave 2012で、マレーシアのマレー女性歌手 ShilaAmzahがトップ賞を獲得しました。彼女は3曲歌い、そのうち1曲が華語曲の”征服” でした。 彼女は以前マレーシアのテレビ歌謡コンテスト番組で準優勝を取ったこともあります。

【AirAsia 客室乗務員の募集広告】
9月末から11月初めまで、国内5箇所の面接場所を表示

募集要項
応募者は airasia.com/FA-application/index.html からダウンロードして、それを完成させます。
次の書類を揃えて面接日時に携帯しなさい
・応募書式と最新の履歴書
・高等教育またはそれに類するものの終了証明書とそのコピー
・TOEIC で得点600点以上
・(中学終了前に受ける統一試験)SPM試験での英語とマレーシア語科目で基準点以上を取得したことの証明
・身分証明書とパスポート
・最近の頭部から肩までの写真(パスポートサイズ)
・最近の全身姿写真(ハガキサイズ)
・自分自身の創作的なビデオを提出、 //youtu.be/GIXOSB91u8E へ行き、指示に従います

必要条件
・マレーシア国民に限る
・年齢: 20歳から35歳まで
・女性:身長 157cmから 170cmまで、 男性: 170cmから180cmまで
・服装:女性はカジュアルで、必ず膝丈のスカートであること、 男性:スマートカジュアルでスポーティ
・外交的な性格であること
・英語とマレーシア語を流暢に話せる
以下略します

(intraasia注: 自己紹介ビデオを作って提出か。ムスリム衣装のくるぶしまで丈などは排除している、さらに写真や面接時のTudung姿も恐らく好まれないでしょね。客室乗務員の応募者はやはり全身印象も要求されるんですな。 いろいろと興味ある募集要項です。AirAsia は赤いぴっちりしたスチュワーデス制服でお馴染みであり、彼女たち、彼らも、は誰もが制服姿で空港まで通勤します、タイでも同じですね。日本ではありえるのかな?)

9月22日のマレーシア記事

【反イスラム教映画に抗議する集会とデモをムスリム2大勢力の青年部が行った】
米国でイスラエル人によって製作されたといわれる、イスラム教を批判する映画 Innocence of Muslims とその後フランスで発表されたイスラム教風刺画に対する抗議行動が、マレーシアでも金曜日の(定例)モスク礼拝後にクアラルンプールで行われました。

政権党UMNOの青年部と野党のイスラム政党PASの青年部はそれぞれ別々に平和的な集会と抗議行動を行いました。 UMNO青年部は約500人ほどがkampung Baru のモスクでの礼拝後、モスク外で集会を持ち、問題の映画と風刺画に抗議しました。(マレー民族主義者の団体)Perkasa の代表も参加しました。集会は2時半過ぎに平和裏に解散しました。

一方PAS党青年部は Tun Razak 通りにあるTabung hajiのモスクで礼拝後、そこから数百メートルの距離にある米国大使館までデモ行進し抗議活動を行いました。3千人ほどがこれに参加し、米国政府は世界のムスリムに陳謝するようにと要求しました。この抗議活動には人民公正党の代表とイスラム非政府組織の代表も含まれています。

警備当局はこれに備えて、大使館前の道路の自動車交通止めを実施しました。なお大使館はすでに金曜日は閉館を決めていました。大使館前の抗議活動は3時過ぎに終って解散し、警察は道路の交通止めを解除しました。

(Intraasia注:マレーシアでムスリムの抗議活動はこのようにごく穏健でした。 この種の抗議活動ではPAS党の方がより活動的なことは意外ではありません。米国大使館前のTun Razak 通り一杯に広がってデモ行進している写真が掲載されいる。 )

【タイ深南部でまた仕掛け爆弾】
タイ深南部の1県であるパッターニー県の Saiburi地方で、駐車した自動車に仕掛けた爆弾炸裂によって6人が死亡、19人の重傷を含めて40人が怪我をしました。
地元駐留の軍隊によれば、武装抵抗グループと思われる一群が店を銃撃した後、爆弾が炸裂したとのことです。
タイ深南部では不安定化の2004年以来既に、仏教徒とムスリムの双方市民、軍隊警察、武装抵抗派の合わせて5千人以上の死者が出ています。

(Intraasia注: 深南部の出来事に取り立てて外報道がなくても爆弾、襲撃テロは止んでいないですね。 )

【この4年間に増えた新有権者数 364万人】
(総選挙の11月説が推測される中)選挙管理委員会が明らかにした数字です。 前回の総選挙2008年以後今年6月までに新たに選挙権を得た人口は 364万人なります。州の中ではスランゴール州が最多で 61万5千人を占める。

選挙権を得ている人たちの中で、選挙管理委員会に登録していない人がたくさんいます。6月時点でその人数は320万人になります。そしてスランゴール州が最多で58万人です。

(Intraasia注:選挙権があっても管理委員会に登録しないと、選挙権が行使できない仕組みです)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 383.0 を入手します。

9月21日のマレーシア記事

【全国消費者苦情委員会へもっと苦情を寄せてください】
全国消費者苦情委員会が2011年に受けた苦情のなかで、電気・電子・IT製品に関するものが最多を占めました。 その年次消費者苦情報告書2011年の中で公表している数字では、消費製品に関する 総苦情数 9349件中の 52%が 電気・電子・IT製品に関するものでした。その中でも携帯電話とパソコンがトップでした。もっとも一般的な苦情内容は、その製品の品質、性能、次いでサービスの内容です。

その苦情数 9349件中で消費者苦情裁決機関へ送付処置が取られた件数は 4.7%でした。また家具に関する苦情も多く、1852件あり、その多くは品質に関するものでした。委員会が受けた苦情の総額でも2011年は増えており、総額RM 3300万になる。

全国消費者苦情委員会が2011年に受けた あらゆる分野に関する苦情総数は 40637件で、これは前年比18%の増加でした、上記の電気・電子・IT製品に関するもののほかに、電力、エネルギー供給に関する苦情もたくさんありました。 携帯電話運営会社への苦情も多くあり、8181件でした、これには明確にされてない料金や加入したプログラムに関するものがほとんどです。

全国消費者苦情委員会は、苦情をもっと積極的に提出して企業に圧力をかけるようにと、アドバイスしています。

【マレーシアの米を一手に扱う国策会社 Bernas】
国策会社 Bernas は1996年以来、国内で唯一の米の輸入業者であり、同じく国内産米の唯一の買い上げ者で且つ米小売業者への配給業者です。最近そのBernas は、国内の米備蓄を2021年1月まで管理する権限において10年間の更新を授けれました。このことは業界筋にとって驚きではありません

国内にある証券業のアナリストの分析では、マレーシアの米自給率は2011年は 72%でした。現在の米収穫高はシーズンに付き1ヘクタール当たり3.7トンです。この結果国内需要の30%ほどは輸入に頼らざるを得ません。

2008年に米不足が起こったことから、Bernas は米買い入れを先物規約とスポット買いの両方を行っているとのことです。Bernasはさらに輸入地を複数にし長期契約を結んで、国債米相場の急上昇を和らげる政策を取っています。 2011年にBernas が輸入した米は 106万トンでした、2010年は93万トン。 輸入元の内訳はベトナムから49%、タイから33%、パキスタンから 16%です。

現在のコメ価格は比較的安定しており、10kgでRM 22から23です。これは政府が補助金を 10kg当たり RM 18出しているからです。 国策会社 Bernas の社長は語る、「米の備蓄は5ヶ月から6ヶ月分ある。」 

(Intraasia注:スーパーへ行くといろんなブランド及び袋サイズの米が並んでいます。タイ米などはそれを明示しているのでわかりやすい。イントラアジアは料理しない・できないので米に関してそれ以上はまったくわかりません)

【合成麻薬が市場で急増している】
麻薬取締り当局は、合成麻薬が急増していることに警告を発しています。
当局が2012年上半期に押収した麻薬の錠剤は 413万粒で、これは2011年全体の 8万7千粒に比べて驚異的な増加です。

警察の調べでは、こうした合成麻薬の使用者は、中間所得者から高所得者層で、専門職に就いているのが多いということです。合成麻薬の価格はまちまちであり、 Ecstasy は粒あたりRM 60、Syabu は粒当たりRM 60、Erimin は同じくRM 20です。警察が今年押収した麻薬には粉末もあります。合成麻薬の使用者または売人で今年逮捕し人数は 5万人を超えます。

9月20日のマレーシア記事

【マレーシア大企業グループが京都で豪華ホテル建設】
マレーシアの大企業グループの1つ Berjayaグループに属する Berjaya Land Bhd は初の日本でのホテル投資計画を発表しました。 同社は 総投資額US$3億2千万で京都に Four seasons Hotel を建設して2015年前半にオープンさせます。建設は2013年3月に始めるとのことです。

京都で Berjaya Land Bhdが100%出資する子会社と Four seasons Hotel 側との間で協力契約の締結が行われました。出席したBerjayaグループオーナーは語る、「投資の見返りはかなり早いと思う、京都は年間5千万人の訪問者があるからです。」 「このホテル開発は我われグループが日本へ投資する先駆けになります。」

Berjayaグループの日本での最重要なホテル投資となるFour seasons Hotel は東山区に建設されます。 このホテル建設に必要な資金面での主要金融機関はマレーシアの銀行である RHB Bank になります。
Berjayaグループはすでに韓国と中国でそれぞれ主要なプロジェクトを1つづつ進めています。 

(Intraasia注:Berjaya はマレーシア各地にリゾートホテルを持ち、小航空会社も運営し、クアラルンプールのBerjayaTimes Square でよく知られていますね。携帯電話運営のU-mobile もこのグループ翼下です。 多業種分野を持つことで知られる大企業グループのYTL はすでに北海道でリゾート開発を始めています。)

【日本大使館前で中国人グループが抗議行動】
クアラルンプールの日本大使館前の道路で、中国人のグループが尖閣列島は中国の領土と主張する平和的なデモ集会を行いました。グループは大きな横断幕を掲げ、大使館に主張書を手渡し、短時間で終わりました。

(Intraasia注:マレーシアで中国人という呼称は中国国籍の人を指します、従ってこのデモに参加したのはマレーシアに滞在している中国国民の一群でしょう。とりわけ2000年前後頃からマレーシアと中国の経済関係の強化と中国からの旅行者の飛躍的増大で、多くの留学生を含めたマレーシア在住中国人はかなり目に付くようになった。華語新聞だけはとりたてて目立つニュースでもないにも関わらず第1面に載せていますね)

【ヒンズー教の象の頭を持った神を祝う宗教祝祭】
各地のヒンズー教寺院に19日信者が詰めかけました、これはヒンズー教神の1つである象の頭を持った神 Ganesha の生誕を祝うためです。この祝祭はタミール系インド人の間で Vinayagar Chaturthi と呼ばれています。

信者らは、神 Ganeshaの恵みの下で人生の困難を突き破るというシンボル行為であるココナツ割も行いました。

(Intraasia注:ヒンズー寺院やヒンズー教出版物を見ると、いつもこのGanesha神の姿を見かけますね。マレーシアインド人の4分の3以上はタミール人です)

【統計庁の発表したインフレに関する数字】
8月の消費者物価は対前年同月比で 1.4%上昇しました。消費者物価指数は今年1月から8月までで 1.8%の上昇です。

9月19日のマレーシア記事

【数字組み合わせ賭けくじで最高賞金額が出た】
(数字組み合わせで特等を当てる、合法的な賭け事である) Power Toto 6/55 で最高賞金額がごく最近出ました: RM 4100万。 当てた人はスランゴール州の引退者とのことで、彼が本来申し込んだ数字の1つを Toto の係りが間違って入力しました。しかしその客は間違い入力がわかった時点で異議を訴えませんでした。ところがこの(2桁数字を6組の)組み合わせが特等を引き当てたことになりました。

これとは関係なく、8月のToto 4D ジャックポット1 抽選では、特等賞金RM 930万がでていました。

(Intraasia注: 確か国内に 3社ある, 合法数字当て賭けごとの運営会社の1つがToTo社です。 他の2社は Magunam,と Damacai。 数字組み合わせくじは種種あり、一番単純な4桁数字である4Dくじに比べて6首の組み合わせくじははるかに賞金が高いですね。毎週くじの売り出し日には、Toto など各くじ会社の販売所が混雑している光景を毎回目にします)

【 ”Asean 証券取引リンク” 】
”Asean 証券取引リンク” の開始が宣言されました。
これはマレーシアの証券取引所(Bursa Malaysia という名称)がシンガポールの証券取引所にリンクすることになります。 ”Asean 証券取引リンク”は6つの国:マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、の証券取引所の協力に基づきます。ただ3カ国以外の国の証券取引所が ”Asean 証券取引リンク”にいつ参加するかの日程表はありません。

「これは証券取引業者が顧客に ”Asean 証券取引リンク”が可能にする種種の投資を提供することができる、ビジネス対ビジネスのゲートウエーでもある。」 とBursa Malaysiaの理事長は説明する。 
タイの証券取引所は ”Asean 証券取引リンク”に今年10月中に参加することになります。「シンガポール、マレーシア、タイの証券取引所のリンクが提供するのは、3000の上場企業、株式時価総額 1兆4千億米ドルになります。」

マレーシアとシンガポールの証券会社 15社がこの”Asean 証券取引リンク”に参加しました。

【SPM試験のマレーシア語と英語の及第者の率】
国家試験機構の調査からです。
中学5年末に受ける統一試験SPM において、2010年のマレーシア語科目で及第点以上を取った生徒の率は75%。
民族別に及第点獲得率をながめると、ブミプトラ生徒は 84%、 華人生徒は 63%、 インド人生徒は 57%です。

同じくSPM の2012年結果です、英語科目で Cambridge 1119 に相当する水準の及第点以上を取った生徒の率は 28% でした。
民族別に及第点獲得率をながめると、ブミプトラ生徒は 23%、 華人生徒は 42%、 インド人生徒は 35%です。

(Intraasia注: 英語を何よりも絶対視する人たちが多い教育界や実業界の中から、現今の生徒と学生の英語水準が大きく落ちたと絶えず不満が表明されている。 東南アジアの中でマレーシア人生徒の英語力はシンガポールに次ぐであろうダントツの上位にあるにもかかわらずです。Cambridge 1119 って英国の試験機構が設定している英語レベル GCE O-Level English Language に同等であるそうなので、及第点というのは英国留学もできるぐらいのかなり高い英語力の水準ではないかな?
追記: 2011年のSPM試験の英語科目の成績において、Cambridge 1119 を基準に判定すれば50%ぐらいの生徒は基準以下となるが、マレーシア独自の基準で判定すれば、基準点以下は20%に過ぎない、という別の記事を見つけました。 推測したとおりCambridge 1119 の高基準さがわかります。)

9月18日のマレーシア記事

【ハジ巡礼のフライト】
(始まったばかりのムスリムの)ハジ巡礼の用として、マレーシア航空は予定した33便のチャーター機を運航します。これらのフライトはマレーシアの6つの都市とサウジアラビアのジェッダまたはメディナ間の運行です。 内訳はKLIAから 17便、ペナン空港から5便、クアラトレンガヌ空港から2便、ジョーホールバルの空港から5便、コタキナバルとクチンの空港から各2便です。機種は 747-400 で2機を使う。

ハジ巡礼用のフライトは17日に第1便が出発し、447人が搭乗しました。 ハジ巡礼用運行は10月19日まで続きます。
その後サウジアラビアからのマレーシア帰国便として、マレーシア航空は11月1日から29日までチャーター便を運行します。

(これとは別に)内閣のイスラム教担当の大臣は明らかにしました。「(サウジアラビア政府からマレーシアに割り当てられた今年のハジ巡礼者数2万8千人に加える形で)追加の1万人を認めてくれるようにサウジアラビア政府に2回要請した。 Tabung Haji公団はその返答を待っているところです」
もし実現できれば、この1万人は、ハジ巡礼に出発したいと待っている75歳以上の人に与えることになるとのことです。

【偽造薬】
保健省が調査したtころ、薬局で購買される薬に占める偽造薬の率は 5.3%でした。
薬品取締官が2010年に押収した総数 11934品の内で 偽造薬が 362品ありました。 2011年の場合は、押収総数が 17768品あり、 344品が偽造薬品でした。
こうした押収薬品中に発見された偽造薬は マレーシア製と外国製の両方があります、外国製はインドネシア、タイ、フィリピン、インド、中国などです。

マレーシア医学協会の議長は語る、「保健省の登録番号付きの薬であれば、心配する必要はありません。」
保健省の取締り部の長は語る、「国内の薬市場で流通している偽造薬の率は 3%から6%です」

(Intraasia注:東南アジアの国には薬をばら売りしている国がありますが、マレーシアでは鎮痛薬のような品は別にして一般的に少ない。町部にある薬局で販売されているありかたとは別に、伝統的民間薬は依然として人気あるように見えます)

【スランゴール州の浄水問題に関して】
水管理の専門家でであるZaharuddin 博士は語る:
国連が調査して明記している水消費量が、各国の平均で1人1日あたり 145リットルです。ところがマレーシアで調査すると、マレーシア人は1人当たり1日310リットルの消費量です。
この世界に無料の物はない。 我々は水を資産と認識すべきです、水を何か安価なものともう見なすべきではない。 ボトル1本の水とボトル1本の石油を比べれば、その価格は大体同じです、だから我われは水の価値を評価すべきです。

(スランゴール州政府は水処理場 Langat2 の建設を承認していません、これに関して、Langat2 を早期に建設しないとスランゴール州は水不足に面するという心配がでています)
スランゴール州政府は短期間のことだけを想定している。2014年までは上水道供給は十分かのように見える。 連邦政府が立てた計画は長期であり、20年以上の期間を見据えている。そこで水処理場 Langat2 の建設は必要です。今はどこへであろうと水道の蛇口をひねれば水は出る、しかし5年後のことを思い浮かべてください。

(Intraasia注:マレーシアはガソリン類と上水道はたいへん安価な国です、というより補助金でそういう価格政策を取っている)



9月17日のマレーシア記事

【マレーシア不動産市場は減速している】
マレーシア不動産代理業協会の副議長は2012年上半期の不動産市場について語る、「 市場での取引は減速している。この傾向がすぐ変化する兆候はない。提示される価格が高すぎる。 2010年と2011年には30%も値上がりした住宅地も出た。これは上がりすぎでありバブルに向かっている。 この傾向がいくらか収まった。」

「業者の提示価格と購買者が受け入れる価格の開きが大きすぎる。そこで取引が減っている。 」 「不動産の提示される価格と評価報告に載る実価格の格差があることで、取引に影響が出ている。 例をあげれば、 ある不動産の提示価格がRM 100万とする、しかし不動産評価においてはRM 80万にしかならないとき、RM 20万の差が出る。銀行が購入者に提供するローンは購入価格または評価額の低い方の額に基づく。 そこで評価額がRM 80万であれば、銀行ローンはその70%つまりRM 56万となる。 購入者は自身でRM 44万を手当しなければならないのです。」 「資金手当が問題となり、販売が放棄される」

「2013年もこのシナリオに変化はあまりなさそうだ。しかしマレーシア不動産市場がつぶれるとか燃え上がるとは思いません。」 「我々の見方は、減速し価格が滞るというものです。」

(Intraasia注;ここでいう不動産とはもちろん住宅不動産のことです)

【学校教師の初任給は良い給料である】

職業として学校教師を選ぶ新卒が増えていると、教員組合委員会の議長は説明する、「2011年は教師の職 5千人の枠に7万人が応募した。この応募者数を考えると、多くの若者が教師に興味を持っている。」 「一般的な捉え方は、教師の給料は低いから人気がないというものですが、新卒の教師は実際は良い給料を得ています。」 「大卒の教師は基本給がRM 2300ぐらいで手当を入れると約RM 2500になる。 」  「僻地の教員には困難手当があります。」

教師の初任給と他の職業の初任給を比較 - 2010年時点における手当を含んだ平均月額
(人的資源省、教育省、公共サービス庁などが公表している統計を基にした数字)
公務員としての医師: RM 4300
土木技師:RM 3000
弁護士:RM 2800
公務員としての教師:RM 2750
情報技術分野の専門職:RM 2500
会計士:RM 2500

(Intraasia注:初任給ということはまず単身者でしょうから、教師であれ、上記の各種専門職者であれ、これだけの給与があればクアラルンプールでもアパートを借りて十分普通に暮らしていける給与ですね。 工場や店舗の特に技術資格などを持たない一般労働者が初任給で RM 2千を得ることはまずありえない)

【シンガポール人的資源省の声明】
今月初めからシンガポール政府は、シンガポールで働くマレーシア国民のサバ州とサラワク州の先住民族出身者関して新しい規則、18歳以上のマレーシア国民一般はシンガポールで働けるがこの両州の先住民族男性に限っては35歳以上に引き上げる、を実施していると、報道され、批判が起こりました。

シンガポールの人的資源省はクアラルンプールの大使館を通じて、「能力あり適当と見なされる者に対しては、引き続き労働許可証を発行している。」 と発表しました。「この数年外国人労働者の雇用にかんする条件を厳しくした、そのためこの厳しくなった条件を満たせない労働者が生まれている。」

【反日抗議行動ますます激しくなる -外報ページでの報道】
見出し:中国の多く都市でデモ行動が2日目に入る
見出し:日本車が中国人の抗議行動の対象
記事本文略

(Intraasia注:2大マレーシア語紙の1つでタブロイド版である Berita Harian は外報ページだけで中国の反日行動のニュースを載せている。1ページ目は紙面3分の1を使って日本車がひっくり返されて壊されている写真、 次のページで半ページを使って記事と国旗を破る写真を掲載。AFP通信社の配信記事をマレーシア語に訳したものです。外電ニュースの中では大きな扱いですが、日々の記事として普通の紙面割り振りといえます。マレーシア語紙読者にとって、それ以上の興味を呼ばないでしょうし、Berita Harian編集側も反日ニュースを特別大きく扱う理由もないからでしょう。マレーシアの日翌日ということで、Berita Harian も The Star もそのニュースを第1面に持ってきている、これらと対照的なのが、今日の第一面も反日行動のニュースと写真を全面記事にしている星洲日報です。 編集側の意図が伝わってくるぐらいの紙面構成です)

9月16日のマレーシア記事

【マレーシアの日公式祝祭はビントゥルで開催】
今日9月16日は第49回目の”マレーシアの日( Hari Malaysia) ”で且つ祝日です。

公式祝祭はサラワク州のビントゥルで16日夜開催されます。主賓はサラワク州元首、ナジブ首相、ムヒディン副首相、サラワク州州首相であり、並びに中央政界とサラワク州政界の幹部陣が参席します。
政治家らが会場を去った後は、マレーシア人アーティストが出演して観衆を楽しませるプログラムになっている。

(Intraasia注: マレーシアという連邦国家の成立日が1963年9月16日ということを記念した日です。ナジブ首相の代になってから祝日に指定されて、2010年から公式祝祭を行うようになった。半島部では圧倒的に8月31日の独立記念日が重要視されている現実に依然として変化はおきていませんね)

【 Legoland テーマパークがジョーホール州にオープンした】
(ジョーホール州が精力的に進める) 経済開発特区である Iskandar Malaysia に指定された地区である Nusajaya に建設された、 Legoland テーマパークマレーシアが15日オープンしました。オープンに合わせて多くの人が10時の開場を待って列を作りました。

Legoland テーマパークマレーシアは世界で6番目の Legoland となります。

(Intraasia注:Legoland テーマパークについて全く知らないので、コメントしようがないですな)

【監督官庁が Googleに正式要求を出した】
反イスラム教映画といわれる Innocence of Muslims がYou Tube で公開されていることに関して、マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会は Google に対してその映画をサイトから除外するようにとの公式要求を送りました。
この要求を受け取ったGoogleMalaysia は、委員会と今後の行動を話しあうと、明らかにしました。

情報とコミュニケーションと文化省大臣は語る、「この動画を取り消すことはYouTubeの義務です。この状況下で、YouTube の該当内容にアクセスできないようにするために、委員会が適切で用心のための手段を取るのは法的に敵っています。」

【中国、反日の大行動という第1面の全面記事】
北京では数千人が駐日本大使館に抗議行動に集まった。現場一帯は五星紅旗で埋まり、人々の情緒は高揚していた。大使館内に向かってガラス瓶、トマト、鶏卵などを投げつける者がおり、また警備の警官が設置した鉄柵を押し倒して、大使館内へ侵入しようとする者たちもいました。

中国の反日の行動は燎原の火のように全国に広がりました、北京、上海、広州、南京、ハルピンなど 20を超える都市で、4万人以上の人たちが街頭へ出て反日行動を繰り広げた。
青島では日本資本のスーパーが襲われて壊され、日本の自動車会社の代理店も被害を受けた。以下略

(Intraasia注: という見出しと外電報道を導入にした記事及び紙面の半分も占める大使館前の衝突場面の写真が第1面を占めているのが、華語新聞界のトップを誇る星洲日報です、同じように第1面全部を使って反日ニュース報道をしているのが、大衆華語新聞として人気をもつ中国報です。 マレーシアにとって非常に重要な日である”マレーシアの日”なので主要英語新聞などはそれを第一面に持ってきているのですが、華語新聞界のNo.1 と  No2は反日ニュースをあえて選んで掲載しているかのようです。 星洲日報は外報紙面の数ページを全面的に割いて中国の反日行動をでかでかと写真中心に伝えている。 華語新聞しか読まないマレーシア華人、とりわけ年齢が比較的高い層、は少なくないので、紙面調子から受け取る情報と印象は、圧倒的に中国寄りのものになるのは間違いない。 尖閣列島の所有に関する日本の主張など伝わる隙間はない。 毎日各種メディアのニュースを丁寧に読めば、日本の主張もある程度わかるでしょうが、そんなことをする一般市民はまずいない。 よって新聞やテレビのメディア報道で、とりわけ華語新聞に頼るマレーシア華人の受け取る印象と情報は、上記で書いたようなことになる。 
イントラアジアは、マレーシア華人が日本の主張を支持すべきだなどと主張しているのでも期待しているわけでもありません、彼らがそれを支持しないのはまあわかる。そういう事実を踏まえたうえで、あまりにも一方的な報道スタイルに残念さと不安を感じるということを、マレーシアメディアに直接接しない読者の皆さんに伝えておきます。)

9月15日のマレーシア記事

【表は自動車洗車場、裏では売春業】
スランゴール州ペタリンジャヤのSunway Mentari地区にある自動車洗車場を隠れみのにして、犯罪グループが売春業を行っていました。この洗車場を捜査した警察がその手口を明らかにしました、「洗車場は客にロイヤリティーカードを渡して1回ごとにスタンプを押す。客はそこで洗車を9回すると、1回の買春が無料になるというものです。」

この洗車場はすでに3ヶ月ほどビジネスをしていました。1回の買春料金はRM 130から180との事。 この洗車場には監視カメラが備わっており、特定民族の人だけに入場を許していました。

警察が取りしまった時、5人の買春客が中にいました。隠れた者もいましたが、警察に見付かりました。働いていた8人のベトナム女性、18歳から28歳、及び洗車場の従業員と売春屋の系人が逮捕されました。ベトナム女性は社会訪問パスでマレーシアに入国していました。

【シンガポール公共企業体の求人広告から】
SMRT はシンガポールの主要な公共交通運営体です。1987年に設立され、電車、バス、タクシーのサービスを提供しています。
・バス運転手
必要条件:マレーシアの D/E  の運転免許保有者、 最低1年の優良運転経験、最低学歴は中学3年終了でPMR試験合格の成績、基本的な英語を話し読めること
平均月給は シンガポール$2,000以上(時間外手当と奨励給を含む)

・顧客サービス係り
必要条件: 顧客サービス分野で最低1年の勤務経験、最低限として機械または技術分野で職業・技術資格を取得していること、 マレーシア運転免許 Bクラスを所有、英語が上手に話せ書けること
平均月給は シンガポール$1、500以上(時間外手当と奨励給を含む)

・共通の特典
2年契約を終了すると、2ヶ月分のボーナス支給、宿泊を無料で提供、医療補助と歯科補助、SMRT の電車とバスに無料乗車できる、

面接日: ペナン州のジョージタウン、 ジョージタウンシティーホテルにて

(Intraasia注:マレーシアリンギットになおせば、約2.5倍の数字になるという、高給を餌にして、マレーシア新聞のペナン版にも求人募集広告を出しているシンガポールの企業体です。 SMRT はシンガポールでは誰でも知っていますね。経済力を背景にシンガポールの企業は常にマレーシア人被雇用者を引きつけている)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 386.0 を入手します。
同じく US$100を両替するとRM 298.70 を入手します。

9月14日のマレーシア記事

【新しい低コスト航空専用ターミナル KLIA2 のオープン予定は2013年5月】
KLIA(クアラルンプール国際空港)のすぐ隣接地で建設が進んでいる、新しい低コスト航空専用ターミナル KLIA2 の進捗状況に関して、マレーシア空港持ち株会社の経営陣が明らかにしました、「KLIA2 は2013年5月にオープンし、大体 10の低コスト航空会社(LCC) がターミナルを利用することになる。」 「空港側として、さらに多くの航空会社が利用することを期待している。」

経営陣のあげる 10の低コスト航空会社(LCC) には、AirAsia を筆頭に Zest Airways, Lion Air, Tiger Airways, Cebu Pacific Air , Malindo Airways などがある。

新しい低コスト航空専用ターミナル KLIA2は総工費RM 40億ほどで建設中で、東南アジアで最大の低コスト航空専用ターミナルになります。
AirAsia Malaysia の最高経営責任者は語る、「我々は低コスト航空です、そこで新ターミナルがLCCに相応しいあり方になるべくマレーシア空港会社と協力していきます。」

(Intraasia注:当サイトですでに報告しているように、KLIA2 はKLIAメインターミナルからも現LCCターミナルからも見える近距離に建設中です)

【インドネシアの民間最大航空会社がマレーシアで合弁航空会社を設立すると発表】
インドネシアの最大の民間航空会社である Lion Air の持ち株会社である、インドネシアの会社PT Lion がマレーシアの会社 National Aerospace and Defence Industries Sdn bhd と合弁で低コスト航空会社を設立するとの記者会見発表が、ナジブ首相出席の下でありました。Lion Air は日に600便を運行しているとのこと。

合弁会社 Malindo Airways において、その51%をマレーシア側が保有し、インドネシア側は49%になります。現在建設中である低コスト航空会社専用ターミナル KLIA2 を、Malindo Airwaysがマレーシアでのハブにして運行し、当初はマレーシアとインドネシアの主要区間で運行開始する、さらにその後サバ州とサラワク州へのフライトも開設する意向とのこと。

Malindo Airways はハブとするKLIA2 から航続時間4時間内の東南アジア路線を開設する計画です。運行開始の2013年半ばの就航予定航空機数は 5機だけです。ある調査アナリスト会社は、当初は取り立てて AirAsia に影響はないが、運行が拡大すれば競争が激しくなるだろうと、見ています。

【天然ゴムの生産】
天然ゴム産出国連盟が発表した数字です。 2011年の総生産量は 1033万トンでした、2012年は5%近く増える見込みです。
国別で見ると、タイが1位で 34.8%を占め、2位が インドネシアで29%、3位がマレーシアで 9.7%、4位がインドで8.7%、5位がベトナムで7.9%です。マレーシアの今年の生産量は100万トンになる予想です。

(Intraasia注:半世紀近く前は生ゴムと錫の生産で世界のトップ国であったマレーシアはいずれも順位を下げた、それは国の経済と生産構造の変化からです。生ゴム生産も4位から追い上げを受けているようですね)

【話題の反イスラム教映画に対するマレー政党青年部の反応】
米国でイスラエル人によって製作されたといわれる、イスラム教を批判する映画 Innocence of Muslims が世界のムスリム社会に反発を生んでいます。リビアでは米国大使が過激な集団によって殺害されました。

マレーシアでは政権党UMNOの青年部がこの映画を糾弾しています。 野党のPAS党青年部は、金曜日に抗議デモを行い、さらに来週には大きな抗議行動を組織すると発表しました。その後で在クアラルンプール米国大使館へ抗議書を手渡すとしています。

9月13日のマレーシア記事

【国の長期教育計画が発表された】
国の教育方針と制度を定める”教育発展のための長期的青写真 2013年-2025年” がナジブ首相とムヒディン副首相兼教育大臣によって発表されました。
クアラルンプールのKLCC会議展示場で行われた発表式の会場は、政界や教育界から2000人を超える参席者がありました。

11の基本項目から成る: (以下抜粋です)
国際水準の教育を皆に公平に提供する:
・2017年から中学校では新カリキュラムになり、小学校ではカリキュラム変更が行われる。そして優秀な生徒は小学校6年間を5年で終えることを認め、中学校5年間を4年間で終えることもできる。
・2015年から義務教育を現行の6年間から11年間にする (イントラアジア注:現在でも就学は満6歳から)。
・2011年の統計では私立学校を含めて、小学校就学率96%、中学校1年から3年までの就学率 91%、4年から5年までが82%。
・義務教育の前段階における、公立と私立の幼稚園を含めた教育施設への子供の入学率は77%

全ての生徒はマレーシア語と英語を十分に身につける:
・全国の学校の英語教師はケンブリッジ英語検定を2年以内に合格する事を義務つける、もし合格しなければ新たに訓練を受けることになる。
・国民型華語小学校とタミール語小学校だけに設けてある、移行学級を2017年に廃止する。( Intraasia 注:小学校から中学校へ進学する際に、マレーシア語の学力が不足な生徒だけは1年間のマレーシア語向上に絞った特別学級に在籍する、これを移行学級と呼ぶ)
・教育省はそのためにマレーシア語カリキュラムを強化して、全ての生徒が中学校へそのまま進学できるようにする

マレーシア国民としての価値観を培養させる:
・2017年からイスラム教教育を強化する。一方非ムスリム生徒に対しては道徳教育を強化する。
・全ての生徒は社会奉仕活動に参加することになる。
・2013年から、教師の新規雇用の水準を引き上げる。 該当する教師は成績の上位30%に入っていること。

教育投資:
・2012年政府予算において、歳出に占める教育費の割合は16%で、2011年国内総生産高に占める教育関連費の割合は3.8%。
この比率はシンガポールや韓国や日本のそれと同じぐらいか、多少上回る。

その他
・中学校3年次に実施している統一試験PMRを2014年に廃止する

ナジブ首相は発表式で述べる、「独立以来55年経った、マレーシア国民は誰でもマレーシア語を話すことができなければならない。これは政治問題ではなく国家の問題です。」 「英語は現実なのです、国民が英語がよくできればそれは資産となる。」

(Intraasia 注:かなり分量のある長期青写真であり、多くの新規計画・方針変更策が含まれています)

【シンガポール政府がサバ州サラワク州先住民族に突きつけた差別的な労働許可条件】
今月初めからシンガポール政府が、シンガポールで働くマレーシア国民のサバ州とサラワク州の先住民族出身者関して新しい規則を実施しています。 18歳以上のマレーシア国民一般はシンガポールで働けるが、この両州の先住民族男性に限っては35歳以上に引き上げるとしました。
対象となる35歳未満の男性労働者はシンガポール入国ができなくなり、すでにシンガポールで働いている対象者はその労働許可証が更新されないことになった。

サラワク州のDayak族イバン族統一組織の長は語る、「この規則はシンガポール当局によって公式には発表されていないが、すでに対象男性は労働許可証が自動的に拒否されている。これはきわめて劇的な処置です。」

マレーシア外務大臣は、シンガポールを訪れて大臣とこの件で協議する意向を語りました。

【州議会解散の権限を持つ州スルタン】
マラ工科大学の法学の名誉教授が選挙に関して解説する:
州首相の助言によって、州スルタンは州議会の解散をする。
ただし州スルタンは憲法上の規定により、その州の州議会を解散する要求に対して、承認を差し控えることができる、ただスルタンは一般的にはその要求を受け入れている。州スルタンは解散要請に対して、イエスともノーとも言える。

現国会下院の任期5年は 2013年4月2日に切れる、一方スランゴール州の州議会の任期は2013年4月22日に終わる。ペナン州議会は5月2日に切れる。このように各州によって州議会の任期満了期日は少しづつ異なる。
州州議会が解散されると、選挙委員会は投票日を60日以内に設定しなければならない。

(Intraasia注:国会の選挙実施日とほとんどの州は同日に州議会選挙を行っているが、期日を変更することも可能だという説明です。ここで説明されているように、マレーシアのスルタンは単なる象徴ではないという好例です)




9月12日のマレーシア記事

【オランアスリの最小グループはそのうち消滅の危機に面しているという見方】
半島部の先住民族オランアスリと分類される 18種に分かれた下位民族集団の1つであるKensiu人コミュニティーは30年後には消滅する危険に面しています。 Kensiu人コミュニティーはケダー州のBaling 地方にある Kampung Lubuk Legong Kampung Lubuk Legong 村にあるだけです。この村は町の端に位置し、州主要道路から100m離れているだけです。

Kensiu人コミュニティーの構成は 122人の男性と102人の女性から成る 53家族、計224人です。全体の内の161人がイスラム教に改宗しており、残りはアニミズムを信仰している。コミュニティーの大多数は貧困ラインのずっと下で暮らしており、月収はRM 400から450程度です。

オランアスリ発展庁によれば、コミュニティーが消滅の危機に面している理由の一つは、彼らが下界との接触を避けていることです。庁の広報官は説明する、「我が庁はKensiu人コミュニティーに対してその内部だけに留まらないようにとの数え切れないほど多くの働きかけをしました、しかし成果はなかった」 「彼らに他のコミュニティーとの通婚も勧めた。Kensiu人コミュニティーはそのコミュニティーから出ようとしない。この状況が続けば、オランアスリのこの最小下位民族集団は30年後には消えてしまうでしょう。」 「彼らの気質も状況を向上させることにつながっていない。」

「政府は1954年以来これまでにこの最小のコミュニティーを助けるためにRM 100万という予算を使ってきた。ケダー州政府はKampung Lubuk Legong村にコミュニティー用として 173ヘクタールの土地を法定しました。」 「政府は電気、水道などの供給、家屋、学校を建て、食品補助をしました、彼ら自身で発展していくようなプログラムも与えた。こういったことにも関わらず、コミュニティーの年配者たちは仕事に出かけようとしない、子供たちは学校へ行こうとしない。」 「でも我々はあきらめたわけではない。援助は続けていきます。」

広報官はさらに言う、「何人かの人たちは零細ビジネスをたちあげるために資金を提供されたが、いずれも失敗した。 Kensiuのなかには時代についていこうと変化を受入れようと最善を尽くす人たちもいますが、そのうちにつまづいてしまいます、それはコミュニティー内部から圧力のためです。」

Kensiu人コミュニティーの数は、マラヤ独立の1957年には100人に満たなかった、50年後増えてもたった224人に過ぎない。
工業部門か農業部門で働いている人もいるが、Kensiu人コミュニティーの大多数は依然として森へ入って採集して生活することを選んでいる。「彼らは森を第二の我が家とみなしています。」

(Intraasia注:オランアスリ発展庁の対処法と方針を批判し、独自にオランアスリへの協力に力を注いでいるNGOがあります。 そういうNGOの観点も聞かないと一概には判断はできません。しかしいずれにしろオランアスリというマイノリティー民族の中の更なるマイノリティーなんですね。生産財や消費財から疎外された状況に長年置かれ、国民多数から偏見をうけると感じているであろう、こういう極マイノリティーグループはまことに困難な立場にあることでしょう)

【公共住宅を又貸しする悪癖がはびこっている】
(国が建設する低所得者層向けの公共住宅を 民衆住宅建設計画、略称PPR と呼び、都市部に数多くあります。その多くは高層アパートです。)
クアラルンプールに存在する PPRでは、賃借人がそのユニットを第3者に又貸ししている問題が長年続いている。又貸しする際に、その賃料が本来の賃貸料に上乗せされて数倍にもなることが普通です。 クアラルンプールにある多くのPPRでこの不法行為が起こっており、管理者であるクアラルンプール市庁は問題を未だに解決できません。

最悪なのは、貧しい人たちがこういう不届きなテナントの慈悲にすがらざるをえないだけでなく、市庁の係官の中には斡旋屋とぐるになって貧しい賃借希望者を餌食にしている者がいる、という告発の言もあります。こういうあくどい斡旋屋と市役所職員はPPRのユニットを借りられるようにと予約料を要求するのです。

PPRのある住人は主張する、又貸し行為をクアラルンプール市庁職員に数回通知したが、今に至るまで何の対策も取られていない、と。低所得者層向けのPPR のユニットが第3者や外国人に賃料を上乗せして又貸しされている現状は公然の秘密です。 恥ずべきは、当局がこの不法行為を止める対策を取っていないことです。

クアラルンプール市庁の諮問委員会の住宅担当委員は解説する、「PPRの賃借人がそのユニットを又貸しするのは違法行為です。賃貸借契約書にはこのことがはっきりと記載されています。」 「斡旋屋が市役所職員とぐるになって貧しい人たちを搾取しているのは別に目新しいことではない、昔からあることです。」 「PPRのユニットが又貸しされる状況が増えている。クアラルンプールだけでPPRの総ユニット数は 約3万5千あるからです。違法又貸しが数千ユニットあっても驚きません」 「PPRユニットに入居を申し込んでいる人の数は2万6千人にものぼります。その多くは何年も順番待ち名簿に名前が載っています。」

クアラルンプール市庁の職員によるPPRユニットの随時検査を実施していないことが、不法又貸しの横行につながっているというのが主たる要因でしょうが、市庁のPPR部門の長は反論する、「クアラルンプール市庁だけが責められるべきではない。随時検査は不足しているかもしれないが、まったく検査をしていないという批判は的外れだ。検査をしてもユニットの借主が留守、住んでいるのは借主の親戚だといった、あらゆる言い訳を聞かされるのです。」 「又貸しは非倫理的な行為です。止めなければならない。真に借りたい人の機会を奪っています」

おことわり
9日から11日まで家を留守にしましたので、記事の掲載はできませんでした。

9月8日のマレーシア記事

【日本人宅も含めて数々の住宅強盗を働いていた外国人グループが殲滅された】
イポー近郊に住む日本人の高級住宅が6日未明4人組の強盗に襲われました。警察は24時間も経たない内に賊を壊滅させ事件を解決しました。

強盗グループは年齢が20歳から30歳ぐらいで、今のところ彼らの身分を確認することができません。ただ外国人に間違いないでしょう。初期捜査でわかっていることは、強盗グループはこの2ヶ月間ほどペラー州のイポー、メルー地区、クアラカンサー地方などで発生した15件ほどもの強盗を行っていました。

ペラ州警察のトップは記者会見で語る、「Puncak Meru とMeru Valle で起きた最近の2件の強盗事件の手法を他の多く起きた強盗スタイルと照らし合わせた結果、この強盗グループの犯行と確認した。」 「彼らの強盗方式は皆が寝込んでいる未明の時間に、門や窓をこじ開けて屋内に侵入する。家の者たちを起こして脅して金品を奪う。」

「8月30日に Meru地区 で起きた強盗事件では被害者はRM 9千を奪われた。前日に Meru Valleyで起きた(日本人宅)強盗事件ではRM 20万が奪われた、これらの事件後は該当地区に未明の巡回を強化した。」 「州警察の重犯罪捜査部門チームの車が午前2時ごろJelapang の Meru地区で、4人が乗った怪しい車を発見した。チームは車に停車を命令したが、その車はmeru ガーデン方向へ高速で逃げ去った。警察の車2台がしばらく追跡し、犯人の車は住宅地区の道路で衝突した。」

「賊の車に迫った警官に対して賊2人は発砲して警察車輌に命中した、賊の別の2人は刀を持って襲ってきた。 そこで警官は自衛のために賊に撃ち返して4人を射殺した。賊は身分証を持っておらず、車には盗品と強盗の際の破壊道具があった。例えば 自動拳銃と弾薬、刀数振り、ノートパソコン、携帯電話など、また現金で 日本通貨56万9千円、7万8千インドネシアルピア、RM 286など。偽プレート番号もあった」

強盗に遭った日本人は地元会社の顧問として働く夫とその妻と3週間の予定で訪問中だった実習生の3人です(記事には本名記載)。夫妻は会社提供の高級住宅に住んでいます。家に侵入した賊に起こされて物品を奪われたとのことです。

(Intraasia注:通常この種の強盗事件は華語新聞がより詳しく報道します、今回も写真付きで同様です。長年報道に接してきてわかるのは、車追跡などで強盗団が警察に追い詰められ反抗すれば、まず全員射殺となりますね。今回の事件もその結末になったようです。西海岸側の都市部ではこういう強盗家屋侵入事件はたびたびニュースになります、たまたま日本人の住んでいる高級住宅が狙われたということでしょう)

【ルックイースト政策の今後を決めるセミナーを10月にKLで開催する】
ロシアのウラジオストックで開催される 第20回アジア太平洋経済協力閣僚会議(APEC)に出席するマレーシア通産大臣は、現地で複数国の大臣と会談した後マレーシア記者団に語りました。「当時のマハティール首相の提唱によって始められたルックイースト政策の30周年を記念して、且つ今後の方向性を決めるべくセミナーを10月10日にクアラルンプールで開催します。それには各界の主要な関係者を招待します。」

通産大臣はこのセミナーの件を日本側の経済産業省大臣に伝えたとの事です。日マ両国の大臣は通商自由化策だけでなく、マレーシアへの投資に関しても話し合いました。マレーシア側は、日本からの投資ついて、とりわけサービス分野、研究開発分野、グリーン技術分野でより品質の高い投資を期待すると述べました。「日本がTPPに加入することを望めば、マレーシアはそれを支持します。」

(Intraasia注:前にも書きましたように、ナジブ首相はもともと日本にそれほど関心のある政治家ではない、父親である第2代首相の縁もあってむしろ中国に関心をより示している。ルックイースト政策はマハティール首相の強い指導スタイルで始まり続いてきた。 政策開始以来30年も経ち、マハティール元首相は既に10年前に引退した、現在はかなり違った状況にある。ルックイースト政策は確実にその存在が薄れつつあり、従って今後継続しても方向性は変わることでしょう)

【最高速の家庭向け光ファイバー接続サービス】
TIME dotCom Bhd は家庭用光ファイバー接続サービスを開始すると、発表しました。 
ブランド名 TIME Fiber 100Mbps Home Broadband では最高接続スピードが100Mbps になるとのことで、料金は 月額RM 179。

これは家庭用としては最速になります。現在他社が提供する家庭用ブロードバンド接続の最速は 30Mbps です。TimedotCom Bhd の光ファイバー接続を利用できるのは、クアラルンプール圏とペナン島の合計10万世帯になります。

同社が初めて家庭用の光ファイバー接続サービスを開始したのは、2010年前半です。 高層ビルの顧客向けに100%光ファイバー接続を提供しているのは同社だけです。TIME dotCom Bhd は1996年に設立されたマレーシア企業で、証券取引所に上場しています(Bhd がそれを示す)。固定通信回線を持つ会社としてはTelekomに次いで国内で2番目になります。

(Intraasia注:光ファイバーはTelekomが最多顧客を持つ。TIme はニッチマーケット向けでしょう、現実にこのサービスが提供されるのはクアラルンプール圏の限られた地区だけのはずです。確かに 100Mbps とはすごいスピードですが 料金もたいへん高額だ。イントラアジアは1Mbps ぐらいの無線接続利用ですからね。)

9月7日のマレーシア記事

【福祉庁に登録した福祉団体・組織の数】
国内にある 45000ほどの NGO組織が (団体を登録する国の)登録機関に登録申請しており、その内の 8500弱は福祉と慈善関係のグループ・団体とのことです。

「福祉庁に登録している団体・組織は約300あります。その内孤児と子供を守るセンターが149、 身体障害者のための施設が91、老人ホームが 52、 女性の保護施設が7つです。」 と女性・家族・コミュニティー発展省の副大臣は XPM 福祉ソサイエティーの24周年の催しで語る。「福祉庁に登録していない福祉施設がたくさんあります。政府はそういう施設が登録するのを奨励します、登録することで運営費などの支援をします」 

(Intraasia注:組織・団体と認められるには登録機関に登録しなければならない。 それはとして、福祉庁に登録している身障者施設と老人ホームは随分少ないように思えますね)

【ナジブ首相夫妻の顔写真を踏みつけて逮捕された女性が陳謝の会見】
ナショナルデー前夜祭がクアラルンプールの独立広場で開かれた際、参加者の若い男女がナジブ首相夫妻の写真を足で踏みつけた光景が、その後インーネットで出回りました。
ジョーホール州の警察に出頭した、19歳と20歳の男女(華人)を警察は逮捕しました。その際手錠をかけたことに、過剰行為との批判も出ましたが、警察は正当な行為だと反論しています。2人はその後保釈されました。警察は警告する、「さらに9人の者を捜している。関与したものは直ちに自ら警察に出頭するように」

民主行動党が開いた記者会見の場で、釈放された19歳の女性は弁護士に付き添われて現われて、一般人に向けて公開の陳謝を表明しました、写真を踏みつけた行為は悪意からやったものではない、他の人がやっていたのを真似ただけです、と釈明しました。「謝った事をしたと思ったので、自首しました。」 「一般の人に陳謝するという意味は、首相も一般の人に含まれます。」

(Intraasia注:華語新聞は第一面でこの女性の顔写真を大きく掲げていました。政府指導者らは、首相の顔写真を踏みつけた行為を絶対に受け入れられないことだと強く批判しています。 一方、野党連合に属するペナン州首相は、野党連合の指導者の顔写真が足踏みされても警察は行動しない、二重基準だと批判しています。 政府指導者の写真を焼いたりする、外国の例をマスコミのニュースでみかけますが、それはマレーシアでは犯罪行為ということのようです)

【中国人と日本人の観光客の更なる増加を焦点にすると、観光大臣】
観光大臣は、マレーシアは観光のために引き付ける市場として東アジアに焦点をあわしている、なぜなら今年マレーシア観光に訪れた中国人と日本人が増えているからです、と述べる。「今年上半期のマレーシア入国旅行者数は(対前年比で)中国人が34%増、日本人が32.5%増でした。 中国と旅行面での関係を1999年に開始して以来、現在では中国人はマレーシアにとってシンガポール、インドネシアに次ぐ3番目に入国者が多い国です。」

「日本からのマレーシア旅行者の数を4年後には100万人に増やしたい」 「マレーシアは中国と日本からさらに旅行者を引き付けようと努力しています。」 観光省が焦点に当てている東アジアの国は、他に韓国と台湾があります。

(馬華公會(MCA)の準総裁で女性国会議員である)観光大臣は9月始めに日本を訪れた際、日本の城西国際大学から、その観光業への貢献を讃えて名誉博士号を贈られました。「日本人はマレーシアが観光市場として大きく発展していることに感心しています」と大臣は語る。

(Intraasia 注:マレーシアへの観光入国者数は中国人が2011年は125万人、日本人は2010年が41万5千人、2011年が38万7千人。隣国ではないにも関わらず中国人の数は驚異的に多い。これがさらに増えるのだろう。 日本人はこれまでの長年の傾向をみると 30万人代半ばから40万人前後です。果たして100万人は達成できるかな?)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 387.0 入手します。

9月6日のマレーシア記事

【フィリピン人メイドのマレーシア送り出しが厳しくなる】
在マレーシアのフィリピン大使館は、家庭内住み込みメイドとして働くフィリピン人をマレーシアに呼ぶ代理業者への規則を強化しました。これはフィリピン政府が国民が住み込みメイドとして海外へ働きに出ることを徐々に減らしていくとの決定を受けたものです。これは世界中で働くフィリピン人メイドに影響を与えます。

フィリピン大使館の担当大使館員によれば、新たな代理業者を認定することを止めたわけではないが、認定を出すことを厳しくしたとのこと。「代理業者が全ての条件を満たすことを確実にします。既に承認を得ている代理業者は引き続きビジネスを行えます。ただ大使館はその業者に対しても十分なる調査を実施する。」

担当大使館員は説明する、「マレーシアにおけるフィリピン人メイドの需要は2009年以来増えている、フィリピン人メイドは良く訓練を受けており且つ英語を話すからです。」 フィリピン人メイドの月給はRM 1240と定められています、これはインドネシア人メイドの倍前後です。マレーシアで働くフィリピン人メイドの数は、2009年の4千人から現在は1万人ほどだと見られています。

マレーシア外国人メイド協会の会長は語る、「近い将来、メイドを雇用する費用は益々増加する。安い労働力として期待し続けることはもはやできないし、外国人メイドにあまりにも依存できなくなる。」 「フィリピン人メイドの雇用費用はかなり高い、RM 9千位です。」

インドネシアは3年間の暫定停止のあと、今年6月からメイドのマレーシアへの送り出しを再開しました。インドネシア側とマレーシア側で結ばれた覚え書きでは、インドネシア人メイドの雇用費用は RM 4511 であり、その内代理業者の費用分がRM 2711でRM 1800は雇用家庭の先払い分です。 雇用家庭はその後6ヶ月間に渡ってメイドの月給からRM 300を差し引きます。

覚え書きにも関わらず、メイド賃金の低さからインドネシア側は送り出しにあまり積極的ではありません。カンボジアは昨年マレーシアへの送り出しを禁止しました。

(Intraasia 注:24時間拘束で働かせる住み込みメイドの月賃金がRM 1千にもならないというのでは、インドネシアが送り出したくないのは当然でしょう。メイドの民族によって差別賃金を設定しているあり方そのものにも問題ありですなあ。)

【不動産と住宅デベロッパー協会は最近の市場を分析する】
不動産と住宅デベロッパー協会(Rehda) は、住宅と不動産市場に関して2012年下半期は特に乗降下しないが回復力は維持していると見ています。協会は加盟社 1003社中の180社を対象にした調査を基にしています。

2012年上半期の不動産市場は、外国人購入がより増えたことによるという観測を押しのけて、依然として国内需要が押し上げています。2011年の全不動産取引に占める外国人の割合はわずか2%に過ぎませんでした。

不動産と住宅デベロッパー協会(Rehda) の議長は主張する、「政府は低コスト住宅建設を減らすように見直すべきだ。マレーシアは2020年までに先進国を目指しているのです。」
同じく協会幹部は主張する、「ブミプトラ購買者用に一定のユニットを割合てることに協会は反対はしないが、それが売れ残った場合はデベロッパーに影響が出ます。」 「売れ残ったブミプトラ用ユニットを自動的に売れるようなメカニズムを、政府は作るべきです。」

【ある国際競争力調査におけるマレーシアの順位】
世界経済フォーラムが発表した、世界競争力指数 2012年-2013年 において、上位20%以内を引き続き維持しています。 
調査対象 144カ国中、マレーシアは25位です。 アジアの国を見ると、シンガポールが2位、香港が9位、日本が10位、台湾が13位、韓国が19位です。

(Intraasia注: この種の調査は指数の比重や項目の入れ方でかなり順位が入れ替わり、且つどういう人たちが調査に関わっているかでも変わるので、ある1つの調査とみるのがいいと思いますけどね)

9月5日のマレーシア記事

【公務員への応募者に非マレー人の割合が多少増えた】
(公務員の人事などを扱う機関である)公共サービス委員会の議長は述べる、「今年6月から8月の間に公共サービス委員会を通して公務員に応募した者 120万人の中で、非マレー人の割合が増えて 5.6%になりました。昨年同期はたった2%でした。」

議長は増えた理由を説明する、「華語新聞とタミール語新聞での大きな募集キャンペーンを載せたことです、さらに国内各地で対談などを開催しました。」 サバ州とサラワク州は半島部との違いがあります。両州では応募者中の非マレー人割合は16% に増えたからです。

「応募者は公共サービス委員会との面接が終わった1日後に、結果を知らされるようになった。これまでは最長で2週間もかかった」 「(公務員の定年が60歳に延びたことで)多くの公務員が60歳まで働くことを希望しているので、今後2年間ほどは求人数が限られることになる。今年の求人数は7千ほど、来年も7千ほどでしょう。」

(Intraasia注: 国家公務員、地方公公務員といった身分区別はありません。官庁で働く人たちであれ、自治体で働く人たちであれ、公務員においてマレー人が圧倒的多数派であることは、誰でも知っていることであり、且つ実感できる。華語小学校などがあるので教師に占める比率は非マレー人の率が上がりますね。警官、消防員といった公務員も同様にマレー人比率が圧倒している。応募者の5%程度に増えたとはいえ、まだまだ低すぎることは確かですね。それにしても応募者が100万人を超えるとは、公務員はマレー人の間でやはり人気だという証拠でしょう)

【出生証明書がなくても学校に通える方策がある】
(独立した機関である)人権委員会Suhakamの委員長は語る、「出生証明書などの公的証明書がなくても、そういう子供たちを登録する手段があるので、子供は学校へ通うことができ、統一試験を受験できます。しかし子供たちの親だけでなく学校の教師も、この登録を行う方策を知らないので、多くの子供たちが学校へ通えないという結果を招いている。」

「Suhakamの調査では、この問題が田舎、及び先住民族オランアスリのコミュニティーで顕著です。 2011年オランアスリの子供で就学年齢になっても通学しなかった数が2千人もいました。 2007年の例では、当時6歳から12歳のオランアスリ子供の間で、一度も学校へ行ってない数が7千人もいました。」

「出生証明書などの公的証明書がない子供は他の証明を使って学校へ登録できる、つまり村の長(Penghulu) などがその子供の地位を証明できるのです。」 
人権委員会Suhakamは独自の調査をまとめて、8月に教育省宛てに、子供の教育に関する18の問題を提出しました。  その中で、特別な補助が必要な養護学校の教師には、そのための資格が不充分な先生がいることも例示しています。

(Intraasia :出生証明書は極めて重要です、これがないと国民と認められない、よって大人になっても身分証明書が得られない。少数民族の一部、とりわけオランアスリなど、及び郡部にあるプランテーションに住むインド人の一部、の間で出産した後に出生証明書を役所に出さなかったことがもたらすマイナス面が、昔から報道されています。子供が学校へ上がれないということは、その子の一生の方向性がすでに限定されてしまうのはマレーシアでも同じです)

【外国からの不動産投資】
マレーシアの不動産会社 Property Talk International Sdn Bhdの社長は主張する、「マレーシアの住宅不動産に関心を持つ外国人が過去3年に比べて今年はぐっと増えている。これは最近シンガポールがシンガポール住宅不動産向けに外国人購入者の印紙税10%規則を導入したことがきっかけです。」
「インドネシアと中国からの購入者は、ジョーホール州の経済開発特区Iskandar、ジョーホールバル、クアラルンプールをより好む。インドネシア人はシンガポールへの近接さから Iskandarを好む。インドネシア人と中国人の購入者は一般に、Iskandarとクアラルンプールでは住宅不動産価格がRM 60万から150万ぐらいを求め、ペナンではRM 100万以上を求める。」
同社の今年の不動産販売はこの3つの地方でRM 5500万を売るだろうと見ています、昨年はRM 2千万でした。

Henry Butcher Marketing Sdn Bhd の最高経営責任者は主張する:
「マレーシア不動産を求める伝統的な国であるシンガポール、香港、インドネシアで販売しようとする以外にも、マレーシア不動産デベロッパーは他の市場、例えば韓国と中国、へも進出しています。」



9月4日のマレーシア記事

【製作される国産映画においてマレーシア語以外の映画製作が増えた】
シネマは上映する映画において、各週の上映映画に新しいマレーシア製映画を2本含めなければならない、という規則があります。これが昨年マレーシア製映画とはマレー映画(マレーシア語の映画)に限らないと対象が拡大されました。

国家映画発展公社 Finas の長官はFinas 本部で開かれたハリラヤオープンハウスで語る: 「この規則の結果、マレー映画以外の国産映画が増えている。」 「 我々はマレーシア製映画にもっと場をもうけたい。つまり英語の映画、タミール語の映画、華語の映画、サバ州とサラワク州の先住民族語の映画がこれに含まれる。」 「規則を拡大したおかげで、今年上映される国産映画は、最低でも75本に成るでしょう。昨年は 49本でした。」

今年上映予定の国産映画75本中、20本は華語映画です。長官は言う、「この新規則以後、マレーシアのタミール語映画製作者はタミール語映画製作に興味を示している。」 マレーシアで初め製作したタミール語映画” Adutha Kattam" が今年7月上映されました。

(Intraasia注:マレー映画は即マレーシア語映画になる。やはり国産映画ではマレー映画が多数派です。ただ確かに華語または広東語も加えた国産の中文映画の製作が増えたと感じます。国産映画の興隆は国内にシネプレックスの設置が広がっている現状も反映しているといえそうです)

【かつての地下錫鉱山のトンネルを再生して観光化するプロジェクト】
パハン州のSungai Lembing 町にはかつて錫鉱山がありました。現在地下トンネルを再生させ改良させる工事が費用RM 800万をかけて行われており、それが終わる11月には一般公開される予定です。そうすれば、訪問者は地下錫鉱山の鉱山労働者の厳しい生活を伺い知ることができるようになるでしょう。

クアンタン市の自治体議長はこのプロジェクトに関して説明する、「歴史的場所を主要な観光地化するプロジェクトの1つです。これはその地区に関してパハン州政府が特別地区計画を承認したからです。」

訪問者はかつての地下錫鉱山に入って、長さ500メートルの地下トンネルを見学できるようになります、この際特別仕様の運送手段を用います。そこで訪問者は光と音のショーを体験します。クアンタン自治体は、95ヘクタールの Sungai Lembing町を世界的な生きた博物館に発展させるべく、観光省に予算の配分を申請するとのことです。

博物館庁の長官は語る、「Sungai Lembing 博物館はもっとプログラムを実施して、地元人と訪問者にSungai Lembing 錫鉱山とコミュニティーと環境の歴史を教えていくことに役立たせます。」 「住民は歴史的価値ある物品を博物館に提供してください。これまでにすでに数百点集まりました」

Sungai Lembing 町はクアンタン市の北西45km の所にあり、昔は地下錫の主要供給地であり、世界でも有数の深い地下トンネルを擁していました。トンネルの道の総長は322kmにもなると言われています、深さは610mから700mに達したとのことです。
Sungai Lembing 町は1880年代に建設され、その時Pahang Consolidated Company Limited が錫鉱山地区の77年リースを得ました。1940年代当時、1400人ほどが鉱山で働いていました。鉱山の最盛期には、Sungai Lembing 町は州内でもっとも豊かな町と言われていました。
その後運営費の高騰と産出の低下のために、坑道が 1986年に閉鎖されました。

(Intraasia注:ずっと以前訪れた時、丘陵部にある静かな田舎町という感じを抱きました、お目当ての博物館がハリラヤで休館だったのでがっかりした記憶がある。クアンタン市内からバス便があります)

【妊産婦の死亡率】

保健省が明らかにしている出産に関する数字です。 現在死産でない出産数 10万人当たりで妊産婦が出産によって死亡する人数は26.5人です、この数字はこの10年ほどほとんど変わっていません。

スランゴール州保健庁の長官は語る、「この死亡率に寄与しているのは家族計画の不充分さであり、さらに心臓病のような健康に問題を抱える妊産婦の場合もこれに寄与している。 家族計画が妊産婦の死亡を減らす重要な取り組みです。」

9月3日のマレーシア記事

【マレーシア国民に日本への多重回数入国ビザの発給を開始】
観光、親戚訪問などを目的として日本を訪問するマレーシアに住むマレーシア国民に対して、日本大使館は多重回数入国ビザを8月31日から発行し始めました。

この複数回数入国が可能なビザは3年間の有効期限であり、1回の日本滞在日数は15日までです。

クアラルンプールの日本大使館の発表によれば、1回の日本滞在の期日数を30日または90日に増加させることも可能です、ただしその申請に対して日本側機関の承認が必要です。このビザ発給の要件は、申請者がしっかりとした収入のある被雇用者であるといった基準を満たす必要があります。 またこの3年間に日本を短期訪問したマレーシア人もこのビザを申請できます。

(Intraasia注:最近日本を訪問するタイ人が激増しているというニュースを目にしました。マレーシア人の日本訪問もぐっと増やす方策も必要ですから、その一歩なんでしょう、なにせAirAsia はマレーシアの会社ですから訪問しやすい。日本人はマレーシア入国にビザ免除で入国できるから楽です。1970年代日本人にとって今よりずっと多くの国でビザが必要だった時代に、数多く旅したイントラアジアは身に染みて感じました、ビザって必要かもしれないがやはり面倒です。 )

【ハジ巡礼者のマレーシア割り当ては今年も2万8千人】
内閣府の(イスラム教)担当大臣が明らかにしました。「ハジ巡礼月の巡礼者数において、サウジアラビア政府が各国に割り当てる人数は、マレーシアに関しては28000人と変わらずです。」 「しかしながら、マレーシアとしては引き続き増やしてくれるように要望していきます、毎年の割り当て数が限られていることから、ハジ巡礼を果たせないマレーシアムスリムがいるからです。」

現時点でハジ巡礼の行うことに登録したマレーシア人ムスリムは93万6千人に達します。その内4千人は75歳以上の人です、と大臣は記者団に説明しました。

スランゴール州スルタンは州立モスクで説く、「ムスリムは宗教に集中し、スランゴール州人の、マレーシア人の名前を汚さないようにしなさい。」 「スランゴール州人でメッカとメディナへハジ巡礼またはウムラ巡礼に出かける者が、抗議を示したりデモをするのは許しません。 それはマレーシア人のイメージをけがすだけでなく、マレーシア政府とサウジアラビア政府の良い関係を損なうからです。」 

今年4月にメッカとメディナで、抗議行動をしたマレーシア人が現れ、サウジアラビア政府はその不快感を示すためにマレーシア外務省に外交ノートを送りました。

(Intraasia 注:ムスリムの義務である5行の1つであるハジ巡礼ですから、出かけたいムスリムは多いことでしょう。 (ハジ基金に)93万人も登録しているんだ。どういう風に選定して2万8千人を選ぶのか知りませんが、なかなか順番は回ってきそうにないことはわかります。20世紀前半と違って、いまや多くのマレーシアムスリムはサウジアラビアへの巡礼に一生に一度であれば出かける余裕ができた。そのために長年積み立てるハジ基金がある。)

【タイ深南部でタイ国旗が焼かれマレーシア国旗が掲げられた事件】
殺戮や爆弾による抵抗が何年も続くタイ深南部の複数県で、武装抵抗グループがタイ国旗を焼き、一方でマレーシア国旗を掲げる出来事があったと、AP通信が報じました。同時に仕掛け爆弾によってタイ兵士6人がけがをしました。このできごとはパッタニー県、ヤラー県、ナラティワット県、さらにソンクラー県でも、起き、マレーシア国旗が電柱、樹木、歩道橋に掲げられたとのことです。

マレーシア内務省の大臣は語る、「マレーシア国旗の掲揚の理由は知らないが、政府はこれを重大視しています。これは国境を超えた犯罪活動が関与している。我々は特別調査部がこれを調査します。」 内務省はタイの治安当局と協力して調査を進めます。

(Intraasia注:深南部の不安定状態はマレーシアとしても歓迎せざる来事なので、大臣はこのように語っていますね)

9月2日のマレーシア記事

【董總は華人の教育副大臣の辞任を要求】
(華語教育の総本山的組織である)董總は、9月26日に行う抗議行動に参加するようにと、全国の華語教育関係者に呼びかけています。
董總の主席は語る、「抗議のほかに、教育省の副大臣(華人)は華語教育問題の処理での大きな過ちは失職に値する、そこで副大臣の辞職を公開で要求していく。」

「抗議行動の日には、2つの活動がある、午前には国会建物外側で副大臣への不満を表明して抗議書を彼に手渡す、そして彼の辞任を促します。董總は以前から批判しているが、副大臣は華語教育の多くの問題に善処していません。」

董總の主席は華語教育を救い発展させる行動委員会の会議後、記者会見を開いてこういったことを述べました。「26日の2つ目の行動は、その日の午後にナジブ首相に訴え書を渡すことです。そこで対処を誤っている副大臣の辞職を訴えます。」

(Intraasia注:董總は政党でもNGOでもない組織です、華語教育界を支えていると自負と事実から華人界での影響力は大きい。内閣の重要職である教育大臣は伝統的にマレー人大臣が就き、副大臣には与党の華人政党馬華公会の幹部がその職に任ぜられる。現副大臣も同様です。教育大臣は副首相が兼務している。董總がここまで公然と副大臣に挑戦するのは珍しい)

【マレーシアで外国人労働者として働くインド人労働者からの苦情は少ない】

インド人もマレーシアで外国人労働者として働いています。ひどい扱い、搾取、給料不支払いなどの苦情がインドの関係省に寄せられているとのことです。

インドの在外国インド人問題省の大臣が語るところによれば、 マレーシアで働くインド人からの苦情が一番少ないとのことです。2012年は7月までで65件です。2011年の苦情数は152件、これは2010年の131件より増えていますが、他国で働くインド人からの苦情数に比べればまだかなり少ない。 

この大臣はそれを説明して、インド人の働く国としては、クエートが最多であり、今年7月までだけで 2253件にもなる、 継いでカタールの 2194件、オマーン 1494件、バーレーン 470件、アラブ首長国連邦が 393件です。 8月までの数字ではサウジアラビアが 1889件となる。

大臣は続けて、「マレーシアで合法に外国人労働者として働くインド国民は15万人になる。彼らは熟練分野と準熟練分野の両方で働いており、主にサービス産業です。これとは別に専門職としてエクスパトリエイトの1万人ほどが情報産業、製造業、銀行分野で働いています。」 「インド人の好む外国労働市場としての国のトップ5にマレーシアは入ります。」

(Intraasia注: インド人外国人労働者が多いのは、なんといってもインドレストラン・大衆レストランでしょう。注文時に伝えるマレーシア語があまり通じないことからすぐわかるし、なんとなくその振る舞いからマレーシアインド人との違いを感じる。最近のインド大衆レストランは24時間営業であり、こういう営業方式では間違いなく外国人労働者が必要となる。 プランテーション産業にもインド人外国人労働者は多いそうだが、外部者は農園内に入れないので目に付かない。 インド人の特徴はIT技術者としてのエクスパトリエイトも少なくないことでしょう。以前イントラアジアがCybejaya へ短期間通った時、彼らの姿をたくさん見かけた。 )

【住宅不動産に関する不動産調査社の考察】

(不動産調査などで有名な) Zerin Properties の最高経営責任者は説明する:
「マレーシアの住宅不動産購買市場において、外国人による購入が占める割合は3%に満たない数字ということを知っておいてください。(シンガポールでは高級不動産の43%は外国人です)。」

「外国人の住宅不動産購入が最も高い割合の場所は、KLCC地区です、大体平均して30%程度です。KLCCにおける住宅ユニットの占有率は約60%であり、購入者はそのユニットの適当な借り手を見つけられないときは、空き室のままにしておく人が少なくない。こういうのは手持ち資金豊かな投資者であり、投機家ではない。」

「クアラルンプール及びマレーシア全体において不動産価格が上昇する中、外国人による住宅不動産への影響力は大した問題にはならない。」

(Intraasia注:もちろん、不動産関係者として1つの見方・立場ということであり、当然同意しない人たちもいることでしょう)

9月1日のマレーシア記事

【平和と安定と繁栄を約束するというナジブ首相の演説】
独立広場で行われたナショナルデーの式典でナジブ首相は演説する: 我々は公約すればそれを果たします。我々は、国の安定と繁栄を約束します」 「独立して55年経ち、マレーシアは安定ち繁栄を成し遂げ、人々の福利を向上させてきた。こういったことが果たされた約束です」
「今日成し遂げたことは全て将来世代のためなのです。将来世代、Y世代が国の指導者となったときにはマレーシアはもっと安定し繁栄していることを確実にします。」

ナショナルデーの夜独立記念日祝祭の一環として、クアラルンプールのBukit Jalil 国立競技場で 第55回独立の集い”果たされた約束” が(政府機構主催の下で)開催されました。
競技場には10万人の人たちが集まり、さらに競技場の外にいる何千人かの人たちもいっしょになって、記念日を祝いました。集いにはナジブ首相始めとした政府与党首脳も出席しました。

【人民公正党は党の専用バスを使って5州を巡回する】
野党の人民公正党は、独立記念巡回活動(Jelajah Merdeka Rakyat)を行います。その際に”独立記念巡回”バス車輌を用いて9月2日から5つの州を巡回し、人々に主張を伝えるほか、市民との距離感を縮め意見を聞きます。

ダブルデッカー型のバスには19座席がある、内2座席は按摩席で、トイレや音楽設備、ミニキッチンが装備されている。このバス車輌は指導者の演説時の舞台にもなります。バスの外側には公正党顧問のアンワル元副首相の肖像が印刷されており、野党3党連合の標語と “Jelajah Merdeka Rakyat"が掲げてある。
この車輌は今後、パハン州、クランタン州、ケダー州、ペルリス州、ペラ州を巡回します。

【パハン州で独立記念日前夜のカルワット取り締まり】
パハン州のイスラム教庁は、クアンタン市内にある安ホテルで独立記念前の宗教的罪防止活動を夜明け前に行いました。これはムスリムがカルワット行為をしていないかを取り締まるものです。
これによってパハン州のイスラム教庁は、未婚であると思われる 19組のカップル、計38人を拘束しました。拘束されたものたちは調書を取られた後保釈されました。

取り締まり部隊の長は説明する、「イスラム教管理とパハン州マレー慣習規定1982年の 145条に違反した容疑で、この38人の男女は起訴されることになります。」 取り締まり活動はナショナルデー前夜 10時から翌6時半まで行われました。

(Intraasia注:血縁関係にない婚姻関係にないムスリム男女が閉ざされた空間にいること、つまりカルワット行為の取り締まりは、各州でその州の宗教庁が主体となって行われています。カップルの片方が非ムスリムでももちろんカルワット行為です。取り締まりにあった芸能人がシャリア法廷に起訴されると、マレーメディアでいつもゴシップニュースになりますね)

| ホーム |


 BLOG TOP