プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

4月30日のマレーシア記事

【警官と軍人は必ず事前投票となる】
軍隊と警察の人員は30日から事前投票を行います。
軍人と警官は、各地の軍隊基地、各州警察本部及び州内各管区警察本部で、それぞれ設けられた投票所で投票します。警察長官ら最高幹部は警察本庁に設けた投票所で投票します。

(Intraasia 注:軍人と警官は全て事前投票です。ですから警官が普通の投票所に並んで投票することはないはず。どのような基準で登録地を選んでいるかは不明ですが、住所地を唯一基準にしてないのは確かです。 なおサバ州の現地駐留部隊は既に事前投票したことはニュースにありました)

(クアラルンプールは連邦直轄領なので、国会選挙区の 11選挙区だけで州議会選挙区はありません)
その内の1つ Bukit Bintang 選挙区の民主行動党DAP候補者は訴える、「当選挙区に有権者登録している人は、当地に戻って投票してください。我が選挙区での投票率が過去の記録を破れば、民聯 (Pakatan Rakyat) のスローガンである政権交代に一歩近づくのです。」 「Bukit Bintang 選挙区に有権者登録している内の 5千人は軍人と警官です、これは投票前に既に行動党にとってマイナスの票ということです。」 
候補者は、国外にいる有権者に向かって投票日前に帰国して必ず投票するようにと、訴えました。

(Intraasia 注: Bukit Bintang 選挙区に軍隊の基地はない、警察本庁があるからなのか? 5千人もの警察軍人の登録があるのは以前から不思議です。Bukit Bintang 選挙区の今回の登録有権者数は56000人です。Bukit Bintang選挙区はBukit Bintang街を含むのでこの名が付いているだけで、決してBukit Bintang街界隈だけではありません)

【投票に備えて帰省する人たちのために増車するバス会社と鉄道】
中長距離バス界の最大手である Transnasional Berhad とマラヤ鉄道(KTMB) は、有権者がそれぞれの有権者登録地で投票できるように、増車します。

Transnasional 社の最高経営責任者は語る、「5月1日から6日までのバス切符は4万座席分あります。 Transnasionalバスの車輛700台は全て運行させます。」 「これは Transnasionalグループに属する3つのバス会社、Transnasionalバス, Pluslinerバス、 Niceバスの運行においてです」 「東海岸州のコタバルやクアラトレンガヌへの便は人気が高い、これはクアラルンプール圏からだけでなく他州からの便でも同様です。」

マラヤ鉄道は、乗客数の増加に答えるために車輛を増やします。  5月1日から8日までに利用できる切符数は9万枚あり、その内既に3万枚は売れましたとのことです。切符はマラヤ鉄道の長距離列車とETS 電車が運行する路線での数です。

(Intraasia 注:マレーシアでの投票制度が有権者登録地に基づくことから、故郷を投票地とする人が少なくない。とりわけクランタン州とトレンガヌ州は工場や企業がすくないことから、職のためにクアラルンプール圏、ペナン、ジョーホール州に住んでいる、そこで大きな祝祭やこのような投票時には故郷へ帰るのです。クアラルンプールに長年住むペナン州出身者でもペナン州人の誇りからペナンへ帰って投票する人もいる、というように住所地で投票しない人は珍しくない。21歳以上の学生の場合は、恐らく故郷投票者の方が多いのでは?。 ただこれまでに住所地で投票しない人の割合と言った統計は発表されたことはありません。自治体に住所地登録制度のないマレーシアですから、現実にそういう統計を作るのは不可能でしょう。)

マレーシア選挙一口知識
立候補者は特定シンボルを使うことになる。
政党、陣営に属している候補者は選挙管理委員会に承認された政党・陣営シンボルを使う。
無所属候補者は、選挙管理員会が指定するシンボルから1つを選ぶことになる。 その無所属候補者用のシンボル一覧表です、クリックしてください。 どういう物が並んでいるか、中にはGajah 象というのもあり、面白いですよ。

【タイ深南部武装抵抗派の一部とタイ政府間の話し合いはまだ水面下の模索】
タイ政府翼下にある国家安全会議の代表と、深南部武装反抗派中の一部のグループ代表との間で今年始まった、話し合いの第2回がクアラルンプールの某所で開かれました。
しかし今回はメディアと支援者を排除して、話し合い場所も明らかにされませんでした。この話し合いを斡旋して場所を提供しているマレーシア側の人員も非公表です。

(Intraasia 注:一部のグループだけの参加ということであり、且つこの種の話し合いは年数の掛かることなので、早急な結果の期待はほとんどできないでしょう)
スポンサーサイト

4月29日のマレーシア記事

【脅迫SMSの後身辺警護が強化された行動党書記長】
民聯 (Pakatan Rakyat) の民主行動党DAPの書記長、ペナン州州首相でもある、はごく最近SMSによる 殺すとの脅迫を受けました。そこで書記長が出席する選挙集会・活動における身辺警備が強化されました。ボディガードの人数が増えて7人になった。

書記長がペラ州での選挙運動集会に出席した時、書記長の乗った車の前後をボディーガードの乗った車がはさんでいました、そしてその人数は7人になっていました。書記長が現場に着くと、少なくとも6名のボディーガードが彼の身辺に付いていました。会場の壇上に上がった書記長の脇には2名のボディーガードが付き添っていました。
行動党の地方幹部によれば、これまでの地方遊説などでは身辺警備に就く警護警官は1人だけでした。その後ボディーガードが6人増えました。SMSによる脅迫に関連すると推測されます。

新聞社の記者が見るところ、増加した大柄身体のボディーガードはいずれも華人であり、彼らの衣服には民主行動党DAPのバッヂが付いているので、警察派遣の護衛官ではなく、私設ボディガードだと思われます。

(Intraasia 注:民主行動党DAP書記長の林冠英は、ペナン州首相でもあるのでマレー人を含めて国民間での知名度は相当高い。明確で時に挑戦的な言動のため、人気度と嫌われ度も両方でかなり高い。数日前に税関庁の副長官が路上で射殺されたように、銃でかたをつける風潮があるマレーシア社会ですから、脅しは単なる悪い冗談では済みません。 だから私設ボディーガードを急増させたということでしょう。 なおナジブ首相の警察護衛官はいつもかなりの人数であることが、報道写真や動画からわかります。)

【豪華コンドミニアム市場は多少価格修正の可能性】
豪華コンドミニアム分野においてさらに土地付き住宅分野でさえ、2012年の入居率が良くなかったことから、今年は価格面で  5%-10%の修正があるかもしれません。
しかしながら、このことで住宅不動産価格が下落し始めるということではありません、なぜなら全体的な一般市場の住宅は低成長を維持できるからです。

不動産サービス会社の CH William Talhar & Wongの社長によれば、クアラルンプールの豪華コンドミニアムにおける入居率は2012年は 67%でした。この数字はそれほど好調な数字ではありません。
その2013年不動産リポートの中で指摘する、「2013年の不動産市場の展望は平坦である、一等地において見込みは十分であり、近くに公共交通機関があり入手可能な住宅であるという地域により関心が向かう」 としています。
「入居率は下がり気味だが、販売は意外にも堅調です。」

「こういうシナリオが続けば、入居率は60%位にまで下がることはあり得る。」 とこの社長は語る、「豪華コンドミニアムの範疇は一等地にあるユニット価格RM 70万以上のものをいう。」
問題の低入居率に関して社長は語る、「賃借人がいなくてオーナーがどれだけ持ちこたえられるかです。」
中級クラスの住宅不動産に関しては、「価格は大体RM 40万ぐらいで停滞している。この範疇の物件には需要が常にあるので、価格修正は起きないだろう。」

また別の話題として、中古住宅市場は引き続き新規住宅市場と連携していくとのことで、「中古市場では常に、その同じ地区における新規不動産対する価格を基準に評価します。」

【今回も立候補した、90歳代のマレー女性候補者】
今回の総選挙での最高年齢立候補者は94歳のマレー女性です。彼女は前回に引き続いて地元であるトレンガヌ州の国会選挙区に無所属で立候補しています。
彼女も暗に示しているように、彼女の再度の立候補に子供たちは誰も同意せず、選挙運動は孤軍奮闘です。立候補してから子供たちは誰も彼女の家を訪ねていないとのことです。

(Intraasia 注:この女性は前回もその高齢さにもかかわらず孤軍奮闘ぶりで話題になりました。現実は供託金没収の票数でした。今回も新聞では事前に小さく話題になっていました、現実に4桁の得票数も無理でしょうが、この年齢で自転車で選挙活動する元気さに誰もが驚きます)

4月28日のマレーシア記事

【両陣営とも非難批判の応酬と策略を巡らしている】
パハン州の (国会選挙区の1つである)Raubで、街頭2か所に大きな幕が掲げられ、それには”イスラム党PAS への皆さんからの支持に感謝する”という華語が書かれていました、同時に党首Hadi Awang の名前と大きな肖像画及び民聯 (Pakatan Rakyat) 3党である イスラム党PAS, 人民公正党PKR、民主行動党DAPの党のシンボルも描かれています。 

しかし民主行動党DAPとPASの地元代表は、我々はそのような横断幕を作って掲げていない、と声明を出しました。民主行動党DAPの現地代表は、その2つの横断幕に関して警察署に訴え報告を出しました。警察は選管と協力して街頭のその幕を撤去しました。

この横断幕にはさらに、「TUAN GURU HAJI ABD.HADI AWANGがマレーシアの新首相に就くことを我々は支持します」 と華語で書かれています。

(Intraasia 注:各紙には与党陣営の記事が多い中、それぞれ相手陣営を批判する言説記事がいっぱい載っています。さらに相手陣営がいろんな手を使って攻撃している模様も報告されている、中には爆破事件も起きた。ここに掲載した1件を説明しておきましょう。 華人界はPAS党を畏怖する人は少なくない、そのPAS党の党首Hadi Awang が首相に就くかもしれないという、脅し的メッセージが込められている、PASを含め民聯 (Pakatan Rakyat) 側はこういう調子では作らないのは、少なくとも華人人口の多い選挙区では当然でしょう。つまり与党陣営が掲げたらしいということを示唆する記事です。Raub選挙区は、華人がマレー人に次いで多く40%を占める。なお TUAN GURUというのはイスラム教指導者である彼への尊称です。 
ところで華語紙は長年PASを 回教党と記していたが、つい1,2年前のことでしょう、イスラム教つまりイスラム党という漢字に改めました。”回教”という文字の持つある種の蔑視観を認識して修正したということです)

【電子申告の所得確定申告の期限を半月延長する】
(いわゆる税務庁、直訳すせば内国収入庁となる、の規定では、個人の前年所得に対する所得確定申告は毎年4月末が期限です)

ビジネス収入ではなく被雇用収入などを主とする個人が所得確定申告する際に用いる、BE書式の提出期限を5月15日まで延期すると、税務署が発表しました。これは電子申告である e-filingだけに適用される。
税務庁の幹部はこれを説明して、「所得申告者がより簡単でより迅速な 電子申告システムを使うことを奨励するものです。 従来からの紙の申告書を使う人に関しては、期限は変わらず4月30日です。」 「そういう人は5月3日までに税務庁に届くように郵便で送ることを勧めます。」

(Intraasia 注:ビジネス・商売収入の人は5月末が期限です。選挙なので期限を2週間延長するということでしょう。 計算に悩むような記入がほとんどないイントラアジアはとっくにe-filingで提出しました)

【金曜日が週休の3州は投票日を休日に指定】
総選挙の投票日は5月5日の日曜日です。そこでケダー州政府とクランタン州政府に続いてトレンガヌ州政府も 5日を特別に州休日にすると決定しています。これで金曜日週休の3州はいずれも投票日は祝日です。

4月27日のマレーシア記事

【国立大学の有権者調査では両陣営の支持率の差は5%程度】
マラヤ大学の民主と選挙研究センターの長を務める教授が語りました: 
「今回の総選挙は熾烈な状況であり、現時点でBarisan Nasional (国陣) 側と民聯 (Pakatan Rakyat) 側はそれぞれ40%を超えている、両陣営の支持率の差は5%程度だと推定される。最後までどちらの陣営が政権を取るかわからない。」
教授は研究センターによる総選挙進行中の有権者民意調査の結果を記者会見して発表する際、この談話を述べました。

同センターによる有権者調査は、国会が解散された4月3日から立候補日の20日にかけて行われました。調査を受けた対象者は1407人で、半島部のマレー人と華人とインド人の有権者を抽出し、訪問して調査しました。調査結果では、どちらに投票するかをまだ決めていない有権者の率が3月時点の15%から9%に減りました。 この態度未決定者 9%の内訳において、最大比率はマレー人が占め、3月調査時点で53%が今回は77%に増えた、華人の比率は35%から17%に減り、インド人の比率は12%から6%に減ったとのことです。

教授はさらに付け加えて、「調査結果では、華人有権者は民聯 (Pakatan Rakyat) を支持する傾向が強い、マレー人有権者は態度保留が多い。」

(Intraasia 注:新聞社が独自に有権者の支持率調査を行う例は稀であり、例えこの種の世論調査を行って発表しても信頼性は低い、それはマレーシア語紙 UtusannをUMNOが保有し、英語紙 The Starを馬華公会が保有するという事実に典型的に見られる、主要マスコミ界の被支配構造と実態があるからです。民間テレビ局の各チャンネルはほぼ1社が独占しており、国営放送RTMは野党陣営のことをほとんど放送しない、などという事情のために、政治的世論調査はごく少ない。マラヤ大学の調査がどの程度信頼性があるかは別にして、今回の選挙は一方が圧倒的に大勝する結果にはなりにくいとの観を持ちます。ただ大議席数を持つサバ州とサラワク州は依然として圧倒的にBarisan Nasional (国陣) 有利なので、半島部で民聯 (Pakatan Rakyat) が大きく勝利しない限り、政権交代は難しいのではないだろうか)

マレーシア総選挙により興味をお持ちになった方へ
イントラアジアが以前に書いた 【マレーシア選挙の基本知識】 と 【2008年総選挙分析】 はいかがですか? 文量がありますので、連休を利用してゆっくりお読みください。この 『今週のマレーシア 2008年1月4月のトピックス』 をクリックすると開きます。

【フィリピン南部の漁民に与えてきたバーター取引用の身分証を全て取り消した】
政府がサバ州東部に設立した、サバ州特別保安地帯を管轄する、保安司令部の長が明らかにしました:

フィリピン南部の漁民を対象に発行していた、漁民身分証を4月15日をもって取り消し・無効としました。これは漁民身分証が、麻薬や武器や人間の密輸行為に乱用されてきたことを保安司令部が発見したからです。「この身分証取り消しは、バーター取引用ボートのマレーシア入国を制限することになり、密輸活動を規制し、国境治安管理を向上させます。」 

保安司令部の長によれば、2012年にサンダカンに102艘のボートが入港したが、その内正規の旅行書類を携帯していたのは1艘だけでした。「バーター取引はフィリピンでは経済活動とみなされていない、それゆえに彼らフィリピン人はサバ州にやって来るのです。」 「漁民身分証は、パスポートなどを携帯せずにサバ州に来てバーター取引ができるようにとフィリピン人漁民対象に発行されていた。」 漁民身分証の有効性は期間7日間で港だけに限定されていました。

サバ州 Lahad Datu 地方と Kudat地方に、Imigresen・税関・検疫と保安の合同センターがさらに2か所設置されました、これはサバ州東海岸での密入国ルートを抑え込む狙いです

(Intraasia 注:サバ州とフィリピン最南端部の人々とにある、歴史的かつ民族的つながりから、フィリピン南部人のマレーシア往来と居住は違法合法に関わらず昔から盛んです。これが先日のスルー武装主義者のサバ侵入にもつながっている。そこでマレーシア政府はフィリピン南部人の往来を制限し、管理を強化しようという政策に転じました。その1つが今回の漁民身分証取り消しですね。バーター取引は半島部のマラッカ海峡に面する地区でも慣習的に行われている。主としてスランゴール州、マラッカ州、ジョーホール州もかな?の港へスマトラ島から小舟が物質を積んでやって来て物物交換するのです。バーター取引船がインドネシア人の密航を手助けするというニュースはこれまでもたびたび報道されてきました。 サバ州とフィリピン最南部との間にバーター取引があることは不思議ではないが、この種の取引は統計にもつかめ切れないでしょう)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 299.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 296.3 を入手します。

4月26日のマレーシア記事

【イスラム教の"Allah" という言葉を巡るナジブ首相の発言】
非ムスリムは "Allah" という言葉を使ってはいけないという判決を支持する、とナジブ首相が発言しました 。 また投票日の5月5日前に民聯 (Pakatan Rakyat) 側の指導者アンワル元副首相との公開討論を行うつもりはないと明らかにしました。
これは半島テレビ局がその番組として首相訪問した時の発言であり、明日放送されます。

非ムスリムによる "Allah" という言葉の使用に関して、キリスト教教会の週刊紙が訴えた裁判で、2009年に高等裁判所はマレーシアの非イスラムも 非ムスリムは "Allah" を使ってもかなわないと判決しました。これに対して政府と内務省は控訴中です。ナジブ首相は語る、「"Allah" という言葉に対して、ムスリムと非ムスリムはそれぞれ違った意義を持っている、そこで互いに相手を侵犯しなように、調和を保っていくべきです。」
2007年に当時の政府は非ムスリムによる "Allah" という言葉使用に禁止制限を設けました。その2年後高等裁判所は、制限は違憲だとする判決を下し、政府は控訴しました。

ナジブ首相はテレビ局記者の質問に答えて、「アンワル元副首相との公開討論はするつもりはない。」

(Intraasia 注: キリスト教がマレーシア語版聖書が神の意味で "Allah" という言葉を使うことに、ムスリム界から反駁が起きて禁止令に結びついた。こういうことに関して、与野党のマレー政党の間に目立つ違いはない。それよりもムスリム間にある立場と思想の違いによる。 サバ州とサラワク州のキリスト教徒の間では昔から "Allah" という単語を使ってきたとのこと、しかしそういうことが起きえない半島部の思考からは事実であってもとても受け入れられない。 民聯 (Pakatan Rakyat) の中でもPASは禁止を強く訴え、民主行動党DAPは 使用に問題ないという立場。 "Allah" という単語禁止問題は決して政治陣営的にきれいに分かれることにはならない。 この問題にあまり態度をはっきりさせなかったナジブ首相が態度を明らかにしたということのようです。ムスリムにとって"Allah" という単語が持つ重みを、西洋思想から捉えることは無理であるが、といってイスラム界も現代世界の中にあるのです。
与野党陣営間での公開党首討論といったことは、50年代、60年代のことは知りませんが、少なくともこの数十年は行われたことがない、今回も起こらないでしょう)

【税関庁の副長官が通勤途上射殺された】
税関庁の副長官がプトゥラジャヤにある官庁へ公用車で通勤途中のに、何者かに射殺されました。 クアラルンプール警察の長がこの事件を確認しました。

午前9時前ごろ、公用車が交差点に停まった時、バイクに乗ったガンマンが車の横につけて銃を発射したとのことです。詳しいことはまだ不明ですが、副長官の運転手は彼をPutrajaya病院へ急送したとのことです。警察は運転手に事情を聞いています。
警察はプトゥラジャヤにある現場の道路区間を交通止めにして、捜査しています。

(Intraasia 注:税関庁となれば、常識的に考えれば取り締まられる組織が射殺の背後にいると推測するのが普通でしょう。 砂利採取、ディーゼル油横流し、麻薬などの密輸取締りなどに、それぞれ担当の取締り官庁が関わる。そういう際現場の係官チームが用心棒らに襲撃される、脅されるニュースは昔からごく普通にある。しかしトップクラスの官僚が射殺されたのは初か?極めてまれです)

【あるマレー女優の変化として tudung の着用】
マレー女優のMemey Suhaiza, 24才、は先週の日曜日以来 Tudung を今後 (頭に)着けることを決めました。その純粋な意図が間違った捉え方をされて思いがけずに変化の話題を引き起こすとしてもです。

俳優の Norman Hakim, 37才、の妻である彼女は語る、「この変化は誰かに強制されたものではありません、Tudung を身に着けないと十分な気持ちになれないと感じるからです。」 彼女は先週末継子の通う学校のスポーツ大会に出席した時からTudung を身に着け始めました。

(Intraasia 注:トゥドゥン姿の彼女の写真も掲載されています。確か数年前に年の離れた Norman Hakimとカルワット騒ぎを起こした女性でしょう。だから彼女には継子がいる。 マスコミで目にする限り、マレ―芸能界の女性はトゥドゥンを着けない方が多数派ですが、途中からトゥドゥン姿になる芸能人もいることがわかります。代表的なのは歌の女王 Siti Nurhaliza ですね。結婚して数年経ってからマスコミの写真に載る彼女の姿に、いつもではないが、トゥドゥン姿が多くなりました)




4月25日のマレーシア記事

【Barisan Nasional (国陣) 側の州政権ながら政権構造が半島部とはかなり違うサラワク州】
サラワク州の州首相タイブは、引退時期についてその時期は何時がいいかは自ら判断して決めると語りました。

タイブ州首相はシブで開かれた官民集会に出席した後、満面に笑みを浮かべて記者団の質問に答えました。しかしもし民聯 (Pakatan Rakyat) 側が選挙に勝ったらという質問に対しては顔色が変わり、その記者に語気を強めて答えました。サラワク州議会選挙が行われた2011年時点で州首相は2年半ぐらいで引退するとしていたことに関して記者がいつ引退するのかと質問すると、州首相はいつにすべきかと反問しました。「君が私にいつ引退すべきかと告げるのか?」

民主行動党DAPの書記長が候補者応援でシブにやって来た時、民聯 (Pakatan Rakyat) が連邦政府を獲得したらサラワク州の州首相も交替することになる、反汚職委員会にサラワク州を捜査してもらうことになると発言しています。記者によるこの種の質問にはタイブ州首相は答えず、反論して言いました、「私の指導下で2011年のサラワク州議会選挙で我が陣営は3分の2以上の議席を獲得した。民主行動党DAP書記長の発言は単なる造反です。」 「彼は誰様なんだ?誰が私を交替させるのだ。そういったことは独裁者の話法だ。」

(Intraasia 注:こういう記事も The Starのような主要英語紙にはまず載りません。サラワク州は連邦政府の要であるUMNO が唯一組織を持たない州であり、その替わり タイブ率いる州政党とサラワク州の複数小政党が、Barisan Nasional (国陣) 陣営に参加しているという政治構造です。半島部とは大いに違う民族構成を反映して、タイブは先住民族であるムラナウ人です。従ってムスリムであるムラナウ人は州では最大民族ではないが、政治的には大きな権力を持つようです。 州首相の座になんと30年近くもあるタイブ州首相を巡っては少なからずの腐敗批判があるが、サラワク州ではその責めは未だに成功していないのは確かです。先日英国人?のフリーランス記者が隠し撮りしたタイブ一族の汚職模様の動画がネット上で公開されましたが、マレーシアで、とりわけサラワク州では大して問題にならなかったようです。

サラワク州では華人が材木産業を通じて強力な経済力を持っている、少数先住民族の間では利害関係からまとまっていない、マレー人は最大民族ではなく州組織を持たない故にUMNOからアンタッチャブルである、石油ガスから得られる州独自の財源基盤が固い、などといった半島部とは大きく違う構造の上に成り立っている。こうした基盤を持つ、サラワク州の独自性は今後もなくなることはまず考えられない)

【引退した年齢層向けのライフスタイル市場はまだ未開発だが】

引退した年齢層と介助を受けながら暮らす生活スタイルの分野に新たに進出していくことを、いくつかのデベロッパーが考慮しています。この市場はまだマレーシアでは未開発の市場です。

業界関係者によれば、そういうデベロッパーはプロジェクトを進めていくいろんなモデルを検討しているとのことです、さらにその種の住宅を販売するまたは賃貸することにおける種々の金融ローンモデルも検討しているそうです。

デベロッパーGracious Homes 会社は スランゴール州スパン地方で55ヘクタールの敷地に引退者用リゾート”The Green Leaf Retirement Resort Community" を建設します。 3段階に分かれたプロジェクトにおいて、第1段階では、サービススイート、引退者用住宅、医療施設、運動クラブを設ける計画です。 計画にはスパー、ショッピングモール、カフェなどの施設もプロジェクトに含まれています。

「生活を楽しんで享受し、安全と福利が十分に配慮されることが保証されることを求める人たちを念頭に置いています。」 新聞社の問い合わせに同社は答えて、「リゾートの住居の価格は1平方フィートあたりRM 700-1000になるでしょう。ただこの数字は最終的なものではありません。」 「当社はまだ売出を開始していないのです。」 市場の状況をみて、今年の第3四半期に売出開始するようです。「高年齢層の増加及び引退者用の施設の明らかな不足を考えれば、こういう需要は次第に増えてくると確信しています。」

(比較的大手のデベロッパーと思われる) IJM Land Bhd は同じようにビジネスを考えています。同社の社長は語る、「引退者用のコミュニティーを建設することに好機だと思っている、人々はこういう概念を受け入れやすくなっているからです。」 「引退者用コミュニティーという概念を検討する用意があります、そしてそれをそのうちに我が社の住宅地に取り入れていくことを考慮するかもしれません。 必要なサービスを居住者に提供することもアイデアの中にある」 「引退者用コミュニティーという概念はマレーシアでは新しいが、先進国では既に実施されてきた。」

デベロッパーはリースして売る概念を検討している、これは購入した引退者用住宅のオーナーが死亡した後、その相続受取り人がデベロッパーに売り戻すあり方です。そうしてデベロッパーがその住宅を別の引退者に販売する、というコンセプトです。

またあるデベロッパーはノウハウを求める面からオーストラリアの企業とパートナー関係を結ぶことを考えています。その引退者コミュニティーはクアラルンプールのBukitJalil近く の10ヘクタールの土地に住宅、その後コンドミニアムを建設するという青写真です。

(Intraasia 注:日本に比べればはるかに高齢者層の人口比率が低いマレーシアですから、この年齢層を主対象としたライフスタイルビジネスがまだ未開発なのはわかります。ただ東南アジアの中で高齢化の増加率が早い国なので、遅からずこの分野での事業は立ち上がっていくことでしょう)

4月24日のマレーシア記事

【投票所に学校を使う】
(総選挙の投票日は5月5日の日曜日です。しかし) 3つの州:ケダー州、クランタン州、トレンガヌ州では週休が 日曜日ではなく金曜日です。そこで教育省は投票所となる学校が代休を取り、別の日に授業を行うことを認める旨を該当の州当局に指示しました。

選挙管理委員会が投票所を学校に指定している、ケダー州、クランタン州、トレンガヌ州の学校では、投票日は代休になります。そこで3州の教育庁は替わりの授業日を定めます。

(Intraasia 注:マレーシアでは全国的に小中学校が投票所に使われるのが一般的なようです。投票所の係りとして臨時に教員を動員もするそうです。 ということで、金曜日休みの州は必然的に休校にせざるを得ませんね。イントラアジアは投票風景見学のために、近所にある投票所としての学校内に入ったことはあります、でももちろん投票所教室には足を踏み入れられません。)

【妻子とレストランで食事中のところを狙われて射殺された事件】
スランゴール州の Puchong 地区のレストランで午後9時半ごろ、家族と食事をしていた36歳のタクシー運転手が2人組に射殺されました。(いっしょにいた妻と8歳の娘にけがはなかったようです)。

目撃者によると、車でやって来た覆面姿の男2人が被害者に近づいていき、その内の1人が銃を複数回撃ちました。 スバンジャヤ警察の長は事件を説明して、「犯人は少なくとも4発撃ち、車で逃走した。その車のプレート番号はつかんでいるが、それが偽造番号かどうかを見定める必要がある。」 「目撃者や店の者に話を聞いている。」

被害者は近くの医院に急送されましたが、到着したころには死亡しました。 事件のあった近辺で先週に別の男が殺されかけた未遂事件が起きているので、警察はその事件と関連があるかも調べています。 被害者は犯人を知っているとみられています。

今回射殺された被害者は以前緊急拘束法で逮捕されたことがあり、釈放後はタクシー運転手をしていました。

(Intraasia 注:被害者が1人でいるところを狙われるのではなく、被害者が家族や友人と一緒にいる面前で犯行者に襲撃されるというケースは珍しくないですね。大胆というか凶悪というか・・・・、銃でかたをつけるという風潮は根強いものがある。緊急拘束法は一般にアンダーワールドの容疑者によく適用された法律です)

【エアフランスがクアラルンプール路線を開始する】
クアラルンプール国際空港KLIA にAir France が戻ってきました。これは20年ぶりのことです。Air France はマレーシア航空との協力を含めて東南アジア地区でのビジネスを期待しています。
Air France に続いて、British Airways と Qantas航空も クアラルンプール国際空港への就航を考えることになるでしょう、これは世界的航空会社がアジアでの発展する航空市場を狙ってマレーシアをそのゲートウエイとみているからです。

Air Franceの会長とマレーシア航空の会長間で会談が予定されています。なお両社は クアラルンプール -パリ間に路線を持つライバル関係にもなります。
マレーシア航空は oneworldグループに加盟し、 AirFrance-KLM はSkyteamに加盟しているので現時点での協力は難しいが、なんらかのことを姿期待することは不可能ではないと、Air France会長は語る。、

クアラルンプール -パリ路線を Air France は B777機を使って週3便運航します、一方 MAS は座席数のより多い A380 機を使って毎日運航しています。Air Franceのパリ-KL路線は、KLMの運行する KL -Jakarta路線に相乗効果を与えることになります。

さて問題は、マレーシア路線を既に10年以上前に取止めた2社: 英国航空とカンタス航空が クアラルンプール国際空港に戻って来るのかということです。

(Intraasia 注:3月のMATTAフェアーではAirFrance-KLMがブースを設けて売り込んでいました。 ヨーロッパへ行きたいなと思いを強くしました。残念ながら強くしただけ(笑)。KLIAへの就航航空会社は多いが、マレーシア国民が大変好きな国、その国のBritish Airways と Qantasは運行を止めてしまっている。皮肉な現実です。そこでこの両航空会社の再航が望まれているわけです)

4月23日のマレーシア記事

【サバ州の選挙状況と事情】
サバ州では、人民公正党PKRであれ民主行動党DAPであれサバ州立新党であれサバ進歩党SAPPであれ、それらの党支持者は選挙公示日  “Ini Kalilah!” と叫んでいました。彼らは皆サバ州では今回政権交代の空気があると思っています。

しかし選挙管理委員会が候補者名を確定するにつれて、コタキナバルでの巷の話は、 “Ini Kalilah atau Lain Kalilah?” (政権を変えるのは今回?それともまた次の時?)というものです。

予測されたように、サバ州の4つの野党(人民公正党PKR、民主行動党DAP、サバ州立新党、サバ進歩党SAPP) はほとんどの州議会選挙区で自党の候補者を擁立した、連邦レベルでの政権交代に必須の国会選挙区においても同様に。与党陣営と野党陣営が一騎打ちになるのはわずか2選挙区、 サンダカンとTanjong Batu、だけです。

(別の記事から)
サバ州立新党の党首が昨年発したスローガンが “Ini Kalilah"(政権を変えるのは今回だ)です。 この党は短期間にサバ州で支持者を増やしました、とりわけ内陸部のカダザンドゥスン族コミュニティーにおいてです。実際内陸部では、“Ini Kalilah"以外にもう一つのスローガン“Tukar Tangki Biru"(青い水タンクを変えよう) がある。サバ州立新党がなぜこんなに短期間に支持者を増やしたかを考えれば、これはカダザンドゥスン族の間に反旗の風が吹いている兆候です。

Barisan Nasional (国陣) 政府の進める住民福利政策の下で、内陸部の世帯向けに”1つのマレーシア水タンク”プロジェクトがある。このプロジェクトでは世帯に無料の青色水タンクを配布します。 2013年度予算でサバ州とサラワク州の州民向けに、国庫からRM 1億を拠出して4万個の水タンクを買います。

しかしながら、サバ州内陸部では長年水供給不足問題が起きている。上水道がまだ供給されていない村がたくさんある。水道管はあるが水源のない村もある。このようなところでは水タンクは雨水の貯水に用いるだけです。ひとたび乾季になれば、水タンクは無用の長物になってしまう。

ナジブ首相が2012年6月にサバ州訪問した際、連邦政府がRM 2億3千万を低利子でサバ州政府に貸し付けて、それによって浄水施設などを建設し、水供給問題の解決に取り組むことを発表しました。これによって20万人に恩恵が及びます。

この良いニュースに対してサバ州立新党の党首は反駁して、これはサバ州民に対する究極の侮辱ともいえると形容しました。その理由は2012年 準国営の石油企業Petronas と連邦政府はサラワク州の石油からRM 178億の収入を得ているのに、サバ州に金を貸し付けることでこのプロジェクトを進めるからだというものです。

こういったことから明らかのように、“Tukar Tangki Biru"スローガンがなぜサバ州内陸部で広く使われるかを理解するのは難しくない。これは切実な民生課題につながっている。“Ini Kalilah"スローガンに加えて、こうして民衆の支持を急速に得ることになった。

(Intraasia 注:半島部の者は誰でもサバ州のことはわかりづらいものです。サバ州とサラワク州への関心をあまり示さない人たちも少なくない。半島部とは選挙風土にも明らかに違いがあります。主要な英語紙、恐らく主要マレーシア語紙も?、上記のような論点はまず報じない。イントラアジアは青い水タンクの件は初めて知りましたが、半島部人ならほとんどの人は知らないことでしょう。 サバ州にはサバ州ならではの独自主張があり、その結果として政党乱立にもつながっている。小さな政党が与党陣営に野党陣営にも複数ある。よって今回選挙では野党陣営間の話し合いがまとまらず、野党側はどこ選挙区も複数候補者になった。従って票が割れることになる。与党側は話しがまとまらないと無所属で立候補するというありかたです。 

半島部での民聯 (Pakatan Rakyat) 側の主たるスローガンは "Ubah" であり、これは変える、変更する、change といった意味です。"Ubah(mengubah)" と "Tukar(menukar)"は似たような意味を持つ同義語です。つまり政権を変える、交替させるという意味が込められている。サバ州のスローガンも同趣旨のようですね。両語にはもちろんニュアンスと用法に違いがありますが、イントラアジアにはきちんと説明できません。ちなみにUbah は華語では改変という単語が使われている)

街の選挙運動風景から
陣営旗と政党旗が連立している選挙運動風景の一端を紹介するために、『みんなのマレーシア写真アルバム』 に載せてありますので、クリックしてご覧ください。

【最速ランナーのボルトと契約した Celcom】
(国内の3大携帯電話ネットワーク会社であり、その2番手である) Celcom Axiata は最新キャンペーンとその最新サービス 4G LTMの宣伝大使(顔)として、ジャマイカの Usain Boltと契約したことを発表しました。

Celcomはまたこのキャンペーンで、 コミック界のヒーロー人物 Flash とチータも使うとのことです。 Celcom Axiataの幹部は発表式で説明する、「それぞれの分野でふさわしいキャラクターを選びました。例えば チータは最速の動物です。」 Bolt はしかしこの発表式には登場していません。

Celcom 4G LTE サービスは、クアラルンプール、スランゴール州、ペナン州、ペラ州、マラッカ州、ジョーホール州のそれぞれ限定地区でまず始めると、Celcomは述べています。4G LTE サービス実施のために、CelcomはRM 1億を支出する計画です。

(Intraasia 注:マレーシア市場で通信速度の速いサービスを導入するにあたって、Bolt を起用するということのようです、かなりの契約料なんでしょうね。陸上競技の人気はかなり低い、関心の薄いマレーシアで、いくら最速ランナーといえ Bolt を広告の顔に選んだのは意外でした。ジャマイカで BoltとCelcom の代表が握手している写真が載っています。 Celcomは他国でもビジネス展開しているけど、4G LTE サービスはまだ当分導入することはないと推測される。 4G LTEは結構だが、携帯でも無線インターネット接続でも同様ですが、通信が落ちるのがとにかく難点です)

4月22日のマレーシア記事

【人気芸能人が与党陣営の応援活動をする】
マレー芸能界で人気ある、女優の Sazzy Falak と司会者 Aznil Nawawi がクアラルンプール中心部ブキットビンタン街にある  Pavilionショッピングセンターで政府与党連合のための応援キャンペーンを行いました。2人は首相を応援するクラブの下で、”平和と安定と発展:マレーシアのためにナジブ首相” スローガンのバッジ 10万個、Tシャツと帽子 1万枚、を無料配布しました。

「人気者でも自分の支持する人を応援できます。マレーシアは独立以来発展してきたので、ナジブ首相とBarisan Nasional (国陣) を応援するのです。」 「我々のキャンペーンは他党をこきおろすものではありません。支持者としてナジブ首相を応援するだけです。」 と51歳のAznil は言う。 彼はそうすることで 民聯 (Pakatan Rakyat) 支持のファンからの人気に影響が出るかもしれないことをあまり気にしてないと語る。「ファンが政治性に基づいて私を支持するのであれば、それはちょっと浅薄だと思う。私は自分の才能を好まれたい。 人は自分の意見を自由に持つのです。」

女優 Sazzy, 32才、の目的は、まず人々が政治に関心を持ってもらいたいことだという。「Barisan Nasional (国陣) はきちんとやることをやってきたと思う。」
2人の前には多くの人が立ち止まって配布物をもらいました。

(Intraasia 注: 前回総選挙時は芸能人らのこういう行動は、ないとは言いませんが、ごく少なかったはずです。 一般に政治色を明らかにしない芸能人が多いようですが、はっきりと支持を言明する人たちももちろんいます。ただ活動はあまりしないのが、これまでの例ではなかったかな。 与党陣営応援の方がマスコミのニュースになりやすいのは、マレーシアマスコミの常です。Akademi Fantasia の司会でさらに人気を高めた Aznil はテレビ司会者の中で恐らく最も有名で人気ある1人でしょう。 ラジオパーソナリティも一時やっていたし、司会業以外にも活躍している。イントラアジアは20年ぐらい前に彼の番組を見て以来気に入っている芸能人ですが、個人的なことは全然知らないのでBarisan Nasional (国陣) 支持とは知りませんでした。それはとして、物品を配ることに誰も異議を申し立てないところが、マレーシア風土でもあります。)

選挙運動のあり方や様子を知る情報としてご覧ください。
・野党陣営の華人主体政党 民主行動党DAP作成の 選挙用パロディー調動画を YouTube でみることができます: www.youtube.com/watch?v=jfecFuIQC8w&feature=player_embedded#! をブラウザー別画面にコピーしてご覧ください。結構面白いですよ。華語字幕が多少読めれば、何を皮肉っているかもわかります。Ubah という文字は、要するに政府を変えよう、という主スローガンです。

・政権党 UMNO の公式動画の1つです、同じくYouTube 上で公開されています: www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=rGUyCQOVzb4&list=PLMn3lFAxRY5wps6qhKFQRYsBojyR2i_Yq#! をブラウザー別画面にコピーしてご覧ください。 固い調子がUMNOらしい。UMNO政治家のキャンペーン模様がわかりますよ。

【マラッカにもクルーズ船用マリーナ桟橋を建設する】
マラッカ州の州首相は語る、「マラッカを訪れる観光客は毎年増加している。そこでリゾートとホテルをさらに建てる計画があります。また水中ワールド施設とテーマパークを建設する計画もある。」

「マラッカにクルーズ船用マリーナ桟橋を建設する RM 4億のプロジェクトの件は進行している、これは州の発展に寄与する多くのプロジェクトの1つです。」 「面積 121ヘクタールに及ぶこのプロジェクトの施主は Kejuruteraan Asas Jaya Sdn Bhdになります」 ( 注:Sdn Bhd とは一般的に株式会社という意味です) 「マリーナ桟橋の予定建設費はRM 1億です、そのために必要となる土地の埋立費用がRM 3億かかります。これが初期投資費用となる。」 

このプロジェクトによってクルーズ船が少なくとも週2回マリーナ桟橋に寄港できることになる。 1回の寄港で3000人の乗客がいます。「その乗客が1日にRM 100をマラッカで使ったとすれば、そのビジネス波及効果は長期にわたって多大なものになる。」 と州首相。

マラッカ州への訪問者数をみると 2000年は160万人でした。 それが2011年には1200万人に増え、2012年は1300万人になりました。州首相はクルーズ船の寄港でさらに増えると期待しています。
マラッカに建設する マリーナ桟橋は2015年までに完成することになります。

(Intraasia 注:マラッカ市内中心部の一画でもある沿岸地区に建つ Makhota病院と高級ホテルHoliday Inn の裏側つまり海岸と海は2000年前後からではないだろうか、かなり埋め立てが行われたとの印象がある。 マリーナ桟橋がどの地区に建設されるか知りませんが、マラッカ市内から遠くない場所であることは確かでしょう。 ペナン島ジョージタウンには数年前に立派なクルーズ船用マリーナ桟橋兼ターミナルが完成した。マラッカ州首相も同じようなことを計画しているのでしょう。 クルーズ船乗客は富裕層でしょうから落とす金もそれなりに期待できますからね。この10年マラッカ市内の観光施設建設は急速に進んでいる、展望タワー、モノレール、大観覧車、リバー遊覧船など、利用料のはずむ施設が増えています)

【破産宣告者の年間人数】
マレーシアで破産と宣告される人は年間 約19000人ほどになります。

内閣府の大臣がこの数字を公表して、ナジブ内閣の新しいプログラム ”1 Malaysia Fix Capital Xcess Res-Q プログラム”を立ち上げたことを発表しました。このプログラムは 破産者がその身分を明確にするために代替えの解決策になるものです。

大臣によれば、2011年に破産宣告した国民は19,167人でした。2012年には 19575人でした。そして2013年は3月までに 4925人です。
破産者には、”1 Malaysia Fix Capital Xcess Res-Q プログラム”を通してローンを供与します。そのための条件は:国民であること、18歳以上、雇用されていること、負債がRM 100万を超えないことなど。

(Intraasia 注:1万9千人という数が多いのか案外少ないのか、判断の基準が難しいですね。)

4月21日のマレーシア記事

【総選挙が公示され立候補者が確定した】
第13回総選挙(PRU-13) が20日に公示され、立候補受け付けが同日に行われ締め切られました。国会下院議席数 222、 各州州議会議席総数 505 (サラワク州だけ州議会選挙は行われない)

与党陣営 Barisan Nasional (国陣) の立候補者数: 国会 221人、州議会 504人
野党陣営 民聯 (Pakatan Rakyat) の立候補者数:国会 223人、州議会 511人、

Barisan Nasional (国陣) の国会立候補者の党別: UMNO巫統 121人、馬華公会MCA 37人、インド人会議MIC 10人、民政党Gerakan 11人、サラワク州の土保党PBB 14人、その他 8つの党
民聯 (Pakatan Rakyat) の国会立候補者の党別: イスラム党PAS 73人、人民公正党PKR 99人、 民主行動党DAP 51人

Barisan Nasional (国陣) の州議会立候補者の党別: UMNO巫統 337人、馬華公会MCA 90人、インド人会議MIC 18人、民政党Gerakan 31人、サバ州の団結党 13人、その他8つの党
民聯 (Pakatan Rakyat) の州議会立候補者の党別: イスラム党PAS 235人、人民公正党PKR 172人、 民主行動党DAP 103人

諸党派からも数多く立候補している: 国会 56人、州議会 115人、諸党派は全て現有議席がゼロまたは1議席程度の党です: 愛国党、サバ州進歩党、サラワク州革新党、サバ州立新党、 人民団結党、イスラム陣線、社会主義党 など
無所属での立候補者数: 国会 79人、州議会 189人

(Intraasia 注:国会も州議会も前回総選挙では、Barisan Nasional (国陣) と民聯 (Pakatan Rakyat) がほとんど全ての議席を占めました。今回無所属が倍増しましたが、現実としてマレーシア政界で無所属者が当選するのはまれです。今回も当選チャンスは限りなく低いでしょう。諸派は立候補者数はかなりの人数になるが、一般に当選する率は相当低いと見なされています。 政党名は主に華語党名を基にしていますが、英語またはマレーシア語党名の略称も付記しました、例えばUMNO は United Malays National Organisation という英語党名の略称です。 PKR は Parti Keadilan Rakyat というマレーシア語党名の略称です。 PASを華語では伊斯蘭党つまりイスラム党と表記します。マレー人はもちろん華語党名を使わないが、華人は一般に華語党名を主にマレーシア語・英語略称党名もよく使う、つまり両方知っていないと理解に困る。
Barisan Nasional (国陣) では立候補者数が示すように第一党の UMNOが圧倒的に多く、これは過去も同様です。民聯 (Pakatan Rakyat) の場合、PASが比較多数だが当選率は良くないので、3つの政党の力は大体均衡している)

【交差点で停車したところを狙われた射殺事件】
ペナン州本土側のPermatang Batu 地方でミャンマーレストラン経営者、43歳の華人、が午後6時ごろ何者かに射殺されました。
被害者の車が交差点で停車した際、被害者の車を追跡してきた車から現れた犯人が運転していた被害者に4発の銃弾を浴びせました。彼はその後病院で死亡しました。同乗していた妻と子供と使用人は無事でした。

ペナン警察の幹部によれば、被害者らは車が追尾されていることは気が付いていたが、疑いは持たなかったとのことです。

(Intraasia 注:路上や街頭で狙って射殺されるお馴染みの犯行です。この種のニュースはもう全然珍しくなくなりましたね。 ミャンマー人が劇的に増えた近年ミャンマー飲食店を開店する人も出始めたようです。ただクアラルンプールのミャンマー街ではミャンマー人が開いてる場合が多いように見受けられる、しかし登録上のオーナーはマレーシア人かもしれない)

【三行広告でよく見かけるマッサージ広告】
伝統アロマ(芳香)マッサージ: (890607-06-5108),  クアラルンプール Ipoh通り、Fiza 016-2487*****,

伝統アロマ(芳香)マッサージ: ( 002276348-K)、 クアラルンプール Sentul通り、Mia 012-6901****,

オープンしたばかり RM 28、 ジェリー状の蜂蜜マッサージ(?)、 (002184083-W) , Ayu Jane 0111-66*******, クアラルンプール TamanDesa

アロマセラピーマッサージ: (00179588-M), Sri Rampai, Setapak, Sha 016-2757****,

男性のための男性マッサージ, クアラルンプール RajaLaut通り、(670926-10-5993), En Mat 016-3400****,

伝統マッサージ: Wisma Indah Tun Rzak 通り、クアラルンプール、Tina 016-3460****, (002116271-K)

マレー伝統マッサージ、男性と女性向け: (610209-08-008), Tun Razk 通り、クアラルンプール、Diah 016-9176****

(Intraasia 注: マレー大衆紙にはマッサージの三行広告が毎日たくさん載っている。 いわゆるマレー式マッサージだけでなく、アロマを使ったマッサージやその他マッサージもあることが広告文句からわかる。カッコ内の番号は商売登録番号だと推測される。伝統マレーマッサージには男性マッサージ師が多いとの印象があります、ただ広告のマッサージ師には男性も女性もいますね。店舗を構えていなくて、ビルの1室で商売しているマッサージ屋も少なくないはずです) )



4月20日のマレーシア記事

【党のシンボルマークは大変重要視されている】
(会社、団体、組織などを登記する官庁である)社会登録庁はそのスポークスマンの発言として、民主行動党の候補者は党のシンボルマークであるロケットを引き続き使用することは構わない、民主行動党は不必要な批判を慎むべきだと、しています。

社会登録庁はまた、民主行動党は団体として登録から削除されていないのでロケットのシンボルを使うことができることを、確認しました。 選挙管理委員会の副委員長は、民主行動党は選管を問題に巻き込まないようにと発言しました。「民主行動党が自らの問題のために他者を巻き込むのは無責任な行為だ。民主行動党DAPがその党大会における非正規な行為があったと党員から訴えられたことによって社会登録庁の調査を受けているのです。」 「民主行動党DAPは依然としてその党シンボルマークを使えます。」

一方選管の委員長は、民主行動党DAPの候補者はどの党のシンボル下でも立候補できると語りました。「その党からの承認書を得た候補者は、他党のシンボルマークを使っても構いません。」
「社会登録庁が民主行動党DAPにその党シンボルマークを使うことを許さなくなることをDAPが心配していることは、我々もわかる。 候補者は党の承認書を持っていくことです。」

一方イスラム党PASは、もし行動党がその党シンボルを禁止される事態になったら、イスラム党シンボルを使っても構わないと明らかにしています。

(Intraasia 注:極めてマレーシア的な団体の結成規則の下における問題です。 民主行動党DAPは昨年の党大会の問題で社会団体庁に訴えられており、ことによると団体登録を解除される可能性もある。これは由々しき問題なので、党指導者は民聯 (Pakatan Rakyat) の構成であるイスラム党PASまたは人民公正党PKRのシンボルマークを使って立候補することも考えていると、言明しています。 マレーシアでは政党に限らず団体は社会登録庁に認められないと団体として活動できません。 これまでにもある小さな政党は党として登録できないので、友好関係にある党のシンボルマーク下に立候補したこともあります。マレーシア選挙では党と陣営のシンボルマークは大変重要であり、至る所に掲げてあります。それが民主行動党DAPの場合は伝統的にロケットです。)

読者の皆さんへ
マレーシアは自治体議員と首長の選挙が一切なく、国会下院と州議会だけが選挙で選ばれる国なので、今回の第13回総選挙は実に5年ぶりの選挙になります。そういうごく少ない機会であることも手伝って、選挙熱は現在の日本では想像できないほど高い。各地で連夜行われている有力候補者や政党指導者の演説会に何千人、時には万を超える、もの聴衆が集まるのはその一例です。 各新聞は誇張ではなく選挙ニュースで埋まっています。ということで、ほとんどの日本人読者には馴染みのないまたは興味のないできごとでしょうが、マレーシア社会を伝える 『新聞の記事から』 として選挙関連ニュースを毎日載せますことを、ご了承ください。
(あるマレーシア語紙の動画ニュースサイトです。上映されているビデオはすぐ変わるので早めにご覧ださい、立候補受け付け日当日の様子が映されている: //www.sinarharian.com.my/sinar-tv )

【頻繁に行われるK-POP界のマレーシアコンサート】
K-POP界のマレーシアコンサートが続きます。

少女時代とAOAのコンサートが 5月12日に予定され、その後東方神起が来マレーシアして 5月18日にコンサートを行います。そして 5月23日と24日にはK-POP界からいくつものグループ・歌手がまたマレーシアにやってきてコンサート ”K-Pop Dream演唱會”を開催します。その内Brown EyedGirl は初のマレーシア登場です

ゲンティンハイランドの劇場で開催される K-Pop Dream演唱會は、チケット最高価格はRM 800です、出演は 4人グループ SISTAR、5人女性グループ Minute、4人女性グループ Brown EyedGirl、7人男性グループ BTOB、女性歌手 G.Na。  4Minute、BTOB と G.Na は既にマレーシア市場では常連です。

(Intraasia 注:K-POP自体にほとんど興味などわきませんが、K-POP がなぜこれほど近年マレーシア市場で人気を呼ぶのかは興味あります。しょっちゅうK-POP界の誰かがマレーシアに来てショッピングセンターでファン交換会やミニコンサートを開いているかの印象がある。華語・広東語ラジオ局では毎日必ずK-POP曲がかかり、毎週1回はK-POP 番組がある。 聴く気がないこともあってあのリズムには飽きるのですが、マレーシア華人の若いファン層はそうではないようです。マレーラジオ局ではそこまでのK-POP 人気はありませんが、しかしマレー人界にもファン層がしっかり広がっていることは事実です。劇場の韓国映画もとっくに普通の公開映画の一部になっています)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 303.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 297.3 を入手します。

4月19日のマレーシア記事

【公共交通電車、バスの運営体企業SPNのこれからの計画】
都市部の公共交通機関を所有し運営するのは、国家資本の企業である Prasarana (Syarikat Prasarana Negara Bhd) です。

(近年機構改革した後) Prasaranaには4つの翼下会社がある: 電車を扱う Rapid Rail Sdn Bhd,  バスを扱う Rapid Bus Sdn Bhd,  公共交通コンサルタント部門を担当する Prasarana Integrated Managementand Services Sdn Bhd, 不動産と商業開発を行う Prasarana Integrated Development Sdn Bhd.

クアラルンプールではRapid Rail は高架電車(LRT)2路線とモノレールを運営しており、平均1日利用者数は約41万人です。 Rapid KL バス網は160ほどの路線を運営し 平均1日利用者数は約29万人です。

Rapid KL バスは現在車輛総数 1500台を超えるとのことで、ヨーロッパ製とアジア製車両から成り、12,3もの車種になっている。Prasaranaの社長は語る、「我々はこれを4,5種のバス車輛種に減らしたい。車種が多いので交換部品や整備士も多く必要になる、経済的ではない。」  「Rapid Penang 下にあるペナンのバス車輛数は 約400台です、今後1年間はペナン州本土側をもっと充実させたい。」 「2012年12月から開始した Rapid Kuantan は現在45台のバス車両数です。利用者からの反応は大変良い。」 「 将来の開設として、ヌグリスンビラン州、クランタン州の自治体及びイポーと話を進めている。」

「バス運営は企業の社会的責任からやっている。なぜなら採算があわないからです。 運賃値上げは2008年以来していない。費用をとてもまかなえません。国はバス会社を援助する必要がある。」 「バス路線で黒字になるのは10%ほどに過ぎない。」 バス運営では収入は年間RM 1億8千万だが 支出はRM 2億8千万掛かるとのこと。

「我我は現在公と民間のパートナーシップ概念に焦点を当てている。 Sunway 企業が建設する Bus Rapid Transit はその例です、Sunway がRM 100万を出資し、我々はRM 3.5億を出資する、そうして6㎞ほどの特別バス路線を建設する。」  Bus Rapid Transit はスバンジャヤのBandar Suway 地区に建設される。

(Intraasia 注:クアラルンプール圏の公共バスがRapidKLに移行してから、とりわけ2000年代以降は確かにバス交通が大いに向上しました。ペナンにもRpid Penang バスが生まれ、それまで公共バスのなかったペナンのバス交通はぐっとわかりやすく良くなった。さらにマラッカ州にもRapid バスが運行されるようになり、ただRapid Melaka という運営体ではない、次いでクアンタンにRaid Kuantan が昨年発足した。 公共バス面で進化していることは事実です。 日々の利用者として運行面で不満はある、ただそれを全てバス会社だけを責めても解決しない、例えば自家用車、トラックなど道路交通者たちの公共バスへの理解が足らないことも感じるし、利用者側の利用面での適応も必要ですね)

【タクシー強姦運転手への裁判が始まる】
「当新聞の記事から」 の3月14日付けでで掲載した 【旅行者の米国人女性が捕まえたタクシーで強盗と強姦の被害に遭った】記事の後日報です。

その逮捕されたタクシー運転手は米国人女性、24歳、をスランゴール州 Sungai pelek の家で強姦した罪で下級裁判所に起訴されました。 被告、38歳は検察側の起訴提示に対して裁判審理を要求しました。 起訴となった罪状は刑法376条違反であり、有罪では最高20年の懲役とむち打ち刑です。 裁判長は保釈金RM 25000、保証人 2人を条件に、被告の保釈請求を認めました。公判は5月6日です。

被告はまた別の裁判案件で、Curve ショッピングセンター前でその女性に対してナイフを使って強盗した起訴事実に対しても否定して無罪を訴えました。こちらの裁判では裁判長は RM 8千で被告の保釈を認めました。
さらに別の法廷で、(共犯者と思われる) 古物商い人2人がその米国人女性を強盗した罪で起訴され、2人は審理を要求し、裁判長は各被告 RM 5000の保釈金で保釈を認めました。

(Intraasia 注:同一被告が2箇所の裁判所で起訴されています、犯行場所と犯罪が違うからでしょうが、わかりにくいことです。 被告には保釈も認められたのか。 強盗行為の者がRM 5千程度で保釈されては被害者にはなかなか納得できないでしょう)

【ペナンのバジット(低価格)ホテル】
マレーシアバジット(低価格)ホテルペナン支部の事務局長の話です: ペナン州には85軒のバジット(低価格)があり、合計部屋数は約3千室です。 1泊の部屋代はRM 200以下です。
ジョージタウンに限っていうと、2012年のバジット(低価格)ホテルの客室稼働率は 66%でした。 今年はこの率を維持するのは難しいとみている。その理由は全てのカテゴリーのホテルで部屋数がさらに増えるからです。

(Intraasia 注:バジット(低価格)ホテルの定義はRM 200以下だって? ということは1泊RM 190もするホテルでもバジットホテルということになる。1泊RM 190もするホテルは 明らかに中級ホテルクラスと言えるのに。まこと立場によってこの種のあいまいな単語はどうでも定義できる例ですな。バジットトラベラーのイントラアジアはマレーシアで、他の東南アジア国でも、RM 190もするような高いホテルはもう何年も泊まったことはないです。)

おことわり
4月18日は家を留守にしたので、記事は掲載できませんでした。

4月17日のマレーシア記事

【国家スポーツ大賞に選ばれたバドミントン男子選手と飛び込み女性選手】
2012年国家スポーツ大賞の授賞式が行われました。

最優秀男子スポーツ選手には、バドミントン男子シングル選手で世界ランキング1位の李選手、最優秀女子スポーツ選手には、飛び込み選手のPandelela 選手、20歳、が選ばれました。
両選手は2011年に続く連続受賞です。なお李選手はこれで4回目の受賞になります。2人はぞれぞれ奨金のRM 2万を受領しました。

(Intraasia 注:マレーシアスポーツ界の実力を反映して、陸上、水泳、サッカー、格闘技といった華やかな種目の選手がトップになることはない。マレーシアの人気スポーツバドミントンの李選手はマスコミにもよく登場します)

【Iskandar Malaysia を核としてジョーホール州は活力ある地帯となった】

ジョーホール州南部の経済開発特区である Iskandar Malaysia は面積2217平方Km、シンガポールの面積の3倍、です。(実質的に開発が始まった)2007年以来内外からの投資が続いています。2025年までにIskandar Malaysiaへの投資総額としてRM 3830億を目標にしています。

Iskandar Malaysiaでは2008年から2012年までに新たに50万人分の職が創出されました。 マレーシア工業開発庁MIDAのデータによれば、 ジョーホール州が 2008年から2012年までに引付けた投資額は、製造業部門でRM 350億、内訳は外国からがRM 220億、 国内からがRM 130億で、創出した職の数は92000人分です。

(Intraasia 注:Iskandar Malaysia は実に数多くニュースになる題材です、ただこの記事も典型的マレーシアの新聞スタイルであり、与党政治家や業界アナリストの見方を主とした記事です。投資が何億リンギット約束され、何々が建てられ、職が生まれた。それは確かに事実でしょう。ただこういう開発に関して経済学者の解説が紹介されることは実に少ない。そしてそれに対する社会的影響を分析する記事はさらに少ない、 Iskandar Malaysiaの発展を疑うものではないが、観点の不十分さをいつも感じますね)

【サラワク産合板の日本向け輸出は好調】
サラワク州の材木協会のパネル部門の前会長で、サラワク州最大の合板パネル会社の専務が、日本からの合板輸入が増えていると明らかにしました。同社は州内に6つの合板工場を擁しています。

「日本では住宅建設が昨年より増えている。 それも要因になってサラワク州産の合板の輸入が増加している。 円安が合板輸入に影響は与えていません。」 業界の統計では、日本のサラワク州からの合板輸入は、2012年は1440万平米でした、対前年比10%の増加です。サラワク州産の合板の約55%は日本向けです。 日本では合板の平均価格が今年第1半期に 15%上昇したと、同合板会社の専務は説明する。

(Intraasia 注:日本は依然からサラワク州合板需要の大のお得意さんです。 読者の皆さんの家の合板はサラワク州産の可能性が高いと思いますよ)

【1 Malaysia ペナン国際チャリティーコンサートの広告から】

日時:4月20日 19時半から23時半。 場所:ペナン島、 ペナン韓江校庭
スローガン: 団結、和平、 繁栄
出演歌手: Ning Baizura, Suchitra, Swizz Beatz, Red Foo, Busta Rhymesなど
黎明、 梁咏王其、 譚咏麟、李克勤、林子祥(以上香港)など, Eric Moo,

特記、このチャリティーコンサートはペナン州政府も連邦政府もどんな政党も何ら関与していません。

(Intraasia 注:1 Malaysia という名称はナジブ首相が推進している数々のプログラムに付いているものですが、この主催側は関係ないと注意書きしてます。 有名香港歌手が出演しますね。 西欧名歌手については知りませんが、有名?なのかな。 マレーシア歌手として確定できるのはNong Baizura、Eric Mooですが、他にもここに掲載してない歌手に1,2人いるかもしれません)

4月16日のマレーシア記事

【総選挙に向けて与党陣営が候補者の発表を開始】
第13回総選挙に向けて、与党側のBarisan Nasional (国陣) の議長でもあるナジブ首相の下で、与党陣営の候補者発表を始めました。

国会下院議員全222選挙区では新人が 33%を占め、 州議会議員選挙区 全505選挙区中新人が49%を占める、という新人の多い布陣です。

第1弾は華人政党 馬華公会MCAと 華人主体政党 民政党Gerakanの候補者です。馬華公会は 国会議席 37区、州議会議席 90区に候補者を立て、民政党は国会議席 11区、州議会議席 31区に候補者を立てます。
馬華公会では、前総裁が党を除名とされて候補者から外れました。さらに3人いる準総裁の内2人も候補者から外れました。

(Intraasia 注: Barisan Nasional (国陣) は各民族政党、10を超える政党数、の寄合世帯なので、候補者調整が必須です、こうして決まったものを公認候補として首相が発表する。 選挙区は全て1人区なので、与党側から公認候補者が2人立つことはありえない。離党、除名などで立つ人はいます。華語新聞は当然ながら華人政党のニュースで埋まっています。)

【ペナン州の不動産の需要は好調】

不動産コンサルタント・情報会社の大手である Henry Butcher Malaysia の取締役はペナン州の不動産に関して分析する:
ペナン不動産の見通しは安定して且つ良い。 住宅不動産は引き続き活発であり市場を引っ張るでしょう、ただ前年に比べて多少の障碍もあるかもしれないが。 ペナン島部では、人気となるのはBatu Maung, Bayan Lepas, George town, Tanjung Bungah, Teluk Bahang です。本土側では投資者は良い場所であまり密集することない住宅不動産を比較的安い値段で買えるでしょう。

第2海峡大橋が今年第3四半期に完成することで新たな可能性が生まれます。 島側だけでなく本土側にもチャンスが起きるでしょう。投資者は南北縦断ハイウエーのインターチェンジ付近や第2大橋の交差する土地を考慮することもいいでしょう。
提案されているペナン州交通マスタープラン2013年で言及されている新たな5つのハイウエー付近の土地は不動産市場で人気となる可能性がある。

ペナン州の不動産取引において1999年から2011年間での年平均伸び率は、件数では 8.4%の増加、 価格では13.2%の上昇でした。これを2009年から2011年でみるとさらに顕著な伸びがあり、件数では20%の増加、価格面では26%の上昇です。
住宅不動産種類別に眺めると、 テラスハウスの価格が近年一番上昇している。 他に需要の高い不動産種として、戦前建設の遺産価値を持つショップハウスがあげられる。ジョージタウンではこの種の不動産が1999年以降上昇している。

この取締役はさらに説明する、「新築と中古の両方で不動産需要は引き続き強いでしょう、そして広範囲に国内及び海外からの広範囲な購入者の興味を呼ぶだろう。」 「ペナン州人口160万人の3分の1は25歳から44歳、つまりかなり多くの住宅が毎年必要となることを意味する。」

(Intraasia 注:いつもながら業界関係者の分析であり、ペナン不動産も高需要ということですね。確かにペナンへ行くと新しく建設されているコンドミニアムなど住宅が目に付きます。広範囲な購入者を引き付ければ、価格が上がる、買えない層はいつまでたっても買えないことになる) 

【反対陣営の政党指導者を攻撃する動画または偽造動画がネット上に現れるのは珍しくない】

民聯 (Pakatan Rakyat) 側のイスラム政党PAS の書記長がどこかのホテルの部屋で売春女性と思われる女性といっしょにいる様子を撮影した短い動画がネット上に公開されています。
同書記長は、映像は男は自分ではない、作為的に作られた動画だと一蹴しており、この件は弁護士にまかせるとしています。

PAS党総裁がこの動画について語りました、「その動画に撮影されているような動きを書記長は取ることはできない。彼はこの何年か膝を痛めているからです。 動画を製作した者たちは書記長の背景を知らない。書記長はもうずっと膝痛で、祈祷の際イスに座って行うぐらいです。」 「 その男優を探してほしい。」 「我々はこのニュース自体が一笑されるものだと思っている。」

(Intraasia 注:あるマレーシア語紙は第一面でPAS総裁の否定発言を大きく載せました。ある英語紙は紙面内部でごく小さく載せました。 このように新聞の立場で扱いがすごく違います。動画の真偽は別にして、以前から両陣営は相手陣営の指導者に対する攻撃を、ネット上で展開していますが、その際マレー人指導層の不道徳行為を暴く動画や話などが多いようです。その典型はアンワル元副首相に対するもので、彼が登場する動画は何本もネット上で公開されました。もちろんアンワル元副首相は全て偽者による偽造動画だと一蹴しています。 日本なら週刊誌が扱うような話題を真面目に論議したり話題にすることもあります。所詮この種のことは真偽などわかるわけはないはずです)



4月15日のマレーシア記事

【放棄された住宅建設プロジェクトを復興させたと自慢する担当省庁】
民間の住宅建設プロジェクトの内で、2009年から2013年3月までに(建設前にまたは途中で)放棄されたプロジェクトは187もあります、住宅ユニット数(軒数)では54617です。 

住宅と地方自治体省大臣は語る、「停滞した住宅プロジェクトを再生させるためにRM 1300万支出した。」 「こうしたことで2012年は35のプロジェクトが完成し、その内 7つのプロジェクトが国から資金を得たとのことです。 これまでに計129のプロジェクトが完全に再生し、45のプロジェクトは再生最中です。 13のプロジェクトは再生にかかったばかりです。」

「多くの停滞したプロジェクトでの住宅は既に建設された、しかし住居人が住むために適しているとの認定(CFという)はまだ発効できない状態です。それは排水施設などが完成してないことなどの理由からです。」 「放棄プロジェクトの主たる原因は、建設するデベロッパーの資金面での問題です。停まった建設プロジェクトに関する調査を行います。 あくどい不動産デベロッパーの一覧表を我が省のホームページに掲げているので誰でも閲覧できます。」

これまでに1261のデベロッパーがブラックリストに載りました、2005年から2102年までに裁判所に起訴されたデベロッパー数は 2522社になります。

(Intraasia 注:今頃調査しても少し遅い気がしますけど。 昔から住宅建設のプロジェクトが途中で停滞、放棄されるのはマレーシアの特徴と言えるぐらい多い。 要は十分な資金力と見通しなくてプロジェクトを打ち出すデベロッパーが多すぎるということですね。その前提にあるのが、購入者を確保してから建てるという方式にある。 購入者の多くは銀行ローンを組む、デベロッパーは自己資金手当てが不足すれば即建設は滞る。または狙った通りの数の購入者が確保できず、プロジェクトの開始自体ができない。でも売買契約を結んだ購入者は契約に縛られているので気長に待つしかない、といった問題が昔から起きている)

【投票日には、投票する公務員に休暇を与えるべきだ】
全国の公務員の唯一の組合である、Cuepacs の議長は、総選挙投票日5月5日に投票する者には休暇を与えるべきだと主張しています。

「投票日に遠方地へ投票に出かける者には休暇が与えられるべきです。 遠方地へ行く者には翌日も休暇にすべきです、それは同日の夕方までに帰宅するのは難しいからです。 休暇にならないと投票に行かないのではと心配しています。」
「Cuepacs の組合員は候補者にならないだろうと思う。 Cuepacs はこれまで要求の多くが達成されたこともあり、政府与党を大きく支持しています。」 「Cuepacs 組合員は政治的なことや扇動的なことに関わらないようにとアドバイスしておきます。」

(全国で120万人を超える)公務員には7月に昇給が予定されており、その額は1人RM 80から320の範囲です。

(Intraasia 注:典型的公務員思考としか思えませんな。 住居地とは全く離れた地、故郷とか前の居住地など、で有権者登録しているからこういうことになるのが大きな要因でしょう。5月5日は日曜日ですが、半島部の3つの州は週休金曜日制です)

【発行済株式時価総額のトップ5企業】
マレーシア証券取引所(Bursa Malaysia)上場、4月12日時点の株価

1位: Maybank 株価 RM 9.60 時価総額 RM 810億、 2位: Public Bank 株価 RM 16.30 時価総額 RM 575億、 3位:CIMB 株価 RM 7.71 時価総額 RM573億、
4位: Axiata 株価 RM6.70 時価総額 RM 571億、 5位: Sime Darby 株価 RM9.29 時価総額 RM 558億、

(Intraasia 注:マレーシアの株式は普通は額面RM 1です、ですから株価自体はそれほど高額にはならない。ただ例外的にRM 100を超す株価の企業があるが、額面RM 1なのかどうかは知りません。時価総額のトップ3はいずれも銀行グループです。Axiata は携帯電話網企業、 SimeDarby はプランテーション主体の複合産業企業です)

4月14日のマレーシア記事

【円安の恩恵を受ける電力会社TNB】
(Tenaga Nasional Bhd 、TNB,は半島部の電力供給を一手に引き受ける電力会社です)

TNBは通貨円とかかわりが少なくないので、円安潮流から恩恵を得ることが期待されます。
アナリストは主張する: TNBは円安の恩恵を最も受ける企業の1つです。 TNB は円借款の額が大きいからです。
2012年11月末時点で、TNBは円建て借款をRM 47億抱えています。これはTNBの未完済のローン総額RM 224億の21%にあたる。同社の米ドル建て借款はRM 27億です。外貨借款全体をリンギット表示すればRM 74億になります。

「円が対リンギットで10%下落して1年間続けば、外為市場で取引でRM 4億7千万の増加をもたらすことになる、これはTNBの2012年8月末決算での純利益の12%にあたる」 とMaybank投資銀行は分析している。
別のアナリストは主張する、「TNBが 円建て借款を実際に返済しない限り、円安はTNBにとって単に帳面上の儲けになってしまうでしょう。」

(Intraasia 注: 外為市場の変動は常に鏡の両面ですから、肯定的に受け止める向きもあれば否定的に受け取る側も必ず生まれる。円安で恩恵を受けるのは、日本車の正規ディーラー会社もその1つと言われる、ただ現在はアセアン(ASEAN)製日本車が多数を占めるので、円安が全てそういうディーラー会社に貢献することにはならないそうです)

【ソーンクラーンを祝うマレーシアタイ人と在マレーシアのミャンマー仏教徒】

(仏教歴正月のソーンクラーンはマレーシアタイ人コミュニティーでも祝われます。さらにマレーシアで働く多数のミャンマー人も祝うようです)
マレーシアタイ人が集中して住んでいるクランタン州のタイ国境に近いTumpat地方では、ソーンクラーン祝祭において、通常の水のかけあいが行われているだけでなく、バンドが出演し、ミスソーンクラーンコンテストも行われています。

ペナン州では 2箇所の仏教寺院でソーンクラーン祝祭が行われました。マレーシアタイ人やミャンマー人が集まりました。

(Intraasia 注:タイはマレーシアの隣国ですから、昔からタイ系マレーシア人は一定数存在する。ソーンクラーンを祝うのは、当然ながら仏教徒なので、ここでは仏教徒タイ系マレーシア人です、これとは別にタイ深南部出身のムスリムタイ人はクランタン州などに存在します。Tumpat 地方にはマレーシアタイ人コミュニティーが5千人ほどいるそうです。いくつものタイ仏教寺院が目につくこともTumpat地方の特徴です)

【ニューフェイスの若い女性を選ぶ新聞社と衛星テレビ共催の企画プログラム】

最新のリアリティプログラム Gadis Muka 2 ( 意訳すれば 第2回ニューフェイスの若い女性とでもなる)は大衆マレーシア語紙 Harian Metro と衛星テレビ放送ASTRO の共催です。 このプログラムを製作企画した会社の狙いは、美人女性を選び、同時に新しい女性スター探しも兼ねています 。

企画制作会社のトップは説明する:
Gadis Muka 2 選出の過程として、既に第一次予選で応募者の中から60人に絞り込みました。 そして皆さんに評価してもらうために Harian Metro 紙で3週間に渡ってその写真を掲載します。13日にまず16人の写真を新聞に載せ、残りの候補者の写真も順次公開していきます。 興味ある方は彼女たちの中から選んでください。 一般人の評価が大いに大切です。一般人の評価が 40%を占め、専門の審査員の評価が60%を占めます。ですから候補女性の中からそれぞれ選んだ女性の名前を携帯のSMS で送ってください。 送り先は 33333 です。
こうして予選を勝ち抜いた 10人の候補女性に絞ります。この10人は衛星テレビ番組 GM2 に出演して最終的にGadis Muka 2を選んでいきます。 この番組はASTRO RIA 104チャンネル で5月19日から始まり、毎週日曜日夜10時放送です。

Gadis Muka 2に選ばれると契約料 RM 10万を得ることができ、さらにいろんな副賞ももらえます。
投票者には誰でもなれます。SMS で投票する際、 選べる候補女性は 1人だけです。 フェイスブックでも情報を公開しています。

(Intraasia 注:マレーシア語紙とマレーチャンネル主催なので、候補者は当然マレー人及びサバ州サラワク州ブミプトラがほとんどのようです。フェイスブックで少し見たら予選に残った候補者は全国からの20歳前後ですね。今日の時点では16人ですが今後増えるのでしょう。 早い話、一般大衆が大いに参加する、ブミプトラの若い女性スター探し企画ということだと捉えることができます。
ということで候補女性はどんな女の子かな、どういう顔つきが現在ブミプトラの間で好まれるか、知りたい方のために、見方を書いておきます。 www.facebook.com/Pencarian.GadisM2/ をコピーして開く。 次に 上段にあるメニューの ”photos” をクリックするとページが変わる、16人の候補者の女性の写真が並んでいる。 その中から女の子の写真を再度クリックする、すると名前と年齢と出身地が表示される)

4月13日のマレーシア記事

【マレーシアインド人界の各民族でそれぞれ違う形の新年】
(タイでお馴染みのソーンクラーンの時期です、毎年マレーシアでは関係する民族によってわずかにその民族歴の新年の日が異なり、当記事では過去にも話題にしてきました)

マレーシアインド人の少数派である Telugu 人コミュニティーはその新年 Vijayanama Ugadi を4月11日に祝いました。 Telugu 人コミュニティーのカレンダーは60年周期とのことで、今年はまたその最初の年です。
同じくマレーシアインド人の少数派である Malayalee 人コミュニティーはその新年 Vishu を4月14日に祝います。
一方マレーシアインド人界の多数派である タミール人ヒンズー教コミュニティーはその新年  Puthandu を4月14日に祝います。

ヒンズー教徒ではない、北インドパンジャビ地方が出身地である、シーク人(シーク教徒)はシーク新年である Vaisakhi を4月14日に祝います。これは Vaiskhi 月の初日になる。

(Intraasia 注:このようにマレーシアインド人の各民族では新年の名称が違い且つ祝い方も違うということはわかる、ただ具体的にはなじみがないので知りませんが。 いつも不思議に思うのは、仏教正月のソーンクラーンとヒンズー教徒の歴での正月はどうしてごく近接するのかということです、さらにシーク教徒の新年も同様にです。Telugu 人もMalayalee 人もタミール人と同じく南インドの民族であり、言語はタミール語と同じくドラビダ語族のはずです、つまりヒンディー語とは系統が違う)

【ペラ州の町でImigresen が安宿を手入れして外国人女性を逮捕】
ペラ州のTeluk Intan 町で Imigresen が2軒の安ホテルを深夜2時に訪れて取り締まりを行いました。
この取り締まり活動で、8人の外国人女性が逮捕されました。 Teluk Intan のImigresen トップは説明する、「 27歳から39歳の8人は売春行為を行っていたと思われる。その女性らからの聴取によれば、そのサービスは随分と安く 1回RM 30から50だったようだ。」 「さらに余分の金を払うことで、 買春客はその女性を家や別の場所に連れて行くことができた。」 

逮捕した女性たちの多くが身分証明書 Mykad を所持していることに疑問を感じたので、「我々は国民登録庁の協力を求めています。」 「女性の半分がそのMykad を使って欺こうとした。 4人の女性のMykad は偽物で、その女性はインドネシア人ですが、マレーシアに入国した証明を何も保持していない。」

(Intraasia 注:イントラアジアが昔訪れたこともある Teluk Intan は大きな町ではありません。 そういう町にもこの種の女性が商売できる下地があるということですね、つまり違法外国人女性を集め、住む所を与え、客を集める者たちがいるのであり、さらに偽の身分証明書まで手配できる力を持っている。 客になりたい男たちは都市部であろうと小さな町であろうと常にいる。そして商売したい外国女は仲間内の情報などで集まってくる。)

【良く知られたマレー女性歌手がPAS党から出馬する】

(40才代の)マレー女性歌手Aishah は今回の総選挙で、初めてから出馬します。彼女はヌグリスンビラン州のJempol 国会選挙区でイスラム党PAS公認候補として出馬することが発表されたばかりです。

PAS党の副総裁が彼女の出馬を説得したとのことです。 「党の指導者者が私を候補者にするとは信じられなかった、そこで驚きました。そこで私はそれを信頼だと捉えました。」

Aishah and the Fan Club は90年代初期にチャートの上位にありました。さらにニュージーランドでは1991年ベストアーチストにに輝きました。その後彼女はソロ歌手になり、(権威ある)TV3局のJuara Lagu コンテストで1990年と95年トップを獲得しました

(Intraasia 注:今も人気が高いことはないはずですが、マレーラジオ局で彼女の歌はよくかかります。つまりいくつかのヒット曲を持っている歌手です。マレー政界を含めてマレーシア政界では歌手や俳優の芸能人が選挙に出馬する例は非常に珍しい。応援する芸能人はもちろんいます)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 298.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 296.7 を入手します。

(Intraasia 注:銀行によってわずかの違いはあれど、日本円が 3.0を割ったのはどこも同じです。どこまで下げるのでしょうか)

4月12日のマレーシア記事

【マレーシア工業開発庁MIDAが発表する投資額】
(マレーシへの内外の投資を一手に扱う官庁)マレーシア工業開発庁MIDA は、アジア諸国からの投資が増えることが予想されるとしています。

MIDAの上海オフィスの代表は語る、「この特徴として中国企業からの投資が過去5年間でRM 50億になった。中国からの投資は大規模です。中国政府は民間企業の海外投資を奨励している」
中国からの投資: 2010年 RM 6億4千万、 2011年 RM 11億9千万、 2012年 RM 19億8千万

マレーシア工業開発庁MIDAが明らかにしている、2012年のマレーシアへの主要投資国は、韓国、日本、サウジアラビア、中国、米国、シンガポールです(順位ではない)。 2012年にMIDAが認可した投資案件: 韓国 17件プロジェクトで RM 16億、日本 66件プロジェクトでRM 26億、 サウジアラビア 2件プロジェクトでRM 26億、 

2013年2か月間の数字: 新規プロジェクト承認数 52件 RM 44億、 既存プロジェクトを拡張または多角化プロジェクト承認数 27件RM 8億。

(Intraasia 注;いつも書きますように、これはMIDAが認可した計画投資額と件数です。 投資が終わった結果ではない、中には途中でまたは直前にやめたり、減らしたりする案件も当然発生する)

【女性候補者をもっと立候補させるべきである】
世界性差報告書 2010年によれば、女性の政治参加率においてマレーシアは 134か国中110位です。中位所得国家としてマレーシアがこういう順位であることを、政治指導者陣は真剣に憂慮すべきです。

第12回総選挙の国会議席 222人中女性議員は 24人(11%)に過ぎなかった。これはアジアの平均である 18%より低い。 州議会でみれば、総議席数 576人中女性州議会議員はわずか46人でした(8%)。
任命制である上院議員の場合は女性議員の率は少し高い 26%です、 64人中の16人。 内閣でみると、29人の内で現在女性大臣はたった1人です。

(州の内閣ともいえる)州評議会でみると、スランゴール州が女性評議員が最高の率で 40%になる、しかし他州では女性評議員は1人か2人に過ぎない。トレンガヌ州、ペラ州、サラワク州にいたってはゼロです。
とムスリム女性組織の元代表は訴える。

(Intraasia 注: 与党連合はとりわけ女性幹部政治家が少ない。UMNOも、馬華公会も、他の党も同様に、党内に婦人部という組織を昔から維持している。そのトップが女性の声を代表させるというあり方です。21世紀の時代に未だに婦人部という党内組織を維持しなければならない、と考える思考と組織論自体に問題があると思いますけどね)

【身障者を雇うための仕事フェアーを開催した Mydin】
国内の有数のハイパーマーケットチェーンである Mydin Hypermaket を経営する Mydin持ち株会社は、身体障碍者をさらに雇用するとしています。
「我が社は身障者の能力に応じていろんな種の仕事を提供しています。 既に長い間身体障碍者を雇用してきました。 このジョブ展示会は我が社が身障者を雇いますということを、一般社会に示す方法でもあります。」

スランゴール州スバンジャヤにあるMydin Hypermaket は仕事フェアーを開催し、100人を超える身障者が会場を訪れました。 最近福祉庁と 日本のJICA が催した身障者のための職の機会に関するプログラムに、Mydinは参加しました。

(Intraasia 注:Mydinは非常によく知られたスーパー兼ディスカウントストアーチェーンです。 身障者をもっと雇う企業が増えるべきですね)

【タイ深南部】
タイ深南部のパッタニー県で、爆弾テロ、襲撃、放火が多数連続発生し、治安部隊側の2人が死亡、6人がけがをしました。
パッタニー県内の多くの群で官庁ビル、携帯電話通信塔、コンビニなどが攻撃対象になり、合計で30件ほども起きました。 警察発表によれば、死傷者はいずれも1つの攻撃の結果であり、その際治安部隊を狙った車爆弾も使われました。

タイ政府側と深南部の武装反抗勢力の内の1つの組織との間で、(マレーシア政府の仲介で)予備的な話し合いを4月末にクアラルンプールで行うことになっています。しかし深南部武装反抗勢力によるテロと襲撃は変わらず続いており、話し合いに臨む1つのグループの影響力に疑問が投げかけられています。 タイ側の交渉責任者は、反抗勢力側に対してその組織の者たちにテロ襲撃を止めるように指示することを要求するとしています。

4月11日のマレーシア記事

【総選挙日程が発表された】
(待ち望まれていた)第13回総選挙の日程を、選挙管理委員会が発表しました。
4月20日が立候補届日、 5月5日が投票日です。選挙運動期間は15日間になります。これまでの最少日数は2004年の8日間、最長は1959年、64年、69年の35日間です。

 国会下院議員 222議席、各州の州議会議員 計505議席です、サラワク州だけは州議会選挙が2011年に行われているので、行われません。今回の総選挙時の国民人口は 2890万で、内登録有権者数は 1326万人、 前回2008年時の国民人口は 2650万人で内登録有権者数は1092万人でした。

選挙管理委員会はさらに事前投票となる人数を発表しました、 27万5341人。この内訳は 軍人とその配偶者 161251人、警察官とその配偶者 11万1136人、 外国居住投票者 2954人です。

(Intraasia 注:実質、選挙戦はとっくに始まっています。街には与野党陣営の旗が道端からビルの上、交差点、民家など至る所に立っており、新聞は選挙ニュースに埋まっている。 一般人は投票日に都合が悪いから事前投票する、という制度はありません。 余談ですが、非有権者のイントラアジアには都合が悪い日程だ)

【また高級車ショールームから車を乗り逃げした男

これまでにクアラルンプール圏の高級な自動車ショールームから試乗を名目に車を乗り逃げした男がまたショールームカーを盗難しました。

容疑者、31歳、はスガンブットにある高級車ショールームで係り員を信じ込ませると、 Nissan 370Z, 価格RM 40万、で乗り逃げしました。数日後この車はジョーホール州で発見されました。

彼は2012年10月にPorche Panamera 車を盗難した罪で、下級裁判所で起訴されています。保証金RM 15000で保釈されたのですがその後逃走しました。彼は他にも今年になって2回逮捕されていますが、2回とも保証金を払った後で逃げています。この容疑者がこれまで計 6件の自動車盗難に関わっている、と警察は説明する。 

(Intraasia 注:ニュース記事を数多く読んでいると、保証金を払った後、行方をくらます容疑者の存在はそれほど珍しいものではないことがわかります)

【ハローキティーの人気は下がらない】
ジョーホール州の経済開発特区である Iskandar Malaysia 内に Puteri Harbour Family Theme Park が建設されました。その一部として 2012年12月に Sanrio Hello Kitty Town がオープンしました。 

投資額RM 1億1千万という Hello Kitty Townは広さ1800平米で、Hello Kitty House など全てがHello Kittyテーマの いろんなアトラクション、施設がそろっています。 オープン以来これまでの入場者数は 16万人になります。その多くはマレーシア人であり、次いでシンガポール人、及びその他国の人たちです。 

「Hello Kitty 製品が何でも揃っているけど、全てオリジナル製品なので価格はずっと高い。」と訪問者は言う。 Parkson Corporation Sdn Bhdによれば、オリジナルHello Kitty 製品は香港と日本から毎月輸入されます。

(Intraasia 注:マレーシアに限らず東南アジアでもHello Kittyが大変人気があることは、Hello Kittyロゴ入り製品が実に多くの店や露店で売られていることからわかります。 ただその内オリジナル製品の方がはるかに少数派であることも容易に推測できます。 ジョーホール州にオープンしたHello Kitty Townはこの人気の反映ですね)




4月10日のマレーシア記事

【総選挙に向けて各陣営がパロディー動画を製作、発表している】
総選挙を直前にして与野党陣営は、従来からの選挙活動方法に加えて、ネット上でのSNS も利用して選挙民に訴えています。そこで 二次的創作短編動画(パロディー版)も少なくありません。

サバ州での二次的創作短編動画(パロディー版)を使っての選挙運動では、各陣営新たなスタイルを作っています、中文映画を(勝手に)借用改編してサバ州華人界で主流の客家語に吹きかえる、韓国映画を(勝手に)借用改編してマレーシア語に吹きかえるというのがあります。敵陣営が製作した二次的創作短編動画(パロディー版) を逆手に取ってまた改編してしまう例もあります。

1か月ほど前SNSで発表された ”サバ州命運の戦い”という パロディー動画はその好例です。 パロディー版では中文映画の”赤壁”から借用改編してサバ州華人界の客家語に吹きかえ字幕を付けました。このパロディー版は10万人の視聴者があったとのことで、続編を製作中です。

4月7日にSNSでハリウッド映画 Avator の二次的創作短編動画(パロディー版)が現れました。 これはAvator から勝手に借用改編したもので、特徴はサバ州のマレーシア語発音で吹きかえているところです。パロディー動画ではサバ州の問題などを会話と字幕で伝えています。

(Intraasia 注:記事説明からわかるのは、マレーシアで人気を呼んだ外国映画の一部を勝手に借用して短編動画に仕立てる、その際会話と字幕を創作するということのようです。映像だけはオリジナルの一部、あとはサバ州事情に合わせて作る。あまり創作的活動とは思えませんけどね。 Google でサバ州のAvator を探したら見つかりました: //wargamarhaen.blogspot.com/2013/04/pru13-sabah-avatar.html でみることができます。 YouTube では著作権侵害のためにブロックされていますね。取り立てて面白い作品とは思いませんが、発音がサバ州マレーシア語になっているところがユニークです。 なおPRU13 という文字は第13回総選挙という意味です)

【マレーシア産ツバメの巣を監査するために中国から係官が到着】

マレーシア産ツバメの巣の中国への輸入において、製品に禁止物質の亜硝酸塩が高濃度に含まれていたとのことから、中国当局は2011年7月から禁輸処置に指定しました。
この禁輸によって、マレーシア産ツバメ市場は大きな打撃を受けています。中国市場は年間RM 10億規模の最大の輸出先だったからです。

中国は証明と認証評価部門の係官をマレーシアに派遣することを決め、6人チームがマレーシアに到着しました。 今回の監査は、マレーシア産ツバメの巣を再度中国市場に輸出できるようにしてもらうための、最終2段階の1つです。

マレーシアの農業大臣は語る、「この監査は生のきれいなツバメの巣に対してです。 6人チームはスランゴール州、サラワク州、パハン州、マラッカ州などにある15か所の工場を訪問します。」 
その結果を中国の食品衛生庁に提出することになります。「マレーシア産ツバメの巣が再度中国へ輸出できるかはこの報告書に基づくことになる。」 「中国から係官が監査に訪れた最初のツバメの巣生産国がマレーシアです。」

4月9日のマレーシア記事

【タクシーの客引きはより傲慢になり、活動場所を増やしている】
クアラルンプールではタクシー客引き屋はその活動場所をより増やし、同時にますます挑戦的になっている。陸上公共交通委員会(SPAD)の消息筋によれば、クアラルンプールだけでその活動場所が倍増して20か所にもなっている。

「公共バスターミナルである、Pudu Sentral, KL Sentral , TBS などでは取り締まり当局の目前で大胆に活動している」 「SPADが設置される前に、商業車両免許委員会が取り仕切っていた時代と同じことが起こっている。商業車両免許委員会は客引き活動を抑えられず、SPAD が設立された。陸上公共交通委員会は何ら向上してないように思える。」

例えば、KL Sentral にはクシークーポン売場が複数個所ある。 1階のクーポン売場で深夜料金適用の切符を売り出すのが23時45分です、カウンターは午前2時に閉まる。すると客引き屋が勝手に店を開く。一方LCCターミナルからバスが到着する、地上階のクーポン売場は19時に閉まる。記者らが観察していた2日間、取り締まり当局、陸上公共交通委員会も道路交通庁も、の係官の姿をほとんどみなかった、さらにKLSentral の保安員の姿もなかった。

クアラルンプール圏には37000台のタクシーが走行している。一方陸上公共交通委員会(SPAD)は全国にたった216人の取締官を有するだけです。陸上公共交通委員会(SPAD)の取締部門長は主張する、「人手の少なさにもかかわらず、我々は十分に仕事をしてあくどいタクシー運転手を取り締まっている。2012年6月末から2013年2月末までに、計3134人のタクシー運転手に罰金通知を科した。しかし問題はそういうタクシー運転手が引き続き営業を続けられることです、なぜなら裁判過程は月日がかかるからです。」

連邦直轄領とスランゴール州タクシー運営者協会の会長は言う、「陸上公共交通委員会(SPAD)の活動は効果的ではない。しかしSPADだけが責められるべきではない。彼らは取締官が200人に満たないのだ。道路交通庁は1千人を超える取締官がいるのです。」

陸上公共交通委員会(SPAD)は他の取り締まり官庁と協力する必要がある。しかしその必要な協力活動がなされていない。

(Intraasia 注:客引きというより押し売りと表現した方がいいでしょう。各ターミナル、繁華街、有名ショッピングセンター前の道路で、車から降りて客引き、車を持たずに専門に呼び込みしている奴らは、正常なタクシー活動ではないのは誰でも知っていることです。この事態が20年以上も公然と続いているのは、当局の力不足と政治家のやる気のなさですね。 政治家はきれいごとばっかり言い、官僚は言い訳ばかり言っている。 タクシー料金の初乗りを10倍くらい引き上げる、またはどうせメーターを使わないのだからメーター制廃止にして、劇的な対策を取るべきです。 Pudu Sentral ではバス乗客に向けてめったやたらに客引きが行われている、旧PuduRaya時代に戻ったと言えます。 陸上公共交通委員会(SPAD)と道路交通庁は何をやっているのだろうと、いつも思います。 取締官が現場にほとんどいない、客引きらのやりたい放題です)

【選挙管理員会に今年登録した有権者は投票できないことになる】
(21歳以上の国民は有権者です。ただし選挙で投票するためには、選挙管理委員会に事前登録する必要があります)

今回の第13回総選挙で投票できるのは、2012年末までに登録を終えた有権者 1330万人であると、選挙管理委員会の副委員長が明らかにしました。「有権者名簿に載せる手続きに時間がかかり、名簿更新は3か月ごとなので、2013年に入ってから登録した人は、今回の選挙で投票できないでしょう。」 「最近死亡した人の名は名簿から除くために更新します。」

(Intraasia 注:当記事で何回も説明しているように、国民は自治体に住所を届ける制度自体がない。選挙は国家機構である選管が管理し、有権者でもまずそれに登録する必要がある、そうすることでどの選挙区の選挙民かが確定します。 現住所地で投票せずに登録住所の故郷で投票する人は珍しくない)

【全国の生徒1人1人にノートパソコンを貸与するという公約】

ムヒディン副首相は語る、「Barisan Nasional (国陣) 側が選挙で勝てば、Barisan Nasional (国陣) の選挙マニフェストに沿って、学校で学ぶ生徒一人にノートパソコンを1台を与えます。」 これは米国での例に倣ったものとのことです。「米国の学校を訪問した時、生徒は皆パソコンを使っていた。パソコンは学校が所有しており、生徒は就学が終わった時点でそのパソコンを学校に返すことになる。」

【フィリピン南部から密入国しようとした武装者32人を逮捕した】
サバ州東海岸のLahad Datu地方沖のマレーシア海域で、銃や刀で武装した南部フィリピン人 32人が密入国しようとしたので逮捕した、とサバ州警察のトップが明らかにしました。32人は現在保安法特別処置によって拘留されています。 彼らはバーター取引に使われる小舟に乗っていたとのことです。

スルー武装主義者らは(地元の南部フィリピンで)すでに再結集しているとの情報があります。 マニラからの報道ではフィリピン最南端の島々からサバ州に入ることを狙っている者たちが1000人位はいるととのこと。警察トップは、「その種の報道に根拠はないが、軽視はしていない。」

(Intraasia 注:小さなボートで1時間もかからずにサバ州の浜辺に到着できてしまう、距離的近さと人的つながりから、今後もずっとフィリピン南部からの密入国と侵入に備えなければならないとこは今や明白でしょう)

4月8日のマレーシア記事

【新低コストターミナル KLIA2 の話題】
(新しい低コストターミナルであるKLIA2 は6月28日にオープンすることが既に公的に発表されています。)
工事の進捗状況について、マレーシア空港持ち株会社は、5月には完成するという計画通りに進んでいると保証しています。進捗率は 現時点で82%とのことです。 一方オープンが遅れるのではないかという心配も生まれています。

KLIA2のオープンに備えて、マレーシア空港持ち株会社は従業員のリクルートも進めています。新しく雇用するのは1102人分です、その内 746人が航空保安業務で、172人が運営業務になる。

(Intraasia 注:新たに千人以上も雇うのですね。 完成が遅れたにも関わらず無理やりオープン日に合わせるようなことはやめて欲しいものです)

【アセアン(ASEAN)自由貿易地域協定によって域内での完成車の輸入が増えた】

アセアン(ASEAN)自由貿易地域協定が2010年から発効して、アセアン内で製造された自動車(完成車)の輸入関税は(相互に)ゼロになりました。 アセアン(ASEAN)内における完成自動車の輸入は2011年に28%増加したとのことです。

マレーシア自動車協会の最高経営責任者は説明する、「アセアン(ASEAN)自由貿易地域協定は2016年に日本及びオーストラリアとの間で実効されることになる。つまり車が安くなるのです。」

アセアン(ASEAN)内で日本車の同一モデルを比較すると、マレーシアでの販売価格は最近アセアン(ASEAN)内でインドネシアを抜いて 3番目に安い価格の国になった。安い順に フィリピン、次いでタイ、3番目がマレーシア、4番目がインドネシア
販売価格比較の例
トヨタ車: Vios  RM 72404,  Altis  RM 106603,  Camry  RM 149900
ホンダ車: City  RM 85980,  Civic  RM 115980,  Accord  RM 142815

【盗難された高級車を破格値で転売していた男が逮捕された】
盗難された高級車を転売していた男、48歳、が警察に逮捕されました。これは警察が RM 340万に値する5台の高級車を取り戻した際のことです。

警察は5台の高級車が盗難車であることを確認した後、スランゴール州のBandar Baru Salak Tinggi で取り締まりを行いました
他にも10台の高級車があるので、盗難車かどうかを調査中です。 州警察トップによれば、逮捕された男は偽の道路税証明書と保険証券をつけて、非常に安く売っていたとのことです。 「通常価格RM 50万から95万のポルシェがRM 8万で売られた。」 「ある1人の客は4台も買った。」

(Intraasia 注:高級車の盗難は珍しくない、これまでのニュースでは国外へ持ち出されるのが多いことになっている。ですからこの種の盗難高級車の販売が見つかって逮捕されたというニュースは少ないはずです)

4月7日のマレーシア記事

【政府与党連合がマニフェストを発表】
政府与党連合の Barisan Nasional (国陣) は総選挙にむけて、クアラルンプールのBukit Jalil 国立競技場で大集会を行い、選挙マニフェストを発表しました。この模様はテレビで生中継されました。
今回のマニフェスト”希望の約束”では、経済成長を具体的に約束しています。

マニフェストで触れられている中で目についたもの
2020年までに1人当たりの国民所得をUS$15000 にするという目標達成に向けてさらに進んでいく
1つのマレーシア 民衆援助 での世帯向け年間援助額を現在のRM 500から次第にRM 1200に上げる。未婚者向けには年間RM 600にする。
ボルネオ島の縦断ハイウエー建設: サラワク州の Sematan - サバ州の Serundung 間の2300km
Klinik 1 Malaysia を都市部の人口密度の高い地区にも設置する

野党連合である民聯 (Pakatan Rakyat) は、Barisan Nasional (国陣) のマニフェストは”民聯 (Pakatan Rakyat) のコピー” であると評しています。
民主行動党の幹部は言う、「1つのマレーシア 民衆援助で金額を引き上げるのは、明らかに選挙向けに飴をばらまくことを狙っている。 それに必要は年間予算はRM 60億にもなる。我々が民衆援助でお金を配布するのは、高齢者向けだけです。」 「Barisan Nasional (国陣) 側が我々のマニフェストを批判して国を破産させるものだとしているが、彼らは自分たちのことをよく見ることです。」

イスラム教党PASの幹部は主張する、「民衆の可処分所得を増やすことが大切です、それにはハイウエーの通行料を撤廃、自動車の物品税をなくことです。そういうことが消費物質の値下げにより役立つ。」

(Intraasia 注:いつもながらこういう集会に集まる人数は数万人規模です。動員とはいえこれだけ多くの人が出かけるというのも事実です。マレーシアの公営放送RTM も民放各局も日々のニュースで登場する政治家や集会などの模様はほとんど全てBarisan Nasional (国陣) 側ばかりです。圧倒的に首相が多く、次いで大臣、与党指導者だと言えそうです。野党陣営がテレビに出るようなこと自体がニュースになるといえそうです。 ということで新聞を含めてマスコミ報道は圧倒的に与党側の情報が多い。しかし現代はネット情報時代、マスコミのあり方とは違うことになる)

【深夜のレストランを襲って経営者らに向けて13発も撃って逃げた】
ジョーホールバルのある海鮮レストランにおいて、経営者と友人客の6人が深夜1時過ぎ食事中に覆面姿の3人組に襲われました。 賊は車で店先に乗り付け、運転手以外の2人が銃を発射し計13発を撃った後逃げ去りました。

この銃撃で7人がけがをしました。内1人はのどに弾丸が当たったのですが、手術の末に危機を脱しました。さらに厨房のネパール人コックに5発が命中しました。病院に担ぎ込まれまだ状態は不明です。警察は弾痕から13発だと断定し、捜査を進めています。 深夜のため付近の商店はほとんど閉めていました。

(Intraasia 注:いつもながらまことに荒っぽいというか始めに銃撃ありきという犯行スタイルです。物取りでも強盗でもなく、襲撃目的の事件ですね。時々新聞ニュースになる犯行スタイルです)

【公務員職への応募者数】

国は今年第1四半期に、正規または契約の公務員を 1万4千人雇用しました。この結果全国の公務員数は 140万人にもなります、これには中央官庁や地方自治体、警察と軍隊などの人員が含まれる。

公共サービス庁の長官によれば、今年増員した1万4千人は、正規雇用と契約雇用がだいたい半数づつです。「第1四半期に全国で公務員に応募した総人数は146万人でした。これは普段よりずっと多い。通常は120万人前後です。」 

今年第1四半期の正規公務員の 増員7043人に関しての数字です。、
「華人は24491人が応募し、公共サービス庁はその中から1130人に面接通知した。実際に面接に来たのは6割程度でした。最終的に雇用した華人は 374人です。」
「マレー人の場合は、約114万人が応募し、24800人に面接通知した。出席者は18000人で雇用した人数は5160人です。」 
「インド人の場合は、応募者数が44380人、最終的に雇用した人数は403人。」 
「サバ州とサラワク州のブミプトラの場合、応募者総数 21万8千人、面接出席者は2418人、雇用した人数は965人です。」

(Intraasia 注:警察と軍隊を除くと公務員総数は 120万人位でしょう。大雑把に労働人口の1割ぐらい、やはり多いなあという感じはします。まあ外国人労働者はその公務員の倍以上いますから、外国人労働者の多さの方が際立ちますけどね。公務員に華人が極端に少ない事実は昔からほとんど変わっていません)

4月6日のマレーシア記事

【マレーシア国民の離婚は増えているとのこと】
(国民の出生、結婚、死亡などを一手に扱う官庁)国民登録庁のデータを見ると、2011年の非ムスリムの離婚数は 5634件です。しかし年代別のデータはありません。 この10年、国民の離婚件数は増加しているとのことです。2010年の離婚したカップル数は(ムスリムと非ムスリムを合わせて)33000カップル数だったとの報告がありました。

”マレーシア生活の質” 2011年報告書によれば、国民 18歳から50歳の層で2010年時点での離婚している率は 0.22%です。1990年時点での率は 0.14%、 2000年時点での率は0.13%でした。しかし50歳以上の層の離婚している率はデータがありません。

(Intraasia 注:なんか、ちょっと信頼の欠ける且つ大雑把な離婚統計ですなあ。細かなデータ自体がないのと、記事がわかりにくいの両面です。マレーシアでは自治体役所に住民が登録することはありませんので、すべては国の官庁に届けます、それが国民登録庁です。さらに家族婚姻関係の民法は、ムスリム用と非ムスリム用の2本立てですから、係属する裁判所自体が違う。最終的には国民登録庁に届けますが。 カップルが両方とも離婚に同意しているので、両人がいっしょに国民登録庁へ行って届ければ離婚は成立する、ことにはなりません。まず裁判所で離婚を認める宣言をしてもらう必要があります)

【大衆紙で盛んな金貸し・金融ローン(Pinjaman Wang) の広告から】
お金の貸付 -商売人向けと個人向け 
低金利、 現金で、 迅速に100%を貸与
例 貸付金 RM 1万: 12か月 RM 944、 24か月 RM 484、 36か月 RM 344

ブミプトラ専用 - 担保なし 0.5%、 担保あり 0.3%
現金で、 15分で審査、 金額と返済金に関して考慮します、 
例 貸付金 RM 5万: 12か月 RM 4190、 24か月 RM 2115、  60か月 RM 865

免許を持った金融業者です
担保なしの場合は 0.5%です
公務員、個人、商売人、保証人なし、担保なし など(誰でもOK)、 対象地: ジョーホール州、マラッカ州、クアラルンプール、スランゴール州
貸付金 RM 2万: RM 260 X 84か月、 貸付金 RM 10万: RM 1288 X 84か月

(Intraasia 注:大衆紙には金貸し、つまり一般金融・消費者ローン の広告が盛んであり、毎日数ページにぎっしり載っている。上記はマレーシア語紙から拾った 3つの例ですが、他言語紙も同じようなもの。いわゆる消費者金融分野は大手の会社は存在せず、小金融業者と個人金貸し屋が全てです。 不思議なことは見かけの金利が非常に安いことです、上記の例を計算してください。 こんな低利率で金貸しがやっていけるわけがないので、一体どこに罠があるのだろう? 当然ながら経験者ではないのでわかりません。 月の返済金は利子のみで元金を含まないということかなと思ったが、宣伝文句ではそうではないようだ。 これほど広告が多いということは需要があるということであり、金貸し業者にとってうま味がある証拠ですね)

【タイ深南部 県の高級役人を狙った爆弾テロも起きる】
(9年以上不穏状態が続くタイ深南部では爆弾テロと襲撃は引き続き起きています)
深南部3県の1つヤラー県の郡部で、車列を組んで走行中の車が路肩に仕掛けた爆弾によって破壊されました。 武装反抗グループの仕業だと推測され、警察の発表によると、この車に乗っていたヤラー県の副知知事と同乗の役人が死亡しました。副知事一行は村での行事に向かっていました。

死亡した副知事はこれまでこの種の攻撃で殺された最も高官職の役人の1人となります。狙われた自動車の運転手は危篤です。爆発によって道路には大穴ができました。

(Intraasia 注:深南部には主要国道の1つ42号線が走っている。大きな国道なので交通量が多すぎて仕掛け爆弾などは仕掛けられない、深南部では路肩の仕掛け爆弾事件は全然珍しくないが、そういうのはいずれも郡部の道路が舞台のはずです。狙われる車は警備パトロールしている軍隊、警察、民警の車輛ですが、このように時には役人も狙われる。つまり武装反抗派は狙った役人の車がいつどのあたりを通るかの情報を入手できる力があるということです。イントラアジアが深南部を移動するとき、地元民の乗るソーンテーオかオンボロバスを必ず使うので狙われる対象になるとは思わないが、たまたまその近くで爆弾さく裂、銃撃が起こるという可能性のことは頭をよぎります)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】

1万円を銀行で両替すると RM 310.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 300.1 を入手します。

(Intraasia 注:ついにレートが 3.1 にまでも下がりましたね。 ということは3.0 もありえるのでしょうね。 当分円高時代は望めないようなので、3.1でも良しとするしかないのかな)




4月5日のマレーシア記事

【稲作の主要地スキンチャン】
スランゴール州北部のSeknichan 地方は米の大産地です。 国内米作の 70%近くをこの地方で産出しているとのことです。スランゴール州には実際に米作をしている農民が1万人弱おり、その半数がSekinchan 地方の農民です。 Sekinchan 地方の米作農家は ヘクタール辺り8.5トンの収穫であり、2006年以来 平均して年間収穫量は 200万トンになる。

Sekinchan 地方はまた マンゴを主として果樹栽培も盛んです。 果樹は他にも Jambu air, Jagun(とうもろこし)なども栽培しています。

Sekinchan 地方を含めた、スランゴール州Sungai Besar 国会選挙区には、良く知られた漁村が2つあります: 2000人を超える漁民の Bagan Sungai Besar と 350人の漁民のいる Bagan Sekinchan。 従てスランゴール州で最も漁民の多い国会選挙区です。 海鮮料理レストランがあちこちにあり、その料理法は 潮州料理式です、なぜなら漁民のほとんどは 潮州人だからです。

Sungai Besar 国会選挙区の有権者構成
有権者数: 41234人、 内訳 マレー人 61%、 華人 36%、 インド人 1.8%、その他  0.2%、

ある稲作村の村長は主張する、「(国の公社が買い上げる価格) 生産者米価トン当たりRM 1200は安すぎる、現在のコストを考えればRM 1500にすべきです。」

(Intraasia 注: ヘクタールあたり 8.5トンの米収穫が農業専門家の目から見たらどういう位置づけになるのでしょうか。稲作が盛んなのは、あとケダー州とペルリス州です。 この記事が正しいとすれば、買い上げ価格が1kgあたり RM 1.2という計算になりますね、安すぎる感がします。 ところで自家用車がないとこういう地方を巡ることはまず難しい。農村、漁村からなる広い面積ながらバス交通はあってもごくまばらですからね。クアラルンプールから日帰り圏といえ、バス交通だけに依存していてはとても回れないのです。 マレーシアの選挙区報道では、上記のような有権者の民族構成が決まって付け加えられます。民族構成は政党がどういう候補者にするかの大きな要因です)

【海外居住者も総選挙に投票できる】
マレーシア国外に居住する約70万人ほどのマレーシア国民の中で、総選挙用に有権者登録した人数は 6300人ほどに過ぎないと、選挙管理委員会が明らかにしました、「この数字は非常に失望する。」 と委員長は語る。
「 登録の手続きは簡単です。 個人情報を委員会あてに電子メールするかファックスで送るだけです」 「登録の期間として1月初めから十分な期間を設けたのですが。 10万人は行くだろうと思ったのに。」

「国民としてまず有権者登録していることが必要であり、過去5年間に少なくとも30日はマレーシアに滞在してことがある、といった要件が必要です。」

(Intraasia 注:シンガポールやタイ南部、ブルネイのような近隣国の海外居住者は、海外居住者投票ではなく、マレーシアに戻る必要がある、と定められている。だから70万人全部が海外居住者投票の対象にはならない)

【偽造タバコは安い】
マレーシアタバコ製造同盟が安価な偽造タバコを買わないようにと警告しています。

同盟の調査によれば、2011年からマレーシアタバコ市場に登場した Johe銘柄が密輸ブランドでは最大のブランドになります。「偽造タバコ全体では販売額は減ったが、John銘柄の偽造タバコは上昇している。」 「タバコ愛好家は密輸タバコを気にしない。それは吸いなれているブランドであり安いからです。」 John ブランドタバコは1箱の定価 RM 7ですが、偽造品はRM 3.50から4.50で販売されている。

(Intraasia 注:非喫煙者なのではっきりはしらないが、日本たばこが製造する Mild Seven マレーシアでも販売されているはずですよね、それにも偽造タバコがあるのだろうか?)

4月4日のマレーシア記事

【ようやく国会が解散された】
ナジブ首相は解散に関する国王の承認を得て、国会(下院 Dewan Rakyat デワンラヤッという名称)の解散を発表しました。これで1年余りも続いてきた国会解散の推測がようやく現実になり、第13回総選挙は4月末に行われる可能性が強まりました。今回の下院議員は任期満了直前である4年11か月間を経たわけで、これまでで最長になります。

これまでに6つの州で(州スルタンなど州元首の承認を得て)州議会が任期満了または解散されたので、残りの州は4日か5日に州議会解散となる見込みです。6州: マラッカ州、ペルリス州、ペラ州、トレンガヌ州、パハン州、サバ州

連邦憲法では国会解散の後60日以内に選挙を行わなければならないとなっています。 選挙管理委員会は、各州からそれぞれの州議会解散する通知を待っている、その後来週早々に委員会を開いて、立候補受け付け日と投票日を決定すると、語りました。 野党側の民聯 (Pakatan Rakyat) が支配する4つの州:ケダー州、クランタン州、ペナン州、スランゴール州も 4日に州元首の承認を得て州議会を解散する見込みです。

(Intraasia 注:まことに優柔不断な解散劇でした、国会の上院は選挙で選ばれないので、解散というのは即下院のことです。 各州議会も国会に合わせて解散する慣行なので、総選挙は各州議会選挙も同日に行われます。唯一サラワク州州議会選挙だけは他州とは違い数年のずれがあるので、国会議員選挙だけを行う。 連邦直轄領であるクアラルンプールは、国家議員選挙区だけから成る。マレーシアはこの国会議員と州議会議員だけが選挙で直接選出されるという、選挙の極めて少ない国です。地方自治体には全く選挙自体がない、さらに各州の州首相も選挙制ではありません。というこの5年の間に全国で行われた選挙はサラワク州州議会選挙及び数人の議員の死亡による補欠選挙だけです)

【3月4月と銃撃による殺人事件が増えている】

データ見るとこれまで一般に、1月に1件は銃による殺人が起きてきました。ところが今年3月は4件、4月は既に2件の銃撃殺人事件が起きました。この5日間で実に3件も銃殺人が発生しています。

襲撃された人物が外出時または車に乗っているとき、襲撃者が近寄っていき、銃撃して即座に現場を去っています、捜査の手がかりがたいへん少ない。襲撃者は職業的殺し屋であり、雇われて殺人を行っているようだと、推測される。このため警察の捜査では解決がより難しくなる。誰が背後で操って殺人を起こさせたをつかめず、また殺人者を捕まえるのも難しい。

警察は、殺された人物はいずれも善男善女ではないが、犯罪歴があるわけでもない、ただ負債があるような何らかの問題を抱えている、または内紛によって殺人事件に至った、などと推測しています。 襲撃した殺人実行犯はいずれも共通点があり、フルフェイスのヘルメットをかぶり、黒色の衣服を身に着け、バイクに乗っているか同乗している、そういうバイクのナンバープレートは偽番号だと思われます。

この統計にまだ含まれていない昨日の3日夜にクアラルンプール郊外のSerdangの住宅地で起きた銃撃殺人では、被害者の華人男性は実に12発もの銃弾を受けました。警察の捜査では、少なくとも2人が銃を15発は発射したとのことです。

(Intraasia 注: 映画シーンのごとく、顔のわかないヘルメット姿のバイクが寄ってきて、銃を複数回発射して対象者を殺し、さっと去っていく殺し方式だそうです。被害者の多数は華人であり、インド人が多少います。 現場は路上、駐車場、交差点、店の前、など他にも人がいる場所です。明らかに狙われたプロ的な殺しだそうです)

【Firefly 航空会社は独自路線】

マレーシア航空の子会社でありながら全く別の航空会社である Firefly は現在 12機のATR 72-500ターボプロップ機 を擁して営業しています。クアラルンプール郊外のスバン空港( Skypark )がハブであり、さらにペナン空港もミニハブです。タイ、インドネシア、シンガポールへの路線を持っています。

Firefly は2007年に設立され、今では (低コスト航空という名称を避け)、コミュニティー航空と自称しています。 マレーシア航空は2012年に、36機の新型ATR ターボプロップ機を購入する覚書をフランス・イタリアの航空機メーカーと結びました。この内 20機がFirefly 用になるとのことです。

(Intraasia 注:最近 Firefly は客室乗務員のユニフォームを一新しました、オレンジ色でややミニスカートの服装です、マレーシア航空のそれとは全く違います。スバン空港  Skypark に関しては、ホームページの該当ページで最近情報を更新しましたよ)

4月3日のマレーシア記事

【Imigresen 長官が在職時に収賄したという裁判】
元Imigresen長官、59歳、が在職時に 4337人のバングラデシュ人に発行するビザに関する汚職容疑で、裁判を受けています。

まず2010年10月に下級裁判所が被告に無罪判決を下しました。反汚職庁は控訴しました。その後2012年5月にクアラルンプール高等裁判所は下級裁判所判決を支持しました。再度検察側の反汚職庁が控訴しています。
控訴裁判所は、第一審の下級裁判所が被告が汚職したとの推定は被告側の弁護を聴くことなく反証できるとしたことは間違っている、と判断しました。そこで控訴裁判所は、4月16日に下級裁判所判事が次の公判日を決定するように申し渡しました。

この裁判は最初、2008年8月に起訴されました。起訴内容は当時の長官職の被告が、外国人労働者としてのバングラデシュ人4337人の入国ビザ申請の承認を早めて欲しいというマレーシア人実業家からRM 6万の贈賄を受けた、というものです。贈賄は当時の本庁のあった場所で2008年7月のことです。

被告の弁護人は、「被告が贈賄を受けたという証拠はない」 と反論していました。贈賄した実業家は証人として公判の中で、当時の長官と会うのは当時の反汚職庁が被告を陥れるために斡旋したものだと証言して、贈賄を認めました。

(Intraasia 注:この裁判はまだ終わっていなかったんですね。Imigresen 長官が関わった汚職事件なので話題になった。それにしても年月のかかることで未だ終わりそうにない。 高級官僚はいろんな手段が使えることで、裁判は遅々としている。 この裁判結果は別にして、Imigresen 職員の関わる汚職事件はこれまでも珍しくないのです)

【公共交通の総合ハブの名が泣く KL Sentral の実態】

クアラルンプール圏の最大の公共交通ハブである KL Sentral は多くの問題に見舞われている。 オープン以来13年たったKL Sentral では、メインコンコースはハンドバッグや化粧品などのさま様な物品販売のキオスクが並んでいる。 販売キオスクがコンコースと1階フロアのかなりの面積を占めている。このために多くの KLSentralの 交通機関利用者はキオスクを避けて歩かざるを得ない、さらに悪いことにメインコースに置かれたATM機と KTMコミューター切符販売窓口前にできる長蛇の列が、通行者の邪魔になる。

毎日通勤する者は語る、「キオスクは不必要な混雑を作り出している。」 「KTMの改札を出てモノレール駅に向かうとき、通路を歩くのが大変です」
メインホールから空港電車KLIAエクスプレス改札へ向かう通路は狭く、荷物を持った旅行者には不適です。KLSentral 内に掲げられた案内掲示板は既に古くなっており、行先自体がないのもある。 1回40セントの有料トイレでは、水漏れが起き、蛇口が壊れており、早急に修理が必要です。 KLSentral 内の換気と空調が不十分であるという苦情は、管理会社の怠惰なあり方に向けられる。


KL Sentral でのバス、タクシー、自家用車との連絡交通面において、KLSentral は既に発展しうる交通ハブではない、と交通コンサルタントは主張する。「 KL Sentral はバス用のターミナル、バスレーンがないことで、多くの利用者に効果的にサービスを提供することは難しい 。」 「 交通機関のハブは線路基盤の交通面と道路基盤の交通面の両方を考えなければならない。」 「KLSentral 外部で交通の流れの管理はないにひとしい。通行人と自動車で混雑している。」 

公共交通の向上のための協会はこういう見方に同意する、「KL Sentralのデザインはバス交通を効果的にできないし、公共交通機関乗り換えを容易にできない。 当局は建設するばかりという思考方式を捨てなければならない。」

KLSentral一帯の大デベロッパーである MRCB の子会社である、KLSentral の運営会社は現在 KL Sentral ビル内を改装と改造工事にかかっています。この工事は2013年いっぱいかかる見込みです。KLSentral 内で保安要員は現在170人おり、それをさらに30人増やす計画です

(Intraasia 注:KLSentral駅に限らず、LRT駅も同様、RapidKLバスも同様、 とにかく利用者の立場に立てない、真の利用者ではない人たちが運営している、だから最初に立派な施設はできても、いかに公共交通を運営していくかのソフト面が向上しない。KLSentral駅はショッピングセンターではない、といつも思う、とにかくキオスクが邪魔である。 
マレー鉄道は最もお粗末な交通機関なので、それが運営するKomuterは多くの面でサービスが格段に落ちる、いまだに窓口で並んで切符を買う方式を止めない。 交通コンサルタントに改めて意見など聞いても、はっきりいって無駄でしょう。なぜなら 一帯を開発するMRCB は高級なコンドミニアム、オフィスビル、商業ビルはどんどん開発している。 しかしそのMRCBの経営陣にはバスを重要視する発想自体がない、KL Sentral の長年のお粗末なバス発着システムがそれを証明している。 しょせん経営陣にはバス利用者など貧乏人の乗り物程度の発想しかないであろう。
KLSentral は電車、バスを日常的に且つ唯一として使うような人たちが運営してほしいものです。 )

4月2日のマレーシア記事

【侵入交戦事件以来かなり減少したサバ州への外国人訪問者は、現在回復途上】
(サバ州東海岸のLahadDatu地区へスルー武装侵入者グループが起こした大事件の後、政府は先にサバ州東海岸に新たな特別治安地帯の形成を発表しました。)

この特別治安地帯内で3か所の出入国検査・税関・検疫施設が2日から稼働します。Lahad Datu 地方に1か所、 Kudat地方に1か所、3か所目は pulau Banggi 島のKerakit に設けた施設です。
内務省大臣によれば、あらかじめ組み立てた小屋を現地に既に送ったので、それが暫定的な施設になるとのことです。「6個を Laha Datu, 4個をKudatに送り、2個をKerakit に送った。各施設では 14人の係官が働くことになる」 「この処置はサバ州東海岸国境地帯での安全を強化し、正規の書類を携帯した外国人は合法的にマレーシアに入国できるようになる」 「 サバ州の特別治安地帯の実施は、週の治安に重要な一部となるはずです。」

サバ州観光業は一時の大打撃から回復途上であり、旅行者が戻りつつあるとのことです。サバ州のあるホテルの販売とマーケティング責任者は言う、「実際の状況を知ってもらうために Youtube でビデオをいくつも流し始めました。」 3月の交戦時点のとき、現場の村々から 200Km以上も離れているサンダカンでは、多くの旅行者がキャンセルしたり後日に延期の決定をしました。

マレーシア旅行業者の全国団体であるMATTA のサバ州会長は語る、「サバ州の旅行業界は数か月後には十分に復調するでしょう。 イベントも同様に、例えばSemporna で開催予定の年中行事も4月末に予定通りに開催します。」

政府の観光大臣やサバ州州観光大臣は、多くの国で自国人にサバ州を訪れないようにという旅行アドバイスが出ている現状を心配する、例えば米国、英国、オーストラリア、ニュージーランド、台湾、中国などはサバ州訪問を延期するようにととの勧奨を依然として取り下げていません。

MATTA のサバ州会長は、「サバ州の旅行のキャンセルなどは、各国の勧奨が止まない限り、今後も続くでしょう」 と語る。 この会長とサバ州州観光大臣は、マレーシアにある各国大使館は人員をサバ州に派遣して現地を実感してもらい、それをそれぞれ自国政府に伝えてもらいたいと、希望しています。
サバ州ツーリズム振興会は、予定したツーリズムイベントは予定通り開催すると、発表しています。

(Intraasia 注:特別治安地帯に組み込まれた Kudat 地方は今回の事件とはまったく関係ない地方であり、コタキナバルからずっと近い地方です。 このようにもともとサバ州では海陸の国境警備と管理が十分にできていなかったので、今回はより広範囲な面積を対象に入れたようですね。 さて一度テロや交戦事件が起きれば、その該当地方だけでなくそれを取り巻く広範囲な地方までが危険だと見なされ、旅行しないように勧告が出されるのは、世界共通の出来事ですから、サバ州が不満を表明しようとどうしようもないことですね。所詮いろんな国の政府、マレーシアも含めて、と送り出す側の旅行業者は、どんなトラブルも避けたい、よってひたすら事なかれ主義になるのは当然です。それは別に悪いことではない、ほめることでもないが。
 現実としてイントラアジアの関わるタイ深南部の方がはるかに危険です、なぜなら無差別仕掛け爆弾テロが止まないので誰にでも巻き添え危険がある、サバ州の交戦事件は侵入者の狙いが違う。実体験のない人たちにこういうことをわかってもらうのは不可能でしょう。ということで、不安に思わない旅行者はどんどんサバ州を訪れればいいし、心配な人は行くのを止めればいいのです。 イントラアジアは心配する人に「大丈夫だよ」という説得するあり方をもうとっくに止めました。)

【国民型華語中学校を昔の地位に戻せと要求する勢力】
(小学校には、国民小学校、国民型華語小学校、国民型タミール語小学校の3種があることは、イントラアジアが常々説明していますね。”型”があるのとないのでは、いわば本質的に違う。中学校は、教育省の認定と分類では、国民中学校だけであり、国民型はないことになっている。しかし華人界では国民型華語中学校という分類を依然として保持している、それは19870年代ごろまで存在した、国民型華語中学校を引き継いでいるとの認識からです)
全国の”国民型華語中学校”の代表が集まるマレーシア国民型華語中学校発展理事会というのがあるそうです。

多くの国民型華語中学校の代表が集まる2013年会員大会において、新聞発表という形式で国及び政府への13か条の要求を発表しました。その一部を紹介すると:
・1996年教育法を改正して、国民型華語中学校に以前保持していた法律的地位を取り戻す
・国民型華語中学校理事会の権限を明記するように政府に要求する。この理事会が校長などの人事決定権を持つべきである
・教育省はもっと多くの華人教師を国民型華語中学校で職に就かせるようにする
・理数科目を英語を媒介にして教える方式を堅持する

マラッカ州にある、ある国民型華語中学校では学校の教職員中の7割が華語を知らない、と代表が不満を上げています。

(Intraasia 注:国民型小学校で学び、国民型華語中学校に進学し、カレッジ・大学は一般的な英語教育カレッジというようなコースをとれば、ほとんんど他民族との本格的交流なく育ってしまう。 これはマレーシアのような多民族国家での国民融合面でマイナスとなる。華語を単なる民族言語ではなく、多くの面でマレーシア語と英語並みに、つまり準公用語化させたい華語至上主義者の思考と行動は華人界に支持が多い。 華人主体国家のシンガポール並みに華語の地位を求める中華主義者の勢力はまことに根強いのです。 なお相対的言語観に立つイントラアジアは華語であれ、英語であれ、それ自体に反対はしない、自身も日常的に使う。 国民型華語中学校まで法定したら、マレーシアの初等中等教育制度は”国民”と”国民型”に完全に分かれてしまい、国語としてのマレーシア語がより形骸化してしまう)

4月1日のマレーシア記事

【世帯の月収調査から】
統計庁が 「2012年家庭収入調査」 の報告書を公表しました。
調査にあたって全国の 4万4千世帯を訪問したとのことです。国民の月間世帯収入は 2009年から20012年の間に年率 7.2%で増加しています。以下報告書からです。

・全国の世帯平均月収: 2009年 RM 4025、 2012年 RM 5000、 年率 7.2%増
・都市部の世帯平均月収: 2009年 RM 4705、 2012年 RM 5742、 年率 6.6%増
・田舎部の世帯平均月収: 2009年 RM 2545、 2012年 RM 3080、 年率 6.4%増

州別の世帯月収比較
・クアラルンプール:2009年 RM 5488、 2012年 RM 8586、 年率 14.9%増
・スランゴール州: 2009年 RM5962 、 2012年 RM 7023、 年率 5.5%増
・ペナン州: 2009年 RM 4407、 2012年 RM 5055、 年率 4.6%増
・マラッカ州:2009年 RM 4184、 2012年 RM 4859、 年率 4.3%増
・ジョーホール州:2009年 RM 3835、 2012年 RM 4658、 年率 6.5%増

・ヌグリスンビラン州:2009年 RM3540、 2012年 RM 4576、 年率 8.6%増
・サラワク州: 2009年 RM 3581、 2012年 RM 4293、 年率 6.0%増
・サバ州: 2009年 RM 3102、 2012年 RM 4103、 年率 8.6%増
・トレンガヌ州: 2009年 RM3017 、 2012年 RM 3967、 年率 9.1%増
・パハン州: 2009年 RM 3279、 2012年 RM 3745、 年率 4.4%増

・ペラ州: 2009年 RM 2809、 2012年 RM 3548、 年率 7.8%増
・ケダー州: 2009年 RM 2667、 2012年 RM 3425、 年率 8.3%増
・クランタン州: 2009年 RM 2536、 2012年 RM 3168、 年率 7.4%増

3大民族別 世帯月間収入
・ブミプトラ:2009年 RM3624 、 2012年 RM 4457、 年率 6.9%増
・華人: 2009年 RM5011 、 2012年 RM 6366、 年率 8.0%増
・インド人: 2009年 RM 3999、 2012年 RM 5233、 年率 9.0%増

華人世帯だけをみると、上位20%の平均月収はRM 15254、 中位40%の平均月収 RM 5836、 下位20%の平均月収 RM 2455

(Intraasia 注: 平均値は余り実態を示さないのですが、それでもこの世帯収入調査の結果は、たいへん興味深い。都市部と田舎の差の大きさ、 クアラルンプールの際立つ高収入とクランタン州の少なさ。 本当は下位20%の分類を知りたいところです)

【政府系企業の最高経営責任者の年棒は民間のオーナー型大企業ほど多額ではない】
(国の資本が入っている企業を政府系企業と呼ぶ)

上場企業の年次報告書には企業のトップ陣の給料がデータとして載っている。 政府系企業は発行済株価総額では上場企業中の上位を占めます。 民間の上場企業のトップ陣の給料に比べれば、政府系企業トップ陣の年棒は比較的非高額と言える。

主な政府系企業の最高経営責任者の年棒(2012年)
CIMB 銀行グループの持ち株会社: RM 1000万、 Maybank 銀行: RM 626万、  Simer Darby : RM 524万、 
Tenaga Nasional 電力会社: RM 118万、 Malaysia 空港持ち株会社:RM 148万、 Bursa Malaysia(マレーシア証券取引所):RM 554万、

参考までに3大銀行の1つである純民間銀行 Public Bank の最高経営責任者の年棒はRM 955万。同銀行の創立者で会長はRM 1450万です。

民間の代表的大企業でオーナー兼最高経営責任者の年棒は、政府系企業の最高経営責任者をはるかに多額の年棒です: Genting, IOI, YTL など。

【4月4日の清明節を直前に控え、日曜日は各地の華人墓地が大賑わいした】
華人界が伝統的に重要視する清明節は今年は4月4日です。例年清明節時期には各地の華人墓地が墓参りする人たちで混雑します。
墓参りに詣でる人たちは、(華人伝統の)祭品、紙製の捧げ品、金銀の紙などを携えていき、墓前や墓地に設けられた祭儀場を訪れます。そして焼香し祖先に祈ります。

今年の清明節は平日なので、多く都会人はその前の休日である31日の日曜日を墓参りに選んだことで、各地の華人墓地がにぎわいました。休日を選ぶことで、親族がそろうことができるからです。清明節は華人にとって祖先の墓を掃除し参拝儀式をあげることで、祖先に感謝し敬愛することで、一族の親族意識を確かめる機会でもあります。

クアラルンプールでは大墓地である、広東義山と福建義山には墓参の人たちの車が朝早くから車が長蛇の列を作りました。スランゴール州のクランの仙境山庄にある広東義山と福建義山では数万人の墓参者があったとのことです。

(Intraasia注: 華人界はこの種の伝統的節を非常に大事にしている。清明節は仏教要素はほとんんど含んでおらず、先祖信仰と道教的要素がほとんどのように感じます。清明節のような伝統儀式には華語用語がたくさん現れますが、定訳語に疎いので日常的な日本語に訳しました。清明節に典型的な行事の一つに、祭られれた先祖ゆかりの物質を紙製模型で供える行為があります。日本の彼岸の墓参りとは大きく違う点でしょう) 



| ホーム |


 BLOG TOP