プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

2月28日のマレーシア記事

【マレーシアの公立医療は世界一低費用であると、ナジブ首相】
ナジブ首相が指摘しました、「公立の病院と診療所すなわち国立医院・診療所と国立病院の診療代は世界で最も安い部類です。」 「患者が一般医師に診てもらう場合、診療費はRM 1だけであり、専門医に診てもらう場合はRM 5だけです、さらに薬代は無料です。」

「国立の医療制度と機関における費用がこれほどかからない国は他にはない。総括して言えば、マレーシアの公立医療では98%が補助金から成っている。」 「マレーシアの公立医療システムは世界で屈指の医療体系と言える。患者から徴収する費用と提供しているサービスを考慮すれば、マレーシアの医療システムは世界で最良であると、私は訴えたい。」
「医療設備の良い国24か国中の番付けで、マレーシアは第3位です。」

(Intraasia 注:確かに公立即国立の医院・診療所での費用は大変安い。診療代と薬代は定額制となっている。レントゲン撮影や血液検査など、検査費用はもちろん別途に請求される、手術費、入院部屋代なども当然別費用ですが、掲示されている料金は確かに安価に抑えられている。 なお外国人が国立の医療機関にかかる場合、国民ほどには安価ではないが、それでも私立医療機関にかかるよりは安い。しかしながら、かなりの人が、安価には決して済まない私立医療機関にかかるのは、それなりの理由があるからです、もちろん経済的余裕があることは言うまでもない)

【福建人が重要視して伝統行事としている”天公誕”の祝祭】

農歴新年の第9日(初九)は、福建人が大変重要視している”天公誕 (Jade Emperor's birthday) ”の日です。今年は2月27日がその第9日(初九)でした。

(ペナン州は福建人社会です)そのペナン島ジョージタウンの Weld 埠頭の隣にある 周橋 (Chew 波止場)では ”天公誕”の前夜(26日夜)に前夜祭が行われました。

周橋 (Chew 波止場)コミュニティーである水上家屋の住民たちが大挙して、周橋 (Chew 波止場)に設けた屋外の拜天公舞台前に集まり、儀式と宴会が延々と続きました。現場は爆竹が鳴り響き、人々の熱気で非常に盛り上がっていました。

今年は、(民主行動党DAPの書記長でもある)ペナン州州首相がこの周橋 (Chew 波止場)での ”天公誕”に招かれておらず姿を見せませんでした。そこで華語紙は長々とこの憶測記事を載せています。

別記事
天公を祭って敬うのは福建人の慣行・慣習です。そこでスランゴール州クランの福建会館では27日朝から 拜天公 の儀式が行われました、現場は参加者の熱気に満ちていました。

福建会館の館長は言う、「”天公誕”の日は福建人にとってたいへん重要な祝祭です。」 そこで福建会館では伝統のお供えと参拝の儀式が挙行されました。
「福建人が”天公”を拝むのは中華文化の重要な一部です。福建会館では近年もこの 拜天公 の儀式を行っている。将来もこの慣習がずっと継承されていくことを願っています。」

(Intraasia 注:周橋 (Chew 波止場)というのは、バタワースとの間を運行しているフェリーが発着する埠頭のすぐ隣にある、旧い波止場兼福建人コミュニティーの地です。近年は観光地としても売り込まれて紹介されており、訪れた方もいらっしゃるでしょう。海岸に建てた水上家屋が雑然と並んでいる一画です。この晩の模様を撮った掲載写真を見ると、かなり多数の参会者で賑わっている様子がよくわかる。
スランゴール州クランは州随一の福建人集中市です。クラン福建会館は華語紙には頻繁に登場する場所です。福建人はマレーシア華人界の最大言語グループです、福建人だからといって福建語だけを話しているわけではなく、例えばクアラルンプールの福建人であれば広東語も流暢に話す人が少なくない。マレーシアの州で最大の福建人社会があるのがペナン州であり、伝統慣習行事に忠実に且つ華やかに行うことで知られている。 ”天公誕”祝祭のような行事は仏教とは全く関係がない、民俗行事と言える)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 296.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 352.6 を入手します。
1000 タイバーツを同様に両替すると、 RM 102.1 を入手する。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月27日のマレーシア記事

【サバ州東部海域夜間禁止令がまたまた延長された】
サバ州東部の海岸部対象に治安当局が出している、夜間海域禁止令は2014年7月17日以来施行されている。

サバ州警察長官が声明を発表したことで、またまた夜間禁止令が延長されます: 2月28日から2週間延長して3月14日まで。
サバ州東部海域夜間禁止令は度重なる延長を受けて、これで7か月にもなります。

禁止令では、海岸から3カイリ離れた所からフィリピンとの国境になる所までの海域で19時から翌5時まで、海上での活動が一切禁止されます。
「サバ州東部に設定しているサバ州東部特別保安地区の住民とそこを訪れる旅行者の安全を確保する狙いである。さらに海域内にある海上リゾート業者や漁民からも支持を受けている。そこでまたサバ州東部夜間海域禁止令を延長する。」

sabaseacurfew.jpg

(Intraasia 注:上図のようにかなり広範囲に設定されています。主にフィリピン最南部の島々から侵入してくる、フィリピン誘拐身代金目的武装グループ、フィリピン分離主義戦闘グループなどの活動を抑え込む、及び東海岸部に居住するそれらのシンパ層の活動を見張る目的でしょう。この20年位の間でも数多くの事件が起きてきた。そうした経緯からこのサバ州東部特別保安地区が設定され、禁止令が半年以上もだされている。
奇妙なことは、サバ州政府は常にサバ州は安全であると主張していることです、さらにマレーシア政府首脳も表向きはいつもサバ州の治安は保たれていると公言している。サバ州警察も東部陸上地帯は既に安全な状況になっている、と説明している、しかし海域禁止令は依然として続行している。こういういわば二律背反的な言動は以前からあります。
もちろん、サバ州東部の陸地とその海域は戦場でもテロ地域でもないので、一般論から言えば安全であることはいうまでもない。要するに、どれくらいの頻度で問題が起きているかを、立場によって表現の仕方が異なるということです) 

【1つのマレーシア民衆援助金(BR1M)を受領する国民の数は720万人になる】
(政府の目玉政策の1つである) 1つのマレーシア民衆援助金(BR1M)を受領するために申請して承認された人の数は、人口の4分の1に近い720万人になりました。

これは財務省の副大臣が発表したものです、「840万人が申請して、その内720万人を承認した。承認された者は援助金を今年受け取ることになる。」
この援助金の分配に要する予算はRM 52億です。受領者が最大の州はスランゴール州で104万人になる。次いでジョーホール州 89万人です。ちなみにクアラルンプールは34万人です

副大臣は語る、「BR1M は低所得世帯を助けるために資金が適切に使われる方法です。」 「これは地方経済と中小企業にとって経済刺激にもなる, 受領した世帯がその地方で消費に回すからです。」

世帯月収が RM 3000未満の承認された世帯はRM 950受領します。世帯月収がRM 3000から4000の承認済み世帯は計RM 750受領します。 一方1人世帯で月収RM 2000以下の被承認者は RM 350を受け取ることになっている。

(Intraasia 注:2月26日の月給の記事もご覧ください、年度が異なるが大いに参考になる。 4月1日から物品とサービス税GSTが施行されるので、それの緩和策という意味もある。2015年のGST からのかなりの割合が、この1つのマレーシア民衆援助金に回ることになるそうです。 世帯宛ての援助金ですから、要するに恩恵を得るのは人口の過半数を超えるということになる。もちろん国民だけが対象です。)

【Bernama 通信が報じる日本の政府開発援助ODA の方針】
日本は財政的制約を抱えていますが、日本政府はアセアン(ASEAN)諸国に対して経済発展を手助けしていくために政府開発援助ODAを与えていくとの約束を引き続き守っていきます。

日本は政府開発援助ODAの援助金として,アセアン(ASEAN)向けに今後5年間にRM 610億(2兆円)を供与していくことを約束しました、これは日本-アセアン(ASEAN) 記念サミット2013年の際になされました。

政府開発援助ODAは2国間援助と多国間援助に分かれる。 二国間援助は発展途上国に直接供与され、多国間援助は国際機関を通して供与される。

最近東京で行われた、外務省によるアセアン(ASEAN)ジャーナリストに対する背景説明の場で日本の大臣は語る、「日本はアセアン(ASEAN)に対する援助供与では圧倒的にトップです、しかしながら現在では資金は限られています。」
 「 アセアン(ASEAN)の中には、1人当たりの国民総生産高の面から巨額な経済援助はもはや必要のない国がある。例えばマレーシアとタイです。こういう国に多額な円借款と供与はもう提供していません。」 「しかしカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムに向けて、日本は比重を置いている」

日本とアセアン(ASEAN)の関係緊密化のために、日本はその線知識と技術力を生かして、高品質で弾力的なインフラを紹介していきます。
大臣の説明によれば、アセアン(ASEAN)-日本の災害対応協力援助を強化するために、日本は3000億円を割り当てたとのこと、そして日本の専門知識と技術を使って1千人を訓練します。

(Intraasia 注:ODA はその名称通りに捉えられない面があるのは昔から言われていることです。純粋なる援助金供与は一部であり、円借款による開発援助は政治的観点または日本企業の事業請負の面をかなり考慮して決められることでしょう。マレーシアはもはや発展途上国ではなく中進国ですから、巨額な円借款による開発援助が不要なことは当然でしょう。しかし日本とのつながりがそれで終わるわけではない、種々の名目で技術援助としてのODA が続いていくことは両国の求める方向なんでしょう。 日本政府と官僚の頭には、圧倒的な物量と人力でアセアン(ASEAN)に進出している中国のことがある、といったようなことに言及せずにODAを評すれば的外れとなる。 もっとも国営通信のBernama ですから、そういう解説をこういうニュース報道ではしない)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月26日のマレーシア記事

【男女間の月給額の差は依然としてかなりある】
職業別にみた平均月給の2013年統計 - 統計庁 2013年月給と賃金調査報告書から
・技術を持った労働者: 男性 RM1481 、女性 RM893 、 男性月給と比較した女性月給の割合 60%
・サービスと販売の労働者: 男性 RM1746 、女性 RM1136 、 男性月給と比較した女性月給の割合 65%
・単純労働者: 男性 RM1133 、女性 RM806 、 男性月給と比較した女性月給の割合 71%
・専門職者: 男性 RM4728 、女性 RM3641 、 男性月給と比較した女性月給の割合 77%
・工場労働者: 男性 RM1457 、女性 RM1139 、 男性月給と比較した女性月給の割合 78%
・マネージャー(管理職): 男性 RM5856 、女性 RM4763 、 男性月給と比較した女性月給の割合 81%

産業別にみた平均月給の2013年統計 - 統計庁 2013年月給と賃金調査報告書から
・不動産業: 男性 RM3923 、女性 RM2493 、 男性月給と比較した女性月給の割合 63.5%
・サービス業: 男性 RM1510 、女性 RM1056 、 男性月給と比較した女性月給の割合 70%
・製造業: 男性 RM1959 、女性 RM1464 、 男性月給と比較した女性月給の割合 75%
・専門業種及び技術業: 男性 RM3408 、女性 RM2619 、 男性月給と比較した女性月給の割合 77%
・行政: 男性 RM1451 、女性 RM1124 、 男性月給と比較した女性月給の割合 77.5%
・建設業: 男性 RM1708 、女性 RM1932 、 男性月給と比較した女性月給の割合 113%

統計庁 2013年月給と賃金調査報告書に基づきます:
男性全体の平均月給は RM 2260、女性は RM 2071です、この差は8.4%になる

民族別にみると、ブミプトラの間では男性は女性より 平均月給がRM 80多い。華人の間では男性は女性より平均月給がRM 418多い。インド人の間では男性が女性よりRM 358多い。
建設産業で女性の方が男性より高い理由を報告書は述べる、「女性は技術または準技術職に多い、一方男性は低技術職の偏重しているため。」

この調査は、49216人をサンプル抽出して行われました。その対象は世帯と個人であり、年齢層は15歳から64歳です。

(Intraasia 注:平均月給額として示されている額は加重平均してないことが明らかですね。上記の2種類の統計から、平均月給がRM 2000を超えることはないはず、なぜなら労働者の数の方が非労働者数よりはるかに多いからです。この月給額に残業などの手当額が含まれているか、いないかは言及されていない) 

【マレーシアの高等教育機関で学ぶ外国人13万5千人】
教育省第2大臣の話からです: マレーシアの高等教育の水準は先進国並みです。
「現在マレーシアの高等教育機関で学ぶ外国人留学生は 13万5千人います。 この数は高等教育機関の総学生数の10%にあたる。」

(Intraasia 注:ここで言及されている高等教育機関は大学だけでなく、カレッジや専門学校も含んでいることは間違いない。公立と私立の全ユニバーシティーだけで学生総数が100万人を超えることはありえないからです。つまり中等教育を終えた生徒が学ぶ教育機関全体を指しているはずです。
大臣の、先進国並み発言に対して、揶揄する批評が出ていました。大学の国際番付でマレーシアの大学はトップ100にも入っていないうんぬん・・・。 英語紙はよくこの大学番付を話題にする。マレーシアの大学の国際番付での順位がふさわしいのかふさわしくないのかは判断できる立場ではないけど、こういう番付はすべからく英語国中心のものであり、フランス語圏やスペイン語圏の大学は上位には現れない、いわんや非欧州言語国は評価が低い、と言えそうです。)

【国産車メーカー2社の合計シェアが2014年は過半数を割った】

国産車メーカー Perodua社と Proton社の 2014年に販売成績です。
Perodua社: 195,579台、 Proton社 : 115,783台、 両社合わせた国産車のシェアは47%でした。

リサーチ会社の AM Research は今年は国産車メーカーが 51%を獲得するであろうと予測する。
マレーシア自動車産業協会調べの、2014年総販売台数は66万6千台でした。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月25日のマレーシア記事

【パンダが飼育されている国立動物園は生徒の団体入場料を値下げした】
クアラルンプール郊外にある国立動物園(通称 Zoo Negara ズーヌガラ)の入園料が2月25日から引き下げられます。
団体訪問の生徒と教師の入園料が下がる:生徒は RM 18からRM 10に、教師はRM 30からRM 15になる

パンダの国際飼育共同計画を記念したパンダ図案の記念切手が2月24日発売開始されたので、その式典が行われました。その場で自然資源と環境省大臣は述べる、「今後その他の訪問者の入園料も下げるかもしれない。より多くの訪問者を期待している。」 「国立動物園の入園ン者数は2014年が71万人弱でした。 (中国から送られてきた)パンダの公開が始まった6月から12月の入園者数は23万5千人です。」

「パンダの繁殖期の今年3月から5月に繁殖が成功することを願っている。そうして2匹のパンダの租借期限を延長してもらえるよう期待している。」

パンダ記念切手は25日から全国のPos(郵便局)で販売が行われる。70セント切手が2種類です。

(Intraasia 注:パンダの人気はそれなりに高いようです、パンダ関連の催しもこれまで複数回行われたことがニュースになっているし、パンダグッズもあるようです。ただ実際どれくらい人気が高いのかは、子供世界に詳しくないのでよくわかりません。 なおマスコミでの登場度と扱い度から言えば、パンダよりK-Pops の方がはるかに多く、扱われ方も大きい。K-Pops スターの記事は華語紙も大衆マレーシア語紙も毎週定期的にページを割いて載せている、華語ラジオ局では毎週のK-Pops 定期番組さえ設けている。 K-Pops のスターたちはしばしばマレーシアを訪れて大小のコンサートを行っている。 若者間における人気面ではパンダはK-Pops にはとても適わないといえそうです)

【深夜長距離バスがハイウエーで自損事故を起こして横転】

イポー発シンガポール行きのダブルデッカー車輛長距離バスが、南北縦断高速道路のジョーホール州内で未明4時過ぎに事故を起こしました。

この事故では、28人の乗客中で3人が重傷を負い、17人が軽傷でした。運転手も怪我をしました。乗客らは近隣の病院へ送られました。
警察の調べによると、運転手が運転を誤って中央分離帯に衝突して対抗車線に飛出し、その後で路肩で横転した模様です。

このバスは夜11時頃にイポーを出発し、事故当時はほとんどの乗客は眠っていました。乗客の1人は語る、「比較的軽症の乗客は窓がら脱出した、また他の乗客の脱出を助けました。」

(Intraasia 注: よくある深夜バス事故のニュースです。大破した車輛の写真も掲載されている)

【インド人会議党MIC の両派の抗争はさらに悪化した】

(インド人会議党MIC は与党連合Barisan Nasional (国陣) の初期からの構成政党です。この1年ほど総裁派と副総裁派の間で抗争が続いており、既に両派の修復は不可能な状態になった。社会団体登録庁は、MIC は執行部など党幹部組織の再選挙をしなければ登録を解除すると決定した。そこで最近ナジブ首相が直々斡旋する形で、党執行部と中央委員会の再選挙を行うことで両派の首脳は一度は合意した)

数日前に MIC総裁派は合意を翻し、社会団体登録庁の指示は違法であると、裁判に訴える戦術に出ました。そこで両派の抗争はさらに混迷を深めています。
UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)の準総裁である内務大臣は、MIC は選挙を行って政治的に解決すべきだという批判的コメントを発表しました。しかしこれに対して、副総裁派から強い反発が出ました、「内務大臣はインド人界の問題解決に口をはさむ権限はない。」

Barisan Nasional (国陣) の副議長でもあるムヒディン副首相は、MIC両派の抗争に対して突き放した談話を出しました、「MICの指導者たちはやりたいようにすればよい。もし党が割れるようなことが起きても、我々Barisan Nasional (国陣) を責めてはいけない。」
 「Barisan Nasional (国陣) として新たな党内選挙を提案した、それはMICの総裁と副総裁が一度は合意したのです。これを実行するのは難しいことではない。しかし問題を裁判所に持ち出せば、より解決を困難にするだけである。」

(Intraasia 注:マレー政党でも華人政党でも抗争は珍しくないが、MIC だけでなくインド人政党に特徴的なのは、路線の違いではなく、指導者間の個人的確執が全体的に拡大するという面が非常に強い、今回の内紛はまさにその典型ですね)

【 AirAsia X の2014年の業績は大幅な赤字だった】
AirAsia X は2014年の第4四半期と年間業績を上場しているマレーシア証券取引所 (Bursa Mlaysia )宛に発表しました。
2014年第4四半期は損失 RM 1億6800万を記録、対前年同期はRM 1億3260万の損失でした。 営業収入は20%増えており、RM 8億1900万でした。その内付随サービスによる収入はRM 1億5700万です。

( AirAsia X 3社から成る)AirAsia Xグループの最高経営責任者は述べました、「2014年は外部要因が重なって難しい年だった。我々のオーストラリアと中国市場にも影響を受けた。十分な市場とならなかったアデレード路線と名古屋路線は廃止した。」

AirAsia Xの2014年の年間業績
純損失額 は大幅に増えてRM 5億1900万でした、2013年の損失額はRM 8800万。 2014年は営業収入は増えておりRM 29億4千万です、2013年は23億でした。
純損失に貢献したのは、営業経費が44%も増加、借入額における外為為替での損失、燃費ヘッジ契約による損失などです。
年間の座席利用率は82%と変わらず、2013年は82%でした。

AirAsia Xの暫定最高経営責任者は語る、「2015年は平均基本運賃の利益率を高め、乗客1人当たりの付随収入額を20%増やしたい

(Intraasia 注:「日本人のためのよくわかる AirAsia のお話」 ブログで既に載せていますように、 AirAsia X は今年1月にそれまでの最高経営責任者を更迭しました、2014年の業績は既にほぼわかっていたことでしょう。 現在は暫定最高経営責任者がトップ経営についている。 AirAsia Xは路線縮小するのではなく、採算に乗らなければ、容赦なく廃止するということです。5月からバンコク-札幌路線を運行します。 )

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月24日のマレーシア記事

【1つのマレーシア発展会社に財務省が資金援助をしたという憶測と弱含みのリンギット】
(1月19日の記事を先にご覧ください)
1つのマレーシア発展会社(1 Malaysia Development Bhd) は巨額な負債に伴う返済に苦しんでおり、キャッシュフローが足らなくなっていると言われています。

少し前に、マレーシア有数の企業家が 1 Malaysia Development Bhd. に協力する名目で自己資金RM 20億を拠出したというニュースがありました。それでもキャッシュフローが不足しているとのことで、財務省がRM 30億を1 Malaysia Development Bhd.  につぎ込んだという憶測記事を、昨日マレーシアの経済紙が載せました。

国際経済ニュースの Bloomberg は、旧正月明けで為替市場が再開されたことで通貨リンギットはまた下落を始めた、と報じました。この背景には、国家の投資機関である 1 Malaysia Development Bhd. が債務の返済のために国からの資金援助が必要になるであろうという心配感がある。

海外のあるアナリストは、「1つのマレーシア発展会社 の財務状況に関して我々に明確になるまでは、リンギットに対する捉え方が変わる可能性は少ないだろう。」

(Intraasia 注:計RM 50億という金額は相当な巨額です。KLIA2(第2クアラルンプール国際空港)の建設費を多少上回る額です。財務大臣を兼務するナジブ首相は 1つのマレーシア発展会社に関して明確な声明を出しておらず、第2大臣の発言にまかせている)

【クアラルンプールで違法に営業する低予算ホテルを条件付きに暫定認可する】

どの低予算ホテルも消防を含めた各官庁による検査に合格する必要がある。 「しかし多くの低予算ホテルは消防からの認定証を得ることができない。」
統合建物条例の条項には、階段が1つしかない建物は住居またはオフィス目的に限る、ただし地上階は店舗または駐車場として利用できると定めてある。
しかし階段が1つしかないショップロット建物と戦前建築の建物が、たくさん低予算ホテルに利用されている。

マレーシア低予算ホテル協会の会長は語る、「クアラルンプールには 低予算ホテルが約1千軒があると推測され、その内で認可を受けて営業しているのは150軒に過ぎない。」 「無認可の低予算ホテルの多くのオーナーは、目立たずに営業している。なぜなら低予算ホテルが認可を得るための建物要件は非常に難しいからです。」

「しかしながら、連邦直轄領省とクアラルンプール市庁は低予算ホテルのオーナーとは事例ごとに対処している、そうすることでオーナーたちが認可を 得られるように、求められる安全指針の範囲内で営業できるようにと手助けしています。」
 「我々協会は、低予算ホテルが建物基準から例外扱いとされるようにと、この14年間努力している。」 「ホテル建物に関する条例は5星ホテルから低予算ホテルまで全てのホテルが対象となっているのです。」 「この基準を全てのホテルに適用するのは公正ではない。」

「多数の低予算ホテルは、2つ以上の階段を有することという基準、壁基準、防火システムに合致できない。」 「ほとんどの低予算ホテルは現存の建物を改造して営業している。中には小さすぎたり古すぎたりするものがある。そういうホテルは構造が弱かったり空間が限られているため、この種の設備やシステムを設置できない。」
 「ほとんどの低予算ホテルは部屋数が10から30室です。 建物内に第2の階段を作る余裕がない。しかし建物の裏側に階段を作ることもできる。しかしこれは市の土地を侵害することにもなる。」

「低予算ホテルの中にはスプリンクラーの設置が必要なところもある。そのためには大きな貯水タンクを屋上に設置することになる、これは古い建物には大きな荷重となるのです。」 「現存の建物は建築条例に合わせられない。だから多くの低予算ホテルのオーナーは目立たず営業することになる。」

少し前にクアラルンプール市長は、低予算ホテルに対して防火システムの設置するべく6か月間の猶予期間を与えると発表しました。「低予算ホテルは多くの旅行者をクアラルンプールに呼び込んでいる、クアラルンプールの旅行産業を伸ばしている。」
 「クアラルンプール市庁は消防と救助庁といっしょに、安全が第一になるようにと取り組んでいる。」 「低予算ホテルが全ての基準を満たせば、認可を与えることをクアラルンプール市庁は約束します。」 と市長は2月初めに述べました。

多くの低予算ホテルは、6か月間の暫定認可状を2月中旬に受け取ったもようです。期間中に各官庁が定める基準を満たすことが期待されている。官庁には、消防と救助庁、環境庁、都市デザインと建物庁、保健局、などです。

別記事
(クアラルンプールも所轄とする)連邦直轄領大臣の発言から: 「クアラルンプール市庁は未認可の低予算ホテルからの申請を全て受け付けることにする、ただし6か月間の条件付き認可です。ホテルオーナーは求められた条件に沿って必要な改造を行わなければならない。そうしない場合はホテルを閉めることになる。」

「クアラルンプールの低予算ホテルで認可受けた数は270軒ある。」 「クアラルンプール市庁は(認可のための)代理人を認めていない。だからオーナーは騙されないように。そういう自称代理人を通して認可を得れば、それは偽の認可となる。」

「違法に営業している低予算ホテルのオーナー全てに対して、認可の申請をしなさいと呼びかけます。」
無認可の低予算ホテルである、78軒のホテルに暫定認可証を授与する場で、大臣はこのように述べました。

(Intraasia 注: 旅行者を増やすためにという目的、及び低予算で泊まりたい旅行者の要望に応えてという現実は無視できない、ということからクアラルンプール市庁を含めて無認可低予算ホテルに対して強硬策はとれない。 無認可低予算ホテルのオーナーはビジネス第一であり、客さえ確保できれば余分な投資などしたくない、だからこそ、安全基準のために投資しても回収できないという言い訳がまかり通る。 低予算ホテルを求める泊り客は、Intraasia を含めて、低予算第一であり安全は2の次になるのが常です、だから認可であろうと無認可であろうと大してまたはそれほど気にしない。 
マレーシアだけでなく東南アジアで非常に多いのが、間口よりも奥行きの深いショップ建物です。地上階は店舗で上階が住居やオフィスにする例が多い。2階まで店舗の場合もある。建物は3階建てが多いがそれより低いまたは高い場合もある。 ショップロットをホテル用に改造する際、部屋数を増すために奥へ奥へと部屋を作っていく、窓のある部屋は道路に面した前面の部屋となる。建物の端にあるホテルの場合は壁際の部屋には窓があることになるが、それがないホテルもある。最背面の部屋も通常は窓がない方が多いでしょう。独立した建物ではないので脇に非常階段は設置できない、このためショップロットホテルの最大の欠点と危険性は、窓のない部屋がかなりあることと階段が1か所にしかないことです。常識で考えれば、火事の際に逃げ場はない、もちろんスプリンクラーなどといったものは設置されていない。
昔の旅社のような安宿は、防火観点からいえば落第だが、部屋や階段がゆったりと作られていたし天井も高い。建物中に吹き抜けがある宿もあった。さらに部屋の壁の上方と下方に隙間がこしらえてある。 部屋外の音が聞こえやすく煙は早期に感知できるはず。それに比べて現代の改造ショップロットホテルは密室性が高く狭い、階段も狭い、煙に気が付いたときはとっくに手遅れでしょう。
Intraasia は東南アジアだけに限っても、安宿、低コストホテル、低予算ホテル、呼称はいくつかあれど、米ドル換算で昔なら1泊 $15位以下、現在なら$25位以下の料金である、数百軒の宿に泊まってきた(泊数ではない)。 旅費を抑えるために安全性は犠牲にせざるを得なかった。幸いにも事故はなかったが、なんとなく不安感覚はいつもあった。こういう記事を書いている記者や、大臣やクアラルンプール市庁の官僚がどの程度、実経験をもっているのか疑わしい、なぜなら6か月間の暫定認可の間に事故は起きるかもしれないし、体験を裏付けるような具体的な発言がない。所詮ショップ建物ホテルは防火観点からは十分安全とはならない。しかし泊まりたい利用者は常時たくさんいるという現実がある。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月23日のマレーシア記事

【連邦裁判所の死刑判決が出た後に、奇妙な展開をしているモンゴル女性爆殺事件】
(まず1月15日付け記事 【モンゴル女性爆殺事件に対して最終的に有罪が確定】をお読みください。判決の後、この事件は興味深いというべきか、予想せぬというか、誰かが裏で操っているだけの作り話なのか、おかしな展開をしています。被告であるマレーシア警察本庁の特別行動部の元警察官2人中の1人は裁判に出廷しなかった、少ししてから彼はオーストラリアに居ることがわかり、オーストラリア当局は彼を不法滞在で逮捕し、拘留所に収容した。しかしオーストラリアはマレーシアの要求にこたえて送還はしないような模様です。
その後その逃亡元警官は、モンゴル女性の爆破殺人は上司の命令によって実行しただけだとの声明を出したことが、マレーシアに伝わった。 そもそも高裁で死刑判決を受けた被告がどうやってマレーシアを出国できたのか、という疑問が出ている。個人だけの力でそんなことができるのか?)

オーストラリアで現在拘束されている元警官は、身代わりにさせられたと主張している。「この殺人事件では今日まで目撃者がいない。全ては私につながる状況証拠で決まった。」 「状況証拠は直接の証拠とするにはあまり強くはない。」

この逃亡元警官が重要人物からの命令によって殺人を実行したという主張は、ナジブ首相からただちに「まったくでたらめである」と一蹴されました。

野党の有名な民主行動党DAPの林相談役は声明を出して言う、「元警官は白状しなければならない、モンゴル女性を残虐に殺したことを認めなければならない、そして一般国民からの同情を得るためには真の後悔を示すことが必要がある」 

「9年間の裁判で彼が殺人を認めなかったのは事実である、しかし2人がいかに爆弾を使ったという点では、非常に細かく供述している。」
「彼が自分は無実であると主張するのであれば、命令によって殺人を行ったという点を基にして正義を訴えるべきではない。 その替りに、殺人に関して間違って有罪にされたと主張すべきだ。」

(Intraasia 注:主流メディアは、この元警官の主張に関してまだほとんど踏み込んだ報道をしていない。この記事はネットメディアの記事が基です。2人の当時の警官にはモンゴル女性を殺す理由はなかった、という推測もある。いずれにしろ現時点ではほとんどが不明瞭となっている)

【イスラム国 (IS) は各国から若いムスリム少女を加わらせようと誘惑している】
イスラム国 (IS) は新しい策略として世界中から若い(ムスリム)少女を参加させようとしている、と警察本庁が警告を発しています。

本庁直属特別部反テロリズム部門の幹部は述べる、「イスラム国 (IS) はその戦闘部隊に属する者たち相手のセックス聖戦要員として14,5歳ぐらいの少女を誘惑しよとしている。我々はそんなことは決して許しません。」 「我が部門は状況をしっかりと監視している。」
「こういった若い少女はソーシャルメディアを通してイスラム国 (IS) から容易に影響を受ける。親はその役割として子供たちの行動を監視していてください。」

英国の警察は、12月にイスラム国 (IS) に加わったと見られている3人の英国籍ムスリム少女を探しています。

【マレーシア基盤の航空会社2社の広告から】
Malind Air
(マレーシアでの飛行開始の) 2周年を記念して
運賃ゼロから、 燃料サーチャージはありません、空港税と運営費のみです。malindoair.com

航空基点:KLIA2、 ペナン、ランカウイ、クチン、コタキナバル、バンコク。バンドゥン、ジャカルタ、バリ、など
予約購入期間:2月18日から3月22日まで、飛行期間:2月22日から2015年10月22日まで

Firefly
全て込の運賃 片道 RM 99から、燃費サーチャージはありません。www.fireflyz.com.my

スバン空港から Medan / Kuala Namu / Pekan Baru / Batam
予約購入期間:今日からから3月1日まで、飛行期間:3月2日から2015年10月24日まで

(Intraasia 注: Malind Air はインドネシア資本の会社です。Firefly はマレーシア航空(MAS)の子会社です。 いずれも”から”という表現があるように、その運賃で購入できることが保証されるわけではないし、 そういう座席数は限定されていることはいうまでもない。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月22日のマレーシア記事

【クアラルンプールの街から国民の姿が減り外国人労働者ががぜん目立つという、毎年同じ調子の記事】
新年(旧正月)が訪れた、クアラルンプールでは地方から来ている人たちは出かけました、その一方外国人労働者の大群衆を迎えました。

地方出身者は新年を故郷で迎えるために帰郷した、外国人労働者シティーの呼び名がある Jalan Silang 界隈へは諸国の出身の外国人労働者が大挙して訪れた。道路も、歩道も、店舗も外国人労働者で埋まり、外国人労働者天国の様相です。

我が新聞(この記事を載せている華語紙)は新年の3日目に Jalan Silang 界隈を訪れて、観察しました。同界隈の外国人労働者はいつもに比べてはるかに多いことがわかった。普段から Jalan Silang 界隈ではマレーシア人の姿はかなり少ないが、この日はほとんどマレーシア人の姿をみません。わずかながらのマレーシア人は大群衆の外国人労働者相手に商いをしていた。

クアラルンプールの Jalan Silang界隈は外国人労働者の集中地区です。週末ともなれば外国人労働者が大挙して訪れて外国人労働者街区となる。そこでクアラルンプール住民にとって(新年の状況は)もはや目新しいことではない、と言います。

Jalan Silang 界隈にある店店では外国人労働者内の商売センスのある者たちがそれぞれ自営業者になって商売をしている。そこでJalan Silang 界隈を外国人労働者シティーとも呼ばれる。

Jalan Silang 界隈にある2か所のショッピングビルである、 MyDIN ディスカウントマーケットと (老舗の)KotaRayaショッピングセンターは外国人労働者専属の買い物天国です。日常品から食品までの販売、携帯電話サービス、旅行鞄、理髪店、服飾店、他にも宝飾店がもっぱら外国人労働者を客としてビジネスを行っている。

当新聞が地元の商売人に尋ねたところ、「この界隈の商売は売り上げの80%を外国人労働者客に依存している。この界隈に買い物に来るマレーシア人は少ない。」
ある人は言う、「この界隈の店舗、例えばレストラン、雑貨店など、での商売権は既に外国人労働者の手にある。そこで彼らは自分たちで仕入れ自分たちで商売を行っている。」

(Intraasia 注: Jalan Silang の現在の名称は Jalan Tan Siew Sin ですが、そう呼ぶ人はまずいないでしょう。バスの表示からして Jalan Silangです。イントラアジア は既に1990年代末頃から Jalan Silang の変化を度々こホームページやこのサイトで書き、写真も載せてきた。Jalan Silang 界隈は既に外国人労働者シティーとして定着しており、特別な大きな変化はない。去年末ぐらいかな MyDIN前の雑然としたバス発着場が半年以上もの工事期間を経て Rapid KL 及びその他のバス会社用の新しいバスターミナルとしてオープンした。ホームページの該当ページに1月に載せました。 これが最近の一番の変化と言える。
かつてはマレー人が客層の中心であったKota Raya は既に外国人労働者主体の客層になった。MyDIN はこの界隈の目印となる絶好地にある人気のショッピングビルだ。 Jalan 界隈の外国人労働者の出身国は店の種類と看板文字からわかるようにネパール、ミャンマ-、バングラデシュが3大国のようだが、ベトナム人もフィリピン人もインドネシア人も見かける。今回イントラアジアは新年2日目に訪れたが、ベトナム語の会話も時々耳にした。外国人労働者として女性がいるのはベトナムやインドネシアだから目にした女性はベトナム人らしかった。なおミャンマーは国連難民に女性と子供が非常に多い。
さてここに載せたような調子の記事はマレーシア語紙にも英語紙にも多かれ少なかれ載っていた、それをイントラアジアは”今年も”と強調したい。毎年旧正月時期にはこの種のステレオタイプの記事を載せるのがマレーシアの新聞の恒例となって久しい。もちろん年によって記事と写真の多寡はある。 別にJalan Silang界隈に限らない。KLCCは外国人労働者が殺到し、有名ショッピングンセンターも外国人労働者が目立って多くなるのが普通だ。 外国人労働者と国連難民が間違いなく1千人以上住んでいる我が地区も旧正月時期はその姿がより目立った。 マレーシア国民の中には外国人労働者の存在の多さとマレーシア経済の依存度の高さを素直に受け取らない人たちがいる。そういう人たちにとって旧正月時期の光景を書いた揶揄調の記事は面白いのかもしれない)

【中国人団体旅行者が今年の新年(旧正月)時期は大幅に減った】
新年(旧正月)時期は旅行ハイシーズンです。しかしマレーシアの旅行業は新年早々落ち込んで、さんさんたる気分です。
つい最近マレーシア政府が決めた、中国人旅行者に対する、マレーシア入国査証料金の無料化措置は何ら効果を生んでいない。新年期間中の中国人旅行者団体は前年で70%減です。 これは20年来の最低だ。

マレーシア入国旅行業者協会の幹部は主張する、「入国査証料金無料化は効果なし。新年直前の決定では無理もない。もう少し早く決定していれば多少の効果もあったことだろう。」 「中国人の自由旅行者数は前年と変わらない。 中国人旅行者にとって、ビザ必要国家へは彼らの考慮外となっている。」

 「東南アジアは依然として彼らの第一の選択肢である。その中でタイはこの新年時期には900本の航空便が(中国から)飛ぶ。なぜこうも本数が多いのか? それはタイは中国人に対して査証を免除したからだ。有効なパスポートさえあればいい。」

別記事
駐マレーシアの中国大使は語る、「マレーシア航空機のインド洋墜落事故以降減っていた中国人のマレーシア訪問は、昨年10月頃から回復している。今年マレーシアを訪問する人数は200万人に達すると思う。」 
2013年マレーシアを訪問した中国人は170万人でした。2014年はそれが数割は減った(もようです)。

(Intraasia 注:華語紙と英語紙の The Star には、こういう中国人旅行者が減った、入国査証免除にすべきだという業者の主張が、繰り返し載っている。 またかと思うほどよく載る。The Star は馬華公会MCAが所有する新聞です。 隣国ではない国から年間200万人も訪問者があれば十分ではないかと思うのですけどね・・
中国人団体旅行者のバスを頻繁に目にする、中国レストランの前、華人経営の中国人用土産物店前、で停まっている、中規模程度のホテルは華人資本が多い。 現実に中国人団体旅行者の恩恵を得るのは華人旅行業界が中心であり、マレー人のそれではない。中国人団体旅行者がマレーレストランで食事するなどという話は耳にしたことがないし、マレー手工芸品の店へ寄るのは珍しいはずだ。さらに団体のガイドもマレーシア華人がほとんだろう。)





テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月21日のマレーシア記事

【中国が提案する海のシルクロードの一部としてマラッカを位置づけたことを大歓迎しそれに答える】
中国が少し前に、21世紀の海洋シルクロード経済回廊と名付けた計画を発表した。その中で中国はマラッカをその海洋シルクロードの一部に位置づけました。
そこでマラッカ州は国際海運港を計画しています。

マラッカ州馬華公会MCA主催の旧正月オープンハウスに出席した、運輸大臣は現在の港を拡張して国際規格にあうようにしたいと語る、「21世紀の海洋シルクロード経済回廊の下で、マラッカには大きなチャンスが待っている。そこで港湾拡張から始めます。この拡張プロジェクトはまだ計画を練っているところです」

「運輸省は、21世紀の海洋シルクロード航路の下で中国を出航するクルーズ船の中国人乗客が直接マラッカにやって来れるようにと提案している。」 「中国人旅行者のための施設をもっと増やします。これは中国からの投資にもつながる。」

(Intraasia 注:与党の馬華公会MCAの総裁であるこの大臣は中国関連のことに非常なる熱心との印象を持つ、もっとも馬華公会MCA自体が益々より中国へ傾斜しているけれど・・・。 中国は中央アジアを横断するシルクロードの21世紀発展だけでなく、海のシルクロードも自国の旗の下で発展させたいという狙いです。その前提に南シナ海は中国の海だという認識です)

【誰がシリアへ渡ろうとしたムスリム少女を援助したのか】
警察本庁の特別部(公安関連や思想犯などを扱う部門)の幹部警官が明らかにしました、「イスラム国 (IS) に加わろうとして出国時に逮捕された14歳の少女はRM 2万と航空券を得ていた。エジプトで教育を受けると見せかけていた。」 少女はエジプトに居る22歳のマレーシア人学生と結婚するつもりだったとのこと。

「渡したのはクアラルンプール基盤の男である。」 「少女が他からも援助を受けていたかを調査中であり、またその男が他にも誰かを援助していたかも調べている。」 
この少女は現在Jinjang にある未成年者拘留所に収容されています。

「これまでに7人のマレーシア人女性がシリアに渡った。これとは別に7人の女性はマレーシア出発前に拘束した。」

(Intraasia 注:昔から感じることです、マレーシアの公安当局と宗教監視部門は非常によく情報収集と監視をしているようだ。過激とか武装とは関係ないが国の規範的イスラム教から外れた宗教異端グループには草の根監視網があるのではと思えてくるぐらいだ。そういう実績の上で、武装勢力に魅せられる者たち、これまで数十人、が出国前の段階で既に逮捕されている。)

【Ayamas 店チェーンでは”オイシイ ロースター”が新にメニューに加わった】
(Kedai Ayamas はチキン料理品が主体の大変よく知られた全国的大衆レストランチェーンです)

QSR Brands (M) Sdn. は Kedai Ayamas (Ayamas店チェーン)を所有し運営している。 同社は最近 新しい食品 ” Oishii Roaster ”をメニューに加えました。全国の店舗で提供されている。

Kedai Ayamas のジェネラルマネージャーは説明する: Oishii Roaster は日本の技術を取り入れて料理した品です。特別なソースと蜂蜜を混ぜ合わせてきれいにローストします。ローストチキンはその後で照り焼きソースを十分塗ることで、お客さんの食欲を引付けることになる。

「Oishii Roaster セットは1人前、2人前、4人前の形でも提供される。  1人前は RM 11.70です、Oishii Roaster 1匹の4分の1分量、ライス、チキンスープ及び飲み物。 2人前セットは 価格RM 19.90、 Oishii Roaster 1匹の半分量、ライスとスープ付きです。 4人前セットは価格RM 31.90、、Oishii Roaster が丸々1匹となり、ライスとスープが付く。」
「アラカルトメニューとしては、Oishii Roaster 1匹はRM 26.90 となる。」

(Intraasia 注:マレーシア人、とりわけムスリムはチキンが大好きです、ですからいろいととチキン料理のチェーン店が競っているし、単独マレー店でも マレー風 Nasi Ayam(焼きチキンとライス) をメニューにしているところは珍しくない。ケンタッキー・フライド・チキンが大人気なのもこういう背景がある。
 Kedai Ayamas はどれくらい前からあるかは知りませんが、老舗的なチェーン店です。 なおマレーシア語 ayam とはチキンの意味。 そのAyamas が日本風のロースターチキンをメニューに取りれたことを伝えるニュースです。名前はそのまま " Oishii " です。タイの飲料メーカーで ペットボトルお茶に " Oishii " と命名しているよく知られたブランドがある、それと同じ手法です。 マレーシア旅行の際に味わってみるのもいいかもしれませんね)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 295.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 351.7 を入手します。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月20日のマレーシア記事

旧正月2日目。ほとんどの州で祝日。
【シリアのイスラム国 (IS) に加わる意図で出国しようとした14歳のマレー少女が空港で逮捕された件】
今週14歳のマレー女性がエジプト経由でシリアへ入国する意図でクアラルンプール国際空港から出国しようとしたところを、警察に逮捕されました。

この少女はジョーホール州ムアール出身で現在スランゴール州シャーラムにあるイスラム教学校に在学中です。話によれば、彼女は1人でシリアへ渡りイスラム国 (IS) に加わるつもりだったとのことです。

警察長官は記者会見で述べる、「少女は、イスラム国 (IS) を売込み、参加を呼びかけ、プロパガンダを流しているフェイスブックでのサイトに影響を受けた。このサイトはマレーシア人にシリアでの聖戦に参加するよようにとの影響を与えている。」 「この少女はまたシリアへ密入国する前に、現在エジプトで教育を受けている1人のマレーシア人男性と結婚する計画でした。」

「シリアのイスラム国 (IS) に加わるようにとマレーシア人女性をリクルートしている首謀者を特定させるために、引き続き捜査を行っている。」
現在までに女性3人を含む22人のマレーシア人がイスラム国 (IS) に加わってシリアに滞在していることが追跡されている。一方イスラム国 (IS) に関与している容疑で逮捕されたマレーシア人は24人います。

その続報
警察長官の発言:「捜査の結果わかったことは、その少女はエジプトまでの航空券と旅費は夫になると言われる男によって賄われていた。推測すれば、その男と結婚する話は単なる計略か甘い約束に過ぎない。」

彼らはFacebook のようなソーシャルネットワークサイトやSkype を交流の場に使っており、さらにイスラム国 (IS) に加わらせるため獲物となる者たちを一定のイデオロギーで影響を与えようとしている。」 「イスラム国 (IS) の戦闘主義者は、聖戦のためにとうそぶくことで15歳から30歳までの獲物となる者たちを狙っている。」

(Intraasia 注:どういう背景かわかりませんが、こんな若い少女がどうやって釣られたのだろうか? イスラム国 (IS)やはアルカイーダなどの戦闘主義組織が主にSNSを使ってプロパガンダ流布とリクルート作戦を行っていると、マレーシアでは報道されてきた。そこでマレーシア治安当局は細かにこうしたサイトを観察しているようです。だからこそ、今回の14歳少女の逮捕につながったのかもしれない。フェイスブックやYouTube はプロパガンダ活動とリクルートに有効な手段であるみたい、少数派極端主義者たちにとっても21世紀の現代は情報発信力はまさに飛躍的に拡大したということですな。
しばらく前からマレーシア国内では、現実にこういう プロパガンダSNS に影響を受けたまたは受けつつあるマレーシアムスリムがいると言われているが、それを実証するのは容易ではないでしょう。警察が逮捕した者たちは釈放されていないし、マスコミがそういう者たちとインタビューしたわけではない。しかしネット上に発言を残して、中東へ行ってしまったり、逮捕されたものもいるようです。 マレーシアのムスリム人口は約2千万人、現時点でその内の数十人がイスラム国 (IS) の影響を受けた、受けつつあるとして、これはそれほど憂慮する数なんだろうか? もちろん治安当局やイスラム当局は憂慮している)

【クアラルンプール郊外のナイトクラブ2軒でタイ女性 128人が逮捕された】
クアラルンプール郊外の Desa Sri hartams 地区にある2か所のナイトクラブで違法労働をしていたタイ人女性 128人が逮捕されました。年齢は19歳から35歳まで。

警察本庁の買春・ギャンブル・秘密結社取り締まり部門の警官が午前2時ごろ店を取り締まりました。1軒の店では76人のタイ女性をホステス(GRO)として働いていた容疑で逮捕しました。取締り責任者は語る、「女性たちはパスポートは携帯していたが、社会訪問パスで入国して無許可で働いていた。」 「調べたところ、店は営業許可は持っていたが、営業時間の違反をしていた。」

2軒目の取締りでは 52人のタイ女性を逮捕しました。また現金RM 6400も没収。「そのうち4人はパスポートを保持していなかった。」 「秘密情報によれば、この2軒のナイトクラブは客たちにホステスを一定価格で提供していた。 」 「客はまた女性1人あたり1晩の料金としてRM 300から500を払うことで、女性たちを連れ出すこともできた。」

逮捕された女性は全員クアラルンプールのBrickfield 管区警察署に連行されて、イミグレセン(Imigresen)法に基づいて捜査を受けます。

(Intraasia 注:いわゆる観光パスで入国して店で働いていた、中には売春もやっていた者もいるということです。百数十人も働いておれば、いくら深夜とはいえ目立たないわけがない。もちろん男からの需要があるからこそ、彼女たちはマレーシアにやって来る。需要と供給は徐々に釣り合っていく及び買えるものには対価を払わなければならないという、経済法則はこの分野でも正しい)

【マレーシア語紙の2こまコミック】

旧正月ということで、昨日と今日はマレーコミックも旧正月を題材にしたものがいくつか載っている。
ここで紹介しているコミックに現れている年長者は華人です。

malaykomik2015_03.jpg

1こま目
年長者:あんたは俺にRM 5000の借金があるのだよ。今日払うと約束しなさい。そのために、あんたにミカンをあげよう。

若い男:恭喜発財。それはどうもすみません、親方。ほれ!我が借金を払いますよ!

2こま目
若い男:ただまず RM 10を払います。残りの RM 4990は、後でお金がある時に払いますからね。
あいやあ・・・  RM 10だけか! ミカンの値段はそれよりずっと高いのに、うー。

Intraasia注:俗語というべきか、口語というべきか、いくつかのそういう単語と表現にこのコミックは満ちている。断定はしませんが、いろんな言語で書かれたマレーシア語学習書はこういう単語と表現はまず紹介しないのではないだろうか。

"lu" = awak、2人称代名詞。 辞書の訳語からすると、目下の者に対する時に使うようだ。
"wa"、 "wak" の形で 年長のおじさん、おばさんの意味として辞書に載っている。ここでは1人称に使われている。 
"tokey" [トーケイ] と発音。親方、ボス、商売人の主人、小会社の社長などに対して多少の尊称を込めて使う。多くは華人のそれである。なお露店などで華人客に呼びかけとしても使われている。
"ini hari" は誤用マレー語と言えるでしょう。 本来なら hari ini がマレーシア語の語順です。華人が今天(今日)を単純に置き換えた表現ではないかな。
"kasi" = 英語の give 。 華人はこの語を使うのを非常に好む。

Intraasia はこのコミックに現れている単語は, kasi を除いて、一度も使ったことはない。 ここまで俗っぽい単語と表現は使う気になれないし、使いこなせない。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月19日のマレーシア記事

農歴新年の元旦です。
【ウムラツアーで中東へ行く旅行者はラクダ農園を訪れないように】
中東へ旅行するマレーシア人に対して、保健省が警告を出しています。
サウジアラビアのメッカ近郊にあるラクダ農園を訪れるツアーを避けるように。そういう場所では中東呼吸器症候ウイルスに感染する恐れがあるからです。このウイルスは呼吸に感染する病気となって、高熱、咳、息切れ、などを起こす、死にもつながることになる。

(サウジアラビアへの巡礼である)umrah ツアーに加える形でラクダ農園へのツアーを売っている旅行代理店に対して、保健省はそういうオプションツアーは止めなければならないと、警告します。「ラクダ農園訪問は参加者の巡礼者にリスクを及ぼしかねない。もし参加者がウイルスに感染したら、それを売った旅行代理店に責任がある。そういう代理店は我が省の指示を聞かないからです。」

保健省長官は説明する、「2012年以来世界で心配されており、Sarsウイルスより危険である。」 「中東呼吸器症候ウイルスに感染した人は、2月中旬時時点までで、世界で983人が報告されている。そして死亡者は360人に達している。」マレーシア人は1人が感染しています。

マレーシアから umrah 巡礼ツアーに出かける人は年間約20万人です、haji 巡礼ツアーの参加者は年間23500人です。

マレーシアツアーとトラベル代理店協会の幹部は消費者に訴える、「旅行者はラクダ農園訪問を含むツアーパケージに参加しないように。」

(Intraasia 注:マレーシア語大衆紙は第1面で大きく報道している。記事を読むと、代理店が巡礼ツアーにこのラクダ農園観光を含めているのは普通のようです。ムスリムツアーの広告を内容まで丁寧に見ることはなかったので知りませんでした。少なくとも一般的なニュースとしてこれまで目に付く形で報道されなかったので、中東呼吸器症候ウイルスとは初耳ですが、 多くの非ムスリムは同様の感想を持つはずです。
マレーシアからムスリムの巡礼ツアーが1年中出発している、Haji 巡礼時期ではない巡礼ツアーはumrah ツアーと呼ばれる)

【1つのマレーシア発展会社はビジネスの戦略的見直しを発表した】
政府が保有する投資機関である 1 Malaysia Development は巨額な負債を抱えていることで、各方面から批判を受けてきました

1 Malaysia Developmentはそのビジネスの戦略的見直しを行った後に、声明を発表しました。以下その内容を抜粋:

「1 Malaysia Developmentは2014年3月31日時点で、総負債額がRM 490億ある。そこで保有資産を売却することになるかもしれない。その資産にはペナン州AirItam 、 スランゴール州 Pulau Indah にある土地が含まれる。 また1 Malaysia Development が推進する巨大プロジェクトである Tun Razak Exchange 及び Bandar Malaysia の土地開発権利を売却するかまたは 利益共有型の合弁を組むことになるでしょう。」

「Tun Razak Exchange 及び Bandar Malaysiaを開発する子会社は、独立した機関として運営していくことになるでしょう、そしてそのビジネスと金融に関して責任を負うことになるであろう。」

1 Malaysia Development の翼下の会社 Edra Energy 、電力発電部門、は2015年第1四半期に上場することになっているが、1 Malaysia Developmentはこの会社の新規株式公開に関しての詳しい予定を、明らかにしませんでした。

「1 Malaysia Developmentはこれからは核となるビジネスに力を注ぎます。新たな投資とプロジェクトは行いません。さらに必要に迫られることになる、現在の負債を借り換える、現行負債に対処する、ノンリコース型の債務、プロジェクトファイナンス以外は、新たな負債は起こしません。」

今年1月初めから1 Malaysia Development のトップ職に就いた、社長でグループ専務取締役は語る、「1 Malaysia Developmentが取った債務借入型の金融による資本構成はまはや当社に不適となりました。 1 Malaysia Developmentは資産に直接適合する必要とキャッシュフローをよくする必要がある。」

長期借り入れが多くを占める負債総額RM 490億に対して資産総額はRM 514億になる。資産のかなりの部分は貴重な土地資産から成る。

(Intraasia 注:負債額はRM 49億ではなく 1桁大きい、この額は国家にも影響与える額であることは推測がつく。だからこそ資産売却などで切り抜けようとするのでしょう。一体全体どうしてこんな超巨額の負債を抱えるまで一部の経営陣だけの判断で行われてきたのでしょうか、こういうことを許してしまう仕組みが昔からマレーシアの機構にはあるようだ。民間企業ではそもそもこんな巨額の負債は抱えられない。前経営トップ陣は多かれ少なかれ責任は逃れられないはずだが、政府はこの件に関しては非常に及び腰である。その背景はこういう経営陣の任命は政府の一存で行われ、詳しい財務報告などは国会に提示されないからでしょう)

【2014年のデング熱感染者数は10万人を超えた】
最近は都市部の国立病院を訪れると、デング熱またはデング熱が疑われる患者で埋まっていることに気が付くでしょう。

2014年国内で報告されたデング熱感染者数は 108698人、2013年比で2.5倍近いというという驚異的な増加を記録しました。死者数は 215人でした。感染者数は1日平均300人にもなる。
ところが今年は2月7日時点で、実に15039人、1日平均で約400人にもなる増加ぶりです。死者数は44人。

昨年のデング熱死者の内容をみると、4分の1は糖尿病、高血圧、心臓病などの他の病気持ちまたは肥満、高齢、妊婦などのリスクがある人たちです。
またデング熱患者の中で、あまり一般的でない症状を潜在させた、そしてそれに苦しむ患者が増えているとのことです。

(Intraasia 注:年間10万人も患者になるということは、その多くは国立の病院に入院するでしょうから、国立病院の入院ベッドと看護治療資源に大きな影響を与えているとも言えそうです。マレーシアの国立病院の機能は高額な私立病院にかかれない層を診ることに大きな役割があるからです)


テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月18日のマレーシア記事

【依然として物品とサービス税の課税会社としての登録を拒んでいる会社が6万社】
物品とサービス税の実施が4月1日に迫っている。しかし税関庁に登録しなければならない会社の内でまだ62000社ほどが登録していません。

税関庁の長官は述べる、「登録期限の締切である2014年12月31日を 2月28日までに延ばした、この期間中に登録すれば違反罰金は科されない。これが最後のチャンスです。3月1日以降、強制登録させられる会社には 罰金RM 15000を科します。これは法律に定めてある。」

「税関庁は先週 62000社に手紙を送って、登録を促している。」 「未登録の会社の多いのはクアラルンプールで 13377社、スランゴール州が 10116社、ジョーホール州 7468社、サラワク州 5209社、などです。」 「罰金を支払いを税務職員が受け取ることはない。税務署だけで収めることになる。」

このため税関庁は3月1日から未登録会社対象に、 名称”物品とサービス税取締り”を行うとのことです。 2月16日時点で物品とサービス税の課税義務会社として登録した会社は 31万6千社です。

(Intraasia 注:年間売上がRM 50万以上の会社などが対象になる。なぜ登録を拒んでいるのかな? きっと他の理由があるのでしょう。 それはとして月間売上RM 4万強以上なので、よく流行る露店商売や大衆飲食店商売ではこの売上額を超える商売人は少なからずいるはずですが、そういう商売人は最初から対象になっていないようです。そもそもレシートなど使わない、売上の記録を全く残さない商売には 物品とサービス税 の課税は不向きなのでしょう)

【 AirAsia グループの2014年第4四半期の業績が発表された】
AirAsia Bhd は2014年第4四半期の業績を発表しました。 (AirAsia Bhd の決算年度は暦と同じです)
利用者総数は 1210万人、対前年比で 2%の増加、 座席稼働率は 78%、対前年比で3%下がった。 第4半期は提供座席数が5%増加しています。

2014年の年間業績 ( AirAsia Bhd の決算では タイ、インドネシア、フィリピンの各系列航空会社が含まれる)
利用者総数 4560万人、前年比で7%の増加。 

Malaysia AirAsia 
第4四半期:座席稼働率 78%、 利用者数590万人、 提供座席数の増加 8%、
Thai AirAsia
第4四半期:座席稼働率 79%、 利用者数340万人、 提供座席数の増加 19%、
Indonesia AirAsia
第4四半期:座席稼働率 80%、 利用者数 ?、 提供座席数の減少 14%、

AirAsia X Bhd
第4四半期: 座席稼働率 81%、 利用者数 ?、

(Intraasia 注:記事になっているのは決算結果のごく一部だけの数字です。 AirAsia サイトの該当ページを見たが、まだ決算結果は載っていません)

【国内最大の手工芸品展示会、今年の日程】
クアラルンプールの Jalan Conlay にある Kompleks Kraf Kuala Lumpur で毎年開催されている 全国手工芸品の日展示会 (Hari Kraf Kebangsaan) は2015年3月26日から4月6日までの開催です。


【旧正月時に公開されるマレーシア製華語映画は観客数で健闘するか】

(旧正月時期は、シネマも観客数が増えるのは言うまでもない。近年全国の多くの都市にシネプレックスがオープンしたので、1990年代の頃のシネマ事情とは大きく異なっている。旧正月時期の常連で主流は90年代の昔から香港の広東語映画である。21世紀に替わる頃から旧正月上映に、シンガポール華語映画がマレーシアに登場し、その後まもなくマレーシア製作中文映画も登場した。 マレーシア製作中文映画は広東語映画と華語映画の両方があり、年によって異なる。 マレーシア華人界の言語状況がゆっくり変化していることを受けて、香港製映画にも華語映画がマレーシア上演される時代となり、徐々にマレーシアでの中文映画界に占める華語映画の数が増えている、これは旧正月時期も同様である。中国映画はマレーシアでは公開本数は非常に少ない。ただ現在の香港映画では中国との共作や中国人有名俳優が多人数出演しているので、マレーシア華人の映画ファンには既にお馴染みとなっている)

今年の農歴新年(旧正月)時期に公開される中文映画は 4本ある。 3本が香港映画で、1本がマレーシア製作華語映画 「東主有喜」 です。

「東主有喜」は、マレーシア映画界の記録を全ての塗り替えた華語映画 「一路有Ni」 の脚本家 李勇昌が監督、シンガポール映画界の最有名監督・プロデューサー・俳優である 梁智強が俳優として登場する、主演はシンガポール人、さらにマレーシア華人俳優数人が主要登場人物を務める。

「東主有喜」は全てペナン州で撮影された。そこで福建語の台詞がたくさん混じっている。監督はそこでマレーシア華人観客に向けて語る、「この映画は若い世代観客に受けることを期待するだけでなく、年配世代もたくさん鑑賞して欲しい。「一路有Ni」 を観た人たちを失望させません。」
「東主有喜」は国内の約 100のシネマで上映される。

(Intraasia 注: ホームページの「今週のマレーシア」では過去、マレーシアの言語事情を書籍1冊分くらい費やして書いた。華人界の言語事情をこの短いニュース記事の解説欄で書くことは不可能ですが、ペナン華人界は福建語主体世界といえる。華語が非常に普及しているシンガポールではあるが、シンガポール華人界も最大グループは福建人ですから、梁智強が監督する華語映画には常に福建語が重要な位置を占める。ペナン州では華人の多数派は福建人であり福建語が華人界での華語と並ぶリンガフランカとなっている。「東主有喜」がクアラルンプールが舞台ではなくペナンが舞台であるのは、自然な流れかもしれない。 
イントラアジアは長年の映画ファンとして、映画に占める言語種の重要さをかなり評価する立場です。 華語表現と福建語表現ではその場面の意味合いに占める違いが出てくる。これは広東語と華語の場合にも同様である。この3言語間の発音の開きは非常に大きい。広東語話者であるイントラアジアには福建語は全くわからないほどの違いです。
今年の農歴新年時に公開の 「東主有喜」が香港映画相手にどれほど観客数を伸ばすか、失敗に終わるか興味あるところです。東主とは店などの 主人,あるじという意味です)


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月17日のマレーシア記事

【クランタン州の影絵人形劇と日本の江戸糸操り人形のコラボ上演】
(Wayang Kulit は影絵人形劇です、マレー伝統芸能としてよく知られていますが、今ではほぼクランタン州に残っているだけのようです。トレンガヌ州、ケダー州にもまだ残っているのかどうかは知りませんので断定はしません、ただあったとしてももはやプロとしての興行ができる段階ではないように思える。 Wayang Kulit は Tuk Dalang といわれる演者がほとんど1人で人形を操り、台詞などを語ることで知られる。ガムラン音楽は別に音楽師が演奏する。 一般に劇は延々と数時間は続くはずです。イントラアジアが実際に観たのは、1980年代にインドネシアで観たのは入れないとして、マレーシアとタイ深南部で合わせて数回しかありません。観光客向けのインスタント観劇は別にして、それほど実際に観る機会は少ない。)

クランタン州のワヤンクリッ と日本の江戸糸操り人形がコラボした上演が行われました。
場所は クアラルンプールにある国民遺産芸術アカデミーの (催し用の)ホールにおいて、上演されたのは2014年12月でした。

日本から江戸糸操り人形の操り師(女性)と三味線弾き(女性)の2人がマレーシアを訪れて、マレー伝統芸能である Wayang Kulit Kelantan の演者といっしょに舞台を務めました。1回の上演は45分で、2日間行われました。

上演の筋書きは、Kuala duta 国の支配者の息子が日本人形劇の皇女に恋するというものです。Wayang Kulit Kelantan の 演者 Tuk Dalang は Roslam Harun、44歳です。

このコラボ上演を企画したのは、マレーシア翻訳と本研究所 です。同研究所の責任者は語る、「最初にクランタン州ワヤンクリッと 江戸糸操り人形のコラボ上演を昨年日本でのブックフェアで行いました。 その時はたった15分間でした。観客は恐らくマレー語クランタン方言の人形劇に引かれ、1つの舞台で2つの演芸のコラボを観ることを支持したのでしょう。」

この成功に元気づけられて、マレーシア翻訳と本研究所は日本の江戸糸操り人形チームをマレーシアに招待してクランタン州ワヤンクリッとの再演に向けての努力をしました。 国民遺産芸術アカデミーでの公演は観客で一杯になりました。
「マレーシア翻訳と本研究所の目的は文化の奨励にあります。」

(Intraasia 注:ほーと、感心する企画ですね。12月の出来事を2月になって記事にしている点は遅すぎる感じもするが、一度は実際に観劇してみたいものです。江戸操り糸人形は全く知りませんが、マレーシアの観客も同様ですから、知らなくても特に障害にはならないことでしょう。2つの伝統劇をいかにうまく組み合わせるかに興味あります。国民遺産芸術アカデミーは 10数年前に現在の場所に完成した。若い芸能後継者を育てる場でもあり、できた頃数回観劇に行ったことがある。)

【33kgの金のワイヤーを積んだトラックがハイジャックされた】
金線を積んだトラックが、ヌグリスンビラン州の Tuank Jaafr 工業団地に入る直前に凶器を持ったグループに襲われ、ハイジャックされました。

警察によれば、トラックの前方を1台の車が塞いで停止させ、もう1台がトラックの後ろに付けた。そして賊は運転手と助手を押さえた。4人組中2人は斧を手にしていたとのことです。トラックの2人は顔の液体をかけられ手を後ろ手に縛られた。 助手は1台の車で連れ去られた。

運転手はその後路上に放置され、トラックは金線を積んだまま消えた。助手は南北縦断ハイウエー上で解放された。

このトラックはクアラルンプール国際空港から33kgの金線を 工場へ運ぶ途中でした。警察によれば、この品の価格はRM 91万になります

(Intraasia 注:これまでにも輸送トラックが襲われたりハイジャックされた事件はいくつかニュースになっている、こういう事件のたびに思うことがある。運送業者、乙仲、空港や港湾の貨物部門、対象となる工場 のどこかに必ず情報を提供する者たちがいるということですね。貴重な IC部品、銅線やゴールド類など換金すれば金になる物品を輸送する特定のトラックやルートを掴んでいるからこそ、犯罪グループはこういう事件を起こせる。 情報提供者は恐らく犯罪組織の者ではないだろう、しかし情報提供によって当然見返りを得ることになる。)

【Pudu Sentral で買った切符でバスに乗れなかったという利用者の苦情投書に陸上公共交通委員会 (SPAD) が答える】
あるマレーシア人から、クアラルンプールのバスターミナルの老舗であるPudu Raya (Pudu Sentral のことを民衆は依然としてこう呼ぶ)で買ったバス切符がその切符は違法なので乗れないと、バス運転手側から乗車を拒否されたという投書が最近新聞に載った。)

この投書に関して、陸上公共交通委員会 (SPAD) の責任者からの投書が載った。以下はその抜粋です。

SPAD は投書の詳しい内容が知りたい。SPADの認可を受けたバス会社だけが 切符販売窓口を開設でき、そのバスは Pudu Sentral 内に入ることが許されている。Pudu Sentral の2階で営業している55の切符販売窓口は全て、Pudu Sentral 運営会社に登録している。

陸上公共交通委員会 (SPAD) は消費者に念を押しておきます、登録した窓口でコンピューターが打ち出すプリントアウト式の切符だけを購入するようにしてください。

2014年に陸上公共交通委員会 (SPAD) は、Pudu Sentral における複数の取締りで37人の違法な切符販売者を逮捕した。彼らはRM 1千から3千の罰金に処した。
旅行者を含めたPudu Sentral 利用者には、違法な切符販売者とダフ屋からバス切符を買わないように、とのPudu Sentral 運営会社がお知らせを掲示している。

陸上公共交通委員会 (SPAD) は引き続きPudu Sentral  に係官を滞在させ取締りを行って、違法活動を減らしていくことを約束します。

(Intraasia 注:イントラアジアは1990年代の昔からPuduraya は1千回以上訪れており、長年利用し且つ観察してきたので、ここで書かれているようなことには精通している。違法なバス切符売り屋とダフ屋の活動は昔から決してなくならない。陸上公共交通委員会 (SPAD) の係官が常駐していても目が届かないか早朝から深夜まで監視しているわけではない、果たして毎日いるのか疑わしいぐらいだ、よって違法またはうるさくつきまとう切符ダフ屋の光景は日常です。 
Pudu Sentral の前にあるロータリーの周りでは常時違法な切符り屋が、手当たり次第に声をかけている。 多くの外国人労働者はこういうこと知らないので、Pudu Sentral 窓口ではなく声をかけてくる男たちから切符を買うのを目にする。マレーシア人や外国人旅行者も少なからずいる。 半島部南部方面行くバスは TBS からであり Pudu Sentral  から発着しないのに、Pudu Sentral 周囲の切符り屋はジョーホール、シンガポール行きなどと声をかけている。 こういうバスはPudu Sentral 内に入らずに周囲に停車して、客を乗せる。この行為自体が違法である。こういう中小バス会社にろくなのはない。当サイトの読者にはPudu Sentral 内外では声をかけてくる男たちは一切無視するようにとアドバイスしておきます。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月16日のマレーシア記事

【旧正月の祝い品として爆竹は依然として人気あり、現在はネット販売が増している】
(かつて爆竹は旧正月の祝祭に付き物だったかもしれないが、マレーシアではずっと以前から基本的に禁止品に指定されている。だから一般的に無許可で売買すること、買って鳴らすことは違法です。しかし違法だからといってそれを売買する、鳴らす人が皆無にならないのはいうまでもない。華語新聞が今年の状況を探った記事です)

今ではインターネット上で、画像入りで爆竹を売っているのを見つけるのは難しくない。いろんな爆竹と花火を画像入りで載せていることで、ネット利用者の購買欲を引くのです。そうしてネットを通して直接買う。

マレーシアで10年以上商売を営んでいる商売人が(この新聞に)語る: 新年(旧正月の意味)時期は確かに花火と爆竹販売の最盛期である。
「ただ今年の新年用品の価格は値上がりしている。多くの業者の営業は理想的には程遠い。 華人客たちはまず新年用品をまず優先して買い求める、そこで花火と爆竹は最後の買い物品となっている。」

「我々の客層は新年パーティーを行う会社が多い。例年は少なからずの会社が花火と爆竹を買って新年を祝う。そういう会社が購買を減らしている。」

爆竹販売の商売人がネット販売する場合半島部では、買う人はその種類と数と住所などを知らせ、金を支払う、そうすれば3日以内に物品を受け取れる。 ある商売人は国内各地には、バスを使って送るとのこと。その後購入者の住所まで品物が(恐らくバイクで)配達される。 爆竹と花火は中国製である。

「現在人気ある爆竹は 108発鳴る物で売価はRM 650. その次の売れ筋は88発鳴る 売価RM 600の物です。」

(Intraasia 注:旧正月期間中に、獅子舞などの終りに、会社や店の新年祝祭として爆竹が鳴らされることがよくある、こういうのは許可されていることでしょう。しかし無許可で売買され、民家などで無秩序に鳴らされる爆竹は明らかに違法のはずです、なによりも危険が伴う。 商売人、もちろん華人、が新年時期に扱う爆竹は恐らく合法と違法が混在していることでしょう。
なお民間中長距離バスが頼まれた品物を運ぶのは昔から行われている慣行です、これは運転手の未公認アルバイト的な形であり、バス会社が荷物配送を行っているわけではない。)

【今年これまでのデング熱感染者数 1万5千人】

保健省の長官が発表したデング熱の発生件数です。
2015年は2月7日までに 全国で15039件が報告されている。前年同期は 9453件でした。

デング熱に起因する死亡者数は今年これまでに 44人、昨年同期は17人でした。2月はわずか1週間に3037件の発生です。

(Intraasia 注:月に1万人以上がデング熱に罹っているわけか、すごい発生数だ)

【医薬分業が本当に可能なのか】

薬剤師側が先日発表した民間医療分野における医薬分業の提案に対して、医師側から強い反対が出ています。もしこの提案を保健省が認めることになれば、4月から実施されます。

マレーシア医療者連合協会は、診察した私立医院が薬も販売する現行方式の継続を要求していいます。同協会の会長は、患者側にとっての便利さの面から医院で薬を売る利点を主張しました。

「仮にこの新方式が適切に実施されれば誰にも良いことでしょう。しかし薬剤師側が、医師の処方箋なしに薬を販売しないという保証はない。」 「現在の方式において既に、処方箋なしの薬販売は頻繁に行われている、取締は非常に欠けている。」

薬剤師側は、消費者にとって薬品価格が安くなる利点、及び医師がもっと多くの種類の薬を処方できる利点を主張しています。

(Intraasia 注:なぜこんな提案が急にでてきたのだろう? 現実として実施は不可能でしょう。なぜなら薬剤師のいる薬局は相当少ない、そもそも薬剤師が不足している状況なのですから。 私立医院と私立病院では、医師が過剰に薬を出すのは普通と言える、これは Intraasia を含めて多くの人が経験しているはずです。さらに小さな医院が本当に必要な薬を全て在庫しておけることができないのはいうまでもない。それなのにそういう医院でも全て自分の所で薬を患者に買わせる。 これはマレーシアでの医療の現実と言える。 だから理想として医薬分業を望む。
しかし、ドラッグストアではなく本当の薬局と薬剤師の少なさが第1の障害、次いで上記でも言及している、処方なしの販売が約束されないのは、マレーシアの通常のビジネス慣行を知っておれば信用できないのは取り立てて不思議ではないと言える。) 

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月15日のマレーシア記事

【キナバル山の標高3千メートルを超える地点に郵便ポストを設けた】
郵便局を運営する Pos Malaysia は、国内最高峰 キナバル山(4095m)の頂上近くの地点に郵便ポストを設置しました。
設置場所は Pendant Hut (山小屋)のそばである、標高 3289m の地点です。

Pos Malaysia の最高経営責任者はこれについて語る、「Ranau の郵便局では消印のマークとして、 キナバル山のセルフインク式の日付スタンプとその標高の印刷が利用できる。」 「旅行者には新しい呼び物になります。旅行者はキナバル山に登った思い出として、国内でもっと高い標高地点から郵便を出すことができるからです。」 

別のメディアの記事
同最高経営責任者の説明、「郵便集荷人が、勤労日には毎日正午にその最高地点にある郵便ポストまで郵便集荷に行くことになります。PosMalaysia のバンがその郵便物を翌朝10時にPos Malaysia 代理業者の Mountain Torq にある事務所へ送ります、そして Ranau にある郵便局で処理されることになる。」

(Intraasia 注:最初の記事では、何を言っているのかよくわからないので、別のメディア記事を探しました。というのは Ranau の郵便局がキナバル山中腹にあるわけではないから、いきなりこの郵便局をことを言及されても話がつながらない。3289m の郵便ポストから集荷したものを代理業者の事務所へ運び、他の郵便と混じらないようにしてそれをさらにRanau の郵便局へ送る。そうしてRanau の郵便局で特別な消印を押すということだと理解しました。 両記事ともサバ州発の記事になっているのに、共に明瞭な記事ではない。  
現地のキナバル登山事務所で尋ねればわかることでしょうが、 それでは登山者は絵葉書や切手はどこで買うのだろうか? Pendant Hut (山小屋)で売っているのだろうか?それとも 代理業者の Mountain Torq にある事務所で買うべきなのかな? 誰にでもわかるように情報を膨らませて書いて欲しいものです)

【コタキナバル空港で麻薬運び人2人が逮捕された】
サバ州コタキナバル空港の低コスト航空用ターミナルで、街の価格RM 100万ほどになるシャブ 7.5kgを隠し持っていた、麻薬運び人2人、29歳と31歳、がサバ州麻薬取締当局に逮捕されました。 2人はジョーホールバルから AirAsia で到着しました。

当局の取り調べによると、半島部基盤の麻薬組織から2人はRM 5千から1万をもらっていたとのことです。

(Intraasia 注:こういう者を drug mule と呼びます。まさに金に釣られた運び役であり、組織の者ではない。起訴されて裁判で有罪は即死刑判決となるのに、愚かなことです)

【マレーシア語紙のコミック】


malaykomik2015_02big.jpg

画像はサムネイルですから、画像部分をクリックすると大きな画像で表示されます。そこで台詞も読める大きさになる。
大きなコマの左部分
男:君に知らせたいことがある、俺タバコを止めたんだ。
女:えー、それを聞いてすごくハッピー。

真ん中の小さなコマ
女:祝福するね、タバコを止めるって易しいことじゃないから・・・・、
私のおじさんは死ぬまでタバコを吸ってましたよ。

右の小さなコマ
女:止めてもうどれくらい経つの?
男:あー、止めたばかりさ。

大きなコマの右下部分
男:つい30分前だよ、タバコを吸うのを止めたんじゃなくて、買うのを止めただけさ。
 お金を節約したいのさ、はっはっはっー
女:ふん!

(Intraasia 注: コミックですから当然口語調です。そこで、ところどころに英単語の "I", "Happy",  "U (youのこと)" を使っている。 今時の若いマレー人によくありそうな表現といえそうだ。 "Happy" はともかく、" aku" といえばよさそうなのにと思うけど "I" と言ってます。 "kamu" の替りに " U" です。 このようにマレーシア語の会話に簡単なフレーズや人称代名詞や名詞に英単語が使われる会話は珍しくない。マレーラジオで DJ と会話する聴取者の発言にこういった表現を聞くことがよくあります。)




テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月14日のマレーシア記事

【何万人も民衆が集まったPAS党長老の葬礼と埋葬】
死去したイスラム政党 PAS長老兼前クランタン州首相の葬礼と埋葬が13日行われました。 
遺体はクランタン州コタバル近郊にある自家を出た後、地元のムスリム墓地に埋蔵されました。

この葬礼と埋葬には万人単位の支持者らが集まり、地域と道路は人で埋まりました。モスクで行われた葬礼には民聯 (Pakatan Rakyat) の友党である民主行動党DAPと公正党のトップ指導者らが参加しました。さらにナジブ首相も葬礼に出席して敬意を表しました。

(Intraasia 注:見送る人で、文字通り埋まっている写真がいくつかのメディアに載っている。 動員されたようなことはなく、自主的に集まったであろう人たちのその多さに驚きます。首相が野党側の指導者の死亡に哀悼を表することは珍しくないが、わざわざクランタン州の地元まで訪れて群衆に混じって見送るのはかなり珍しいといえる。
マレーシア語紙や英語紙ではなく、華語新聞が記事だけでなく論説面でもこの有名な PAS指導者の死去に関していくつもの評論を掲載している、これもあまりないことではないだろうか)

【巨額な負債を抱える、国策会社 1つのマレーシア発展会社】
国の投資会社の1つで同時に巨額な負債を抱える 1Malaysia Development Bhd は返済期限が迫っている(ことで話題になっていた) RM 20億を返済したと、消息筋が明らかにしました。 

これは、マレーシア有数の企業家・投資家である  Ananda Krishnan 氏からの資金を使うことで、返済期限の6日前に返済が可能になったとのことです。返済できなければ、複数銀行から債務不履行の宣言を受けるところでした。

(ネットニュースの)Malaysian Insider がこの件に通じている銀行家の話しでわかったところでは: (返済先の)銀行は今週半ば金を受け取った、Ananda Krishnan氏が救済に同意した後何時間か経ってのことだった。

この支払は、財務省が100%保有する、政府系ファンドと民間投資会社の間にある折衷的会社といえる、1Malaysia Development Bhd を土壇場で救う一時的救済です。1Malaysia Development Bhd の(巨額な)負債問題はリンギットを下落させるそしてマレーシアのソブリン格付けを下げる圧力になっているとみられています。

「お金が入った。これはAnanda Krishnan氏による救済です。」 と消息筋は語る。
他の消息筋も、ブリッジローン RM 50億の一部であるRM 20億が関係銀行に返済された件を確認しました。

1MDB subsidiary の子会社である  Powertek Investment Holdings Sdn Bhd が2014年5月にローンを得ました、これは電力発電資産を購入する資金手当てをするために2012年に借りたRM 61億のブリッジローンを借り換えるためでした。
返済されたRM 20億ローンの貸し手である銀行におけるその貸付割合は Maybank が59%、 RHB銀行が32%、 Alliance Investment Bank Bhd が4%などとなっている。

1Malaysia Development Bhd は電力発電会社の有価証券類を多く保有している、そして 2014年12月末に返済期限が来た ブリッジローンの返済ができなかった。

1Malaysia Development Bhd の顧問取締り役会にはナジブ首相が議長を務めており、 総負債額はRM 420億にのぼる。 同社には、この巨額な負債と受けたローンの返済に困難さが出ていることで強い批判が浴びせられている。

強い批判者の中には、マハティール元首相と(その財務相を務めた、有名な) Tun Daim の2人がある。野党国会議員も 1Malaysia Development Bhd1Malaysia Development Bhd の状態を批判しています。

(Intraasia 注:主流メディアはほとんど報じないかまたは報じても事実関係に限定した簡単な形で載せる程度のニュースです。 直接的な政府批判につながることになるからでしょう。傍流メディアのこの記事内容がどこまで正確かは別にして、1Malaysia Development Bhd の超巨額負債自体は事実だそうです、ただ資産額がそれを上回るので取り立てて問題ではないという政府側の説明です。 ナジブ首相を批判するマハティール元首相は以前から 1Malaysia Development Bhd の不透明なあり方を批判している)

【プロパンガスが値上げされることになりそう】
国内取引と消費者省はプロパンガスの価格値上げを調査中です。
プロパンガスは14年間値上げされていません。14kgボンベがRM 26.60 です。同省大臣は、LPガス業界の計算を取り入れて、値上げは合理的行われると語りました。

調理用ガスであるLPガスは確かに政府が価格を公定しているものである、しかしLPガス業者はボンベを消費者の家へ配達するサービス以上の料金を取っている業者もあるし、その料金は消費者の住居場所にもよる。

最近ある新聞が、消費者はLPガスボンベを配達してもらう際の料金としてRM 5から6という高い額を払わざるを得ないという記事を掲載しました。

(Intraasia 注:都市ガスは限られた地方にしか配管されていないので、一般家庭ではプロパンガスが圧倒的に主流です。ましてや地方では燃料はLPガスボンベしかないことになる。これまでいくつかの業者を利用した経験から言えば、ボンベの配達料は確かに業者次第ですね。 クアラルンプール圏ではこの分野でも外国人労働者が多く働いているのをいつも目にする、つまりLPガスボンベを積んだトラックを運転するのは業者かその被雇用者だが、家庭や店まで運ぶ配達役は合法非法の外国人労働者ということです)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 296.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 351.6 を入手します。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月13日のマレーシア記事

【2014年第4四半期の経済成長率は 5.8%】
中央銀行Bank Negara の総裁が記者会見を開いて発表しました。
国内総生産高GDP の 2014年第4四半期の伸び率は、予想に反して好調で 5.8%を記録した。多くのエコノミストらは第3四半期の 5.6%を下回ると予測していました。

第4四半期の伸び率の結果、2014年1年間の 国内総生産高の伸び率は 6%になる。一般的な予測よりわずかに高いことになる。政府の当初の予測は 5.5%-6.5%のj範囲でした。

総裁の発言:世界経済の先行き不透明中、マレーシア経済は一定した成長の道を歩んでいる。」 「マレーシアも国際石油市場の低迷の影響を受けている、しかしマレーシア経済の多様化、輸出の多角化、政府歳入基盤の多様化など行ったことから、これらの方策が報われた。」

「国内需要が今ではもっとも重みをもち、成長の担い手です。もし我々が経済の構造改革を行わなかったら、成長率はずっと低いことでしょう。」 このように総裁の発言は、マレーシア経済が過剰に石油関連の収入に依存しているという誤った捉え方に注意を向けるものでした。

「多様化は非常に重要である、このことを考慮に入れる必要がある。リンギットが下落した一因は、間違った捉え方にあるのかもしれない。」
「 2014年第4四半期におけるマレーシアの石油生産量は、年率に換算して13%ほど増えて、日産 66万5千バーレルです。」

(Intraasia 注:中央銀行Bank Negara総裁にはたいへん有能なエコノミストであり、政治勢力にあまり左右されないタイプであるという印象を持つ。 ここしばらく経済ページには頻繁にマレーシア国庫の石油依存の多さを伝えるアナリストや格付け会社など外国の見方が載っている。総裁はそれを批判する観点から、こういう発言をしていることでしょう)

【クランタン州首相を20年以上務めた、イスラム政党 PASの長老指導者が死去】
イスラム政党 PASの精神的指導者の座にあり、国内で与野党を通じて最も有名な政治家の1人として知られていた、Nik Aziz が複数の病気のために84歳で死去しました。

彼は1990年から2913年までクランタン州首相の座にあった。その後は引き続き州議会議員ではありながらも、体調不調のため政界を半分引退して療養していた。 イスラム政党 PASがクランタン州を長年支配してきた原動力が彼の存在であり、23年も州首相の座にありながら、ごく普通のマレーカンポンの家に住み続け、個人的に全く富の蓄積をしなかったことで知られ、尊敬されている。
10人いる子供の内、息子の1人がクランタン州選出の国会議員になっている。

(Intraasia 注:華語紙を含めいくつもの紙が第一面で大きく報道しているニュースです。。いわゆる草の根支持層が非常に多い政治家で、13日朝開かれたイスラム教式お別れ式兼お祈りの写真にはものすごい数の人たちが集まった様子が写っている。イスラム国家ではどうかは知らないが、国際的にはほとんど知られていないけれども、マレーシア国内ではいろんな面から非常に有名な政治家だったことから、国内紙の扱いは大きい)

【霊異・超自然現象を扱うマレーシア語雑誌 Mastika の広告から】
雑誌表紙写真が載っており、2015年3月号、 マレーシア No1雑誌、価格 RM 4.50 という文字が見える。

「急流の中を舟をこいで2時間経つと、ゴムの木々の間に、我々は乳母(この単語は本来の語義とはずれて、表紙写真に写っている実は赤ん坊の意味なのかもしれない)を取ることができて家へ連れ戻した。 しかし・・・・」

興味を引くできごとから引用します:
「そこに、道路の傍らを歩いている1人の女性を見た、もう一度振り返ってみたら、その女性は忽然と消えていた」

母親が言うに、その朝私たちが乗った車は妖怪のトラックにぶつけられた。そのため (子供の)Along は病院で2日間意識不明である。 「もう終わりだ、夫と子供はどこにいるのか?」

(Intraasia 注:この霊異・超自然現象が専門の雑誌は、以前からマレーシア語紙に広告を載せていることは知っていました。イントラアジアは購買してしげしげ見たことは一度もないが、昔から街のキオスクや書店でも見かける雑誌の1つです。すぐ消えていく雑誌ではなく、少なくとも10年20年と続いている雑誌なので、確固とした読者層をつかんでいることは確かです。それだけ超自然現象を信じる人たちが、ここではマレー人界に、常に存在するということを反映している。 
マレー映画に幽霊など超自然現象を題材にした映画の割合が実に多いのは、霊異・超自然現象を信じるのが決して一握りのマレー人たちだけではないことを示していますね。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月12日のマレーシア記事

【電力料金の値下げを3月から実施】
(半島部はTenaga Nasional Bhd が電力を供給している。電力会社は独自に電気料金を定められる訳ではない。)

国際石油市場での石油価格の下落を受けて、政府は電気料金の値下げを発表しました。

対象となる半島部とサバ州では3月1日から6月までの4か月間電気料金が サバ州で3.5%、半島で 5.8%値下げされる。サラワク州には(独自の電力会社があり)今回の値下げに含まれていない。
半島部では平均で 1KW時が 38.53セントを 36.28 に下げる。サバ州とラブアン島は平均で 1KW時が 34.52 セント を 33.32セントに下げる。

半島部の消費者世帯では、基本消費量である 200KW時までは(特別に単価を抑えた) 21.8/KW時 なので、200KW時でRM 43.6になる
201-300KW時までは 33.4/KW時,  301-600/KW時までは 51.6/KW時、以上は省略。  1か月に600KW時 使用すると RM 231.80になる、1000KW時 使用すると RM 455.20 になる。

エネルギー・グリーン技術・水省の大臣は説明する、「新しい電気料金の適用は月使用量 300KW時以上となる。」 「月の電気料金代がRM 20以下の世帯は国内に約100万世帯ある。この世帯の電気代は引き続き国が支払います。」 「国はサバ州電力会社に対して、RM 2億6千万の補助金を出している。これは収入だけでは同会社はやっていけないからです。」

別新聞は、国民のために年間RM 3億7千万を犠牲にします、と大きな見出しを出している。

(Intraasia 注:産業界は下げ幅が低すぎると不満を述べているようです、消費者連合も最低でも10%は下げるべきだと声明を出した。しかし1000KW時も使用して RM 450程度というのは、エネルギー節約意識を妨げるだけですね。 一般世帯は 500kW時もあれば十分のはずです。低所得世帯向けであろうRM 20以下の電気代の国家負担は以前から適用されている。 エアコンをあまり使わない、使っても除湿だけのイントラアジアもたまにこの恩恵を受けています(笑)。)

【前科者の男と彼の2人の学生妻は麻薬売人】

前科者であるその男性、39歳は、別々のカレッジに通う2人の学生妻、2人とも21歳、がある。
警察の調べによると、この男は妻を使ってカレッジの学生にガンジャ麻薬を売っていました。

警察は9日夜にクアラルンプールの Kuchai Lama 通りにある住居に対して行った最初の捜査で、学生妻の1人を逮捕した、その際 3kgのガンジャが発見した。
その被疑者を尋問した後、翌日Taman OUG にあるコンドミニアムの駐車場で自家用車内に1kgのガンジャを発見した、このためその男性ともう1人の妻を逮捕した、と警察は説明しました。押収した麻薬は市価 RM 5千から6千になるとのことで、他には現金RM 1万も押収しました。

3人組は、2人の学生妻を通してクアラルンプール圏で学生を狙って麻薬を売っていた模様です。少量の場合はRM 50、まとまった量ならRM 200.
男は3年前に出所した前科4犯を持つ。 警察はこの3人を危険薬品法を適用して捜査を進めます、有罪となれば必ず死刑判決となる。

(Intraasia 注:週刊誌種になるような事件ですな。書いてはいないが、3人はムスリムということでしょう。 前科4犯もの男にこんな若い女性がなぜ学生妻になるのがまこと不思議だ、それも第1妻と第2妻という立場です。よっぽど世の中を知らない女性なのか、それとも男が女性を虜にするタイプなんでしょうな。 麻薬取引は重罪であり、有罪は即死罪なのです)

【スクールバスの外側に広告を描くプロジェクトが始まった】

スクールバス史上初めてのこととして、バス車両の外側に広告を描くことが始まりました。

この広告プロジェクト、School Buzz、は英語中心の The Starメディアグループが陸上公共交通委員会SPAD とのパートナー関係を結んだことで、作りだされたものです。SPAD は監督機関として、スクールバスに描かれる広告を規制することになる。 広告プロジェクト自体を実行するのは、マレーシアスクールバス運営者協会です。

同メディアグループは、全国の15000台のスクールバスにとって利益ももたらすことになると、主張する。 スランゴール州 シャーラムにある 一大観光施設を運営する i-City がスクールバスに広告を描く最初の企業になりました。
広告する条件には最低10台以上で最低3か月以上というようなことがある。

(Intraasia 注:スクールバスとスクールバンはお馴染みの黄色に統一されている。学校休みがあるため1年フル稼働することは理論的に不可能、また親が契約する利用料金の設定は当局によって認可方式で規制されている。ということで広告はバス運営者に多少なりとも利益をもたらすことでしょう。一方学校に通うバスに広告はふさわしくないという捉え方もできそうです。果たして全国的に展開していくのでしょうか)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月11日のマレーシア記事

【アンワル元副首相の有罪、懲役5年判決を巡って】
連邦裁判所長官を含む裁判官5人は一致して、控訴裁判所の下したアンワル元副首相の有罪判決を支持しました。

連邦裁判所が被告アンワル元副首相に対して下した判決の要点
・コンドミニアムの監視カメラがアンワル元副首相と私設秘書がそのコンドミニアムから出ていく姿を撮っている。
・私設秘書の男性は男色行為の共犯者ではなく被害者である。
・クアラルンプール中央病院の3名の医師の医療報告は私設秘書が肛門性交を受けたことを示している。
・採取した精液の検査によって、男性Y のDNA はアンワル元副首相が拘留所で使用した歯ブラシなどから採取したそれに合致している。
・アンワル元副首相被告側の主張である、性j的陰謀説は事実とは認められない。

判決の下された10日、プトゥラジャヤの司法最高ビル(Palace of Justice) 前には、人民公正党PKR支持者を中心としたアンワル元副首相支持者がたくさん集まりました。判決が発表された後、怒った支持者らは警備の機動隊と小競り合いを起こしました。

アンワル元副首相は主張しました、「私はこの国の民を代表して人生の多くを戦ってきた。民衆のために私は喜んで刑務所へ行くまたはその他の結果に直面します。」

行動党の書記長(ペナン州首相でもある)は裁判後語る、「我々は自由と民主と正義のために戦いを続けていかなければならない。」 イスラム政党 PASの総裁は、アンワル元副首相自身と家族と支持者たちに忍耐強くあらねばならないと語り、そしてBarisan Nasional (国陣) に対する戦いを続けていくことを訴えました。

(Intraasia 注: アンワル元副首相は1998年にマハティール元首相によって追放され、1999年に男色行為で逮捕され有罪となった。これは男色裁判1と呼ばれている。その後2000年代になって彼は釈放された。彼をトップ指導者とする民聯 (Pakatan Rakyat) はその後2回の総選挙で大きく伸びた。今回の男色裁判2は 当時と政治状況も違う、人民公正党PKRはかってのような勢いはない。アンワル元副首相の 67歳という年齢から次回の出所後も野党陣営を引っ張っていける保証はない、というのが一般的見方のようです。 
2回とも政府と一部UMNO の企てた政治的陰謀なのか、それとも彼は2回とも実際にアナルセックス行為をしたのか、そんなことはわかりませんね。 アンワル元副首相が刑務所に入ることから野党政党がそれぞれ弱体化するようなことはないが、陣営としてのまとまりがより欠けるであろうと見られている。
政府は特に声明を出していないようだ、司法が決めたことであり政府は関与しないという意味をこめていることでしょう。 新聞によって報道の調子に異なりがみられるのは、いつものことです。華語紙はかなり大きく載せました。)

【供給過剰分野が目立つ不動産市場】
第8回マレーシア不動産サミットが開催されました。業界の不動産価値の鑑定士と不動産企業の幹部と代理業者から構成される団体の代表者らが明らかにした数字となる。

オフィス床面積は供給過剰である
クアラルンプール圏のオフィス床面積はシンガポールより多く、マニラまたはバンコクと同じくらいである。 オフィス稼働率(利用率)は80%であり、2015年は下がるとの予測です。

ホテルの客室も供給過剰である
ホテル客室は供給過剰状態になっている。客室稼働率は約 60%から65%である、これは80%ほどのシンガポールとタイよりも低い。

マレーシアにおけるホテル部屋の供給数 -2014年第3四半期時点
全国での総数 20万室
1位.クアラルンプール 34765室、17%を占める、 2位 ジョーホール州 21878室、 3位 パハン州 21547室、 
4位 サラワク州 16720室 8%、 5位 サバ州 16555室 8%、 6位 スランゴール州 16009室 8%、7位 15352室 8%、

コンドミニアムとサービスアパートメントの比率が逆転した
クアラルンプール圏における、コンドミニアムとサービスアパートの比率は、2010年は60%対40%であった。
しかし今やこれが 46%対 54%に逆転した。
サービスアパートとは、商業地に建設された居住用高層建物を言う、 コンドミニアムは住宅用地に建設された居住用高層建物を言う。

月間世帯所得額がRM 3千以下の世帯数は約200万世帯あり、国民世帯総数の約3分の1を占める。 この世帯が入手できる 住居価格はRM 20万までである。
しかしながら、この世帯向けの住宅数は決定的に不足している。

(Intraasia 注:ジョーホール州ではコンドミニアムので7万戸?6万戸?かな、既に建築申請が終わって建築許可が出ている戸数だそうです。誰が見ても過剰な戸数なので、これが実際に建設されるかどうかはわからないとの分析が別の記事にあった。ジョーホール州ほど極端ではないが、全般的にかなり高額な物件の建築完成は今後1,2年後に増えるようです。反面決定的に足らないのは、中流層以下の国民が買える範囲の住宅の建設であることは、以前から言われている。利潤の薄いそういう住宅の開発に大手不動産デベロッパーはあまり取り組まないという傾向がある。
ホテル建築も盛んに行われています、特にショップロットホテルは店舗をビルを改造するだけだからできるのは早い。こういう安値クラスのホテルが上記の数字に含まれているのかどうかは、記事が言及していないのでわからない。この記事には書いてないが、ショッピングモールも過剰と言われているる。しかしモールは流行っているモールと閑古鳥が鳴いているモールとの差は激しいので、一概にはいえないようです。)


テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月10日のマレーシア記事

【速報:アンワル元副首相の第2の男色行為裁判に最終判決が下され、有罪】
2008年6月、当時アンワル元副首相の私設助手であったマレー男性、当時23歳が警察訴え報告を届け出た、その内容はアンワル元副首相にあるコンドミニアム内で 男色行為を強要されたというもの。その後アンワル元副首相はこの男性に対して、名誉棄損で訴えた。
アンワル元副首相は肛門性交行為で起訴されて2008年8月に第1審で裁判が始まり、被告として全面的に否定した。 2012年1月、1審の高裁は、提出されたDNA検査の結果は裁判所を満足させるに足らないとして、アンワル元副首相を無罪と判決した。 検察側は控訴して、2014年3月に控訴裁判所はアンワル元副首相を有罪とし、懲役5年の判決を下した。
その後両者上告して、2014年10月に連邦裁判所で審理が始まった。すぐには判決に至らなかった。

(政界に非常に影響のある、且つ社会的関心の高い)アンワル元副首相のいわゆる第2の男色行為裁判に決着がつきました。連邦裁判所は10日プトゥラジャヤにある司法最高ビルで開廷し、控訴裁判所の判決を支持すると判決を下しました。

アンワル元副首相、現在67歳、は即収監されて、懲役を始めます。これにともなって彼は国会議員の地位を失います。

(Intraasia 注:これから政治劇が展開していくことでしょう)

【マレーシアインド人党の内紛を解決する方策】

(Barisan Nasional (国陣) の構成政党であるマレーシアインド人会議(MIC) はこの半年ほど党執行部、中央委員会、国内各地の支部を巻き込んだ内紛が続いている。 
マレーシアではあらゆる会社、団体、組織、政党、協会などは、国家機構である団体組織登録庁に、登録することを義務付けられている。その団体組織登録庁が昨年12月にMIC党に対して、執行部全体の再選挙を90日以内に行うように指示しました。しかし内紛はより悪化した。そこでBarisan Nasional (国陣) の議長でもあるナジブ首相が2月になって、執行部全体の再選挙を行うようにとの、いわば斡旋の発言をしました。)

団体組織登録庁を翼下に持つ内務省の大臣が、MIC党は全レベルにおける役職者の再選挙を行う大まかな日程を指示する旨の、記者会見を行いました。これにともなってMIC党は、党総裁から各地の支部役員に至るまでの全員の再選挙を 5月以内に順次行うことになります。

(Intraasia 注:マレーシアの政党に特徴的な面です、内紛が起きるといつも団体組織登録庁が関連してくることになる。 簡単に言うと、規定通りに党内選挙をしていないとか、その選挙が違反だらけであったといったように、両派の間で応酬になる、そこで団体組織登録庁が幾つかの指示をする、このような出来事が多い。半島部の党、サバ州サラワク州の党でも MICと似たような内紛が毎年どこかで起きている。
団体組織登録庁 が内務省の翼下にあることからわかるように、団結の認可と管理は治安的観点からなされたという歴史上の経緯がある。)

【マレーシアのアニメ産業とアニメクリエイター】
マレーシアのアニメ産業は1980年代から始まった。
業界最大のアニメプロダクションの1つである Les' Copaque の製作したアニメ Upin & Ipin 及び Animonsta Studio の BoBoiBoy はマレーシアで大きなヒット作をなった。インドネシアにもファン層を抱える。

マルチメディア発展公社によれば、クリエイティブマルチメディア会社は国内に334社あり、10万人を雇用しているとのことです。

ゲーム開発分野の学士(大卒)者は一般に、業界に新卒で雇われる際に月給は RM 2000から2400になるとのこと。 アニメーション分野の学卒者は初任給でRM 1600から2200が期待される。 KDU大学の教授はみる、「多くの新卒者は初任給RM 2400以上の非現実的な希望を抱いている。」
Les' Copaque プロダクションは160人の従業員を抱え、その内の80%ぐらいは新卒者です。

クリエイティブマルチメディア分野の専攻コースを持つマレーシアの大学の例:Multimedia University, Limkokwing University, KDU University College, The One Academy など。
業界からの学士者への需要は高い。より良い給料など求めてシンガポールで働くマレーシア人大卒者はこの分野でも少ないないとのことです。

(Intraasia 注:マレーシア製作のアニメ映画は劇場公開されるのはかなり少ないとの印象を持つ。数十年来のシネマで観る映画ファンであるイントラアジアですが、どの国製作であれアニメ映画は見たことがないのでコメントはできません。)


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月9日のマレーシア記事

【構成政党内でのあつれきが公然化していた民聯 (Pakatan Rakyat) がトップ指導者会議を開いた】
(民聯 (Pakatan Rakyat) を構成する3党の間で、とりわけ民主行動党DAPとイスラム政党 PASの間に存在する本質的異なりのために起きるあつれきが党指導者間にも及んで、このところ公の形で批判と論争をしていました。さらに民聯 (Pakatan Rakyat) の指導者でもある人民公正党PKRの相談役アンワル元副首相への連邦裁判所判決が10日に迫っています)

3党の最高指導者が全て揃って出席することがしばらくなかったと言われる、民聯 (Pakatan Rakyat) の最高指導者会議がクアラルンプールのイスラム政党 PAS本部で開催され、各党のトップ指導者がそろって出席しました。会議後の記者会見では、それぞれが連帯感を示し、またPAS党と行動党間に起きているあつれきの存在を大したことはないと装いました。

イスラム政党 PASはその州政権を握るクランタン州でイスラム刑法Hudud法の施行を表明して準備を進めており、民主行動党DAPはそれに強く反対している。一方行動党は各地方自治体での議会選挙を取り入れるべきだと主張しているのに対して、イスラム政党 PASは強く反対している。 (マレーシアで地方自治体の議会選挙はごく一時期を除いて何十年も行われていない)

3党の間で大きく食い違うこの2つの問題に関して、民聯 (Pakatan Rakyat) として今度どう行動していくかの結論は早急に出さずに、5月10日に民聯 (Pakatan Rakyat) 特別会議を開いて判断する、とアンワル元副首相が説明しました。

(Intraasia 注:民聯 (Pakatan Rakyat) は3つの州で州政権を握っている。)

【パームオイルの生産と国際市場】
世界のパームオイル生産高の約85%をインドネシアとマレーシアの2か国が生産している。

2013-14年度のインドネシアの生産量は3100万トンでした。その内2100万トンを輸出した。これはインドネシアパームオイル協会による統計です。トップ国として、世界のパームオイル生産を今年も引っ張っていくものとみられています。

マレーシアの生産量は、2014年が1967万トン、2013年が1920万トンでした。これはマレーシアパームオイル協会の統計です。
2014年マレーシアからのパームオイル輸出先国は多い順に、中国、インド、パキスタン、欧州連合、フィリピン、ベトナム、米国、日本、イランで、これらの国が輸出総量の約4分の3を占める。

南アジアの3か国、インドとパキスタンとバングラデシュが今年もパームオイル輸入量を増やしていくことで、パームオイル市場を支えていくでしょう。大輸入国インドは年間で830万トンを輸入するとの予測です。 またパームオイル輸入市場として、東アジア市場も伸びが期待される。

欧州連合は大輸入国ですが、その植物油輸入量の40%はバイオ燃料に使われているとのことです。

(Intraasia 注:パームオイルは一次産業生産品として、マレーシアの最も重要な生産物と言えるでしょう。材木よりその下流産業の規模が大きい)

【物品とサービス税実施で自動車に掛かる税金の変化】
物品とサービス税(GST)の 4月1日実施を前に、自動車の価格が下がるのではという憶測があります。現在自動車に対してかかっている、販売税及びサービス税より税率が下がるからという理由です。
税関庁の幹部は、自動車に掛かる税率の差は4%ではなくそれより小さい、そこでいろんな面を考えると、GST実施で自動車価格はわずかに下がるであろうとしています。

自動車のエンジン排気量別の現行税金、なお GST は6%です。

1800㏄未満: 特恵国から完成車輸入の場合 関税 30%、 物品税 75%、販売税 10%、 ただしアセアン(ASEAN)から輸入は関税は0%
1800cc - 1999cc :特恵国から完成車輸入の場合 関税 30%、 物品税 80%、販売税 10%、 ただしアセアン(ASEAN)から輸入は関税は0%
2000cc-2499cc :特恵国から完成車輸入の場合 関税 30%、 物品税 90%、販売税 10%、 ただしアセアン(ASEAN)から輸入は関税は0%

1800㏄未満: 特恵国から完全ノックダウン車の場合 関税 10%、 物品税 75%、販売税 10%、 ただしアセアン(ASEAN)からは関税は0%
1800cc - 1999cc :特恵国から完全ノックダウン車場合 関税 10%、 物品税 80%、販売税 10%、 ただしアセアン(ASEAN)からは関税は0%
2000cc-2499cc :特恵国から完全ノックダウン車場合 関税 10%、 物品税 90%、販売税 10%、 ただしアセアン(ASEAN)かは関税は0%

(Intraasia 注:関税はGSTとは関係なく引き続きかかります。自動車に掛かる関税は結構高い)


テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月8日のマレーシア記事

【マレー鉄道東海岸線の復旧作業は1年かかる】
(東海岸州は去年12月の大水害で甚大な被害を受けた。当然マレー鉄道KTM の東海岸線もかつてないほど被災して、現在も運休している)
東海岸線: 西海岸線との分岐点である Gemas からクランタン州の東北端 Tumpat までは路線距離約 570㎞です。 

運輸省の副大臣は東海岸線の被災について語る、「この区間の76か所で修理が必要であるとわかっている。これらの修理と復旧を終えるのに1年はかかるでしょう。我々は当面の重点はこの内の、Kuala Kurai - Bertam Baru です。この区間は多くの生徒が鈍行列車を利用しているからです。3か月から6か月はかかるでしょう。」 「生徒は一時的にホステルまたは一時滞在所に置かれている。」

「東海岸線の復旧に政府はRM 2億を割り当てました。区間全体での損害額はRM 3億5千万と推定している。被害はひどく、土壌浸食、土砂崩れが起きた。」 「東海岸線の復旧作業は3月から始めます。」
マレー鉄道KTM の会長は語る、「これまでにも土壌侵食や鉄路の損傷に対応してきた。しかし今回の被災はKTMにとって最悪です。」

【マレーシアを公式訪問したインドネシア大統領とナジブ首相の間で話し合われたこと】
マレーシアで外国人労働者として働くインドネシア人が、インドネシア人学校を設立することにマレーシアは同意した。
これはUNESCO が定める、何人も教育を受ける権利を有する、に合致していることにもなる。 サバ州には既に50か所にインドネシア人学校がある。サラワク州政府は既にこの種の学校を設立することに同意している。

インドネシア人の住み込みメイドに関しては、数年前にバリ島合意が首脳間でなされた。ナジブ首相は述べる、「しかし、正式なルートでマレーシアに渡って雇用されたインドネシア人メイドは4千人にすぎず、1万5千人は非正規なルートで雇用された。」 「このため両国の高官がこの件で引き続き交渉を進めていきます。」

(Intraasia 注:マレーシアで働くインドネシア人労働者は合法、非合法、永住者を合計すれば常時、百何十万人は確実に居る、いや恐らく200万人前後は居るのではないだろうか。基本的に子供づれでマレーシアに働きに来ることは認められないといっても、インドネシア人は男女がマレーシアで働いているので、現実に夫婦で滞在する形になっているインドネシア人は珍しくないでしょう。ということからインドネシア外国人労働者の子供はかなりの数になることは推定できる。だからインドネシア人の子供にインドネシア型の小学校が必要になることも理解できますね。 クアラルンプールにはPWTCの付近にインドネシア人学校があるが、あの学校は外国人労働者としてではなく、エクスパトリエイトや公的身分などとして働く中流層以上のインドネシア人のための学校ですね。
メイドの問題は、政府間で決めても必ずしもそれが実行されない、守られないという典型例です )

両首脳はまたアセアン(ASEAN)標準時間、 Asean Common Time Zone , の設定を進めていくことに関して話し合いました。アセアン(ASEAN)諸国が1つの統一された時間帯を用いれば、アセアン(ASEAN)団結にも貢献する、アセアン(ASEAN)内での貿易とビジネス活動に便利であり、アセアン(ASEAN)市場一体化を促進することになる、というものです。

(Intraasia 注:アセアン(ASEAN)標準時間ができれば、一見大変便利に思えるかもしれない。確かに、株取引や銀行や国際商取引の面では、さらに国際政治活動の面も、それは間違いない。しかしごく普通の庶民に何のメリットもない。露天商売、通学通勤などの際に太陽の出入り時間とかなりずれてくる地方がたくさんできることになる。本来の経度つまり太陽の動きに比較的合った時間帯の方が生活に便利なことは当然ですよね。アセアン(ASEAN)の西端と東端はインドネシアの西端と東端距離よりも幾分長いということになる、つまり 5千km 以上も離れている。この範囲を1つの時間帯にすれば、生活に不便を感じる人たちが数億人の規模で生まれることでしょう。こういうことを、各国の国民の同意を経ずに、アセアン(ASEAN)指導者とアセアン(ASEAN)高級官僚だけで決めるべきではないはずです)

【被雇用者福祉基金の2014年配当率はこの15年で最高の率となった】
被雇用者福祉基金(略称 KWSP、英語ならEPF) が加入者に毎年払う配当金における 2014年の配当率が発表されました: 6.75%

この率は1999年以後では最高の配当金率です。1999年は 6.84%でした。 2014年の配当金率を受けて、加入者に払う配当金総額は RM 366億になる。

被雇用者福祉基金の総裁は、「2014年の資金運用の成績は2013年よりずっと良かった。」と語る。「 KWSPの国際投資は2014年の総収入額に大いに貢献した。」
「我々は、連続3年間のインフレ率を基にして、それを2%上回る配当率を目指している。」

(Intraasia 注:被雇用者が給与の11%、雇用者がその13%を毎月天引きして被雇用者福祉基金に納付する。これが被雇用者の老後の蓄えとなる仕組みです。被雇用者福祉基金は加入者からのお金をさまざまに運用して、運用益を加入者に還元している。それが配当金となる。被雇用者福祉基金はマレーシアで最大の資金運用組織ともいえる。
ところで以前から気が付いていることです、被雇用者福祉基金の配当金率が発表されると華語新聞はいつも大きく報道する、英語紙とマレーシア語紙はそれほどでもないとの印象が強い)




テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月7日のマレーシア記事

【インドネシアはProton社の協力を得て国産車開発の可能性を探る】
マレーシアの国産車メーカーProton 社は、インドネシアが独自に国産車を開発し生産することに手助けを惜しまないとしています。

この計画を進めていこうと、Proton社とインドネシアの PT ACL 社の間で覚書が結ばれました。この署名式はマレーシア訪問中のインドネシア大統領とナジブ首相が催したものであり、Proton 社の会長でもあるマハティール元首相が見守りました。 PT ACL 社は民間企業ですが、インドネシア政府の後押しを受けています。

マハティール元首相は述べる、「Proton は専門知識を持っている。当初国産化率わずか18%でスタートして30年を経て今日に至った。」 「両社はこれから6か月間をかけて実現可能性調査を行う。 これが成功裏に進めば、その後両社間での合弁企業設立合意となる、そうしてプロジェクトの公式な開始になります。」

「このプロジェクトはJokowi 大統領とナジブ首相との間で行われた話し合いに基づいたものです、 現在のProtonモデル車をインドネシア向けに改造することで開始することもできる。」 「その後インドネシア国産部分を徐々に増やしていく。そうしてインドネシアカーになります」

Proton 社会長を務めるマハティール元首相は、Proton 社のテストサーキットでインドネシア大統領を乗せて走行しました。 車は(新モデル車の) Iriz を使い、サーキットをかなりのスピードで3周しました。 「一般に90歳のドライバーが運転する車に乗るのは好まないが、彼は怖がってはいなかった。」とマハティール元首相は笑い顔で語りました。

(Intraasia 注:新大統領はマレーシアでもなかなか人気あるようです。ナジブ首相と大統領の肝いりでの覚書調印ということは、インドネシア側は国産車開発に向けてそれなりに本気なんでしょう。 もちろん年月と費用がかかるが。 アセアン(ASEAN)で国産車開発路線はマレーシアだけです。タイもインドネシアもベトナムも基本的に全て外資メーカーによる製造組立路線である。 世界の大メーカー年産1千万台を争う中、年産数十万台から50万台のレベルで国産車生産することに意義を見出さない捉え方は、マレーシア外に根強いし、国内にもある。非効率、世界メーカーに太刀打ちできないなどという批判です。 しかし国産車を開発することでの、国としてのプライド高揚もあるし、下請け産業の拡大もある。
インドネシアでは日本メーカーが長年生産基地として、且つインドネシア市場で最大のパイを握ってきた。そういうインドネシアでも大統領の交替を機に国産車への願いが実現することになるかもしれないということかな。もちろん、5年10年という年月がかかる)

【補助金付き安価米が市場に出回っていない真の理由】

(庶民層に供給する狙いである)安価米である ST15% 等級白米(15%の破砕米)は10kg入り袋がRM 16.50と定められている。 この米がある加工過程を経て消費者に売られる時点では、価格が急上昇してRM 26にもなっている。

マレーシア精米卸商組合の会長は指摘する: 白米補助金政策の最大の病根は、農業省が不適格な米穀業者に補助金付き米を割り当てていることである。現在、一般米穀市場ではこの補助金付き白米である 10kg入り袋がRM 16.50 を見かけることがない。 

「卸業者たちが農業省高官とあって何回も話を伝えた、覚書も2回手渡した。省の高官は、政府の補助金付き白米政策は乱用されており不健康な方式となっていることに同意した。しかし高官らは、権限がない、そういう政策決定する権限は大臣の手にあると述べた。」

ケダー州の精米卸商組合の会長の話、「半島部で補助金付き米が足らないという問題ではない。 半島部で4万トン、サバ州サラワク州で2万トンが割り当てられている。政府は毎月1トンに付きRM 750の補助金を出している。従って1年ではこの額がRM 50億にもなる。」 「政府がこの方式を2012年に決めた当初はよく機能していた。しかしその後おかしくなった。」

(Intraasia 注:たくさんの記事がバラバラに数多く載っており今一つよくわからないが、読み手の方であえてまとめると、補助金付きのST15% 等級白米(15%の破砕米)を業界の不適格な卸商に大量に回している。そういう業者は多少精米することでたちまちRM 26にも価格を上げて小売り業者に卸している。つまりそういう不適格卸商は10kgでRM 10の儲けを何十万トンも卸すので巨額の儲けを得ているはずだ。 本来は低所得階層用に定めた安価な ST15% 等級白米がなくなってしまって、一部の者たちが補助金をいわば横取りしているということのようです。 そこでケダー州では卸商の2人を反汚職委員会に告発したニュースも出ている。 
補助金が出る物品はこれまでにもしばしば横流しや悪用される源になってきたので、またかという感想です。 補助金を出して価格を安価に抑えると、必ずやそれを悪用する者たちが出てくる、それが汚職の発生源の1つにもなっているようだ。
 Intraasia は料理しないのではっきりと知りませんが、ST15% 等級白米 とは破砕米が15%含まれていることなんでしょう。大衆食堂などで一般に使われている米は恐らくこのクラスの米ではないかな、米粒に破砕が混じっているように思える。ということでIntraasia は毎日これを食べていることになる)

【Petronas が国庫に納めた金額を年別に示す】
(Petronas はマレーシアの国家歳入を支えているともいえるほどの存在である。 国庫歳入の3割から4割を Petronas グループが納める配当金、税金、ロイヤルティー、などを通して得ているからです)

世界の石油市場の価格低迷によって、Petrolian Nasional Bhd ( Petronas) は 2015年の売上が大きく減ることが予測されている。既に2014年第4四半期の税引き前利益は、RM 100億に満たないと見込まれている。
2010年: RM 576億、2011年:RM 657億、 2012年:RM 800億、2013年:RM 734億、

(Intraasia 注:石油市場の価格低迷はこのようにマレーシア経済にもかなりの影響を与えている。もちろんガソリン価格が下がるといった消費者レベルでの効果もある)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 295.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 346.5 を入手します。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月6日のマレーシア記事

【インドネシア大統領のマレーシア公式訪問】
インドネシアの Jokowi 大統領が就任後初のマレーシア訪問を開始しました。これは公式訪問です。
大統領はKLIA(クアラルンプール空港)に到着すると貴賓ターミナルで、ナジブ首相ら政府閣僚の出迎えを受けました。

【インドネシア人を屈辱する掃除機広告に抗議を突き付けた、インドネシア大使館】
最近マレーシアの会社のウエブサイトに載ったロボット掃除機の宣伝文句に対してインドネシア側から批判が出ています。
マレーシアの代理販売業者が出したこの掃除機 RoboVac の宣伝には 「あなたの家のインドネシア人メイドを解雇しよう。」 と書かれていたとのことです。

そこでインドネシア大使館は、マレーシアで働く数十万人のインドネシア人(メイド)に対して 「まったくの無神経である」 として、マレーシア政府に公式な抗議を伝えました。この出来事が起きたのはインドネシア大統領がマレーシアに到着するほんの少し前のことです。 

「Robova を売る民間会社の広告はインドネシア人にとって非常なる無神経と屈辱である。」 と2日前に出されたインドネシア大使館の声明は言う。 「我々は、マレーシア政府がこの広告を禁止するように求める。」

(Intraasia 注:作ったコピーライターとこの会社は、意識して意識しないにかかわらず、インドネシア人を見下す意識ができているということですね)

【今年は独中の生徒総数が8万人を超えた】
(華語独立中学校、通称独中、は華人界が独自に設立して運営している中学校で、全国に60校ある。国は私立扱いにしている。日本的呼称にすれば独立中華中学校と呼べるでしょう)

2015年の新学年度が始まって、全国の華語独中では(生徒数が確定し)これまでの生徒総数に比べて大きく増えて 8万人を超えました。 総生徒数は華語独中史上最多の 83042人。

全国の華語独中の生徒総数は2003年以降は連続12年間増加傾向を保っている。
独中史上最多の生徒数を記録した下で、生徒数の多い州の順序は、ジョーホール州、クアラルンプール、スランゴール州、ペラ州、サラワク州となる。
昨年度と比べてどの州の独中も生徒数が増えており、中でも増加数が一番多かった州はペナン州の独中で 612人増えた

全国60校におけ生徒数の分布は極めて不均一です、近年発展著しい、ジョーホール州とスランゴール州の独中16校の生徒数合計が、全体の5割を占めている。

(Intraasia 注:もちろん華語紙の記事であり、華語教育界の誇りとするニュースでしょう。 ところでマレー人界には独中のことはほとんど伝わらないはずです。逆に Sekola Agama つまりイスラム小中学校のことに華人界はまず興味を示さないでしょう。華語独中は私立扱いなので国の補助はない、当然保護者の負担は大きい、従って親たちは華人中流層以上ということになる。そこで華人中流層以上の世帯では、もちろん国民中学校へ通う率が一番多いが、華語独中や私立中学校に通う率がより増えているということになる。皮肉な見方をすれば、国民中学校を避ける率が増えているということです。)

【マレーシア語紙の 2コマコミックから】

malaycomic2015_01.jpg

上のコマ
今日の昼はチリで味付けした揚げナマズを食べたぜ。 ほんとに美味かったな!

下のコマ
美味かったのか・・・、 気をつけろ、あのな、ナマズにも"halal" と "haram" があるから、気をつけることだ。
そもそも"halal" でない出自の食べ物を食べるナマズを間違って食べてしまわないように。

(Intraasia 注:下のコマの後半部分の解釈にちょっと自信がないので間違いがあるかもしれません。ナマズの養殖の餌に "haram" な物を与えていたというようなニュースがあったのかもしれない、 推測すれば、そういう意味のようにとれる。 だからそういう禁止された餌を食べたナマズは"haram" ということになる。
 それはとして、マレー人の間で"halal"  つまりムスリムとして許されると "haram" つまりムスリムとして許されないの厳然たる区別の重要さがこういうコミックにも現れている、例としてこのコミックをここで紹介する意味もある。)


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月5日のマレーシア記事

【値下げをしない店をマレー人はボイコットすべきと主張した農業大臣の言動を巡って】
(農業省大臣(UMNO幹部であるマレー人)がつい最近自分のフェイスブックページ上で、燃料費が下がっているのに物品の値段を下げようとしない商売人らが少なくない。そこでマレー人は消費者の団結力を使ってそういう華人の店・業者をボイコットしよう、 と書きました。この件は、民族感情を刺激するとして、野党や在野からだけでなく、与党連合の華人政党からも批判が起きています。 一方農業大臣を支持する人たちも少なからずいるようです。)

農業大臣への支持を表明するとして、UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)の全国支部中 約90の支部長がプトゥラジャヤに集まりました、「農業大臣は誤解されていることから、攻撃を受けている。そこで我々は連帯の意味から集まります。」 農業大臣も出席しました。

前日農業大臣はUMNO本部のあるPWTC へ行きました、そこではUMNOの青年部などからの支持を受けました。
あるマレーシア語紙はこの写真を掲げている

農業大臣の発言に関して、警察長官は彼を呼んでその真意を尋ねると明らかにしています。そこで大臣は警察からの事情聴取の日程通知を待っていると述べました。
また大臣は、この件で陳謝はしないと、言明しました。「ファイスブックに書き込んだものは華人を狙ったものではなく、値段を下げない業者に対してのもである」 と大臣は別の書き込みを掲げました。

(ナジブ首相の意を受けた)内閣府が声明を出しました、「民族間で対立を生むようなあつれきはいつまでもつづけてはいけない、それは我々を傷つけるだけになる。」

(Intraasia 注:UMNO内部には昔から強いマレー民族主義のうねりがある。そこでこういったきっかけで吹きだすことになる。それを顕在した形で示すのが、UMNO 青年部や集まった支部長なのでしょう。このUMNOが持つ本質的性格をナジブ首相といえども、軽視することはできない、だから穏便なおさめ方で事を収拾させたいところでしょう。
それにしても何かにつけて民族が正面に出てくるこの頃です。なお現実として、地方の町や一定規模の村へ行けばわかるように、商売店の多くは華人所有です。ムスリム用の衣服店でさえ華人店主で店員はマレー人などといった場合が珍しくないはずです。多数派マレー人相手の少数派華人商売という構図は昔から変わっていない)

【かつてのプドゥ刑務所跡地を再開発する巨大プロジェクトの調印が行われた】
(クアラルンプール中心部の一画に、かつてのプドゥ刑務所跡の広大な面積の土地が開発されずに残っている。 対面はクアラルンプール警察の本庁舎であり、わずか数十メートル離れた場所には Berjaya Times Square が建っている。道路は Jalan Puduと Jalan Hang Tuahに面している)

このプドゥ刑務所跡地を開発する、 ブキットビンタンシティーセンタープロジェクトを、3者共同で行うための合意が調印されました: Eco World Development Group Bhd, UDA Holdings Bhd, 被雇用者福祉基金(EPF) 、

ブキットビンタンシティーセンタープロジェクト( Bukit Bintang City Centre)
・総開発価値は推定 RM 80億になる。
・約 7800平米の土地に 住居開発と商業開発を組み合わせた複合開発となる。 オフィスタワー、ホテル、サービスアパート、ショッピングセンターLifestyle Mall(三井が開発する)、 2500人収容のライブイベントホイールなども建設。
・創設する共同事業体において、 BBCC Development Sdn Bhd が設立されて Eco World が40%、 UDA が40%の株式を持ち、残り20%を EPFが持つことになる。
・プロジェクトの一部であるショッピング・小売り部門については、日本の三井不動産と共同開発する覚書を結ぶことになる。

プドゥ刑務所跡地の再開発は、政府の掲げる経済転換プログラムの1つともなっています。このプログラムではクアラルンプール圏を大クアラルンプール経済地方に変転させる狙いがあります。

プドゥ刑務所跡地は当初  被雇用者福祉基金(EPF)のプロジェクトになっていましたが、何ら開発されず既に5年ほど経ちました。その後2014年6月になって(政府系事業機関である)UDA が Eco World を再開発のパートナーに選びました。 Eco World の核になる経営陣はこの種の分野に十分な経験があります。

(Intraasia 注: 被雇用者福祉基金(EPF)は言うまでもなく公的機関ですので、事業機関ではないが豊富な資金を有する、UDA は国家資本が多くを占める事業体、しかし洗練された一等地のプロジェクトを単独で行うような力はない。Eco World 近年最も目覚ましく伸びている大デベロッパーです。そこで官と民の共同開発プロジェクト形式になるということなんでしょう。その一部として日本のデベロッパーもショッピングモールの分野で参加するのか。 )

【非ムスリムからもアルコールをコンビニで売らないようにとの支持がある】
(1月30日の記事をまず参照してください :マラッカ州政府は、居住者の割合でマレー人が90%以上の地区で営業する 7-11店舗ではアルコール飲料の販売を禁じるとの決定をしました)

マラッカ州首相は述べる、「マラッカ州政府がコンビニでのアルコール飲料の販売を禁止たしと報道した新聞(複数)がある。しかしそうはならない、まず州議会に法案を提出して、それが可決される必要があるからです。」 

「この件に関して、州内にある非ムスリムである、仏教徒、シーク教徒、ヒンズー教徒基盤のNGOから電話やSNS をたくさん受けた。彼らは単にムスリム多数派地区だけでなくどの地区でもアルコール飲料を売らないようにする運動を推し進めていくようにと、私を後押ししているのです。」 
「彼らは非ムスリムのとりわけ若者たちにアルコール飲料を売らないようにと、主張もしています。」 「私は州首相として、マラッカ州のどの民族コミュニティにも責任がある。」

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月4日のマレーシア記事

【世界の海水面の上昇からマレーシアの沿岸部も確実に影響を受ける】
国立水力学研究所の調査データからです。

マレーシアの多くの沿岸線は海の水位上昇の影響を受けています。21世紀末までには、沿岸部の多くの場所で浸水することになると予測されている。
気候変動が起こしている、海の水位上昇程度は、2010年以降 年間0.2㎜から 4.4㎜の範囲です。

国立水力学研究所の所長の説明: 水位上昇が最も予測されるのは、ケダー州とクランタン州の沿岸部、 サラワク州のSungai Sarawak 河口部, サバ州の東海岸部です。その程度は(年間)0.4㎜ -1.1㎜。

半島部の国民人口の31%は沿岸地帯に住んでいる。この定義は沿岸線から 5km 以内の内陸部を言う。
ペナン州、ペラ州、スランゴール州及びサバ州の港は、2100年にはその水位が2010年に比べて50cm以上高くなるでしょう。

(Intraasia 注:気候変動はグローバルなできごとであり、当然マレーシアだって影響を受けるということですね。経済成長優先主義の思考と方向性はどこの国でも変わらないので、しょせん大多数の人間はあくなき経済活動にまい進する。エコロジー思想はその速度を遅らせるに過ぎない、よって1世紀、2世紀先は地球環境は行きつくところまで行くのだと思いますな)

【郵便局で電気代などを払う際に物品とサービス税がかかるのか、かからないのか】
POS Malaysia は全国に697店舗(いわゆる郵便局)を有しており、郵便関連だけでなく、電気代、水道代、道路税などの支払い、自治体に払う不動産評価税、特定の保険料、などの支払い、運転免許の年間更新料など種々の請求書の支払いにも利用されている。

そこでPOS Malaysia は、 市民がこういう請求書や料金を支払会う場合に 物品とサービス税を課すのか課さないかを、当局と協議しているところです。

(Intraasia 注:物品とサービス税は4月1日から実施されるので、残り2か月を切った。課税非課税の多くは既に決定しているようですが、こんな身近で多くの人に関係することでもまだ決定しないものが残っているんだ。 POSの店舗は全国に700軒しかないって、本当? そんなに少ないのだろうか。確かに都市部のPOS はどこでもいつも混んでる気がするけど・・・)

【キナバル山登山で日本人男性が滑落した】
サバ州のキナバル山, 4095m, にグループ登山をしていた日本人男性、65歳、が下山途中の3300m辺りで朝8時前に滑落しました。

まず中腹地点まで運ばれていかれて応急処置を受けた後、Sabah Airのヘリコプターで麓の町まで運ばれました。その後Ranau 病院へ送られて手当てを受けました。その後で、さらに州都コタキナバルにあるエリザベス病院まで移送されることになっていると、キナバル山登山運営センターの話です。

(Intraasia 注:今朝マレーラジオのニュースでサバ州で日本人の事故うんぬんのニュースを耳に挟んだ。最初から聞いてなかったのでよくわからなかったが、恐らくこの件なのでしょう。これだけの救援活動を受けたらすごい費用がかかることは確かですから、保険を掛けてなかったら大変でしょう)

【定期預金の広告から】
最低預金額 個人客は RM 1万、ビジネス客は RM 25000.
最初の1か月目から3か月目まで: プロモーション年利率 3.38%
4か月目から6か月目まで: プロモーション年利率 3.58%
7か月目から10か月目まで: プロモーション年利率 3.78%
11か月目: プロモーション年利率 5.28%
12か月目: プロモーション年利率 8.28%

Maybank 及び Maybank Islammic の顧客に限定。 預金は複数ではなく1つであること。 プロモーション期間は2月18日までまたは銀行の設定した全体額に達したらその時点で終わり。
現行の年利率は11か月間までは年利 3.3%です。

(Intraasia 注: 12か月で年利 8%を超すというのは、マレーシアの銀行の通例に比べて異常に高い利率なので目に留まりました。)
2月7日追記:読者から12か月目の利率であるとの指摘を受けたので、改めて広告記事を見ました。まさにその通りであり、利率は何か月目毎に変動していることに気が付きました。ということで、上記を全て訂正しました。要するに経過月数によって利率が変わる、そこで最後の12か月目だけが、かなり高い利率になるということですね。


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月3日のマレーシア記事

【物品とサービス税(GST)が迫っているが未登録会社はまだ5万社ある】
2015年4月1日から実施される物品とサービス税(GST) では、年間売上高RM 50万以上の事業者は税関当局に登録する義務がある。

まだ税務当局に登録していない事業者数は推定5万社あるとのことで、当局は2月末までに登録すれば、違反の遅延金は科さないと表明しています。当初この期限は2014年12月31日でしたが、今年になって延ばされました。

「3月1日以降は、未登録事業者にはRM 15000の罰金を科します。」 「未登録業者の多くはサービス産業です。我々は十分な情報を持っている。我が局には13000人のスタッフがいるので、彼らを動員して未登録会社を特定します。」

【性奴隷になっている外国人女性100人ほどをナイトクラブから助け出した】

クアラルンプールの(KLCC界隈の通りである) Jalan P.Ramlee にある1軒のナイトクラブを警察が取り締まって、ビジネスを繁栄させるために性搾取の犠牲になっていた、100人ほどもの外国女性が救出されました。

これは、警察本庁の買春、ギャンブル、秘密結社を取り締まる部門である D7 のチームが深夜12時ごろにこの店を急襲したことから明るみに出ました。警察のチームが店を急襲した時、20代から30代であるこの外国人女性たちは客へのサービスに没頭していました、客の多くは外国人です。 

これまでにわかったことは、このナイトクラブは旅行者の興味を引こうとセクシーな女性たちのサービスをバーゲンしていました、つまり客たちに女性らに近づくチャンスを与える、その後セックスサービスの代金としてRM 500から1000を払わせます。

取り締まりチームのトップは語る、「早期捜査の段階でわかったことは、これらの外国人女性は全員”性奴隷” になっていたと思われる、その前に彼女たちはかなり良い賃金を約束された仕事をすると騙されていた。」 
「逮捕された外国人女性たちの国籍は、ベトナムが62人、フィリピンが13人、ウズベキスチャンが 12人、インドネシアが 4人、イランが3人です、そしてオーストラリア、バングラデシュ、カンボジア、モルドバ、ウガンダ、タイが各1人となる。」 「我々警察が見るところ、、彼女たちはホステス(GRO)として働いていおり、国内と国外の旅行者を誘引していた。その後でセックス目的に客を近隣のホテルに連れ込んでいた。」

「さらに30代のマレーシア女性 1人を逮捕した。逮捕した全員はクアラルンプール警察の Dang Wangi 管区警察署へ連行して、取り調べを続ける。」 「警察はさらに、店の客全員を検査して、何も違法なものを所持していないことを確認してから解放した。」

(Intraasia 注: hamba seks =性奴隷 という刺激的な表現をこの新聞は使っている。本当にそうなかどうかはわからない・・・、実際に記者らがインタビューしたわけでないのは明らかです。そもそも多額の賃金が約束された普通の仕事があるわけないことやGROとして働くことぐらい、これら外国女性は当然知っているはず。この時代誰もが携帯電話を持っているので情報は簡単に交換される。よってマレーシアに入国自体は合法にしたとしても、その後は不法に働いていることは当然自覚されているといえる。ただセックスサービスの強要までは予期していたのかどうかはわからないが、彼女たちが逃亡もせずに働いていたことからある程度推測できる。なお金は店に支払う形式のようだ。
クアラルンプールのど真ん中、旅行者相手の高級ホテルが数多くあるKLCC界隈の有名通りで、この種のセックスビジネスがどのくらいの期間か知りませんが、行われていたことはいつもながら興味深いことです。 経営者はいつかは手入れが入ることは当然知っているから稼ぐだけ稼ぐ。逮捕された地元人がたった1人に注目、単なる現場の管理役でしょう、恐らく誰が経営者かも知らないのでは。こういうナイトクラブの真の経営者はまず捕まらない、世の中まことにうまくできているといつも思う。)

【ケダー州のマッサージ店をセックスサービス容疑で捜査しタイ女性9人を逮捕】
ケダー州アロースターの Jalan Putra 通りで、マッサージとリフレクソロジーのビジネス看板を掲げながら密かにセックスサービスを提供していた2軒の店がイミグレセン(Imigresen)の取り締まりによって暴かれました。

ケダー州イミグレセンの取り締まり部門の長は語る、「一般市民からリフレクソロジーの店でモラルに反する行為をしていることが疑われるとの通報を受けたため、我々は先週から偵察活をした後で、夜9時ごろ取り締まり活動を行った。」 「この取り締まりでは、9人のマッサージ師女性を逮捕した、いずれもタイ人で年齢は25歳から40歳です。」 「さらにその店を運営していた30歳から50歳までのマレーシア人男性2人も逮捕した。」

「この2軒の店は既に1年以上営業していたものと思われる、マッサージとセックスサービスの提供を求める”色情狂” 客たちの根城になっていたようだ。」
「秘密情報を基にすると、彼女たちは客を愛撫してその欲情をかき立たせる、その後いろんなセックスサービスのために追加の料金としてRM 30から150を払うように求めた。」

「取り調べからわかったことは、逮捕したマッサージ女性全員がマレーシアに入国するための社会訪問パスを悪用していた。」 「取り調べを続けるために女性全員を逮捕し、イミグレセン(Imigresen)法1962年の該当条項に従って取り調べます、その理由は社会訪問パスと許可の条件に違反しているからです。」

「一方、店の管理者である2人のマレーシア人はイミグレセン(Imigresen)1959年63年法の該当条項に従って取り調べます、その理由はイミグレセン(Imigresen)法違反をしていると思われる者たちをその店内でかくまっていたからです。」

(Intraasia 注:社会訪問パスは旅行目的で入国する際の滞在許可証です。日本人旅行者など世界中からの旅行者はこのパスをパスポートに押される。 アセアン(ASEAN)合意によって、マレーシアに入国するアセアン(ASEAN)国民はビザ取得することなく社会訪問パスが得られる。 
上記の記事における多国籍でより若いセクシーな女性らによる性サービスととこのタイ人マッサージ師女性によるマッサージ名目のセックスサービスは、働き場所のいわば格が大いに異なる、一方はホテルへ行く、一方は狭いマッサージ屋のベッドの上ということなんでしょう。KLのど真ん中でそれなりに裕福な外国人やマレーシア人対象のサービスと比べれば、州都とはいえその格はかなり落ちることは確かでしょう。その違いが料金にものすごい差となっている。何につけても金がものを言うということですな。 両方とも大衆紙らしい記事です。
ところでこの記事のおかげで色情狂をマレーシア語でなんというかを知りました(笑): hidung belang )

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

2月2日のマレーシア記事

【すごい数の訪問者で埋まるタイプサム時のバツ洞窟ヒンズー寺院】
(南インドの民族であるタミール人のタミール歴で第10番目の月、Thai月、の満月の日に祝われるヒンズー祝祭をタイプサムという。陰暦なので太陽暦では1月になったり2月になったりする)

今年のタイプサムは2月3日です。スランゴール州の Batu 洞窟のSri Sburamaniar Swamyヒンズー寺院を筆頭に、全国で200万人が訪れることが期待されています。すでにタイプサム用にヒンズー寺院を訪れた信者も少なくありません。

Batu 洞窟のSri Sburamaniar Swamyヒンズー寺院を(表敬)訪問する非インド人政治家には、2日はスランゴール州首相(マレー人)、3日はナジブ首相が予定されている。

タイプサムに多くのヒンズー教信者が集まるのは、Batu 洞窟の寺院以外に、ペナン州の ウオーターフォールヒル寺院、 ケダー州スンガイプタニにある  Sri Sburamaniar Swamyヒンズー寺院, イポーにある Sri Sburamaniar Swamyヒンズー寺院などです。

(Intraasia 注:Batu 洞窟寺院は当日はものすごく混むので早めに訪問する信者は珍しくないとこれまでも言われている。 イントラアジアは大混雑するような場所はどこであれ好まないので、2度とこの時期にバトゥ洞窟へ行こうとは思いませんなあ。 昔と違って、Komuter電車駅がBatu 洞窟のすぐ脇にできたので、交通面では便利になりました。
新聞に載っている記事内容の単なる受売り知識です:ヒンズー教の3大神は Shiva, Visnu, Braham。 神の1つである Ganesha は華語で象神と表記されている、なるほどその顔は象ですからね。またMuugan神は 戦神と表記されている、タイプサムの中心になるのがこのMuugan神です。 ヒンズー教は典型的な多神教であり、様々な神がいることは素人でもわかる、そして偶像が豊富で装飾が華美である点はイスラム教と対極的です )

【破産者が最も多いのはスランゴール州】
2014年の全国における破産件数は 22305件でした。その内スランゴール州が最多発生件数を記録し 6668件です。
これは、支払不能庁によるデータを基に、内閣府の大臣が明らかにしたものです。

2番目に多いのがクアラルンプールで 3279件、次いで ジョーホールバル 2699件、ペナン州が 1579件、ケダー州が 1076件です
2007年以降破産する件数が劇的に増えた、年毎に数をあげると: 2007年 13238件、2008年 13855件、2009年 16228件、2010年 18119件、 2011年 19167件、 2012年 19575件、 2013年 21987件。

破産の主たる理由別を多い順にあげると(2007年から2014年までの合計数): 自動車の分割払い購入ローンに起因するものが2007年以降非常に増えて計 3万9千件、 次いで住宅ローンによるものが2万5千件、個人ローンの返済不能が 2万4千件となる

破産者を雇用または職分類面からみると(2007年-2014年の計)、民間部門での被雇用者が最多で 4万7千人、次いで 商売人 1万7千人、自営業者 5300人、公務員 4000人となる

(Intraasia 注:要するに経済活動の盛んな州や都市の住民の方が田舎の住民より破産になる人数が多いということでしょう。 周りの人たちに合わせて、経済的に苦しいながらも車や住宅を購入しようとする、そのうちにどこかで予定が狂い破産となるということかな。)

【デング熱検査に関して街の一般医からの反論】
(1月29日掲載の 「私立の医院はデング熱迅速検査キットを備えておくようにと、保健省」 を参照してください)
デング熱検査に関して保健省大臣が指摘した点に関して、一般医は反論しています:デング熱迅速検査キットを使うのは、患者の症状がデング熱と疑われる場合にすべきである。

「街の私立医院はそこを初めて訪れた患者に関して、血圧が正常、血小板数が正常だがデング熱であると診断した場合は、一般医はその患者を国立病院へ行かせます、しかし国立病院はその患者を断るのです。」 このようにマレーシア一般医協会の会長は語りました。

会長はデング熱迅速検査キットの費用も多くの患者にとって問題となると説明する、「一般的に迅速検査はRM 30から40かかる。一方デング熱迅速検査キットは RM 80です。これ以外に一般医に掛かる診察費と薬代もかかるのです。」
「患者の症状が2日後も変わらなければ、またその医院を訪れてデング熱検査をするかまたは国立病院へ直接行きなさいと、患者にはアドバイスすることになる。」

マレーシア医師協会の会長も述べる、「患者が最初に医院などを訪れた際にデング熱検査はしない、なぜなら経済的に実行が難しいからです。」 「熱のある患者が初めて医院を訪れた際に、デング熱検査をする必要があるとは思わない。しかし熱が2日経っても下がらなければ、再診に来なさいと伝えます。」

(Intraasia 注:デング熱と疑わしい場合でも高熱になって3日後にならないと血液検査しても意味がないと、国立大学病院でイントラアジアは何回も言われた。それと同じようなことがこの記事でも書かれていますね。高熱になって1日か2日後に医院を訪れてすぐ検査するのはあまり意味がない、さらに費用面から全ての患者には適用できないということでしょう。確かに支払金額がRM 100を超えてしまう、これでは低所得層の人は大いに躊躇します、イントラアジアもこの値段では第1回目の医院訪問では検査を要求しないと思う)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2月1日のマレーシア記事

【今月からガソリンがまた値下がりした】
ガソリン類の販売価格が2月1日からまた値下がりすることを、財務省副大臣が発表しました。11セントから20セント程度の下げ幅です。

1リットルあたりの価格: レギュラーガソリン Ron 95 はRM 1.70、 ハイオクガソリン Ron 97 はRM 2.0、ディーゼル油 RM 1.70、

(Intraasia 注:こういう基本的燃料はガソリンスタンドが勝手に値付けするわけではありません。それにしてもガソリンは安い)

【リクルート会社 Jobstreet.comの調査ではボーナス支給は1.4か月】
(マレーシアで最も有名なリクルート会社である) Jobstreet.com は発表した調査リポートの中で次の点を指摘しています:
今年、各企業が出すボーナスの平均は1.4か月分です、これは昨年の1.7か月分より低い。 業界の中では金融銀行界が最高であり、平均2.5か月となる。

 Jobstreet.com は説明する:
「賃金引上げとボーナス以外に、雇用者は引き続き従業員には福利を提供していく意思を明らかにしている、例えば交通費、医療費、通信費、旅費などの手当てです。」

調査から明らかになったこと: 「現有の従業員を維持していくために、雇用者は賃金を上げボーナスを出すつもりである。雇用者の95%は賃金を上げるつもりとしている。そして31%の雇用者は賃金の上げ幅を6%以上としている。一方従業員の方は54%が、賃金上げ幅において 6%から10%を希望している。」

「ボーナスの支給を受け賃金が上がった後で、42%の従業員は引き続きその会社で働くと回答した。しかしそういう従業員も、他に良い雇用機会があれば、58%がその会社を辞めると答えている。」

(Intraasia 注:零細な会社はリクルート会社をまず利用しないはずですし、リクルート会社の利用は職種と仕事内容にも大いに作用されるから、マレーシアの小規模会社以上で且つある一定の職種の状況を示すものといえるのではないでしょうか)

【マレーシア国のパスポートは入国自由度が高い、そこで盗難対象にもなりやすい】
世界の国 219か国中、マレーシアパスポートを携帯した国民に対して事前に入国査証を得ることなく入国できる措置を認めている国が 163か国あります。これは国民が世界の国々に入国できる自由度番付で世界第9位になる、とのことです。( Henley & Partner Visa Restrictions Index に基ずく)

このことを指摘した内務省長官は述べました、「マレーシアパスポートは、国際的な不法グループによって盗難されることを防ぐことが大切です。」 「パスポートを紛失して新たに申請する場合は、まず警察に紛失の報告を出す必要がある、その警察報告書をイミグレセン(Imigresen)に提出しなければなりません。火災などでパスポートがなくなった場合は、消防署にまずそのことを報告を出さなければならない。そしてその報告書をイミグレセン(Imigresen)に提出する必要がある。」

イミグレセン(Imigresen)の統計では、国民がパスポートを無くしたとの報告件数は、2013年 19579件、2014年 16789件でした。




テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 BLOG TOP