プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

6月30日のマレーシア記事

【スーパーマーケット Econsave で販売されているハリラヤ用お菓子はハラルであり、国内生産だ】
大手スーパーマーケット(の1つである)Econsave は、そのチェーン店 57店舗で販売されているハリラヤ用お菓子が中国から輸入された物であり、マレーシアイスラム教発展庁Jakim が認証した ハラル認証を得ていないという疑惑を否定しました。

Econsave ジョーホール州営業責任者はジョーホールバルの警察署で記者に述べました、「数日前からフェイスブック上で広く流布されている憶測は間違いです。その理由は、Econsave は5年前からマレーシアのハリラヤ用お菓子供給業者を使っているからです。」

「これまで5年間、Econsave ジョーホール州で操業している3つの主な供給業者から供給を得てきた、ムアールにある業者と、タンカックにある業者と、もう1つはマラッカ州にある。」
「3つの供給業者はいずれも中小企業であり、 Jakimからのハラル認証を得ており、その認証はまだ期限が切れていません。」

(Intraasia 注:  kuih raya クエラヤと呼ばれるハリラヤ用お菓子は、ハリラヤ祝祭に付き物である飲食品の1つです。家庭で手作りする人も、店や市場で買う人もいます。販売品を見る限りクッキータイプが主流のようですが、家庭手作りの場合はそれが全てではないかもしれない。祝い物のお菓子なのでそれほど安いとは思えませんが,よく売れているように見える。 kuih raya はラマダン月には実に多くの場所で売られている。 
このスーパーではこの時期の大事な販売品がハラルではないというデマを飛ばされたので、責任者が警察署に届けに行ったのでしょう。どこどこの飲食店は実はハラルではないとか、ハラル商品なのにハラル認証に遵守していないと言った噂が時々ネット上で流されることがあることが、マスコミ報道からもわかる。 現在のソーシャルメディアサイトの流布力は高いので、こういうデマに襲われるとたいへんだろう。
近年のマレー界におけるハラル潮流の強さから、マレーシアで長年営業するこのスーパーがまさか偽ハラルを隠して販売していたとは思えないなあ。間違って非ハラル品が混入することはあり得るとしてもだ)

【自動車のナンバープレートの記号に “Patriot" を使って競売方式が進行中】
マレーシア愛国基金会(Yayasan Patriot Negara Malaysia)が、道路交通庁の同意を得たうえで、自動車の登録記号(ナンバープレート記号)に “Patriot” の文字を使う特別企画活動を進行させています。

この企画はマレーシア愛国基金会に属する非政府組織が発案して、道路交通庁の協力を得て、行う募金活動です。 自動車登録記号に“Patriot” を使って 1から 9999までのナンバープレート番号を入札方式で販売する。 
“Patriot 1" のプレート番号はRM 100万の値から始まるとのことです。 現在 5人が入札に参加しており、各人とも20%の予約金を納めたもようです。入札は6月1日から始まっており、6月30日に発表される。

マレーシア愛国基金会(Yayasan Patriot Negara Malaysia)の幹部によれば、 「“Patriot 1 ”から “Patriot 10” までのプレート番号は、最低入札金額がRM 38万から RM 100万に設定されている。 各番号の競争は熾烈です。競売価格は既に大きく上がっている。」

(Intraasia 注: この華語記事の一部に読解に自信のない部分がありますが、大意として間違っていないはずです。 “Patriot"  とは愛国という意味です。 6月26日掲載の国民世帯月収における大きな格差の存在から、こういう裕福者の自尊心をくすぐる募金活動も企画可能ということなんでしょう。 mencintai negara 愛国といった表現は好まれるスローガンです、まあ多くの国で似たようなものでしょうが)

【嘘の申告が税関で見つかった密輸タバコ 4万カートン】
クアラルンプール国際空港(KLIA)の税関当局は、プラスチック製品とうその申告をして輸入したタバコ 4万カートンを押収しました。 この嘘申告による脱税額はRM 400万を超えます。
KLIA税関の長によれば、これは5月中旬に中国からポートクラン港に到着したコンテナ貨物で、偽りの申告額は RM 11万ほどでした。

税関当局の検査によって、荷は本数にして800万本になる違法なタバコでした。そこで先週税関当局は押収しました。

「我々は荷受人の住所に基づいて会社に接触しようとしたが、住所も名前も虚偽でした。」 とKLIA税関の長は記者会見で発表しました。

(Intraasia 注:空港ではなく港へのコンテナ便で届いた荷の中身は密輸タバコだったというニュースです。こんな多量のタバコを送り込めるという、密輸組織の力を感じるしかありませんね。各地の税関が時々摘発するこういった偽申告密輸は恐らく氷山の一画でしょう。だからこそ国内で密輸タバコは合法タバコに対する比率で数割ににもなるといわれている。 偽申告の荷受け者が架空であったというできごとはよくあるようです。結局のところマレーシア側の主犯は決して捕まらない)

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月29日のマレーシア記事

【タバコメーカー最大手が GST分を上乗せして小売値値上げを発表】
今年4月から物品とサービス税(GST)が施行された際、タバコメーカーはGST分を直ちに販売価格に上乗せしませんでした。

タバコメーカー最大手のブリティッシュアメリカンタバコ会社マレーシアは、物品とサービス税(GST)分を考慮した小売価格の値上げを発表しました。同社は声明で、「4月の物品とサービス税(GST)実施以来、GST分を負担してきた。」 と述べています。

値上げ実施: 6月29日から、
値上げ幅: 同社のブランドである Dunhill, Benson and Hedges, Pall Mall, Kent, Peter Stuyvesent、Lucky Strikeなど 対象に1箱あたり30セントです。

(Intraasia 注:当然他のメーカーも遅から早かれ値上げに踏み切ることでしょう。税関当局は密輸タバコの取締りに力をいれているが、密輸タバコの率をへらすことはできても撲滅することは到底無理、 公定価格のタバコは値上げして従来の利潤を確保しようとするということになる)

【ジョーホールバルの出入国検査場を通らずに出国した者たちが50人ほど逮捕された】

ジョーホールバルのイミグレセン(Imigresen)総合ビルでの出国検査を受けずに出国しようとした者たちが 14人逮捕されました、13人はマレーシア人で1人はシンガポール人です。
ジョーホール州のイミグレセン(Imigresen)幹部の説明では、彼らはマレー鉄道線路横の抜け道を通って違法出国したところを、Imigresen 係官に逮捕されました。

今回(29日)の逮捕の前に、今月27日に同じ方法で違法出国しようとした、マレーシア人36万人、シンガポール人1人が逮捕されています。
マレーシアパスポートはIC を組み込んだタイプなので、(強いて望まない限り)スタンプ押しが不要です、そのためシンガポールのイミグレセン係官は、あるマレーシア人がジョーホールバルのイミグレセン(Imigresen)検査場を通らなかったとしてもそのことの注意を喚起されることはない。

マレーシアのイミグレセン(Imigresen)当局のデータシステムとシンガポールイミグレセン(Imigresen)当局のデータシステムはつながっていません。

(Intraasia 注: マレー鉄道の線路横にそんな抜け道があるとは・・、いつも見ているわけではないのでどういう風になっているか思い出そうとしても浮かんできません。しかし始めから最後まで決して全く人目につかないとまではならないのではないだろうか? クランタン州やケダー州の山岳地帯じゃあるまいし、ジョーホールバルイミグレセンのような国内最大級の出入国管理当局がある場所でそんな抜け道があるとは信じられないなあ。 捕まった50人だけが全く初めて違法出国しようとしたとは到底思えないので、これまで多く者たちが同じようなことをやっていたのではないだろうか)

【物品とサービス税(GST)が掛かる場合、掛からない場合の例】

国内の公共交通機関は物品とサービス税(GST)は非課税に分類されている。そこで列車、電車、乗り合いバス、長距離バス、フェリー、スクールバス、さらにタクシーも、GSTは掛からない。

しかし、税関当局の説明では、飛行機は日々不可欠な大衆交通機関とみなされないためGST が課される。
サバ州サラワク州人からは、両州の広さと地形から飛行機は不可欠な交通手段の1つである、従ってGSTから非課税にすべきだという主張が出ています。

(銀行のATM機は MEPS と呼ばれるネットワークによって他銀行のATM網とつながっている)
MEPS を利用した専用ATM機または他銀行のATM から現金を引き出す際には、利用1回ごとにMEPS手数料としてRM 1が掛かる。
物品とサービス税(GST)の施行に伴って、この手数料にも 6%が課されるようになったので、利用者は注意した方がいいでしょう。

MEPS ネットワークの利用よりもデビットカードが利用できる店ではデビットカードを考慮するのも手です。 デビットカードは毎回の使用に対して物品とサービス税(GST)は掛からないからです。(Intraasia注:買った品物にはGSTは掛かる)

「領収書を発行しないことに客が同意した場合、その客に売った物品に対して物品とサービス税(GST)を課さないのは違法行為である」と税関庁の長官が言明しています。
「物品とサービス税(GST)の課税業者は必ず、課税しなければならない。」 「業者の中には客に領収書がいるのかどうかを尋ねる者たちがいる。」

「弊社は物品とサービス税(GST)を課しません、という宣伝文句はマーケティング上のごまかしです。物品とサービス税(GST)は顧客から徴収する義務がある。客を引付けたければ、売価を下げればよい。」

(Intraasia 注:ある物品の購入の際、領収書を発行しないから6%を課さないという文句には、Intraasia 自身も出会いました。なるほど、こういう思考が店や業者に出回っているのだなと納得したのものです。要するに帳簿外商売ですな)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月28日のマレーシア記事

【24時間営業の飲食店に関して現状維持することを政府は決めた】
内閣府の大臣がごく最近、24時間営業の大衆レストランに関してその営業時間を制限したらどうかと発言したことに関して、ナジブ首相は記者団に述べました、「レストランの営業時間と24時間営業の飲食店に関して、政府はレストラン等が営業している現状を維持することを決めた。だから心配する必要はありません。」 

「24時間営業のレストランはママックと呼ばれる飲食店とほとんど同義であり、その多くはマレーシアインド人ムスリムによって経営されている。市民向けに大きなサービスを提供しているのです。」

「そういうレストランが毎日24時間営業をできないようになれば、彼らの生活に影響が出て来ることになる。」 「営業時間に制限が設けられれば、一般市民には不便になる。」
「大臣の提案は考慮に入れたが、政府は市民のためにその案を取り入れないことに決めました。」

(Intraasia 注:人口の多いクアラルンプールとその近郊には、当然ながらいろんな種の飲食店が数多くある。その中で mamak restaurant と呼ばれる店は24時間営業していることで知られている。近年新しい店舗の mamak restaurantが目立って増えていることを感じる。マレーシア社会にはそういう24時間営業店を批判的にみる人もいるということから、ごく最近それを制限するという案が出てきた。いずれにしろ政府は基本的に深夜営業を制限しないということですね。
インド人界のムスリムは mamak と呼ばれている、これは揶揄や差別的な言葉ではなく、インド人ムスリムレストラン自身が ママックレストランと呼んでいる。新しいタイプのママックレストランはエアコン設備のない店舗を明るく照明しており、液晶テレビを1,2台吊り下げて客が長居することも期待している。 ママックレストランはもちろん halal なので客層は民族に偏りはなくマレー人もインド人も華人も利用する。これがマレー大衆レストラン、華人大衆レストランとの目立つ違いの一つでもある。なお外国人労働者を従業員に使っている mamak レストランは多いはずです)

【去年12月の大水災でタマンヌガラ国立公園の旅行業関係者は今も苦境にある】
(2014年12月に半島部東海岸で起きた大水災はタマンヌガラ(国立公園)の旅行業にも多大な被害をもたらした)

タマンヌガラで25年間営業しており、多くの外国人旅行者が泊まる Mutiara Taman Negara リゾートは被災のために6か月間休業しました。同リゾートにとっては開業以来の最長期間休業です。さらに悪いことに、同リゾートの修理には推定RM 800万かかるとのことです。

同リゾートが浸水に囲まれて孤立したクリスマス時期には、消防庁は4艘の救援のボートを送って80人を超える宿泊を救援しようとしました。

Mutiara Taman Negara リゾートのマネージャーは語る、「同リゾートは年間に平均して 8万3千人の宿泊客があり、その内80%が外国人です。」 「タマンヌガラ国立公園が閉鎖を発表したことから、旅行者は来なくなり、今でも続いている。電話で状況は良くなっているかの問い合わせが今でもあります。」

「タマンヌガラ国立公園の観光への応援が必要です、閉鎖はタマンヌガラの景観全体だけでなくこのあたりに住んでいる人たちの生活にも影響を与えているからです。」

別記事
(タマンヌガラ(国立公園)へ行くためには Sungai Tembeling川をボートで川を上って行くことが一般的です)

大水災の際に、Sungai Tembeling川近辺に住んでいる人たちは家を失ったり、収入の糧を失った人がたくさんでました。
この Sungai Tembeling川はタマンヌガラ地区に住む人たちにとって水資源であり且つ収入の糧になっているのです。

Sungai Tembeling川でボートを運営し、タマンヌガラボート協会の会員でもある人、62歳、は言う、「1986年以来この地で働いてきたが、昨年のクリスマス時期に川の水位が15mを超えたのは初めてだった。」

「タマンヌガラ公園当局が被災のひどさから、閉鎖を発表したことで、店や公園ガイドやボート運営者などほとんどの観光関連の商売は収入がなくなり苦境に見舞われた。」 「今年の1月から3月はこれまでの最悪の経験だった。タマンヌガラ国立公園が12月から2月まで閉鎖されたことであらゆる収入の道がなくなったからです。」
「普通は我々は低シーズン時期にも生活できる金を蓄えてあるが、今回の水災はあまりにもひどかった。」 

彼はSungai Tembeling川近辺に30年間近く住んでいます。「水災は川の90%を変えてしまった。川の水深は以前ほど深くない。砂や泥が川底に堆積したからです。」 「緑に包まれていた川辺は今では、腐った木々や砂で埋まっている。」 「川近辺にある家々の所有者は修理ができません、放棄するしかないのです。」

「我々が受け取ったのは1人につきRM 3千に過ぎない。この金額も家が損傷した者に対してです。家に物的損傷がない者が得た援助は食べ物だけでした。」 と不満を語りました。

(Intraasia 注:昨年12月の大水災はクランタン州だけでなくパハン州の一部、トレンガヌ州の一部にも大きな被害を与えた。タマンヌガラ国立公園はこれらの州境にまたがっている。Sungai Tembeling川が氾濫してリゾート客が孤立したというニュースは当時大きく扱われた。しかしその後全国ニュース扱いではなくなったことから、旅行関係業者や近隣の人を除いて、現在のタマンヌガラとSungai Tembeling川近隣がどうなっているかはなかなかわからない。イントラアジアもその後の状況はほとんど知りませんでした。タマンヌガラの広い意味での旅行業に携わっている個々人や川辺に住む人たちにとっては、自然災害ゆえに補償を受けるすべがまずないということなんでしょうね)




テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月27日のマレーシア記事

【売春活動容疑でペナン島の風俗店を取締り、外国人ホステス36人を逮捕】
ペナン州警察はペナン島 プラウティクス地区にある Midland ショッピングセンターで夜営業をしている風俗店を売春活動容疑で取締りを行い、ホステス(GRO)として働いていた外国人女性らを逮捕しました。

これはペナン島本部警察の売春・賭博・私党取締り部が夜7時半頃行った取締り活動です。逮捕した36人の外国女性の内訳は中国人が33人、ベトナム人が3人です。 逮捕した全員を東北地区警察暑に連行しました。
警察は捜査に協力させるため、5人の男性従業員も警察暑に連行しました。しかし店にいた客は1人も連行しませんでした。

警察によれば偵察をしただけでなく、またその地区の用心棒グループに従って店に入るためには客を装わなければならなかったとのことです。
取締りの際、ペナン州で知られた Datuk 称号を受けた事業家が店内の部屋に居たとのことですが、ペナン東北地区警察の幹部はこの件にはコメントしませんでした。

(Intraasia 注:Midlandはペナン島で昔から知られた小型のショッピングビルで、島の中心部に近い場所にある。 その建物内にある風俗店なのでしょう。滞在や労働自体が不法となる外国女性を使って営業していた店が取り締まられた、お馴染みの取締りです。中国人女性もベトナム人女性も逮捕される対象としてお馴染みであり、客がとがめられないのも珍しいことではない。36人もの不法外国人女性を使って、どのくらいの期間か知らないが、営業できていたということ自体が社会の裏構造が支えている現実ですね。真の経営者はどこにいるのかな)

【マレーシア語紙のマレーコミックから】

malaykomik_jun.jpg

1コマ目
左側の黒シャツ男:奥さんが亡くなってからというもの、おじさんは孤独そうに見えます。 魅力的になっておじさんもう一度結婚すれば。そんな孤独の中で暮らしていたら 何十万リンギットの貯金があっても役立たないでしょうに。
右側の年配男:貯金というものわなあ、年老いてからの蓄えなんだよ!

2コマ目
左側の黒シャツ男:年とった時っていつのこと?  おじさんは今だってとっくに十分年とっているのに。 若者らしい風貌なんて少しもないのですよ。
右側の年配男: うーっ。俺が既に年取ったなんて少しも感じていないのになあ。

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 298.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 368.5 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 274.5 を入手します。

(Intraasia 注:対米ドルでずっと円安基調ながら、円は対リンギットで先週末より多少上がった。シンガポールドルはなんと 2.745 にまで上がっている。このようにリンギットが対米ドルで切り下がっている影響がみられる)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月26日のマレーシア記事

【国民の月間世帯所得が増加した】
以下は、統計庁が調査してまとめた ”世帯所得と基本的アメニティー調査2014年” で明らかにされていることです。
マレーシア国民の世帯において、2014年の月間世帯所得の中央値が RM RM4,585 に増えた。2012年の月間世帯所得の中央値は RM3,626 だったので年率11.7%の伸びを示していることになる。

「この調査は、2014年の12か月間に渡って都市部と田舎部の両方で、個人からの聞き取り方式で行いました。」 「一般に、世帯が得る収入源には4つある: 雇用者から受け取る賃金、自営業収入、不動産と投資からの収入、経常移転収入。」

州別に比べた世帯月収の中央値:
クアラルンプール RM 7,620, プトゥラジャヤ RM7,512、スランゴール州 RM6,214、ラブアン島 RM5,684、ジョーホール州 RM5,197、マラッカ州 RM5,029、ペナン州 RM4,702、
これら以外の州は 全国の中央値である RM4,585 を下回る。

国民世帯における世帯月収の平均値をみると、2014年はRM RM6,141です、2012年の RM 5,000 から年率 10.3%の伸びとなる。

州別に比べた世帯月収の平均値:
クアラルンプール RM10,629、プトゥラジャヤ RM10,401、スランゴール州 RM8,252、ラブアン島 RM7,591、ジョーホール州 RM6,207、
これら以外の州は全国平均値である RM6,141 を下回る。

ジニ係数: 2014年 0.401、 2012年 0.431
「従って国民世帯月収に関する配分面ではいくらか改善していることになります。」

(Intraasia 注:この統計数字はマレーシアを知る上でたいへん重要なデータです。中央値と平均値がかなり乖離していることが読み取れる、乖離が大きければ大きいほど所得格差を示すものだといえますよね。 とりあえず6月21日の該当記事をご覧ください。
連邦直轄領は3地方あり、クアラルンプールとプトゥラジャヤとラブアン島です。他州に比して連邦直轄領に住む世帯収入の高さが浮き彫りにされている。クアラルンプールの平均値がRM 1万を超えている、まさに実態とのずれの大きさと、それだけ高所得者層の多さを物語っている。従って全国の物価上昇の高さを考えれば中央値で年率 11%の伸びであっても実質はこんなには伸びていないことは明らかだ。とりわけクアラルンプールでの物価上昇の早さを考えれば、クアラルンプールに住む低所得者層の暮らしはより大変になっていることを Intraasia 自身もつくづく実感する。クアラルンプールに住む平均的な5人家族で世帯月収RM 3千の低所得層は、ローン払いのない自家保有者ならまだしも、賃貸住宅居住の場合は間違いなく苦しい生活になります。
全国平均値を見て驚いた、工業州であるペナン州でさえその数字を下回る ! 比較としての低所得州である東海岸諸州とサバ州とサラワク州から見たら、この全国平均 RM6,141という数字はほとんど実態を伴わない数字でしょう。)

【特定地区では深夜営業時間を制限する提案を巡る論議】
国家社会理事会 (Majlis Social Negara)は来週の会議で、特定の時間には営業を終えなければならないようにすべく娯楽場所に制限を設けるべきかどうかを討論します。 大衆飲食店などの営業時間を午後12時を超えてはいけないとするような規定を設けることは社会問題を解決する1つの案であるとのこと。
現時点では、深夜上映を行う映画館がこういった論議で影響をうけるのかどうかはわかりません。

内閣府の大臣が国会の論議の中で答えました、「来週の国家社会理事会の会議で話し合うべく報告持って行くように役人に指示した。その会議で営業時間に制限を設ける娯楽場所の件を討議します。」

つい最近、UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)のある国家議員が、「24時間営業の店は年々社会問題を起こし、同時に社会問題の根源となっている。政府はこういった社会問題を克服するための計画としてどのようなものであるのか?」 と発言しました。

マレーシアムスリムレストラン業者協会の会長は主張する、「大衆飲食店は社会問題の根源ではない。もし深夜12時前に営業を終えなければならないといった規定ができれば、商売のコストが増加して価格値上げの対応を取らざるをえなくなる。」

(Intraasia 注:24時間営業を社会問題の根源の1つだと見なす人たちの観点は娯楽を宗教的制限から捉える、お馴染みの観点なので目新しいことではない。現在のような深夜営業をいたるところで認めるようなあり方こそ論議さべるべきでしょう。静穏を尊重する意見は少なくないが、それが取締りを伴った法的規制で守られていないことが問題なのになあ)

【破産宣告を受ける最多年齢層は35歳から44歳】
2010年から2015年4月までに破産宣告された人の数は 10万7千人を超える、と国会の上院で政府が答弁しました。

破産宣告に関する質問に答えて財務省の副大臣は述べる、「この総人数中、最大の年齢層は 35歳から44歳であり、37,888人を占める。」
「45歳から54歳の年齢層が 29,952 人で、25歳から 34歳までの年齢層が 23,484人です。 55歳以上は13,490人になる。 24歳以下は 1,469人となる。

「破産宣告される主たる原因は、自動車の分割払い購入の支払い、住宅ローン、 クレジットカードなど個人借入、一般金融などのビジネス借入、の返済ができなくなったことです。」

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月25日のマレーシア記事

【ムスリム保守派の強まりに抗して少数派のムスリム女性NGO は主張する】
以前からムスリム女性の権利を擁護し、強く主張するムスリム女性NGO としてよく知られた Sisters in Islam は、マレーシアでイスラム教を守旧的に捉える勢力の力が強まる中で、訴えている: ムスリム女性の身体“aurat”について、クルアーンは特定して言及していない。

「女性がその顔と手首を除いて “aurat” の全てを覆うというのは、 Asma Abu Bakar によるハディースを根拠にした捉え方である。」 ハディースは ムハンマドの言行録をまとめたものと言われる。 「しかしこのハディースはイスラム学者から大いに反論を受けてきた。例えばとして2,3のイスラム学者の名をあげる。」  Sisters in Islam はこのように最近ある新聞とのインタビューで語りました。

「Sisters in Islam は、女性の髪は "aurat" 身体の一部ではないという立場です。実際のところクルアーンは、髪は"aurat" 身体の一部であると特に言及していない。」
「仮に女性の髪が女性の性器であるならば、クルアーンは明確にそのことを言及したことでしょう。」

マレーシアではイスラム教当局と権威者たちがますます保守的な立場を取るようになっている、このことがムスリム女性に対してトゥドゥンを身に着けるべきであると忠告すること、及びそうしていないムスリム女性を厳しき批判することに結びついている。 振り返って1950年代と1960年頃のマレームスリム女性の多くは頭を覆っていなかったのです。
イランでイスラム革命が起きたのは1989年です。それ以降、マレーシアではトゥドゥンの人気が広がり始めた。

Sisters in Islam は主張する、「マレーシアにおける  “aurat” の解釈は1980年代からますますアラブ文化の影響が強くなっている。 1950年代、60年代のマレー女性の多くはトゥドゥンを身につけなかったのです。当時はクランタン州の mufti の妻さえトゥドゥンをつけていなかった。」
 「“aurat” に関するたいへん狭く保守的な解釈は主に女性に向けられる、その結果として ヒジャブを義務化して女性の身体を管理しようという強迫観念が強まっている」

(Intraasia 注: これはムスリム界が決めることですから、非ムスリムがどうこう言ってもことはなんら進展しない。確かに50年代、60年代のいろんな記録写真を見れば一目瞭然に、マレー女性が頭になにもつけていない姿が多い。世界のイスラム潮流を変えたイラン革命以降の変化はマレーシアでも明らかにある。 守旧的ムスリムを批判するムスリムの批判者たちはアラビズムを指摘することがある。それがここでも言及されていますね。 Sisters in Islamのような少数派の捉え方はマレーシアイスラム当局が全く受け入れないことはこれまでの出来事が示している。)

【UMNO本部でマハティール元首相の肖像画の灯りを消したできごと】
クアラルンプールのPWTC(プトゥラワールド貿易センター)建物の一部でもある UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)本部ビルには初代から現在の第6代ナジブ総裁まで歴代総裁の大きな肖像画が掲げてある。(その内第2代のラーマン総裁からナジブ総裁はいずれもマレーシア首相に就いている)

マレーテレビ局 SuaraTV が、肖像画には灯りがつくようになっているが、マハティール元総裁の肖像画だけには灯りが点いていない、 と報道しました。このためたくさんの批判が出ているとのことです。

UMNO青年部長である青年とスポーツ大臣は言う、「マハティール元首相の肖像画の灯りを消してしまうというのは愚かな行為です。そんなことをやってはいけない。」

(Intraasia 注:このところずっと続いている、マハティール元首相によるナジブ首相攻撃の結果、UMNO党内にもマハティール元首相を排斥するムードがあることの兆候でしょう)

【3人の警官が6人の中国人女性と共に逮捕された】
スランゴール州クランにある1軒のレストランの駐車場で、3人の警官が汚職容疑で反汚職委員会によって逮捕されました。
3人が午後2時半頃逮捕された際に、現金RM 12000も押収され、一緒にいた6人の中国人女性も逮捕された。

反汚職委員会はこの取締りでまた、スランゴール州イミグレセン(Imigresen)の受け入れ認証スタンプとスランゴール州イミグレセン(Imigresen)係官名の印章も押収しました。

(Intraasia 注:警官が反汚職委員会に逮捕されることは珍しいニュースではない。よってこれは小さな記事です。中国人6人やイミグレセンの印章と一緒ということはなにやら密入国か不法滞在の合法化に関与しているかのように思える)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月24日のマレーシア記事

【ペルリス州山間部にあるタイとの国境検問所の様子】
ペルリス州 Wang Kelian にあるタイとの国境検問所では、この検問所を通過する者全員に対してパスポートの検査を今年4月1日から義務つけました。しかし現実は依然として、いわゆる顔パス文化が目立ちます。

(この記事を伝える新聞社の)記者が今月のある日5時間に渡って観察したところでは、地元人の中には検問所の出国ゲートと入国ゲートの両方で検問所係官に手をあげるだけで平然と通り過ぎる者たちがいます。
しかしながら検問所の係官は、見慣れない顔にはそのパスポートをきちんとチェックしていました。

午後1時から6時までは検問所を車とバイクで通る通行量が多い、いずれもタイナンバーである。 12人のタイ人が歩いて検問所を通過した、その内8人はパスポートを携帯していた。

ある時、地元人の1人が言った、「国境検問所の通過に問題が出そうな人は私に接触すればよい、検問所向こうにあるWang Prachan 市場で物を買うのを手伝ってあげよう。」
禁輸品の場合はどうなるのかとの問いに彼は言う、「友達の係官が勤務につくまで待ってほしい。向こう側(タイ側)ではちょっと気を利かせてあげれば、面倒見てくれるのだ。」

密入国者がどうしていかも容易に入国できるのかとの問いに彼は答える、「地元の若者たちが手引きする。治安部隊が検問をしている場所を見張っており、その検問が終わると、彼ら手引き人のバイク活動が目につく。そして密入国斡旋グループに治安部隊の居場所を知らせるのさ。」 「多くの密入国が行われるのは Wang Kelian に近いWang Mu地区のジャングル路においてだ。」

我々記者らが観察したところ、トラックやピックアップトラックの多くはなんら検査受けることなく、検問所を通過していく。この国境検問所にはX線検査装置はない。

タイ側の  Khuan Don国境検問所のイミグレセン(Imigresen)係官は答えて言う、「パスポートを携帯していないタイ人でも検問所向こうにある Wang Prachan 市場と半径1km以内へは行くことは許されるでしょう。 それを超えてしまえば、タイ治安当局から取り締まられる危険を冒すことになる。」

Wang Prachan 市場(いちば)はタイ側国境検問所とマレーシア側国境検問所を結ぶ道路で開かれる(つまり両国の国境地帯で開かれる市場)。最近両国の治安当局がこの市場を訪れる訪問者にパスポート携帯をするようにとしたことに、市場(いちば)で商売する業者は不満を訴える。 

(Intraasia 注:陸路・川路国境超え好きのイントラアジアは、1980年代後期以来ペルリス州、ケダー州、ペラ州、クランタン州のタイとの国境検問所を数多く両方向から超えた。そういう時いつも検問所風景を観察する。いかにも地元人らしい者たちの往来をみると、いとも気軽に行き来していることがわかる。バイクあり車あり徒歩あり。国境を挟んで、長年、民族的,慣行的つながりあるものたちにとって、堅苦しいパスポート検査など御免こうむりたいということだろう。 
マレーシア社会、とりわけマレー人やインド人社会では顔見知りの関係になると、公と私の区別があいまいになりがちだ。例えばよく見かける例をあげると、バス運転手たちの行動をみているとよくわかる、知り合いが乗って来ると、運転しながら10分でも20分でも話し込む。知り合いに対して通り一遍に扱うことは彼らの社会慣習上許されない、という通念だ。例えて言えば日本ではすみません、すみませんという言葉をまず言わなければならないという社会慣習になっているように。 こういうマレー社会とタイ社会の人間関係と社会通念が下敷きにある以上、中央政府があれこれ指令をだしてもなかなか徹底されない、ことは不思議ではない) 

【個人事業所得のある人対象に所得確定申告期限を延長】
内国収入庁は、対象者と申告方式を限定して、2014年の個人所得確定申告の提出期限を7月15日まで延長すると発表しました。従来の提出期限は6月30日です。

この延長対象になるのは:
・個人として事業・商売をしている人たちであり、申告書の書式種では B、BT、M、MT の4種類になる
・提出は電子書式による申告(E-Filing)に限定される

従って従来の手書きによる所得申告の期限はこれまでと変わらず 6月30日です。

(Intraasia 注: 雇用されることだけによる所得だけの人、つまり純粋な被雇用者の所得確定申告は4月30日なので、既に終わっている。ここで言及されている、商売をしているとは個人事業の専業者に限らず、被雇用でありながらもなんらかの商売・事業を通じた所得がある人も含まれる。その所得形態によって申告用紙が上記のように異なる。
ところで内国収入庁はこういう延長をするのは珍しくない、1回やればまた将来ということになる。 個人の所得捕捉率が高いとは言えない国で、この種の期限延長は納税意識の向上ではなく、規則の甘さを示すことになるのではないだろうか)

【7イレブンは宅配便会社と取り扱い業務について交渉中】

7イレブンマレーシア持ち株会社は、宅配便会社との交渉をまもなくまとめるところです。
7イレブンマレーシア持ち株会社の最高経営責任者が明らかにしたところによると、同社は2,3の宅配便会社との交渉が最終局面であり、7イレブン店での取り扱いサービスを今年末までに始めたいとのことです。

「顧客の便利さを強化するべく、我々は最善を尽くしている。我々の顧客の多くは、衝動的購入をする客です。7イレブン店舗では既に、TM, Astro、U Mobile の支払いサービスを始めました。我々はさらにいくつかの電話通信会社やその他の会社との交渉を行っているところです。それがまとまれば7イレブンはそのサービスを大いに宣伝していきます。」

7イレブンはマレーシアにおいてコンビニ産業分野でのトップ店舗チェーンです、国内店舗数は 1840店ある。
7イレブンの2014年度決算では、税引き利益額 RM 6300万でした、これは対前年比で43%の伸びです。

(Intraasia 注:コンビニまたはミニマートはいろいろあれど確かに7イレブンが一番店舗数が多そうに感じる。マレーシアでは、大企業グループのBerjaya が資本を保有して経営している。ミニマートと違って、7イレブンは生食品つまり弁当や生鮮品は扱っていないはずです。どの携帯電話会社のプリペードの追加チャージも7イレブンでできる、請求書払いができるのはU monile だけか。TMの請求書も支払えるとは知らなかった。とういのもこの件で目立つような宣伝はしてないからです)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月23日のマレーシア記事

【ジョーホール州で中華公会が行った、州公定の週休日に関する調査結果】
ジョーホール州は2014年1月から州における公定週休の曜日を金曜日と土曜日に改正しました、従来は土曜日と日曜でした。またジョーホール州スルタンは昨年5月州議会における演説で、民間分野において週休の曜日を公定曜日に合わせることが適当であるかどうか、州政府に検討することを求めました。

ジョーホールバル中華公会は、ジョーホール州政府の公定週休日に関して、ジョーホールバル南部で4月下旬から5月末まで1か月間にわたる聞き取り調査を行いました。質問をして得た返答数 約3万4千件数の内、返答者の 96%弱が、公定週休日が土曜日と日曜日になることを希望しました。被調査者は、年齢25歳から60歳まで、華語小学校に子供を通わせている戸主、商売人、一般民衆から成り、華人の割合は90%を超える。

ジョーホールバル中華公会は、州スルタンの秘書と州政府に宛てた覚書を提出する準備をしているところです、これは州民が週休日が土曜日と日曜日に変更されることを願っていることを反映することになる。

中華公会の理事長はマスコミ発表の場で主張する、「マレーシアの周りにある8つの国は,公定の週休日を土曜日と日曜日に定めている。さらに一衣帯水の関係にあるシンガポールとは、貿易と往来に影響を与えている。」 「州民からたくさんの意見を受けている、とりわけ戸主からは、公定週休日が改正されてからは家庭の日が減ってしまい、親子関係に影響が出ているとの訴えがある。」
「調査の結果、返答者中の90%が、民間部門での週休曜日を公定の週休曜日に合わせることに反対を表明した。」

(Intraasia 注:半島部で従来からの金曜休み州であるクランタン州、トレンガヌ州、ケダー州に、ジョーホール州が近年加わりました。 しかしジョーホール州は民間での追随は極めて少ないようです。 そのため学校に通っている子供たちと民間分野で働く親たちとは休みが1日ずれることになる。 金曜日休みはもちろんイスラム教観点から決められたものです。非ムスリムである華人界から週休日の再変更の希望がより高いのは自然なことでしょう)

【マラッカ海峡でタンカーを乗っ取った賊は13人だったが、捕まったのは8人】

(マラッカ海峡で乗っ取られたマレーシア登録タンカーは、その後乗組員全員と共にクアンタン港に入港した。当サイトで既報)

タンカーが南シナ海に入った後でベトナム近海で賊の8人はタンカーを離れてベトナムの島に着いた、そしてベトナム当局に容疑者として逮捕された。
マレーシア海洋取締り庁が明らかにしたところでは、このタンカー乗っ取り事件では13人の賊が関わっていました。逮捕された8人以外に、5人がタグボートでそのタンカーに乗り移っていたとのこと。

この5人は8人とは別にボートでタンカーを離れたとのことで、その後ボートだけがインドネシアのバタム島で発見された。「現時点で5人は逃亡中です。我々はベトナムで逮捕された8人を是が非でもマレーシアに移送するように手を尽くしている。」 「ベトナム当局の捜査によれば、逮捕された8人は素人ではなく、経験ある海賊です」 「彼らがやったことをみれば、そして大量の現金を持っていたことから、彼らは何をすべきかを知っているのです。」

(Intraasia 注:8人はインドネシア人であると報道されている、ということは5人もその可能性が高いことになる。 13人ものグループで行動していたんだ、かなりの人数と言える。 世の中には強盗を生業とする者もいるから、マラッカ海峡でが昔から海賊行為が起きていることを基にすれば、海賊を生業とする者がいても不思議ではない。 ただ強盗ほど頻繁に海賊行為を行うことは無理だから、こういった男たちは普段は何をやっているのだろう ? )

【タイ AirAsia Xは 札幌路線を8月から暫定運行停止にする】

タイ AirAsia X は次のような声明を発表しました:
タイ民間航空当局の航空安全評価が下げられたことから、タイ AirAsia X は(現在運航中の)バンコク-札幌路線のフライトを暫定的に8月1日から運航停止にします。
AirAsia X の系列会社であるタイ AirAsia X は、バンコクとを結ぶ大阪路線と成田路線、及びソウル路線は引き続き運航をしていきます。

国連の国際民間航空機関 ICAO は先週、タイの民間航空当局がその管轄下にある複数の外国航空会社を適切に監督していないとの理由で、タイの民間航空当局の安全評価を格下げしました。このためタイ民間航空当局は調査を受けています。

「このできごとのためにタイ AirAsia X は日本への新路線の開設計画を遅らせる、そして新しい飛行先を探すことになった、」とタイ AirAsia X の最高経営責任者は発表しました。
タイ人旅行者の間で日本と韓国はトップクラスの旅行地になっています。

今年の3月後半に中国と韓国がタイ基盤の航空会社によるチャーター便及び新路線開設を禁止しました。その理由は安全面での憂慮からとのことで、タイ民間航空当局に90日間の問題解決猶予期間を与えました。それ以降タイ AirAsia X、 NokScoot などの航空会社の運行に影響が出ています。

タイ AirAsia X は日本の航空当局からバンコク-札幌便(日に1便)の暫定運行許可を得ていました、これには AirAsia X が運航に協力していると、タイ AirAsia Xの声明。

6月に入った時点で、タイ AirAsia X は2015年の売上予測を下方修正すると発表しました、その中で2015年の日本路線での利用者数の予測値を 80万人から60万人に下方修正しました。

(Intraasia 注: 外報通信社の記事です。タイ AirAsia Xのニュースですが、 AirAsia X に関係あること、及び Intraasia が AirAsia ブログを運営していることから、載せておきます。札幌路線は開設以来今後の運航見通しがはっきりしない運航を続けてきたが、その主たる理由はタイの民間航空当局に問題があったからということなの? )

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月22日のマレーシア記事

【ハラル認証を迅速に行えるように研究所をジョーホール州に建設する】
国内におけるハラルとして認証する過程を迅速に進めるために、研究所をジョーホール州の Nusajaya に設けて今年12月にはオープンさせる計画です。(Nusajaya は開発特区である  Iskandar Malaysia 内にある)

ジョーホール州イスラム教関連委員会の議長が記者団に述べました、「ジョーホール州イスラム教庁とジョーホール州バイオ技術と生物多様性公社が協力してその研究所を設立します。

「研究所には、各製品がハラルを認証できるような化学試験所も設けます。」 「通常我々は外部の試験所を利用しており、時間が3,4か月かかる。 この化学試験所があれば、その過程は1週間ぐらいで済むでしょう。」

(Intraasia 注:間違って理解してないと思うが、現在ハラル認証はイスラム教発展庁Jakim が責任官庁として行っているはず。しかしJakim は検査機関ではないために、Jakim だけで全てのことを行えないでしょうから、外部の協力や利用も必要となる。 マレーシアはハラル産業の発展を奨励してムスリム世界のハラル産業ハブの1つになることを目指している。マレーシアはムスリム人口が3分の2という混合社会であることが、ハラル産業成長の促進要因になっているともいえる。単一ムスリム社会だとハラルはごく当たり前ということになるのではないだろうか。 世界のムスリム界でハラルへの捉え方と要求に差異があって当然だろう。 マレーシアにおいても 20年30年前はこれほどハラル産業の興隆はなかったのは確かだと言える)

【マレーシアインド人会議党の党内争いはまだ続いている】

(与党連合であるBarisan Nasional (国陣) の構成政党であるマレーシアインド人会議党 MICはこの2年間ほど内部党争に陥っている。委員長と反委員長派に分かれて争っているようだ)

MIC 委員長がごく最近、MIC党内の混迷の原因としてBarisan Nasional (国陣) の議長であるナジブ首相を批判したとの報道が流れました。

これに関して、Barisan Nasional (国陣)は短い声明を出しました。その中でBarisan事務局長(UMNO幹部です)はMIC委員長に対して警告しました 「MIC は、社会団体登録庁の指示に従って党執行部を再選すべきである。裁判所も再選挙に同意している。」
「MIC委員長は党内混迷の責任を取るべきであり、他者を批判することで関心をそらしてはいけない。首相を巻き込むようなことに対して我々は決して許容することはしない。」

MIC 委員長は数千人の支持者を前に演説した中で、「2013年の MIC党指導部選挙結果を拒否するようにMIC に圧力をかけたことにナジブ首相が関わった」 と述べたとのことです。

(Intraasia 注:いろんな政党がよく党内争いをしている。最近はイスラム政党 PAS内の党内権力闘争が話題になっている、イスラム政党 PASの場合は路線闘争というべきでしょう。一方 MIC は昔から指導者個人間の確執からの争いという面がいつも感じられる。今回もその例に漏れない。 MIC はBarisan Nasional (国陣) の老舗の党です、人口の8%に満たないインド人界ながら政治的発言力はそれ以上にある。それはMIC 党がマラヤ独立以来の与党陣営にいることが大きな要因でしょう。)

【ペルリス州山中で発見されたロヒンギャ人とみられる21人の遺体をムスリム墓地に埋葬する】
ペルリス州 Wang Kelian 地方の Bukit Wang Burma にあったキャンプ跡地でミャンマーのロヒンギャ人と推定される、人身取り引きの犠牲者たちが先に発見されました。そこでその内の21人の遺体が22日朝埋葬されます。

全部の遺体が埋葬されるのは、ケダー州  Pokok Sena 地方のTualang村にあるムスリム用墓地です。
この21人の遺体は、人身取り引きキャンプ地跡が発見された場所で見つかった最初のグループに属しており、州都アロースターにある病院での検視が全て済んでいます。

埋葬は国家治安委員会とケダー州のイスラム教理事会が共同で手配して行なわれます。

(Intraasia 注:ロヒンギャ人とバングラデシュ人から成る人身取り引き犠牲者が非人道的扱いを受けていたニュースはごく一時的に耳目を集めるニュースになった。しかし日々が過ぎるに連れて扱いは小さくなって、既に他のニュースに埋もれている。大多数のマレーシア人にとっては縁遠いことであるのは確かでしょう。
人身取り引きグループは依然としてほとんど捕まっていないはずです。単なる悪い奴らではなく、人道に劣る奴らである彼らは、東南アジア諸国、とりわけミャンマー、タイ、マレーシアの、社会構造の暗部を利用する形で暗躍してきた。それだからこそ人道取り引きグループは、何年にもわたり、何千人、何万人もの”獲物”を扱えたと分析できます)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月21日のマレーシア記事

【対リンギットのシンガポールドル高はいわば臨時ボーナス】
外為市場でシンガポールドルは対マレーシアリンギットにおいて 2.80の壁を破りました。そこでシンガポールで働いているマレーシア人労働者はこのところ”形を変えたボーナス”を手にして、より多くのお金を家へ持ち帰ることができます。

このところリンギットは下落傾向を続けており、木曜日には外為相場で一時的に S$1 = RM 2.8131をつけ、その後金曜日午後は銀行間相場でRM 2.8になりました。
このため、シンガポールへ働きに行っているマレーシア人労働者は、いわば 5%のボーナスを得ていることになる。なぜならシンガポールドルが強くなることで、リンギットへの両替額が増加するからです。

シンガポールにある外両替業者は言う:最近マレーシア人労働者を含めて両替する人が増えている、リンギットは下がるにつれて毎日ボーナスが入る感覚になるからだ。
「ただ両替する人たちの行動を見ていると、リンギットがさらに下がるだろうと予測している人が多いようだ。少なからずの人たちが今両替するのは少しだけにして、もう少しリンギットが下がってから両替しようとしている。」

(Intraasia 注:毎週土曜日に掲載しているリンギットへの外貨両替率をご覧ください。そこで載せているのは銀行で現金両替する場合ですから、一般に街の両替屋で交換するよりも多少率が落ちるのは仕方ない。もちろん数多い両替屋にもいろいろありますから、全部の店が銀行よりも率が良いということにはならない。これはクアラルンプールで円からリンギットに両替する場合も同様です。
ジョーホール州南部から毎日シンガポールへ通勤している人だけでも1万人を軽く超えるはず。さらに週末だけマレーシアへ帰る人も、年に数回しか返らない人はもっと多数いるでしょう。 強いシンガポールドルの魅力は吸引力になる)

【中国人の団体旅行者に入国ビザの免除を試験的におこなうことを決めた】
中国人旅行者が団体で観光入国する際に、ビザ免除を試験的に行うことを内閣が認めました。
記者会見の場で内務大臣はこのことを明らかにしました。「ビザ免除の試験施行を開始する日時は、近いうちに観光大臣が発表します。」 「我々は個人旅行者にとっての最良の選択がなにかを考えている。」

観光大臣は中国人旅行者にビザ免除を認める件で、承認を急ぐように内閣に求めていました。今年1月から3月までの3か月間の外国人旅行者のマレーシア入国数は 650万人です、これは昨年同期の710万人に比べて減っている。

一方(以前から中国人旅行者にビザ免除を認める件で反対していた)内務大臣は述べる、「政府は安全面で妥協することはない」 「外国人旅行者が一定の期間後必ず自国へ戻るという仕組みを構築するべく、イミグレセン(Imigresen)と警察と他の機関と共に模索しているところです。」
「マレーシア政府として、以前中国人旅行者に到着時ビザの発給を認めていたがその後それを止めたのは、許可期間を超えた不法滞在者の問題が起きたからです。」

(Intraasia 注:旅行業界と馬華公会MCAは、以前からこのビザ免除を熱心に働きかけている。 政府は中国人旅行者向けにビザ免除はしないがビザ料金を免除するという妥協案を今年になって実施している。しかし入国旅行者数が多少減ったので、旅行者数が抜群に多い中国人旅行者をさらに呼び込むためにこの案をとにかく実施するということです。
イントラアジアの地区は現在は外国人労働者と国連難民が抜群に増えたが、もともとは古くからの華人地区です。かつてビザ条件が緩かった時期に”名目だけの中国人旅行者”がかなり目につく程度に増大した時期をよく知っている。我がアパートにも二桁数の中国人がいつも滞在していた。中国人にとって華人社会という受け皿があることが最大の利点であるゆえに、いろんな合法不法の活動をする者たちがいる、中国人旅行者全体に占める割合はごく低くても分母の数が軽く100万人を超えるから、その実数は軽視できない数になる。なお慣れた目と耳さえあればマレーシア華人と中国人の区別は簡単です。)

【所得格差の開きを示すジニ係数がたいへん高い国】
ムヒディン副首相の演説内容の一部です。
「マレーシア経済行動理事会のまとめた ”高収入国家に入りを目指す中でのブミプトラの社会経済的状況” という報告書によれば、マレーシアの世帯収入の格差は非常に大きい。 月間世帯収入額が最も多い上位20%から成る第1グループの平均は RM 15254である、一方月間世帯収入が最も少ないグループの平均は RM 1686に過ぎない(Intraasia注:当然ここでは下位20% を指すはずです)。その差は10倍にもなる。このためマレーシアは GINI 係数が東南アジで最も高い国となっている。」

「都市部と田舎部の世帯所得格差をみると、田舎部の収入は都市部のそれの 60%しかない。最も下層に属する労働者と高額な勤労者の所得格差は 90倍から300倍にもなる。」

(Intraasia 注:ジニ係数とは、0から1の間で係数の値が大きいほどその集団における格差が大きい状態であると解説されている)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月20日のマレーシア記事

【AirAsia の今年第1四半期の業績に対して売りを勧めた外国のリサーチ会社】
AirAsia グループは2015年第1四半期の業績を5月末に発表しました。

本体の AirAsia マレーシアとその子会社である4社の業績: 数字は営業利益、パーセントは対前年同期比の増加率を示す。
・ AirAsia (マレーシア) RM 2億7300万、 + 20%、
・タイ AirAsia :RM 1億3400万、 + 245%、
・インドネシア AirAsia :RM 1億980万の赤字、 + 0.4%,
・フィリピン AirAsia :RM 5590万の赤字、 + 56%,
・インド AirAsia : RM 1200万の赤字、 前年は運航を未だしていない

業績発表当時、株式市場では特に目立った反応はありませんでしたが、その後香港にあるリサーチ会社が AirAsia 株の売りを勧めたことから、外国投資家が AirAsia株を売り始めたことで AirAsia 株価がかなり下がりました。

AirAsia 側は直ちに株式市場向けに声明を出して、 AirAsia ビジネスになんら問題はないと発表しました。またインドネシア AirAsia とフィリピン AirAsia には追加資本投資を行い、新規株式公開の計画があることを明らかにしました。

(Intraasia 注:本体の AirAsia はいつも全体の半分以上を稼ぎ出しており、業績が1四半期落ちても次には回復する。タイ AirAsia は上場後も好調のようです。リサーチ会社の見方はともかく利用者の立場からいえば、 AirAsia はアジアでの航空旅行スタイルの革新に多大に貢献してきた)

【乗っ取られたタンカーは乗組員と共に無事にマレーシアの港に着いた】

マレーシア海洋取締り庁の発表:
8人組に乗っ取られて南シナ海にいたタンカーは、6月20日の午前8時前に乗組員全員共にクアンタン港の ペトロナス埠頭に到着しました。
このタンカーは乗っ取られた後、賊が船名を別の名前に塗り替えていました。
船を乗っ取った賊とマレーシア海軍との話し合いで、乗組員は19日早朝に解放されました、ただその内の1人だけは腿に銃弾を受けたことで、ヘリコプターで病院に搬送された。

タンカーから逃走したとおもわれるインドネシア人8人が、その後ベトナム南部の Tho Chu島付近でベトナム当局に逮捕されたもようです。 このインドネシア人たちが海賊行為を行った者たちであることの確証を得るべく、マレーシア当局はベトナム当局と接触しているところです。

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 295.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 363.1 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 272.5 を入手します。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月19日のマレーシア記事

【海賊行為に慣れていない賊に乗っ取られたタンカーは南シナ海で航行方向を度々変えている】
6月11日にマラッカの港を出てクアンタンに向かったタンカーがジョーホール州沖で乗っ取られてその後消息行方不明になった件で、マレーシア海軍の長官がそのツイッターサイトで明らかにしたことです。

マレーシア海軍はつかんでいる情報として、タンカーは南シナ海におり、(それまで航行していたベトナム海域を離れて)ニュースの時点でカンボジア海域にいる。そのタンカーには少なくとも8人の賊が乗り移っており、海軍が彼らと接触している。賊たちは拳銃と刀を持っており、彼らの言葉にはインドネシア人アクセントがある。

「マレーシア海軍の軍艦1隻がこのタンカーを追跡している。タンカーの乗組員は皆無事であるとのこと。」  「海軍軍艦がタンカーの賊たちと接触して、彼らに投降を呼びかけている、そして乗組員を傷つけないようにと彼らに念を押している。」
マレーシア人16人を含む22人の乗組員が乗ったこのタンカーには6千トンのガソリンが積載されています。

この件とは別に、6月初旬マラッカ海峡の今回と同じような海域で7千トンのタンカーが乗っ取られた事件がおきました。この時は、タンカーが積載していた770トンのディーゼル油が抜き取られた後、海賊たちはタンカーを解放しました。

今回は発火しやすいガソリンのために、乗っ取ったタンカーから簡単には抜き取れない、ガソリンを移し替える適切な設備がいるはずだと、マレーシア海洋取締り庁の幹部は説明しています。
海軍の長官はこの賊を評して、「彼らは海賊の世界に初めて足を踏み入れたパートタイム海賊かのようにみえる」

最新のニュースでは、このタンカーはインドネシア海域に向かっているようです。

(Intraasia 注:海軍のヘリコプターがこのタンカーを撮った写真も記事に掲載されている。ということは海軍は確実にタンカーを追跡しているということですね。タンカーがマラッカ海峡を航行中に海賊に襲われ、恐らくそのまま南シナ海へ入って航行しているということなんでしょう。 マラッカ海峡の海賊行為は昔から起きている、小康状態になっていても年によっては海賊行為が増えることがあるようで、そういうときにはマスコミで報道される。今回海賊の狙いは何だろう、やはりRM 2100万相当というガソリンなんでしょうね。
タンカーの情報を取る者、それに基づいて襲う海賊、盗んだ積荷を売りさばく者たち、という役割分担ができるまたは連携を持つ犯罪グループでない限りタンカーを襲う意味がない。6月初めの海賊行為で盗んだという 770トンものディーゼル油をさばけるということは、背後に企業家もいるのでしょう。犯罪組織の力にはいつもながら負の意味で感心する、褒めてはいませんよ。 ところが今回の海賊行為はプロの仕業ではなさそうだという報道が現れている)

【米国メディアでナジブ首相攻撃をしたマハティール元首相を強く批判するマレーシア外務相】

マハティール元首相は、6月18日発行の The New York Times 紙のインタービュー記事の中で、ナジブ首相批判を繰り返しました。

マレーシア外務大臣はこれに関してはThe New York Times 宛ての公開書簡の中で主張しました、「マハティール元首相が個人的な政治的目的を成し遂げるために国際メディアにおいて自国をけなしたことは遺憾である。」

「マハティール元首相がこのところ批判している1つのマレーシア発展会社(1MDB) のことは、現職首相を退陣させる口実にすぎない。」 「これは全て、マハティール元首相自身が認めているように、元首相の個人的要求が満たされていないからです。」

「マハティール元首相は自分が得ている言論の自由と特権を乱用して、ナジブ首相に対する汚いキャンペーンを行っている。」 「マハティール元首相がナジブ首相を”犯罪に近い”と非難する行為は単にばかげており、そして全てが間違いである。」

「マレーシアの民主的に選出された指導者として、ナジブ首相は彼が国家のために正しいと思うことをするのである、そして代理人によって支配されることを許しません。」

(Intraasia 注:マハティール元首相は以前から米国のメディアに常々批判的なのだが、自身がそれに登場する形で現政権批判をするという矛盾したことをしているといえる。元首相のしつような攻撃は妥協にはもう手遅れ的な段階に達している。 引退したはずの90歳直前の元指導者による個人的怨念をこめた攻撃は理性を失っている。 一方ナジブ首相は相変わらず、1つのマレーシア発展会社(1MDB) 問題で正面切っての説明と責任を避けて、着々と政府系企業・機関による救済策さえ取っている。 UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)党内から 1MDB問題の責任を問う声がなぜ出てこないのであろうか? 党総裁を何が何でも支持するというあり方は変わらないなあと思う。 この状況が不幸な出来事を起こさないことを願う。)

【国債発行残高はGDPの51%になる】
ナジブ首相が明らかにしました: 2015年3月時点で、マレーシアの国債発行残高は RM 5968億になる。 これはマレーシアの国内総生産の 51%にあたる。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月18日のマレーシア記事

【東南アジアスポーツ大会の国別獲得メダル数】
第28回東南アジアスポーツ大会はシンガポールで開催され6月17日に閉幕しました。

メダル数獲得数での国別順位
1位: タイ 247個(内金は95個)、 2位:シンガポール 259個(内金は84個)、 3位:ベトナム 186個(内金は73個)、3位:マレーシア 186個(内金は62個)、5位:インドネシア 182個(内金は47個)、
以下フィリピン、ミャンマー、カンボジア、ラオス、ブルネイ、ティモールレステの順。
カンボジア、ラオス、ブルネイ、ティモールレステ の4か国はいずれもごく少数個のメダル獲得。

(Intraasia 注:メダル国得数だけでその国のスポーツ力を計るのは決して良い方法だと思いません。ただある国がどのくらいスポーツ振興に金をかけているかという面をかなり判断できることも事実でしょう。ということでこの28回大会でのメダル獲得数で国別上位5か国をあげておきます。 人口500万人のシンガポールは開催国の利点が強いとはいえ、なぜこれほど多いのだろうか?  人口3千万人のマレーシアが人口2億人を超すインドネシアより上位にある。マレーシア人口の数倍の人口を持つ2か国であるフィリピンとミャンマーはマレーシアよりずっと下位である。人口数十万人というブルネイとティモールレステが断トツの最下位であるのは不思議ではない、しかしこの人口極少数国よりも人口はずっと多いカンボジアとラオスの2か国は明白な最下位グループだ。この2か国はアセアン(ASEAN)内で経済的にはるかに引き離された国であることの傍証でもあろう。
 アセアン(ASEAN)経済統合化がしきりに叫ばれている、加盟国間の経済面での対等な関係などありえない中で・・・・)

【断食月期間中、トレンガヌ州政府の取締りと対応法】
トレンガヌ州政府は特別チームを発足させます。このチームはラマダーン月の間、断食を守らないムスリムが出ないように取り締まりを専門に行います、また食品を販売する飲食業者や露店も処罰を受けることになる。

トレンガヌ州政府の教育と科学と工芸事務委員会の議長は語る、「ラマダーン月である断食期間中は特別チームが、午後2時前に営業を始めている飲食業者を検査したり取り締まります。この根拠として州政府は定めている:ムスリム用レストランや飲食店は午後2時以降は営業することができる。」

同議長は記者会見の場でこのように述べました、そして 「我々は日中屋外の場で物を食べるムスリム男女にも対処します。」
「役人はさらに、断食期間中に飲食物をムスリムに販売した小販売者にも対処する。そういう者たちは裁判所に起訴されることになる。これは百罰の効果となる。」

【民聯 (Pakatan Rakyat) が瓦解したことに公正党指導部も同意した】
(民聯 (Pakatan Rakyat) を構成する、行動党とPAS党は既に互いに協力関係の終焉を公言しました)

民主行動党DAPの指導部が、民聯 (Pakatan Rakyat) は既に瓦解したと公言したことを受けて、人民公正党PKRの指導部は会議を持ちました。
人民公正党PKRの指導部は行動党の判断に同意しました、しかしスランゴール州政府の構成には影響がないとしています。スランゴール州政府は引き続き、人民公正党PKRの副総裁でもある州首相を支持する 3党の議員からなる緩やかな協によって州政権を維持していきます。

人民公正党PKR指導部の判断は、(受刑中である)相談役のアンワル元副首相からも支持を得たようです。また公正党導部の判断は、行動党とPAS党に既に伝えられた模様です

民主行動党DAPの書記長が州首相を務めるペナン州政府は、州政府幹部職に就いているPAS党員はただちにその職から辞職するようにと促しています。

人民公正党PKR総裁は声明を出しました: 民聯 (Pakatan Rakyat) はもはや連合として公式に機能していない。 こういったことにもかかわらず、スランゴール州とペナン州における3党間の協力は続いていくことを期待している。同様に我が公正党はクランタン州の州首相を支持していきます。

(Intraasia 注:Barisan Nasional (国陣) に替わる政治勢力として2回の総選挙を戦った3党連合である民聯 (Pakatan Rakyat) はこうして瓦解したと、公正党も認めている。ただ民聯 (Pakatan Rakyat) 側の州政権である3つの州で州政府が崩れるようなことは今のところなさそうです)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月17日のマレーシア記事

【断食月は明日18日から始まる】
公営テレビとラジオ局(RTM) を通して、イスラム教当局の代表者(Penyimpan Mohor Besar Raja-Raja 王たちの印章の守り人、というたいそうな職名)から発表がありました:マレーシアは6月18日からラマダーン月になることでムスリムは断食に入ります。

(Intraasia 注:いよいよラマダーン月に入ります。7月17日予定のハリラヤアイディルフィトゥリまで、ムスリムはマレーシア語で puasa断食、 を行います。この単語は覚える必須語です)

【クランタン州は飲食店の深夜営業を全面禁止にする】

(クランタン州はイスラム政党 PASが州政権を長年握っている)

クランタン州政府の幹部議員である州内自治体・青年・スポーツ委員会の委員長が州議会の場で発言しました、「州の関係条例の定めるところ、州内の全ての商店、及び飲食店や露店茶店は深夜12時過ぎは営業してはいけないことになっている。 特別に申請して許可された場合はその限りではない。」
「この条例が既に存在していることから、州政府は権限を行使してこれを施行することにします。」

「州政府は、深夜12時過ぎになっても多くの店が引き続き営業することを奨励するものではない。 これは社会問題や治安問題の発生を避ける狙いである。次いでいくらかの州民が深夜も働いていることで、その人たちの健康、生活と休息、家庭との調和の問題に関心を寄せるものである。」

「商店であれ飲食店であれ露店であれ、どのような業者も深夜営業を行いたい場合は、該当議会にそのための免許を申請しなければならない。そうしないと処置をうけます。」

同委員長は続けて言う、「州政府が発行した、24時間営業のための免許は、現在合計で 323枚発行している。 その内飲食店の分が 224業者だ、これにはバスターミナルの飲食業者や病院での業者が含まれる。 州政府は一定数の業者に対しては融通を利かせます。業者には可能な限り営業時間を早めに切り上げるように勧めます。」

(Intraasia 注:スランゴール州やペナン州のような工業発展州ではないクランタン州だから、深夜商売はあまり必要ではないということでしょう。もちろんそれだけでなく、イスラム政党 PASらしい論理もこの発表の背景にあることは確かといえそうだ。とはいえ、人々の中には深夜を好む人もいるのはどこでも変わらないでしょう。 どの程度厳しく施行するのだろうか)

【シンガポールからの入国車輛から 1年間に徴収する計画の通行料 RM 2億5千万】
今年8月からシンガポールからマレーシアに入国する外国車に課すことになる、入国車輛許可料金から徴集する総額が1年間で RM 2億4900万になるとマレーシアは予測しています。

その入国車輛許可料金の徴収総額からジョーホール州政府が得ることになるのは20%ですので、額としてRM 4990万になる。
この推計額は MRCB Lingkaran Selatan Sdn. Bhd が発表した統計に基づきます。同社はシンガポールから入国して来る車の台数を1週間で約24万台になると推測している。

州政府の幹部の1人は、「州政府に入るそのお金の一部はジョーホール州道路安全計画の発展に使うことになる。そうして州内のインフラを建設します。」と語る。
「このジョーホール州道路安全計画は道路安全庁と一緒に進めていくものであり、年末に実施することになります。」

(Intraasia 注:シンガポールがマレーシア車輛から徴集している入国料は、内容に変化はかなりあれど、すでに20年以上前から実施されている。実に遅まきながらマレーシア側も徴集することが決まって、実施することになっている。  裕福シンガポール人相手に何をこれまで遠慮していたと感じざるをえません。ジョーホールバルの商売人から、買い物に来る車が減るという声があったそうですが、まさか、入国料を払うことにちゅうちょするようなシンガポール車はごくごく少数であろう。なぜならシンガポール人は車でそのままいける国はマレーシアしかないのだから。
よってこの徴収推計総額は結構確かなものではないだろうか。Sdn. Bhd は有限・株式会社のことです )

【マレー鉄道の長距離列車の起点が JB Sentral に変更される】
マレー鉄道(KTMB)はそのサイトで7月1日から実施の時刻表改正を発表しました。
西海岸線の中長距離列車の全便において、これまでのシンガポール Woodlands 駅発着が廃止されて、ジョーホールバルの JB Sentral 駅発着となります。

また JB Sentral 駅 - Woodlands 駅間のシャトル列車 ShuttleTebrau が1日7往復で運行開始されます。 運賃は JB Sentral 駅発がRM 5、Woodlands 駅発が S$5 です。

(Intraasia 注:従ってクアラルンプールから夜行列車に乗って直接シンガポールに入国することはできなくなります。南部路線は既にGemasまで複線電化工事は終わっていますが、ディーゼル機関車に替わって電車が走るまでにまだ少し時間がかかりそうです。 なお東海岸線は昨年の大水害による被災が甚大だったので、今年中の運行再開はありません。
詳しくはイントラアジアのホームページで昔から掲載している、 マレー鉄道のページをご覧ください。字数4万字近くもある、群を抜いて詳しいマレー鉄道案内ですよ)


テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月16日のマレーシア記事

【国内のシングルマザー数は 235,000人である】
シングルマザー行動計画における新しい定義によると、国内のシングルマザーの人数は、23万5千人です。この行動計画は2週間前に内閣が承認しました。

女性と家族とコミュニティー省の大臣(女性)が記者団に語りました、「これまで統計庁がまとめていたシングルマザーの人数は80万人に近いものでした、その理由として 旧い一般定義では離婚して子供がいない女性や高齢な家庭の主婦までシングルマザーの人数統計に算入していたからです。」
「3つの基準を定めた新しい定義を通して、シングルマザーがプログラムに提議することを容易にする(この部分の意味が多少わからない)、 その子供たちを含めてシングルマザーのためにを援助することを管理していきます。」

「現在受け入れられるシングルマザーの定義は、3つの基準を満たす人たちです:1番目は離婚して子供がいる女性であること、2番目は扶養している子供があり、その夫は重い病気に陥っている女性です、そこで彼女は家族の責任を負わなければならない。 3番目は、まだ結婚していないが養子または非正規な婚外子を持つ女性であること。」

このように大臣は、変化する環境の中で女性の重要な役割、というテーマにおける法律知識を得るセミナーの開会式を行った後、記者団に述べました。

(Intraasia 注:3つの基準のどれかを満たすということのはずです、そうでないと意味がおかしくなる。 2番目の基準はシングルマザーに関する世界の一般的定義に入るのかどうか、イントラアジアはしりませんが、シングルという意味から外れるような気がする。
マレーシアはムスリムだけでなく他の民族を含めて社会全体で、婚外子を持つ母、つまり未婚の母に対する許容が、高いとは言えない日本よりさらに低いのは間違いない。Intraasia はシングルマザーに対する規範外れ観にはいつも違和感をおぼえる。人口3千万人の国でシングルマザー数が 23.5万人という数はどう見るべきか・・・)

【消息不明のタンカーは依然として見つからず】

マレーシア海域で先週消息を絶った、ガソリン6千トンを積んだタンカーを捜索しているマレーシア海洋取締り庁(沿岸警備隊)は、タンカーは恐らくインドネシア海域にいるだろうと推測を明らかにしました。 

海洋取締り庁の副長官は言う、「RM 2100万相当のガソリンを積載したタンカーは仮にそのままの航路を進んでいれば、今頃はサバ州かベトナムに着いているはずだ。しかし我々はその船の航跡を追跡できない、恐らくまだ南シナ海あたりにいるのではないだろうか。」 として、副長官は推測としてインドネシアの群島名などをあげました。

(Intraasia 注:状況から考えて、タンカーは遭難ではなく乗っ取られたと推測されていることでしょう。こんな多量のガソリンを個人の盗人がさばけるわけはない)

【ジョーホール州スルタン継承の皇子と観光大臣が批判しあう】
観光大臣がジョーホール州スルタン継承者である皇子に対して、政治には口を出すべきでないと公言したことを受けて、皇子は無言の動画を公表した後、今度はSMSサイトで名指しはしないが観光大臣を批判する書き込みをしました。すると観光大臣はさらに皇子の言説に反論する発言をしました。

一方警察長官は、観光大臣の言説に第3者から警察訴え報告が出されたことから、観光大臣を事情聴取すると明らかにしました。

ジョーホール州のマレー人グループの中には、この論戦で皇子を支持するグループが現れて、支持表示の集まりを呼びかけています。

観光大臣は皇子からの反批判に答えて言う、「マレーシアのような立憲君主において、スルタン一族は政治に口を出すべきではない。スルタン一族は政治を超越している。私が間違っているとは思わない。マレーシアは独立以来この制度を続けてきた。」

(Intraasia 注:こういう論戦は極めて珍しいできごとです。通常はスルタン一族の言論に正面切って批判するようなことはまずないからです)

【マレー女性体操選手が身につけた体操着に関する内閣府大臣の答弁】

(開催されている東南アジア大会で、マレー人の体操女子選手が床種目でマレーシアに金メダルをもたらした。しかし一部のムスリムが身体を顕わにする体操着はムスリム女性にはふさわしくない、恥だと非難したことで、論議が起きている)

国会の場で、内閣府のイスラム教担当大臣が答弁しました、「この体操着への批判を受けて、政府はスポーツなどの分野でその服装・ユニフォームがイスラム教に遵守しているかどうかを深く調査します。」 「ムスリムは男女に関係なくその身体(aura と呼ぶ)を覆うことはムスリムにとっての義務であることは否定できない。」 aura とは一般他人に見せてはいけない身体部分を意味する。

(Intraasia 注:ということで、この件はイスラム教の権威者らによる調査に回されることになるようです。基本的に、政府が自身でこういう宗教事の詳細を決めることはない)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月15日のマレーシア記事

【マレーシア登録のタンカーがマレーシア海域で消息を絶った】
レギュラーガソリン(RON95)を6千トン積載したこのタンカーは、6月11日にマラッカの港を出てクアンタンに向かっていました。

マレーシア海洋取締り庁(沿岸警備隊)が発表したところによれば、ジョーホール州のTanjung Sedili (岬)の沖30カイリの海上から6月11日夜9時前の交信を最後に音信が途絶えました。
タンカーの乗組員は、マレーシア人16人、インドネシア人5人、ミャンマー人1人の計22人です。

翌日海洋取締り庁の船とマレーシア海軍の船が捜索を始めました。
シンガポールの海洋当局及びインドネシア海洋当局にもタンカーが行方不明になった件を既に伝えてあります」

(Intraasia 注:6千トンのガソリンを積んだというところがこのニュースの注目点ですね。ハイジャックされたのではないかとの推測が出ている)

【野党陣営内で再編成が起きるか】
(野党陣営である民聯 (Pakatan Rakyat) は、民主行動党DAP、人民公正党PKR、イスラム政党 PASの3党からなる。最近イスラム政党 PASと民主行動党DAPは互いに絶交を宣言した)

行動党の林相談役が民聯 (Pakatan Rakyat) は既に”死んだ状態”であるとの見方を披露したことに合わせて、Persatuan Ummah Sejahtera Malaysia (PasMa) は民聯 (Pakatan Rakyat) に加盟して、PAS党に替わる新政党結成を示唆しました。

PasMaの議長は記者会見で語る、「PAS党はごく最近の党大会で、専門職者などを中心とした人たちを党中央部から排除したことで回復できないダメージを受けている。同時に民主行動党DAPとの関係を絶つと決定した。」

「PasMaの観点からみて、民聯 (Pakatan Rakyat) は救えない、林相談役の見方に同意します。」 「現在の政治状況を鑑みて、PasMa は新政党を結成すべきであると決めた。その新政党は従来の PAS党の役割を果たすべきである。」 「新しい民聯 (Pakatan Rakyat) は行動党と公正党と共にあるべきだと提言します。」

(Intraasia 注:イスラム政党 PASがクランタン州でシャリア刑法導入を推進していることから、行動党とPAS党の食い違いはもう修復不可能なものになった。そこでPAS党内に以前からある非Ulama (イスラム学者)層の人たちの緩やかなグループ PasMa が新たに政党を作りたいというニュースです。 野党陣営は野党陣営で問題を抱えている)

【アジアのトップブランド中でマレーシア最高位は AirAsia 】

Campaign Asia-Pacific と市場リサーチ会社 Nielsenが行った調査 ”2015年アジアのトップブランド 1000” が発表したものです。同調査は今回で12年目とのことです。

マレーシアのブランド中で最高位は 34位の AirAsia です。同社は2014年の順位は43位でした。 AirAsia が2104年にアジアで使った広告費はUS$1億4600万になるだろうと、Nielsenは推測しています。 AirAsia はシンガポール航空を2010年に抜いて以来、アジアで航空会社中最高ブランドとなっている。

”2015年アジアのトップブランド 1000” に入ったマレーシアブランドは大体 25あります。大体という言葉がつくのは、ある意味ではマレーシアブランドでも、部分的にまたは元々は外国に端を発するブランド、2つの国にまたがて発祥したブランドがあるからです。例えば Jimmy Choo 、 Shangri-la、 Cold Storage

この調査は、消費者の捉え方によるものです。対象国は中国からマレーシアまでの13か国、 14の製品または分野の範疇。 2つの質問から成るブランドイメージ投票を行いました。

”2015年アジアのトップブランド 1000”に入ったマレーシアブランド ( AirAsia 以外):
Shangri-la ( 133位), Jimmy Choo (271位), Old Town White Coffee (332位), Mister Potato (385位), Maybank (397位), Peel Fresh (453位), Malaysia Airlines (508位), Petronas (511位), Maxis (543位), Spritzer (552位), Poh Kong (657位), Mamee (690位), Boh (691位), Celcom (716位), Marigold HL (717位), DiGi (759位), Habib Jewels (781位), PosLaju (798位), Firefly (852位), CIMB Bank (856位), Bonia (861位), Cold Storage (888位), Mydin (963位), Takaful Malaysia (966位), Caring (985位), Public Bank (987位).

同調査の12年前のトップマレーシアブランドは Proton で80位でした、次いで Petronas, Telekom Malaysiaでした。 
再建中のマレーシア航空(MAS)は今回は 航空会社中の22位です。2014年では16位でした。

アジアのトップ10ブランド:上位から
Samsung , Sony, Nestle, Apple, Panasonic, Nike, LG, Canon, Chanel , Adidas.

(Intraasia 注:上記のマレーシアブランドは確かに国内ではかなり知られたブランドである、雑知識として知っておいてもいいでしょう。ところでお菓子ブランドの Mister Potato、がなぜこんな上位にあるのだろう? 経済的価値から言えば、Maybank など銀行ブランドの方がはるかに高いのに。まあ、この種の調査はある恣意的な基準に依るものだから、それを疑っても仕方ありませんけどね。
AirAsia は実に頻繁に且つ大きな広告をいろんなメディアで1年中行っている。日本のメディアしか目にしない人には恐らく想像できないであろう程度です)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月14日のマレーシア記事

【ジョーホール州スルタン家皇子をいさめた観光大臣】
(ジョーホール州スルタン家の皇子、スルタン位継承第1位である30歳、、が1週間ほど前に自身のSNSサイトで、1つのマレーシア発展会社(1MDB) に関する首相とNGOの懇談集会をナジブ首相が出席を取りやめたことを揶揄した、短い書き込みを行った。)

ナジブ内閣の観光大臣はこれに対して、ジョーホール州皇子は政治に口を挟まないようにとアドバイスする発言を表明しました。
「皇子は政治に関与すべきではないと思う。 さもないと彼には一般人に適用するのと同じ規定を適用することになろう。我々は彼をたたきますよ。」 「スルタンとスルタン一族は法の適用を免れるわけではない。」とマラヤ大学で行われた記者会見で述べました。

「政府はマレー君主制を守ってきた。もしスルタン一族の者が政治に関与し始めれば、民衆がスルタン一族を敬うことが崩れてしまうだろう。」

するとその皇子は数時間後に、ごく短い何かを暗示させる動画をフェイスブック上に載せました。
この動画に現れた皇子は一言も語らず、ただ手招きする動作をしているだけです。 この20秒足らずの動画は観光大臣に関係することを連想させるようです。

観光大臣の発言に対して、それを批判する声が市民の中から出ているとのことです。

(Intraasia 注:各州のスルタン家の中でジョーホール州のスルタン家の言動は昔から特徴がある。ナジブ内閣の中でこの大臣はその言動で以前からよく知られている)

【公立病院は男性看護師が必要だ】
(マレーシアの公的医療部門は即国立病院と医院です。大学付属病院を別にして、州立とか市立のような病院と医院はない。中学校5年生の終わりに受験する統一試験がSPM である、当然ながら基準点以上を取らないと SPM修了にはならない)

SPM試験を修了した男性学生が 看護師課程を取ってその分野に加わっていくことが提議されている。職業として男性看護師の数は女性看護師に比べて少な過ぎることを考慮してのことです。

保健省の訓練部門の長は語る、「現在、国立の病院と医院での医療分野では男性看護師の需要は高い。」 「しかしながら、看護課程に入学するための男子学生の応募者数は、保健省が毎年取る女子訓練生の6千人という数に比較すれば、少なすぎます。」

「社会が看護師という職業への捉え方を変えることを私は期待したい。 男性の看護師も病人を看護することができるんです、 とりわけ女性看護師がするにはあまり向いていないいくつかの特定事象で男性患者の世話ができます。」

(Intraasia 注:意味がよく取れない点がごく一部あったけど、全体として間違えてはいないはずです。以前から、公立医療機関で男性看護師が不足しているという保健省の主張をごくたまに目にする。確かにそういう職業の男性はかなり少なそうです。ここでいう看護師はいわば介護士のような役割を期待されているのだろうか? 女性看護師と同じ仕事を期待されているとは考えづらいからです。知る限り、マレーシアにいわゆる介護士としての資格職業はまだ確立されていない)

【歯科専攻の卒業生のインターン実習期間を1年間に減らす】
歯学専攻の卒業生にはこれまで義務として、国立医療機関における2年間の義務就業がかされています。
保健省大臣はこの義務就労年年数を1年間に減らす、今年7月から実施する、と発表しました。

「歯科法1971年に基づいて、マレーシア歯科医会に歯科として登録して、国立医療機関で2年間の就労義務があります。しかし今年7月からその期間を1年にする。」
「1年間の義務就労が終われば、該当歯科医は自由な身となります、継続して政府医療機関で働いてもいいし、民間医療機関へ移ってもかまいません。」

(Intraasia 注:昔から医師,歯科医に限らず政府医療機関での勤務は私立医療機関に比べて長時間であり、給料も多少安いと言われている。 ただ本来は、歯学部で勉強するだけでは不十分だから見習い歯科医に対してインターン期間が設けられているはずですよね。1年だけではなんか不十分な気がするなあ。サラワク州がもっとも典型的であるように、無医師・歯科医の村や奥地・僻地が少なからずあることが知られている。そういう所で2年ぐらい勤務させる仕組みでも作ればいいのにと思う)




テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月13日のマレーシア記事

【キナバル山頂での裸写真できごとは一応終結した】
5月末にキナバル山頂で裸になって写真をネット上で公開した、白人登山者グループ10人中の4人はサバ州警察に逮捕されました。

拘留中の4人に対する公判が6月12日にコタキナバルの下級裁判所で開かれました。被告には刑法の条項が適用されて起訴されました。
被告はいずれも起訴事実を認めたことで、裁判長は各被告に、懲役3日間及び罰金RM 5千を言い渡しました。 被告はカナダ人2人、英国人1人、オランダ人1人です、全員20代前半で男女2人づつ。

被告はいずれも9日に逮捕され拘留されていたことから、裁判官は懲役3日間はこの拘留期間を算入すると判断しました。そこで被告側の弁護士が罰金を(とりあえず)支払ったことで、被告4人は直ちに釈放され、自由人として裁判所を離れました。

4人が官憲の自動車で裁判所に連れてこられてきた時と同様に、裁判所を離れた時も多くの内外のマスコミ記者らに囲まれました。
なお10人中の残り6人は既にマレーシアを離れてしまったとみられています。

別記事
キナバル山の登山の際にこの10人グループのガイドを務めた地元山岳ガイド、36歳、は、英国の新聞 Telegraphの独占インタビューに答えて言う、「彼らは登山の最初から敬意を払おうとせず、傲慢な態度であった。」 「彼らは私の話をほとんど聞かなかった。」 「裸になるなと注意しても全く聞こうとしなかった。」

(Intraasia 注:これで一件落着ということでしょう。登山後まもなくマレーシアを離れたであろう6人にマレーシア官憲の手は届かないし、はっきりと身分特定ができな者もいるようです。残っていた4人は自首したり空港で逮捕された。マレーシアだけでなく、被告の自国でもかなり報道されたそうです。 
この事件は逮捕と懲役罰金がふさわしいかどうかということよりも、欧米社会に未だに残る、彼らの基準が世界の基準であるという思考が顕然化したものですね。それに気がつかない、気づこうとしない欧米人もいるということです) 

【著名な銀行人も批判する1つのマレーシア発展会社(1MDB) 】
1つのマレーシア発展会社(1MDB) の直近の会計監査が遅れていることが報道されました。このことに関して、CIMB銀行グループの会長は自分の Instagram を使ってネット上で、会計監査遅れに疑問を呈しました。CIMB銀行グループの会長はナジブ首相の実弟でもある。

「1MDBの2015年3月期の会計監査が始まってさえいないことを不思議に思う。どうしてこんなことが許されるのか?」 「政府関連企業の管理水準がこんなにお落ちてしまったのだろうか?」
このようにCIMB会長は、1MDBの会計監査遅れは、政府関連企業に対するお粗末な管理を反映したものではないかと示唆しました。

その前日に国会で民主行動党DAPの議員が、会計監査企業の Deloitte Malaysia が1MDB の直近の会計監査をすることを、1MDBの取締役と政府が邪魔をしていると、両者を批判しました。国会の公共会計委員会に呼ばれたDeloitte Malaysia は、 1MDB から依然として監査開始してほしいとの指示を受けていないと明らかにしました。

1MDB の会計年度は2015年3月末締めです。このため同社は(法によって)年度会計検査を9月末までに終えて決算報告書を提出しなければなりません。

(Intraasia 注:銀行家である彼はナジブ首相の実弟ながら、先日来1つのマレーシア発展会社(1MDB) の経営陣を強く批判している。)

【体操床種目で優勝したマレー女子選手にムスリムの一部から批判】
(シンガポールで第28回東南アジアスポーツ大会が開催されました。体操の床種目でマレーシアの女子選手が金メダルを取った。この女子選手は21歳のマレー人です。そこでネット上でマレームスリム守旧派であろう一群の人たちから、彼女の身につけた体操着であるレオタード姿は身体の形を顕わにしていると強い批判が出ているとのことです。)

スポーツと青年省大臣(UMNO青年部長でもある)はこの批判に対して擁護論を述べる:批判者には、彼女のユニフォームから決めつける権利はない。
「彼女は体操種目でマレーシアに金メダルをもたらした。彼女の行為において判断するのはアラーの神だけであり、(批判する)あなたたちではない。我々の選手に手を出さないように。」

このマレー女子選手は、身体を顕わにしているとの批判に対して、反駁の書き込みを自身のツイッターに書き込みました。

(Intraasia 注:体操や水泳や陸上競技で国内トップクラスであるマレー女子選手は民族人口比からみたらごく少ないのは間違いない。そもそも彼女たちはそういう種目に進んで参加しないから選手層自体が薄いことになる。バドミントンのトップクラスでさえマレー女子選手がごく少ないことに気がつく。ということで今回東南アジアスポーツ大会の体操や水泳に国の代表として参加したマレー女子選手はマレー人界からみればごく少数派ですね。 
近年の風潮としてマレー人界の守旧的思考を持った人たちの勢力が強まりつつあることから、このような批判が、とりわけ女性の行動や服装への、ネットの手軽さと相まって公然化するようになった。こういった背景にはイスラム教に対するマレーシアにおける捉え方があることはいうまもでないが、全てをそのせいにする見方ではなく、マレー社会が本質的に持つ民族的あり方も考慮に入れるべきだと思う)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 296.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 365.6 を入手します。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月12日のマレーシア記事

【ジョーホール州イスカンダール特区ではシンガポールの全民間住宅戸数を超えるほどの供給過剰となっている】
ジョーホール州南部の経済開発特区である " Iskandar Malaysia" における不動産市場の可能性から儲けを得ようというデベロッパーの狂らん的建設は、皮肉なことに供給過剰を生むことになった、その過剰状況が不動産価値を下げている。

シンガポール人への販売を念頭において " Iskandar Malaysia" に建設中または建設予定の民間住宅 33万6千戸に関して、シンガポールの金融管理庁は既に警告を出していると、 Financial Times は報道しました。この戸数(33万6千)はシンガポール全体の完成した民間住宅戸数を上回る、とシンガポール金融管理庁は述べ、" Iskandar Malaysia" における供給が需要を上回っている差の大きさを説明している。

経済開発特区" Iskandar Malaysia" での開発は、ジョーホール州のそこ以外の地方に住む住民の住宅購入者向けをはるかに凌駕する。この住民向けの公式な戸数である 3万8千戸が建設中であり、さらに4万8千戸が計画されている。

主として中国基盤のデベロッパーにとっての心配とは、こういった建設プロジェクトが既に進行していることです、需要は衰えつつあるにも関わらずです。
これらデベロッパーの1社である、 Country Garden は計9500戸から成る、コンドミニアム 45棟が2017年に完成予定です。しかし建設が始まった2013年以来現在までに購入予約が入ったのは3分の1に過ぎない。
この供給過剰は別のデベロッパー Guangzhou R&Fにも打撃を与えている、同社が" Iskandar Malaysia" で建設する 1400戸の豪華住宅の販売は半分にしか達していない。また別のデベロッパー Greenland Group は2千戸の建設を予定している。

明らかなる供給過剰に加えて、" Iskandar Malaysia" での販売が落ち込んでいる要因には価格がある。この価格が首都クアラルンプールのそれと等しいほどにまで高騰している、また外国人が買える1戸の住宅不動産価格は RM 100万以上と制限している。

Asean Confidential が発表しているデータによれば、" Iskandar Malaysia" における不動産価格上昇の影響は既に明白です。2012年、価格は上り調子を続け始めた、その後全国の不動産平均値を超えた。 そして年間上昇率 25%というピークを記録した。しかしそのピーク上昇率は直ちに下降し始めて、2014年は10%に下がった。

マレーシアのデベロッパーは既に" Iskandar Malaysia" での計画を縮小しているかまたは非住居不動産への転向を計っている、と Financial Times は報道している。

今年3月に Medini Iskandar は発表しました: 多くのデベロッパーが住居不動産を建設していることから、今後はもう住居不動産は建設しない。
マレーシアデベロッパーである Tropicana は残り 2千戸の住宅の替わりに病院1軒とオフィスビルを建てることを考慮中です。同社の最初の計画は3千戸建設でした。別の同業者 Brunfield は計画していた 1400戸のコンドミニアム建設プロジェクト自体を行わないことを決めました。

今年4月20日、マレーシアのニュースポルタルは次のように書きました: 「現実として需要は、州で供給されている高級な住宅と商業不動産のペースに達していない」、とジョーホール州の州議会議員たちが主張しています。

(Intraasia 注:ジョーホール州南部の経済開発特区は、住居、商業施設、高等教育、医療、娯楽などの多分野での一大総合開発を目指した超大プロジェクトです。その中で既に数年前から時々アナリストなどから、住居建設が過剰になる恐れがあるとの見方が示されてきた。中国のデベロッパーが何社もやって来て建設プロジェクトを華々しく宣伝し、マレーシアのデベロッパーも負けずに宣伝していた。 
素人考えでもジョーホール州内だけでそんな多量の高級住宅への需要はありえない、シンガポールを主とした海外からの買い手に非常に期待していることは何回も記事になっていた。中国、インドネシア、中東、さらに日本からも購入者を期待していたようだ。要するにお金に余裕ある人たちがそういうブームに乗るのでしょうから、一般大衆には関係ない市場です。案の定、昨年あたりからジョーホール州南部の経済開発特区における非常なる多数の住宅開発への楽観論は消え始めたようです。 この記事ははっきりとした調子で、高級住宅バブルになっている様子を書いている。 大衆住宅市場には見向きもしないデベロッパー、投資話に強欲な買い手、という世の中とりたてて珍しくないできごとになりつつあるのかな?)

【陸軍で初のインド人女性の将軍が誕生した】
マレーシア陸軍で初めてのこととして、 マレーシアインド人女性が最近准将に昇任しました。

この准将は陸軍の人的開発部の長を務めています。彼女は中学校の終わりに受けるSPM試験終了後に軍隊に入隊しました。 
「私のキャリアにおいて非ブミプトラであることは障害にはならなかった。」 として彼女は、もっと女性が陸軍に入隊するようにと奨励しています。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月11日のマレーシア記事

【華語教育界の董總内紛はさらに悪化している】
(マレーシアの華語教育界である国民型華語小学校や独立中華中学校を運営する理事会は各州ごとに組織を持ち、その全国連合体が董總です。董總は、華語教育を行う学校の運営理事会の上部組織という形であり、マレーシア華語教育面で多大な影響力を持つ)

内紛が続いている董總は、新たな混迷段階に入りました。理事長派と(書記長が率いる)反理事長派がそれぞれ組織を作ったからです。

董總の反理事長派(改革派)は中央委員会議を開きました。その場で中央委員会を解散して再度中央委員を選びました。これによって現理事長と現副理事長は職務から解職され、替わりに別の人物が理事長と副理事長に選ばれました。反理事長派(改革派)に会議には最低必要な17人が出席しました。

新任の陳理事長は主張する、「これまで理事長であった葉氏は、明日の記者会見でもはや”董總理事長”という身分を使えません。」
董總書記長は主張する、「開催した中央委員会議では25人中の17人が出席したので、規定された必要出席者数に達した。従ってこの会議は合法である。」

一方、従来の理事長派は別の会議を開き、「書記長が開いた中央委員会議は違法である。」と主張しました。

(Intraasia 注:マレーシアは、世界でも稀な華語教育を行っている。ここでいう華語教育とは華語を教えるだけでなく華語で教育すること、さらに小学校は私立ではなく公教育の一環に組み込まれている。 華語で教える初等中等教育の私立学校がある国は、日本や台湾を含めて世界にたくさんあれど、公教育に組み込まれた国は、中国と台湾と香港を除いて、ないと言われる。シンガポールは英語+華語教育。 それゆえに董總はマレーシア華人界で由緒ある且つ力を持つ組織です。イントラアジアの観点からいえば、中華思想を崇拝する人たちの集団ですね。 その董總の内紛はどうにも止まらない。華語教育を絶大に支援する華語新聞もあきれた調子で報じるくらいです。)

【スランゴール州ではムスリム離婚が増えている】
スランゴール州イスラム教発展庁Jais が明らかにしたスランゴール州のムスリムにおける離婚の実態に関する記事です。
Jaisの担当部門幹部によれば、ムスリムの離婚における3大理由: イスラム教知識の欠如、金銭面で不安定、 第3者の干渉。

「スランゴール州におけるムスリム離婚の数は 2013年 6162組、 2014年は6912組。 2014年の離婚中、3156組は両者の年齢層が31歳から35歳です。」
「スランゴール州ではムスリムの離婚が増えている。これには人口密度の高さ、他州で結婚したカップルが州へ働きに来ていることがある。」

「一夫多妻に関して言えば、多くのカップルは国外でそれ(複数の妻を娶ること)を行っている、恐らく容易に行えるからであろう。しかし彼らも問題に面するとスランゴール州イスラム教発展庁を訪ねることがよくある。」

(Intraasia 注:スランゴール州は国内で人口最大且つ工業発展の州ですから結婚数と離婚数が多いのは当然でしょう。 ムスリム婚姻儀式をあげる国外とは即タイ南部です、深南部を筆頭にタイ南部ではムスリム人口が比較的多い。そこでマレーシアのムスリム男女がそういうムスリム婚姻儀式をあげられる所を訪れて、2番目、3番目の妻を娶るということです。もちろんやみくもにわざわざタイ南部まで行くのではなく、当然そういう紹介ルートがあるからこそでしょう。
 Jais の幹部が皮肉っぽく言っているように、マレーシア国内で婚姻するよりも容易らしい、ということでこれは昔から絶えることなく行われていると言われている。2人目、3人目の妻をこっそりとしかしイスラム法的に合致して娶ったマレー芸能人、マレー事業家など有名人が、ゴシップ話題になるのは、昔も今も変わらない。)

【華語紙の4コマコミックから】
bahasacinakomik_jun.jpg
1.牛乳君、 私の服とってもれいに見えるでしょ?

2.見苦しいよ!

3.どうして? この服はブランド品なのよ!

4.醜い人は何を着ても同じなんだ・・・・・

おうし座は本当のことを言わない訳にはいかない。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月10日のマレーシア記事

【国家高等教育基金(PTPTN)奨学金の返済率は依然として低い】
教育省の副大臣が国会で答弁した内容です。
「国家高等教育基金(PTPTN) が学生に貸与する PTPTN奨学金において、2014年12月末時点で奨学金受領者総数 162万7千人、返済の必要な奨学金貸与総額 RM 126億になる。」

「しかしながらこれまで国に返済された奨学金の総額は RM 56億にしかならない。」 「この162万人中の 64%が既に貸与された奨学金の返済を始めている。」 「残りの36%である58万人がPTPTN奨学金を返済していません。」

(Intraasia 注:PTPTN 奨学金の返済率の悪さは昔から言われ続けていることです。近年はよく話題になる、基金側はいろんな場所にカウンターを設けて受領者が返済する行為を容易にしようとしている。例えばKLSentral駅にもある。 しかし3分の1もがまだ返済を始めていないということですね)

【サバ州キナバル山での裸写真できごとの容疑者1人が空港で拘束された】
先月(5月)末にサバ州キナバル山で裸になって写真を撮った白人グループ10人中の1人と思われる、女性が(州東海岸部の)Tawau の空港で警察に逮捕されました。

20代のこの女性は、6月9日正午前のクアラルンプール行きフライトに乗るところでした。この容疑者の国籍は(記事の時点では)未だ国籍がわかっていません。
Tawau地方警察の長の代理はこの逮捕の件は認めましたが、それ以上のことは明らかにしませんでした。
一方サバ州警察の長官は声明を通して、この件は6月11日に語ると述べました。

白人グループの裸写真できごとの後で、サバ州公園当局は警察に訴え報告を出しました。そこで警察は刑法の 公的不法妨害に関する条項を適用して捜査を開始している。容疑者が有罪となれば罰金最高RM 400に処せられる。

この白人グループの行為に対して、サバ州先住民族であるカダザンドゥスン族の年長者らが中心となって、聖なる地であるキナバル山を汚したと怒りを表明しています。

別記事
10日のネット版新聞は、白人グループ中で警察に逮捕された人数が4人になったことを報じている。 カナダ人2人、ドイツ人1人、英国人1人。
手錠姿の4人はRanau地方の下級裁判所に連行され、裁判所は4日間の拘留を認めました。

(Intraasia 注:この出来事に対するイントラアジアの見方は6月3日に書いた。ただ逮捕となるとそういう対処法を素直に支持するのも気が引けますなあ・・・・ この種の愚かな行為をする者たちはマレーシアにおいてだけではない、タイでもカンボジアでもインドネシアでもあるはず、そういう国はどういう対応をしているのだろうか?)

【マスジットインディア街に登場したボリウッド映画の人気女優】
クアラルンプール中心部にある マスジットインディア街の一画に設けた仮設舞台にインドボリウッド映画界の人気女優 Kareena Kapoor Khan が現れました。
彼女が現れ次第、舞台周辺に集まった多くのファンが狂乱しました。

マレーシアにも多くのファンを持つ kareena は、13か国に店を展開しているというインドの有名な宝石店がマレーシア初の店舗を開店するのに合わせて、インドからマレーシアに飛んできました。これは彼女の8年ぶり2回目のマレーシア訪問です。 

熱心な多くのファンがより近くで見るために、朝から店舗近くで7時間も前から待っていました。厳重なスター警備の中で、彼女は少しばかりのファンには一緒にセルフィーを撮る機会を与えました。 彼女のファン基盤はインドに限ららないので、マレーシアに多くのファンがいるのも不思議ではありません。「マレーシアで一番良いのは私のファンがいることです。」

 Kareena Kapoor Khan は2000年にボリウッド映画デビューしてスターの座につきました。とりわけ  “Kabhi Khushi Kabhie Gham,”映画で人気度が急上昇しました。彼女はボリウッド映画界のトップ女優の1人です。
ダイヤモンド好きな Kareena は今回オープンした 宝石店Malabar Gold & Diamonds の宣伝大使を務めています。

(Intraasia 注:マレーシアのシネマで公開される映画にインドのボリウッド映画とタミール映画が多いことに気がつきます。ボリウッド映画はインド映画の主流であるヒンディー語映画であり、世界で有数の本数が製作されることで知られる。 有名シネプレックスでインド映画が1本も上映されない週はまずありえない、複数本が上映されている週はごく普通です。タミール映画とボリウッド映画の公開数は同じくらいかな? マレーシアインド人はマレーシアの人口の8%にも満たない数なのにこれほどマレーシアで公開されるインド映画が多いのは、インド人ファン層以外に広がる形でマレー人ファン層がある程度いることでしょう、またネパールを含めた南アジアからの外国人労働者の存在です。 
長年の様々な映画ファンのイントラアジアですが、インド映画は以前はごくたまに見たが、最近ではめったに見ることはないし、名前をあげられるボリウッド映画スター名は5人ぐらいしかいない。 “Kabhi Khushi Kabhie Gham,” 映画は話題になったので名は知っていたが、この女優名は知りませんでした。
ボリウッド映画を見たことないよという方は、DVDではなく、マレーシア旅行の際にDVDではなくシネプレックスで1本ぐらい見てみるのもいいと思います)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月9日のマレーシア記事

【通貨リンギットが対米ドルで9年ぶりの安値をつけた】
米国の労働市場データの好調さから米国では連邦準備制度理事会による利率上げが期待されている、このため為替相場市場でマレーシア通貨リンギットは対米ドルで9年ぶりの安値をつけました。インドネシアルピアに至っては17年ぶりの安値です。
 
2009年3月にリンギットは対米ドルで RM 3.7370を記録している。今回リンギットはそれを下回る RM 3.7665を 8日につけました。この相場は2006年1月以来のリンギット安となる。

リンギットにとって為替市場における次の大きな相場レベルは 対米ドル RM  3.80 です。1997年98年のアジア金融危機の際に、マレーシア政府はリンギットの対米ドル相場を US$1 = RM 3.80 に固定させた。マレーシア政府がリンギットを対米ドルで不動相場に戻したのは 2005年7月になってからです。

米国と欧州の債券の利回りがさらに上がれば、短期間でみればリンギットはさらに弱化することになる、しかし長期間で見れば現在のリンギットのレベルは魅力的かもしれない、と外国の通貨専門家の1人は語る。

(Intraasia 注:リンギットはじわじわと安値方向に進んでいる。 ここで話題にされているのは、外為市場の中心であるTT相場なので、一般人が売買する現金両替相場はそこまでの数字には至っていないが、当サイトでは毎週末現金相場を載せていますから、一般人でも対米ドルリンギット安が感じられることでしょう。 
10年以上も前の固定相場だった US$1=RM 3.80が果たして再び再来するのであろうか?)

【1つのマレーシア発展会社(1MDB) は融資元の国際銀行連合体に10億米ドルを返済した】
1つのマレーシア発展会社(1MDB) は、(融資を受けていた)国際銀行の連合体に宛てて US$9億7500万(RM 36億)を返済したと、発表しました。

この融資の返済期限は元々2015年8月でしたが、1つのマレーシア発展会社(1MDB) の問題が脚光を浴びていることから、国際銀行の連合体は早期に返済が清算されることを希望していたとのことです。

1つのマレーシア発展会社(1MDB)の最高経営責任者の声明:
「2015年5月29日に財務省は、1MDB がUS$9億7500万を国銀行の連合体に返済することを発表した。 そして本日(6月8日)我々は国際銀行団から受けた融資分を全額返済したことを確認します。このことは1つのマレーシア発展会社(1MDB) が債務レベルを下げると約束したことを反映したものです、これは内閣が認めた 1MDB 合理化プランに沿ったものです。」

財務省の第2大臣は先週述べていました: 「1つのマレーシア発展会社(1MDB) は、(中東の)アブダビの International Petroleum Investment Company (IPIC) とその子会社の Aabar Investments からUS$10億の投資資金を受けることになる。」

この返済によって、1つのマレーシア発展会社(1MDB) はその抱えるRM 420億の負債に関してクロスデフォルト(債務不履行の連続)に陥る危険性をなくすことになります。

シンガポールの Business Times は先月、1MDBがセキュリティー上として差し出している書類に不備があると国際銀行の連合体が憂慮していることを報じました。このため銀行が返済期限を前倒しにする決定に結びつきました。

報道によれば、1つのマレーシア発展会社(1MDB) はInternational Petroleum Investment Company (IPIC) とその子会社の Aabar Investmentsと 別の契約も結んでおり、それによって1MDBの負債をさらに減らせるようになるとのことです。

(Intraasia 注:財務省が100%保有する公企業である、1つのマレーシア発展会社(1MDB) で話題になる負債はいつも何十億リンギットとという巨額です。 複雑な会計操作とあまりの巨額さに草の根大衆層にはなかなか深刻度が伝わらないようであることが、これまでのニュース報道からわかる。 今回突如アブダビの企業が出現した、要するに1MDB 自身は手元資金がないのでとても返済できない、といって国家が肩代わりすることは世論上できっこない、そこでアブダビの会社が返済を肩代わりしたと見なせそうです。アブダビの企業はその代わりに、1MDB がクアラルンプール中心部に保有する資産や計画中の電力発電事業を部分的に手にすることになるのでしょう)

【キナバル山で裸になった10人中のカナダ人2人はカナダ外務省に助けを求めた?】

(当サイトで既に載せた、5月末にキナバル登山をして頂上で裸になって写真を撮った10人の白人グループのニュースは依然として頻繁に扱われている。サバ州で起きた地震を引き起こした、神秘な山を汚した罰当たりの行為だという声さえ報じられている。サバ州当局はこの10人がサバ州から離れることを禁じるために、空港など検問所で見張っている、とのこと)

カナダの報道機関によれば、この10人中の2人であるカナダ人兄弟姉妹がカナダの外務省に助けを求めている、クアラルンプールにあるカナダ大使館はマレーシア当局と接触を図っているとのことです。

警察はこの2人を逮捕したかどうかについてまだコメントをしていません。

【産婦死亡率】
マレーシア産婦人科医学会の事務局長がクチンで開催された国際会議の場で 語ったものです。
出産10万人あたりの死亡数が 1990年では50人だったのが、現在では26人に減少しました。「1990年から2000年にかけて大きく減ったのは、保健省の努力の成果です。」

「我々は、国内での産婦死亡率が大変高いことに気がついた。保健省はそこで、保健師の訓練プログラムと行動計画を作った。」 「その後減少がおきた、しかしこれはまだ続いている過程です。我々はこの死亡数をさらに減らそうとしています。」

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月8日のマレーシア記事

【1つのマレーシア民衆援助金BR1M 用に政府はこれまでにRM 130億を支出した】
1つのマレーシア民衆援助金BR1M のための配分として、政府は2012年から2015年までに合計でRM 130億を割り当てました、これによって約 740万人に役立ちました。

財務省の副大臣が国会の答弁で述べました、「政府は今年だけで BR1M用にRM 50億を超える予算を用意している。 2015年の場合、1つのマレーシア民衆援助金BR1Mを受ける世帯月収がRM 3000以下の人たちの数は 410万人になる、このためのBR1M の予算額はRM 39億です。」

「さらに、援助金を受ける世帯月収がRM 3001からRM 4000までの人の数は40万人になる、そしてそのBR1M予算はRM 3億です。また個人月収がRM 2000以下の独身者で BR1Mを受けられる人の数は270万人になる、このためのBR1M予算額は RM 9億4700万です。」

(Intraasia 注:授与する方式は小切手なので、受領者は銀行に口座を保有している必要がある、口座がない人は開設しなければならない。 ナジブ内閣の売り物の1つである、1つのマレーシア民衆援助金BR1M は700万人を超える国民に文字通り現金給付を行うものです。誰にもわかりやすい ”飴”をばらまく政策は既に4年目になった。)

【国内15の富豪家族が支配する国内総生産比率の著しい高さ】
国庫株式研究所の研究者がマレーシア理科大学で行われたセミナーの場で発表しました:マレーシアの国内総生産GDPにおいて、国内で最も富豪な 15の家族が支配する企業群が生み出す割合が全体の実に76%にもなる。

「一方国内の全世帯の内で、53%は何ら金融資産を持っていない。 この割合は都市部の世帯では 63%となり、非都市部(田舎)では45%となる。」

このセミナーは”発展と不均衡: 2020年にマレーシアは高収入の先進国に仲間入りすることが可能か?”というタイトルで開催されました。 参加したマラヤ大学経済開発研究所の教授などがそれぞれ発表しました。

「マレーシアの国内総生産高GDP はRM 1兆ほどになるが、その4分の3を 15の富豪家族が支配する資本が占めている。」 
「国内では極貧世帯層は著しく減少した。全国の総世帯数に占める割合は 0.6%です。 ただ先住民族には極貧世帯数が比較的多い。2014年の統計をみると、 華人界では極貧世帯は最も少なく 01.%。 マレー人界の極貧世帯割合は 0.8%、インド人界では 0.6%です。半島部の先住民族では この割合が34%にもなる。サラワク州の先住民族においては 20%、サバ州先住民族では 7.3%になる。」

「極貧世帯数は減ったにもかかわらず、世帯月収がRM 2500から5000までの世帯は相対的に貧しい家庭となる。この世帯は2012年で20%を占めた。」

「マレーシアが先進国に仲間入りするという目標がある、そこでいくつかの点を向上させるプランを実施する必要がある。」
「我が国の労働市場における賃金上昇は緩慢である。 その主因は外国人労働者の存在です。低賃金の外国人労働者を雇えることが、国民労働者が競争力ある賃金を獲得することを難しくしている。」

(Intraasia 注:世帯月収がRM 2500から5000までの世帯は相対的に貧しいという表現にはどうも納得がいかない。それはとして、ごく一握りの富豪家族が支配する企業が、国内総生産の多数を占めているという分析は以前にもあった。著しい富の偏在である。しかしマレーシア国民は一般にその是正をあまり求めないことは事実です。フローである所得への高税率課税を求める声は大きくない、さらにストックである資産への課税はほとんど声にすらならない、例えば相続税は存在しない。ということから、富裕者は益々富裕になる構造となっている)

【サバ州地震での死亡者数の訂正が発表された】
サバ州の観光・文化・環境担当の責任者が、地震で死亡した登山者数の訂正を発表しました。
既発表の19人から18人となります。 その理由は1人の生存が確認されたからです。 従って死亡はマレーシア人6人、シンガポール人、7人、フィリピンと中国と日本が各1人です。2人のシンガポール人は検視がまだ済んでいません。

別記事
国会は会議の前にサバ地震の犠牲者を悼んで1分間の黙とうをささげました。

(Intraasia 注:被害のひどさから言えば、昨年末の半島部東海岸の大水災の方がはるかに甚大で広範囲で莫大な被害です。ただ東海岸の水災は毎年雨期に起こっており、それ自体珍しいことではない。それに比べて今回の地震は何年かぶりに地震による犠牲者が出たこともあり、メディアはかなり大きな報道をしているし、ラジオの番組中でも話題にしている。 マレーシア一般にとってそれほど地震は思いがけないものという捉え方がわかる)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月7日のマレーシア記事

【ペルリス州内に見つかった人身取り引きキャンプ跡地から発掘された人骨は計69人分になった】
(ペルリス州内にあるタイとの国境地帯で、人身取り引きグループに強制的に収容されていたキャンプ地跡がたくさん発見されている。警察を中心とした当局がその跡地から集団埋葬された人身取り引き犠牲者を発掘している)

パダンブサール地方の Felcra Lubuk Sireh にあるキャンプ跡地での発掘で、新たに20人分の人骨を発掘しました。いずれも人身取り引きの犠牲者と推定される。これでこの森林地から発掘された人骨の数は34人分となった。

これとは別の地区であるWang Kelian にある Bukit Wang Burmaのキャンプ跡地からは、これまでに35人分の人骨が発掘されている。従ってペルリス州内で発掘された合計は 69人分となる。

ペルリス州警察の長は、発掘の事実は肯定しましたが、詳細は明らかにしませんでした。また現場の警察チームも記者団に何も明らかにしませんでした。
5月の終わりに警察長官は、ペルリス州内に人身取り引きグループが作ったと思われる強制キャンプ地跡を28カ所見つけたと語りました。

(Intraasia 注:マレーシア国民一般の関心から言えば、サバ州での地震とその被害への方が圧倒的に大きい。タイ国境地帯での推定ロヒンギャ人への虐待とその結果の死亡のニュースは瞬間的には大きなニュースであったが、それ以後は他のニュースと関心事に隠れている。 既に69人分もの人骨が発掘されてもこの人身取り引き犠牲事件が再度大ニュースになることは難しい。ロヒンギャ人、人身取り引きという要素はほとんどの国民にとって感覚的に遠い出来事といえるからです。
これはマレーシアであれ他国であれ恐らく大して変わらないであろう。 そういう人々の関心薄さを利用して、虐げられた少数民族を徹底的に貶めて物品のごとく取引してきた違法グループ、それをあてにして安い不法労働力を得ようとするあくどい雇用者の存在、という構図が続いてきたと分析できる。 こういう形でマレーシアに密入国してきた外国人労働者は遅かれ早かれマレーシア社会とのあつれきも起こすことになる、というかあつれきが避けられない。長い目で見れば、人道的見地からだけでは異なり度の高い民族の多数移住は順調には進まないことを、ロヒンギャ人を受け入れる国は知っておかねばならない。)

【民聯 (Pakatan Rakyat) は瓦解の一歩手前であるという認識】
イスラム政党 PASが今週の党大会で、行動党との関係を絶つと決議したことを受けて、民主行動党DAPの林相談役は言う、「民聯 (Pakatan Rakyat) が今後どうなるか、私にもわからない。」
彼は民聯 (Pakatan Rakyat) の現状を比喩で形容しました、「民聯 (Pakatan Rakyat) 瓦解は早急に進んで、あと残すは出棺儀式だけとなった。」

「イスラム政党 PASは推進しているイスラム刑法Hudud の法案をUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)が支持してくれると信じている。実際これはUMNOが民聯 (Pakatan Rakyat) を翻弄させる手段の1つである。 ナジブ首相はサバ州サラワク州の国会議席を見捨てて替わりにイスラム政党 PASの支持を得るようなことはできない。」 と林相談役。

「Barisan Nasional (国陣) が持つサラワク州とサラワク州の合計国会議員数は48人だ。 イスラム政党 PASが全国に持つ国会議席数は21人に過ぎない。 サバ州サラワク州の州民は皆イスラム刑法の成立を望んでいない。仮にナジブ首相がイスラム政党 PASと協力するようなことがあれば、マレーシアが分裂してしまう心配に見舞われる。」

(Intraasia 注:PAS 党大会の結果を見て、ペナン州首相でもある民主行動党DAPの書記長は、ペナン州政府関連の職に就いているPAS党員は直ちに辞任すべきだと、強い発言をしている。民聯 (Pakatan Rakyat) 3党中の2党がここまで敵対すれば、野党連合としての形はもう成せないでしょう)

【サバ州で起きた地震の被害で死亡した登山者は19人】

サバ州で起きた地震のために、キナバル山の登山中に頂上近くで落石などで死亡した人数が(登山ガイドを含む)計19人になりました。内訳:マレーシア人7人、シンガポール人 9人、フィリピン人 1人、日本人 1人、中国人 1人。
州の捜索と救助隊がこれまでに遺体を収容した数は13人とのことで、残りは7日中に収容したいとしています。

マレーシア気象庁の記録では、本震の後の(小さな)余震が30回ほど起こったとのことです。




6月6日のマレーシア記事

【サバ州を襲った地震は39年ぶりの強い地震であった】
サバ州西部にある Ranau 地方の地下で発生したマグニチュード5.9の地震は、マレーシアで起きた地震としては1976年以来の強い地震でした。

1976年にサバ州東海岸部にある Lahad Datu 地方を襲った地震は、マグニチュード 5.8でした。
サバ州Ranau地方で揺れが起きた地震をこの39年間でみると、 1989年にマグニチュード5.6、 1991年にマグニチュード 5.1、 2005年にマグニチュード 4.1、 2010年に マグニチュード 2.6。

この他サバ州で起きた主な地震: 2011年にLahad Datu 地方でマグニチュード 3.3.  2005年に タワウ地方で マグニチュード 5.8、2011年にサンダカン地方でマグニチュード 4.0.
 など
サバ州で最近起きた地震は 今年2月にサンダカン地方を襲ったマグニチュード 5.6の地震です。

マレーシアサバ州大学の研究所は説明する:サバ州は環太平洋火山帯の外側に位置する、しかしながら州内の Kundasang, Ranau, Pitas, Lahad Datu、 Tawauの各地方は地震に見舞われる危険性がある。

別記事
キナバル山の登山者中、6日朝時点で確認された死傷者数: 登山ガイド1人を含む2人が死亡、大けがをした人 3人。
救出活動に伴って、5日深夜から6日午前3時頃にかけて大多数の登山者は下山しました。しかし登山者名簿中16人の行方がまだ確認されていないと、サバ州の消防庁が発表しました(異なる人数の報道もある)。

Ranauの町では、病院、警察を含めて多くの建物に損傷が出ました。 州都コタキナバルでも高い建物が揺れたことで、人々は建物外へ避難しました。地震の影響を受けた地方で23の学校に損傷が出ましたが、人的被害はありません。

6日の新聞ネット版
キナバル山登山者の死亡がさらに9人確認されました。当局はヘリコプターを飛ばして9人の遺体を収容します。死者数はこれで11人です。
サバ州政府の幹部は述べる: キナバル山は最低でも3週間の登山禁止期間を設けて、登山路の安全を確保することになる、

(Intraasia 注:マレーシアは地震国ではないので、当然ながら地震に対する備えや予測や地震警報の発令などは全く日本の比ではない。地震による揺れは必ずしもマグニチュードと比例しないし、小さな地震でも場所によっては被害が大きいことが起きるのは不思議ではない。こういう一般知識は普及していない。
誰でも地震は怖い。サバ州を含めたマレーシアのように地震の備えがない国でたまに多少強い地震がおきれば、それによって思わぬ被害が出る可能性はあるでしょう。地震への備えは付け焼刃的にはできない、長期に渡る国民への地震備え意識の覚醒と予算措置、民間がそして人々が地震対策に金と時間を使うことを受けれいることが必要ですよね。サバ州だけでこうしたことを行える、行うことは望み薄です。遠い将来のことではなく現実として、地震の少ない国マレーシアでこれを期待するのは無理だと捉えておくべきでしょう。)

【PWTCの集会でナジブ首相とマハティール元首相が直接論戦する機会が直前に取り消された】
クアラルンプールのPWTC でNGO組織 ”ボランティアの弁護士協会”が主催して、ナジブ首相を招いて1つのマレーシア発展会社(1MDB) の問題を論ずる集会”何も隠すことはない” が行われる予定でした。ナジブ首相は集会直前まで出席することが確認されていました。

しかし開催の金曜日朝、警察から開催許可が取り消されたことで、集会は開かれませんでした。ナジブ首相は警察の許可取消しとアドバイスによって参加を直前に取止めました。
警察長官は、取消した理由として混乱が起きそうで治安が確保できないため、と説明しました。

この集会に出席して発言する目的でマハティール元首相が開会前から会場に到着していました。しかし集会そのものが取り消されたので、ナジブ首相との直接論争は起きませんでした。
集会が取消された後、マハティール元首相が会場の壇上で話していた時、警察がそれ以上の続行を中止させました。

警察はこの集会を取消して、政府の抱える問題を人々が公に話せないようにする狙いだと、批判者たちは警察を批判しています。

(Intraasia 注:集会の主催者代表が、ナジブ首相支持者とマハティール元首相支持者の間で騒動が起きることにもなりかねない状況に思えたと語っている。警察が集会を止めたのがよかったのかどうかはもちろんわかりませんが、マレーシアの警察権力はこのように極めて強力です)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 292.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 363.7 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると  RM 269.9 を入手します。

(Intraasia 注:日本円が対米ドルで大きく下がっているにも関わらず、対リンギット相場では先週末よりわずかに上がった。これはリンギットも対米ドルで弱化しているからです。5月初めの外為相場と比較すると、リンギットが対米ドル、対シンガポールドルでより下げていることがわかります)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月5日のマレーシア記事

【イスラム政党 PASの党大会では保守派が圧勝】
(イスラム政党 PASは民聯 (Pakatan Rakyat) を構成する3党の1つです。イスラム政党 PAS党は東海岸州で伝統的に強く、長年州政権を握るクランタン州政権の中心がPASです。最近PASの推進しているクランタン州における シャリア法Hudud の是非を巡って、友党である民主行動党DAPが PAS党総裁を始めとした党中枢に強い批判を浴びせており、民聯 (Pakatan Rakyat) が瓦解するのは時間の問題だという見方もでている。ただPAS党内では民聯 (Pakatan Rakyat) に残るべきだという勢力と 民聯 (Pakatan Rakyat) から去るべきだという勢力の党内争いも進行中であるとしきりに報道されている。)

イスラム政党 PASの第61回党大会(muktamar)がスランゴール州の クアラスランゴールの町で6月3日から始まりました。

今回の党大会では党執行部の選挙があることから、新しい党執行部にどちらの勢力がつくかに注目が集まっている。またイスラム政党 PASの伝統的あり方としてイスラム教学者(Ulama)が大きな方向性を定め且つ重要事項における意思を示す権限を持つ。 そこで、 とりわけ民主行動党DAPとの協力に批判的な Ulama 会議(華語では長老会と表現する)が民聯 (Pakatan Rakyat) との関係にどういう判断を示すかも大きな注目となっている。

前哨戦である党青年部の部長と副部長は保守派の人物が現職に大差をつけて勝ちました。女性部長も同様に保守派の対抗者が現職を破りました。
党総裁は演説の中で、イスラム政党 PASは民主行動党DAPとの関係を絶つが、民聯 (Pakatan Rakyat) から脱退することはない、PAS はシャリア法Hudud を施行するとの方針を変えることはない、と述べました。

6月4日、約1200人の代議員が投票で今後2年間任期の党執行部を選びました。
その結果、現総裁のHadi Awang が圧倒的多数で挑戦者を破りました。副総裁にはイスラム教学者(Ulama)会議からの支持を受けた人物が現職を圧倒的差をつけて勝ちました。3人いる準総裁の職は、イスラム教学者(Ulama)会議からの支持を受けた3人がいずれも大差で当選しました。

こうしてPAS党の最高指導部を構成する5人は全て、イスラム教学者(Ulama)会議からの支持を受けている保守派となった。副総裁、準総裁の職では、イスラム教学者(Ulama)会議とは多少異なる政治方向を持つ、(非保守派ともいえる)現職が全て落選しました。
中央執行委員18名の全員がイスラム教学者(Ulama)会議からの支持を受けた候補者が当選しました。

(Intraasia 注:PAS党内も一枚岩ではないようなので、昔のことは知らないが、近年はイスラム教学者(Ulama)の支持を受けたいわゆる保守派と、イスラム主義傾向がそれほど強くない非保守派の勢力が争っていると分析されている。 今回の党大会では、昨年から続く民主行動党DAPとの確執が保守派に有利に味方しているとの見方もあって、青年部と女性部を含め保守派が圧倒的勝利を収めた。
政権党UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)とイスラム政党 PASは、同じマレー人基盤のムスリム政党ではあるが、性格と理念はことなる。とはいえ草の根層の間でそれぞれの核になる支持者たちは固定していても、浮動する人たちの多いことが昔から知られている。こういうマレー界の状況から、PASの主張するhudud 法に対してUMNOは態度を意図的に明確にしていない。 hudud 法は、例えば窃盗で有罪となった者の手首を切断するといった罰則があることから、現代マレーシアには不適であると強い拒否反応がある一方、熱心に実施を訴える人たちもいる。現在大きな問題となっている1つのマレーシア発展会社(1MDB) のような政治経済課題にはイスラム政党 PASはまことに取り組みが鈍い)

【タイ国境地帯で国境警備につく警察に突き付けられた汚職疑惑】
(今年5月半島部北部にあるタイとの国境を接する地帯で、人身取り引き組織による強制キャンプ地跡と集団埋葬地が複数個所発見されたことで、国境警備する警察部隊への監視力に疑問が出されている。人身取り引き組織がロヒンギャ人などを強制的に収容したキャンプ地は既に何年も存在していたことが確実視されているからです)

警察本庁に直属する(治安や公安を専門とする)特別部の内部調査報告が、国境警備についている警察部隊の80%は汚職に見舞われている、と暴露したとのことです。

内務省の副大臣はこの件を語りました、「このことが暴露された以上、警察本庁は迅速な行動をとらねばならない。」 「ペルリス州で発生したことは、国境警備に関わる公務員全てにとって警鐘と見なされる。」 「特別が集めた情報と機密は裁判に持ち出すほどの確たる証拠はない。」

「監査を行う部門の警官は、警察機構の他部門と同じ建物内にオフィスを持っているべきではない。監査部門の長は独立した立場でなければならないし、警察長官だけに報告するようにすべきである。」

(Intraasia 注:強制キャンプ地跡がいくら険しいジャングル地帯にあろうと、その存在を何年も全く知らなかったとはいささか信じがたいことです。国境警備隊はジャングル地帯も仕事範囲だからです。人身取り引き組織は豊富な金を持っていると言われている・・・・・。 タイ側では国境警備部隊や自治体の役人が汚職していたことは明らかだと報道されていた。 とにかく現実を把握することが必要でしょうね。)

【サバ州で中規模の地震が発生した】
サバ州の西部で6月5日朝地震が起きました。マグニチュードは5.9と発表されました。
気象庁の発表ではコタキナバルから60㎞ほど離れた Ranau 地方の地下が震源地とのことで、キナバル山でも揺れました。 道路が陥没するなど各地で被害が報告されている。

キナバル山に登山中地震にあって下山できない登山者が、公園管理事務所の記録では21か国 195人います。登山客に死傷者が出たという報道が出ていますが、現時点では確定したものではないようです。落石などのために登山道の安全が疑われるので、一部はヘリコプターで救助するとのこと。


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月4日のマレーシア記事

【第2財務大臣が1つのマレーシア発展会社(1MDB) に対する政府の立場を説明したこと】
公営放送RTM のトーク番組に出演した第2財務大臣は1つのマレーシア発展会社(1MDB) の件に答えました。
「首相が政府を代表する。従って1つのマレーシア発展会社(1MDB) が行う金融案件は全てナジブ首相からの書面による承認が必要です。」

「1つのマレーシア発展会社(1MDB) は政府が所有する会社である。これに関連して、首相が政府を代表する。これが基本的理解です。」
「ナジブ首相が財務大臣を兼務することに利害関係の衝突は全く起こりません。」

「(クアラルンプール中心部を金融センターにする)Tun Razak Exchange 、クアラルンプールの旧空軍基地地域を開発する)Bandar Malaysia のようなプロジェクトへの投資についても、第2大臣は説明しました。「そういう投資から利益が発生するまでには時間がかかる。」

「1つのマレーシア発展会社(1MDB) は財務省の管轄下にある。だから財務省が責任を持たねばならない。その責任は内閣に持ち出されて1つのマレーシア発展会社(1MDB) が行うことへの承認を得ることになる。」

別記事
(テレビインタビューとは別の場で)第2財務大臣は記者団に語る:マレーシアは1つのマレーシア発展会社(1MDB) の債務問題を片付けないと、負の連鎖に巻き込まれる恐れがある。これには国としての信用格付けが下げられてしまうことやリンギットの暴落がある。。

「政府が仮に、2016年度の開発支出RM 520億への上乗せとして1つのマレーシア発展会社(1MDB) のRM 420億の負債をしょわざるをえなくなれば、2015年の財政赤字を3.2%に抑えるとの目標を達成できなくなる。」

(Intraasia 注:政府はこの1か月ほど、1つのマレーシア発展会社(1MDB) 問題で着々と手を打っている。批判者はそれを政府による1MDB の救済だと批判しているが、政府は救済ではなく合理的な対策であり政府関連機関による 1MDBへの投資であると説明している。 第2財務大臣の発言は、この問題に政府が手を打たないとマレーシア国家経済がたいへんなことになりかねないといういわば脅しを込めていますね)

【ヒジャブを着用したまたは着用を公開したばかりの、有名マレー芸能人2人の場合】
(よく知られたマレー女性芸能人の1人である)Neelofa は可哀そうにも息をつく暇がない。 ある(ムスリム)女優がヒジャブ(トゥドゥン)を身につけると、普通はマレー人セレブ好きなファンの保守層からは称賛をえるのですが、Neelofa の場合は批判もずっと受けている。

その理由は Neelofa が十分に頭部を隠していないということではありません。Neelofa がヒジャブを着用することを人々が非難するのは、彼女が自分のビジネスを売り込むためであると見なすからです。彼女のビジネスは偶然であろうか、ヒジャブを専門に扱うビジネスです。
Neelofaはこれ(ビジネスのため)を否定してマレーシア語紙に語る、「私がヒジャブを身につける理由はアラーの神のみぞ知ることです。」

ところで (長年人気を保っている、美人としても有名な) Erra Fazira がヒジャブを身につける(マレー女性芸能人)グループに加わるという噂が出ている。Erra が新進の起業家 Neelofa に比べてより良い反応を得られるように願っておきましょう。

(Intraasia 注:まず2015年5月12日の記事 【トゥドゥン産業が好調である】で載せたような背景があります。 一般にトゥドゥン姿が少数派であるマレー女性芸能人もその潮流の影響を受けているということでしょう。Intraasia はマレー大衆紙を読むとき、とりたててマレー芸能界に興味はありませんが、一応娯楽ページもざっと目を通す。Neelofaというのはまだ若いスターのようですが、覚えやすい名前から何回もその名を目にしている。 41歳のErra Faziraは1990年代からずっと人気ある女性なので、もちろん名前は当時から知っている。彼女のトゥドゥン姿はあまり想像できないが、これはマレー芸能ファンにも恐らく同じように感じるのでしょう、それがこの記事の調子にも現れている。 今日のマレーシア語紙にはErra のトゥドゥン姿が載っている) 

【足は人目に晒してはいけない(隠さなければならない)身体である】
フリーのイスラム教説教者である M.Fauzi は主張する、「マレーシアのムスリム女性界において、人目に晒してはいけない身体を完全に隠すということに関する自覚意識は依然として浅いものがある。」 「ムスリム女性たちの多くは(人目にさらしてはいけない)身体を隠してはいるが、それでもまだイスラム法に完全には従ってはいない。」

ムスリム女性の(人目には晒してはいけない)身体に関して論議するとき、この説教者が語るハディースでは世界中のイスラム法学者を重要な参照にしている。

【靴下プロジェクト】

このための Facebook と ホームページがある。
ムスリム女性には靴下プロジェクトの宗教活動に参加するようにと勧めます。
現在のところ、靴下プロジェクトは次の場所でプログラムを行った。クアラルンプールのTuank Abdul Rahman 通り、Tasik Cempaka, Bandar Baru Bangi, Terminal One, など

ムスリム女性の衣装に関する完全ガイド
・生地は身体の影と肌の色が見えるほど薄くないこと
・(ぴったりではなく)ゆったりとしていること
・腕全体から手首までを隠していること
・足を隠していること(靴下またはストッキングによって)
・男性の衣装と非イスラム教徒の衣装に似ていないこと
・誇らしげな容貌を見せる衣装ではないこと
・ヒジャブ(マレーシア語では tudung) は頭部と首と胸部を隠すこと
・化粧は適度にする、過剰にしないこと
・過剰な香りを匂いをまき散らさないこと

(Intraasia 注:これはしばらく前に載っていた記事です、もちろんマレーシア語紙だ。イスラム教に関するここに書かれたような解釈・理解と実践は、マレーシアにおけるイスラム教界で唯一絶対ではないが、かなりの影響力と勢力を持つのは確かでしょう。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月3日のマレーシア記事

【サバ州東部特別保安地帯(ESSZONE)の夜間海域禁止令を11か月目も続行】
サバ州州東海岸部である、サバ州東部特別保安区(ESS zone)には夜間海域禁止令が2014年7月頃から出されている。

サバ州警察の長は発表しました:サバ州東部特別保安区(ESS zone)は治安を引き続き監視して維持していくため、当該海域の利用者と州民と旅行者のために、夜間海域禁止令をさらに6月17日まで延長する。
 
(Intraasia 注:地図をご覧にならないとこのESSZONE の広さが実感できませんから、2014年7月27日の記事と画像をご覧ください。禁止令はこまめに続行されて、10何回いや20回近いのではないかな。最初から半年程度の期間にしておけばいいのにと思います。サバ州が発足以来抱える、歴史的、民族的、地理的要因から起きている問題であり、治安当局による治安維持活動だけでは解決できない問題です)

【一時的にクアラルンプール病院に入院を認められた受刑中のアンワル元副首相】
アンワル元副首相はいわゆる第2の男色行為裁判で最終的に有罪が確定して、今年2月刑務所に収監され、懲役5年の刑期をつとめています。

体調不良を訴えていたアンワル元副首相は、今週火曜日にクアラルンプール総合病院に一時入院を認められました。アンワル元副首相の家族や弁護団は彼の健康状態は収監以来悪化していると訴えていました。

家族以外の見舞いは禁じられています。夫を見舞った妻(人民公正党PKRの総裁でもある)は、「今週金曜日に退院の予定だが、その前に内視鏡の検査を受ける、」と述べました。

【Proton 社は親会社の足を引っ張っている】
国産車メーカーProton 社を所有するのは DRB-Hicom Bhdです。 Proton車の販売台数は今年4か月間で 32654台、これは前年同期の 42826台から大きく減ったことで、DRB-Hicom Bhd社の足を引っぱっている。

マレーシア自動車協会が発表した今年4月の 新車販売台数において、Protonはなんと4位に落ちました。 1位は国産車メーカー Perodua で 17584台、2位は Honda 6562台、3位 Toyota 6032台、そして4位 Proton で4972台です。

Hong Leong Investment Bank の自動車アナリストの分析:競争が激化している。国産車と非国産車の価格差が大いに狭まっている。
別の会社のアナリスト: Proton社を維持できる利益を生み出す企業にしてくのは、DRB-Hicomにとって最大の課題である。

(Intraasia 注:4月はどの車メーカも物品とサービス税(GST)の実施の影響を受けているので、Proton社だけのことではない。Proton車は売れ行きの良い時期もあるが、長続きしない。あれこれ試行しているようですが、同社の90年代の”栄光”はもはや歴史となった感が否めないです)

【コタバル山の山頂で裸になって記念写真を撮った10人の白人登山者】
サバ州の最高峰キナバル山に登山をした、白人グループの10人が山頂の西側高峰でヌード姿になって記念写真を撮った記念写真(複数枚)が、Facebook , Whatsapp でごく最近流布しています。

サバ州公園の理事によれば、この白人たちは5月末にキナバル山に登頂した27人の白人グループの一部であり、男性6人と女性4人が裸でポーズを取って撮った写真です。
グループを率いていたガイドが10人にそういう行為は止めるように言ったが、反対に罵倒されたとのこと。

「そのガイドは出来事をその日に報告しなかったので、(裸になった者たちへの)処置はできなかった。」 「公園当局はその後で警察に訴え報告を出して、登山客への捜査を待っている。」 「サバ州公園条例にこういった裸になる行為を防ぐ規定はないが、今後は考えます。」

「10人中5人の身元はわかった。 オランダ人2人、カナダ人2人、ドイツ人1人だ。警察に既に伝えた。」 「こんな出来事は初めてである。もっとも上半身裸になる男登山者はよくいる。」 「旅行者が世界遺産の地などで行うこの種の行為は世界でも起きている、例えばアンコールワットなど。」

キナバル山のあるキナバル公園は UNESCO の世界遺産にも登録されており、地元人には聖なる地として扱われています。
キナバル山登山の際に同行するマレーシア人ガイドは、登山者に対してしてはいけないこととしなければならないことを伝えます。

(Intraasia 注:キナバル山の登山には公園の公認ガイドが必ず付き添わなければならないとなっているはずです。今回の白人登山者の行為は単なるお遊びや無邪気な振る舞いでは片付かない面を持つ。
イントラアジアは道徳主義者では全くないので裸になりたい奴はなればいいと思う、そのこと自体を批判などはしない。しかし大切なことはどこでそういう行為をするかであり、他の文化圏、他の宗教圏、他の民族圏で、その地の文化・宗教・民族感情を尊重しないのは、ネット界で顕示したさを伴った新しいネオ植民地主義思考ですな。本人らが気がつかないところがこの種の新しいネオ植民地主義思考の問題です。東南アジアにはこういった白人旅行者を見かけることは珍しくない、いや白人だけでなく中華思想丸出しの中国人旅行者も増えている、中東ならいず知らず全身ベールに包んだ異様なアラブ人カップル、第2次大戦中の日本軍の蛮行を知ろうとしない一部の日本人などなど、全て自文化・慣行を絶対視する者たちの思考様式に気がつく)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

6月2日のマレーシア記事

【マレーシア航空は2014年に既に技術的には破産していた、と新最高経営責任者】
マレーシア航空(MAS)は約2万人の全従業員に宛てて既に解雇通知書を送りました。 その内約14000人は新会社  Malaysia Airlines Bhd group (MAS Bhd) での雇用を提示していますが、6000人には再雇用を提示していません。

マレーシア航空(MAS)は国際航空路線サービスを維持し且つ国内路線は全て続行します。 MAS Bhdの復興再生計画は3段階に分かれており、第1段階は2015年から2017/18年です。

MAS Bhd は3つの部門に分けられる: 運航、支援サービス、教育と開発。  子会社数は12となる。
最高経営責任者が明らかにしたところでは、運航部門は乗客航空、MAS Wings, Firefly、 MAS Kargoから成るとのことです。
支援サービス部門: メンテナンス、地上での取り扱い、MAS ホリデーなど
教育と開発部門: マレーシア航空アカデミー、エンジニア訓練、フライト訓練など

(Intraasia 注:Bhd はブルハットと発音する。MAS Bhd で再雇用する契約条件は従来のMASのそれとは異なるとのことです、復興再生を目指す以上当然でしょう。Firefly はとりあえず現行のあり方を続けるようです。MAS Wings はサバ州とサラワク州だけで運航している地域航空です。)

別記事
マレーシア航空(MAS)は現在所有している Subang Jayaのビルなどを売却して、新会社の本社をクアラルンプール国際空港(KLIA)近辺の2つのビルに移転させる意向です。

最高経営責任者(外国人です)はメディアに語る、「旧会社となるマレーシア航空(MAS)が保有している不動産の中には売却するものも出てくる。MAS所有の不動産にはすごい需要がある、また単に不動産だけでなくMASのビジネスにも需要がある。」

彼はまた次のようにも述べました:マレーシア航空(MAS)は昨年の2件の事故以前から業績が悪化し続けていたので、「既に2014年に技術的には破産していた」

(Intraasia 注:マレーシア航空(MAS)はKLIA 空港を本拠地空港としながらも依然としてSubang Jayaには会社ビルと機能を残している。こういう非効率なありかたは当然新会社には引き継がれないことはわかる。 MASは由緒ある準国営企業としてクアラルンプール圏以外にも良い場所に不動産を持っているそうですから、そういう物への需要は高いことだろう。MASのニュースは今後も注目を浴びることになるでしょう)

【我が方針を支持しない大臣は辞めなさい、とナジブ首相】
閣議の場でナジブ首相が閣僚全員に対して、1つのマレーシア発展会社(1MDB) に関する自分(ナジブ首相)の対処の仕方及び方針に同意しない者は辞任するようにとの発言をしたとのニュースが報道されました。その際閣僚の1人として首相の発言に異議を唱えた者はいなかったとのことです。

ナジブ首相が大臣を務める財務省の第二大臣はまた閣議の場で、1つのマレーシア発展会社(1MDB) の今後の改革方針を説明しました。

(Intraasia 注:ナジブ首相はこのところかなり強気の態度を公然化させた。 マレーシアの内閣は大臣だけでも30数人もいる大所帯です、さらに各省には副大臣がいる、財務省と教育省は第2大臣さえいます)

【南シナ海の権益衝突に関するマレーシア防衛大臣の発言から】
5月末シンガポールで、各国の防衛責任者や防衛問題専門家が集まった Shangri-La Dialogue が開催された。
その場におけるマレーシアの防衛大臣の発言要旨(の一部):

南シナ海での権益の衝突の問題に関して、マレーシアは常に外交的アプローチを訴えてきた。そして南シナ海における領海の主張が重なっている件を調整するためには行動規範が最良である、と確信していることに変わりはない。
これは古い問題である。国家の面子と威厳に関わることである。 我々が注意深さを怠ると、この問題は間違いなくエスカレートして、現代における最悪の紛争の1つになりかねない。
行動規範が迅速に合意されるべく、話し合いに集中しなければなりません。

(Intraasia 注:長い演説だったはずですが、この程度の部分的な記事しか読まなかったので、短い紹介です。しかし大臣の言っている内容は以前からほとんど変わっていないと感じた。マレーシアの立場は、南シナ海の問題でアセアン(ASEAN)と中国は行動規範で合意して文書かすべきという主張ですね。でも現実にはほとんど進展していないのは事実。その間に中国は人工埋め立て島まで作った。それに対してアセアン(ASEAN)は中国を批判できない。
 Intraasia はスプラトリー諸島に関して、1990年代後半から当サイトで載せてきた、かなり早い段階から注目してきました。マレーシアマスコミが当時からたまに載せていたからであり、東シナ海の問題に関連つけて興味を持ったのではない)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

6月1日のマレーシア記事

【6月のガソリン価格】
(ガソリン価格は毎月管轄の省が発表します)
6月のガソリン類の公定価格を国内取引と消費者省が発表しました。いずれも1リットル当たりの価格です。

レギュラーガソリン (RON95) RM 2.05 、 ハイオクガソリン (RON97) RM 2.35、 ディーゼル油 RM 2.05、

【物品とサービス税(GST)が始まって最初の納税申告書提出期限】

物品とサービス税(GST)を課税しなければならない課税者としてこれまでに37万9千社が登録している。
この内まず7万5千社が税関庁宛てに5月31日までに納税申告書を提出しなければなりません。 納税申告書に基づいて、税関庁は各会社のコストと利益を調べることになる。

第2財務大臣は、物品とサービス税(GST)の申告書提出期限を延長することはしないと、言明しました。今年は5月31日が日曜日にあたったので、期限は6月1日までとなる。
「今回申告しなければならない会社(登録課税者) 75000社の内で 77%である 57598社が既に納税申告書を提出した。」
「納税申告書に伴う(実際の)納税は、1か月以内に行うこと。」 

(Intraasia 注:今一つ意味がよくわからない部分です。登録した会社が38万社ほどある、4月に物品とサービス税(GST)を徴収してそれを申告しなければならない会社はその内で7万5千社ということだと思われる。残りの30万社は6月末またはそれ以降に申告しなければならないということだろう。つまり38万社を複数のグループにわけて納税申告時期をずらしているという意味なのかな。)

【Rapid KL にダブルデッカー車が9月から導入される】

クアラルンプール圏の公共バス電車の運営体である Rapid KL は今年9月から、新バス車両 120台を路上での運行に加えることになります。

120台の新車輛には、初めて登場するダブルデッカー車40台が含まれている。 定員108人のダブルデッカー車は混雑区間に導入される予定です。 この120台は1日の輸送人員数1万人の増加につながる。
ダブルデッカー車は価格RM 140万で、英国製です。車高は4.2m あり、車内に監視カメラも装置している。

(Intraasia 注:高速道路を走る中長距離バス便にダブルデッカー車は2000年前後ごろから登場し、現在ではいろんなバス会社が使っている。 都市内交通の乗り合いバスにダブルデッカー車は国内で初めてではないだろうか。 高速道路のダブルデッカー車は不安定に感じるのでIntraasia は好まないが、乗り合いバスなら眺め景色がいいので歓迎です。登場を楽しみに待ちます)

【マラッカ州にあるシンガポール人経営のナイトクラブで外国人ホステス13人を逮捕】

マラッカ州イミグレセン(Imigresen)は、31日の深夜、Melaka Raya 地区にある1軒のナイトクラブの取締りを行い、ホステス(GRO)として働いていた外国人 13人を逮捕しました。

州イミグレセン(Imigresen)の副トップは記者団に語る、「逮捕した13人中、9人が中国人女性で4人がベトナム人女性です。年齢は20代から30代であり、イミグレセン(Imigresen)法で定めているパス、許可証、制限に関する条件に違反をしていたため、同法の条項に基づいて逮捕した。」

「そのナイトクラブの持ち主である2人のシンガポール人、40代、もイミグレセン(Imigresen)法の条項に基づいて拘束した。外国人を違法に雇っていたと思われるからです。」  「一般からの通報によって隠密に偵察を約2週間続けた。逮捕した者たちに対する継続捜査を行います。」

この取締り作戦は、州の(行政上の名称である)マラッカ中部地方にある 3か所で夜10時から4時間にわたって行われました。

(Intraasia 注:外国女性がホステスとして働けるわけはない。この店はシンガポール人経営とのこと、こういう例はマラッカに限らずクアラルンプール圏でも珍しくはないといえる。娯楽店や風俗店のニュース記事でオーナーが誰々と言及されることは多くはないが、これまで耳にした話によればシンガポール人オーナーの店は決して稀ではないようだ。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 BLOG TOP