プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

7月31日のマレーシア記事

【通貨リンギットの下落を食い止めるために】
通貨リンギットは7月30日に、外為市場で対米ドルでまた17年ぶりの安値を一時つけました: 3.8288。 リンギットの下降圧力が高まっていることを受けて、中央銀行Bank Negaraはこれを食い止めるソフトな方策を取り入れた。

Bank Negara の幹部が今週、内外の金融機関で働く外貨ディーラーを集めて、ブリーフィングを行いました。その中でリンギット売りにつながる取引を差し控えるような要請を伝えました。これはリンギット防衛策の1つです。
ある通貨専門家は述べる、「もしUS1=RM4,0になったら、多くの外貨ディーラーは儲けを得ることになるであろう。」

外貨ディーラーの話から:中央銀行Bank Negaraは、リンギットを対米ドル固定為替相場にはしないと再度説明した。その価値は主として市場で決められるべきである。しかし現在のリンギットはマレーシア経済基調からずっと弱化している。

あるディーラーは語る、「世界経済の経済状況を考慮すれば、リンギットは対米ドルでRM 3.65 前後が公平な価値であろう。」
2015年は年初から現在までに対米ドルで、リンギットは8.4%下落している、しかしオーストラリアドルのように 11%下落した通貨もあります。 このところ中央銀行Bank Negaraは外貨市場に介入しているように思われます。

マレーシアの外貨準備高はUS$ 920億に減りました。1年前はUS$1200億でした。

【ウクライナ上空で撃墜されたマレーシア航空機に関する安保理事会決議を求めたマレーシア】
2014年7月、298人を載せてウクライナ上空で何かに撃墜されたマレーシア航空機 MH17に関して、マレーシアは国際戦犯法廷に係属することを求める決議を国連安保理事会に提出しようとしましたが、ロシアの拒否権にあい、適いませんでした。

安保理に提出した案に賛成を示したのは米国など11か国です、棄権は中国を含めた3か国です。中国外務省は、安保理事会のメンバー国が決議に大きな憂慮を示している時に、決議を通そうとするのは安保理事会の不一致につながるだけであると、述べました。

マレーシアは、この挫折にめげず他の方策を求めていく、としています。

別記事
インド洋に浮かぶフランス領の島に飛行機の翼の一部とみられる物体が流れ着きました。
これは、2014年3月に239人を載せてインド洋に消えたと言われている、マレーシア航空機 MH370便の物ではないかとの期待が出ています。
見つかった物体はフランスに送ってまず調査をすることになっています。

(Intraasia 注:提出したマレーシアも常任理事国のロシアが賛成するとは最初から期待していなかったことでしょう。それはとして、マレーシアが常々友好関係を誇る中国が棄権したのは皮肉な話ですな)

【LRT高架電車の新型編成電車も中国製】
(クアラルンプールのRapid KL バスと電車網を運営するのが Rapid KL です、その親会社は公企業である PRASARANA Malaysia Bhdです。)

クアラルンプール圏の高架電車LRT 2路線の1つである Ampang 路線では延長工事が進行中であり、その第一段階で実際に電車が走行するのは今年10月末の予定です。Ampang 路線延長区間は第1段階と第2段階を合わせて7つの新駅ができる。

PRASARANA は、Ampang 路線に走行させるべく、中国から新型の電車 50編成を購入する契約を既に結んでいます。総額RM 9億6千万です。
その内20編成電車がAmpang 路線延長区間を走行することになる。20編成中の8編成が第1段階として導入される。 残り30編成が、現在Ampang 路線で90年代から使われている編成車両に置き替わります。

新型編成車は 6輌編成です。50編成の内、35編成は完成車として中国から輸入され、15編成はペラ州の BatuGajah にある工場で組み立てられることになる。
まあこの新型車両は運転手のいない自動運転方式です。

(Intraasia 注:マレー鉄道は Komuter電車網の新型車、西海岸線の ETS用新車輛に中国車輛を使っているまたはこれから使用する。Rapid KLもその列に加わるようです。
ところで、Kelana Jaya路線では既に路線開始当時から自動運転システムを導入している。 人間が運転した方が良いのかどうかは捉える人の観点で決まるのではないだろうか。Intraasia はAmpang 路線をよく利用するが、日中の暇な時間帯でさえ運行間隔が守られていない。時に5分間で次の電車が来たり、20分間も待ったりする。もちろん駅では何のお知らせ放送もない。そもそもプラットフォームに駅員はいないのが普通です。窓口は一切この種のことに関与しないので、電車が止まっても情報は得られない。なまじ運転手がいてもこういう不規則運転ならいない方が良いのかもと思う。一方緊急時にどう対応するかは懸案だろうが・・・)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月30日のマレーシア記事

【全国の警察本部である警察本庁ビル10階で火事が起きた】
(全国の警察の総本部である警察本庁は、クアラルンプールの独立広場を眺め下ろす丘の上にある。警察本庁が、時に通称 Bukit Aman と呼ばれるのはそのためです。)

警察本庁の敷地内に建つ旧ビルの10階で火事が起きました。午後7時過ぎにその廊下から火災が起き、24人の隊員から成る消防隊が駆けつけて30分ほどで消火しました。けが人はありませんでした。10階には重犯罪捜査部門の管理事務部門が入居しています。

警察長官によれば、「燃えたのは廊下に保管されていた、大して重要ではない書類であり、それらは捜査に用いられるものではない。心配する必要はない。火事で失ったのは古い重要ではない書類ばかりだ。」  「1つのマレーシア発展会社(1MDB) 捜査の書類が失われたと言ったデマをふりまかないように。」 「失火の原因を調査中です。」

この旧ビルは、2012年にすぐ近くに建設された新ビルが完成するまで、警察本庁のビルとして使われていました。旧ビルは現在でも、重犯罪部門、管理部門、麻薬捜査部門が入居している。

(Intraasia 注:掲載写真を見ると、ビル外にかなりの炎が広がっている、遠くからでも火事であることがすぐわかる規模だったことが推測される。 大したことはない、被害は軽いという言明が先に来るのは、マレーシアらしいところです)

【内閣改造と検察長官の交替を捉える立場の違い】
ある華人政治評論家は述べる :突然発表された内閣改造及び検察長官を辞任させたことは、一般大衆は1つのマレーシア発展会社(1MDB) スキャンダルに対する捜査に影響を与えようとする試みであるとみることでしょう。 調査は管理された過程を通して行われ予測できる結果になることでしょう。
「 事実が明らかにされることは恐らくないでしょう。」

政策イニシアティブセンターの理事はネットニュースに述べる、「内閣改造は、1MDB問題でナジブ首相に疑問を突き付ける者たちを外へ追いやって、親首相の者たちで固めようということは明らかである。」
「大衆の視点から捉えれば、偏らず独立した調査であるべきことに首相が影響力を与えるまたは妨げるまた1つの試みとして見られることでしょう。」

別記事
クアラルンプールの高級住宅地にあるムヒディン前副首相の自宅で29日正午前に行われた、ムヒディン前副首相の記者会見には内外のマスコミから200人以上の記者が集まった。記者会見の場は立錐の余地もないほどでした。記者会見は短く30分ほどで終わった。 

(Intraasia 注:有力英語紙の記事と論調はまさに政府支持の姿勢が顕著で、前副首相の記者会見もさらっと扱い、1MDB 調査の件にも批判らしい言葉がない。一方有力華語紙は第1面から大きく載せ、排除された前副首相の記者会見模様を数ページ渡って細かに報道している。 同じ出来事を扱っている新聞とは思えないほどの違いを感じる。マレーシア語紙は目を通さなかった、1日に3紙を精読するのは時間的に無理なのであしからず。
この場に載せた内容のような記事はもっぱらネットニュースにしか載らない。1MDB問題とナジブ首相を伝えるニュースは報道する側の立場によってまことに違います)

【 Sushi King店舗チェーンの親会社が株式の一部を日本の食品業大手会社に売却した】
Texchen Resources Bhdは子会社 Sushi Kin Sdn Bhdの株式の28%を 日本のレストラン業大手である 吉野家ホールディングに RM 1億で売却しました。同社の株価は7月8日以来 11.7%上昇した、昨年同期比で65%上がりました。 

Sushi Kin Sdn Bhd は現在国内に Sushi King 94店舗を有し、その総座席数は8400ほどです。 (上場会社である )Texchen Resources Bhd はその Sushi Kin Sdn Bhd の株式の70%を保有する。同社は今年さらに10店舗を増やす計画のようです。さらにアセアン(ASEAN)諸国にも  Sushi King 店舗を展開していく計画です

(銀行系のリサーチ会社) RHB Research は次のように視る: Texchen Resources Bhdは、寿司チェーン と Tim Ho Wan レストランに加えて、吉野家牛丼とはなまるうどんという新しい店舗チェンーン、及び ドトールコーヒーチェーンの展開を合弁事業を通して計画している。

(Intraasia 注:Bhd ブルハットが付くと、一般にマレーシアにおける上場企業を示す。 イントラアジアはどんな日本食でも全く口にしないのでコメントはできませんが、Sushi Kingは国内に100店舗近くもあるとはかなりの数に思える。牛丼店は以前ごくごく限られたショッピングセンター内にあったけど、それが今後チェーン店として増えていくということなんでしょう、そのうどん店チェーンのことは全然知らないが既にオープンしているのかな? )

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月29日のマレーシア記事

【ナジブ首相が内閣改造して前副首相を追いやり、内相に副首相を兼務させた】
ナジブ首相は28日、(衝撃的に)内閣改造を発表しました。
その改造では、ムヒディン副首相兼教育大臣を内閣から外し、さらに4人の大臣を更迭しました。新に7人が新内閣僚に加わりました、新任の副大臣は9人。

内閣改造の特徴
・ムヒディン副首相を完全に閣外へ追いやった(注:党序列では第2位である UMNO党副総裁の基盤を削ぐ狙いである)
・強い権限を持つザヒッド内務大臣が職を兼任しながら副首相職に就いた(注:UMNOの準総裁3人中の筆頭であり、実施的に党内No2の力を持つ存在になった)
・UMNO準総裁の1人で大臣であった人物を閣僚から外した(注:ナジブ首相に多少批判的とみられていたからでしょう)
・1つのマレーシア発展会社 (1MDB)問題を国会の枠組みで調査している会計委員会の長を務めていたUMNO議員を副大臣の登用し、さらに会計委員会の3人の委員、いずれもUMNO所属、を大臣1人と副大臣2人に登用した (注:このため会計委員はその職を辞任しなければならない規定なので、会計委員会はしばらく機能が止まることになる)

この内閣改造で(第2大臣職を含めた)大臣数が2人増えて、大臣の総勢が37人になりました。 大臣数が増えたのは、内閣府の無任所大臣と通産省の第2大臣を増やしたからです。この結果内閣府の無任所大臣数は 11人です。
また副大臣数も 27人から32人に増えました。副大臣は数名が交替し、新に9人が任命された。

(Intraasia 注:国会議員数は下院議員が確か 222人かな? その数に比していかに大臣と副大臣の数が多いかお分かりでしょう。なお下院議員ではない大臣と副大臣はごくわずかの1桁人数です。下院議員中の6割ぐらいが与党陣営とすれば、なんとその半数近くが大臣副大臣という職に就いているわけです。閣僚になれば、当然首相に従順でなければならない。
ほとんどだれも予測していなかったそうなムヒディン党副総裁を閣外に追いやったこの内閣改造劇は、かなり劇的な効果を持つことをメディアも認めている。党内基盤の強いナジブ首相が対マハティール元首相への強い反撃意思を顕示したできごとでもある。UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)党内が果たしてこれを既定事実として素直に支持していくかどうか、これからしばらくが山場となるでしょう。言うまでもなく、この改造劇に関して主要マスコミの伝える調子と、ネット界で広がるUMNO党員ではない人たちによる評価は一致しない)

【突如検察長官の辞任が発表され、裁判官を新任者に任命した】
内閣府の官房長が28日朝、アブドゥルガニl 司法長官(検察長官)が健康上の理由から辞職したと発表しました。 その発表文によれば、「前検察長官は2015年10月6日に満66歳の誕生日を迎えて退任することになっていたが、7月27日に早期退職した。しかし彼は司法委任委員会の委員としての職務は法定退職日まで続けます。」

一方、このニュースを知らされた前検察長官は、「私は(政府による)その決定を知らない。」 とメディアに答えましたが、それ以上は口をつぐみました。

政府に近い消息筋が明らかにした内容: 前警察長官は腎臓に問題があり、週3回腎臓透析に通っている。 ナジブ首相が検察長官の職の更新を打診したが、彼は受けれいなかった。彼の健康状態を考慮して、新しい検察長官を任命することに決めた。

新しい司法長官(検察長官)には、連邦裁判所裁判官、65歳、が(政府によって)任命されました。新検察長官は控訴裁判所判事の後2013年9月に連邦裁判所判事に昇任していました。

ただ現在65歳であり、来年2月に66歳の退任年齢に達するので、新検察長官にふさわしいのかの疑問の声も出ています。
ある華語紙は書く:新検察長官には、政府の御用弁護士だったという見方も漂っている、さらに司法省以外からの登用である点を指摘する向きもある。

(Intraasia 注: 1つのマレーシア発展会社(1MDB) の特捜チームとして前検察長官は、1MDB 問題に追及の姿勢で他とは多少トーンの異なる発言をしていた。こういう背景を考えれば、全く唐突な検察長官交代劇はいろんな憶測を呼ぶことでしょう。前検察長官はアンワル元副首相起訴事件を始めとして、これまで数々の案件をもっぱら政府寄りと取られるような訴訟指揮をしてきたとの印象がある。それにしてもだ、検察長官の任罷免は政府の一存でこうも簡単にできるんだと、いささか驚いた。)

【AirAsia X の日本路線に大きな変化】
AirAsia X は今年10月からクアラルンプール -札幌路線の運航を開始すると発表しました。一方現在運航中のクアラルンプール -成田路線を(8月中旬で)打ち切るとの発表も行いました。

(Intraasia 注:ほぼ同時に路線新設と路線廃止の発表です。いかにも AirAsia らしい行動です、 『日本人のためのよくわかる格安航空エアアジア(AirAsia)のお話』 ブログをご覧ください)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月28日のマレーシア記事

【クランタン州で Datuk 称号を買い手に売っていたグループが逮捕された】
クランタン州で、(州スルタンだけが授与する権限を持つ) Datuk 称号を、金で売っている容疑で4人が逮捕されました。逮捕された1人はスルタン家系に属する者です。

クランタン州警察が記者会見で明らかにした内容: 秘密グループは儀式用衣装、スルタン家標章、授与を述べる書状を被害者に用意した。 授与儀式はコタバルにあるホテル及び他の場所で行われた、これらは州スルタンまたは州政府が認めたものではない。

「この秘密グループは1年以上は活動していたものと思われる。」 「秘密グループはDatuk称号の買い手にRM 6万からRM 13万近くを要求していた。被害者は少なくとも8人になる。」

「秘密グループの作戦は、スランゴール州に住む疑いを持たない買い手にDatuk 称号の買い手に提示する。書類手続きはクランタン州で行う。」 「偽称号を買った中のの1人が、メディアにこのことを話したことで、明るみに出た。」

(Intraasia 注:こういう偽称号の買い手を被害者と呼んでいいものか、疑問に思う。 全てを金で達成しようとする所詮同じ穴のムジナに過ぎないと思いますけどね。)

【KLIA2の土壌が沈下していると、 AirAsia が空港会社を強く批判している】
AirAsia の最高経営責任者(若い女性です)が、KLIA2は沈下している、それだけでなく空港の誘導路にはひびが現れており水たまりができている、航空機はその上を移動している、と述べました。「KLIA2の欠陥は、航空機の遅延を起こしかねない、航空機に摩耗と傷を発生させかねない。離陸と着陸時に影響はでないが、それは安全に対するリスクの可能性を生む。」
AirAsia 側はマレーシア空港当局に対して、問題を解決するようにと要求しました。

AirAsia の複数の航空機がKLIA2の土壌のお粗末な状態によって損傷を受けたとして、 AirAsia グループの創業者兼最高経営責任者は、KLIA2(第2クアラルンプール国際空港)の運営者である、マレーシア空港持ち株会社を裁判所に訴えるかもしれないことを示唆しました。

( AirAsia グループの創業者兼最高経営責任者はこれまで何年もの間、マレーシア空港持ち株会社の経営のあり方に不満を表明して公然と批判してきた)

空港持ち株会社はKLIA2に関する AirAsia 側の度重なる苦情にも関わらず、意欲を欠いた対応ばかりであり、無能である、と AirAsia グループの長は空港持ち株会社を評しており、「空港持ち株会社にはもはや我慢ができない。」 

「空港持ち株会社の取締役会と経営陣は責任を取らなければならない。現時点で安全に関わる問題はないが、事が起こっては遅いのです。」 と記者団に語りました。

「ハリラヤの時期にある AirAsia フライトが8時間も遅れたのです。我々 AirAsia として、空港持ち株会社に対して法的措置を取ることを考える。」

グループ最高経営責任者は自身のツイッターで、KLIA2のエプロンに駐機している AirAsia 機の写真を掲載しました、その機の前方部車輪の着陸用部分が曲がってしまっている。「こんなことは決して起こってはならいことです。」 (注:説明によれば機の車輪止めが滑ったことで起きたようですが、構造を知らないのでよくわからない)

KLIA2の土壌が起こす問題で AirAsia の航空機が受けた損傷額に関して、グループ最高経営責任者は明らかにしませんでした。「空港持ち株会社に対してこの件を何回も取り上げた。問題はずっと起きているのです。」

「空港持ち株会社はその管理下の空港を世界の最良空港の基準に達せられず、この点でずっと無能です。」 「 6か月前に要求したにもかかわらず、KLIA2でのセルフチェックインシステムをきちんと機能させることが未だにできていない。」

「 AirAsia がランカウイ空港をハブの1つとすることに関して、内閣は6か月も前に承認したにもかかわず、空港持ち株会社が AirAsia 側にランカウイ空港でのハブ活動ができる旨の通知を送ってきたのは3週間前です。」
AirAsia はランカウイ空港から1桁数の国際便を飛ばすことを予定している。「これはランカウイ島の経済活性に役立つでしょう。しかし空港持ち株会社の遅れた対応はこのことを台無しにしかねない。」

(Intraasia 注:KLIA2の土壌問題に対処するために空港持ち株会社はこれから工事を進めていかねばならない、そうすればフライトの運行に支障が出る、そこで AirAsia グループとして旧LCCターミナルに一時移転することさえ考えるかもしれないと、 AirAsia 最高経営責任者は述べている。えー、そこまでする必要があるの? 問題は結構深刻なんだと思わせる発言です。それとも空港会社への警告?だろうか)

【ムヒディン副首相の発言を大きく取り上げた各紙】

UMNOのクアラルンプール支部の1つが開いた会合で、来賓として招かれたムヒディン副首相が演説した内容に対して、首相府は声明を出しました。その中で、現在政府が指名した特捜チームが1つのマレーシア発展会社 (1MDB)に関する問題を捜査しているので、それが終わって結果が報告されるまでは、1MDBに関する発言に気をつけるようにという内容のアドバイスを、ムヒディン副首相に向けて書きました。

「誰もがとりわけムヒディン副首相を含んだ行政に関わる人たちは、特捜チームの捜査結果を待つべきである。」 「国の指導者層に向けて国民の捉え方に否定的になりかねない声明を出すのは避けなければならない。」

(Intraasia 注:各紙この件を第一面に大きく掲げている、しかしその新聞の対政府への立場を映すかのように、見出しのつけ方が多いに異なる。ナジブ首相とその固い支持層である周辺はナジブ首相批判につながるような内部からの動きを徹底して抑え込もうとしているかのようですな。それがUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)の副総裁でもある副首相に突き付けた言葉からも受け取られる。 ネットニュースによれば、28日午後ナジブ首相が内閣を小幅改造して、ムヒディン副首相兼教育大臣を内閣から外した)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月27日のマレーシア記事

【市価相当額RM 3300万もの密輸タバコが押収された】
サラワク州ミリで、コンテナ船から大量の密輸タバコが押収されました。
摘発したマレーシア沿岸警備隊(海洋取締庁MMEA) が記者会見の場で明らかにした内容: 捜査した貨物船には6個の大型コンテナが積まれていた。コンテナの中身は2700万本のタバコでした、この市場価格相当額はRM 3300万に達する、その未払いの関税額はRM 480万になる。

「我々は先週、陸から3.5カイリ離れた海上で密輸活動を発見した。捜査したところ、要人の首謀者がこれに関わっているらしいことがわかった。この密輸活動にはサラワク州の首謀者が関わる秘密組織が行っているようだ、彼らは国際組織ともつながりがありそうだ。」
「この貨物船の運行者はマレーシア人であり、シブに登録された船である。しかし乗組員5人全員がミャンマー人です。タバコを輸入する書類は一切所持していなかった」

マレーシア沿岸警備隊は、たばこの源泉と買主は誰かを探っているところです。貨物船はミリ川に係留され、ミャンマー人は拘留されています。

(Intraasia 注:単なる雇われ下っ端であるミャンマー人をいくら取り調べても上層部に手は伸びなさそうなことが、これまでの密輸摘発から推測できそうです。それにしても相当なる密輸額だ、RM 3300万とは日本円にすれば11億円にもなる、こんな多額の密輸タバコを取り引きできるということは、国際的つながりのある力ある密輸組織なんでしょう。この多量な密輸タバコを国内で密売グループに卸すのか、自分たちで密売するのか知りませんが、かなりのコネと組織力があることは容易に推測される。裏社会・地下経済の強力さに感心するしかないですな)

【ナジブ首相は1つのマレーシア発展会社(1MDB) の事実を国民に説明すべきだと、副首相】
ムヒディン副首相はナジブ首相に対して、1つのマレーシア発展会社(1MDB) 問題の件を説明すべきだと進言したとのことです。
副首相はまた、1MDBの調査を支持することでナジブ首相を追い落とそうとしているのではないと、(一部にある見方を)否定しました。

「国民を過小評価してはいけない。嘘もいけない。第2財務大臣が1MDB のことを説明した時、彼への批判が湧きあがった、住宅大臣が話したときも同じだった。」 とこのようにムヒディン副首相は、 UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)のクアラルンプールの 1地方支部での会合で演説しました。

「我々はこの件を適切に説明できない、なぜなら本当の事実を知らないからです。これを説明できるのは誰か? 首相でなければならない。」
ムヒディン副首相はさらに、1つのマレーシア発展会社(1MDB) の解明を支持することで悪意を持っているとの(噂)を否定して、「私は事実を述べる必要があり、観点を示してアドバイスも示さなければならない。」

あるネットニュースはムヒディン副首相の発言を伝える: 1つのマレーシア発展会社 (1MDB)の件で何が起きているかを理解するのは難しいので、(発禁処分を受けた)Edgeを読まなければならない。

(Intraasia 注:閣僚はこぞってナジブ首相支持の発言をしている、もっとも30数名も大臣がいるので、マスコミにしょっちゅう登場する主要大臣は数が限られています。その中で唯一首相に苦言を呈する発言をしているのが、ムヒディン副首相です。でもかなり慎重な発言調子なことに変わりはない。 副首相も言うように、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)問題に関して進行している内容はまこと複雑でよくわからないというのが多くの人の思いでしょう。だからあるUMNO幹部は言う: 非都市部の選挙区民でこれを問題にするような選挙民はまずいない)

【大学卒業者の初任給 】
(リクルートサイトとして有名な)Jostreet.comなどを参照した数字

薬局の薬剤師 RM 3640、 金融サービス(具体的に何を指すのかよくわからない) RM 3054、
医師 RM 2719、 IT産業またはエンジニアリングの営業員 RM 2612、
会社の営業員 RM 2456、 IT産業のソフトウエア(開発者の意味か?) RM 2452、
講師 RM 2800、  会計士 RM 2500、 記者 RM 2200、
教師 RM 2000-2200、 弁護士 RM 1800-3200、 法律事務所の職員 RM 2100、
銀行の職員 RM 2000、 顧客サービス係り RM 1700、

参考: 大卒者ではない者の初任給
販売員 RM 1350、 看護師 RM 1300、 事務員 RM 900

マレーシアの大卒者の初任給の平均は RM 2100、

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月26日のマレーシア記事

【Gerakan Harapan Baru新しい希望運動は hudud 導入を放棄しないが優先することはしない】
(イスラム政党 PASのいわゆる革新派が党から離れて新党を設立する動きを急いでいる、このグループは自身を Gerakan Harapan Baru 新しい希望運動、と自称している)

Gerakan Harapan Baru 新しい希望運動のリーダーの1人で、PAS党のシャーラム選挙区選出国会議員は述べました、「Gerakan Harapan Baruにとって、シャリア刑法 hudud は優先性をもたない。我々の理解として、hudud は全てのことがあるべきようになった時点で実施するものである。」 
「我々は逆戻りはしません。イスラム政党 PASはかつて hudud は優先しないと言っていたが、突然それだけが唯一の問題であるかのようになっている。」

「この点でGerakan Harapan Baru 新しい希望運動はイスラム政党 PASとは明確に異なるのです。」 「国民の統合、経済、政治的抗争などといった取り組まなければならない問題があるのです。それらが優先性を持つのです。」 

Harapan Baru 新しい希望運動をになっている先駆者たちは、マレーシアにhudud を導入する権利は擁護している、しかしそれは当分の間主たる優先性を持つことではないと説明する。なぜなら主たる焦点はこの国に活気ある民主主義を再建することであるからとのこと。

イスラム政党 PASが Hudud を(独自に)導入していく方針に戻ったことで、民主行動党DAPと人民公正党PKRと直接ぶつかりあうことになった。それがパス党総裁が、クランタン州にHudud を導入することを認めるための法案を国会に提出したことで、最高潮に達した。 
その後イスラム政党 PASは6月に民主行動党DAPとの関係に終止符を打った。さらに行動党は民聯 (Pakatan Rakyat) が瓦解したことを正式に宣言しました。

(Intraasia 注:Gerakan Harapan Baruは9月には新党結成の認可を管轄庁から得たいとしている。マレーシアでは管轄の庁から認可されないと政党は設立できない。Gerakan Harapan Baru にはイスラム政党 PASの現国会議員の8人位は参加するような報道もある。民主行動党DAPと公正党は新しいパートナーとして、この新党に期待しているようだ。一方イスラム政党 PASの総裁はこのところとみにナジブ首相擁護論を説いており、イスラム政党 PASの方向性が変化して、UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)との友好関係化もあるのだろうか?)

【日本のフードフランチャイズ Takoboy Takoytaki 】

マレーシア企業 Ar Rozaq Services は 日本の飲食ブランド Takoboy Takoyaki フランチャイズを経営しています。同社は今年末までに全国で 50人の起業家つまりこのブランドのフランチャイズオーナーを生み出すことを目指しています。現在のフランチャイズオーナーは 38人です。

マレーシア国際フランチャイズ展覧会2015年の場で Ar Rozaq Serviceのビジネスマネージャー(マレー人)は(この新聞社の)記者に述べる、「これは国内の行政区分上の地方 (マレーシア語でdaerah) の全 daerah において Takoboy Takoyaki 商売を設けるという我社の戦略の一部分です。」

「Takoboy Takoyaki は2つのビジネスコンセプトがある: 移動式キオスクを多くのナイトマーケットでオープンする、 固定式キオスクをホーカーセンター(屋台式食堂)やショッピングセンターに設ける。」

「(たこ焼きの)ソースは、独自のもので日本製のように本物です。このソースは Takoboy Takoyaki も重要な要素です。これは市場からの良い反響を受けている、同時に全国でこのブランド名を確実なものにします。」

フランチャイズオーナーになるビジネスモデルでは、移動式キオスクの場合は 最低RM 3500が必要であり、固定式キオスクの場合は RM 2万が必要です。そしてTakoboy Takoyaki フランチャイズオーナーには、ソースと そのたこやき製造レシピが提供される、これは味の品質を保つためです。

Ar Rozaq Serviceのビジネスマネージャーによれば、今年末には Takoboy Takoytaki フランチャイズをベトナムとブルネイにも広げる計画があるとのことです。

Takoyaki は丸い形をした食べ物です、成分は小麦粉、米の何とかチーズ(この単語がよくわからない)であり、特性鉄板上で作ります。Takoyaki はまた、アワビ、ウナギ、カニなどの8つの特性味つけで準備されたイカの丸い物としても知られています。

(Intraasia 注: AEONショッピングセンター内の食のコーナーに昔からたこ焼きキオスクがあることは知っている、が一度も買ったことはないので味は知りません。ただいろんな味付けがあるようです、実際にタコを入れているのかそれともイカなのかは知りません。このTakoboy Takoytaki でもタコを入れるとは書いてなく,イカと書いている。マレーシアでタコは一般に食べないので入手はなかなか難しいと聞いたことがある。 
日本事情に疎いイントラアジアですので、Takoboy Takoytaki が日本でどのくらい知られたブランドなのか全く知りません。マレーシア人企業者のビジネス展開の成功を願っておきます)




テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月25日のマレーシア記事

【よく知られた週刊経済紙を3か月の発禁処分にした】
(1つのマレーシア発展会社(1MDB) 問題をこれまで積極的に報道してきた) 週刊経済新聞 The Edge と 経済日報 The Edge に対して、内務省が7月27日から3ヵ月間の発行禁止処分にすると発表しました。

内務省はその発表文のなかで指摘する: Edgeメディアグループはその発行する2紙において、1つのマレーシア発展会社(1MDB) に関する報道は、公共の秩序と安全に損害を与えたまたは秩序を乱す可能性がある、または恐怖を呼び起こす可能性がある、または民衆と国家の利益に損害を与える可能性がある。
「もし Edgeメディアグループが内務省の3か月発刊禁止指示に従わなければ、出版許可の取り消しの処置を受けることになるであろう。」

これに対して、Edgeメディアグループの最高経営責任者で発行人の 何(Ho)氏 は声明を出しました:内務省の決定には大いに失望した。今後はこの決定に関して裁判所に訴えて争い、禁令を解除させることを目指す。 

「The Edge は報道したことに固持します、我々は何も間違ったことをしていない。」 「我々は最善であると信じることを続けていき、マレーシアで起きていることと世界の経済界の出来事を報じていきます。」

「Edgeメディアグループは現在約350人の従業員を抱えている。 我々のメディアに載せている広告主が2紙の発行禁止期間中は、我々の電子メディアを通して引き続き我々Edge メディアグループを支持してくれるように期待します。」

(Intraasia 注:同業新聞界の編集責任者はおおむね発刊禁止処置に批判的のようです、恐らく UMNO所有の Utusan は違うでしょうが。もちろん在野の団体や組織は言論出版の自由を抑圧するものだと、内務省を批判している。  AirAsia グループのトップのような経済人も数人が失望感を述べていた。強権指向の内務省の背後に政府があるのはいうまでもない。
Intraasia は The Edge  は購読したことはないが、国内唯一の経済紙として名前はもちろん知っている。Edgeメディアグループは よく知られた MalaysianInsider.com というネットニュースを運営している。そういう場で今後報道していくようです。皮肉なことに、つい数日前にEdgeメディアグループの発行人が1MDBに関する多くの資料を当局に自主的に提供し、捜査を進めて欲しいと願っていた。それにしても 3か月間は長い、 Edge社に財政的に致命的な影響をあたえるでしょうね)

【道路交通庁の長距離バス対象の取り締まりで1人の運転手は無免許だった】

道路交通庁(JPJ)スランゴール州支庁は、ハリラヤシーズンの長距離バス対象の抜き打ち検査を、半島縦断高速道路の州内のサービスエリアで行いました。

「ハリラヤシーズンは交通事故が増える。そこで我々は随時取締り活動をしている。昨日は午後2時半から23時まで取締りを行って、中長距離バスの84台を検査した。」 

「その内25台のバス運転手に違反行為があった、中でも1人は公共交通車輛運転免許(PSV,いわゆる2種免許)を持っていなかった。これは重大な違反である。そのバスはイポー発シャーラム行きのバスであり、交替運転手は有効な免許を持っていたので、そのバスは引き続き終点まで運行していけることになる。 我々は、この無免許運転手の件を陸上公共交通委員会 (SPAD) に知らせて、SPADがバス会社の営業免許に関して処置を取るようにと要求します。」

「これまでたくさん警告をしてきたにもかかわらず、PSV免許を持たずに客を乗せて運転している例が見つかったことに、JPJは非常に失望する。 検査したバスの内で、12台のバスは交替運転手が乗っていなかった。走行距離300㎞を超える長距離バスは、交替運転手が必ず乗車するという規定がある。また10台はスピードを出すときも通常走行時もずっと最右側の車線を走行していた。これは重大な事故原因につながることです。」

「バス運転手の中で(尿検査によって)麻薬接取者は見つからなかったことは良いことだった。ただバス運転中に携帯電話使用者1人、運転中に喫煙した者3人を含めて、28枚の違反伝票を発行した。」

この日の取り締まりには、道路交通庁から35人、国家麻薬取締官が8人など多くの官吏が参加しました。

(Intraasia 注:長距離バスの運転手であれ、クアラルンプール圏の乗り合いバス運転手であれ、運転中に携帯電話を使用しているのを目にするのは、別に珍しいことでもなんでもない。長距離バス運転手の喫煙も時に目にする。 長年各種のバスを頻繁に利用してきた者として、バス運転手の運転態度は一般的に決して良くないといわざるを得ません。)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】

1万円を銀行で両替すると RM 301.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 373.0 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 272.7 を入手します。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月24日のマレーシア記事

【対米ドルで16年来の安値をつけた通貨リンギットと外貨準備高の減少】
外為市場では、通貨リンギットが対米ドルで 3.80を超えてしまいました。7月22日には US$1=RM 3.806をつけた。
リンギットは対米ドルで今年これまでに8.1%下落し、16年ぶりの対米ドル安値を今月記録しています。

マレーシアの外貨準備金は7月15日時点で US$1005億ある。6月30日時点の $1050億から減っている。 外貨準備金は最高時の2013年5月に比べてUS$400億ほど減りました。

(Intraasia 注:内容は省略しましたがエコノミストの見方は一様ではないことが、長い記事からわかります。まだこの時点でマレーシア経済に決定的診断を下すのは早そうです。ただ外為市場で短期間にリンギットが反転して対米ドルで切り上がっていくことはなさそうですね)

【タイで逮捕拘留中のスイス人をマレーシア警察が尋問する要請は断られた】

(1つのマレーシア発展会社(1MDB) に関連しているとして、サウジアラビア基盤の国際企業  PetroSaudi International が頻繁にニュースで言及されている。)

この会社  PetroSaudi International で当時幹部として働いていたスイス人が、その会社に脅迫とゆすりのメールを送った容疑で、今年6月22日にタイで警察に逮捕されて、拘留中です。スイス人容疑者は、 PetroSaudi International の秘密書類、メール、同社が発行した書類を(マレーシア人など誰かに)売ったまたは売ろうとしたという嫌疑が出ている。

シンガポールの新聞が7月24日報じるところでは、このスイス人は今年2月シンガポールにおける新聞社とのインタビューで、脅迫とゆすりをしたことを認める発言をしたとのことです。しかし彼は、あるマレーシア実業家が約束した金 US$270万は受け取ることができなかったと述べた、と新聞は報じる。

別記事
タイで逮捕され拘留中のスイス人に対してマレーシア警察として1つのマレーシア発展会社(1MDB) 問題に関して事情聴取をしたい旨を、マレーシア警察はタイ側に表明していました。

マレーシア警察長官は23日にバンコクを訪れて、タイ警察長官と会談しました。しかしタイからの報道によれば、タイ警察はマレーシア警察の要請を断ったとのことです。理由として、逮捕しているスイス人はマレーシア人ではないので、その被疑者に尋問するためにはマレーシア警察は(国家間での)適切な方法を使わなければならないというものです。さらにタイ警察は、スイス人を依然として捜査中であるというのもその理由です。

(Intraasia 注:1つのマレーシア発展会社(1MDB)問題に関連して、次から次へと新たな証言や暴露や否定がほとんど毎日現れている。 国際企業  PetroSaudi International と逮捕されたスイス人、英国基盤の Sarawak report ネットニュースは、しばらく前からこれらの重要な構成部分となっている。 ごく最近誰かが金を払ったかのようなやらせの告白動画が出たら、それの黒幕が新たに登場し、またそれを暴露する話も出ている。 マレーシア警察はスイス人から直接話を聞いて、関わっていると警察が信じるマレーシア人を逮捕する意向を明らかにしていた、しかし場所がタイゆえに尋問はできないようだ。 登場人物が増えており、虚偽と暴露と否定と非難の応酬で、一体どこまで事実でどこからねつ造かも、正直言って多くの人にはよくわからないはずです。ますます混沌化する1つのマレーシア発展会社(1MDB) とその関連スキャンダル)

【スタークルーズがホーム港をペナン島から移転させることを巡って】

ごく最近豪華クルーズ運営者 の Star Cruises がホーム港をペナン島から中国の厦門へ移すと発表したとのことです。スタークルーズはペナン島の埠頭を2010年からホーム港にしてきました。

7月21日にペナン州首相は、運輸省がクルーズ会社をペナン島に留まらせておくように努力をしてこなかったと批判しました。 「ペナン州は手を打てない。連邦政府がクルーズ船に十分な報奨を提供してこなかった。」

ペナン島の Swettenham 埠頭の年間収入の半分を スタークルーズのクルーズ船の利用料が占めており、このため年間RM 600万の収入がなくなることになる。例えばクルーズ船の1隻である Superstar Libra号はカジノ船です。同号はペナンの埠頭を離れ国際海域に入ってから、カジノを始めます。同船の乗客数は1500人です。

一方運輸省は半批判する、「ペナン州政府が Swettenham埠頭 の拡張に土地登記名を発行するようにとの運輸省の要求を拒否したから、スタークルーズ側が本拠地を移転させることにつながった。」

ペナン州観光魅力協会の議長は主張する、「ペナン島にとってクルーズ船は重要です。ペナン州はハイクラス旅行者の目的地になることに焦点を絞るべきです。」

ペナン州首相の言い分、 「埠頭や港に関してはペナン州政府に権限がない、連邦政府管轄下です。我々は連邦政府から一度も相談を受けたことがない」 「ペナン州政府に権限がないのに連邦政府はペナン州政府を責めるのは筋違いだ。」

(Intraasia 注:別の記事を読むと、スタークルーズ船は中国の厦門にホーム港を移した後は、そこから沖縄などを訪問地にしたクルーズを始めるそうです。
ペナン州は民主行動党DAPが州政権を握っており、連邦政府との対立はいつものことです)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月23日のマレーシア記事

【サラワクが独立した日を祝う集会に多くのサラワク人が参加した】
(サラワクがマレーシア成立に参加したのは1963年9月16日です。当時すでに独立していた半島部のマラヤ連邦に、サラワクと北ボルネオ(当時のサバの名称)とシンガポールが一緒に参加することで、新しい国マレーシアが成立した。それ以前にマレーシアという国は存在していない。)

サラワク州は1963年7月22日に当時の宗主国である英国から独立しました。そこでその独立日を記念する集会が22日に行われました。この集会はサラワク州ダヤック人イバン人協会とサラワク州はサラワク人のために運動が共催して、州都クチンにある屋外競技場で行われ、多くの人たちが集まりって平和裏に行われました。主催者側は、推定1万人が参加したと述べました。

警察長官は事前に主催者らに対して、その集会は州の分離独立主義者の意気を鼓舞することになりかねないので、集会を中止するようにとの警告を出していました。

集会で主催者の代表は演説しました、「この集会はサラワク州がマレーシアから分離すべきだと呼びかけるためのものではなく、サラワクが独立した日を祝うためである。」 「7月22日に対して公式な認識が取られべきであり、州の祝日にすべきです。」
「マレーシアが成立した時、参加者は同等のパートナーであった、しかし時がたつにつれてサラワク州とサバ州は地位が下がって、州の1つになってしまった。」

一方これとは別に、サラワク州首相は、7月22日の祝日化には前向きに取り組む、今年年末までに決定すると述べました。

別記事
サラワク州の州首相は州議会ビルでの、1963年サラワク独立を記念する式典で述べる: サラワク州政府は、マレーシアからの分離独立には反対である。サラワク州がマレーシアの構成部分であることは、州と州民に益をもたらしているからです。」

「しかし、憲法下でサラワク州には完全自治があると確信している。サラワク州は連邦のある1構成部分ではなく、マレーシア連邦を構成した創立メンバーである。マレーシアは同等の地位を持ったパートナーの連邦であり、クアラルンプールが優越するのでもなく、ある政党が優越するものでもない。」 

「我々は、自治権に固執すべきである。」 「中央政府が国防、治安、外交に責任を持つ、しかしそれ以外のことは州にまかせるべきである。」

(Intraasia 注:サラワク州とサバ州のごく一部に分離独立意識があることは公然の秘密であったようだが、公に意見を述べるようになったのはごくごく最近のことです。とはいえ、サラワク州の支配層と大多数の州民が分離独立を主張することは考えられないでしょう。そんな中で、州首相がこれほどはっきりと自治権の拡大を公言したのは初めてでしょう。要するにサバ自治州を目指すというような内容です。 サバ州はUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)が州政権の要であるので、ここまで踏み込むことは無理でしょうが、サラワク州にはUMNO 党組織が存在しない。 
アジアはこの半世紀で分離独立したのは、東チモールのわずか1国に過ぎない。ひるがえってヨーロッパではバルト3国や旧ユーゴスラビアなど二けた数の国が分離独立した。西アジア以外のアジアでは、分離独立はほとんど不可能という、国家権力の強大さと民族意識とそれを下敷きにした歴史認識があることをつくづく思う。もちろん日本も含めて。)

【アラビア語単語がよく使われるようになった理由を述べる、スランゴール州イスラム教庁の主張】
ラマダーン月の際、断食明けをして食事をとる際の意味で扱われるマレーシア語 buka puasa の替わりに、アラビア語単語の iftar が以前に比してよく使われるようになっていることに関して、スランゴール州イスラム教庁 Jais の語る、「アラビア語の単語と語句が使われるようになったのはごく最近のことではない、14世紀にマラヤの大地(Tanah Melayu) にアラブ商人によってイスラム教がもたらされて以来のことである。」

「iftar や hijab (マレーシア語では tudung) といったアラビア語単語がよく使われるようになったのは、21世紀の現在マレーシアを訪れるアラブ人旅行者に答える旅行産業活動の活発化によるものです。」 「iftar のようなアラビア単語があらためて人気を得ているのは、広告などで用いられるようになってからのことです。」

2014年にマレーシアを訪れた外国人旅行者数 2740万人です。 中東からの旅行者の合計は 33万人弱でした。その内でサウジアラビアが最多で 11万4千人、次いでイランが 7万2千人、オマーンが3万4千人、イラクが2万7千人などです。

ムスリムのお祈りを意味するマレーシア語 sembayang は、近年アラビア語の solat に替わりつつある。 ムスリム女性の頭部を覆う tudung は hijab に替わり、selamat Hari Raya という挨拶が  Eid Mubarak に替わる といった現象が起きている。

(Intraasia 注:確かに tudung の替りに hijab 単語がよく使われるようになり、 Hari Raya Puasa の使用頻度がぐっと減ったとの印象はある。しかしある特定数の単語がよく使われるようになったという印象だけで、アラビア語単語の代替え使用が増えたと断言するのは、なんら学問的に根拠のあることではない。いかにも宗教家の主張ですね。どういう単語がどれほどの頻度で使われているかのようなことは、計量言語学的手法できちんと調べて言うべきです。Jais は恐らくそういう学問的発想を知らないことでしょうし、国家機構の DBP は果たしてこういう統計を取っているのであろうか? )

【クレジットカードの利率】

マレーシアのオンライン個人金融サイトである iMoney.my をみると、マレーシアで発行されているクレジットカードは利率面では層構造のシステムを取り入れている。
「一般に一貫性に欠ける返済の過去がある者には高い利率が適用されます、一方迅速な返済者には低い利率が適用される。」
「マレーシアでは、クレジットカードの利率は年利 13.5% から 17.5% の間にある。 カード会社の中にはこの幅からずれる年利の場合もあります。」 

【国内シネマでの映画興行成績トップ10 - 週間成績】

1. Ant Man(ハリウッド) , 2. Maari (タミール語), 3. Terminator Genisys (ハリウッド),
4. Baahubali (タミール語), 5. 呪怨 Ju-On 4: The final Curse (日本、日本語), 6. Jurassic World (ハリウッド)
7. 監獄風雲2015年 (香港製、広東語)、 8. Minios (ハリウッド), 9. Bajragi Bhaijaan (ヒンディー語)、10. Papanasam (タミール語)、

(Intraasia 注:日にちは書かれていないが、ハリラヤ休日を含む 1週間に間違いない。 大いに意外なことが2つある、まず1本もマレー映画、さらにマレーシア製作映画も、トップ10に入っていない。そしてタミール語映画がなんと3本も入っている、ヒンディー語映画と合わせてインド製作映画が4本もだ。不思議な結果である、マレーシアインド人以外に南アジアからの外国人労働者が観客にかなりの数を占めたのであろう。Ju-Onが日本映画だと初めて気が付いた。マレーシア観客はホラー映画好きなので、外国製映画もホラー映画がよく上映される)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月22日のマレーシア記事

【ツバメの巣含有の硝酸エステルのレベルを制限する基準を開発中である】
食用穴燕の巣製品の基準と検査方法に関して、現在マレーシア基準庁が開発中です。その基準を設定することで、含有されている硝酸エステルの安全なレベルを決定し、また中国市場で求められる厳しい基準を満たせるようにします。

マレーシア基準庁の長官は語る:保健省といっしょにこの件で包括的な調査をしている。食用穴ツバメの巣に関する新基準は2016年末には設定することができるでしょう。

「硝酸エステルの高い濃度は人体に有害でありガンなどを起こす。中国は以前マレーシア産の未加工のツバメの巣の輸入を禁止した、高濃度の硝酸エステルを含有しているとの理由でした。しかし加工済のツバメの巣と即食用になるジェリータイプ、飲料タイプは禁止しなかった。」

「現在、マレーシアの穴ツバメ養殖会社で中国へツバメの巣を輸出できるのは50%に過ぎない。」 「新し基準ができれば、90%の会社が中国へ輸出できるようになるでしょう。」 「証明、品質、等級、包装、ラベルなどに関わる生のツバメの巣の基準開発は3年前に始まった。」

「マレーシアの穴ツバメの巣産業は、中国以外にも新しい市場を狙っています、例えば香港、日本、イタリアです。」

(Intraasia 注: 以前マレーシアでというよりもほとんどはタイで、ツバメのスープと書かれた店で何回も食べたことはあるが、それが本当の物かまがい物かは全く分からない。Intraasia はそもそも味の見分け方自体を知らない。もちろん箱入り燕の巣を買ったこともないし、買いたいとも思わない。燕の巣のような食品に滋養と美味を見出す人たちには宝物的価値があることでしょう。 そうか、そのうち日本市場にもマレーシア産ツバメの巣が入っていくようですな)

【チャイナタウンの裏通りで朝開く、人気ある中古品・ガラクタ市が合法化される】
(クアラルンプールのチャイナタウンは、クアラルンプール人の間ではよく Jalan Petaling (ペタリン通り) とも呼ばれる。 それはチャイナタウンのメイン通りが Jalan Petaling だからです。 そのJalan Petaling の裏側に路地が1本並行して走っている、この路地は Lorong Petaling という名称です。この路地 Lorong Petalingではずっと以前から、地面に中古品・ガラクタを並べた非公式露店市が毎朝開かれている)

路地 Lorong Petalingにおける 中古品・ガラクタ市については喧々諤々の議論が昔からある。中古品・ガラクタ市は環境衛生上の問題や通行を妨げている問題もあり、チャイナタウンの小販売人たちからずっと反発を受けている。

しかしクアラルンプール市庁は、この路地 Lorong Petaling 中古品・ガラクタ市を合法化することを予定している。市庁は、将来この場に中古品を主とした市を設けたいようだ。そこで市庁は今年5月に路地は Lorong Petalingの環境を整備した、そして中古品・ガラクタ市で商売する無免許小商売人が営業免許を申請するのを手助けするとしている。

この場で商売をしているある小商売人は言う: 市庁はこの場の小商売人たちの情報を集めており、それが終わったあとで、営業免許を一気に発行するようである。
「Lorong Petaling 中古品・ガラクタ市での商売時間は朝6時から10時までと厳しく指定されており、あと片付けして去らねばならない。もし小商売人たちがその時間後に現場に何かを残したりすれば、それらは没収されてしまう。」

「路地Lorong Petaling 中古品・ガラクタ市での(無免許)小商売人は皆マレーシア人です。その内3割ぐらいが華人だ。一部外国人に見える者たちがいるが、彼らはサバ州の先住民族です。」 「市庁による、Lorong Petaling 中古品・ガラクタ市の合法化の下では、マレーシア人にだけ営業免許を与える、外国人には決して与えません。」

一方現場を警らするある警官は言う、「路地Lorong Petaling で争いが起きたとの報告を受けて警らはする。しかし定期的に巡回はしていない。路地Lorong Petaling は市庁の管轄下です。」

クアラルンプール小販売人同業者組合の会長(華人)は主張する、「我々は、路地 Lorong Petalingにおける 中古品・ガラクタ市を合法化する市庁の動きには反対はしない。ただ一部の者たちは盗品や出自不明品を売っていることに心配している。これはチャイナタウンの名声に影響を及ぼす。 我々は以前、合法化には反対してきた、しかし今や市庁は既に方針を決めた。」

「チャイナタウンではJalan Petaling (ペタリン通り)だけでなく Jalang Sultan でも、一部の外国人らが露店を設けて物品販売をしている。そういった品々の90%は盗品だと推測される。 チャイナタウンが観光地として持つ名声に傷がつくことを私は心配している。」 

(Intraasia 注:イントラアジアはその時間帯にチャイナタウンへ行くことはまずないが、以前の訪問記憶と掲載の写真から言えることは、地面に布を敷いてそこに中古品・ガラクタを並べて売る方式ですね。中には持ち運び式の箱の上に並べている人たちもいる。文字通りの零細な販売者による露天販売です。記事では、客は多く熱心に品定めしていると書いている。
チャイナタウンの名声って何? 外国人労働者が売り子として勢力を持ち、且つ露天自体を運営している例が珍しくない現今、本来のチャイナタウンらしさはとっくに消えた。
路地Lorong Petaling を華語紙は老鼠街 と呼ぶ、かつては比喩としてネズミの徘徊するような汚く暗い路地だったかもしれないが、今はそうではないはずです。なおこういう老には日本語の”老”という意味はありません)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月21日のマレーシア記事

【再建中のマレーシア航空(MAS)はパイロットもレイオフし路線もぐっと減らす】
(経営再中のマレーシア航空MAS は6月初めに予告していたように人員削減プランを実施した。全員解雇して必要な人員数だけを新会社 Malaysia Airlines Bhd に再雇用するというものです)

そのリストラプランでは6千人ほどのマレーシア航空(MAS)従業員は再雇用されなかった。 一方マレーシア航空(MAS)のパイロット 1466人中、レイオフされたのはわずか25人だけでした。

第2次のリストラが行われるようです。対象者には既にEメールで通知が送られたようです。第2次は多くのパイロットが含まれると観測されている。 これは新会社では現行の路線と便数を大幅に削減することになるからです。そこで既に削減プランは進行中です。従って乗務員総数も大きく減る。

2015年9月1日に発足予定の 新会社 Malaysia Airlines Bhd は現在のマレーシア航空(MAS)より小さな会社になります。
マレーシア航空(MAS)が既に停止した路線は、フランクフルト、昆明、Coachin など。 8月にはブリスベイン、マレ、イスタンブールの各路線を停止するといわれている。
またパリ路線では A380機を B777に替えるかもしれない。 また便数を減らす候補路線: ホーチミンシティー、香港、広州、台北、ヤンゴン、ジャカルタ、東京、上海など。

(Intraasia 注:新会社 Malaysia Airlines Bhd は、かつて世界5大陸に飛行路線を持っていた頃とは様変わりの、 アジア主体の中規模航空会社になるようです)

【政府攻撃サイトをブロックし、”告白動画”をネットに公開した、政府とUMNO筋】
(1つのマレーシア発展会社(1MDB) の問題を英国基盤のサイト" Sarawak Report" が以前から盛んに伝えてきた。同サイトはナジブ首相批判や 1MDBの隠れた企業会計を暴くとして、いろんな資料なども載せてきたとのことです。サイトの主催者はサラワク州出身の英国籍女性です。マレーシア政府やUMNOなどは、この" Sarawak Report" サイトはねつ造記事が多く、マレーシアに害を与えているとして常々非難していました。)

マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会は7月19日に、英国基盤のサイト" Sarawak Report" をマレーシアで閲覧できないようにブロックしたと発表しました。これはコミュニケーションとマルチメディア法の条項に沿った処置です。
しかし中には代理サーバー経由で依然として同サイトを閲覧している人たちもいます。

(マレーシア政府やUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)の指導層はこのところ盛んに、一連の1つのマレーシア発展会社(1MDB) 報道と批判はナジブ首相を追い落とすために野党陣営が創り出している陰謀論であるとの主張を親政府系マスコミをてこにして広めようとしている)

マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会のサイト妨害措置や野党陣営の動きとは別に、マハティール元首相は主張する: 私はナジブ首相は退陣すべきだと公に以前から呼びかけてきた。 陰謀論はナンセンスだ。

(Intraasia 注:この数週間政府とUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)陣営の動きは、陰謀論を強化するためにいろんな手を打っているようにみえる。 あるサラワク州人男性を使って、やらせ的な告白動画をウエブ上に発表した、タイで逮捕されたスイス人がマレーシア野党の幹部と会って秘密資料を渡したという報道を基に、警察は野党幹部を逮捕すると公言している。なにやら陰湿な泥仕合的になってきているが、そもそも事の発端となった 1つのマレーシア発展会社(1MDB) 問題は依然として片付いていないことは明らかであるように思われる)

【ランカウイ島のマングローブ林を破壊する高速ボートの氾濫】
(ランカウイ島は豊かなマングローブ林があることでも知られている。島内部を通って海に流れ出る複数の川の周囲にもマングローブン林が茂っている。こういう川をしばらく前から旅行会社の運行するスピードボートが運行している。イントラアジアは数年前のランカウイ島訪問時に、多くのボートが高速で行き交う光景を目の当たりにした。素人考えでもこれらボートの起こす波で河岸に影響があることが感じられた。)

ランカウイ島は国連ジオパークの地位を認定されている、世界100か所の1つです。 2007年に認定を受けて、今回 UNESCOによって国連ジオパークの見直し調査が来月行われる予定です。UNESCOの調査委員会が島を訪れて調査し、合格すれば3度目の認証となる。1回の認証期間は4年間です。

ランカウイ島ビジネス協会の幹部は主張する:この数年で島のマングローブの30%が失われた。その主たる原因は高速で飛ばすスピードボートと船の影響です。島の当局が取締りに踏み込んで、こういった船のスピードを時速5㎞に制限する時が来ている。

「そうしないと、ランカウイ島が現在受けている 国連ジオパークの地位を失うことになる。」 「状況はひどい。問題はボートのスピードを制限していないことだ。このためかなりの河岸浸食が起きている。」

(公的な機構である)ランカウイ発展公社LADA の最高経営責任者が、スピードボードの起こす河岸浸食に関して憂慮を表明したことがニュースになりました。「我々LADA は国連ジオパーク地位をどうしても維持したい。」 

「河岸でマングローブを再植林しても、取締が行わなければそれは無駄なことです。」と上記のランカウイ島ビジネス協会の幹部は語る。「 今後のマングローブ林の保護には、気を配ることと教育が大きな役割を果たします。」

(Intraasia 注:こういう記事を読むたびに島人たちの態度には残念に思う。多くの旅行者を載せて、高速のボートが次々と川を走行していく、そのたびにかなりの波が起こり、河岸に打ち寄せていた。そんな光景が何年も毎日起きていると現地で聞いた。 旅行会社は島外部の資本も少なくないだろうが、ボート業などについているのはほとんど島民のはずだ。短期で儲けを狙う業者と一緒になって島の環境を破壊しているともいえる。 ジオパークの地位を守るためではなく、島の環境を守るという意識が島民の間から湧いてこないことに、悲しき島民というしかない。島開発の元締めである、LADAは今頃手を打つべきだと言っている、官僚組織の最たるものですな)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月20日のマレーシア記事

【中国製の新型電車列車は依然として走行テストに合格していない】
(マレー鉄道KTMB の西海岸線の複線電化工事が8割方完成したことで、この線路を走行するのはこれまでの気動車にけん引された列車から新しい電車列車、ETSという名称、になります。 マレー鉄道は既に中国の車輛製造会社と購入契約を取り交わしており、その車輛が複線電化路線を走行することが待たれている。)

新しいETS 用の電車の製造会社 CSR Zhuzhou Electoric Locomotive Co. Ltd は現在同社の電車が面している問題、 列車自動停止システムの不具合、を解決すべく日夜仕事をしています。

1列車編成はその価格がRM 5千万を超える。これまでに2編成列車が6月以来イポーからパダンブサールまでの区間でテスト走行を重ねている。しかし第1番目の編成列車はほとんど毎日問題を起こした。 新編成列車は国際基準に沿って不良なしで1万㎞走行しなければならない。

自動列車停止システムだけでなく、ブレーキ、エアコン、ドア、ワイパー、サスペンション、など多品目に渡る。1つでも不良が発生すると、走行メーターをゼロに戻します。そしてエラーなしの1万kmを再度目指す。 その条件を満たすことで、陸上公共交通委員会 (SPAD) が 運行許可を発行します。

製造会社 CSR Zhuzhou Electoric Locomotive Co. Ltd がマレーシアの Batu Gajah に設立した組立工場 CSR Rolling Stock Centre Sdn Bhd の支配人は認める: 第1編成列車がバタワースに近づくとどういうわけか自動列車装置によって(予定外に)停まってしまう。
「我々の列車が不良だという主張は間違いだ。その区間以外は円滑に走行しているのです。」

マレー鉄道によれば、新型電車は正式にはまだマレー鉄道側には引き渡されていない。CSR 側に全ての問題を解決する責任があるとのことです。
クアラルンプール-イポー間を数年前から走行している、 Hyndai Rotem社製の 現行ETS編成列車は同じような問題を起こしていません。

CSR社製列車は 時速145㎞で走行する計画です。 陸上公共交通委員会 (SPAD) は基準が満たされてない時に、圧力を受けて運行許可を出すようなことはないと、述べています。

(Intraasia 注:イントラアジアは列車に乗る旅程が数十年来好きであり、世界の数十か国で列車に乗ってきた。しかし鉄道マニアではないので、列車自体に取り立てて興味はないし、機械的なことは全くわかりません。 列車自動停止システムがそんなに頻繁にエラーを起こすのに、現場での手直し程度で根本的に解決できるの? といった素人心配を感じますな。
つい先週からクアラルンプール -パダンブサールの電車列車の運行が1日1往復で始まった。ということはそのETS列車は Hyndai Rotem社製の 現行ETSを使っているということだと推測される。マレー鉄道のホームページはクアラルンプール -パダンブサール間を走行する電車列車の種類に触れていない)

【 Low Yat Plaza 騒動に対する捉え方の違い】
UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)が所有するマレーシア語紙 Utusan Malaysia には編集者の匿名コラム Awang Selamat があることがよく知られている。
その最新コラムが主張したとのことです:もし当局が、  Low Yat Plaza で商売している業者に絡んでいるという意図的な模造品製造、暴力破壊傾向、汚職に対処しなければ、 Low Yat Plazaは破裂を待つ爆弾である。

「 Low Yat Plazaで先週起きた騒動は、業者が何の咎めなく振る舞いを認められている汚職嫌疑への恨みに根を持つものである。」 「マレーシア反汚職委員会などは直ちに取締り行動をしなければならない。」
「警察長官は、さらなる負傷と危害をさけるために、 Low Yat Plaza騒動事件の扱いにおいてもっと注意深くするべきである、」

「Low Yat Plaza騒動に関連して、WhatsApp で意見を発表した UMNOの地方支部の支部長が1人逮捕された。一方、扇動的な意見を明らかにした野党陣営の指導者は逮捕されていない。」

(Intraasia 注: Low Yat Plaza騒動自体は既に終わった、しかしそれが引き起こした社会的影響は決して終わっていない。 Utusan Malaysia 編集者がここで主張している点は、マレー人界の一部にある観点を映し出していると捉えることができるでしょう。 )

【マレーシア語紙のコミックから 】

malaykomik_jly.jpg
1コマ目
若い男:Mali おじさんはどこでハリラヤを祝われたのですか?

年配男性:ケダー州のカンポンでだ

若い男:それは楽しかったでしょう、おじさんにはカンポンがあって。 僕はこのクアラルンプールでハリラヤを祝いましたよ

2コマ目
年配男性:何が楽しいのか・・・ KLを出て直ぐにハイウエーに入ったら、ずっと交通渋滞だ・・・ さらに、私が戻る時もだ。 KLでハリラヤを祝う・・・・・

若い男:KLでハリラヤを祝うのは時間やガソリンや通行料の節約になる・・・ひ、ひ、ひ・・
 
(Intraasia 注: ハリラヤ祝日の2日間はかなりの人がクアラルンプールから出かけていくと言われる。確かに今回もクアラルンプールの道路がぐっと空いていました。)


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月19日のマレーシア記事

【国家高等教育基金(PTPTN)の返済率は相変わらず悪く、奨学金貸与条件を変更した】
国家高等教育基金(PTPTN という略称で知られている)は、奨学金用資金が不充分になったことで、2014年11月に奨学金の貸与条件と貸与額を変更しました。

そこで2015年の全額貸与奨学金の学生数は半減して 10万2千名になった。全額奨学金貸与を受けられるのは、1つのマレーシア民衆援助金BR1M に登録している家庭の学生だけになる。世帯収入月額がRM 8千以下の学生は 75%奨学金を受けられる、また世帯収入月額 RM 8千を超える学生は 50%奨学金だけが受けられる。

これまでの記録によれば、 国家高等教育基金(PTPTN) は毎年20万人分の奨学金を用意し、その内の約90%ほどが全額貸与奨学金を受けてきました。

国家高等教育基金(PTPTN)の話: 2015年1月から4月末までにPTPTN が返済を受けることになっている総額はRM 13億6千万弱だった。 しかしPTPTN が実際に返済を受けたのは 47%にあたる RM 6億3千万に過ぎなかった。そこでPTPTN は奨学金を貸与する学生数を減らさなければならない。しかし当局が貸与額を調整したことで、奨学金を貸与する学生数は20万人を維持できることになった。 貸与額調整後は、75%奨学金を受ける学生数が増えた。

学生が学ぶ大学が私立大学か国立大学かで額に大きな違いがある。
貸与額調整後の奨学金貸与額(年額表示)
・国立大学 学士課程: 最高額 RM 6180、 75% RM 4630、 修士課程: 最高額 RM 9500、 75% RM 7130、
・私立大学 学士課程: 最高額 RM 13600、 75% RM 12000、 医学学士課程: 一律にRM 3万

別記事
国家高等教育基金(PTPTN) 2014年4月時点の統計
1997年から2013年までの奨学金貸与者数 239万人、 
奨学金未返済金が残っている者の2013年時点総数 124万人、 返済滞納者数 41万人
奨学金の滞納金総額 RM 13億 

(Intraasia 注: 国家高等教育基金(PTPTN)の記事はいつものことですが、返済が滞りがちなことと、滞納者とその金額の多さが焦点になりますね)

【クアラルンプール中心部にあるブルジャヤショッピングセンターで起きた2件の事件】
クアラルンプール中心部の一画にある Berjaya Times Sqare ショッピングセンターで7月17日夜9時半過ぎに、 眼鏡店のマネージャー、華人男性34歳、が窃盗を働いたと思われる若者男性グループに暴行を受けて頭部や顔に重傷を負いました。この男性は現在入院中で意識がまだはっきり戻っていません。

数名の若い男性が店内に入って去った直後に店内の眼鏡が1個なくなったことに気が付いたマネージャーがこの若者たちを追いかけたところ、ショッピングセンター内で彼らに暴行を受けました。周りには少なからずの訪問客がいましたが、ほとんど女性客のため誰も暴行を止める者はいなかったとのことです。唯一ネパール人のガードマンは仲介に入って逆に殴られました。

たまたまショッピングセンター内で夫(マネージャー)の仕事終わり時間を待っていた妻が、夫を車に乗せて病院へ向かいました。彼女は、緊急事態なのに積極的に対応しようとしないショッピングセンターのガードマンたちの態度に大きな不満を語りました。

その翌日同じBerjaya Times Sqare ショッピングセンターで、今度は16歳の華人少女が数名の若者たちに突然殴られました。
この少女は靴屋でパートタイムをして仕事が終わって帰宅するところでした。エスカレーターに乗っていた彼女が4人の若者に殴られた際に、別の若者のグループがその場を制止したので、殴ったグループは直ちに逃げ去ったとのことです。この少女は、彼らに突然お前は華人かどうか尋ねられた、と話している。

(Intraasia 注: 他紙と違って、華語新聞はかなり大きな記事で細かく伝えているできごとです。2人の被害者はいずれも華人であり、襲ったのは何何人とは明記してないが華人ではないのは記事から明らかです。Berjaya Times Sqare ショッピングセンターはクアラルンプール有数の大ショッピングセンターであり、建物外側には交番まである。 そんな場所でさえこういう事件が起きるということです。閉店間際の時間帯でショッピングセンター内の人波が減っていたということも暴行行為の遠因だったようです。
ショッピングセンターの警備員に外国人労働者を雇っているのはごく普通であり、人数からいえばマレーシア人の警備員より圧倒的に多いであろう。Berjaya Times Sqare ショッピングセンターのような有名どころでもこれは変わらない。掲載されている記事の写真を見ると、この眼鏡店はどうやら日本資本? 日本ブランド? の店のようです)

【夜行バスがハイウエーから転落した事故】
半島部縦断南北ハイウエーのスランゴール州Rawang 付近の地点で、19日午前6時半ごろ南下していた長距離バスが事故を起こして、道路下に転落しました。

事故の通報で直ちに消防隊がかけつけ、乗客らを救助しました。2人がけがをしたので、近くの病院へ送られました。

(Intraasia 注: いつも書くように、夜行長距離バスの事故は全然珍しくない)




テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月18日のマレーシア記事

【ハリラヤシーズンの交通取り締まり1週間で155人の事故死者数】
ハリラヤシーズンに合わせて、警察が7月10日から開始した交通違反取り締まり作戦 Op Selamat 7/2015 の途中経過を、警察本庁の交通警察のトップが発表しました。

7日間の計で、交通事故数が 20257件、事故死者数が 155人です。 死者中の最大グループはバイク乗りとその同乗者で 94人、乗用車が35人です。
死者155人中の97人は、連邦道路または州道路で起きた。ハイウエーにおいて20人、地方自治体道路においてが20人です。

今年のハリラヤシーズンの死者数は1日平均22人で、昨年の13人より増えている。交通違反取り締まり作戦 Op Selamat 7/2015は7月24日まで続きます。

(Intraasia 注:マレーシアで一番危険なのは交通事故です。人口3千万人の国で年間事故死者数は毎年6千人を超えているからです。さらに減少傾向にないことです)

【マレー芸能界で長年人気を誇る女性が今年突然身体を覆うようになったことを自己説明】
マレーシアの愛されるプリマドンナである、 Erra Fazira が2015年 Nisf Syabaan (イスラム歴の8月のこと、Nisf の意味はわからない)の日にイスラム教の禁忌である身体を覆うようになってから、初めてのことですが、40歳を過ぎて起きた生活の変化について書きました。

マレーシア語大衆紙が独占して行ったその素描の中で、彼女は次のように明らかにした:身体を覆うという結論は12歳の頃から心の中に存在していた。確かに精神的充足と共にそれが現実となったはつい最近のことではあるが。
彼女はまた、もうすぐ祝うことになるラマダン月とシャワル月を彼女の人生の中で新しい航海であると描写しました。

「私のキャリアはモデルから始まった、そして1992年に当時のミスワールドのマレーシア代表に選ばれた、そして歌手、俳優、司会などをしてきた。既に20年は芸能界にいます。」

(Intraasia 注:1990年代初期からマレー芸能界で常にトップクラスであるため、イントラアジアも彼女の名は昔から知っている。数年から5年位で消えてしまう、引退してしまうマレー美人芸能人は多いはずだが、彼女は実に20年以上高い人気を保っているという、恐らく数少ない女性のはずです。だからこそ、マレーシア語紙は彼女のヒジャブスタイルへの変化を大きな芸能ニュース扱いにしてきたことだと思われる。 マレーラジオ局は日々多少なりとも聞いているが、イントラアジアはマレー芸能界のファンではないし、といって嫌いでもないが、読むマレーシア語大衆紙の芸能欄をざっと目を通す程度です。歌手で俳優でもある Erra Fazira については、確かにかなりの美人だが、正直言って歌は上手くないし、演技は下手だしという感想を抱く。 
要はそういう人的評価ではなく、これまでトゥドゥン姿とは全く縁がなさそうだった有名芸能人がなぜ 頭部と身体を覆うヒジャブ姿に改変したかという点でしょう。縁がなさそうとみていたのは、そもそもマレー界なのです、だからマレーシア語紙は何回も取り上げるのでしょう。
ヒジャブ姿に変身した有名人と言えば、歌の女王 Siti Nurhaliza が数年前から身体を完全に覆うようになりましたね。芸能界、企業界にもこういう例は珍しくないようです。かつてミスコンテストにマレー女性も参加していた、というよりそれが許されていた。正確にはいつかなのか知りませんが、その後しばらくしてマレー女性つまりムスリム女性は肌を露わにするような一般的なミスコンに参加できなくなった。)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 301.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 372.9 を入手します。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月17日のマレーシア記事

【Selamat Hari Raya Aidilfitri (スラマット ハリラヤ アイディルフィトゥリ)】
内閣のイスラム教担当大臣は、16日夜公営テレビラジオ放送 RTM を通じて、ハリラヤアイディルフィトゥリ は7月17日になると宣言しました。

(Intraasia 注:当然のごとく予定通りにハリラヤになりました。 イスラム歴(ヒジュラ歴)1436年 Syawal 月1日になった。口語は別として、昔は結構使われていた ハリラヤプアサ という表現は書き言葉面ではもうほとんど目にしなくなったと感じる、Aidilfitri  というアラビア語単語が圧倒的に使われる)

【1MDB問題を調査する特別調査チームに検察トップは加わっていないという声明が出た】

1つのマレーシア発展会社(1MDB) の問題を調査する、特別委員会(チーム)が先日組織されました。 当初司法庁、警察、反汚職委員会、中央銀行Bank Negaraの代表者から構成されると発表されていた。)

16日に出された声明では、この特別調査委員会(チーム)には検察トップである司法長官が参加しないと明らかにされています。この声明に署名したのは、反汚職員会委員長、警察庁長官、中央銀行総裁の3人です。

この声明では、特別委員会を監督していくのは、反汚職委員会と警察と中央銀行Bank Negaraであるとしています。「司法長官が調査に影響を与えるまたは関与することは起きえない、なぜなら長官はアドバイスと助言面だけに付託されるからです。これは調査が総合的に合法的に行われることを確実にします。」 

「特別委員会に参加しているこれらの機関の間での話し合いは時々行われることになる、調査を円滑に進めていくためです。」

昨日までの時点では、特別調査委員会(チーム)によるどの声明にも、反汚職委員会委員長、警察長官、中央銀行総裁、司法長官の連名で出されていました。

(Intraasia 注: 特別調査委員会が組織されてから、書類の押収などには司法庁(検察)が関わっていた。司法長官はこれら4人の中で他の3人とは多少トーンの異なる発言をしていた。そして唐突に検察トップをこの調査委員会から外したというニュースです。 この種の調査に検察が積極的になぜ関わらないのかという点で不思議な論理が述べられている。 1つのマレーシア発展会社(1MDB) の負債と金の流れを深く追及していくということは、 1MDB を創設し相談役であるナジブ首相に関係するとこは避けられないはずです。1つのマレーシア発展会社(1MDB) の捜査をどう進めていくかに関して、どこからかの強い意向が感じられるできごとです。 )

【鉄道と港湾面んで中国の協力と参加をより期待する、と華人の運輸大臣】
中国訪問した運輸大臣(馬華公会MCAの総裁)は述べました、「鉄道接続をより強化し港湾開発の推進という2つの分野が大臣として重要な課題となっている。マレーシアはこの2分野で中国との緊密な協力を進めていくことを期待している。」 「クアンタン港湾開発に中国が関与していることに加えて、マレーシアはさらにもっと港を中国投資家に開くことを期待しています。」 

「マレーシアは中国の掲げる”一路一帯” イニシアチブを大いに支持するものです。中国との協力を深めることを望んでいる。」

マレー鉄道の西海岸線の複線電化プロジェクトの残り区間である グマス-ジョーホールバル区間の工事は中国企業に与えられています。

(Intraasia 注: この大臣はほとんど毎月ぐらい中国へ行ってるかのように、中国との関係が話題になるといつも準主役級として登場する。シンガポール-クアラルンプール間の新高速鉄道プロジェクトを含めて、マレーシアの鉄道建設や向上や新車輛導入に中国がより多く関わるであろうとことが容易に予想されますなあ。 )

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月16日のマレーシア記事

【公的に主催されるハリラヤオープンハウスの一覧】
ハリラヤアイディルフィトゥリ (Hari raya Aidilfitri) のオープンハウス開催の日程が発表されました。
( 記事ではハリラヤ初日となっているが、ほぼ確実に7月17日になる。1990年以降これまでに予定日が変更された例を知りません)

国王主催: 7月17日9時から正午、 王宮(Istana Negara)にて
参加者は国民衣装を着用するようにとのアドバイスが出ている。

ナジブ首相主催、閣僚出席 :7月17日10時から16時、 プトゥラジャヤの Presint 10 (第10区)にある首相公邸 (Seri Perdana)にて
Putrajaya Sentral, Tuanku Mizan Zainal Abidin モスク、 Putra モスク の3か所から 首相公邸までの無料バスが運行される

ヌグリスンビラン州 州元首主催:7月17日10時から12時半、 クアラピラにある スルタン宮 Istana Besar Seri Menanti にて

ペラ州 州スルタン出席の州主催: 7月17日15時から18時、 イポーにあるペラ州首相公邸にて、

サラワク州 州元首主催: 7月17日10時半から12時15分、及び14時半から17時、 ペトラジャヤ にある州元首宮( Astana Negeri)にて、18日10時から12時半、
初日は州首相など州閣僚が出席

トレンガヌ州 州首相主催:7月14時半から18時、 Batu Burokにある Seri Iman(州首相公邸のようです)にて、

ジョーホール州 州首相主催: 7月17日10時半から15時半、  Saujana にある州首相の公邸にて、

スランゴール州 州政府主催: 7月17日10時から15時、 シャーラムスタジアムにて
KTMコミューターのBatu3駅、シャーラムのセクション19の2か所から会場までの無料バスが運行される

パハン州 州首相主催: 7月17日10時から正午、14時から16時、 クアンタンの Dewan Jubli Perak(会館)

ムヒディン副首相主催:7月18日10時から15時、 ジョーホール州パゴ のSeri Pekembar ビルにて

(Intraasia 注:こういったオープンハウスは基本的に外国人を含めて誰でも参加できる。 かなりの混雑が予想される)

【Low Yat Plaza 内外で騒動を起こした内の24人は逮捕されその後釈放された】
クアラルンプールのLow Yat Plaza 内外で起きた騒動を捜査している警察は、24人の容疑者を逮捕しました。その後全員が保釈を得ました。

これとは別に逮捕された3人は扇動罪容疑の取り調べのために拘留されている: よく知られたマレー人ブロッガーの Papagomo(ハンドル名)、退役軍人協会の会長であるマレー人活動家 (通称Ali Tinju)、 UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)の地方支部の支部長

(Intraasia 注:小さな窃盗犯である若いマレー男性2人だけではこれほど問題となっている騒動騒ぎには発展しなかったであろう。民族嫌悪のネットメッセージを広げた者たちがいることは確かのようです)

【クアラルンプール市長の交替】
クアラルンプール市長が3年間の在職期間を 7月16日に終えます。
この人は2007年から2012年までは連邦直轄領と都市福祉庁の事務局長に就いていました、その後第10代のクアラルンプール市長に任命されました。

後任の市長には、クアラルンプール市庁に1978年から在職している人物が既に任命されている。第11代市長に就く人物は59歳で来月クアラルンプール市庁を退職予定でしたが、新市長として2年間の任期契約が与えられました。

退職直前の市長は語る、「クアラルンプールの人口の72%は中心部に近い地区に居住していることを、新市長は心に留めておくことが大切です。」

(Intraasia 注:首都クアラルンプールは州に属さず連邦直轄領である。地方自治体の選挙自体が制度としてない国ですから、クアラルンプール市庁、略称DBKL、のトップたる市長は上部からの任命です。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月15日のマレーシア記事

【ラマダン時期にはムスリムの恵まれない人たちを招いて行われるイベントがよくある】
ラマダン時期の Buka puasa (断食明けの食事を取るという意味)の催しを、クアラルンプール圏にある Dpulze ショッピングセンターと そのテナントのカフェレストランが共催して行いました。

このブカプアサ催しには、シングルマザーたちと恵まれない子供たちを招いて行われました。シングルマザーは、連邦直轄領イスラム教シングルマザー団体の女性であり、恵まれない子供たちはTengku Ampuan Rahim 施設に入っている子供たちです。

共催したカフェレストランは 有名音楽プロダクション兼映画製作プロダクションである KRU グループの翼下にある KRU カフェが経営しています。催しで招かれた者たちに食事前に hari raya 贈り物袋と duit raya (お小遣い)が手渡され、その後ビュフェ形式で断食明け食事となりました。

また招かれた者たちは、KRU ミュージックに属するアーティストたちが歌う ハリラヤソングを楽しみました。このイベントでは Sensasi  Aidilfitri 踊りの発表式もありました。KRUグループの経営陣である KRU兄弟の2人もこの催しに参加しました。

(Intraasia 注:大きなニュース扱いにはなりませんが、各地でいろんな組織・団体やまたは企業が、恵まれない人たちを招いてハリラヤの前祝い、具体的にはブカプアサイベント、を行う記事が頻繁に載ります。これはハリラヤ時期のいわば風物詩です。この記事はそういった中の1つにすぎません。マレー娯楽界の大手プロダクションで且つ有名なKRUグループが共催していたので、目を引かれました。)

【1つのマレーシア発展会社(1MDB) 報道にコメントしたイスラム銀行CEO が辞職する】
(マレーシア第2位の)CIMB 銀行グループ下の CIMB イスラム銀行の最高経営責任者は先週 自身のFacebook 上で、1つのマレーシア発展会社(1MDB) に関するウオールストリートジャーナル紙の報道には間違いがあると書き込んだことで、その後すぐに CIMB グループの会長がその種のコメントをしたことに関して内部調査をすると発表していました。

CIMB 銀行の取締役会は14日に声明を出して、その CIMBイスラム銀行最高経営責任者が、8月15日付で辞職すると発表しました。その中で、同最高経営責任者の辞職するとの意思を尊重すると声明は述べる。

(Intraasia 注:大手の銀行の経営幹部がこういう件で辞職するのは極めて珍しい。 ある会社に不祥事が起きたからと言って、経営トップが辞職するようなカルチャーは、マレーシアにはない。 1つのマレーシア発展会社(1MDB) の経営トップは強気に一切問題ないと批判を突っぱねている。もちろんその背後にはナジブ首相ら政府の意向があることでしょう。 この問題に言及した、民間銀行のトップの1人が辞職するというのは皮肉的なできごとです。なおCIMB グループの会長はナジブ首相の実弟です。)

【巨大プロジェクト Bandar Malaysia には内外の大手デベロッパーが参加意向を示している】
(クアラルンプールから南北縦断高速道路に入るために郊外へ出ると、右側にほとんど未開発の広大な土地がある。そのあたりを Sungai Busi 地区と呼び、その土地は昔1960年代頃クアラルンプール飛行場だった地です。その後スバンに空港ができて空港機能は移転した後、そこはマレーシア空軍の基地となり、その後民間の軽飛行機の発着場としても使われていた。現在実質的には、空軍基地としての機能はあまりなく、そこを使用する民間軽飛行機も減っている?もうほとんどない? かのようです。 この広大な土地を再開発するという、一大プロジェクトが Bandar Malaysia プロジェクトです)

財務省が100%株式を持つ、1つのマレーシア発展会社(1MDB) が計画している主要プロジェクトの1つが Bandar Malaysia プロジェクトです。
その広さは約 2平方㎞もある。

Bandar Malaysia プロジェクトに参加する(入札する)意向を、国内の有名デベロッパーと外国の民間大デベロッパーや外国の政府翼下のデベロッパーが示しています。その数は約40になるとのことです。Bandar Malaysia プロジェクトの総デベロッパーが、1つのマレーシア発展会社(1MDB) の100%子会社である 1MDB RE となる。
国内デベロッパーの例
S P Setia, Mah Sing, Sime darby , Gamuda など

外国の民間大デベロッパー
オーストラリアのLend Lease グループ、 日本の三井不動産、 シンガポールの Capital Land ,
なお三井不動産はスランゴール州の Spang、KLIAがある地方、でマレーシア空港会社と合弁企業の形態でビジネス展開を既に始めている、またジョーホール州でも Eastern & Oriental Bhd と合弁会社を設立している。

今後は総デベロッパー側が、参加希望のデベロッパーを絞り込んで、投資と開発の狙いを説明していくとのことです。

(Intraasia 注: Bandar Malaysia プロジェクトはいわゆる元飛行場の地を再開するわけで、クアラルンプール近郊にこれほど広く手つかずの土地はもうない。新電車網 MRT2だったかな? その駅も建設することが既に決まっており、将来有望な巨大開発地です。これだけ巨大な開発は国家のデザイン下に行うということでしょう。
KLIA2近辺に建設中だった 三井アウトレットパーク は既にオープンした。クリックするとそのページが開きます)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月14日のマレーシア記事

【Low Yat Plaza内での小さな窃盗がネット書き込みで騒動寸前にまで発展したできごとの背景】
クアラルンプールのブキットビンタン界隈にある、国内最大の電脳ビル Low Yat Plaza で起きた事件に関して、警察庁長官は事件の発端と経緯を発表しました。

発端
7月11日Low Yat Plaza内の1軒の店で2人の若者がスマートフォンを盗んだ。他店の従業員らの協力で2人は捕まり警察に連行された。
2人のうちの1人が釈放され、その男は仲間に嘘をついた。そこで仲間と一緒にその他店を訪れたことでいさかいが起きて、彼らは店を損傷して被害額はRM 7万になる。
店を襲った者たちはその後で、ネット上に騙されたと偽のメッセージを流し、それが広まった。

ネット上でのその書き込みが広がったことで,翌12日夕方、一群のグループがLow Yat Plaza 前に集まった。
集まった者たちは警察による不公正な捜査に対して公正さを要求すると主張した。

そのグループは一度は警察によって追い払われた。しかし深夜になって再び集まって来て騒動になった。
13日未明、この者たちによて7人がけがをした、内3人は取材陣です。
警察がこれまでに逮捕したのは19人になる。

別記事
何者かが華語紙星洲日報の名称を使って、SMSでいくつかの流言飛語を送っていた、と星洲日報は記事で明らかにしました。
流言飛語の中には、マレー人は暴力組織の者たちを動員しているという情報を星洲日報が掴んだ、これは華人界の暴力グループの登場にもつながる、といったような内容もある。

同紙は(もちろん)こういったSMSを送ったこと自体を全面的に否定しました。

警察長官は、流言飛語を流し広めた者たちは、まだ自首してきていないと、語りました。

(Intraasia 注:これが事実であると仮定しますと、単なる窃盗が嘘の内容書き込みによっていつまにか民族的嫌悪メッセージの氾濫につながって、さらにちょっとした騒動寸前にまでなったという早い流れに驚きます。しかし、こんな小さな犯罪が民族的嫌悪感情を湧き立てたという、危うさを心配する。政治家も警察もNGOもこういう現象を多いに憂うことが報道されている。納得です。
今日の午後 Low Yat Plaza の裏口あたりを通りましたが、目に付く警備はなかった。問題は現場ではなく、こういう流言飛語が飛び交い、集まって来る者たちがいたという事実であり、これをどう教訓にするかではないだろうか)

【市民防衛庁 (JPAM) は市民からの再認識を求めている】
消防と救急庁(いわゆる消防署のこと)だけでな、市民防衛庁 (JPAM)も、住居近くに出没する蛇を捕まえたり、できたスズメハチの巣を取り除く作業に頻繁に呼び出されます。
実際、こういう仕事は市民防衛庁 (JPAM)の代名詞にもなっている、同庁の隊員は青い制服とオレンジ色のベレー帽を被っている。

市民防衛庁 (JPAM)が設立されたのは 1939年もの昔のことです、しかし多くの市民は市民防衛庁 (JPAM)の存在と役割をよく知っていません。
蛇を捕まえるのが仕事だという民衆の抱く捉え方を変えるのは、市民防衛庁 (JPAM)長官にとって大きな課題です。「それは我々が提供しているサービスの1つにすぎない。」 と2014年にこの職に任命された長官(女性)はインタビューに答えて言う。 

市民防衛庁 (JPAM)はかつては、国の防衛網の第3段階を担うという役割でした。第1段階が軍隊、第2段階が警察、そして第3が市民防衛庁 (JPAM)でした。
「市民防衛庁 (JPAM)の第1の役割は戦争時における公共の安全を維持することです。」 「市民防衛庁 (JPAM)は公共の安全維持を補助するのです。」
「第2の役割は、自然災害において市民を助け、救急援助を提供することです。」
「平時には、市民防衛庁 (JPAM)は 交通事故、労働事故などが起きた際に支援を提供することです。」

「我々の戦略は、市民防衛庁 (JPAM)を力強い制服部隊にすることです、この部隊は単に蛇生け捕りではなく防衛の代名詞であるべきです。」 「市民防衛庁 (JPAM)に対して市民の持つ捉え方を向上させるために、いくつかのプログラムを実施しているところです。その中には学校で行うものもあります。大学生向けには市民防衛庁ボランティアがある。」

市民防衛庁 (JPAM) は現在、85万人の志願隊員と 570人の常勤職員から成る。 
「市民防衛庁 (JPAM)が軍隊と警察と最も異なる点は、その隊員の大多数が一般市民の志願者から成るということです。」 と長官は説明しました。

(Intraasia 注:上記にあるように青い制服とオレンジ色のベレー帽という制服が市民防衛庁 (JPAM)の目印と言える。JPAMはクアラルンプールでは目にすることはそれほど多くないが、これは地方、州によって違いはあることでしょう。KLでは 自衛警団Rela の方がずっと目にする機会は多いからです。 )

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月13日のマレーシア記事

【中国から購入した電車列車に妥協はしないと、陸上公共交通委員会 (SPAD) 】
(マレー鉄道の複線電化された路線における都市間電車運行を ETS と呼んでいる。クアラルンプール -イポー間は既に数年前から運行している)

陸上公共交通委員会 (SPAD) は中国から購入したETS電車の信頼性と安全性と快適さにおいて、妥協はしないと語りました。

このETS電車は 中国の CSR Zhuzhou Electric Locomotive Ltd が製造したもので、マレー鉄道は10編成分を購入した。 設計時速 160㎞ のこの電車は実際の走行では時速145㎞を出します。従ってマレーシアで最も早い列車となる。 

その用心は根拠のないこととは言えない、なぜなら中国から届いた最初の1編成列車、コード名ETS201、は必須である正常走行テストで合格できなかったからです。陸上公共交通委員会 (SPAD) によれば、このテスト走行はこの6月に8日間連続で行ったとのことです。

国際的に準拠すべきプロトコルでは、電車は安全と快適さに関する基準を満たし続けて 1万㎞ 走行しなければならないとなっています。
陸上公共交通委員会 (SPAD) の鉄道部門の長によれば、「6月11日から18日にかけて行った1編成列車、コード名ETS201、のテスト走行では数多くの回数合格しなかった。」 この長はその不良内容は明らかにしませんでした。

7月1日時点で1編成列車、コード名ETS201、は6,600㎞を障害なく走行できました。その列車はその後、運輸大臣が CRRC Rolling Stock Centre Malaysia 訪問時にメディア公開されました。

2番目の1編成列車、コード名ETS202, は現在イポー近くでテスト中です。残りの8編成列車は (CRRC Rolling Stock Centre Malaysia ?)で組立られている最中です。
電気供給システムは最良の状態でなければなりません。 マレーシアで最も長いトンネル区間、3.2㎞を走るからです。この Berapitトンネルは ペラ州のKuala Kangsar近辺にあります。

「大雨中にワイパーが故障したら、列車運転手は鉄道信号が見えないであろう。だから安全問題には妥協できません。」 と鉄道部門の長。
「マレー鉄道 西海岸線の パダンブサール - グマス間が既に複線電化工事は終わったことで、ETSの運転開始を持ちきれない人が多いのだが、陸上公共交通委員会 (SPAD) は妥協はしません。」と陸上公共交通委員会 (SPAD) の幹部は語る。

7月6日、マレー鉄道は イポー -パダンブサール間の運行を(暫定的に)始めたが、古い型のETS電車を使用しました。7月11日からは、クアラルンプール-パダンブサール間の列車運行を1往復で始めました。 大人の片道運賃は RM 80です。

またマレー鉄道は、昨年末から全面運行休止だった東海岸線で、 ジョーホールバル - グアムサン区間だけの運行を7月13日から再開します。列車名 Tren Rakyat Timur、JB Sentral 発20時とのこと。

(Intraasia 注:ハリラヤ祝祭の帰郷のために利用者が急増する、そこでマレー鉄道は運行開始を急いでいることはわかる。 ETS運行とTren Rakyat Timur 運行はそれを反映したものでしょう。 
それはとして、ここで描写されている 新しいETS編成列車がテスト走行に合格しなかったというニュースは気になるところです。 それでも 新ETS電車でクアラルンプール-パダンブサール間を暫定的に1日1往復するということなのだろうか?  なお上記で言及されている、イポー-クアラルンプール間を数年前から走行しているETS列車は韓国製です。)

【中国から贈られてきたパンダのニュース】

(マレーシアと中国の国家間友好関係を祝して、2014年に中国からパンダ2匹がマレーシアに長期貸し出しされた。現在クアラルンプール郊外の Zoo Negara (国立動物園) で飼育されている)
2匹のパンダはマレーシアに到着して約1年経ったが、今年の発情期では交尾に成功しませんでした。そこでマレーシア国民は来年の発情期までもう1年待たなければならないことになりました。

国立動物園は記者会見を開いて、パンダ飼育センターの獣医師が説明しました、「2匹のパンダの4月28日から5月7日までの発情期はずっと発情しなかった。最終日だけ発情したが、交尾は成功しなかった。」

(Intraasia 注:中国の外交戦略の1つとしてパンダが使われていることは知られているところでしょう。 マレーシアでも一時期大いに関心を呼びました)。

【LowYatPlaza で起きた小さなもめごとが騒動に発展しかけた?】
(クアラルンプールのLowYatPlaza は携帯、端末、パソコン関連の店が地上階から上階まで一杯に詰まった、マレーシアで最大級の電脳ビルとして知られている。)

クアラルンプールのブキットビンタン街の一画にある LowYatPlaza で先週末、客とある携帯ショップ店の間でもめごとが起きました。22歳の男性が窃盗の容疑で逮捕されたと報道されました。

(事件はこれで終わらず)その後ソーシャルメディアで話題が広がり、その夜仲間がその店を襲って大きな被害を与えました。さらにLowYatPlaza 前には数十人の若者が集まって騒動に発展しかけました。警察は部隊を送って一帯に警備を敷きました。この騒動で何人かがけがをしたとのことです。

13日正午頃に新聞社が調べた限り、LowYatPlaza では開いている店は半分くらいに過ぎませんでした。
クアラルンプール警察の長は、これまでに18人を逮捕した、市民は流言や噂をまきちらさないようにと警告しました。「十分な警備隊をLowYatPlaza 界隈に送り込んでいる。」

(Intraasia 注: ソーシャルメディアには民族的嫌悪メッセージが流れているとメディアは伝える。 )

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月12日のマレーシア記事

【PAS党内のいわゆる革新派が模索する”新しい希望運動”】
(イスラム政党 PASは6月の党大会で、イスラム学者が指導するいわゆる保守派が圧勝して、執行部と中央委員会の圧倒的大多数を占めた。結果としてそれまで執行部である程度の勢力を占めていた、いわゆる革新派はほぼ完全に執行部と中央委員会から除外された)

いわゆる革新派のリーダーの1人である、前イスラム政党 PAS副総裁は語る、「現在のイスラム政党 PAS執行部は党本来のイスラム思想から逸脱しており、物質的豊かさに汚されている、そして道を見失っている。」
まだ名称が決まっていないが新しい希望運動(Gerakan Harapan Baru) と言及されているものが、イスラム政党に向けてごく緩慢ながら軌道に乗っていくでしょう。」

「新しい希望運動(Gerakan Harapan Baru)は新政党を形成する細部をまだ微調整の段階です、例えばその新政党の党員に非ムスリムを含むのか、政党名といったことです。」 「 Harapan Baruは政党名ではありません、その背後にいる運動のグループ名です。それまでは我々は  Harapan Baru と呼んでおきます。新政党名にイスラム教という単語を含めないかもしれない。 」

「我々の新政党はイスラム政党 PASのようになるだろうが、構造は異なる。 (PAS特有の機構である) イスラム学者・長老会議である Dewan Ulama を設けないことになるでしょう。」

いわゆる革新派の多くは民聯 (Pakatan Rakyat) の行動党と公正党からの支持も受けており、新しい政党を立ち上げることでマレームスリム草の根政党としてイスラム政党 PASの替わりになることを狙っています。

(Intraasia 注:イスラム政党 PAS内に以前からあった革新派が保守派に完全に敗れたことで、新しい動きが生まれたことは少し前から大きなニュースではないが時々報道されている。Ulama イスラム学者が指導するイスラム政党 PASのあり方に限界を感じて、新たなイスラム政党を作ろうというものと理解される。こういうニュースは海外報道はされないので、マレーシアマスコミとミニコミを読まないとわかりません。新しい動きが政党に成就して一定勢力を保てるようになればマレーシアのムスリム界で画期的なことになるでしょう。 しかし歴史あり支持層が固いイスラム政党 PASの支持者からどれくらいの割合が新しい希望運動に参加するかはまだ未知数の段階のように思われる。
記事にもあるように、行動党はいうまでもなく公正党も新しい希望運動(Gerakan Harapan Baru)に期待しているらしいことは、これまでの報道からわかる。 イントラアジアはマレームスリム内部動きのウオッチャーではないので、これ以上詳しいことはわかりません)

【断食を守らないムスリムには好むタイプの店があると、連邦直轄領イスラム教庁】
連邦直轄領イスラム教庁(JAWI) の取締り部門の長が述べました: ラマダーン月の現在、断食を守らないムスリムが好む飲食施設は ファーストフード店と24時間オープン大衆レストランである。

「そういう場所は5か所ある、つまりクアラルンプールの Jalan Semarak, Pusat Bandar Damansara, Jalan Bukit Bintang, Wangsa Maju、及びチェラス地区の Bandar Permaisuri である。」
「彼らは選んでファーストフード店と24時間オープン大衆レストランで買ったり食べることをする、なぜなら誰もその行為を問おうとしないからです。」

「中には道端の露店で恥ずかしいと感じることなく飲食する者たちもいる。そういう奴らはラマダーンに敬意を払わないのです。」

連邦直轄領イスラム教庁の取締り部隊は、6月18日から取締り活動を行っており、これまでに28人を捕まえた、理由は公共の場でタバコを吸ったり食べたこと、及びムスリムに食品を売ったことです。昨年は18人を捕まえた。」
「捕まった者の多くは、病気だから薬を定時に飲まなければならないと言い訳をする、さらに 夜明け前の食(断食開始前のsahur)を取らなかったからとの言い訳もある。」 「工事現場の労働者、道路を運行する交通機関の運転手だという者もいます。」

「我々はそういう言い訳に耳を傾けるわけにはいきません。彼らはラマダーンに敬意を払わないからです。」 「違反者はシャリア刑法に基づいて起訴されることもある。最高罰則の場合は 懲役6か月または罰金RM 1千またはその両方に処せられる)

(Intraasia 注:断食違反で捕まる者があることは、昔から時にニュースになるので知っているが、本当に起訴される人たちがいるのだろうか? ムスリムのことはムスリムが決めることなのでそのことに関してのコメントはしませんけど)

【タイ深南部で今年のラマダン時期も起きている仕掛け爆弾と襲撃 】-外報ニュース
タイ深南部で4件の仕掛け爆弾事件起きて、3人が死亡し10人以上がけがをしました。これとは別に放火と襲撃で4人が死亡しました。以下はいずれも警察が発表した内容です。

ソーンクラー県のサダオ地方で起きた事件は、10日夜カラオケ店の前に停めたバイクに仕掛けた爆弾がさく裂したもので、3人が死亡し、4人がけがをしたとタイ南部警察の幹部が明らかにしました。

またナラティワット県では10日、3件の爆弾事件が起きました。そのうち1件はマレーシアと国境を接するスンガイゴロク町にあるカラオケ店で、こちらもバイクの仕掛け爆弾がさく裂しました。この事件で8人がけがをしました。
またナラティワット県ではこれとは別に10日深夜過ぎに複数店への放火事件が起きて、こちらでは3人が死亡しました。その近隣では1人のムスリム男性が正体不明のグループに襲われて射殺されました。
一連の事件が連係して発生したものかどうかはまだ確認されていません。

ムスリム人口が多数派を占めるタイ深南部では2004年以来不穏状態が続いており、これまでに(武装反抗ムスリム側、治安部隊、官僚、一般市民、自衛団、など)6千数百人が犠牲になっています。 犠牲者の多くはムスリムと仏教徒の双方の市民です。

タイ治安部隊はムスリム犯行派と思われる隠れ家などへの襲撃過程で一般市民を殺害したとの非難も浴びています。人権グループは治安部隊の中にある免責思考に終止符を打つようにとずっと訴えています。
ムスリム武装反抗組織は、タイ市南部における大きな自治権拡大を要求している。

(Intraasia 注:2004年以来、タイ中央では何回も政府が変わったが、どの政府も深南部が根源的に抱く問題を解決できなかった。万人を超すであろう軍隊と警察が駐留しているが、複数の組織から成るムスリム武装反抗派の活動を一時的に抑えることはできても撲滅はできない。なぜできないか、そこが深南部の特徴です。軍と警察力だけでは解決できないということを、タイ中央政府は理解しない、学ぼうとしない。 
バイクによる仕掛け爆弾は不穏化初期からの常套手段です。深南部がもっとも不穏だった2000年代中頃に、イントラアジアが街で観察していた時いつもみかけたのは、警備側が神経質位にバイクを調べていたことです。バイク駐車する際も民間の警備員が必ずバイクを調べていた。 バイクに爆弾を仕掛け、携帯電話を使って信号起爆させる方式です。依然としてこの方法が使われていることがわかる。またカラオケ店のような娯楽業種の店が狙われるのは珍しくない。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月11日のマレーシア記事

【30周年を迎えた国産車 Proton】
国産自動車メーカー Proton社が30周年を迎えました。
ナジブ首相はソーシャルネットワークサイト Instagram 上に、机の上の Protonミニチュアモデルの写真を載せて祝福の短文を書き込みました。「Proton は国家の誇りである。私の机の上にはProton ミニチュアモデルがずっと置いてあるし、Proton  は私の心の中にも存在している。Proton の誕生30周年を祝します。」 

Proton社はマハティール元首相の政権(初期)時代に設立されて、1985年に(初生産車である) Proton Saga 車種を市場に出しました。
現在マハティール元首相は Proton 社の会長を務めている。

(Intraasia 注:Proton は第2国産車メーカー Perodua に完全に抜かれてしまった。さらに生産と販売台数自体が減っている。 最盛期の昔は販売される新車の半数近くがProton 車だった時代はとっくに歴史になった。マレーシアの自動車市場はまだ国産車保護政策はとっているが、それでも徐々に確実に開く方向に進んでいるため、世界市場からみたら小メーカーであるProton はより厳しい状況にある、といわれている。Proton は新モデルは発売はするが、それが勢力挽回にはあまりつながらないところが苦しいところでしょう)

【ハリラヤ祝祭時期に休みを取れる消防署員は3割に過ぎない】
消防と救助庁(いわゆる消防署がその翼下にある)は全国に約 13,000人の職員・隊員がいます。その内、このハリラヤアイディルフィトゥリ祝祭時期に休みを取れるのはたった30%に過ぎません。

消防と救助庁長官は述べました、「消防と救助庁の義務と責任は、このハリラヤ祝祭シーズンの間、全職員・隊員の70%がそれを負います。」
「マレーシア消防と救助庁は、あらゆる地において今年もハリラヤアイディルフィトゥリの祝祭時期に業務遂行のために常に隊員・職員が十分いるようにしています。実際、我々は9100人の隊員・職員の休暇を凍結しました。」

(Intraasia 注:消防の追っている職務義務は広く大きい、単に消火と救急活動だけではなく、いろんな救援活動、さらに蛇退治や危険物除去などの活動もある。 週7日1日24時間勤務体制ですから、大きな祝祭時期であっても休暇が取れる人の方が少数派になることはわかる。ご苦労さんな職業ですね、感謝です)

【イスラム政党 PASの長老会議も民主行動党DAPとの断交を是認した】

(2014年までは民聯 (Pakatan Rakyat) の構成党として友党関係にあった民主行動党DAPとイスラム政党 PASは、今年になって関係が悪化し、従って実質的には対立関係に発展していた。 行動党は関係断絶宣言を既に発表している)

イスラム政党 PASは6月に開いた党大会で、民主行動党DAPとの関係を絶つことを既に決めていました。PAS党ののイスラム学者・長老会議は、この決議を正式に是認したことで、これで両党の友好関係は正式に解消しました。

このことを発表したイスラム政党 PAS機関紙はまた、「イスラム政党 PASは引き続き人民公正党PKRとの協力と友好関係を維持していきます。」

(Intraasia 注: 民聯 (Pakatan Rakyat) は瓦解した。しかし民主行動党DAPと公正党は互いに協力していくことに変わりはない。イスラム政党 PASは民聯 (Pakatan Rakyat) から離脱とは言っていないが、立場は微妙なところです)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 305.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 371.0 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 275.0 を入手します。

(Intraasia 注: このところリンギットが対米ドルで切り下がっているので、リンギットは日本円とシンガポールドルに対しても下がった。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月10日のマレーシア記事

【マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会はソーシャルメディアで 1MDB の噂を広めている者たちを容赦しない】
マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会が声明を出しました: 一般大衆は、修正した写真、未確認情報、1つのマレーシア発展会社(1MDB) に関する捜査の憶測をソーシャルメディアを通して広めてはいけません。

「ソーシャルメディアには携帯メッセージアプリの WhatsApp も含みます。そういった噂や修正写真などを共有したり伝搬させることは法を破ることなので違反行為です。とりわけコミュニケーションとマルチメディア法の211条または213条に違反する。 もし有罪となれば、その者はRM 5万の罰金または懲役1年またはその両方に処せられることになる。」

同法の211条は規定する: みだらである、猥褻である、虚偽、脅迫、人を困らせる意図を伴って侮辱である、罵倒、他者への脅しまたは嫌がらせ、そういった内容を提供するのは犯罪です。

ウオールストリートジャーナル紙が1つのマレーシア発展会社(1MDB)の金がナジブ首相の口座に入ったとの件を報道した後、外務大臣は述べました、「政府とナジブ首相を批判することで国のイメージを貶めようとする者には誰であれ対処行動を取ります。」

(Intraasia 注:マレーシア当局によるこういう思考と行動は、最近に始まったことではなく、マハティール元首相時代の頃からお馴染みのものです。 マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会はネット、通信、コミュニケーション分野における国の監督機関です。何十万人、数百万人のネット上、通信上での発言とコミュニケーションなどを監督したり抑え込んだりはできないが、ごくごく少数の目立つ者たちへの取締りは一罰百戒としてできるので、マレーシアコミュニケーションとマルチメディア委員会のこういう声明はある程度の効果はあることでしょう。)

【特捜チームが凍結した口座は、ウオールストリートジャーナル紙が言及した口座とは違うという主張】
(検察などから構成された特捜チームが、6個の銀行口座を封鎖した件は既に報道されています)

特捜チームが声明で明らかにしたものです: 封鎖した口座にはナジブ首相の口座は含まれていない。AmBank にナジブ首相が保持していた2つの口座はずっと前に廃止されていた、2013年8月と2015年3月です。この6個の口座はナジブ首相とは全く関係ない。

一方ウオールストリートジャーナル紙は主張する: マレーシア当局が封鎖した口座は、同紙が言及した口座とは異なる、

(Intraasia 注:検察も警察も捜査しているという発表だけで、具体的な捜査内容と経過は全く公表していません。ということで人々の憶測は広がるばかりでしょう)

【90歳の誕生日を迎えたマハティール元首相】
マハティール元首相が10日に90歳の誕生日を迎えました。
元首相の妻、88歳、はインタビューで語る、「元首相がマレーシア政治における長い戦いに対して最終的になんらかの解決をみること」 を望みます。

「夫に何かを買おうとは思ったことはない、なぜなら彼は何でももっているからです。前回買ってあげたのは、ベルベットのジャケットです。シャワーを浴びた後に着ると、yukata みたいになるのです。」

(Intraasia 注:ニュース動画で見ると、マハティール元首相の声は大分かすれており、動きもゆったりしている。しかし90歳とは思えない行動力と発言であることは誰もが感じるであろう。1つのマレーシア発展会社(1MDB) 問題がこれほど大きな問題視され、人々の人口に膾炙するようになったのは、マハティール元首相の貢献またはせいだと言っても間違いではない。マハティール元首相のナジブ首相攻撃は野党陣営からのナジブ首相批判を凌駕する。)

【マレー鉄道のイポー-パダンブサール区間で電車列車の運行を開始する】

(当サイトで何回も既報したように、クアラルンプール-イポー間は既にETS電車が数年前から運行している。 イポーとパダンブサール区間での複線電化工事は終わっている)

マレー鉄道は、西海岸線であるイポー - パダンブサール区間で電車編成による列車(ETS という略称)の運航を7月10日から開始します。
運輸大臣はこのニュースを発表した中で、当初は1日1往復、その後便数を増やすとしています。 これによってクアラルンプール -パダンブサール区間は4時間45分で結ばれ、運賃はRM 81です。

「我々は10編成の電車列車を既に注文している。全てがマレーシアに届き、テストが終われば運行頻度を増やします。」
「このハリラヤシーズンの需要に答えるために、クアラルンプール -パダンブサール区間を1日1往復させる。」 と新たに届いた電車列車の試乗を終えた運輸大臣は述べました

大臣は Batu Gajah に新しくできた、工費RM 4億の鉄道運輸のための製造工場、  CRRC Rolling Stock Centre Malaysia を訪問しました。「この工場では、年間100輌の電車輛を製造できる能力を持ち、整備面では年間150輌を扱える。」

(Intraasia 注:あれー、つい先日陸上公共交通委員会 (SPAD) は準備不足なのでこの運行を認めないと発表していたのに。マレー鉄道サイトで確認しようとしたが、今日は何回試してもそのサイトがスムーズに開かない。 陸上公共交通委員会 (SPAD) は一度ダメと言った後、その方針を変えたのか?  よくわからない新列車の運行開始です。
KTMサイトを見ると、臨時列車運行として クアラルンプール -パダンブサールの新列車臨時時刻表が載っている。クアラルンプール発8時 -パダンブサール着14時40分、 パダンブサール発17時 -クアラルンプール着2340分。 7月14日15日16日と19日20日と21日の6日間だけの運行。つまりハリラヤ直前と直後だけの運行です。
上記新聞記事の内容とは異なっている、ということは新聞の間違いなんでしょう。それとも10日実際に走行したのだろうか?)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月9日のマレーシア記事

【 Maybank が電子ハリラヤお年玉方式を発表した】
Maybank は新しい電子方式、 電子ハリラヤお年玉 (e-Duit Raya)を生み出しました。これは ネットバンキングの Maybank2u と Maybank ハリラヤ贈り物カード(Kad Hadiah Raya Maybank) を利用することで、人々に現金を使わなように奨励し、その一方でハリラヤ祝祭のお祝い品のために加わった方式に顧客を引き付けようというものです (おことわり:この部分の意味が多少よく解読できないので訳がおかしくなっています)

Maybank は本日の声明中で述べています:
電子ハリラヤお年玉 (e-Duit Raya)サービスは、顧客がネット銀行 Maybank2u 上で ATMカードなしにお金を引き出すことでハリラヤお年玉を送ることができるようにするものです。 
受取る人は、国内のどこの Maybank 支店のATM機でもそのお年玉を引き出せます、そのうえ ATMカードがなくても構いません。
このサービスはたいへん役便利です。とりわけこのハリラヤ時期に最も愛する者たちと一緒に過ごせない顧客にとってです。

一方、Maybank ハリラヤ贈り物カード(Kad Hadiah Raya Maybank)は、プリペードVISAカードを使うことでハリラヤ用にお金を用意します。プリペードVISAカードは 事前に登録してあり、一定額がチャージしてある。
チャージ金額は RM 50からRM 1500までとなっている。

このカードは One Utama と The Garden と クアラルンプールMaybank 本店 にある Maybank カードセンターで入手できます。
Maybank ハリラヤ贈り物カード(Kad Hadiah Raya Maybank)を受けとった人は、Maybank のATM機を利用してまたは支店の窓口でカードに金額を入金すればそれ以後使えるようになります。

(Intraasia 注:マレーシア語原文に手こずった形の訳になりました。それはとして、断食月が開けてハリラヤ祝祭に入ると、ムスリムの親たちは子供に Duit Rayaと呼ばれるおこずかいをあげます。新年ではないのですが、いわばお年玉みたいなものですから、理解を助ける意味合いとして”ハリラヤお年玉”ということです。
このDuit Rayaは緑色の小袋に入れることが一般的だといわれている。店でも売っているし、銀行などが無料で提供することもある。 ハリラヤお年玉Duit Raya 用として、RM 1、5、10,20などの新札に需要が高まります。
Maybank サイトを見ると、限定数のATM機では引出す際に 新札を用意していると書かれている。 電子ハリラヤお年玉 (e-Duit Raya)は、Maybank に口座を持つ人が、贈りたい人の携帯へSMS で秘密番号とメッセージを送る。受取った人は Maybank のATM機で その秘密番号を入力して、送り人が決めた金額だけを引き出せるというサービスのようです。だからATMカードがなくても引き出せる。 どうしても Duit Rayaを贈りたい人向けなんでしょう。 )

【特別捜査チームが封鎖した口座にナジブ首相の口座は含まれていない】
検察の特別捜査チームが疑惑に関係する6つの銀行口座を封鎖したと伝えられた件に関して、、検察長官(司法長官)はそれを確認すると共に、ナジブ首相の口座は含まれていないと明らかにしました。

(ウオールストリートジャーナル紙が暴露した)内部書類の漏えい問題に関しても、全面的な刑事捜査を行うように指示したことを,長官は述べました。これは中央銀行Bank Negaraの総裁、警察長官、反汚職委員会の委員長からの支持もえているとのことです。

ウオールストリートジャーナル紙の報道で公表された書類などの捜査は、公正性を保つことに注意して、捜査結果に対する国民からの疑いの念を避けることを、長官は強調しました。

【ウオールストリートジャーナル紙が公表した書類の信憑性を疑う銀行家】
ウオールストリートジャーナル紙が公表した銀行送金の書類に関して、マレーシアの銀行家の中にはその信憑性を疑う人たちがいます。

マレーシアイスラム銀行研究所協会の会長は疑問を突き付ける、「送金書類に書かれている  Swift コードはニューヨーク基盤のWells Fargo Bank のものではない。」
Swift コードは銀行を識別するコードの標準となっている。ある1つの銀行に付いているコードは唯一のものであり、銀行間取引で用いられる、とりわけ国際取引においてです。

「Swift コードの付いた書類が本物であるかをチェックする直接的方法は、その書類に書かれた Swiftコードを調べることです。仮にそれが間違っておれば、全てが不正行為となる。」
Swift コードのウエブサイトを見ると、同紙が公表した書類に書かれた PNBPUS3NANYCというコードは どの銀行のコードでもない。 Wells Fargo Bank のコードはこの公表されたコードとは異なっている。

この会長はさらに主張する、「送金書類のどこにもナジブ首相の名前は書かれていない。その口座番号がナジブ首相のものであるとの描写を確認するための実質的な書類上の証拠はどこにあるのだろうか?」 

(Intraasia 注:Swiftコードは国際送金などに用いるため、イントラアジアも知っています。それが架空の記号番号であったという主張ですね。ということは公表された文書は捏造されたものなのか? )

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月8日のマレーシア記事

【ウオールストリートジャーナル紙は 1MDB からナジブ首相の口座への金の動きを示す書類コピーを公開した】
(米国紙ウオールストリートは数日前に、巨額負債で問題になっている1つのマレーシア発展会社(1MDB) の金の一部である US$7億がナジブ首相の私的口座に振り込まれたと報道した。その関連記事は当サイトで既報しています)

ウオールストリートジャーナル紙は引き続いて、7月7日に第2報としていくつかの書類をインターネット上に公開しました。その書類では、1つのマレーシア発展会社(1MDB) からナジブ首相の銀行口座に7億米ドルが移転していく動きを示しています。

同紙がネット上に掲載したフローチャートと銀行の書類における取り引き日付は、2013年3月、2014年12月、2015年2月となっており、流れの最後はナジブ首相の口座になっている。
Intraasia 注::現時点で フローチャートと銀行取引書類 をクリックすると PDF 形式でそのファイルが開きます。 
 
チャートが示している取り引きの動き
2013年3月の取引: British Virgin Islands にある会社 Tanore Finance Corp がUS$6億2千万と US$6100万 を AmIslamic Bank にナジブ首相が持つ口座に2回に渡って振り込んでいる。

ウオールストリートジャーナル紙はこの振込時期に関して、2013年5月に行われたマレーシア総選挙前の白熱した選挙運動期だと、表現していた。

2014年の取引: SRC International が その AmIslamic Bankの口座から RM 4千万を Gandingan Mentari Sdn Bhd に振り込んでいる。さらにそのお金は同日に、 Ihsan Perdana Sdn Bhdが Affin Bank に持つ口座へ移されている。
その後 Ihsan Perdana Sdn Bhd は、AmIslamic Bank にあるナジブ首相名義の口座に2014年12月26日にRM 2700万とRM 500万を振り込んだ。

別のフローチャート
SRC International は1つのマレーシア発展会社(1MDB) の子会社でした。 1つのマレーシア発展会社(1MDB) は財務省翼下にある会社です。

SRC International から  AmIslamic Bankのナジブ首相の口座へ同じような経路で 2015年2月10日にRM 1千万が振り込まれた。
Ihsan Perdana Sdn Bhdがナジブ首相の口座宛てに振り込んだ際の銀行送金用紙における金額は総額でRM 4200万になる。その用紙の欄には(振込)内容として “CSR programmes” と書かれている、この意味は企業の社会的責任目的です。

ウオールストリートジャーナル紙が公表した3つのフローチャートには、いずれも銀行の送金申込書か送金伝票のコピーが添付されている。
なお公表された3つの銀行口座の番号の下数桁はウオールストリートジャーナル紙が編集している(消している)。

(Intraasia 注:AmIslamic Bank はマレーシアの中堅銀行である AMBankグループのイスラム銀行です。Sdn Bhd はマレーシアの有限・株式会社を意味します。
これらの書類が捏造ではないとすれば、ナジブ首相の一切否定主張は全く覆される。 マレーシアの検察である司法庁は特別捜査チームがこれらの銀行口座を凍結したと発表している、ということはこういう書類も既に押収したことでしょう。 一方警察は今日8日に1つのマレーシア発展会社(1MDB) の本社を捜索したと報道されている。検察と警察は国家の機関であることから、一般に政府寄りだとみられている。 捜査し押収した資料などをこの2つの機関がどこまでそしていつ公表するかにかかっていると思う。
20数年マレーシアを内から観てきたイントラアジアは、この一連の出来事はマレーシア史上最大の政治スキャンダルだとみますし、多くのマレーシア国民もそう思うはずです。しかし今後どう展開していくかは、現時点ではまだ読めないし、ナジブ首相を黒だと決めつけることはできないでしょう。 ナジブ首相支持を強く訴えるUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)の幹部層からは、西欧メディアによる陰謀説が主張されている。まさか、西欧メディアがナジブ政権を打倒する理由はなんらないし、西欧がマレーシアを反西欧勢力などとは捉えていないことは明らかです。 仮にナジブ首相が倒れることはUMNO幹部層の権力と利権基盤に大いに影響があるからでしょう。 )

【PR1MAで建築した手の届く範囲に価格を抑えた住宅所有者は、その住宅を賃貸ししないように】
手の届く範囲に価格を抑えた住宅を取得した自家保有者は、儲けをあげたいがためだけで他の人や外国人にその家を賃貸しないようにとのアドバイスを、連邦直轄領大臣がしています。
「これは、手の届く範囲に価格を抑えた住宅は、入手できる範囲に価格を抑えた住宅を初めて購入する人たちに快適な施設を用意するのが政府の願いであるからです。」

「1つのマレーシア民衆住宅プロジェクト(PR1MA) のデベロッパーと行った対話会議の結果、(このプロジェクトで建設した) 540戸中の40戸が他人に賃貸しされたことがわかった。」
「ところが、住宅保有者は自ら進んでより低い賃貸料を払うことで他の住宅に定住する、その一方で手の届く範囲に価格を抑えたその住宅を、(自分が払う賃借料より)高い賃貸料で貸すのです。」

「この手の届く範囲に価格を抑えた住宅はマレーシア国民のためであり、ネパール人やバングラデシュ人などの他者に賃貸するためのものではない。」 この様に大臣は、Bukit Jalil での連邦直轄領における手に届く範囲の住宅プロジェクトの開始兼抽選式の場で述べました。

(Intraasia 注:この種のニュースを読むたびに、また貸し行為が好きな国民性というしかないと言いたくなる。いわゆるアリババ行為で、会社や店や露店の営業権を他人に賃貸しする行為は昔から変わらない。それと同じ思考上にあるのが、この手の届く範囲に価格を抑えた住宅プロジェクト翼下の住宅主の行為です。せっかく割安になっている且つ運よく購入できたそれらの住宅を他人それも外国人に賃貸ししてしまう、大臣ならずとも残念な行為だというしかない。購入希望者が多いので抽選になるのは仕方がないが、審査過程だけで不届きな購入予定者を見つけるのは無理でしょう、人々の意識に根付いているこの種の思考は変わらないなあといつも思う)

【Public Bank が日本の銀行2行と協力関係の覚書を結んだ】
(3大銀行の1つ)Public Bank Bhd は日本の2つの銀行との協力関係を推進し強めるべく、覚書を取り交わしました。互恵と相互利益に基づいてビジネス機会を共同で発展させていくというものです。
この2行は日本で4番目に大きい りそな持ち株会社の翼下にある銀行であり、1行は関東の埼玉りそな銀行と、もう1つは関西圏に強い基盤を持つ近畿大阪銀行です。

「このビジネス協力関係によって、Public Bank の顧客が2行の基盤とする地元で可能性を備えたビジネスフランチャイズから利益を得るべく手助けしていくことになる。」
「 この協力関係によって、 Public Bankがとりわけ強いネットワークを持つマレーシア、カンボジア、ベトナム、ラオス、香港で市場において、埼玉りそな銀行と近畿大阪銀行の顧客への銀行サービス面での支援を強めていくことになるでしょう。」 とPublic Bank は声明しました。

(Intraasia 注:Maybank , CIMB に並んで、Public Bank もアセアン(ASEAN)内で積極的に支店または現地銀行を開設してビジネス展開しています)


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月7日のマレーシア記事

【ハリラヤシーズンに価格統制された食品の種類】
( ハリラヤアイディルフィトゥリ の時期に、国内取引と協同組合と消費者省は監督官庁として毎年一定数の種類からなる食品を統制価格に指定して、業者による恣意的な値上げを防ぐのが務めです。)

今年は、期間 7月7日から23日まで、食品種 19種類が価格統制品に指定されました。(その画像をマレーシア語紙から勝手に借用して載せます、悪しからず)。

hargauntukhariraya_1.jpg
品名の説明
生きた鶏 Ayam hidup, マレーシア産牛肉 Daging lembu tempatan, インドから輸入した水牛肉 Daging kerbau import India,
サバ種の魚 Ikan kembung,  ムロアジ種の魚 Ikan selayang,   キャベツ Kubis
玉ねぎ (Bawangとは一般に玉ねぎ類を指す、Bawang besar を何と訳すかは知らない )、小玉ねぎ・シャロット Bawang merah
ココナツの実 Kelapa biji、 ココナツを削った・おろしたもの Kelapa parut、

(Intraasia 注:イントラアジアは料理を知らないので、こういう材料名にはどうも馴染みがありません)

【マレーシアリンギットが外為市場で一時的に対米ドルで16年来の最安値を記録した】
(欧州連合EUがギリシャに突き付けた救済条件などに関して、ギリシャでは国民投票で No が多数派となったことは、翌日7月6日の世界金融市場にも影響を与えた)

マレーシアの株式市場と他の東南アジアの株式市場でも7月6日は株価が下落しました。
外為市場では、マレーシア通貨リンギットが対米ドルで US$1=RM 3.8142 をつけました。これは16年来の最安値であり、その後 3.809 で取引を終えました。
アジア経済危機が起きた1998年にマレーシアは米ドルとの固定為替相場制に移行して US$1=RM 3.80 と決めて、2005年7月までそれを続けました。

(Intraasia 注:3.80というのは心理的障壁でしょうから、確かにこれを超えたというのはニュース価値がある)

【マレー人信託公団MARA がオーストラリアの不動産に多額を投資したことに関する疑惑】

(非都市部を含めて全国各地に支部を張り巡らした)マレー人信託公団であるMARA が数年前にオーストラリアのメルボルンで不動産を購入した件を巡って疑惑が持ちあがったことで、このところ盛んに報道されている。)

この発端はオーストラリアの新聞が、この不動産取り引きを巡って、MARAの幹部と UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)とコネのある実業家の関係を暴く記事を掲載したことです。
MARA の投資会社である  MARA Inc がオーストラリアの不動産購入において、過剰な額である A$4750万 (RM1380万) を支払ったと報じた。その額には見返りのリベートが含まれたことを示唆している。 これに関してマレーシア国内では批判的観点からのニュースが現れました。

野党連合の人民公正党PKR系の団体が先週、MARA Inc. が行ったオーストラリア不動産の4件の物件購入には疑惑があると糾弾する声明を出しました。支払った総額はRM 3億7500万になるとのことです。

MARA のオーストラリア不動産購入にまつわる論争が続く中、 MARA会長が警察長官を訪れて面会しました。同会長は、この面会をなんでもないと無関係を装いました。「我々は当局の捜査にはいつも協力している。反汚職委員会に協力していることと同様です。」 
一方野党の議員は警察が汚職疑惑の捜査をするようにと訴えています。

(Intraasia 注:MARA はいわば半官半民のような保護された信託組織として、マレー人界のためにいろんな事業、施設の運営、高等教育振興などに関わっている。 ブミプトラ政策の中核を担う組織として、マレーシアで最も知られた組織の1つです。そのMARA に外国報道が発端となって疑惑が持ち上がった。規模ははるかに小さいが、1つのマレーシア発展会社(1MDB) のケースと似ている感じがする。 
ある外国報道が指摘していた:マレーシアの構造として、公的な組織や機関は民間への投資には過剰に支払いその見返りを期待する、一方公が公的な機関へ不動産などを売却する場合は過小に評価して売却する傾向がある、つまり購入した方は莫大な利を得やすくなる。これを検証するのは専門家の役目ですが、なるほどと思える面があることも感じざるを得ない。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月6日のマレーシア記事

【ハリラヤシーズンの長距離バス便は通常運賃に10%割増を認める】
長距離バス便の運行がハリラヤシーズンの間影響を受けないようにするために、陸上公共交通委員会 (SPAD) は長距離バス便の運賃をこの期間中に10%値上げすることを認めたと発表しました。

SPAD の7月3日付け声明: 長距離バス便が10%の割増金を徴収する期間は 7月10日から27日とする。

「陸上公共交通委員会 (SPAD) は、ハリラヤシーズンに長距離バスを利用する乗客が増えるためにバス業者はそれに答えるバス運行を提供する必要があるなどいろんな要素を考慮して、付加料金を徴収することを認めました。」

「ハリラヤシーズンの間、クアラルンプールを出発して他の地方を結ぶ臨時長距離バス便を運行する際、その出発はTBSバスターミナルに限定する。また他の地方からクアラルンプールを経由して他の地方へ行く臨時長距離バス便もTBSバスターミナルだけを経由地とする」

(Intraasia 注:記事は簡単に書いているだけなので、SPADのサイトを見ると、この件でのお知らせがPDF形式で載っている(マレーシア語のみ)。 臨時便を運行するためには、業者は事前にSPADに申請して幾つかの条件を満たさなければならないといった細かなことが記されている。例えば臨時長距離バス便に使える車輛は、スクールバス、工場従業員バス、チャーター用バス、観光バスの4種に限定し車歴は10年を超えないこと、などの条件。 SPADの議長によれば臨時バスは400台位になりそうとのこと。
90年代の昔はハリラヤ時期のこういう臨時バスは、いろんな場所から出発していた。 Pudu raya バスターミナルに集合地を指定されてもそこからバスを停めてある停車地までしばらく歩かされていく人たちを見かけたものです。 エアコンはもちろんなくリクライニングしない工場バスなどがよく使われていた。 中にはいつまでたってもその臨時バスが来ない、つまり切符だけ買わされて騙された人たちのニュースも時に載ったものです。当時に比べれば、近年陸上公共交通委員会 (SPAD) が定める規則ははるかに向上したといえる。それでもこのハリラヤ前シーズンのバス切符販売では、たくさんのダフ屋がバスターミナル内外で客を狙っているので注意するようにと、当局は注意を呼び掛けている。とりわけPuduraya 界隈のあくどいダフ屋活動は普段でもあるので、旅行者は餌食にならないようにと願う)。

【ハリラヤ祝祭前にインドネシアへ帰る違法外国人労働者59人がマラッカ海峡で逮捕された】

海上警察はハリラヤ祝祭のためにマラッカ海峡を渡って密出国しようとする者たちの増加を予測してこの1週間ほど監視を強めています。
海上警察は4日未明、漁船に乗ってインドネシアの Tanjung Balai Asahan方向へ向かって航行していた59人の違法外国人労働者を逮捕しました。

スランゴール州ポートクランの海上警察の長は説明する、「覆面捜査官からの情報を得たことで、5人の警官がボートで海に出動し、未明の1時半頃スランゴール州Sabak Bernam地方のTanjung 沖でその漁船を発見した。」 

 「漁船を捜査したところ、インドネシア人59人が乗っていた、内訳は男47人、女12です。ハリラヤ祝いに備えて密出国したのであろう。」 「その内33人の男と7人の女性はマレーシアでの滞在期限が切れた超過滞在者です。残りは何ら正規の旅行書類を携帯していない」

「違法外国人労働者たちがハリラヤの2週間程前に故郷へ帰って行くのは普通だ。だから我々警察は監視を強めているのです。」 「密出国させることを商売にしている者たちは、スランゴール州ポートクランは警備が厳しく、困難だと判断して、密出国の海上ルートをそれより北へ移した。我々はクアラスランゴールからクアラスパンまでの海上パトロールを増やしている。」

(Intraasia 注:毎年繰り返される違法外国人労働者の密出国取締りニュースです。こういうニュースは海外へほとんど伝わらないでしょう。だからイントラアジアは昔から時々載せているのです。
こうした密入出国は現実にハリラヤ時期ほどではなくても1年中起きている。違法滞在の外国人労働者はいろんな面で不利だ、常に当局の取り締まりを心配する、なんら保険はない、無慈悲な雇用者には足元を見透かされるなど。 それでも彼らは違法外国人労働者となる道を選ぶ。密入出国したって、斡旋者と運行屋に金は払う、深夜に小さなボートで海峡を渡るから安全の保証はない。違法外国人労働者の道は合法外国人労働者になる道より費用が多少は安く済むだろうが、リスクはいつも大きい。 )

【スランゴール州の競馬場で違法ノミ行為をしていたグループと胴元を逮捕した】

(スランゴール州の スンガイブシには競馬場がある。この競馬を賭けの対象とした違法ギャンブル行為は昔からある。)

警察本庁の売春・ギャンブル・私党の取締り部門に属する特別捜査チーム(通称 STAGG) が、スランゴール州競馬場における違法ノミヤグループを摘発し、違法な賭け行為をしていた胴元とみられる51人を逮捕しました。内11人は女性です。またRM 16万の金も押収した。

同部隊による取締りは午後2時過ぎに始まり、違法ノミヤグループの18人を捕まえました。このノミヤグループは3か月以上商売をしていたとみられます。
STAGG部隊の長は語る、「1か月間偵察活動をしてこの違法なノミヤ活動を暴きました。 ノミヤグループはスランゴール州競馬場でギャンブルをしている外国人旅行者をそそのかすことをしていた、」

ノミヤグループは競馬場で多くの外国人ギャンブル客を相手に商売していたことで、本来の競馬場クラブ運営者のギャンブル収入に影響を与えていました。

(Intraasia 注;クアラルンプール郊外のスンガイブシにある競馬場です。非ムスリムなら誰でも入れる。掲載写真をみると、どうやらこの競馬場の一画にある飲食店でノミ行為をしていたようです。胴元がなぜ51人もいたというのがよくわからない点です。客が窓口で馬券を買うことなく、このグループを通して賭け事をしていたということなのかな。競馬場内で堂々とこんなノミ行為ができるというところが面白い。
もっとも競馬のノミ行為はそれほど秘密裏に行われているわけではないことを観察上知っています。イントラアジアの地元では10数年以上もの間、ある1軒の大衆食堂がノミヤ活動の拠点になっていた。毎週末の競馬開催日には華人男たちが集まって来て午後の数時間賑わっていたものです。誰が取り仕切っているノミヤかはわからないが、客を集めることに困難はなかったかのように長い間続いていた。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月5日のマレーシア記事

【よく知られた人権NGO が昨年かくまった外国人幼な妻は11人いた】
女性、移民者、難民らの権利を啓蒙する、良く知られたNGOである Tenaganita は2014年にかくまって保護した幼な妻は11人あり、中には8歳の者もいたとのことです。

Tenaganitaの理事は語る、「我々は、幼な妻を巡る活動があることを既に2000年に見つけた。マレーシアは子供妻取引の秘密組織の経由地であり終点だと思われる。」 「組織による被害者はバングラデシュ人とロヒンギャ人です。

自国であるバングラデシュとミャンマーにおける抑圧され貧しい生活のために、バングラデシュ人とロヒンギャ人の中には、代理人を通してまだ子供である娘を外国人と婚姻させることで売り渡す道を選んでしまう親たちが少なくない。

「Tenaganita がかくまって保護した者たちのほとんどは人身取り引きの被害者と見なされる者たちです。」 「現時点ではかくまってはいないが、昨年は11人の少女をかくまいました。その後彼女たちはマレーシアにある彼女たちの民族コミュニティーに落ち着きました。」

「2014年だけでTenaganitaは、人身取り引きの被害者である子供40人ほどを扱った、その中には子供妻もいました。」 「そういう場合は警察と協力して行いますし、時には警察の法からTenaganitaに接触してきます。」
「Tenaganita は1991年に設立され、これまでに他国つまりベトナム人、インド人、中国人の幼な妻の件を取り扱ったこともある。」

マレーシアは幼な妻のブラック市場だという報道が以前あり、そこではマレーシアにいるバングラデシュ人とロヒンギャ人の男たちが出身国の少女を求めて金を払って嫁に取るというものです。
Tenaganitaが明らかにしたことを引用すると: 嫁になる少女の親たちは8歳から17歳の娘たちを、マレーシアに居るバングラデシュ人やロヒンギャ人に嫁にやるために、斡旋者に RM 6800から7000を支払う。

この件に関する新聞社からの質問に対して、警察本庁の担当部署の長は答えませんでした。ただ警察はすべての警察訴え報告書は捜査するとだけ答えました。

【ナジブ首相への疑惑報道の件を捜査していると司法長官】

(国家の検察元締めである検事長官とも訳せる)司法長官は検察の特別チームが、1つのマレーシア発展会社(1MDB) からナジブ首相の個人口座に金が流れたと主張されていることに関しての捜査を始めていることを確認しました。

「検察特別チームが1つのマレーシア発展会社(1MDB)に関連する会社の3社の事務所を7月3日に捜索して書類を押収した。」その日はウオールストリートジャーナルが衝撃的な報道を載せた日です。

ムヒディン副首相は「1つのマレーシア発展会社(1MDB) から多額な金が2013年5月の総選挙直前にナジブ首相の口座に入ったとの報道に関して、直ちに総力をあげて調査するようにと、記者会見で述べました。 「捜査権を持つ機関である、反汚職委員会、中央銀行Bank Negara、警察は司法長官事務所と協力して、直ちにこの報道の件を捜査しなければならない。」

別記事
1つのマレーシア発展会社(1MDB) の金US$7億がいくつかを経由した後でナジブ首相の私的口座に入ったと報じた、米紙ウオールストリートジャーナルはその報道の確実さを強調しました。ナジブ首相周辺ではウオールストリートジャーナルに対して法的措置を取るとの発言が出ていることに答えた形です。

報道した記事は、「確固とした信頼ある書類」 を基にしている、と同紙は、米国のCNBCからのインタビューに答えました。

(Intraasia 注:仮に報道内容が部分的にでも事実とわかれば、ナジブ首相は首相職の続行は無理になることは確かだろう。ナジブ首相自身報道を完全に否定しており、彼の周辺も同紙に対して悪意を持った報道だ非難している。US$7億というのはRM 20数億にもなる巨額である、こんな多額の金が口座に入って知らないとは言えない、果たして究明できるのか、それともニュースソースが全く虚偽であったのか、マレーシアは体制側から内部告発するような人物は出そうにない国なので、全ては捜査にかかっていそうです。)



テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月4日のマレーシア記事

【米国紙報道の背後にマハティール元首相がいると反駁するナジブ首相】
(3日に載せた)米国紙ウオールストリートジャーナルが、巨額負債問題を抱えた1つのマレーシア発展会社(1MDB)の資金の一部である US$7億が最終的に ナジブ首相の私的口座に入金されたと報道したことに対して、ナジブ首相は、マハティール元首相が外国人と結託しておりこの件の背後にあると反駁しました。

ナジブ首相は自身のフェイスブック上に、報道を否定しマハティール元首相を非難する一文を載せました。
「これはマハティール元首相による(私を)首相職からを追い落とすための一連の主張での、また一つのいいがかりである。」

「一番最近の非難では、私が私的目的に国家の基金から金を取ったと言っている。 私は、マハティール元首相が Sarawak Report ブログを含む外国人と結託してこういった嘘の背後にあると確信する、」
「この一連の攻撃は、私がマハティール元首相の個人的要求を実施することを拒んだときから始まった。なぜならマレーシアが代理者によって統治されることは正しくないと思うからです。」

「私と1つのマレーシア発展会社(1MDB) に対する全ての攻撃は証拠によって裏付けられていない。」
ナジブ首相はその例として、逮捕された PetroSaudi International の前取締役のことに言及しました。この人物(非マレーシア人)は1つのマレーシア発展会社(1MDB) との交渉書類の内容を捏造してその企業を脅した容疑でタイ警察に逮捕されている。

「低俗な策略、それらは時に犯罪的でもあるが、を使って政府を覆そうとすることは失敗します。妥当と見なされる場合、彼らは全面的な法律の適用を受けることになる。」
内閣府はウオールストリートジャーナルの報道が発表された時にその記事内容を直ちに否定しました。ナジブ首相はフェイスブック上でこの内閣府の否定を再度繰り返しました。

一方マハティール元首相は、内国収入庁(いわゆる税務署)に要求する発言を行いました: 1つのマレーシア発展会社(1MDB) の取締役や1MDBに関係ある者たちがどれくらい税金を支払ったのかを1MDB は明らかにするように、彼らの贅沢な生活スタイルを1MDB は調査するように。

1つのマレーシア発展会社(1MDB) は現在、国会の会計委員会や国の監査庁など4つほどの機関や組織からの調査を受けている最中です。

(Intraasia 注:主要マスコミはマハティール元首相の政権時代からもちろん親政府路線なので、ナジブ首相を責めるような記事内容にはしない。ネットニュースはもっとオープンに伝えている。マハティール元首相はその政権時に自らが取ってきたマスコミ操作方法が、現在では攻守を変えているといった感じでもある。
現実に1つのマレーシア発展会社(1MDB) の細かな資金の動きなどは公開されておらず、且つ調査も終わっておらず、非難と反批判の応酬というところです。1MDB はあまりにもナジブ首相に関係しているので、調査がどこまで公正に行われるかを疑う勢力もある。 一方マハティール元首相の強引で強烈な批判に組しないUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)実力者は依然として多そうです)

【 Uber と GrabCar サービスに対する陸上公共交通委員会(SPAD) の姿勢】

陸上公共交通委員会(SPAD) は、 Uber と GrabCar に対して法的措置を取ることはできないが、(人を運ぶための)免許のない自動車と運転手に対しては取締りを行う、としています。

「 Uber と GrabCar は無免許の車輛を使って利用者を運んでいる、これは違法だとみなせる。」 「外国製である、マレーシア製であるは問題ではない。両者は同じです」 とSPAD の議長は述べました。 「 MyTeksi は乗用免許のタクシーを使っているので合法です。」 「ビジネスを発展させるために新しいシステムを創りだすのは結構です。」
「Uber の一番の問題は、マレーシアの合法的なタクシーの代替えになろうとしていることである。」 「彼らは一般タクシー運転手の稼ぎを否定している。」

SPADはその取締りによって、GrabCar サービスが使っている46台を運び去りました。さらにUber と GrabCar のサービスに使われている自家用車数台も運び去られた。
「事故が起きても、自動車保険は乗客を運ぶことを補償していないので、保険会社は保証をしません。」

(Intraasia 注:Uber と GrabCar は自家用車をタクシー代わりに使うためのアプリだと理解しているけど、マレーシアでどのくらい利用者がいるのだろう? )

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 300.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 368.4 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 273.6 を入手します。

(Intraasia 注:為替市場ですからいうまでもなく一時的な値です。その前提で、日本円が銀行の現金交換レートで 3.0 になったのは久しぶりです)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

7月3日のマレーシア記事

【1つのマレーシア発展会社(1MDB) に絡んで多額な金がナジブ首相の個人口座に入ったと米国紙は伝えた】
米国紙ウオールストリートジャーナルがマレーシア政府に突き付ける形の報道をしました: 「1つのマレーシア発展会社(1MDB) の不明朗会計と債務問題などを調査しているマレーシアの調査チームによる報告書の中で、追跡した金の流れが示すところでは、政府機関と銀行と複数企業の間でやり取りされた後で、ナジブ首相の私的口座に収まった。」

「金額にしてUS$7億の金がナジブ首相の私的な口座(複数)と思われる口座に預けられた」 「調査チームは、銀行振替用紙とフローチャートなどを付けた報告書は、1つのマレーシア発展会社(1MDB) のキャッシュフローを明るみに出している。」 と同紙は伝えました。

ウオールストリートジャーナル紙はまた、この件に対するマレーシア政府スポークスマンの発言も載せています:「 ナジブ首相は個人的目的でその資金を全く使っていない。」 「首相の政敵はこの記録や事実を受け入れようとはしないで、根拠のない中傷とうわさで首相を攻撃しようとしています。」

ウオールストリートジャーナル紙は1つのマレーシア発展会社(1MDB) のスポークスマンにもコメントを求めたが、スポークスマンはこの件に関しては知らないと答えたと伝えている。スポークスマンの発言: 「1つのマレーシア発展会社(1MDB) はそういう取引のことは知りません。」 「マレーシア政府と1つのマレーシア発展会社(1MDB) の信用を貶めるためにこれまでに捏造した書類が使われた。」

これに関連して、 PetroSaudi International の前取締役(マレーシア人ではない)が、情報漏えい?情報捏造? などの容疑でタイ警察に逮捕されて、現在タイで拘留されています。

(Intraasia 注: 財務省が100%資本を持つ1つのマレーシア発展会社(1MDB) の問題は相変わらず奇怪な展開をしている。一方財務大臣を兼任するナジブ首相は債務問題には無関与であることと財務見通しに問題はないことを強調している。 米国紙の報道がどのくらい正確かまたは間違いなのかはわかりませんが、こういう報道を率先して本来すべきマレーシアのマスコミはしない、できない、というところでしょう。マレーシアはこの問題を自力で解明しなければならないはずです)

【ジョーホール州スルタン家の皇子に贈られた自家用ジェット機は売値 RM 1億3千万である】
ジョーホール州スルタン継承第1位の皇子は、誕生日祝いとして親(スルタン)からもらった自家用ジェット機の件を数日前に発表しました。

その後またフェイスブック上で、皇子は自家用ジェット機の内部写真を公開しました。写真を見ると、内装はジョーホール州スルタン家であることを示す色彩が使われ絨毯敷きですす。尾翼付近にはスルタン家の家紋が描かれている。1人用座席とソファを合わせて10人以上分はあるでしょう。

この”G5”自家用ジェット機についてネットで情報を探すと、売価は US$3500万、従ってRM 1億3千万になる。 特別内装をするとその費用が上乗せされます。米国の少なからずの有名人や富豪がこの種の自供ジェット機を保有している。

(Intraasia 注:ということは、新品ジェット機ということなんでしょう。 ごく断片的な数字しか公表されないが、どの州のスルタン家もそれなりのから相当なる資産を保有している。中でもジョーホール州スルタン家は最大の資産を有しているかのようです。もちろん各州政府から各スルタン家用にかなりの予算が割りあてられている。マレーシアがマレー的貴族制度を維持している以上、こういったことは当然のことといえる。西欧的貴族制度との最大の違いは、スルタンはその州でのイスラム教守護者としての権威と役割を持つという面です)

【既に禁止されたルートながら、依然としてCauseway を歩いてシンガポールへ渡る者がいる】
マレーシアは、2010年にジョーホールバルの出入国管理の総合ビル(正式名:Sultan Iskandar Customs, Immigration and Quarantine 総合ビル)がオープンした後は、Causeway を徒歩で通ることを一方的に禁止しました。その理由として(国の)安全をあげています。一方シンガポール側は徒歩通行を依然として容認しています。

先週ジョーホール州イミグレセン(Imigresen)が、マレー鉄道線路横の抜け道を使って出入国検査を経ずに出国した者たち 51人を逮捕しました。(当サイトで既報)

イミグレセンの警備強化にも関わらず、新聞社が観察したところ、今週になっても出入国管理を経ずにシンガポールへ出国している者たちが依然としています。

その数は前週に比べてはるかに少ないが、それでも建設中のビルの地上階をこっそり通り抜けることで、イミグレセンの検査を受けずにCauseway に出る者たちがいます。そういう者たちはこれまでより朝ずっと早く行動している。 建設中ビルの警備員によれば、出国検査をすり抜けて出国する者たちは朝4時半から行動している、とのことです。

通勤時間帯のピークには、長さ1kmほどのCauseway が渋滞することでバスが45分ほどもかかることがある。それが出国検査をすり抜ける者たちの理由の1つでしょう。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

7月2日のマレーシア記事

【陸上公共交通委員会 (SPAD) はマレー鉄道の新しい電車輌に不満足を表明】
(マレー鉄道の西海岸線 つまりシンガポール-ジョーホールバル-クアラルンプール-バタワース-パダンブサール において、複線電化工事は8割がた終わった。残るは南部の グマス-ジョーホールバル区間だけのようであり、この区間での完成はまだ数年かかる。複線電化に伴っていくつもの駅が大幅に改造された。クアラルンプール-イポー区間は2010年から、 ETSという名称の電車編成列車が運行されている。 この電車は韓国の Hyndai Rotem Company 製造です。Intraasia のホームページで当時から写真と情報を載せている。)

マレー鉄道 (KTMB)は、複線電化工事がほぼ終わった、イポー - パダンブサール区間で新たに購入した新型電車編成をテスト運行しています。しかし陸上公共交通委員会 (SPAD) はその結果に不満足を表明しました。

陸上公共交通委員会 (SPAD) がこの区間での電車運行に6月末までに同意を示せば、マレー鉄道はその区間での運行開始する準備は整っていると表明していました。

陸上公共交通委員会 (SPAD) の声明:マレー鉄道は複線電化が終わった区間で運行を始める提案を出してきた。しかし鉄路建設者側が安全と快適さを保証すべく依然として作業に取り組んでいる最中である。

「陸上公共交通委員会 (SPAD) は、複線電化工事が終わったイポーとパダンブサール間及びスレンバンとグマス間での安全に関する確認作業を行った。例えば線路状況、信号、駅、列車車輛の状況などについてです。」 
「イポーとパダンブサール間及びスレンバンとグマス間で全面的に運行するための工事は終わってはいるが、陸上公共交通委員会 (SPAD) が観察したところでは、新たに購入した編成電車は諸条件をまだ充分に満たしていない。」
「陸上公共交通委員会 (SPAD) はマレー鉄道に対して、これらの区間での運行には現在使用している ETS電車編成を使うようにと勧告する。」

しかしながらマレー鉄道は、ETS電車編成は(以前から運行してる)クアラルンプール-イポー区間で運行させる分しかありません。

これとは別にマレー鉄道は昨年末から全面運休中の東海岸線に関して次のように提案を出していました: Gemas - Gua Musang 区間、及び Kemubu - Kra  区間 で部分運行を行う。  
しかし陸上公共交通委員会 (SPAD) は、「それらの区間で公共交通機関提供する必要性は認めるが、安全面をなおざりにしてはいけない」と表明しました。「2014年12月の大水災によって東海岸線のインフラが大きく損なわれたために、線路や駅などは使用面で安全性に欠ける、とりわけ木製枕木が使われている線路部分です。」

「東海岸線で被災した全ての区間における全面的な修繕工事は、運輸省が指名した複数業者が行います。 工事が完了するのは2017年になる見込みです。」
「東海岸線の該当区間での運行再開をする最終決定は、マレー鉄道側が全ての必要条件を満たしてから下されます。」

(Intraasia 注:いつもながらのマレー鉄道KTMB の甘い計画と見通しを監督官庁が諌めた記事ですね。マレー鉄道の長年の運行実績が証明しているように、新規導入や開始をしても、まもなく欠便や故障や車輛不足を起こしてきた。長距離列車しかりKomuter近郊電車しかりです。 こういう幾多の前歴がある以上、マレー鉄道のこの数十年中で最大の発展である複線電化プロジェクトが完了したあとは支障なく運行して欲しいものです。ですから開始を急がないこともそのために必要ですね。 
マレー鉄道がこの複線電化路線に走行させる電車編成は、確か中国製の電車輛です。注文した一部は既にマレーシアに到着してそれをテスト走行させていたのでしょう。陸上公共交通委員会 (SPAD) はこの中国車輛のどこに不満足を見出したのかは書いてないのでわかりません。
 Intraasia の大いなる疑問は、ETS 電車と異なるメーカーの車輛をなぜ選んだのかということです。マレー鉄道はかつて Komuter 電車で3つもの異なるメーカーの車輛を使ったことで、保善と修理のお粗末さから多大な車輛不足を10年以上も続けた前歴がある。 それなのに今回の複線電化用車輛でまた2社のメーカーを使うことになった。 AirAsia グループを見習ってほしいと思う、数百機の保有機はAirbus A320機に統一しているのです)

【ある国際格付け機関がマレーシアの見通しを良い方に修正した】

国際格付け機関である Fitch が6月30日に、マレーシアの国としての格付けをそのまま変えない、マレーシアの今後の見通しを良い方向に修正して”安定している”、と発表しました。この発表は市場などの多くの人を驚かせました。

Fitch はそれまで2年間マレーシアを、”良くない”に見なしていました、つい4か月前には国としての格付けを下げる可能性が50%以上あると警告を出していたからです。市場も格付け下げを予測していました。
Fitch は、マレーシアは政策金融を向上させた、政策金融の柔軟性、良好な経済成長、低いインフレを取り上げて、今後の見通しを安定に変えたことの根拠にしています。

(Intraasia 注:ナジブ首相はさっそく Fitch のこの判断を歓迎する旨の発言をして、国家経済の好調さを強調しました。)

【高架電車アンパン路線の路線延長工事は予定通り進捗している】

(クアラルンプールの及び近郊を走行している Rapid KL 翼下の高架電車LRT は複数の路線延長プロジェクトを進行させており、その工事を数年前から行っている)

Rpaid KL の親会社であるPrasarana Malaysia Bhd は声明を出しました: Ampang路線での延長プロジェクト第1段階は予定通り進んでおり、2015年10月末にオープンできる。

「第1段階の現在の進捗率は 92.6%です。第1段階で新たにオープンする駅は Awan Besar, Muhibbah, Alam Sutera、 Kinrara BK5 の4駅です。」
「第2段階の完成は 2016年3月末であり、この期日に合わせて完成させるべく我々は努力している。第2段階でオープンさせる駅の70%は完成した。」 「Ampang路線で使用する新しい車輛は現在テスト中です」

(Intraasia 注:Rapid KL 翼下の高架電車は Kelana Jaya路線でも路線延長工事を進めています。そこで近い将来最終的に Ampang路線 とKelana Jaya路線 がそれぞれ延長した路線が交わる駅で接続される計画です。クアラルンプール圏では電車路線の延長と新設工事があちこちで進行していますよ)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE