プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

10月31日のマレーシア記事

【LRT電車の路線延長プロジェクトの第1段階が完成して、延長区間が本日オープン】
(クアラルンプール圏の高架電車 LRTは国家資本の会社 Prasarana が所有しその子会社Rapid KL が運営している。1990年代から運行が始まったLRTは2路線あり、Kelana Jaya 路線とAmpang路線です。2つのLRT路線で路線延長プロジェクトが数年前から進行中です。)

Ampang 路線の延長プロジェクト中の第1段階が10月31日に開通します。既に陸上公共交通委員会 (SPAD) からも運行認可を受けています。 なおAmpang 路線の延長区間は全体で18.1㎞、新駅が11駅建設される。

第1段階はこれまでの終着駅である Sri Petaling駅に続く4つの新駅が完成: Awan Besar駅, Muhibbah駅, Alam Suera駅, Kinrara BK5 駅、
この完成延長区間を走行する電車は、新しい型の車輛で6輌編成となる、また客収容能力が増え新しい機能も加わっている、愛称が AMY とのことです。
延長区間は新しい信号システムを導入しています、このため両方向の乗客は Sri Petaling駅で電車を乗り換える必要がある。

地理的な要所にできた新駅 Kinrara BK5 駅は Bandar Kinrara地区の住民にとって朗報であり、大きな人口を抱えるPuchong地区に近接した初めてできる駅となる。ほとんどの駅は駐車場も備えている。各新駅はトイレ、祈祷室も設置されており、身障者用の配慮、例えば車いす用のランプなども作られました。
新駅ではそぞれその駅を起点とした、RapidKLバスの新しい周回バス路線が創設される。

Ampang 路線の延長プロジェクトが第2段階が完成して全てオープンするのは、2016年3月の予定です。延長区間の最終駅は Putra Heights駅です。この駅は KelanaJaya路線の延長プロジェクトの最終駅ともなる。こちらの延長プロジェクトの完成は2016年6月の予定です。

Ampang 路線の延長プロジェクト中の第1段階オープンを記念して、Prasarana は延長区間に限って1か月間の無料乗車を提供します。プリペード式のカードMyRapid を持たない乗客には、SriPetaling駅で乗客にトークンを無料で渡す方式です。

(Intraasia 注: バスと電車を頻繁に利用する Intraasia ですから路線延長は大歓迎ですね。クアラルンプール圏の電車網の解説は Intraasia の別ブログである 『マレーシア マイセカンドホーム  -シニア世代の海外ロングステイ-』 に少し前に載せた記事で書いています。『クアラルンプール圏で建設中の新しいMRT電車路線及びLRT電車の路線延長によって居住選択範囲が大いに広がる』 をクリックしてご覧ください。
本日31日、早速延長路線を乗りに行ってきました。新型車両は快適であり、駅舎は従来よりもゆったりと設計されており、プラットフォームが広い。まずは満足しました。写真はそのうちにツイッターで掲載予定。4つの新駅のある地区は、これまでバス便しかないかバス便さえない地区ですから、LRT路線延長がオープンしたことは大いに交通の便に貢献することは明らかです。Kinrara BK5 駅地区は開発が進んでおり驚きました )

【電子タバコを禁止しないと政府が決定した】
(保健省は電子タバコ(vape) を禁止する方向で検討していた、これに対して電子タバコ喫煙者と同業界が大反対の声を上げていた)

政府は閣議で、電子タバコを禁止しないと決定しました。このため電子タバコ喫煙者と業界は大いに安堵感を現しています。
保健大臣は、電子タバコの喫煙者が急増している現象を大いに憂慮すると述べたことを明らかにしました。

マレーシアでの電子タバコ喫煙者は現在100万人ぐらいいると推定されており、電子タバコ業界はRM 5億円産業だと(しきりに)強調しています。マレーシアはまたアジアで最大の電子タバコ喫煙者数がおり、世界では米国に次いで2番目です。

一方この決定を歓迎した、マレーシアの電子タバコの愛好者?販売者?で作る協会は、同業界に規則を設けるべく政府と協力していくと表明しました。同協会は「電子タバコを吸う権利と電子タバコを正しく吸おう」 キャンペーンを行うとのことです。

(Intraasia 注: 要するに、電子タバコを禁止するには既に遅すぎるほど業界が広がっているということのようで、仮に禁止すれば販売者と喫煙者が地下に潜るだけだと反発していた、業界はRM 5億にもなるのため、多くの起業者が破産し従業員は職を失うという論を前面に立てていましたね。 非喫煙者のIntraasia はどうでもいいのですが、タバコを路上であれ飲食店であれ公共場所であれ周りを全く気にすることなく吸う慣行がゆるぎそうにないマレーシアですから、普通のタバコと電子タバコの二重の煙に悩まされそうですなあ。 それにしても半年ほど前は大して目立ったなかった電子タバコはみるまに急増した感がある)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】

1万円を銀行で両替すると RM 348.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 422.2 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 301.3 を入手します。

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月30日のマレーシア記事

【北西モンスーンが発生したことで煙霧は減り、強風と荒波と雷雨に注意】
北西モンスーンが現れたことで、半島部の空をすっと覆っていた煙霧をかなり追いやったかのようです。
29日朝の時点で、国内観測地点43か所で、大気状態良 の数値を記録しました。

マレーシア気象庁の予報では、「最高時速50㎞の強風と高さ3.5mの荒波が南ベトナム方向からやって来ると警告しています。風は11月3日頃まで続くでしょう。」 「半島部の大多数の州とサラワク州に雷雨注意報が出されています。」

内閣府の大臣は語る、「雨季に備えて、浸水時の避難所 5160か所は既に準備している、合計150万人が避難できることになる。」

(Intraasia 注:クアラルンプールでも時折青空が見えた、多くの州と地方で煙霧状態がかなり減ったと新聞は書いている)

【国営放送のTV2テレビ局の華語ニュース番組に異変】

国営放送であるラジオテレビマレーシア (RTM) 翼下のテレビチャンネル TV2 局が放送する華語ニュースは、どうやら通信とマルチメディア省の処分を受けたようです。その処分が即日開始されて、10月29日の華語ニュース番組ではニュース報道映像が映されませんでした。

29日正午から始まる20分間の華語ニュース番組では、全くニュース報道画面が現れませんでした。番組放中ずっと、ニュース読みのアナウンサーだけが映しだされていた。

TV2局が懲罰の対象となった発端は、どうやら10月27日夜8時放送の華語ニュース番組だったようです。その中で画面に載せたナジブ首相が写っている写真内容が不適当であると問題視されたらしい。これが通信とマルチメディア省の不満を呼び起こし、調査命令に至った。 
そしてTV2局は28日に指示を受け取ったことから、華語ニュースはニュース報道画面を映せなくなった。これは同局が放送する華語ニュース番組が始まって以来初めての出来事だと理解される。

TV2華語ニュースの主任(華人)は当新聞の取材時に答えて、「28日に上層部から指示を受けて29日から指示に沿い始めた。 TV2局の 正午と夜8時の華語ニュース番組では報道画面の放送はできません。」 「この指示書には説明がないし、どれくらいの期間かも説明がありません。」  同主任は報道映像禁止の件は上層部からの指示だとして、それ以上の詳しいことは明らかにしませんでした。

(Intraasia 注:政府・UMNO上層部の意向を受けてというかくんで、とにかくナジブ首相に批判的または懐疑的な意味合いが感じられるような報道は全て禁止というあり方ですな)

【ナジブ首相はようやく馬華公会MCAの元総裁を名誉棄損で訴えた】
(ナジブ首相自身が相談役を務めて推進してきた1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が抱える問題と、ナジブ首相自身の銀行口座に海外からRM 26億相当の金が振り込まれた件では、海外のウオールストリートジャーナル紙などが暴露する記事をいくつか掲載した。もちろんナジブ首相は疑惑を否定している。国内ではマハティール元首相がこの問題でナジブ首相の辞任を求める急先鋒です)

(90年代に長年総裁を務め同時にマハティール内閣の運輸大臣であった) 馬華公会MCAの元総裁は、公開でナジブ首相の辞任を求める声明を10月3日に出しました。
その後の10月5日に、ナジブ首相は弁護士を通して、元総裁の公開陳謝を求める、そうしなければ訴えるとの書簡を元総裁に送りました。 しかし元総裁は陳謝を拒否して、名誉棄損で訴えられれば受けて立って裁判で争うと公言しました。10月12日ナジブ首相側の弁護士団は、元総裁からの返事を受け取ったことを明らかにしました。

その後ごく最近になって、馬華公会MCAの元総裁は、ナジブ首相は訴えるとしておきながら未だに訴えないのはどうしてかとの発言を行いました。
どうやらナジブ首相側は10月27日になって、クアラルンプール高等裁判所に訴えを起こしたようです。消息筋は訴えたが起こされた件を確認しました

(Intraasia 注:ナジブ首相と UMNO指導層は、いわば身内陣営からのナジブ首相批判には強硬に反発して対抗策をうっている。ナジブ首相に批判的な前副副首相を閣外を追いやり、マハティール元首相やその前副首相らナジブ首相に批判的なUMNO元現幹部を処分する策を進めているらしいことをメディアは伝えている。 馬華公会MCAは与党陣営を支える古くからの華人政党です。その元総裁の”謀反”は絶対許せないことから訴えたということです。 MCA は元総裁のことだと突き放している。)

【マレーシア国内で10代の女性が毎年 1万8千人妊娠している】

10代女性が妊娠して公立(即国立の)医療機関にかかる人数は年間平均で18000人になる、と保健大臣が語りました。
「全体の25%近い 4500人は非嫡出妊娠です。」 「毎月平均して1500人の 10代女性が妊娠していることになる。」

(Intraasia 注: 政府医療機関での数ということは民間医療機関の数は含まれていない。常識的に考えて民間医療機関にかかる未婚の10代女性も当然いるでしょうから、実数はもっとあるということですね。こういうことに対する捉え方はムスリム社会は単に個人が生む生まないの判断問題だけでは片づけられていない、また非ムスリム社会の間でもいろんな民族によって捉え方は大いに異なるので、例えば華人界とインド人界、非ムスリム社会ではこうだと一括して捉えられない。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月29日のマレーシア記事

【携帯アプリを使った自家用車をタクシー的に使えるサービスの制限に向かうようだ】
半島部だけでみると、現在 65,292 台のタクシー車が登録されている。その内(約7割にあたる) 44,012台がメーター制タクシー車です。メーター制タクシー車の(3分の2である)62%はタクシー会社が所有している。

タクシー業界からの強い反発を考慮して、スマートフォンアプリを使った、自家用車のタクシー的サービス利用を制限するべく、陸上公共交通委員会 (SPAD) が必要な法改正を検討していると、内閣府の大臣が国会答弁で明らかにしました。

「陸上公共交通委員会 (SPAD) は、スマートフォンアプリ Uber, MyTeksi, EasyTeksi などの運営者と話し合いの場を既に持った。 そして運営者に対して、そういうサービスは認可を受けた車輛だけに許される旨を文書で伝えた。」

陸上公共交通委員会 (SPAD) は声明を出してその中で、「タクシー業界の主たる問題は、長年慣行的に行われている、タクシー営業と車輛リースのモデル(pajak システムと呼ばれる)である、このモデルは改良されねばならない。」

(Intraasia 注: Uber などのスマートフォンアプリの利用者相手の運転者と車は、非タクシー運転手であり自家用車を使っていることがほとんどだと言われている。そこでタクシー業界は強硬に規制を要求している。陸上公共交通委員会 (SPAD) はどうやらそれを規制する方向にいくらしい。
それはとして、マレーシアのタクシーの非誠実さと乗車拒否とサービスの悪さは長年言い尽くされている。タクシー運転手個人の問題はもちろんある、その根にあるのは、タクシー会社が運転手に車輛をリースする仕組みが問題視されてきた。つまり運転手は水揚げがあろうとなかろうと、毎日のリース代を会社に払う必要がある。運転手は会社の従業員というよりも車を賃借した個人タクシー的存在ともいえる)

【イスラム国 (IS) のシリア内戦に参加したマレーシア人戦士が帰国する場合について】
反テロ問題の専門家は述べる、「イスラム国 (IS) のいわゆる聖戦に参加したがそれを悔いてマレーシアに戻って来る者たちに対して、政府はある種の譲歩措置を提供すべきである。例えば彼らを軽微な罰に処するかまたは刑罰に処さないといったようにです。」

2014年、シリア内戦に参加したマレーシア人のイスラム国 (IS) 戦士5人はマレーシアに帰国した際、イミグレセン(Imigresen)でそのことがばれて3人が逮捕された、2人はその後警察の厳重な監視下に置かれている。

逮捕された中の1人は、イスラム国 (IS) のプロパガンダ動画に現れていた者です。その男は昨年10月終わりに、イスラム国 (IS) 部隊の指揮官を務めていたマレーシア籍男と一緒に帰国しました。なお現時点では、上記の5人にこの戦場指揮官が含まれているかどうかははっきりしません。

警察本庁の消息筋によれば、シリア内戦に参加しているマレーシア人戦士がさらに帰国するであろうとのこと。彼らはマレーシア出国時に当局に何ら情報をもたらしていないので、警察はこれまでに実際に何人のマレーシア人戦士が帰国したかは掴んでいません。

【クチン郊外の店2軒で計181人の外国人ホステスを逮捕】

サラワク州クチンの近郊にある2軒の娯楽店(つまり風俗業の店)を警察が取り締まって、181人ものセクシーな外国人ホステスを逮捕しました。
深夜12時から行ったこの取締りではまた、1軒の店で働いているマレーシア人の男3人と女2人を逮捕し、もう1軒の店ではマレーシア人男性マネージャーを逮捕した。

警察が明らかにした情報によると、1軒の店は Lapangan Terbang Baru 通りにあります、そこで逮捕したホステス(一般にGRO と呼ぶ)の国籍は中国 37人、ベトナム 34人、 フィリピン 5人で、年齢は19歳から43歳までです。その内12人はなんらパスポートを所有していない。
取締りの中で警察は3人のベトナム女性、年齢が15歳と16歳、を保護しました。彼女たちは人身取り引きの犠牲者だと推定される。

もう1軒の店は Padungan 通りにあり、逮捕した68人のホステスの国籍は、 中国51人、フィリピン 13人、 ベトナム 4人です、年齢は19歳から35歳です。

(Intraasia 注:元記事は、外国人のセクシーなGRO 181人、と見出しに掲げている、しかしパスポートを持たない12人を含め何回計算しても160人弱にしかならない。記者はちゃんと計算して欲しいなあ。 
それにしても2軒で約160人もの外国人ホステスを使って営業していたわけだ。いうまでもなく外国人がホステス稼業することは100%違法です。 ざっと計算すれば500人から600人位の固定客や一限客を入れれば少なくとも1千人位の客は外国人ホステスを目当てに店に通っていたはず。 つまりこういう店の存在は秘密でもなんでもない。いつもの風俗店取り締まりで逮捕されるのは、違法な外国人ホステス全員と店のマレーシア人従業員というのがお決まり。経営者が捕まるようなことはまずない。だから裏で店を経営しているような者たちは、取締りでその店がつぶれてもその内にまた店をだせるわけだ。不公正な社会の典型例ですな。もちろんそういう店の客だって警察から事情聴取は受けても何のとがめも受けない。
中国人GROはほんとあちこちにいるようで、風俗店の取締りがあれば、逮捕されるホステスの3大国籍の1つです。Intraasia のアパートにも間違いなくそうであろう中国娘たちが入れ替わり立ち代り住んでいる)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月28日のマレーシア記事

【クアラルンプール市庁は多くの飲食施設を立ち入り検査している】
クアラルンプールでも腸チフスの発生が続いたことから、主な自治体当局による大衆レストラン・食堂やフードコートへの立ち入り検査が頻繁に行われています。

クアラルンプール市庁は10月21日以来、221の飲食店を立ち入り検査して、その内の142か所に営業停止を申し渡した、と市庁の幹部は語る。「ネズミやゴキブリがいた店もあれば、店の従業員が腸チフス予防接種を受けていない店もあった。54か所のオーナーには罰金を科した。」  営業停止を言い渡された店は、いろんな規則違反という理由からです。

「クアラルンプール市庁は今年1月から9月までに、5200か所余りの飲食店を立ち入り検査した。そして 運営者に対して違反罰金命令 2千枚を発行した。」 「その内で営業停止を申し渡したのは 852か所です。その理由は不衛生であるということです。」

「クアラルンプール市庁はまた、食品扱い者の 3万人弱に腸チフス予防接種を行った、対象はマレーシア人と外国人労働者の両方です。」  「クアラルンプール市庁には保健係官が計36人おり、毎日いろんな施設を毎日立ち入り検査している。」

「民間の飲食施設は、クアラルンプール市庁の指針に従えば、外国人労働者を雇うことは認められている。 そういう者たちはエプロンと頭髪覆いを着用すること。市庁の実施する食品扱い1日訓練に参加することが必要である。」 と市庁諮問委員会の理事は語る。

(Intraasia 注:地域によって食品扱い者の服装に差がありますね。律儀に頭髪覆いやエプロンをしている店が多い地区もあれば、そういう店を全然見かけない地区もある。まあ、頭髪覆いとエプロンすれば十分だとは思わないので気にはしないけど、要は店がどこまで衛生に気を使っているかですね。 店の背後にある裏路地で地面で洗い物している、そういう係りは外国人労働者がほとんんど、店は少なくない。 洗いゴミは直接排水溝に流れ込む、食器類を地面に置くなどが目に付くのです。現実として服装姿はとにかく、客が病気にならないように食品扱いをして欲しいなと思う。 下のコミックのように漫画家もこれを話題にしています)

【マレーシア語大衆紙のコミックから】
malaykomik_okt02.jpg
不衛生な食べ物 (画像をクリックすると全体が見えます)

客の男:ハエが一杯いてどうしてくれるんだ? あんたのところはこんな不衛生な食べ物を売っているんだよ!
現在腸チフスの原因になるものが蔓延しているんだぜ・・・・

店のインド人: うちの店では不衛生な食べ物は禁止です、汚いあんたの足がそのハエを引き寄せていますよ!
(注: bercagu は辞書に載っていないが、多分こういう意味だろうと思う)  あいよー

客の男:え、俺が・・・・・・

(Intraasia 注:腸チフスの話題を盛り込んだコミックです。 Ayoo は驚いたり、あきれた思いを現すときによく使われる)

【被雇用者福祉基金(EPF)の実質加入者】
(民間会社の被雇用者は、老後の蓄えとして毎月給料の一定額を国家の被雇用者福祉基金(EPF)に納付する。そこで民間会社は雇用している労働者を被雇用者福祉基金(EPF)に加入させて、雇用者も毎月の納付金を 基金に納める義務がある。被雇用者は給料の11%、雇用者が13%を毎月納める)

被雇用者福祉基金(EPF)が発表した数字から:
2015年6月末時点における、毎月納付金を納めている実質的な加入者は 672万人です、なお登録されているが納付金を納めていないような(名目だけの)加入者を含めた総数は 1436万人になる。総加入者数でみると、1年前に比して 2%強 増えている。

雇用者の数は 2015年6月末時点で 536317社です。1年前に比して2%の増加です。

”55歳で柔軟に引き出す”プログラムの下で、EPFから引き出した加入者の数は、 2015年第2四半期は 8万人に達しました。これは前年同期比で36%の増加です。

(Intraasia 注: 被雇用者福祉基金(EPF)は日本で言う年金とは異なる、被雇用者が収めた総額を55歳以降に一部をまたは全額引き出せる制度です。収められた納付金を基金側が運用することで、長年の間に運用益が加入者に分配される仕組み。 あらゆる種類の自営業者や小販売人、主婦、フリーランサーなどは被雇用者ではないので、EPF から除外されている。よって実質的な加入者数は700万人弱に過ぎないわけです、この数と同数近くの人が元から加入していないか、名目だけの加入者となっている)、

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月27日のマレーシア記事

【航空機中で電子タバコ装置のバッテリーが発火した出来事を巡って】

24日夕方、コタキナバル空港を出発してクアラルンプールへ向かう、Malindo Air の機中で、乗客の携帯していた電子タバコ装置のリチウムイオンバッテリが発火したできごとがありました。この事件は離陸直後に起きて、持ち主は手などに軽いやけどを負ったとのこと。フライトはその後順調にクアラルンプールに着きました。

マレーシアの民間航空庁はその声明の中で、この出来事を調査しているとしています。また同庁は国際民間航空機構が定めている指示を指摘しています。その規則では、乗客と乗組員に対して機内預け荷物にバッテリ駆動の電子タバコ装置を入れることを禁止している。 「その指示は航空会社、乗務員と乗客が守らなければならない、そうすることで今後の同じようなできごとを避けるようにすること。」

別に定めた、航空による危険物の安全な輸送のための指示書でも、携帯用喫煙器具を客室内で充電することを禁じており、バッテリーは器具から取り外して適切に保管することを定めている。

【反予防接種運動が存在する】

国内で起きて年々増えているといわれる、親たちの中に反予防接種運動があることに関して、保健省はそういう動きのあることを認めました、「それは主としてケダー州においてです。」

保健省副大臣は国会の答弁で語る、「その運動は、予防接種のワクチンに豚のDNA が含まれている、だからムスリムは免疫注射を避けるべきである、という根拠のない心配に基づく。 」
「反予防接種運動が起きている。 その多くはケダー州においてです。」 

これはイスラム政党 PASの議員が、反予防接取運動があるのは本当かと質問したことに答えたものです。
副大臣はいう、「豚のDNAの話は本当ではない、と我々は伝えている。」 「子供たちと幼児が免疫注射を必ず受けるように、その重要さを知らせるキャンペーンをもっと積極的にやらねばなりません。」

予防注射を子供に受けさせない親たちは主張する、「我々の調査と経験から、これは我々の個人的選択である。」

(Intraasia 注:何の理由であれ、子供の時に必要な予防注射を受けさせないのは、その子供の将来にリスクを負わせることに、親たちは気が付いていない。現代社会は交通と往来の非常なる高まりで、輸入感染の危険性は益々高まっている。もちろんその子供が将来国外へ出ることは当然あり得るだろう。 現時点での単なる個人的選択で予防注射を受けさせないことを保健省が憂慮するのは当然ですな。 
アフリカのへき地から東南アジアのへき地を含めて世界のあちこちを歩いてきたIntraasia は、いつどこでどんな病気に罹るかもしれないことを承知しながらやってきた。少しでも多種の予防注射を子供時にしておきたいと思ったものです)

【幼児用5種類一括ワクチンの在庫が十分にない状態】

生後2か月から18か月の幼児に接取する、5種類の一括予防ワクチンが足りない状態です。国立病院ではあと3か月分しか在庫がありません。

保健省の長官は、「遅くとも来年早々にはこの問題を解決できるように願っている。」と語りました。「この問題は世界的なもので、世界での需要が多すぎてフランスの会社が十分にワクチンを供給できない状態です。」

5種のワクチンは、小児麻痺用、ジフテリア用、B型インフルエンザ用、百日咳(だと思う)などです。

(Intraasia 注:記事では経口で接取なのか、注射で接取なのかは、今一つはっきりしません。私立病院でもそれほど十分な在庫ではないそうです)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月26日のマレーシア記事

【死亡したオランアスリの子供たちはへき地にあるオランアスリ村に葬された】
(クランタン州のグアムサン地方のジャングルで7名のオランアスリの小学生が行方不明になり、46日後に2人だけが生存していたニュースは各紙で大きく扱われたできごとでした)

依然として未発見の1人を除いて、遺骸の一部が発見されて身元確認された4人の子供の葬儀が、オランアスリ村で行われました。
オランアスリ発展庁はこのために、庁の4輪駆動車12台と職員15人を派遣して葬儀を手伝いました。

発展庁の長官は、発展庁が最大限の援助をしたことを強調して語る、「我々は職員と車を派遣して手伝った。(遺骸が保管されていただろう)グアムサン病院と子供たちの出身村である Pos Simpo の距離はわずか40㎞にすぎない。しかし旅程は5,6時間もかかります。雨の日にはさらに時間がかかる。」 
 「その行程間にインフラはないし、舗装路もない。 オランアスリ発展庁は、半島部のへき地に散らばるオランアスリ村 852か所、計 22万人のオランアスリの面倒をみなければなりません。」

(Intraasia 注:この子供たち7人はいずれも寄宿制小学校に在学中であった。各村から学校まで子供たちは毎日通学できないので寄宿生学校が必要になるといわれている。半島部にも、とりわけクランタン州やパハン州でしょうが、これほどのへき地に住む、主として先住民族がいるということを忘れてはいけませんね)

【収入にならない上水道の漏水がもたらす多額さ】
(浄水場を出た上水が消費目的地である各家庭やビルや工場やオフィスなどに配水される前に、上水道網の漏えいによって多量の上水が失われていることは昔から度々言及され問題視されている。恐らく全国どこでも漏水率に違いはあれど、かなりの数字になるのではないだろうか)

スランゴール州では、収入に結びつかない水道つまり上水の漏水による損失額が年間にRM 4億にもなります。スランゴール州の収入に結びつかない水道の割合は36%です。

(Intraasia 注:水道管の古さ、地上や掘り返し工事によって水道管に影響を与える、水道メーターの不備または違法な改造、水道盗み、といったことが漏水の原因なのでしょう。 それにしても水道配水の過程で3分の1も漏れるというのは多すぎはしないかと思うのは普通ではないだろうか)

【 コンドミニアムで、入口が2つある住居の人気度】
昨年クアラルンプールの オールドクラン通りにあるコンドミニアムのユニットを購入した29歳の青年は言う、「別々に設けられた2つの入り口のある住宅は、その住宅に住みながらプライバシーを確保しながら部屋を賃貸することができる。賃貸料で毎月のローン返済額をまかなえる。」 「通常のコンドミニアムユニットでは、主ベッドルーム以外の他の部屋を賃貸すればプライバシーがなくなる。」
この29歳青年自身の部屋面積は 27平米ほどでバスルーム付きであるとのこと。

不動産価格が高騰して若い者たちの手が届かなくなった中で、マレーシアで1つのユニット(住居)が2つの入り口を持つコンドミニアムの潮流が始まったのは数年前だと、ある不動産代理業者は言う、「今ではクアラルンプールの新規コンドミニアムプロジェクトの10%位はこの物件だ。」

当メディアは今年4月頃、近年30代、30代の若い層が住宅ローンに加えて個人ローンを組んで、自らの初めての住宅購入投資に向かっている、という記事を載せました。
「若い世代の平均的な月収はRM 3千位だろう。 価格RM 60万の住宅を買えば、毎月のローン返済額はRM 2千以上だ。そこで賃貸すれば返済額を取り戻せる。」 とこの不動産業者は主張する。

「例えば、クアラルンプール近郊の Puchong地区では 2つの入り口のあるコンドミニアムユニットの販売価格は、床面積 110平米でRM 65万、床面積 RM 125平米でRM 72万。」
「2つの入り口付きコンドミニアムユニットの一部であるミニストゥディオ、広さ27平米、ならRM 900で賃貸しできる。 一方主たる部屋の方、広さ80平米、ならRM 1400で賃貸しできる。」

別の不動産業者は言う、「2つの入り口のある、コンドミニアムユニットは2011年から買い手からの反響が大変良くなった。」 「この潮流は、現下の不動産市場で住宅オーナーに成るのが難しくなっている現状が後押ししているとみます。2つの入り口のある住宅コンセプトは、オーナが一部を賃貸して稼げるというもので、それから得たお金を住宅ローンの返済にあてるというものだ。」
 「2つの入り口のある住宅コンセプトは1つ屋根の下での2世帯住宅という面もある。」 「住宅オーナーの家族規模がまだ小さいうちはストゥディオ部分を賃貸する、そして家族規模が大きくなった時点で賃貸を止めて自分たちだけで使う柔軟さもある」

不動産代理業者は言う、「部屋面積が広くなくてもストゥディオであれば、自身のバス設備、小さなキッチン、時には洗濯機場所さえ、が備わっているので、多くのシングル若者はストゥディオタイプを好む。」

(Intraasia 注:コンドミニアムで、小さなストゥディオ部分がいわば独立した形になっているユニットが売り出されているとは知りませんでした。確かに部屋の賃借にはないプライバシーが保てる。 土地付き住宅でシェアするのと違って、コンドミニアムを好む人たちにはそれなりの需要がありそうですね)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月25日のマレーシア記事

【発表された2016年度予算案の続き】
ナジブ首相が予算案の中で定義した中間層
下層階級(20%)と中産階級(40%)と上層階級(20%)の内の、中産階級とは 世帯月収 RM 3860から RM 8320の世帯をいう。

(Intraasia 注:昨日の所得税率の箇所をご覧ください。RM 3千以ぐらいの月収は、控除額がいろいろとあるので実質は税金を払わなくていいはずです、払う場合でも最低税率の1%にすぎない)

物品とサービス税(GST)からの税収をRM 390億見込んでいる。一方石油関連からの国庫収入は、世界の石油市場で価格が半減したことで、RM 317億を見込んでいる。これは2015年当初の見込み収入額に比べて半減している。

歳入RM 2652億の内訳比率 (見込み): 所得税・法人税 43.9%、 その他直接税 3.4%、 間接税 21.9%(CST見込み RM 390億)、 非税収入 15.9%、 借入金・政府資産運用 14.9%、 歳出 RM 2652億、

参考として2015年の予測値: 歳入 RM : 2225億、 法人税 RM 683億、所得税 RM 282億、 石油税 RM 95億、 不動産利得税 21億、ここまで直接税です。 間接税 RM 533億でその内物品とサービス税(GST)が RM 270億を占める。 

(Intraasia の分析:この比率はマレーシアの社会構造を非常によく現している。 所得税が 2225億中のわずか 282億に過ぎない、いかに個人が収める税金が少ないかですね。その一方4月から導入されたGST が8か月間なのにほぼ所得税とほぼ同額だ。 GSTは金持ちから貧困者に平等にかかりますね。不動産利得税がわずかに 21億、不動産を多く売買しても収める税が少ないという構造です。マレーシアには相続税・贈与税は制度として存在しない。フロー所得に対して直接納める所得税が少なく、ストック資産である不動産評価は低い、さらにどんな相続にも税は掛からない、こうしたことから、マレーシアはこの数十年の間に大いに経済発展したが、貧富差は拡大しており、東南アジア諸国の中で貧富差のより大きな国です、それはジニ係数でも証明されている。 その大きな要因はこうした税構造にあることがよくわかります)

国防面
・国防省の予算としてRM 173億を割り当て。(注:これに人件費が含まれているかどうかは説明自体がないので不明です。いずれにしろ国家として多大な防衛費を支出している国ではないのは確かです)

教育面
・学校へ行く子供のある世帯にRM 100を支給、ただし世帯月収がRM 3千以下に限定

最低賃金額の引き上げ(24日に既報)は2016年7月から実施

医療面
・1つのマレーシア医療所を新たに33か所設置することなどにRM 5200万割り当てる
国立病院と医院用の医薬品と消耗品とワクチンと試薬としてRM 46億を支出する (注:いわゆる公立病院と医院では国民の患者が払う医療費がぐっと抑えられている、それはこういう補助金を政府が出しているからです。公的医療保険制度のない国として公立医療に補助金を出すという形です)

華人界向け
・いわゆる華人新村向けに予算 RM 4千を割り当てる。華人新村住民の住居の改良などに用いる
・予算RM 4千万を拠出して小口金融基金を設立、華人小商売人などが小口借り入れを申請できるようにする。

オランアスリ向け
・オランアスリ庁にオランアスリ用の住宅建設費としてRM 6千万を割り当て。
・オランアスリコミュニティー用にRM 3千万割り当て。

【マレーシアの国家としての債務状況】

2015年6月末時点で、政府の債務残高はRM 6275億です。これは国内総生産 (GDP)の 54%にあたる。
政府はこれまでこの債務残高とGDP 比率を55%までに抑えると公言してきました。

債務残高の97%は政府債発行による 債務です。残り3%は海外のオフショアからの借り入れなどです。

2015年6月末時点でのマレーシアの対外債務は RM 7943億です。これは国内総生産 (GDP)の 68%にあたる。




テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月24日のマレーシア記事

【2016年度予算案が発表された】
財務大臣を兼務するナジブ首相は、2016年度予算案を国会で発表しました。(注:国家予算年度は暦年と同じです)
歳入 RM 2652億、内借入金が14.9%を占める。 歳出 RM  2652億、ただし華語紙は予備費 RM 20億を含めてRM 2672億としている。
予想財政赤字額 RM 388億は国内総生産 (GDP)の 3.1%に相当する。

2016年度予算案の特徴と要点
・1つのマレーシア民衆援助金(BR1M)の増額 -総額RM 59億の割り当て
・世帯月収 RM 3千以下の世帯:援助金額 RM 1千、  世帯月収 RM 3001-4000の世帯:援助金額 RM RM 800、世帯月収 RM 2千以下の単身者:援助金額 RM 400、(これらの援助金は1回限り)
・新範ちゅうとして貧困撲滅プログラム e-kasih を導入、 このプログラム参加者の条件月収RM 1千以下:援助金額 RM 1050、
・BR1M の恩恵を受ける世帯数 470万世帯、 単身者数 270万人、 (注:要するに国民の半数以上がBR1M の対象となる)

公務員向けの施策
・初任給の最低賃金を増額: 月 RM 1200 
・退職者が受ける年金額の増額: 25年以上勤務した公務員に対する 最低年金月額 RM 950、 5万人の対象者 
・全ての公務員に RM 500を支給、公務員退職者である年金者に RM 250を支給

労働者向け施策
・最低賃金を増:半島部では月額RM 1000、 サバ州サラワク州ではRM 920、

所得税
・18未満の子供のある親に、子供1人当たりの控除額をRM 2千に引き上げる
・無職の配偶者控除を RM 4千に引き上げる
・無職の60歳以上の親を扶養している場合の控除 1人当たりRM 1500を創設、
・18歳以上の子供が高校教育を受けいている場合に、親に認める控除額 1人当たりRM 8千にひき上げる
・身体障害者を持つ親に認める控除額 RM 6千、
・課税所得額がRM 60万から100までの者の税率を 26%に上げる、 課税所得額RM 100万を超える者の税率を28%に上げる、

参考:現行の課税所得に対する税率 (2016年も変更なし)
RM 5千以下: 零、 RM 5001-2万: 1%、 RM 20001-3万5千: 5%、 RM 35001-5万:10%、RM 5万1- 7万:16%、
RM 7万1-10万: 21%、 RM 10万1 -25万:24%、 RM 25万1-40万:24.5%、RM 40万1-60万:25%

サバ州サラワク州向け施策
・パンボルネオハイウエー 完成すれば1796㎞の通行料は無料にする(完成はまだ何年も先の話)
・予算RM 1億1千万をかけて、特別ブミプトラプログラムの下で先住民族裁判所を設置し及び先住民族慣習権土地の測量を行う

教育面の施策
・72000人のブミプトラ学生に高等教育に進学できるべく、マレー人基金公団 MARAにRM 37億を割り当てる、
・パイロットプロジェクトとして英語媒介を主体にする学校を300校選抜する、その予算RM 3850万、
・MARAジュニア理科カレッジを4校、完全寄宿制学校を5校を半島部に建設する

住宅面での施策
・田舎部での住宅 11000戸の改良に予算 RM 1億5千万、
・民衆住宅プログラムPPR の下で2万2300戸のアパート、9800戸のテラスハウスを建設、予算はRM 8億6千万、
・初めて住宅を購入する者に頭金を補助する、予算RM 2億、

通信面
・インターネット接続スピードを 5Mbps から20Mbps に上げるために予算RM 12億(注:Intraasia は無線4G を使っているが、5Mbps 出ることなどまずない)
・携帯電話用のプリペード料金に物品とサービス税(GST)を掛けない (注:ネット接続用のプリペードカードも同様なのかははっきりしない)

医療
・国立病院と医院において、外国人に対する割引を無くす、全額払いとなる (注:これはかなりの負担増を招く、低所得の外国人にとってはゆゆしき問題になるでしょう)

予算案の記事は25日に続く

【腸チフスの発生状況】
今年の腸チフスの発生を州別に統計した件数- 10月21日時点
ペナン州 30件、 ペラ州 30件、 トレンガヌ州 2件、 クアラルンプール 32件、
ヌグリスンビラン州 9件、 ジョーホール州 9件、サラワク州 4件、

ペラ州で発生した腸チフスの場合、違法滞在外国人を収容する、 Hilir Perak にある一時収容所での発生件数が多数を占める

(Intraasia 注:全国で腸チフス発生は今年これまでに100件を超えているわけか。 発生源は違法外国人労働者にあると要人が発言した記事に対して、合法外国人労働者の健康診断を一手に引き受けている医療施設の協議会(FOMEMA)が、腸チフスは検査項目に入っていないと述べたとのこと。そこで FOMEMAのサイトを見ると、確かに腸チフスは検査項目に入っていない。)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 342.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 414.8 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 298.3 を入手します。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月23日のマレーシア記事

【インドネシア人住み込みメイドの賃金を多少上げることに両国が合意】
マレーシアで働く家庭内住み込みメイドの数は現在、32万人です。その内国籍別で過半数を超える 23万人がインドネシア人です。インドネシアメイドの賃金は現在、月RM 800です。

マレーシアの人的資源省大臣は、(インドネシアからの要求を考慮して)インドネシア人メイドの月賃金を多少上げる事に両国が同意したと語りました。しかし大臣は正確な額を明らかにしませんでした。「額は公表しないが、インドネシア側が要求しているほどの額ではない。」
大臣は語る、「人的資源省は、関係者であるメイド雇用者協会、外国人メイド代理業者協会などとこの値上げの件で協議をしなければなりません。」

今年5月にインドネシアは、メイドの月賃金をRM 1200に上げるようにとの覚書をマレーシア政府に送ってきました。 マレーシアの雇用者(家庭)からは反対の声が出ていました。

インドネシアの駐マレーシア副大使は主張する、「マレーシア側は我々の出したパッケージとしての提案を考慮するように。住み込みメイドの多くは労働時間が決まっていない場合が多い。 マレーシア国民の労働者は最低賃金がRM 900で、一定時間労働なのにである。」

(イントラアジア注:国内の世帯数は600万から700万ぐらいではないかな、これには単身世帯数も含まれている。 合法な住み込みメイドが32万、その内ごく一部の裕福世帯は2人もメイドを雇っているようだ。メイド雇用世帯は総世帯に占める率から言えば低いが、メイド雇用は圧倒的に都市部に偏在している。いうまでもなく中流以上の非単身世帯ということになる。単身者世帯、男世帯は住み込みメイドは雇えない。 ということで特定の層の世帯ではメイド雇用はそれほど珍しいことではなくなる。 
1人の人間を住まわせて恣意的に使えるのが住み込みメイド制度であり、マレーシアは国家として雇用被雇用関係の枠外に位置する住み込みメイドのあり方をいわば是認してきた。マレーシアに限らずシンガポール、タイ、インドネシアでも同じだ。 東南アジア諸国の経済と社会が発展し、一部の国からは住み込みメイドの送り出しを渋る動きが出ている。当然でしょう。 メイドを使っている世帯が、その子供たちを他国でメイドとして働かせることに同意するなど100%ありえない、 住み込みメイドという制度自体が旧世紀のものですからね。)

【犯罪予防法の被適用者数】

犯罪予防法を適用して逮捕した人数は、9月末までの時点で975人になると、 内務省副大臣が国会での答弁で明らかにしました。

「被逮捕者の内訳は、秘密結社活動に関する者 193人、暴力犯罪に関する者 451人、 財産犯罪の関する者 196人、麻薬取引に関する者 7人、 売春に関する者 33人、違法ギャンブルに関わる者 60人、 人身取り引きに関わる者 35人。」

「警官の警ら活動、不審者尋問などと並んで、この予防犯罪法の適用は、犯罪防止活動の一環としてのもである。」
「全体的な犯罪防止のために、警察は特別対策部隊を組織した: 組織犯罪に対する部隊 (Stafoc)、 麻薬犯罪に対する部隊 (Sting) 、 売春とギャンブルと秘密結社活動に対する部隊 (STAGG) 」

(Intraasia 注:要するに予防拘禁法のことなんでしょう。数字の根拠となる、いつからという開始時期が記事に載っていません)

【マレーシアを代表する女性歌手の1人シーラマジッドの新曲】

Sheila Majid、50歳、が新曲 Sinaran Cinta を出しました(クリックすると YouTube が立ち上がります)。これは彼女のマレーシアを代表するポップソングである Sinaran と名前を共有するが、2曲はまったく異なる。 
新曲は落ち着いたバラードであり、近く公開されるマレーミュージカル映画 Sinaran のテーマ曲として発表されました。一方彼女の(初期の)代表曲でもある Sinaran (光線)はアップテンポな曲です。

新曲は、我々が知っている、彼女の多くのスローな調子と愛の曲調に属しています。彼女は50歳になってもますま健在です。なお映画の主演女優は Lisa Surihani です。

(Intraasia 注:20年以上第一線で活躍している彼女は、歌の上手い歌手だと思う。Intraasia は彼女の 代表曲 Sinaran を1989年に東京で、確か有線放送で、耳にした。当時はそれがマレーシア人歌手とは知らなかったが、テンポ良い調子の曲とインドネシア語的な台詞のために耳に残った(当時マレーシア語は未だ習っていない)。それがマレーシア歌謡との初めての出会いであった。1年後1990年後半からマレーシアに住むようになった頃、Sinaran をよく聴くことがあり且つシーラマジッドの名前を知った。
どんな歌手であれ、とりたててファンになることはないが、この曲 Sinaran は名曲だと感じる。事実今でもマレーラジオ局でかかる定番曲の1つです。 新曲は優しい調子の聴きやすい感じですね、試に聴いてみるのもいいですよ。
なお1989年にシーラマジッドの曲が日本で流れた理由を今Google で調べたら、彼女がこの年東京音楽祭に出演したからだとわかった。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月22日のマレーシア記事

【煙霧状況は学校の一斉休校だけでなく親たちにも影響を与えている】
大気汚染の状態が悪化したようです。半島部北部3州:ペナン州、ケダー州、ペルリス州、では22日午前9時の時点で、大気汚染指数の数値が 201を超えました。
環境庁がそのサイトで発表している数値からいくつかあげると、カンガー 指数 242、 アロースター 228, ランカウイ島 236、 ペナン州本土側プライ地区 272、 ペナン島理科大学 236、 

参考: 大気汚染指数の区分レベル: 0から50 良好、 51から100 まあまあの程度、 101から200 健康に害を及ぼす、 201から300 健康に大いに害を及ぼす、 301以上 危険である。

小中学校は、煙霧状況が良くなって大気汚染指数が(十分に)下がるまで期限未定で休校とする、とのことです。

(Intraasia 注: 21日は教育省の休校指示が直前になって出たため、学校現場では混乱があったとのこと、つまり親たちは送って行った子供を引き取らなければならない、校内食堂業者は用意した物が売れないので廃棄、などなど。 マレーシアの小学校は、とりわけ都市部では、スクールバスを使わないで親たちが車やバイクで子供を送り迎えすることがごく一般的である。もちろん小学校によってそういう親たちの比率は異なるが。そこで急に休校指示が出ると、親にも影響が出るわけです)

【プドゥラヤバスターミナル発着バスのほとんどが TBSバスターミナルでの発着に移る】

陸上公共交通委員会 (SPAD) はクアラルンプール発北部州行きの中長距離バスの発着バスターミナルを変更するとのお知らせを発表しました。

変更対象となる、中長距離バスの行き先及び当該州発のKL到着便 :ペラ州、ペナン州、ケダー州、ペルリス州、 計500本を超えるバス便数になる
変更後の発着バスターミナル: Bandar Tasik Selatan にある TBSバスターミナル
変更開始日:2015年11月1日

これらの行き先と到着のバス便は Pudu Sentral バスターミナル(注:依然としてPuduraya が一般呼称として使われている)を発着地として長年運行されてきた。そのためPudu Sentral に続く Pudu路及びその界隈で起きている交通渋滞の主たる要因になってきた。「発着地を移転させることでこの交通渋滞緩和を緩和させることになる。」 と陸上公共交通委員会 (SPAD) 。

Bandar Tasik Selatan にあるTBSバスターミナルは現在、1日のバス発着数は約1300便です。(計画上では)最多で1日に5千便まで扱えるとのこと。

(Intraasia 注:半島部における各地のバスターミナルと数百種の中長距離バスに関して、Intraasia は25年に渡って利用し観察し記事を書いてきた。その立場からいえば、プドゥラヤでの中長距離バス運行は単に交通渋滞を生んでいるだけではなく、昔からプドゥラヤ内外で絶えることなく続いてきたごろつき切符ダフ屋や悪どいバス切符り・小バス会社を減らすことはできなかった。このバスターミナルを運営しているUDA会社の無力さを示している。所詮当局の取締りは限定的であり、日ごろの運営の在り方が決定的である。 
従って現時点でマレーシア最良のバスターミナルである TBS へ移行させることは最後の手段といえる、そして陸上公共交通委員会 (SPAD) の取るべき方針ですね。半島部北部州行きのバスは現在でもTBSでごく部分的に運行されているが、その便数はごく少ない。北部4州行きの全便が TBS へ移るのは結構なことです。TBS運営者とSPAD はごろつきの切符売り屋たちがTBSで居つかないように厳しく取り締まってほしいものです。マレーシアの弱点は、素晴らしい設備を作ってもその運営がだんだんと劣化することが多いからね。
クアラルンプールのバスターミナル情報は、Intraasia のホームページで詳細に載せています)

【KLIA2 (ケイエルアイエーツ)がオープンしてこれまでに多額の修繕費用を使った】

国会で交通大臣が書面で答弁した内容です。
「2014年5月に開港した KLIA2(ケイエルアイエーツー) 空港の修理・手直し工事の費用として、マレーシア空港持ち株会社はこれまでにRM 7600万を支出した。」

「政府は今年8月に、KLIA2の建築と発展進行具合を監査する特別チームを組織した。監査は10月末に始めて報告書が出るまで6か月間かかる予定です。」
「この特別チームは、運輸省、財務省、土木省、内閣府、反汚職委員会などのメンバーから構成される。」

「交通省は今年1月に KLIA2独立安全委員会を設置した。 航空機停車場の陥没問題、滑走路とエプロンの水はけ問題、建築物のき裂問題などを監査し、調査している。 この委員会の報告書は10月末に出るでしょう」

【国家経済データから】
国内総生産GDP伸び率
2011年 5.1%、 2012年 5.6%、2013年 4.7%、2014年 6%、

国家予算の赤字がGDPに占める割合
2011年 4.7%、 2012年 4.3%、2013年 3.8%、2014年 3.5%、

経常収支がGDPに占める割合
2011年 10.9%、 2012年 5.2%、2013年 3.5%、2014年 4.3%、

石油関連の収入が国庫歳入に占める割合
2011年 35.8%、 2012年 33.7%、2013年 31.2%、2014年 30%、

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月21日のマレーシア記事

【煙霧のためまたまた2500校余りの学校閉鎖を1日行う】
(煙霧の状況は多少良くなったりまた悪化したりという変化を繰り返している。青い空が何日も続くというようなことは9月からない、まだしばらくは望み薄のようです)

煙霧によって大気汚染指数が上昇して健康に害を及ぼす段階になったことで、スランゴール州、プトゥラジャヤ、クアラルンプールの全ての小中学校、ペラ州とケダー州の一部地方の学校、サラワク州の一部地方の学校で21日は学校閉鎖がおこなわれます。 学校閉鎖の対象校は全部で 2528校、 生徒総数は173万人に及ぶ。

指示を出した教育省によれば、ペラ州で閉鎖対象となる地方は 南北のKinta地方、Manjung 地方、Tanjung Malim地方です。サラワク州では クチン地方、及び Padawan, Bau, Lundu, Serian, Samarahan, Simunjan, Lubok Antu の各地方です。

教育省の声明: 「20日の午後4時までの時点で地方における大気汚染指数が健康に害を及ぼす段階のままであったことから、この指示を出しました」 
「これに関して、各州の教育庁と該当地方教育事務所は各地の学校と親たちに対して、学校閉鎖の情報を伝えなければなりません。」

(Intraasia 注:半島部西海岸州の多くの地方が対象になっている。 スマトラ島で発生した大量の煙が季節風に乗ってマラッカ海峡を渡ってやって来ることが主たる原因、唯一ではない、と分析されている。ボルネオ島部のサラワク州はインドンネシアのカリマンタンから国境を越えて煙がやって来るわけです。サラワク州は広大な面積の州ですから、人口は少なくても学校閉鎖対象となる面積は恐らく半島部の対象地区面積より広いことでしょう。
今日は確かに視界がかなり落ちており、5㎞もないだろう、我がアパートのベランダから眺めると 数㎞位先さえ相当ぼやけている。煙霧時の特有の焦げた臭いがする。2日半ほど半島部西海岸側にいなかったので、昨晩遅く帰宅し今朝起きてみると、空の様子の違いを強く感じます)

別記事
マレーシア気象庁の説明
マレーシアにおける煙霧状態は北西モンスーンシーズンが始まる11月には解消するでしょう。南シナ海からの季節風が半島部向かって吹き、煙を西方向へ吹きやることになる。
「だから我々は11月初旬ごろにはマレーシアでの煙霧状態から解放されるでしょう。」と気象庁長官は述べました。

【クアラルンプールに腸チフス注意報? が発令された】
クアラルンプールの Cheras, Titiwangsa, Kepong, Lembah Pantai の各地区で、この数カ月間に腸チフスの発生が計32件あったことが確認されたことで、保健省は今月19日に腸チフス警報を発令しました。
腸チフスはサルモネラ菌に汚染された飲食物によって伝染し、一般に1週間から3週間の間に発病する。

保健省疾病対策部門の長は述べる、「食品安全と衛生基準に違反している飲食店には営業停止を命じます。」 
「保健省は現在、クアラルンプールで急に腸チフスが発生している発生源が1か所から起きたものか複数個所から起きたものかを特定する調査を進めているところです。」
「腸チフスに感染した人が、クアラルンプールの特定地区での飲食物接取をしていたのであれば、対象地区を調査してランク付けする。」

保健省の疾病対策部門の長は語る、「 田舎と異なって(都市部である)クアラルンプールでこのような病気が発生することは多くの市民は予期していないので、この警報を発した」
さらに消費者に対して、飲食する所にもっと注意を払うように、食品が非衛生的に調理されていないことを確かめるようにと、呼びかけました。

保健省の副大臣が20日に述べた内容: 腸チフスの発生が急増した原因の背景は、飲食業で違法に働いている外国人労働者のせいであると思われる。
「なぜなら違法外国人労働者は、外国人労働者に労働許可証を発行する過程で義務付けられている、健康診断を受けていないからである。」

別記事
保健省長官によれば、クアラルンプールでの腸チフス発生は異常な事態ではない、この5年間の発生件数をみると年5件から 35件の範囲でした。

マレーシアでは飲食物を扱い者は、腸チフスワクチン接種を受ける義務がある。しかしこの規定がどのくらい守られ、取締が行われているのだろうか? 腸チフスは伝染病の1つにすぎないので、他の病気に関してもこれと同じ疑問が生ずる。

クアラルンプール市庁の保健部長は説明する、「飲食品扱い者には腸チフスワクチン接種を3年に1回受ける必要がある。費用はRM 21に過ぎない。」

(Intraasia 注:マレーシアにいなかったので、19日に保健省がクアラルンプール向けに発表したというチフス警報? 注意報? の正確な内容は見ていません。しかし今日の新聞の伝えるところを読めば、数カ月間で30数件の発生は十分気をつける理由になりますね。
イントラアジアは30年近く東南アジアに関わっているので、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナムで食中毒気味の下痢にかかったことは何回もある。そこら中で多分不衛生であろういろんな物を食べておれば罹ることもあるだろうと長年あきらめ気味ではあったが、近年は体力の衰えからこの種の病気にはかなり心配感を持つようになった。 クアラルンプールでこんな伝染病にかかりたくないですな。
この問題でも登場する、違法外国人労働者の問題。我が地区では国連難民と非認定難民が非常に多い。彼らは本来は働けないのだが、地元の店も露店も数えきれないほどの難民を雇っている。彼らは合法外国人労働者ではないので、予防接種などは受けていないはずだ。その根にはマレーシア社会の甚大な外国人労働依存体質があるので、違法外国人労働者であれ難民であれ、食品業でもごく当たり前に雇うということです。 イントラアジアは外国人労働者・難民に反対はしないし排斥思考には大いに反発する、しかし当局も国民も彼らを管理しコントロールする必要があると、常々主張します)

【今年上半期の外国人旅行者の訪問数は対前年比で減った】
マレーシアを訪れる外国人訪問者数は、2015年上半期は 1256万人でした、これは2014年上半期の1390万人に比して9.45減です。

観光大臣はこれを説明して、「経済の成長率鈍化の影響、半島部東海岸の大水害、マレーシア航空(MAS)と AirAsia の飛行機事故などが重なった影響です。」
大臣は9月10月に行われた、黄色シャツグループと赤シャツグループの大集会の影響を否定して言う、「西欧諸国からの旅行者は自国におけるこの種の行進や集会には慣れている。外国通信社が大きく報道してくれと事に感謝する。」

(Intraasia 注:マレーシアツアーとトラベル業者団体が、クアラルンプールで行われた集会とデモを外国人旅行者減少の要因の一つに挙げている。 あほらしいというかこういう人たちは生涯その種の行為を考えたことがない人たちであろう。クアラルンプールで行われてる程度の集会やデモなど東南アジア基準でも小さい、バンコクやジャカルタではもっと激しい。フランスやドイツや米国などしょっちゅう開かれている。韓国でも日本でも台湾でも香港でもある。ということで黄色シャツグループと赤シャツグループが1、2回程度行ったぐらいで、大きな影響を及ぼすなど考えられませんね)

おことわり
10月18日から20日まで家を留守にしましたので、その期間の記事は掲載できませんでした。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月17日のマレーシア記事

【偶然に毎年同時期に9日間行われるヒンズー教徒の宗教祭事と道教徒の宗教祭事】
ヒンズー教徒と道教徒は9日間の宗教祭事・儀式を行っています。 ヒンズー教徒にとっては Navarathiri 、道教徒にとっては 九皇爺誕祭事 であり、毎年この2つの宗教祭事は同時期に行われます。

Navarathiri とは9つの晩という意味であり、今年は10月13日から始まった。この宗教祭事では信者が踊り歌い祈ることで、 ヒンズー教の3つの神に捧げます。

九皇爺誕祝祭は今年は10月13日に始まって21日夜に終わります。これは旧暦の9月1日から9日までに合わせている。男性信者は白装束になって宗教儀式を行いますが、それぞれの道教寺院毎に儀式の形式や祝い方は異なるとのことです。ただ九皇爺誕祝祭の初日に 九皇爺(九皇大帝、神) を迎え、最終日に送る、信者は9日間は菜食に徹する(華語で齋戒)という根本は変わりません。

(Intraasia 注:どちらもカレンダー上の祝日ではない。 どのヒンズー寺院でもこの祭事を行うことはないようであり、ヒンズー教徒を除いてデーパーバリやタイプサンほどの知名度はない祭事です。
九皇爺誕祭事はクアラルンプール圏ではアンパン旧地区、クラン市などのいくつかの特定の寺院で行わることがよく知られていますね、この時期華語新聞は写真をたくさん載せて細かに報じます。そういうのを眺めていると、かなり派手な祭事との印象がある。)

【国民の間における住宅取得能力を州別に比較】

2014年における、年間世帯所得の中央値と 全国の全住宅価格の中央値を基準にしたもの。
統計の出典: 国の投資機関である Khazanah National 翼下のリサーチ研究所がまとめた 「住宅を取得可能に」 リポート
下記における所得はいずれも世帯所得の意味です。

州別に示した以下の数値は次の順番です:月間所得中央値、 年間所得中央値、 中央値の3倍の住宅価格、 州市場での住宅価格中央値
・トレンガヌ州: RM 3777、 RM 45,324、 RM 135,972、RM 25万,
・クアラルンプール:RM 7620、RM 91,440、 RM 274,320、RM 49万、
・ペナン州:RM 4702、RM 56,424、 RM 169,272、RM 29万5千、
・サバ州:RM 3745、RM  44,940、 RM 134,820、RM 23万、
・パハン州:RM 3369、RM 40,668、 RM 122,004、RM 20万、
・クランタン州:RM 2716、RM 32,595、 RM 97,776、RM 15万7千、

全国:RM 4585、RM 55,020、 RM 165,060、RM 24万2千、

住宅取得能力を年間所得中央値の3倍と見立てると、クアラルンプールの場合はRM 274,320になる、しかし実際のクアラルンプール市場での住宅価格の中央値はRM  49万である。従って住宅取得能力を計算すると、年間所得中央値の5.4倍必要である。 つまり非常に購入が困難となる。
全国平均での住宅取得能力を計算すると、年間所得中央値の 4.4倍必要である。

この全国の値より低い州を数値が大きい順に列挙する
ペラ州、ペルリス州、ジョーホール州、スランゴール州、ヌグリスンビラン州、サラワク州、ケダー州、マラッカ州

マラッカ州が一番住宅取得能力が高いということになる、つまりその倍数は3.0 と一番低いからです。

マレーシア全国で、自家を所有する国民の比率は 72.5%になる (世帯における自家保有率とは違う)
最も都市部であるクアラルンプールにおいては、自家を所有する国民の比率は当然低くなって 53%です。

【現在の不動産市場の状況は悪化しているのか、それほどでもないのか】

現在の不動産市場の状況はいわば嵐の中にあるようだと評される。
いくつもの要因が重なっている: 市場を落ち着かせる措置は以前から取られている。 2015年4月から物品とサービス税(GST)が実際されたこと。 外為市場でのリンギットの下落。国内政治における不安定さ。 不動産の過剰供給。

マレーシア不動産と住居デベロッパー協会発表の統計から
デベロッパー側の販売状況 - 2014年上半期と2015年上半期の比較、数字はいずれもユニット数(住居数)

一軒家(バンガローと呼ばれる最高級住居): 2014上: 売出し 194、 売却 149、 2015年上: 売出し 24、 売却 9、
準一軒家(かなり高級な部類): 2014上: 売出し 945 、 売却 326、 2015年上: 売出し 480、 売却 179、
サービスアパートメント(高級コンドミニアムと同等):2014上: 売出し 1201、 売却 689、 2015年上: 売出し 513、 売却 100、
平屋建てテラスハウス:2014上: 売出し 1557、 売却 861、 2015年上: 売出し 706、 売却 861、
2階建て3階建てテラスハウス:2014上: 売出し 2528、 売却 877、 2015年上: 売出し 3918、 売却 2385、
コンドミニアム・アパート:2014上: 売出し 1890、 売却 967、 2015年上: 売出し 4259、 売却 799、

(Intraasia 注:テラスハウスとはマレーシアでごく普通にみかけるリンクハウスのことでもある。準一軒家とは2軒がつながった家。)

【ペナン州政府が日本の協力下で、水銀処理の2年間パイロットプロジェクトを行う】
ペナン州政府は家庭と工場から廃品となる水銀を安全に処理することでの2年間の実行可能性調査の乗り出すことになります。

これは予算RM 70万のパイロットプロジェクトであり、国際協力機構JICA のマレーシア支部、 国際環境センター基金、Nomura Kohsan Co Ltdなどが協力し資金を提供します。
ペナン州政府の担当する委員会の議長は語る、「水銀はきちんと処理しないと水質を汚染する。水銀が主に出てくるのは乾電池や蛍光灯からです。」
「蛍光灯や水銀のリサイクルは金を失う商売である、投資の見返りは低いからです。だから水銀処理に乗り出す会社は少ない。」

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 341.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 406.4 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 293.9 を入手します。




テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月16日のマレーシア記事

【保健省が購入する薬品はアルコール含有分がゼロでなければならない】
「鎮痛剤パラセタモールシロップに 120mgのアルコール分が含有されていたことが確認されたので、この薬品は安全ではあるが市場からすべて回収する」 と保健省副大臣が発表しました。「保健省を通して提供する全ての薬品はアルコール分を含んでいてはならないという条件を満たさなければなりません」 

「保健省が購入する薬品は、アルコールを含有していないものだけです。薬品の箱表示にアルコール分含有パーセント数が示されていない場合、保健省は市場から外すように指示を受けている。ただしそういう薬品でも使用自体は安全です。」

パラセタモールはこの外箱表示条件を満たしていないので、市場から引きあげることを保健省は指示したわけです。

(Intraasia 注:保健省が管轄する国立と私立の病院で調剤される薬品はアルコール分ゼロでなければならないということです。ムスリム多数派の国として当然のあり方として、くアルコール摂取は許されないムスリム患者の便宜のためです。一つはっきりしない点は、この市場から引きあげるという意味は、ドラッグストア店舗の棚からも引きあげるということなのだろうか、違うような気がする。パラセタモールのような鎮痛薬はドラッグストアでも売っているのではないかな? Intraasia は鎮痛薬を買うことはないけど、記事にはこういう点を調べて明確に書いて欲しいものです。
マレーシアの公立病院・医院では注射前の消毒にアルコール分ゼロの薬品で皮膚を拭きます、私立の医院でも100%そうなのかどうかは調べるすべはない。 通常のアルコール含有品で拭く私立医院も中にはあるのだろうか?)

【多数の高速道路が走行するスランゴール州政府は値上げに反対】

(10月13日の記事 「各地の高速道路が15日から一斉に通行料の値上げをする」 で既報したように、半島部、とりわけクアラルンプール圏で多数の高速道路の通行料が15日から値上げされた。)

スランゴール州は州内を走行する高速道路 12本に関して、生活費をより増やすことになるという観点から、通行料値上げを認めないと発表しました。

スランゴール州州首相はスランゴール州開発公社(PKNS)と スランゴール州振興基金会社(KPS) に対して、KESASハイウエー運営会社と SPRINGハイウエーの運営会社に会って、値上げ反対を伝えるようにと、指示しました。「PKNS と KPS はKESASハイウエー営業許可取得会社では30%の株、SPRINGハイウエー営業許可取得会社では20%の株、 を持つ少数派株主である。」 「従ってPKNS と KPS はこの2つの高速道路会社の取締役会を開くことを求めるようにと指示した、そうして通行料の値上げに関するスランゴール州政府の立場を述べるように。」

(Intraasia 注:値上げ反対は結構だけど、もう実際されてしまいました。KESASハイウエーとSPRINGハイウエーは13日の記事では値上げリストに載っていない、 その記事がこの2つを脱落させていたのでしょう。今日他の新聞の記事を探したら SPRINTハイウエーも値上げ組に入っている)

【改革された国民奉仕サービスプログラムは高等教育進学者を免除する】
国民奉仕サービスプログラムは17、18歳になった国民から無作為抽出して訓練者を選ぶ。訓練者に国内各地で一定期間集団生活をさせることで規律や愛国心を植えつけることを狙いとした国家プログラムです)

(今年からプログラムの中身を改定した) 新たな国民奉仕サービスプログラムに関して、 国民奉仕サービス訓練庁の長官が説明しました:
選ばれた訓練者の内で、高等教育機関へ進学することが決まっている者は、訓練参加から免除する。 その理由は、このプログラムでの目的は、高等教育機関に進学しない者たちを訓練する狙いであるから。
国民奉仕サービスに参加する訓練者を選ぶ方法は、教育省が中学5年の終わりに受験する全国統一試験SPM の結果を参考にして選ぶ。
教育省の選抜に選ばれたが、高等教育機関に進学する場合は参加免除となる。
プログラム参加には、職業または技術訓練を3か月から24か月の期間与える。
10の省庁の翼下にある、400の訓練センターが、こうした訓練を提供する任務を与えられた。

(Intraasia 注:この記事を読むと従来の国民奉仕サービスプログラムとは随分と異なる内容になるようです。高等教育進学者への免除はこれまで原則としてはなかったはずです。)

【マラヤ鉄道は電車列車 ETSの運行形態を変え種類を増やした】
(マラヤ鉄道は西海岸線の複線電化プロジェクトを10数年かかって進めてきた。今年になってようやく、最北端のパダンブサール駅から南はヌグリスンビラン州とジョーホール州の州境にあるグマス駅(発音はゲマスではない)までの区間で完成した。残るジョーホールバルまでの区間はもう少し時間がかかる。そこでマラヤ鉄道は ETSという呼称の電車列車の運行区間を延長し且つ増やしている。そしてクアラルンプールが始発・終発ではなくクアラルンプールを経由する形の運行が増えた)

マラヤ鉄道(KTMB)は(気動車ではなく)電車による列車(ETS)で、10月10日から新たに6本の運行を開始しました。 マラヤ鉄道はこの時刻表改正を声明として発表しました。

(Intraasia 注: マラヤ鉄道のサイトでは10月初め頃からこの時刻表改正が載っているので、イントラアジアのホームページのマレー鉄道ページではとっくに改正時刻表を載せています。時刻表ページ をクリックしてご覧ください。
この半年ほどマラヤ鉄道は何回も時刻表を改正してきた、全部合わせても20本ちょっとなのに・・・ 手間がかかるからもうしばらく改正しないで欲しいなあ(笑))

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月15日のマレーシア記事

【子供12人を含む違法外国人労働者94人が逮捕された】
ペナン州本土側で 密入国の外国人94人が逮捕されました。これには子供12人が含まれる。

州イミグレセン(Imigresen)幹部による説明:州のイミグレセン(Imigresen)、自衛警団(Rela)、国家薬品庁、反汚職委員会、国民登録庁の係官123人による合同取締り活動を、Bertam にある建設現場と Sri Bagan にあるアパートで13日午後10時から翌朝4時にかけて行った。 

「国籍はミャンマーとバングラデシュとインドネシアであり、年齢は6か月から50歳までの違法外国人労働者は、いずれも入国許可証を得ていなかった。 彼らをペナン州 Seberang Jayaイミグレセン(Imigresen)支庁へ連行して今後の処置を取ります。」 「取締りの際、違法外国人労働者の多くは逃げようとしたり隠れた。しかし我々は捕まえることができた」

「そのアパート近隣の住民からの苦情でアパートの取締りも行った。」 「多くの外国人労働者がアパートを借りて住んでいる、そういう者たちは自分で仕事をしているか守衛などとして働いている。」 「州における違法外国人労働者をなくすために時々行う取り締まり活動の一環です。」

(Intraasia 注:違法外国人労働者の取締り記事は長年お馴染みのニュースとなっている。外国人労働者を巡る需要と供給は絶えることはない。つまり送り出す側の国の民が減ることはないし、外国人労働者を使うマレーシアの雇用者も減ることはない、合法があれば違法もある、いわば当然のことだ。 違法を増やさないためにいくら外国人労働者を取り締まっても、雇う側の者たちを厳しく罰しない限り、それは片手落ちですね。雇用者に実刑を科すようにすれば劇的に減るはずです)

【オランアスリ庁の長官にオランアスリ出自の者を就任させたい】
オランアスリ庁の長官に近いうちにオランアスリ出自者が就任することになるでしょうと、田舎と地方発展省の大臣は語る、「(翼下の)オランアスリ庁の長官にオランアスリを就任させる努力をしています。オランアスリがオランアスリ庁を引っ張っていくことはオランアスリの必要なことと利益がわかる者であり、コミュニティーにより良くサービスできる、という捉え方になる。」
「そしてオランアスリが長官職に就けるように、公務員の人事を扱う公共サービス庁と話し合うつもりです。」

現在オランアスリ庁でオランアスリが就いている最高位は 第48等級です。 大臣は言う、「我が省はオランアスリコミュニティーの暮らしを向上させるためにいろんなプログラムを行っている。マレー人基金公団MARA は53人のオランアスリ学生を奨学生として海外留学させている。」

マレーシア人権委員会は教育省に要求しています:オランアスリの子供たちが平等に教育を受けられるように、教育省は資源を割り割り当てるように。

人権委員会の委員長代理は語る、「オランアスリコミュニティーが暮らしている地域に小学校がなかったり教師がいないので、多くのオランアスリの子供は学校に通えないことになっている。オランアスリ村の多くにおいて、きちんとした小学校があるのは数時間離れた所になる。」

「教育省が、いくつかのオランアスリ村の小学校を経済的に合わないとして閉鎖すると決定したことを、遺憾に思う。」

(Intraasia 注:半島部先住民族のオランアスリは、同じ先住民族ながらサラワク州、サバ州の先住民族と比べて、いささか不利な立場にあるともいえる。 半島部のブミプトラはマレー人とオランアスリの構成となるが、人口面でも政治面でもマレー人が圧倒する事情下にある。 オランアスリはへき地、山間部、マイナーな海岸部という地の居住民であることから、生産手段をほとんど有さない、そこでどうしても現代社会の競争原理から遅れを取ってしまう環境にある。そこでオランアスリが面する不利な状況は、自身だけで解決できない、オランアスリ庁はそういうオランアスリコミュニティーへの助力を狙いとする官庁のはずです。
なおサラワク州は先住民族出自の州首相を抱くが、同じ先住民族でもプナン族のように州政権と鋭く対立するような先住民族もいることを注記しておきます )

【野党連合から離れたイスラム政党 PAS の姿勢】
(国会における野党陣営である、人民公正党PKR、民主行動党DAP、つい最近正式に立党した Parti Amanah Negara(国家信頼党)の3党は、新しい政党連合である “Pakatan Harapan希望連合”の結成を2015年9月下旬に発表しました。)

瓦解した、これまでの野党連合民聯 (Pakatan Rakyat) を構成していたイスラム政党 PASは希望連合 (Pakatan Harapan)には加入しないとの立場は堅固であると、PASの準総裁は語る。「現時点でも、我々は行動党と信頼党といっしょに協力してく必要はないと考えているので、PAS党の立場に変更はない。」 「PAS党は公正党とだけ協力関係を保っています。」

これとは別に、(マレー人権利を強く主張することで知られた)マレー民族主義者グループ Perkasa はイスラム政党 PASと協力関係を結ぶと声明を出しました。
しかしPAS党のスランゴール州は、そのような協力関係は結ばないと否定しています。

Perkasa の会長は主張する、「PAS党との協力関係は政治的なものではない、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)、国家安全維持(特別措施)法令2012年の適用、といった課題に取り組むために限定している。声明にも書いたように、我々の協力関係は政治とは関係ない。」

Perkasa 会長はさらに主張して、「Perklasa の会員数は今年末には100万人に達するであろう。」 「このことは、もし私がPAS党支持を決めれば、次の総選挙で UMNOではなくPASを利することにもなりえる。」 

(Intraasia 注:典型的なマレー民族主義者の団体だとIntraasia には感じる、Perkasaの会員が100万人にもなる? まあどの組織でも自称会員・党員数はかなり多いのが普通でしょうから。PerkasaはUMNOの姿勢に違和感を感じてPAS に目を向けているようです、でもこの2つの組織は理念が結構違うように思えますけど)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月14日のマレーシア記事

今日はTahun Baru Hijrah つまりヒジュラ歴(イスラム歴)の元旦という祝日。 イスラム歴の1437年が始まった。

【刑務所は外国人であふれている】
国内の刑務所という刑務所が混雑しているのは、外国人総数の増加が主たる要因となっている。 

内務省の副大臣が語るところでは、現在全国に33か所ある刑務所での受刑者総数は 51,946人であり、その内の約30%を外国人が占めています。
「この統計数字は同時に、外国人受刑者が刑務所における混雑の主たる寄与者となっている。」 「全国の33か所の刑務所における最大収容能力は 受刑者 52,150人です。」

「現段階で残りの余裕は 1204人に過ぎない。もし外国人が刑務所での過密に寄与している主要因でなければ、間接的な方法で各刑務所の収容者数を減らすことになる。」
副大臣は、マレーシア刑務学院で行われた2015年刑務官幹部のための研修会が終わった後でこのように述べました。

副大臣はこの件にさらに細かく触れて、「内務省は刑務所で収容する受刑者の数を減らすために最大限の努力をしています。」
「現在刑務所の役割は、受刑者をいろんな職業プログラムで更生させることをより目指している、そうして受刑者を社会から受け入れられるようにすることです、以前のように受刑者を罰することにより焦点を当てているのではありません。」

(Intraasia 注:ここでいう外国人とは主として外国人労働者を指している。犯罪が増えた、増えるのではと主張する場合、往々にして数百万人を数える外国人労働者の存在に言及する場合がよくある。もちろんある程度は外国人労働者も犯罪者の要因ではあるが、外国人労働者を主要因にあげるのはいささかお門違いという感じがする。何よりもマレーシア社会は外国人労働者に大いに依存している。彼らがいなければ、ビルも家も橋もできない、99%は建たない。零細工場から大工場まで外国人労働者依存は低くない。今ではショッピングセンターや店舗街の店でさえ外国人労働者を使っている。例えば小売業界、AEON 翼下のBIGハイパーマーケットでも外国人労働者を使っている。
 ということで、外国人労働者を揶揄する人たち自身も直接的または間接的に外国人労働者のおかげを受けているのは明らかだ。同時に外国人労働者もマレーシアで稼げることで恩恵を受けている、だから双方向です)

【司法長官が初の記者会見、しかし質疑応答は一切なかった】
(10月10日の記事 「中央銀行Bank Negaraは1つのマレーシア発展会社 (1MDB)に対して処置を取るようにと勧告した」 を参照してください)

司法長官(検察長官)は今年7月の就任以来、初めての記者会見を行いました。 これまでは司法長官室の発表する声明だけでした。その声明の1つが、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)は何の間違いも起こしていないという内容のものでした。 同司法長官は任命された時は連邦裁判所判事でした。

13日に司法長官が本庁でごく短い記者会見を開きました、わずか20分ほどでした。しかし司法長官からの一方的な声明読み上げだけで、メディアからの質疑は行わないというものでした。

同長官は2つの短い声明を読み上げました: 1つは中央銀行Bank Negaraの勧告があったにもかかわらず、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)をなんらとがめることしないと決定したことに関して、 もう1つは2人を逮捕して拘留している国家安全維持(特別措施)法令2012年、略称 Sosma に関して。

司法長官室が1つのマレーシア発展会社 (1MDB)をとがめなかった理由: 1つのマレーシア発展会社 (1MDB)は該当法律にはなんら違反行為をしていないから。
国家安全維持(特別措施)法令2012年を適用して2人を逮捕した件: 2人はこの特別措置法ではなく刑法の条項を基づいて裁判所に起訴した。

(Intraasia 注:司法長官は実質的に政府指導者の指名です)

【ウクライナに墜落したマレーシア航空機はロシア製ミサイルによって撃墜されたと、オランダが正式報告書を発表】

(2014年にマレーシア航空(MAS)は2件の墜落事件に見舞われた。その1つがヨーロッパ上空で MH17機が撃墜された事件です)

オランダ人が同機の乗客の多数を占めたため、オランダが中心となって事件の調査を進めてきた。 

オランダ安全委員会が事故報告書を公表しました: 2014年7月17日にMH17機はウクライナ上空で地上からのミサイルで撃墜された。ミサイルはコックピックの外側1mで破裂し、パイロットは即死した。このミサイルはロシア製であり、機体の破片と遺体は、ウクライナ内の親ロシア勢力が支配する地方の地上に50平方Kmの広さに散らばって落ちた。

報告書はしかし、誰がミサイルを発射したかには言及していません。

(Intraasia 注:紛争地区であるゆえに、親ロシア派もウクライナ政府側も、国家の面子から事実の公表は制限していることでしょう。 民間航空機が軍事ミサイルによって撃墜されたという、全くの理不尽なできごとですね。300人弱の死亡者とその遺族には絶対に受けいられないできごとだ)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月13日のマレーシア記事

【各地の高速道路が15日から一斉に通行料の値上げをする】
半島部各地の各高速道路の営業許可取得者である各社が、 通行料の値上げを10月15日から行うと発表しました。上げ幅は各高速道路ごとにまちまちであり、20セントからRM 6の幅がある。

値上げするクアラルンプール圏の高速道路(その略称):
・Kuala Lumpur-Karak (KLK) Expressway,
・Maju Expressway (MEX),
・Kajang Highway-SILK,
・ Duta-Ulu Kelang Expressway (DUKE),
・Stormwater Management and Road Tunnel (SMART),
・KL-Kuala Selangor Expressway (LATAR),
・Sungai Besi Highway (BESRAYA),
・New Pantai Expressway (NPE),
・Kajang Seremban Highway (LEKAS),
・Damansara Puchong Highway (LDP),
・Western Kuala Lumpur Traffic Dispersal Scheme (SPRINT)
・Cheras-Kajang Highway (GRAND SAGA)

クアラルンプール圏以外の高速道路
・ジョーホール州 Senai - Desaru Expressway
・ペナン州 バタワース外環道路 BORP

一方、(マレーシア最大の高速道路運営会社である)PLUS Malaysia Berhad は、その8つの高速道路では通行料の値上げはしないと声明を出しました。
・North-South Expressway (PLUS),
・New Klang Valley Expressway (NKVE),
・Federal Highway Route 2 (FHR2),
・Seremban-Port Dickson Highway (SPDH),
・North-South Expressway central Link (ELITE),
・Malaysia-Singapore Second Link (Linkedua),
・Butterworth-Kulim Expressway (BKE)
・ペナン大橋

(Intraasia 注:各紙大きく扱っているニュースです。かなり広範囲に値上げされるようで、物価への波及は避けられないことは、運送業者の団体も指摘している。 それにしてもこの20年で多くの高速道路が開通したものです。 高速道路を1本だけ運営している営業許可取会社もいくつかあるようで、事業効率面で良いとは思えないなあ)

【マハティール元首相らベテランのマレー人と華人の政治家7人が、政府批判の声明を出した】

ナジブ首相に対する批判をする中で海外のメディアや当局に接触したとされたことで、UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)のペナン州の1地方支部の元副支部長が 国家安全維持(特別措施)法令2012年、略称 Sosma, を適用されて、逮捕されその後ずっと拘留されている。さらに彼の弁護を務めている弁護士もが先週同法を適用されて逮捕され、拘留されている。
10月12日、この2人はクアラルンプールの下級裁判所に、国の銀行と金融システムを妨害しようとした罪で起訴されました。

この逮捕と起訴に関して、マハティール元首相を始めとしたBarisan Nasional (国陣) の元指導者及びUMNOの現指導者だがナジブ首相から内閣追放された2人の計7人が記者会見を開いて、共同声明を出しました。

「政府はその2人を即時に釈放すべきである。国家安全維持(特別措施)法令2012年は本来はテロリストを取り締まる目的である、2人を拘留してはいけない。」とマハティール元首相は記者会見の場で述べました。

共同声明の抜粋:
弁護士とその顧客である被弁護人を 国家安全維持(特別措施)法令2012年の下で逮捕することは、権力の乱用であり批判者を黙らせる必死の行為である。この2人に国家安全維持(特別措施)法令2012年を適用することはまた、国会が可決したこの法の精神と目的に合致していない。

国家安全維持(特別措施)法令2012年は憲法149条に基づいて、マレーシアの国内外で一定の勢力を持つ者たちによる行為又は脅威を防ぐことを目的としている。

共同声明に署名した7人
マハティール元首相、馬華公会MCAの元総裁 林(下の記事の人物)、 UMNOの元指導者でケダー州元州首相であった人物、UMNOの元財務大臣で最も長年国会議員を務めている Razaleigh, 馬華公会MCAの元総裁 翁、UMNOの現副総裁でナジブ内閣の前副首相、UMNOの現準総裁でナジブ内閣の前大臣、

(Intraasia 注:UMNOとMCA という与党を構成する政党内のベテランまたは引退した政治指導者が、ナジブ首相批判の急先鋒であるマハティール元首相に同調する形で集まって、出した声明ですね。マレー与党のUMNO指導部はいうまでもなく華人与党の馬華公会MCA指導部もナジブ首相支持で一致しているので、引退したそれぞれの指導者とナジブ首相から追い出された前指導者2人に同調するような雰囲気はまったくなさそうです。 もっとも地方の中堅党員の間には異なる空気も幾分あるらしいことは、メディアも示唆程度はしているが、中央の指導部はナジブ首相支持で堅固です。 
UMNO指導部の一部からは、強いマハティール元首相批判が浴びせられている。それはマハティール元首相の政権時代には既に廃止された国内治安法を適用して多数の政敵を逮捕拘留した事実があるからです。 
元UMNO地方支部幹部とその弁護士を強力な国家安全維持(特別措施)法令2012年を適用して逮捕拘留しているのは、野党陣営ではなくいわば内部からのナジブ首相批判には断固許さないという現れでしょう)

【ナジブ首相の辞職を公言要求した元馬華公会MCA総裁は発言撤回と陳謝を拒否した】

与党馬華公会MCAで(長年総裁を務めた)元総裁が先日、ナジブ首相は辞職すべきだと声明しました。その中で、「ナジブ首相は民衆の金を取って自分の個人口座に入れた」と批判したとのことです。
これに対してナジブ首相は(代理の弁護士事務所を通して)直ちに10月5日に、元総裁に宛てて、陳謝して声明撤回及び陳謝を表明する新聞広告の掲載、これ以上名誉棄損な言動をしないことなどを求める書簡を送りました。7日以内に回答しない場合は、訴訟を起こすとのことも書簡に加えてあります。

書簡を受け取った馬華公会MCAの元総裁は、ナジブ首相からの挑戦を受けて立つ、と語っていました

その後元馬華公会MCA総裁は、ナジブ首相に対して陳謝もしないし、書簡の要求にも答えないと、弁護士を通して正式に返答してきたと、ナジブ首相側の弁護士が明らかにしました。その弁護士は言う、「そこで今は、ナジブ首相首相からの訴訟をすすめるかどうかの指示を待っているところです。」

(Intraasia 注:1つのマレーシア発展会社 (1MDB)問題を暴露して報道している、米国紙、英国紙を訴えることはしないが、国内の元身内勢力からの批判は許さないという、ナジブ首相のあり方がよくわかるできごとです)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月12日のマレーシア記事

【華語小学校を廃止するのは与党連合の政策ではない】
与党陣営 Barisan Nasional (国陣) の構成政党である馬華公会MCAはクアラルンプールの党本部で、第62回党大会を開催しました。

来賓として開会式に招かれたBarisan Nasional (国陣) の議長でもあるナジブ首相は祝辞演説の中で述べました。「(制度として存在している) 国民型華語小学校を廃止して単一源流教育制度にすべきだと主張してる者たちがいるが、そういうことは Barisan Nasional (国陣) の政策ではありません。」

「Barisan Nasional (国陣) は政策として、文化、言語、民族、宗教の面で多源流を基盤としている。 これは私が決めたことでなく、(これまで Barisan Nasional を指導して引っ張ってきた)賢人たちが決めたことなのです。」

前回の総選挙で馬華公会MCAが得た国会議席は7つ、州議会選挙区では11だったために 7-11コンビニ店と揶揄されていることは馬華公会MCAの感情を害するものだとして、ナジブ首相は言う、「馬華公会MCAはこの結果を礎として団結し新たに発展していく必要がある。」

(Intraasia 注:華語紙は第1面で大きくこのことを載せている。 華語小学校は多くのマレーシア華人にとって、多少誇張して言えば、いわば生命線ともいえる既得権であるからです。そこでマラヤ独立以来の華人与党である馬華公会MCAも、華語小学校の問題を最大重要視している。 華語紙が、華語小学校の問題を第一面で扱うのは当然のことでしょう。 この背景には、ウルトラマレー主義者の極端な主張がこのところ急に高まったことがあるのはいうまでもありません。
マレーシアにおける用語、単一源流教育とは要するにマレーシア語学校だけにするということです。そこで華人界では、しきりに多源流という単語を使う。
馬華公会MCAは華人与党としての勢力はかつての3分の1ほどに激減した、そこでUMNO筋からは華人界の支持がないという言葉がしきりに語られる)

【下排水処理会社 Indah Water に下水道料金を納めている割合】
(一般的な下排水を一手に扱う、公共サービス会社を Indah Water Konsortium Sdn Bhd という)

半島部中部地域つまりクアラルンプール、スランゴール州、プトゥラジャヤで下排水を出している顧客の 15%は今年、その下水処理料金を払っていない、とIndah Water Konsortium Sdn Bhdが明らかにしました。 「85%の顧客は請求書に対して料金を支払っている。  Indah Water Konsortium Sdn Bhd が設立された1994年時に比べれば、大幅に向上した。」

Indah Water Konsortium Sdn Bhd の全国での総顧客数は380万であり、その内半島部中部地方での顧客数は 180万です。

Indah Water Konsortium Sdn Bhd はスランゴール州クランで10月11日に消費者向けに下水処理施設などの見学を含めた、会社としての開放日を行いました。

(Intraasia 注: Indah Water Konsortium Sdn Bhdのサービスを受けているのは、一般世帯に加えて商業建物、小零細企業などでしょう。大企業・工場、大きなビルは独自の排水処理施設の設置が必要なはずでしょう。 地方自治体は排水溝などの整備はするが、下水処理などは行わない。
一般世帯の場合は、現在は3か月毎に顧客に下水処理料請求書が送られて来る仕組み。Intraasia はアパート世帯なので 3か月毎にRM 24の固定料金を払っている。)

【マレーシア語紙のマレーコミック】
malaykomik_okt01.jpg
1コマ目
先日ジャングルで行方不明になっていたオランアスリの子供たちは、ついに見つかったね。でもあの娘たちの状態を見ると可哀そうになるの!

2コマ目
これって私たちに1つの教訓になります! 私たちは子供たちが行方不明にならないようにもっと注意をはらうべきだという教訓ね

3コマ目
でも今では父母の前でさえ鬼畜な誘拐者によって子供たちがいなくなってしまう!  わあー

(Intraasia 注:画像をクリックすると全体像が見えます。マレーシア語大衆紙が普段はあまり話題にしないだろうオランアスリのことだけど、今回のジャングルに消えて発見されたできごとを大きく載せています、マレーコミックもこのできごとを話題にしている。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月11日のマレーシア記事

【身分証 MyKad を紛失した件数は累計で100万を超えている】
(マレーシア国民は全員が身分証明書 MyKad を発行されて、携帯する義務がある。外国人に発行される身分証は MyKad とは違います)

(MyKad を発行する官庁の上部省庁である)内務省は、MyKad を紛失した際に再発行する費用を10月15日から値上げすると発表しました。
初めて紛失して再発行の場合:RM 100、
紛失2回目の再発行の場合:RM 300、
紛失3回以上を重ねた再発行の場合:RM 1000、

ただし身体障害者、極貧者、18歳未満または60歳以上の者、災害の被災者、犯罪に遭った者に関しては、例外処置を取ると、内務省の副長官は説明しました。

(発行・管轄官庁である) 国民登録庁がまとめた統計によると、 2010年から2015年9月までに MyKad の紛失件数が 1,356,135件もあったことを考慮して、向上手続きの一環として手数料の値上げをおこなったと、内務省副長官は説明しました。「他にも、再発行の手続きを厳格化します。」 「初めての紛失者は国民登録庁窓口へ行って手続できる。しかし2回目以降の紛失者は、まず警察署へ行って警察届け報告書を出す必要がある、その後で国民登録庁へ行く。」

(Intraasia 注:100万人以上が MyKad を紛失したと届けたとは驚きの数です。 何回も紛失する者たちに対しては、意図的に紛失させるということによって犯罪グループの手で身分証を外国人に売ろうとしているのでは、という疑いやうわさは昔から流れていますね)

【ジャングルで46日間を行き延びた2人以外の5人は既に死亡していた】

クランタン州僻地の寄宿制小学校で学ぶオランアスリ人の生徒7人、その構成は女児6人と男児1人、がジャングルで行方不明になった事件の続報です。

40数日ぶりに救助された2人の女生徒、11歳と10歳、が、収容されている病院で母親に語ったところによれば、7人がジャングルの河岸付近で過ごしていた間に、3人は川で流されてしまった(その結果死んだ)とのこと。その1人は助かった女生徒の弟、8歳、でした。流されなかった仲間の少女も衰弱して死亡した。 

(Intraasia 注:文による形容だけでなく掲載されている何枚かの写真をみても、子供たちが過ごしていた一帯はまさに森林ジャングルのようです。さらに川はマレーシアで一般的なチョコレート色の水です。オランアスリの子供たちはへき地育ちであるとはいえ、この厳しい環境下でまともな食べ物もなく着の身着のままで40日以上も生きながらえたということは、驚嘆以外のなにものでもない)

【国内で依然として行われている子供結婚に関して性平等を求めるグループの主張】

性の平等を求める 8つのグループが構成する連合組織が、国内における子供結婚の問題に対して政府は表面を取り繕っていると批判しました。

連合グループは、国連の報告書、性平等のための共同行動、は、マレーシアでは19歳未満で結婚する者たちが 1万5千人もいると報告しているとの例を上げながら、ナジブ首相の妻が米国での催しに出席した際に触れたマレーシアの子供結婚の人数はずっと低い数であった、と主張している。
Bernama通信は、首相夫人が朝食会の席で語った際に、「教育水準の良さと貧困率の低さから、マレーシアでは子供結婚は稀である。」と述べたと伝えました。「男児と女児の小学校への入学率は99%である。」

連合グループは言う、「マレーシアでさらに憂慮する潮流として、とりわけ豊かではない州で、強姦された若い女性がその強姦者に嫁がさせられることです。」 「加えて、サバ州サラワク州では貧困率は高い、そこでは若い女性が幼い年齢で嫁いでいくことが依然として行われている。子供結婚は間違いなくマレーシアで稀ではない。」

連合グループは政府に求めます : 政府は子供結婚の問題を認識し、もっと正しい像を与えるように。

マレーシアでは、(非ムスリムに適用される)市民法の下で合法的な最低婚姻年齢は男女とも 18歳です。この年齢に満たない子供が婚姻する場合は、その州の州首相の同意が必要である。
ムスリムに適用される、イスラム法の下における最低婚姻年齢は 男子が18歳、女性が16歳です。女性で16歳未満の場合はシャリア法廷の承認があれば婚姻は可能となる。

(Intraasia 注:マレーシアは民法家族法の分野は市民法とイスラム法の二本立てですから、このように最低婚姻年齢の決め方も異なる)




テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月10日のマレーシア記事

【クランタン州のジャングル地帯で行方不明になった小学生7人中の2人は46日間を生き延びた】
クランタン州グアムサン地方にある Pos Tohoi 村の寄宿舎付き小学校に通うオランアスリの生徒7人、7歳から11歳、が8月23日に行方不明になりました。地元自衛警団や警察などによる捜索活動がずっと続けられていたところ、1人の少女が遺体となって発見されたことで、4人の発見につながりました。そのうちなんと2人は奇跡的ともいえる生存していました。残る2人の捜索は続いている。

10月7日に、その小学校から500mほど離れた河岸で少女1人が遺体で発見された
10月8日に、その河岸から800mほど離れた川で身元不明の子供の遺体の一部が発見された、身元を鑑定中。
10月9日に、7日に発見された少女の場所近くの河岸で、非常に衰弱しながらも生きていた2人の少女、10歳と11歳、が救助された。しかしもう1人は遺体で見つかった。

クランタン州オランアスリ青年団の長は言う、「オランアスリの子供たちはジャングル地帯の地形をよく知らない、だから抜け出る道がわからなかったであろう。子供たちは火をおこす物も短刀も携帯していない、子供たちが見つかった場所には食べられるような果物は生えていない。」 「子供たちはジャングル生存術を教えられたことはない、小さい時から寄宿制小学校へ送られているからです。」

地元警察の長は言う、「子供たちは行くえ不明になって以来ずっと一緒にいたことだと思う。子供たちは水と食べ物を求めて川を探したと思う。」

7人の子供たちは学校側に知らせずに週末に向けて歩いて家へ帰ろうとしていた、と親たちは説明しているとのことです。

(Intraasia 注: 何人かの子供仲間で固まっていたとはいえ、46日間もジャングルで行き延びたということに驚きと感嘆を感じざるを得ませんね。10歳になるかならないかの子供2人がどうやってこんな長い間ジャングルで生存できたかは、今後解明がまたれるところでしょう。 どうして子どもたちがジャングル内に入ったかはまだ確固とした説明はないようです。オランアスリの人たちは山間部に住んでいることが多いので、子供たちを遠く離れた学校へ毎日通わせるのがたいへんだから、寄宿させていたのだろうと推測します)

【中央銀行Bank Negaraは1つのマレーシア発展会社 (1MDB)に対して処置を取るようにと勧告した】
(中央銀行Bank Negaraは、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)に関する中央銀行Bank Negaraとしての調査を終えて既に司法長官室(検察長官室)に取るべき勧告を含めて報告書を提出したと、以前公開で公表していた)

司法長官室は、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)を起訴することは考慮しないと発表しました。中央銀行Bank Negaraは 1つのマレーシア発展会社 (1MDB)に対する処分をすることを勧告したが、司法長官室は、同会社は海外投資に関してなんら間違いを犯していないことがわかったので、中央銀行Bank Negaraの勧告には従わなかったと、明らかにしました。

それを受けて、中央銀行Bank Negaraは9日に、 通貨交換管理法に基づいて 1つのマレーシア発展会社 (1MDB)対して処置を取るようにと勧告した理由を説明する声明を出しました。

「1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が外国へ投資するために通貨交換管理法の下で必要とされる許可は、Bank Negara が 1つのマレーシア発展会社 (1MDB)の申請書を評価した際の不正確なまたは不完全な情報公開によって得たものである。」

「従って、中央銀行Bank Negaraは、 通貨交換管理法に基づいて1MDBに与えた3つの許可を取り消します。 その許可で1MDB は合計 US$18億3千万の外国への投資許可を得ていた。中央銀行Bank Negaraはまた1つのマレーシア発展会社 (1MDB)に対して、外国への投資額 US$ 18億3千万をマレーシアに引きあげるようにとの指示を出した、そしてそのための計画書を中央銀行Bank Negaraに提出するようにとの指示も出した。」

中央銀行Bank Negaraの声明では US$18億3千万の投資先に言及はしていないが、この額は1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が2009年から PetroSaudi International と組んで行って途中で放棄した合弁ベンチャー事業の額に一致します。

(Intraasia 注:マハティール元首相は、中央銀行Bank Negaraが1MDB に対して処置を取るようにと複数回勧告したにもかかわらず、司法長官が 1MDB を不問に付していることは法を回避した行為だと、批判している。 こういう批判は主要紙はあまり載せない。 そもそも司法長官は政府の任命で最近交替したばかりです)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 339.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 406.9を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 290.1を入手します。

(Intraasia 注:今週は連日外為市場でリンギットが大きく反騰したことで、主要通貨はリンギットに対してかなり切り下がった)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月9日のマレーシア記事

【8月の輸出高は好調であった】
(今週は外為市場でマレーシアリンギットが大きく反騰しているが、8月は徐々に下落していた)

マレーシアからの輸出高は2015年8月は、予想超える4.1%増で総額RM 639億を記録しました。輸入総額はRM 563億で、6%減でした。(注:マレーシアは通常、貿易収支は黒字です)

専門家は弱化したリンギットが好調だった輸出に貢献したとみています。
統計庁発表の数字 - 2015年8月の主要輸出先国が占める割合
シンガポール 14.6%、 前年比 +4.3%、 
中国  14.2%、 前年比 +32.4%、
日本  8.69%、 前年比 -16.2%、 
米国  9.9%、 前年比 +24%
タイ  6.3%、 前年比 +16.1%、

専門家の分析によると、日本への輸出額が減ったのは液化天然ガスの価格が下落したことが主因、加えて日本で原発による発電が再開したために天然ガス需要も減った。

(Intraasia 注:1か月だけの統計で年間を論じられませんが、マレーシアにとっての主要輸出先国は常に、中国、シンガポール、日本、米国が4大国です。シンガポールが大きな比率を占めるのは、シンガポール経由で再輸出する部分が多いからです。日本は以前からマレーシア産天然ガスの主要輸入国です。原発による発電は全て停まっていたと聞いていたが、再開されたとは知りませんでした)

【ムスリムの服装倒錯者が起こした、州のシャリア法の一部は違憲であるとの訴えが連邦裁で棄却された】
(ヌグリスンビラン州で異性の服装をしたムスリムの3人が2011年に、州のシャリア法第66条は違憲であるとスレンバン高裁に訴えました。訴えを認めなかった高裁判決を受けて控訴裁判所に舞台は移った)

控訴裁判所は2014年11月に、異性の服装を身につけることを禁じるシャリア法は違憲であり無効である、と画期的な判決を出していました。「ムスリムが異性の服を身に着けることを罪に問うのは個人の表現の自由を不合理に制限するものである。」

しかし国の最高裁である、連邦裁判所は10月8日に、この控訴裁判所の判決を棄却する判決を行いました。これによって性同一障害者コミュニティーの市民権利を求める戦いは後退することになる。

5名の裁判官から成る連邦裁判所は、高裁と控訴裁判所の出した判決を覆しました、「高等裁判所と控訴裁判所の裁判官らは、ヌグリスンビラン州シャリア刑法の66条は違憲であると判断したことにおいて大きな間違いをした。」 「原告の法的訴えは、憲法に関することなので、そもそも連邦裁判所に直接起こすべきであった。」

ムスリムが異性の服を身に着けることを禁止している州のシャリア法に挑戦したヌグリスンビラン州の性同一障害者はそれを訴えることにおい不適切な方法を取った、と上訴人であるヌグリスンビラン州政府の代理人である弁護人は今年8月に主張していました。
ヌグリスンビラン州政府、州のイスラム教関連庁、その長官などと共同で、上訴していました。

(Intraasia 注:ムスリムを対象とした、イスラム教に基づくこの種の法律内容は各州毎に多少異なる。なぜならイスラム法施行の具体的内容はその州のスルタンを長とする権威下にあって州権に属するからです。そこで女性の服装を身につけたムスリム男性に対する取締りの問題は複数の州で昔から問題になってきた。クアラルンプールやスランゴール州でも取締りに対する不満のニュースがメディアに載ることは多くはなくても稀ではない。)

【デーパーバリバザールでの露店出店をめぐって】
(11月10日はヒンズー教の祝祭デーパーバリです)

デーパーバリのためにインド人対象に各地で例年、臨時設営のデーパーバリバザールが行われる。
クアラルンプール市庁は、今年のデーパーバリバザールの会場として、8つの地区にバザール設営を割り当てました。 

それぞれのバザールの運営には、市庁とインド人小販売者組合も関与します。 バザール場所で露店を出すための区画を希望者に割りあてるために、例年は抽選が行われる、「しかし今年は行わない」と市庁は明らかにしました。「露店区画の割りあてを今年は組合と非政府組織にまかせた。彼らが公平に行うことを期待する。」
業者に割り当てる区画の総数は500になる。

デーパーバリバザールの場所
Lorong Tunk Abdul Rahaman, Jalan Masjid India, Jalan Chan Ah Tong, オールドクラン路の Taman Sentosa (注:4か所だけ記事に載っている)

(Intraasia 注: 例年ニュースになるのは、バザールの場所と露店区画の割り当て方です。 どうやっても全員を満足させることはできない。 区画に露店を出したい希望者は多いようで、いつも抽選が行われている。中には抽選に当たった区画を金をとって誰かに貸し出すような問題が起きるようです。 果たして今年はどうなるのかな) 

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月8日のマレーシア記事

【マラッカ中心部で赤シャツ集会を行うとウルトラマレー主義者が宣言】
つい最近の9月末にマラッカの(中心部の一画である) Melaka Raya地区の路上で、風俗店舗の取締りに訪れたイミグレセン(Imigresen)のマレー人取締り係官 19人が華人ならず者グループに暴行を受けたできごとがあった、とのニュース報道がありました。

(ウルトラマレー主義者のリーダーの1人として知られる)マレー人退役軍人協会の会長がクアラルンプールで行われた記者会見の場で発表しました:
「同協会が主催して、10月10日にマラッカの Melaka Raya 地区で1万人を動員した 1010赤シャツ集会 を行う。 」  

彼はまた当日はその地区は安全ではなくなると警告して言う、「安全ではなくなるとは争いを起こすということではなく、思いがけない出来事が起こるかもしれないということだ。例えばバイク同士の衝突など。それ故に、警察の巡回を求めている。 私からメディアに警告することは、やたらに写真を撮らないようにということだ。もしそういうことがあれば、警察に報告する。」

「我々は刀(parang) を携帯するわけではないので、どうして怖がるのだ。華人が赤シャツを着ることだってできる。」

マラッカ州警察の長は、このマレー人退役軍人協会会長の発表について調査しているところだと述べましたが、警察がこの会長を呼ぶのかについては明らかにしませんでした。「公共場所で集会を行うためには、10日前までに警察に通知するという規則を順守していない。」

マラッカ州首相、「我々はマレー人退役軍人協会会長を必要としていない。我々は調和のとれた州であり、どの民族にも敬意を示している。」
華人与党の馬華公会MCAは、Melaka Raya地区での赤シャツ集会の計画を批判する声明を出しました。

(Intraasia 注:マレー人取締官に暴行を働くようなことがおきる地区には、マレー人の力を見せつけてやる、という意図が見え隠れしている。この人物は9月16日にクアラルンプールで行われた赤シャツ集会である #Merah169集会のリーダーの1人であり、その集会に参加した者たちの一部がマラッカ集会の中心となるようです。このような発表が堂々とテレビ局を含めたマスコミ記者会見の場で行われるところが、世の状況変化を大いに感じさせる。警察は、許可をしないと発言してるので、果たして行われるかどうか現時点ではわからない。)

【マハティール元首相とその富裕企業家である2人の息子を批判】
マラッカ集会の件とは別に、マレー人退役軍人協会会長はまた、マハティール元首相に対する批判も行った。
「警察と反汚職委員会は、マハティール元首相と彼の2人の息子を汚職容疑で調べるべきである。マハティール元首相が在任中に権力を乱用して2人の息子を有数の資産家に仕立てたことを当局は捜査すべきだという話が過去何回もあった。」

「 ソーシャルメディアでは息子らは100社以上の会社を所有していると話が広がっている。マハティール元首相は、息子が何十億リンギットにも相当するビジネスをどのようにして始めたのかを説明する必要がある。」 「息子たちが自身たちだけで父親の助けなく事業をできたと、マハティール元首相は保証できるのか?」

マハティール元首相の息子の1人は、複数の上場企業の役員を務めている、もう1人の息子は雑誌 Forbes でマレーシアで26番目の富豪として載った、資産はRM30億になるとのこと。

(Intraasia 注:ナジブ首相攻撃の先鋒であるマハティール元首相に対して、UMNO指導部は度々非難をしながらも、マハティール元首相を相手にしない態度を取っている。そういう意図をくみ取ったのか、無言の同意を得たのか知らないが、ウルトラマレー主義者のマハティール元首相非難は益々エスカレートしている。マハティール元首相の2人の息子の富裕さは首相在任中から知られていたことです。もう1人の息子は現在ケダー州首相だが、彼はマハティール元首相が引退してから政界入りした )

【AirAsia は私企業化しないと声明】
最近(マレーシアの証券取引市場などで) AirAsia は上場企業である AirAsia Bhd を非上場化させるのではとの噂が流れているが、 AirAsia はそのような意図はないと否定する声明を出しました。

AirAsia が発表した声明の中には日本における合弁会社の件があります。

「合弁会社である AirAsia Japan Co Ltd は今週、日本の民間航空当局から 航空運航者証明を得た。」 「 AirAsia Japan は中部国際空港セントレアを基点空港として、2016年春の運行開始を計画している。 中部国際空港から札幌新千歳空港、仙台空港、台湾のTaoyuan国際空港への路線を予定している。
「AirAsia グループ最高経営責任者は述べる:我々は日本での運航に戻ることになり嬉しい。我々は素晴らしい合弁相手があります、日本における旅行の仕方を変えていくビジョンのために力をあわせていきます。」

この取得によって、AirAsia Japan Co Ltd はその航空機を国内路線と国際路線に商用運行することに用いることができるようになります。

【内閣府の部署が英語の重要さに関する、国民の意見調査を行っている】

内閣府の直属である、成果管理と進行部門(通称 PEMAND)が英語運用能力の重要さに関して、国民対象にネット上での意見調査を行っています。
これは7つの設問に対して、匿名で答える形式です。 10月5日から11日まで実施。

調査のページの前文には次のようなことが書いてある:
PEMAND は 英語能力に長けていることの重要さに関してマレーシア国民の意見を尋ねています。 短い調査に答えることで、この研究を支持してください。意見調査は1分間もかかりません。 調査は匿名です。 個人情報は必要ありません。

どのような調査かをご覧になりたい方は、英語の重要さに関する調査 をクリックしてください。設問はマレーシア語だけでなく英語でも書かれている。

(Intraasia 注:いくつかの新聞が載せている。 ということで当サイトも一応記事にしておきましょう。 要するに小学校からいろんな科目を英語で教えることに賛成か反対か、それならどういう科目を英語で教えるべきかなどといった設問です。 こういう設問に答える層の中身、つまり英語教育への熱の高い層、を想定すれば、返答者の多くは賛成派になるのではないだろうか、それもより多くの科目を英語媒介にすべきと思っている返答者が少なくないのでは・・・。 マレーシアの英語絶対推進者勢力は英語を第二母語化させることをあるべき姿だと考えています。)

10月7日のマレーシア記事

【マレー統治者理事会が発表した声明の中で1つのマレーシア発展会社 (1MDB)問題に言及】
各州のマレースルタンから構成される、第239回マレー統治者理事会が10月7日と8日に、クアラルンプールの王宮で開催される。

今回の理事会に先立って、(統治者理事会の総意としての)声明が統治者の印章の守護者(という役職者) によって発表されました。声明では1つのマレーシア発展会社 (1MDB)の問題にマレー統治者理事会として初めて公開で言及しており、政府に対して、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が完全に調査されるように計らうこと、不正行為で有罪となる者は罰せられるように、と求めています。

声明には次のような文面が含まれている:
「調査して見つかったことは漏らさずにそして透明性のある態度で報告されなければならない、そうすることで人々は事実と真実を隠ぺいすることのない政府の誠意を納得することになる。」
「確信をもたらす釈明と返答がなければ、信頼の危機をもたらすことになってしまうことが懸念される。」

「1つのマレーシア発展会社 (1MDB)問題と関連した調査を不適切に扱うことはまた、国の経済に影響を与え、さらに国家の安全に乱すことになりかねない。」
「警察、反汚職庁、中央銀行Bank Negara、司法庁などといった取り締まり機関と監督官庁は、神の信頼及び透明と信頼性と全体性における国民の信頼にふさわしくあるべきである。」

(Intraasia 注:このメディアは、不正行為者は罰せられるようにと政府に求めていると書いている。 Bernama通信の配信を載せたある新聞は、適切なる厳しい措置を取るようにとだけ書いている、 このように伝える側における違いを感じます)

【自家用車相乗りサービスに使う車と運転者が違法となる理由】
(携帯アプリを使った、自家用車を相乗りタクシーとして使うサービスはマレーシアでも登録車と利用者が増えているとのこと)

Uber と GrabCar に詳しい消息筋によれば、このサービスに登録した運転者はクアラルンプール圏で計1万人に達したとのことです。クアラルンプール近郊にある Uber と GrabCar の別々のオフィスはいつも新しく登録する運転者で混雑しているそうです。 登録自体はオンラインで行えるが、新規登録者はミニセミナーに出席することになる。

Uber と GrabCar に運転者として登録する人たちは、若い職業者が多い、例えば不動産代理業、IT業界の者、講師といった人たち。さらに失業者、引退した人、シングルマザーなどもいます。

Uber と GrabCarに自家用車使うのは違法となるので、陸上公共交通委員会 (SPAD) に見つかれば、差し押さえられて陸上公共交通委員会 (SPAD) 契約の置き場までけん引されていき、そこで保管されることになる。

違法使用の車に対するSPAD が課す料金:(普通車の場合) けん引代 RM 300、 保管代 1日あたりRM 150、

SPADの説明: 違法使用の自家用車を保管場所にけん引した後で、裁判所に提出する書類の手続きを開始する、これは30日以内行う必要がある。それ以後は裁判所次第である。裁判所の進行には何か月もかかる。裁判所が決める罰金はRM 5千からです。保管代が1日RM 150なので、半年保管されればRM 27000になる、違反者がその車を取り戻せるとしてもSPAD に支払わなければならない額は非常に大きな負担となる。」  「裁判所が車の没収を決定すれば、SPAD は差し押さえた車をオークションにかける準備もしている。」

SPAD による Uber と GrabCarを使った自家用車相乗りサービスの捉え方
・Uber と GrabCarアプリ自体は合法である。しかし自家用車を相乗りサービスして(金を稼げば)違法となる。
・相乗りサービスの運転者は一般に商業車を運転できる免許証を保有していない。これは道路交通法違反となる。
・自家用車には商業車輛自動車保険が掛けられていない、(車検である)Puspakom による定期検査を受けていない。
・相乗りサービスの運転者は商業車輛運転免許を保有している義務がある、その車はSPAD の安全検査を受けなければならない

こうしたことに違反すれば、その車は陸上公共交通委員会 (SPAD) によって差し押さえられ、運転者は罰に処せられる。

(Intraasia 注:クアラルンプール圏ではUber と GrabCar を使ったこの相乗りサービスは随分と人気のようです、だからこそ登録者が増えているのでしょう。一方怒ったタクシー運転手たちに相乗りサービス車が壊されたりすることもあると、記事は書いている。 要するにUber と GrabCar アプリを使ってもいいが、その場合相乗りさせた者から金をとってはいけないということですね。 無料で自家用車をそういうサービスに供する人はいない。当分この相乗りタクシービジネス問題は解決されそうにないようです)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月6日のマレーシア記事

【マレーシアも参加した TPPA に関する大臣級交渉が終結したとことを説明する声明】
(マレーシアもその1国である)12か国の大臣級代表が参加して米国のアトランタで9月26日から続けられていた、環太平洋戦略的経済連携協定(TPPA, Agreement 協定のAが最後に付きます) に関する交渉は、終結したと発表がありました。

マレーシア通産大臣は声明を出しました、「TPPAに関する交渉は10月5日に妥結した。」 「マレーシアはこの交渉の中でTPPAの参加国からいくつかの譲歩を得ることができた。参加国は、マレーシアが憂慮すること及び敏感なこと、とりわけ政府が調達する分野における感受性の高いこと、のほぼ全部を考慮に入れることに同意しました。」

「マレーシアに求められた柔軟さの中には、移行期間をより長くとること及びマレーシアの敏感な分野にや異なる扱いを取ることが含まれる。」

「マレーシアが環太平洋戦略的経済連携協定(TPPA)に調印するかどうかは、国内における十分で広範囲な論議の後に決めることになります。」
「マレーシアがTPPA の参加国になるかどうかは集団的決定によることを、再度明らかにしておきます。」

(Intraasia 注:マレーシア国内にももちろんTPPA 参加に反対を訴えている組織や人たちは少なくない。例えば、薬品のパテント期限が長くなれば、ジェネリック薬品の販売がそれだけ遅れることで多くの患者に影響が出る、一方マレーシアの主要産品であるパームオイル輸出には利点があるなどといったように、立場によってTPPA 賛成反対も分かれるようです。各国が調印するまでに時間はかかりそうですし、マレーシアもその例外ではないでしょう)

【ペラ州で慣習権の土地所有をオランアスリ村人に認めた画期的判決】
(半島部の先住民族はオランアスリと呼ばれる。オランアスリは複数の下位部族に分かれており、半島部各地に散らばる形で居住している)

ペラ州に住むオランアスリが、その地は慣習権としての土地であることを訴えた裁判で、イポーにある高等裁判所は先週オランアスリ側の訴えを認める画期的判決をしました。これは民間会社と5年間争った結果です

判決の要旨: その民間企業は森林地の一部を 575人から構成される オランアスリSemai 部族に返却すること。
Kampung Orang Asli Kuala Senta村の村長は言う、「村人は慣習権の土地である森林地で狩りをし、農業と採集してきた。我々は土地に依存しています。」

この村の苦悩は、2010年にその私企業の労働者が オランアスリの土地に侵入してきたことに始まった、その広さは推定2千ヘクタールです。その後村人は森林地へ入ることが許されなくなった。その会社は2014年に裁判をおこして、村人たちを立ち退かせることを求めました。一方オランアスリ側は対抗訴訟を行いました。

(Intraasia 注:サラワク州では先住民族の慣習権に基づいて先住民族に土地の所有権が認められていることはよく知られているところです。しかし半島部ではこれはまだ一般的な慣習権とはなっていないからこそ、こういう訴訟が起こされと捉えてもいいのではないだろうか)

【ジョーホール州の税関が摘発に成功した多量の密輸酒と密輸タバコ】
ジョーホールバルの税関は多量の密輸タバコと密輸酒を差し押さえました。 これらは総額で130万になり、未払い関税と税金総額は RM400万にもなる。

ジョーホール税関幹部が記者会見で明らかにしました:
「Pasir Gudang 港の税関検査所に入ってきた4台のコンテナトラック 積まれた 5241個のボックスから 4万5千本ほどのウイスキーが見つかった。これまでの調べでは、輸入者は積み荷を虚偽申告しており、我々はさらに調査をしている。荷の原産国も調べている。」

「これとは別に、密輸額 RM 4万6千のクレテックタバコ(香りのあるクローブタバコのこと) と他の密輸タバコ RM 3万6千相当を差し押さえた。これらのタバコの未払い関税はそれぞれRM 20万、RM 25万になる。 「この密輸タバコは、Sultan Iskandar 税関とイミグレセン(Imigresen)総合ビルで バンから見つかった。そのバンの運転手は停まれを無視視して走り去ろうとした。」 「その後税関の取締りチームが彼を拘束した。」

「また別のバンからは密輸した中国製タバコ 46万本を見つけた。その運転手は取締りを避けようとしたが、捕まえることができた」

(Intraasia 注:見つかって押収されるのは氷山の一画であろうことは、これまでの数多い密輸タバコと密輸酒のニュースから推測できる。それにしてもここで押収されたウイスキーやたばこの量は相当なる量だ。密輸組織はこういう1回の密輸でこれほどの量をマレーシア国内で裁ける力を持っていると推測できそうです。
税関を通る、車やトラックやコンテナー車が100%検査されるわけではないので、密輸組織が雇った運転手らが日々こうして密輸品を運んでいるのでしょうね。 単に金で雇われた運転手が捕まっても組織にはなんら影響は起きないことでしょう。 )

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月5日のマレーシア記事

【今年5月にサバ州で誘拐されたマレーシア人2人は依然としてフィリピン武装グループの人質であり、見通しが立たない】
(フィリピン最南部の島々を根城とする、武装反抗グループ Abu Sayyaf はこれまでにも何回もサバ州に侵入して、マレーシア人や外国人を人質にし解放の条件として身代金を要求する事件を起こしてきた)

武装反抗グループ Abu Sayyaf は一番最近に起こした誘拐事件は今年5月中旬に、サバ州サンダカンにある海浜レストランを襲って、店を運営する女性1人と客1人を誘拐してフィリピン領に逃走した。Abu Sayyaf は 2人の身代金としてRM 280万相当を要求しているとのこと。

客であった男性はサラワク州人です。 2人の家族には、Abu Sayyaf から身代金要求が届いており、支払わなければ斬首すると脅されている。家族はその額は払えないので、首相、サバ州首相、サラワク州首相に解決の助けを求めています。

消息筋によれば、状況は切迫しているとのこと。つい最近の9月下旬に、フィリピンの島からカナダ人とノルウエー人がAbu Sayyafの別グループに誘拐される事件が起きた。フィリピン治安部隊の追跡のために、Abu Sayyaf の複数グループは人質を連れてジャングル内を移動しているとのことです。そこでマレーシア人2人の人質は(行動が遅いので)、Abu Sayyaf グループの逃走を妨げる形になっているとのことで、状況が悪くなっているとみられるからです。

(Intraasia 注:マレーシア政府は、ならず者集団であるAbu Sayyaf とは身代金交渉をして替りに支払うようなことはしないと以前から言明している。誘拐人質となったマレーシア人はこれまでに既に2桁人数にのぼり、いずれも何か月間もジャングル内に拘束されていた。最終的に誰かが身代金を払うことで解放されている。今回の2人は持病があってジャングル拘留はかなりつらいだろうと言われていました。 政府の建前上金は出してもらえないし、多額な金を家族だけでは都合できない、人質2人は可哀そうにと同情します)

【マレーシア女性の避妊率は高くない】

医学雑誌 The Lancet に掲載された、2013年の研究報告によると、マレーシア女性が避妊法を使う率はあまり高くない、 55.6%です。隣国のタイは 79.4%、シンガポールは 65.7%です。結果として多くのマレーシア女性は予定しない妊娠となっている。

避妊法を使わない理由には、男性の反対、副作用の心配、迷信、文化的宗教的信条、不適当な使用、など

避妊ピルの接種法と避妊に関する情報提供のモバイルアプリの 発表会場で、産婦人科医である教授が、半島部のマレーシア人女性の避妊法の割合を述べました:
避妊ピル 14%、 リズム式 9.3%、 コンドーム 7.4%、 避妊手術 6.6%、 避妊リング 4.5%、その他

【携帯アプリで "Mak nak kahwin (お母さん、結婚したいけど・・)" メッセージが大人気となっている】
ソーシャルネットワークアプリ WhatsApp で現在 "Mak nak kahwin" メッセージが大いに人気を呼んでいる。これは、子供がその母親に宛てて、近いうちに結婚したいという希望を書いたメッセージを送ります。(Intraasia注: emak = mak 母親という意味)

Facebook  でシェアされたいくつかの書き込みによれば、それぞれの子供たちから世帯を持ちたいと知らされた母親たちの反応は様々でした。
彼ら(彼女ら)の平均的な母親はびっくりしたようで子供たちに何回も説明を求める、ただオープンな態度の母親も少なくない。
ある1つのケースでは、母親が子供に条件付きで結婚の同意を与える、それはそうする前にまず教育を終えなければなりませんというものです。

得た情報に基づくと、この "Mak nak kahwin" メッセージブームは、国内の国立大学で学ぶ2年生グループが1つの社会的試しとして始めた、その後これは大いに広まりさらにFacebook で拡散しました。

注: この記事はマレーシア語大衆紙からです。WhatsApp アプリ上で "Mak nak kahwin" の対話画面をキャプチャーしたものが、この記事にいくつか掲載されている。そこでその中の1つをスキャンしてこの場で紹介しておきます。

whatsappscreen01.jpg
対話の訳
おかあさん
ちょっと話がしたいんだけど、いいかな?( ckp =cakap)

話せば。

結婚したいけど、いいですか?  そして絵文字。

もう配偶者ということならいいでしょう   (nk = nak, ここでは 結婚するということを婉曲に表現している)

本当に?

Pon(恐らく子供の名前だと思われる)、 もしそうなら、学業を終えるまで待ちなさい (abis =habis )

はっは、冗談さ。
というのも、友達といっしょになって母親たちにいたずらしてるんだ。 どんな反応するか見てみたかっただけさ。 ("dorang" という単語は意味不明。Nk= nak, tgk = tengok)
絵文字
ありがとう、おかあさん。

(Intraasia 注:以前から言われていることとして、WhatsApp はマレーシアの若者世代には随分と人気があるようです。 記事の内容から、子供たちというのは10代終わり位から20代初めだと思われる。 携帯アプリを使った他愛のない若者たちの遊びに過ぎないようだが、上の画像で紹介した、対話内容は興味深い。電車内や大衆カフェなどでいつも目にするのは、若者たちの携帯・スマートフォンを覗き込んでいる姿です。 彼ら彼女らは SMS やこのWhatsAppのようなソーシャルメディアサービスに夢中です。
しかしながらどういう風に書いているかまではわからない。覗きこむわけにはいかない。 携帯メッセージ特有の書記と表現が使われていることは推測がつくし、メディアでもたまに話題になる。その意味でこの記事に載っている画像は興味深い。
ここで掲載した画像の対話はマレーシア語と英語のちゃんぽんです。都会の中学生や高等教育段階の学生たちの話を耳にすると、2言語を混ぜたちゃんぽん会話が珍しくないので、この対話もその延長線上にある。 記事はマレーシア語紙のそれなので、マレー人母子が2言語ちゃんぽん会話をしている様子がわかります。 華人なら華語と英語というちゃんぽん会話もよく耳にする)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月4日のマレーシア記事

【クアラルンプールマラソンが煙霧のために中止された、5日と6日は大多数の州で休校となる】
(KLマラソンは、例年何万人もの参加者がいる大きなスポーツイベントです。10月4日朝に開催が予定されていた)

主催者はKLマラソンの中止を告げるお知らせを開催日直前に出しました。

「残念なことに煙霧が健康に害を及ぼす段階にまで達しています。急激に悪化する大気の状態を考えて及び我々の医療チームとマレーシア体育連盟と国立スポーツ研究所のアドバイスに従って、我々は残念ながら次のことをお知らせいたします:2015年 Standard Chartered KLマラソンの開催を中止します。

この決定は、共催のクアラルンプール市庁、タイトルスポンサーである Standard Chartered Bank Malaysia からも支持を受けています。」

4日のラジオやネットのニュース
煙霧状態が悪化したために教育省は新しい指示を出しました: 半島部の小中学校は、クランタン州を除いて、10月5日と6日はすべて休校とする。
教育大臣は語る、「サバ州とサラワク州とクランタン州については、省は1時間毎に状況を追っていきます、状況が悪化すれば同様な措置を取ります。」

(Intraasia 注: 中止決定は開催日直前です。費用を掛けて準備したことだし、主催者は開催したかったことでしょう。この大気の状態では中止も止むを得ないと多くの人は思うはずです。クアラルンプール中心部は現実に視界がかなり落ちている、これが1日中朝から深夜まで続いている。 屋外活動は控えるようにと広報されている手前、マラソン大会を行うのは矛盾してしまう。  
1日の内にも視界の変化は起きている、目印になる有名な高層ビルを目安に考えると、恐らく数km ぐらいしかない最悪の時もあれば、5㎞は超えているだろうという時もある。)

【国際イスラム主義者の組織が、ナジブ首相のシリア難民受け入れ表明を批判した】

”強硬な” (とこの記事は枕詞をつけている)国際的イスラム主義者の組織である Hizbut Tahrir は、ヌグリスンビラン州スレンバンで Muktamar Khilafah 2015 (2015年カリフ制大会)を開きました。

同組織は主張しました:マレーシア政府は、世界中で多くのムスリムが住みかを追い出されている危機の根本原因に対して取り組もうとしていない。 その中で3千人のシリア難民を受け入れるというマレーシア政府の動機に関して、同組織は疑問を突き付けました。

Hizbut Tahrir の国際スポークスマンは記者団に語る、「ナジブ首相が国連総会で演説した際にシリア難民3千人を受け入れると表明したことは、巨額負債に陥っている1つのマレーシア発展会社 (1MDB)に絡んだスキャンダルによって傷ついた彼の国際的評判を繕うために過ぎない。」

「私はナジブ首相の動機または目的を知らないが、(難民受け入れの件)それは広報活動の一つかもしれない。彼は恐らく、一般公衆の意見の中にある自分のイメージをよくしたいのでしょう。」 「そして多分、そのことが彼にとっていくつかの汚職への非難や対峙しなければならないスキャンダルを隠すことに役立つかもしれない。」

(Intraasia 注:これはまた別のイスラム主義者の組織であり、カリフ制の復活を掲げている国際組織だそうです。 強烈なナジブ首相への批判ですな)

Hizbut Tahrir の大会の際、そのマレーシア組織である Hizbut Tahrir Malaysia のスポークスマンは記者団に向かって言いました:
「多くのマレーシアムスリムは反イスラム教的思考の影響を受けている、このため彼らは、マレーシアという国がマレー人だけに属するということに固執するのです。」
「マレーシアにおけるムスリム、その大多数はマレー人である、は依然としてマレー人という民族のために戦っている。一方イスラム教においては、そういうことは haram (禁止されている)なのです。」
「マレーシアはマレー人だけが保有しているのではない。 Hizbut Tahrir として我々はどのようなムスリムであれ問題ないのです、なぜならこの地はムスリムの国だからです。」

この大会で Hizbut Tahrir Malaysia の代表は演説の中で、西欧勢力がムスリムを民族国家に分裂させていると非難しました。「このためムスリムは自分たちの信仰よりもその国籍によりアイデンティティーを持つようになっている。」

(Intraasia 注:カリフ制とはオスマントルコ時代を最後に消えた、イスラム世界の統合的象徴の座ですね、詳しくは専門書を参照してください。 こういう運動と組織方針を掲げる国際団体がマレーシアで大会を開いたんだ。 
イントラアジアは特に諸スラム運動とその理論に詳しいわけではないが長年の観察から、マレーシアのマレームスリム界には確かに、大きく分けて3つの潮流がある、1つはUMNOに代表されるマレー民族主義をより前面に出してイスラム教を掲げている人たち、 1つはHizbut Tahrir にあるような堅固なイスラム主義者として主張と運動する人たち、ただこれは大衆運動としてはなかなか広範囲な支持は難しそうですね、 1つは少数派であるいわゆるリベラルムスリムの人たち。)

【マレーシア人の外貨預金残高はこの8年間に18倍にも増えた】
マレーシアの外貨保有高と経常収支はようやく反転して向上し始めた。
しかし通貨リンギットは東南アジアで最悪の業績を示している。今年第3四半期だけでもリンギットは対米ドルで 15%下落しました。

中央銀行Bank Negaraが発表した、リンギットに関する最新のデータから
マレーシア人が個人として国内の銀行に預けている外貨預金の残高: 2015年7月時点 RM 144億3千万に相当、  2007年1月時点では残高はわずかRM 8億2千万に相当。
マレーシアの法人が国内の銀行に預けている外貨預金の残高: 2015年7月時点 RM 714億に相当、2007年1月時点では残高は RM 178億に相当。 

マレーシア人が個人として国内の銀行に預けている外貨預金の残高はこの8年間、毎月増加してきた。2010年から 2013年はリンギットが対米ドルで強含みの好調を続けて US$1= 3.0に近づいていたのだが、それでも外貨預金は増え続けた。 事実として、こういうリンギットが対米ドルで強かった時期でさえ、マレーシア人個人は外貨預金に金を預け続けていたということです。 これが意味するのは、 マレーシア人がリンギットに持つ信頼感が現在消えているのではなく、既に何年も前から始まっていたということです。

皮肉なことに外貨預金をしても大して利息は付かない、年利 0.25%-0.5%ぐらいだ。リンギットで普通に定期預金すれば年利3%の利息は付きます。それなのに、人はリンギットを外貨に替えて預金する。

(Intraasia 注:興味深いデータですね。 子供を外国に留学せているので送金目的に外貨に換える必要な人たち、海外投資する目的の人たち、だけでなく外貨預金する人も結構いるということなんでしょう。もちろんそういうことができるのは中流層以上であることは間違いない。 
中央銀行Bank Negara総裁をはじめとして、経済や市場の専門家はリンギットはそのあるべき水準以下に下落している、マレーシアの基本経済を考えれば、リンギットは明らかに弱評価され過ぎだと、度々主張しています)




テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月3日のマレーシア記事

【シリア難民3千人受け入れの詳細はまだ未定と副首相】
国連の総会で演説したナジブ首相が、マレーシアは今後3年に渡ってシリア難民3千人を受け入れると述べました。

内務大臣を兼任するザヒッド副首相は語る、「難民受け入れについて未だ詳細には至っていない。難民受け入れのために我々は民間と協力していくでしょう、子供には教育を与え、さらに一時的仕事も与えるでしょう。」 「我々はマレーシアの移民法に基づいて彼らを受け入れていきます、その方法は今後発表します。」

「政府として、シリア難民には特別の身分証 "iKad" を発行する、そうして彼らの難民登録に役立てる。」 「マレーシアに入国してくる難民に対しては普通は、国連難民高等弁務官事務所が 国際移民機構と協力して身分証を発行する

「今回政府がシリア難民には 身分証 "iKad"を発行する。このカードにはイミグレセン(Imigresen)が使うための治安に関することなどの情報などの情報を組み込みます。」
「シリア難民に援助するのは人道的理由に基づいている、宗教や民族を基にしたものではない。」 として副首相は、マレーシアが1990年代にボスニアヘルツゴビナからの難民を受け入れた事実に言及しました。

(Intraasia 注:数百万人が既に国を離れたか離れつつあるというシリア難民がヨーロッパに向かっているというニュースは連日国際ニュースサイトに載っていますね。 3千人という数は多いとはいえないけど、マレーシアはアジアでシリア難民受け入れを表明をした数少ない国のはずです。 マレーシアは公式には難民を全く受け入れない建前、しかしミャンマー難民がこれまで数十万人マレーシアに入国している、一部は既にオーストラリアや米国に移住した、現状と経験を考えれば、受け入れは可能ということでしょう。 
イントラアジアは、我が地区に居るすごい数のミャンマー難民、さらに我がアパートにも3桁数のミャンマー難民が10年前後も住んでいるので、難民との共存は問題なしには決していかないことを実経験としてよく知っている、しかし受け入れには賛成です)

【 AirAsia X の札幌路線が始まった】
AirAsia X の クアラルンプール KLIA2 - 札幌路線が10月1日から始まりました。
クアラルンプール発は火木土日の 23時35分発、翌朝8時過ぎに札幌着。 札幌発は 月水金日の 9時20分発で17時過ぎにクアラルンプール着です。

AirAsia Xの最高経営責任者は語る、「札幌路線の反響は大変良い。12月から2月のフライトは満席に近い。 2015年の札幌路線の乗客数を25万人を目指している。」

AirAsia X は2年近くの間、毎四半期決算で赤字を記録している。またハワイ路線、ニューデリー路線なども検討中とのことです。

(Intraasia 注: ブログ 『日本人のためのよくわかる格安航空エアアジア(AirAsia)のお話』 を主催してちょうど丸5年経ちました。詳細に正確にわかり易くをモットーに既に軽く100万字を超える文章量です。 その立場から言うと、日本人利用者は依然として AirAsia に対して勝手な思い込みがあり過ぎるということです。  AirAsia は日本人に合わせた航空会社ではない、だからそれを利用する以上は特徴をよく知って上手に使う必要がある。これを知らない人が多すぎる。その理由は日本で伝えられる AirAsia に関する説明と案内のお粗末さでしょう。  AirAsia X は名古屋路線も成田路線も廃止した、不採算であればどんなに最初はもてはやされようが、廃止するのです。 札幌路線が長続きすることを願っております)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 361.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 434.1を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 302.9 を入手します。

(Intraasia 注:外為市場でまたリンギットの下落が進んだので、主要通貨はリンギットに対して切り上がった)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

10月2日のマレーシア記事

【内閣は、中国大使からの公式釈明を求めている】
(当サイトで既報した、駐マレーシア中国大使が9月25日にクアラルンプールのチャイナタウンを訪れた際に出した声明に関して、UMNO・政府内から不快感を示す発言があった。そこでマレーシア外務省は9月28日に大使を呼びだして、外務相代理との会合を行った、当時外相は米国訪問中でした)

ザヒッド副首相は述べました: 中国大使の声明に関して内閣で話し合った、そこで閣議の統一意見として、大使の出した声明に関する論議を終わりにさせるために、この件に対処する必要がある。

「私は中国大使に対して、この件に関して公式な釈明をするようにと求めます。我々はこの件を長引かせたくない。」 「中国大使を喚問したのではなく、単に呼び出しただけです。」 「華語紙は大使の話を載せていたが、我々としては大使からの公式釈明があってしかるべきです。」
「マレーシアと中国は長年良い友好関係を保っているのです。」

(Intraasia 注:政府・UMNO筋は大使のマレーシアに対する内政干渉を感じさせる発言部分だけを問題視していることを、マレーシアメディアは何回も伝えている。その部分を取り上げるのは当然のことでしょう、ただそれを含めた大使の声明は全体として、中秋節とチャイナタウン訪問にかこつけた中国の政治的主張と宣伝的側面を持っているのだが、マレーシアメディアはこのことを全然取り上げていない。Intraasia は9月28日の記事コメントで指摘しておきましたね。 
華語で書かれた声明の訳文が内閣などにも回っていることでしょう、あの声明全文を素直に読めば感じるはずなんだけど・・・・、  ウルトラマレー主義者たちは大使の発言を飛躍させて、マレーシア華人批判をしている。華語紙は大使が良きマレーシア理解者であることを示す記事を載せている。立場によっていつもながら捉え方は大きく異なります)

【煙霧は農業にも影響を及ぼしている】
煙霧の影響は鶏や野菜にも出ていると、同業者組合は主張しています。最終的に消費者が最も損することになる。 野菜の生産量が数州では3分の1減、価格は倍です。

ペナンとウエズレー地方農民組合の会長は言う、「煙霧のために、半島部北部4州のペナン州、ケダー州、ペルリス州、ペラ州、では、平均して1か月間に2百万から3百万匹のブロイラー鶏が死んでいると推測する。これは毎年大きな問題となっている。」  「半島部で生産されるブロイラー数は 1か月に5千万匹です。煙霧のおかげで時には月に4百万匹死ぬことさえある。」

「煙霧に対して、鶏は人間よりも敏感なのです。鶏は呼吸器官に影響を受けて弱る。」 「煙霧時期には、農民は鶏価格をkgあたり20セントから30セント値上げせざるを得ない。」

 「ペナン島野菜卸し商組合の会長は言う、「何種類かの野菜価格は煙霧のために倍増しています。」 「煙霧は玉ねぎとセロリの生育にもよくない。だから価格が倍になっている。」

(Intraasia 注:煙霧、マレーシア語で jerebuと言う、 は毎年の恒例出来事化している、Intraasia が知る限りかれこれ20年前後は続いているのではないだろうか。空はどんよりとして,視界は数キロm位に落ちる。
9月28日の煙霧に関する記事中で、Intraasia が大気汚染指数に関する記事内での説明がよくわからないと書いたことに関して、読者の Ishizakaさんが解説を当ブログに投稿してくださいました。当サイトはホームページ版とブログ版で提供しています、従ってその投稿はブログ版の読者はご覧になれますが、ホームペー版の読者の方は読めないことになる。そこで、http://blog.livedoor.jp/shun_ishizaka_invest-malaysia/archives/4397242.html#appendix をコピーペイストして開いてご覧ください。
 そこに書かれた解説を読むと大気汚染指数の決め方は複雑なんですね。 こういう化学的な説明をマレーシア環境庁のサイトをわざわざ開いてみる人は稀でしょうから ほとんどのマレーシア人はよく知らないだろうと思われる。つまりIntraasia も含めて指数の数値だけに左右されがちなのではないだろうか。例えば,健康診断で血液検査するとき、ある項目がAさんは非正常値にごく近い値だとする、Bさんは正常値を2つぐらいだけ超えた、これら2つに関して違いはほとんどないはずなのに、一方は要注意となり片方は注意不要となる。大気汚染指数もこれと同じような受け方となりがちでしょうね。指数がそれほど高くなくでも、ある汚染微粒子は空気中に存在しているのだから、身体に影響はあるのでは?  
ところでこういう大気汚染指数の身体に及ぼす疫学的調査と研究がもっと行われるべきですね。人は毎年、合計して年に数か月ぐらい 煙霧に晒される。 煙霧は本当は身体にどれくらい害があるのだろうか、排気ガスに比べれば大したことはないのだろうか?   いずれにしろ、煙霧の問題は1年2年で片付かないのは、これまでの歴史が証明している。)

【国民中学校における母語クラスの教師雇用を巡って】
教育省の事務局長が今週、6項目から成る新しい措置・方針を発表しました。
その中の1つは、国民中学校における母語クラスの教師の雇用を止めることを決めたことです。費用削減に関連して、その母語クラスで教える教師の雇用を止めるというものです。

しかしこの件に関して、教育省副大臣(馬華公会MCA党所属の華人)が、教育省に対してこの件を考慮しなおすようにと要望しました。
「省の費用削減のための措置は、生徒の教育と課外活動に影響を及ぼしてはいけない。」  「我々は省がもう一度この決定を検討し直すようにと希望している。」

(Intraasia 注:華語新聞特有の記事です。母語クラスとはつまり華語科目のクラスです。これだけ読んでも何の意味かわからないでしょうが、要するに、華語科目を教える華語教師の雇用を抑える決定を教育省が下した、そこで華人界の利益を代表すると自負する、馬華公会MCAの副大臣が反対意見を公表したということです。華語教育は華人界にとって最重要事の1つですから、教育省の決定・方針には常に意見を出している。 国民中学校でも華語科目はあるが、華語教育推進を期待する一部の華人界の期待ほどの質と時間数ではない、と推進派は不満を常々表明している。そこで華語教師の雇用を止めたらさらに質が落ちるということなんでしょう。 残念ながら、その具体的な内容はイントラアジアにはわかりません。なお国民型中学校という名称は残っているが、華語で授業を行う国民型華語小学校とは本質的に異なる)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

10月1日のマレーシア記事

【ガソリン類の今月の価格】
(国内取引と消費者省は、2014年末からガソリン類の価格を国際市場価格を参考にほぼ毎月変動する方式に変更しました)

9月に比していずれもわずかに値上がりしました。 1リットル当たりの統一価格です。
レギュラーガソリン RON95: RM 2.05,
ハイオクガソリン RON97 : RM 2.45,
ディーゼル油:  RM 1.90,

【Uber と GrabCar アプリを使えないようにしろと要求するタクシー運転手】
GrabCar は MyTeksi アプリを使ったオンラインタクシーサービスであり、これによって、利用者は通常の自家用車をタクシーとして拾うことができる。その車の運転手は商業車輛運転免許(いわゆる二種免許)を保有している必要はないことになる。

陸上公共交通委員会 (SPAD) は今年7月に、Uber と GrabCar はサービス相応のビジネスとしては合法である、しかしその運営の仕方は合法ではないと、発表しました。
SPAD はそれ以後、企業に属する商業車輛免許を持たない車と運転者の取締りを行っており、違反に対しては罰金を科している。

100人近いタクシー運転手が、陸上公共交通委員会 (SPAD) の本庁があるビル前で抗議の集会を行い、Uber と GrabCar のような交通手段を雇うアプリの禁止を要求しました。運転手たちは、そういうアプリは運転手の生活を脅かしていると主張している。運転手たちはさらに、タクシー関連の物品に掛かっている物品とサービス税(GST)を免除するようにとも要求している。

(Intraasia 注:街を走るタクシー車輛の中には、MyTeksi に登録していることを示すスティッカーを貼っている車を見かけるのはもう珍しくない。一方、この種のアプリ利用で自家用車転用タクシーサービスに強烈に反対するタクシー運転手もいます。 イントラアジアはアプリ利用でタクシーを使ったことがないので、今のところもコメントができない)


【未登録の高齢者用ホームの問題に政府は取り組まなければならないと、研究者らは主張】

2015年高齢化と発展に関する東南アジア専門家のフォーラムが最近行われ、マレーシアプトゥラ大学の 高齢化に関するマレーシアリサーチ研究所が発表しました: 政府は、規制を受けていない高齢者向けのホームと養護ホームがたくさんある現状の問題に取り組まなければならない。

研究所理事の教授(女性)は述べる、「高齢者用施設と養護ホームを運営するためのビジネス認可は誰でも得られますが、提供する質と料金を規定する法律が欠けている。」
さらに同教授は、疑問を感じる運営慣行と基準、外国人労働者に依存、本人の同意なくホームへ送られること、などをあげました。 「多くの人は無認可ホームに気がついていない、それどころかそういうホームにお金や物を寄付さえしているのです。」 

「現在保健省に登録した(高齢者用)養護ホームは 17ホームある、また社会福祉庁に登録した高齢者養護ホームは 200を超える。」 「ホームの運営者は自身のホームを関係当局に登録できないかまたは登録しない。」
「残念ながら、2つの関係官庁である 女性と家族とコミュニティー発展省及び保健省は、監視できるのはそれぞれ自省に登録したホームだけです、誰かが未登録ホームについて苦情を寄せない限り、未登録のホームは監視できないのです。」

老年学研究所の副理事長は、そのクアラルンプールとスランゴール州にある宿泊設備付高齢者ケア施設に関する予備調査の結果を話しました、「2013年8月時点で未認可ホームは66か所で、一方認可ホームは 50か所でした。」

高齢化に関するマレーシアリサーチ研究所の1人の研究者は話す、「より手の届く範囲にある長期ケアサービスへの大きな需要があります。」

上記のリサーチ研究所理事は語る、「長く論議されている国家健康保険にこのことが織り込まなければ、被雇用者福祉基金(EPF) が長期ケアに向けた資金メカニズムを研究する必要がある。」

米国の大学の人口研究センターの教授は述べる、「長期ケアの必要さがアセアン(ASEAN)における大きな課題です。子供たちが他所へ転居していくことで、なんらかの形のコミュニティーからの高齢者への支援が必要となる。」 例としてタイでの実験的試みの例をあげました。

全国人口と家族発展会議の議長は主張する、「長期ケアは主として民間にまかせることになるであろう、一方政府はコミュニティー基盤のケアを第11次マレーシア計画の下で設置することを考える。」

(Intraasia 注:マレーシアは最近、高齢化社会に近づいているという表現をつかっている。まあ、日本からみたらはるかに非高齢化社会であり、その心配感は比べものにならないほど小さい。とはいえ、高齢者が徐々に増えていることは事実であり且つその割合も10%に近づいている。 しかしながら政府指導者ははっきり言明している:国家が高齢者の面倒を最大限見るという西欧的福祉社会のあり方をマレーシアは目指さないし、マレーシアには不適である。 高齢者は第一に家族が面倒を見る、それがマレーシア社会の基盤であり、あるべき姿である、というものです。マレーシアのムスリム社会ではその家族価値観を西欧的家族価値観とは異なるということに重点が置かれている、よって公的な社会福祉で高齢者の面倒をできるだけみるという方向には進まない。
こういう前提で、マレーシア社会を現実的に見なければならない。 実際ある程度裕福であれば、養護ホームに有料で面倒見てもらう、または家庭で雇った住み込みメイドに高齢者の介護をさせている例は珍しくない。 介護士という公的な資格はないので、メイドがしようと、他の誰かに頼もうと規則的には問題はない。 しかし下層階級ではこの方法は無理である。よって家族に大きな負担がかかり、そこで困窮した家族が抱える問題は、個人的には解決できない。 このため公的な福祉の必要性が絶対的に大きい。
高所得者階層向けの費用の高い高齢者施設は民間にまかせておけばよいが、低所得階層向けの養護ホームを民間任せにすればどうなるかは、容易に想像できる。
マレーシアの地方自治体に高齢者や身体障害者の福祉を扱う余裕はないし、そういうことを地方自治体に押し付けても恐らく機能しないでしょう。ほとんどのケースを女性と家族とコミュニティー発展省翼下の福祉庁・事務所が扱っているのではないだろうか。 そこでなぜ保健省が関与するのかは知りません。こういうことこそ、能率的に行うために1省庁の管轄下に置くべきではないだろうか。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 BLOG TOP