プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

1月31日のマレーシア記事

【スイス司法当局は1つのマレーシア発展会社 (1MDB)によるUS$40億の不正流用などについて捜査中】
1つのマレーシア発展会社 (1MDB)がスイスの法律を犯した疑いでスイス当局が調べている件に関して、スイスの司法長官がマレーシアの司法当局に協力を求める旨の連絡を正式に行いました

スイス司法長官事務所の出した声明によれば、この要請は、外国人役人の汚職、官公署における不法行為、マネーロンダリング、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)での違法な運営に関連してスイスの法律に違反している疑いに関するものです。1つのマレーシア発展会社 (1MDB)に関して疑われる不正流用の額はUS$40億にもなる。

1つのマレーシア発展会社 (1MDB)の諮問理事会の議長はナジブ首相が務めており、IMDBはUS$110億もの巨額債務と不正な財務管理などの疑いでマレーシアの複数機関によって調査を受けていました。

このスイス司法長官の声明では、スイス司法当局は既に、マレーシアの国家企業(1MDBのこと)からの資金が不正に流用されたことの重大な兆候を明らかにした、と述べている。
「(不正流用された)その資金は(本来は)マレーシアでの経済と社会発展のプロジェクト用に割り当てられたものであったことでしょう。」 とスイスの役人は語る。

スイス司法当局は2015年8月に、1つのマレーシア発展会社 (1MDB)で働いていた2人及び身元不詳人1人に対して犯罪行為に関する捜査に着手しました。この声明では、スイス司法当局はその件で9月にチューリッヒでマレーシア側と話し合ったと書かれています。
消息筋によれば、マレーシア側の役人はスイス司法当局側にその捜査を放棄するように求めたとのこと。

(Intraasia 注:ナジブ政権とUMNO指導部は、今週マレーシア司法長官が出した1つのマレーシア発展会社 (1MDB)疑惑に関する終止符宣言で、この問題は既に封印できたと思っていることでしょう。 現に一般大衆の間にこの問題に対するナジブ政権への不信感が増すような現象は起きていない、もちろん1MDB問題を強く批判する人たちは常にあるが、それはもともと与党勢力ではないので、政権とUMNO側を窮地に陥れるようなことにはならない。
そんな中でここに載せたように、外報通信社がスイス司法当局による 1MDB追求のニュースを伝えた。これまでの流れとマレーシア大衆の捉え方からいえば、外国からの追及は国内の批判派を力づけはするだろうが、与党支持者層や無関心層にインパクトを与えるまでには至らない。なおここに書いてある数字は外報通信社があげている数字です)

【住宅価格RM 30万までの住宅は初めて住宅を購入する人に限定するという方針】

都市部福祉と住宅と地方自治体省は、住宅価格1戸がRM 30万以下の住宅を購入しようとする者に、内国収入庁(いわゆる税務署にあたる)または中央銀行Bank Negaraから認証をえることを義務付けるようにすることになります。

同省大臣はこれを説明して言う、 「その住宅購入者にとって初めての住宅購入であって住宅購入歴がないことを確実にするためである。同時に住宅購入者からの申請を容易にするためでもある」 「内国収入庁と中央銀行Bank Negara だけが、その住宅購入者が既に住宅を所有しているかどうかの十分な情報を持つことになります。」

これに先立って、政府は2016年予算修正を発表した中で、住宅1戸の価格がRM 30万までの住宅は初めて住宅を購入する者だけに販売するように制限するとの方針を明らかにしました。

(Intraasia 注:住宅価格RM 30万程度という数字は中流層の下位か中位の人たちが購買できる価格帯です。低所得層向け住宅はもっと低額、この半値ぐらいに設定されている。こういう中の下くらいまでの層を対象とした住宅は常に需要があることから、購入者による転売または賃貸しを防がないと有効な住宅政策とは言えない。余裕のある買い手がこのクラスの住宅を買って転売して儲ける事例が後を絶たないからこそ、当局はその制限を方針に掲げるわけです。)




スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月30日のマレーシア記事

【スランゴール州首相が住宅地へ出かけて紅包を配った】
(スランゴール州は国政では野党陣営である希望連合 (Pakatan Harapan)が州政権を握る州です。州首相には人民公正党PKRの副総裁が就いている)

スランゴール州首相は30日朝、州内にあるクアラアンパン地区を訪れて、住民たちと交歓しながら紅包とミカンを手渡しました。

州首相がクアラアンパン地区の会堂に着くと、当地の住民数百人から歓迎を受けました、また住民たちは州首相に向けて旧正月時の「新年快楽」 を掲げました。
ある73歳の華人女性は言う、「初めて州首相に会って感激した。」  84歳の地元男性は、州首相から紅包をもらって大変嬉しかったと言いました。「これは今年の旧正月の良い始まりだ。」

スランゴール州首相はさらにクアラアンパン地区内のある住宅地を訪れ、紅包、個別包装したミカン、 日めくり、新春年賀の贈り物を(住民たちに)手渡しました。

(Intraasia 注:ある民族界の大祝祭時に政党幹部クラス、連邦政府の大臣や州政府のトップが、住民にお祝い品を配ることは、当たり前視されている。具体的にはムスリム対象にハリラヤ時には緑色袋に入った祝い金であったり、旧正月時には華人対象に赤色袋に入った祝い金、つまり紅包と呼ばれるお年玉、となる。 めったやたらに配るのではなく、一応豊かではない大衆層、高齢者層などが対象になるようです。 この慣行は当然視されているので、与党陣営であれ野党陣営であれ行うことになる。
旧正月時期に付き物のミカンは近年は個別包装が流行っているので、手渡すのに向いている。
このようにマレーシア社会は一般に、政治家が祝祭時に物を配ること自体に批判的視点は起きない、つまり選挙民が支持する見返りとして政治家または政党がそういう行為をすることが期待されている、と言ってもあながち間違いではない)

【自家用車乗合いサービスアプリの Uber がイポーでも利用できるようになる】
自家用車乗合いサービスアプリの Uber は2月の旧正月時期に、イポーでそのサービスを開始すると声明を出しました。

「多くの人たちが旧正月時期に故郷を訪れることを知っています。そこで Uber が皆さんにより賢い移動の選択を提供します。」
「しかしながらイポーでサービスが始っても、当初利用できるのは限られたものになる。」

Uberの基本料金はRM 5.で 1分毎にRM 0.20且つ1㎞毎にRM 0.60. です。キャンセル料はRM 5.

Uber はマレーシアでサービスを開始して以来、最近2周年を迎えました。現在Uberアプリを利用できるのは、クアラルンプール圏、ジョーホールバル、ペナンです。

(Intraasia 注:タクシー業界の一部から猛反発を受けているUber ですが、ひるむようなことはないようです。サービス区域をより拡大させ、利用者をより多く獲得していくといった方針を崩さないことを、しばらく前ニュースが伝えていた。 Uberのような乗合いサービスアプリへの需要は減らないだろうことも推測できる。
当局はUber, GrabCar というサービスアプリの利用を禁止することには消極的です、でも積極的に認める意向もないようで、現在までのところ曖昧な姿勢といえる。
なお今年の旧正月は2月8日と9日が祝日です)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円をある大手銀行で両替すると RM 342.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 407.7 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 285.6 を入手します。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月29日のマレーシア記事

【首相が2016年度予算の修正を発表】
(世界の石油市場で原油価格が下落し続けていることを受けて、産油国マレーシアは今年石油関連の歳入が減るのは確実となっている。そこで少し前から、2016年度予算の見直しが現実のものになっていると、報道されていた。なおマレーシアの予算年度は暦年と同じです))

ナジブ首相は2016年度予算の修正を発表しました。
その際にまた、政府の立てる今年の経済成長率の予測を、4%-5%から 4%-4.5%に下方修正することも明らかにしました。

(発表された内容から目につくものを抜粋すると)
2015年の所得に掛かる個人所得税に関して、月収 RM 8千以下の人に控除額 RM 2千を認める。 200万人に恩恵が及ぶ。

被雇用者福祉基金(EPF) に加入者である被雇用者が毎月納める納付金の率を 11%から8%に下げる(月収に対する割合のこと)。これは2016年3月から2017年12月までの時限措置です。
これに関して、EPF は説明する: 被雇用者は8%に減率して納付する、11%のままで納付するの選択ができる。 雇用者側が納付する割合は現状維持、すなわち月収 RM 5千以上の被雇用者については12%、 月収RM 5千以下の被雇用者については 13%。

米作農民への奨励金: 米の生産において1トンにつき RM 50を現金支給する。
登録済の極貧家庭への補助策:毎月 20㎏の米を提供する、これは2016年末まで。 

中国人旅行者を増やす策:マレーシア滞在 15日間を超える旅行者にビザ取得を免除、期間は2016年3月から12末まで。

首相はその中で語りました: 「現行の物品とサービス税(GST)の率は6%を維持し、上げることは考えていない。」
「国家債務残高を減らし、それが国内総生産 (GDP)の55%を超えないようにする。 資本管理と通貨の対米ドル固定相場を取り入れることは計画していない。」

(Intraasia 注:この予算修正は、プトゥラジャヤの会議場で首相が発表しました。国会の場ではないところがマレーシアらしいところです)

【2015年の新車販売総台数は 66万6千台】
マレーシアの自動車産業は2010年以来6年連続で伸びてきました。
2015年の新車販売総台数は過去最高の 666,674 台でした。これは2014年比で微増 0.03% です。
内訳:乗用車 591, 298台、 商用車 75,376台、 

国産車メーカー2社の市場シェア 
Perodua社 : 32% の 213, 307台、  Proton社:  15.3% の 102, 175台、

外国車メーカーの市場シェア-上位3社 (全体からみて第3位から5位となる)
Honda: 14.2% の 94,902 台、  Toyota: 14.1% の 93,76台、 Nissan: 7.1% の 47,235台、

マレーシア自動車産業協会(MAA)は2016年の新車販売総台数は 2015年より多少減るであろうと予測しています。 2015年比 2.5%減の65万台。
この理由として、消費者の購買力の伸び悩み、経済状況、通貨リンギットの弱化、自動車ローンの取得っ条件の厳しさなどをあげています。

(Intraasia 注:新車販売台数の面でマレーシアはアセアン(ASEAN)中で、シンガポールを除けば、人口比ではトップクラスの販売台数だ。タイ、インドネシアの方が総販売台数では多いが、両国の人口はマレーシアよりずっと大きいからです。
それはとして Proton 車の低迷は、まさに往時の栄光今いずこですな。 ホンダとトヨタはよく売れていることが数字からもわかる)

【国会上院も TPPA を承認した】

国会上院 Dewan Negara は、 TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)に関する法案を承認しました。
21人の上院議員が賛成演説を行った後、上院議長が法案承認を宣言しました。

これによってマレーシアは(名実ともに)正式に TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)に参加することになります。

(Intraasia 注:既報したように下院で賛成多数で法案は通過した時点で、マレーシアのTPPA参加は決まった。上院は単なる儀式としての法案通過と言っても過言ではない)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月28日のマレーシア記事

【マレーシアは正式に TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)に参加する】
国会下院 (Dewan Rakyat) は27日夜、 TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)に関する法案の採決を行いました。
賛成 127票、反対 84票の結果、マレーシアはTPPA に正式に参加することになります。

下院議員の総数は222人です。与党陣営 Barisan Nasional (国陣) が134人、野党陣営が87人、無所属が1人です。この日の国会は、Barisan Nasional (国陣) 側が8人、野党側が3人の議員が欠席しました。 出席した全ての野党議員は反対票を投じました。 前スランゴール州州首相である無所属議員は賛成票を投じました。

下院で TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)法案が可決されたことを受けて、財務大臣を兼務するナジブ首相は28日に上院 (Dewan Negara) に法案を提出して、上院での支持を求めます。

(Intraasia 注:マレーシアの国会は二院制ですが、上院の議員は選挙で選出されるわけではなく、ほとんどが政府任命議員です。従って法案の採決前から結果は予想できそうです。 実質的には下院(ドゥワン ラヤットと発音)が法案の採否を決めることになる。
国会は小委員で議論して採決し、本会議にあげるという方式ではないので、 TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)に関する法案もいきなり本会議で議論し採決された。だからこういう重大議案も国会の場での議論時間は随分と少ない、たちまち採決となったというような感じですね)

【魚釣りしていたらワニに襲われた】
サバ州ラハッドダトゥ地方にあるオイルパーム農園の労働者が魚釣りをしていたら1匹のワニに襲われて、恐怖の目に遇いました。これは、(連邦土地会社公社の)Felda Sahabat 39にある池地で起きたできごとです。

夕方5時半頃に起きたその事件では、Feldaの農園で働くその男性、37歳は、野蛮なワニの牙で大腿部を傷つけられ右腕をほとんどちぎられそうになりました。
この被害者はこの地の池で魚釣りをしていたら、突然獰猛なワニに襲われて、右腕に噛みつかれたとのことです。ワニは体長2mほどもあった。

(Intraasia 注:写真も掲載されている、文字通りに血にまみれちぎれそうになった右手の被害者が救助された現場を撮った写真です。 サラワク州とサバ州ではときたまワニに襲われたというできごとがニュースになります。半島部との違いを感じさせるニュースです)

【国際 NGO が発表した汚職指数におけるマレーシアの順位】

(各国の汚職に取り組んでいるという)国際的な NGOである Transparency International が1月27日に発表した 2015年汚職認識指数では、マレーシアの順位が4つ下がって54位になりました。

Transparency International が調査して番付けに入れている国は 168か国あり、54位という順位は ヨルダン (45位), ナミビア (45位) 、ルワンダ(44位) よりも下位になる。

マレーシア国内のあるNGO連合は声明する: Transparency International Malaysia支部が発表したこの指数は、政府への信頼が落ちていること、増加する汚職への否定的な捉え方、選出された議員と役人の説明責任の欠如、を反映したものです。

「この指数でのマレーシアの位置はまた、当局が行う汚職に対する調査と起訴することに対して国民の信頼が欠けていることを示している。そういう調査と起訴はいつもほとんど何の結果ももたらさないことになってしまう。」

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月27日のマレーシア記事

【タブンハジ基金が会員に向かって、心配しなくてよいと声明】
(ムスリムが人生の後半に行う予定のハジ巡礼に備えてお金を納付するのでそれを運用し管理すること、ムスリムのハジ巡礼を司ること、などを主たる目的とした、公的な基金・財団が  Lembaga Tabung Hajiです)

中央銀行Bank Negaraが最近、 Lembaga Tabung Haji はその負債が資産を超えていると警告する書簡を、 Lembaga Tabung Haji 宛てに送りました。 この内容がインターネット上で(誰かによって暴露する意図で)明らかにされました。

Lembaga Tabung Haji 側はそれを受け取ったことを認めながらも、880万人の納付会員に向けて心配するには及ばない旨の声明を発表しました。

Lembaga Tabung Haji の最高経営責任者は声明の中で述べる: 中央銀行Bank Negaraはその書簡中で、 Lembaga Tabung Haji の投資ポートフォリオをよく説明していない、例えば子会社、プランテーション資産、不動産。

「 Lembaga Tabung Haji は財政的には良い状態を続けてきた、例えば 2015年12月末時点での現金資産は RM 107億もあります」
「全ての投資ポートフォリオを適正に評価した上で、2014年と2015年の会計年度を通して、 Lembaga Tabung Haji の全資産価値はその負債額を上回る。」

中央銀行Bank Negaraが Lembaga Tabung Haji の総負債は総資産を上回るという指摘の書簡に関して、同最高経営責任者は否定も肯定もせずに、中央銀行Bank NegaraはLembaga Tabung Haji に対して準備金方針を見直すように示唆していると、だけ述べました。

「イスラム金融機関としての Lembaga Tabung Haji  は全ての関係機関といっしょにやっていくことを確約しています。我々は準備金方針を検討している最中です。」

「従って、Lembaga Tabung Haji 理事会は財政的に何ら困難に面していない、会員にはインターネット上で何かの記事を読む際にはもっと注意するようにとアドバイスしておきます。」 「会員に対する配当金とボーナス支払いは今年第1四半期に遅滞なく行います。」
「しかしながら、2016年の先行き不透明感から、ボーナスについては現在の経済状況、株式市場、原油価格、通貨レートなどを考慮した後で発表します。」

(Intraasia 注:800万人以上ものムスリムがお金を納付することで成り立っているタブンハジ基金ですから、その財政状況は会員はもちろん政府も関心あるところとなる)

【ナジブ首相への個人献金RM 20億はサウジアラビア王家からだった】
(1月26日記事の関連ニュースです)

司法長官(検察長官)はナジブ首相が受け取った巨額献金に関する内容の一部を記者会見で明らかにしました。
「サウジアラビアの王家一族が、ナジブ首相に個人的献金として US$6億8100万(換算してRM 20億)を提供した。」

「マレーシア反汚職委員会が行った捜査に基づくと、当初RM 26億といわれていたこの資金は 2013年3月22日から4月10日までの間に、ナジブ首相の個人口座宛てに送金された。」
「この金はサウジアラビア王家からの個人献金です、これはとりたてた考慮なく首相に提供されたものです。」
「献金が不正に提供された喜ばせるものであったことを示す証拠はありません。

司法長官はさらに続ける:「(もらった献金総額の内) US$6億2000万を、2013年8月にナジブ首相はサウジアラビア王家に返しました。その理由は全額を使ったわけではなかったからです。」
「証人による証拠や証明書類を基にして、このRM 20億献金に関してなんら違法行為が行われていないということに、私は満足した。」

(Intraasia 注:ナジブ首相が他国の誰かから巨額の献金を受けたことが、批判者によって暴露された。その後複数の政府機関が調査した。最終的には司法長官の判断に任された。そして司法長官が内容の一部を明らかにして、違法行為ではないとして終止符を発表した。 ナジブ首相自身はこの件で内容を一切語らなかった。ナジブ首相はこの終止符宣言の後、この件は一件落着したので一緒に前に進んでいこうと発言している、またUMNO幹部やBarisan Nasional (国陣) 側はそれを支持している。 
こういう極めてマレーシア的あり方を、欧米的視点または西欧文化を憧憬する視点から理解するのは、まあ無理ですね。 一国の首相が他国から献金を受けること自体が問題になるはずですし、そのことを捜査されるまで明らかにしなかったことも、当然疑惑となる。 首相への外国からの巨額献金は、マレーシアという国の政治スタイルと政治家のあり方、国民の捉え方の現状を如実に示した一件といえる。 マレーシア的あり方を、民主主義理解の欠如、民意の未成熟と批判しても始まらない、結局のところその姿を見据えて付き合っていく、評していくことになります。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月26日のマレーシア記事

【ナジブ首相の個人口座への巨額献金問題では何ら違法行為はなかったと、司法長官が終止符宣言】
司法長官(検察長官)が記者会見を開いて発表しました:
(財務省翼下にある公資本の会社である)1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が当時所有していた子会社 SRC International Berhad に対する汚職捜査において何ら違法行為を示す証拠は見つからなかった。 
ナジブ首相の個人口座にRM 26億が振り込まれた件に関する捜査においてもなんら違法行為はなかった。

長官はまた、これらの捜査書類はマレーシア反汚職委員会委員会に差し戻して、これらの案件を打ち切るようにとの指示を出す、と述べました。

「全体的な事実と証拠を基づき、3つの捜査書類に関して首相はなんら刑事犯罪を犯していないことに、検察官としての私は満足しました。」
「私は本日(26日)これらの捜査書類を反汚職委員会へ戻します、そして3つの捜査書類を打ち切るように指示します。」

(Intraasia 注:これは今日明日の大きなニュースの1つですね。 一連の1MDB関連の核心問題とナジブ首相が受けた巨額献金の問題に、司法長官として公的に終止符を打つという発表です。2015年に前司法長官が病気理由で突然更迭されて現司法長官が任に就いた。 その時からある程度予感された結末といってもおかしくないと感じる人が少なからずいることでしょう)

【第30回マレーシア歌謡大賞は Potret 曲 が受賞した】

第30回マレーシア歌謡大賞 Anugerah Juara Lagu 30 が開催されました。
今年の大賞には Akim & The Majistret が歌う Potret が選ばれました。

男性7人から成るグループ Akim & The Majistret は大賞の他に、最優秀表現部門でも受賞しました。
グループのリーダーである) Akim、26歳、は語る、「私が曲を作り、兄がただちに作詞をしてくれた。」

第30回マレーシア歌謡大賞 Anugerah Juara Lagu 30が始まる前は、 Faizal Tahir が歌う Assalamualaikum が大賞を取るであるとの前評判が高かった。

Tak Pernah Menyerah を歌った女性歌手 Dayang Nurfaizahは 最優秀ボーカルを受賞。

(Intraasia 注:Anugerah Juara Lagu 30については1月22日の記事で既報しました、ミュージックビデオのアドレスも載せています。
大賞受賞曲 Potret は英語 portrait (肖像画、肖像写真) の借用語なので、綴りがマレーシア語化している。なお英語からの借用語には綴りが変化しない単語もあるし、例: hospital、 変化する単語もある、例: 救急車 ambulance が ambulans となる)

【ケダー州における州首相を巡る政変劇】
(Barisan Nasional (国陣) が支配するケダー州では、与党陣営の要である州UMNOトップ陣が州首相をその職から追放する動きがつい最近公然化したことで、毎日ニュースになっている)

どうやら州首相ムフリズの先が見えて来たようです。
州首相への謀反を起こした反州首相派は、その計画が順調にいけば新州首相がまもなく出現するであろうと確信しています。

反対派の中心である、ケダー州UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)副議長は、州内のBarisan Nasional (国陣) 側の州議会議員の大多数からの支持を取り付けました。
「25日夕時点で、19人の与党州議会議員が支持を示す法定宣言書に署名した。内17人はUMNO議員で、2人は華人政党馬華公会MCAの議員です。19人はムフリズ州首相への信頼を失っています。」

ケダー州議会は定員36人で、その内Barisan Nasional (国陣) 側が21人を擁している。 与党議員2人だけはまだ州首相追放の支持宣言にまだ署名していない。

(Intraasia 注:各州の州首相はその州内での権力の頂点にある。故に州首相の座への内部闘争はいつも激しいようです。Barisan Nasional (国陣) では州首相の任命は連邦政府の首相が決めるが、事前に州スルタンの同意が必要であり、任命式もスルタン宮で行われる。 ところで現州首相はマハティール元首相の息子です。マハティール元首相の子供は何人もいるが、政治家になったのは1人だけ。マハティール元首相がナジブ首相への攻撃を続けてきたことも、今回の州政変劇の背景にあることでしょう)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月25日のマレーシア記事

【イスラム国 (IS) 支持の過激者 7人を逮捕したと警察が発表】
イスラム国 (IS) を支持する過激派の7人を逮捕したことに関して、警察長官が声明を出しました: 特別部の反テロリズム部門が行った作戦で、 1月22日から現時点までに7人の容疑者を逮捕した。その場所はクアラルンプール、ジョーホール州、ケダー州、パハン州、スランゴール州であり、彼らの年齢は26歳から50歳である。

「彼らは国内の重要な場所を攻撃することを計画していた。」 「その内1人は(シリアに居ると推定される)よく知られた武闘主義者から指令を受けており、6人はインドネシアの過激者から指令を受けていた。そのインドネシア人は最近ジャカルタで起きたテロ事件の指令も出している人物です。」
「(逮捕の際に)押収した中には、武器の弾薬30発、聖戦に関する書籍、イスラム国 (IS) の旗、などがあった。」

逮捕された容疑者の職業は、チェンドール商い人、警備員、研究所助手、GPS技術者、ホテル従業員、工場倉庫係などです。この内チェンドル商い人は、仲間がイスラム国 (IS) に参加するために資金を受け取る責任者だったとのこと。

これとは別に、先週始めトルコからマレーシアに送還されたマレーシア人3人が、クアラルンプール国際空港で逮捕されました。この3人は2015年11月にトルコからシリアへ密出国しようとしてトルコ当局に逮捕されていました。 この3人は(上記で言及したシリアにいる)武闘主義者によって仲間に引き入れられていた。

【イスラム国 (IS) のマレーシア・インドネシア支部がマレーシアに向けた動画を公開】

イスラム国 (IS) のマレー語話者支部がマレーシアに向けて恐ろしい警告を送ってきました。
イスラム国 (IS) のマレーシア・インドネシア支部、 自称 Katibah Nusantara、がマレーシア語による挑戦的な動画をネット上に公開しました。彼らはその中で、仲間が逮捕されたことに対して復讐すると脅している。

この動画は  “Mesej Awam Kepada Malaysia” (マレーシアに向けた公のメッセージ)と題されており、その中で述べる: お前たちが我々を捕まえれば、我々は数を増やすだけだ。もしお前たちが我々をそのままにしておけば、我々はカリフ制支配を復活させるという目的により近づくことになる。

「我々は決して統治における民主主義制度に屈服しない、なぜなら我々はアラーの神だけに従うからだ。」
動画の中では、自称 Katibah Nusantara の1人はイスラム国 (IS) の指導者への忠誠を誓い、シリアでの戦闘に参加を誓っていた。

警察長官は、この動画に関しての論評をしようとしませんでした。
警察本庁の特別部反テロリズム部門の長は言う、「マレーシア政府に向けた脅しと挑戦は、彼らの恥知らずの立場を反映している。」

イスラム国 (IS) 関連のウエブサイトで公開された動画は2本あり、それをみると1本はソマリアに向けたものであり、話者のマレーシア人はマレーシア語を話しそれにアラビア語の字幕が付いている。そのため特別部は、ソマリアのAl-Shabaab で IS勢力に加わっているマレーシア人がいるだろうと推測している。 「これは新しい進展だ。マレーシアじんがテロ組織により関わっている」

自称 Katibah Nusantara はマレーシアとインドネシアの両国から200人以上が参加しているとみられている。彼らは狙撃者や自爆テロ者として大いに求められている。、
情報機関が最初、 このKatibah Nusantara グループのことをレーダーにつかまえたのは2年前です、当時は異なる名称で呼ばれていた。

(Intraasia 注: Nusantara とはマレー群島という意味です。Katibah の意味は分からない、恐らくアラビア語起源の単語でしょう。 イスラム国 (IS) の中に、マレーシア人とインドネシア人がその地理的、言語的近接さから、まとまった支部を形成しているという話しは、しばらく前からマレーシアマスコミは伝えていました。
ところでソマリアでイスラム国 (IS)側の兵士として戦闘に加わっているマレーシア人がいるということなのか・・・・・。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月24日のマレーシア記事

【 TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)の国会論議と採決を前にした野党陣営の動き】
(昨年 TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定) に関する大枠合意がなされた際に、マレーシアも合意に加わって TPPA参加を表明した。 来週国会で論議と採決をした後、政府はTPPA参加を最終的に決める意向です)

クアラルンプールで TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)参加に反対するデモ行進と集会が行われました。 参加者数は推定4千人です。
デモ参加者は圧倒的に党カラーの緑色の衣服を着たイスラム政党 PASの党員・支持者が占めていました。

(2015年にイスラム政党 PASから分裂して結党された)Parti Amanah Negara(国家信頼党)の総裁、人民公正党PKRの幹部などもデモ行進に参加しました。しかし民主行動党DAPの幹部は1人だけでした。

デモ隊はクアラルンプール中心部にある国立モスクから、Hancur TPPA (TPPAを破壊しろ)、 Hiup Islam (イスラム教は永遠に)などと叫びながら、Merbok広場へ行進しました。

これとは別の Tuanku Abdul Rahman通りから行進したデモ隊は Bantah TPPA(TPPAに反対)などと声をあげました。
TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)を批判する人たちは、TPPAに参加すれば薬品の価格が上がり、米国の大企業が小さなブミプトラ会社を圧倒してしまうことになると、訴えています。

一方独立広場( Dataran Merdeka)周囲にはデモ隊の進入を防ぐためにバリケードが築かれており、警備の警官隊の姿が目立ちました。

今回の反TPPAデモと集会では、イスラム政党 PASと Parti Amanah Negara(国家信頼党)は依然として続く反目を示しながら、互いに避けあいました。
Amanah 党の支持者たちは(PAS党とは別の地点から出発して) 独立広場( Dataran Merdeka)を目指しました。しかし警察に進入を阻止されたことで、引き換えしました。

別記事
野党陣営である希望連合 (Pakatan Harapan)は、その所属国会議員は全員  TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)に反対投票することになる、と民主行動党DAPは来週の国会開会に備えて述べました。

ごく最近、イスラム政党 PASの総裁が、マレーシアの貿易活動で華人が圧倒している現状を下敷きにして民主行動党DAPは TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)を支持していると、DAPを批判しました。

民主行動党DAPの書記長(ペナン州州首相でもある)は、 TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)を取り巻く民族的感情を批判しました。「批判者は言う、我々が華人だから TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)を支持すると。 ところがTPPA は米国による協定であり、中国によるものではない。」

「中国は TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)を支持していない。 TPPAに賛意を示しているのはBarisan Nasional (国陣) とUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)である。」

(Intraasia 注: TPPA (環太平洋戦略的経済連携協定)に対しては、与党陣営と野党陣営はそれぞれ陣営内がきれいにまとまっているかというと、そうではないことがこれまでの様々なニュースからわかる。 一つの党内でも党の立場とは異なる消極的賛成者または反対者がいるようです。 TPPAが極めて広範囲な面に関する協定なので、出身母体や支持者層によって態度が明確にならない政治家もいる一方、明確にしている政治家もいる)




テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月23日のマレーシア記事

【人気商品を踏み台に独自のマーケティングを展開するマレー女性起業家】
Datuk Seri Vida または Dr Vida と呼ばれて人気ある Dr Hasmiza Othman女史の会社Vida Beauty Sdn Bhd は、全国のマレー人家庭の間では知名度が高い。 これはこのイポー基盤の会社が テレビのショー番組(複数)のスポンサーになって流した  “Qu Puteh, Qu Puteh, barulah putih” という宣伝文句が視聴者に容易に浸透していったことからです。

Intraasia 注: この Puteh という単語は白いという意味ですから、要するに肌が色白になったということでしょう。 最後の単語は”なったばかり”という意味。

 Datuk Seri Vida は注目を集めた、クランタン州サッカー協会と2シーズンに渡るスポンサー協定をまとめたことで、彼女の最新のベンチャーは、自分の事業をスポーツの世界に持ちこむことです。その結果、同社の最も売れ筋商品である健康ドリンク  Pamoga と 肌を色白にするドリンク Qu Puteh の名称を含めるということだけでなく、州のサッカー選手のジャージ色とホームグランドのスタジアム色を明るい バービーピンクに変えることになった。

このスポンサー契約料にRM 2千万を使うことも辞さないと Datuk Seri Vida は言ったと報道されたが、インタビューの際に彼女は契約金額を明らかにしませんでした。

Datuk Seri Vida はインタビューで述べる、「今や Pamoga Qu Puteh The Red Warriors と呼べるようになった。彼らはこのことに同意しました。」
クランタン州出身44歳の Datuk Seri Vida は多くの酷評を得ている一方で、彼女はまたマーケティングの名人だと褒める人たちも多い。彼女の会社の従業員は150人を数えるが、マーケティングコンサルタントは1人もいない。彼女は誇っていう、「マーケティングは自分のスタイルでやっています。コンサルタントは不要です」

同社が2015年のマレー音楽界の授賞式典  Anugerah Juara Lagu 29 でRM 300万を費やしてスポンサーを務めた後、その人気製品 Qu Puteh の知名度はさらに広がりました。

人気製品 Qu Puteh は注目を引き付ける理由を持つと、Datuk Seri Vida は説明する。 これは消費者がそれを飲む際に色白になることを願って製品名を唱えます。 その発音は “aku putih” に似ているのです。

Intraasia 注: Qu Puteh は恐らく クー プティ と発音するのでしょう。「私は色白だ」という意味の “aku putih” はアク プティ という発音になる。だから似ていると言える。aku は口語で常用される 私という意味です。 マレー語の語彙にはそもそも Q が語頭に来る単語は数えるほどしかない、それだけでも奇抜な名称と言えそうです。

彼女が家を出るといつもファンに頼まれて一緒に撮る写真や彼女への批判に関して、Datuk Seri Vida はうんざりしていると言いいながらも、はねつけています、「そういったことは成功の代価と比べたら大した問題ではない。」

(Intraasia 注:少し前に載った記事です。 この記事の主たる狙いはマレー女性起業家にスポットを当ててその姿を紹介することのはずです。Datuk Seri Vida という企業家のことは初耳であり、それはそれで結構な成功物語でしょう。しかし Intraasia が注目したのはその点ではなく、その人気製品の背景です。 Intraasia はこれまで Qu Puteh という製品は知りませんでした、広告を見たことがあったかもしれないが、記憶には残っていなかった。
マレー女性がそれほどまでに肌の色白に憧れるからこそ、この製品は売れているのでしょう。 マレー人は一般的に肌は浅黒い感じの人が多いが全員ではない。なぜならマレー人という定義の民族は祖先がジャワ系、ミナンカバウ系などなどマレー半島とインドネシア島嶼部各地の民族、さらにアラブの血も交じっている、あまり単一の系統ではない。 そういう中で、なぜ肌の色白が好まれるかは興味深いテーマです。もっとも残念ながら、このテーマを論じるほどにはマレー女性の美容意識・願望に通じていません。
肌を色白にするドリンク Qu Putehのような製品の広告はマレーメディア媒体に限られることは間違いない。 クランタン州サッカーチームのファン層は99%がマレー人でしょう。つまり製品マーケティングの対象層はマレー人だけだと言える。 こういう製品は少なくない。マレーシア語紙、とりわけ大衆紙を見ると、英語紙、華語紙では全く目にしない製品広告がいっぱい載っている。 一方華語紙の広告には華人対象だけの製品も少なくない。 媒介言語で明確に境界分けされている。 ) 

【人気ブランドの美容製品に水銀が含まれていることから、保健省が販売禁止を言い渡した】
保健省の長官が、国内の美容品ブランド Qu Puteh の下で発売されている製品 Whitening Pro9cream には水銀成分が含まれているために、販売禁止にしたと発表しました。

「我が省に消費者からの苦情があり、この製品を使ったら髪の毛が抜けたり、耳鳴りが起こる状態になった。 マレーシア国家薬品管理庁が Whitening Pro9cream を検査したら、高濃度の水銀成分を検出しました。 消費者側ではこの製品の使用を止めたら状態が改善したとのことです。」

保健省長官の声明文では次のように指摘する: 美白製品や不老化製品ではよく水銀成分が含まれている。しかし保健省は、水銀成分を含む美容品は何であれ決して許可しません。なぜなら水銀は人々の腎臓や神経系統に重大な障害を起こすからです。 水銀はまた体内にいる嬰児の脳の発育にも影響を及ぼします。

別記事
Qu Putehブランド製品 Whitening Pro9cream を製造販売している会社のオーナー  Dr Vidaは 「Whitening Pro9cream は市場から直ちに回収します。」 と述べて、消費者に向けて、「我社の他の美容製品は安全です。引き続き使って下さい。」

(Intraasia 注:水銀含有の美容品を製造販売した会社には営業停止の処分をすべきでしょうけど、そうはならないようです。消費者側も訴訟を起こすぐらいにならないと、今後も同じようなことが起きかねない。しかしながら、同社幹部は何者かによる妨害行為の要素がある旨の発言をしている、つまり同社の発展をねたんだ何者かが故意に水銀を混入させた可能性を示唆しているということのようだ。 仮にそうなら、事はまた別の展開となる)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円をある大手銀行で両替すると RM 361.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 426.2 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 297.3 を入手します。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月22日のマレーシア記事

【第30回マレーシア歌謡大賞の候補作に選ばれた 12曲】
(マレーシア音楽界が年1回行う授賞式である) Anugerah Juara Lagu 30 では国産の最優秀曲 12曲が登場することになる。 マレーシア音楽界にとって輝ける水準を示す作品として大賞を受賞すべく競います。 

競われる12曲をあげます(カッコの中が歌手名):  Sampai Mati (Hazama), Potret (Akim & The Majistret), Assalamualaikum (Faizal Tahir), Biarkanlah (Drama Band), Hanya Namamu (Caliph Buskers), Knock Knock (Elizabeth Tan), Malam Ini Kita Punya (Bunkface), Angin Kencang (Noh Salleh), Bukan Hal Aku (Kaka Azraff dan Aliff), Mana Mungkin (Black), Not For Sale (Stacy), Tak Pernah Menyerah (Dayang Nurfaizah).

Anugerah Juara Lagu 30 で初めて候補作を持って登場する、華人歌手の Elizabeth Tan、23歳は優勝するとは期待していませんと語る。

(Intraasia 注:長い記事のごく一部です。上記の候補曲 12曲とその歌手を全て知っていたらかなりのマレー歌謡ファンですね。Intraasia はマレーラジオ局をかけ流しているので、恐らく大多数の曲は聞いたことがあると思うけど、しっかりと曲名または歌手名を知っているのは多くはない。 
マレーシア歌謡大賞ではあるが、主たる分野はマレー歌謡ですから、マレーシア語曲がほとんどとなり、歌手も当然マレー人ばかりとなる。だから上記のように、華人歌手が候補作を歌うのは珍しいことのはずです。 英語タイトル曲でも、英語歌詞が混じったとしても、本質はマレーシア語歌謡です。
Youtube で探したのでそのアドレスを載せておきます。 Knock Knock  https://www.youtube.com/watch?v=PdDWEz_mHms、  Not For Sale  https://www.youtube.com/watch?v=tFpN1JInn-k、 両曲とも典型的なマレー歌謡ではなさそうに感じる。 
その他曲のミュージックビデオの Youtube アドレスです、試にご覧になってみるのもいいではないでしょうか。 Potret  https://www.youtube.com/watch?v=q54jClwBcrM、 Sampai Mati  https://www.youtube.com/watch?v=w7zFjmrd1Lk、 Biarkanlah  https://www.youtube.com/watch?v=b11lN7vVASs、 
Angin Kencang  https://www.youtube.com/watch?v=NbKw5LwPH_s  実はこのミュージックビデオは日本で全て撮影されており且つ日本語歌詞まで付いているのです。 Intraasia の喫茶ツイッターで2014年末に紹介しましたよ。 
Tak Pernah Menyerah   https://www.youtube.com/watch?v=R24lzCfvdX0、 Bukan Hal Aku  https://www.youtube.com/watch?v=OrVyLlcU8Zs、 Hanya Namamu  https://www.youtube.com/watch?v=2ZppRjhjJog )

【スラヤン卸売り市場界隈で何百人もの違法外国人を逮捕した】
クアラルンプール郊外の Selayang 地区にある Selayang 卸売り市場界隈で行われた当局の合同取締りで、何百人もの違法外国人滞在者が警察に逮捕されました。これはごく最近起きた事件を受けてのものです(1月19日の記事で既報)。

1月21日の朝行われたこの取締り活動には78人の各機関の係り官が参加し、市場近くの通りにある 2つのアパートを捜査しました。警察の他に、クアラルンプール市庁、国連難民高等弁務官事務所、イミグレセン(Imigresen)の係り官です。
「我々は彼らに強いメッセージを送っている。」と関係者は語る。 取締り活動は数日続くものだと思われる。

新聞社が目撃した中に、取締りを逃れようとして隠れている違法外国人労働者が何人かいました。

(Intraasia 注:スラヤン地区というのは行政的にはスランゴール州に属するがクアラルンプールに隣接している。まだまだ高層ビル群が少なく、電車路線が全くない地区です。外国人旅行者が訪れるようなことはまずないし、クアラルンプール圏在住の日本人でこの地区のことを知る人はごく少ないでしょう。 そこにあるスラヤン卸し売り市場はクアラルンプール及び近郊における最大級の市場です。その周辺に外国人労働者が集まって来たのは、はっきりわからないが1990年代の末頃か2000年代初め頃ではないだろうか。Intraasia は90年代の昔から数多く訪れたことがあるので、こういう解説を書いている。
現在では、かなりの外国人労働者集中地であり、とりわけリトルミャンマー化している。ミャンマー人には難民の割合が結構あるので、外国人労働者と難民から構成されているはずです。 外国人労働者にも難民にも密入国者または違法滞在者が多いのはマレーシアの常であり、別にミャンマー人に限らない。だから当局が行う外国人労働者取締りでは、必ず違法外国人が多少に関わらず捕まることになる。
今回の取締りで既に3桁数の違法滞在者が捕まったということは、スラヤン卸売り市場界隈にはそういう外国人の比率が高いということでしょう。 このあたりのショップロットや路地にはミャンマー人相手のテナント店、ミャンマー人向けの露店をたくさん見かける。ショップロットの上階は住宅なのでどこもミャンマー人が住んでいるだろうことを推測させる。違法外国人でも合法な仲間世界に簡単に混じり込んで暮らせる、リトルミャンマー化する由縁です。当局だってもちろんこういうことは知っているはず。しかし日常的に常時取締るようなことはしない。何か問題が起きるとまたはごく不定期に取締りを行うことになる。 その背景には、マレーシアの諸産業が合法違法に関わらず外国人労働者に依存した面があるからです。 毎日各地で違法外国人労働者を根こそぎ取り締まるようなことをしたら、建設現場はどこも完全に止まり、サービス・小売産業や中小の工場はやっていけなくなることは間違いない。 
Intraasia は新聞の記事からでは外国人労働者・難民に関わる記事をよく載せてきました。現代のマレーシアを語るに外国人労働者・難民を抜きにできないからであり、こういうことは目立つニュースとして日本で伝えられないからこそ、Intraasia は伝え続けています)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月21日のマレーシア記事

【クアラルンプールの小中学校の欠席率は田舎のそれよりずっと高い、と大臣】
学校の新年度が始まって第3週目になっている。都市部の小中学校の中には生徒の欠席率が高い学校があるとの報告が出ています。

教育省大臣は述べる、「最近の生活費の高騰から、都市部の貧しい家庭の生徒は家庭の収入の足しにするために働かされている。このことがいくつかの学校での登校率の低さに寄与している。」
「クアラルンプールの小中学校における登校率は、87%、88%g程度になっている。一方郡部の学校では98%、99%です。」

このことは關係当局に重大な関心を呼び起こしています、なぜなら貧困が貧しい生徒の教育機会を奪うべきではないからです。

Bernama通信社の記者が Taman Dato' Harunにある マタハリキッズクラブで会った子供は言っていた、「一生懸命勉強して、両親が私を誇りにするようにします。」

マタハリキッズクラブとは、Matahari 卸しハイパーマーケットがムスリム援助マレーシア人道基金の協力を得て設置したクラブであり、放課後及び週末に生徒たちに勉強の指針を提供しています、これはまた子供たちが街をうろついたり悪い行動に加わるのを防ぐことにもなっている。Taman Dato’ Harun, Taman Medan、Puchong の各地区に住む低所得層家庭の子供たち 約50人がクラブに登録しています。

ムスリム援助基金に属して3年というある先生、26歳、は言う、「このキッズクラブに登録していない生徒でもクラブでみんなと一緒に時間を過ごせます。ただクラブの特別活動には参加できない。」 「我々は生徒たちに宿題の説明やその手伝いをします。」

「キッズクラブに来ている子供たちの親たちは、警備員、タクシー運転手、個人自営業をしており、月収はRM 1500に満たない人が多い。」 「そういう親たちは子供を塾に通わせられないので、 彼らはキッズクラブから本を借りてコピーすることもします。親たちは子供の進捗状況をよく尋ねてきます。」
マタハリキッズクラブには、パソコン、参考書、文具が揃っており、勉強に良い環境を備えている。 学校休暇時期には、クラブの子供たちは物の手作りクラスや料理クラスなどにも参加しています。

自己啓発の専門家である、Muhaya Mohamad教授は、生徒が親の稼ぎを手伝うために学校をさぼっているとの報道言及して語る、「子供たちは義務として親を手伝うのであるが、子供の教育を犠牲にしてはいけない。年若い者たちにとって教育は最大の優先です。学校休み時期に子供たちが親の商い場所で手伝っているのをよく目にする。それは子供が商い知識や客扱いの知識を得るのに役立つ。しかし学校をさぼて金を稼ぐのは子供の将来にとって愚かなことである。」」

(Intraasia 注:夕方,近所の補習校から多くの子供たちが出て来るのをよく目にするので、クアラルンプール圏の子供たちは補習(塾のこと)通いが多いなあと、いつも思う。マレーシアは堅固な学歴社会なので、親たちは子供が全国統一試験で良い成績を取り、内外の有名校へ進学させるために補習通いを奨励する。 当然それなりの資力が必要だ。低所得層はこの面でも不利になるといえるでしょう。 マタハリキッズクラブのようなクラブの存在は適当な年齢の子供がいない者たちにはまことにわからない、とりわけそれがムスリム組織の援助であればなおさらだ。)

【新生Malaysia Airlines は外国人最高経営責任者の下で会社再興中】

(長年業績不調に苦しみ、さらに2014年に起きた2つの航空事故で決定的ダメージを受けた)マレーシア航空(MAS)は新たに雇われた(欧州人の)最高経営責任者の経営の下で、2015年9月に新生会社 Malaysia Airlines Bhd (MAB) に移行した。

マレーシア航空(MAS)当時の従業員数 2万人から、新会社移行に伴って6千人がリストラされた。
Malaysia Airlines Bhd (MAB)を保有する持ち株会社 Khazanah Nasional Bhd(国家資本の会社です)は、リストラされた6千人が生活を維持していけるようにと、 企業開発センターを設置しました。

同センターは2015年6月にオープンして、訓練サービス、技術訓練、キャリアカウンセリング、起業の情報などを提供している。
2015年11月終りの時点で、元マレーシア航空(MAS)従業員中の3千人が 企業開発センターに登録しました。登録者中の 1165人は成功裏に同センターを去りました。その内 650人は起業を選んだとのこと。 現在400人弱がプログラムに参加中です。

新生会社 Malaysia Airlines Bhd (MAB)はリストラだけでなく、コスト削減として 20%を減らしました。
最高経営責任者は宣言する: 2015年末までに赤字を食い止める、 2016年は事業を安定化させる、 2017年までに再度成長を見込む。 利益を生む航空会社になることをめざす。

Malaysia Airlines Bhd (MAB)は2016年2月から、アラブ首長国連邦のエミレーツ航空と広範囲なコードシェアリングを始めます。これはクアラルンプールからドバイまで及びドバイ以遠の欧州、中東、アフリカ、アメリカに及ぶので、乗客により幅広い選択を提供できることになる。

このコードシェアリングによって、Malaysia Airlinesの乗客は、欧州で毎日最高 38都市へ飛べるようになる。例えばチューリッヒ、ローマ、ミュンヘン、フランクフルト、マドリードなど。 
Malaysia Airlines は不採算の路線を廃止したのですが、(コードシェアリングによって) Malaysia Airlines 乗客はその廃止した都市へも飛べるようになります。

エミレーツ航空は現在、クアラルンプール国際空港(KLIA)発着の航空会社中で、乗客数でトップの会社です。
最高経営責任者のこういったイニシアチブが実施されることを考慮して、アナリストたちは2016年は Malaysia Airlines Bhd (MAB)にとって良い年になるとみている。

(Intraasia 注:新生マレーシアエアラインズも国家の威信を背負ったナショナルキャリアです。これまでと違う点は、(近年では)初の外国人最高経営責任者を雇い、 かなりのリストラを成し遂げたことでしょう。さらにかなりの不採算路線を廃止して、いわばスリム化を目指しているようです)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月20日のマレーシア記事

【ビール会社 ギネスアンカー社の業績は良い】
(マレーシアで昔から生産と販売をしているビールメーカーは Carlsberg 社と Guinness Anchor 社です、両社とももちろん外資系企業です)

Guinness Anchor Bhd (GAB) は上場している マレーシア証券取引所(Bursa Malaysia)宛てに、同社会計年度の第2四半期決算(2015年12月31日締め)を公表しました。 同社は昨年会計年度を変更しました。

それによると、 対前年同期比 19%増の RM 9084万の純利益であり、主としてコスト減のおかげとのことです。また消費者向けの販売額も増えました。
同社の上半期決算では、利益は17%増の RM 1億5394万でした、また売上高は微増の RM 9億3千万でした。

Guinness Anchor Bhd (GAB) はマレーシアにおける事業活動が今年50周年を迎えます。
Guinness Anchor Bhd (GAB) はこの半年間で 4つの新ブランドを発表しました: Tiger White,  Smirnoff Ice Black 、 加えて限定販売の Tiger Radler Mandarin Orange と Strongbow Red Berries。

マレーシアで醸造した上記4つのビールの1つTiger Whiteビールの新発売発表式が昨年ありました。この発表式は、クアラルンプール郊外の Desa Sri Hartamas 地区にある Publika(ショッピングモール)を会場として行われました。その添付写真です。クリックしますと全体が見えます。

tigerbeerlaunch-s.jpg

(Intraasia 注:半期でRM 1億5千万の利益か、ビールメーカーの業績っていいんですね、同社の株価も低くない。酒類を飲まない Intraasia はTiger Whiteビールに関しては全く知りません。
それはとして、この写真が目をひきました。こういう衣装姿の宣伝レディーをずらりと並べたプロモーションを行える場所は、クアラルンプール圏でも限られていると言える。ムスリム多数派の国として、マレーシアはこういうことに関しては二重基準があるからです。当然ながらビールの公開宣伝やこういう衣装女性が並ぶイベントをクランタン州やトレンガヌ州では行えない。 クアラルンプール圏のどんなショッピングセンターでもこの写真のようなプロモーションが行われるまたは行えるわけではない、 典型的なアップタウンであるDesa Sri Hartamas 地区のような地のショッピングセンターだからこそ主催者企業はそこを選んだはずです)

【スーパーマーケットにおける買い物用手押し車のハラルと非ハラルの区別化】

国内取引・協同組合・消費者省は、今後営業免許を取得する必要条件の下でスーパーマーケットが用意している買い物用手押し車をハラル用と非ハラル用に区別することに関する指針を提案しました。

同省の事務局長はクアラルンプールの買い物用手押し車の区別化を行ったあるスーパーでの式典で語る、「政府としては現在、スーパーマーケット運営者に買い物用手押し車を区別するようにと奨励しているだけであり、これは義務ではありません。」

「しかしながら、我が省はスーパーマーケット運営者に買い物用手押し車を区別することを慣行とすべく奨励している、というのはこのように自主的に遵守することで、他社が同様の措置を講じるようになる発端になるからだと、考えます。」

「自主的な遵守が行われないというような時点になれば、政府は、ムスリム消費者が買い物においてより快適により自身を持てるように指針を設定せざるを得ません。」
「決めることになる指針の中には、買い物用手押し車をハラル用と非ハラル用で色を変える、支払いカウンターを別々にする、といったことがあります。」

(Intraasia 注:前にも触れたことですが、買い物用手押し車のムスリム用と非ムスリム用の区別化を行えば、支払いカウンターの区別化も要求されることになるのは自然な流れといえる。多分それで終わらないでしょう、ムスリム界の一部から配達車の分別、店の倉庫の分別も要求にのぼってきても不思議ではない。 こういう宗教的要求は経済効率や合理性とは無縁のものといえる。 
1990年代前半、イントラアジアがマレーシアで暮し始めた初期は、このような話題はまずなかった。クランタン州でのごく限定的なことであったはずです。しかし時代は移り、マレーシアムスリム界では”ムスリムとしてのあるべき”何々を求める潮流は益々強くなっている。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月19日のマレーシア記事

【物品とサービス税(GST)を徴集する義務があるのに依然として登録していない業者の存在】
2015年から物品とサービス税(GST)の課税が開始された。 そこで物品とサービス税(GST)を徴集して納税しなければならない事業者は税関庁に登録する義務がある。

そこで税関庁の長官が、1月17日から全国一斉に未登録業者の追跡を始めたと、述べました。「登録義務があるのに登録してない業者は直ちに税関庁に赴いて登録するように、そうして罰則を受けないようにしなさい。」

この未登録業者追跡行動は 1月22日まで、24時間行うとのことです。それが終わったら、税関庁は再度見直してまた追跡行動を行います。

「誰であれ当局を欺くことはできません。この行動は専門家としてふさわしい態度で行われるでしょう、さらに国内の 1500人の税関庁取締り官は活動時には必ず制服を身につけなければなりません。」

(Intraasia 注:物品とサービス税(GST)徴集業者として登録していない業者においては、これまで売上操作によってきちんと税金を納めていない業者が多そうなことは推測が付く。なぜなら昨年の GST業者登録では税関庁の推測より多くの業者が登録したとのニュースがあった。 GST課税開始前までは納税していなかった業者がかなりあったそうだ。GST 施行は、業者にあるべき事業者会計の記帳を義務つける、そのため事業者はその会計のごまかしをしにくくなるわけだ。
ところで、何らかの官庁の取締り時に制服の着用がその正当性を証明する一つだからです。ある官庁の検査官・取締り官を騙って調査を行う際に、被調査者にお金のことを持ち出して解決を示唆する、そこで被調査者が金を払うつまり金を騙し取られる、という事例は昔から知られたできごとです)

【クアラルンプール郊外のスラヤン卸市場で起きた事件を巡って】
クアラルンプール郊外の Selayang(スラヤン)地区にある Selayang卸売り市場で起きた襲撃で 75人を逮捕したと、警察が明らかにしました。

同地区を管轄する Sentul 管区警察の長は述べる、「我々は市民に呼びかけます:5,6人のインド人が殺されたなどといったデマ情報をまき散らさないように。噂は状況を悪化させるだけだ。」 「Selayang卸売り市場に武器を持ち込んだ外国人を1人逮捕した。市場はしっかりと警備しており、24時間2人の警官が常駐しています。」

1月13日に自動車で通り過ぎる際に市場に向かって発砲したことで、翌日20歳の男が逮捕されたと報道があった。この事件で30代が1人、幼児が1人けがをしました。
そしてこの事件である、1月18日の夜10時頃、車に乗った5人の男が市場の群衆に向かって乱射した。その結果2人のミャンマー人が負傷した。

市場のインド人とミャンマー人間に争いが起きているとの話しについて、警察は一蹴しました。

Selayang卸売り市場でインド人業者が外国人から攻撃を受けていることで身の安全を心配していることに関して、これより前、青年とスポーツ省の副大臣(インド人)はSentul 管区警察の長及び与党MIC党の幹部らと一緒に、市場の業者らと面談しました。 「インド人業者の安全は保障する。」 
さらに 「イミグレセン(Imigresen)と市庁と警察は違法商売をしている外国人業者に対する取締りを行うべきです。」 とその警察署長は述べました。

(Intraasia 注:抑えた調子の報道です。スラヤン卸し市場内外における、外国人が商売している件はもう何年も前から時々報道され、問題視されてきたことです。外国人といってもスラヤン卸し市場界隈に集中しているのは、ミャンマー国籍の人たちです。Intraasia が以前調べに行った時、市場の周囲に建つショップロット街はずっと以前からリトルミャンマー化していることを知りました。クアラルンプール圏にリトルミャンマーは複数あるが、スラヤン卸市場界隈は最大級ではないだろうか。 ミャンマーからの少数民族難民が主体なのかビルマ人が主体なのかは区別できませんでした。 
彼らは市場内では合法的に商売できないので市場の外で商いをしていると言われる。一般外国人が何であれ商売するのは違法なので、違法商い人と見なされるわけです。 ただ現実は多くのミャンマー人だけでなくマレーシア人もそういう違法商いで買い物をしているそうです。 だから市場のマレーシア人業者はそういう商いを苦々しく思うことになる。こういうことが続くことで、争いの根が生まれてくる。 単なる争いになるのではなく、民族的恨みを持った争いに発展しかねない。市場内業者はもちろん、華人も、マレー人も、インド人もいますが、恐らく市場内のインド人業者がとりわけ争いに関わったことで、インド人界のならず者たちが発砲に関与したのでしょう。 
マレーシアは多民族社会であるばかりでなく、近年は多民族外国人労働者社会にもなっている。その中でミャンマー人は3大外国人労働者グループの1つであり、何十万人ものビルマ人と国連難民である少数諸民族(シャン人とかモン人など)から構成され、彼らは非常に結束が強く固まって住んでいる。  マレーシア人の中には外国人労働者に対して蔑視感を示す者もいる、外国人労働者は当然それを敏感に感じ取る。 一方市場のマレーシア人業者は外国人違法商い人を批判してきた。こういう動きはずっと前から報道されてきた。管轄するクアラルンプール市庁の不十分な対応によって不満をたまらせてしまう。 外国人労働者とマレーシア国民の関係は本来持ちつ持たれつのはずですが、ある現象面でそのバランスが崩れることが珍しくない。)

【麻薬取引によって贅沢な生活を送っていた男を逮捕した】
ジョーホール州警察は、ジョーホールバルとシンガポールにまたがって活発に麻薬取引に関わっていた容疑者を逮捕しました。さらに推定RM 50万以上と思われるこの男の資産も押収しました。

警察はこの30代の男を Larkin 地区で逮捕し、その後男の自宅へ連れて行き、そこで高級外車、高級外国バイクなどの資産を押収しました。同時に 51gのシャブも押収しました。これらの物の価値はRM 55万近くになるとのことです。

ジョーホールバル警察の幹部は説明する、「容疑者は麻薬取引によって贅沢な生活スタイルを送っていた。彼は4台の高級車も保有していた。」

(Intraasia 注:シンガポールとジョーホール州を地盤にして暗躍する麻薬グループは昔からあるようです。両国とも麻薬取引者には有罪即死刑判決となる国ですが、麻薬取引から得られる甘い生活は、ある人たちにとっては抑止力にならないようです)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月18日のマレーシア記事

【テロ攻撃の可能性を示唆した政府高官発言を強く否定する警察】
警察は、差し迫ったテロ攻撃の脅威に面しているような特定場所をあげることはないと、否定の声明を出しました、そして裏付けのない情報を広めないようにと市民に呼びかけました。

マレーシア警察庁の情報部門の長は述べる、「治安対策を強化した旨を既に発表したことは、インドネシアで起きたテロの後での自然なことである。」 「マレーシア警察は、特定の場所がテロリストの脅威にさらされているというような声明は全く出していません。」 「警察長官が言及したのは、全ての公共場所において監視と治安対策を強化するということです。」
「市民は、正式な当局が発表する情報に基づかないニュースを信じ込まないようにしてください。」

17日朝、内閣の一員である連邦直轄領大臣が、戦士グループが KLCC、ブキットビンタン街、 Publika, Solaris, Hartamas, Bangsar、 The Curve などの場所を狙っていると述べました。 同大臣は、政権与党UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)の幹事長も務めている。
「テロリストたちの動機は、国を不安定化することである。これはジャカルタで来たテロ攻撃に似ています。」

これに対して、クアラルンプール警察の長は、クアラルンプール市内の治安は強化しているので、国民も外国人旅行者もそれぞれの活動をするのに安全である、と保障する発言をしました。「同大臣がどこからこの情報を得たのか、我々は知りませんが、我々は公共場所の治安は強化しています。」

警察は16日に、イスラム国 (IS) の容疑者4人を逮捕したことを明らかにしました、逮捕者の中には自爆テロを狙っていた1人も含まれるとのこと。

(Intraasia 注:政府内の誰かが、テロ攻撃の可能性を示唆する発言をする、警察はそういった見方を否定して、治安強化は怠りないと強調する。これはこれまでにもありました。もっとも警察自体これまで何回も、テロ攻撃者の存在を示唆し且つ容疑者を何十人も逮捕または予防拘禁してきた。
世界のイスラム教界で起きている現状を考えれば、2千万人のムスリム人口があるマレーシアですから、ごくごく少数の過激分子が生まれてもおかしくないし、現にイラク、シリアに渡ったマレーシア人ムスリムは3桁数に近いようだ。またムスリム社会の大海を利用して外国からイスラム国 (IS) シンパが紛れ込む可能性があっても不思議ではない。 
イスラム国 (IS) の勃興が起きるはるか前から、マレーシアのムスリム社会でも、大多数のムスリムが信奉する教義・方向性とは異なるあり方を実践する小さなグループは絶えず生まれ、存在してきた。だからこそ警察の特別部や、イスラム教発展庁(Jakim)などが中心となって異端者たちを取り締まり続けてきた。だから現在のマレーシアムスリム界で生まれている、ごくごく少数の戦闘的グループの存在は不思議ではない。そういうことが他国の市民の注意を引き付けるか引き付けないかの違いなのです。
テロ問題専門家でなくても、ある者が自爆テロ目的で行動すればそれを防ぐことの難しさは容易に推測が付く。 Intraasia は数十回のタイ深南部訪問をしてきた、だからタイ深南部のような断続型テロはマレーシアでは起きないと断言できる。 ただあるかもしれないと仮定すれば、偶発的な狙った自爆または憤死覚悟のテロは、警察でもなかなか防げないと思いますけどね)

ショップロット建物で営業している多くの格安ホテルの問題点
ペナン州の消防と救助庁の言によれば、州内の格安ホテルの大多数は安全基準を満たしていない、そのため泊り客と市民を危険性にさらしています。
ペナン州の自治体の記録が示していること: 州内に 301軒の格安ホテルがある。 その内安全基準を充分に満たして営業免許を得ているのは、わずか27%に過ぎない。

ペナン州消防と救助庁の長は、先週 Lorong Bagan Luar 路地で起きた格安ホテル火事現場を訪れた後、この恐ろしい事実を明らかにしました。 このホテルは築30年の3階建てビルに作られており、火事発生より前に同庁から安全ではないと指摘されていました。 

「多くの格安ホテルは本来はホテル用に設計されていないショップハウスを改造したり、改築して造っている。 」 「多くの格安ホテルは営業するために必要とされる安全基準を満たしていない。」 とペナン州消防と救助庁の長。 「ホテルは、非常時の脱出のために火災報知器を設置し、非常出口を設けなければならない。」
「また人口密集地の狭い路地にあるホテルもある。そこで泊り客の車がたくさん駐車することでその地に交通混雑を起こしている。」

ペナン島市庁の管轄下には 278軒の格安ホテルがあり、その内営業免許を得ているのは 79軒だけです。163軒は暫定営業免許だけを得ており、この暫定免許は全ての規定を満たすことで、通常の営業免許に変更できます。さらに無免許の36軒には、2016年10月31日までに暫定営業免許または通常営業免許を申請しなければならないと、猶予期間が与えられています。

「消防と救助庁の検査と承認は必要条件となっている。ホテルは毎年検査を受けることが義務付けられている。 営業免許は毎年の更新です。」
同長はしかし、格安ホテルで消防庁の基準を満たしていない正確な軒数を明らかにしようとしませんでした。

ペナン島市庁の事務長によれば、「無免許ホテルには当初2015年12月31日までの猶予期間が与えられた。しかしその後安全基準を満たすために期間が上記のように延長された。」

ペナン州本土側である Seberang Perai 自治体では、格安ホテルの 4軒に営業免許を発行し、19軒に暫定営業免許を出しています。
自治体の事務長によれば、「暫定営業免許は、ホテル側に安全基準などを満たすべく十分な期間を与えている。」 「我々は後日検査してから、通常免許を与えるかどうかを決めます。」

ペナン州は2015年11月に、格安ホテルの営業免許申請に関して、料金を改めました: 11月以前に申請すれば RM 2400、しかしそれ以後の場合は料金は4倍となる、つまり無免許ホテルは RM 9600の申請料となる。「新たに30軒の格安ホテルが無免許で営業していることがわかった。」
暫定営業免許の料金は11月前に申請すれば RM 4800です。11月以降の場合は RM 7200となる。

(Intraasia 注: この危険な格安ホテルが雨後の竹の子のように増えている現象は、別にペナン州に限りません。クアラルンプール圏では90年代終り頃から徐々に増えてきた、ケダー州、ヌグリスンビラン州、マラッカ州という他州でも起きている一般的な現象です。イントラアジアはずっと前からこの点を指摘しており、例えば危ない格安ホテルの写真は Intraasia が毎日つぶやく喫茶ツイッター でも載せています。 
なぜ危ないか、ショップハウスは間口が狭く奥が深い、当然そのホテルの両横隣は他のテナント店でふさがっており、非常階段は極めて不十分なものであるか、またはそれがない。ショップハウスビルの角で営業する格安ホテルでも非常階段を持たないのは珍しくない。 当然窓のある部屋はごく一部となり、内部の通路と階段はかなり狭い。 火事になったら逃げ場はまずない。 
こういう現状の下で、ほとんどの格安ホテルは営業している。 安全基準を満たしていないのに暫定営業免許を出す、無免許ホテルでも堂々と営業している、というのはマレーシアの常です。 消防や自治体に閉鎖命令を出せる権限はあっても現実には施行されない。なぜ?それはマレーシアという国の国民性に基づく面があって単に当局だけを責められない。安全が二次的な捉え方をされているのはこの例に限らないことは、多くの事例とニュースから明らかです。
Intraasia はかれこれ30年ほど東南アジア各国の安ホテル、バジットホテル、エコノミーホテルを何百軒も泊まってきた(泊数にすれば更に多い)。80年代、90年代に一般的であった、安ホテルは古く汚く、温水もないのが普通だったが、ゆったりとした作りであり天井が高く隙間が多い、そして通路も階段も割と広い。逃げ道はそれなりにあった。しかし現在のショップロット格安ホテルは部屋数を多く設けるため、内部が狭く、且つ部屋は密閉状態であり、煙などに気がつくのは間違いなく遅れる。火災報知器があっても果たして機能しているかの保証はない。 要するに泊まる方がこういう事実をわきまえて泊まりなさいということです。) 




テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月16日のマレーシア記事

【医療休暇を認める証明書の偽造】
警察は、クアラルンプール圏にある国立病院が発行する医療証明書の偽造を行っていた秘密グループを壊滅させました。その際1組の夫婦を含む3人が1月13日に逮捕された。

スランゴール州商業犯罪部門の長は述べる、「スランゴール州 Dengkil 地方の  Sungai Buah村にある彼らの家でその夫婦、28歳と40歳、を捕まえた。そのグループの首謀者は32歳の失業者であり、スランゴール州Gombak 地方のアパートで捕まえた。」

(Intraasia 注:マレーシアは労働法で医療休暇が既定されている。医療休暇は通常の有給休暇の枠外としてある。一般に雇用主は、被雇用者が医療休暇を取る場合、事後に医師が署名する医療休暇が必要との証明の提出を求める。そこでこの医療休暇が必要だという証明を偽造する者たちは昔から存在している。そしてそういう偽造グループ摘発のニュースが時たま報道されます。偽造を提出したいという需要があれば、そのための供給が生まれる、という典型的な例です))

【トレンガヌ州では唯一の国立病院はデング熱入院患者で混雑している】
(全国的な)最近のデング熱感染患者の大発生のために、トレンガヌ州では州に1つしかない国立病院の病床がデング熱患者で一杯になっています。

当新聞がクアラトレンガヌにある  Sultanah Nur Zahira 病院を取材したところ、中央ビル内で”デング熱病棟”と指定された病棟は賑わっていました。
保健省は、デング熱患者は治療を遅らせると回復の機会が少なくなると警告しています。

ある入院患者は言う、「病棟はほぼ満室です。患者が退院するとまた別の患者がやって来る。」 ただ病院職員が、状況をコントロールできているように見えます。
女性用患者病棟は、見舞いの家族たちで混雑しています。 今年これまでのことろ、トレンガヌ州ではデング熱のために3人が死亡しています。

トレンガヌ州保健局は、 Sultanah Nur Zahira病院内の 3つの病棟をデング熱病棟に指定しています、「1月13日時点で110人の患者が入院している。」

(Intraasia 注:人口が比較的少ないトレンガヌ州ですが、国立病院が1つしかないとは意外です。マレーシアでは公立病院は大学病院を含めて国立だけです。私立病院の医療費の高さは低所得層には最初から考慮外ですから、一般大衆層にとってデング熱感染での入院はまず国立病院が選択肢となる。クアラルンプール圏なら公立病院は各地にある、経済的に可能であればもちろん私立病院の選択は数多い。
トレンガヌ州ではそういう選択肢はかなり限られるということがわかります。ここには載せなかったが、100㎞以上離れた町から入院しに来た患者のことも言及されています)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 362.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 428.9 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 298.2 を入手します。

(Intraasia注:国内に何百とある民間の公認両替屋のレートは店舗によってかなりの幅があり様々です。同日の同時点において両替え利用者側から見て、ここに掲げたある主要銀行のレートより良いレートの店もあるし、悪いレートの店もあるということです)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月15日のマレーシア記事

【パハン州のボーキサイト埋蔵量の減少が激しい】
パハン州のボーキサイトが掘りつくされるのに長い年月はかからないでしょう、というのも乱採掘が続いていることで、州のボーキサイト埋蔵は数年以内になくなってしまうでしょうから。

鉱物と地学局が出している最新情報によれば、パハン州はボーキサイト埋蔵量で最大の州であり、8千万トンと推定されている。しかしながら、2015年に推定最大2千万トンもが採掘されたかもしれないとの報道があります。つまりパハン州はそのボーキサイト埋蔵量をこれから大体4年から5年で掘り尽くしてしまいかねないということです。
鉱物と地学局の幹部は語る、「マレーシアのボーキサイト埋蔵量は大きくはない、だから高率の採掘は埋蔵量に影響を及ぼしている。」  

鉱物と地学局のデータを参照すると、現在マレーシアのボーキサイト埋蔵量は推定 1億900万トンです。その大部分である 8千万トンがパハン州に埋蔵されている、次いでトレンガヌ州が 2350万トン、サバ州 260万トン、サラワク州 160万トンです。

ボーキサイトは精製されてアルミナとなり、さらに製錬してアルミニウムができる。アルミニウムはあらゆる品に使われている。
解釈するところでは、1トンのボーキサイトがRM 60から100で売られている、またアルミナ含有の高いボーキサイトはトン当たり最高 RM 150で買われている。

鉱物と地学局の幹部の話し: 免許を持つボーキサイト採掘業者が指定された鉱山から採掘した量は 2014年は96万トンでした。その内の72%、約70万トンはパハン州で採掘され、約27万トンがジョーホール州でした。
2015年のマレーシアのボーキサイト採掘量は11月までで 280万トンも記録した。これは2014年の3倍ぐらいにあたる。しかしながらこの数字には違法な採掘や採掘活動の数字は含まれていない。 なお採掘に関することは州の土地と鉱物事務所の管轄下にあります。

中国の税関当局のデータをみると、2015年は9月までにマレーシアから輸入したボーキサイト量は 1587万トンです。 専門家はマレーシアの2015年の総採掘量は 最大で2千万トンという数字をあげている。
ボーキサイトの大産出国であるインドネシアが輸出量を制限したことから、2015年はマレーシアの採掘活動が非常に烈しくなりました。

(Intraasia 注:パハン州で展開されてきたボーキサイト採掘と運搬にまつわる出来事は、卑近な表現を使えば、ゴールドラッシュならぬボーキサイトラッシュといえるでしょう。)

【半島部東海岸でクアンタンまでを結ぶ鉄道支線の建設案がある】
パハン州の東海岸部を通るマレー鉄道の駅 Mentakab と クアンタン間を複線鉄路で結ぶプロジェクトが計画されています、さらにこのプロジェクトは全て民間セクターの資金で行われることになります。(実現すれば)この種の鉄道プロジェクトが民間資金だけで行われるのは初めのこととなる。

消息筋によれば、このプロジェクトは既に政府の上層部から承認を得ており、まもなく発表されることが期待されるとのことです。「中国の企業体がこのプロジェクトを請け負うことに興味を示している。」

新しい鉄路の建設に関する一般論としていうと、km あたり RM 4千万から6千万の費用がかかる。 従ってMentakab-Kuantan間 の鉄路建設には約 RM 50億以上がかかることでしょう。 マレー鉄道 Mentakab駅は クアンタンの西 道路距離で約120㎞の所にある。

この区間の鉄路建設は、クアンタン港の発展をより促進することになるでしょう、同港は貿易用の、とりわけ中国との貿易において、主たる中心地となるべく発展中です、
クアンタン港の開発には既にRM 40億が投資されたとの報道があります。 この区間の鉄路は主に貨物輸送に使われると期待されている、しかしながら旅客輸送も行われるかもしれません。

クアンタン港の運営者である クアンタン港協同事業体 Sdn Bhd の株式の40%を中国のGuangxi Beibu Gulf International Port Group Co Ltd が保有しており、 同社はこの株式を2年前に  IJM Corp Bhd からRM 3億1千万で購入しました。

(Intraasia 注:Gemas - クランタン州 Tumpat 間の路線を マレー鉄道東海岸線と言う。 東海岸の主要都市であるクアンタン、クアラトレンガヌ、コタバルから全く外れて、海岸線からかなり遠い内陸部を走っている。 なぜこんなルートになったのか、その理由は20世紀の早い時期にこの東海岸線を建設した英国にある。英国は植民地経営の一環としてこの路線を建設し、その狙いは英領マラヤ産出が産出するゴムの輸送が主たる目的だったのです。だから貿易港のシンガポールまで東海岸線はつながっていた。
決して西海岸のクアラルンプールなどから効率よく東海岸州の都市とを結ぶ目的ではなかった。 マラヤ独立後、マレー鉄道はクアラルンプールとクランタン州を結ぶ列車を運行してきたが、一度ジョーホール州北部まで南下しそれから北上するというたいへん非効率な運行とならざるを得ない。 最も望まれるのは、クアラルンプールから西へ向かって半島部を横切ってクアンタンとを結ぶような鉄路ですね)

【シェア減少が止まらない Proton 社の話題】
国産車メーカーの持ち株会社  Proton Holdings Bhd と  Suzuki Malaysia Automobile Sdn Bhd は、戦略的協力の下で2016年末までに共同開発車を発売する計画です。

「スズキとの協力関係によって技術の共有とコスト管理の効率維持ができることで、プロトン社はスズキ自動車の強みを活用できるようになります。」 とProton 社は声明しました。

スズキ自動車は既にマレーシアでの生産活動を中止しています。協力関係の一環として、Proton社は スズキの人材、モデル、自動車技術などの利用が可能になっている。

2015年6月に結ばれた協定の下で、スズキ自動車ディーラーの25店が既に Proton Edar ディーラーに転換された、そして Proton と Suzuki の両方のロゴを掲げています。このことで、これらのディーラー店は 5万人弱の スズキ自動車オーナーへのアフタサービスを提供でき、またディーラーは Proton車の販売もできるようになっている。

別記事
Frost & Sullivan 自動車産業2016年展望の数字によれば、Proton は日本のホンダに追い抜かれるという屈辱に面しそうです、これはProton 車がこの5年間販売不調だったことからです。
Proton 車はかつて乗用車市場で圧倒していたのですが、現在ではシェアは 17.7%です、2011年のシェア 29.6%から大きく落ちました。

第2国産車メーカー Perodua は依然として乗用車市場で最も圧倒しており、 2015年のシェアは 36%に増えました。
ホンダは相変わらず外国車メーカーの中でトップを走っており、2015年はシェアを増やして 15.9%でした。

(Intraasia 注:Perodua とProton は主たる販売車種クラスが異なるからそれほど重なり合わない。Proton は小型車主体だが、2000㏄クラスも発売した。これは成功とはいえない、このクラスで外国車には適わない。 Proton がかつてのシェア50%を復活できるなどありえないが、Proton が生き残れないようになればマレーシアの目指した国産自動産業戦略の失敗を意味することになりかねない)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月13日のマレーシア記事

【デング熱の感染者数がさらに増えている】
2015年のデング熱感染においては 120,836 人が報告された感染者数です。これは2014年の 108,698 人より 11.2%増でした。

昨年がデング熱感染のひどい年とするならば、今年はさらにひどくなっています。2015年11月から感染者数がさらに増えており、2016年の第1週はなんと 3337人が報告されている。

2015年1年間の週平均デング熱感染者数は 2300人ですから、それよりも1千人も多いということです。保健省は、エルニーニョ現象の影響から今年は感染者数50%増になりかねないと、警告を発しています。

(Intraasia 注:去年は平均して月に1万人のデング熱感染者数か、実に多いなあと心配になる。 Intraasia の通院検査体験から言うと、公立の医院や病院ではデング熱感染の可能性を訴えても全然驚かれない、義務的に血液検査しなさいと言われる程度に感じた。月に1万人も感染しているのであれば、確かに医療機関にとってもそういう患者の出現は意外なことにならないことは推測がつきます)

【イスラム国 (IS) の下でマレーシア人子供8人が訓練を受けていると、警察庁の最高幹部】
(警察庁本部下にある特別部、英語名 Special Branch、は公安、政治関連を扱う公安部門としてその強大な権限で知られている)

特別部が明らかにしたところでは、少なくとも8人のマレーシア人子供がイスラム国 (IS) 戦士として採用されてシリアまたはイラクで訓練を受けています。

特別部の長官が記者団に語る、「この件で警察は十分なる情報を得てはいないが、これまでの警察調査によれば、その子供たちはイスラム国 (IS) の基地で訓練を受けている。」 
「子供たちはイスラム国 (IS) 子供センターに置かれて、イスラム国 (IS) 戦士として育てられ訓練を受けることになる。彼らはイスラム国 (IS) に加わった親たちにシリアやイラクへ連れて行かれた。」

「(警察がまとめた)最新の情報では、シリアとイラクでイスラム国 (IS) に加わっているマレーシア人の数は47人である。」 「その内の12人は女性です、そして男性35人中の8人は子供である。」
「現在までのところ、17人が自爆テロ犯として死んだと報告されている。またマレーシアに帰国したイスラム国 (IS) 戦士は裁判所に起訴された。」

「彼らがマレーシアに帰国してそのイスラム国 (IS) 思想を広めるのではないかとの恐れから、警察は彼らの行動を監視しています。」

【サラワク州先住民族が慣習権の土地を侵害されたと、州政府などを相手に訴訟を起こした】

(サラワク州の何十にも分類されている先住民族の中で、プナン族は人口的に少数派民族であるばかりでなく、州政権に批判的な立場を取る少数民族でもある。その彼らが果敢に州政府と木材伐採兼プランテーション農園会社相手に抵抗していることで、マレーシア国内よりもむしろ西欧諸国や日本でより知られているかのようです。この種のニュースは半島部主要マスコミの重要扱いニュースには決してならない)

サラワク州奥地の Kapit 郡にある Punan Bahロングハウスの住民が、彼らがBelaga 地方に持つ先住民族慣習権の土地が侵害されているとして、サラワク州政府及び9つの組織を裁判所に告訴しました。

ロングハウスの住民約1千人を代表するとして、3人が訴訟を起こしたものです。訴訟で名前をあげられた被告は、サラワク州州政府以外に、7つの木材伐採とプランテーション農園関連会社、サラワク州森林局長官、サラワク州政府翼下の資源計画と環境大臣です。

原告側の弁護士は説明する: Punan Bah ロングハウスの住民が主張する先住民族慣習権としての土地 10万エーカー(約4万ヘクタール)がこれまで侵害されてきた。この侵害のために、慣習権土地を流れる複数の川が汚染されてしまい、彼らの生活に影響を与えている。 ロングハウス住民の狩猟地と漁業地は破壊されたり侵害され、彼らや先祖が植えた果樹と作物は破壊されてしまった。

原告の3人は訴える:Punan Bah地区のロングハウスと農家の周辺に位置する土地または森林は、Punan Bahロングハウスの住民の先住民族慣習権土地または森林として正規の所有者であり、権利者である。
この土地は自分たちの生活の糧であるばかりではなく、人生そのものである、なぜならその土地は彼らにとって基本的なことであり、先住民族として子孫の社会的文化的精神的存続でもあるからです。

この訴訟についてはシブの高等裁判所で2月上旬に公判が開かれる。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月12日のマレーシア記事

【国内のムスリム夫婦の離婚が増えている】
この6年間に全国で、ムスリムカップル 27万4千組が離婚しました、同時に国内のイスラム教の家族組織に憂慮を引き起こしています。

マレーシアシャリア司法庁の統計によると、2015年は1月から8月までで 38,035組が離婚しました。
この統計に基づけば、平均して1日に156組もが離婚していることになる。

この他、過去5年間ムスリム夫婦の離婚が明らかに増えている傾向にある。つまり 2011年の43,749件から 2014年は  53,870件になった、これは1万件以上の増加です

女性と家族とコミュニティー省の大臣は言う、「記録された離婚の件数には結婚期間5年以下のものが含まれている。 」 「調査結果が示していることは、離婚という形で終わる結婚期間が5年以下の割合は、女性が 37.2%、男性が 35.4%です。」
「永続しないようなこの状況は、結婚という船を操っていく中で夫婦にとって5年間は大変重要な期間であることを示唆している。」

(Intraasia 注:概数でいうと、2015年の人口は約3千万人、内約2千万人がムスリムです。この数字を基にしてムスリムの近年の離婚状況を考える必要がある。)

【マレーシアオリジナルのブランドやチェーン店で成功した人たち】

British India -同名ブランドの高級なファッション衣料を製造販売するブティック業
Pat Liew 女史が1994年に創業。
現在の店舗数は 42店、ビジネスを4か国に展開している

Rotiboy - 高級なパンと関連品を製造販売するベーカリー業
Tan氏 が兄弟姉妹の協力を得て、1998年にペナン州 Bukit mertajam にパン屋をオープンして創業。 
その後業務拡大を狙って、クアラルンプールに店舗移転した。最初はうまくいかなかったが、KLCC近辺の店が大繁盛となった。 その後2004年からは海外に事業を拡大、シンガポール、ジャカルタ、バンコク、韓国、台湾などに店舗を出す。
現在では、カフェ、移動式バンでのパン販売も始めている。
Rotiboy の代表的パンは メキシカンブン (アンパンのように中身の入ったパンのことを bun という)

Senheng Electric  - 家電製品販売チェーン店
Lim Kim 氏が 1989年に、クアラルンプールの Pandan Jaya 夫婦と数人の従業員で 家電販売店をオープンして創業。
現在全国に 125店舗を擁する、さらにベトナムに4店舗。 総売上高は 2014年にRM 10億を達成した、今年もその見込み大と同社社長。
同社の成功の理由の1つに、顧客ロイヤルティーカードプログラムがある、200万人の顧客名簿。
Senhengグループは事業の多角化を既に行っており、ペットショップ、ツバメの巣養殖、魚養殖業にも手を出しているとのこと。

(Intraasia 注: British India、 Rotiboy は有名ショッピングセンターで目にする。Senheng Electric は近隣に住宅地を持つそれなりに訪問者数があるであろう商業地区・街で見かけます。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月11日のマレーシア記事

【中東でマレーシア人イスラム国 (IS) 戦士2人が自爆して多数を死傷させたという報道】
ある英語紙が報じたニュースです: 先週イラクとシリアで、マレーシア人イスラム国 (IS) 戦士がそれぞれ別々に自爆テロを実行した。その結果33人以上が死亡した。

自爆テロ者はトレンガヌ州出身 26歳のマレー人は12月29日に イスラム国 (IS) の保持する地区 Raqqaで対イスラム国 (IS) 共同戦線相手の戦闘中に自爆し、一方31歳のマレー人は、バグダッド北方の軍事基地で警官隊相手に自爆したとのことです。

この2人のマレー男性は2014年にマレーシアを離れてからイスラム国 (IS) に加わったと報道されています。
この結果、イスラム国 (IS) のために戦って死亡したマレーシア人の合計数が17人になりました、その内6人は自爆テロ者です。

(Intraasia 注:マレーシア人というよりマレー人がイスラム国 (IS) に加わっているのは、既定事実となっている。世界のムスリム国またはムスリム多数派国からイスラム国 (IS) 戦士に加わっている例は多いそうですから、マレー社会からそういう者が出ても不思議ではない。もちろん治安当局と政府は防止手段だけでなく事前拘束などの手段も取っている。
あるイデオロギー、ここではイスラム教という宗教思想だが、が先鋭化すれば暴力的極端化は避けられない。 これは演繹的に述べれば歴史的事実なのです。もっともマレーシアのイスラム教指導陣や政府・警察はそういう捉え方ではないですけどね)

【日系チェーン店内で女性のスカート内盗撮をした容疑で日本人男性が捕まった】

有名ショッピングセンターで女性のスカート内を動画に撮った日本人男性が、買い物客に捕まりました。

ショッピングセンターの警備員によれば、10日午後7時頃その30代の男性は日系の店舗へ入って行き、ハンドバッグをみつくろっていた。彼は店内を少し歩き回った後、その店で買い物しようとしていたある女性客とその友人の後を追った。 被害者の友人が言うに、2人の背後でその男が腰をかがめて i-Phone で盗撮していたのを見つけた。

被害者はその男を詰問した、彼は i-Phone を自分のハンドバッグに隠してその店を出ようとした。しかし店の従業員と客たちに彼は阻止された。
その後男は警察に引き渡された。彼は Mutiara Damansara警察署に拘留されています。

その警備人によれば、男のi-Phone を調べたところ、被害者のスカート内を撮った動画が1本あった。
( Mutiara Damansara警察署を管轄内に持つ)ペタリンジャヤ管区警察の長はこのできごとを確認しました。男を人間の慎みを犯したことによって取り調べている、とのことです。

別記事(華語紙)
1人の日本人男性が人の往来ある店舗の中で女性のスカート内を盗撮しました、そのことが被害者の友人や他の人に見つかって、そのショッピングセンター内で捕まりました。

このスカート内盗撮事件は、10日夜 9時頃ペタリンジャヤ地区のショッピングセンター内にある Daiso 100円ショップ内で起きました。
この容疑者、30代、はその時手に1個のハンドバッグを持っていた、そして買い物中の1人の華人女性に近づいていきました。その脇を通る際にハンドバッグを開けて i-Phone らしきを使ってその女性のスカート内を盗撮した。

この容疑者のおかしな挙動を女性の友人と 別の男性買い物客1人が目にしました。そこで直ちに 2人は容疑者に詰め寄りました。
店の従業人が言うところでは、その容疑者は詰め寄られたことで必死になって逃げだそうとした。しかし2人が彼をしっかり捕まえておりそうはできなかった。

この華語紙サイトに写真も掲載されているので、その写真のアドレスを載せておきます。こういう愚かな者は社会的にも罰されてしかるべきです。
http://news.sinchew.com.my/files/preview/640x409.2016.01.10.hqsn160110b01_1.jpg

(Intraasia 注:両新聞ともはっきりと日本人男性と明言しているので、容疑者は日本人に間違いないようだ。記事に多少の違いはあるが、例えばできごと発生の時間、できごとそのものは信頼できる記事だと考えていいでしょう。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月9日のマレーシア記事

【保健長官からクアンタン地方の住民へのアドバイス】
保健省長官はパハン州クアンタンの住民に対して、健康への悪影響を避けるために汚染川から汲んだそのままの水を使わないようにとアドバイスする声明を出しました。

「もし気分が悪くなったら、近くの医院へ行きなさい。 汚染された川で取られた魚類を食べないように。このことは環境庁が予防策としてあげています。」
「パハン州の保健局はボーキサイトが及ぼす一般市民の健康への影響を監視する方策を取るようにしました、これは飲料用の水質と医療機関で治療を受けた患者の数を監視することによるものです。」

「保健省は Semambu, Bukit Sagu、Bukit Goh にある各浄水場からサンプル水を取りました。 それを化学庁が分析したところ、重金属パラメーターと 国家飲料水品質基準に合致していることがわかった。」
「クアンタンにある医院でも2014年以来、上部呼吸器官感染、ぜんそく、などの患者を観察している。」 「パハン州では食の安全と品質部が2か月ごとに食品の品質を監視しています。」

「保健省がまた分析しているのは、魚介類( いくつかのマレー名をあげて mengkerong, kekek, gelama, andeng 、 lokan) が鉛、カドミウム、無機ヒ素に汚染されていないかです。」

(Intraasia 注: ボーキサイトによる汚染ですから、大腸菌などの細菌類ではなく、もっと深刻な上記のような重金属類汚染が憂慮されているわけです。 2か月ごとの検査で十分なの?という疑問も出て来る。 
重金属汚染の深刻さは水俣病のように極めて重大なものとなる。 1950年代60年代かつての高成長期の日本はこの種の愚かで深刻な汚染被害を経験した。 現在は環境にうるさい西欧諸国でもかつては一杯同じような環境汚染により人体被害を出してきた歴史がある。 半世紀遅れで高成長を続けている中進国のマレーシアはなぜこういう前例に学ばないのか、とつくづく思う。 
この1,2年パハン州でのボーキサイト採掘と輸出狂乱が起こしている、起きている問題は、一時的な細菌感染などではなく、重金属汚染になる可能性があることは化学畑ではない素人でも推測が付きます)

【ペナン大橋から身投げする自殺者または自殺未遂者の数】
(ペナン州の本土側とペナン島を結ぶ)ペナン大橋では2015年、自殺者または自殺未遂者が少なくとも月に1人出ました。

ペナン大橋から身投げした者は8人でました、また身投げしようとして消防員または通行者によって制止された者が4人いました。
「自殺しようとする者たちは、人を避けるために静かな場所を選びがちです、そしてペナン大橋は毎日激しい往来にも関わらず、その条件を満たすところがあります。」と NGO " Befrienders Penang" の幹部は説明する

ペナン州消防と救助庁によれば、ペナン大橋からの自殺者は2014年は5人でした、「自殺者の数が増えているとわかった。」
また同庁によれば、第2ペナン大橋からの身投げ者は、2015年は3人、2014年は2人でした。

(Intraasia 注:この人数を多いなあと捉えるべきか、その程度なのかと捉えるべきか・・・・・)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 365.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 430.3 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 300.1 を入手します。

(Intraasia 注: リンギットが対米ドルで下げています。だからシンガポールドルに対してもまた下がっている。ところで 円が 3.60 を超えたのは数年ぶりではないかな、かなりの好レートと言える、これは円が対米ドルで多少切り上がっている面もあるのでしょう。外為市場は上がったり下がったりと日々変化しているので、良いレートを待っていてもなかなかそうはいかない、ピッタリと時期を当てるのは難しい)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月8日のマレーシア記事

【ケダー州はタイプサムを臨時州休日にした】
(ヒンズー教の祝祭タイプサムは全国祝日ではなく、 州によって扱いが異なる。2016年のタイプサムは1月24日になるとのこと)

ケダー州政府は今年のタイプサムを臨時州休日とすると発表しました。
これは州の行政理事会で決めたと、州首相が発表しました。

州首相はしかし、タイプサムを固定した州休日とすることに関しては、「ケダー州の州休日割当ては既に一杯になっている。 だからもう一つ州休日を増やすことはできない。」 と述べました。「ケダー州の民間分野もこの日を(臨時)州休日とするように」 と呼びかけました。

(Intraasia 注: マレーシアは連邦制の国ですから、各州はその州独自の州休日を設定するありかたをとっている。2015年の例では、タイプサムを州休日としているのは5州及び連邦直轄領のクアラルンプールとプトラジャヤです。いずれも比較的インド人口比がある州です。 ヒンズー教の全国的祝祭としては昔からデーパーバリがある。さらにタイプサムを全国祝祭日とするのは難しい状況です。 イスラム教の祝祭はいくつも全国祝祭日になっているが、他宗教・民族の祝祭はそれぞれ1日となっている、華人の旧正月だけ2日。
なお、ジョーホール州、スランゴール州が国内サーカーリーグで州代表チームが優勝したことを記念して急きょ州臨時祝祭にすることが、つい昨年もありました。)

【中国にとってマレーシア産ボーキサイト輸入量は最大割合を占める】
マレーシアから中国向けに輸出されるボーキサイトは、2015年1月から11月までの期間をみると中国のボーキサイト全輸入量 4900万トンの40%も占め、輸入先としてトップです。2015年の平均ボーキサイト価格は US$45/ トン。

以前中国はボーキサイトの輸入の多くをインドネシアに依存していたところ、インドネシアが同国のボーキサイトの輸出を2014年早期に禁止してからというもの、マレーシアの多分に規制されていないボーキサイト鉱業は急速に成長しています。

別記事
2015年にマレーシアが産出したボーキサイト量の推定 2千万トン。
2015年7月時にパハン州政府が採掘免許を取り上げた数 34.
現在パハン州で採掘免許を得ている合法的なボーキサイト採掘業者は 11. しかし違法な採掘の激しさから、実際に幾つの現場でボーキサイト採掘を行っているかは不明。

(Intraasia 注:いつもながらです、違法な業者の暗躍とそれを許してしまう行政側の甘さと汚職の存在疑惑が、このボーキサイト採掘狂乱にも見られる。違法な何々業は数々の業界に出現するので、珍しいことではない。ただ今回はその結果環境破壊と健康への影響問題を起こしている)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月6日のマレーシア記事

【外国人労働者が保健に脅威を及ぼしているという主張】
合法外国人労働者の人数 - 人的資源省が発表している統計から

外国人労働者の出身国別
インドネシア: 828,283、  ネパール: 526,933、 バングラデシュ: 275,668、 ミャンマー: 143,056、 インド: 136,435、 
パキスタン: 72,977、 フィリピン: 64,043、  ベトナム: 51,169、 中国: 12,549,  タイ: 12,422、
以下は1万人以下 カンボジア、スリランカ、ラオス、
合計 213万9474人

外国人労働者が雇用されている分野/ 産業別
工場: 760,104、 建設業: 440,339、 プランテーション農園: 305, 404、 
サービス業: 292, 021、 農業: 194,603,  家庭住み込みメイド 147,003
合計 213万9474人

マレーシアにおける外国人労働者の保健と健康診断などを管轄する機関 Fomema が明らかにしたデータです:
外国人労働者 100人を抽出すると10人の割合で深刻な病気を患っている者がいる、例えば肺病、B型肝炎、エイズなど。
従て、合法外国人労働者 213万人に対する割合から 20万人ほどの外国人労働者が深刻な病気を患っていることになる。

Fomema の統計では、マレーシアで健康診断を受けている外国人労働者の数は各年で120万人にしかならない

(Intraasia 注:国々の間には歴然とした経済発展度の差がある、 だからどんなに規制しようと外国人労働者という人的流れはなくならない。ましてやマレーシアは多分野で外国人労働者依存国家ですから、現実として外国人労働者なくして国家の経済は成り立たない。 そういう前提で、外国人労働者はマレーシアより保健と衛生面で遅れた国家体制の国からやって来るわけです。 だから有病率がマレーシア国民より高くても不思議ではない、病気が見つからず、知らずにやって来る、または自覚があってもそれを隠している場合は珍しくないということでしょう。
合法外国人労働者であっても義務的健康診断から漏れる率もあるでしょう、それ以上に問題は合法外国人労働者と同じくらいの人数がいる可能性すらある違法外国人労働者の存在ですね。いうまでもなく違法外国人労働者は健康診断など義務として受けていない。 
ということで、単に雇用者側の外国人労働者に対する管理の問題ではなく、マレーシア国民自体が外国人労働者を必要とする環境を作り出しているというあり方に行きつく。外国人労働者の存在自体を批判しても何の解決にもなりません、いかに問題少なく外国人労働者と共存するかがマレーシアの長年の課題ですね)

【全国の新1年生の人数】
学校の新学年が始まりました。
3日の日曜日から始まった4つの州: ケダー州、クランタン州、トレンガヌ州、ジョーホール州 
小学校入学の1年生の総数 133,980人、 中学校1年生 133712人、

4日の月曜日から始まった9つの州と連邦直轄領(クアラルンプール、プトゥラジャヤ、ラブアン)
小学校入学の1年生の総数 314、697人、 中学校1年生 309296人、

【マレーシア語紙のコミックから】
malaykomic-2016jan.jpg
(画像をクリックすると全体が見えます)
初日の振る舞い
女教師: Ahmad Danial bin Parjo,  先生が呼んでいるのにどうして君は返事をしないのかな?
Intraasia注: 日本語でも先生が自分を”先生”と呼ぶように、ここでも cikgu が "cikgu" と自称しています。 チグ と発音)

生徒:あのー、僕忘れれてしまったんです、先生。 だって家ではお母さんもお父さんも僕のことを Ultraman Taro と呼んでるからです!

(Intraasia 注:要するに自分の名前を忘れたと、この小学1年生は言っているわけです。マレーシアの学制は1月初めに新学年度が始まる。そこで新入学1年生にまつわるお話がいろいろと記事になったり、このようにコミックの題材にもなる。 タイトルは振る舞いと訳しましたが、他の訳もあるかもしれない)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月5日のマレーシア記事

【マレーシアにおける中国企業の存在が高まるという指摘】
1つのマレーシア発展会社 (1MDB)がまさに最も必要な時に、もてはやされていたアラブ資本からの投資は起きなかった。

その代わりに中国の複数の企業がこの機会を捉えて現金を手にして現れ、1MDBの 2つの資産を全て買い上げる約束をした。1つのマレーシア発展会社 (1MDB)はRM 420億の負債を抱えていたことから そのキャッシュフローを問題を解決するために、1MDB を難局に陥れていた2つの資産は売りに出されていた。

11月23日から12月31日までの5週間の間に、中国の複数企業がRM 127億にもなる投資を決め、そのお金で1MDBの保有する資産を買うことになった。

この投資額の最大部分は China General Nuclear グループからのものであり、同グループは1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が保有する発電会社(Edra Global Energy Bhd) という資産を推定RM 98億で購入した、これはその発電会社の株式100%を取得する画期的な形です。China General Nuclear グループはさらに、この発電会社の負うRM 60億の負債も得たものと推定される。

マレーシア政府は始めの事として、この種の資産を外国が100%所有できるように認めた。このことが、China General Nuclear グループが、多くは古い発電所と数か所の新しい発電所から構成される発電会社に巨額のお金をつぎ込むことを決めた理由の1つであろう。

(12月31日に新たな投資が発表された件は1月1日の記事で既報しました。)

明らかに、中国の複数企業はマレーシアにより巨額な投資を行うことを決めた、それは1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が最も必要としている時に1MDBに投資される。マレーシアにおける中国企業の存在感はこれから多年にわたって感じられることになるでしょう。

(Intraasia 注:1MDB は国策資産ともいうべき発電会社を中国企業に100%売却した、その数週間後広大な地下開発地区を建設するという Bandar Malaysiaプロジェクトを60%も中国に売り渡す契約が成った。この記事が指摘している、近い将来中国企業の存在感は益々大きくなる、それも数十年と長きに渡ってという点は、どういうわけかあまり論議になっていないようにみえる。 まあ、その理由は推定できますけどね)

【旧正月用品の必須品 ミカン】
(旧正月は2月の8日と9日です。そこで既に旧正月用の飾りつけが始まっているショッピングモールもあり、旧正月用食品などの販売も始まった。その典型的食品はミカンです))

今年のミカンの価格例 (全て中国からの輸入品)
クアラルンプール圏のスーパーの例
Tesco : 4kg箱 (包装32個入り) RM 9.99、 Giant : 1kgでRM 4.98、 
ペナン州の例
4kg (包装24個入り) RM 28、  6kg(包装36個入り)、 
マラッカ州の例
大きさM: 4kg RM 16、 8kg RM 33、 大きさ L: 4kg RM 18、 8kg RM 33、

(Intraasia 注:規準が違うので比較は難しそうです。 現在の華人界は蘆柑と呼ばれる比較的甘い蜜柑が圧倒的多数派になっている。また箱に詰められたミカンが透明ビニールで個別包装されているのが多くなったようです

【2016年初の円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 350.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 422.4 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 297.2 を入手します。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月4日のマレーシア記事

【公務員対象の特別支給金】
(全国の公務員の人事総務を司る役所が、公共サービス庁です)

公共サービス庁が、公務員への特別給付に関する通達を出しました: 2015年に勤務していた全国の公務員約160万人に対して (1回限りの)RM500の特別支給を行う、公務員退職者100万人に対して(1回限りの)RM 250の特別支給を行う。 これは2015年10月に発表された2016年度予算案に沿ったものです。

支給を受けられる要件:
・2015年1月1日から12月31日までの間に、少なくとも連続して30日以上働いたこと、なおこれには有給休暇、週休、祝日も含まれる、
・公務員とは、正規雇用、有期(一時)雇用、契約型雇用、暫定教師、さらに月給半額支給の休暇に入った者、が対象となる
予算案ではこの特別給付用として予算RM 6億4500万が割り当てられていた。

今回の通達ではまた、 対象者数40万人(公務員)向けに 252の給与システムを改善する、初任給において最低月給 RM 1200を保証するとしている。
さらに公務員退職者向け年金において、最低月額をRM 950を保証する点も、通達に含まれています。こちらの対象者は勤続25年以上の 5万人が対象となる。

これら全ての措置は2016年7月から実施されます。総予算額は RM 14億が割り当てられる。

(Intraasia 注:公務員総数は通常130万人ほどと言われているはずなので、あれっと思いました。160万人というのはあらゆる雇用形態を含めた人数なんでしょう、と推測しておきます。それにしても1年間で連続30日勤務しておれば、給付対象となるという甘い要件ですな)

【住宅のブミプトラ割り当て政策を有効に活用するためのアプリ】

住宅のブミプトラ割り当て政策は、1980年代から政府によって実施されている。 住宅デベロッパーはある住宅開発プロジェクトにおいて、販売するユニット(住居総数)総数の30%をまずブミプトラ用に割り当て、そしてブミプトラからの購入を6か月間待つ。この期間はブミプトラは販売価格の5%割引を無条件に得られる。 この期間中にブミプトラ割り当てがさばけなければ、その住宅は非ブミプトラも購入できるようになる。

現在幾つかの州では、デベロッパーに対してその販売ユニット数の最大 50%までをまずブミプトラ用に割りあてるように、また割引率では最大15%を求めている。州によってブミプトラに割り当てた住宅の待機期間が異なり、1年の州もある

この売り残ったブミプトラ用割り当て住宅に関して、デベロッパーが迅速に且つ効率的に販売できる方策が考え出されました。それは スマートフォンアプリ "Teduh" を使ったサービスです。
都市福祉と住宅と地方自治体省がこのアプリ "Teduh"を運営することになる。売れ残ったユニットはその州が定めた期間後データバンクシステムに収められる、そうすることで非ブミプトラの購入希望者に情報提供される。

手始めとして、ジョーホール州、スランゴール州、パハン州の州官僚と協力して、売れ残りのユニットを広告していくとのことです。

(Intraasia 注:役所の主導でアプリを普及させて、売れ残り不動産を効率的にさばいていくということのようです。 こういう試みは結構なことでしょうが、その成否は1年位はかかるのではないでしょうか. ところで "Teduh" という単語は辞書には、平静になる、平穏になる、曇った、陰った、平静な、穏やかな 、などの意味が載っている)

【華語小学校に赴任する新任教師の数】

全国の国民型華語小学校 1296校において、赴任する新任教師数は 1673人になると、教育省副大臣が述べました。
「引退した教師、移動した教師の替りとして新任教師が就きます。 赴任は1月18日からからです。」 「新任教師の大多数は新卒者から成る。」

別記事
2016年度の華語小学校の登録生徒数は56万人になるとのこと。

(Intraasia 注:華語小学校の教師の数が十分でないと、華語教育界は以前からずっと主張しています。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月3日のマレーシア記事

【パハン州でのボーキサイト採掘と運搬が起こしている問題】
(パハン州の特定地方でボーキサイト採掘活動が盛んに行われていることは、この数か月時々報道されてきた)

ごく最近パハン州を流れる Sungai Balok川と Batu Hitam 海岸でその水が赤く染まってしまった、その理由としてボーキサイト採掘活動だと見なされています。
パハン州におけるボーキサイト採掘活動が起こしている汚染と健康への影響に関する問題を、マスコミは報じています。

政府がパハン州の該当地方におけるボーキサイト採掘を一時停止するようにとの決定したことを受けて、パハン州政府と自然資源と環境省は共同声明を出すことにする、とパハン州首相が述べました。「州政府は各方面からの意見を歓迎します。」

Bernama 通信社が観察したところ、 クアンタン港に続く道路はこれまでボーキサイト運搬トラックが頻繁に往来していたが、ほとんど往来がなくなっていた。これらのトラックは道路端に駐車している様子が見受けられた。

別記事
パハン州政府の委員会議長は語る、「ボーキサイト採掘は依然として許されています。採掘を停止しろという指示は受けていない。」 「問題の発生をボーキサイト採掘だけのせいにするのは不公平である。 Sungai Balok 川の水質汚染に関する調査結果は2週間後に出る。」 「ほかにも開発は行われています」

別記事
早急にボーキサイトサイト採掘に関する指針を出すようにと、パハン州政府への要望が出ています。

ある漁民は訴える、「この地域で取れる魚の量は下がり続けている、ボーキサイト採掘の影響だと思われる。」 「この何年もの間、我々はボーキサイト採掘活動による困難さに耐えている、我々の収入は減ってしまった。」 「過去漁獲量は50kgが楽に取れた、今では10kgもたいへんだ。」

【パハン州沖でボーキサイトに汚染された海水は、最長で3年は死の海になりかねない】
海洋科学の専門家である、マレーシア海洋科学ソサイエティーの議長は語る、「この汚染は海洋生物にとって致命的です。クアンタン地方でボーキサイト汚染の影響を受けている海洋生物に関して、同議長は州の環境局にアドバイスをしています。

「これは全ての生物に影響を与える。その地域にいるプランクトンから食肉動物まで、そして海洋哺乳類も同様です。」 「例えば沈殿物が魚のえらを塞ぐ、貝の呼吸を止める。海洋生物が死に始める時、死の海になる。」

「その海域の海洋生物が3年後また生き始めることは可能だが、汚染された棲み地はそのままである。」
「被害がそこで終わるわけではない。 海洋生物が吸収した有害物がフードチェーンに載って伝達されるであろう。」 

「影響受けた地方で状況がどの程度深刻化をいうのはまだ早すぎる、我々は海洋生物と水のサンプルをさらに収集している最中であるからです。」

(Intraasia 注:この数週間マスコミに掲載されているボーキサイト採掘と運送の起こしている現場を撮った写真を見ると、全てがぞっとするような赤い粉じん色に包まれている。人体への一次二次汚染による影響を誰でも感じることでしょう。だからマスコミも報道している。しかし行政側はそうは捉えていないことが上記でもわかる。 調査結果に2週間かかるからその間停止にするのではなく、続行させるという発想そのものに、開発とそれから得る権益を第一とするお馴染みの論理がある。 ボーキサイトの粉じんなどで汚染された水に棲む魚類は食して安全なのだろうか?という疑問を持たない方が不思議だ。 
ところでこのボーキサイト採掘がこれほど盛んになっているのは、中国からの旺盛な需要に答えてクアンタン港などから中国へ輸出されているからです。)




テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

1月2日のマレーシア記事

【半島部北部州における新たな KTM Komuter 電車の運行が始まった】
マレーシア鉄道は北部州での新たな KTM Komuter 電車の運行を1月1日から始めました。

ペナン州バタワースからペルリス州パダンブサールまで157㎞ を約2時間弱で走行します。 なおパダンブサールから タイのハジャイまではタイ国鉄の列車による運行が行われている。この区間は12月下旬から1日2往復の運行で始まった。 (Intraasia 注:元記事は説明していないが、タイ国鉄は電化されていないので、ディーゼル気動車がけん引する)。

このKomuter電車は3両編成で 途中 Bukit Mertajam, Gurun,  Alor Setar などの駅に停車する。運行頻度は 日に3往復であり、パダンブサール発の始発が 0545で バタワース発の始発は 0800となる。 バタワースからパダンブサールまでの運賃はRM 11.4です。

北部州における KTM Komuter電車の運行はこれが2本目です。 マレー鉄道は数か月前から、ペラ州北端の Kamunting -Butterworth 経由 ケダー州 Gurun 区間で Komuter Utara 電車の運行を始めている。(Intraasia 注:この区間の時刻表を奇妙なことに マレー鉄道はずっと掲載していなかった、ようやく今回掲載したことでその運行が確認できました。日に7往復です)

(Intraasia 注:マレー鉄道の西海岸線の複線電化が8割方完成したことから、この半年ほどの間にマレー鉄道は頻繁に時刻表改正している。今回もその一連の改正の中で、新たなKomuter 電車運行を始めたということです。ただ日に3往復だけなので、電車時刻をよく踏まえて乗る必要がありますね。 タイのハジャイからペナンへ行く、またはその逆方向で旅行者も利用してみるのもよさそうです。Intraasia は乗りに行きたいが残念ながら体調不良で当分無理です)

【マレーシアの靴デザイン王の息子は日本からポップカルチャーを発信する起業者】

(マレーシア華人で日本に住んで日本のポップカルチャーを日本国外に向けて発信している、ビジネスをしている、という  Danny周さんはマレーシアでもよく知られているようで、たまにマレーシアメディアで紹介されます)

マレーシアの靴デザイン王として有名な Jimmy Choo氏 の息子でもある、Danny 周は12月末にペナンに戻って、ショッピングモールで開かれた日本文化に関するイベントに出席しました。彼はそこで、スマートドール(smart doll) という創作人形を発表しました。 

このスマートドール(smart doll) はそれぞれが異なる20体の人形であり、現代的または伝統的特徴を供えて造られ、また服装、靴、アクセサリーなどを身に着けた精巧な人形で、1体の売価はRM 2千ほどになるとのことです。スマートドール(smart doll) の履く靴は、父親がデザインしたものです。

Danny 周によれば、日本では日本服飾系のマアニメドールはあるが、彼のスマートドール(smart doll) は国際路線を基にしたものであるとのことで、中国服飾、イスラム服飾を着た人形も交じっている。「スマートドール(smart doll) は3Dプリンターを使ってデザインした特徴があり、世界向けに販売した数は1万体ほどになる。」 「こういうドールを買い求める人が多い国は、米国、次いで日本です。マレーシアはトップ5か国の1つです。」

アニメアイドルを基にした6体: Mirai, Kizuna, Chitose, Ebony, Ivory, Eigi があり、それぞれ髪型や肌色で区別されています。スマートドール(smart doll) は身長60cm、重さ1kg、です。中心となるドールの名前は(彼が以前創作した) 末永未来 です。

「いろんなイベントに出席して活動する度に良い反応を得ており、その際に自国マレーシアのことを宣伝している。だから多くの人は私がマレーシア人だと知っています。」
Danny周は英国で生まれ、ペナン州で何年も住んでいたと別記事に載っている)

(Intraasia 注:日本のポップカルチャーには全く疎いので、この種のドールが何と呼ばれているかは知りません。この華語記事の一部によくわからない点がありましたが、大部分は以上のうような内容です。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

1月1日のマレーシア記事

【1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が Bandar Malaysia 巨大プロジェクトの株式を売却】
(財務省翼下の公資本企業である 1MDB はその巨額債務と不明朗と言われる企業会計に対して、2015年中ずっと批判されてきた。しかし1MDB はそういう批判をはねつけ、且つ政府の擁護を受けて、企業資産の合理化を進めてきた。 1MDB のいわば推進者はナジブ首相であり、相談役でもある)

1つのマレーシア発展会社 (1MDB)が12月31日に発表しました: 中国資本の会社である China Railway Engineering Corporation Sdn Bhd とジョーホール州基盤の会社 Iskandar Waterfront Holdings が 1MDB が所有する Bandar Malaysiaの土地における株式の60%を購入する。

この株式売却によって 1MDB はRM 74億2千万を得ます。 今回の交渉は1MDB の進めている合理化と債務減らし計画の第3弾であり、最終になるとのことです。
売買調印式が終わった後、1MDBの最高経営責任者は記者団に語る、「この交渉において我々は公平な条件を両社から得た。」 「この交渉決着によって、Bandar Malaysia プロジェクトの新たな始まりとなります

1MDB は手付として(保証金として)まず10%つまり RM 7億4100万を受け取ります、残額はこの取り引きが完了する2016年6月に受取ることになる。

China Railway Engineering Corporation Sdn Bhd とジョーホール州基盤の会社 Iskandar Waterfront Holdings の2社連合は、Bandar Malaysia の土地をRM 123億と評価しました。この2社が形成する企業連合は IWH-CREC Sdn Bhd という社名であり、Iskandar Waterfront Holdings が60%の株式を握り、China Railway Engineering Corporation Sdn Bhdが40%です。

なおジョーホール州政府が Iskandar Waterfront Holdings Sdn Bhd の株式の40%を 翼下の Kumpulan Prasarana Rakyat Johor Sdn. Bhdを通して保有している。
別記事によれば、Iskandar Waterfront Holdings Sdn Bhd は公と民間の共同会社であり、民間の Mr.Lim が運営する会社です、そしてジョーホール州のIskandar Malaysiaの開発を手掛けてきた。

1つのマレーシア発展会社 (1MDB)は2015年に3段階の合理化プランを実施した。第1弾は6月で、アブダビ基盤の会社  International Petroleum Investment Company と株式持ち合いに至った。第2弾は11月であり、その保有する 電力資産である Edra Global Energy Bhd を中国の企業に売却した。

1つのマレーシア発展会社 (1MDB)はこの2つの合理化プランによって、負債をRM 240億減らした。 しかし1つのマレーシア発展会社 (1MDB)と政府に対する批判者たちは、貴重な国家資産外国に売却してしまったと批判を続けました。

一方1つのマレーシア発展会社 (1MDB)の最高経営責任者はこういう批判は不正確であると、批判者を一蹴しました。「Bandar Malaysia プロジェクトにおいて、Iskandar Waterfront Holdings が関与していく、つまりマレーシアとジョーホール州政府が全体の54%を保持している。 だから Bandar Malaysia プロジェクトではマレーシアが依然として主たる決定権者であるということです。」
「China Railway Engineering Corporation Sdn Bhd を選んだのは、同社が世界的な建設会社の1つであるという評判からです。同社は既にマレーシアで建設プロジェクトに参加している、例えばDuta-Ulu Klang Expresswayです。」

クアラルンプールの中心部から 7㎞程度しか離れていない Bandar Malaysia は現在未だ、マレーシア空軍の基地となっている。そこが将来交通統合ハブを兼ねた多目的利用の核となります。クアラルンプール -シンガポール間の高速鉄道の始発駅も建設される。
Bandar Malaysiaプロジェクト全体は、15年から25年かけて完成させる計画です。

(Intraasia 注: クアラルンプールから高速道路でスレンバン/ ジョーホール州方面へ南下する際に必ず利用する Sungai Besi 料金所に続く道路の右手に広がるのが、1970年代までクアラルンプール空港だった、その後空軍基地である旧空港の広大な土地です。そこを一大開発するのが Bandar Malaysia プロジェクトです。
1つのマレーシア発展会社 (1MDB)の合理化計画兼債務削減プランには中国の企業が大々的に関与するという結果になったということですね。中国との関係の良好なナジブ政権下らしい特徴が1つのマレーシア発展会社 (1MDB)の件にも現れたといえそうです)

【1月のガソリン類の価格(リットルあたり)】

レギュラーガソリン (RON95)  RM 1.85
ハイオクガソリン   (RON 97)  RM 2.25
ディーゼル油   RM  1.60

前月比でいずれもわずかに値下がりしました。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

2016年新年のあいさつ

画像をクリックしてご覧ください
2016Newyearcard02.jpg

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 BLOG TOP