プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

3月31日のマレーシア記事

【280㎏もの麻薬を車に積んでいたマレーシア人麻薬密輸グループがタイ側国境検問所で逮捕された】
(マレーシアのブキットカユヒタムには国境検問所がある。そのタイ側が通称 Sadao国境検問所です。ブキットカユヒタムは南北縦断ハイウエーの終点・起点なので、自動車往来の忙しい国境検問所でもあり、クアラルンプール-ハットヤイ間を運行する長距離バスもこの国境検問所を通る))

タイ警察は今週、サダオ国境検問所で2人のマレーシア人麻薬密輸人を逮捕しました。この2人は2台の車に載せた合計 282㎏にものぼるメタンフェタミン麻薬(注:一般にアイス、シャブなどと呼ばれる)をマレーシアに密輸しようとしていました。
マレーシア警察からの情報に基づいて逮捕された2人の容疑者は、37歳と59歳の男です。2人はそれぞれの車の後部にメタンフェタミン麻薬を積んでいた。

タイ警察の長官によれば、麻薬密輸に関連してこの2週間で逮捕した、マレーシア人は合計23人になるとのことです。
今回捕まえた2人は、タイ警察によるバンコクでの公開記者会見の場に連れ出されました。その場にはマレーシア警察の反麻薬部門の長も出席しました。

タイ警察の長官は述べる、「この数週間にタイ警察が押収した麻薬の量は、近年では最大量となる。」 としてタイ警察官及びマレーシア警察との協力関係を褒めました。

タイ警察の副長官は、「継続捜査を行っており、23人のマレーシア人麻薬取引人たちが得た麻薬が、同一の麻薬工場から出たものであるかを特定しようとしている。この麻薬工場は相当大きいと推測する。」 「別々に押収したこれらの麻薬の包装はかなり似ている」

タイ警察が先週逮捕したマレーシア人21人のグループからの押収麻薬は、インスタントコーヒーとビスケットを騙った包装でした。今週2人組のマレーシア人麻薬グループから押収した麻薬は茶葉を騙った包装です。

タイ警察幹部の推定で、今週押収した 282㎏のメタンフェタミンの市場価格は、マレーシア国外、タイ国外で売られる場合なら RM 6億ほどになるであろう、とのこと。2人組はタイ東北部のタイラオス国境地帯でこのメタンフェタミンを入手して、タイ人部下の協力でサダオまで運んできたのだろうと、タイ警察は説明しました。

(Intraasia 注:マレーシア国内で精製するのは現代的な合成麻薬だけで、伝統的な麻薬は原料がないので当然国外から入手するはずですね。となると、タイへの麻薬供給源だと言われる、その隣国ミャンマー、ラオスあたりから、マレーシアまで運んでくるのでしょう。といって両国だけにその責任を負わせるのは、麻薬消費国の勝手というものです。タイ国内は北から南までハイウエーが整っている、だから遠路はるばるタイ南部まで運び、さらにマレーシアに密輸するのだろう。
それにしても2週間でタイ警察が押収した麻薬は計560㎏にもなるとのこと。 文字通り億単位の売価になる、すごい金額だ。 数か国にまたがる麻薬組織の地下経済力の強さを見せつけている)

【干ばつのために5つの州で水不足が起きている】

エネルギーとグリーン技術と水省の大臣は、このところ発生している干ばつで国内の5州で水不足問題が起きていると述べました。
5州とは、ジョーホール州、マラッカ州、ヌグリスンビラン州、パハン州、サバ州です。

大臣は問題解決のために、連邦政府は、サバ州の貯水湖の浄水施設用に既にRM 4億超の予算を割り当てた、と明らかにしました。早急に工事にかかって6か月間ほどで建設するとのことです。

別記事
サバ州における干ばつは悪化しています。影響を受けている州民の数は増えて1万人を超えました。

サバ州自然災害対策委員会の事務局長は言う、「被害を受けている人たちは 22の行政地方の355の村に及んでいる。そういう村では上水の供給が滞っていると伝えられている。」

その中で最悪の行政地方は Kudat 地方北部です。そこでは53の村に影響が出ている。次いで Tuaran地方の 43の村、 Kota Belud 地方の36の村となる。さらに Beaufort地方、 Sook 地方なども影響が出ている。
Kudat 地方に属する Banggi 島では、1週間前に上水が断水してしまった。

「Banggi では、行政事務所が上水を島へ送ろうとしているところです。」 「ボトル詰め水の箱1200箱を1週間内に送る手はずである。」

水庁、公共土木庁、民間防衛庁(注:軍隊とは関係ない)、地方事務所などからの係官が関与した下で、トラックで影響地区へ水が送られているところです。
「地方によっては、水はある一定の場所まで運ばれて、そこで村民に配布される。」

(Intraasia 注:半島部の都市部の水不足と違って、サバ州のような郡部での水不足はまたそれなりの苦労が多いことだと推測される。 郡部は人口密度が低い、運ばれてきた水がある場所で配布される場合、そこから各自が家まで運ばなければならない。これが大変であることは容易にわかる。水の重さは誰でも知っている、自家用車を持ってない人はさぞかし大変でしょう。)

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月30日のマレーシア記事

【マレーシア沿岸警備隊の長官は、中国漁船が領海侵犯したと訴える】
マレーシア海洋取締り庁(沿岸警備隊)は、マレーシア海軍の今週初めの報告にも関わらず、中国の漁船約 100隻がサラワク州沖のマレーシア領海に侵入した事実があると主張しています。

シンガポールの新聞が海洋取締り庁(沿岸警備隊)の長官の発言を載せました: 3月24日に海洋取締り庁の係官は、多数の外国船が南シナ海のマレーシア領海に侵入してきたことを観測した。

「100隻もの船であることから、我々は普通ではないとみなしている。これは前例のないことである。」 と長官は同紙が載せた3月29日の記者会見の場で述べています。

「我々が送っているメッセージは、そこはマレーシアの領海であるということです。」
「中国の漁船は西方向に進み、マレーシア海軍がその位置を観測した頃には約 85隻に減っていた。 海軍が28日に見つけたのは 南Luconia岩礁あたりです。なおマレーシアではBeting Patinggi Ali と呼んでいる。」

マレーシアの国防大臣は、先週中国籍船がマレーシア海域にいることを憂慮して、調査するべく海軍を現場に送りました。
中国は、中国漁船は伝統的な漁の海域にいると主張しています。

(Intraasia 注:3月29日の記事内容に関係するニュースです)

【外国人労働者の国籍で最大は依然としてインドネシア人である】
国会の質疑の中で、ザヒド副首相兼内務大臣が書面で回答しました。

2016年2月末時点における、発行された労働許可証の数から言って合法外国人労働者の数は 1,978,948 人である。その内最大の民族グループは依然としてインドネシア人であり 792,571人です。
2番目に多い国籍は、ネパール人であり 455,952人です。 3番目がバングラデシュ人で  244,973人となる。ミャンマー人は 13万8千人。

(Intraasia 注:こういう人数はある時点における、役所発行の許可証の数に基づく数字だから、実態とはかなり離れている。 ミャンマー人がたった14万人弱? しばしば数十万人のミャンマー人の存在が言及されるのですけどね・・・)

【KLの中心街でタクシー運転手100人が車呼び寄せアプリに抗議行動をした】

クアラルンプール中心部の忙しいブキットビンタン通りで、タクシー運転手 100人近くが抗議行動を行ったことで、このビジネスと観光の中心街は2時間以上にわたって大混雑しました。

タクシー運転手たちは、車呼び寄せアプリである  Uber と GrabCar を使ったタクシー行為に対する抗議として、道路にタクシー車輛を停めて置き去りにしたからです。

彼らは以前から、Uber とGrabCar を使ったタクシー行為がタクシー運転手の稼ぎを失わせていると不満を訴えていました。これらのアプリでは、自家用車の持ち主が乗客を乗せることになるからです。一方アプリ利用者は、Uber とGrabCar の方が普通のタクシーより安くなると主張しています。

抗議行動を行ったタクシー運転手たちは、朝10時頃アンパン通りで集会を行った後、ブキットビンタン通りにやって来て、自分たちのタクシー車輛を路上に置き去りにしたのです。そのことで交通渋滞を倍加させました。

地区警察の長は語る、「我々は最初4月4日抗議活動があると聞いていたが、しかし今日抗議行動が直ちに行われると知った。」

警察の説得を聞かなかった、タクシー運転手の4,5人が逮捕されました。 最終的に正午過ぎに通りは平常に戻りました。
逮捕された中に、運転手で組織する組合の長もいました。彼は、Uber とGrabCar を使ったタクシー行為に抗議するためにやったと、メディアに答えました。

別記事
陸上公共交通委員会 (SPAD) は、車呼び寄せアプリを使ったサービスを規制するべく、準備していると述べました。
陸上公共交通委員会 (SPAD) のスポークスマンは言う、「しかし、それには時間がかかる。 車呼び寄せサービスに使われる車輛は乗客を乗せるための免許を保持していない。」

(Intraasia 注:この件は、インターネット界で広がる新しいビジネスやサービスに、行政の対応が遅れてしまっている典型的な例と言える。でもそれはマレーシアだけではないようですね)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月29日のマレーシア記事

【中国漁船100隻がマレーシア領海に侵入したという報道を巡って】
以下は数日前ロイター外電及びマレーシアのあるメディアが伝えるの報道記事です。

3月24日に南シナ海の Luconia 礁に近いマレーシア海域に、約100隻の中国籍の漁船と小船が侵入していることが見つかった、と首相府の大臣が述べました。

国営通信社 Bernama の報道するところでは、状況監視のためにマレーシア海洋取締り庁(沿岸警備隊)とマレーシア海軍が同海域へ船を出動させた、と同大臣は語った。
同大臣は中国籍船に関する詳しいことは述べませんでしたが、海洋取締り庁の役人は語る、「船は漁船であり中国の沿岸警備隊の船舶が護衛している。」

中国は南シナ海の大部分を自国の領海と主張している。マレーシア、ブルネイ、フィリピン、ベトナム、台湾もそれぞれ南シナ海の一部分を自国領海と主張している。
「もしそれらの船がマレーシアの排他的経済水域に侵入したのであれば、マレーシアは法的対処策を取ります。」と大臣は述べました。

中国外務省のスポークスマンは、マレーシア側の報道に関して述べました、「マレーシア側の発言の詳細は知りません。現在は南シナ海での漁シーズンである。毎年中国のトロール漁船は対象海域へ漁をしに出かけている。」

その後の3月28日付け Bernama通信社配信記事です。

南シナ海の 南 Luconia 礁に近いマレーシア領海に中国籍の船が侵入したことはないと、マレーシア海軍が確認しました。

国防大臣は記者会見でこれを説明する、「このことは本日(28日)海軍の長官によって確かめられました。マレーシア海軍は状況をしっかりと監視している。私はこの問題での責任者として、海軍長官がマレーシア領海は問題ないと確証したことにほっとしました。」

(Intraasia 注:100隻もの漁船がサラワク州沖のマレーシア領海に入って来たかどうかを、沿岸警備隊である海洋取締り庁が確認できなかったということになるわけです。もちろん中国はサバ州沖のそのあたりも自国領海と主張しているので、両国の領海が重なる海域だ。防衛大臣があえてそういう声明を出したという背景にこそ、このニュースの価値があると言えます。マレーシアはフィリピンやベトナムと違ってたいへん親中国的立場を取る国ですから、大臣としてそういうことを考慮したのでしょう)

【ペナン州首相の一軒家購入を問題視する報道とそれを批判する民主行動党DAP】
(民主行動党DAPの書記長である、ペナン州州首相が2015年にペナン島ジョージタウンに購入した一軒家(注:マレーシアではバンガローと呼ばれる)について、ペナン州のUMNO議員が購入価格 RM 280万は市場価格をぐっと下回る価格である、汚職の容疑があると執拗に攻めている問題を、このところ各メディアも連日報道している。州首相はもちろん、いいがかりだと否定している。)

民主行動党DAPの国会議員らは、このニュースを大きく報道している(という)英語紙 TheStar の報道スタイルは偏向している、州首相に対する攻撃の糸口を作っている、として、同紙を批判しました。

UMNO議員が始めたペナン州州首相の自家購入問題がニュースで大きくなったことで、州首相はこの2週間ほどいささか防御的になっています。
マレーシア汚職委員会と警察は既に、この件に関する捜査の開始をすると明らかにしました。

(Intraasia 注:マレーシアの複数の有力紙は与党政党が所有する新聞社または与党政党支持勢力の会社であるという背景を踏まえて、いろんなニュースは読まなければならない。英語紙The Star は華人与党馬華公会MCAの所有する新聞であり、マレーシア語紙 UtusanMalaysia はUMNOが所有する。 Berita Harian, New Straits Times などを発行するメディアグループは与党陣営系列である。 
州首相の家購入価格の裏に不自然な価格削減があったのかどうかは現時点では不明だが、今回のペナン州首相の自家購入ニュースの報道ぶりには、いかにも与党系新聞らしいという感想を抱かせる面があります。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月28日のマレーシア記事

【私は首相在職当時独裁者であった、とマハティール元首相】
日曜日(3月27日)にスランゴール州シャーラムで、”マレーシアを救おう運動”が主催して 2016年市民会議 フォーラムを開きました。

その場に出席したマハティール元首相は記者会見で、22年間の首相在職中に自らが独裁的であったことを認める発言をしました。「以前私は独裁者であった。」 しかしと元首相は述べる、「(現在彼が主導している)マレーシアを救おう運動と違って、人々は私に反対してデモなどを行わなかった。」

もっとも (事実を示せば)1998年にマハティール元首相がアンワル元副首相を追放したことから、 大衆的なリフォーマシ運動が起きて、マハティール首相の辞職を訴えたのです。

日曜日にマハティール元首相は続けて述べました、「マレーシアを救おう運動は、今年末までに100万人の署名を獲得して、スルタンたちにこの国の政治状況に対する立場をとるようにという圧力をかけることを狙いとします。」 
「我々はスルタンたちに、ナジブ首相が退陣すべきであることを示すなければならない。この市民宣言はNGO、政党、労働組合なども参加して署名する必要がある。」

【KLIA2 で起きた不良問題の修理にRM 9億以上を費やした】

運輸大臣が国会の答弁で明らかにしました: (第2クアラルンプール国際空港である) KLIA2 の修理・修繕費用として、(所有会社である)マレーシア空港持ち株会社はこれまでにRM 9億4千万を使った。

「KLIA2を手直しするために 2016年2月までにマレーシア空港持ち株会社はこの額を支出した。航空機の停車場所が陥没したり水に浸った問題は、これによって解決したことだと思われる。」

(Intraasia 注:この不良問題は AirAsia グループ創業者らが強く批判して当時話題になった。 修理工事はそのごずっと続いていたようで、相当な費用がかかったということです)

【クランタン州と接する有名なタイの町にある違法カジノはマレーシア人所有らしい】

クランタン州の国境町ランタウパンジャンと川を挟んで位置する、タイ深南部の町スンガイゴロクで、マレーシア人が所有すると言われる1軒のホテルをタイ警察と軍が取り締まりました。これは違法なカジノを運営しているという理由からです。

タイ警察幹部は記者団に説明する、「ホテルでのギャンブル活動に関する情報収集の結果、取締りを行った。ホテル内の複数部屋は違法カジノに改造されていた。」
「さらに近くの2階建ての建物とパブも捜査した、それらも違法カジノ活動に加わっていたのです。」

これらの違法カジノには毎月 1千人を超えるギャンブル客が集まってきて賭けをしていたそうです。

(Intraasia 注:スンガイゴロクは昔から遊興の地として知られており、ホテルや飲み屋が数多くある。もちろんマレーシア人がお得意さんです。改造部屋の違法カジノはマレーシアの都市では、ある意味ではお馴染みです。Intraasia はショッピングセンターやショップハウスに設けられたそういうカジノ部屋を数多くの回数目にしたことがあるので、スンガイゴロクのような町にあっても不思議ではない。地下商売を行う者たちは、マレーシアであれタイであれ儲けのチャンスがあれば手段は選ばないということです)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月27日のマレーシア記事

【昨年12月には密輸タバコの占める率が45%にも増えた】
現在ではマレーシア市場で売られるタバコ2箱につき1箱ほどが密輸タバコと見なされる、とマレーシアタバコ製造業者連盟が発表しました。
そこで、合法なタバコに課される税金からの収入は、ほとんどRM 40億が失われていることになる。

マレーシアタバコ製造業者連盟は声明を出して警告する:この現状のためにたばこ産業は転機に立っている。そして現行のタバコ税を暫定的に停止するための劇的な措置を取らない限り、合法な業者及び政府にとって勝ち目のない結果に陥るであろう。

「難しい経済環境の下及び弱い消費気分の下でたばこ税を急激に上げた結果、2015年12月には違法なタバコが市場の占有率で 45.6%も占めた。」
「このことは、マレーシアで販売されるタバコにおいてほとんど2箱に1箱が違法であるということである。」

「税関庁による努力の結果、違法タバコの取引は2014年に一度下がった。 これはその後のたばこ税の非常なる増税の前に影が薄い。この増税は意味ある前進に支障を与えました。」
「タバコに掛けられた高率の税金は、地下市場に対する取締りのお粗末さのおかげで、タバコ喫煙癖を何ら抑えていない。消費者は引き続き違法なタバコの入手に向かっています。」

「高率なたばこ税はたばこ喫煙者が喫煙をあきらめるようには仕向けない。とりわけ安い違法タバコがわずか RM 3で売られている状況の下ではそうです。」 「こういう違法タバコは合法タバコに比べてはるかに安い。合法タバコは1箱RM 17なのです。」

マレーシアタバコ製造業者連盟は政府に対して、市場を安定化させるためにタバコ税の一時停止の実施を訴えました。
連邦政府がたばこ税を40%上げたことから、タバコ業界はこの何か月間において打撃を受けました。いくつかの有名ブランドタバコは1箱RM 13.80からRM 17に値上がりした。

最大タバコメーカーである British American Tobacco (M) 会社は先月声明を出して、スランゴール州にある同社工場を段階的に閉鎖すると発表しました。同社はさらに、2017年下半期までに全ての運営を停止する、予定とのことです。 
同社は、リストラの一環として従業員230人を解雇することになるとの発表もしました。

(Intraasia 注:45%が一時的な数字だとしても、状況に変化がない以上、その後この数字が大きく下がることもないでしょう。 それにしても45%という高率に驚きます。
前々から違法タバコの市場に占める率は数十パセントと高い数字が公表されてきた。所詮税関庁の取締りだけではいかんともしがたい、当局とタバコメーカーに勝ち目のない戦いですな。対麻薬並みに警察も加えた陣容を揃えたとしても、密輸は防げないことは証明されている。 税関庁だけではとても全国津々浦々に広がる違法タバコ販売網には対応できないでしょうね。)

【新しく相乗り式空港行きタクシーサービスが始まる】

クアラルンプール圏の街からクアラルンプール国際空港 (KLIA と KLIA2)までを片道運行する新しいタクシーサービスが始まりました。料金は空港まで1人あたり均一料金で最低 RM 18 からです。  元タクシー運転手2人が自分たちが考え出した airport2u という名称のアプリを使って、このタクシーを運営します。

乗客になる人は、一定の場所から KLIAまたはKLIA2 までの乗車を予約する、そしてそのタクシー車輛は他の2人の乗客と一緒に相乗りされることになる。

airport2u の創業者の1人は取材に答えて説明する、「まずチケットを買い、次いでタクシーが迎えに行く場所まで行って待つ、そして出発」
「乗客は、タクシーに拾ってもらう場所と出発時間を少なくとも 7日前までに事前に選ばなければならない。」 「その後で乗客は airport2u からメールを受け取り、支払いを指示される。」

「airport2u では乗客を拾う場所としてクアラルンプール圏に 27カ所を設定している。その多くはショッピングモールになる。 なお拾う場所によって料金が異なる。」
「拾う場所はいわばバスターミナルのように機能する。そこに乗客を集めるわけです。」
「拾う場所の選択が多いので、乗客は空港へ行くためにわざわざ KLSentral まで行く必要はない。」

この新聞社が airport2u アプリを試したところ、料金は例えばクアラルンプール郊外の Gombak LRT駅からは RM 39.90 となる。 この会社の創業者は言う、「通常のタクシー料金なら RM 85かかります。」. 

「このタクシーは1人の乗客だけにサービスするのではない。相乗りサービスでは3人の見知らない乗客が同じ車両を利用して空港へ向かうという仕組みです。」
「airport2u を提供する我社には現在35人のタクシー運転手がいる。 airport2u では車輛に 多目的車(MPV)だけを使います。」 「airport2u では各人の乗車からコミッションとして RM 4から10を得ます。」

「我々は、airport2u の利用者として、単独旅行者や節約旅行者を想定している。」 「なおairport2u は街から空港までの片道サービスだけです。空港から街へ乗ることはできない。」
参考: www.airport2u.com で情報が取れます。

(Intraasia 注:クアラルンプール圏では空港とを結ぶバス便が数か所から発着している、 KL Sentral, TBS バスターミナル、Badar Utamaの1 Utamaショッピングモール、Subang Jaya のショッピングモールなどで、最初の2か所は頻繁にバスが発着している。 だから経済的に空港行くならこれらのバスに乗る方がはるかに安く、且つ予約も必要ない。しかしながらそういう場所へ行くのがめんどくさい、行くのが不便だ、しかし一般タクシーを使うより安くいきたいという人に需要があるかもしれない、と思った。
まあ Intraasia は、当日でも切符が十分買え、且つ最も安価な方法である TBSバスターミナルへ行く方をずっと好みますな。)



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月26日のマレーシア記事

【警察は今週、イスラム国 (IS) につながりがあるマレーシア人15人を逮捕した】
今週警察は、イスラム国 (IS) につながりのある活動、例えばマレーシアで攻撃を行うといった、に加わっていたとの容疑で15人を逮捕した、と警察長官が声明を発表しました。

「逮捕した者は全員マレーシア人であり、男が11人で女が4人です。年齢層は22歳から49歳。」 「女性容疑者4人はいずれもマレーシアを出てシリアのイスラム国 (IS) 組織に参加しようと計画していた。」 

「反テロリズム取締りで逮捕した者たちには、警察官、モスクのイマーム、家庭の主婦、学生が各1人いた。」 「また民間分野で働く者が5人おり、その中には航空機技術者もいる。次いで自営業者が4人、失業者が2人である。」

「全容疑者は諸活動のために逮捕した、彼らはマレーシアで攻撃を行うためにシリアに居るマレーシア人イスラム国 (IS) 構成員から命令も受けていた。」
「容疑者たちは爆弾を作製するために化学品を入手しようとしておりまたマレーシア人をリクルートしてシリアへ送りこもうとしていた。さらにマレーシア内のイスラム国 (IS) シンパから資金を集めようともしていた。」

容疑者たちは、フィリピン南部で活動するイスラム国 (IS) に関係するテログループに資金を回そうと金を集めて、外国人テロリスト容疑者をマレーシアから他国へ出国させようと準備していた、とのことです。

警察長官は述べる、「テロ取り締まり部門が7か所における3日間の取締り作戦で15人を逮捕した。7か所とはクアラルンプール、スランゴール州、ペルリス州、ケダー州、ペナン州、ペラ州、トレンガヌ州である。」 
「全員の容疑者が、刑法下のテロリズム違反容疑で逮捕された、そして治安違反で取り調べられる。」

(Intraasia 注;いつもながら、この種の取締りで逮捕される場合はほとんどすべて警察発表だけであり、被逮捕者の声は全くマスコミに載らない。裁判所に起訴されるまでには長い月日がかかるので、事実関係はその時までほとんど明らかにされないことでしょう。)

【アラブ人になりたいのか?それならサウジアラビアに住めばよい、とジョーホール州スルタンが諭した】

ジョーホール州スルタンは述べる、「私は依然としてマレー慣習と伝統を堅持している、なぜならマレー人に生まれたからである。 」 そしてスルタンはマレー人コミュニティに向かって、自分たちの文化を軽視しないようにと強く促しました。

ジョーホール州スルタンによれば、アラブ人になりたい者たちはサウジアラビアに住むことになればそれがよりふさわしい、とのことです。
「アラブ人になりたい、アラブ文化を実践したい、そして我々マレー人の慣習と伝統に従いたくない者たちがあなたたちの中にいるとすれば、それはあなたたたち次第である。」 と、スルタンは新聞のオンラインポルタルとのインタビューで語りました。

「私もあなたたちがサウジアラビアに住むことを歓迎する。」
「それはあなたたちの権利ではあるが、しかし私は、マレー文化に誇りを抱くマレー人がいることだと確信している。少なくとも私自身がそうであり、偽善ぶっていません。そしてジョーホール州民は自分たちの支配者が誰であるかを知っているのです。」

スルタンは続けて語る、「私は、意味が同じであるアラビア語の語彙を使うよりもマレー語語彙を使う方をより好む、例えばマレーシア語の  “Hari Raya” と “buka puasa (断食を終える)” はそれぞれアラビア語の Eid al-Fitr” と “iftar” と同じ意味である。」 

「私は小さい時からマレー用語を使ってきたし、それで50年前から(故スルタンである)父親と会話もしてきた。」 「私はこういった用語をアラビア語用語で置き換えようという欲求は持っていない。」

(Intraasia 注:ジョーホール州スルタンはメディアによく登場する、恐らく各州のスルタンの中で一番登場頻度が高いのではないだろうか。ジョーホール州スルタンはマレー鉄道の機関車や自身で保有する大型トラックを運転したり、大衆食堂に現れたりと、いわばパフォーマンスも時々行うし、諸般の事柄に関する発言がよくあるからです。その1つがこのニュース記事になっている。発言内容に明らかなように、はっきりと物を言っている。
イスラム学識者やイスラム教指導者たちは、アラビア語起源の用語を多く混ぜて話したり訓話を行う。その影響を受けて近年は一般ムスリム社会でも何かの催しや演説などの際には20年、30年前に比してよりアラビア語起源の用語を混ぜているのではないだろうか。それはハリラプアサをハリラヤアイディルフィトゥリという呼称にしがちになったことに典型的にみられる。
マレーシアの政治制度は決して単なる立憲君主制ではない。各州のスルタンがその州で持つ実権はかなり大きい。故に連邦国家に君臨する王権もそれを基盤にしている。ジョーホール州スルタン家の発言が目立つのは、ジョーホール州スルタン家がマラッカ王国の流れ」を一番受け継いでいるところにあるのではないだろうか、と推測する。スルタン家は独自の財産と資本を有して、種々の事業も行っている。とりわけジョーホール州スルタン家のそれはよく知られている)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円をある大手銀行で両替すると RM 348.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 394.0 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 287.6 を入手します。

(Intraasia 注:リンギットが各通貨に対して、次第に切り上がっている。つまり1年ぐらい前の水準に向かって戻しているところだが、このまま推移するのかどうかはもちろん現時点ではわかりませんね)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月24日のマレーシア記事

【シャリア法廷で弁護できるのはムスリム弁護士に限るとの最終判決】
(最高裁にあたる)連邦裁判所はシャリア法廷に弁護士として出廷できるのはムスリムに限られるとの、画期的な判決を下しました。この判決は5人の裁判官の内で3対2で決まりました。

この裁判は、連邦直轄領イスラム教協議会と司法庁が控訴裁判所の判決を不服として上訴した裁判です。5人の裁判官からなる控訴裁判所は、シャリア法廷で非ムスリムの弁護士が弁護活動できると判決したからです。控訴裁判所判事5人中の3人が支持する多数判決となった。

(Intraasia 注:マレーシアは市民法に基づく裁判所の系列とイスラム法に基づく裁判所の系列の2つが併存する。 ムスリムの身分、家族、財産など民事に関する裁判はシャリア裁判所が専門に担当する。 そこで、イスラム法のきちんとした知識がある非ムスリム弁護士はシャリア法廷で認められるべきだとして起こされた訴訟とのことです)

【タイからマレーシアに鉄道を使って巨額の麻薬を運ぼうとしていたマレーシア人悪党グループが逮捕された】
市場価格数百万ドルにもなる、ヘロインとメタンフェタミン麻薬(シャブ)を列車を使ってタイからマレーシアへ運ぼうとしていた、マレーシア人の悪党15人がタイ警察に逮捕されました。

捜査情報によれば、悪党グループは北タイからマレーシアのバタワースへ麻薬を運ぼうとしていました。「彼らは自動車ではなく鉄道を選んだ。その理由は自動車を使うのは検問されるリスクがより多いからだ。」 とタイ警察の幹部は記者団に述べました。

一般からの通報によってタイの鉄道警察が3月23日にまず2人を逮捕した。その2人は23kgのメタンフェタミンを所持していたからです。その2人を拘留したことで、列車に乗っていた他の容疑者12人の逮捕に結びつき、合計で226㎏のメタンフェタミンと 8㎏のヘロインを押収できた。タイ警察が公表したリストでは、逮捕された者はいずれも男性であり、マレー名も華人名もある。

(Intraasia 注:外報通信社のニュースです。 麻薬の密輸入取締りはこれまでなん百回も目にしてきたニュースです。ただ鉄道での麻薬摘発ニュースは極めて珍しい。 タイ国鉄はマレーシアの国境町パダンブサールまで線路があり、マレー鉄道と切れ目なくつながっている。ずっと昔からタイ国鉄のバタワースまで直行は1日1往復便しかなく、マレー鉄道のハットヤイ行きも1日1往復だけの運行です。鉄道面での両国間の往来はこのように全然盛んではない。 パダンブサール駅での税関荷物検査もとりたてて厳しくはない。通常の旅行者であれば、何の問題なく通過出来る。 麻薬密輸グループはその手薄さを狙ったのでしょう。それにしても合わせて30㎏もの麻薬を運んでいたわけだ。 )

【サラワク州政府は依然として州内のパームオイル産業のために外国人労働者の新規雇用を認めている】

マレーシア政府は新たに外国人労働者を移入することを一時停止するとの決定を先に発表したが、サラワク州政府は州内の企業が新規に外国人労働者を雇用することを認めています。

州内閣の土地と開発担当大臣は地元紙に説明する、「サラワク州のプランテーション農園産業は深刻な人手不足に面している、オイルパーム樹の果実房が集荷できないことで被っている年間RM 10億の損失を少なくするために、さらに3万人から3万5千人の労働力が必要です。」
「そこでサラワク州政府は新規外国人労働者の雇用一時停止を取り入れていません。だから外国人労働者雇用の申請は開かれている。」

「インドネシア人労働者を雇うのは難しくなっている。 彼らは身近に家族がいる自国で働くことを好むからです。」
「マレーシアにはオイルパーム産業で働く労働者が十分にいません。我々はパーム樹の果実房を収穫できないことで被っている年間RM 10億の損失をそのままにしておけません。」

「現在サラワク州のパームオイル産業では約10万3千人の労働者が働いている。その内 22%がマレーシア国民であり、残りは外国人労働者です、大多数はインドネシア人となる。」

(Intraasia 注: 既に周知の事実であるように、マレーシア人は3D仕事には就こうとしません。オイルパーム樹の房を集める仕事は動画などで見る限りかなりの重労働である。ロボット導入などしていないので、全て人力でやるしかない、だから外国人の労働力を集めなければならない、ということです。 
サラワク州とサバ州は連邦構成上、自治権がより認められている。ということで、こういう連邦政府の指示にもかかわらず独自性が発揮できる例ですね)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月23日のマレーシア記事

【国連難民高等弁務官事務所が発行する難民身分証の偽造】
国連難民高等弁務官マレーシア事務所が説明しました: 難民高等弁務官事務所は、偽の難民カードが出回っている件を管理できない、その理由として難民の身分を得るのは難しいことから、偽難民カードの市場ができているからである。

難民高等弁務官マレーシア事務所の代表は語る、「マレーシア事務所はこれまでに15万8千枚の難民カードを発行した。正規のカードの特徴を利用して偽カードを模造するのは可能である。」

「最近ニュースに現れた1枚のカードは偽物です、その個人情報はデータベースのそれと合致していません。」 「難民コミュニティーの誰かが金を払って偽造カードを手に入れた。 偽造カードは国連難民高等弁務官マレーシア事務所とは全く関係ない。」

「難民高等弁務官事務所は、ある者の難民身分を決めるのに妥協しない厳格な手続きを取ります。」 「そのために生体認証機能用のデータも収集します。」

「我々は、発行したカードの枚数を心配しているわけではない、もっと重要なことは本当に保護が必要な人たちに発行されるということです。」
「この地の当局はインターネットを通してまたは我々のホットラインに電話することで、ある国連難民カードが本物であるかどうかを確かめることができます。我々はまた政府と強い協力関係を持っている。」

国連難民高等弁務官マレーシア事務所に登録している難民と庇護を求める人は2016年2月時点で、15万8510人です。 その内14万5千人はミャンマーからの人たちです。
ミャンマー以外の国からの難民と庇護求め者は 14,120人おり、その国籍はスリランカ、パキスタン、ソマリア、イラク、イエメン、パレスチナ、イランなどです。

(Intraasia 注:難民カードとは難民に発行された身分証です。 あらゆる身分証に偽造の試みが起きることはいわば当たり前の現象だから、難民身分証にも同じことが起きるのは不思議ではない。
この場で何回も書いてきたように、難民が集合して住んでいる地区の1つが我が地区です。既に10年以上彼らを日常的に見て来たし、時に会話もする。難民はそれぞれの民族毎に集まって住む。よって我が地区ではほとんど全ての難民または難民らしきはミャンマー出身の複数の少数民族だ。そもそもミャンマーの難民の大多数が少数民族だからです、シャン族、カレン族、モン族などだ。 
マレーシアは難民の定住を一切認めない国ながら、国境を接してないマレーシアがいかに多くのミャンマー難民を一時的に引き受けているかが読者の皆さんにもおわかりでしょう。 顔見知りのミャンマー難民の話では、彼らは定住先国から受け入れOKが出るまで気長に待つしかないとのこと、3年4年と待っている者が多数派のようです。)

【前副首相に州元首の地位が提示されたという暴露話】
(UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)総裁でもあるナジブ首相を支持せずに批判を繰り返したことから、ムヒディン前副首相は副首相の座から解職された後に、UMNOの副総裁の地位については停職処置を受けている。)

ムヒディン前副首相が自ら語りました: 副首相の座を解職される前に、替わりに2つの地位を提案された、1つはペナン州の州元首であり、もう1つは国家資本の会社である PNB (Permodalan Nasional Berhad、国民投資会社)の会長職です。

(Intraasia 注: 前副首相はこの提案に乗らなかったことが現状況からわかるが、彼の動向に興味を持ったのではなく、この発言内容に興味を感じた。 ペナン州はスルタンが存在しない州なので、その代わりに州元首という地位がある。州元首は政治的実権はほとんどない、象徴、儀礼的な地位である。とはいえこのように、政府の政治的思惑で任命されるという傍証になりますね。
PNB は国家の持ち株会社、投資会社であり、多くの不動産を所有し、病院を経営し、投資信託を発行する、など複合事業を行う巨大企業です。PNBのような公企業は典型的なブミプトラ企業ともいえるでしょう。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月22日のマレーシア記事

【マレーシア人男性と中国人女性の婚姻 1万7千組が登録されていない】
2011年から2015年までになされたマレーシア人男性と中国人女性の婚姻 推定1万7千組が婚姻登録されていない、とザヒド副首相が国会で述べました。

内務大臣を兼務するザヒド副首相は説明する、「この未登録の婚姻数は、同期間に登録されたマレーシア人男性と中国人女性の婚姻数 11623組の倍近い数である。」
「婚姻登録された 11623組のカップルから、同期間(2011年から2015年)に生まれた子供の数は 9197人である。」

「結婚を登録しないことから起きる最大の問題は、子供をマレーシア国民として登録できない(注:子供がマレーシア国籍を取得できない)ことです。」

「これは問題である。子供が生まれた後で、母親である中国女性はマレーシアを去って中国に帰ったかもしれない、そこで子供たちが学校に入学できるようにとその子供たちの身分を立証してもらうべく役所に訴える役目を父親か親族が背負うことになる。 」

「その種の申請があれば、内務省は事例ごとに基づいて検討することになる、そして子供たちの出生証明書を発行することにおいて、内務省が持つ裁量権と人道的見地を行使することになる。」

(Intraasia 注:記事では結婚・婚姻という単語が使われている。そもそもこの単語がふさわしいのかという疑問が先に立つ。 非ムスリムである中国人女性の相手は大多数が華人男性であることは間違いない。華人男性が中国女性を妻に娶る、娶ろうとする事例は少なくないが、既婚者がそうしようとする場合は、重婚が認められていない以上、最初から結婚など考えていない場合が多そうだ。
近年マレーシアを訪問する中国人は毎年100万人を超えている。 その中にはごく一部とはいえ、違法な稼ぎ目的で入国して来る中国女性が存在することは周知の事実である。前にも書いたように、Intraasia の地区とアパートにはかつてこの種の中国女性が入れ替わり立ち代わり住んでいたので、日常的に目にしていた。こういう背景の下で、中国人女性とマレーシア人男性の間に生れた子供が、認知されることなく、無国籍になりかねない事例が頻出しているということなのでしょう。)

【有名国際英語紙が選んだ、ヘルシー食 ナシルマ】
国際英語雑誌 TIME が ”最もヘルシーな国際朝食 10種” を選んだ中に、マレーシアの(国民食ともいえる) Nasi lemak ナシルマが入っています。その昔農民の食事品だと言われていた ナシルマは、今では国内広く人気あります、そして国民食だと捉えられているほどです。
 
同雑誌はナシルマの内容品を書き出して、ナシルマは最高に美味しいと評しました。「そう、確かに適量より多少脂肪分が多い(だからご飯を少なくすること)、しかしマンガンとタンパク質と炭水化物が豊富である。」 「サンバルに含まれているチリがメタボリズムを促進させる。」 とTIMEは記事中で書く。

ナシルマの他に、”最もヘルシーな国際朝食 10種” に選ばれた朝食は、ベトナムのフォー麺、日本の和食朝食、インドのUpma、エジプトの料理、トルコの朝食、コスタリカ、ロシアの 粥、アイスランドの粥、イスラエルのshakshouka です。

(Intraasia 注:ナシルマはライスに沿えてある副品は種類が多くない、ピーナッツ、きゅうり、ゆで卵、サンバルが最低限といえそうだ。サンバルの味がナシルマの味を決定づける。 辛さの中にうまみがあるのが、美味しいナシルマではないだろうか。 屋台のナシルマなら 下は一包 RM 1.50ぐらいかな、上はレストランで供する一皿 20リンギット近いナシルマでしょう。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月21日のマレーシア記事

【引き続く猛暑は農家や学校に影響を与えている】
エルニーニョ現象のために、このところ灼熱の天気が続いています。
3月19日には4つの州で最高気温になりました、中には最高気温が40度近い地域も出ました: ペルリス州 Chuping では 39.5°C],] ケダー州 Alor Star では 39.1°C,ペラ州 イポーでは 37.5°C、パハン州Temerloh では 37.4°C

この乾いた暑い天候は、クランタン州の契約農業の生産性に影響を及ぼすのではないかとの危惧感をもたらしています。 
連邦農業マーケティング公社のクランタン州理事は語る、「その理由は野菜、トウモロコシ、果物には十分な水が必要だからです。我々は川と運河から水を取って農家に水を与えている。」 「今のところ、まだ水は十分ある。」

連邦農業マーケティング公社は、契約しているクランタン州の農家 300戸中の 129戸と、生産増強の合意書を結びました。

別記事

猛暑が続いていることから、教育省は地区によっては学校閉鎖するかどうかの決定を21日に行うことになる、と大臣が発表しました。
「教育省は猛暑の状況を監視しており、ケダー州とペルリス州では20日に39度を超える天気であった。」

21日に教育省は、ケダー州とペルリス州の全ての学校を2日間(22日と23日)休校にすると、発表しました。

マレーシア気象庁は、エルニーニョ現象によるこの酷暑は5月か6月にならないと終焉しないと、予報を出しています。

【巨大プロジェクト Bandar Malaysia に中国鉄道が巨額を投資する】
中国の最大級の公資本会社である 中国鉄道会社が、クアラルンプールの Bandar  Malaysia 地区に今後 US$20億を投資して、東南アジアにおける地域本部を設立することになる、と発表しました。

中国鉄道会社は3か月前に、Bandar Malaysia プロジェクトの 60%の株式をRM 74億で取得しています。このプロジェクトでは中国鉄道会社は Iskandar Waterfront持ち株会社と合弁会社を設立することになっている。 
中国鉄道会社は、Bandar Malayia 地区での新本部ができ次第、東南アジア地域での全てのビジネスと運営を統合する、とのことです。

ナジブ首相はこの件に関して述べる、「中国鉄道会社が東南アジア地域本部を設立するとの決定は、マレーシア経済に大いに貢献する。」 「中國からの投資はこの数年非常に増えている、我々は大いに歓迎している。」 「製造業部門だけでも2014年はUS$14億の投資承認額を記録した。」

「Bandar Malaysia はまた、シンガポールとの間を結ぶ高速鉄道のマレーシア側のゲートウエーの役割も果たします。Bandar Malaysia はKLIA と鉄道で直接結ばれる。さらに提案されているアセアン(ASEAN)鉄道計画では、BandarMalaysia はバンコク及び以遠を結ぶことにもなる。」

(Intraasia 注: Bandar Malaysia とはクアラルンプールからスレンバンに向かうハイウエーの右側に位置する、旧クアラルンプール空港兼空軍の空港が広い面積を占めている地区です。広大なこの地区を再開発するという巨大プロジェクトとして、昨年発表された。高速鉄道の起点駅も建設するので、中国鉄道がプロジェクト開始時点から合弁会社としてプロジェクトを請け負う、という姿が見えてくる。 Bandar Malaysia プロジェクトは公と民間の共同開発プロジェクトであるとの歌い文句です)

【卒業間際になっても就職が決まっていない大学生は4人に1人】

高等教育省大臣が述べました、「省が調査したところによると、2015年に大学を卒業した学生は 22万9568人である。その内、24%弱に当たる 5万4867人は、卒業式典までの3か月間に仕事が見つからなかった。」

(Intraasia 注:国内に国立大学が約 20校、さらに私立大学も 2桁数あるので、近年ではある年の大学卒業者数は20万人を超えるんだ。 卒業式間際になっても就職が決まっていない学生も少なくないという、大臣の話です)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月20日のマレーシア記事

【外国人労働者にかかる人頭税の引き上げ幅を減額して実施】
ナジブ首相が、政府は外国人労働者にかかる人頭税の上げ幅の減免を行い、即日発効とする、と発表しました。これが適用されるのは、半島部で働く外国人労働者です。

第一類である建築業、製造業、サービス業での 新しい人頭税 RM 1850、
第二類の農園業、農業での新しい人頭税 RM 640、

1月28日に政府が発表した、改定人頭税では 第一類が RM 2500、第二類がRM 1500 に上げるというものでした。現行の人頭税は 建設と製造業のRM 1250、サービス業 RM 1850、農園 RM 590、農業 RM 410 です。

その上げ幅が大きいことから、外国人労働者依存度の高い雇用者側から憂慮が表明されました。内務省はその後、懸念を表明した主要な28の産業団体・組織の代表と懇談を行いました。

内務省はまた、3月12日に発表した新規に外国人労働者を雇うことを停止させるとの方針を確認して、(国内にいる)外国人労働者の再雇用プログラムに重心を置くと声明しています。この再雇用計画は今年の6月末に終了することになっている。

「 依然として違法に外国人労働者を雇っている雇用者に対して、内務省は呼びかけます:彼ら外国人労働者を当局に登録することを期日ぎりぎりになって行わず早めに行うように。

(Intraasia 注:人頭税は雇用者が支払います。よって多数の外国人労働者を雇う業界の雇用者はかなりの税を払うことになる、それでも外国人労働者はかけがえのない労働力なのです。再雇用プログラムとは要するに、現在違法に雇用している外国人労働者は当局で手続きすることで合法化できるので、雇用者は新たに外国人労働者を見つけて雇うのではなく、そういう不法外国人労働者を登録しなさい、という過去に何回も行われたプログラムですね。)

【フランス議会が議決したパームオイルへの新たな税金に反発】

発展途上国から輸入するパームオイルに対して差別的な税金を課すとフランス国民議会が議決した(とのことです)。そこでマレーシアパームオイル協議会は、この議決を批判しました。

マレーシアパームオイル協議会の最高経営責任者は声明の中で述べる、「この議決は、発展途上国からのパームオイルに対して差別する保護貿易主義を支持しながら、あらゆる証拠に反して行われた。」 「差別的な税金を提案することは、世界貿易機関WTO と欧州連合EUの双方に違反していることが明らかです。」

フランス国民議会において、議員たちが可決したこの税法案は、生物多様化法案の一部です。 法案の中身はパームオイル 1トン毎に新たに 90ユーロの税金を課すというものです。
これより前の今年1月にフランス上院では、パームオイル 1トンに 300ユーロの税を課すという企てがありました。

マレーシアパームオイル協議会の最高経営責任者の声明、「90ユーロの税金は 差別的であり且つ不釣り合いである。 マレーシアパームオイル協議会はフランス大統領と外務大臣に対して、この税金を差し止めてくれるように求めます。」

「フランス外相は2013年に、パームオイル税を課さないとマレーシアに約束しました。 大臣はマレーシアの小規模オイルパーム樹農園業者 30万人に向かって、フランスは新たな税金を課すことで彼らを困らせないと約束したのです。」

(Intraasia 注:世界のパームオイル生産は1位のインドネシアと2位のマレーシアで大部分を占める。 オイルパーム樹農園の絶えることのない拡大は環境を破壊していると見なす、EU、とりわけEU内の環境団体、ではパームオイルへの評価は以前から高くない。フランスがマレーシアから輸入するパームオイル量は大したことはないでしょうが、新たな課税の動きがEU全体に広がることは、マレーシアとして是非避けたい。 このニュースにはこういう背景があると推測できる。 
ところで現在ではマレーシア産のパームオイルの大輸入国は中国、インド、パキスタンなどであり、そういう国々はオイルパーム樹農園の拡大に文句などつけない。マレーシアパームオイル協議会は常々オイルパーム樹農園は秩序ある開発であり、環境破壊を起こしていないと主張している。 とはいえ、例えばオランウータンやボルネオ象の生息地が狭められていることは事実であり、マレーシアマスコミでも時々取り上げている。いうまでもなくマレーシア政府の立場はパームオイル産業擁護ですね。)




テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月19日のマレーシア記事

【ムスリムに向けた礼拝説教: 国家指導者に忠誠でないことは神に対しても忠誠ではない】
国家のために、市民は政府と選出された指導者に対して忠誠でなければならないとアラーの神が定めている、このようにイスラム当局が主張しました。

連邦直轄領イスラム教庁 (Jawi) は金曜日の礼拝における説教、 忠誠の尺度というタイトル、をその公式サイトに載せて主張しました、「市民に対して政府だけが責任を持ち、義務があるというのは不正確である。民衆は政府に敬意と忠誠を与えるべきである。」

「国の指導者に忠誠であるべきであるという布告は、指導者自身から出たものではなく神が発したものです。それゆえに、もし市民が国の指導者に不忠であるならば、神に対して不誠実であるということです。」
「市民がとして、我々は政府の責任を理解し且つ尊敬しなければならない、同様に政府が計画していることを支持しなければならない。」

連邦直轄領イスラム教庁 (Jawi) は主張する、「他のムスリム国々で起きている不安定と混乱はその国々の市民が犯した間違いのせいなのです。彼らは挑発や扇動によって感情的に影響を受けていた。」

「マレーシアは民族的、宗教的多様性によってたいへん脆弱であるかのようだ。 政府とその指導者が引き続き公正で公平である限り、平和は政府とその指導者に忠誠であることだけを通して維持される。」

「同意できないことや意見の違いがあるならば、我々はクルアーンと スンナの教えに定められている導きに直ちに戻らなければなりません、そして英知と思いやりを持ってその機会を祝さなければなりません。」

「我々は互いに信頼を傷つけあうべきではない、互いに敵意を持ち貶めあうべきではない。こういったことは我々自身を破滅した状態に導いていきかねない。そのような意見の不一致と不忠を国際コミュニティーが目にするのであれば、恥ずべきことである。」

マハティール元首相が率先している、ナジブ首相を退陣させようという最新のキャンペーンの真っただ中で、連邦直轄領イスラム教庁 (Jawi) の説教が現れたのです。 マハティール元首相と野党陣営の指導者及び人権活動家らは市民宣言に署名しそれを発表して、”マレーシアを救おう” 運動を立ち上げました。

(Intraasia 注:マレーシアは政教分離国家ではないゆえに、イスラム教当局がUMNO主体政府と軌を一にすることは別に不思議ではない。イスラム教当局がUMNO指導部・政府の意向を察するのか、期せずして狙いが一致するのかは知らないが・・・・。往々にしてイスラム教当局が指向することをUMNO政府指導者も支持する。
ここに現れているのはムスリム向けの論理であるが、イスラム教は本来宗教と政治を厳然と区別するわけではないので、宗教的説諭が政治的説諭にもなる。 このニュースは、ナジブ首相を擁護し現体制を続行していくために、為政者とイスラム教当局は益々その姿勢を強めつつあるという一面ですね)

【ソーシャルメディアで行われているいろんな部門で人気トップを選ぶコンテスト】

ソーシャルメディア利用者の間で ”2016年オンラインで選ぶ賞” が行われています。 マレー女性歌手 Siti Nordiana への支持が最も多くなっている。

3月16日昼ごろの時点で、女性歌手部門では Siti Nordiana、33歳、 がファンの推薦を最も多く得ています。 同部門にノミネートされている他の女性歌手には、Dayang Nurfaizah, Datuk Siti Nurhaliza, Ayda Jebat, Misha Omar, Yuna , Ella がいます。

一方男性歌手部門では現時点では 、Akim Ahmad と Hazama がトップに付けている。
”2016年オンラインで選ぶ賞” における 男優部門では Shaheizy Sam、女優部門では Ayda Jebat がトップに付けている。

グループ部門ではAkim & The Majistret がトップを走っている。 ラジオパーソナリティー部門では EraFM のJohanがトップです。
スポーツ部門男子選手ではバドミントの李 Chong Wei 、同部門女子選手では Nicol David がそれぞれトップを走っている。

全部で18の部門があり、 若い商売人偶像部門ではNeelofa、 ファッション偶像は Mia Ahmadがトップです。

Facebook, Instagram、Twitter ではハッシュタグ #APO2016を付けた、たくさんのファンクラブが生まれてそれぞれ支持する者への推薦を増やしている、と関係者は説明している。
マレー女性歌手 Siti Nordianaへの支持は、彼女が 2015 Vaganza Gegar を獲得して以来大幅に増えたとのこと。

ソーシャルメディアファンは 3月30日まで行うことができる。そして各部門上位5人が選ばれる。
 ”2016年オンラインで選ぶ賞” の最終イベント?は 4月30日に TV2チャンネルでテレビ放送されます。

(Intraasia 注:ソーシャルメディア界は、幅広い年齢層に愛好家がいるとはいえ、マレーシアでも若者主体になりがちのようですから、なにかと話題になることを作りだしている。ということで若者層が好むであろうマレーシア芸能人を対象とする人気投票です。歌手というのは芸能界でも最右翼の人気がありますね、Siti Nordiana たちはマレーラジオ、大衆紙でお馴染みの名前です、ただし Intraasia には Ayda Jebat だけは初耳。)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円をある大手銀行で両替すると RM 357.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 396.7を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 293.4 を入手します。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月17日のマレーシア記事

【マレーシアの国家債務が自己設定の限度に近づいている】
財務省が国会の場で明らかにしました: マレーシアの公的債務(国家債務高)が2015年12月末時点で RM 6305億に達しました。
この額は国内総生産 (GDP)に対する割合で 54.5%を占めるため、政府が自ら制限を課している割合である 55%にほぼ近づいている。

「公的債務高 RM 6305億の内、 96.6%が国内債務であり、 残り3.4% すなわちRM 215億がオフショア債務である。」  

「この債務高は依然として管理できる範囲です。」 「政府は、公的債務のGDP比率を 55%までに抑えるとの約束を守っていきます。」

(Intraasia 注:国家債務の対GDP比率は、国際格付け会社などが大いに重視しますよね。マレーシアはこの比率が高いと以前から指摘されているので、政府は少しづつ下げていくと国際的に公言してきた)

【イスラム政党 PASが小さな新政党と連合を結成した】

イスラム政党 PASと 国民団結党 Parti Ikatan Bangsa Malaysia (Ikatan) は政党連合を結成しました。両党は16日クアラルンプールで記者会見を開いてこれを発表しました。
両党によるこの連合はいわば第3勢力を形成することになります。

イスラム政党 PASの総裁は語る、「新しい協力合意は反対のために反対するというよりもむしろ問題ごとに政府に相対していくことになるであろう。」 
PAS総裁はしかし、党が推進している イスラム刑法hudud の件をこの連合が要求していくのかどうかは明言しませんでした。

一方国民団結党 Parti Ikatan Bangsa Malaysia の総裁は語る、「反ナジブ首相の運動は 我が党には関係ない。我が党とPAS は政府と交渉することで改革はより達成できると信じている。」

Parti Ikatan Bangsa Malaysia は昨年?結成されたばかりの政党です。その総裁はケダー州を地元とする元UMNO指導者の1人で、マハティール元首相の政権時代に閣僚を長く務めた人物です。(注:国会にも州議会にも議員はいない)

最大野党民主行動党DAPの書記長(ペナン州首相でもある)はこの新連合について示唆する発言をしました、「両党による新連合は野党陣営のためには機能しないであろう。なぜならこの両党連合への投票は反対にUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)への支持と見なされるであろうから。」
書記長は、(最近の)PASがUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)を支持しがちであることを、指摘しました。

(Intraasia 注: 2015年に新たに結成された野党連合である希望連合 (Pakatan Harapan)にイスラム政党 PASは参加していない。そこでPAS 党は極小なマレー政党との協力関係を歌って第3勢力を目指すということのようです。Parti Ikatan Bangsa Malaysiaはいわばケダー州の地域政党なので、果たして第3勢力になれるのだろうか? というよりも、UMNOを核としたBarisan Nasional (国陣) が独立以来ずっと政権を握っている政治構造の下では、第3勢力というのは実質的に野党勢力の力の分散ということになりますね)

【マレーシア国民の平均寿命がまた延びた】

マレーシア人の平均寿命がまた延びました。 統計庁の統計によれば、平均寿命は男性が 72.5歳、 女性は77.4歳になりました。

2010年時点での平均寿命は 男性が 71.9歳、女性が76.6歳でした。
統計庁の人口統計部門の幹部である博士は説明する、「平均寿命が延びた要因は複数ある。保健サービス、インフラ、食品の利用しやすさ、及び生活水準の向上です。」

統計庁のホームページが載せているデータ
2010年から2015年までの平均寿命において、民族別では引き続き華人が最も長く 男性が75.1歳、女性が80.1歳です
民族別で最も短いのはインド人で 男性が 67.7歳、女性が 75.38歳です。

上記の博士の説明、「マレーシア人の主たる死亡要因の1つは不健康な食事スタイルと糖尿病であると、我々は気がついている。」

(Intraasia 注:平均寿命が少しずつ延びていること自体は不思議ではない。 結構なことです。 ただ相変わらず華人とインド人の間にある年数の差はかなりのものだといえる)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月16日のマレーシア記事

【改正婚姻と離婚法は内務省の管理権限下に入ることになる】
改正する婚姻と離婚法1976年は、改正が可決された後は内務省の管轄下に入ることになる、と首相府の(法律担当)大臣がメ記者団に述べました。
Hidayahセンター基金が主催した、イスラム教に新しく入信したムスリムにクルアーン解釈書を手渡す儀式に、同大臣が出席した際のことです。

同大臣(女性)は語る、「この改正法が内務省の管理権限下になった後は、女性と家族とコミュニティー発展省はこの改正法ではもはや何の権限も持たないでしょう。」 「改正婚姻と離婚法は内務省の管轄下になる、その理由は改正法はより取締りに比重があるからです。」

少し前に、その人の本来の宗教を改宗すること及び子供の宗教を改宗することから発生する問題と養育権と財産の扱いに関する3種の法律の改正を進めていく前に、政府は各州からの意見を待っているところである、との報道がありました。
この3種の法律とは、改心法(婚姻と離婚)1976年、 イスラム法(連邦直轄領)の管理1993年、 イスラム教婚姻法(連邦直轄領)1984年です。

ところで Hidayahセンター基金の会長(注:名前から彼自身イスラム教への改宗者でしょう) は述べる、「我々の基金は現在、全国の新ムスリムに宛ててクルアーン1千部を今年配布することを計画している。」 「新たにムスリムになった者に今年は既に200部を配った。昨年は500部を配った。」

(Intraasia 注: 世界どこの国であれ、婚姻と離婚というのは典型的な民事家族法範疇のことのはずですが、現代マレーシアの為政者側とイスラム教当局はそういう捉え方をしていないことがわかる。 内務省は翼下に警察やイミグレセン(Imigresen)などを抱える、治安維持と国内諸方面での取締りが主たる任務である官庁です。内務省はいうまでもなく官庁の中で最強の権力を持つ、そして内務大臣は現在副首相が兼務しているし、マハティール元首相時代は彼が兼務していた。このように内務大臣は内閣のトップ級実力者が就く慣例がある。 なおマレーシアの内閣には法務大臣という職はなく、内閣府の特定の大臣が担当する。
非ムスリムがイスラム教に改宗する際に起きる問題、とりわけ夫婦の片方が改宗する際の問題が以前から社会的にも注目を浴びている。そういう時に、女性と家族とコミュニティー発展省は女性や家族視点の意見や扱いを表明することがあった。しかし今後は同省の手を離れて、内務省の権限下に移るということですね。いかにも現在のマレーシアらしい変更だといえるでしょう)

【州称号の違法な販売を取り締まって、止めさせなさい、と州スルタン】

ペラ州で、違法な州称号を売っていることに関わっている者たちの中に、ペラ州スルタン家系に関係する者がいることを含めて、ペラ州警察はそういう人物の身元を特定しました。

ペラ州のスルタン宮で議長としてペラ州ロイヤル会議を開いた際に、ペラ州スルタンは述べる、「警察が提出した詳細な報告書が明らかにしているところでは、そういう者たちは不届きな行為に直接関わっている。」 「当局はそういう者たちに対して、厳しくかつ偏らない行動を取らなければならない。」 
「誰に対しても何ら特別な扱いをせず、刑事免責もせずに、法が公平に施行されなければならない。有罪となった者は罰を受けなければならない。」

「当局が声を出さずに傍観しているのであれば、それはそういう違反行為が続いていくことを奨励していることのように捉えられてしまう。」
「必要であれば法改正をすべきであり、罰を重くすべきです。それでこそそういう行為をストップさせられる。」

スルタンはまた、不届きな者たちが違法称号を売ろうという話を持ってきたら、そのことを警察に届けるようにと訴えました。
「これが騙される人たちを守ることになる。人々の協力が必要です。」

州の称号を儲けのために売ることが盛んになっている、との報道がありました。
Datuk と Datuk Seri の称号が上記の者たちによって”受称号者”に売られていると言われている、”受称号者”は法律から免責されるという特別カードを得るとのこと。

「こういう違法活動は正式な受称号者を笑いものにし、その地位をけなすことです。州称号を得ている者は誰であれ、刑事免責のために法律を尊重しないという間違った印象を他人に与えることになる。」 とスルタンは発言しました。

「州の称号を授与するのは全てペラ州スルタンの権限下にあります。」 「称号を授与される者には、ペラ州事務局が署名した書状によって通知が送られる。授与と認証儀式はスルタン宮だけにおいて催される。」

(Intraasia 注:スルタンのいる州では、毎年各州が独自に選んだ人物に対して州スルタンから Datukなどの称号が授与される。人物を選ぶ過程は州事務局が行っても、授与する権限と儀式はスルタンだけが有する。 権威的社会であるマレーシアでは、この称号は受称号者の権威をかなり高める。そこで昔から、偽称号とか、称号得るために金を誰かに払うとかといった噂がでることになる。ペラ州スルタンがそういう不正行為をいさめたニュース記事です。)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月15日のマレーシア記事

【近年のマレーシア国籍離脱者は平均して年間1万人ぐらい】
国会の質疑応答で野党議員の質問に内務大臣が書面で回答した内容です。
「(内務省翼下の役所である)国民登録庁 (Jabatan Pendaftaran Negara)の統計に基づいて、マレーシア国籍を離脱した人の数は、2010年から2016年までで合計 5万4406人である。」

「マレーシア連邦憲法には国籍離脱には2種類の方法がある: 自ら離脱する場合と行政によってはく奪される場合
この約5万4千人の人たちは、自らマレーシア国籍を離脱して他国の国籍を取得した人たちです。」

別記事
2016年の国籍離脱者はこれまでに1102人になる。2015年は8076人でした。
海外で働くまたは外国の永住者であるまたは外国籍を取得した、マレーシアで生まれた人の数は約100万人になります。

(Intraasia 注:興味深い内容ですね。近年では大雑把に年間1万人弱ぐらいがマレーシア国籍を離脱しているわけか・・・。 人口3千万の国として、特に多くもないというべきなのか?  比較する資料が手元にないので判断が難しい)

【所得税の未納のために出国禁止処置を受けた国民の数】
国会の質疑応答において、与党議員の質問に対して財務省副大臣(華人議員)が回答した内容です。

所得税を納める義務を持った国民の内で、未納または未完納のために、イミグレセン(Imigresen)の出国検査場で出国を禁じられた者の数は、2014年12月末までで合計17万3千人でした。 その人たちの未納所得税の総額はRM 40億にも達していた。 
内国収入庁は、1967年所得税法の条項に基づいて、未納所得税としてRM 13億を徴集できた。

別記事
財務副大臣の説明、「 出国禁止処置を受けた 1年以内に、彼らの内の6万1千人が未納税金を支払った。その総額はRM 13億になる。」

これとは別に野党議員の質問に財務副大臣が返答したことです。
2016年度予算が修正された後、内国収入庁の2016年度の税収見込みは RM 1185億となっている。 当初の2016年度予算では税収見込み額をRM 1256億としていたが、予算案修正の後、RM 1185億に下方修正された。

内国収入庁が2015年に徴収した税額はRM 1118億でした。その構成は 個人の所得税、法人税、石油税、印紙税、不動産利得税から成る。

【イミグレセン(Imigresen)が出国禁止処置にした国民が これまでに82万人】
国会の質疑応答において、内務大臣が書式で返答しました。

2011年からこれまでに、イミグレセンが出国禁止処置にした国民の人数は 82万7千人になる。この内で破産のためというのが最大グループであり、20万人を占める。次いでローン返済の不履行者が 11万9千人を占める。  残り50万8千人ほどは様々な理由からです。なお治安を害するとの理由から出国禁止処分を受けた者は520人になる。

「出国禁止処置のリストに載せられた者は、出国を許されない。ただしそういう者でも関係当局から許可を得れば出国できる。」

国民は、イミグレセン(Imigresen)のサイト http://sspi2.imi.gov.my/で次のようにして、自分が出国禁止者リストに載っているかどうかを調べることができる:
1. 身分証明書の番号を入力
2. Semak の部分をクリックする
3. そうすると情報が表示される

(Intraasia 注:合計数で82万人ということですから、ある時点での人数ではないが、少なくない人数のように感じる。マレーシアからほとんど陸続きのシンガポールを訪れる人とタイを訪れる人は極めて多いので、そういう人たちには効果ある処分でしょう。 逆に言えば、法律コンプライアンス(遵法)に対する国民性を考えればこれぐらいのことをせざるを得ないともいえそうです。その典型として上記の所得税未納の場合ですな。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月14日のマレーシア記事

【KL SENTRAL は早急に向上させなければならない】
(KL Sentral はクアラルンプール圏の初の交通総合ハブとして1990年代後期にゼロから建設が始まった、総合ターミナル駅です。 Stesen Sentral Kuala Lumpur が正式名で、マレーシア語綴りですが、 KL Sentral と呼ばれる方がずっと多い)

KLSentral は建築デザインとして、 日に8万人の利用者を想定して建設された。しかし現在では利用者数が倍増して扱い能力を超えている、そこで施設などに問題が起きています。

早朝から深夜までマレーシア人も外国人もKL Sentral を利用しており、通勤者は口々に KL Sentral について不平を語る。不満の対象はエスカレーターが多く、稼働してない機もある。待合いコーナーに備わった座席の少なさ、身体障害者用設備のなさなども不満の対象です。

駅を訪れて見ると、少なくとも2機のエスカレーター、数台の切符自販機などが故障中で使えなかった。
クーポンタクシー乗り場にはきちんとした待合い場所がなく、構内の案内標識はわかりにくい。 KLIA,KLIA2 息のバス発着場への案内標識は不十分で見つけにくい。
構内の公衆トイレは早急に改善の余地があります。トイレの便座にはひびが入り、蛇口の頭はぐらぐらしている。

より大きな問題点は高架電車LRT Kelana Jaya 路線の利用者がプラットフォームで乗り降りする際にある、それは電車車両とプラットフォームの間にできる隙間が足の1つ半ほどの広さがあるからです。 

KL Sentral を訪れた運輸種副大臣は言う、「KL Sentrl は修繕がなされなければならない。 内閣府の担当部門に、KLSentralを向上させるために予算配分の件を話します。」 「安全設備、例えば監視カメラは開業当時にせっちされたままであるので、見直す必要がある。」 
「KL Sentral ビルのオーナーは運輸省なので、省が改善のためにはからいます。」
KLSentral には設置されている監視カメラは192個だけとのことです。

「KL Sentral は4社が営業許可取得者がいる。大事なことは、ターミナル駅に通じている管理者を1つだけにすることなのです。何人ものボスがいてはだめだ。」

(Intraasia 注:KL Sentral は2001年4月にオープンした。空港電車、LRT, マレー鉄道、そして最後にターミナルにつながったモノレールの4つの電車網の総合ターミナルだ。加えて KLIA/KLIA2 を結ぶバスターミナルも併設している。
Intraasia は KL Sentral をとても数え切れないほど多くの回数訪れてきたので、2001年当時の利用者数と現在の利用者数を比べれば、数倍ぐらいに増えていることを実感する。 15年も経てば当初の利用者想定数を 上回っても仕方のないことであり、世の中こういう事例は幾らでもある。大切なことは日常のメンテナンスと小まめな設備と施設改良ですよね。残念ながら、マレーシアではこの面にあまり力を入れないことが多い。KL Sentral もその例に漏れないようだ。
KL Sentral の管理者である大企業 MRCBの子会社がどこまで利用者の便宜を第一に実践するかにかかっている。 しかし利害関係者が多すぎて、独立した運営がままにならない様子が記事に書かれている。 もちろん公共交通ターミナルなので、運輸省など官庁や政府も関与する。2001年に設置した監視カメラが未だにそのまま使われているとは驚きです。故障もあるだろうし・・・・、どのくらい機能しているのだろうか。 今後の利用者数のさらなる増加を見越して、修繕と改善だけでなく、早急に改造工事デザインに着手する必要があると思いますね。)

【ネットニュースサイトのマレーシアンインサイダーが廃刊する】
インターネットニュースポルタルサイトである、The Malaysian Insider は3月14日深夜にその営業を停止することになります。

The Malaysian Insider の編集長はサイトに書き込みました、「 マレーシア政府が閲覧を妨害しているにも関わらず我々を読んでいる読者を含めて、内外の読者にグッドバイをお伝えします。」

「"The Edge Media Group はビジネス上の理由から The Malaysian Insiderを今晩の深夜に廃刊することを決めました。」 「2008年2月に刊行を始めて以来、皆さんに良い提供を行ってきたことだと思う。」 「これまでの支持に感謝します。」
「私は今後もペンを置かないし、カメラも休ませない。黙りませんしマレーシアと世界で起こっていることに耳をふさぐことはしません。」

(Intraasia 注:今年2月26日の記事で、The Malaysian Insiderが当局によって国内での閲覧禁止処分を受けた記事を載せました。当サイトでは他にもThe Malaysian Insider に関しては、警察などの取締りを受けた2015年3月31日の記事などいくつかニュースを載せています。親会社の The Edge Media Group自体が昨年当局から数ヶ月に渡る発禁処分を受けたように、当局からにらまれる媒体会社と言える。 マレーシア発のネットニュースポルタルの1つとして、The Malaysian Insider はよく知られていることは間違いないでしょう。 そのサイトが消えるということのようです)

【オーストラリア人ジャーナリスト2人が、ナジブ首相に対する取材時に逮捕された件を巡って】
オーストラリアのABCニュースに所属するオーストラリア人ジャーナリストの2人が、先週末サラワク州クチンでナジブ首相を取材した際の取材態度と方法のために、その場で警察に逮捕された一件が起きました。2人はその後釈放されたが、マレーシアから離れることを許されていません。

オーストラリア外相はこの件に関して、記者会見で深い懸念を表明し、マレーシア当局に接触していると、外報通信社は伝えています。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月13日のマレーシア記事

【歯科医の養成が増えるので、歯科医対患者の比率が下がっていく】
マレーシアは歯科医が今後5年間で増えることになります。 現在の国内の歯科医対患者の比率が下がっていき、 2018年には 1対3000 になります。

国際歯科カレッジの会議と展示会の開会式で保健省大臣は述べる、「現在の歯科医対患者の比率は 1対5100 である。 マレーシアが毎年約 1100人の歯科医養成を継続していけば、現在の比率が向上していくことになる。」 「国内での歯科医に限れば、多くの歯科医を養成しているのです。」 

「長期間でみると、年間700人から800人の新しい歯科医が生まれてきた。今年は1100人です。」  「今後4年5年で、マレーシアは恐らく 1100人から1200人の歯科医が新たに生まれます。」

「その内、国内の13の歯学部 で600人から700人の新歯科医が養成される。内訳は国立が6学部、私立が7学部。 そして残りの新歯科医は外国の学校の歯学部卒業生となる。」

(Intraasia 注: 上記の歯科医対患者比率 を聞いても、比較知識がないので評論は難しいですね。 クアラルンプールのような都会では私立の歯科医院はそれなりにある。問題は地方の町でしょう。選択がなく、公立の歯科クリニックだけという所もあるのではないだろうか?)

【サラワク州州首相によるナジブ首相への褒め言葉の中で言われた冗談】

サラワク州を3日間の予定で訪問したナジブ首相を迎えたイベントの場で、サラワク州州首相はユーモアを交えて話しました: (サラワク州最大の先住民族であるイバン族の)イバン語を学べば、新しくイバン人の妻(Bini Baru)を娶ることができます。

これは”誰でも受け入れるマレーシア デジタル国家”活動を推進する式典における演説で、ユーモアで定評あるサラワク州州首相が話をした中の一場面です。「ナジブ首相は歴代首相の誰よりも回数多くサラワク州訪問をしています。過去5人の首相の合計サラワク州訪問を上回る46回の訪問をしてきました。首相はサラワク州が好きなんです。」 

「しかしながら、ナジブ首相はイバン語がわかりません。もしイバン語を学ぶことになれば、イバン人の新妻を娶ることを考えてみてください。冗談ですよ、冗談。」

「ナジブ首相は決して何も持たずにはやってこない。ナジブ首相はサラワク州のために何十億もの予算を割り当ててくれます。」

(Intraasia 注:もうすぐサラワク州では州議会議員選挙が行われる。他の州は全て総選挙時に州議会選挙を行うが、サラワク州だけは時期が異なる。そこで与野党ともサラワク州選挙の準備に励んでいる。Barisan Nasional (国陣) の総裁であるナジブ首相も同様です。 それはとして、ナジブ首相は実によくサラワク州を訪問するのは確かですね。
イバン人は州の先住民族の最大グループです。サラワク州ではイバン人も含むダヤック人という分類範疇を使う人たちもおり、サラワク州ダヤック人協会を組織している。書記されたイバン語の文章を見ると、マレーシア語単語に似たまたは推察できる単語を見つけることができる、当然ながらイバン語もマレー語族に属する1言語だから、マレーシア語とはいわば近縁関係になる。だからイバン語は文法、統辞構造、音韻、語彙はマレーシア語に似ていることでしょう。サラワク州州首相はこの演説でもイバン語を混ぜて話したと書いてある。)




テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月12日のマレーシア記事

【サラワク州元首の息子の妻が起こした離婚裁判における裁判所の判決】
タイブ・サラワク州元首(前サラワク州州首相でもある)の息子の前妻が起こした離婚裁判で、州のシャリア高等裁判所は判決を下しました: 前夫は前妻に対して慰謝料としてRM 3千万を支払うこと

サラワク州元首の息子である前夫は、慰謝料を3か月ごとに3回に分けて、1回 RM 1千万を前妻に支払うこと、と裁判長は判決しました。「シャリア法廷は、被告は muta'ah の支払い能力があると判断する。」 「原告の前妻が求めている慰謝料 RM 1億は理不尽な額であると考える。」

裁判長は続けて述べる、「被告は夫としての義務を充分に果たさなかった、そして10年間彼女と別居することによって原告に不平を起こした、その期間中は依然として夫婦であったのにも関わらず。」

判決後、被告の代理として、被告側弁護士は控訴すると語りました。「被告は判決に大変失望している。」 「我々は慰謝料に対しても、その額に関しても控訴します。」

一方前妻は、「判決は別居後私が経なければならなかった苦闘を認めてくれたことにに大いに感謝する。」と述べました。

この元夫婦は1992年に結婚し、その後2011年に離婚しました。2人の間には13歳の息子があります。
muta'ah を要求するこの離婚裁判は2013年中頃に始まりました。裁判を通して、前サラワク州州首相の息子の富裕さの中身が明らかにされ、原告側の弁護士はそれをRM 10億近いと推定しました。

(Intraasia 注:社会的話題になってきた離婚裁判の1つです。両者共にもともと知名度があるが、話題になってきた主たる理由は、前夫の保有する巨額の富が少しづついわば暴露されたことでしょう。 前夫の父親は現在のサラワク州元首の地位に就く前は、サラワク州首相の座に実に30年前後もあり、タイブ王国と異名を取った。タイブ前州首相は家族を州関連企業に配し、巨万の富を築いたと言われる、それが息子の富裕さに示されている。 例え原告側の弁護士の言であれ、推定RM 10億の富とは尋常ではない。
サラワク州という州ゆえに、連邦国家から一定の自治権を有している、加えてUMNO が組織を持たない唯一の州です。そこでタイブは先住民族ムスリムであるがUMNO党員ではない。タイブがなぜ30年も州首相職にあったか、そして後継者を指名して退陣した後に州元首に就いたのかということは、サラワク州の政治風土と民衆意識を写しだしていると言えそうです。)

【政府は、マハティール元首相に与えていた Petronas社相談役の地位を打ち切ると決めた】

(先週末マハティール元首相は市民宣言を発表して、ナジブ首相の退陣を求める市民宣言を発表した件の記事は、3月5日に載せました。
準国営石油会者 Petronas社の相談役にマハティール元首相が就いていることに対して、UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)内部から強い批判が起きているとのニュースが既に現れていた)

政府は、マハティール元首相の Petronas 社相談役の地位を終わらせることを決めました。
首相府は短い声明を出しました:「内閣は、マハティール元首相は政府を支持してないゆえに政府関連の職務に就いているべきではないと、全会一致で同意した。」 「その宣言は、首相が率いる民主的に選ばれた政府を打倒する目的であり、それ故に法律と憲法に反する。」 

「マハティール元首相はもはや政府に關係する職務に就いているべきではない。」 「マハティール元首相を Petronas社相談役に任命していることを打ち切ることに、内閣は全会一致で同意した。」

(Intraasia 注:民主主義という単語は、世界どこでも使われるだろうが、その使われ方、含意がいかに違うかという例を我々は昔から知っている。その1つの例が現代マレーシアでも起きている。政府、UMNOは、選挙以外の方法で首相の退陣を求めることは反民主的であるとの論理です。そもそも首相在職時代に街頭主義を抑圧してきたマハティール元首相はデモなどの街頭行動でナジブ首相を退陣させるとは決して言ってない、例えば国会での首相不信任決議などをあげている。 
UMNO草の根支持層には根強い、UMNO総裁=首相を無条件支持するいわば伝統がある。政府、UMNO指導層はそれを基にして、首相を退陣させる試みは違法であるとの論理を表に出していますね。マハティール元首相は国産自動車 Proton社の会長職にも就いているので、恐らくこの職からも解職されることでしょう。)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】

1万円をある大手銀行で両替すると RM 357.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 404.7 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 292.9 を入手します。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月10日のマレーシア記事

【住宅ローン申請で却下される率が高すぎると、デベロッパーの協会は主張する】
不動産と住宅開発協会(Rehda) は、入手可能で手ごろな住宅向けローンの申請では、審査で落とす率が50%を超えている、厳しいローン条件が不動産市場に害を与えていると主張しました。

不動産と住宅開発協会(Rehda) の会長はメディア向けの催しで述べました、「Rehad の調査でわかったことは、2015年下半期においてデベロッパーにとっての最大の障害は住宅ローンの申請却下です。調査に答えたデベロッパーの 68%が、売れ残り住宅の戸数が30%を超えると言っている。」

「売れない住宅数の多くは入手可能で手頃な価格帯の住宅です。厳しいローン条件が初めて住宅を買おうとする人たちを拒否しているのです。」
「末端での融資は不動産の一時市場に大いに影響を与えている、とりわけ手ごろな住宅市場に対してです。ローン申請における却下率はたいへん高い、50%を超えている。」

銀行が融資に慎重であるにも関わらず、新しい住宅を購入する率は比較的良い、と Rehda は説明する。
「入手可能で手ごろな住宅範疇では、販売された住宅戸数が2015年下半期は増えた。 主要都市部の若い世帯が好むであろう、アパートとコンドミニアムは上半期の779戸から下半期は1844戸に増えました。」 「同期間における、1階建てテラスハウスの販売住宅戸数は対上半期で倍増して下半期は616戸です。」

同会長は言う、 「不動産市場は依然として低調である。2015年下半期はスランゴール州とジョーホール州の主として高級地区にある価格RM 50万クラスの住宅の46%が売れ残った。」
「目標値である60%の販売率を達成するには、今では半年はかかる。このように従来とは状況が異なる。」

ほとんどの州で住宅不動産価格は大体(従来と)同じ価格に留まっている。ディベロッパーは2015年に売り出された手ごろな価格帯の住宅により力を入れている。

中央銀行Bank Negara は2014年末に、(各銀行にあてて)ローン申請に関してより厳しい条件を適用するようにと指示通達を出しました。これは投機目的の購入を防ぐため、好景気の不動産市場を冷やすため、国民の世帯負債の率を下げるため、です。

マレーシアの世帯負債総額は国内総生産 (GDP)の 87.9%という高率であり、東南アジアで最も高率であると言われている。

不動産と住宅開発協会(Rehda) 会長は言う、「消費者側に財政的規律の必要は確かにある、しかし中央銀行Bank Negaraには融資条件を見直してほしい。」

(Intraasia 注:Rehda は不動産デベロッパーの協会だそうです。既に2015年の後半頃からかな?不動産デベロッパーや不動産代理業者らは、中央銀行Bank Negaraが定める融資条件はいささか厳しすぎるとしばしば訴えていることが、ニュースに現れるようになった。 住宅ローンのような長期間のローンは多少厳しくしないと、返済不履行が増えるのではないだろうか、と思いますけど、開発する側はそういう思考にはならない。そもそも住宅ローンを組んでいる人の間で、ある融資条件のときの債務不履行者の率はどれほどかといった具体的なデータが必要ですね)

【物品とサービス税(GST)の税率6%は変更しないと政府の答弁】
物品とサービス税(GST)は2015年4月から税率6%で実施に入りました。同時に、従来あった販売税とサービス税が廃止された。

国会の質疑応答で財務副大臣がGST の現行税率の 6%を変更する予定はないと、答弁しました。「現行の経済状況下では6%が適している。」 「GST施行前、販売税は10%、サービス税は6%でした。」
野党議員が、世界的石油価格の下落状況によってマレーシアの国庫歳入が減っていることから政府はGSTの税率を見直すつもりかと、質問したものに答えたものです

財務副大臣は述べる、「物品とサービス税(GST)施行下でも、たくさんの生活必需品は税率ゼロです。例えば、鶏肉、農業品、海産品、公共交通機関、教育費など。従ってサバ州でも税率6%は適した税率です。」

(Intraasia 注: 必要不可欠な食料品は GSTの税率がゼロですから、この点は助かりますね。 石油産出国としてマレーシアは国際石油価格の低迷によって2016年度は確実に歳入額が減ります。だから2016年度予算は今年に入って幾分修正された。)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月9日のマレーシア記事

【KLの手工芸品総合ビルを取り壊し、販売業者を独立広場地下に移転させる】
(クアラルンプールの Conlay通りにある 手工芸品総合ビル(Kompleks Kraf )では国内のいろんな手工芸品が販売されている。)

新しい電車網 MRTの第二路線である、Sungai Buloh-Serdang-Putrajaya 路線プロジェクトを進めていくにあたって、手工芸品総合ビル(Kompleks Kraf )を取り壊すとの決定が、3月5日に政府から発表されました。

これに対して、手工芸品総合ビル(Kompleks Kraf )で商売したり、テナントとして入居している 400ほどの業者から不満が表明されています。建物が取り壊されることでの、新しい場所が決まっていない不安が起きました。

MRTプロジェクトの施行会社である Mass Rapid Transit Corporation Sdn Bhd (MRT Corp) の取締役が、移転場所の件で声明を出しました、「当社がクアラルンプール独立広場の地下にある建物を現在改修しているところです。業者の方々の移転場所として、独立広場地下は非常に適していることだと確信する。クアラルンプールの観光地エリアの中心にあるからです。」 」

「この新しい場所はマレーシア手工芸品発展公社及び観光省と相談したうえで選びました。」 マレーシア手工芸品発展公社が 手工芸品総合ビル(Kompleks Kraf )を管理運営している。 「業者の移転費用と改修費用は MRT Corp が負担します。 移転開始は2016年11月からです、」

(Intraasia 注: KLの手工芸品総合ビルはブキットビンタン街から近道を歩けば10数分で到達できる距離ですが、電車はもちろんバス路線も通っていないので、一般旅行者が自分で行くには多少見つけにくい点がある。 Intraasia は歩くことなどまず気にしないので、1990年代前半の昔から何十回も訪れてきた。ホームページにも初期から載せた。外国人旅行者のほとんどは旅行代理店のバンやバスで連れていかれるという形です。そういう団体客がいないときは、手工芸品総合ビルはいつも空いています。
その馴染みある建物が取り壊されてしまうのか・・・・・。 現在占めている広い敷地では、博物館を含めてゆったりとして展示され、且つ舞台装置もあるほどです。その一環として手工芸品販売フロアもある。建物取り壊された後の移転場所は狭い場所なので、単なる手工芸品販売が主体となることでしょう。
Intraasia はマレーシアの手工芸品を案外熱心に紹介してきました。たまたま現在 Intraasia の 喫茶ツイッターで写真を載せてシリーズで紹介していますよ)

【昨年イスラム国 (IS) グループによる国の指導者を誘拐する企てがマレーシアでもあった】
イスラム国 (IS) に加わる者たちが国のトップ政治家を狙った誘拐をマレーシアでも2015年に企てた、とのニュースを内務大臣を兼務するザヒド副首相が明らかにしました。

この件について、警察長官が確認しました。「誘拐の企てがあった。国内における犯罪活動を防止するのが我々の義務です。」 と長官は記者団に述べました。「その過激派グループが狙ったのは首相や防衛大臣でした。」

マレーシア訪問に関して自国民に向けて警告を出している国がいくつかあります。警察は旅行者の安全を保証していることを警察長官は強調して、「我々は治安を確保しており制御下にあることを、保証します。旅行者を歓迎します。」

(Intraasia 注:治安情報は当然ながら、なかなか事実や本音が公表されない。 このニュースも昨年のことが今頃ごく少しだけ明らかにされたようです。だからどの程度の企みかもわからない)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月8日のマレーシア記事

【ネット上では、ナジブ首相退陣要求者側と首相支持者側との競い合いが始まった】
マハティール元首相が起案して非政府組織や野党陣営の領袖が署名した、市民宣言が発表された件は、3月5日の記事で載せました)

この市民宣言に呼応して、インターネット上ではナジブ首相の退陣を要求する署名運動が起きています。先週末に出現して以来、3月7日時点で約3万人の賛同者がこれに答えました。

”ナジブ首相への請願 -退陣 (Undur)” と名付けられた署名運動は、社会運動家 (マレー人)が3月5日に立ち上げました。 そのサイトにはナジブ首相が退陣すべきである理由もあげている。 そこでは市民宣言に言及して、マレーシア人は民族、宗教、政治、政党に関わらず、黙っているべきではない、立ち上がるベきである、そして皆で市民宣言を支持しよう、と訴えている。

参考:このサイトのアドレスは https://www.change.org/p/prime-minister-dato-seri-najib-razak-quit

一方、フェイスブックを使った”我々の首相に敬意を払おう” 運動が現れました。

ナジブ首相の退陣を求める署名運動に対抗して、首相支持者たちはインタ^ネット上で首相支持運動を立ち上げたのです。
それがフェイスブックでの “#RespectMyPM”(我々の首相に敬意を払おう)” 運動であり、支持者たちに向かって声援をナジブ首相に届けようとするものです。

【全国のポリテクニック(技術系専門学校)が受け入れる新入学生の数】

(SPM試験の説明は3月4日の記事をご覧ください)
つい最近結果が発表された 2015年度SPM試験の成績で基準グレード以上を得た者たちに向けて、全国のポリテクニック(技術系専門学校)では合計 2万4千人分の受入数が用意されています。

教育省のポリテクニック(技術系専門学校)部門の長は記者団に語る、「この受け入れ学生数は今年6月の入学者に開かれています。」
「全国には 34校のポリテクニック(技術系専門学校)があり、80種以上の勉学課程が SPM試験合格者向けに用意されている。」

「ポリテクニック(技術系専門学校)が提供している資格は、certificate 課程、 diploma課程、degree(学士)課程です。 ポリテクニック(技術系専門学校)の様様な課程はマレーシアのいろんな分野の雇用者に能力ある者とその専門技術を提供することで貢献しています

(Intraasia 注:マレーシアの高等教育機関は主として勉学年数に基づいて、上記の certificate 課程、 diploma課程、degree(学士)課程、に分かれた3種の卒業資格を提供している。言うまでもなく、高等教育機関によって与える資格は異なる。一般に、学歴を聞くときは、その学校名だけでなく、その資格も一緒に確かめることになる。
ポリテクニック(技術系専門学校)と聞くと、一般的にcertificate 課程、 diploma課程 だけだと思っていたが、中には degree(学士)課程を与えるところもあるのか。 degree(学士)課程は一般にユニバーシティーが提供します。 全国に34校という校数は多いのか少ないのか、判断が難しい)

おことわり
依然として体調不良が続いていますので、病気治療と休養のために、今後しばらく当サイトで記事の掲載が毎日はできなくなりそうなことをお知らせいたします。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月7日のマレーシア記事

【マレー鉄道の複線電化プロジェクトの残り区間は計画通りに進める】
マレー鉄道の西海岸線の グマス駅 -ジョーホールバル駅間の複線電化プロジェクトは計画通りに進めると、ナジブ首相が述べました。
「政府は、2016年度予算で決めたように、このプロジェクトを続けていくことを確認します。」と、ジョーホール州を訪れたナジブ首相。

グマス駅 -ジョーホールバル駅間の複線電化プロジェクトは既に2015年に、中国の鉄道会社に契約を与えています。

最近の報道では、マレー鉄道の総線路距離 1641㎞において、複線電化が終わったのは46%になる。
グマス駅 -ジョーホールバル駅間の複線電化が完了する2020年には、複線電化率が 58%になります。

これとは別にナジブ首相は述べる、「ジョーホール州政府の下で振興している開発プランは速いペースで進んでいる。とりわけ州の Pengerang地方における石油とガス産業分野のような特定分野では成長が著しい。」 「Pengerang統合石油コンプレックスプロジェクトは第一段階にあり、このプロジェクトではペトロナスによる US$270億の複合施設及びDialog-Royal Vopak-ジョーホール州発展公社事務局による RM 90億の独立した深海ターミナルを伴うことになる。」

(Intraasia 注:首相がどこどこを訪れて規模何十億、何百億の何々という大プロジェクトを発表した、または大プロジェクトの進行状況を褒めた、という、マレーシアマスコミの典型的報道スタイルです。 開発第一主義の賛歌を依然として保持するスタイルです。
それはとして、この記事のメインはマレー鉄道複線電化の進行ニュースでしょう。西海岸線は既に、タイ国境のパダンブサール -バタワース-クアラルンプール-グマスまで複線電化が終わって、電車列車が運行している。残りがジョーホール州内の区間である グマス駅 -ジョーホールバル駅間です。あと4年もかかるゆったりしたペースですが、完成済み区間にかれこれ20年ほどかかったので、全体から見ればふさわしいペースと言えそうです。複線電化は当然ながら、非電化単線時代に比べて、飛躍的に列車スピードが増し、且つ運行精度も良くなった。 西海岸線の複線電化の完成が期待されるところです。
なお グマス駅 -トゥンパット駅の東海岸線は複線電化をしません。だからマレー鉄道の複線電化率が100%になることは、近い将来もありません。)

【新型のデング熱ウイルスはジカ熱ウイルスとは関係ないと保健省】
昨年(2015年)中頃確認された新しい型のデング熱ウイルスはジカウイルスとは関係ない、と保健省が確認しました。

保健省の疾病管理部門の長である博士は語る、「マレーシアにおける小頭症は ジカウイルスのためではない。小頭症の症例は既に確定されており、どの症例もジカウイルスとは関係ありません。 マレーシアでは年平均約 50の小頭症例が起きている。」

全国でデング熱感染の報告が増加するにつれて、2015年6月デング熱の型が転化していることに保健省は困惑しました。
2015年上半期、保健省の副長官が明らかにしたところ、デング熱患者が通常デング熱に関連していない症状に苦しんでいることがわかりました。その症状とは、肝臓の重い疾患と脳の感染でした。中には心臓の脈異常になった人もいました。

「2015年のデング熱による死亡者 336人中、6%が主に脳炎または脳出血による死亡だった。」 「デング熱の症状とジカ熱による症状は似ている。」

「ある患者が熱と身体の痛みと激しい頭痛の場合、我々はまずデング熱の検査をします。その検査で陰性となれば、その患者はジカ熱の検査を受ける。」

【クアラルンプールで行われたハローキティーランニング大回】
マレーシアで初めて行われた、ハローキティー 2016年マレーシアランニング大会には、外国人を含め3500人ほどが参加しました。
クアラルンプールの Perdana ボタニックガーデン(植物園)で3月6日行われた大会では、参加者はおそろいの鮮やかな赤と白の縞の入ったTシャツと青いダンガリーを身につけて、5kmのコースを走りました。

東南アジアでの  Hello Kitty ランニング大会は 2014年9月にシンガポールで行われたのが最初です。第2回もシンガポールで行われ1万1千人が参加したとのこと。またバンコクでも今年初め頃同様の Hello Kitty ランニング大会が開催されました。

(Intraasia 注: ほー、そんなランニング大会がシンガポールとバンコクで開かれていたんだ。 マレーシアでも昔からハローキティーは人気ある。さらに他の東南アジア国でも人気あるみたいだから、多分海賊版が多そうなそのキャラクター製品はいろんな所で目にする。 ハローキティーが犬でなく猫であるところがムスリムにも大いに受けますね)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月6日のマレーシア記事

【モデルコンテストに参加したマレー女性に対するソーシャルメディアでの批判】
アジアの次のトップモデルコンテストにおいて、第4段階に残っているマレーシア人は唯1人です。(マレー人である)彼女に対して強い批判がソーシャルメディアで沸き起こっています。

クアラルンプール出身で MARA工科大学卒業の女性、Tuti, は英国のBBC放送によるメールインタビューに答えて言う、「皆の意見は尊重しますが、私はコンテストに引き続き残って一所懸命やります。」 「我々を引き離しているのは、肌の色や宗教ではなく、機会なのです。」 「私は何かにラベル付けをしたくはない。私は世界市民です。自分の夢を追うガールなのです。」

今週初め、娯楽ポルタルが彼女のニュースを伝えた際には、ソーシャルメディアでは多くのお祝いが現れました。しかしムスリムの中には、身体を人目にさらすようなコンテストに参加している彼女を強く批判する人たちもいました。ムスリムは参加を禁止されているはずのコンテストに、なぜ Tuti は参加を許されたのかと問う者もいます。

BBC によれば、この女性はこれまで参加したマレーシアでのモデルコンテストではなんら論議に面したことはないと述べています。彼女は 2012年X Top Model Search Malaysia で優勝しました。

(Intraasia 注:アジアの次のトップモデルコンテストがどういうものか全く知りませんし、この女性にも興味は湧きません。1人のムスリム女性がコンテストに参加しようと優勝しようが、その人個人の選択ですね。しかしマレーシアのムスリム界ではこういう捉え方は益々少数派になっているようです。
このニュースは、マレーシアのイスラム教界で近年目立つ、イスラム教当局ではなく、普通のムスリムが同胞のムスリム女性に対してソーシャルメディアで展開する批判の風潮を、あらためて示している。自分たちのイスラム教規範観を他のムスリム女性に適用する、そうしてソーシャルメディアの手軽さが批判を容易にする、という流れでしょう。 )

【外国人労働者の新規移入一時停止は業界に大きな影響を与えている、と建設業界団体の訴え】
元請け建設業者協会は声明を出して訴える: 外国人労働者を雇用することの一時停止は、建設プロジェクトの遅延と下請け会社が倒産することを起こしかねない。

元請け建設業者協会の議長による声明の内容:「建設会社が人手不足から起こるプロジェクトの遅延によって罰を受けて遅延金を払うようになれば、建設会社の利益はさらに削られることになる。」 「外国人労働者の雇い入れを停止するという決定が覆されなければ、規模の小さな下請け会社の中には中期から長期の目で見ると倒産するかもしれない。なぜなら小さな下請け会社は、外国人労働者の雇用に際してより大きな下請け会社からの金融に頼っているからです。」

「下請け会社の中には、契約通り且つ予算内でプロジェクト完成のために違法外国人労働者を雇おうとする会社もでることでしょう。」
「外国人労働者の新規の移入を停止するという政府の決定は、現行の外国人労働者の労働許可証の更新も凍結することに広がった。彼らは逮捕されて送還されるリスクに面することになる。」

「我々は政府に訴えたい、外国人労働者の新規移入の停止及び外国人労働者の労働許可証更新の凍結を直ちに取り下げてくれるように。この停止と凍結は建設業界全体において雇用者側に非常なる困難を生んでいます。」

内閣の外国人労働者に関する小委員会の議長でもあるザヒッド副首相は2月に、全ての外国人労働者の新規移入を一時停止すると発表しました。これはマレーシア政府とバングラデシュ政府が、バングラデシュ人外国人労働者を150万人移入する合意を結んだ直後に、この新規移入の一時停止措置が発表されたのです。

人的資源省が最近明らかにした数字では、マレーシアで合法に働く書類を持つ外国人労働者の総数を2015年12月末の時点で 213万人としています。その他に違法外国人労働者が170万人と推定している。

(Intraasia 注:政府が体裁だけのポーズとして打ち出した外国人労働者の新規移入の一時停止は、そうする前からどういう反応を起こすかはわかっていたと言える。それがこのニュース記事での建設業界からの訴えです。 どんな建設現場を見ても、外国人労働者が圧倒的多数派として働いている。元請けから下請け、孫請けという建設業の仕組みから、小さな業者は独自に外国人労働者を集められない、当然誰かに頼って外国人労働者を雇うことになるでしょう。 
外国人労働者は、本国のあっせん業者に依存してマレーシアに送り込まれてくる、その際かかる種々の費用を前借の形で取られる。だから1,2年程度マレーシアで働くだけでは割に合わない。 外国人労働者という存在は多面的な連鎖の中にあるのです。この連鎖を止めると、利害関係者は皆困ることになる)




テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月5日のマレーシア記事

【マハティール元首相が開いた、ナジブ首相を退陣させるための市民宣言の発表記者会見】
ナジブ首相の辞職を実現させる共同の目標のために、在職22年もの長きに渡って首相を務めたマハティール元首相は3月4日、破天荒なことに野党陣営と非政府組織の領袖を一堂に集めて、 ”マレーシアを救おう (Selamatkan Malaysia)" 運動の記者会見を開きました。 そして”市民宣言”を発表しました。

この記者会見はマハティール元首相名義で開かれたこの記者会見には、野党連合である希望連合 (Pakatan Harapan)の領袖たち、非政府組織の指導者たちが積極的に答えただけでなく、(野党であるが希望連合には加わっていない)イスラム政党 PASの領袖も参加しており、その陣容は幅広い。

マハティール元首相はこれまでの主張を繰り返しました、「ナジブ首相はもはや国家を発展させるべく率いていくことはできない、彼は金銭的醜聞に包まれている、とりわけ1つのマレーシア発展会社 (1MDB)問題である。従ってナジブ首相はもはや首相職に留まることは不適格である、」
 
別記事
このまさに稀な連帯を示す場では、これまで長年政治的敵対関係にあった立場の政治家たち、及び人権活動家たちが、ナジブ首相を下野させるべく、マハティール元首相と一緒になって手を結びました。

例えば、馬華公会MCAの総裁を長年務めた元総裁は敵対してきた行動党の林相談役と隣あって席に着いていた。人民公正党PKRの副総裁でスランゴール州首相はマハティール元首相の隣に座りました。

野党陣営からはParti Amanah Negara(国家信頼党)の総裁、イスラム政党 PASの幹部、なども参加しました。さらにUMNOの副総裁職を停止されたばかりのムヒディン、ケダー州州首相職から追われた前州首相など、UMNO(主流から異端視されている)政治家も列席しました。さらに元UMNO政治家である、スランゴール州元州首相、元閣僚などが参加しました。

さらに元マレーシア弁護士協会の会長と Bersih 2.0の議長を始めとして(非政治家である著名な)非政府組織のリーダーや活動家も同席しました。元マレーシア弁護士協会の会長はいう、「これは個人的なことではない。民主主義がいかに機能するかである。」

メディアで一杯になった会場でマハティール元首相は述べる、「我々の国家にダメージを与えた人物によって国が率いられているという市民の憂慮に、我々は同意する。」
「ナジブ首相がこのまま職に留まれば、ダメージはより大きくひどくなる。」 

ナジブ首相の退陣を求める市民宣言が出され、Barisan Nasional (国陣) 陣営にいた元政党領袖、野党陣営の政党領袖、市民運動の指導者ら会場の 58人が署名しました。

市民宣言の一節:我々マレーシア市民は、ナジブラザックを非暴力的で合法に許される方法によってマレーシアの首相の地位から去らせるということに同意し支持します。

(Intraasia 注:この市民宣言できごとにUMNO幹部層は大反発している様子を伝えるニュースも同時に載っている。 マハティール元首相は対ナジブ首相に加えて対UMNOの行動に移ったという捉え方のようです。野党界と主だった市民団体の指導者を集めたのは、確かにマハティール元首相ならではのことでしょう。マハティール元首相の在職時代、不倶戴天の敵であった人物や、その活動を抑圧されていたような非政治組織からもリーダーが、記者会見の場に現れて宣言に署名したことで、UMNOはマハティール元首相はもはや敵陣営になったと見なすことになりそうです。
今後どう展開するのか、または宣言だけで終わってしまうのか、現時点ではわかりませんね)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円をある大手銀行で両替すると RM 356.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 405.2 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると RM 291.8 を入手します。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月4日のマレーシア記事

【アラビア語の聖典が伴わないコーランの翻訳本は禁止すると、内務省】
アラビア語以外の言語で書かれた、イスラム教の聖典であるクルアーン(コーラン)を出版すること、読むことを禁じると、内務省が発表しました。その理由として、アラビア語での聖典文章が備わっていない限り、それは法に反するからである。

内務省翼下のクルアーンの印刷と管理と認証委員会の議長は、内務省のフェイスブックページに載せた声明の中で言う、「クルアーンはそもそもアラビア語で書かれたのであり、その形を保たなければならない。」 「元の聖典を読む者は誰でも、例えその意味を理解できなくても精神的褒賞を受けるであろう。」 

「我が委員会は、クルアーンをアラビア語以外の言語で書くことと読むことは禁止であると強調します。」 
「クルアーンをアラビア語の聖典文を伴わないで他の言語で書かかれたものは、クルアーンとみなすことはできない。 (違反に対して)クルアーン聖典文と印刷機と出版法に従って法的措置が取られます。」

マレー語や英語という非アラビア語で書かれた聖典を読むことを奨励する、著者によるクルアーンを読もうキャンペーンが最近あった。同委員会による声明はこれの主催者に対する警告のように思えます。同議長はまたペラ州の mufti (イスラム教の法官)でもある。「内務省は、クルアーンを読もうキャンペーンを深刻に捉えています。」

クルアーンの印刷と管理と認証委員会の議長は続けて言う、「クルアーンの翻訳は読む者に聖典を理解させようとするものであるが、翻訳文はクルアーンとは見なせません。」 「しかし、翻訳されたクルアーンにはアラビア語の聖典文が添えられなければならない。アラビア語の聖典のないクルアーンの翻訳は禁止です」

2月に開かれたクルアーンを読もうキャンペーンの開始の場で、マハティール元首相はアラビア語が母語ではないものがクルアーンをよく理解できるように、各民族語でクルアーンが教えられるようにと推奨しました。

(Intraasia 注:これはマレーシアの体制側ムスリム権威者界の捉え方であり、決して世界のムスリム界で普遍的な捉え方ではないように思える。イスラム教学者やイスラム教権威機関によってクルアーンと翻訳に関して許容範囲が異なるのは不思議でない。 マレーシアのイスラム教界はいろんな面で厳格な捉え方の方向に向かっていますね)

【SPM試験の成績が発表された】
(SPM 試験は中学校最終学年である5年生の終わりに受ける、全国統一試験です。多くの生徒にとってその成績は一生ついて回る重要な試験となる)

2015年度 SPM試験の成績が発表されました。 受験者総数 44万682人中、基準点以上を獲得した者または合格者の割合は80.4%、基準点に満たない者の割合は 19.6%です。 2014年度SPM試験の成績は 77.2% と 22.8%でしたので、2015年度の成績は多少向上しました。

2015年度SPM試験で、受験した全科目で A (A+,A, A-)を取った生徒は、全体の2.38% である約 9700人になる。 この全受験科目 Aを獲得した生徒の多くは9科目か10科目を受験しました。

SPM試験で華語科目を受験する生徒の数は減り続けている。2015年度は 4万5480人が受験した。2014年度は5万568人、2013年度は5万1685人が受験した。
2015年度の華語科目において、優秀なA (A+、A、A-)を獲得した生徒の割合は12.4%です、2014年度の 18.3%から減少した。良にあたる B+,B,C+,C を取った生徒と、及第となる DとE を取った生徒を含めた華語科目合格者の割合は 93%です。

(Intraasia 注:毎年、かなりのニュース扱いを受けるSPM試験の成績発表です。この記事は華語新聞の記事なので華語科目に焦点を当てている。書店で売られている試験用の練習問題を以前見た記憶からいえば、SPM試験の華語科目はかなり高度な華語力が要求されている。 英語やマレーシア語科目でも同様です)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月3日のマレーシア記事

【アルコール飲料の税金が全面的に改定されて、小幅の値上げとなった】
財務省は物品税の改正をすることで、アルコール飲料に対する税金の改定を行いました。

アルコール飲料に対する新しい税構造は3月1日から発効しました。このため製造者側は値段改定を行いました。

業界の消息筋が明らかにした新価格表の例
サバ州とサラワク州における 24個入りカートンの推奨小売価格: Tiger ビールは RM181.99(旧価格 RM176.07)、 Heineken ビール RM190.66(旧価格 RM185.50 )、です。 一方 Anchor ビールは値下がりして RM139.61(旧価格 RM141.35)。

半島部における ビール1缶の推奨小売価格:Tiger RM7.20(旧価格 RM6.90)、 Heineken RM8.90(旧価格RM8.70)、 Guinness RM8.42(旧価格RM 8.00)、

アルコール消費者の権利グループの代表は、値上げ幅は大幅ではないが、その時期はお粗末だ、と語る。「パブやバーなどでのビール価格が大きく上がるとは思わないが、どこにでもこういう機会を利用して大きく儲ける人たちはいることでしょう。」

ソーシャルメディアでは、この値上げに反発の嵐が起きました。インターネット市民たちはアルコール税の引き上げに対する怒りの書き込みをしています。

(マレーシアでの2大ビールメーカーの1つである) Guinness Anchor Berhad社は値上げの事実を確認しました、「弊社は価格改正を行いました。」 しかし同社は、これがマイナスの影響を生むことにならないかと警告しています。 「マレーシアのビールに掛かる税金はアジアで2番目に高く、世界で3番目に高い。」 「我々は違法な、そして無秩序なアルコール製品への需要が増えるのではないかとの懸念を持っています。」

(Intraasia 注: 新価格表をみると、Kirin ビール 24缶入りカートンの推奨小売価格は 半島部 RM 227.61、 サラワク州サバ州 RM 240.54 と載っている。サバ州サラワク州は半島部から輸送するので、少し高めになるのが普通です。)

【上水道と下水道の請求書を1つにまとめると監督省庁が発表した】

エネルギー・グリーン技術・水省は、上水道と下水道サービスを統合した1つの請求書システムを導入することになります。

同省大臣はこのシステムの開始式を終えた後、記者団に語る、「この実施で消費者は水道請求書と(下水道の)Indah Water の請求書を支払うために、別々の営業所へ行って払う必要はなくなります。」 

「統合システムは プトゥラジャヤへ普及させた後、Indah Waterがサービスを行っている各州へ広げていきます。」 「他州へ広げるためには、6か月から1年位かかるでしょう。」

(Intraasia 注: 下水道の請求書は郵便局でも支払える。水道や下水道の請求書は銀行でも払えるが、窓口払いなので待ち時間が多い。ネットバンキングで支払うのが一番手っ取り早いはずです。 
それよりも問題は集合住宅つまりアパートやコンドミニアムの住居は依然として、その管理会社が上水道会社に一括払いして各住宅には任意で決めた料金制を押し付けていることです。  集合住宅の水道メーターは上水道会社のメーターではなく管理会社のメーターを使っている、つまり集合住宅の住居は水道代を管理会社に払うありかたが依然として多数派です。 ところがそういう住居でも 下水道料金は Indah Waterに直接支払います。エネルギー・グリーン技術・水省の請求書一元化は結構ですが、集合住宅の水道料金システムを早く、一般住宅と同じようにすべきですね)

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

3月2日のマレーシア記事

【フィリピン領との主張を続行していくとフィリピン大統領候補の発言】
フィリピンの現職副大統領は、(今年5月に行われる)フィリピン大統領選挙の候補者に名乗りをあげている。この人物が出した声明の中で、もし自分が大統領に選出されたらサバ州はフィリピンの領土であるとの主張を引き続き訴えていくと明言したとの報道がありました。

マレーシア外務省は、この声明に関してフィリピン大使館の代理大使を呼び出したことを、声明で明らかにしました。「マレーシア政府はマレーシアの立場を再び繰り返しておきます:サバ州に関する領土主張に関してどのような者によるいかような主張も認めることはしませんしまた検討することもありません。 サバ州は国連と国際コミュニティーによって、1963年9月のマレーシア連邦の成立以来マレーシアの一部であると認められてきました。」

(Intraasia 注:大洋に浮かぶ小さな群島の所有に関する2国間の主張の重なりではなく、人口200万人を超える広い面積の大地に関する領土主張ですから、マレーシア外務省としても見逃すわけにはいかないでしょう。どこの国でも政治家は選挙になると民族感情、国民感情に訴える、偏狭な発言をしがちだ。 世界にあまたある、領土主張の重なり事例ですが、マレーシアという国の実効支配が50年以上続いている地の帰属を変更するということ自体の非現実性を、政治家は受け入れるべきですね。)

【サラワク州僻地の保健クリニックが必要とするエネルギーに太陽光を使う提案】
保健省は、サラワク州の僻地における保健サービスの質を向上させるために、代替えエネルギーを使う可能性に関してサラワク州州政府と話し合うことにします。

「この話し合いでの議題には、僻地保健クリニック用に清潔な水と電気の供給を途絶えさせないことを確実にするために、太陽エネルギーを使う可能性についての議題も含まれる。」と保健省大臣はサラワク州ミリを訪れて記者団に述べました。

「私はサラワク州保健局に対して、そういう代替えエネルギーが必要な保健クリニックの必要なリストを作ってくれるように要請した、ただそれが必須であるクリニックを優先しますす。」 

「僻地で清潔な水が得られない問題に対処するための緊急対策として、田舎のクリニック近くにある水資源を使うために、連邦政府はサラワク州政府と話し合います。」
この2つの問題は僻地の患者と保健クリニックのスタッフのために、できるだけ早く解決すべきである旨を保証する言葉を大臣は述べました。

(これとは別に) ミリ市の保健インフラプロジェクトについて大臣は語る、「新しいミリ保健クリニックは予算RM 5千万で建設します。」 「クリニックの場所は、4年以内に全て完成する 予定のミリ病院の近くにすることにします。」 「ミリ病院には、追加の手術室2部屋を今年8月までに増築します。」

(Intraasia 注:目だない、そしてマレーシア国民、とりわけ半島部の民、でも興味が薄いであろうニュースです。しかし僻地の民にとっては、こういうニュースは身近で重要な意味を持つことでしょう。
サラワク州は広大な面積ゆえに、奥地や山間地では電気と水道が供給されていない僻地は数多いと言われる。そういう地ではディーゼルエンジンの発電機を備えているようですが、24時間稼働は費用面から無理であるし、そもそも燃料は町から運ばなければならない。電気は水をくみ上げることにも使われる。水道と電気の完備した、半島部やサラワク州都市部からは考えられないインフラ欠如状態であるが、現実としてあらゆる僻地のインフラ整備は簡単ではない。
都市と田舎、とりわけ僻地の格差を少しでも少なくするために工夫が必要だ。そこで太陽熱などの自然エネルギー発電は不可欠でしょうね。太陽熱発電だけで必要な全電力はまかなえないはずだが、発電機を補完できるはず。 このために政治と行政が予算と技術をいかに僻地に振り向けるかが重要ですね)

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

3月1日のマレーシア記事

【マハティール元首相が UMNOを離党すると発表した】
マハティール元首相はUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)から離党することを発表しました。
プトゥラジャヤにある Perdana Leadership 基金内にある自分の事務所で、マハティール元首相、90歳、は記者会見を開いて、この決定を発表しました。

マハティール元首相は、新しい政党を設立することはしないし、他の政党に参加することもないと述べました。「ラーマン初代首相によって党から追放された時でさえ、私は自らを UMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)にささげてきた。一度も他の政党に加わったことはない。いつもUMNOを支持してきた。」 「ナジブ首相の行為をUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)が支持していることを踏まえて、この決断をした。」 

元首相はさらに、ナジブ首相のRM 26億問題と1つのマレーシア発展会社 (1MDB)問題も離党の理由にあげています。「ナジブ首相が率いている組織はもはや、1946年5月11日に立党されたUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)ではない。」 「党はもはやUMNOではなく、ナジブの党だ。」

マハティール元首相は、前ケダー州首相である息子に関しての質問に答える、「息子が首相に就いていないことに私が失望していると言う者たちがいる。 仮に私が息子を首相にしたければ、在職中に彼を上方に引き上げることができたであろう。 しかし皆も知っているように、彼は私の引退後政界に入った。」 「私は身内びいきをしないのだ。」

その昔、1969年の民族暴動事件の後である9月、ラーマン総裁(首相)下でマハティール元首相はUMNO(マレー与党、名称は統一マレー人国民組織)から追放された。そして3年後の1972年3月になって、ラザク総裁(首相)下で復党を認められました。

別記事
(党のNO.2 である) ザヒド副首相はマハティール元首相の決断を尊重すると述べました。「同時に元首相がその決断を再考慮することも期待している。」

(Intraasia 注:マハティール元首相に批判的なUMNO幹部連の中には、元首相の離党は結構なことだ、いつまでもUMNO内部からの批判は迷惑だ、と歓迎する声をメディアは紹介している。 ナジブ首相及び彼を固く支持するUMNO幹部連とマハティール元首相の間はもはや、妥協または和解し難い不和の関係になっていることを示している。マハティール元首相による執拗なナジブ首相及び現行UMNO体質批判に対して、UMNO内部からの反応はさざ波程度に終わっている。こういう経緯と現実を考慮して、マハティール元首相は決断したのでしょう。
他国の政界でも、長年与党のトップとして君臨した人物が、その職を辞した後、後継者と不和になって攻撃したり、党を去る例は時々あることを我々は知っている。ナジブ首相が抱える個人的問題、つまりRM 26億献金と 1つのマレーシア発展会社 (1MDB)、も大きな要因に違いないが、それだけではなく、ナジブ首相の政治手法にマハティール元首相は我慢ができないという面がありますね)

【2015年の外国からの直接投資申請の承認額は大きく減少した】

マレーシア投資開発庁(MIDA、既に旧名から改称しました)は、2015年における投資申請の承認額を公表しました:
「2015年中に、承認した投資申請額が対前年比で 21% 減となった。これは世界の商品市場が暴落したこと、及びリンギットの対米ドル切り下がった結果である。」

「2015年の承認済みの投資申請総額は RM 1867億です。これは年間申請額の平均である RM 1480億という目標値を上回っている。」
「外国からの直接投資額も 2015年は減少して、2014年のRM 640億から RM 360億に減った。 この額は承認した全投資申請額の 19.4%を占めるにすぎない。なお2014年はこの割合は 27%でした。」

2015年は新たな石油とガスの探索プロジェクトも減ったことで、投資額が96%減の RM 38億でした。2014年はこの投資額はRM 144億でした。

(Intraasia 注:外国からの直接投資は FDI の略称で重視される指標です。投資申請の額は単年度で終わる投資から何年にも渡る投資まで幅広いので、その額がある年に全て投資されるわけではない。 要するに2015年はマレーシアへの投資を FDI 側が控えたということです)

【3月のガソリン類の価格(リットルあたり) 】
レギュラーガソリン (RON95)  RM 1.60
ハイオクガソリン  (RON 97)   RM 1.95
ディーゼル油   RM  1.35

前月比でガソリン2種は値下がりしました。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 BLOG TOP