プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月10日のマレーシア記事

【スランゴール州首相は交替のための辞職を拒否して、出身党から追放された】
人民公正党PKR出身の現スランゴール州首相 Khalid Ibrahimは、州首相の座を降りて党総裁のWan Azizahに交替しなさい、という公正党の決定を無視してきました。

そこで公正党の最高機関は彼を党から直ちに追放する、決議を行いました。そして記者会見を開いてそれを発表しました。

(Intraasia 注:マレーシアで最も工業化の進んだ、且つ首都圏の中心州である、スランゴール州政界で起きている奇妙であきれた出来事は依然として幕引きとならない)

【Tune グループに属する諸企業が1つのビルに集合した】
Tune グループは全てのグループ会社が1つ場所に集まることで、より強いビジネス相乗効果を推進していきます。

Tune Group Sdn Bhd の最高経営責任者が発表した声明によると、 同グループは全ての会社が ペタリンジャヤの Damansara Heights にある Wisma Tuneビル (旧名 Menara PNB Damansara )に入居して、そこからビジネス活動を行うことになる。

Tune Group は、 (AirAsiaグループの 創業者且つ最高経営責任者である) Tony Fernandes と  Kamarudin Meranun の2人が創業したライフスタイル複合企業グループです。

Tune Group の企業を列挙: Tune Air ( AirAsia Group の大株主),  Tune Hotels,  Tune Money,  Tune Insurance,  Tune Talk,  Think BIG Digital,  Tune Box, Tune Studios,  Queens Park Rangers Football Club (QPR)、Epsom College.

(Intraasia 注: マレーシアの大企業・企業グループで多いのが華人が創業し代々それを一族が引き継ぐ華人一族企業です。ブミプトラ企業ではマレー人実業家が成功して大企業に育て上げた会社、ただ代々家族に継承されるほど長年月を未だ経ていない。インド人資本の大企業はかなり少ないが、家族創業と継承型がほとんどのように思われる。 Tune グループの場合は、これらのパターンとは異なり、さらに2人の創業者が依然として第一線で経営している新興企業です、新興ながらそのネームバリューと話題性は非常にある、これは多分に AirAsia の大成功に依るでしょう。 Tune Group はほとんどが創業者の2人が大株主である私企業ですが、Tune Insurance のように上場させた会社もある。 Tune Hotel は多国でホテル展開しているホテル業、Tune Talk は携帯電話ネット―ワーク会社です)

【マレーシア航空(MAS)は人員削減に進めるか】

マレーシア航空(MAS)が肥大した労働力を抱えるているのは言うまでもないことです。

例えば( AirAsia グループの本体である) AirAsia Bhd の場合、2013年時点で従業員数は約1万人です。マレーシア航空(MAS)は2万人の従業員を擁する。
2013年12月31日締め会計年度の決算を見ると、 AirAsia はRM 3億6400万の黒字、一方マレーシア航空(MAS)はRM 11億7千万の赤字でした。

マレーシア航空(MAS)は現在、総コストに占める人件費の割合は 14から15%です。
 報道によれば、マレーシア航空(MAS)は従業員の給与面で最大30%の給与削減も計画しているとのことです。

(Intraasia 注:航空会社として人件費割合の15%というのは世界的にみてどうなんだろう? それはとして、マレーシア航空(MAS)の従業員数が 同じくらいの企業規模であるAirAsia よりはるかに多いことは前々から言われていることであり、この点は準国営企業として優遇されてきたことは否定できない。)

【マレーシア航空機撃墜事故を考慮して、ナショナルデー祝祭プログラムの見直しをすると、大臣】

(マレーシア航空機MH17の撃墜事件を考慮して、8月末にかけて行われるナショナルデーの式典の内容やイベントを自粛する発言が既に出ていた)

コミュニケーションとマルチメディア省の大臣は、MH17事件を鑑みて、8月24日に予定されている”団結と調和の歌謡祭”の中止を、閣議に提案すると明らかにしました。
またナショナルデー祝典委員会は、祝典プログラムの見直しを検討します、そして活動を調整したりまたは取消したりするとのことです。



スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月11日のマレーシア記事 | ホーム | 8月9日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP