プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月18日のマレーシア記事

【クチン市で開催されたオープンマラソン大会】
サラワク州クチンでマラソン大会が開催されました。参加者は、約30か国のからの外国人を含めて1千人を超えました。

クチンマラソン協会が主催した、この2014年クチンマラソン大会は、独立広場から観光省大臣の打つ号砲と共に午前3時にスタートしました。マラソン愛好家はクチン市内の美しい風景を楽しみながら走りました。
今回はクチン市北自治体市庁、サラワク州旅行局の後援も受けており、賞金総額はRM 12万5千です。

(Intraasia 注:クアラルンプールなどで開催されるこの種のオープンマラソン大会では、参加者が万人を超える人数になるが、クチンではそこまではとてもいかないようです。マレーシアではマラソン大会は一般に、早朝まだ充分暗いうちにスタートします。午前3時はかなり早いですね、街灯があっても景色はよく見えないのでは?)

【スランゴール州首相の交替で民聯 (Pakatan Rakyat) として統一して推薦】
(スランゴール州首相の交替を巡って、現州首相は辞任を拒否しています)
民聯 (Pakatan Rakyat) の構成する3党の指導者会議が行われ、民聯として統一して、人民公正党PKR総裁のWan Azizah女史を州首相に推薦すると決めました。

このことを記者会見で発表したアンワル元副首相は、この件をスランゴール州スルタン宛ての書簡で知らせると、語りました。
イスラム政党 PASは州首相交替に同意したことで、民聯 (Pakatan Rakyat) の方針に足並みを揃えた形になります。ただイスラム政党 PASは、公正党の副総裁を推薦する動きを示していました。

(Intraasia 注:相変わらず各紙でホットなニュースです。このように最終的にはスルタンが受け入れるか受け入れないかによるということであり、スルタンが州首相を誰にするかを選ぶわけではなくても、決定する権威をもつということですね)

【ペラ州の Kampung Dew は蛍の里を売り込んでエコツーリズムの訪問地の一つにしていく】
ペラ州の Kampung Dew(村)にある 蛍波止場 (Jeti Kelip-Kelip) 付近のSungai Dew(川)の静かな川岸は、夜が訪れるにつれてゆっくりと蛍の里になっていきます。Kampung Dew(村)は (州のよく知られた市である)Taiping から車で約20分ほどの所にある村です。川岸の蛍がたくさん集まってくる木々を地元の人は、”クリスマスツリー”と呼んでいます。

Kampung Dew(村) 蛍カーニバルの開始式で、ペラ州の観光局長官は語る、「皆がこの蛍の里を保護していくために、自分のできることをするのが欠かせません。ここは村人にとってだけでなく、ペラ州にとっても観光振興に役立ちます。」 「蛍の里を売り込んでいくことで、ペラ州のエコツーリズムの訪問地の1つに加わります。」 「この蛍の里へ、今年は国民と外国人の観光客を少なくとも年間5万人を引き付けたい。」

「このホタルの里は、ペナン島からは2014年3月にオープンした第2大橋経由で容易に訪れることができます。」 川を走行するホタル観賞用ボートや駐車場に関して、 「現時点でインフラを向上させる計画はありませんが、現状でも十分良いと思っている。」

「蛍波止場 (Jeti Kelip-Kelip)にある、地元のカニ麺は名物ですから、観光客には見逃せません。1杯RM 7です。」 と観光局長は語る。
ホタル観賞は午後8時から行われます(注:ボート運行が始まるという意味でしょう)

(Intraasia 注:少し前の記事です。よく宣伝されている、スランゴール州のクアラスランゴールだけがホタル観賞地ではありません。商業ベースでやっているところだけでも、ペナン州本土側、トレンガヌ州にあり、また確かケダー州にもあるようです。 もしこのペラ州のホタルの里を訪問されたら、報告をお待ちしていますよ。
ところで Kelip-Kelip、クリップ クリップと発音、 とは蛍のことです、api-api とも言う。マレーシア語やインドネシア語などマレー語によくある畳語表現です。)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月19日のマレーシア記事 | ホーム | 8月17日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP