プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月21日のマレーシア記事

【MH17機の犠牲者が到着する際のことに関する政府から国民への指示】
8月22日の朝、マレーシア航空(MAS)MH17便の犠牲者20人の遺体またはその一部がクアラルンプール国際空港KLIAに到着する。

そこで全国民は、10時45分から11時15分の間にテレビとラジオを通じて放送する政府のお知らせをよく聴いてください、そして1分間の黙とうをささげ、犠牲者への敬意を表してください。
このように国防大臣が関係省庁合同の記者会見で発表しました。

マレーシア人犠牲者中これまでに28人分が検視で確定しました、ムスリムが14人、非ムスリムが14人です。
国防大臣の話では、飛行機がKLIA2に到着して行われる遺体受け入れ儀式には、国王、首相以下全閣僚が出席する、さらに当局として、国家議員には所属政党に関係なく全員の出席を期待する、とのことです

コミュニケーションとマルチメディア省大臣は指示する、「全国のラジオとテレビ局は22日9時半以降はスポーツ番組を除く娯楽性ある番組は停止する、、そしてKLIA2の遺体到着とその後の儀式の模様を中継することもできる。ただ1分間の哀悼の時は、全ての番組を停止すること。」

【サバ州東海岸での夜間外出禁止令を再三延長する】

7月半ばからサバ州東海岸一帯に出されている、海上の夜間禁止令をさらに9月2日まで延長すると、サバ州警察の長官が記者会見で明らかにしました。(7月27日の該当記事では地図など詳細を載せていますので、ご覧ください)

「これまでと異なるのは、海上の夜間外出禁止時間を19時から翌5時までにする。現在は18時から翌6時まで。」 「これは3回目の延長です。 東海岸での安全を確保し、国境をまたいだ誘拐などの犯罪を防ぐためです。」 「この件は既に内務大臣に書簡を送り、大臣は同意しました。」

この海上外出禁止令に違反すると、懲役が最高で6か月、罰金が最高でRM 500に処せられます。マレーシア人漁民の14人が既に罰金を科せられたと、長官は述べました。

【 AirAsia の2014年第2四半期はRM 3億6千万の黒字】

AirAsia Bhd は6月30日締めの2014年第2四半期決算で RM 3億6700万の純利益を記録しました。これは対前年同期の RM 5800万に比べて大幅増であり、外国為替での益が大きく貢献しています。

AirAsia Bhdは、借入金に対する外国為替益が今期はRM 2億もありました、昨年同期はこれがRM 1億2千万の外国為替損でした。営業利益では RM 2億1千万からRM 1億7千万に減少しました。 
純利益:2014年上半期 RM 5億6千万、前年上半期 RM 1億6千万

売上収入:今第2四半期 RM13億、前年同期 RM 12億。乗客数は1%増加した。 2014年上半期 RM RM 26億、2013年上半期 RM 25億、
乗客1人当たりの平均運賃: 今期 RM 157、 前年同期 RM 159、 
乗客1人当たりの付随サービス(アドオン)収入:今期 RM 45、対前年同期比で13%増。
座席稼働率 今期も変わらず 80%
営業利益: 上半期RM 4億、前年上半期 4億5千万

AirAsia Bhd が今年第3四半期に受け取る  エアバスA320機は8機ある、その内3機をThai AirAsiaへ回し、1機をインド AirAsia へ回す。

【デング熱の新規患者発生件数でクランタン州がスランゴール州を抜いた】
保健省の大臣が明らかにしたことです:デング熱罹患の発生数で、最近クランタン州がスランゴール州のそれを上回っている。この理由はクアラルンプール圏からハリラヤで多くの人がクランタン州へ帰郷したことが一因の可能性もある。

「今年第33週である8月10日から16日までの1週間におけるデング熱罹患者数(新たに患者となった人数)は クランタン州が1334件でした、一方スランゴール州が978件でした。」 「第32週の場合、クランタン州が 1160人であり、スランゴール州が1042人でした。」
「多くの保健省公務員をクランタン州へ派遣しています、彼らはデング熱発生を抑制する活動、検査活動、噴霧などにあたっている。」

(Intraasia 注:デング熱発生数において、国内で最多数は常にスランゴール州ですが、これは例外的なことなのか、それとも今後も続くのだろうか。クランタン州は人口ではスランゴール州の5分の1程度です)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月24日のマレーシア記事 | ホーム | 8月20日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP