プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月29日のマレーシア記事

【マレーシア航空(MAS)は今年第2四半期も引き続き赤字を重ねている】
マレーシア航空(MAS)の2014年第2四半期の決算、2014年6月末締め、が明らかになりました。
この期の損失はRM 3億700万です、前年同期はRM 1億7500万でした。これで6回の四半期連続で赤字です。同機の売り上げはRM 36億でした、これも5%減です。

マレーシア航空(MAS)のMH370便とMH17便が墜落した事件が及ぼす財務への影響は、2014年下半期に大きく現れる、とマレーシア航空(MAS)は証券取引所への報告で述べている。
2014年第2四半期の座席稼働率は 73.7%でした。前年同期は 80.4%。 この期の乗客数は420万人です。

2014年上半期の結果:純損失額 RM 7億5千万、対前年同期比で増大。 一方売り上げはRM 71.9億、対前年同期比で減少した。

(Intraasia 注:このままではもう既にやっていけない状態なのでマレーシア航空(MAS)の再生に向けて、政府投資機関が方針を発表することになっている。)

【ペナン島海岸で全裸遊びしたグループに判決が言い渡された】
(8月5日と6日に掲載した記事 『ペナン島の片隅の海岸で全裸の男女がスポーツ祭りと名付けたお遊び動画が話題を呼ぶ』 の1件はマレーシアのマスコミとウエブでは依然として話題になっています。警察が参加者を追跡して逮捕が続いたからです)

この全裸遊びの参加者して起訴されたマレーシア人に対して、ペナン島にある下級裁判所で判決が言い渡されました。
有罪を認めた、シンガポールの永住者2人を含めた6人の男性、うち5人が華人で1人がインド人、には各自に懲役1か月と罰金RM 5千の判決が下された。一方、女性2人を含めた4人は公判を主張したので、別個に起訴されている。

また6人中の1人の華人男性は、この全裸遊びの動画をネット上にアップロードした罪で2つ目の起訴を受けていました。この被告には追加の懲役6か月が言い渡されました。これは1か月の懲役と並行して科される(注:実質は5か月となる)。

裁判長は判決で述べる、「マレーシアのコミュニティーは公共場所での裸は受け入れません、これは市民からの反応から明らかです。」 また公判を希望した4人に対しては、各自に保釈金RM 4千と保証人1人の決定を下しました。公判は10月中旬です。

(Intraasia 注:どの新聞も氏名年齢と、グループ全体の写真を載せている。とりわけ華語新聞は第一面で大きく且つ個人の顔写真付きで詳しく報道している。まるで大事件かのようです。)

【性的聖戦参加のニュースについて捜査していると警察】
8月28日の記事で載せた、ネットメディア The Malaysian Insider が発信した 「マレーシアムスリムの性的聖戦参加」 ニュースに関して、警察は非常に感心を払っている、この報道が事実かどうかを捜査すると、警察長官が声明で語りました。
記事内で書かれている情報は、警察や当局のそれを使ったものではない、と声明で書いています。

【パームオイルの先物価格の下落とインドネシアへ進出しているマレーシアプランテーション企業】
パームオイルの価格がトン当たりRM 2千を割り込みました、5年ぶりの下落です。この背景には、米国での大豆生産量の収穫予想が記録的に増えていることです。大豆油はパームオイルの代替えと油として生産されていることがある。

マレーシア証券取引(Bursa Malaysia) での金融派生商品取り引きにおける先物売買で、パームオイル価格はRM 1989を付けた、これは2009年3月以来の低価格です。今年はパームオイル価格は25%下落している。

今年のパームオイル生産量においてマレーシアは最高の1990トンぐらいが見込まれており、インドネシアは3050トンぐらいが見込まれている。この2か国で世界のパームオイル生産の86%を占める。

マレーシアの主要プランテーション企業はいずれもインドネシアに広大な農園を所有している。
Sime Darby :インドネシアで保有する土地面積 29.5万ヘクタール、同グループ全体に占めるその割合 34%
Kuala Lumpur Kupong :インドネシアで保有する土地面積 13.7万ヘクタール、同グループ全体に占めるその割合 56%
Genting Plantations: インドネシアで保有する土地面積 15.3万ヘクタール、同グループ全体に占めるその割合 72%

他にIOI グループはインドネシアの土地割合は7.2%、Felda Global Vetures は5.9%になる。

(Intraasia 注:日本のパームオイル輸入量は微々たるもののようですから、あまり関心を呼ばないのは仕方ないが、マレーシアにおいてパームオイルの重要さは農産物中の最高でしょう。もちろん米輸入国マレーシアにとって食料としての米は重要だが、産業と取引の規模はパームオイルの方がはるかに大きい。2005年6年ごろまではマレーシアとインドネシアの生産量が同じくらいだった、その後インドネシアが急激に増えた。マレーシアのプランテーション企業は積極的にインドネシアへ投資している)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月30日のマレーシア記事 | ホーム | 8月28日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP