プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

8月30日のマレーシア記事


【マラッカ川の川岸は5万7千枚の国旗が飾られている】

8月31日のナショナルデーを前に、(マラッカ州を流れてマラッカ海峡へ注ぐ)マラッカ川には、実に5万7千枚もの大小のマレーシア国旗が飾られています。

マラッカ州河岸発展機構は昨年のナショナルデーの時期にはマラッカ河岸に約5万枚の小型国旗を掲げました。そのことでマレーシアギネスブックに登録された。
同機構は今年はさらに数を増やして、河岸の脇に設けてある遊歩道、電柱、橋、マラッカ川の遊覧ボートなどが 5万7千枚の大小の国旗で飾られている。旗で埋まった風景は壮観です。このため誰もがナショナルデーの雰囲気を十分に感じます。

発展機構によれば、今年の予算はRM 5000万です、飾っている国旗の多くは昨年も使ったものとのこと。「40艘の遊覧ボートも国旗で飾っている。」 「9月16日のマレーシアの日が終わった時点で一斉に国旗を取り外します。」

(Intraasia 注:掲載されている写真を見ると、ひもに小型国旗をつないで川岸を飾っている風景が載っている。いわゆる棹と国旗という型はわずかで、ほとんどがひもにたくさんの小型国旗を付けてそれを河岸にずっと飾るという形のようです。
マラッカ市内を流れるマラッカ川は、現在では川を遊覧ボートが頻繁に航行している、加えて河岸の両側は遊歩道が整備されて、たくさんの宿や飲食店などが営業している。1990年代とは全く違った風景となった、一度は散歩してみるのもいいですよ、とお勧めします。だからこの時期国旗で飾っても生えることでしょう。イントラアジアのホームページ 「マラッカの観光」ページ に以前から写真をたくさん載せています、クリックして開いてマラッカ川河岸の風景をご覧ください。)

【マレーシア航空(MAS)の再生プランが提示された】
(国の投資機関である Khzanah Nasional Bhdはマレーシア航空(MAS)の株式の 約70%を持つ最大株主です。少し前にマレーシア航空(MAS)の残り株式を買い付けてマレーシア航空(MAS)を非上場化する案を既に発表していました。)

Khzanah Nasional Bhdは、マレーシア航空(MAS)を再建・再生させるためのかなり抜本的なプランを発表しました。
このプランは12の主要点を持つ:
・新会社を設立する、その新会社に2015年7月までにマレーシア航空(MAS)の運営と資産と負債を移行する。新会社のための法律を国会の上程する。
・国は再生過程でRM 60億をつぎ込む。これは条件を付けながら段階的に行う。内RM 30億が新会社の運転資金にあてられる。
・マレーシア航空(MAS)の本社をSubang からKLIAへ移転する
・運行のビジネスモデルを再設定し、よりアジア中心の路線網にする
・(現行のマレーシア航空(MAS)職員は約2万人) その内約6千人の人員整理をして、新会社は1万4千人の体制にする
・新会社の最高経営責任者はこれから探す、最適な人材が見つかれば外国人になる可能性もある
・新会社は発足後、3年以内の黒字化を目指す、そしてマレーシア証券取引所に2018年に上場する。

(Intraasia 注:これは政府の翼下にある Khzanah Nasional Bhd が描いているプランです、新会社はこれから作るのでありその経営陣は未だ存在さえしていない。だからアナリスト筋は、マレーシア航空(MAS)はこの10数年に5,6回の構造改革を行ったが結局現在の赤字体質を脱しきれなかった、また新会社がそんなに簡単に黒字化できると思えないという見方になんとなく納得しますね。 再生プランが提示された、今後の道のりはまだまだ長い)

【虎の保護地を歌って80ヘクタールの土地を囲い込むプロジェクト】
(自然開発によって人間との遭遇が増えたことで)マレー半島で救出された虎15匹が、現在ペラ州の Sungkai の救出センターで保護されています。

パハン州のLanchang に造成する虎の谷プロジェクトは、予定通り進めると、自然資源と環境省大臣が明らかにしました。
予算RM 4500万のこのプロジェクトは面積80ヘクタールですが、土地取得などで開始が遅れていました。「しかし問題は解決した。」

虎の谷が完成すれば、通称マレー虎を保護する場所になります、現在Sungkai の救出センターで保護されている虎の何匹かもそこへ移されことになる、と大臣は語る。

(Intraasia 注:マレーシア語の harimau 、日本語化した ハリマオ という言葉があるくらい、つまりマレー虎はよく知られた存在のはずです、しかしとっくに1千匹を切っており、確か5百か6百匹しかもう生息していないそうです。自然界の虎は依然として密猟が絶えないらしいので、22世紀前に絶滅しかねない。 しっかり保護して欲しいものですが、囲い込んだ施設しか方法はないのだろうか? )

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】

1万円を銀行で両替すると RM 298.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 308.7 を入手します。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 8月31日のマレーシア記事 | ホーム | 8月29日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP