プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

9月6日のマレーシア記事

【学者がネット上に発表した意見や考察に対して起訴するのは学問の自由を脅かすことだ】
(警察と検察は最近、いろんな分野の人たちがそれぞれマスコミやネット上などで発表した、発言した内容に対して、扇動罪違反として起訴に持ち込んでいる)

今週マラヤ大学の法学部準教授が、今年8月にインターネットマスコに書いた記事内容に関して、扇動罪容疑で起訴されました。準教授は扇動罪4条に従って起訴されました、彼は直ちに保釈金RM 5千で保釈されました。

この起訴に関して、学者界から準教授への支援が相次いでいます。暴力でも嫌悪も引き起こさない形での発言や意見発表を犯罪視するのは、誤りだというものです。 

300人ほどの学者と憂慮する市民が署名した声明には次のように書かれている: 「この学者をその公表した意見に関して起訴するということは、学問の自由という世界共通の原理への尊重に欠けるものである。」 声明はさらに扇動罪の廃止を訴えている。

【由緒あるKL市庁の劇場で毎日公演している、マレーシア制作ミュージカル MUD】
マレーシアのミュージカル MUD: Our story o Kuala Lumpur が最近100回公演を記録しました。

19世紀後期にクアラルンプールが形成された初期の頃を扱ったこのミュージカルは、Enfiniti Vision Media とクアラルンプール市庁の協力で制作されています。クアラルンプール市長は語る、「このミュージカルが旅行者を引付けるアトラクションになることだ思う。」 「クアラルンプール市庁は引き続きマレーシア制作の劇場作品を応援していきます。」

Enfiniti Vision Mediaはどんな年代層の観客も歓迎するとしています。
公演場所: (クアラルンプール市庁の劇場である) Panggung Bandaraya (Intraasia注:KLの 独立広場背にして左斜め対面の建物、Gombak 川にかかった小さな橋のすぐ前あたりの歴史的建物の一画です)
公演時間:毎日 15時と 20時半、  切符代: 国民 RM 45、外国人 RM 60、  サイト: www.mudkl.com

(Intraasia 注:Kuala Lumpur とは泥の河という意味です。そこで英単語の泥の意味である MUD というタイトルを付けたのでしょう。 このミュージカルの製作自体は民間ですが、多面的にクアラルンプール市庁が協力してコラボしたミュージカルということだそうです。興味ある方はどうぞ観覧してください。Panggung Bandarayaは昔何かの公演で訪れたことがあります、大きくはないけど劇場雰囲気がありますよ)

【マレーシア語大衆紙の4コマ漫画から】

kosmo_sep06.jpg

左上のコマ: ほとんど気がおかしくなりそうです、師父(Tuan Pendeta) 。毎晩眠れないのです。
    私に話してみなさい、多分私が助けてあげられよう。

右上のコマ: 眠れないのです、というのも我が家にはたくさんの蚊がいるからです。ぐっすり眠ろうとすると蚊が襲ってきて邪魔します。
    おー、それは容易いことじゃ。

左下のコマ:あんたの家の下で火を起こしなさい。 蚊は煙を怖がるのだ。きっとお前を邪魔しに来ることはもうないだろう。
   ははー、師父の提案はたいへん内容ありますなあ!

右下のコマ:昨晩我が家の下で火を燃やしたのです! 家の中が十分煙で一杯になりました。蚊はいなくなったのですが、我が家が燃えてしまいました! わーん。
      あらまあ!(Alamak)

(Intraasia 注:土曜日ということで4コマ漫画をスキャンして掲載します。マレーシア語大衆紙には毎日この種の4コマ漫画が載っているので、買うたびに楽しみます。ただ俗語と口語表現が多く、意味がはっきりとつかめない部分がよくあるのが難点です。こういう漫画に必ず出てくる "hamba" という1人称のすごくへりくだった表現がある、でも日常こういう風に話すマレー人に出会ったことはない、どういう実際状況下で使われるのだろう、といつも思う。 この漫画のタイトルにもなっている、呼びかけの "Tuan Pendeta" というのは、辞書の語義通りだとこの場では固すぎるので、宗教的によく通じた人のことを指すのでしょう、そこでマレーシアでよく使われる華語表現の 師父 と訳しておきました。 マレーカンポンの家は一般に高床式で家の床下が空間になっているので、家の下で燃やすという表現がある。「あらまあ」 というのは日本語ではなくマレーシア表現そのままです)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 296.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 312.7 を入手します。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 9月7日のマレーシア記事 | ホーム | 9月5日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP