プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

9月20日のマレーシア記事

【汚職容疑で税関職員の逮捕が続いている、既に30人が逮捕された】
反汚職委員会は引き続き、ポートクランの免税特区において密輸組織が行ってきた巨額な酒とたばこの密輸に絡んだ汚職税関職員の逮捕を続けています。

18日に行われた各地における逮捕では16人の税関職員が逮捕されました、内1人は州税関の局長です。反汚職委員会の幹部は語る、「これまでに逮捕した税関官吏の情報から新たな逮捕が可能となった。現在までに30人の税関職員を逮捕した、内2人は州の局長です。」 「(既に)ペラ州税関の局長を含めた8人を起訴にもちこんだ。」

その州局長はクアラルンプールの下級裁判所で8つの収賄で起訴され、彼は裁判を要求しました。他の7人の税官吏は2011年から、各自が毎月RM 500からRM 1万3千の賄賂を受け取っていた容疑です。

7人中の1人の副局長はPutrajaya本庁の情報部に属しており、計RM 29000の賄賂を受け取った容疑です。別の副局長はスランゴール州の取り締まり部門に属しており、RM 2千の収賄容疑です。7人の税関職員の収賄回数は100回ほどにもなります。

裁判長は容疑者1人につき、保釈金RM 4千または5千とし、さらにパスポートの提出を命じました。

【国立大学の薬学専攻学生の枠を特別に100人増やした】
今年2014年度に国立大学で薬学専攻の学生の入学枠は 418人しかありませんでした、2013年度は690人が入学しました。

そこで教育省は薬学専攻を望む学生用に100人分の枠を特別に設けました。 薬学専攻に申請できるのはポイント制である CGPA で平均4.0以上の学生です。教育省の幹部に寄れば、この枠は薬学専攻を申請したが他学部への入学を認められた学生に対するもの、とのこと。
多くの学生から薬学部での入学を認めて欲しいとの苦情があったとして、保健省大臣が教育省に枠拡大の可能性を要請していました。

今年度(2014年/15年)の全ての国立大学の新入学生数は 42795人です。これらの学生は STPM試験、マトリキュレーション、基礎プログラムのどれかを経て入学を認められました。昨年度は41573人でした。入学を認める審査過程において、ペーパー試験の割合が90%、課外活動評価が10%です。

国立大学に申請したが最初の段階で入学を認められず、そこで再申請を申し出た学生 21502人中の 5328人が最終的に入学を認められた。「そういう学生がそれぞれの大学に登録する期限は9月17日です。」

(Intraasia 注:国内の大学とカレッジの新年度は 9月開始です。 だから14年/15年度という表記になる。 さて9月10日掲載の医学部に関する記事をまずご覧ください。 薬学部入学生はいかにも少ない。現実として、一般社会の現場で働いている薬剤師が実に少ないことが感じられる。医院で出される薬の飲み合わせ、副作用などにきちんと情報提供できる場がない、薬剤師そのものが決定的に不足している。一定規模以上の公立と私立の病院の薬局にはもちろん薬剤師がいるが、きちんとした副作用情報などは受けた記憶がない。 街のドラッグストアでは名前だけでなく常駐する薬剤師がいる店がどれくらいあるのだろうか。 マレーシアは薬剤師の養成を増やすべきですね)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 291.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 316.60 を入手します。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 9月21日のマレーシア記事 | ホーム | 9月19日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP