プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

10月10日のマレーシア記事

【国家高等教育基金(PTPTN)に奨学金返済をしない者たちへの対抗措置】
国家高等教育基金(PTPTN)は、奨学金の返済を拒んでいる未返済者に対する措置を強めることにしました。奨学金を受け終わった後、連続して3年間返済していない 17万人に関して、その名前を 中央信用貸し情報システム(CCRIS)のリストに加えることにします。

このシステムに一たび名前が載ってしまうと、載せられた人たちはそれ以後信用借り・ローンを得ることが困難になります、具体的には個人ローン、クレジットカード、住宅ローン、自動車ローンなどにおいてです。

第2教育大臣は語る、「教育省が主として問題とするのは、奨学金の返済を頑固に拒んでいる人たちです、つまり国家高等教育基金(PTPTN)に3年も返済していない、元奨学金受領者たちです。その数は実に17万人もいます。それらの名前を中央信用貸し情報システム(CCRIS)に加えることにします。」

(Intraasia 注:高等教育に進学するために国家高等教育基金(PTPTN)から多くの人が奨学金を得ている。卒業後には当然返済義務が生じる。それなのに返済しない者がたいへん高い比率を占めることが、昔から問題になってきました。 3年間未返済者が17万人ということは、その期間未満の返済者を含めればずっと大きな数になることがわかる。 後に続く奨学金受領者のことを考えない、自分勝手な奴らです、いわゆるブラックリストに載せるのは遅きに失したぐらいです)

【ブキットビンタン街のナイトクラブ入り口で手りゅう弾爆発事件が起きた】
クアラルンプール中心部のブキットビンタン街にある(よく知られた混合ビルの)Sun Complex ビルの地階にはナイトクラブがある。そのナイトクラブから外に出た場所で9日未明4時ごろ、爆発事件が起きました。

警察の初期捜査で分かったことは、この店を出たところの客を狙ったようであり、ビル2階の駐車場から手榴弾2個が投げられて店前に停めてあった高級車の下で爆発した模様です。この爆発で女性2人を含む14人がけがをしました。けが人はナイトクラブの客と客の車を預かるカージョッキーで、中国人4人、タイ人1人、シンガポール人1人が含まれている。また数台の自動車も壊れた。
別記事
カージョッキー職の男性がその後病院で死亡しました。

警察が捜査したところ,車の下で見つかった1個の手榴弾は爆発していませんでした。警察は、私會黨間での抗争だとみており、テログループが起こしたとの噂を否定しています。

この手榴弾は自家製でもマレーシア製でもないとのことで、製造元を調べているところです。警察の見るところ、犯人が投げつけた手榴弾はタイから暗黒ルートでマレーシアに流入した物であろうと推測しています

(Intraasia 注:このナイトクラブが入居している Sun Complex ビルのある一画はBukit Bintan通りとPudu通りが交差する近くで、高級なホテル1軒を含めて何軒もホテルがある。出入りしていたということでは全くないが、昔から Intraasia に極めて馴染みある所です。 現在この両通りが交差する一帯は新電車MRTの路線と駅工事で交通が非常に制限されてごちゃごちゃになっており且つ大きく変貌中です。そのため昔ほどの賑わいがなくなっている。90年代はポン引きが徘徊し、夜になればならず者が珍しくない一画として知られていた。もし私會黨間に絡んだ爆弾事件であれば、依然としてならず者の縄張りなんでしょう。まことに荒っぽい犯行です。皮肉なことに、この一画から直線距離で二百メートルにも満たない近距離の所に、クアラルンプール警察本部の立派なビルがそびえている。)

【ペナン州で今年殺された外国人にミャンマー人が多い理由】
ペナン州ではミャンマー人が関わる殺人事件が増えていることから、これらの背後にはミャンマーにおけるムスリムと仏教徒との衝突に関係しているのではないかとの憂慮を起こしています。

ペナン州警察の幹部は語る: 今年1月から9月末までにペナン州で起きた殺人事件で殺された外国人の70%がミャンマー国籍です。
「これらのミャンマー人が関わる殺人事件はミャンマー国内における紛争には関係していない。その多くはけんか、復讐、借金、麻薬に関係している。」

(Intraasia 注:9か月間でペナン州における外国人の殺人が35件とは、多いなあ。 ミャンマー人が関わる殺人が多いのは同国の宗教紛争が外国人労働者または難民としてマレーシアに滞在している彼らの間に飛び火しているというニュースは別のニュース源で当サイトで以前載せましたね。殺された者の民族名と宗教を列記して説明しない限り、どちらの論も決定打を欠きますね)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 10月11日のマレーシア記事 | ホーム | 10月9日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP