プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

10月21日のマレーシア記事

【ナジブ首相の外交】
ジャカルタで行われた新インドネシア大統領 Joko Widodo の就任式に、ナジブ首相は出席しました。
その直後にナジブ首相は大統領を官邸に表敬訪問して言葉を交わしました。その中でナジブ首相は、Proton 社と協力する形でのアセアン(ASEAN)自動車生産の話をもちかけたとのことです。「大統領はこの考えを受け入れたが、我々はこのプロジェクトの実行可能性を探らなければなりません。」

ジャカルタではナジブ首相はまた米国の国務長官とも会いました。「米国は、イスラム国 (IS) に対するマレーシアの強い批判とそのイデオロギーに対して戦う努力を高く評価しました。」 とナジブ首相は述べました。

(Intraasia 注:マレーシア華人はシンガポールと中国ばかりに目が向きがちだが、マレーシアはインドネシアとの関係をもっと多面的に深めた方がいいのになあと思う。Proton社の会長には、ナジブ首相批判を強めるマハティール元首相が今年就任した。そういうこともナジブ首相の念頭にあることでしょう)

【イスラム当局は”犬に触りたい”イベントを調査することになる】

イスラム教発展庁(Jakim) は、ペタリンジャヤのショッピングセンター敷地内で開催された”犬に触りたい”イベントに関して十分な調査をすることになります。このイベントではクアラルンプール内外に住むムスリムから圧倒的な反応がありました。

イスラム教発展庁(Jakim) 長官は記者団に語る、「そのイベントは行われるべきではなかった。我々は主催者の無責任な態度を遺憾に思う。彼らはこの国のムスリムの持つ感受性を考慮していない。」

「このようなイベントはこれまで行われたことはなかった、ムスリムコミュニティーにとって初めての経験となる。」 「我々はムスリムであり、我らが宗教は犬に関して明確に罰を定めている。」 
「Jakim はこの件を直ちに調査にかかります、そしてどのような行動も現規定に照らし合わせることになります。」

(Intraasia 注:イスラム教発展庁(Jakim) は、独自にではないが、国内のイスラム教を規範し、ムスリムに関する思想と行動を監視し、取り締まる国家機関ですから、当然このようなイベントに反応するでしょう。)

【”犬に触りたい"活動に対するイスラム政党 PASからの批判】
イスラム政党 PASの(党内で大きな力を持つ)長老協商理事會の幹部は、当新聞(華語紙)に答える中で ”犬に触りたい”イベントを批判して語る、「イベントの主催者はイスラム教を侮辱している。彼らが反省して過ちを改め、”犬に触りたい”活動を止めることを期待する。」

「イスラム教は教義において、ムスリムは犬をペット扱いして、猫に対するのと同じように触ったり、抱いたり、キスしたりすることはできないとしている。ムスリムが犬を飼うことを許されるのは、狩猟、家の番をさせる、農作物を見張る、牧場や所有財産を見張るためにおいてです。」

「”犬に触りたい”という啓蒙活動はムスリムに犬をペットにして触ることを奨励している、これは全く許されないことです。彼らはイスラム教義に背いている。」
「ムスリムが犬に触る場合は、イスラム教の教義で定めている規定に従う必要がある。決して好き勝手に犬に触っていいのではない、制限があるのです。」

「政府とイスラム教当局は、ムスリムに犬に触るには制限があることを理解させるべきです。」

(Intraasia 注:華語新聞はよくイスラム政党 PASの見方を報じる、もちろんそれを支持するからではなく、PASの観点を華人界に知らせようという意図からですね)

【マラッカの娯楽施設で違法中国人女性28人を逮捕】
マラッカ州イミグレセン(Imigresen)は早朝マラッカ市で1軒の娯楽施設(風俗店)を取り締まり、28人の外国人を逮捕しました。

イミグレセン(Imigresen)の長官補はメディアに語りました、「我々がその店に踏み込んだ時彼女たちは客にサービスしながら騒いでいる最中であった。28人全員が中国人であり、年齢は20歳から35歳までです。」

「その内、20人はマレーシアになんら滞在許可なくまたは正規の許可なく入国した違反で取調べている。他の8人は滞在許可証の条件に違反していることから取り調べている。」 「逮捕した中の16人は専門技術滞在許可を申請中だと主張している、そこで我々はこの件を調査しているところです。」

「イミグレセン(Imigresen)はさらに30代のマレーシア人女性1人も逮捕した、この女性は違法入国者に庇護を与えた行為によるイミグレセンの法規違反となる。」

(Intraasia 注:滞在許可証違反とは要するに、社会訪問パスで入国してこういう娯楽店で働いているということです。社会訪問パスは観光と商談程度だけの目的に限られる。中国人は観光入国の場合はビザ免除が適用されるので、この種の違法活動で逮捕されるニュースに頻繁に登場する)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 10月22日のマレーシア記事 | ホーム | 10月20日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP