プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

11月5日のマレーシア記事

【内務省がペナン州志願警ら隊(PPS)を公式に違法組織と宣言した】
(民聯 (Pakatan Rakyat) が州政権を握るペナン州では、民主行動党DAPの書記長が州首相を務める。ペナン州政府は独自の志願警ら隊を組織した。これに対して内務省と警察は以前から、警察組織を軽視するものだと見なしていました)

内務省はペナン州志願警ら隊(PPS) を違法な組織であると宣言しました。「ペナン州志願警ら隊組織(PPS)が所有する全ての口座と資産と物品は凍結する、そしてそれら全ては内務省の担当局に差し出されることになる。」と発表しました。
「さらに社会団体登録法1966年の条文に基づき、ペナン州志願警ら隊(PPS) はその名称、標章、ロゴを二度と使うことはできない」

内務大臣は既に11月3日に、ペナン州志願警ら隊(PPS) は違法組織であると言明していました、「ペナン州志願警ら隊(PPS) は国内の公共の秩序を妨害している違法組織である。」

別新聞
ペナン州志願警ら隊(PPS)の資産がどれくらいかははっきりしないが、民連のペナン州選出国会議員が各自 年間RM 2万ほど拠出して、PPSの運営費にしていました。
ペナン州志願警ら隊(PPS)には約9千人の隊員がいます。

今年8月末のペナン州におけるナショナルデーの祝祭行進の際、ペナン州志願警ら隊組織(PPS)が参加したことを違法行動だとして、警察は約200人ほどを逮捕しました。その後隊員は釈放されました。警察は保釈期間を12月まで延長すると発表しました。

ペナン州志願警ら隊(PPS)はペナン州政府の行政評議会によって2009年に設立され、志願隊員が州内の犯罪防止活動を行うとしています。

(Intraasia 注:数紙が大きく扱っている。州政府が組織した志願警ら組織は、連邦政府の承認の下で行われていない、行動党が勝手に組織したと見なしていた、そこで以前から内務省と警察は機会を見つけて禁止しようとしていたことでしょう。内閣の中で、強硬派として知られる内務大臣はその決定を下したのかな)

【KLIA2 に関する運輸大臣の国会答弁から】

運輸大臣は国会の質疑で答弁しました、「第2クアラルンプール国際空港(KLIA2)の空港税と利用料を値上げするという話があるが、それは単なる推測にすぎない。政府は空港税も乗客利用料も値上げすることに同意はしません。」

「KLIA2 の安全と運営を監査する特別委員会を設立しました。この委員会の件はマレーシア空港持ち株会社の管轄ではありません。」

大臣はまた、KLIA2 が浸水したという噂を否定して、「空港のエプロンに一時的に水たまりができただけです。だから空港が浸水したというのは不正確です。航空機の運航にも影響は出ませんでした。」

(Intraasia 注:これは大臣の発言です。一方、KLIA2の建設遅れの過程で露見した、空港建設を請け負った会社による問題は依然として尾を引いているとの見方が一部にあることを新聞は多少触れている)

【フィリピン人ムスリム武装グループに誘拐されたマレーシア2人とさらに欧州人2人は一緒に捕らわれている】
フィリピン最南部を基盤にしている、フィリピン人ムスリム武装グループ Abu Sayyaf は、今年サバ州東海岸部を別々の時期に襲って、海上警察官と養魚場オーナー(華人)の2人をフィリピンへ連れ去った。グループは依然としてこの人質2人の解放として、身代金を要求しています。

Abu Sayyaf に詳しい消息筋のフィリピン人研究者によれば、別々だった2人は一緒に捕らわれているようだとのこと。 さらに2012年2月に誘拐されたオランダ人とスイス人の2人も一緒にいるとのこと。 「これら4人はAbu Sayyaf のリーダーの支配下にある。」

先週フィリピン治安部隊はAbu Sayyaf の隠れ家などを攻撃しました。フィリピン大統領は、Abu Sayyaf を殲滅するようにと軍部に命令を発しています。Abu Sayyaf は、Jolo島に根拠地を持っており、誘拐などで悪名が高い。

さらに財宝探し屋の日本人、Ito, が2010年に誘拐されましたが、この人物は現在Abu Sayyaf グループの協力者になっていることから、フィリピン軍隊は彼を人質とは見なしていません。

(Intraasia 注: フィリピンの武装グループ事情はマレーシア人の人質との関連で載るだけなので、そういう日本人がいたとは初ニュースです。もっともどこまで確証あるのかはわかりません、書いた記者自身が現地で調べているわけではない。)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 11月6日のマレーシア記事 | ホーム | 11月4日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP