プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

11月6日のマレーシア記事

【キャメロンハイランドでまた大雨による土砂崩れが起きた】
キャメロンハイランドのRinglet 地区で、5日夜大雨による大水氾濫が起きて、土砂崩れが(異なる場所で)2回発生しました。

この土砂崩れによって40軒ほどの家が土砂に埋まりました。 川Sungai Ringlet も氾濫しました。これまでにわかった被害は、少なくとも1人が死亡し、けが人が4人出ています。

今回の被害地区からそれほど離れていない地区では2013年10月に土砂崩れが起きて、100軒以上が被害を受けました。

(Intraasia 注:第一面で大きく載せている新聞もある。キャメロンハイランドはもう20年位前から山地切り崩しと森林伐採による農地の拡大及び住宅地などの造成という乱開発が、かなりの回数ニュースになってきました。環境NGOはしばしばその開発が起こす災害の危険性も指摘してきた。ということで、今回の土砂崩れの真の原因はとにかく、こういう災害が起きること自体に意外感はない。大雨になることはどこでもたまに起きることですから、仮にそれを原因としてしまうことは問題をまた先送りにすることになるでしょう)

【マレーシア航空(MAS)の少数派株主たちは株買い上げ提案を受け入れるか】

政府直属の投資会社 Khazanah Nasional Bhd はマレーシア航空(MAS)の株を69%保有しており、マレーシア航空(MAS)の非上場化を予定している。 非上場企業化するためには、臨時株主総会において少数株主からの同意が必要です。 総発行株数の24%を多くの少数株主が保有しています。

マレーシア証券取引所(Bursa Malaysia)から上場廃止するために、 少数株主に対して1株27セントの買い上げが提示されています。

少数派株主監視グループの元会長は語る、「株価は既に15セントという最低値をつけていたことから、27セントというのはプレミアム付きです。」 「仮に私が投資からなら、この27セントでの買い上げオファーを受けるでしょう。」

Khazanah Nasional Bhd はマレーシア航空(MAS)の再生のために大規模なマレーシア航空(MAS)改革を計画しており、この臨時株主総会は重大な意味を持っています。

【Proton社は ホンダと協力関係を求めて話し合いを行っている】
通産大臣が国会答弁の中で明らかにしました: Proton車の持ち株会社である Proton Holdings Bhd は既にホンダ自動車と何回も話し合いを行っている。 これは技術力の強化、新車、生産設備の共有などの面で協力の可能性を探っているところです。

「Proton社は高級普通車モデルの Perdana を開発して1995年から発売し、生産は2010年に停止した。これは時代に遅れた技術、安全装備の不十分さなどのためです。」

「その後Proton社は 新しいPerdana モデルを2013年末から生開始した、しかしこのモデルは政府公用車専用です。2000cc車を1千台、2400㏄車を700台これまでに生産。この新Perdana車は、ホンダの 第8代 Accord を100%ベースにした自動車です。」

(Intraasia 注:Perdana の新型を街で見かけないと思ったら、当初言われた公用車専用が続いているんですね。第8代 Accord をベースにしていると言われても、全然車に詳しくないので、わかりませんね)

【たばこ税の引き上げに伴ってトップメーカーはタバコ価格をRM 1.50値上げした】
タバコトップメーカーのBritish American Tobacco はタバコの小売価格を値上げしました。
高級ブランド品はRM 1.50上げて1箱 RM 13.50に、普通ブランド品は RM 1.50上げて1箱 RM 12になりました。

これはタバコに掛かる物品税が思いがけず引き揚げられたことによるものです。 他の主要タバコメーカーである Philip Morris, JT Interntional はまだ値上げ発表をしていません。

Hongleong 投資銀行リサーチは分析する:小売価格の値上がりでたばこ業界全体の売上数量が減ることが予測される。これ以外に、不法・密輸タバコの市場占有率がまた増加傾向に戻るとみている。現在の不法密輸タバコの占める割合は 35.8%です。」

他のリサーチ会社: 2013年第3四半期にたばこ税が引き上げられてタバコ価格が値上がりした、その結果次の四半期には合法タバコの数量が20%も落ちた。

(Intraasia 注:政府はたばこ税の値上げで青年層を主として喫煙率の減少も狙っているはずですが、不法・密輸タバコの横行から、狙った通りにはいかないようです。実際喫煙率はこの数年下がっているのだろうか?)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 11月7日のマレーシア記事 | ホーム | 11月5日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP