プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

11月9日のマレーシア記事

【トップバドミントン選手が薬物検査の2回目試験でも陽性と判定されたニュース】
(バドミントンが国民的スポーツであることから、バドミントン男子で世界ランキング1位をずっと維持し、オリンピックで銀メダルを2回獲得した李 Chong Wei選手、32歳、は、マレーシアで最も有名なスポーツ選手です)

今年8月末にデンマークで行われた世界選手権の試合における薬物検査で、李選手は陽性反応を示しました。そこで規定に基づいて2回目の検査用にBサンプル(尿)を送ってノルウエーで検査が行われ、その結果が11月8日判明しました。 李選手は自身でオスロまで行き、サンプルの開封を確認した後でマレーシアに戻りました。

薬物検査で陽性となったことから、世界バドミントン連盟が李選手の申し立てを聞き終わるまで、彼はトーナメント試合に参加を許されません。

マレーシアバドミントン連盟はこのニュースを明らかにする記者会見を開きました。その場で世界バドミントン連盟からの通知が届いたことを明らかにしました。「薬物聴聞委員会が開かれる日時と場所は後日マレーシアに通知される。」 「それまで選手は一時的に出場停止となります。」 マレーシアバドミントン連盟は(この時期になっても)選手名には言及しませんでした。

一方李選手はこれまでの沈黙を破りました。「これまでずっと努力してきた、安易な道は選ばなかった。これまでドーピングテストは100回は受けてきた。薬物が危険なことはよく知っています。」 「これは私の過ちではないと信じている。」 「医師が処方した物に違いない。」 
検出された薬品はステロイドタイプのデキサメタゾンとのことです。

(Intraasia 注:バドミントンの人気と実力のトップ選手ということから、言語を問わず何紙もが第一面で大きく伝えているニュースです。論調は李選手を擁護または批判を抑える面が強く現れているようです。実際彼は今年けがのために病院に入院したことがあります、その写真を掲げている新聞もある。)

【トランスジェンダーの女装を理由にした逮捕と起訴を違憲と判決する画期的判決】
(ムスリムの服装倒錯者(異性の服装を着る人)に対する、イスラム当局の取り締まりは各州で昔から行われている。当人たちだけでなく、人権グループもこの取り締まりをずっと批判してきた)

控訴裁判所は3人の裁判官が、トランスジェンダーが控訴した件を支持して、ヌグリスンビラン州シャリア刑法66条は連邦憲法に違反していると判決しました。これは画期的な判決です。

「個人の服装、服装の一部は表現の形である。これは控訴裁判所の見るところ、連邦憲法の表現の自由で保障されているものです。」と判決で述べる。「上訴人及び他の性同一障害者に突き付けられた制限は、明らかに理不尽である。」 

現在同州のシャリア刑法66条は、女性のような服装をする、女性のようにする男性は誰でも罰せられ、刑は懲役最高6か月、罰金最高 RM 1千に処せられる。これは性同一障害にあっても変わらない。(注:ムスリムだけに適用)

控訴裁判所は、スレンバン高等裁判所の判決を退けました。高裁は、「シャリア法は社会をホモセクシャリティーから守るために理由あるものである。ホモセクシャリティーはHIVを蔓延させる。」 と判決したとのこと。

原告の3人のムスリム、26歳、28歳、30歳、はまた、彼らが逮捕され起訴されることを防ぐ裁判命令も求めています。

(Intraasia 注:ムスリムのトラスジェンダーの女装することで、逮捕されたりハラスメントを受けるという訴えに関しては、もうずっと前から時々ニュース記事になってきました。彼らはクアラルンプール圏に住んでいる割合が高いようなので、ニュース地はクアラルンプール圏が多いとの印象を持つ)

【デング熱の別の型の発生が確認された】
保健省は、国内で発生しているデング熱において、第一型が過去2週間に渡って起きていると、明らかにしました。 マレーシアではこれまでは主として第二型が発生してきました。

同省の副長官は記者団に向けて述べる、「デング熱を調べる研究室でこの第二型の出現を確認した。これは十分に注意を払う必要がある。仮に患者が第二型に感染している患者が、さらに第一型に罹ると、危険性がより高まります。併発症になる可能性がある。」

「今年は11月6月時点で、国内でのデング熱罹患者数は 88204人を記録した。これは昨年同期より 3万人も多い感染数です。187%も激増していることになる。」 「今年のデング熱死亡者数は既に 169人です、昨年同期より107人も多い。」

(Intraasia 注:今年のデング熱感染者数は実に1日あたり約 280人という驚くべき数字です。さらに別の型まで出現したとは・・・・・。我がアパートの部屋には虫除けを1年中置いてます。でもたまに蚊が侵入してくるのです(笑)




スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 11月10日のマレーシア記事 | ホーム | 11月8日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP