プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

11月22日のマレーシア記事

【レギュラーガソリンとディーゼル油への国家補助金を12月から廃止する】
(国はレギュラーガソリン、ディーゼル油に補助金を出して安価におさえている)
レギュラーガソリン RON95とディーゼル油に出している補助金を12月1日から撤廃すると、国内取引と消費者省の大臣が発表しました。これは内閣の決定をうけたものです。

このためレギュラーガソリン RON95とディーゼル油は管理されたフロートシステム下におかれます。このシステムは現在 RON97ガソリンに適用されており、前の月1か月間の実際の価格と小売り販売価格との差を考慮して翌月の小売り価格が決定される。

現在のレギュラーガソリン RON95 はRM 2.30/ リットル、ディーゼル油はRM 2.20/ リットルです。現行価格決定システム下での小売価格は世界の石油価格変動を反映していません。実際の価格とは種々のコスト要因を加えて計算される。

消費者グループは、長期的には補助金廃止には賛成だが,セイフティーネットなしでは低所得層と中流層の下のクラスは苦しさを感じるであろうと訴えています。マレーシア消費者組合連合は言う、「補助金の廃止は以前からの我々の主張です。しかし貧しいものが苦しむことは否定できません。」

(Intraasia 注:各紙第1面で伝える大きなニュースです。燃料費は物価に直接響くから当然でしょう。 現在の世界の石油価格が低値安定している時期なので、計算値と小売値には大して違いは出てこないという、報道がなされている。しかし1バーレルがUS$100ドルを超えるような高値領域に入った時、ガソリン小売値が急騰するのは当然だから、その時マレーシア国民はどう反応するのでしょうか)

【国民にとって手ごろな価格の住宅を購入するしやすさ】
政府投資機関 Khazana Nasional Bhd の翼下にある Khazanah 研究所が最近発表した、”世帯の状況”という報告書において、 国民が手ごろな価格の住宅を購入するのに国民の年収中央値の何倍かをみた場合、マレーシアでは5.5倍も必要となる。これはシンガポールよりも高い数字だと明らかにしました。

マレーシア人にとって手の届く住宅購入のしやすさ -2012年の数字
平均月収: 下位40% RM 1847、 中位 RM 4573
月収中央値:下位40% RM 1852、 中位 RM 4372、 全体の中央値 RM 3626
手の届く範囲の住宅として年収の中央値の3倍: 下位40% RM7万、中位 40% RM 16万、 全体 RM  13万、
住宅ローンの月支払額(ローン年利率 4.45%で25年の想定):下位40% RM348、中位 40% RM 796、全体 RM 647、

国民が手ごろな価格の住宅を購入するのに必要な国民の年収中央値の倍数
マレーシア 5.5倍
シンガポール 5.1倍
米国 3.5倍、
英国 4.7倍

(Intraasia 注:中央値が平均より優れていることはお分かりですよね。 国民の下位40%の月収中央値 RM 1852に注目してください。手の届く範囲の住宅価格を知れば、毎日新聞に載る高級住宅の広告がいかに少数向けかがわかる)

【国民世帯収入の分布状況】
引き続き 政府投資機関 Khazana Nasional Bhd の翼下にある Khazanah 研究所が最近発表した、世帯の状況という報告書から

世帯収入をみると
月収RM 6千以下が全体の 74%、
月収RM 4千以下が全体の 55%、
月収RM 2千以下が全体の 23%、

2013年におけるマレーシア国民世帯の債務返済比率は 43.5%とかなり高い。この意味は平均して世帯はその世帯可処分所得の5分の2をローン返済に使っている。

(Intraasia 注:世帯収入の 43%も債務返済に使っている! これは非常に高いのではないだろうか。 見栄っ張りのマレーシア人は、車と家は当然として薄型高級テレビも新しい家電類もバイクもローンで買う、という構図のようです。平均的な4,5人世帯で月収RM 2千以下というのは、気の毒と言うしかない低額です、そういう世帯が23%もある)

【プトゥラジャヤに大型ショッピングセンターができた】
プトゥラジャヤに新しくできた IOI City Mall には、3つの大きなテナントが同時にオープン式を行いました。 それは Tesco, Parkson, Aeon Index living です。

Tesco としては 51軒目の店舗になる。Parkosn としては国内で2番目に広いデパートになり、国内で40軒目の店です。
Aeon Index living はタイ企業がAeon とパートナー関係を結んで、IOI City Mall に初店舗をオープンしました。タイブランドの家具やキッチン用品、オフィス用品を豊富に備えている。 同タイ企業はタイで22店舗を擁する、この分野では良く知られた企業とのことです。

(Intraasia 注:IOI City Mall はプトゥラジャヤで2番目のショッピングモールということでしょう。 タイのこういう分野の大きな店舗チェーン企業がマレーシアにも進出してきたというのは、小型チェーン店はあったとしても、これまでにほとんどなかったのではないだろうか)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 278.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 328.2 を入手します。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 11月23日のマレーシア記事 | ホーム | 11月21日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP