プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

11月30日のマレーシア記事

【UMNO党大会閉幕、ナジブ総裁の演説における重要点】
クアラルンプールのPWTCで開かれていた政権党UMNOの定期党大会が閉幕しました。

閉幕の演説の中でナジブ総裁(首相)はサバ州とサラワク州について述べました。「我々は石油ロイヤルティー、州権、その他の州に関することは議論できます。しかしマレーシアから分離するということを持ち出してはいけません。この件に関しては交渉の余地はありません。」

(華語新聞は第一面で、華人票が必要だというナジブ首相発言を大きく報道する)
ナジブ首相は党大会閉幕演説の中で強調しました、「UMNO は華人からの票が必要である、そうなることで総選挙で(確実に)勝利することができる。」

党大会の総会では、一部の代議員から華人界からの支持は要らないとの主張があったので、これらに答えたものです。ナジブ首相は党大会の前にもある新聞で、UMNOにとって華人票は大切であると、強調していました。
「Barisan Nasional (国陣) を維持していくことは非常に大切です、しかしながらマレー人の原則を犠牲にしてまでということではない。」

(Intraasia 注:サバ州とサラワク州でごく少数だが、公然とマレーシアからの離脱を主張している人たちがいることを念頭にしたものですね。半島部を軸にしたUMNOは両州の分離などということは絶対に認められないという立場です。 前回の総選挙で華人界の8割近くが民聯 (Pakatan Rakyat) に投票したことを受けて、マレー民族主義者層とUMNOの一部に公然と華人界を批判する声が起きた、それが華人界の支持など要らないという主張です。ナジブ首相は現実的政治家としてそんな極端論には組しないと宣言したわけです)

【2015年度予算案が可決された】
今週は今年の国会会期の最終週でした。
その最後段階で、来年度予算案が国会に提出されてから28日後に可決されました。2015年度予算案は 総額RM 2739億になります。

【未成熟ココナツ1個の卸値とレストランなど小売商の販売価格に関して】
(ココナツを供給する)卸し商から高く売られたので、未成熟ココナツを1個 RM 6.50で売らざるを得ないという、mamak(インド人ムスリム)大衆レストラン主の主張があった。これは明らかに論理的ではない。当新聞(マレーシア語紙)が調べたところ、卸商が1個RM 2に満たない価格にしていることを掴んだからです。

ペラ州Taiping のあるココナツ卸商は語る、「未成熟のココナツは1個RM 1.90で卸している。この値段は変わりません。小売り者が少数しかココナツを販売しなくても1個RM 1.90、たくさん売る販売者でも1個RM 1.90で卸している。小売り者の場所が大変遠ければ、運送費はその小売り者が負担します。」

東海岸州では、同様のココナツを卸商は1個RM 1.70位で売っています。 クアラトレンガヌの未成熟ココナツの小売り者は語る、「(ココナツを割ってその汁を注いだ)ココナツジュースのグラス一杯をRM 1.50で売ります、ココナツ丸々1個はRM 3.0で売っている。」 「今年初めにココナツ卸商は1個あたりRM 1.20からRM 1.70に値上げしました。」

国内取引と協同組合と消費者省は、そのあるmamak レストランが未成熟ココナツ1個をRM 6.50で売っているという苦情に関して調査することになります、それは消費者には高すぎる値段だからです
国内取引と協同組合と消費者省によれば、未成熟ココナツは価格統制品ではありません、その価格は卸商によって決められる。」

我々(この記事を載せた新聞)は少し前に、 スランゴール州ペタリジャヤにある mamak レストランではココナツ1個の値段が通例に比べて高すぎて受け入れられない、という苦情が複数の客から出ているとの記事を載せました。




スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 12月1日のマレーシア記事 | ホーム | 11月29日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP