プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

12月5日のマレーシア記事

【マレーシアでも人気があるらしいモバイルアプリ会社にSoftBank グループ会社が巨額投資する】
モバイルのアプリを使ってタクシーを予約、呼び寄せるサービス市場で Uber と市場を争っている、Grab Taxi Pte.Ltd に対して、Softbank 翼下の会社 Softbank Internet and Media がUS$2億5千万を投資することを決めました。Grab Taxi Pte.Ltd にとってこれは最大の投資者になる

Grab Taxi はマレーシアにルーツのある2人の若者が2011年に創業した会社であり、東南アジアの6か国の17市でタクシー予約サービスを行っている。マレーシアでは MyTaxi というブランド名です。

Softbank Internet and Mediaは、MyTaxi は2年後には東南アジアでのこの分野市場で圧倒する会社になるであろうと期待する胸の声明を出しました。
Grab Taxi は現在、最低月1回はこのサービスを利用するユーザーが50万人いるとのことです。1年前に比して6倍に増えました。

モバイルアプリでタクシー予約ビジネスを行う会社は東南アジアでは、既に5,6社が参入しています。

(Intraasia 注:新聞などではよくタクシー用モバイルアプリは人気があると書いてある。イントラアジアはタクシーを使うのは他に全く手段がないときだけなので、この種のアプリはほぼ必要ない、そこでどの程度普及しているのかは実感としてわかりませんが、便利だろうことは想像がつくし、仮にタクシーの常連利用者なら使うかもしれませんね)

【ペナン州で多発しているミャンマー人殺人についてペナン州警察トップの見方】
ペナン州で今年起きた殺人事件で、51人が殺され、内18人がマレーシア国民、33人が外国人、との報道がありました。
殺された外国人中最多はミャンマー人で18人です、その他ベトナム人、バングラデシュ人、インドネシア人であり、10人は身元不明です。

ペナン州の警察長官が語りました: 「州内でミャンマー人の関わる殺人事件の原因は、ミャンマーで起きている出来事の復讐が大きな動機だと思われる。」
ペナン州では今年、遺棄された人体の一部が発見される事件が続いており、先月は6件、今月は1件起きています

【サバ州の人口がこの数十年間で急増した背景を統計からみる】
サバ州内の人口分布の推移
1970年時点の人口:サバ州 64万8千人、 サラワク州 97万6千人、
1980年時点の人口:サバ州 101万3千人、 サラワク州 123万5千人、
1991年時点の人口:サバ州 180万8千人、 サラワク州 164万2千人、
2000年時点の人口:サバ州 260万3千人、 サラワク州 201万2千人、

サバ州のブミプトラ先住民族中最大であるのが カダザン・ドゥスン・ムルット人
1970年人口:カダザン・ドゥスン・ムルット人 21万5千人、 ムスリムブミプトラ(主としてマレー人) 22万1千人、
2000年人口:カダザン・ドゥスン・ムルット人 56万4千人、 ムスリムブミプトラ 103万6千人、

サバ州人口に占める外国人の割合: 2000年 260万人中の23.6%、
 国内の全 (合法)外国人中に占めるサバ州の外国人の割合:2000年 44.4% (各州中で最大)

(Intraasia注: 要するに、数字からムスリムブミプトラが不自然な増加を示しているということでしょう。その不自然なもたらした要因は何かが問題です)

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 12月6日のマレーシア記事 | ホーム | 12月4日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP