プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

12月16日のマレーシア記事

【警察の専門部隊がスランゴール州で7人のインドネシア人を恐怖活動容疑で逮捕した】
警察本庁の反テロリズム部はスランゴール州で12月2日に一連の突撃捜査を行いました。この行動によって恐怖活動容疑の年齢25歳から35歳までのインドネシア人 7人、うち4人は女性、を逮捕しました。警察は彼らがマレーシアを経由してシリアへ渡るつもりであったと疑っています。

7人中の1人はグループの首領だとみられ、この男はシリアでのイスラム聖戦に参加するインドネシア人の斡旋をしていたと警察はみています。この容疑者はまたフィリピン南部の武装グループ Abu Sayyaf 及びアルカイダテロ組織とのつながりを疑われています。

警察長官は本日このニュースを公表して声明内で語る、「彼らは武闘活動に関与していたとの容疑で、且つマレーシアをシリアへの経由地として使っていた容疑で逮捕した。」 「彼らは3家族から成り、5か月から5歳までの子供5人も一緒に拘留した。」 「このインドネシア人容疑者の逮捕は、警察と国際及び東南アジア情報機関との協力によるものです。」

(Intraasia 注:逮捕してから2週間も経ってからの公表なんですね。 こういった治安関連事件はほとんど警察発表だけに基づくニュース記事になっているので、現時点ではこの7人中6人がどの程度真のテロ分子なのかは誰にもわからない)

【マレーシアにいる国連難民高等弁務官事務所に登録した難民数 15万人】
マレーシアにある国連難民高等弁務官事務所 UNHCR 発表の数字から。
2014年11月時点でマレーシアの国連難民高等弁務官事務所 UNHCRに登録済の人数であり、総人数は 150,460人になる。

ミャンマーからの難民数だけで 139200人になる: その内訳は チン人 50,620 人、ロヒンギャ人が 40,070 人、ムスリムが 12,160 人、ラカイン人とアラカン人で 7,440 人、残りはその他少数民族。2014年3月から11月までの間に、ミャンマー難民が6千人増加した。

(Intraasia 注:いずれもミャンマーの少数民族です、ロヒンギャ人はムスリムです、それとは別にミャンマームスリムとして12000人の数字が載っているのは、恐らくロヒンギャ人以外のムスリムということでしょう。ラカインとアラカン人は呼称の異なる同じ民族だと記憶している。シャン人、モン人、カレン人など他の少数民族に比してチン人の多さに驚きました。)

ミャンマー以外のその他国家からの難民の数  11,260人: その内訳を国別で示すと スリランカ 4,200 人、パキスタン  1,200 人、ソマリア 1,120 人、シリア  970人、イラク  860 人、イラン 580 人、パレスチナ 450 人、アフガニスタン 390 人、イエメン 360 人、スーダン140 人、.

2014年3月時点におけるマレーシアにいる UNHCR難民総数は  143,435人でした、その内 133,070人がミャンマーからの難民でした。

国連難民高等弁務官事務所 UNHCRは、UNHCRに未登録でマレーシアに滞在している難民希望者または庇護求め亡命希望者の人数を 3万5千人ぐらいと推定している。UNHCRはそういう人たちの登録作業を進めているところとのことです。

国連難民高等弁務官事務所 UNHCR の係官は語る、「難民と庇護を求める亡命者は誰でも、その庇護を求める国々の法律を尊重しなければならない。」 「UNHCR
は手助けしたいとの意図をマレーシア当局に申し出ています。」

(Intraasia 注:15万人中の93%がミャンマーからという、その圧倒的比率に改めて驚きます。 さらに遠くはソマリア、スーダンという国からも難民・庇護亡命希望者がいるんだ。ここに書かれた国名は全てマレーシアとは国境を接していない国ばかり。マレーシアは難民の定住を一切認めない国ながら、なぜこれほどいろんな国から15万人もの難民・庇護亡命希望者がマレーシアに来るのだろうか。ミャンマー、カンボジアと接するタイは歴史的に何十万人もの両国人難民を受け入れてきた、また例えば現在シリア難民を受け入れるトルコも数十万人単位を受け入れているだろうが、それは国境を接しているからです。
15万人の中には、もちろん経済難民もあるだろうし、難民希望者斡旋ルートにのって一時マレーシアに着いた者も少なくないことは推測される。それにしてもだ、人口3千万の国がこれほど関係の薄い多くの国から多数の希望者を滞在させているという事実は注目に値する。マレーシアは世界に向かって”難民一時引きうけます”のような広報は全くしていないのにだ。1億2千万の日本がどれくらいの難民・庇護亡命希望者を、例え一時的であれ受け入れているかを考えれば、マレーシアの寛大さは特筆ものです)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 12月17日のマレーシア記事 | ホーム | 12月15日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP