プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

12月21日のマレーシア記事

【アセアンサッカー AFF スズキカップの決勝戦でマレーシアはタイに敗れた】
アセアンサッカー連盟AFFのスズキカップの決勝戦第2試合が20日夜クアラルンプールの Bukit Jalil スタジアムで行われました。

この試合マレーシアチーム(Harimau Malaysia と呼ぶ)は 3対2 でタイチームに勝ちました。バンコクで行われた第1試合は、マレーシアチームはタイチームに 0対2 で敗れています。2試合の結果合計得点はタイが 4、マレーシアが 3となり、 AFFのスズキカップ2014年はタイチームの優勝と決まりました。
タイチームはこれで4回目の優勝です:1996, 2000, 2002、 2014

(Intraasia 注:9万人収容のスタジアムが一杯になるほどのファンが詰めかけたと書いてあるけど、そんなに入るのかな? マレーシアファンはたいへんな熱気で応援したのは確からしい。ナジブ首相以下数人の大臣もこの試合を観戦したことが写真に載っている。大衆紙は大きく載せています)

【ウルトラマレー民族主義団体の起こした行動への批判】
(ウルトラマレー民族主義者団体の Perkasa はこのところ言論だけでなく批判する勢力に対する行動にも出ることが珍しくなくなったようです。華人主体政党の民主行動党DAPに対しては、Perkasa は以前から批判を強めている)

19日にPerkasa のメンバーらが、ペラ州の民主行動党DAP本部への抗議活動の中でその建物外側に掲げてある、”メリークリスマスとハッピーニューイヤー”の垂れ幕を引きずり降ろす出来事がありました。またこのグループは民主行動党DAPの州議会議員の腕をつかんで引張りました。
ペナン州首相を務める行動党書記長の “Allah”をめぐる言論に抗議する活動だったとのことです。

ペラ州民主行動党DAPの長は、Perkasa グループの行動は違法な集会であり、暴力的だったと非難しました。州の党幹部らは記者会見の場で、Perkasa グループの暴力的行動時、現場にいた警察官らは傍観していたと、警察も批判しました。

また内務大臣はこの事件について表明しました、「我々は他人の宗教を尊重すべきである。自分たちの宗教を敬って欲しければ、他人のそれも敬わなければならない。」 として、Perkasa が他宗教の祝祭に敬意を払うように求めました。「イスラム教は国の公式な宗教である、しかしながら他の宗教にも自由がある、その宗教祝祭を祝う自由があるのです」

(Intraasia 注: ウルトラマレー民族主義の団体やグループの中で、もっとも知られているのがこの Perkasa です。その議長は過激な発言で知られる、元UMNO国会議員です。どれくらいの勢力を持っているのかよくわからないが、新聞は発行言語を問わず Perkasaのニュースをよく伝える。ウルトラ民族主義者ではないマハティール元首相が Perkasa の相談役を務めているのは解せない点です。マレー界がより民族的傾斜しがちまたは宗教的保守勢力が力を増しつつある中で、ウルトラマレー民族主義の団体やグループは時に声明を発し、時に路上活動をしと、その姿が実像より大きく見えがちです。
ウルトラ民族主義は、どこの国であれどの民族であれ行き過ぎた行動と主張をしがちです。華人界やインド人界が反批判しても反発を増すだけ、マレー界の良識ある勢力がいわば歯止めにならなければならない、と思う。)

情報: 2015年のマレーシアの休日カレンダー
マレーシアに滞在、旅行する際は全国的祝日と学校休みの知識を事前に持っておきましょう。当サイトでは毎年、マレーシアの休日カレンダーと学校カレンダーを最新にして掲載しています。 随時 『マレーシアの祝祭日とカレンダー』 をクリックして該当項目をご覧ください。 




スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 12月22日のマレーシア記事 | ホーム | 12月20日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP