プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

12月22日のマレーシア記事

【海が大いに荒れており、沿岸漁の漁民は海へ出かけられない】
トレンガヌ州 Dungun 地方発のニュース
この地方の海の状況は最高 5.5 mの高波が押し寄せており、時速60km の風が吹いている、そのため当地の漁民が海へ出ていくことは困難です。
Balik Bukiカンポン(村)で観察すると、50人以上の漁師が漁船の錨を下ろして陸に引き上げてから既にしばらく経っている。

漁師の1人、Omar Abdul Rahman, 58才、によると、海の状況は強風が増すことで非常に荒れており、沿岸漁民としての彼らが漁をすることが困難とのことです。
「海へ出られなくなって既に2週間だ。波に押されて岩に当たって我々の漁船が沈んでしまうのではないか、壊れてしまうのではないかと心配だからです。」

また別の漁師  Mustafa Ibrahim, 67才、も言う、「我々は普通なら1日にRM 100から200の収入を稼ぐのだが、今は収入源が消えている。」

(Intraasia 注:水害のような事件ではないので、目立たないそして国民からもあまり注目を浴びないだろう記事ですが、東海岸州の今をよく伝える記事だと思うので選びました。 雨期の最盛期、東海岸部の漁民はこのようにしばしば漁に出られないことでしょう。休漁したからといって保障があるわけではない、漁民の暮らしはたいへんですね。
実際この時期に特に荒天ではない日でもクランタン州やトレンガヌ州の海岸へ行くと、荒い濁った波が海岸に押し寄せていることがわかります。荒れた天気の日なら怖いほどの状況のことでしょう。Intraasia はクランタン州の北にあるタイ深南部の漁村海岸へ雨の日に行ったとき、雨が降るだけでこれほど荒れ模様が増すのかと驚いたものです。雨期の半島部東海岸州は、内陸部でも河川の近辺地区でもコタバルのような都市部でも、そして海岸地方でも、気候的に困難な季節なのです)

【新聞各紙の有料販売部数 -2014年上半期】
発行部数監査会(ABC) が発表した、2014年上半期における1日の販売部数の平均

ABC の監査を受けているのは The Star, Berita Harian の2紙のみ。その他は発行部数をABC に提出しているとのこと。
紙の新聞の販売数であり、デジタル版の契約者数は含まれていない。
(英語紙とマレーシア語紙は 日曜版は別のライセンス発行として別勘定となる。ただし似たような部数なのでここでは省略しました。)

英語紙
The Star 291,068
New Straits Times 74,711
The Edge (経済紙) 23,635

マレーシア語紙
Utusan Malaysia 171,663
Berita Harian 125,514
Kosmo(Utusan の発行する大衆紙)  197,202
Harian Metro (Berita が発行する大衆紙) 313,690

華語紙
星洲日報 365,297、 夜版 14207
中国報 174,429, 夜版 59284,
光明日報 (星洲が発行する大衆娯楽紙) 83,676, 
東方日報 85,616

英語紙の総販売数 76万7千、 13年下半期より減少、 マレーシア語紙 186万2千、13年下半期より減少、華語紙 80万2千、 13年下半期より減少
デジタル版は総数で大きく増加して、合計 20万4千部、その内 The Star デジタル版が8万1千を占める
この統計にはサバ州とサラワク州で発行されている地方紙、半島部のマレーシア語紙 Sinar harian 、英語紙 Malay Mail, 半島部のタミール語紙が含まれていない。

(Intraasia 注:夜版とは華語紙だけが前日の夜に発行する版のことです。夕刊紙とは違います。華語紙はこのように販売力が優れている。国民人口中の華人人口を考慮すれば、昔から星洲日報の部数が他紙に比して際立っている、一方マレー人人口を考慮すれば、 Utusan Malaysia の部数はあまり多くないと言える。価格はマレーシア語紙は平日はRM 1.50、華語紙は RM 1.30と多少安い、しかし日曜日はUtusan Malaysia はRM 2.0 と高くなる。なおほとんどがタブロイド版である大衆紙はまた別の値段立てです)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 12月23日のマレーシア記事 | ホーム | 12月21日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP