プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

12月26日のマレーシア記事

【雨期の水災害による避難者総数は全国で10万人を超えた】
半島部東海岸州を最大被害地とする水災害はさらに広がっており、被災者数がますます増加しています。

25日夜時点での避難者総数は10万人を超えました。
東海岸側: クランタン州 38000人、 トレンガヌ州 7400世帯の29700人、パハン州 7600世帯の30000人  その内クアンタン地方が最多で18000人を占める、
西海岸側: ペラ州 5500人、 ペルリス州 260人、、

現在国外に滞在中のナジブ首相は、ムヒディン副首相兼天災管理委員会議長と水災状況の件を話し合っており、副首相に対して、水災の被災者救援と救援物質の運送に力を尽くすようにと指示を出したことを、自身のFacebook で明らかにしました。

(Intraasia 注:1日だけ、数日間、1週間など避難者の被害程度はいろいろあれど、10万人が避難しているとはすごい数ではありませんか。村や部落や街区が水没した、または水没の危険性に面している、写真を見る度に被災者の悲哀に同情します)

【ペラ州、スランゴール州、プトゥラジャヤでは新年祝祭イベント予定を全て取り消した】

ペラ州で水災被害が悪化していることを考慮して、ペラ州スルタンは州の関係官庁に対して、新年の祝祭行事を全て取消すように指示を出しました。大晦日のコンサートも取消しに含むと、スルタンは述べました。「Sultan Azlan Shah 基金から被災している子供たちそれぞれに制服と靴を2組寄付します。」
スルタン夫妻と州首相は Gerik 地方の被災者たちを訪問しました。

各地の大きな水災を考慮して、連邦直轄領 プトゥラジャヤで行う予定の新年の大祝祭イベントを取消すと、連邦直轄領大臣が発表しました。
大臣はまた、イベントの主催者である  Ambank Groupはこのキャンセルに同意してくれるだろうと述べました。「同グループの議長とこの件を話し合います。イベントン用の予算 RM 300万を被災地へ回してくれるかどうか確かめます。」

同様に、スランゴール州政府は州内の新年祝祭の娯楽プログラムとイベントを全て取り消すと発表しました。州首相はまた、「州都シャーラム市庁に対して、12月27日と28日のJom Heboh プログラムを取り消すように指示した。」

(Intraasia 注:西海岸側は幸いにも被害は小さい。ところでこういう例からもわかるように、スルタンの権限はまことに強いことをつくづく感じさせる。
ところで当サイトでは昨日ナジブ首相がハワイで米大統領とゴルフをプレーしたという外報ニュースを載せた、外報はその写真も載せている。奇妙なことに今日の主要紙はざっと見た限り、目につくような形で載せていないか触れていない。普段だったらかなり大きく扱うことは間違いないだろう。親政府路線の Star 紙のような新聞だけならわかるが・・・・・)

【タイピン動物園から逃げ出した虎は麻酔銃で撃たれて捕まった】
ペラ州のタイピン(太平)にある動物園から25日朝、虎が1匹逃げ出した事件が起きました。

この虎は麻酔薬の銃弾を受けたが、動物園付近にあるタイピン池公園の林へ逃げおおせてしまいました。その後午後3時過ぎに捜索チームによってその虎は捕まりました。この虎は体長2m、体重300㎏ の大きさです。

タイピン動物園長の説明; 正午ごろ檻の虎が扉に体当たりしたところ偶然扉が開いて逃げ出した。その時檻の近くで改良工事が行われていた。逃げ出したのは1匹だけです。このような出来事は初めてです。

(Intraasia 注:要するに推測すれば、動物園関係者の凡ミスか不注意で虎が逃げ出したということなんでしょう。そうでなければ、檻の扉が開くわけはないのにね。)
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 12月27日のマレーシア記事 | ホーム | 12月25日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP