プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

1月11日のマレーシア記事

【パリで起きた襲撃事件を取り上げて扇動・反乱罪の必要性を説く、警察長官】
今週パリ周辺で起きた Charlie Hebdo(風刺週刊新聞)襲撃事件に関して、警察長官はツイッターに書き込みました(マレーシア語と英語)。

「パリ事件に注意を払ってほしい。だからこそ我々マレーシア警察は扇動・反乱罪が必要なのです、マレーシア警察は宗教に対する侮辱的言動を許しません。」
「パリでの襲撃・・・、扇動反乱罪のような法律はマレーシア警察がそれが大きくなる前にまだつぼみの内に摘み取ることに役立つのです。」

警察庁長官はこれとはまた別に(国民に向けて)警告する、「発言する内容に気を付けるように。警察が行動を取ることになるようなことを発言してはいけない。勇敢にもあえて発言するのであれば、責任を取らさせることに立ち向かいなさい。」

(Intraasia 注:警察長官自身のツイッターなのかな? マレーシアの警察最高幹部は、長官を含めて、記者会見などの場で国民向けに発言をしており、マスコミがそれを頻繁に載せる。従ってツイッターで発表しても不思議ではない。警察長官は主要ポストの大臣に次いでよくマスコミに現れるので、国民はその顔と名前にはなじんでいる。警察トップとして当然ながら、治安関連法の維持を強く前から主張している。それがこのツイッター書き込みの背景です。 
マレーシア警察は、イスラム国 ISやその他武装主義組織に関係あるとの容疑で既に数十人の国民を逮捕または拘束したことを公表している)

【高架電車LRT 用の新型車両編成が中国からマレーシアに到着】

クアラルンプール圏の高架電車LRT の Ampang路線を走行させる新型の電車車両がようやくマレーシアに届きました。
新型電車は6両編成です。現在 Rapid KLの内部で検査中ですので、その後路線でテスト走行を始めます。

Rapid KL の親会社である Prasarana グループの幹部が発表した声明: Prasarana  Malaysia Bhd が購入する新型車両50編成の内の最初の1編成です。この新型編成で徐々に現在の6輌編成を置き換えていきます。 この次に新型車両編成がマレーシアに届くのは2月になる。

50編成の新型電車の総購入費は RM 10億近い。今後2年ぐらいかけて現在の車輛に替えていきます。50編成中30編成は現在のAmpang 路線に代替え配属される、残り20編成は路線延長工事が進んでいる延長路線用です。
「LRT路線延長工事の第1段階が終わって運行を始める予定の2015年10月に、新車輌の6編成が実際の走行を始められるように期待している。」 「延長路線の第1段階で開業する駅は4駅です。」

高架電車LRT の Ampang路線用の新型電車は中国製です。 35編成は完成車両として中国から輸入される、残り15編成は、国内のBatu Gajahにある中国製造会社工場で組み立てられる、という取り決めになっています。
「新型車両は車輛寿命30年であり、15年使った後で修復が必要です。」

(Intraasia 注:50編成も購入するのか・・、 かなりの量ですね。現在の電車は既に15年以上は走行している。 中国から新車輌を購入することは既にしばらく前から明らかになっていることですが、やれやれまた中国製電車かという思いは感じます。マレー鉄道の複線電化路線であるクアラルンプール-イポー間を走行している中距離電車は全て中国製、 韓国製です。数年位前から使われているKomuter電車の新型編成も中国製です。モノレールはマレーシア製国産ですが、残念ながら電車や列車の製造産業はマレーシアでは開発発展が育っていない、だからすべて完成輸入または組立するだけとなる。
余談ですけど、先月発表されたニュースによれば、中国とタイの協定が結ばれてタイの全く新しい北部路線 約900㎞を中国が鉄道建設するとのこと。中国の鉄道建設と製造車輛の東南アジア進出はもう止められないという勢いですなあ)
追記:クアラルンプール-イポー間を走行している中距離電車は韓国製であると、読者のいちにのさんから指摘を受けました。確かにそうです。そこでここで訂正し、指摘に感謝します。詳しくはホームページのゲストブックをご覧ください。

【インドネシア  エアアジア 機の墜落事故の続報】
インドネシアの捜索部隊は現場海域で、墜落した Indonesia AriAsia 機の尾翼部分を引き上げることに成功しました。しかしコックピットの録音などを収録したブラックボックスはやはり尾翼部分から取れてなくなっており、まだ見つかっていません。



スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 1月12日のマレーシア記事 | ホーム | 1月10日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP