プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

1月18日のマレーシア記事

【2015年度予算の見直しが強く期待され、また予測されている】
(昨年国会を通過して)既に実施されている2015年度国家予算は、歳入見込みがRM 2352億、歳出予定がRM 2739億です。歳出の内訳は 行政支出がRM 2234億、開発支出がRM 505億であり、多少の赤字予算となっている。 2015年度予算が国会に提出された当時、政府の見込んだ石油価格は1バーレル US$100位でした。

政府が掲げている今年の経済目標値は、国内総生産高GDPの伸び率 5%から6%、財政赤字の GDPに対する比率を 3%に減らすというものです。しかし国際石油市場での価格が今や US$50ほどにも下がっている石油安の現在、産油国マレーシアとして、この歳入見込みは非現実的になったと多くの人が見るようになってきています。

批判者の1人である、マハティール元首相は主張する: マレーシア政府は経済情勢に対する反応が早いとはいえない。

現在の状況と現実を考慮して、政府が2015年度予算を見直すだろうと期待するのはおかしくないと、エコノミストは見ています。

(Intraasia 注:ナジブ首相が近々予算見直しを発表すると言われている。 どのように見直されるかで、また多くの論議が湧くことでしょう)

【イミグレセンの取り締まりで49人のアフリカ人を逮捕】
スランゴール州のイミグレセン(Imigresen)による取り締まりが行われて49人のアフリカ人を逮捕しました。
超過滞在などイミグレセンの法律条項に種々の違反行為をしていることから逮捕されたアフリカ人の内訳は、 男性31人、女性18人で、年齢は20歳代から30歳代です。

取り締まり部隊の長は説明する、「この日の取り締まりは、彼らの活動拠点として知られているホットな複数の場所でアフリカ人に対象を絞って、行った。」 「そういうアフリカ人の活動拠点となっている場所とは、Ampang 地区の Taman Kosas, Puchong 地区の Taman Kinrara, 及び Sunway Piramid 近辺のナイトクラブ、 Batu 14地区のナイトクラブです。」

「書類手続きを行うために、逮捕した者は全て、スランゴール州イミグレセンの留置所へ連行した。 その後彼らは一時拘留所へ送られることになる。」

(Intraasia 注: アフリカ人はある特定のアパートや地域にアフリカ人たち同士が集まってて住み、行動すると、以前から言われている。種々の国籍からなる外国人労働者と同じ行動様式ですね。異なる文化圏や国に居ると、文化、民族、宗教、言語のつながりをまことに密にしたい人たちが大多数を占めると言えるでしょう。だから不法滞在者と分類されるこのアフリカ人も集まって同じような行動を取るのは、不思議ではない。そうしてこういう特定の民族が集団で住んだりする地区は早ければ数年でできてしまう感じです。例えばTaman Kinraraは90年代半ばの昔イントラアジアはたいへん数多く訪れたことがある、当時アフリカ人など影も形もなかった。 )

【東海岸州の受けた最悪の水災に対して日本は2回援助品を送った】
(12月に半島部、とりわけ東海岸州で過去にない最悪の水災となったニュースは当サイトでも集中して載せました)

日本政府は被災者に対して、2回目の緊急援助を提供します。マレーシア政府からの要請にこたえる形で、総額RM 1900万の援助は テント、毛布、その他人道援助品などから成る、と大使館が発表しました。

日本政府からの1回目の援助は1月1日に行われ、総額RM 1900万の援助では、発電機、浄水装置、その他品々を被災者に送りました。

【菌に汚染された米国産リンゴ2種の輸入を禁じた】
米国産のリンゴ2種: Gala アップルと Granny Smith アップル を輸入禁止に指定したと、農業省が発表しました。この2種のリンゴはリステリア症の菌で汚染されている可能性があるためです。

「農業省は2日前に米国の食品医薬品局から汚染を知らせる通知を受けた。既に米国とカナダでは多くの感染者と3人の死者が出ているとのことです。」と農業省大臣。
「既にマレーシアに輸入されている対象リンゴに関して、農業省は市場から回収を命じる権限はない、なぜならこれは保健省の管轄である食品栄養に関することだからです。」

保健省長官が発表した声明: カリフォルニア産のリンゴについてはマレーシアの輸入地点で試験をしている。」 「 我が省はこのリンゴを輸入している2つの輸入業者に対して、リンゴを回収するように伝えた。」

(Intraasia 注:えー、今週市場で買って毎日食べているリンゴだ! ネットの写真で調べたら、まさにこの Gala アップルです。今朝も含めてもう 4,5個食べてしまった・・・・・・。残っているのは捨てます。 大手スーパーならともかく、いちばの果物売り露店が既に購入した果物を自主的に輸入元に戻したり、または購買客に通知するなどとは到底考えられない。)



スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 1月19日のマレーシア記事 | ホーム | 1月17日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP