プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

2月1日のマレーシア記事

【今月からガソリンがまた値下がりした】
ガソリン類の販売価格が2月1日からまた値下がりすることを、財務省副大臣が発表しました。11セントから20セント程度の下げ幅です。

1リットルあたりの価格: レギュラーガソリン Ron 95 はRM 1.70、 ハイオクガソリン Ron 97 はRM 2.0、ディーゼル油 RM 1.70、

(Intraasia 注:こういう基本的燃料はガソリンスタンドが勝手に値付けするわけではありません。それにしてもガソリンは安い)

【リクルート会社 Jobstreet.comの調査ではボーナス支給は1.4か月】
(マレーシアで最も有名なリクルート会社である) Jobstreet.com は発表した調査リポートの中で次の点を指摘しています:
今年、各企業が出すボーナスの平均は1.4か月分です、これは昨年の1.7か月分より低い。 業界の中では金融銀行界が最高であり、平均2.5か月となる。

 Jobstreet.com は説明する:
「賃金引上げとボーナス以外に、雇用者は引き続き従業員には福利を提供していく意思を明らかにしている、例えば交通費、医療費、通信費、旅費などの手当てです。」

調査から明らかになったこと: 「現有の従業員を維持していくために、雇用者は賃金を上げボーナスを出すつもりである。雇用者の95%は賃金を上げるつもりとしている。そして31%の雇用者は賃金の上げ幅を6%以上としている。一方従業員の方は54%が、賃金上げ幅において 6%から10%を希望している。」

「ボーナスの支給を受け賃金が上がった後で、42%の従業員は引き続きその会社で働くと回答した。しかしそういう従業員も、他に良い雇用機会があれば、58%がその会社を辞めると答えている。」

(Intraasia 注:零細な会社はリクルート会社をまず利用しないはずですし、リクルート会社の利用は職種と仕事内容にも大いに作用されるから、マレーシアの小規模会社以上で且つある一定の職種の状況を示すものといえるのではないでしょうか)

【マレーシア国のパスポートは入国自由度が高い、そこで盗難対象にもなりやすい】
世界の国 219か国中、マレーシアパスポートを携帯した国民に対して事前に入国査証を得ることなく入国できる措置を認めている国が 163か国あります。これは国民が世界の国々に入国できる自由度番付で世界第9位になる、とのことです。( Henley & Partner Visa Restrictions Index に基ずく)

このことを指摘した内務省長官は述べました、「マレーシアパスポートは、国際的な不法グループによって盗難されることを防ぐことが大切です。」 「パスポートを紛失して新たに申請する場合は、まず警察に紛失の報告を出す必要がある、その警察報告書をイミグレセン(Imigresen)に提出しなければなりません。火災などでパスポートがなくなった場合は、消防署にまずそのことを報告を出さなければならない。そしてその報告書をイミグレセン(Imigresen)に提出する必要がある。」

イミグレセン(Imigresen)の統計では、国民がパスポートを無くしたとの報告件数は、2013年 19579件、2014年 16789件でした。




スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 2月2日のマレーシア記事 | ホーム | 1月31日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP