プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

2月6日のマレーシア記事

【インドネシア大統領のマレーシア公式訪問】
インドネシアの Jokowi 大統領が就任後初のマレーシア訪問を開始しました。これは公式訪問です。
大統領はKLIA(クアラルンプール空港)に到着すると貴賓ターミナルで、ナジブ首相ら政府閣僚の出迎えを受けました。

【インドネシア人を屈辱する掃除機広告に抗議を突き付けた、インドネシア大使館】
最近マレーシアの会社のウエブサイトに載ったロボット掃除機の宣伝文句に対してインドネシア側から批判が出ています。
マレーシアの代理販売業者が出したこの掃除機 RoboVac の宣伝には 「あなたの家のインドネシア人メイドを解雇しよう。」 と書かれていたとのことです。

そこでインドネシア大使館は、マレーシアで働く数十万人のインドネシア人(メイド)に対して 「まったくの無神経である」 として、マレーシア政府に公式な抗議を伝えました。この出来事が起きたのはインドネシア大統領がマレーシアに到着するほんの少し前のことです。 

「Robova を売る民間会社の広告はインドネシア人にとって非常なる無神経と屈辱である。」 と2日前に出されたインドネシア大使館の声明は言う。 「我々は、マレーシア政府がこの広告を禁止するように求める。」

(Intraasia 注:作ったコピーライターとこの会社は、意識して意識しないにかかわらず、インドネシア人を見下す意識ができているということですね)

【今年は独中の生徒総数が8万人を超えた】
(華語独立中学校、通称独中、は華人界が独自に設立して運営している中学校で、全国に60校ある。国は私立扱いにしている。日本的呼称にすれば独立中華中学校と呼べるでしょう)

2015年の新学年度が始まって、全国の華語独中では(生徒数が確定し)これまでの生徒総数に比べて大きく増えて 8万人を超えました。 総生徒数は華語独中史上最多の 83042人。

全国の華語独中の生徒総数は2003年以降は連続12年間増加傾向を保っている。
独中史上最多の生徒数を記録した下で、生徒数の多い州の順序は、ジョーホール州、クアラルンプール、スランゴール州、ペラ州、サラワク州となる。
昨年度と比べてどの州の独中も生徒数が増えており、中でも増加数が一番多かった州はペナン州の独中で 612人増えた

全国60校におけ生徒数の分布は極めて不均一です、近年発展著しい、ジョーホール州とスランゴール州の独中16校の生徒数合計が、全体の5割を占めている。

(Intraasia 注:もちろん華語紙の記事であり、華語教育界の誇りとするニュースでしょう。 ところでマレー人界には独中のことはほとんど伝わらないはずです。逆に Sekola Agama つまりイスラム小中学校のことに華人界はまず興味を示さないでしょう。華語独中は私立扱いなので国の補助はない、当然保護者の負担は大きい、従って親たちは華人中流層以上ということになる。そこで華人中流層以上の世帯では、もちろん国民中学校へ通う率が一番多いが、華語独中や私立中学校に通う率がより増えているということになる。皮肉な見方をすれば、国民中学校を避ける率が増えているということです。)

【マレーシア語紙の 2コマコミックから】

malaycomic2015_01.jpg

上のコマ
今日の昼はチリで味付けした揚げナマズを食べたぜ。 ほんとに美味かったな!

下のコマ
美味かったのか・・・、 気をつけろ、あのな、ナマズにも"halal" と "haram" があるから、気をつけることだ。
そもそも"halal" でない出自の食べ物を食べるナマズを間違って食べてしまわないように。

(Intraasia 注:下のコマの後半部分の解釈にちょっと自信がないので間違いがあるかもしれません。ナマズの養殖の餌に "haram" な物を与えていたというようなニュースがあったのかもしれない、 推測すれば、そういう意味のようにとれる。 だからそういう禁止された餌を食べたナマズは"haram" ということになる。
 それはとして、マレー人の間で"halal"  つまりムスリムとして許されると "haram" つまりムスリムとして許されないの厳然たる区別の重要さがこういうコミックにも現れている、例としてこのコミックをここで紹介する意味もある。)


スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 2月7日のマレーシア記事 | ホーム | 2月5日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP