プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

2月11日のマレーシア記事

【アンワル元副首相の有罪、懲役5年判決を巡って】
連邦裁判所長官を含む裁判官5人は一致して、控訴裁判所の下したアンワル元副首相の有罪判決を支持しました。

連邦裁判所が被告アンワル元副首相に対して下した判決の要点
・コンドミニアムの監視カメラがアンワル元副首相と私設秘書がそのコンドミニアムから出ていく姿を撮っている。
・私設秘書の男性は男色行為の共犯者ではなく被害者である。
・クアラルンプール中央病院の3名の医師の医療報告は私設秘書が肛門性交を受けたことを示している。
・採取した精液の検査によって、男性Y のDNA はアンワル元副首相が拘留所で使用した歯ブラシなどから採取したそれに合致している。
・アンワル元副首相被告側の主張である、性j的陰謀説は事実とは認められない。

判決の下された10日、プトゥラジャヤの司法最高ビル(Palace of Justice) 前には、人民公正党PKR支持者を中心としたアンワル元副首相支持者がたくさん集まりました。判決が発表された後、怒った支持者らは警備の機動隊と小競り合いを起こしました。

アンワル元副首相は主張しました、「私はこの国の民を代表して人生の多くを戦ってきた。民衆のために私は喜んで刑務所へ行くまたはその他の結果に直面します。」

行動党の書記長(ペナン州首相でもある)は裁判後語る、「我々は自由と民主と正義のために戦いを続けていかなければならない。」 イスラム政党 PASの総裁は、アンワル元副首相自身と家族と支持者たちに忍耐強くあらねばならないと語り、そしてBarisan Nasional (国陣) に対する戦いを続けていくことを訴えました。

(Intraasia 注: アンワル元副首相は1998年にマハティール元首相によって追放され、1999年に男色行為で逮捕され有罪となった。これは男色裁判1と呼ばれている。その後2000年代になって彼は釈放された。彼をトップ指導者とする民聯 (Pakatan Rakyat) はその後2回の総選挙で大きく伸びた。今回の男色裁判2は 当時と政治状況も違う、人民公正党PKRはかってのような勢いはない。アンワル元副首相の 67歳という年齢から次回の出所後も野党陣営を引っ張っていける保証はない、というのが一般的見方のようです。 
2回とも政府と一部UMNO の企てた政治的陰謀なのか、それとも彼は2回とも実際にアナルセックス行為をしたのか、そんなことはわかりませんね。 アンワル元副首相が刑務所に入ることから野党政党がそれぞれ弱体化するようなことはないが、陣営としてのまとまりがより欠けるであろうと見られている。
政府は特に声明を出していないようだ、司法が決めたことであり政府は関与しないという意味をこめていることでしょう。 新聞によって報道の調子に異なりがみられるのは、いつものことです。華語紙はかなり大きく載せました。)

【供給過剰分野が目立つ不動産市場】
第8回マレーシア不動産サミットが開催されました。業界の不動産価値の鑑定士と不動産企業の幹部と代理業者から構成される団体の代表者らが明らかにした数字となる。

オフィス床面積は供給過剰である
クアラルンプール圏のオフィス床面積はシンガポールより多く、マニラまたはバンコクと同じくらいである。 オフィス稼働率(利用率)は80%であり、2015年は下がるとの予測です。

ホテルの客室も供給過剰である
ホテル客室は供給過剰状態になっている。客室稼働率は約 60%から65%である、これは80%ほどのシンガポールとタイよりも低い。

マレーシアにおけるホテル部屋の供給数 -2014年第3四半期時点
全国での総数 20万室
1位.クアラルンプール 34765室、17%を占める、 2位 ジョーホール州 21878室、 3位 パハン州 21547室、 
4位 サラワク州 16720室 8%、 5位 サバ州 16555室 8%、 6位 スランゴール州 16009室 8%、7位 15352室 8%、

コンドミニアムとサービスアパートメントの比率が逆転した
クアラルンプール圏における、コンドミニアムとサービスアパートの比率は、2010年は60%対40%であった。
しかし今やこれが 46%対 54%に逆転した。
サービスアパートとは、商業地に建設された居住用高層建物を言う、 コンドミニアムは住宅用地に建設された居住用高層建物を言う。

月間世帯所得額がRM 3千以下の世帯数は約200万世帯あり、国民世帯総数の約3分の1を占める。 この世帯が入手できる 住居価格はRM 20万までである。
しかしながら、この世帯向けの住宅数は決定的に不足している。

(Intraasia 注:ジョーホール州ではコンドミニアムので7万戸?6万戸?かな、既に建築申請が終わって建築許可が出ている戸数だそうです。誰が見ても過剰な戸数なので、これが実際に建設されるかどうかはわからないとの分析が別の記事にあった。ジョーホール州ほど極端ではないが、全般的にかなり高額な物件の建築完成は今後1,2年後に増えるようです。反面決定的に足らないのは、中流層以下の国民が買える範囲の住宅の建設であることは、以前から言われている。利潤の薄いそういう住宅の開発に大手不動産デベロッパーはあまり取り組まないという傾向がある。
ホテル建築も盛んに行われています、特にショップロットホテルは店舗をビルを改造するだけだからできるのは早い。こういう安値クラスのホテルが上記の数字に含まれているのかどうかは、記事が言及していないのでわからない。この記事には書いてないが、ショッピングモールも過剰と言われているる。しかしモールは流行っているモールと閑古鳥が鳴いているモールとの差は激しいので、一概にはいえないようです。)


スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 2月12日のマレーシア記事 | ホーム | 2月10日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP