プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

2月26日のマレーシア記事

【男女間の月給額の差は依然としてかなりある】
職業別にみた平均月給の2013年統計 - 統計庁 2013年月給と賃金調査報告書から
・技術を持った労働者: 男性 RM1481 、女性 RM893 、 男性月給と比較した女性月給の割合 60%
・サービスと販売の労働者: 男性 RM1746 、女性 RM1136 、 男性月給と比較した女性月給の割合 65%
・単純労働者: 男性 RM1133 、女性 RM806 、 男性月給と比較した女性月給の割合 71%
・専門職者: 男性 RM4728 、女性 RM3641 、 男性月給と比較した女性月給の割合 77%
・工場労働者: 男性 RM1457 、女性 RM1139 、 男性月給と比較した女性月給の割合 78%
・マネージャー(管理職): 男性 RM5856 、女性 RM4763 、 男性月給と比較した女性月給の割合 81%

産業別にみた平均月給の2013年統計 - 統計庁 2013年月給と賃金調査報告書から
・不動産業: 男性 RM3923 、女性 RM2493 、 男性月給と比較した女性月給の割合 63.5%
・サービス業: 男性 RM1510 、女性 RM1056 、 男性月給と比較した女性月給の割合 70%
・製造業: 男性 RM1959 、女性 RM1464 、 男性月給と比較した女性月給の割合 75%
・専門業種及び技術業: 男性 RM3408 、女性 RM2619 、 男性月給と比較した女性月給の割合 77%
・行政: 男性 RM1451 、女性 RM1124 、 男性月給と比較した女性月給の割合 77.5%
・建設業: 男性 RM1708 、女性 RM1932 、 男性月給と比較した女性月給の割合 113%

統計庁 2013年月給と賃金調査報告書に基づきます:
男性全体の平均月給は RM 2260、女性は RM 2071です、この差は8.4%になる

民族別にみると、ブミプトラの間では男性は女性より 平均月給がRM 80多い。華人の間では男性は女性より平均月給がRM 418多い。インド人の間では男性が女性よりRM 358多い。
建設産業で女性の方が男性より高い理由を報告書は述べる、「女性は技術または準技術職に多い、一方男性は低技術職の偏重しているため。」

この調査は、49216人をサンプル抽出して行われました。その対象は世帯と個人であり、年齢層は15歳から64歳です。

(Intraasia 注:平均月給額として示されている額は加重平均してないことが明らかですね。上記の2種類の統計から、平均月給がRM 2000を超えることはないはず、なぜなら労働者の数の方が非労働者数よりはるかに多いからです。この月給額に残業などの手当額が含まれているか、いないかは言及されていない) 

【マレーシアの高等教育機関で学ぶ外国人13万5千人】
教育省第2大臣の話からです: マレーシアの高等教育の水準は先進国並みです。
「現在マレーシアの高等教育機関で学ぶ外国人留学生は 13万5千人います。 この数は高等教育機関の総学生数の10%にあたる。」

(Intraasia 注:ここで言及されている高等教育機関は大学だけでなく、カレッジや専門学校も含んでいることは間違いない。公立と私立の全ユニバーシティーだけで学生総数が100万人を超えることはありえないからです。つまり中等教育を終えた生徒が学ぶ教育機関全体を指しているはずです。
大臣の、先進国並み発言に対して、揶揄する批評が出ていました。大学の国際番付でマレーシアの大学はトップ100にも入っていないうんぬん・・・。 英語紙はよくこの大学番付を話題にする。マレーシアの大学の国際番付での順位がふさわしいのかふさわしくないのかは判断できる立場ではないけど、こういう番付はすべからく英語国中心のものであり、フランス語圏やスペイン語圏の大学は上位には現れない、いわんや非欧州言語国は評価が低い、と言えそうです。)

【国産車メーカー2社の合計シェアが2014年は過半数を割った】

国産車メーカー Perodua社と Proton社の 2014年に販売成績です。
Perodua社: 195,579台、 Proton社 : 115,783台、 両社合わせた国産車のシェアは47%でした。

リサーチ会社の AM Research は今年は国産車メーカーが 51%を獲得するであろうと予測する。
マレーシア自動車産業協会調べの、2014年総販売台数は66万6千台でした。

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 2月27日のマレーシア記事 | ホーム | 2月25日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP