プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

3月14日のマレーシア記事

【被雇用者福祉基金の加入者たる被雇用者の多くは55歳になっても残高が充分ではない】
(民間の給与生活者は一般に、被雇用者福祉基金(KWSPまたは英語では EPFと略称される)に加入して、毎月給料から天引きされることで老後の蓄えとする、これには雇用者も被雇用者のために一定割合を毎月納付する義務がある。KWSPは年金制度ではなく、被雇用者とその雇用者が積み立てる預金運用方式です)

これは非情な職場現実です:今年55歳になる給与生活者の内で、80%近くの人は自らの KWSP口座の残高が十分ではない、つまりこの人たちは退職した後の20年の間には必ずや貧困ライン下の生活になることでしょう。

被雇用者福祉基金(KWSPまたはEPF)の最高経営責任者がセミナーの場で明らかにしました:「こういう人たちの定年後20年間の生活は楽ではありません。彼らは毎月受取るRM 800で暮らさなければならない。」
マレーシアの平均貧困ラインの収入額はRM 830です。RM 800では基本的生活支出にも欠けることになる。
 
「この人たちが1980年代に被雇用者になって EPFへの納付を開始した頃は、月給額が低かった、その後も比較的低い賃金を得ながら55歳に到達することになった。こういったことが原因です。」 「この数字はマレーシアの職業人の一生を反映している。定年後の生活用として受取る KWSP からの給付金を補うために、人は55歳以後も働かなければならない。」

「被雇用者福祉基金(KWSPまたはEPF)に加入している1400万人の中で、月給額が RM 2千以下の加入者は75%を超える。月給額がRM 2千から5千の加入者は約15%です、そして月給額が RM 5千を超える加入者は10%に過ぎない。」

「ある1人の定年退職者がこれから20年間、毎月の給付額がRM 800を得る生活を続けるためには、その人は自らのKWSP口座への基本納付金の合計は RM 196800が必要になる(つまり口座の残高)。なおこれは3年に1回はインフレのために修正が求められる。」

「今年55歳に達する KWSP加入者の内で、基本納付額の合計がRM 196800に達している人はわずか20%に過ぎない。この比率は今後も大して変化はしません。」

「給料が安い環境にあるため、この比率はほんの少し上がるだけです。そこで我々はKWSP会員の人たちには、60歳に達して正に退職する時以外は、 KWSP口座から引き出さないようにと訴えます。」 「現実は、会員が55歳で退職してその後の生活を享受することは無理です。」

「2030年にはマレーシア国民の17%が65歳以上になるとの予測がある。」 「さらに2040年には65歳以上人口が若年層の数を上回るという推測もある。」
「だから我々はこの問題を解決する方策を立案しなければなりません。」

(Intraasia 注:被雇用者福祉基金 Kumpulan Wang Simpanan Pekerja はマレーシアで最大の資金量を持つ基金です。自営業者や屋台商売人、農漁民などは被雇用者福祉基金(KWSPまたはEPF)の対象になっていない。あくまでも被雇用者だけが対象です。1400万人の加入者という意味は、短期間でも一度でも加入したことのある人の総数であり、10年20年と納付金を継続して納めている人は、確か500万人にも満たないはずです。
KWSP は細かい規則があり、その中で55歳になったらかなりの額を引き出せる点がある。その理由として家を買う、子供の教育費や親の医療費負担などの場合と限定されている。上記で説明されているように、ただでさえ十分でない口座残高なのにかなりの加入者が55歳で引き出してしまう問題が昔から言われている。これはマレーシア国民の人生観だといえるが、自らの老後の貯めよりも家の購入や子供の教育費につぎ込むというあり方を感じる。残高がRM 50万以上ある人なら特に問題ではないが、そんなに残高がある人は数パーセントに過ぎないようだ。
マレーシアは決してヨーロッパ的な福祉社会を目指していない、トップ政治家もそのことを明言している。国民の多くは税負担と納付金負担を高くするというような政策には賛成しないようです)

【自動車運転免許取得のために道路交通庁職員に賄賂を渡す】

道路交通庁JPJ の職員が自動車学校から賄賂をもらうことで、試験を受けさせることなく免許証を交付しているとの容疑で、反汚職委員会はマラッカ州で何人かのJPJ職員を既に逮捕しました。

マラッカ州反汚職委員会の長官がこのことを明らかにしました、「委員会は自動車免許の交付における汚職としてこの件を捜査している。」 「これまでわかったことは、逮捕された者たちは金を受け取っていた。こういった行為は既に長い間続いていたと思われる。」 
「捜査はJPJ職員だけでなく関与した自動車学校にも及びます。」 「自動車学校の指導員、さらには免許を取ろうとした者もこういった賄賂ネットワークに絡んでいる。」

「現時点でこれ以上の情報を公表するのは早すぎる。捜査が終わってから明らかにする。」

(Intraasia 注:何事も金で解決しようとする者たちの存在とそれをあてにしている役人の存在はマレーシア社会の慢性病です。自動車免許取得に絡むJPJ,自動車学校の噂は昔からありますね、もちろん真偽はわからない)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 298.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 362.1 を入手します。

(Intraasia 注:通貨リンギットの対米ドル外為相場はこのところ切り下がった状態を続けている。そのため円安が続いているにもかかわらず、円は対リンギット相場では持ち直している)

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 3月15日のマレーシア記事 | ホーム | 3月13日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP