プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

3月20日のマレーシア記事

【タクシー、列車と電車、中長距離バスの運賃値上げがそれぞれ認可された】
陸上公共交通委員会 (SPAD) は公共交通機関の運賃値上げを認可する旨を発表しました。

値上げの実施時期
タクシーは即実施 (5月20日)。 列車と電車は2015年5月1日から、 中長距離バスは2015年5月15日から。

値上げ対象となるタクシー: 半島部のいわゆるシティータクシーで大衆車を使用したクラスに限られる。 シティータクシーでも高級な車を使うエグゼキュティブクラスは今回の対象外となる。さらに空港のリムジンタクシーも対象外です。

値上げの対象となる列車と電車: マレー鉄道KTMB が運行する中長距離列車と KTMコミューター電車、 Prasarana Malaysia Bhd が運行する LRT高架電車と KLモノレール、

値上げ後のタクシー運賃
・クアラルンプール圏とジョーホールバルのバジットタクシー: 初乗り 1kmまで RM 3、追加距離料金 200m毎にRM 0.25、追加時間料金 1分毎に 41.67セント
・ペナン州のバジットタクシー:初乗り 1kmまで RM 4、追加距離料金 200m毎にRM 0.30、追加時間料金 1分毎に 50セント

・クアラルンプール圏とジョーホールバルの 1Mタクシー: 初乗り 1kmまで RM 4、追加距離料金 200m毎にRM 0.30、追加時間料金 1分毎に 50セント
・ペナン州の 1Mタクシー:初乗り 1kmまで RM 4、追加距離料金 200m毎にRM 0.35、追加時間料金 1分毎に 58.33セント

1M タクシーとは Teksi 1Malaysia のことであり、Proton社製 Exoraモデルで車体カラーが茶色と定められている。

陸上公共交通委員会 (SPAD) の最高経営責任者による説明、「 全ての対象タクシーが新運賃を適用できるようになるには、1か月か2か月かかるでしょう (注:メーター交換に時間がかかるため)」

値上げ後の中長距離バス運賃
・基本運賃: 1㎞あたり 11.4 セント で路線を計算する
・高齢者と身体障害者と12歳未満の子供は、引き続き運賃の25%割引を享受できる。

・新バス運賃の例 -クアラルンプール発の運賃
コタバル RM 53.80、 アロースター RM  53.70、 クアラトレンガヌ RM  53.70、ペナン RM 47.0、 
ジョーホールバル RM  42.80、 クアンタン RM  29.40、 イポー RM 25.30、

列車と電車の運賃値上げに関して
陸上公共交通委員会 (SPAD) の最高経営責任者による説明、「LRT のアンパン路線は19年間、クラナジャヤ路線は17年間運賃改定を行っていない。KLモノレールは12年間、KTMコミューター電車は 12年間、KTM長距離列車は 25年間運賃改定を行っていない。」

「乗合いバスについては今後しばらくも値上げを認可することはありません。」

Komuter電車に関するマレー鉄道の声明
「高齢者と身体障害者と4歳から12歳の子供は、引き続き運賃の 50%割引を享受できる」
「新しい運賃計算方式は現行とは異なる方式を採用する。」

(Intraasia 注:これは低所得層にはかなり響くことになる値上げです。タクシーを除く各種公共交通機関に足を 100%依存する Intraasia にはショックな値上げのニュースです。KLからペナンまでバス運賃が90年代の倍くらいになったなあ)

【マレーシアからのハジ巡礼者割当ては 22,320人で昨年と変わらない】
サウジアラビア政府は、ヒジュラ歴1436年にメッカ巡礼できるハジ巡礼者数の各国別割当ての削減を続行することを決めました。これは、 Masjidil Haram (大モスク名)とその周囲環境を拡大する工事が2016年に竣工するまで、マレーシアを含めた全ての国々が対象です。

首相府の (イスラム教担当)大臣がこのことを明らかにしました、「このため、マレーシアに割り当てられたハジ巡礼者数は  22,320人で前年度の人数と変わりません。削減される前までの 約29000人から 20%も減っています。今年のハジ巡礼団は第1陣が 8月16日にマレーシアを出発する。」

「(削減の決定は)全てのイスラム国々に及ぶ。この決定はサウジアラビアのハジ巡礼大臣兼イスラム教組織代表との会合で行われました。」

「私はナジブ首相からのサウジアラビアの指導者に宛てた書簡を持って行きました。この書簡はマレーシアのハジ巡礼者割当て数の増加をお願いするものです。現在170万人近くを数えるマレーシアからの巡礼者数の結果を増やすようにお願いするものです (Intraasia 注:この部分の読解にいささか自信がないが、この170万人という数字はこれまでハジ巡礼を行ったマレーシア人の人数のことだろうか)

「もしこのハジ巡礼者の割当数が続くのであれば、待つこと66年という長すぎる年月になる。」 と、サウジアラビアから帰国した大臣はクアラルンプール国際空港でこのように記者団に語りました。

(Intraasia 注: この記事を理解するには、マレーシアのハジ巡礼に関する充分な予備知識が必要だと思われる。マレーシアのムスリム人口は現在2千万人ぐらいでしょう。そこで170万人という数字の意味するところがよくわからない、ひょっとしてハジ巡礼に旅立つ資格があると見なされる人の数なんだろうか? またいきなり66年という数字が言及されている。これに関しては全くわかりません。
ハジ巡礼とはヒジュラ歴によって定められた特定の時期に巡礼をすることを言う。それ以外の時期に行うメッカ巡礼は umrah と呼ばれる)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 3月21日のマレーシア記事 | ホーム | 3月19日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP