プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

3月24日のマレーシア記事

【支払う金額に掛かる物品とサービス税(GST)がクレジットカード使用で再度掛かることはない、という説明】
マレーシア発行のクレジットカードの保有者には、現在サービス税が掛けられている。カードの種類と発行銀行によって異なるカード年間利用料に対してサービス税が掛けられてきた。

マレーシア銀行協会の専務理事が、物品とサービス税(GST)の実施に伴ってカードに関する変更点を説明しました。
クレジットカード保有者は年間利用料に対しての物品とサービス税(GST)は払う義務がある、しかしサービス税RM 50はもう払う必要はなくなるでしょう。
「銀行の中には、年間利用料を放棄するところもあるかもしれません。その場合保有者が物品とサービス税(GST)を払うことはない。」

「クレッジットカードの保有者に掛かるサービス税RM 50、及び追加発行のカードに掛かるRM 25は、物品とサービス税(GST)の実施に伴って、4月1日以降は廃止されることになる。このサービス税は2010年から掛けられている。」

GST課税店で買い物などをした時に掛かる物品とサービス税(GST 6% を、カード保有者がカードを使うことで再度かかることはないと、専務理事は言明しました。
「例えばレストランで食事した際、請求書はRM 50なのでGSTを加えてRM 53を払うことになる。この金額をカードで支払う時、また6%の税金を払うことにはならない。」

税関庁の長官が説明しています、「クレジットカードの保有者に掛かってきたサービス税RM 50が廃止されるのは、保有者にとって良くなる。保有者は年間利用料に掛かる物品とサービス税(GST)6%を払うだけになるからです。」

(Intraasia 注:物品とサービス税(GST)の実施があと1週間ちょっととなった今でも、様々な勝手な解釈が出回っているようです。このクレジットカード使用には2重にかかるという戯言もその1つのようです。マレーシアは物品とサービス税(GST)つまり別名消費税を始めて実施するので、いろんな憶測や解釈が沸き起こっても不思議ではないのかもしれませんね。日本でも消費税実施の時は同じようなことがあったのかな? 当時 Intraasia は日本に居なかったので覚えていません)

【独中の統一試験は引き続き認定しないと、政府】
(全国に60校ある独立中華中学校は長年、卒業前に独中だけで実施する独自の統一試験(UEC)に基づく証書を発行している。しかし教育省はこの試験そのものを認定していない)

国会の論議ので、第2教育大臣が野党議員の質問に答弁しました、「独立中華中学校が実施している統一試験(UEC)は1996年教育法に準拠していない、従って政府は独中の統一試験証書を依然として認定しません。」

(Intraasia 注:華人界が独自に設立して運営している独立中華中学校はいわば私立中学校扱いです。そこで独自のカリキュラムで教育している私立中学校が独自に実施している統一試験は国家の教育規範に沿っていないということで、国の認定する中学校卒業試験とは認定されていない。これは華語教育界が長年政府に訴えている問題です。 そこで独中の多くの生徒は、国民中学校の生徒が5年時に受ける全国統一試験であるSPM も受験しているようです。)

【政府が態度を明確にして、タクシー運賃値上げだけは即実施を認めた】

陸上公共交通委員会 (SPAD) が認可した公共交通機関の値上げに関して、実施する、延期するの困惑が生じています。

そこで内閣府の大臣が声明を出して政府の態度を明確にしました:
「タクシー運賃の値上げ実施は3月19日から有効とする。しかしながら長距離バスと列車と電車の運賃値上げは、実施を後日に延期しまし。」

(Intraasia 注:妥当な決定というところでしょう。バスや電車と違って、タクシー運賃だけはタクシー運転手個人個人に直接関係している、運転手は会社から日々車輛を賃借りして稼いでいるので、水揚げがなかろうと多かろうとレンタル固定額は毎日会社に収める必要がある。タクシー車両を既に個人所有している運転手ももちろんいます)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 3月25日のマレーシア記事 | ホーム | 3月23日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP