プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

3月28日のマレーシア記事

【税官吏が出演し税官吏コーラスグループが歌う、物品とサービス税(GST)のミュージックビデオ】
(2015年4月1日から施行される物品とサービス税(GST) 実施開始まであと数日に迫っている。)

税関庁の税官吏たちが歌って登場する Lagu GST versi Kastam (税関版物品とサービス税(GST)の歌) がネット界で大変話題になっています。
(Intraasia 注: クリックすると YouTube でこのミュージックビデオが立ち上がります、たった3分間なので是非ご覧ください。傑作です!)
  
税官吏の制服を身につけた女性税官吏コーラスグループが歌うビデオでは、GST の簡単な説明を歌詞にしている。その中で、医療,保健、教育分野の品々は課税免除であることを歌詞に盛り込んでいる、さらに物品とサービス税(GST)システムにおける処理過程は自動的に行われるようになっているとも歌う。

このGSTミュージックビデオは、税関庁が一般市民の間に物品とサービス税(GST)への意識を高めようという努力の一環(として製作されたもの)です。
税関庁のGST部門のトップは、「GST 担当として新たに1700人の職員が訓練を受けました。」と語る。
GST に関しての情報は、税関庁のホームページで得られます。

(Intraasia 注: みんな一緒に物品とサービス税(GST)に注意を払いましょう、との一節は何回も繰り返される。 歌詞の他の部分は、税関庁がGST を実施します、またGST を実施することでマレーシアはより競争力を付けることになる、これはビジョン達成への挑戦に答えるためでもある。全ての品とサービスにGSTが課税されるわけではない、というような意味です。さらにイラスト入りで、医療、教育などの分野では免除されていることを説明している。
ミュージックビデオに登場するのは、全て税官職員のように見える、その大多数が女性職員であり、バジュクルン姿もある。彼女たちは手に手に"G" "S" "T" という大きなカードを持って示している。メインで歌を歌っている声も税関職員のようだ、ただひょっとしてビデオには登場しない本職の歌手の声なのかもしれないが、はっきりしない。
イントラアジア がこの20数年の間に目にした官製の宣伝媒体の中で、印刷物と音楽と動画を通して、このGSTミュージックビデオは最高傑作だと思う。すごい素人ぽさがこビデオを印象深くしている。仮に広告代理店に依頼してスターを使って製作すれば、きっと洗練されたプロモーションビデオになることでしょうが、それならハリラヤの時の祝祭ビデオとしてこれまでにもたくさん製作されてきた。Lagu GST versi Kastam はあの税関庁が職員だけを登場させて製作したという意表をつく点と主張のわかりやすさが直接的という素人さが傑作の秘密です)

【マハティール元首相はリークワンユウ(李光耀)元首相の死を悼む一文を掲載した】
マハティール元首相は、死去したリークワンユウ元シンガポール首相について、自身のブログに一文を掲載しました。以下は抜粋です。

私が、リークワンユウの親しい友人であった、とは言いません。しかしながら彼の死去には悲しみを覚える。
リークワンユウは若い時から既によく知られていた。私がシンガポールで医学生であったとき、彼がしていた労働組合の弁護活動のことを読んだ。

彼に初めて会ったのは、私が国会議員で会った1964年のことです、シンガポールが1963年のマレーシア成立に参加した後です。我々は論戦の中で何度も弁論を戦わせた。
私が首相に就任した1981年に彼を表敬訪問した。

日経新聞が東京で開催している毎年のセミナー会議には、私は欠かさず出席している。リークワンユウがそれに参加した時、ディナーの際私は彼の所へ行って近況を尋ねた。そして一緒に席につき話を交わした。

今やリークワンユウは亡くなった。国家の独立のために戦い、そして独立の価値をよく知る人たちの時代が終わったことを、彼の死が期するものです。
スハルトインドネシア大統領とリークワンユウ元首相が死去し、アセアン(ASEAN)は強い指導力を失った。

(Intraasia 注:誰もが認めるように、この2人はそれぞれの国家統治の理念と利益の違いから旧敵であった。互いに皮肉な表現で相手を批判していた時代もあったようだ。ただ憎しみや怨念からの反発ではなく、両者が持つ理念と国家利益が異なるゆえの旧敵関係であったと評せるでしょう。1980年代、90年代、アセアン(ASEAN)3か国においてそれぞれ開発独裁的手法で国を指導した3人中、2人は死去した。スハルトは軍人ゆえ且つ高学歴の知識層ではなかったためにマハティール元首相とリークワンユウ元首相とはいささか異なるが、マハティールとリークワンユウは表面上の対立とは裏腹に似ている面を持っている)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 302.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 359.8 を入手します。


スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 3月29日のマレーシア記事 | ホーム | 3月27日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP