プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

4月4日のマレーシア記事

【マハティール元首相のブログ文章には扇動罪に触れる内容はないと、警察長官】
(マハティール元首相が自身のブログで4月初めに掲載した一文で、国民はナジブ首相に対する信任を失った、だから次回の総選挙でBarisan Nasional (国陣) とUMNOは負けるであろうとして、ナジブ首相を強く攻撃しました。その中でマハティール元首相はいくつかの具体例を上げました:モンゴル人女性爆砕殺人事件で死刑判決が確定した元警察官はナジブ首相のボデーガードであったということなどの暴露、1つのマレーシア発展会社(1MDB)の巨額債務問題とそれにはナジブ首相の継息子が絡んでいるといった示唆、国家財政が厳しい折なのに2014年に新たに豪華なプライベートジェット機1機を購入した件)

警察長官は記者会見の席上で質問に答えました: 「マハティール元首相のブログの記事は既に読んだ。その文章中のモンゴル女性爆砕殺人事件に関する内容には扇動罪に接触するようなものはない。」
 「この件を問題視しているのはマハティール元首相だけではない。多くの人たちが既に論じていることです。」

「現時点で警察は、マハティール元首相のブログに対する警察訴え報告は何ら受けていない。」

(Intraasia 注:いくつかの外国メディアがマハティール元首相のこのブログ記事をニュースに取り上げたそうです。マレーシア国内のBarisan Nasional (国陣) からはナジブ首相擁護とマハティール元首相非難の声が既に出ているようです。 ナジブ政権が発足してちょうど6年経った。今後どのように展開していくのかな、政界を引退して既に10年以上経ったマハティール元首相がどの程度影響力を維持しているかが、次第にわかってくることでしょう。それにしてもだ、90歳になっても老いの一徹的あり方で後継者の政治を批判しているとの面は感じる。
それはとして、これまで主流マスコミが報道しなかった点を、それがどの程度事実なのかどうかは別として、マハティール元首相の今回のブログが指摘している点は興味深い。主流マスコミはナジブ首相の個人的な批判は一切書きませんからね。 そういう中でマハティール元首相はいろんな情報源を持っている、つまり情報を提供する人たちが元首相の周りに好きなからずいるということがわかります。
また警察長官が扇動罪に接触しないと述べた点はいかにも政治判断を含んだマレーシアらしいところです。そもそもこういう言論と治安関連を強硬に取り締まったのはマハティール元首相の政権時代です。現警察指導陣もその歴史を引き継いだ中にある。)

【外国パスポートの偽造グループがそのボスを含めて逮捕された】

マラッカ州のイミグレセン(Imigresen)は4人のパキスタン人を逮捕しました。いずれも外国パスポートの偽造に関わる秘密グループの者だとみられており、内1人は首領です。この男はクアラルンプールのDanau Kota地区に住むパキスタン人、37歳、で、表向きは(合法な)パキスタン衣服品販売業をしています。

マラッカ州イミグレセンは1日にマラッカにある建物を捜査し、その際にまず2人を逮捕しました。そして逮捕した者たちの供述から引き続き捜査を続けました。それが首領の逮捕につながったとのことです。

マラッカ州イミグレセン(Imigresen)の長官は語る、「24冊の偽造外国パスポートを押収した、それらの国はミャンマー、ネパール、インドネシア、パキスタンなどです。」 「携帯電話数個、電子ガジェット、及び現金RM 8900も押収した。」

「この逮捕が大きな突破口になった。いろんな国のパスポートのサンプルとUSBドライブが見つかった。それには偽造パスポートグループの客になりそうな者たちのリストが収めてあった」 「クアラルンプールのイミグレセン(Imigresen)と協力して、残りの一味を逮捕するべく進めている。」

(Intraasia 注:マレーシアで働く不法外国人労働者を主に対象として、外国人労働者たちの出身国のパスポートを偽造していたらしいことが、ニュースからわかる。マレーシアのパスポートを偽造してもイミグレセン(Imigresen)ならすぐわかってしまうでしょうが、外国のパスポートだと偽造見破り率は落ちることでしょう。パスポートやそれに貼られた労働許可・滞在証などを偽造するグループが摘発されたというニュースは、多くはないが昔からある。 100万人を超える不法外国人労働者が常時いる以上、偽造パスポートへのへの需要はいつも確実にありそうです。
ところで、非常に高度な機械と専門知識がなくても、ある程度の知識と道具があれば、いくつかの国のパスポートは偽造できてしまうのだろうか? イントラアジアにはわかりません。このグループはどこかの建物を根城にして偽造していたかのような報道であり、工場で偽造していたようなことはない。 )

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 300.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 358.8 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると  RM 264.4入手します。

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 4月5日のマレーシア記事 | ホーム | 4月3日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP