プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

4月8日のマレーシア記事

【反テロリズム法案と犯罪防止法の改正案が国会で可決された】
国会下院(Dewan Rakya) は3つの法案を可決しました。 その内の1つがいわゆる反テロリズム法案(外国におけるテロリズムに対する特別対策法案)です。また犯罪防止法1959年を改正する法案もその1つです。

犯罪防止法1959年の改正案が国会で可決されたことで、 この法律下で拘束命令が出された件に関して内務大臣が毎年国会に報告する必要がなくなりました。
さらに、この法律に規定された拘束命令に関する条項が依然として必要であるかをチェックするために、国会が5年に1回法律を見直すなくてもよいことになった。

ただ内務大臣は答弁する、「拘束命令については裁判所において異議の申し立てをすることができる。」

反テロリズム法案(外国におけるテロリズムに対する特別対策法案)は、テロ行為を行うまたは支持することに関わる者に対処するために特別な手段を提供するものです、このテロ行為とは、表に載せた外国のまたは外国の一部のテロ組織に関与することである。

この法律はイミグレセン(Imigresen)長官に次の権限を付与している:、警察長官の要請に基づき、マレーシア国民のパスポートを使えなくするまたは取り上げることができる、これはある者が表に載せたテロ組織に関与するテロ活動を行うために外国へ出かけていくことを防ぐためです。

(Intraasia 注:とりわけ野党陣営から侃々諤々の論議があったと新聞は書いている、しかし賛成多数で可決されたとのこと。かなり強力な法律です。容疑者を逮捕した後、何年間も拘留しておくことができるそうです。ある種の予防拘禁の役割を果たす、治安法といえる。)

【物品とサービス税(GST)の施行で新車価格が下がった車種】
物品とサービス税(GST)が4月1日に施行されて以来、国産車ブランドと外国車ブランドにおいて、新車販売価格に変動が起きています。価格が下がった車種もあれば上がった車種もある。

第2国産車メーカー Perodua では Myvi など3つのモデルの新車価格が下がりました。
自動車価格を扱っているサイトによれば、人気モデルである Myvi は販売価格が RM 545からRM 650下がりました。 Axia モデルは RM 175の値下がり、AlzaモデルはRM 95の値下がりです。
(Intraasia 注: エンジン排気量は Axia 1000㏄、 Myvi 1300cc/1500cc、  Alza 1500cc、)

外国車をみると、韓国のKia車は5車種で値下がりしている、RM 308-2088、 日本のSuzuki車は Swift など3車種がRM 100値下がり。同じく Mitsubishi 車はMirage, Pajero など5車種でRM 200から1000の値下がりです。
外国車の中には値上がりしたブランドもあり、英国のJaguar 車はそのブランドです、RM 1万から2万5千値上がりした。

(Intraasia 注:街でよく見かける Myvi はこの値下がりで保険含まず価格でRM 41000-58000位になった。排気量と価格の面から中の下層でもローン購買が可能でしょうから、このクラスの自動車は人気が高いと言えそうです)

【Ketum樹木から抽出して得られる Ketum水は麻薬効果があることから禁止品】
ペナン島の Teluk Kumbar 地区の Sungai Korok と Sungai Batu にある民家で、Ketum 水を抽出する活動をしていた、Ketum水供給者の2人が昨日警察の取締りによって暴露されました。

ペナン島の西Daya 管区警察暑の麻薬取締部捜査チームが、この2人の男、30代、をそれぞれ別々の場所で逮捕しました。時間は深夜と夕方です。

警察の説明です: Sungai Korok 地区で行われた最初の取締りでは、1軒の小屋から既に抽出された 92袋入りの Ketum水を発見しました。それから24時間も経たない内に、もう1軒の家を捜査したら、その家は1人の容疑者が住んでおり、そこでは Ketum水の詰まった206袋を押収しました。

(Intraasia 注:小さな地名なので地図でもみつからなかったが、2か所とも Teluk Kumbar 地区のようです。海岸部にある Teluk Kumbar 地区は行政的にはペナン島内部のBALIK PULAUに属するようだ。それはとして、Ketum とは樹木で鎮痛効果のある物質を含んでいるそうです、そしてその樹木?葉?を精製してできた液体は幻覚症状を引き起こすらしい、要するに一種の麻薬効果を生むのでしょう。だから禁止品となっていることから警察が取り締まった。以前にも似たようなニュースがありました。
掲載写真を見ると、記者会見の場にKetum 水が入った小型のビニール袋がたくさん展示されている。Ketum樹の葉も並べてある。ということはペナン島のどこかにこの樹木がそれなりの量として茂っているのでしょう。 本格的麻薬でなくても、押収された袋数から推測してこういう品でも結構需要はあるのだと思われる)

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 4月9日のマレーシア記事 | ホーム | 4月7日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP