プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

5月2日のマレーシア記事

【董總の内紛に憂慮を表明する華人界】
(マレーシアにおける華語学校の運営体から構成されるのが董總であり、華語教育の教育者から成る組織と合わせて董教總と呼ばれ、マレーシア華語教育の総本山的地位を持っている。董總の各州組織から選出した理事らが董總理事会です。この理事会及び中央委員会は既に数年に渡って理事長(主席)派と反理事長派に分かれて内紛を起こしており、多くの華語教育関係者が憂慮を表明している)

マレーシア顔氏公会連合会は会員大会の後、会長と名誉会長は董總に対して失望を表明しました。「董總の内紛には失望する。これは華人社会にたいへん負の面を与えている。」  「我々は彼らが生徒の教育に力を尽くすために早急に和解することを願っている。」 「董總は依然として1960年代の体質を持っている。現在は既に21世紀であり、グローバル経済化の時代なのです。」

スランゴール州クアラルンプール顔氏公の会長は、「同会は2016年に50周年を迎えるので、来年はゲンティンハイランドで50周年記念式典を行いたい。世界各国にある、及びマレーシアの顔氏宗親に参加を呼びかけます。」

(Intraasia 注:こういった事柄は華語新聞のごく普通の記事として、記事サイズの大小にかかわず毎日載っている。華人界は姓毎に何々氏公会(宗親会)を州ごとに組織し、その全国組織が連合会となる。顔という姓はそれほど大きな姓ではないのでは。 姓の公会(宗親会)はもちろん純民間組織なので、会員らの寄付と会費で運営されている。経済力のある華人界らしいところであり、マレーシアだけでも非常にたくさんの数がある。なおある個人が氏会に加入する、しないは任意です。
華語教育界に多大に関わることなので、 董總の内紛記事は華語新聞がほぼ毎日ぐらいに細かに載せている。華語新聞を読まない人にとっては、ほとんどと言っていいほど関係ないかわからないことでしょう)

【国立手工芸学院の学生募集広告から】
提供される課程
Diploma 課程 - 3年間6学期
Sijil (修了レベル)課程 -2年間4学期

両課程に共通なコース
バティック工芸コース、 織物工芸コース、 木工工芸コース、 セラミック工芸コース、金属工芸コース、 籐と竹工芸コース

入学資格
マレーシア国民である 18歳から25歳まで、 手工芸分野に興味があり才能あること、

ディプロマ課程の条件
中学卒業試験である SPMまたはその職業課程であるSPVM の合格点を取った者またはその他定める条件(これは省略)に合致すること

シジル課程の条件
・中学卒業試験である SPMまたはその職業課程であるSPVM の合格点を取った
・芸術教育科目で優良成績を修めた
・マレーシア語科目で合格し且つその他2科目で合格

応募方法:ホームページ www.ikn.gov.my を通して応募すること
応募締切: 2015年5月25日
入学:2015年7月

提供される施設
生活手当、 寮での滞在は無料、 食事代は無料、 学費は全額負担される、 サバ州人とサラワク州人の応募者は応募時の交通費が無料、

国立手工芸学院 Institue Kraf Negara の所在地: スランゴール州のRawang

(Intraasia 注:こういう募集広告はマレーシア語紙だけに載る。国立の手工芸者養成学院ですから、待遇はそれなりに良いですね。 食住が無償で、生活手当まで支給される。 優れた手工芸者を育てたいという狙いがわかります。 Intraasia はその昔この学院を一度だけ門口ぐらいまで訪れたことがある。当時は都市部から離れた環境にあったとうっすら記憶している)

【Sushi King を展開する企業が日本のコーヒーチェーン店ビジネスを始めたいと発表】
マレーシア証券取引所(Burasa Malaysia)上場企業である Texchem は株主総会後に、日本のドトールコーヒーのチェンーン店展開権利を得て、マレーシアでドトールコーヒー店ビジネスを展開する計画を明らかにしました。これによって 「同社の飲食業ビジネスを強化したい」 ドトールコーヒーは日本ではスターバックス店より店舗数が多いとのことです。

Texchem は Sushi King チェーンをマレーシアで展開しており、手元の流動資金を使ってさらに14店舗増やして、チェーン店舗を103店舗にしたいとのことです。

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 292.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 347.0 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると  RM 263.3 を入手します。

(Intraasia 注:この1週間はリンギットは回復基調としてどの通貨に対しても上がった)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 5月3日のマレーシア記事 | ホーム | 5月1日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP