プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

5月24日のマレーシア記事

【ナジブ首相が日本を公式訪問】
ナジブ首相は24日から3日間の日程で日本公式訪問を始めました。今回の公式訪問は日本政府からの招待として行われます。

マレーシアと日本間の往復貿易高は 2014年はUS420億でした。この額は対2013年比で1.4%の増加でした。マレーシアにとって中国とシンガポールに次ぐ3番目の大きな貿易相手国です。
2014年の日本から輸入額は US$167億、 これは対前年比で2.9%減です。

日本は高速鉄道での高度な技術でナジブ首相を印象付けしたいと期待している技術力がある。
ナジブ首相には新幹線システムに関して及び東京駅を巡る発展について、JR から説明が行われます。日本の大企業数社が、クアラルンプール -シンガポール間に建設する高速鉄道プロジェクトに既に興味を示しています。

この件は、ナジブ首相と日本の首相間での会談で話し合われることでしょう。ナジブ首相は迎賓館で安部首相との会談が予定されている。

ナジブ首相は日本訪問中に、東京で開催される世界イスラム経済フォーラムと連合フォーラム基金の2015年会合に出席して演説する予定です。さらに仙台で東北大学の学生との対話集会に出席します。
さらにナジブ首相は、ハラルビジネスからイスラムバンキングまでに関して、国際投資家や産業界の指導者と会合を持ちます。

(Intraasia 注: ほー、公式訪問という形でナジブ首相を招待したのか。高速鉄道プロジェクトについてはIntraasia はすでに当サイトで数回意見を書いているように、それ自体が現在必要なものとは思いません。長年マレーシアを論じている者としての観点から、ナジブ首相の中国への思い入れや担当の運輸大臣の背景を考えれば、最終的にどこが請け負うかはもちろんわからないが、かなりの予想はつきそうです。 学生との対話集会も行うとはちょっと意外な日程もあるんですね)

【我々が物品とサービス税(GST)を負担するという宣伝文句は使ってはいけません】
税関庁の物品とサービス税(GST)部門の幹部はメディアとの記者会見の場で語りました: 事業者は 「弊社・弊店ではGST を負担します」 という宣伝文句を使わないようにしなさい、その代わりに 「弊社・弊店は値下げしました」 という文句でお客を引き付けてください。

この幹部は事業者に向けて、「お客さんが弊店で購入しますと、我々がGSTを負担する」 といった文句は全て避けるようにとの注意を促しました。
税関庁は現時点ではこの勧告をするだけであり、取締り行動は取らないとのことです。

(Intraasia 注:物品とサービス税(GST)が始まった4月は自動車の販売台数が、3月に比べて33%減ったというニュースも報道されている。GSTへの過剰反応でしょうが、誰でもこの種の税金はない方を好む心理を利用して、この記事の宣伝文句が一部で使われているのでしょう。 ということで、税関庁は対応策を発表した)

【1kgあたりRM 40もする高価格な国産マンゴが早々に売り切れた】

マレーシア産マンゴが  Karnival Harumanis@KL の場で 1㎏ RM 40 という高価格で販売されました。
このマンゴフェスティバルは Mara(マレー公団の)本部である クアラルンプールのMaraビルで開かれ、(非常な)高価格にも関わらず、多量のマンゴが9時に始まってからわずか1時間で売り切れました。
このマンゴは最も高価なマレーシア産マンゴというだけでなく、果物の王様 ドリアンに急速に対抗しつつあると言われている。

このマンゴは harumanis 種のマンゴであり、ペルリス州だけで栽培されています。その季節は4月から7月初旬までです。
Mara(マレー公団)のペルリス州理事は言う、「この harumanis 種のマンゴへの需要はたいへん強く、割当てしなければならないほどです。これほど反響が良いとは思わなかった。」
「このマンゴカーニバルには、ペルリス州から2トンを超える量を運んできた。3日間の日程中の初日に1.5トンも売れた。」

(Intraasia 注: Maraビルはクアラルンプールの中心部にあるよく知られたビルです。そこでの催し物だったようです。4月5月は確かにいろんなマンゴ種が安い季節です。今月はスーパーや市場で 1kg RM 4ぐらいに下がったので何回もマンゴを買いました。マレーシアでのマンゴは ㎏あたりいくらの販売法です。最盛季節以外の頃には高いとRM 10ぐらいにもなる、そんな時は買いませんな。 harumanis 種は甘いマンゴだと思う。今月買った中にも harumanis 種はあった。どこ産かは知りません、そういう表示は通常していないからです。それにしてもだ、 現在の安値の 10倍もする非常識な価格の harumanis 種のマンゴを買う人たちとはどういう種の人たちなんだろう?)




スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 5月25日のマレーシア記事 | ホーム | 5月23日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP