プロフィール

Intraasia

主催者Intraasia
Selamat Datang ke Malaysia !
「新聞の記事から」は日本人が興味を抱きそうなことだけを対象にしていません。幅広くマレーシアを姿を伝えるためにニュースを選びその解説を加えています。

(画像はM.I. さんの製作です)

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

6月6日のマレーシア記事

【サバ州を襲った地震は39年ぶりの強い地震であった】
サバ州西部にある Ranau 地方の地下で発生したマグニチュード5.9の地震は、マレーシアで起きた地震としては1976年以来の強い地震でした。

1976年にサバ州東海岸部にある Lahad Datu 地方を襲った地震は、マグニチュード 5.8でした。
サバ州Ranau地方で揺れが起きた地震をこの39年間でみると、 1989年にマグニチュード5.6、 1991年にマグニチュード 5.1、 2005年にマグニチュード 4.1、 2010年に マグニチュード 2.6。

この他サバ州で起きた主な地震: 2011年にLahad Datu 地方でマグニチュード 3.3.  2005年に タワウ地方で マグニチュード 5.8、2011年にサンダカン地方でマグニチュード 4.0.
 など
サバ州で最近起きた地震は 今年2月にサンダカン地方を襲ったマグニチュード 5.6の地震です。

マレーシアサバ州大学の研究所は説明する:サバ州は環太平洋火山帯の外側に位置する、しかしながら州内の Kundasang, Ranau, Pitas, Lahad Datu、 Tawauの各地方は地震に見舞われる危険性がある。

別記事
キナバル山の登山者中、6日朝時点で確認された死傷者数: 登山ガイド1人を含む2人が死亡、大けがをした人 3人。
救出活動に伴って、5日深夜から6日午前3時頃にかけて大多数の登山者は下山しました。しかし登山者名簿中16人の行方がまだ確認されていないと、サバ州の消防庁が発表しました(異なる人数の報道もある)。

Ranauの町では、病院、警察を含めて多くの建物に損傷が出ました。 州都コタキナバルでも高い建物が揺れたことで、人々は建物外へ避難しました。地震の影響を受けた地方で23の学校に損傷が出ましたが、人的被害はありません。

6日の新聞ネット版
キナバル山登山者の死亡がさらに9人確認されました。当局はヘリコプターを飛ばして9人の遺体を収容します。死者数はこれで11人です。
サバ州政府の幹部は述べる: キナバル山は最低でも3週間の登山禁止期間を設けて、登山路の安全を確保することになる、

(Intraasia 注:マレーシアは地震国ではないので、当然ながら地震に対する備えや予測や地震警報の発令などは全く日本の比ではない。地震による揺れは必ずしもマグニチュードと比例しないし、小さな地震でも場所によっては被害が大きいことが起きるのは不思議ではない。こういう一般知識は普及していない。
誰でも地震は怖い。サバ州を含めたマレーシアのように地震の備えがない国でたまに多少強い地震がおきれば、それによって思わぬ被害が出る可能性はあるでしょう。地震への備えは付け焼刃的にはできない、長期に渡る国民への地震備え意識の覚醒と予算措置、民間がそして人々が地震対策に金と時間を使うことを受けれいることが必要ですよね。サバ州だけでこうしたことを行える、行うことは望み薄です。遠い将来のことではなく現実として、地震の少ない国マレーシアでこれを期待するのは無理だと捉えておくべきでしょう。)

【PWTCの集会でナジブ首相とマハティール元首相が直接論戦する機会が直前に取り消された】
クアラルンプールのPWTC でNGO組織 ”ボランティアの弁護士協会”が主催して、ナジブ首相を招いて1つのマレーシア発展会社(1MDB) の問題を論ずる集会”何も隠すことはない” が行われる予定でした。ナジブ首相は集会直前まで出席することが確認されていました。

しかし開催の金曜日朝、警察から開催許可が取り消されたことで、集会は開かれませんでした。ナジブ首相は警察の許可取消しとアドバイスによって参加を直前に取止めました。
警察長官は、取消した理由として混乱が起きそうで治安が確保できないため、と説明しました。

この集会に出席して発言する目的でマハティール元首相が開会前から会場に到着していました。しかし集会そのものが取り消されたので、ナジブ首相との直接論争は起きませんでした。
集会が取消された後、マハティール元首相が会場の壇上で話していた時、警察がそれ以上の続行を中止させました。

警察はこの集会を取消して、政府の抱える問題を人々が公に話せないようにする狙いだと、批判者たちは警察を批判しています。

(Intraasia 注:集会の主催者代表が、ナジブ首相支持者とマハティール元首相支持者の間で騒動が起きることにもなりかねない状況に思えたと語っている。警察が集会を止めたのがよかったのかどうかはもちろんわかりませんが、マレーシアの警察権力はこのように極めて強力です)

【円とリンギットとの為替レート(外為相場)】
1万円を銀行で両替すると RM 292.0 を入手します。
US$100 を同様に両替すると RM 363.7 を入手します。
シンガポール$100 を同様に両替すると  RM 269.9 を入手します。

(Intraasia 注:日本円が対米ドルで大きく下がっているにも関わらず、対リンギット相場では先週末よりわずかに上がった。これはリンギットも対米ドルで弱化しているからです。5月初めの外為相場と比較すると、リンギットが対米ドル、対シンガポールドルでより下げていることがわかります)

スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

<< 6月7日のマレーシア記事 | ホーム | 6月5日のマレーシア記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP